「井上尚弥」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 井上尚弥とは

2019-06-07

anond:20190607165748

やっぱそうだよね

じゃあ結局はウェイトより技術の方が重要ってことだよね

てことはウェイトが言い訳になるのはどこからなの?

パウンドフォーパウンドランキングは、実際戦っても案外その通りになるの?

ミドル級東洋太平洋王者クラスでも井上尚弥には勝てないレベル

2019-05-28

anond:20190528110738

トラバブコメ読んでると、実感通り最近ボクシング人気はあまりないようだ。

https://www.videor.co.jp/tvrating/past_tvrating/boxing/01/index.html

具志堅辰吉亀田の人気があっただけでもともとこんなもんやろ。

それでもボクシングは定期的にゴールデンタイム放送されとるし、PRIDEK-1の没落やプロレスの低迷に比べたらぜんぜんマシやで。

最近の傾向としては連続防衛記録よりも複数階級制覇を目指す傾向が強いですね。

パッキャオの6階級制覇がもう10年前、ドネアの5階級制覇でさえ5年前と考えると

しろ最近やとクロフォードやウシクの主要四団体統一のほうが注目されとるで。

ゴロフキンも連続防衛で名を上げたわけやしな。

そのWBSSバンタム級井上尚弥は圧倒的な強さをこの二試合で見せつけたというのに、日本ではそんなに騒がれている様子がない、という寂しさ・・・

錦織なんかグランドスラムとは言え準優勝で新聞記事一面トップクラスレベルですよ?・・・あ、まだ井上は決勝残ってるか。

さすがにWBSSグランドスラムほどの権威はないやろ。

というかボクシングの弱点はそこやで。

これで勝てば有名になれる権威のある試合、っていうのがないんや。

名を上げるには有名な選手と戦うしかないし、

それでいうとロマチェンコもクロフォードもカネロもゴロフキンも階級が違いすぎる。

ほんまロマゴンと試合できてたら良かったんやけどな。

anond:20190528110738

これは「コナンに負けたか日本ではアベンジャーズが人気ない」などと同じで、普通に井上尚弥知名度は高いのだがファンの期待が高すぎるだけである

というのはともかくとしてボクシングの人気がないのは団体階級が乱立しているからだよ。

ワールドカップオリンピックのように「これに勝てば最強!」という分かりやすタイトルがないかダメなんだよ。

ボクシング団体をすべて統一した上でフライバンタム・フェザー・ライトウェルター・ミドル・ヘビーくらいまで階級を減らせば確実に盛り上がるよ。

anond:20190528120931

若者はだれも見てないよ・・・

久保なんとかよりは井上尚弥の方が圧倒的に知名度上だよ・・

anond:20190528110738

徐々に周知されると思うよ

私は比嘉大吾の件から井上尚弥WBSSを知った

テレビでも放映されるし目に触れる機会は増えそう

ボクシングって人気ないのはどうしてなんだろ?

日本歴代最強、現役世界最強との評判もある井上尚弥がつい最近イギリスで、バンタム級では事実上世界最強決定戦だと言われていた、IBF世界チャンピオンエマヌエル・ロドリゲスをなんと2Rノックアウト

まりマニアではないものの、ボクシング好きな俺はその衝撃に興奮したわけだが、その日、その試合の話を会社でしたら誰も井上尚弥を知らなかった。

そのうちの一人に「マジで知らないの?」って聞いたらほんとに知らないって。

じゃぁ誰なら知ってる? ってそいつに聞いたら「亀田興毅」。とっくに引退したってばさ。

プロデビュー以来、18戦全勝・16KO勝ち・三階級世界制覇・2団体統一王者で、世界チャンピオンや元世界チャンピオンを何度も1〜2RKO、「井上井上自身以外誰も勝てない」と言われるほどなのに、知らない???

大した実力もなかった口だけ達者なお騒がせ亀田あんなに熱狂してたのに、亀田なんかよりはるかに真っ当で段違いに強い井上尚弥を知らないなんて、意味不明

日本っていつからそんなにボクシングに興味なくなったの?

ーーーー

追記

トラバブコメ読んでると、実感通り最近ボクシング人気はあまりないようだ。

日本は意外かもしれないが、世界全体で見るとボクシング大国だそうだ。

 世界的なボクシング記録サイトボックスレク」によると、2017年4月20日時点で、アクティブ活動しているプロボクサーの数は世界で2万3460人。ボクシング大国メキシコが3343人、マーケットの一番大きいアメリカが3266人、いま最もボクシング景気がいいと言われるイギリスが1000人で、日本は1436人となっている。同サイトによれば、ほかに1000人を超える国はアルゼンチンだけだ。

https://number.bunshun.jp/articles/-/827916

ところが同記事によれば、日本ボクシング人口は減少の一途だという。

記事では少子化などを原因に挙げているが、K-1のように格闘技ジャンルが増えたことも一因かもしれない。一時期確かにK-1テレビの放映時間帯を奪っていたし。

友人と話していたら、その昔は具志堅辰吉など、昭和から平成中期ぐらいまではボクシング人気は確かに続いていた、と。

悪漢亀田の影響もあるかも知れぬ、と、あれで白けてしまい多くの世間的人気を失った面もあるのでは、という話もあった。

ところで一個だけブコメに返事。

id:type-100

階級制覇とか2団体統一とか、とにかく王座の扱いが軽すぎて誰がどう強いのか端から見ていてさっぱり分からない。なんで統一王者防衛戦を目指さずに階級を変えるのかが分からない。

最近の傾向としては連続防衛記録よりも複数階級制覇を目指す傾向が強いですね。同一階級だと強い相手が限られていることや、複数階級だとサクッと階級上げてマッチメイクやすいこと、上位階級の強い相手を倒せば同一階級でやるより強いイメージを与える事ができるなど、色々理由があるそうです。

そうしないと、ただでさえ現在では同一階級に、正規王座スーパー王座暫定王座など複数王座規定があったり、或いは主要4団体に渡って何人もチャンピオンがいて「ほんとに強いかどうかわかりにくい」状態なので、同団体同一階級に拘ってても面白みにかけるわけです。

ただ、複数階級制覇も体重コントロールが難しいなど、出来る人は限られているので(パッキャオみたいな六階級制覇は異常)、じゃぁ同一階級世界一決めようじゃないかという意図で始まったのが、井上尚弥が今やってるWBSS(World Boxing Super Series)なんですよね。

 

そのWBSSバンタム級井上尚弥は圧倒的な強さをこの二試合で見せつけたというのに、日本ではそんなに騒がれている様子がない、という寂しさ・・・

錦織なんかグランドスラムとは言え準優勝で新聞記事一面トップクラスレベルですよ?・・・あ、まだ井上は決勝残ってるか。

2019-05-19

井上尚弥つえぇぇeeeeee

けど、股間に「ひかりTV 4K」って書いてあるのギャグかと思った。

ボクシングヤバかった!!!!!(ネタバレ有り)

井上尚弥日本時間の五時頃に、イギリス試合した。

ヤバい!超ヤバい

相手プエルトリコエマニュエルロドリゲス

19戦無敗、KO率63%!

日本プエルトリコ選手って小さいから、完全決着は難しい。よほど実力差がないとできない。

ダウン経験もない、ディフェンスも上手く、手数も多く、相手自分のペースに巻き込むのがすごく上手い選手。チャンスを見つければ右のカウンターをきれいに当てる上手さも持つ。

まりやべー強い!

やべー強いやつをやべーパンチで倒した!

ロドリゲスは1R、前評判に違わず井上のジャブを丁寧に払い落として防いで、自分の戦いやす距離に踏み込んだ。

後に井上は緊張で硬くなったと言ってたけど、それでもロドリゲスは上手かった。

ジャブの応酬で、まさかロドリゲス優位。

井上はいつもジャブ突きこんで相手を下がらせて、そこからKOに繋げてきた。

それが効かない。

それでも日本人は正直思ってたはず。後半なんとかなる。近距離に付き合わずに、中間距離で削り合えば、いずれ形勢は井上に傾く。

2R違った。いずれなんてなかった。

ワンツー振って、井上ロドリゲスの懐に踏み込んだ。

プエルトリコ相手には悪手なんだよ。向こうではよくある攻防で、日本人とは経験値が違う。

相手土俵

そこで左を打つも潜られ、更に返してきてそれをディフェンス

どかーん。

井上の下がり気味からの左フック!やばい!すごい!

ロドリゲス平衡感覚と俺の語彙もぼかーん!

ロドリゲス根性見せて立つけど、今度は腹えぐるようなボディがずどーん!

やばい!やばいだって!すごい!

どうせ違法アップロードあるから時間あるときYouTubeあたりで探して!

地上波なら九時頃にフジでやる!

日本人史上最高の選手試合みて!お願い!

2018-12-05

M-1 2018・ネタ以外の感想

なんか炎上してるみたいですね。

でもそこには触れず、M-1関連番組配信ネタ以外の部分の感想を忘れないうちに書きますネタ感想はいろんな人が書いてるし。

最後にミソついちゃったけど全体的にとてもいい大会だったし、炎上のせいで芸人たちのファインプレーが忘れられると悲しいので。

敗者復活戦出番順抽選

くじ引きの順番は予選通過順位

これはいい変更だったと思う。

からし蓮根10

知名度的にも芸歴的にも大躍進。その次のホテイソン含め、数年以内に決勝行くだろうな。

岩橋次点で落ちたって言ってた奴殺したろか!」

そして出順15番目、やっぱ持ってるなあと思った(この時点では)

さら森田、さすがの場慣れ感

抽選会では一番盛り上げた。いつもどおり小うるさいけど。

さらばの出順に対してトレエンたかし「(さらばのネタは)色々な漫才見たあとじゃないと面白くない」

この中継でのたかし日本刀ぶん回してるような切れ味だった。

金属バット友保が持ってきた名札「トムブラウン

それに対する斎藤さんの反応「ごめん初絡みだから分かんない」

エラン

井口があーだこーだ言ってる間にヌルッと1番引く河本。最高。

文句ブーブーな井口にトレエンたかし「15位通過の奴が敗者復活できないだろ」

正論すぎてぐうの音も出ない井口

抽選MVPは誰も期待してないとこで地味かつ狂気ボケをぶち込んだウエラン河本で。よく考えてみれば河本一言もしゃべらず全部持ってった。

敗者復活戦

ホラン千秋の進行

手慣れてたし達者だった。マネージャー金属ファンかいうプチ情報で一気に(一部)視聴者の心を掴んだ。

CM前、ミキとニッ社ケツの即興コント

ケツの真顔ドアップでCM

さらば、出番前に変な間

モニターとthe next is……のナレーションが入るまでに変な間が。さらばの失速はここからすでに始まっていた。

さら森田噛み倒す

ネタで噛んでネタ後のコメントでも噛む。漫才コントやりますとは何だったのか

ミキ亜生「(ネタ中にバイク?の爆音が響き)すごい音鳴ってるな!」

今回1番のファインプレー。音が鳴り出してからタイミングもツッコむテンションネタに戻る早さも完璧反省会打ち上げでも言ってたけど、外営業経験の賜物。この後のたくろうタイムオーバーしてネタ中にリカバリーできなかったのと比べるとやっぱ芸歴差が出る。つってもミキも5年目とかだけど。

ダンビラムーチョ大原あき竹城さんが面白いと言ってくれて。私の元嫁がね」

昴生の「みちょぱ元カノ発言への被せ。

たくろう赤木「(たかしの『あと何秒くらいあったら終わった?』に対し)2秒です」

タイムオーバーは覆らないけど、ちょっとでも取り返そうという気持ち大事

投票中間発表を受けて)さら森田「やりましたよ。たぶん如実に知名度だと思います

自分たちも入ってんのに言っちゃうところが森田の良さ。

中間発表だから今入ってないコンビ大丈夫だと力説されている最中にウエラン井口「はぁ?」

井口の顔は強い。なんか泥っぽい。

金属バット小林若い女に褒められる思たら熟女に褒められて」友保「ギャルの姉ちゃんなんか言ってくれなはれや」

敗者復活、ネタ以外では金属テントトークが一番ハネてたと思う。その前のからし蓮根アキナがくってきた感あるトークでほぼ無風だった反動もあるか。この後も、みちょぱ「髪長いですね」友保「あ゛ぁ?」→陣内「あき竹城さんが面白かったって」2人「大丈夫です」まで、コンビ間の連携も取れてたし発言すべてウケてた。

投票中間発表でたくろう2位に陣内「たくろうはもう帰ったかな?」

お昼にふさわしく羽のように軽い陣内の小ボケに対し無表情なテントメンバーの中、唯一笑ってる金属の2人。

あき竹城が褒めたコンビダンビラムーチョニッポンの社長金属バット

間違いなく誰よりも尖ってる。

スライス加藤「たくさんの敗者さんの中から……」

絶妙に中卒らしさが出てたコメント

ニッポンの社長 辻「ミキネタ丸かぶりしたんでね」

ちょっと分かりにくかったか。トレエンが流しそうになって陣内がツッコんでた。

三四郎のツカミ、YouTubeで音声消される

2人とも片親のくだりなんてテレビでも何回も見たはずだけどなあ。M-1だけ見る層が炎上させるという読みか。

ブラマヨTikTok CM

吉田番組企画トレンディドラマみたいなやつやって完全にコントだったの思い出した。東野とタメ張るレベル演技力

羽田圭介コメント審査ごとで難しいのは、超絶技巧の凄みをまるでスポーツかのように審査するのか、もしくはそうじゃなく結果的に笑えるのを選ぶのかっていう、その基準が難しいですね」

羽田さんはいろいろ興味深いコメント言ってたのでもっと聞きたかったな。陣内がかなり邪魔してた。この後の「金属バットさんはなんだかんだバランス良かった」も陣内はボケとして処理しようとしたけど、それを振り切って言い切ってたし掘り下げてほしかった。

今年からの新審査システムYouTubeネタ動画アップ、テントトークパート追加

これらの変更は非常に良かった。暫定ボックス作れるシステムも使いやすかったし技術進歩を感じた(ただし中間発表は必要なのか?ってのと、暫定システムだととりあえずで入れといた最初のほうの組が中間発表で残りやすくなるんじゃないかとかはある)。ネタ動画はほんとに数分後に上がるので感動した。テントトーク最初テンポ悪くなりそうでヒヤヒヤしたが、さすがここまで来る奴らだけあってちゃん面白かった。大井競馬場時代の復活組の一体感ちょっと戻った感じ。

今年は敗者復活も熱かったしレベル高かったと思う。ゲスト邪魔してなかったしテンポも良かった。

その中でも強烈なインパクトとともにボケ倒した金属バットが敗者復活戦のMVP。前に出ない芸風だけに、フラれての返しで口開くたびに全部ウケるのは強い。彼らを決勝で見られる日が来るのを心待ちにしている。

M-1グランプリ2018本戦

OP、今回は涙涙の感動路線

とろサのハイタッチはこの1年ほかでは使われてなかったから今回のM-1のために掘り起こしたんかな。中継入ってない放送中の暫定席、よく撮ってたなこれ。とろサの映像でこういう秘蔵っぽいのが多いのはそれだけ長い間注目されつつ陽の目を見なかったってことだろう。M-1アフターの他に泥に咲く花もあったし、吉本っていうよりABCの功績なのかもしれない。2007村田と2016久保田はほんと泣ける。

今回の「俺たちが一番おもしろい」は武智

ここまでお膳立てされといてあの体たらく。あと今回はOP水田映ってて良かったな。

笑神籤や審査説明司会者ではなくVTRになった

これがテンポ悪くした一つ目の原因。「生」感が失われたのも大きい。

審査員紹介後の各人コメント

途中途中で会場冷えてるのが伝わる。松ちゃんのえみちゃんねるトークとか志らくとか、えみちゃん明らかにマヂラブ覚えてない上にミキに来て欲しいとか。巨人師匠もやけに長々と喋った上に噛むし。その中で塙の「内海桂子師匠が降りてきてます」はきちんとウケた。

(敗者復活戦会場)進行する陣内の後ろでインディアンス田淵と金属友保がじゃれ合い

田淵に手を伸ばす(顔を隠してる?)友保と、それにウケる田淵。緊張感なくていいね

ミキ亜生「たとえ今日落ちても上沼さんの隣には座りたいと思います」を受けて)昴生「なんで?」

ふわっとしたツッコミ。周りの芸人がやたらウケてる。

マヂラブ野田「えみちゃん待っててね〜!」

野田仕事を果たした。

三四郎小宮松ちゃん待っててね〜!」「巨人ちゃんも待っててね〜!」

小宮年末の大仕事を果たした。両組ともよく戦った。

順位発表で呼ばれたことに気づかず祈り続ける小宮

抜かれた1秒後に気づいてハッとするタイミングが最高。

フリが来たのに巨人師匠モノマネしない兼光

しなくていいんですとばかりに頑なにやらないというボケにつなげる。

アキナ4位

アキナには悪いけどこれはないわ。知名度10位以内には入るだろうとは思ったけどさすがに4位はおかしすぎる。ウケ量で言えば三四郎アキナがドベ争いするくらいだったのに。これはアキナというより投票した人がよくない。ここで前日の久保田ツイートが効いてくるんだけど(ワーキャー票で決勝行かせても芸人殺すだけという主旨のやつ)、久保田によれば来たリプライの多くはミキファンへの牽制だったということで、でもミキは敗者復活に限っては確実に首位争いに食い込んでた。炎上後の今だとミキ久保田関係も気になるが、話題に上らないとこではこのアキナ順位個人的断トツで後味悪かった。

ネタ直前のCM開け、くまだまさしBKBレイザーラモン前説集団「始まります!始まります!」

今回変なとこで毎年恒例くまだまさしの後ろ姿が入ったな。今田によれば放映前も前説あったらしいけどなぜここで。

見取り図の登場まで42分以上

長い。この時点まででところどころ空気おかしいので、会場が重かったのは芸人のせいでも審査コメントのせいでもなく、番組演出の失敗に思える。冷えた理由二つ目アスリートくじ引きで間違いない。毎回毎回コメント取るたびに冷えていった。

見取り図守山お客様も優しくて」

やっぱ客は悪くなかったよな。

守山「めちゃくちゃ緊張してました」上沼「(食い気味に)してなかった」

ここはウケてたけどね。今回の上沼は去年話題になった「厳しい審査キャラ」を演出しようとしすぎた気がする。

スーマラ田中「んーどうでしょう

メガネ斜めボケがややスベりした直後の長嶋茂雄ボケ。我々はここから田中の瞬発力とハートの強さにひれ伏すことになる。

久保田コメント「パーフェクトッ!」

から会場全体を映すカメラにまったく映ってないという惨事

ジャルジャルへの上沼コメント「このネタは好きじゃない」の後、スタンバイゾーンに向かって)今田「裏側は笑わないよー!」

上沼への芸人たちの反応が分かる場面だった。笑うというか、「また出たよ」的なあれだったんだろうな。

上沼に「何やってたん今まで」と言われたギャロップ、なぜかハケずにそのまま残る

今田の「帰ってもらえますか」でひょうきんにハケたほうが綺麗だったような。気まずさが残った。

スーマラ田中「テッテレー!」

ギャロップが残していった重い空気をぶち壊す会心の一撃

ゆにばーす川瀬「(客席に向かって)ほんま笑ってよ?」

川瀬キツイのが画面からも見て取れてこっちまでつらくなった。時間が経つにつれてはらちゃんが率先して前に出たのも、ああ川瀬本気でやばいんだなと。しかしそれでもなんとか笑いにつなげようとする川瀬の姿はとても良かった。

今田最後言い残したことはありますか?」に)はら「◎△×$……、あーもうだめだ」

はらちゃんも頑張った。締めとしては悪くなかった。

井上尚弥乳首大写し

抽選中に後ろの画面でどんなに乳首見放題でも、会場の雰囲気は良くならなかった。世界王者をもってしても……。

ミキへの上沼コメント「お兄ちゃん自虐は突き抜けて芸人になってる」

言いたいことは分かるけどギャロップ名前さなくてもいいし、それ以前にコメント開始直後からすでに会場がうっすらザワついてるのが聞こえる。雰囲気やばい

亜生マナカナみたいなった」

審査コメントへ「ありがとうございます」が兄弟ハモった後の一言ミキ2人ともガヤうるさいけど、特に亜生M-1以外でもどんなに小っちゃくしか映ってなくても必ず顔作ったり動き入れたりするのを知ってるので好感を持ってる。最後提供読み上げ中にも遠くから引いた画面で涙拭ってて、それがわざとらしくて嫌いだというお笑いファンもいるだろうけどね。

トム・ブラウンみちお、きんに君に似てる

ネタ中のポーズのせいもあるだろうけど似てる。笑顔とか喋り方とか。

スタンバイエリア水田、ぴったりのタイミングカメラ目線

偶然だろうけどこれは上手かった。

暫定ボックスから脱落のかまいたち濱家、痛風コメントゲロスベり

これもまた反省会での名言「くったらあかんねん」を体現するシーン。いやくったコメントだったかは知らんけど。

和牛登場前のCM入り、みんなウロウ

暫定ボックススタンバイエリアカメラの前で行ったり来たり。

吉田沙保里のコメント終わりで)今田「さあ隣のお客さん、いかがですか」

横に座ってる一般人にフる今田。いつもだけど今田がなんとか盛り上げようとしてた。

(優勝商品パネル写真イタリアキアニーナ牛に乗ったどん兵衛

スタッフちょっとだけお茶目したんですね。

今回は明らかに番組としてテンポ悪くて、それが客席に影響しまくってた。特にアスリートコメントくじ引きの流れが最悪。審査員は上沼以外はおかしなことは言ってなかったように思う。こうして見ると空気の重さが続いたのはネタの題材とかコメント力のなさとかいろんなことがそれぞれ少しずつ影響してる。霜降り優勝は文句ないだけに惜しかった。

そんな中で飄々とボケ続けたスーマラ田中ネタ以外でのMVP。今回の田中は本気で大会を救った功労者だと思う。一昨年のバラエティ一周ではさほどハネなかった印象だけど、今回こそ売れてほしい。

Gyao最速反省会

とろサ久保田「(霜降り優勝記者会見に集まった記者たちを見て)違反者講習みたいなってるやん」

ネット番組での久保田は伸び伸びしてて抜群に面白い。

トム・ブラウン布川「携帯GBですよ」

ファイナリストの中で唯一バイトしてるトム・ブラウンお金ないトーク。ここはかなりウケ取ってた。

陣内「Gyao禁止ワード3回までいい」

そんなわけないだろのツッコミ前提ボケ

ハケる時に霜降りに話しかけるトム・ブラウン、サムズアップで応えるせいや

なんか良かったなあ。霜降りの2人はほんと青春漫画だな。ネプチューン以来の。

「くったらあかんねん」

優勝後のバラエティでどうでもいい質問を聞かれまくるから答え用意しとけ、との久保田の教えから続く話題の中で出たワード。くってきたボケや答えはスベる。ちなみに「くってくる」とは「事前に用意してくる」の意。「食う」ではない。

ストロングゼロ打ち上げ

ギャロップ林「甘かったっすね。もっとウケる思ってました」

実直なところが林のいいところなんだけど、ここは聞いてるのキツくなった。お笑いきじゃない人たちには「笑えない、つまらない」と思われてしまうだろうなあ。個人的にはお笑い好きだからしんみり心に残った。

ジャル、ネタの進行はその場で反応見て決めてる

ジャルはもうアスリートだな。反省会でも爽やか一辺倒だった。今年は最終審査前すでに結果が見えていたのだろう表情をしていた。

千鳥霜降りトーク中、カンペ「※良き所で(以下見えず)」

たぶん去年もだけど大体の時間だけ決めて多少のオーバーOKな感じなんかな。千鳥ネタトークもダラダラやるのが合ってるからいいね

大悟「よくあるタレントにならんでいい」

これから爆発的に売れるだろう霜降りの2人に対して。ラストショットギャロップ林を連れてきて混ぜるあたり千鳥の2人も審査に関して思うところはありそうだったが、後腐れないようバランスよく取りまとめる手腕が素晴らしい。芸人たちが揃って「打ち上げ千鳥さんで良かった」と言うのも分かる。

反省会打ち上げMVP特に抜き出しはしなかったけどゆにばーす川瀬で。はらちゃんとの関係性も垣間見れたし、去年の福徳を上回る感情大爆発で見応えも作り出した。だから死ぬな川瀬よ!


最前線とかthe Nightとかも良かったけど量が多すぎるので12/2当日のみに絞った。

順位が奮わなくてもテレビ的にハネなくてもしっかり仕事してた芸人がたくさんいたし、それを見られて良かった。

YouTubeとかでネタ動画だけが切り取られて拡散される時代ネタ以外の平場でも輝いていた芸人たちの姿を残しておきたかった。MVPとか偉そうでごめんね。霜降りおめでとう!

2018-10-10

井上尚弥選手に対する日刊スポーツの新記録煽りがひどい

どちらも同じ会見の記事化です。

日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/battle/news/201810090000166.html

井上尚弥「また決めちゃうかも」新記録へ瞬殺予告

日本人世界戦の2戦連続1回KO勝ちも元WBC同級王者長谷川穂積と並ぶ日本記録となる。来年3月ごろに米国で予定される準決勝では3戦連続KO勝ちという新記録がかかる。両肩に力が入りすぎることを考慮し、井上は「完封します」とだけ宣言師匠大橋会長は「パヤノ戦は歴史に残るKO。大体、30秒で相手を見極められる。また早い段階で決めちゃうかも」と新記録を予告した。

過去にも当時の国内最速で2階級、3階級と制覇し、パヤノ戦でも日本人世界通算KO記録(11試合)、連続KO記録(7連続)も更新した。今後もボクシング界の歴史を塗り替える好機は巡るため「1つ1つの試合をやって結果的に記録がついてきた。この形で続けられたら」と新記録樹立継続に意欲的だ。

デイリースポーツ

https://www.daily.co.jp/ring/2018/10/08/0011713493.shtml

井上尚弥 “次も1回KO”の期待に苦笑「宣言しませんよ!」

同級世界4位で元同級スーパー王者フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に1回1分10秒でKO勝ちという結果で世界震撼させたが、次回も1回KOかと水を向けられると「やめてくださいよ」と苦笑していた。

 井上は今年5月に、バンタム級世界タイトルマッチジェイミー・マクドネル英国)に1回1分52秒でKO勝利しており、2試合連続での1回KOを達成した。こうした流れから質問だったが、井上は「やめてくださいよ。KO宣言しませんよ!」と苦笑い。「マクドネル戦を超える衝撃をと考えることがあったので。たまたまあいう風になったから良かったですけど。それがまた次もという保証はないです。トップレベルで」とKOには固執しなかった。

 しかし、「次回は完封します」と相手に当てさせないボクシングにはこだわりを見せた。

 1回1分10秒でのKOは日本人による世界戦の最短記録。世界戦7戦連続KO勝利世界通算11試合KO勝利日本新記録となった。「今回も試合1つ1つに対して、自分のやれることをやったらついてきた記録なので。この先もそういう形で超えていけたらいいですね」と、目の前の試合に専念すると語った。

◾️井上選手が言ってないことをさも言ったようにした見出し

中身にちゃん大橋会長が言ったと書いてりゃそれでいいのか?明らかにミスリードを誘ってるよね。

井上選手の強さは謙虚調子に乗らず油断しない性格にも起因するので、勝手にチャラいこと言わせるなよ。

◾️新記録宣言否定的当人無視して新記録押しの持論を軸に記事化

本当に同じ会見なんだろうかと言うくらい執拗な新記録押し。全ての言葉が新記録に繋げられている。

大坂なおみ選手に続いてまたしても朝日新聞社系列なんだけど、当人意思無視して持論を軸にするならもうインタビューなんてやめてしまへ。

新記録を樹立した人に勝手に新記録の荷を負わせるのは大昔からにわかの悪習。負担も考えず騒ぎ立てるのはただの邪魔。本当に期待するなら尚更邪魔するなよ。

◾️最後

井上選手にとって記録はおまけ。一戦一戦やる事やってたら自然と付いてくるものと思っていたので、デイリースポーツ記事には本当救われました。一ファンとしてもそんな選手であり続けて欲しい。

2018-10-08

[]2018年10月7日日曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
005114370281.840
01548267153.137.5
02899102102.365
0349465094.934
041188480.447
051599666.458
06212616124.657
0746356977.637.5
0814426652185.192
099521611227.5354
101551422291.859
111551160474.950
122381932581.241
131751616792.449
141661394284.058.5
1515519087123.138
161891778294.141
172111506871.441
181791399178.245
191291190592.340
201191135695.450
21112998789.248.5
2219721211107.740
232161699078.742
1日2971305354102.846

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(372), 問題(215), 自分(212), 社会(176), 女性(145), 理由(144), キズナアイ(134), 事実(128), 話(123), 多く(118), 男(118), 指摘(116), 若者(116), 今(115), 暴力(114), 沖縄(112), 貧困(111), レイプ(111), 本当(111), 比較(110), 特徴(110), 自殺(109), 殺人(108), article(107), いじめ(107), 無意識(107), 飲酒(106), 社会問題(106), DV(106), 全国(106), 児童虐待(105), うつ(105), 自尊心(105), 重複(105), 事故(105), politas(104), 深酒(104), 1位(104), 依存症(104), 凶悪犯罪(104), ディキヤーフージー(104), 少年犯罪(104), 突出(104), 路上寝(104), 高水準(104), 強盗(104), 自殺率(104), 年度(104), 教員(104), features(104), 女(102), 性的(98), フェミ(89), オタク(88), 日本(81), 増田(81), 好き(79), 感じ(77), 人間(72), 意味(69), 仕事(68), 前(67), 気持ち(63), あと(63), 批判(63), 最近(62), フェミニスト(62), ー(58), 普通(58), 必要(58), 存在(57), ポルノ(55), 表現(52), 現実(52), 他人(52), 相手(52), 関係(52), 金(50), 男性(50), 馬鹿(47), 議論(46), 他(45), 理解(44), 頭(43), キャラ(42), 黒(42), 気(42), 目(42), 世界(42), 言葉(41), 別(41), 勝手(40), ギャル(39), 嫌(38), レベル(38), 時代(38), 東京(38), 子供(37), 定義(36), 場合(36), 主張(36)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

キズナアイ(134), 沖縄(112), article(107), DV(106), 社会問題(106), 児童虐待(105), 社会(105), 凶悪犯罪(104), 依存症(104), 1位(104), ディキヤーフージー(104), 路上寝(104), features(104), 自殺率(104), 少年犯罪(104), フェミ(89), 増田(81), 日本(81), 東京(38), NHK(32), ラノベ(26), 資本主義(24), お気持ち(24), じゃなくて(23), 女子アナ(23), 元増田(22), ネトウヨ(21), 中国(20), 萌え絵(20), アメリカ(19), なんだろう(17), いない(17), セーラームーン(17), リアル(16), 価値観(16), 社会学(15), 乳袋(15), キモい(15), キモ(15), なのか(15), はてブ(14), エロい(14), 可能性(14), VTuber(14), 自分たち(13), 日本GP(13), 女性蔑視(13), twitter(13), 韓国(13), NG(12), いらすとや(12), 個人的(12), AV(12), ブコメ(12), 初音ミク(11), ノーベル賞(11), 知らんけど(11), わからん(11), はてなー(11), ジャニーズ(11), 共産主義(11), OK(11), Twitter(11), …。(11), ありません(11), 社会的(11), 自民党(11), 精神的(10), 表現の自由(10), LGBT(10), ポリコレ(10), キモオタ(10), vtuber(10), スマホ(10), 萌えキャラ(10), ネトフェミ(10), AI(10), トラバ(10), 具体的(10), ???(10), ゾーニング(9), 消費税(9), BL(9), 何が悪い(9), 普通に(9), いいんじゃない(9), ビヨンセ(9), プレイ(9), 巨乳(8), 飲み会(8), PC(8), SNS(8), ツイート(8), 基本的(8), イケメン(8), 安倍(8), 被害妄想(8), 被害者(8), ニート(7), 中の人(7), マウンティング(7), キチガイ(7), 社会学者(7), アレ(7), TPO(7), ジェンダー(7), スクエニ(7), 男目線(7), 論理的(7), 笑(7), 欧米(7), レースクイーン(7), マジで(7), CM(7), youtube(7), カス(7)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

沖縄から貧困がなくならない、本当の、(104), 日本GP 日本GP 日本GP (12), 井上尚弥 パヤノ 井上尚弥 パヤ(3), ごめん (2), (2), シカゴマラソン (2), 711 (2), UFC 229 En Vivo (2), フェミニストは『女』に我田引水したい(2), 最近差別議論アファーマティブア(2), 頭わるわる~ (2), ? (2), 黒ギャルと付き合いたい。 (2), だからどうした (2), 💩💩💩 (2)

頻出トラックバック先(簡易)

キズナアイポルノなら女子アナポルノ /20181007112538(28), ■ /20181007001646(21), ■ネトフェミなりに考えるキズナアイ論争 /20181007164838(11), ■どうしてラノベ登場人物セックスしないのか。 /20181006171453(11), ■続・スクエニvtuberが死にそう /20181006181304(10), ■この騒動のゴールはどこなんだ /20181007165827(10), ■東京が好きではないけれど、仕事のために仕方なく住んでいる /20181007142009(9), ■ミュージシャンとか漫画家とかで男女2名のユニット /20181007085029(9), ■マジでリベラルってどういう経済状況なの? /20181006134755(8), ■新入社員だけど、飲み会風俗の話が普通にされててびっくりした /20181007183317(7), ■キズナアイ性別が男女逆だったらどうなるか /20181007163145(7), ■オススメ漫画アニメゲーム映画を教えて欲しい /20181006210949(7), ■中国って明らかに非人道的行為国家がやってるのに /20181007113322(7), ■子どもが家にお金を入れる制度意味からない /20181007120712(7), ■二次元オタク自分らがオカシイって自覚がなさすぎる /20181007152702(7), ■自然な演技の映画 /20181006180050(7), ■ /20181007230843(7), ■キズナアイビヨンセだったらどうなの /20181007104743(6), ■anond20181007125049 /20181007125302(6), ■矛盾 /20181007225102(6), ■anond20181007114048 /20181007114718(6), ■社会学専攻の学生 /20181007224758(6), ■コミケにおける男性向け同人キャラ100傑 /20181007094537(6), ■scopedog 氏すげぇな /20181007183524(6), ■anond20181007165827 /20181007170605(6), ■20XX年、世界はいらすとや以外の表現方法絶滅した /20181007164507(6)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5678843(1552)

2018-10-07

[]2018年10月6日土曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
007812394158.947
0157442577.634
02239539414.763
0318101356.335.5
0422153169.640
0524164468.548
061279366.135
07224344197.576.5
08284347155.331.5
0997957998.846
10125934974.848
1114115680111.256
128911611130.554
131471367893.053
1491822690.445
158113117161.950
1610911727107.639
171541147874.543
1810711948111.763
19120963580.341
201701267474.640
21168940656.032
221941425873.545
231271040081.951
1日220421279696.546

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(219), 自分(167), 今(96), 話(94), 増田(85), 人間(83), 問題(82), 女(80), 必要(67), 好き(61), 女性(54), 仕事(54), 普通(54), レベル(52), 前(51), 男(51), ー(49), 日本(49), 意味(49), あと(49), 感じ(45), キズナアイ(44), 気(41), 批判(40), 金(40), 結局(40), 子供(38), 言葉(38), 社会(37), 関係(37), 相手(36), 最近(36), 他(35), ネット(35), 全部(34), フェミ(34), 世界(34), 理解(34), 性的(33), 昔(33), 会社(33), オタク(33), 今日(32), 時代(32), 目(32), 場合(31), 他人(31), 人生(30), 頭(30), 理由(30), 親(30), 時間(29), 無理(28), バカ(28), セックス(28), 現実(28), 存在(27), 一番(26), 別(26), 結婚(26), ただ(26), しよう(25), 一部(25), 気持ち(25), 一人(25), アホ(24), 馬鹿(24), 絵(23), リベラル(23), じゃなくて(23), 子(23), アニメ(23), 逆(22), 顔(22), 差別(22), ダメ(22), 確か(21), 日本人(21), 人たち(21), 手(21), しない(20), 趣味(20), 以前(20), 能力(20), 当たり前(20), 最初(20), 大丈夫(20), ネトウヨ(20), 主張(20), まとも(20), 国(20), すべて(20), 価値(19), キャラ(19), 認識(19), 先(19), 嫌い(19), 全て(19), 男性(19), 消費(18), 勉強(18), いや(18), おっさん(18), 結果(18), 生活(18), 嫌(18), 一緒(18), 友達(18), 表現(18), 全員(18), 世の中(18)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(85), 日本(49), キズナアイ(44), フェミ(34), じゃなくて(23), ネトウヨ(20), 社会学(17), マジで(17), NHK(16), 井上尚弥(15), Web(15), 社会学者(15), いない(14), 可能性(14), AI(13), ラノベ(13), 1人(13), Windows(12), リアル(12), w(12), パヤノ(12), なのか(12), キモ(12), Mac(12), 笑(11), わからん(11), マイノリティ(11), 東京(11), 被害者(11), 韓国(10), なんだろう(10), 資本主義(10), ツイッター(10), カス(10), 東大(10), ブクマ(10), スマホ(10), 個人的(9), イケメン(9), vsJC(9), 基本的(9), プレイ(9), ぶっちゃけ(9), 10万(9), AV(9), ヤバい(9), ブコメ(9), いいんじゃない(9), IT(8), JC(8), twitter(8), PC(8), 何度(8), 価値観(8), 中国(8), 2018年(8), 娘(7), アレ(7), 元カノ(7), 2人(7), あいつら(7), イートイン(7), youtube(7), OK(7), アプリ(7), 社会的(7), …。(7), 安倍(7), 10年(7), 一般的(7), 金(7), 社会人(6), にも(6), 方向性(6), スピリチュアル(6), はてな民(6), BL(6), 40代(6), 3年(6), なんの(6), ユニセフ(6), キチガイ(6), ???(6), 学生時代(6), ノーベル賞(6), アグネス(6), ゾーニング(6), 毒親(6), 二次創作(6), パヨク(6), 経済的(6), Linux(6), 自民党(6), P(6), Twitter(6), キモい(6), 表現の自由(6), ある意味(6), ー(5), 正当性(5), 日本ユニセフ(5), 100万(5), 元増田(5), ジェンダー(5), お勧め(5), よね(5), 再発防止(5), 知らんけど(5), 旭日旗(5), スタバ(5), bash(5), 大阪(5), ブクマカ(5), 一年(5), はてなー(5), 被害妄想(5), 5ch(5), 上の(5), REPL(5), 江戸時代(5), 郷土愛(5), ポリコレ(5), るし(5), 朝日新聞(5), プリキュア(5), 影響力(5), 京都(5), エロい(5), アメリカ(5), be(5)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

(5), 井上尚弥 ライブ 井上尚弥 ライ(3), 井上尚弥 ライブ 中継 井上尚弥(3), そのうち人刺しそうだな… (2), 今日も女は毒親叩き (2), 何だこいつ お前が首吊ってさっさと死(2), 別に安倍さんのアンチじゃないけど 景(2), まあ君の周囲の現実がそうだというのは(2), 夢を語る若者が本当に美しい 生命力、(2), よう底辺w (2), いつ滅びるのかを言わない予言には意味(2), 男の人って元カノいつまでも自分のこ(2), はぐらかさずにさっさと謝罪しろゴミカ(2), ただの事実だと思うが、事実を言ったら(2), 井上尚弥vsJCパヤノ 井上尚弥(2)

頻出トラックバック先(簡易)

はてなってヤバイやつ多くね /20181005210645(25), ■どうしてラノベ登場人物セックスしないのか。 /20181006171453(17), ■マジでリベラルってどういう経済状況なの? /20181006134755(15), ■アニメに詳しいやつに質問なんだが /20181006131626(12), ■恥ずかしくないの? /20181005163007(8), ■社会学者という職業AIに奪われない /20181006184120(7), ■ニューハーフってキモいよな /20181006184805(7), ■ソープに行ってきた /20180107034937(7), ■ /20181006224849(6), ■フェミキズナアイ批判してるんじゃない。NHK批判してるんだ」 /20181006112226(6), ■フェミvsオタクというマイノリティ同士の潰し合い /20181006081227(6), ■映画館ポップコーンが食べたい /20181006135218(6), ■今日も男は親を叩かない /20181006215553(6), ■anond20181006125148 /20181006130036(5), ■母親もっと育児するべき /20181005101717(5), ■夏に寒いと言ってエアコン上げる人 /20181006140903(5), ■今日見かけたパワーワード /20181006003333(5), ■SQL /20181006104809(5), ■■ネットで褒められる練習をさせて下さい /20181006102013(5), ■二次創作でイキってる奴嫌い /20181006085019(5), ■山本さほの「告発漫画読んだけど、フリーランス怖すぎだろ /20181006083318(5), ■映画館でモノ食ってるやつ、うるせーんだよ /20181006135311(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5677291(2992)

2017-05-06

藤井聡太鈴木圭一郎、那須川天心とかのニュースが盛り上がってるけど、既に有名な井上尚弥大谷翔平羽生結弦あたりと合わせて、数十年に一人というレベルの若手が、各分野のスポーツ同時多発的に出てきている気がするな。清宮幸太郎久保健英はまだ分からんにしても。

2015-04-30

ボクシング観戦記 井岡レベコ戦

パッキャオメイウェザー戦も近くなり世間ボクシング熱が盛り上がってまいりました。

メディアではパッキャオは貧民上がりのアジア英雄で、メイウェザーは金の亡者ヒールキャラという構図がされてるようですが、パッキャオが練習をサボって遊びまわっていた事などは誰も触れない。

まあ先の話は置いておいて、先日の井岡・レベコ戦でも振り返ろうかと。

この試合、完全に井岡作戦勝ちでした。まずマッチメイクから振り返ると、井岡階級を上げてまだ数戦でレベコは長期政権を築いていました。

井岡は前々回にアムナット完封されたわけですが、アムナットの特徴は足を使ったアウトボクシングで、クリンチなどのダーティーな技も多用。リーチでは井岡より上で、井岡のガードの間を破るアッパーが得意でした。

今回のレベコは基本的ファイターよりで好戦的スタイルを好み、身長では井岡より10cmほど低く、またパンチはフック系のパンチが多くいです。

このように正反対の特徴で、井岡が苦手な点を尽く潰してのマッチメイクになっています井岡陣営マッチメイクは強化版亀田とか、メイウェザーに近いものがあって、苦手なタイプであったり圧倒的な強者との試合を避ける傾向にあります

実際の試合では、序盤の動きのクオリティーではレベコが良かったものの、井岡は慎重に戦います。懐を深く構えて、身長差を活かしたリードジャブ中心の攻撃でレベコの射程を徹底的にさけていました。

レベコも井岡の左ジャブを避けてからのボディフックなど考えてはいものの、攻撃の多くは届かず、逆に責めるところをジャブでカウンターを取られる形が多かったです。

そのまま試合は流れて、中盤でポイント差を気にしたレベコが攻勢をかけるも、井岡カウンターのジャブとガードで相手にせず、最後までポイントアウトしていった形です。

レベコの研究不足もあったと思います。一つ前の前哨戦でも井岡はガードの間を打たれていましたし、その間を通すアッパー系のパンチとか、体を寄せて自分の距離で戦える戦法を準備していなかったように思えます

試合としては、八重井岡戦に近いものがありました。ミニマムから井岡の相手を見てもそうですが、このタイプ選手には井岡は強いです。距離感がいいので、リードジャブを使いながら自分のペースで戦えます

でも、選手としての戦い方の幅が広がったのかと言われると、疑問符がつかざるを得ないでしょう。この戦い方では軽量級塩決戦を制したアムナットはおろか、ゾウシミンにすら勝てない気がします。

軽量級の日本スターは完全に井上尚弥で、今後この路線を続ける限り井岡スター街道に返り咲くのは無理でしょう。

さて、パッキャオメイウェザーの予想ですが、メイウェザーパッキャオ塩漬けにして12R大差~中差の判定勝ちと予想します。

今までのパッキャオの動きではメイウェザーを捕らえられるとは思いません。かと言ってメイウェザー攻撃的になるとも思えないので、パッキャオは捨て身で攻撃的になるしかないでしょう。

両者ともに耐久力がある選手なので、あまりKOという展開は考えられないです。

一昔まえの、クロッティやコットをガードの上からめった打ちできたパッキャオならロープ際まで追い込んで優位に立てたかもしれませんが。

凄く楽しみですね!カードとしては間違いなく今世紀最高のカードですし、みなさんWOWOWに加入しましょう。

2015-01-01

2014年ボクシングトピック2015年の期待

年末ボクシング日記ラストに。

http://anond.hatelabo.jp/20141229205000

http://anond.hatelabo.jp/20141230221445

http://anond.hatelabo.jp/20141231224951

http://anond.hatelabo.jp/20141231235523

http://anond.hatelabo.jp/20150101005735

今年のボクシング界のメイントピック

・マイダナによるメイウェザー崩し

ウォータースのドネアKO

パッキャオ復活

・テレンスクフォードのガンボアKO

ロマゴン無双続く

井上の躍進

ロマチェンコ、サリドのダーティーなプロ洗礼に屈するもゲーリーラッセルを下し最速世界王者

・ゴロフキ無双続く

・コバレフ、49才ホプキンスを寄せ付けず三団体統一

・相変わらずウラディミール・クリチコ強し。隙がない。

日本人ボクサーの躍進

・ミゲール・コット、セルヒオマルチネスTKO

記憶を辿りながら今の世界チャンピオンを眺めてみるとこんな感じか。

今年は全体的にディフェンスに注目が当たった年だったように思う。

ガードやパリングだけじゃなく、フットワークやボディーワークに加えてポジショニングの上手い選手が上位選手として名を連ねている。

ロマゴンやゴロフキンといったKOモンスター攻撃にこそ注目が集まるが、ディフェンスレベルも恐ろしく高い。ロマゴンに至ってはインファイトでも殆ど強打を貰わないので、あれだけ一方的に攻め続けることができる。

イダナによるメイウェザー崩しは功を奏しかけた。普段なら使わないような左上からの打ち下ろすようなフックはL字ガード崩しの新たな定石になりそうだ。

来年の展開

パッキャオの復活によって長年待たされ続けたパッキャオVSメイウェザーの気運が高まっている。

恐らくメイウェザーは避けるだろうが、ブラッドリーのダッキングに外されまくったパッキャオが今のメイウェザーを捉えられるとは思えないというのが実現した際の個人的見解

後は今年頭角を現した新星がどれだけ実力を発揮してスーパースターへと上り詰めるのかというところが注目。

若手スーパースターがやや不足している感のあるボクシング界だけに、サウルアルバレスダニー・ガルシアさら日本井上尚弥などにも期待したい。

他にもアンドレ・ウォードやピーター・クイリンといった実力者達の動向にも注目したい。

2014-12-30

ボクシング観戦記 2014年末 フジテレビ

http://anond.hatelabo.jp/20141229205000

村田

徐々にプロとしての精度は上がっているように思うが、世界でも層の厚いミドル級戦線世界を狙うならもう一歩という感じ。

ボディーワークよりもガードでのディフェンスを多用しているため、攻防分離になりがち。

かと言ってかつてのアブラハムのような一発の強さが無いだけに、怪物ゴロフキンは元より現在トップ戦線を相手にするにはもう少し武器が欲しい。

まだ育成段階で、1~3年程度かけて世界戦を狙う感じだと思う。

八重樫戦

元々ディフェンス攻撃力があったわけではなく、ハンドスピードフットワークの早さが魅力の選手

フットワークを使いながらアウトボクシングをすればなかなかい選手なのに、案の定打ち合いに行ってカウンターで狙い打たれた。

パンチ力があるならリーチ差を逆手に取ったインファイトでもいいかもしれないが、如何せん火力不足

出入りのスピードはあるけど、いつも直線で入るからリーチの長い相手の左ジャブを素直に貰ったのが痛かった。

ボディKOがなくても負けていたように思う。井岡戦の再現を見ているようだった。

大橋ジム作戦負けな感じが強い。

リナレス

ボクシングの質で言えば上記2戦とは一線を画する完成度。

特に攻撃文句なしの出来だったといえる。

しかし、スウェーが気になった。今日の相手では問題がなかったが、二発目三発目を捌けるディフェンスではないように思う。

打たれ弱いという弱点があるだけに、このディフェンス力では今後の相手次第ではKO負けもありうる。

トレーナーフレディ・ローチ攻撃力の育成には定評があるが、攻撃偏重指導パッキャオのように打たれ強かったり、トニーのような天性のディフェンス力がない選手にとっては諸刃の剣

井上

何もいうことが無いくらいの圧倒的な出来だった。

パンチ力スピードタイミング、角度全てが桁違いだった。

井上尚弥はこの一線で軽量級世界最高峰選手になった。

この選手なら誰とやっても圧倒できるだろう。ロマゴンにすら勝てるかも知れない。

恐ろしく強く、底が見えないこの選手の今後から目が離せない。

総評すると、日本ボクシングはやはり黄金期である

日本人ボクサーレベルの高さに加えて、興業全体も充実していて、国民の注目が集まっている。

ボクシングの中心地がラスベガスからマカオへと東方に移りつつある中で、日本存在感もまた増してきている。

2014-12-29

年末ボクシング商戦とTBS

僕は数年来のにわかボクシングファンだけど、年末ボクシング商戦とTBSの現状について語ろうと思う。

まず、確認しておきたいのが日本ボクシング歴史において、現在は非常に盛り上がっている時期だといえる。

理由としては、日本総合格闘技凋落日本人ボクサー世界における相対的レベルの向上が挙げられる。

00年台の日本格闘技といえば、総合格闘技全盛だった。立ち技系のK-1寝技ありのPRIDEという2大団体だ。

かつてはこの2大団体興業としても、選手レベル世界トップクラスだった。そのため、年末格闘技放送総合格闘技+泡沫色物プロレスがメインだった。

しかし、ヤクザ問題UFC海外団体の台頭など色々あった結果、K-1PRIDEも消滅した。後発団体ももはやかつてのそれほどの求心力は持ち合わせていなかった。

そして、時期を同じくして日本人ボクサーレベルは急上昇した。

かつてはファイティング原田浜田剛史具志堅用高など日本人ボクサーレベル世界の中でもレベルが高かったが、日本人ボクサー冬の時代が訪れていた。

世界的にはボクシングチャンピオンというと、各階級ごとに4つの団体があって、その一つを保有することで世界チャンピオンになれる。

WBAWBCWBOIBFの四団体で、さら暫定王座スーパー王者などがあり、世界チャンピオン階級に一人ではないのだ。

冬の時代ボクサーはこのうち最も弱いチャンピオン(俗に穴王者と呼ばれる)を狙って世界戦をしていた。

それでも勝ち切ることができなかった。勝ったとしても、防衛戦が待っている。そこでも弱い相手を迎えるのだけれど、負けてしまうことが多かった。

しかし、最近は状況が変わってきている。

日本人チャンピオンの数は冬の時代に比べて格段に多くなり、さら防衛戦でも勝ち続けているのだ。

それだけにとどまらず、世界戦で強い相手と試合をすることがとても多くなった。

軽量級世界最強と呼ばれるローマン・ゴンサレスマッチメイクをした八重樫東世界戦は記憶にあたらしい。

今の日本人ボクサーレベルは歴代最高と言ってもいい。

それは、今の世界ボクシングの風潮がビッグマッチ思考といって、世界王者であるということよりも、実力者に勝つことが重視されることもあるだろうし、アジア人マニー・パッキャオ世界トップクラスボクサーとして評価を受けていることもあるだろう。

日本人西岡利晃メキシコジョニーゴンサレスを、ラスベガスラファエル・マルケスを破ったこともあるだろう。

なにはともあれ、日本におけるボクシングの注目度は今世紀最高であるといっても過言ではない。

さて、こうしたわけで年末格闘技には当然ボクシング放送されるわけだが、テレ東フジTBSの3局がボクシング放送する。

その中で特異なのがTBSである

ボクシングファンの中にはTBSボクサーという呼び名がある。

TBSが育てたチャンピオンとして最も有名なのが亀田兄弟である

放送権TBSが囲い込み、対戦相手は徹底的に弱い相手を選ぶ。後はキャラクター試合前の煽りVTR視聴率を取る。

試合日本で行われ、判定に持ち込めば地元判定と謎の疑惑判定で有利に戦う。これぞボクシングの黒い部分だ。

しかし、亀田兄弟はやり過ぎた。日本ボクシング協会逆鱗に触れ、日本追放された。

手持ちのボクサーが失われたTBSは新たな手駒として井岡一翔を中心とした井岡ジムの囲い込みに出た。

井岡一翔は若手の中でも実力者で、ファンの中でも評価は非常に高かった。かつては。

しかし、井岡一翔TBSボクサーに成り果ててしまった。マッチメイクは段々とレベルが落ち、弱い相手としか戦わなくなった。

その上、弱いと思った相手が想定外の奮闘をした結果、一方的な内容で負けてしまった。なぜか判定は僅差の判定だったが。

そのTBSが、ボクシングを愚弄しているとまで言われたTBSが、年末にギレルモ・リゴンドーの試合放送する。

これはかつて東京マイク・タイソン世界戦をした以来であると言っても過言ではない。スター性は別だが、傑出度とクオリティという意味では間違いないだろう。

ここでギレルモ・リゴンドーの紹介をすると、アマチュア時代にあらゆる大会で勝ちまくりキューバから亡命して鳴り物入りでプロデビューした。スター候補としてだ。

その目論見は半分はあたった。リゴンドーはプロリングでも無類の強さを見せ、かつて日本人ファンの期待を一身に背負った西岡利晃を寄せ付けなかったノニト・ドネアを完封した。

この一試合でリゴンドーの名は軽量級最高峰として轟いた。かに見えたがリゴンドーはスターにはなれなかった。

その試合内容があまりに堅実で、テクニカルで、盛り上がりに欠けたかである

打たれずに打つというボクシング本質体現したリゴンドーの試合はその完成度と裏腹にエキサイトできないものであった。

結果的にリゴンドーはアメリカスター戦線ドル箱スター街道から干されてしまった。ショービジネスの悲しい側面である

そのリゴンドーが日本に来る。しか放送局TBSである

あのリゴンドーが地上波で見られるというのは恐ろしいことである

恐らく試合はワンサイドという予想が殆どだろう。

しかしやはりTBSTBSなのである

あろうことかこの放送スポーツバラエティ番組バーターにしてしまう所がTBSTBSたる所以なのだ

井岡は名も無きロートルノンタイトルマッチを組み、リゴンドーは名前も出ない。もう一試合にはノーコメント

せめて井岡だけでももっとエキサイトできるカードを組めば、年末ボクシング商戦で頭一つ抜けられるところだろう。

ボクシングなんて野蛮なものは見ないというはてなユーザー年末の注目カードを伝えておく。気が向いたら見て欲しい。

井上尚弥 VS オマールナルバエス (フジ

八重樫東 VS ペドロゲバラ (フジ

ホルヘ・リナレス VS ハビエル・プリエト(フジ

天笠尚 VS ギレルモ・リゴンドー(TBS

井上尚弥日本人期待の星だ。

日本人最速世界王者に加え、マッチメイクが素晴らしい。強い相手としか戦わないという宣言通り、強い相手と戦い続けている。今回のナルバエスも王座11防衛強敵だ。

そして八重樫東。軽量級最高峰との呼び声高いローマン・ゴンサレスと戦い散るも、その勇姿はファンの心を踊らせた。回転の早い連打に注目が集まるが、フットワークを使ったアウトボクシングが光るスピード溢れる選手だ。

ホルヘ・リナレス(これ放送するのか?)は日本人に馴染みが浅いが、幼い頃から日本ジムで練習を積んでいる。ハンドスピードが早く、スタイリッシュボクシングを展開し国内では敵なし。海外でも有力選手を退け、スター街道を歩むかに思えたが、打たれ弱いのが玉にキズ。イケメン

そしてリゴンドーだ。天笠選手はここでいい結果を出せば一気に世界に名が広まる晴れ舞台だ。


さて、年末が楽しみですね!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん