「武家社会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 武家社会とは

2017-03-18

既得権益者の逆ギレと、日和見菌パラサイト

安倍以来、激鬱で生活行動すらまともにやれていないので、ましてや書くことも辛くて、思考はいくらでも自動的に出てくるのだが書けないという日々が続いている。だから論理的にちゃんとしたことを書く気力がないので、跳躍的に短絡に書く。

近年の現象は、既得権益者の逆ギレと、社会の既成構造に馴れ合う人々のパラサイトで生まれている。そうやって、プーチン安倍トランプも生み出されている。

自然界の多くは、普段は役に立たない日和見でできている。人体の細胞のかなりの割合は、役に立っていない。人体に棲む細菌の大多数は日和見菌であり、「勝ち馬に乗ろう」とする。生きていくためには多少のことは辛抱するというそこそこ恵まれ人間が、人数としては多い。こいつらは日和見である

残念ながら、弱くて卑怯な奴は日和見をするし、組織論理で行動する。自分の命が惜しかったり、部下や親類や友人のしがらみの社会では、日和見で行動する。本当に正しく善い人でいるためには、ときには人間関係を絶たねばならない。だから友達(笑)である。妻や恋愛友情なんかでは、保身のエゴイスティックな行動を取るという生存欲求という意味で強くなれるだけであり、そこには正も善もない。あるのは、人間社会利己主義に基づいた正義だ。そういう意味で「強い」のであって、正しいかどうかは別の問題だ。

既得権益者は、贅沢な地位民主党政権時代抑制され、被害妄想に陥った。恵まれ身分を奪われたら、「差別されている」とすら思い違いもする。もはやコント漫才かのような笑い話だが、困ったことにフィクションではないから困る(笑)。例えば、このオッサン社会なのに、男が差別されるようになったとすら思い込んでいたりする(笑)所得があって恵まれているのに、俺のカネを無駄遣いするなと言って税金ケチらせようとし、社会保障費は貧困者に負担させようとする。

逆ギレである

ちょ、おま(笑 である。面倒くさいからその一言だけでもいいと思う(笑)

けど実害が甚大だから困る。物凄く困る

社会の既成構造政体があって、そのなかで権力権利をもっている階級身分っていうのが未だにある。封建。カースト制のようなものだ。そうして、そのカーストに基づいて人生を過ごしている人間には、その身分に基づいて生きたがるのも居る。沢山居る。世襲政治家のイエというのは贅沢な身分でもあるが、ときには針のむしろであり、人生牢獄である。けれどもおそらくは多くの人から羨ましがられている。

同様に人生牢獄だが羨ましがられるとは限らないものに、夫にパラサイトする女という「孟母三遷」的な封建的人生をえらびたがる人々がある。男尊女卑差別されているのは明白なのにもかかわらず、男にパラサイトして人生を終えたがる人というのは残念ながらかなり多い。そして実際、ひとりのちからではこの社会構造を変えることはおよそ不可能みえるし、異論の声を上げるだけでも既成社会で生きていくにはデメリットでもあり、そしてついには、既成社会適応して疑うどころか心底賛同するという社会適格者化すら起こる。

残念ながら、とにかく実際、女に生まれたら、結婚しないで生きていくのは困難な社会であろう。

男が外でカネ稼いで、女がそのサポートをするという、そういう武家社会かなんかの慣習が拡大再生産され相続されて、今に至っていて、未だにある。

保守」というのは、「古来を守っている」のではない。決して、ない。単に、既成構造を死守しているということ。奴らの言う「古来」は、既成事実封建制度。この封建制度ってのも、たかだか近世のもので、古くはない。古来の古代のものではない。とき儒教封建であったり。カトリック教会封建であったりするかもしれないが、そういうカースト社会構造。そして、そうした構造奴隷にわざわざなりたがる人はかなり多いってこと。たとえば、解放をいやがる奴隷だって沢山いたくらいだし。おそらく今でもインドに行けば、客が自らセルフサービスでやったら、俺の仕事奪ってくれるなと言うカーストの下層者が残っているだろうと思う。

こうした遺物洞察して反省して革新しないと、いつまでたっても人類はクソ未満なんだろうと思う。

2016-05-20

男女平等メリットデメリット

進化心理学だと、一夫一婦制強者男性自分支配する集団(の弱者男性)を従わせるために、

「女」という資源の囲い込みをしない方向で進化した社会システムと考えているらしい。

りある貴重な資源を男同士で平和的に分け合い、問題解決や敵と対決するときの団結力として利用する。

これがいわゆる「男性社会」の起源というわけだね。

いかえると、俗にいう男性社会というやつは「弱者男性保護」する社会制度だったりするんだよね。

じゃあ、男性社会がすべての女性マイナス社会システムかというと、そうでもなくて

女性は(十分な魅力がなくとも)少なくとも一人の男性から養ってもらえるという意味

弱者寄りの女性にとっては悪くない制度だったらしい。パレート最適といいますか。

象徴的には、武家社会では上司遊んだ女と強制的結婚させられる部下がいたりした)

それでもあぶれる弱者女性(主に訳あり女性)は、妾制度みたいなもので吸収されていたしね。

で、今度は社会男女平等の方向に進んでいくと、どうなるか。

逆に一部の強者男性がどんどん女性を囲んでいき、弱者男性は「女」という資源アクセスすらできなくなっていく。

一方で、魅力に乏しい弱者女性強者男性に遊ばれることはあっても、(婚姻などで)彼らの資源を独占することができにくくなる。

(だからこそ、欧米先進国では福祉制度結婚制度の改変、養育費強制徴収とかが行われるようになったとも言える)

こうして総合的な魅力度に基いて、強者男女と弱者男女がハッキリと二極化していく。

そういう意味では、旧態然とした社会システム弱者に優しく強者負担が大きい制度

現代男女平等社会ある意味原始的弱肉強食世界先祖返りした感じだね。

どちらが良いというわけでもなく、いいとこ取りはできないってだけ。

http://anond.hatelabo.jp/20160520172115

2016-01-26

名付けのリテラシー

名付けについて、もう何度目かっていう議論が巻き起こっている。

昔は通名でも諱でも、ある程度ルールがあった。

いわゆる諱だったら大抵二文字で、家ごとに通字がある。源氏のある種の家系松浦党は諱一文字で特例だ。通字は一種類のこともあれば、たまに二種類のこともある。三条家とかは二種類通字がある。諱が二文字になる以前の古代の話は省略するぞ。すまんな佐伯今毛人。

通名もある程度ルールが決まっている。江戸時代百官名東百官など。東百官って実はルールの逸脱なんだけど、それがルール化してしまっている。

要するに昔は名前の付き方にかなり厳格なルールがあったということ。

江戸時代農民はどうやって名前を付けていたんだろう。

言い方は悪いが、キラキラネームを付ける人は教養がない人が多い(書いてて思うが、こんなこと増田じゃねーと書けないな)。

江戸時代農民はまぁ教養はそんなにないだろう。キラキラネーム付けちゃうことはなかったのだろうか。

個人的には農民であってもある程度名前ルールがあったように思う。すなわちキラキラネームは付かない。なぜか。

彼らはほとんど名前について考える知識も素養も機会もなかったから、そこらにある名前をあまり考えずに適宜つけていたか教養のあるお坊さんなんかに頼んだのではなかろうか。

これならば著しいルールからの逸脱は起こらないだろう。

明治時代になっても、何らかのルールはあったはずだ。次第に通名と諱の区別が無くなる。私の曽祖父祖父明治期茂三郎と名乗っており子孫も茂三郎じいさんと呼んでいたようだが、天保期の文書には茂三郎直俊とある明治時代に諱を使用しなくなった世代なのだろう。あるいはこの世代の中には諱の方を名乗りに採用した人もあるだろう。とにかく、何となくルールは存続する。「~子」という、伝統的に見えてその歴史結構浅い女子への名付けも、元は公家社会女子名にルーツがある。要するにルールがある。

さていよいよ戦後だ。戦後民主化。これが実はキラキラネームの直接的な引き金になっている。またその基礎部分には西洋文化の流入がある。この流入は明治維新前後から連続しているが、本格的に高度経済成長を迎えるところに画期があるように思う。服装和服が消えるころ。このころに、名付けというか、名付け方への変化が起こる。

要するに民主化なのだ。個人個人が投票権を持つようになったのと同様に、個人個人が考えて名前を付けるようになったのだ。だからキラキラネームが続出する。とくにルール意識されていた世代が亡くなったのち。江戸時代農民と今のキラキラネームを付ける層(雑駁な分類だとはわかっているがあえてこうするぞ)。両者の違いは何か? それは「自分で考え行動する度合い」だ。選挙が本当にわかやすい。江戸時代人間為政者を決めることはできないし決める必要もない。個人に人権が与えられ個人の権利がなんと国の根本法典にまで認められた現代では、個々人が自由に選択し思考することを全く妨げない。ここに両者の違いがある。知識のない人が自由に考えた結果どうなるか? 光宙が生まれるのだ。

これは必ずしも悪いものではない。知識や故実に詳しい人、少しでも馴染んでいる人はキラキラネームに顔をしかめることもあるだろう。しかルールなき名付けこそが民主化成熟とも言いうるのだ。だがここに民主化問題点も浮き彫りになる。教養がなくてもやっていけるのだ。教養批判なんてそこらへんで見かける。確かに教養ってのは鼻につく存在で、自分がそれを知らないとバカにされたような気になって教養批判に走りがちだ。しかし、なんと、これが現代では許される。何故か。自由憲法保障されているから。江戸時代じゃ無理。武家社会でやってけない。今なら別に教養無くてもいい。あってもいいけど。ということで名づけのルール消失現代社会を占う一つの要素だ。私としてはこういう自分で考えなければならない時代からこそ個人で努力し、考える力をこそもっとも重視して培わなければと思う。

2016-01-21

http://anond.hatelabo.jp/20160121082402

逆に一人の女に全て任せようとするからうまくいかない、というのも言えそうだな。

今は結婚相手家計経営恋愛セックス出産も求めていて、もう求めすぎだと。

バンドマンというか、昔の武家社会的なもの想像した。

正室はとにかく家同士の繋がりを維持するのが最大の役割

正室が男子を産めば嫡男になるだろうが、他の女が産んでもいいのでこれは必須ではない。

恋愛欲求も側室で満たせたし、あとは男に走ってもよかったわけだ。

2015-07-17

ふと気になった

茶っていうと緑茶イメージがあるのに、何で茶色茶色なの?

そりゃおめぇ、ほうじ茶とかの色からきてるんだべ?と思ったアナタは甘い

かくいう自分もそうだろうと思ったのだが、調べてみるとどうも違うらしい

実は茶色というのは、もともと緑色のことを指していたらしいのだ

古今和歌集にはおいては、新緑・新芽などが茶に染まると詠ったものが多数存在している

はいつ頃から茶色茶色を指すようになったかというと、時期的には鎌倉時代の頃からなのだそうだ

なぜかというと、緑茶=日持ちしない=貴族のものほうじ茶=長持ち=庶民のもの、として社会に浸透していたため

世が貴族社会から武家社会に移るにともない、茶とは一般的茶色飲み物の方を指すようになったためなのだ

この時期に人口の大部分を占める庶民あいだで、茶色茶色を指す言葉として認知されたため

後世の江戸時代頃に、茶のシェア緑茶に逆転された後も

再び言葉意味が逆転することはなかったのである、という作り話を考えた

2014-06-02

1ヶ月間ひたすら2ch嫌儲を観察してみて分かったこと

 

①とにかく日本が大嫌い

日本国民政治文化など全てが大嫌いです

日本人ジャップ日本のことはジャップランドもしくは中世ジャップランド嫌儲での基本的呼称です

日本人日本企業日本特有するような悪習で失敗すると「ジャップにお似合い」、政治行政の不始末には「さすがジャップ」という言葉が飛び交います

政治的には原発反対、TPP反対などの主張が強いですが、殆どの住人が中道自称しており、なによりもネトウヨと呼ばれる人種が嫌われます

はてなと似ています

女性が大嫌い

政治的にはリベラルなようですが、女性話題については近世以前の武家社会並に保守的です

女性は基本、全てにおいて男性に劣った存在であり、男性寄生してしか生きることのできない低俗な生き物であるというのが大勢意見です

女性という単語殆ど見られず、日本人ジャップと呼ぶのと同様、女性のことはまんこと称するの嫌儲での日常的な風景です

嫌儲女人禁制紳士の社交場であり、女性であるカミングアウトすると、ただ「ま~ん」(女性揶揄する蔑称)や「鉄くせぇ」といったシンプル煽りレスのみがつきます

はてなと似ています

嫌儲はこうだ!と外から指摘されるのが大嫌い

外部から嫌儲は~嫌儲民は~と十把一絡げに嫌儲像を語られるのを嫌います

更に嫌儲という言葉意味については非常に敏感であり、「嫌儲」=「儲けることを嫌う」という「壁ドン」=「少女漫画でよく見るリア充の求愛好意」のような

誤解、誤認識が広まることについては多少の危機感を持っていると共にドワンゴ川上社長のように上記の単語の御使用を広める輩に対しては低能の称号が送られます

はてなと似ています

東京が大嫌い

地方田舎バカにされるよりも東京馬鹿にされる方が圧倒的に多いのも嫌儲の特徴の一つです

嫌儲トンキンという単語を見かけたならばそれは中華人民共和国地名ではなく日本首都を表しています

文脈的には政治行政経済文化の中心であることから日本日本人バカにする意味合い東京バカにするといったことが多いかもしれません

はてなと似ています

ツイッターニコニコ動画が大嫌い

嫌儲においてツイッターバカッターとも呼ばれ、バカ犯罪自慢や盛大な自爆を行い、定期的に話題供給を行ってくれる優良なニュース配信サイト

もしくは延々とバカバカが互いを褒め合い承認欲求を満たす、バカのお花畑のような場所であるというのが基本的認識です

対して嫌儲民の間で相手の意見同意するときは、ただ一言「ほんとこれ」とレスシンプル賛同を表明するのがマナーとなっています

ニコニコ動画については大方の嫌儲民バカ、ガキ、アフィ、ネトウヨというゴミ溜めの4重奏構成された最も卑しく下らないサイトであると考えており

興味ないといいながら内心では興味大有りなことが多い嫌儲民が本当に興味を抱くことがない、話題にされること事態が珍しいという稀有存在となっています

はてなと似ています

⑥人が死んだなど不幸な出来事が大好き

他人の不幸で飯が旨いメシウマ!といったミームを生み出してきた民族ルーツを同じにする嫌儲民ですが

その攻撃性は衰えておらず、弱ったものは更に叩き死人には鞭を打つというのが基本的な不幸系ニュースへの姿勢です

ここでは単純に叩くといったよりもその不幸な出来事に至った原因を被害者自信に求め、被害者人格否定日本古来からある喧嘩両成敗の精神

加害者も悪いが被害者も悪いという超絶理論を如何に筋道立てて矛盾なく捻りだすかという技量が求められます

逆に日本に喜ばしいニュースや近年地上波テレビ等でも多い外国人日本を褒めるといった構図のニュースは嫌われ、外国人に褒められると嬉しくなってしま日本人特性

ホルホルw」とあげつらい、不幸系ニュースとは逆に「ジャップは直ぐにホルホルしだすな」と天狗になってしまった日本人警鐘を鳴らし、たしなめる立場に回ります

はてなと似ています

可愛い少女男性経験少女が大好き

上記で女性が嫌いであると書きましたが、可愛い少女については例外性別女としては唯一嫌儲において人権を認められた存在となっています

可愛い少女の前では道化となりバカの一つ覚えのようにカワイイと書き込むか、「詳細」とその女性についてより詳細を知りたい旨を伝えることが嫌儲での日常となっています

但し、例外例外ともいえる特記事項が存在し、もしも対象非処女であった場合直ちに嫌儲においての人権剥奪される事由と成り得ます

はてなと似ています

女性声優が大好き

外部の人間嫌儲に抱いているイメージとは違い、意外にアニメ漫画ゲームについての話題が少ないというのが最初嫌儲を見て驚くポイントの一つであるかと思われます

しかし、こと女性声優話題については常日頃から活発な議論が交わされており

CMドラマに引っ張りだこの旬な女優タレント名前は一切見ないのに一般的な知名度は皆無に近い女性声優名前はよく見るといった現象嫌儲ではよくあります

嫌儲アニメなどサブカル系スレッドが立つと作品や関連話題に対して否定的レスで埋め尽くされるの常となっており

それがアニメ漫画ゲームスレッドがあまり立てられないことへの直接の原因となっているのではないかとも言われているわけですが

女性声優話題については例外的否定的レスが少ないというのも特に書き留めておきたい事実の一つです

よく考えて見ればサブカル系スレッドに限らず嫌儲全体が否定的意見集合体ともいえる程ネガティブ意見ばかりなのでやはり不思議というほかありません

はてなと似ています

ニート無職フリーター低所得者が多い

夜半、特に休日の深夜にニート無職など底辺と呼ばれる人々が一つのスレッドに集まり延々と身のない話や自らの不幸な生い立ちを語っている場面に出くわすことがよくあります

それらのスレッドは毎回大変な盛況ぶりを見せており、上述の底辺層嫌儲において一大勢力を築いていることは疑う予知がありません

そこでは普段の攻撃からは思いもよらない嫌儲住民の温和な一面を垣間見ることでき

一見すると底辺同士の傷の舐め合いと誤解してしまいかねないような心温まる住民同士の触れ合いにも出会うことができます

はてなと似ています

前科者、犯罪者が多い

上記に加え「前科者や犯罪者まれー」といった直接的な文言スレッドが立つこともままありますが、こちらも非常な盛況ぶりとなっています

ここでは多種多様犯罪で捕まった前科者、犯罪者の方々を確認することができ、嫌儲住民層の広さをうかがい知ることが出来ます

同種のスレッド生活保護関連のスレッドが立つこともありますが、ここでは生活保護の貰い方に関する嫌儲住民の高い関心をうかがい知ることも出来ます

はてなと似ています

自称神童が多い

自分語りを嫌う嫌儲住民ですので、あまりその口から過去の経歴や学歴などを聞くことはありませんが一度口を開くと沢山の元神童がいることに驚かれるかと思います

それら元神童に比べて現在成功している人間が少ない、というよりも皆無であるというのもポイントの一つとなっています

はてなと似ています

結論

はてなと似ています





 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん