2014年11月20日の日記

2014-11-20

http://anond.hatelabo.jp/20141120234137

元増田は何歳?

年収とかどれくらい?

から取られるって具体的には誰にいくら?親の介護彼女のおねだり?

lollipopがきた!

Nexus5に今日アップデートされました!!!

メニュー新通知新カレンダー時計

ヌルヌルアニメーション! 

テンション上がる!

軽い!

lollipopペロペロ!

http://anond.hatelabo.jp/20141120224246

恋愛(交際)は特別感情から”と考えるから、こういうのは分かりにくいんじゃないかな。

から、同じ感情のぶつけ合いである“怒り”で例えて考えてみる。

いきなり知らない人、または、大して深い付き合いでもない人から喧嘩恋愛でいう告白)を吹っ掛けられたとする。

「おまえのことムカつくんだよ。俺と喧嘩しろや!」

恋愛だったら「あなたのことが好きです。僕と付き合ってください!」に該当)

普通に考えて、そのときの反応は「は?何で?」じゃないかな。

そのあとの「だから喧嘩しろや」にあっては、100歩譲って相手の気持ちを受け入れたとしても「こっちはあなたに大して深い気持ちはないのに、何で喧嘩しなくちゃならないの?」って思うんじゃないかな。

まり、交際であっても、喧嘩であっても、こっちが相手のことをいくらか思ってない状態では、なかなかできないものだと思うんだ。

この喧嘩での例えで「よっしゃ、おまえのこと何もしらんが、こっちも傷つく覚悟喧嘩してやらあ」ってふうにはならないと思うんだ。

子供学生時代なら、そのまま喧嘩買うかもしれないけど、大人になればなるほど、買わなくなるよね。

から、「まだ大して仲良くもない人から告白」は「まだ大して仲悪くもない相手から売られた喧嘩」と同じで「よっしゃ、やったるわ!(よっしゃ、付き合ったるわ)」にはならないと思う。

文章下手でごめなさい。

ポケモンサトシ

ポケモンサトシってなんでいつも「サトシ」って呼ばれてるんだろ。

「俺は、、サトシ君だーーーー! きやす呼び捨てにすんじゃねぇーー!」

でもさ、苗字がもし山田だったとしても、「ヤマダクーン」じゃなく

やっぱり「おい、山田!!」って言われるタイプだろ?

命令口調で喋る人

まれたり嫌われたりすることが多いので敏感なんだけど

なんでいつもそんなに偉そうなんだろう、と思ってたら職場で苛められてた

苛められると漫画キャラ罵倒し始めるって行動に出るらしい…

ネットで洩らしたのが年下から罵倒だったんでもっと別のところに源泉があるらしい

ある日いきなり「お前はどうしてそこまで偉そうなんだ、何様だ!」と宣言した人は

どうもDV真っ最中らしい

ごめん…、確かに偉そうだったと思う、ただ、相手はプロ作品でさ…

確かに検索に引っ掛かったりしないように固有名詞伏せてた、ひょっとしたら貴方のことを

思わせるような言動になっていたかもしれない、でも、相手プロなんだけど…

プロへの批判してたら自分のことだと思った時点でどん引きだし違うとも言いにくいがな…

今も幸せな奥さま(はぁと やってるけど、夫への文句が少し前に消えたと思ったら

時々病院にいるようになってた…別にいいけどさ

他にも今視野にいる人がなにに対しても命令口調なんで、なんかあるのかなぁ、と思ってる

いや全く逆に命令口調だからそういう展開になるんだろうか…

職場無意識であの口調で喋ってるのも家庭ででもヤバいだろそりゃ…

命令口調の人ってそれ以外は媚び口調だし、当人は健気系のつもりなんだろうけど地雷

興味ないんだから指示してくるの止めような…

健気系の媚び女だから命令される相手が悪い的な目で見られるのウザいんだよ…

http://anond.hatelabo.jp/20141120221110

小説を読む時、単に 物語事実関係の把握するだけだから、何の感想も湧かないんじゃないかね。


大多数の人間は、気に入った小説を読む際に、感情移入という行為を行っている。

感情移入とは、 例えば、主人公が 特定の状況下である行動をした時に、

あぁ、やっぱりそうしちゃうよね。そうせざるを得ないよね。分かる分かる・・・

とか、

主人公がつらい思いをした時に、まるで自分の体験かのごとくに自分もつらくなる・・・

といった感じのものだ。

このような感情移入は、主人公と似た境遇にあるとか、似た体験がある、体験がなくても、性格が似ていて想像力で補える

場合に成立するそうだ。


一部の文芸人の場合は、小説日本語表現のものを堪能して読むという。

小説家は、状況や心理描写をする際に丁寧に言葉を選んで書いているので、

その言葉選びのセンス評価する。

あぁ、こんなステキ表現、とてもボクには思いつかないよ・・・

みたいにね。


どっちにしても、まずは読んでて楽しい小説出会わなければ、無理だから

いろんな小説を読んでみよう。エロでもよいし、コバルトでもラノベでもなんでもいい。

告白文化って素晴らしいよね

http://anond.hatelabo.jp/20141120221839

よく日本告白文化馬鹿にする自称恋愛上級者っているけど(下記リンク先みたいな)何もかもが不確かな恋愛関係の起点に確かなものをおける告白文化って素晴らしいと思う。

http://amarettotonic.hatenablog.com/entry/20140105/1388908133

http://anond.hatelabo.jp/20100212061531

http://anond.hatelabo.jp/20141120222110

ほんとによくいるんだよこういう人。

齊藤さんのゴリ押しで落ちる女の人っているの?

女々さんの晒し芸のお蔭で普段はブラックボックスな他の男性の対女性コミュニケーション垣間見れて興味深い。

http://mememememiti.hatenablog.com/entry/2014/11/20/061403

それで疑問なのだけれど、齊藤さんのこの口説き方ってどうなんだこれw

オチューンさんの方法はそれなりに洗練されたヤリ捨てメソッドだったと思う(女々さんじゃなければ確実に泣き寝入りしていた)けど、齊藤さんのこの(相手の状態を無視した)親身になってるアピールで急速にゴリ押ししていくメソッド有効なシーンってあるのだろうか。

彼は恋愛経験豊富みたいだけれど、それは彼の人間的魅力が為せるものであって、この口説き方自体はどんな人相手にもアウトって解釈で合ってるよね?

それとも「女の人はゴリ押しに弱い」みたいな話ってこのレベルゴリ押しも含まれるの?

困っちゃう

ちょっと英語上達しなくちゃいけなくて言語交換のサイト使いはじめたんだが、そんなかの一人の男性最近たまに会う。一週間に一回とか二週間に一回とか。お茶したり博物館行ったりとかする程度で夕飯をご一緒にしたことはない。

もちろんボディタッチとかもないし、仲良くお話してるだけ。

なんだが…

なんか最近相手が下心出してきた。最初からあったのかもわからん

欧米式の恋愛っつ―のは面倒で交際のお申し込みという儀式がない。ま、でも晩御飯を何回か一緒に食べたら恋人扱いみたいのはあるっぽいけども、そんなのなんか違ったらやじゃん。あと恋愛で郷に従うのはいやだ。お申込みされたい。くるかな、くるかなってドキドキしたいのになんか流れでーみたいな感じでお泊りとかちょーさいあくじゃないですか。やだやだ。そもそも家が遠いので一回晩御飯したら泊まるか危険な夜道を一人で歩くかのどちらかコースになるんだが、一回食事したら泊まるとか尻軽すぎでやじゃん!かと言って夜道を女一人で歩くとかさー危ないしさー勘弁して下さいよつったら機嫌悪くなって卑屈にになるしめんどくさすぎ。

あーもーほんとまじ外人恋愛めんどくせぇ

小説を読んでも何の感想も湧かない

小説を読んでも何の感想も湧いてこない。

ただ読み終わったという空っぽ読書体験が残るだけ。

どうしてなのかな?

読解力が足りないから

共感力が弱いから

想像力がないから

人生経験が少ないから

ブログ掲示板に長文の感想を書けるような人になりたいなあ。

http://anond.hatelabo.jp/20141120214850

社長キャパでは 5人が限界だったんだろう。

引き寄せの法則は、自身が成長しない限り、自分キャパを超えてまでは引き寄せられないそうだ。

http://anond.hatelabo.jp/20141120214850

お金で渡すとすぐ使ってしまうから

あのステーキ屋と同じじゃないか。

http://biz-journal.jp/2013/06/post_2315.html

「なぜ和孝君に休日を与えずに働かせているのか」。執行役員から問われたA氏は、「こいつは休みがあると無駄遣いするし、俺が鍛えてやっているんですよ」と答えたという。

http://anond.hatelabo.jp/20141120214306

平成米騒動ときもそうだった。米が自由化されると同時に日本中の店から米が消えた。表向きは冷夏による不作だった。

でも俺は知ってた。米はちゃんとあったんだよ。俺はこの目で見た。もっと焦らしてから出荷する予定の米の山を。そしてマスコミ総出で輸入米(特にタイ米バッシング

あれは国産米価値を高めるための作戦だったんだよな。

自己啓発とか引き寄せの法則とかが大好きな社長経営する会社に勤めてた。

年がら年中、絆とか、心とか、自分たち日本を良くする、とかそういう話ばかりしてた。

社長は、「主婦とか障碍者とか、そういった人たちが働きやす会社を作る。自分たちがそういう会社を作れば、地域のほかの会社追従してくるはずだ」っていつも熱く語ってた。

6年くらい勤めたけど。従業員10人以上にならない。多くても7,8人。

腰ぎんちゃくみたいな従業員が2人いて、それ以外はたいてい半年以内に辞めちゃう社長が少しでも気に入らない点を見つけると徹底的に潰すから自分は相当続いたほう。

社長が熱く語るたびに、キャー社長ステキー、自分たち社長の夢を実現するためにがんばりますー、なんて盛り上がってた。

自分にとっては些細なことで、ただ社長にとっては天地がひっくりかえるようなことを自分やらかして、退職に追い込まれた。

辞めるときに「お前のような条件の人間を雇ってくれる会社なんてないんだからな」って懇々と語られた。

自分も、社長の言うことはそのとおりだろうな、と思ってた。

けど、なんか、あっさり仕事就けた。地元ではトップクラスの規模の企業

働いてみたら、その会社すんごいたくさん人いるのね。当たり前だけど。

男性もいる、女性もいる、若い人も、年配の方も、健常者も、障碍者も。

半年以内で辞める人なんていない。何年も、何十年も勤め続けてる。

あ、なんだ。社長目標にしてた会社ってあんじゃん、って思った。

しかも、ツイてるとか、ありがとうとか、呪文のように唱えなくてもいい。

残業よりもツイてるツイてる、ありがとう感謝します、私は幸せです、と唱えているほうが辛かった。

転職できたのは前職でいろいろと経験させていただいたおかげだと思う。それはすごいありがたいと思う。

でも、お歳暮お中元を分けてもらったこととか、毎日3時のおやつがあったこととか(その分残業になる)、毎月行う飲み会(全員参加が必須)はすべて会社負担だったとか、

お金で渡すとすぐ使ってしまうからかい理由でやたら物をもらっていたこととか(給与はかなり少なかった)

社長が「こんな社員思いの会社はないぞ」とアピールする理由になっていたことは、たいてい「あれなんだったんだろ」と思う。

社長は、2015年までには30人規模の会社にする、絶対引き寄せる、俺はツイているか大丈夫、と言っていた。

自分が辞めてから5年、前の職場の前を通ると、相変わらず従業員が5人くらいしか見えない。

http://anond.hatelabo.jp/20141120214409

All the rights goes to the owner of each track, if there is a problem please contact me.

著作権は僕にありません!問題あったら連絡してください≧ω≦

転載厨じゃねえか・・・

http://anond.hatelabo.jp/20141120212955

やっぱりそう思うよなw

鎮火してきてたのにわざわざ燃料投下w

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん