「利敵行為」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 利敵行為とは

2019-09-10

教育委員会は嘘つき」か?

また一人が自殺という傷ましい結果に向かう出来事があった。その発端に「いじめ」があったことは、おおむね事実と考えたい。その上で、各社が見出しにしているこの文言、そして取扱方は全くフェアではなく、ハッキリ言って問題解決には何の役にも立たないどころか有害であると私は思う。

まず、記事引用

教育委員会は大ウソつき” 15歳男子生徒が自殺 埼玉 川口2019年9月9日 18時16分:NHKニュース

埼玉川口市の中学校に通っていた当時いじめを受けたとして、自殺未遂を繰り返していた15歳の男子生徒が、8日、自殺したことが分かりました。いじめについては、市の教育委員会調査を進めていましたが、生徒の部屋には、「教育委員会は大ウソつき」などと書かれたノートが残されていたということです。

関係者によりますと、8日の未明埼玉川口市の小松田辰乃輔さん(15)が市内のマンション敷地内で死亡しているのが見つかり、屋上から飛び降りたとみられるということです。

小松田さんは中学1年生だった3年前、部活動の先輩や同級生から悪口や仲間はずれなどのいじめを受けたと訴えましたが、学校対応失望し、自殺未遂を3回繰り返したということです。

その後、おととし11月になって、市の教育委員会第三者委員会を設置し、いじめ調査を進めていました。

中学校卒業した小松田さんは別の学校に通っていたということです。

自殺したあと、小松田さんの部屋から見つかったノートには、「教育委員会は大ウソつき。いじめた人を守ってウソばかりつかせる」と、教育委員会対応批判する内容が書かれていたということです。

川口教育委員会指導課の三浦伸之課長は、「本人への聞き取り要望していたが、話せる状況にないということで実現していませんでした。教育委員会への不信感を訴えて自殺したことを重く受け止め、対応問題がなかったか確認したい」と話しています

教育委員会は大ウソつき」

小松田辰乃輔さん(15)の自宅の部屋には、市の教育委員会対応への批判が書かれたノートが残されていました。

ノートには、「教育委員会は、大ウソつき。いじめた人を守ってウソばかりつかせる。いじめられたぼくがなぜこんなにもくるしまなきゃいけない。ぼくは、なんのためにいきているのか分らなくなった。ぼくをいじめた人は、守ってていじめられたぼくは、誰にも守ってくれない。くるしいくるしいくるしいくるしいつらいつらい。ぼくの味方は、家ぞくだけ。くるしいつらい」と書かれていました。



そう考える理由

まず、この生徒と教育委員会は直接面談できていない。

課長「本人への聞き取り要望していたが、話せる状況にないということで実現していませんでした」

どんないじめ事件であっても、片側の言い分だけで解決することは難しい。周囲から意見も、バイアスがかかるので参考程度にしかならない。あくまで「本人」から聞き取り必須の要素である。もちろん、保護者はしばしばそう考えない。それは「ウチの子が嘘を言うわけはない。それはずっと育ててきた私たちには分かる。この子には問題などない。実際いままでは問題なかった。なのに今この子がこんなに苦しんでいるからには、周囲に問題があるはずだ。」と、そう考えるからだ。

だが、教職員、あるいは教職員出身教育委員会事務局関係者はそうは考えない。どんな子も状況次第で嘘をつく可能性はある。その子をずっと育ててきてはいないとしても、何十年にわたって同年代の子供を千人以上見てきた経験からそれは言える。問題の無い子などいないし我が子を過信しない親というのもまずいない。これまで他との関係性の中では起きなかった本人自身問題が、別な関係性の中で発現することも充分あり得る。場合によっては、そのことを直視自己問題(それは保護者との関係性の問題である場合もある)に気づくことが本人の成長に必要なことさえある。だから、苦しんでいること自体はその子の非責任性(その子責任がないこと)の証明にはならないし、いずれにせよ、周囲に問題あるかないかも含めて本人への聞き取り必須だ、と考える。教育職のプロフェッショナルなら、誰しもそう考える。

そして、それを阻害していたのがおそらく保護者だ。

本人「ぼくの味方は、家ぞくだけ。」

この家族は、生徒本人に「味方」と認識されていたとのことだ。それ自体は間違っていない。結果として防げなかったとしても、味方がいると信じさせることが命を救うこともある。だが、「生徒から味方と認識されること」は重要だが、それは「自分たち以外の全てが敵だと認識させること」とイコールであってはならない。家族は、問題を適切に解決に導けるよう、教育委員会と協力して問題にあたることが必要であり、可能なら、自分たち利益に沿って動いてくれると信じられる適切な第三者(たとえば代理人としての弁護士)をたてて交渉した方がよかった。教育委員会立場上、加害者とされる生徒も含めて「両者の利益を最大化するように」動くのは当然であって、何ら問題ではない。教育委員会が、真理を解き明かす(捜査能力のある)機関でもなければ、罰を下す(司法機関でもなく、教育を通して社会全体の益を最大化するための機関である以上、それは当然のことだ。そのためには、当然「いじめた側」の話を聞き取る必要もある。当然ながら、それはあくまで「片側」の聞き取りに過ぎないから、話半分にしか聞かないし、「いじめられた側」に「~と言っているがどうですか」と聞くのは、単に双方に対する事実確認以上のなにものでもない。にも関わらず、

いじめた人を守ってウソばかりつかせる。

というような受け取り方をされるのはどういうことか。生徒本人と会えていない以上、これは、保護者がそういう伝え方をしたと考えるしかないわけだが、「いじめた側」の言い分を聞くことが「相手に味方することであり利敵行為だ」と捉えるような見方保護者がしていたのでは、事態解決に向けた健全な協力関係を作っていくこと自体が難しい。

そのような状況で、教育委員会への不信を連ねた(極めて一方的な言い分を)書き連ねた遺書見出しに掲げることに、一体どのような意味があるだろうか? 上記を踏まえれば、教育委員会が「嘘をつかせた」というのは明らかにおかしい上に、教育委員会はそんな嘘をそもそも「信じていない」可能性の方が高いだろう。問題は、あくまでそのような状況における教育委員会家族の協力を台無しにさせたそのような敵対的関係であり、ではそのような敵対的関係を作り上げたのは何かと言えば、このように不安を煽るマスコミセンセーショナリズムがその一因ではないのか。

もちろん、教育委員会の極めて「お役所対応」が保護者の不信感を買うことも、事態の一つの側面ではあろう。その点については、できることは重々反省した方がいい。しかし、この件で教育委員会対応に特段の問題があったようには自分は感じない。強いて言えば、なんとか家族を説得して、生徒本人と経験豊富指導主事なりが対話できればよかったが…という位だ(それができなかったからこうなったのだが)。それができたら生徒は死ななかったのか、と言われれば、私は「おそらく死ななかった」と答えよう。直接会えば、生徒も「教育委員会の人も敵ではない」ということを理解できた可能性はあるからだ。教育委員会の人も「僕を守る人」だということを理解できたかもしれないからだ。これは、家族批判しているのではない(そんな死体蹴りがしたいのではない)。家族(と本人?)をここまで頑なにさせてしまったのは何か、という話だ。

ぼくをいじめた人は、守ってていじめられたぼくは、誰にも守ってくれない。

そう思わせたのは何なのか? 学校教育委員会が100%悪? それでいいのか?

そもそも自殺した」ことをもって、その人を全肯定する理由とはならない。たとえばマスコミは、この生徒の「いじめられた」という主張が実はいくらか大げさであり、周囲の生徒から困惑コメントに対して「あいつらは嘘をついている」と意地を張りたい生徒があてつけで自殺未遂を繰り返した、みたいなケースについては想定したのか。そのような場合であっても、同じような見出しを付けて教育委員会問題を指摘するのが適切な報道と考えるのか。いずれにせよ私は、このような形で自殺した生徒について大げさな報道を繰り返すのは、そしてその後についてはまともな調査報道もしないというのは、ただのセンセーショナリズムでありゴシップ誌の発想でしかなく間違ってもジャーナリズムではないと考える。


事実というのは、そんな単純に善悪を切り分けで説明できるものではない。少なくとも、このような事件に絡んで「教育委員会が悪いから生徒が死んだ」という極めて単純なストーリーしか描けないとしたら(言い換えれば「教育委員会を罰すれば問題解決する!」とか思うのは)、それは単純な正義感を振りかざす危険人物であり報道だと思う。

2019-09-07

Yes Japan という購買運動

私は 8 月末, 贅沢をして, 九州 2 県をレンタカー観光列車満喫し, 温泉アサヒビールを愉しんだ. 復興支援旅行をした人なら賛同してくれると思うが, 「贅沢は敵」が「贅沢は善」に変わるボーナス的楽しみ方だ.

その逆もある.

九州旅行する韓国人は, 案外見かけた. 元々はもっと多かったのだと驚く.と同時に, No Japan な彼らにとって, 日本での贅沢は非国民利敵行為かもと思った. ボーナス的楽しみならぬ, 懲罰的苦しみだ.

焼身自殺反日抗議した韓国人. 愛国だ. しかし, そういう愛が, 結局, 同胞に苦しみを与える. 楽でもない生活の中, 憎しみを正義自己犠牲して, 同胞を苦しめるなら, その愛は呪いだ. だって, 愛に喜びがない.

私は, 九州旅行し, アサヒを飲んだ.

普段苦しい自分が楽しみ, 今が苦しい他人は助かる.

共に喜ぶ. 日本購買運動 Yes Japan

右と左に分かれて憎しみ合うより, 日本の良さを楽しみませんか?

2019-08-09

対戦ゲームやってると台湾人が優しくて知的とか嘘じゃんってなる。利敵行為やしつこい煽りするのだいたい台湾人。ちな中国台湾サーバーわけられてるゲームから台湾人だと分かる。

2019-08-06

ネトウヨネトウヨだがブサヨも狂ってるなあ

>ところで山田太郎、もうオタクコンテンツ表現規制から守るのにも殆ど役に立たないだろうことを、前もって記しておく。

>今回完全に腰抜けで、気持ち的なものだけ書いて逃げたことは自民党議員は見ている。今回できないことは次回もできない。

>53万の戦闘力(票)は見事、表現規制側のパワーに変わった。

https://twitter.com/micha_soso/status/1158117265558011904

すげーな。

津田大介氏の安い挑発に乗って、それこそ山田太郎氏に愛国だのと難癖をつけて、各地を炎上させつつ、例の市長と一緒にイベントを中止させて、津田大介氏やブサヨが利する、ある種の利敵行為を行ったネトウヨネトウヨだけど、ブサヨブサヨで狂っているのはこのツイートをみていたら良く判るわ。

どうやら津田大介氏の表現の自由自爆テロ行為しか思えない、イベントに対して、何もしなかった事が余程気に食わなかったみたいだ。

山田太郎から下手な言質が取れなかった事に対しても余程悔しかったのもあるのかもしれない。

そもそも山田太郎氏が支持されたのは児童ポルノ禁止法や都条例著作権問題TPP等の問題で実際動いた実績が評価されての事なんだけどね。

彼、落選中も動いていたからね、本当にその点は評価するよ。

普通落選中まで動く人間なんてまずいない。

それと主に漫画アニメ好きのオタク同人界隈の人間からの支持であって、今回騒いでいるような人間の支持ではないんだよ。

ようは当時、票にならないと切り捨てられていたオタクの皆様って言う意味ね。

それにどうみても今回の津田大介氏の表現の自由自爆テロとも言える行為は下手に動いたら、それこそ火の粉が規制反対界隈自体に飛んできて、余計に状況を不味くする危険晒す事に繋がるのは目に見えていたし、津田大介氏は山田太郎氏みたいな表現の自由を守る人間は中止にさせる事をしてはならないと言うしかない事を判っていて、あのようなイベントをこのタイミングで悪意をもってやらかしたのは津田大介氏の今回の声明をみたら判る事だしな。

津田大介氏に関しては今回余りにも手口が悪質すぎるよ。

そもそもこの件、山田太郎氏はコメをしただけで直接かかわってすらいないのにな。

本当こいつらブサヨの狂いっぷりが良く判る。

不注意に安い挑発に乗って、イベントを中止させたネトウヨはそりゃ悪いけど、一番悪いのはリスクを判った上でこんなトンでもないイベントやらかし津田大介氏及びブサヨだよ。

ネトウヨも中止なんかさせずにどうせならこの後、ポリコレに消された表現の自由展とか言うカウンターでも仕掛ければよかったのにと思う。

それこそ蘇民祭のあのポスターとか展示してさ。

それとこいつの垢見ていたら、ゲイとか山本太郎とかれいわとか書いているし、どうせこいつも普段ポリコレ棒振り回す様な人間なんだろうなあと思う。

どう見ても山田太郎投票するような人種ではない。

どうせこんなのが、普段彼等はエロコンテンツしか動かないだのどうのこうの言っているdisキャン張っている様な人間なんだろうなと思う。

この手の奴らが早速調子乗りだしたので頭が痛くなるね。

しかしこう言うのを見ると野党から表現規制に反対する人間が離れて、山田太郎についたのも逆に判る様な気もするよ。

当時、オタクは票にならないと言われていたし、今回は票になったのもあるから、それが余程悔しいのもあるのかもしれないね

ネトウヨネトウヨならブサヨブサヨだわと心の底から思わされる。

流石に今回の騒動はこんなキチガイしか言い様がないネトウヨブサヨから粘着された山田太郎氏には同情するよ。

山田太郎自体政策個人的には合わない点もあるけど、この一連の騒動を見ていて、こいつらにどうこう言われる筋合いはないと思うからな。

本当、右も左もどっちも思想の偏った連中は表現の自由とか実際、大嫌いなんだろうなとこの一件を見ていて思う。

2019-07-23

anond:20190723200441

利敵行為やめろってはっきり言えばいいけど現地で食糧調達したらいいじゃないと考える人間は歴史でもフィクションでも枚挙にいとまはない

それでうまくいくこともあるから恐ろしい

2018-10-30

[]劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~

劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでネタバレ嫌な人は回避推奨です。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向け。

総評

なんと100点。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」。とは言え、これ、評価難しい。良いところと悪いところと混在しつつ、今の自分からこの点数なんだけど、ちょっと違う自分だったらこの点数は著しく下がっていたんじゃないかと思う。いつにもまして主観的な点数であり他の人におすすめする自信がない。

アニメとしての出来は良かった。演出音楽なんかも水準以上の仕事をしてたんだけど、キャラデザ脚本声優の3点がそれ以上の出来だった。しかそもそも企画で疑問な点も多々ある。

無茶ぶり企画

大体の話原作マンガはいからさんが通るからして相当ボリュームが大きい作品なのだTVアニメ42話やっても完結できてないのがその証拠で、その原作を100分ちょいx2の前後編にまとめるということが最初から無理難題

から素直に作れば駆け足どころかダイジェスト気味になり、点数なんて30点前後になるのが当たり前だと思うのだ。今回の劇場版は、その問題に対して、脚本とか演出技術とかをぶっこんで善戦してたことは確かなんだけど、それってつまり「ハンデを克服するための戦力投入」に他ならないわけで、100点から先に積み上げていく役に立ったかと言えば難しい。

原作ジャンルは一応ラブコメということになると思うのだけど、原作はいからさんが通る』には実は様々な要素が詰め込まれている。主人公紅緒と伊集院少尉の間のラブロマンスを中心としつつも、大正期うんちくマンガの側面、スラップスティックギャグの要素、膨大な登場人物群像劇、そして女性の自立というテーマももちろん重い。

今回の映画企画では、これを前後編で本当にうまくまとめてある。駆け足感は否めないもの違和感は感じない。このへん優れた原作映画脚本の特徴でもあって、印象は原作に忠実なものの、実を言えば改変は結構大胆にはいってる。

今回映画で例を上げれば、大震災後の炎上する廃墟をさまようのは映画では紅緒、少尉編集長という3人なのだが、原作ではさらに鬼島を入れた四人だ。三角関係描写とその解消をクライマックスの中心に持ってくる構成シンプルに伝えるため、鬼島は退場させてあり当然セリフ再構成圧縮されている。

しかし一方でそういう技術的な圧縮だけでは全く追いつかないわけで、群像劇的なキャラクターを絞り、ギャグパートほとんど捨て去って、映画で残すのは「主人公紅緒を中心とした(はっきり言っちゃえば伊集院少尉と青江編集長との三角関係ラブロマンス」と「大正ロマン期の女性の自立」というふたつの大きなテーマに絞った。その判断は正解だと思う。

正解だと思うんだけど、じゃあそのふたつが現代的な視点で見て満足な出来に達しているかといえば――この部分が評価に迷った原因だ。

ダメピープルどもと光のプラスワン

はいからさんが通る』の原作からそうなので、映画(だけ)の問題点というわけではないのだけれど、個人的見解で言うと登場人物のメインどころのうち三人がダメピープルだ。

初っ端から大戦犯のラリサ=ミハイロフ。ロシア貴族である彼女は、満州出征中に部下を救うために突出して倒れた伊集院少尉を見つけ、その命を救う。しか戦争の傷跡で記憶を失った伊集院少尉に、自分旦那(死亡済み)の面影見出し、都合よく嘘記憶刷り込みして、自分の夫として病気自分の世話をさせるのだった。

いやあ、ないでしょ。どんだけよ。しかも病弱な自分を盾にして伊集院記憶を取り戻したあとも関係強要するのだ。クズでしょ(言った)。一応言葉丸めダメピープル(女性なのでダメンズではない)と呼んでおく。

じゃあ、そのラリサの嘘の被害者たる伊集院少尉主人公紅緒の想い人)はどうなのかと言えば、彼もまたダメピープルなのだった。記憶を失っていた間はまあいいとしても、記憶を取り戻し紅緒と再会したあとも、病弱なラリサの面倒を見るために彼女のもとにとどまり続ける。命の恩人だと言えばそりゃそうなのかもしれないが、周囲の誤解をとくでもなく、未来への展望を示すのでもなく、状況に流されて、紅緒のことが大好きなくせに「他の女性を偽りとはいえ面倒見ている関係」を続ける。続けた上でそれに罪悪感を覚えて、紅緒から身を引こうとする。

それだけなら海底二千マイルゆずってもいいけれど、ラリサが死んだあとは紅緒のもとに駆けつけるあたり、手のひら返し恥知らずと言われても仕方ない罪人である(言った)。っていうか伊集院少尉ラリサ関係は明らかに共依存でしょ。カウンセリング必要だよ。

とはいえ主人公紅緒もけして潔白とはいえない。病気ラリサに遠慮をして、二人の間の愛情を誤解して別れを告げられ、告げたあと、心がフラフラしている時期に、少尉実家を助けてくれた編集長にほだされて交際宣言。他の男性伊集院少尉のこと)を心に宿したまま、編集長結婚式まで行ってしまう。それは伊集院少尉に対してもそうだけど、青江編集長に対してはより罪深い。その嘘はやっぱり問題だと言わざるをえない。

――こういう恋のダメピープルトライアングルが炸裂して、映画の前半は結構ストレスが溜まった(この辺個人差はあると思う)。このダメピープル共が。問題解決しろ

まり北川悦吏子なのだ

両思い恋人がいい雰囲気になって決定的にくっつきかけたところで、理不尽トラブルが起こり二人は引き裂かれる! どうなっちゃうの二人!? 以下次週!! で、次週になってトラブルを乗り越えて、またいい雰囲気になると今度は二人が(独りよがりの)善意から身を引くとか、ずっとお幸せにとかいい出して、誤解のすれ違い。神の見えざる手によってやっぱり二人は結ばれない!

連続ドラマのアレ。アレなのですよ(机バンバン

北川悦吏子だ!」といったけどそれは北川悦吏子女史の発明品というわけではなく、自分の中での代名詞彼女だと言うだけなのだけど。もっと言うのならば、年代的にみても北川悦吏子が『はいからさんが通る』やら『キャンディ・キャンディ』に影響を受けた可能性は高く、むしろ原点はこちらだ。イライラは軽減されないが。

そんなイライララブロマンス時空において癒やしは青江編集長である

光のプラスワンこと青江冬星はまっとうで良い人なのだ。登場時は女性アレルギー(と大正時代的な女性蔑視)があったものの、雇用主として新人編集者である主人公紅緒を導き、支え続ける。その人柄に触れて、紅緒に対する愛情自覚したなら、変にこじれぬように即座に自分の口から誤解の余地のない告白を行う。これ以上イライララブロマの炎症を防ぐその手腕。良いね

しかも「お前の心に伊集院がいるうちは土足で踏み込まない」「いつかその気になったとき思い出してくれれば良い」といって加護者の立場に戻る。見返りを求めず、高潔で、慈悲深い。癒やしのキャラだ。

読めば分かる通り自分編集長推し原作当時からだ)なので、そのへんは差し引いてほしいのだが、ダメピープルの中にあった彼が一服の清涼剤であったのは確かなのだ

この映画のおそらく二大テーマである「紅緒を中心としたラブロマンス」はダメ人間もの間違った自己犠牲イライラするし(加えて言えば、何の罪科もない編集長貧乏くじも納得し難いし)、「大正ロマン期の女性の自立」については、無邪気と言えば聞こえはいいが無軌道体当たり主義の紅緒の迷惑編集長が尻拭いし続けるという構造なので、本当に自立しているのか怪しく、どっちもそういう意味ではスカッとしない。

まりこの映画は(原作込みで)イライラする。

60点。レビュー終わり。解散!!

大正東京の迷い子

でも、そうじゃないのだ。そうじゃなかったのだ。

上映終了後、イライラ&60点だと思っていたら、意外なことに結構穏やかな満足感があったのだ。この気持ちはなんだろう? 不思議気持ちで、言語化時間がかかった。

なぜなのか考えた。

紅緒が可愛いあんだけダメな娘なのに、可愛い

やったことや構造を追いかけていく限りイライラキャラではあるはずなのに、可愛い

やばいことに原作よりも可愛い

現代的に変更したキャラクターデザインと、作画と、なによりその声が印象的なのだ

作中、紅緒は本当によく「少尉」という言葉を口にする。二言目にはそれだ。

このおてんば娘は作中のセリフの大半が「少尉!」なくらい連呼なのである伊集院少尉のいるシーンでは脳内その声でいっぱいなのだ。声の表情というか、演技が本当に良かった。

少尉の事で頭がいっぱいで、東京から満州に行き、馬賊親玉体当たりで話を聞き、少尉を探して駆け巡る。東京に戻ったあとも諦めきれず、その面影を探して、亡命ロシア貴族にまで突撃を掛ける。紅緒は、たしかに、周囲を顧みない行動主義で、無鉄砲なおてんば娘で、そこにはイライラさせられる要素があるにせよ、少尉を求めてさまよう姿は、涙を一杯にたたえた幼子のように見える。

それでようやくわかったのだけれど、結局紅緒は子供だったのだ。

少なくともこの劇場版後編において、紅緒は迷子の子供だった。

愛する伊集院少尉とはぐれて、彼を探すために声の限りにその名を呼ぶ子供だった。

それが胸を打ったし魅力的だった。スクリーンこちから彼女を助けたいと思った。

劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』は迷子の紅緒をハラハラキドキしながら見守り、応援する映画なのだ

大正ロマン期の女性の自立」というテーマに対してイライラするのも当たり前だ。彼女は行動力だけは溢れていて、家を出てしまうわ、死んだ(と思いこんでいた)婚約者実家に行って支える手伝いをするわ、女性ながら出版社就職するわするのだが、どれも力が足りずに周囲に迷惑を掛けてばかりで、そういう意味では「自立」はしきれていない。むしろトラブルメーカーだ。でもそんなのは子供から当たり前なのだ

彼女はその実力不足から失敗してしまうけれど、チャレンジをするのだ。失敗はチャレンジの結果であり、チャレンジをするという一点で彼女の幼さは正しい。

前述したとおり自分推しは青江編集長なのだけれど、彼は作中、何らミスらしきことをしていない。つまり罪がない。罪がない彼が、恋愛において自分の望んだ愛を手に入れられない(紅緒は最終的に伊集院少尉とくっつく)のが納得がいかなかった。その理不尽さにたいして原作読了時は腹がたったのだけれど、今回映画を見終わってしばらく考えたあと、仕方ないのかもと、やっと思うことができた。

なぜなら紅緒は(この映画物語の期間では)未熟な子供からだ。その子である紅緒が、青江編集長という加護者とくっついてしまうと、その保護力のお陰で自立できない。青江編集長は全く悪意はなく、むしろ大きな愛情で紅緒を守るだろうし、その実力がある人だろうけれど、その愛情は空を羽ばたく紅緒にとっては重すぎる。

はいからさんが通る』は紅緒が自立していく物語ではなくて、未熟な子供である紅緒が、自立のスタートラインに立つまでの物語なのだ。だから作中で自立してないのは当たり前なのだ

無鉄砲子供で、何かあればすぐべそべそと泣き、でも次の瞬間笑顔で立ち上がり再び駆け出す紅緒は、この映画の中でとても可愛らしく魅力的だった。

その紅緒は自分の心に嘘をつくという罪を犯し、同じく自分の心に嘘をつくという罪を犯した伊集院少尉と結ばれる。伊集院少尉少女漫画約束として「頼りになる加護者」として登場したが、罪を犯して紅緒と同じ未熟者のレイヤーに降りてきた。降りてきたからこそ「これから自立するいまは不完全な紅緒の同志」としての資格を得た。

青江編集長は同志ではなくてやはり保護者だから、どんなに良い人でも、「これから一緒に成長していく同志」にはなれない。

考えてみれば、紅緒が少尉を好きになった理由は「優しい目で見てくれたから」だった。けっして「助けてくれたから」ではない。彼女にとって助けてくれる(実利)は重要ではなく、ただ単にそのとき自分を見ていてくれれば十分だったのだ。

そういう意味で、青江編集長スパダリであり、伊集院少尉スパダリから降りて結婚相手になったといえる。宮野Win。「立川オワタぁ!」とか「ちゃんちゃんちゃんちゃんか♪」とか言い出さないんで、格好いい主要キャラみたいな演技だったからな。

顔を上げて光に向かって

そういうふうに言語化が落ち着くに連れて、紅緒の親友・環がしみじみと良かったな。と思えた。

「殿方に選ぶのではなく自らが殿方を選ぶ女になるのですわ!」と女学生時代気炎を上げていた彼女大正デモクラシーにおいて「女性の自立」を掲げて紅緒とともに時を過ごした親友である彼女

でも、彼女と紅緒の間にあるのは思想共鳴なんかではなかったと思う。

女性の自立」と言葉にしてしまえばそれはどうしてもイデオロギー的な色彩を帯びざるをえないけれど、本作においてそれは、そこまで頭でっかち教条的ものでもなかったのだろう。

劇場版サブタイトル元ネタはおそらく菊池寛短編小説「花の東京から来ているのだろうけれど、そこで描かれた女性(の自立と言っていいのかなあ)も、現代フェミニズム的な意味でのそれではなかった。どちらかと言えば「どんな環境でもめげずに生き抜いてゆく」という、ただそれだけのことだった。

それはもしかしたら、現代価値観ではむしろ非難される態度かもしれない。なぜなら、男性支配的な社会で「めげずに生きる」というのは、ときその男支配社会迎合しているようにも見えて、原理主義者には利敵行為とされるかもしれないからだ。

でも人間は結局与えられた環境ベストを尽くすしか無い。まだまだ男権社会的な大正社会も、作中クライマックスで描かれる関東大震災崩壊した東京も「与えられた環境」だ。

その与えられた環境の中で酔っ払って肩を組み、愚痴を言い合いながらも諦めずに笑い合う同志として、紅緒と環のコンビ尊い

ことによると、紅緒と伊集院少尉のそれよりも確かな絆があったのではなかろうか?

いつどんなときでも、どんな環境でも、うつむかず、意気軒昂と拳を突き上げて、笑顔で生きていこう! 女学生時代無鉄砲友情のそのままに、二人は大正という時代自分人生を描いた。

女性の自立」と主語をおけば、それは成功したり失敗したりしてしまう。でも彼女たちが持っていたのは、成功したり失敗したりするようなものではない。どんな環境でもくじけうず、へこたれず、転んでも立ち上がって歌を歌いだす。それはイデオロギーではなく心意気の問題なのだ彼女たち二人のあいだにあったのはモダンガールとして時代を先駆ける思想などではない。ただ単に、お互いがかけがえのない友達で、楽しかったのだ。

女の子は元気よく未来に向かって生きる!」。紅緒が愛しく思えたのは、多分その一点だったし、伊集院少尉彼女を愛したのもその一点だった。本作では描写が欠如していた伊集院少尉も、そのテーマに沿うなら、大震災後の東京意気軒昂未来をつくるべきだ。紅緒同様「未熟者の仲間」になった彼はそれが出来るし、その義務もある(でないと編集長はほんとうの意味道化者になってしまう)。

原作を読んだ学生時代には持てなかった視点をみせてくれた。その意味合いにおいてこの映画には100点をつけたく思う。

2018-09-30

anond:20180930120313

芸能人韓国でこんな発言をしてる日本からせとか

日本活動してる奴が日本領土を侵す発言をしたら非難されて当然でしょ?

ネットオタクを貶した人を特定炎上させて企業潰すとか

で、どの企業がつぶれたの?実例は?

韓国ドラマを流してるってだけで何故か花王不買抗議デモとか

日本領土を侵す敵国を儲けさせる利敵行為非難されるのは当然でしょ?

自分達が殴る時だけは、相手が抗議してきたら表現の自由弾圧だー!!黙って殴られてないLGBTは酷いって大騒ぎしてるけど

相手発言切り貼りしたり言ってもないことを取り上げ、論でなく暴言集団での恫喝器物損壊をするのは「抗議」の範疇を超えてる。

2018-09-21

anond:20180921101627

まぁ今はセンシティブ問題へ対して「興味ない」と言ったら「利敵行為」だと騒ぐ利害関係至上主義みたいな連中が多いから難しい問題ではある

利害関係のみによらない社会運動への解は全く思い付かないけど、元増田が言うような社会運動になっていけたら良いとは確信するなぁ

2018-07-19

あたしの名前リリアン

~かしらとつける男性名前だけを見て、最近ここ三か月くらい遊んでるチャットベース人狼ゲームで演じている

リリアンという紫髪のオネェっぽいキャラを思い出したので知見を書いておく。

リリアン出会う前にショーンエリックミカミカ(いずれもキャラクターの名前)と渡り歩き、

時にはリア狂(リアル狂人=利敵行為を働いたり部屋のメンバ多数派の総意に従わない人間)と叩かれていたあたし。

しかし、リリアンになりきることで勝率も上がり、GoodGameが増えたなと思うことが増えた。

これはそのリリアンになりきるための施策である

  

リリアンであるために

  

■語尾に♡(ハートマーク)をつける

リリアンリリアンな最たる理由はこれ。ほかのキャラが使ってもいいですが、一番似合っているのはリリアンです。

 3行跨げば長いと大体言われるゲームにあって♡は一つだけで返信にもログ稼ぎにも使える優れもの

 感極まったら村ナイスね♡♡♡♡♡‼‼とハートを連打しましょう。

 ♡が文字化けする(iPhoneユーザAndroidが混ざっていると起きる)、♡がしつこいというユーザがいたら

 「ハートを盗られたリリィはただのオカマよぉぉぉ!!...でもごめんね」と断って使用を控えましょう。

 ♡がめんどいというリリアンにも会ったことがありますが、そんなあなたゲイル(映画ハンクに似た感じの化物風キャラ)を使えばいいじゃない♡ 

 

■ メンバの名前を必ず愛称で呼ぶ

あなたは墓Barの店主です。なりがちです。だから常連客になりそうな村皆様には感謝と親しみを込めて普段から愛称で呼びましょう。

 一例) ジェシカジェシー♡, ミカミカミカショーンショーンたん♡

リリアンを嫌いな女の子はいません!

...距離をつめる材料は大きな力になります野郎はわからないわ ♡

  

雑談に ┌(┌^o^)┐な話をひとつは混ぜる

⇒進行が村目で疑われていたり、逆に独善的でやりづらさを感じたときはこの手で撹乱しましょう。

「この進行、勝手デート先決める彼氏みたいで辛いね ♡」

グレーの村にキッズがいれば、リリアン彼氏いるの?と勝手に食いついてきます

イケメン芸能人名前リアタイで五人くらい追っておくと墓場でのピロートークも盛り上がります

ゲームの主年齢層が自分と一回り離れているので、話題作りにもなります

ただし、あたしのようにガチムチ系がほんとは好みでも出すのは止めましょう。

リリアンを嫌いな女の子はいません!!

...でもあなたの考える等身大リリアン女の子が考えるリリアンが重なることは決してないから注意するのよ ♡

 

 

比較女の子が多いゲームなので部屋によっては問題なくプレーできますが、LGBTの世相を反映するように男性リリアンに対する当たりは個人差が非常に激しいです。

したがって、このオカマヘイトを向けてくるキャラがいたら、吊るないし嚙みにより居心地のいい環境を作るのは非常に重要です。

逆に、ローラジェシー中の人女性だったの時の、初期好感度ステータスは、平均して80%を超えています。いまだに理由がわかりません。

リリアンだー♡と言ってきた彼女たちの言動に注意しましょう。うまくいけば無条件にあなたの味方になってくれるでしょう。

進行で吊る人を決めたときに、「遺言聞くけど、ラーメンって何味が好きかしらん?♡」みたいな雑談が許される雰囲気リリアンの強みです。

吊る人が付き合ってくれると、その人の色が白でも黒でも次の日に非常に良い雰囲気にもっていきやすいです。

 

それでは良い人狼ライフを村の皆様よろしくかしらん♡

 

2018-05-30

ごはん論法だって

馬鹿じゃねーの正面から素直になんか聞いてはい僕が悪い事してましたなんて言う奴政治家にいるわけねーだろ

嘘がつけない状態にしてはぐらかしもできない状態にして、そのうえで聞いたって黙るだけだろ

昼メロの浮気問い詰めだってもっと手際がいいぞ。サスペンス劇場素人探偵以下の問い詰め方延々聞かされる身にもなってみろっつーの

おまえらあれだろ、アベと戦うふりしてアベの味方してんだろ?時間稼ぎずっとするとなんかもらえるんだろ?そうじゃなきゃ利敵行為だな。無能シベリア送りだな。

2018-04-27

anond:20180427103904

相手に恐怖を与えない小競り合いで逮捕されてるから

これは利敵行為です

女性団体バイト代を男に渡して自演してんじゃないかと疑うレベル

anond:20180427091215

女性専用車両差別という「暴力」だが、物理的な「暴力」に訴えてはそれ以下に落ちる。

暴力は良くない。

この手の議論で不利になっただけで利敵行為じゃん

これも間違いない。

特に差別主義者は感情に訴えるから

女性専用車両の中で暴力意味がわからない

テロレベルのことかと期待したら何か3里小西みたいな思い切り接近したら手が当たる事を期待するたぐいのイザコザかよ

つまんねえの

この手の議論で不利になっただけで利敵行為じゃん

2018-04-04

京都大学軍事研究禁止方針欺瞞

方針の内容を読んでみると、もっともらしいことが書いてあるけど、今までの京都大学の本性を知っている人間としては、こんなもの偽善だ。

京都大学が「サヨク」の巣窟であることは、日本人であれば誰でも知っている。

要するに、日本国益に利することになる軍事研究大学機関自らが禁止することによって、日本国益を害する利敵行為に過ぎない。

日本にはスパイ防止法が無いので、中国共産党北朝鮮労働党スパイ検挙することができないからね(別に京都大学スパイだとは言っていない)。

2017-12-10

味方の邪魔になるから黙ってる

俺、表現規制に関してかなりの過激派

でも、明らかに自分存在利敵行為から、黙ってる。内心だけは自由だしな。リアル実名空間では絶対に言わない。

俺の主張は、ゾーニングしてはいけない、見たくない権利というのを許してはいけないというものである

なにか存在するものを見たくない、都合の良いものごとだけ見ていたいという考え方が、大日本帝国戦争に走らせ、多数の働き手を戦争で、戦闘ですらない餓死で失うことになった。

大本営発表で都合の良いことだけ景気よく流すようになったのも、もとはといえば純潔教育やらの言論規制から矯風会あたりへ行きつく。

絶対に許してはいけない。

まあそんなわけで(飛躍)街頭にホモビデオやらレズビデオやらアダルトビデオやらをモザイクなしで流し放題できるよう法改正すべき。

と思ってるから、じっと黙ってる。

2017-11-18

ゲーム運営している組織体を「敵」とまで言い切るのであれば、そもそも「そのゲームを遊ばないこと」が最大限の敵対行為になると思うのだけれども、どうなのだろうか。

何故、利敵行為を続けたまま敵呼ばわりするのか、ちょっと意味がわからない。

しかしまぁ、意味がわからなくても問題ない気にもなってきた。

2017-10-13

anond:20171013013346

Annihilator 難しく考えすぎだ。棄権することが奴らにとって利敵行為であり、敵前逃亡であるからあそこまで糾弾される。あいつらは闘争の只中にに在り、あれらは中立ではない。

と言う割には彼ら投票に行けと言う割にはどこどこ党に入れろとは言わないんだよな。

その代わり文句言うなよとかどうなってもいいんだなみたいな脅迫は熱心にするようだけど。

2017-09-17

先に殺してはいけない

タカ派の一部は先制攻撃を煽っているけどさ。

やっぱ、後世の歴史家()から悪者扱いされることはしたくないよね。

まあ、パールハーバーパールハーバーってしつこく言われてトラウマになってる分、ナーバス過ぎる部分はあると思うけどさ。

でも過去歴史特にWW2以降)を見ると、大体の場合において、戦争正当性()を主張できるのって「先に殺してない」側だと思うんだよね。

イラクアフガニスタンを見ても、アメリカ悪者っぽく見えるのは、やっぱり客観的に見て9.11との因果関係が弱いせいでしょ。

戦争する以上、口実が大事ってのは大昔から常識で、そこで失敗すると勝っても後ろ指さされることになるのは歴史証明してるはず。

勝てば官軍」は嘘じゃないけれど、正確には「負ければ賊軍」であって、勝っても非難を浴びることは往々にしてある。

この辺を失敗すると、例えば盧溝橋のように延々と禍根を引きずることになる訳だ。

まり何を言いたいかというと、どうしても攻撃なり暗殺なりをしたいなら、相手を罠にハメてでも、向こうが先に殺したという確たる証拠を作る以外にないよね、ということだ。

挑発合戦を繰り返しているのもそういう背景があってのことだし、その辺も理解せずに先制攻撃を煽るのは明らかな利敵行為なんだけど、本当に愛国心()があるのかねーと思う次第でございます

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091600374&g=prk

2017-05-10

韓国ヤバいってよく言われるけど

輸出入の多くを中国に頼ってる状況考えたら、中国のいいなりになってれば

それなりに活動していけると思うので、それほど韓国はヤバくないって感じなんだろうな。

日本アメリカ利敵行為になるとはいっても、

日本アメリカ韓国の面倒みれるほど貿易が活発なわけでもないしなあ。

2017-05-03

NHK北朝鮮宣伝戦・心理戦に協力するのをやめよ

北朝鮮国営メディア朝鮮半島戦争なら日本が最も被害

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170502/k10010969191000.html

このようなプロパガンダをわざわざ日本語翻訳してやり、公共放送で流すというのは、

北朝鮮宣伝戦・心理戦に協力する利敵行為にほかならない。

こういった宣伝黙殺するべきだ。NHKがやめても民放は好き勝手にやるだろうが、公共放送でやるというのは次元が違う問題である

2016-10-17

表現規制反対には賛成だけど

必要以上に過激表現する奴には賛成の反対なのだ

それは利敵行為だよ

2015-10-21

コミュニケーション不全者にとっては現代こそ理想

孤独サバルタンたるしかないコミュニケーション不全者-シロクマの屑籠

http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20151021/1445410551

このid:p_shirokumaという人物は「コミュ障にとって自由社会地獄」みたいな発言連発しているのだがコミュ障の私には違和感がある。

かつてネットで「共同体さえあれば自分は寂しい思いをしなくてすんだ」と主張するネット右翼に対して

共同体なんかあったらお前ら苛め殺されている。自由社会からお前らみたいなどうでもいいクズ放置していただいているのだからありがたく思え」

みたいな意見をあちこちで見かけたし正にその通りであると思うのだが、p_shirokumaという人物はこれについてどう考えているのだろうか。

またこの人物は「コミュ障遺伝子は淘汰されていく」と主張するのだがこれにも違和感がある。

コミュ障世代の親世代はすでに自由結婚時代である。私の両親はどう見てもリア充だしtwitterを見る限り兄弟結婚しているコミュ障も多い。

自由恋愛先進国アメリカスクールカーストだの銃乱射だのがあるのも淘汰説に反する。

コミュ障の原因としては新生児医療、小児医療の発達が疑わしく感じる。

生殖において一定エラーは起こる。

古い共同体の残る時代では医療も進んでいないのでエラー品は元気に生まれてくるのも大変だし、生まれてこれても飢餓病気大人になるのも大変だ。

何より共同体に苛め殺される。

そう考えれば共同体崩壊医療が発達した現代日本コミュ障にとって生存が許される特別時代特別社会である

問題共同体賛美主義者承認必要論者であり、コミュ障でありながらこれらに賛同するのはただの利敵行為だ。

そのような政治賛同するくらいならいっそサバルタンであるほうが政治的に正しい

2013-12-29

http://anond.hatelabo.jp/20131228160134

どんだけ敵に塩を送りたいんだよ日本国民は。

敵に塩を送ったのは安倍ちゃんでしょ?完全に利敵行為でしょ?

安倍ちゃんも側近も「まさかこうなるとは思わなかった」というくらい愚かだということですか?

究極の親中親韓なんじゃないの?安倍ちゃんて。

2013-02-19

愛国者のみなさま、ヘイトスピーチ利敵行為です。

「○○市ね」だの「○○どもをブチ○せ」だの、憤懣をヘイトスピーチとして発散なさる憂国騎士団のみなさま。

それ、逆効果です。

多分、皆様は、嫌いな集団(或いは国)に対する批判を、一まとめに「ヘイトスピーチするな」と頭ごなしに押さえつけられるのが嫌で反発をなさっておられる事と存じます自分たちの憤懣が封殺されることへの憤りと恐れ、心よりお察し申し上げます

でも、あなた方のやっている事は、国際的に見てドン引き行為です。先進国では禁止されている恥ずべき行為です。なおかつ、日本語圏に閉じた憂さ晴らししかありません。

一方、あなた方の憎む対象をご覧ください。在外国民や移民をも動員して、イメージ向上戦略マーケティング戦略、そして日本イメージ悪化に向けてグローバルに、そして各国でローカルに、そして理知的に動き始めているではありませんか。

してみれば、あなた方の現状は、猪武者の放つ罵声でしかありません。一方、あなた方のお嫌いな集団は、調略と外交に余念がなく、日本イメージ悪化包囲網を構築する事に余念がありません。少なくともあなたがたの脳内では、そういう世界が見えているのではないでしょうか。

世界へとイメージ戦略に打って出るのであれば、内向きとヘイトスピーチの二点は足枷しかありません。内向きで愚痴っていても世界には届かないし、ヘイトスピーチに及んでいる事を知られれば、皆さんの愛する日本イメージは悪化する一方です。

ですから不愉快なことがあるなら、反吐のように汚い言葉を吐き出すのではなく、相手をいかに嵌めて陥れるべきかを真剣検討して欲しいのであります

極めて一部の例で恐縮ですが、どこぞの国が文化財を返さないなんて話があったとします。この時、「泥棒国家」だの「また○○か」だのと日本語で吠えても意味はありません。

世界中美術館なり文化行政なりに、「拝啓。○○は自国に持ち込まれた盗難文化財の返却を拒否している国家であり、貴国との文化交流美術品貸出に措かれては十分注意されたし。恐惶謹言」くらいの事を英語にて注意喚起なさればよいのです。

結論。

罵声を止めて、英単語帳を手にしましょう。

内輪の罵詈雑言に満足するのではなく、世界を相手に、自分たちのイメージ向上と、嫌いな対象のイメージ悪化を目指しましょう。

そして、自分たちの嫌いな対象集団を、正々堂々、優雅に、ロジカルに、ロビイングして追い詰めましょう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん