「文Ⅰ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 文Ⅰとは

2023-12-02

   小池勝雅から、 被告人は多数の貢献をし、さらに命がけで東大文Ⅰに入り、法学部卒業した、という声が出なかったから、0点。

     刑法21条とか、いろんなものを知っているのに、つまらんしマジでゴミ

2023-11-18

  このなんか私が黒羽刑務所を出た後にはてなブログを書いていた時にとにかくそこのコメント欄記載されている事柄について、具体的には

    限界  うんち ぶり ほぉぉぉ、イクゥ~(えご太)

   等があるが、特にわたしがその時代に、文Ⅰ佐藤寛治は首席から天才という書き込みをしたら、 佐藤寛治が文Ⅰについて、うんち、ぶり、という書き込みをしたので

    それなりに生産的な書き込みが多いが、なんだこれはというもので、まあそれはいいとしても、私がいま探しているのは、平成30年ー令和元年の記録がないので検索しているが

  少しも出てこない。

2023-11-16

   フェルマーの大定理実質的な内容は、満足する整数存在しないことが全てのnについて成立するというだけ。非常に珍しいしたまたま規模が大きいので骨董品とされながら350年間

  解かれなかった。類似問題で係数をつけたものがあるが、これはその係数を全部1にそろえられるという意味価値がないから解けて当たり前だというのが数学界の通説。

     ワイルズ証明は、オイラーが3のとき検討した、u^p+v^p+w^p=0 uvw≠0 などの初等分野で出尽くした定理を多数陳列して、次第に証明の完成に向かっており

  非常に難解。

    本質的には、有理数体、p進簡約群などの問題になるので、それは、(x/z)^p+(y/z)^p=1 だからであるが、モジュラー性は複素関数理論で非常に深いことを大量に言わねばならない。

ちゃんねるのVipperは、20年前に書かれた書籍によると、コリヴァギンフラッハ法というもっと完全無欠な技術があって、東大教授はこれについては沈黙

    ABC予想類似の様々な定理証明するがそれ自体証明できないからどうともならない。

   平成14年に東大文Ⅰに入った人だと白根真理雄がいますがおそらく死んだ人なのでフェイスブックでも平成14年のコメントはないし、平成15年だと、永山悟は前期試験で落ちたので

  だからコメントする者が誰もいないという状況。平成29年にぺちが理科一類に入ったんですけど面白味のないくだらない問題しかなかったのでコメントしない。

   平成23年の理科問題はかなりの難問が並んでいたんですが誰もコメントしないと。

     それから昔は、数学0点、英語120点とまではいかなくても、  数学5点、 英語105点とかで入った人もいるので。しかコメントは一切ない。

2023-11-04

   東大文Ⅰに入るとき平成14年に、北予備田辺先生から一橋大学の直線を使った簡潔な整数問題体験があるおかげで黒羽でやっていたAMGMを使った奴はすぐできましたが

     あの、与えられた式が平方数から逆算してLemmaをつくる奴とか、パスカルが出て来る奴は言われれば分かるがあんレベル入試でやったことがないので分かるけどものにはなってない

2023-10-25

  お前が仕事で使っている結論先にありきの自分で解いたわけではないものPDFにしてみせているだけでそれがばれているからつまらんし誰も読んでいません

   という念書を一筆書いて出せば全部終わる。特に有里洋樹、右田明子(39歳または40歳)が、私が文Ⅰ文Ⅲに入ったときはこんな問題は習っていなかった

   と強く言えば通るだろ。ところで、有里とか右田とか、こいつらが活躍していた時代大分県に、センター試験で200点取る化け物の女子高校生がいたというのが

   北予備でもっぱらの話題だったがあれはどうなったんだ。

2023-10-10

  私が生まれたのは昭和58年で0歳です。平成13年に高校3年生のときに18歳だったが文Ⅰに落ちた。一浪しているときに19歳になって東大に受かったんですよね。

  その後に、20歳、21歳、22歳、23歳、24歳になったんですが、25歳の前に卒業して、その後に逮捕になった。29歳を迎えたのはさいたま拘置所

  30歳は黒羽です。運動会ときに。出てきてから次第に、31歳、32歳、33歳、34歳になったんですが、32歳のときはなんもなかったですね。数検1級を受けてるときに33歳

   になって、その頃に祖母脳梗塞で倒れたんですが、その後に延岡郵便局強盗事件があって、平成29年7月7日に高須クリニックを初診して、7月13日に手術をして、19日に

  抜糸をしたように思う。あれは痛かったね、まじで。で、スタディサプリを教えてるときに34歳になって、2月12日に上京して、佐藤もぐらを最初に見たのは、平成29年3月29日のとき

   だったと思うのですが、平成30年4月6日に富澤が受け入れることになって、24日より前に親父とけんかしてそこの、そこの後の、9月4日にじゅりちゃんを出すということにして、その後が

   記録してないか不明なんだけど、 平成31年1月4日に中嶋康弘に手紙を出して、令和元年4月1日からだと思いますがなんか、東京マンション事務次官が息子殺し事件

  その辺だったように思う。35歳になったのも宮崎にいるときだと思うが、原の面接を受けたのが平成31年2月8日、で、令和元年になってから富澤のハウスがうるさくなってなんかどんどん発狂

   していって、9月4日に志村署がなんとかしたと思うが、令和2年に入るとなんかこう、

2023-09-27

  警察官だという自意識はなく羽黒警察署に言ってしまたか運動しないと気が狂うから気に入っている安いチャリで誰もいないところまで行って遊んでいるだけで

   あとなんていうか偽計業務妨害故意がなく無罪にしなければいけない事案で有罪にしてしまたことは検事担当弁護士判決を書いた一審裁判官が知っているし

   特に書記官の羽賀秀博が知っている。次になんていうか人生の要素で、(1)書くのが好きだったか文Ⅰに選ばれ一世を風靡した、(2)その最中GLAYが好きだった

  という要素でそうなっている。更に1回目の裁判担当裁判官小池勝雅が、説諭で、あなたは真面目すぎると言ってしまったため裁判記録にも残っている。

2023-09-20

  前田は本当は数学を色々知っているジジイ教頭が好きだけど色々喧嘩しているからな、まろび出てくるかわいい子も好きだけど、その辺を管轄している森脇がうまくやれなかったし

  喧嘩してる理由は色々あるが、前田文Ⅰに入る前に凄まじい努力家であったこつが認められないからだと思うが

2023-09-14

  俺が文Ⅰに入る前の話ならいくらでも武勇伝があるから話しちゃるけど、今の話なんかどうでもいいわ

2023-09-12

  東大文系数学で20点から30点だった右田明子とか有里。  俺は 65点だったか文Ⅰ受かったけどな。


昭和58年に生まれた。ブサイク見た目省略。小中学校はいじめにあっていたし必ずしも幼稚ではないとは言えなかった。平成10年に父親と弟の作戦で怒らせたら勉強で見返すといって

 勉強開始、次第に本領を発揮し様々な分野で活躍し、東大文Ⅰに選ばれるも、法学部卒業からインターネットで幼稚な文化流行りだし精神崩壊中央官庁が裏切ったとしてテロ

 起こして延岡へ。反動からどんどん腐れるようになり、平成23年までは祖母と暮らす。平成24年に村田がひっかけて逮捕しその後黒羽刑務所でうやむやにした。最近では、平成時代にあった

  ことはオワタ話だ、今更手遅れだし誰がいまさらやるかバカなどの厭世的な言動が見られる。

2023-09-04

     立野先生見解

        初診:  初診日不明      カルテ   飯沼久美子により不開示決定。

        令和3年8月25日    年金機構提出用診断書作成。  広汎性発達障害。よく分からなかったからでたらめ書いた。顔面障害から自宅療養を勧める。

   俺の見解

     平成10年ごろから突然勉強すると言い出すようになり、昭和天皇のように猛勉強中学校での成績はばく進し、延岡西で井上修二の指導の下に英語の成績がばく進、

     平成12年からは、二三さんのように延岡市のウエスタンヒルZ会添削に没頭し、書きまくった。しかし、平成13年頃から延岡西のカリキュラムでは東大などいけないと

     嘆くようになり、現役不合格平成14年に北予備に進学し猛勉強東大模試で、AAABBB判定の順に出て、平成15年試験東大文Ⅰ合格駒場での授業も終えて

     法学部進学、卒業からおかしくなりうやむやになった。平成24年1月11日に奥秋に拉致され、黒羽刑務所での出役を経て別人になった。平成26年ー30年までは

     延岡を猫のように走っていた。平成30年3月29日に生活保護採用されるも、11月6日に篠原付け火をしてから段々と精神憎悪悪化

   最近の症状

       昭和時代は色々と考えてやっていたがお前の言っていることはウソでクソ。  下坂行雄に対して、死ねなどの言動がみられる。

2023-08-21

   私の頃は、こうなんだか、平成12年に、Z会数学添削流行っていたんですが、どういう内容かというと、先生自分で作った問題を出して送付してきてそこに

  意見を書きなさいとかそういう感じでしたね。Z会にはちゃんと冊子がついてるので、その冊子に大体書いてあって、考え方などがですね、Z会の致命的なのは、冊子が

   来るんだけどトレーニングをする先生がいないのでこれではダメだと思うのですが、そのZ会の奴でですね、多分、コラッツ問題を考えて、答案に意見を書かせても、

  ものになるものは何もないと思いますよ。受講者はなんとかして自分の頭で追い詰めようとすると思うのだけど、書ける人はいないと思いますね。そういうのを全国的実施していた

   のが平成12年のこつなんですけど、答案をつのるというかね、大流行で、それででちくるわけですよね、そんな感じでやったところでも、やっぱり正解はでてこないということで、

  そういう感じでやらないと、数学何かやっても意味ないと思いますよ。私はそれをやっていて本物だったか文Ⅰに選ばれたんですけど。ちゃんと真面目にやっていたのが私だから

   

2023-08-15

   延岡西高校んよ、 修二やんが33歳んときに、修二は英語教員じゃったけんどん、  長友道彦ていう、日本史先生がおったっちゃわ、まー、あるばむをみたよ、どんげな感じかとゆうと

    日本史あんまり知能がいらんちゃけんどん、頭がでけーしてよ、そん道彦やんがよ、でん、俺は、長友道彦の、日本史はうけちょらんかいよ、俺ん時は、日本史は、長友道比古じゃねーして

  世界史兼任しちょったやつかい習ったかいよ、日本史Aはよ。 日本史Bはよ、知らんとよね、習った記憶がない

   世界史Bはよ、 バブーフ バブーフっていう先生とか、アウラングゼーブとかしか覚えてないんだけど、ちゃんとやったけど、

    単位習得証明書ちゆうか、みたら、日本史Bの単位はとっちょらんかいよ、 日本史Bはなろちょらんとよ、  文Ⅰうくるときんよ、最初日本史B世界史Bでうけたらよ、

 落ちてよ

   平成27年に、長友道彦やんの電話番号をつきとめて電話しっちゃら、 退職してますっていうてそれでおしまいになったっちゃんどん、延岡のどっかの民家にはおるっちゃろけんどん、10年経過

 しちょるからもう死んだかもしれんけんどん、

2023-08-11


   れんじつ重彦はまだ生きているらしいけど往年のオーラは亡くなっているし多分ただのジジイだと思うが、最盛期は、23年前頃に、町村信孝と対談していた頃で、その当時だと

  腐乱す文学界にれんじつすげ比古ありきと言われていたが、いまはもうない。蓮実重彦といっても誰も見ないだろう。私が東大文Ⅰに入る前は是非読んでおけと言われていたが

    東大本郷時計店をしていた 佐野利一は、1918年生まれなので、 82+23=105才ゆえにもう死んでるだろう。ネット上には情報はない。

  東大教授の、恭枝石山も、 78才になっているからどこに住んでいるのか分からない。

   23年前は55才の東大教授だったが現在では不明。  佐々木毅は変わり果てた姿で発見されている。

2023-08-08

   平成時代の思い出といっても色々あったので一概に何をしてたとも言えませんが私は平成11年から19年に東大法を出るまでに書くことに力を入れてきた人間なんで

  それは現在警察特に戸田、くまがい、へべのすけ、故人の井本光なんかは典型的に書かない人間というか、村田も任介も書かない人間と思いますが私の時代は豊かだったので

   東大とかZ会が業を煮やして書いていたわけですが、3年くらい前志村で、文Ⅰ同級生の女と思われる者とか、東京高裁のしちゃんから、杖でカットされるちゅうんですか、

  ババアから書くなってゆわれるんですね多分 長谷川順一からも書いたものは捨てろと言われました

   別に昭和58年に生まれてべっとりお国についていったわけでもないし、私が発作的に勉強開始したのは中3の頃なんでそれから必死で書いたわけですが別に平成の20年間が勉強

  ばかりだったわけでもないしね、晴生がケンタッキーを買ってきて食べていた時代もあったし、 騒音叔母さんで、ひっこしひっこしさっさとひっこしみたいな最近一般人じゃありえないのもあったわけで

   一時期はあまりにもガキがうるさいので、部屋に防音壁を設置してそこに引きこもっていた容姿劣等感の人とか、そういうふうに生き生きしていたことが大量にあった割になんでこうなったか

  分からないですね 昔は秋葉原事件もあったし、 前田人生が壮絶というのを、  Nomurayamansukeがいてったのと、  点滴をしているバールカースという弁護士もいたけどこの

     10年間どんどん出てこなくなった。昔は、 ordne feuiiles とか、 Herrenmoral とか、ぷらんたんとか、悪人Twitterに大量にいたんですけども、それもいなくなったと

  特に、 Prantanについては、ブログの知り合いがどんどん散逸していなくなったとか、 あと、東大法学部同級生で俺を懲罰委員会通報した、Nyaikiの部屋ってのもあったんですが、

   そのNyaikiも、いなくなって、最近では、前野町に住んでるんですけども、理解できることは、 右後方にざちゃんがいるのではないか、ということと、左後方に、 最高裁判事のえりこが

  いるのではないかくらいしかからない

    後は近くのマンションのガキから弱者男性は嫌だからみんなで殺そうと言われてるとかね

2023-08-02

   江頭憲治郎というクソジジイですかね今どこに住んでるかは分からないのですが私が法学部にいたときに何も習わなかったんですね。だからカスみたいな教授であったと。

    私が習ったことは旧商法の中に列記されていた会社に関する体系が分離されて、商法から取り出されて、会社法というのが国会で制定された時期で

   しかし習ったことはクソ眠すぎて全然からなかった。

    東大法学部では、法律学技術であることを教えてくれた先生はいない。代わりに私は晴生からLECに行けと言われていたのでそのプロヴィデンスはもっているけど、そこには

  法律は、幾何学のIntersectionのようなものがどんどん発達していったものとか技術であるとは書いているがその具体的内容は全然書いていない。

   LECというのは民間司法試験予備校団体で、法科大学院に行かなかった人がいくところなので、法科大学院は新司法試験から裁判官になるところだが、LEC場合は、旧司法試験

 ルートで、裁判官になるところであるLEC水道橋に校舎があったんですが今はどうなんですかね、平成18年のことですが、電車で通ってましたね、今はないらしいんですよね

  いろいろ勉強はしたんですが何が魅力的なのかというか、前段階で民訴法の先生から民訴法の本質目的規定と言われて、人権公共のおぺちを調整するのが目的でそれがものとして

  そびえたっていて、それをそびえたたせるための技術が各法律であると習ったような気がしますが法律自体は華麗に制定されて解釈されていても、憲法13条の個人尊厳というのが

    あまり驚愕的な概念なので、各法律の制定技術解釈技術がどうなってるかは分からない。今でも同じだと思うが文Ⅰに行った人はみんな遊び感覚で行ってるのでね

  多分誰も分からないと思いますよ。39歳の人で東大卒で裁判官弁護士の人とかみたことがない

2023-07-17

  東大法学部を出たのに経済的ないし実際的必要がないか迫害を行うようなクズは許さない。そういう意味で私は金が要らないといっているのでだから家で寝てるわけです。

   そういう観点からみても、おぺちさんは穏健派でなんとかしてもらって、ぺちぐらいの生活費は出してくれるし、ざちゃんもいるので

  それ以外にもそことつながりのある人として、もどきとかやもちとかびっくりとか色々いますが、おぺちさんは、白髪を捨てたという言動が聞かれましたのであまり相容れるかというと相容れない

   大もぐら界の方をみてみますと、大モグラ界って、特大もぐらは黒羽にいましたが、佐藤は大もぐらで、高野伸が中もぐらですね。

  あとはですね、多分、すじさんって話す内容を決めて適当英語をつまんでるだけなので、サプリきもいですが、980円で講義してるしね、中身が巡査から980円の価値しかいからだと

   思いますが。あとはなんですかね、私は文Ⅰ入る前に死ぬほど貢献して、それに対するものがですね、中島康弘が、働かなくていいっていうのしかないんですね

   もう支持者対策というかね。鬼丸かおるは、平成29年から軽犯罪を用意してるしね

2023-07-13

https://anond.hatelabo.jp/20230713194258

  君はH14年文Ⅰ合格で、H15年駒場学園祭のとき、 「あぁ、やっぱりこんな感じだったか」って言ったわけだが、その時の印象としては、戸田中のこぐれとか、そこらの公務員みたいだったね

   その後河川敷バーベキューかなんかに行ったんだけど記憶にないんですね。なんで行ったのかも覚えてない。逆に、そんな感じなのに、電話はできないわけですよね、恥ずかしいか

  そのように、おたくは、たてまえというものに拘泥する側面と、中身は別だからね。それだけおたくの考えは支離滅裂だし、 最近白根ブーンかいわれてるしね。

    

2023-07-12

https://anond.hatelabo.jp/20230712141416


  平成11年~19年の間にたいりょうに書いていたから、  文Ⅰ東大法を通過している。その後、まえだゆきと森脇のところにいって既に終わっていることを認めないクズ

    H11年~19年の間に俺が何をしていたから、  その成績証明書存在するのか分かってないようだな。

2023-07-07

https://anond.hatelabo.jp/20230707181344


   私は真面目に勉強し様々な貢献をしたからH15年に東大文Ⅰに選ばれたが、H15年にお前は東大ではなくハーバードにいて俺を選んだ者ではないから俺はお前が大嫌いだ

  

2023-06-19

  俺は警察ではない。 文Ⅰに入る前のH12年頃に、警察ペンを使わないかめっちゃ書いててざまあwwwwwwとかいっていたので評価されて文Ⅰに選ばれたりしただけ。

2023-03-22

1990年大学受験したいわゆる私大バブル経験した世代だけど

ダメ時代だったなあと思う

大学予備校高校受験生たちも……なんというか、日本大学受験はまだ未開だったんだなあと50代に突入した今冷静に振り返って思う


こういうこと言いっこなしだけど当時の試験問題総合レベルは今と比較して冗談みたいに低かったと思うよ

こういうのはスポーツと同じで時代が進めば必ずどんどん洗練されてレベル高くなるもんだから仕方ないことなんだけど、

2000年代くらいかセンター過去問を戯れに見て(特に数学2B化学あたりが)明らかにやばくなってきてるのを感じて、

共通テスト突入してからハッキリとヤバいレベルに洗練されてなおかつ難度が爆上がりしててビビったもん

それにもかかわらず有名国公立の共テやセンター合格者平均得点パーセンテージが俺の時代全然変わってなくて

「ああ、AO入試とかの推薦枠が定員の3割もなかった当時と比較して、今一般入試ってもんは明白に次元の違う厳しい競争になったんだな」

と察した

俺たちの時代はさっきも言ったように大学受験界隈が本当に未開も未開で、

たとえば受験生たちがリアル

睡眠時間7時間も8時間も取るなんて怠けてたら落ちる。そういう奴は必ず負ける」

とか

「みんなが解けないようなカルト級の難問を制する者が入試を制する」

みたいなアホ丸出しなことを平気で言ってて、

しかもそれが「ハッキリとした誤り」として訂正されることが全然いくらいには正しい情報共有(そして良質な参考書が今の比じゃないほど少なかった)が難しい時代だった

そういえば赤本青本とで早稲田国語の解答がよく割れてたな

あと日本史なんかだと

法隆寺玉虫厨子の羽の使用枚数」

とか

世間胸算用初版本の値段」

とか

志賀島金印発見した農民名前

なんかを問うクソ問題マジで出題されてた


今考えれば「馬鹿じゃねーの、そんな問題に付き合ってられっか」で丸っきり相手にせず、さっさと基礎~標準問題絶対取りこぼさないよう徹底的に訓練する以外ないんだけど、

当時の受験生たちは

「いーや、あのカルト問題だって実はどこそこ社の教科書にだけはちゃん掲載されてる情報だったんだぞ?それを捨てるのは甘え。捨てる者は落ちる」

だなんて大真面目に言う者が大半だったから、みんな無駄努力無駄努力を重ね、しか予備校などの受験産業もそれを後押しした


から詐欺みたいなカリキュラム受験塾なんかを個人が立ち上げても余裕で商売になったんだろうなとも思う

例えば、

授業なんぞしないで滝行させるとか

試験マジで何も関係ないスピリチュアル書籍読ませて感想言わせて詰めて泣かすとか

……たとえそのレベルのイロモノ予備校であったとしても

(実際、こういう笑えないほどお粗末でインパクト強い受験塾は存在していて、なおかつ年間200万とかの受講料を設定していても浪人生は押し寄せていた)


ただし、狂ったように加熱していたのは私大受験だけで国公立平常運転だった

最後1989年私大と国公立両方受験した者達の合否データを示して終わろうと思う


早稲田政経× 東大文I〇 60人

早稲田政経東大文Ⅰ× 34人

上智外語× 東京外国語大〇 72人

上智外語〇 東京外国語大× 13人

中央法× 東北法〇 11人    

中央法〇 東北法× 32人

立命館法× 広島大法〇 21人

立命館法〇 広島大法× 5人


明治理工× 東北大工〇 38人   

明治理工〇 東北大工× 13人

東京理科大工× 名古屋大工〇 70人

東京理科大工名古屋大工× 51人

         

立命館理工× 九州大工〇 24人 

立命館理工〇 九州大工× 17人


追記

自分は、私大受験バブルピークは過ぎてたとはいえ1993年慶應経済「のみ」を受験して見事に現役合格したふかわりょう尊敬している。

彼は電波少年坂本ちゃん東大受験企画に呼ばれた時や内P唯一のレギュラーだった番組黎明期なんかに慶応卒をドヤる振る舞いを許容範囲披露していたが、

あんな異常な時代慶応経済に現役で受かったという事実や自負を全く表に出さな謙虚さは同世代として凄いと思う。

一方、

現役受験の年が私大受験バブルピーク年とほぼ重なっていて、結果的二浪明治大学文学部補欠繰り上がり合格した安住紳一郎は、

その浪人期間がいかに苦しく精神的にギリギリだったかをおりに触れて語り、

今でも学歴受験ネタなら大学高校中学わずやたらめったら詳しく、

なおかつ「今でも指定校推薦組を許してない」と公言してはばからないが、

あの感じはまるっと全て凄ーくわかる。

運悪くあの当時の受験地獄に晒されることになった世代の中で安住紳一郎の「二浪明治文学部補欠合格」という結果はそれでもかなりいいほうだし、

結局東京神奈川千葉のどこの私大にも受から人生捨てたような感じになった奴は腐るほどいた。

(余談だが、

私の地元というか受験可能公立高校グループのなかでは都立日比谷が1番賢かったのだが、

当時は日比谷ですら現役時に法政合格を確保できれば同級生平均より明白に良い結果だったので

「こんな大学受験しかったんなら高校入試とき大人しく法政行ってたわ」と嘆く奴が絶えなかったという笑えないエピソードがある)

2022-05-04

https://anond.hatelabo.jp/20220504095838


俺が東大文Ⅰに受かった2003年数学問題のセットは分析内容がありすぎた。  第2問の線形計画法問題はクソだったが

   1,3,4は冷静にみると、分析する事項が多すぎた。 俺は、4の確率はできなかったが、1,3を完答して合格した。

 

    それに対して2002年の数学があまりにもクソすぎた。

http://server-test.net/math/php_q.php?name=tokyo&v1=0&v2=2003&v3=1&y1=2003&n1=0_1&y2=2003&n2=0_2&y3=2003&n3=0_3&y4=2003&n4=0_4&y5=0000&n5=0&y6=0000&n6=0&y7=0000&n7=0

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん