「利敵行為」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 利敵行為とは

2020-07-30

anond:20200730014414

ほんとだ文字通り「敵に利する行為」としか書いてないじゃん

対戦ゲーム界隈では利敵行為禁止としていることがままあるけどさ、そこでは利敵行為とはわざと敵に利する行為のことであると書いてあって、そっか、と思い込んでいたのだけど、

それは対戦ゲーム界隈で着いた狭義の定義なのか、禁止行為文脈では定義が狭まるだけなのか、自分が見てきた界隈が特殊すぎただけなのか

うーーん?わからん

わざとじゃなくミスって負けた相手利敵と言うのは違うと思っていたのだが、違うのか…?

利敵行為定義

利敵行為ってさ、「故意に」自陣営の不利になる行為のことであり、能力不足などによる故意でない行為利敵行為でない、と思ってたのだけど、もしかして一般認識は違うのか?

普通にどへたくそで味方の利になっていない行為利敵行為と呼ぶのか?

じゃあわざと負けて楽しむようなプレイとどうやって区別したらいいんだ

2020-06-30

増田の苦悩への一意見

anond:20200629225227

増田テーマが深く、ブコメ100文字では返答しきれないと思ったのでこちらに書く

基本的自分意見を垂れ流すのだが、増田の苦悩を解消する一助になれば幸いだ。

 

自分カテゴリ適用する違和感

まず一見して気になった部分がここ

「人をカテゴリで捉えるな」というコメントも多かった。それから、「リベラル派じゃなくてリベラリズムに従えよ」という文章を書いてくれた増田もあった。

正しいとは思う。ただ、実際に遣るとなると、難しい、というか、無理な気がしている。

社会問題を考える上でよく知らない人間について考える必要があるのはわかる。

ただ、それは情報の質と量にどうしても限界があるからそうなってるんであって、

人をカテゴリで捉えることは偏見差別に繋がるためあるべき姿ではない

 

例えば入れ墨入れてる人間銭湯に入れないのは入れ墨ヤクザマークなので安心して入浴できないからだがこれは差別

しか普段生活でそこまで吟味する時間もないので、あるべき姿ではないものの一律風呂出入り禁止にしてる

これが「入れ墨の人」ではなく「俺の良く知ってる山田」が「俺と山田以外いない野湯」に入るなら問題ないはずだ

こういう高い解像度情報が手に入る状況で人をカテゴリで捉えるのはよくない

 

そういう前提の中で増田社会問題を前に自分内省しているわけだが、増田自身については増田が一番解像度が高いのに

なぜか増田は「男」「リベラル」「ミソジニー」など見知らぬ他人を探るための仮面を被って喋るのだ。そこが一番の違和感

ゾーニングしかし「公」とはどこまで?ネットも?民間組織である赤十字も?コンビニも?どこまでがアウトなのか基準は?私刑では?BLは免罪されるのか、男性を消費する場合は、3次元は?ジャニーズは?objectificationをモノ化と訳すのは誤解を生まないか?元の論文ではobjectificationが全て悪いという話では無かったはずだが、では悪さの基準は?本当に巨乳女性を叩いていないのか、実際に居ると本人がスクショを上げていたが、ルッキズムアニメだけじゃなくジャニーズやBLやドラマ俳優やほぼ全てのテレビ番組女性の好きなかなり色んなモノが該当するのでは?

こうした論点が思いつくにもかかわらずそこから考えないのは増田が「男」というカテゴリに入ってしまっているからだろうか

もし増田が女であればこれらの問題議論に参加できるというのなら、内省の間だけでもそのカテゴリは外した方がいい。そこは誰もいない野湯なんだし

 

増田の悩みを俯瞰できる補助線

「もし増田が女であれば」の仮定を考える上で補助線となる別の増田が、最近ホッテントリに上ってきた

https://anond.hatelabo.jp/20151204005556

 

こっちの増田(以降女増田)ははてブ出会うまでなぜか女叩きのまとめサイト自傷行為のように読みあさっていた

自分からするとなぜわざわざ自ら選んでそんなところを見に行く?と疑問に思うだろうけど、俺から見ると増田も同じに見える

なぜこんな行為をするのかは実感としてはわからないが、

理屈としてわかるのは内面吐露して反省するといいフィードバックを得るなどの経験を積んだのだろうと思う。

増田ブコメにも増田の苦悩した状態好意的に見る者も散見された

 

ところでこれを女増田に置きかえて見てほしいのだが、

女叩きに苦しみ、自分は叩かれるような対象なのだろうかと苦悩する姿を誠実な態度だと賞賛する人間をどう思うか

人だから悩む時期もあるだろうが、それが正しい状態だと言う意見残酷だと俺は思う

増田は早いとこ苦悩する状態を脱してほしい。

 

脱するヒントも女増田の方に書いてある。はてブバランスを取ったそうだ。

はてブもいい加減治安悪い場所だが、マサカリが飛び交う分偏った意見に固まらないっていういい特性は持ってると思う。

ネトウヨミソジニーに偏らず、増田が言うところのリベラルフェミニズムの間違った部分に異を唱えるようなアカウントもいっぱいある

俺は知らないけど他のサービスにもそういうクラスタはあるんだろう。探してみてくれ

ネトウヨミソジニーにならずリベラルフェミニズムの間違いを指摘する道

リベラルならラディカルフミニズムじゃなくリベラルフェミニズムの方に向くべきでは?」というコメントに対する返答も先程とほぼ同様、

このコメントを書いたのは俺だからこのブコメで言いたかたことを補足させてほしい

増田は「現実」というキーワードを用いて「表現の自由 vs 弱者保護」のような対立構造肯定してるけど

でも、現実にそうなのだ。そりゃ、リベラル自身リベラル問題点に言及できるようになればいい、それが理想だ、でも現実は違う、そんな事は出来ない、そんな事をすれば利敵行為すなわち「ネトウヨ」と言う事に成るからだ。

実際にはそれらは対立構造になく、ちゃん自由主義標榜しながら女性弱者保護を訴える思想もあるということを示したかった。

 

こうした男性の悩みにも射程範囲を広げるフェミニズムは、よく「男性男性役割を降りて自由になるべき」という意見を出す

役割から降りた後の責任を取らない意見だと否定されがちだけど、俺はこの意見は好きだ。自由主義精神をよく現わしていると思う

性役割は結局男性女性幸せにしないという思想から発生してるのだけど、この思想増田も共有できるはずだ

 

ところで増田を見ると、「男」の役割に完全に嵌りこんでいるように見える。

それは結局のところ増田が初心に思っていた男女の平等精神に反しているのではないだろうか

一番最初の段でも言ったとおり特別事情もない限り役割のような、カテゴリのようなものはない方があるべき姿なのだ

そこの所に目線を移すと、増田の苦悩も少し減るのではないだろうか

anond:20200629225227

リベラリズムに従えよ」増田だけど、俺の本意は「自分主義主張と合わない界隈からは離れれば? 派閥じゃなくて自分主義主張に忠実になろう?」って話だったんだよね。語り口で誤解させちゃったら申し訳ないけど。

で、もしリベラル増田本心からリベラル”やフェミニズムを支持しているならそのまま派閥所属してればいいと思うんだけど、この返答を読む限りだとやっぱり派閥に属するのやめた方がよくない? とは思うよ。

また、現実の話もある。例えばある女性フェミニストの方の主張に疑問を感じたり、リベラリズムに反すると思った場合、それを男性の私が指摘したり疑問を言葉にするのは、正直言って、難しい。

この雰囲気をどう伝えれば良いのか分からない、兎に角、難しい。それによって私がセクシストであり、差別主義者だと言われてしまうのでは無いかという恐れが常に有る。

増田が「社会的強者である自分が口を挟むのは差別主義だ」と本心で思っているから口を挟まない……のではなくて、差別主義者だと思われるのは怖いから口を挟まないって話なんだよね? 派閥抜けた方がよくない?

ここでまた、「またカテゴリで考えている」と言われるだろう、でも、現実にそうなのだ。そりゃ、リベラル自身リベラル問題点言及できるようになればいい、それが理想だ、でも現実は違う、そんな事は出来ない、そんな事をすれば利敵行為すなわち「ネトウヨ」と言う事に成るからだ。

内部批判利敵行為とみなすの率直に言って末期症状から早めに派閥抜けた方がよくない?

リベラルフェミニズムに疑問を感じた事を表に出すことは出来ないし、だから、なるべく考えない様にする。納得してなくても、納得してるふりをする、でも、リベラルである事は続ける。

なんで納得できないのに納得してるふりをしなきゃいけないの? そんなことを強いられる派閥なんてさっさと抜けた方がよくない?

別に増田に“リベラル”な思想を捨てろとは言わんよ。弱者保護尊い思想だと思うから増田がそれを掲げるのはけっこうなことだよ。

でも、その思想を抱えたまま、変な派閥思考を捨てることはできるんじゃない? 同じ思想のやつからネトウヨと罵られようが、うるせえこれが俺の信じる“リベラル”だ、って自分の信じる道を貫き通す道もあるんじゃない?

で、こっから先は、増田の“リベラル”に対する俺からの疑問ね。主義主張の違いだから別に読む必要はないよ。

それに開き直るつもりは無い、「弱者を守る事を優先する」という事は、他の何かと衝突した時、そちらの優先度を下げるという事に成る。それは時には不当な加害になる事も、暴力性を持つ事も、自由制限に繋がる事も、他者を抑圧する事も傷付ける事も、どれもあり得る。それに、そもそも自分の中の「弱者」の基準が正しい保証は無い。「弱者を守っている」つもりで、別の弱者を気付かずに足蹴にしている事も当然あり得る。

もちろん増田もわかった上で書いてるんだろうけど、強い弱いというのはあくま相対的ものからね。たとえば左利きシスジェンダー在日同性愛男性は、左利き在日同性愛者という属性では弱者で、シスジェンダー男性という点では強者だよね。女性差別トランス差別問題ではその人は強者側だけど、民族差別ホモフォビアや右利き中心主義問題では弱者側で、そのとき話題によってポジションが変わってくるわけじゃん。まあ右利きシスジェンダー日本人ヘテロセクシュアル男性である俺みたいなのがいるんだから、当然左利きトランスジェンダー在日レズビアン女性みたいな弱者要素の詰め合わせみたいな人もいるんだろうけど、多くの場合特定の要素において弱者なのであって全方位に弱者な人なんてそうそういないよね。

だとすると、基準は「弱者保護」じゃなくて、やっぱり自由と公正に置かれるべきじゃない? どのような属性の持ち主であっても公正に扱われ、それぞれの自由を最大限に謳歌できる社会が目指されるべきじゃない? リベラリズムの信奉者としてはそう思うけど。

リベラルフェミニズムは前者のリベラル(つまり自由を優先する方)と相性が良く、後者リベラル弱者を優先する方)はラディカルフミニズムと相性が良い(相性がと言うより、仲が良い、と言った方が正確かもしれない)

自分後者が主軸なので、ラディカルフミニズムと協調する事に成る、そうすると必然的表現の自由等より、弱者を守る事を優先する事に成り、女性を消費するようなコンテンツ肯定できない→オタクである自分自身と不調をきたす、という事に成る

でもあいつら弱者保護かいいつつトランスジェンダー差別してるじゃん。

もちろんTERFはあくまでも一部の連中がやってることだからその罪を全体に敷衍するのはよくないんだけどさ、弱者保護というお題目自由とかよりも優先されるみたいな話をしてるから女性弱者なので保護されるべき! 女性専用スペースに男体持ちは入ってくるな!」みたいな論理に飛びついちゃうんじゃないの?

当たり前だけど、自由を重視する俺も、構造弱者存在するってことは公正な自由競争を行う条件が整ってないってことなんだから弱者救済には賛成だよ。でもそれは自由で公正な社会のための地ならしであって、弱者の救済そのもの目的じゃない。あくまでそれは手段で、最終的な目標自由社会の実現(この手段としての弱者救済を否定するリバタリアニズムには明確に反対)。だから弱者側の要求自由や公正を脅かすのならそれに反対する。

自由を優先しない、というのは別にいいんだけど、だったらリベラルって名乗るのやめたらいいんじゃない? リベラリズムは読んで字のごとく自由の実現を重視する主張だよ。自由よりも社会的弱者の救済に重きを置くならソーシャリズムとか名乗れば?

2020-06-29

納得してるふりをしながら「リベラル男性」をやり続ける

anond:20200623194658

↑を書いた後、予想以上の量のコメントを貰ってびっくりした。量も驚いたが、内容も、人によって結構違う内容や態度だったりで、何故か、その事に少し救われた(妙な話だが、敵対的な態度の人も居る事が、むしろしかった)

で、増田でたまに見るブコメ等への返事の追記をやるべきかどうか悩んでいる内に日が過ぎてしまった、ひとまずここに書いておこうと思う。

 

まず、「SNSをやめたほうがいい」「フェミニズムから一旦離れた方が良い」という意見が有ったが、離れるつもりは無い。

何故なのか?と言うのは自分でも良く分からない。単純に意地になって居るのかもしれない。

ただ、一つ思うのは、「終わったものボックス」に入れられるのは嫌だな、という事だ。

私が例えばSNSから離れたり、カウンセリングを受けたりしたら、私の懊悩は「じゃあ解決したね、よかったよかった」になってしまう、そうはなりたくない。(そもそもカウンセリングはそんなに万能ではないとも思う。どちらかと言うと、他人問題を「お終い」にしてしまう為の道具として、便利に使われている印象がある)

それに、基本的に私はリベラルフェミニズムも正しいと思っている。

いくつか疑問に思う部分が有ったとしても、やはり離れる訳にはいかない。

また、離れても無駄だとも思う。既に私はフェミニズム的な視点や捉え方や規範他者から学び、内面化している。

SNSから離れようが、既にそのコピーフェミニスト自分の中にいて、その声からは逃れることは出来ないし、すべきでも無い。

 

「人をカテゴリで捉えるな」というコメントも多かった。それから、「リベラル派じゃなくてリベラリズムに従えよ」という文章を書いてくれた増田もあった。

正しいとは思う。ただ、実際に遣るとなると、難しい、というか、無理な気がしている。

社会問題を扱う限り、会った事も無い人の被害や加害を考えなければならない(そうでなければ、それは「社会」に対する思考ではない)、会った事の無い人について考える時に、「女性」や「男性」や「フェミニスト」や「リベラル」のようなカテゴリは非常に有用だし、それ無しで考えるのは不可能じゃないかと思う。

また、現実の話もある。例えばある女性フェミニストの方の主張に疑問を感じたり、リベラリズムに反すると思った場合、それを男性の私が指摘したり疑問を言葉にするのは、正直言って、難しい。

この雰囲気をどう伝えれば良いのか分からない、兎に角、難しい。それによって私がセクシストであり、差別主義者だと言われてしまうのでは無いかという恐れが常に有る。

これは私に限った事ではなく、私の周囲の人も、女性に限らず、社会弱者当事者の方の言う事に疑問を呈す場合は、かなり慎重に行う。社会非対称性を考えれば当然の事だとも思う。例え多少おかしな部分があったとしても、それを強者である男性が、当事者の口を塞ぐというのは、有ってはならない、と思う。

それからリベラリズムについては、説明がし辛い。昔は自分所謂自由を貴ぶ」という意味でのリベラリストのつもりだったが、今は、(大雑把な表現だが)「弱者を守る」という意味でのリベラルである。今の日本リベラルと名乗る人の大半は後者だと思う。

ただ、彼の言う事は本質を突いている気がする。恐らく、自分は今後者のつもりだが、後者に成り切れておらず、前者の部分が残ってしまっているのだ。

前者の意味でのリベラルは、現在日本ではむしろ所謂ネトウヨ」や「ミソジニー男性」(と、後者リベラルが見做している人達)と相性が良い。

気付いた人は多分居ると思うが、前回の増田で私が書いたフェミニズムへの疑問(ゾーニングの公の範囲や、BL等の免罪等)は、上記の様な、リベラルフェミニズム敵対者が良く主張している事に非常に似ている。そのもののものもある。

恐らく、つまり、私はリベラルを自認しているが、私の中にはネトウヨ的な部分や、ミソジニーも有るのだと思う。

から私は、恐らく正確には、前者と後者、両方のリベラルであり、だから、その矛盾に引き裂かれているんだと思う。

 

ネトウヨ」や「ミソジニー男性」といった言葉選択には怒る人も居るかもしれない、ただ、これは便宜的な呼称だと思って欲しい。

少なくとも現在日本では、後者意味でのリベラルフェミニズム問題点を指摘できるのは、彼らだけだろう、といより、問題点を指摘すれば「ネトウヨ」「ミソジニー」と呼ばれる事に成る

から、私のフェミニズムへの疑問は、「ネトウヨ」「ミソジニー」という事に成らざるを得ない。

ここでまた、「またカテゴリで考えている」と言われるだろう、でも、現実にそうなのだ。そりゃ、リベラル自身リベラル問題点に言及できるようになればいい、それが理想だ、でも現実は違う、そんな事は出来ない、そんな事をすれば利敵行為すなわち「ネトウヨ」と言う事に成るからだ。

リベラルフェミニズムへの疑問や矛盾に悩む私に「SNSから離れた方が良い」と言葉を掛けてくれる人は一杯居た。けれども、「そのような矛盾をこれから解消しよう」と言ってくれる人は一人も居なかった。

(いや、こう言う言い方は不当かもしれない。そもそもリベラル側の人は、そのような矛盾が有るとは思っていないのだろう。だからその解消を求める事自体がお門違いなのだ

 

これまで書いた事について、正直な所、後ろめたさというか、これでいいのだろうか、という迷いが有る。

リベラルフェミニズム矛盾問題点がある、なんて事を書いて、いいのか・・・からない、それ自体間違っている気もするし、「間違っている」と言われる気もする。

ただ、まぁいい、もうこうなったらいっそ、(滅茶苦茶長くなるだろうが)思った事全部書いてしまおう。

 

リベラルならラディカルフミニズムじゃなくリベラルフェミニズムの方に向くべきでは?」というコメントに対する返答も先程とほぼ同様、

リベラルフェミニズムは前者のリベラル(つまり自由を優先する方)と相性が良く、後者リベラル弱者を優先する方)はラディカルフミニズムと相性が良い(相性がと言うより、仲が良い、と言った方が正確かもしれない)

自分後者が主軸なので、ラディカルフミニズムと協調する事に成る、そうすると必然的表現自由等より、弱者を守る事を優先する事に成り、女性を消費するようなコンテンツ肯定できない→オタクである自分自身と不調をきたす、という事に成る

まぁ、日本ではラディカルフミニズムが支配的で、リベラルフェミニズムはあまり広まっていないという事情も有るとは思う。(アカデミズムリベラルフェミニストの有名な人って例えば誰が居るんだろうか)

 

訂正と謝罪をするべき事が有る。

増田で↓のように書いた。

学生時代の苦しみは、一体何だったんだろうか?あの時の加害者の中には女性もいる。彼女弱者で、自分強者である

キラキラした人、美しい女性、充実した人生を送ってそうな人がフェミニストとして、男性糾弾する。

俺は一体何なんだろうか?

これについて、「キラキラしてない、パッとしない女性もいると思い出してほしい」「美人の苦しみを矮小化している」という批判があった。宇野ゆうか氏の下記のページもそれに当たるだろう。

https://yuhka-uno.hatenablog.com/entry/2020/06/28/134939

 

これについては謝罪すべきだと思うのだが、うまく出来る自信が無い、何故かと言うと、↑の部分は指摘された様な意図で書いた訳ではないのだが、

「そういうつもりでは無かった」「誤解を与えてしまった」という謝罪は、正しい謝罪では無い、と言うのは常識になっている。では、他のどのような謝り方が正しいのか、考えてみたが、上手く答えが出なかった。

ただ、ひとまずは元の意図説明してみようと思う。

ただ、それも難しい。この部分は、正直に言うと、自分でも何が言いたいのか分からない、「俺は一体何なんだろうか?」という漠然とした疑問が主題からだ。

ただ、いくつか明言できることは有る。まず一つは、「キラキラしてない、パッとしない女性もいる」という事は、自分も勿論分かっている。この文は「女性フェミニストはみんな、キラキラした人、美しい女性、充実した人生を送ってそうな人である」という意味では無いし、そう意図しても居ない(ただ、そう読み取れる余地を残してしまった事はやはり自分の落ち度だと思う)

女性の中に、「キラキラした人、美しい女性、充実した人生を送ってそうな人」が居る、と言う事を念頭に置いて書いていた。(「女性はみんな~である」と「女性の中に~な人も居る」の違い)

また、「キラキラした人、美しい女性はみんな、充実した人生を送っている」という意味でも書いていない。キラキラした、美しい人にもそれぞれ固有の苦しみは有るし、そもそも女性差別制度的な差別を含むから社会的な美醜に関わらず多くの場合被害は受ける。外見からその人の人生推し量ることはできない(だから宇野ゆうか氏の書いた事は正しいと思う(正しいとか、何目線で言ってるんだという話だけど・・・・))

従って、「キラキラした、美しい、充実した人生を送る人が男性糾弾するのは間違っている」と言いたい訳でも無い。そういった人も女性差別には遭うのだから糾弾するのは正当な権利だ。

ただ、分からない、この感じをどう表現すれば良いのか、この「何なんだろうか?」と言う、分からない感じ、分からないと言う事を、どういう言葉表現すれば伝わるのか。

ミクロに、カテゴリに頼らず個人個人幸福度を比べれば、私より幸福人生を送っている女性は居る、それは確かだと思う、けれど、それで女性差別糾弾をしなくていい事には当然ならないし、私は糾弾を続ける。ただ・・・ダメだ、分からない、どう言えば良いのか、つまり名前が無い、と言えば良いのだろうか、女性人生で被る苦しみの一部は女性差別に起因する、では、私の苦しみは?男性差別?それも違う、分からない、どう言えば良いのか、言葉にできない・・・・・

ただ、そんな私の言語化能力の拙さとは関係無く、訂正と謝罪はするべきだろう。

件の文章は「キラキラしていない、パッとしない女性は居ない」と言う意味や、「キラキラした人、美しい女性は苦しみを抱えていない」という意味では無く、書いた時の事を思い出す限り、「キラキラした、美しい女性」の中でも特に幸せな人を念頭に置いて書いた(だから美人であり、かつ苦しんでいる人はここでは対象に含めて居ないので、安心して欲しい(安心して欲しい、というのも変か・・・・・))、しかし、にも拘らず、そのような解釈余地を残してしまう拙い書き方でした。申し訳ございません。

 

これで上手く出来ているのか、分からない。もっと適切な謝り方が有るんだと思う。

 

色々書いたけど、(まだ、思っている事は全然書き切れて居ない気がするけど)改めて言っておく、疑問を感じることはあるけど、それでも、自分は「リベラル男性」を続ける。

リベラルフェミニズムに疑問を感じた事を表に出すことは出来ないし、だから、なるべく考えない様にする。納得してなくても、納得してるふりをする、でも、リベラルである事は続ける。

自由を何より優先するという意味では無く、弱者を守る事を優先するという意味で、リベラルである事を続ける。

それに開き直るつもりは無い、「弱者を守る事を優先する」という事は、他の何かと衝突した時、そちらの優先度を下げるという事に成る。それは時には不当な加害になる事も、暴力性を持つ事も、自由制限に繋がる事も、他者を抑圧する事も傷付ける事も、どれもあり得る。それに、そもそも自分の中の「弱者」の基準が正しい保証は無い。「弱者を守っている」つもりで、別の弱者を気付かずに足蹴にしている事も当然あり得る。

から、私は、正しいとはとても言えない。むしろ客観的に見れば悪である可能性も有る。

でも、兎も角、自分の見える範囲を見て、考えられる範囲を考えた結果、やっぱり自分リベラルである事を選ぶ。ただ、それが正しいと盲信する事だけは絶対にしない様にしたい。

 

長く書いた。流石にこれは読まれないと思うけど、まぁ、構わない、謝罪部分だけは然るべき人に届けばと思うが、それも望む事しか出来ない。

最後に、この文章を前回の増田と分けた理由は、単純に馬鹿な程長くなってしまったと言うのも有るけど、それだけじゃなく、「本当に元の増田が書いたかからない」ようにするのも良いのではないか、と思ったからだ。

この文章はもしかしたら、元の増田とは別人が、彼を装って書いただけかもしれない、そうだった場合、読んだ人の感想は変わるだろうか?

まぁ、そもそも、こんな長い文章読む人は居ないと思うけど、もし居たら、なるべくどちらとも決め付けずに読んで欲しい。本物か、偽物か、平等に考えてどちらか判断できる根拠あなたは持っていないはずだ、だから本物でも、偽物でも、どちらでもあり得るように読み、考えて欲しい。

 

最後に、前回の増田の様に沢山のコメントを貰えたのは初めてだったので、痛々しいと思いつつ、ブコメを見るだけじゃなく、ツイッターでも検索してしまった。

 そしたら(もしかしたら検索の仕方とか過去ログ有効期限のせいかもしれないけど)最初にこの増田の事をツイートしたのが、おねロリキメセク天皇で笑った。ちょっと、嬉しかった)

2020-06-22

ドラえもんのび太小宇宙戦争を観ていてイライラしてしまった

ドラえもんのび太小宇宙戦争」(以下リトルスターウォーズと呼ぶ)は大長編作品の中でも屈指の名作だと思っていた(旧鉄人兵団には劣るが)。軍事独裁政権に立ち向かうというテーマがまず良いし、何より主題歌少年期」は名曲中の名曲だ。雲の王国もそうだが、主題歌が良いと名作に思えてくる。

今でも好きか嫌いかで言えば好きなのだが、ただ真面目に観てみると突っ込みどころが多すぎてイライラするのである

リカ星人より地球人のほうが圧倒的に強いのだからパピくんはもっとのび太たちを頼ればよかったし、ドラコルルがまったく地球人に対し慎重にならずスネ夫たちを襲撃するのも不自然だ。あの襲撃の流れで出来杉くんがフェードアウトするのも不自然だし、何より体のサイズというメリット自分から手放す意味が分からない。ピシアの探査球への警戒も足りないし、わざわざ挑発するのも相手を嘗めすぎている。いや嘗め切っても全く構わない相手ではあるが、そのせいで殺される寸前にまで行ったのだから弁護の余地はない。

スモールライト奪われた段階ですぐドラミちゃんに連絡しろよとか、ビッグライトなり使えよとか利用すべきカードを切らないのはドラえもんから仕方ないとしても、あまりにも墓穴を掘りすぎている。

自由同盟地下組織に行く際が最たるもので、まずのび太のような足手まといを連れていくのが失敗の元だし、ロコロコ以外にもっとマシな案内役いないのかとも思うし、のび太を見捨てなかったせいでアジトを突き止められたうえ、見られた可能性があるのにそれを組織の人々に告げずピシアに急襲されるにいたっては戦犯以外の何物でもない。

使うべき道具を使わないのは大長編では仕方ないとしてもそれ以前の利敵行為ばかりやっているので見ていてイライラする。それでもストーリー展開とテーマ性と主題歌が良いから名作には変わりないが、これほどドラえもんたちが失点ばかり積み重ねた作品も無い。

2020-03-16

「すでに自分は(元気で無症状の)病原体保有者かもしれない」と考えようキャンペーン

「すでに自分は(元気で無症状の)病原体保有者かもしれない」と考えようキャンペーンを、世界中で始める影響力の高い人は出てこないだろうか。

昨今、世界中罹患者、医療従事者、そして人種への差別が横行し始めている。

SARS-COV-2との戦いにおいて、罹患者、寛解者、医療従事者そして人種への差別行為は、利敵行為となる。

SARS-COV-2の思う壺となってしまう。なぜなら、差別行為が、感染疑い者の申し出を妨げ、潜航させてしまうから。そして医療従事者の離職を招くため。

うつされたくない、怖い」という恐怖感が差別を生んでいるのはよく分かる。自分の中にもそうした感覚はある。

そこで、世界中標題キャンペーンをはる人は出てこないだろうか(インフルエンサーで)。

「すでに自分は(元気で無症状の)病原体保有者かもしれない」という思いを共有するキャンペーン

そうした認識が広く共有されれば「うつされたくない」という恐怖から、「人にうつしてしまうかもしれない」という心配気持ちが変わる。

他人から感染より、自分の内なる敵の動きを探る方に気持ちが集中し、怪しい状況となれば、積極的に休む。マスクは人にうつさないためにする。手洗いも人のため。

そして最前線で戦う医療従事はいつか自分を助けてくれる人。

「今まさに自分病原体保有者」と考えれば、恐怖からそうした思考に変わらないだろうか。

いかな。

2020-03-08

「それは派遣会社に言わないと」←派遣法作った連中の思惑通りの発言

https://b.hatena.ne.jp/entry/4682528010050184706/comment/atsuskp

これ、労働者にとっての利敵行為では?

2020-01-21

褒め言葉として「クソ」を遣うやつをボコボコに殴り倒したい

常々「クソ」や「クッソ」に腹立たしさを覚えていた。

しか褒め言葉として「クソ」だの「クッソ」だの遣う人間も出てきて不愉快まりない。

頭の中が排泄物にまみれているのか?殴り倒して半殺しにしたくなる。

不愉快に感じている人が他にもいるのではないかと探したら

下の記事に辿り着いた。

しかし驚いたのがコメント欄

「クソ」「クッソ」を擁護しているコメントがあった。




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■すごく良い、を表す形容詞に「クソ」「クッソ」を付ける違和感ハンパない

https://www.odaiji.com/blog/?p=7848

わたあめ より:

マイナスを示す程度表現が強調のみ残すことは、言語史上多く見られることです。

例えば我々が普通に使う「凄く」なども、もともとは「凄惨な、おそろしい」というようなマイナス表現意味です。

こうした言語の変化に時代時代の人々も敏感でして、しばしば問題提起しておりますが、

結局浸透してしまって、後世普通に使われることが多いかと思います

「クソ〜」もその道を辿るのではないでしょうかね。

私は育ちが悪く、なかなかに許容できてしまいお恥ずかしい限りです。

ななし より:

別に言語学者でもないし、比較ら抜き言葉も目くじら立てるようなことはないんですけれど。

この一文の時点で変化する言葉に対してどうこういう資格はないというか

クソだけに目くじらたてる理由もない気がしま

時代とともに意味合いや表現は変化していっているという話ではないですか?

貴方古典の文にでてくるような表現を使っているのなら話は分かります

貴方の中の貴方世代言葉だって昔の人が聞いたら違和感しかならない言葉はたくさんあると思います

もうすこし変化を受け入れ寛容になられてはいかがだろうか

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




言語過去現在未来をしっかり見ていれば

この記事否定的コメントをする理由はどこにもない。

よくぞ言ってくれた!と高評価をするのが当然。

私は配偶者の「嫁」呼称や、ら抜きも嫌いなので

管理人にそのあたりの指摘はするかも知れないが

「クソ」や「クッソ」を擁護する根拠として使う気はない。

「嫁」と「クソ」で思い出したが

ヨスという気持ち悪い男が「嫁という言葉がクソ嫌いで」云々という記事投稿していたな。

あいつもボコボコに殴り倒してやりたい一人だ。

話を戻そう。

言葉は変化する。

故に目くじらたてる理由はないという感覚が私にはさっぱりわからない。

お前だって変化した言葉を遣っていると批判してくるのがいる。

そいつらは、変化させた過去大衆から反省材料を一切得ようとしない。

したがって過去の変化に関する批判は一切なく何故か全肯定する。

変化させた大衆への疑問も抱かず華麗にスルー

その一方で、表現おかしさを指摘した人だけを責める。

アンフェアでしょそんなの。

「昔の人が聞いたら違和感しかならない言葉

↑だからその昔のバカが「変化」とやらを続けた結果、現代言語になってしまったんでしょうに。

何故、現代に生きる管理人への反論になるのか意味不明。




少 し は 昔 の バ カ た ち に も 言 及 し ろ 。




古典」の文にしたのは過去大衆だ。

そのせいで言語の断絶が起きていることは全く無視なのかい

授業に古文という科目が増える負担無視なのかい

過去バカな奴らが気紛れに変化させなければ古典の文にはなっていない。

よって「わたあめ」と「ななし」の反論は生じない。

管理人現代人なりの好ましい表現について述べている。

極論だが、もし、それぞれの時代に生きた人たちが管理人のような言語感覚を持っていたなら

古典の文なんてもの存在しない。

わたあめ」は「凄く」に言及しているがそれもお粗末。

現在「凄く」や「とても」や「素晴らしい」を良い意味として用いるのは他に選択できる言葉がないから。

「クソ」は全く違う。「クソ」を遣わずとも表現できるしそちらの方が適切。

適切な言葉選びをできていないか管理人違和感、いや不快感を示している。

雰囲気に流されて雑な言葉選びをしているバカ批判するのは正常な感覚

それなのに「言葉は生き物でちゅー」「寛容になろうよぉ」みたいに言い放つ

全体主義的かつ虚無主義的な思考停止野郎が必ず沸いてくる。

そう「わたあめ」と「ななし」のような奴らのことだ。

言語を壊している一因は「わたあめ」と「ななし」みたいな良心を履き違えた善人。

試合を観客席から眺めて「Aチームのほうが優勢だね」と言うだけの無能

過去から学んでいるようで実は「その場その時」しか見えていない愚か者

「寛容」という名の下に、見て見ぬ振りをしバカ放置しているマヌケなくせに

自分進歩的で器が大きいかのように見せ、管理人を蔑むクズ

それに全く気付いていないのが腹立たしい。

私は「わたあめ」と「ななし」のような「言葉は生き物」を盲信している人間が大嫌いだ。

こいつらみたいな人間こそ「クソ」と言われるべき。

これぞ適切な言葉選び。

「凄く」は他に選択できる言葉がないからと前述したが

しかしたら良い意味を表す言葉大衆に葬り去られたのではないかとも考えられる。

危険性」「恐れ」「疑い」などが「可能性」という言葉に上書きされている現況を見るに

十分有り得る仮説ではないだろうか。




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■『可能性』と『恐れ』はどう違うか?

http://plaza.rakuten.co.jp/chenpitao/diary/201105220000

■「可能性」と言う言葉の使い方がおかし

https://blog.goo.ne.jp/natukikousuke/e/581d460f458ff2caf6f273ddc1adc134

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




よく大衆必要とされる言葉用法けが残ると言うが

そんなものは嘘っぱちだ。

どうしたわけか大衆は常に好ましい選択をしているという幻想を抱いている。

また、度が過ぎた間違いなら自浄作用が起こり広がらないとも思っている。

しかしそれは単なる驕りでしかない。

絶対的な正しさが無いことを盾に「言葉は生き物」だと決め付け反省対策も考えない。

それどころか過去反省し、バカな変化の連鎖を食い止めようとする人を、

言葉は生き物でちゅー」「寛容になろうよぉ」と言って叩きのめす。

言語観点からすれば、そいつらは現代的でも進歩的でも無い。保守的でも無い。

そいつらこそ不寛容害悪のもの

つの時代大衆は、過去から何も学ばず、未来言語を託す責任考慮せず

今の雰囲気だけに流されているのは明らか。

大衆が用いれば正しさが上書きされても良いと漠然と思い込んでいることが

どれだけ危ういか気付かない。

大衆が常に好ましい選択をしているという幻想

言葉意味を調べないバカ繁殖させる。

言葉なんて時代で変わっていくんだから、どう使おうとかまわん」

こんなことを平気で言えてしまう無神経な人間に好ましい選択ができるだろうか。

こんな無神経な人間に正しさや好ましさが上書きされて未来の人はどう思うだろうか。

もういい加減「不適切言葉選び」を「言葉の変化」に擦り替えるのはやめていただきたい。

「どくせんじょう」を「どくだんじょう」に変えて意思疎通が効率化したか

教養文化水準が向上したか日本語としての趣きが増したか

よく考えてみてみろ。

「どくせんじょう」が「どくだんじょう」に置き換えられても何ら向上する要素がないなら

今を生きる我々は甘んじて「どくだんじょう」を用いながらも、

その変化とやらに疑いの目を向けるのが自然な理路でしょうに。

言葉は生き物」なんて殆ど既存の語義や用法を蹴にして息の根を止めているだけ。

言葉を作った人の思いを踏みにじる行為でもある。

言葉を半殺し」にしておいて何が「言葉は生き物」「言葉は変化する」だよカス

禄にマナーやエチケットを身に着けていない奴が無作法を諭された言い訳

マナーやエチケット時代によって変わるんだよ!頭固すぎ古臭い!」と

反発しているようにしか見えない。

しばしば表現の変化前と変化後について摩擦が起きる。

先述した記事コメント欄も似たようなもの

変化とやらは余計な争いを招く元になっている自覚あるのか?え?「わたあめ」と「ななし」さんよ。

余計な争いは他国から侵略のスキを与える事にも繋がる。

突き詰めれば「言葉は生き物」信者とは利敵行為をしている反日野郎

そりぁこんな大衆なら投票率が低いのも当然だし

小泉郵政民営化するのも当然だし

一度民主党政権になったのも当然だし

橋下や堀江チヤホヤされ続けているのも当然だし

拉致被害者を奪還できないもの当然だ。

言葉を雑に扱うバカはもちろん、それを見過ごす「わたあめ」と「ななし」みたいな鈍感な善人も

国の破壊者に成りかねない事を認識しろ!!!!!!!!!




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

なぜ日本人思考能力がここまで幼稚になったのか。 伊藤

https://youtu.be/pwDkY3uOA_Y?t=191

特別寄稿 西部邁言葉過去からやってくる

http://asread.info/archives/428



漢書で「世(せ)論」といってみても、それは「世にはびこる論」のことで、昔の「輿論」とは異なります

輿論というのは、「社会の台(輿)にいる庶民心中に抱く常識」のことです。

そんな土台も庶民常識もなくなったのが現代社会です。

から言葉の土台も失われて、人々は目前に流れる言葉に束の間だけ唱和し、

それが流れ去れば、自分意見が何であったかさえ忘れてしまうという顛末です。



言語動物に過ぎぬ人間が、おのれの存在根拠である言葉を軽んじ壊し忘れていくというのは、

無残としか形容の為し様がありません。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




この記事はいずれブログを作り文章を整理して再投稿する予定。

2019-11-04

じゃあ男がフェミの言うこと聞くのってただの利敵行為メリットなくね?憎んでくるやつに配慮したくないし男女片方が滅びるまで争いは続くでしょ

男女平等で男女仲良くが真のフェミとか言うクソオス、お前の様なオスを排除して女性独裁するのが真のフェミだよ

第一に男が真のフェミニズムとは何か語ってんじゃねぇ

男の語るフェミニズムは「男のオレが不快にならない程度のフェミニズム」でしかない

「真の男女平等」とか「エセフェミ」も男に都合が良いものしかない

男が勝手ライン引いて「これは正しくない」とか決めてるだけ

そういう考えがすでに女性蔑視に染まってるクソオスでしかないし排除するしかないつってんだよ

そして女性を加害して今の地位にいるくせに、笑顔で仲良くしようとかサイコパスですか??

まずはその踏んでる足をのけろよ

男もフェミニズムを学ぼうとか男にとってもフェミニズムは救済とかそうやって男に媚び売って改善してもらおうとしても全く意味ない

そもそもオスが勝手に互いに殴り合ってるだけだから自分らでやってればいいのに、それでフェミニズムに頼って相手にされなかったら噛み付いてくるから本当に救いようがない

フェミニズムは女性のための女権拡張運動であってお前みたいな被害者意識だけ強いくせに女には加害してくる雑魚オスのママじゃねぇ

実際町山みたいなリベチンや「娘や嫁を守るためにフェミ」とか言ってる家父長制オスしかまれてないじゃん

これが政治も何もかもおっさんが決める地位にいる間はいくら媚び売っても「男のペットとしての権利」程度しか認められない証拠だよ

結局金持ち貧乏人と仲良く一つになってがんばろうとかい階級協調主義国家社会主義ごまかしでしかないのと同じ、金持ち貧乏人を搾取することで利益を得るし、それを払いのけるためには金持ち階級闘争で倒すしかないのと同じで、男は結局今の支配構造を維持して利益を得続けたいし、女性蔑視的価値観に完全に染まりきってる。男女闘争で男を倒して女性だけで社会のことを決めれるようにして一度この構造価値観を根絶しなきゃいつまで立っても「男女平等」なんかにはなりはしない

男やそれのご機嫌取りで利益を得てる名誉男性は、男女の矛盾対立支配構造を覆い隠して男女仲良くしてもらわないと困るだろうけど、逆にフェミニストはその男女の矛盾対立支配構造を徹底的に暴露して煽ることで「男女を仲良く」なんていう策略を打ち砕く

一時的プロレタリアート独裁があるように、まず男性を今まで女性に加害することで得たあらゆる地位から排除して、女性独裁の間にフェミニズムに基づいた女性のための社会を作る必要がある

教育や旧来の家父長制的価値観セクハラ思考を与える習慣、表現排除してまともなオスの子供が育ったあとなら、「男女平等で仲良く」やれるかもしれないけどな



労働者資本家だったら数の多い労働者が勝つかもしれんけど男女で争ったら負けるわけないし

後々反フェミ認定されて粛清強制収容所で再教育とかされるぐらいなら確かに男女仲良くとか生ぬるいこと言ってないでさっさと争って終わらせたほうがいいな

anond:20191104200006

2019-09-10

教育委員会は嘘つき」か?

また一人が自殺という傷ましい結果に向かう出来事があった。その発端に「いじめ」があったことは、おおむね事実と考えたい。その上で、各社が見出しにしているこの文言、そして取扱方は全くフェアではなく、ハッキリ言って問題解決には何の役にも立たないどころか有害であると私は思う。

まず、記事引用

教育委員会は大ウソつき” 15歳男子生徒が自殺 埼玉 川口2019年9月9日 18時16分:NHKニュース

埼玉川口市の中学校に通っていた当時いじめを受けたとして、自殺未遂を繰り返していた15歳の男子生徒が、8日、自殺したことが分かりました。いじめについては、市の教育委員会調査を進めていましたが、生徒の部屋には、「教育委員会は大ウソつき」などと書かれたノートが残されていたということです。

関係者によりますと、8日の未明埼玉川口市の小松田辰乃輔さん(15)が市内のマンション敷地内で死亡しているのが見つかり、屋上から飛び降りたとみられるということです。

小松田さんは中学1年生だった3年前、部活動の先輩や同級生から悪口や仲間はずれなどのいじめを受けたと訴えましたが、学校対応失望し、自殺未遂を3回繰り返したということです。

その後、おととし11月になって、市の教育委員会第三者委員会を設置し、いじめ調査を進めていました。

中学校卒業した小松田さんは別の学校に通っていたということです。

自殺したあと、小松田さんの部屋から見つかったノートには、「教育委員会は大ウソつき。いじめた人を守ってウソばかりつかせる」と、教育委員会対応批判する内容が書かれていたということです。

川口教育委員会指導課の三浦伸之課長は、「本人への聞き取り要望していたが、話せる状況にないということで実現していませんでした。教育委員会への不信感を訴えて自殺したことを重く受け止め、対応問題がなかったか確認したい」と話しています

教育委員会は大ウソつき」

小松田辰乃輔さん(15)の自宅の部屋には、市の教育委員会対応への批判が書かれたノートが残されていました。

ノートには、「教育委員会は、大ウソつき。いじめた人を守ってウソばかりつかせる。いじめられたぼくがなぜこんなにもくるしまなきゃいけない。ぼくは、なんのためにいきているのか分らなくなった。ぼくをいじめた人は、守ってていじめられたぼくは、誰にも守ってくれない。くるしいくるしいくるしいくるしいつらいつらい。ぼくの味方は、家ぞくだけ。くるしいつらい」と書かれていました。



そう考える理由

まず、この生徒と教育委員会は直接面談できていない。

課長「本人への聞き取り要望していたが、話せる状況にないということで実現していませんでした」

どんないじめ事件であっても、片側の言い分だけで解決することは難しい。周囲から意見も、バイアスがかかるので参考程度にしかならない。あくまで「本人」から聞き取り必須の要素である。もちろん、保護者はしばしばそう考えない。それは「ウチの子が嘘を言うわけはない。それはずっと育ててきた私たちには分かる。この子には問題などない。実際いままでは問題なかった。なのに今この子がこんなに苦しんでいるからには、周囲に問題があるはずだ。」と、そう考えるからだ。

だが、教職員、あるいは教職員出身教育委員会事務局関係者はそうは考えない。どんな子も状況次第で嘘をつく可能性はある。その子をずっと育ててきてはいないとしても、何十年にわたって同年代の子供を千人以上見てきた経験からそれは言える。問題の無い子などいないし我が子を過信しない親というのもまずいない。これまで他との関係性の中では起きなかった本人自身問題が、別な関係性の中で発現することも充分あり得る。場合によっては、そのことを直視自己問題(それは保護者との関係性の問題である場合もある)に気づくことが本人の成長に必要なことさえある。だから、苦しんでいること自体はその子の非責任性(その子責任がないこと)の証明にはならないし、いずれにせよ、周囲に問題あるかないかも含めて本人への聞き取り必須だ、と考える。教育職のプロフェッショナルなら、誰しもそう考える。

そして、それを阻害していたのがおそらく保護者だ。

本人「ぼくの味方は、家ぞくだけ。」

この家族は、生徒本人に「味方」と認識されていたとのことだ。それ自体は間違っていない。結果として防げなかったとしても、味方がいると信じさせることが命を救うこともある。だが、「生徒から味方と認識されること」は重要だが、それは「自分たち以外の全てが敵だと認識させること」とイコールであってはならない。家族は、問題を適切に解決に導けるよう、教育委員会と協力して問題にあたることが必要であり、可能なら、自分たち利益に沿って動いてくれると信じられる適切な第三者(たとえば代理人としての弁護士)をたてて交渉した方がよかった。教育委員会立場上、加害者とされる生徒も含めて「両者の利益を最大化するように」動くのは当然であって、何ら問題ではない。教育委員会が、真理を解き明かす(捜査能力のある)機関でもなければ、罰を下す(司法機関でもなく、教育を通して社会全体の益を最大化するための機関である以上、それは当然のことだ。そのためには、当然「いじめた側」の話を聞き取る必要もある。当然ながら、それはあくまで「片側」の聞き取りに過ぎないから、話半分にしか聞かないし、「いじめられた側」に「~と言っているがどうですか」と聞くのは、単に双方に対する事実確認以上のなにものでもない。にも関わらず、

いじめた人を守ってウソばかりつかせる。

というような受け取り方をされるのはどういうことか。生徒本人と会えていない以上、これは、保護者がそういう伝え方をしたと考えるしかないわけだが、「いじめた側」の言い分を聞くことが「相手に味方することであり利敵行為だ」と捉えるような見方保護者がしていたのでは、事態解決に向けた健全な協力関係を作っていくこと自体が難しい。

そのような状況で、教育委員会への不信を連ねた(極めて一方的な言い分を)書き連ねた遺書見出しに掲げることに、一体どのような意味があるだろうか? 上記を踏まえれば、教育委員会が「嘘をつかせた」というのは明らかにおかしい上に、教育委員会はそんな嘘をそもそも「信じていない」可能性の方が高いだろう。問題は、あくまでそのような状況における教育委員会家族の協力を台無しにさせたそのような敵対的関係であり、ではそのような敵対的関係を作り上げたのは何かと言えば、このように不安を煽るマスコミセンセーショナリズムがその一因ではないのか。

もちろん、教育委員会の極めて「お役所対応」が保護者の不信感を買うことも、事態の一つの側面ではあろう。その点については、できることは重々反省した方がいい。しかし、この件で教育委員会対応に特段の問題があったようには自分は感じない。強いて言えば、なんとか家族を説得して、生徒本人と経験豊富指導主事なりが対話できればよかったが…という位だ(それができなかったからこうなったのだが)。それができたら生徒は死ななかったのか、と言われれば、私は「おそらく死ななかった」と答えよう。直接会えば、生徒も「教育委員会の人も敵ではない」ということを理解できた可能性はあるからだ。教育委員会の人も「僕を守る人」だということを理解できたかもしれないからだ。これは、家族批判しているのではない(そんな死体蹴りがしたいのではない)。家族(と本人?)をここまで頑なにさせてしまったのは何か、という話だ。

ぼくをいじめた人は、守ってていじめられたぼくは、誰にも守ってくれない。

そう思わせたのは何なのか? 学校教育委員会が100%悪? それでいいのか?

そもそも自殺した」ことをもって、その人を全肯定する理由とはならない。たとえばマスコミは、この生徒の「いじめられた」という主張が実はいくらか大げさであり、周囲の生徒から困惑コメントに対して「あいつらは嘘をついている」と意地を張りたい生徒があてつけで自殺未遂を繰り返した、みたいなケースについては想定したのか。そのような場合であっても、同じような見出しを付けて教育委員会問題を指摘するのが適切な報道と考えるのか。いずれにせよ私は、このような形で自殺した生徒について大げさな報道を繰り返すのは、そしてその後についてはまともな調査報道もしないというのは、ただのセンセーショナリズムでありゴシップ誌の発想でしかなく間違ってもジャーナリズムではないと考える。


事実というのは、そんな単純に善悪を切り分けで説明できるものではない。少なくとも、このような事件に絡んで「教育委員会が悪いから生徒が死んだ」という極めて単純なストーリーしか描けないとしたら(言い換えれば「教育委員会を罰すれば問題解決する!」とか思うのは)、それは単純な正義感を振りかざす危険人物であり報道だと思う。

2019-08-09

対戦ゲームやってると台湾人が優しくて知的とか嘘じゃんってなる。利敵行為やしつこい煽りするのだいたい台湾人。ちな中国台湾サーバーわけられてるゲームから台湾人だと分かる。

2019-08-06

ネトウヨネトウヨだがブサヨも狂ってるなあ

>ところで山田太郎、もうオタクコンテンツ表現規制から守るのにも殆ど役に立たないだろうことを、前もって記しておく。

>今回完全に腰抜けで、気持ち的なものだけ書いて逃げたことは自民党議員は見ている。今回できないことは次回もできない。

>53万の戦闘力(票)は見事、表現規制側のパワーに変わった。

https://twitter.com/micha_soso/status/1158117265558011904

すげーな。

津田大介氏の安い挑発に乗って、それこそ山田太郎氏に愛国だのと難癖をつけて、各地を炎上させつつ、例の市長と一緒にイベントを中止させて、津田大介氏やブサヨが利する、ある種の利敵行為を行ったネトウヨネトウヨだけど、ブサヨブサヨで狂っているのはこのツイートをみていたら良く判るわ。

どうやら津田大介氏の表現の自由自爆テロ行為しか思えない、イベントに対して、何もしなかった事が余程気に食わなかったみたいだ。

山田太郎から下手な言質が取れなかった事に対しても余程悔しかったのもあるのかもしれない。

そもそも山田太郎氏が支持されたのは児童ポルノ禁止法や都条例著作権問題TPP等の問題で実際動いた実績が評価されての事なんだけどね。

彼、落選中も動いていたからね、本当にその点は評価するよ。

普通落選中まで動く人間なんてまずいない。

それと主に漫画アニメ好きのオタク同人界隈の人間からの支持であって、今回騒いでいるような人間の支持ではないんだよ。

ようは当時、票にならないと切り捨てられていたオタクの皆様って言う意味ね。

それにどうみても今回の津田大介氏の表現の自由自爆テロとも言える行為は下手に動いたら、それこそ火の粉が規制反対界隈自体に飛んできて、余計に状況を不味くする危険晒す事に繋がるのは目に見えていたし、津田大介氏は山田太郎氏みたいな表現の自由を守る人間は中止にさせる事をしてはならないと言うしかない事を判っていて、あのようなイベントをこのタイミングで悪意をもってやらかしたのは津田大介氏の今回の声明をみたら判る事だしな。

津田大介氏に関しては今回余りにも手口が悪質すぎるよ。

そもそもこの件、山田太郎氏はコメをしただけで直接かかわってすらいないのにな。

本当こいつらブサヨの狂いっぷりが良く判る。

不注意に安い挑発に乗って、イベントを中止させたネトウヨはそりゃ悪いけど、一番悪いのはリスクを判った上でこんなトンでもないイベントやらかし津田大介氏及びブサヨだよ。

ネトウヨも中止なんかさせずにどうせならこの後、ポリコレに消された表現の自由展とか言うカウンターでも仕掛ければよかったのにと思う。

それこそ蘇民祭のあのポスターとか展示してさ。

それとこいつの垢見ていたら、ゲイとか山本太郎とかれいわとか書いているし、どうせこいつも普段ポリコレ棒振り回す様な人間なんだろうなあと思う。

どう見ても山田太郎投票するような人種ではない。

どうせこんなのが、普段彼等はエロコンテンツしか動かないだのどうのこうの言っているdisキャン張っている様な人間なんだろうなと思う。

この手の奴らが早速調子乗りだしたので頭が痛くなるね。

しかしこう言うのを見ると野党から表現規制に反対する人間が離れて、山田太郎についたのも逆に判る様な気もするよ。

当時、オタクは票にならないと言われていたし、今回は票になったのもあるから、それが余程悔しいのもあるのかもしれないね

ネトウヨネトウヨならブサヨブサヨだわと心の底から思わされる。

流石に今回の騒動はこんなキチガイしか言い様がないネトウヨブサヨから粘着された山田太郎氏には同情するよ。

山田太郎自体政策個人的には合わない点もあるけど、この一連の騒動を見ていて、こいつらにどうこう言われる筋合いはないと思うからな。

本当、右も左もどっちも思想の偏った連中は表現の自由とか実際、大嫌いなんだろうなとこの一件を見ていて思う。

2019-07-23

anond:20190723200441

利敵行為やめろってはっきり言えばいいけど現地で食糧調達したらいいじゃないと考える人間は歴史でもフィクションでも枚挙にいとまはない

それでうまくいくこともあるから恐ろしい

2018-10-30

[]劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~

劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでネタバレ嫌な人は回避推奨です。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向け。

総評

なんと100点。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」。とは言え、これ、評価難しい。良いところと悪いところと混在しつつ、今の自分からこの点数なんだけど、ちょっと違う自分だったらこの点数は著しく下がっていたんじゃないかと思う。いつにもまして主観的な点数であり他の人におすすめする自信がない。

アニメとしての出来は良かった。演出音楽なんかも水準以上の仕事をしてたんだけど、キャラデザ脚本声優の3点がそれ以上の出来だった。しかそもそも企画で疑問な点も多々ある。

無茶ぶり企画

大体の話原作マンガはいからさんが通るからして相当ボリュームが大きい作品なのだTVアニメ42話やっても完結できてないのがその証拠で、その原作を100分ちょいx2の前後編にまとめるということが最初から無理難題

から素直に作れば駆け足どころかダイジェスト気味になり、点数なんて30点前後になるのが当たり前だと思うのだ。今回の劇場版は、その問題に対して、脚本とか演出技術とかをぶっこんで善戦してたことは確かなんだけど、それってつまり「ハンデを克服するための戦力投入」に他ならないわけで、100点から先に積み上げていく役に立ったかと言えば難しい。

原作ジャンルは一応ラブコメということになると思うのだけど、原作はいからさんが通る』には実は様々な要素が詰め込まれている。主人公紅緒と伊集院少尉の間のラブロマンスを中心としつつも、大正期うんちくマンガの側面、スラップスティックギャグの要素、膨大な登場人物群像劇、そして女性の自立というテーマももちろん重い。

今回の映画企画では、これを前後編で本当にうまくまとめてある。駆け足感は否めないもの違和感は感じない。このへん優れた原作映画脚本の特徴でもあって、印象は原作に忠実なものの、実を言えば改変は結構大胆にはいってる。

今回映画で例を上げれば、大震災後の炎上する廃墟をさまようのは映画では紅緒、少尉編集長という3人なのだが、原作ではさらに鬼島を入れた四人だ。三角関係描写とその解消をクライマックスの中心に持ってくる構成シンプルに伝えるため、鬼島は退場させてあり当然セリフ再構成圧縮されている。

しかし一方でそういう技術的な圧縮だけでは全く追いつかないわけで、群像劇的なキャラクターを絞り、ギャグパートほとんど捨て去って、映画で残すのは「主人公紅緒を中心とした(はっきり言っちゃえば伊集院少尉と青江編集長との三角関係ラブロマンス」と「大正ロマン期の女性の自立」というふたつの大きなテーマに絞った。その判断は正解だと思う。

正解だと思うんだけど、じゃあそのふたつが現代的な視点で見て満足な出来に達しているかといえば――この部分が評価に迷った原因だ。

ダメピープルどもと光のプラスワン

はいからさんが通る』の原作からそうなので、映画(だけ)の問題点というわけではないのだけれど、個人的見解で言うと登場人物のメインどころのうち三人がダメピープルだ。

初っ端から大戦犯のラリサ=ミハイロフ。ロシア貴族である彼女は、満州出征中に部下を救うために突出して倒れた伊集院少尉を見つけ、その命を救う。しか戦争の傷跡で記憶を失った伊集院少尉に、自分旦那(死亡済み)の面影見出し、都合よく嘘記憶刷り込みして、自分の夫として病気自分の世話をさせるのだった。

いやあ、ないでしょ。どんだけよ。しかも病弱な自分を盾にして伊集院記憶を取り戻したあとも関係強要するのだ。クズでしょ(言った)。一応言葉丸めダメピープル(女性なのでダメンズではない)と呼んでおく。

じゃあ、そのラリサの嘘の被害者たる伊集院少尉主人公紅緒の想い人)はどうなのかと言えば、彼もまたダメピープルなのだった。記憶を失っていた間はまあいいとしても、記憶を取り戻し紅緒と再会したあとも、病弱なラリサの面倒を見るために彼女のもとにとどまり続ける。命の恩人だと言えばそりゃそうなのかもしれないが、周囲の誤解をとくでもなく、未来への展望を示すのでもなく、状況に流されて、紅緒のことが大好きなくせに「他の女性を偽りとはいえ面倒見ている関係」を続ける。続けた上でそれに罪悪感を覚えて、紅緒から身を引こうとする。

それだけなら海底二千マイルゆずってもいいけれど、ラリサが死んだあとは紅緒のもとに駆けつけるあたり、手のひら返し恥知らずと言われても仕方ない罪人である(言った)。っていうか伊集院少尉ラリサ関係は明らかに共依存でしょ。カウンセリング必要だよ。

とはいえ主人公紅緒もけして潔白とはいえない。病気ラリサに遠慮をして、二人の間の愛情を誤解して別れを告げられ、告げたあと、心がフラフラしている時期に、少尉実家を助けてくれた編集長にほだされて交際宣言。他の男性伊集院少尉のこと)を心に宿したまま、編集長結婚式まで行ってしまう。それは伊集院少尉に対してもそうだけど、青江編集長に対してはより罪深い。その嘘はやっぱり問題だと言わざるをえない。

――こういう恋のダメピープルトライアングルが炸裂して、映画の前半は結構ストレスが溜まった(この辺個人差はあると思う)。このダメピープル共が。問題解決しろ

まり北川悦吏子なのだ

両思い恋人がいい雰囲気になって決定的にくっつきかけたところで、理不尽トラブルが起こり二人は引き裂かれる! どうなっちゃうの二人!? 以下次週!! で、次週になってトラブルを乗り越えて、またいい雰囲気になると今度は二人が(独りよがりの)善意から身を引くとか、ずっとお幸せにとかいい出して、誤解のすれ違い。神の見えざる手によってやっぱり二人は結ばれない!

連続ドラマのアレ。アレなのですよ(机バンバン

北川悦吏子だ!」といったけどそれは北川悦吏子女史の発明品というわけではなく、自分の中での代名詞彼女だと言うだけなのだけど。もっと言うのならば、年代的にみても北川悦吏子が『はいからさんが通る』やら『キャンディ・キャンディ』に影響を受けた可能性は高く、むしろ原点はこちらだ。イライラは軽減されないが。

そんなイライララブロマンス時空において癒やしは青江編集長である

光のプラスワンこと青江冬星はまっとうで良い人なのだ。登場時は女性アレルギー(と大正時代的な女性蔑視)があったものの、雇用主として新人編集者である主人公紅緒を導き、支え続ける。その人柄に触れて、紅緒に対する愛情自覚したなら、変にこじれぬように即座に自分の口から誤解の余地のない告白を行う。これ以上イライララブロマの炎症を防ぐその手腕。良いね

しかも「お前の心に伊集院がいるうちは土足で踏み込まない」「いつかその気になったとき思い出してくれれば良い」といって加護者の立場に戻る。見返りを求めず、高潔で、慈悲深い。癒やしのキャラだ。

読めば分かる通り自分編集長推し原作当時からだ)なので、そのへんは差し引いてほしいのだが、ダメピープルの中にあった彼が一服の清涼剤であったのは確かなのだ

この映画のおそらく二大テーマである「紅緒を中心としたラブロマンス」はダメ人間もの間違った自己犠牲イライラするし(加えて言えば、何の罪科もない編集長貧乏くじも納得し難いし)、「大正ロマン期の女性の自立」については、無邪気と言えば聞こえはいいが無軌道体当たり主義の紅緒の迷惑編集長が尻拭いし続けるという構造なので、本当に自立しているのか怪しく、どっちもそういう意味ではスカッとしない。

まりこの映画は(原作込みで)イライラする。

60点。レビュー終わり。解散!!

大正東京の迷い子

でも、そうじゃないのだ。そうじゃなかったのだ。

上映終了後、イライラ&60点だと思っていたら、意外なことに結構穏やかな満足感があったのだ。この気持ちはなんだろう? 不思議気持ちで、言語化時間がかかった。

なぜなのか考えた。

紅緒が可愛いあんだけダメな娘なのに、可愛い

やったことや構造を追いかけていく限りイライラキャラではあるはずなのに、可愛い

やばいことに原作よりも可愛い

現代的に変更したキャラクターデザインと、作画と、なによりその声が印象的なのだ

作中、紅緒は本当によく「少尉」という言葉を口にする。二言目にはそれだ。

このおてんば娘は作中のセリフの大半が「少尉!」なくらい連呼なのである伊集院少尉のいるシーンでは脳内その声でいっぱいなのだ。声の表情というか、演技が本当に良かった。

少尉の事で頭がいっぱいで、東京から満州に行き、馬賊親玉体当たりで話を聞き、少尉を探して駆け巡る。東京に戻ったあとも諦めきれず、その面影を探して、亡命ロシア貴族にまで突撃を掛ける。紅緒は、たしかに、周囲を顧みない行動主義で、無鉄砲なおてんば娘で、そこにはイライラさせられる要素があるにせよ、少尉を求めてさまよう姿は、涙を一杯にたたえた幼子のように見える。

それでようやくわかったのだけれど、結局紅緒は子供だったのだ。

少なくともこの劇場版後編において、紅緒は迷子の子供だった。

愛する伊集院少尉とはぐれて、彼を探すために声の限りにその名を呼ぶ子供だった。

それが胸を打ったし魅力的だった。スクリーンこちから彼女を助けたいと思った。

劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』は迷子の紅緒をハラハラキドキしながら見守り、応援する映画なのだ

大正ロマン期の女性の自立」というテーマに対してイライラするのも当たり前だ。彼女は行動力だけは溢れていて、家を出てしまうわ、死んだ(と思いこんでいた)婚約者実家に行って支える手伝いをするわ、女性ながら出版社就職するわするのだが、どれも力が足りずに周囲に迷惑を掛けてばかりで、そういう意味では「自立」はしきれていない。むしろトラブルメーカーだ。でもそんなのは子供から当たり前なのだ

彼女はその実力不足から失敗してしまうけれど、チャレンジをするのだ。失敗はチャレンジの結果であり、チャレンジをするという一点で彼女の幼さは正しい。

前述したとおり自分推しは青江編集長なのだけれど、彼は作中、何らミスらしきことをしていない。つまり罪がない。罪がない彼が、恋愛において自分の望んだ愛を手に入れられない(紅緒は最終的に伊集院少尉とくっつく)のが納得がいかなかった。その理不尽さにたいして原作読了時は腹がたったのだけれど、今回映画を見終わってしばらく考えたあと、仕方ないのかもと、やっと思うことができた。

なぜなら紅緒は(この映画物語の期間では)未熟な子供からだ。その子である紅緒が、青江編集長という加護者とくっついてしまうと、その保護力のお陰で自立できない。青江編集長は全く悪意はなく、むしろ大きな愛情で紅緒を守るだろうし、その実力がある人だろうけれど、その愛情は空を羽ばたく紅緒にとっては重すぎる。

はいからさんが通る』は紅緒が自立していく物語ではなくて、未熟な子供である紅緒が、自立のスタートラインに立つまでの物語なのだ。だから作中で自立してないのは当たり前なのだ

無鉄砲子供で、何かあればすぐべそべそと泣き、でも次の瞬間笑顔で立ち上がり再び駆け出す紅緒は、この映画の中でとても可愛らしく魅力的だった。

その紅緒は自分の心に嘘をつくという罪を犯し、同じく自分の心に嘘をつくという罪を犯した伊集院少尉と結ばれる。伊集院少尉少女漫画約束として「頼りになる加護者」として登場したが、罪を犯して紅緒と同じ未熟者のレイヤーに降りてきた。降りてきたからこそ「これから自立するいまは不完全な紅緒の同志」としての資格を得た。

青江編集長は同志ではなくてやはり保護者だから、どんなに良い人でも、「これから一緒に成長していく同志」にはなれない。

考えてみれば、紅緒が少尉を好きになった理由は「優しい目で見てくれたから」だった。けっして「助けてくれたから」ではない。彼女にとって助けてくれる(実利)は重要ではなく、ただ単にそのとき自分を見ていてくれれば十分だったのだ。

そういう意味で、青江編集長スパダリであり、伊集院少尉スパダリから降りて結婚相手になったといえる。宮野Win。「立川オワタぁ!」とか「ちゃんちゃんちゃんちゃんか♪」とか言い出さないんで、格好いい主要キャラみたいな演技だったからな。

顔を上げて光に向かって

そういうふうに言語化が落ち着くに連れて、紅緒の親友・環がしみじみと良かったな。と思えた。

「殿方に選ぶのではなく自らが殿方を選ぶ女になるのですわ!」と女学生時代気炎を上げていた彼女大正デモクラシーにおいて「女性の自立」を掲げて紅緒とともに時を過ごした親友である彼女

でも、彼女と紅緒の間にあるのは思想共鳴なんかではなかったと思う。

女性の自立」と言葉にしてしまえばそれはどうしてもイデオロギー的な色彩を帯びざるをえないけれど、本作においてそれは、そこまで頭でっかち教条的ものでもなかったのだろう。

劇場版サブタイトル元ネタはおそらく菊池寛短編小説「花の東京から来ているのだろうけれど、そこで描かれた女性(の自立と言っていいのかなあ)も、現代フェミニズム的な意味でのそれではなかった。どちらかと言えば「どんな環境でもめげずに生き抜いてゆく」という、ただそれだけのことだった。

それはもしかしたら、現代価値観ではむしろ非難される態度かもしれない。なぜなら、男性支配的な社会で「めげずに生きる」というのは、ときその男支配社会迎合しているようにも見えて、原理主義者には利敵行為とされるかもしれないからだ。

でも人間は結局与えられた環境ベストを尽くすしか無い。まだまだ男権社会的な大正社会も、作中クライマックスで描かれる関東大震災崩壊した東京も「与えられた環境」だ。

その与えられた環境の中で酔っ払って肩を組み、愚痴を言い合いながらも諦めずに笑い合う同志として、紅緒と環のコンビ尊い

ことによると、紅緒と伊集院少尉のそれよりも確かな絆があったのではなかろうか?

いつどんなときでも、どんな環境でも、うつむかず、意気軒昂と拳を突き上げて、笑顔で生きていこう! 女学生時代無鉄砲友情のそのままに、二人は大正という時代自分人生を描いた。

女性の自立」と主語をおけば、それは成功したり失敗したりしてしまう。でも彼女たちが持っていたのは、成功したり失敗したりするようなものではない。どんな環境でもくじけうず、へこたれず、転んでも立ち上がって歌を歌いだす。それはイデオロギーではなく心意気の問題なのだ彼女たち二人のあいだにあったのはモダンガールとして時代を先駆ける思想などではない。ただ単に、お互いがかけがえのない友達で、楽しかったのだ。

女の子は元気よく未来に向かって生きる!」。紅緒が愛しく思えたのは、多分その一点だったし、伊集院少尉彼女を愛したのもその一点だった。本作では描写が欠如していた伊集院少尉も、そのテーマに沿うなら、大震災後の東京意気軒昂未来をつくるべきだ。紅緒同様「未熟者の仲間」になった彼はそれが出来るし、その義務もある(でないと編集長はほんとうの意味道化者になってしまう)。

原作を読んだ学生時代には持てなかった視点をみせてくれた。その意味合いにおいてこの映画には100点をつけたく思う。

2018-09-30

anond:20180930120313

芸能人韓国でこんな発言をしてる日本からせとか

日本活動してる奴が日本領土を侵す発言をしたら非難されて当然でしょ?

ネットオタクを貶した人を特定炎上させて企業潰すとか

で、どの企業がつぶれたの?実例は?

韓国ドラマを流してるってだけで何故か花王不買抗議デモとか

日本領土を侵す敵国を儲けさせる利敵行為非難されるのは当然でしょ?

自分達が殴る時だけは、相手が抗議してきたら表現の自由弾圧だー!!黙って殴られてないLGBTは酷いって大騒ぎしてるけど

相手発言切り貼りしたり言ってもないことを取り上げ、論でなく暴言集団での恫喝器物損壊をするのは「抗議」の範疇を超えてる。

2018-09-21

anond:20180921101627

まぁ今はセンシティブ問題へ対して「興味ない」と言ったら「利敵行為」だと騒ぐ利害関係至上主義みたいな連中が多いから難しい問題ではある

利害関係のみによらない社会運動への解は全く思い付かないけど、元増田が言うような社会運動になっていけたら良いとは確信するなぁ

2018-07-19

あたしの名前リリアン

~かしらとつける男性名前だけを見て、最近ここ三か月くらい遊んでるチャットベース人狼ゲームで演じている

リリアンという紫髪のオネェっぽいキャラを思い出したので知見を書いておく。

リリアン出会う前にショーンエリックミカミカ(いずれもキャラクターの名前)と渡り歩き、

時にはリア狂(リアル狂人=利敵行為を働いたり部屋のメンバ多数派の総意に従わない人間)と叩かれていたあたし。

しかし、リリアンになりきることで勝率も上がり、GoodGameが増えたなと思うことが増えた。

これはそのリリアンになりきるための施策である

  

リリアンであるために

  

■語尾に♡(ハートマーク)をつける

リリアンリリアンな最たる理由はこれ。ほかのキャラが使ってもいいですが、一番似合っているのはリリアンです。

 3行跨げば長いと大体言われるゲームにあって♡は一つだけで返信にもログ稼ぎにも使える優れもの

 感極まったら村ナイスね♡♡♡♡♡‼‼とハートを連打しましょう。

 ♡が文字化けする(iPhoneユーザAndroidが混ざっていると起きる)、♡がしつこいというユーザがいたら

 「ハートを盗られたリリィはただのオカマよぉぉぉ!!...でもごめんね」と断って使用を控えましょう。

 ♡がめんどいというリリアンにも会ったことがありますが、そんなあなたゲイル(映画ハンクに似た感じの化物風キャラ)を使えばいいじゃない♡ 

 

■ メンバの名前を必ず愛称で呼ぶ

あなたは墓Barの店主です。なりがちです。だから常連客になりそうな村皆様には感謝と親しみを込めて普段から愛称で呼びましょう。

 一例) ジェシカジェシー♡, ミカミカミカショーンショーンたん♡

リリアンを嫌いな女の子はいません!

...距離をつめる材料は大きな力になります野郎はわからないわ ♡

  

雑談に ┌(┌^o^)┐な話をひとつは混ぜる

⇒進行が村目で疑われていたり、逆に独善的でやりづらさを感じたときはこの手で撹乱しましょう。

「この進行、勝手デート先決める彼氏みたいで辛いね ♡」

グレーの村にキッズがいれば、リリアン彼氏いるの?と勝手に食いついてきます

イケメン芸能人名前リアタイで五人くらい追っておくと墓場でのピロートークも盛り上がります

ゲームの主年齢層が自分と一回り離れているので、話題作りにもなります

ただし、あたしのようにガチムチ系がほんとは好みでも出すのは止めましょう。

リリアンを嫌いな女の子はいません!!

...でもあなたの考える等身大リリアン女の子が考えるリリアンが重なることは決してないから注意するのよ ♡

 

 

比較女の子が多いゲームなので部屋によっては問題なくプレーできますが、LGBTの世相を反映するように男性リリアンに対する当たりは個人差が非常に激しいです。

したがって、このオカマヘイトを向けてくるキャラがいたら、吊るないし嚙みにより居心地のいい環境を作るのは非常に重要です。

逆に、ローラジェシー中の人女性だったの時の、初期好感度ステータスは、平均して80%を超えています。いまだに理由がわかりません。

リリアンだー♡と言ってきた彼女たちの言動に注意しましょう。うまくいけば無条件にあなたの味方になってくれるでしょう。

進行で吊る人を決めたときに、「遺言聞くけど、ラーメンって何味が好きかしらん?♡」みたいな雑談が許される雰囲気リリアンの強みです。

吊る人が付き合ってくれると、その人の色が白でも黒でも次の日に非常に良い雰囲気にもっていきやすいです。

 

それでは良い人狼ライフを村の皆様よろしくかしらん♡

 

2018-05-30

ごはん論法だって

馬鹿じゃねーの正面から素直になんか聞いてはい僕が悪い事してましたなんて言う奴政治家にいるわけねーだろ

嘘がつけない状態にしてはぐらかしもできない状態にして、そのうえで聞いたって黙るだけだろ

昼メロの浮気問い詰めだってもっと手際がいいぞ。サスペンス劇場素人探偵以下の問い詰め方延々聞かされる身にもなってみろっつーの

おまえらあれだろ、アベと戦うふりしてアベの味方してんだろ?時間稼ぎずっとするとなんかもらえるんだろ?そうじゃなきゃ利敵行為だな。無能シベリア送りだな。

2018-04-27

anond:20180427103904

相手に恐怖を与えない小競り合いで逮捕されてるから

これは利敵行為です

女性団体バイト代を男に渡して自演してんじゃないかと疑うレベル

anond:20180427091215

女性専用車両差別という「暴力」だが、物理的な「暴力」に訴えてはそれ以下に落ちる。

暴力は良くない。

この手の議論で不利になっただけで利敵行為じゃん

これも間違いない。

特に差別主義者は感情に訴えるから

女性専用車両の中で暴力意味がわからない

テロレベルのことかと期待したら何か3里小西みたいな思い切り接近したら手が当たる事を期待するたぐいのイザコザかよ

つまんねえの

この手の議論で不利になっただけで利敵行為じゃん

2018-04-04

京都大学軍事研究禁止方針欺瞞

方針の内容を読んでみると、もっともらしいことが書いてあるけど、今までの京都大学の本性を知っている人間としては、こんなもの偽善だ。

京都大学が「サヨク」の巣窟であることは、日本人であれば誰でも知っている。

要するに、日本国益に利することになる軍事研究大学機関自らが禁止することによって、日本国益を害する利敵行為に過ぎない。

日本にはスパイ防止法が無いので、中国共産党北朝鮮労働党スパイ検挙することができないからね(別に京都大学スパイだとは言っていない)。

2017-12-10

味方の邪魔になるから黙ってる

俺、表現規制に関してかなりの過激派

でも、明らかに自分存在利敵行為から、黙ってる。内心だけは自由だしな。リアル実名空間では絶対に言わない。

俺の主張は、ゾーニングしてはいけない、見たくない権利というのを許してはいけないというものである

なにか存在するものを見たくない、都合の良いものごとだけ見ていたいという考え方が、大日本帝国戦争に走らせ、多数の働き手を戦争で、戦闘ですらない餓死で失うことになった。

大本営発表で都合の良いことだけ景気よく流すようになったのも、もとはといえば純潔教育やらの言論規制から矯風会あたりへ行きつく。

絶対に許してはいけない。

まあそんなわけで(飛躍)街頭にホモビデオやらレズビデオやらアダルトビデオやらをモザイクなしで流し放題できるよう法改正すべき。

と思ってるから、じっと黙ってる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん