「怠惰」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 怠惰とは

2016-05-26

文系一般人がきっつい件

蓄積された人文系学問の意義を否定したいわけではないけど、社会学部文学部出身で、研究ではなく就職に進んで、

本人的には「大人になりたくないけど折り合いつけて生きてる」みたいな感じの人に、きっつい人が多いなと思う。

おしゃべりだけしてる分には面白い人なんだろうなと思う。ブログツイッターフォローするだけなら良いのかも。

ただ「一緒に仕事をしたくない人」とか「一緒に生活をしたくない人」と言うと伝わりやすいかな。

 

繊細で、問題には敏感に気付くけど、それを解決するのは自分ではない誰かだと、当たり前みたいに思ってる。

政府」「企業」など強い存在への期待値が高くて、強者に対してなぜだか侮蔑的侮蔑理由曖昧

障害者」「貧困層」など弱い存在にやたら肩入れする割に、行動では弱者と関わらず避けてる。

スタイル抜群の若い美女長身爽やかイケメンなど、身体が魅力的な人を「どうせ中身が無い」と批判

魅力的な身体に生まれると得る機会を失う「中身」って何?

生きているなかで「好きな人に貢献できると嬉しい」という感覚が無いみたいで、

「貢献してくれる人は便利(冷笑)」か「貢献してくれる人が居ないので社会はクソ(憎悪)」のどちらか。

下に見られたりスルーされたり嫌われると必要以上に落ち込むし、好かれても好かれたことをネガティブに捉える。

生活健康など「常識」化している価値侮蔑メインストリーム逆張りをしたがるだけで筋が通ってないから、よく手のひら返しをする。

深い思考物事を捉えるセンスなどに自信がある様子で、そこを認められたい欲求が痛いくらい強い。

権威とかお金とか美とか、外からわかりやす価値を持ってる人に内面を認められたがる。外からわかりやす価値を持ってない人のことはスルー

フットワークが重い。怠惰フットワークが軽い人を脳筋扱いして侮蔑したり嫌ったり。

愛想の良い人のことを「媚びてる」「要領だけで生きていけていいよね」と侮蔑批判。愛想が良いのも価値なのに。

学生でもないのにスクールカーストにとらわれ続けている。誰のこともけなす。本当に褒めない。

口角が下がっていて、表情が乏しくて、笑顔の口元が歪んでる。ニヤリって感じで笑う。

下ネタの言い方が笑えない。男子小学生的な爽やかに笑えるものじゃなく、粘着質で生々しくて、話を振られると逃げ場が無い。

恋愛・性に自信持ってる感じ。人間心理に詳しくてコントロールが上手いみたいな自己認識を持ってる。メンヘラ女を侮蔑しつつ興味しんしん

人間観察が好きで、人の人格について色々文句言うのが好きで、仕組みを改善する方向に思考が行かない。

問題提起して頭が良い人として注目を集めるのが好き。気力・体力・根気が無い。改善行動が出来ない。だから結果に繋がらない。

すぐモチベーションクタッてなる。ひがみっぽい。見下すようなことを言って人の足を引っ張る。

人が楽しんでると上から発言をして水を差す。人の気力を削ぐ。人をネガティブの巻き添えにする。

 

文系学問って、人の内面を充実させる学問だと思うんだけど、そういう学部出身者に迷惑内面の人が多いのはなんで?

スポーツとか経済活動とかマッチョジャンルに身を置いて、内面磨きには専用の時間を割けなかった集団のほうが、

よっぽど対人経験値が高くて人を見る目が円熟してて、相手の心や相手の都合を大事にした、大人な関わり方が出来る人の数が多い。

なんていうか…人文系の、ざっくり「人の内面」と言われるようなスキルって、専用の時間を設けて学んで学べるものなの?

何かに夢中になってたら経験値が増えていて、気付いたら得られているスキルが「内面」なんじゃない?

繰り返すけど、人文系学問の意義を否定したいわけじゃない。体系化する行動を行った人は多くのものを得てると思う。

でもそれを読んで感想を喋ることで、内面のすぐれた人間になるの?

文系学部から資本主義世界に不本意ながら出てきた人って、接することで私が偏見の塊になるくらい、

幼稚で無責任怠惰で冷笑的で、口先だけで、後ろ向きで、人の見方が表面的で、自分についてのことばかり考えていて、

仕組みについて考えるべきときでも人格の話をすぐしたがって、議論無為ループさせて、成功した人の足を引っ張る人ばかりだったよ。

もともとそういう人に選ばれる傾向が強くて、そういう人を救うわけでもなく育てるわけでもなく、そのまんまの状態社会排出する、

時間だけ浪費させる土管なんじゃないの、人文系学部って。

http://anond.hatelabo.jp/20160526134338

はい、支持します。

家事健康管理が出来ないまま中年になった独身男性スキルアップして人生を変えられる可能性は低すぎる。

自己責任ではなく、彼らは「同年代男性平均レベルだっただけ」「人並みに考えが足りなかっただけ」の、

普通に怠惰」な人たちで、可哀想時代被害者だと思うけど、劣悪な部屋で健康を害しながら長生きするほうが苦痛が大きいよね。

2016-05-22

自由犯罪者を呼ぶし

平等貧困を招くし

平和は人々を怠惰にさせる




ひどい世の中だ

2016-05-21

英語なんて大学時代ふつうやるでしょ

なんでやってなかったんだろうな自分

あほだな。って思って社会人10年くらいになる。

ちょこちょこと勉強する毎日

なんで学生時代ちゃんと真面目にしなかったんだろう

プログラミングでも、起業でも、ちゃんと未来のこと考えてたらやるはずだ

おそらく、自分怠惰だったからやらなかっただけじゃないか

モラトリアムなんか満喫して無為人生過ごして…



20そこらの気持ちって簡単に忘れてしま

あの時は哲学にハマっていた

ハマっていたというか、自分の生きていく辛さを整理するために

過去偉人の本を読んで考えを整理してたんだ

なんであんな大切な時間を無いものにしてたんだろう

本当に久しく忘れていた

哲学なんて考えるのは、仕事するうえで非常にマイナスになる

馬力が出ない。

毎日必死に送っている価値観絶対とみなさなければ

おれ自身現実への嫌悪感崩壊してしま



色々回りくどく書いたけど

20代気持ちをすっかり忘れてしまう事に驚いている

それは本当の気持ちなのに、覆い隠せてしまうことが本当に驚きで

40代の人とかどうなんだろう

このまま振り切っていってるんだろうか

2016-05-20

[]「怠惰劣等生と勤勉優等生幼なじみ百合

真面目にやることが嫌いで何事もお気楽にほどほどが一番だと思っている、ほんわか女子高生

真面目が一番で何事も真剣に取り組んでこそ楽しいと思っている、キビキビ女子高生幼なじみは、

常にキビキビ女子高生が引っ張って行きお世話をする関係だった、

しかし、ほんわか女子高生はある日自分の才能の有る無し関係なく、ただそれに挑戦したい、と思う「何か」を見つけ、途端に努力を始める、

ところが、そこは毎日怠惰生活を送っていた、ほんわか女子高生がイキナリ変われるわけもなく、キビキビ女子高生に頼ってばかりいた、

ほんわか女子高生依存してもらえている関係が続く事に、ほっとしてしまうことで、キビキビ女子高生が本当の気持ちに気付いた場合



ほんわか女子高生松来未祐で、

キビキビ女子高生阿澄佳奈で決定です!



みなさんのキャスティングをお待ちしておりまーす!

同情も気遣いもいらないから、ただほうっておいてほしい

低スペ人間として言わせてもらいたいのは、いいかげん男女を問わず、低スペ人間存在するという現実に目を向けて欲しいってこと。

親や親類や旧友が「いいかげん結婚したら?」みたいなことを言ってくるけど、正直、自分日常結婚イメージできるような環境にはない。

そうしたことを言うと、必ず「努力しないから」とか「逃げてる」「自己卑下」みたいありがたいアドバイスをくれるんだけど、

俺は自信を持って日常生活の中で「逃げ」や「怠惰」な部分はないと断言できる。



ただ、物心ついた頃から「人並みのことが人並みにできない」という自覚はあった。

今で言えば発達障害なり何なりと診断されるんだろうけど、そんな診断をされたところで役に立たないから、

とにかく必死こいて人並みについていこうと努力し続けてきた。

それでも人並み以下の結果しかでない。そんな毎日を生き続けている。

挫折自己嫌悪負けん気だけで30年以上を生きてきた。



ついでに経済的に恵まれていない家庭に育ったから、人並みの消費文化を楽しんだこともない。

海外への家族旅行どころか、修学旅行以外に旅行に行ったこともないし、

ファストフード店以外の外食ほとんど経験ない。そういうことも多少のコンプレックスではある。

金がない生活骨身に染みると、趣味や遊びに金をかけるってことが感覚として理解できないんだ。

ネット無料で楽しめるものがあるからネット使えるようになってからはたいぶ生活クオリティは上がったけど)



だってちょっと気を抜けば落伍者になりかねないという不安と戦っている。

まれついての低スペ人間というのは、アクセル全開でも法定速度以下しかでない自動車みたいなもんなんだ。

かといって、ハード知的障害者と違って国や周囲のサポートもない。

とにかく必死で食らいついていく。そういう生き方しか残されていないんだ。



それにも関わらず、周囲は呑気に「結婚したら?」「結婚しないと人並み以下」とプレッシャーをかけてくる。

特に一番言われて辛いセリフは、「もしかしてゲイ?」とか「その歳で童貞とか死にたくならない?」みたいなからかいだ。



ただでさえ、他人コミュニケーションしたり、着実に段取りを踏んだり、凡ミスを防ぐのが難しい脳みそで、

一般人ならすぐに慣れるような仕事でも、毎日怒られながらこなしていくしかできないのに、

これ以上のものまで求められなければならないのか。そうしないと人生落伍者のように扱われるのか。

そもそも、人間関係のものから喜びを得られない体質なんだぞ。自閉ってのはそういう意味だ。




確かに高度成長期時代は、俺くらいのアホでも周囲がお膳立てをして見合い結婚できたかもしれない。

だけど、人並みのコミュ力を前提とした恋愛を経なければ結婚できない現代において、

俺みたいなポンコツが結婚(して更にその生活を維持)することは、ほとんど夢物語に近い感覚だ。

たぶんDV人間とか、ストーカーみたいのは、俺みたいなポンコツが分不相応に人を好きになった結果なんだろう。

(俺は特に小中学生のころ、怒りをコントロールできず軽い傷害事件を繰り返してきた経歴もある。今は落ち着いたが)



別に世の中に恨み事を言ってるわけじゃない。「軽度障害者の俺も結婚する権利がある!」とか思ってるわけじゃない。

くその逆だ。俺にはできないし、すべきじゃないことがわかってる。わかってるからこそ、「ほうっておいて」ほしい。

確かに表面上、俺は特別逸脱した人間には見えないかもしれない。

けど、それは全力で生きてきた結果として、ようやく人並みっぽく見えているというだけで、

一般人とは違ってそれ以上の余力がない。

(人並みといっても、東京住みのエリートでもないので、地方実家暮らし年収300万未満だし)



努力してきてそんな低スペなの?」って煽られるかもしれないけど、その通りだ。それが低スペの低スペたる証拠だ。

こんな内容が散らかった下らない文章を書くにも、何時間もかけてないと形にならない。

一般人なら、こんな愚痴みたいな文章なら30分くらい書けるんだろうな。



努力もせずに愚痴っているならダメ出ししてやるのも一つの優しさだろう。

でも、一生懸命に生きている人間を更に追い詰めて何が楽しいのか。

世の中には低スペの人間存在するんだ。助けれくれとは言わないから、せめてほうっておいてくれ。

少子化を加速させるという意味では迷惑をかけているかもしれないけど、それ以外では全く世の中に迷惑かけていない。

子育て政策のために独身税を取られるというなら、喜んで金は払う。

から、俺たち低スペ人間にけしかけたり、からかったりするのはやめて、ほうっておいてほしい。



普通の人なら気にかけてもらえることが嬉しいのかもしれないけど、低スペ人間はむしろスルーされる方が清々しいんだ。

いろいろ矛盾してるかもしれないけど、これ以上うまく伝えられない。終わり。

2016-05-19

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。


Q.目に見えないのに、時に人はそれを悪意ある言葉認識するのはなぜですか。

私が今から君を罵倒するとしよう。



ノロマで、自己中で、嫉妬狂いで、下品で、単純で、恥知らずで、高慢ちきで、ザコで、バカで、無思慮で、腹黒で、キチガイで、アンポンタンで、生意気で、暗愚で、偏屈で、間抜けで、畜生で、変態で、ゲロ臭くて、傲慢で、パープリンで、時代遅れで、臆病で、鼻たれで、童貞で、自惚れで、下種で、短気で、卑しくて、DQNで、かたわで、短絡的で、うどで、クズで、ナチスで、愚かで、汚物まみれで、アホで、私生児で、ナメクジで、怠惰で、ドジで、下劣で、無知で、ノータリンで、クソで、意気地なしで、異常で、包茎で、知恵遅れで、薄汚くて、メンヘラで、ペドフィリアで、薄情で、おたんこなすで、カスで、青二才で、社会不適合で、色欲魔で、中毒で、唐変木で…………疲れてきたので、もういいか



心に響かないだろ?

有名無実な、汚くて強い単語だけでは悪意は付与されない。

例えば、ワードサラダスパムなのは文意がないからだ。

文意がないということは、その文自体には悪意が伴わない。

だが、その文自体に悪意はなくても、スパムによる大本行為には「意図」がある。

まり悪意というものは紡がれた言葉だけではなく、そこに介在する「意図」を感じることによって成立するのさ。

直接的でないから目に見えないが、どこかに意図があればそれは確かに存在する可能性があるということだ。

もちろん送り手の意図だけではなく、受け手がどう感じるかという側面もあるから普遍的ではないがな。

2016-05-15

http://anond.hatelabo.jp/20160515184819

「内では引きこもり怠惰」な人ってパートナーにもそれを求めるものなのかな。

うまる女と付き合いたいんだけどどうしたらいいんだろう

うまるってのは「干物うまるちゃん」のキャラ「うまる」のことで、外では身なりも言動もちゃんとしてるけど内では引きこもり怠惰という二面性を持っている。

うまる女の厄介なところは、恋愛結婚にまるで興味が無いこと。好きなアイドル歌手俳優はいるし、イケメンに反応したりもするけど、彼氏もつくろうとしない。縛られるのが嫌いというか、面倒くさいというか、そういう感情が無く冷めているとか、原因はわからないけど、とにかくその気がない。

そのくせ外面はいい。性格もいいし、色々マジックはあるもの容姿可愛いし、スタイルも悪くないし、消費系の趣味に広く精通してて楽しく過ごせるし。なわけで男にもモテる。けど本人にその気が無い以上、落とせない。俺も頑張ってみるんだけど、落とせる感触がまるでない。攻めたら最後、断られて終わりだろうなって臭いしか立ち込めてこないし、そもそも攻めすぎた時点で警戒されて一歩引かれてしまう。

出会いも女も世の中にはいくらでもあるけれど、俺はうまる女が好き(外では外面整えて一緒に楽しんで、内では一緒にぐーたらしたい。フェチなところも少なからぬある)だし、うまる女はそうそ出会えるものでもないので、気軽にアプローチを試してダメならはい次、というやり方は辛い。手堅く行きたい。だけどまるで勝てる気がしなくて。

今の意中は三人目。ストックはもう無いのでここで決めたい、けど手応えがまるでない。うーん、どうしたらいいんだろ。うまる女に固執する必要がそもそも無かったりするのか、とも考えてはみるものの、やっぱりダメだ。俺はうまる女が好き。付き合いてー。

2016-05-11

助言が欲しい

私は何も知らない。

そして何か有益なことを知ろうとするモチベーションが乏しい。

そこに至るまでの過程楽しいと思えないからだ。

しか無知が原因で時間お金を浪費したくない。

賢い行き方がしたい。

その為には私は怠惰すぎる。

助言を請える賢い友人もいない。

しかし、それでも賢く生きたい。



から生活全般の助言をしてくれる人が欲しい。

秘書コンサルタント

とにかく生活すべてを見てくれる人だ。

人じゃなくてもロボットでも何でもいい。

その人が言ってることは紛れも無いベストでなくても良い。

だいたい良い感じのことを教えてくれて、それを信用できたらそれで良い。



「いつもやってるそこの掃除、これ使うと簡単にできるよ」

「さいきん電気代高いね。こっちのプランのほうが安くつくよ」

「何か投資したいの?安定してるのはここ。あと今ならここもおすすめ

「今の会社には満足してないみたいだね。こんなところが今採用活動してるけどどう?」

みたいな。



あのドラえもんに出てくるおせっかいな助言ロボットみたいなやつが欲しいのかな。

天使みたいな格好のやつ。

でももうちょっと融通がきいて優しいやつが良いな。

きつくても自分のために言ってくれる優しさとかそういうのいいから。



うーむそう考えるとどうだろうか。

結局はただ心が荒れない会話を求めているだけかもしれない。

でも内容のない会話は損した気がするから一応自分の為になる知識も得られたら嬉しいと。

からゆるふわな感じで助言してくれる人が良いと。

そういう事かも。

顧客が本当に必要だったものというのが今見えてきた感じがするよ。

2016-05-05

何者にもなれない自分

自分は働くことができない。

就職しなければならないが、誰かに雇ってもらえるような能力もない。

頭も悪く、コミュニケーションも非常に不得手だ。一芸に秀でているわけでもない。性格怠惰愚鈍、その上卑劣という有様だ。

実際に福島原発事故直後に除染作業員に志願したが、すぐに「君にできる仕事はない」と一蹴された。当時誰でもなれるといわれていた、除染作業員ですらその有様である

結局、自分ブラック企業すら門前払いするレベルブラック人材しかないということだ。

 

自分には親しい友人がいない。

吐瀉物のような顔にボンレスハムのような胴体を見るだけで、だれもが不快な思いをする。

その上性格も最悪とくれば、親しい友人がだれもいないのも当然である

後述する「他人に話せる趣味」があればまだマシかもしれないが、それすらないクソ人間と付きあう理由はない。

 

自分には他人に話せる趣味がない。

体力や運動神経もが皆無に等しいため、アウトドアスポーツ選択肢から外れる。簡単キャッチボールすら一切できない。

小説漫画を読むのも非常に億劫だ。満足に内容を頭に入れることもできない。

集中力が持たないため、映画も満足に見られない。30分、いや3分アニメすら集中することができない。

当然内容理解まで及ばない。

 

自分学歴がない。人に学歴を伝えた瞬間に失笑されるレベルである

増田には東大京大早稲田日大のような名門大学卒業者が掃いて捨てるほどいる。彼らの足元にも及ばない。

英語なんてちんぷんかんぷんだ。四則演算も不得手だ。それどころか語彙も乏しく、日本語運用能力も非常に危うい。

なによりネックなのが、怠惰であるため努力が全くできないことだ。幼稚園児の方がはるか努力である

 

自分には経験がない。職業経験も、いい学校に行った経験も、学校勉強課外活動に打ち込んだ覚えもない。

それどころか「友達と遊ぶ」といった経験すらない。せいぜい、時間けがいたずらに過ぎていく経験ぐらいしかない。

そして流れ流れて気がついたら「何者にもなれない自分」がそこに存在していたのだ。それを依代に、自分今日々を無為に過ごしている。

 

結局自分は何者にもなれない存在なのだ

しかも何者かになろうとする努力すら放棄しているからたちが悪い。

2016-05-01

結婚するより親と暮らしたほうが得

http://anond.hatelabo.jp/20160430000632

共働きであっても夫は家事を全くやってくれない家庭が多数派

イクメン家事メンなどが珍しい存在として持て囃され、平均的既婚男性は何もやってないのが現実

結婚することによって、女性実家暮らしだった頃よりずっと忙しくなる。

残業の多い会社場合など、特にそうなる。残業後、家に帰って家事全部こなすなんて無理。

専業主婦になれる時代でもない。20代女性にとっての同年代男性収入は妻子を養う額ではないし、

昇給が期待できるわけでもないから、何もあてにならない。

離婚する可能性だってある。自分収入が無いと、DVに遭っても逃げられない

女性であっても職能を持たない、稼ぐ手立てがないというのは非常に危険状態だ。

また、経済力も親世代のほうが強い。親世代の方が昇給の多い時代に生きてきた。

定年退職後の再雇用も増え、高齢になっても元気に働き続ける父親が増えている。

父親所得が高く、資産形成も出来ており、家事能力の高い専業主婦パート母親がいる、

そんな家庭に産まれたら、結婚するよりもずっと実家に居た方が明らかに快適に暮らせる。

というより、結婚後がエグすぎる。残業あり正社員同士の共働き家庭の妻の忙しさ本当にエグい。

妻だけがまり寝られていない。睡眠3時間~5時間毎日という感じ。つらすぎ。

メリットが無いというより、デメリットがエグい。身体が耐えられないと思う。

年代男性ゲームセックス飲み会、たまにスポーツネタを追いかけるくらいで、

自分の将来について楽観的過ぎて、何も知らなくて何も準備してなくてうんざりする。

婚約に至ったとき、お互いの情報を公開しあったけど、

貯蓄額も私のほうが圧倒的に上で、経済的にも生活的にも何もかも足を引っ張られる想像しか出来なかった。

具体的に同居を想像すると、こいつ絶対家事を私に押し付けモンストやるなと思ったし、

交際中にも起きていた「私がクタクタに疲れているときでもセックスを求めてきて嫌そうな顔をすると拗ねる」が、

同居をすると一層悪化したり、家事を全部私に押し付けて「セックスレスから」と浮気しそうだなと思った。

しか料理全然出来ないのにも関わらず、私に手作り料理を求めて、「疲れている」と言うと、

「愛がない」とか言ってくる。何が愛だ?自分のために、疲れ切った女が、さらに身を削ってくれるのが嬉しい、

というのがお前の彼女に対する気持ちの全てか?私は自分のことしか考えない男を愛せない。

「二人の生活コミット」ってことが出来なくて、

自分一人にとって気持ちいいことしか考えてない奴、っていうのが平凡な男性への印象だ。

もちろんすごく優秀な男性も居るが、一握りで、私に手の届くところまで下りてくるわけがない。

親がアルコール依存症とかDVとかで、実家が逃げ出したくなるような環境でない限り、

積極的結婚したいとはならないと思う。

逃げ出したい女性でも、一人暮らしの方が良いかもしれない。

から虐待されていた人は、支配的な人に嗅ぎつけられてパートナーから虐待されたり、

親によって作られた性格の歪みが、パートナーに悪影響を与えて虐待を誘発したりする。

一流の男性も居るが、一流の男性は当然、容姿的にも家柄的にも一流の女性を選ぶ。

多少親に恵まれただけで自身スペックは大したことのない私が付き合える男性は、ろくなのがいない。

レベルの女だと、怠惰な男との結婚によって家の中でも激務になり、

睡眠を削られて、QOLが下がるのがオチ

こういう書き込みをすると介護のことを書かれるが、

結婚によって介護から逃れられるのは男性だけ。

女性はむしろ結婚することによって、夫の両親や夫など、介護しなければいけない人数が増える。

実家に居残ったほうが、あらゆる面で苦労を逃れられる。

また、介護してもらうために子供を作れというのも乱暴な話だ。

介護要員として作られ、人生を奪われる子供可哀想だ。

私自身は衰える前に死ぬか、ロボット介護して欲しい。

結局、両親に対してしか「愛された」という感覚が無いし、私は両親しか愛せないと思う。

2016-04-27

子供は息子だが可愛くて仕方がない。怠惰精神的貧弱さゆえにお世話が行き届かないところもあるが子供が命の危険があるの時に自分の命で必ず子供が助かるのなら喜んで差し出す。

長女が愛せないという片一方の子供が好きになれないって、子供が生まれた時からなんだろうか。徐々になんだろうか。言動自己主張が始まってからか。それとも第二子が出来てからなのか。

それによってそれぞれ随分違うと思うけど、全然触れられてなかったからなぁ

子供可愛い。そう思えてラッキーだと思う。

なるべく早く、あの増田とその長女が今より良い状況になりますように。

2016-04-24

anond:20160423145512

クリエティティが欠落しているという自覚があるのであれば、自閉症スペクトラム障害の可能性を疑ってみるのもありではないかと思う。

とにかく、何かを作ろうとするときに手がピタリと止まり頭が働かなくなる
およそクリエティティというものが完全に欠落しているのでコピペ適当でっちあげることすらできない
とにかく手を動かせと言われてもそのスタートラインにすら立てない

自閉症スペクトラム障害と思われる(正確な病名は明らかにされていないが、上司から配慮しろと言われている症状・対策がそのもの)同僚に似てるなぁと。

プログラマ怠惰であれとは真逆存在ではあるのだが、残業耐性もあり上司の指示に従うので「設計は任せられないが、ソルジャーとしては有用」みたいな扱いに…。

2016-04-21

http://anond.hatelabo.jp/20160421004143

怠惰美徳であるブックマーカーが、「集合知をアテにせずはてなブログから面白い記事を探す」などという、砂山の中から胡麻を探すような努力をするわけないだろう。

2016-04-20

進路

現在情報系の研究室所属していて,どの分野に進もうか苦慮している.

なぜ今情報の分野を専攻しているかというと,15歳で情報系に進んだから

それ以外に理由はない気がする.入るまでプログラミングという言葉も知らなかったし.




小さい頃は,古生物とか植物とか昆虫とかに興味があった.

これらの分野は恐らく図鑑というものを作りやすい分野だと思う.なぜなら(すでに当たり前だと思っている)事実が多いから

それぞれのトピックの関連性が繋がっていたとしても,あるトピック理解するのに,別のトピックを完全に理解していないということが,少なくとも小・中学生が読むような図鑑に求められた記憶がそれほどない.

当時から面倒くさがりで人一倍怠惰であった僕だけれど,そう言った図鑑を読む時間は熱い空白と少々の心地よい疲れがあった.

時間を忘れてというのは言い過ぎでも,暇つぶし漫画ではなくそ図鑑を選び,隅から隅まで文書を読むことに苦痛を感じたことはなかったし,むしろもっと多くを語ってほしいと思っていた.

何も意識しなくとも,文章の内容が一回読めば理解し,記憶できる.今から思えば,現在では全く味わうことのできない感覚を,小さい頃の僕は知っていた.





一方で,思い返すと15歳から情報学に触れてきて,このような楽しさを感じたことは思い返せば今までで一度もなかったような気がする.

僕が楽しいと感じていたのは,同級生たちと点を競い合うゲームのことかもしれない.

中学生までは,何の苦もなく成績優秀者に名を連ねていたので,そのゲームは好きだった.

入学当初で既に高校数学マスターするような人もいたし,既にLinuxで自宅のサーバネットワーク環境を構築しインターネット恩恵享受している人も居た.

人が知識を習得するときに感じる感覚は人の数ほどあると思っているけども,少なくとも僕は,小さい頃に図鑑を読むような感覚情報分野に触れることができなかった.

本当にただの一度もないのだ.図鑑を読む時のあの空白と疲労が.






つい先日もプログラミングアルバイトに応募して,見事に落ちたわけだけれども,何も思わなかった.

オープンソースソフトウェア公式の「このソフトは〇〇を行う素晴らしいソフトウェアです」の類から始まる英語を読まなくていいのかと思うと,開放感と少しの嬉しさすらあった.

こういうことに気づけた半分は就活のおかげなので,その辺は少しだけ感謝している.

来年から就職するであろう業界を思うと憂鬱になるけども.






僕の場合は,小さい頃の興味と今の望む生き方が80%くらい一致していると思う.僕は単純な人間だ.

例えば,アルゴリズムのような,「あることを実現するために,いくつも道がある」ような学問は苦手だ.

多分多くの人に誤解されるし,僕自身もよくわかってないけども,植物とか昆虫がどうしてこういう挙動をするのか,というようなことを考えるのは不思議と好きだ.

結構似ていると思うけど,この辺の感覚はよく分からない.

幼少期,本は好きだけれども,周りと議論ができなかったのが,このような思考をすることになったのに少し関係がある気がする.

親によく言われることだけれども,子供がそのまま大きくなったというのは,僕に関して言えば非常に的を射ている.






さて,タイトルの進路の話だが,本当に途方に暮れている.

現在専攻している分野には,少なくともプライベートをかけてもいいとはつゆほども思っておらず,しかもこのままいけばこの分野の業界就職してしまう.

奨学金の返済もあるし,親には何かあった時にも経済的に頼るわけにはいかないので,このまま就職してしまうが,3~5年後には学部はいかなくとも,植物・古生物系の大学院に入り直すという選択肢を考えている.幸い先例というか,その進路をとった人がいるので,話を聞くのも良い.

そのあとは,楽しければ博士まで行って,そうでなければ潔く自殺でもするのが一番魅力的な案だ.

単純で怠惰人間には,興味がないものを30年もやるより,何も考えなくて良い環境に置かれる方がはるかに魅力的なのだ

2016-04-19

http://anond.hatelabo.jp/20160419224242

Delete_Allさんは叩かれないよ、たぶん

そのとおり、当該エントリが悪い意味炎上することなんてないでしょうし、しない方がいいとも思います

Delete_Allさんの文章は、たくさんの人を楽しませる、愉快なものも少なからずあるようですし。

イメージコントロールというのも巧みなのでしょう。

所要時間を書いていること以外は、優れたブロガーなのでしょう。


しかし、ただ書き手が優れているからと言って、無責任にその内容を煽り立てるはてなブックマーカーが、私は嘆かわしいです。

touhu1018さんというブックマーカー

フミコフミオ氏の主張は「自殺エンタメにするな」という一点に集約されると思うんだけど…。ましてや叩き続けろなんてどこにも書いてない。

http://b.hatena.ne.jp/entry/285570194/comment/touhu1018

というブコメをしていて、それに今現在20個ほどスターがぶら下がってるんですけど、

その一点に要約される主張をするために、「僕は、四千円で、君を指名しない。完璧に。百パーセント。」なんて失礼なことを書く必要はないと思うんです。

それをブックマーカーたちが喜んで囃し立て、「主張」とやらは都合よく、いかにもらしく受け止める。

その様が、Delete_Allさんの優れた技術によるものではなく、ブックマーカーたちの怠惰悪ノリからまれものしか見えないのが問題だと思います

もちろん、北条かやさんがやっていることも、褒められたものではないと思いますが。



冷静な記事がたくさん生まれ、それをブックマーカー真摯に受け止める。

互助会批判するよりも先に、ブックマーカーたちが襟を正すべきです(最後話が飛びました)

2016-04-17

支援物資が足りない理由

東日本大震災なんて遠い国の災害だと軽く見ていた熊本県民の怠惰である

もしもの時のためにリュックサック非常食備品を用意してた人は何人いたんだろうか?

逃げるときリュックサックを背負ってすぐに避難できる準備が出来てない人のために余計に支援物資が足りない。

我々は地震大国に住んでいる事を肝に銘じるべきであ。

2016-04-15

女性活躍政策に思う

結婚しろ!」

「こどもうめ!」

育児しろ!」

家事しろ!」

「働け!納税しろ!」

キャリア保証せん!」

収入保証せん!」

もう、ほんと、誰に何をどうしろっていうんだろうね。

それ以前に、多くの女性は働きたいとは考えていないじゃないか(ポリシーがあってそうだというのではなく単なる怠惰も含まれているだろうが)。

(歴史的に見て)これまで散々女性地位を貶めてきておいて、不都合が起こると急に「登用だ!活躍だ!」なんていうご都合主義が通用するわけがない。

女性からの反発はもちろん、男性からも「逆差別だ!」などという批判もそりゃ出るわ。

女性管理職が少ないというが、志願しなかったのは女性だが志願した女性を登用しなかったのは男性である

女性家事育児役割を求めた、つまり管理職としての役割を求めず、また与えなかったのは男性である

女性問題とはすなわち男性問題である、ってことではないのかね。

2016-04-14

http://anond.hatelabo.jp/20160414110704

効率化する便利は本当に便利だろう

飛脚とか非効率すぎる

しかし、いつでも連絡できることで待ち合わせとか人間関係怠惰になってる部分があるわな

便利って怠惰でいいってことだよね

怠惰に生きれるなら怠惰に生きたいというのが人間本質なのだと思う

世の中が便利になるにつれ、計画を立てる必要がなくなり、約束を守る必要もなくなってきている

まり、できる限り頭を使わずに済む社会が、つまり、便利ってことなんだろう

しかし、これっていいことなんだろうか?



スーパーコンビニ24時間開いているのは便利だ

でも、一定期間に必要ものを、必要なだけ考えて、どこかで時間を作って買いに行くことだって本当はできるはずだ

1週間分、日曜に買い溜めときゃいいだけの話

平日なら、夜8時に閉まる店に行くためには、週に1度か2週間に1度くらい、頑張って仕事早く終わらせて早く帰れるように計画すりゃいいだけで、無理な話じゃない



あとは待ち合わせ

携帯がここまで普及する以前、と言ってもつい15年ほど前までは、待ち合わせというのは時間場所をきちんと決め、それに必ず間に合うようにきちんと予定を終わらせて向かうものだった

今は、ごめん、1時間遅れる、ってメールときゃいつ行っても大丈夫って思ってるやつばかりになった



電車もそう

人口が多すぎて輸送できない都会はガンガン電車走らせる必要があるけど、スカスカ電車が5分に1本も走る必要があるか?

時刻表見て、計画的に駅に向かうようにすれば、15分に1本で充分なエリアはたくさんあるはず

時刻表見る手間を省くためだけに、スカスカ電車が走るのってどうなのよ



欲した時に、いつでも、欲したことができるというのは、便利なようで、人を堕落させ、そして社会としては非効率

スーパーコンビニも、営業時間でさっと終わって、エネルギー人件費節約して、店員は勤務後に別の仕事したり、消費行動をしたり、すりゃいいと思う

営業時間内に行けるように、世の社畜たちも効率的仕事終わらせて勤務以外の活動をすべきと思う



もちろん、本当に激務で少しの時間も取れない人も中にはいるのも知っている

でも、そういう人はごくごく一握りだし、残りの圧倒的多数の人は怠惰暮らしてるだけなんだよ

そこまでの激務の人の仕事は、怠惰で暇な人に振り分けた方がいいと思うし、それに、激務の人も本当は激務な自分に酔いたいだけの人も多い

同業で同種の仕事やってるのに、メリハリつけて帰る人も、ダラダラ泊りこんでる人も、両方いるのが大概の激務な職場だと思う

もちろん例外的に、本当の本当に全員過労死していく職場もあるんだとは思ってるが

とにかく、忙しくて計画が立たない、忙しいんだから怠惰で仕方ない、というのはほとんどの場合で甘えだし、怠惰であることは疑いようがない




世の中全体が、怠惰にダラダラ生きられて、無計画に非効率に暮らせることが便利だと思っているなら、そんな社会は衰退するしか未来はない

2016-04-12

人間性』に言及し始めたとき、その組織は終わってる

筆者は建設業という斜陽産業に勤めている。

いろいろ突っ込まれることを前提でエントリをぶちまけるので、忌憚ない意見が聞けたら良いなとおもっている。


経緯について

さることの昨年九月、とある財閥企業グループの子会社転職をした。

親会社にくっついたエンジニアリング会社といえば聞こえは良いが、要するに工事会社だ。親会社不採算利益率の低い部門分社化しただけのことだ。

この企業転職して数ヶ月、起こったこととそれに対する意見をぶちまける。異論反論、大募集だ。ただし討論に興味はない。

思ったことをぶちまける代わりに、それに対して思ったことが返ってくることを期待する。

マリーはおおまかにいって以下にまとめることができる。

工事会社としての技術力とは一体なんなのか、それは情報漏えいを恐れるようなレベルのものなのか

②内部の人間同士で『人間性』に言及し始めるようなら、その組織は終わってる

ドメスティックタイプ企業における『コミュニケーション能力』という名の限界


工事会社技術力など存在しない

会社に入ってきて思うのだが、いわゆる施工規準施工方法に関するデータ流出上層部が過度に恐れているように思える。

しかもそれは本質的な『情報漏えい』に関する健全な怖れというよりは、子会社ありがちな親会社風評被害を怖れての脊髄反射に見える。

PCシンクライアントにするのは良いが、いくつかのクラウドサービスアクセス禁止にするのはいかがなものか。はてはフラッシュメモリからフリーソフトダウンロードまで規制されている。

顧客情報流出を怖れるのは良いとして、施工規準施工方法に関する教育データぐらいある程度コピーして弊害があるか?

原価見積りに関するデータ流出することで、利益源泉が素っ裸になってしまリスクは分かるが、正直言って建設業関係中小エンジニアリング会社に、セキュリティをかけてまで守る技術などない。


厳密に言えば、工事会社技術力とは要するに資金力のことだ。

とてつもない機械をどっかから買ってきて、数値を入力して、資金力にものを言わせて人を雇って、膨大な工期を費やして建築物を完成させるというだけのことだ。

だいたいエンジニアリング会社なんて、自社の技術なんてなにも持っちゃいない。

太陽光発電事業者なんかがよく自らをEPCエンジ調達と構築をワンストップで行う事業モデル)とか言っちゃってるわけだが

要するに知識と人員情報収集力&編集力はあるから必要なもんは金かけて集めてきて設計して作ってやんよ、っていうだけの話だったりする。

からエンジニアリング会社プラントに持ってく装置設備ほとんどは、実は盤屋に筐体だけ作らせて中身は中小メーカーやどこぞの電子メーカー製品の寄せ集めだったりする。

ぶっちゃけ施工会社としてのエンジニアリング会社エンジニアリングっつーよりはむしろ商社に近い。投資事業モデルを使ってないだけ。

客先常駐型の派遣モデル収益を上げているが、結局設備のもの校正サービスメーカー技術者を呼ぶわけで、ビジネスの形が顧客との利益相反になってる。

これが例えばプロパティマネジメントのように、顧客の一部となって設備投資利益の最大化を目指す形ならばいざ知らず、結局は政府公共工事に縋る建設コンサルタント業界ほとんど変わらない。

相手メーカーに切り替わっただけの話で、二年三年単位で作られる景気を見越した設備投資計画によって投入された予算に従うだけ&なるべくそ予算を多く取るために張り切るだけのビジネスだ。

現代における技術力の意味合いはどちらかといえばもっとサイエンスであったりコンピューティングものだと思う。

少なくとも、いくら工事会社が『我々の技術力を守る』だのと言っても、そこに書かれていることのほとんどは日本電気事業法だの高圧ガス安法だのに則ったものを超えられないし、そこから幾らでもリバースエンジニアリングが可能なものしかないと思う。

まりなにが言いたいのかというと、会社PC持ち帰れないんだから教育資料ぐらいクラウドサーバーにアップして家でテスト受けることを許可しろ



人間性』に言及し始めたとき、その組織は終わってる

職場仕事成果物に対する評価を下すならまだしも、従業員人間性に言及が終始するような職場は終わってる。それは単なる噂話や陰口の温床だ。上司が部下の人間性に口を出す組織も終わってる。

コミュ障アスペ発達障害うつ病についての言及をするような職場、とりわけそれを「脱落者」「人として未熟」という組織も同様だ。まず間違いなく組織として終わっている。

大抵そういう組織には〝明確なタスク〟が置かれていない。

仕事をするにしても各自に割り振られたタスクのものがなく、社内営業や油売りによって仕事を獲得するような組織だ。

指示系統にせよ、組織でありながら組織化が徹底されてない証拠だ。

誤解を怖れずにはっきり言うが、そもそも『人間性』に着目しはじめたとき、その組織もあるいはその人間関係ある意味で終わってる。

定義されきっていない命題には地図がない。

多くのビジネス書では地図よりコンパスの方が重要だとよく言われるが、はっきり言ってそれは嘘だ。

コンパスはたしか重要だが、それよりも地図を手に入れることの方が先決だ。

コンパス主観だが、地図自分がいる位置を相対化して知る事ができる唯一のツールだ。GPSがあっても上空から映像がなければ何の役にもたたない。

人間性を期待するべき側とそうでない側がTPOで変化する。また人間性の定義もTPOで変化するし、人間性を評価する人間もまたTPOで変化する。

そして多くの場合人間の語る評価ポジショントークで、現代人は一個人でありながら日常生活の中でさまざまなポジションに立つ(親であり上司であり母であり父であり弟であり..)から人間性の評価軸そのもの普遍ではない。

人間関係一元的ものではない。人は誰と対面しているかによってコロコロと相を切り替えるので、ある人間から見た印象が必ずしも別の人間から見た印象と一致するわけではない。

しかもそれは個々の人間が持つ評価軸に連動しており、その評価軸は各々の視野・視座によって変化する視点であり、複雑系曖昧だ。

『評判』そのものに実は信頼性などなく、『何故その人はそのような評価を下したのか』に着眼し、評価を下した人間立場や背景にまで目を広げなければ、客観的な『結論』を得ることは難しい。

facebookの『いいね』の個数は重要ではない。『どこの誰が〝いいね〟を押しているのか』が重要で、さらに言えば〝何故いいねを押したか〟の方がもっと重要だ。

その理由の如何によっては、『いいね』そのものデータ指標として無視するという選択すら十分ありうる。

ビジネス現場において、始末書反省文に人間性に対する言及があってはならない。

それはなんら解決にはならない。根本的な問題が仮に人間性にあるとしても、それを逆手に取って上手に外的要因に沿って問題に取り組んでいく以外に道はない。

上司パワハラであるからといって、我々は生計を立てることを諦めるわけにはいかないし、部下や従業員怠惰傲慢であるからといって、具体的な目標を立てずにビジネスが進展することはありえない。


結論を言えば、『人間性』に言及し始めることは、ビジネスにおいて必須たる〝コト〟に向かう姿勢を歪める。

それが蔓延する組織は、組織化が上手くいっていないか、もしくはそのビジネス限界を迎えているかのどちらかだ。

(※ 筆者の場合所属しているのは子会社タイプ工事会社なので、ビジネスのものが危うく、社内が内向きになっているのだと考えている)





コミュニケーション能力』という名の幻想

阿吽の呼吸のことを『コミュニケーション能力』と呼ぶ時代はとうに終わっている。

今後はアスペ時代になるだろう。

すべては文脈宣言言語によって語られ、記述構造化が優位に立つ時代になるはずだ。

これはますます今後進んでくだろう。

曖昧さは削られていく。

世界全体で大きなストーリー崩壊した今、ドメスティック企業において求められていた『コミュニケーション能力』を担保にした『仕事が出来るヤツ』『仕事が出来ないヤツ』の評価軸は揺らぐだろう。



なにが言いたいのかというと、現場ごとに施工ごとに異なる大同小異の部分で小さく競い合うのは不毛だし醜くてむしろ哀しくなってくるから辞めろ。

たかだが一つの装置の細かい機能に過ぎない部分で知識自慢と知恵比べをするのは不毛から辞めろ。

文脈レベルでの競い合いなんざ無意味だ、職人同士の張り合いは趣味でやれ。ささやかな自慢なら良いが、無駄プライドを持つと逆に扱いづらくで邪魔だ。

2016-04-09

http://anond.hatelabo.jp/20160408212818

新入社員ですか?安心てください、大丈夫です。


上司教育係も極めてまともな方です。

基本的に失敗してもカバーできる仕事しか任せませんし。

私も、失敗やミスがあっても、きちっと報告して、学んで経験値にしてもらえば、全く問題無いと伝えてます。ただし付きで。


以下例外

①少しの調べる手間を怠る、怠惰ミス

②単なる不注意が招いた、凡ミス

③同じ失敗を繰り返す、再ミス

失敗報告は、淡々と聞いてますが、もちろん、怒ったりしません。どれくらいミスがあるかで能力査定しますが、失敗原因や対策理解してもらう方が大切です。


ケースバイケースやマニュアル外の失敗は臆せずどんどん報告してください。これで辞められた方が上司迷惑ですので。

2016-04-08

出版社編集者ナンボのもんじゃい!

月イチ位で色んな作家さんがボヤキを入れてる。

その理由編集者との意思疎通が図られず苦労しているどころか

酷い所は一方的に私情を挟まれ作家なりに努力したにも関わらず

誰かしらの鶴の一声で無かった事にし、

あまつさえ彼らの労力を無駄断じて金銭面や精神面での労わりすら

烏滸がましいのかと思えるほどに怠惰調子

作家さんをボロクソに扱き下ろした挙句

自分は悪くない、悪いのは作家だと言わんばかりに

押し問答を繰り広げる無能編集者たちに

諦めの付かない溜息を漏らさざるを得ない。

そんな状況を生み出す編集者はとてもじゃないが

名大学とかで優秀な成績で卒業して入社してきたとは思えない訳でして、

ところ構わず怠惰を繰り返しては意思疎通が出来ないのは作家さんの力不足だと言って

何ら取り合う事もしないし、上司(編集長)にも了解を取らずに

色んな企画勝手作家さん達に押し付けて出来上がったら

そんな指示はしていない等と御託を並べた挙句ボツにされるのだから

作家さん方の苦労を察して止まない。

作家さん達が苦労してるのに、編集者はどうしてこう功績を自慢したがるのかしら。

逆に失態は全部作家責任押し付けるこの厚かましさ。

厚顔無恥編集者が増えた事増えた事。

一番の問題はそんな無能編集者たちをマスメディアは我先にと手柄自慢の後押しをする。

これじゃマッチポンプじゃないですか。

どうして編集者の悪い所をつつかずに作家のせいで何もかも終わったみたいにやるんですか。

本を出版する時、作家さんが一番偉いはずですよね。

なのに、実際は編集者さまがメディアの前で功績自慢をする。

そんな世界に一体誰がしたんだろう。

世の中はカリスマ編集者だ、人気担当者だと持て囃す。

だけど、考えても見て欲しいのだけど、そうなったのは編集者人の力

いや違うでしょ。

作家さんが頑張って手に入れた、あるいは手に入れようと手を広げた栄光

おいそれと編集者が奪い取るんじゃありません。

編集者ナンボのもんじゃい!

まりそういう事ですよ。

2016-04-04

なんでブロガーネット倫理を説けると思っているのだろう。

 ちょっと前に「記事スクショされてtwitter拡散されると本記事アクセスが入ってこない!やめて!」と叫んでいるブロガーがいた。

 彼の主張は正しい。許可無く誰かの著作を切り貼りしてアクセスを吸い上げるのは隣家からパイプ電気水道を盗んでいるようなもので、ことによると法にさえ抵触するかもしれない。


 だが、その主張のやりかたが正しくない。もっといえば、主張という行為自体が正解といえない。

 なぜならネット民は野蛮だ。倫理がない。そんな懇請記事などまず読まないし、読んだとしても「なるほど。では明日から行いを改めるか」とはならない。

 彼らはカルフォルニアイデオロギーを知らずしてその精神体現している。ネットとは、そもそもがそのように設計されたものから

 

 よって、彼らをシヴィライゼーションするにあたっては「お願い」などではなく、法律システムによって縛るしかない。

 いうまでもなく法制化はハードルが高い。整備に時間がかかるし、ロビイ活動にも励まなくてはならない。あなた孫正義か誰かならあるいはこれが一番の近道なのだろうが、ブロガー孫正義になり得ないからブロガーなのであって、一個人に世の中を動かす力など無い。


 というわけで、ユーザーを縛るシステムを構築するしかない。Webのいいところは、住居のオーナーだけでなく、借り主にも一定の装飾の自由付託されている点である

 たとえば、現状でも一部歌詞サイトではコピペ不可能仕様を取り入れている。

 もちろん突破しようと思えばいくらでも手のある他愛のない防壁だが、闕乏した精神を持つ蛮人はそこに壁がそびえているだけでめんどくさがるものだ。

  twitterで手慰みに他人生産物万引きしているような輩をくじけさせるには十二分以上だろう。

 問題スクショ撮影不可にする技術現存しているのかということだが、あったとしても、すくなくとも現状ブロガー程度の知能を持つ生き物が弄することのできないのはたしかだろう。

 彼らはtwitter万引き犯と同程度に無能かつ怠惰だ。あらかじめブログビルトインされた機能しか使えない。

 そんな彼らに何かしらの新しいシステムを期待するなど無理な話だ。スクショ禁止にかぎらず。


 法律ダメシステムも作れない。

 ではもはやどうしようもないのだろうか?

 やはりネットとは常在応仁の乱、野盗と鼠賊が持ちたるノーマンランドなのだろうか?

 いや、もうひとつだけ手はある。

「◯◯するのはいけない」という空気を作ることだ。

 日本人空気に弱い。

 日本人殺人を犯さないのは刑罰を受けるからではない、村八分にされる恐れがあるからだ、と去年まで近所の雑貨屋あやしい北欧アイテムを売っていたロブは言っていた。

 空気さえ作れれば最強になれる。

 ところが現代は同じ等質の空気をみなで吸うということが難しい社会だ。クラスタ化だ。大きな物語消失だ。

 そもそもブロガーの説く倫理が蛮族に通じないのは互いに違う空気場所で生きているからだ。


 じゃあ、日本を一つの空気に染める方法はないのか。


 いや、ある。

 あるのだ。


 アイドルになればいいのだ。

 日本人アイドルに弱い。アイドルの言うことならなんでも訊く。アイドルの発する言葉デルファイ巫女託宣に似ている。アイドルとは現代ブッダだ。ブドーカンの壇上にならぶ、数十のブッダ。(ウィリアム・ギブスンあいどる』より引用

 アイドルファンは慈悲深い。かつて、彼らを裏切ったある人気アイドル公衆面前で頭髪をすべて剃り落として許しを乞うたとき、その哀れな姿を見たファンたちは本来衆合地獄に相当する罪を犯した邪淫の女を涙ながらに寛恕したのである。慈悲、慈愛。これからネット必要倫理とはつまりこれらである

 現在ネットに慈悲や慈愛やみほとけの心は見当たらない。

 しかし、輸入することはできる。

 アイドルになることで。

 すべてのブロガーアイドルを目指すべきなのだ

 その輝きの向こう側へ至ったときあなたは三つの真理を悟ることだろう。


 色即是空

 諸行無常

 一切衆生


 アーメン