「松井玲奈」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 松井玲奈とは

2017-11-25

自分を偽って彼女を作った。

タイトル結論自分語りだ。読まなくても良い。

たぶん、オチもない。

高校大学とずっと振られっぱなしの人生だった。

人と話すのが上手じゃないのに、性欲だけは人一倍

惚れっぽいからすぐに好きになって告白しては玉砕

ちょっと可愛い子であれば簡単に惚れてしまものから

周りの女性から

「こないだは○○ちゃんが好きだったくせに、もう××ちゃんに告白している」

と、評判は最悪中の最悪だった。

女子の噂はすぐに広まるのだ。

頭を掻きむしり、悶えてみても失恋は繰り返すばかり。

の子なら付き合ってくれるかも?

セックスできるかも?とランクを下げてみても、

だれにも相手にされない青春を送った。

自分の美醜を呪い、整形する費用までバイトで貯めてみたが

結局勇気がなくて手術はできず、

恋愛工学に手を出してみては、益々もって女性に嫌われた。

就職活動東京にある某IT系会社に潜り込んだ。

田舎大学出身自分には、びっくりするくらい

綺麗な女性ばかりの職場

右見ても、左見ても綺麗な人ばかり。

仕事で話してお願いされるだけでも胸がときめいた。

会社部活動も非常に盛んで、自分ボードゲーム部に入部した。

楽しい飲み会女性ゴミカスのように見られていた過去自分

ここにはいなかった。

俺は、入社する前に心に誓ったことがあった。

「どんなに心がときめいても会社女の子告白しない」

「優しい良い人な同僚として、性欲を徹底的に隠す」

ということを決めた。

もう二度と女性からまれるような目で見られるのが嫌だったから。

ボードゲーム部はインドアの遊びをするだけではなく、

脱出ゲームをみんなでしたり、イベントにいったりする

結構アクティブ部活だった。

飲み会も多く、俺は自然とそのメンバーの中に溶け込んでいった。

半年を過ぎたころ、A子という新しいメンバーが入った。

A子は中学のころ初めて好きになった子にそっくりだった。

松井玲奈のようなアーモンド形の目をしていて、

笑うと溢れる八重歯が、とても可愛かった。

俺は一瞬で恋に落ちた。

いや、正確に言うと会社の他の人も好きになったのだけど、

彼女は違った。もうどうにもならないぐらい、

身体が熱くなるのがわかった。

毎日しかけたり、LINEを送りたい気持ち我慢して

先輩として振る舞い続けた。

なんども夢に彼女が出てくるほど、俺は虜になっていた。

それでも、告白したら彼女から虫けらのように見られると思い、

死ぬ気で食いしばり、他の人と変わらないように接した。

毎週1回の活動日以外は、個人的な連絡は絶対に送らない。

チームを組むときは、その子と組みたがるような素振りを出さない。

目で追いかけすぎない。

部活の前は、俺はあくまで素敵で優しい先輩だと、

彼女に会う前にトイレ自己催眠をかけてから向かった。

ある休みの日、部長の自宅でボードゲームをすることになった。

部長の奥さんと子供がちょうど実家に帰っているということで、

からまり夜8時くらいまで、ひとしきり遊んだ後、

部長手料理飲み会が始まった。

今日ゲーム反省やなんだかんだとワイワイしていたら、

あっという間に時間が過ぎ、遠くの人たちは終電で帰って行った。

家が近く、お酒も好きな俺、A子、A子の友達部長の4人が残った。

どうせタクシーでも大した金額じゃないから、

2次会をこのメンバーでしようということになった。

お酒が入れば色恋の話がはじまる。

最初部長結婚の馴れ初めなどを聞いていたが、

俺に番が回ってきた。お酒を相当飲んでいたが、

それでもA子の事が好きだということは言わず

「ずっと彼女はいないんだよね」

とだけ伝えた。

A子は

「へー。そうなんですね。意外ー。優しいかモテそうなのに。」

と言って「私も半年前に別れてから居ないんですよね」と言った。

俺は、元彼との別れ話など全く聞きたくなかったが、

表情に出ないように、必死で相槌を打ったりしていた。

深夜1時を回っていたと思う。

見るとA子の友達ソファーで寝ていて、

それに気づいた部長は「毛布もってくるわ」と部屋を後にした。

その刹那

増田さん好きー」

とA子が抱きしめてきた。

俺は何が起こったのか全く理解できなかった。

酔っ払って、抱きしめ癖のあるのかなと思った。

いや、それにしてもメチャクチャ甘い匂いがする。

しんどいくらい股間が硬くなって、

もうクラクラして意味がわからなくなった。

(今思い出しても夢なんじゃないかと思ってる)


「え?まじで?」

と俺が間の抜けた返事をすると、

だって増田さん私のこと好きでしょ」

と言ってきた。俺は死ぬほど好意がばれないように

皆と同じように接してきたつもりだったが、

A子には筒抜けだったようだ。

「私も好きだよ」

とにっこり笑って、キスをした。

俺はファーストキスだった。

その日は、友達を送るといってタクシーで二人は帰って行った。

俺は部長好意で朝まで停めてもらった。

翌朝、やっぱり夢だったんじゃないかと思って携帯を見たら

おはようLINEが来てて、現実だと認識した。

それから初デートで俺らは付き合い始めた。

後々聞いてみると、俺のA子への態度は他の人へのそれと全く違ってたそうだ。

それでも一生懸命紳士的に接してくる姿に胸を打たれたらしい。

もし、恋愛で誰かを好きになってしまったら、

かっこいい上司、素敵な先輩、物分りが良く理解の早い後輩など、

好意を持ってもらえる役を演じると良いと思う。

奥歯が割れるのではないかと思うほど、性欲を堪えて本当良かった。

2016-08-09

フライングゲットHD

自分AKB48ファンでもなんでもないが、フライングゲットMVだけは何度も見てしまう。

それこそ最初YoutubeにUPされて以降はかなりの頻度で見ていた。

曲の良さはもちろん、メンバーも最盛期でパワーがある。振付の完成度も文句のつけようがない。

そして何より衝撃的だったのはカメラワーク

監督堤幸彦氏!)がいいのかカメラマンがいいのかわからないが、例えば一人にスポットを当てる時も急速にカメラを動かしブレーキを掛けたように目当ての子で止まる。

このスピード感が素晴らしく、相当のカメラコントロール技量がないと出来ない芸当と思われる。

カメラワーク芸術ひとつなのだな、と実感した次第である

そしてメンバーの子の表情の良い所をしっかりピックアップしているところも評価できる。

これは編集技量だと思うが、印象的な表情をバッチリ押さえている。

例えて言えば「♪その目〜」のところの柏木由紀だろう。相当な眼力がある。

眼力でいえば、松井玲奈も外せない。

まり時間映ることは無いが、要所要所で印象的な表情を見せる。この采配も監督に一本だ。

色々バッシングはされるが、センター前田敦子存在感も素晴らしい。なぜ前田敦子センターなのか納得のできるオーラをしっかりと映している。

というわけで、かなり緻密で製作時間も掛けられたこのPVを久々にYoutube見たらHD化されていた。

以前は480Pくらいの画質だったため本気でDVDでも買おうかと思ったがこれで買わずにすんだ。

メンバーの全盛期の表情、神がかり的なカメラワーク衣装、背景を高精度で存分に楽しめる。


一方で、檸坂46の「サイレントマジョリティー」。

最初からHD配信されているのは評価できるが、なにせPVの完成度が低い。

いや、それ以前に曲の歌詞が全く前に出てこない。とてもストリングスピアノが美しい曲ではあるが、その楽器類にボーカルが埋もれて浮上して来ないのだ。

ミックス以前にアレンジ問題だろう。とにかく派手にするためにボーカルを殺してしまっている。メロディが良いだけに惜しい。せめてミックスでボーカルをもう1.5dBでも上げることができれば、である

そしてカメラワークだ。特徴的な機械的動作を取り入れたダンスを見せるために淡々と全体を映すことに特化し、まず個人が出てこない。

そして全体を撮るために思い切ったカメラワークはできず、ゆったりとしたパンニングで曲の持つスピード感エネルギー感を全く生かしてない。

またメンバーの表情も全体的に死んでしまっている。「フライングゲット」のように明るい曲では無いものの、シリアスな表情でもぐっと視聴者を掴むことはできるはずだ。

メンバー最初から諦めているような気配さえ受ける。全体として現場の熱意が感じられないPVなのである

監督1979年まれとまだ若いベテランの堤監督と比べるのは酷だが、キャリアの差をまざまざと見せられる結果となった。

段々何を書いてるかわからなくなってきたのでここでやめるが、せっかく日本音楽業界で唯一潤沢にお金を使えるアイドルというジャンルである

素晴らしい監督、曲、歌詞振付アーティストがいればたとえアイドルでも素晴らしくクオリティの高いものができるということである

個人的にはRockが好みではあるが、素晴らしい作品にこの際ジャンル関係ないだろう。

ぜひフライングゲットに続く、国民的ヒットを生みだしてもらいたい。それにはただお金を掛けるだけではダメで、現場の熱意が必要不可欠ということを加えておこう。

2016-01-10

松井玲奈ビジネス鉄オタっぷり

ついにタモリ倶楽部に出てたが、正直、完全にビジネスなので自重して欲しい。アイアイはまだそれを意識して演出する能力があるが、松井玲奈はそれを隠そうともせずノウノウと出演するのがいただけない。

ま、本命スケジュールが都合つかなかったんだろうけど。

2014-06-22

AKB松井玲奈ってっ結構、目が離れてない?

ファンの人ごめんなさい。

目離れてると思うんですよw

2014-01-18

本と読書が似合う女優アイドルモデルランキング

ソースは現時点の http://bookgirls.tumblr.com/tags からブログ主=増田が個人的に好きなタレントランキングだろと言われれば否定できない。

第7位 堀北真希夏帆吉木りさ本田翼

趣味読書とする女優は多い。堀北真希公式プロフィール夏帆公式プロフィールも、「趣味読書」としている。無難趣味としての読書は根強い。

一方で、マンガアニメオタクであることを公言してキャラ付けする芸能人も増えた。吉木りさはそれで取っている仕事もあるし、BL発言で物議を醸したりした。本田翼マンガオタクとして昨年『ほんだらけ』出版した。このジャンル第一人者はもちろん中川翔子であろう。栗山千明様も捨てがたい。

第6位 逢沢りな

Tumblrではブレイクし続けていて、腰の形で区別できるグラビアアイドルであるが、未だテレビで目にすることはほとんどない。

第4位 佐々木希橋本愛

佐々木希Tumblrグラビアブレイクしたが、その後テレビに出るようになってからはあまりぱっとしない。ちなみにTumblrローカルで人気を誇ったグラビアアイドルといえば石井香織である

橋本愛は『あまちゃん』などで人気上昇したのは間違いないが、ここでは角川文庫2012年夏のキャンペーン採用されてスコアを稼いでいる。

第3位 鈴木愛理

彼女はなんでここにランクインしているんだろう。俺の好みが反映されているのか。

第2位 松井玲奈

オタクアイドルの新星としてAKB系列から2位に飛び込んだ。写真集『きんぎょ』での書店撮影は、ユニフォームコスプレでもなく背景のロケ地として使っただけでもない、アルバイト体験的なショットが秀逸であった。Google+にも本を読む姿が投稿されることがある。他の面々とはやや趣の異なる方向性に注目したい。でもPV歌番組ではどこにいるのか見つけられない。

第1位 多部未華子

異論の余地がない堂々の1位である。ブスかわいい的な評価はここでは措いておく。読書趣味とする女優の中でも頭一つ抜け出た感があり、本をテーマにした雑誌の特集や単発の取材も多く、集英社文庫2010年夏のキャンペーンにも起用された。

蒼井優がなぜか17位と低迷した。

彼女達が実際に読んでいる本のタイトルは何か、ということは(雑誌インタビューはともかくブログSNSでは)公開しなくていいと思う。安易ステマにつながりかねない。ただ自然営為として読書オタク趣味を曝し、本を手にする姿をフォトジェニックに撮ってもらいたい。

2013-07-06

女装した自分に恋をした

小さい頃からその兆候はあった。長くなるけど昔話からしたい。

物心ついた頃、よく覚えていないけどきっと多分その頃から女の子になりたい、可愛くなりたいと思っていた。

背の順に並ばされると必ずクラスで一番前になる背格好や小学校に入って少し経つくらいまでよく女の子にも間違えられた容姿もそれなりに影響していたのかもしれない。

幼稚園に入る前あたりの自分写真を見ると全部首をかしげてニコニコして映っている。そのポーズをとると可愛く見えると思っていたから例外なくそうしていた。

両親はそういう行動を取る息子のことをさして気にはしてなかったようだ。「男の子なんだからしっかりしなさい」と言われるようなこともなかった。

しか幼稚園に入ってから、どうやら男の子はそういうことをしては変に思われるのだということに気がついた。

でもぼくは最初はあまり気にしてなかった。18cmのお気に入りだった赤い靴を履いてたらなぜか色々言われたりもしたけど、そこまで気にすることは無かった。

その当時ぼくは男の子にしては少し長めの髪型にしていたのだが、ある日幼稚園の同学年の男の子がぼくの髪をハサミで切り落とした事件が起きた。

その時は悲しくて泣いてしまったけれど、その時に男の子が可愛くなりたいと思うのはダメなことなんだなとようやく理解した。

それ以来、ぼくは表向きには一切そういうことは考えないように、そして他の男の子達が好むものを好きだというようになった。

好きな色は赤より青を、好きなテレビ番組カクレンジャーを推すようになった。

ちょうどその頃から好きなものが何なのかよくわからなくなってきた。いろいろどうでもよくなった。

そしてぼくも遅ればせながら中学校に入っていわゆる第2次性徴の時期を迎えた。そして好きな子ができた。相手は女の子だった。背が高くてちょっと同学年の中では少しませてて、ぼくの仲のよかった女の子だった。その時もしかしたら自分のことを同性愛者なのではないかと思っていたぼくは、差別的な言い方になってしまうけど正直少しホッとした。

かと言って、じゃあ告白するかとなるとそれほどでもなかった。一緒によく遊んだけれど。

付き合わなかった理由は、はっきりとしない。でもなんとなくその時にぼくは彼女彼氏には似合わないなと思ったのは記憶にある。

他の男の子ならもしかしたらそこで釣り合うようになるべく格好良くなろうと努力するのかもしれない。

でもぼくはそれをする気が起こらなかった。格好よくなろうという気にならなかったのだ。

しばらくして彼女は他のイケメン男の子と付き合うようになった。ああ、これはお似合いだなと他人事のように思った。

お察しの通り、その頃になっても相変わらずぼくの身長体重クラスの一番前に並ばされるくらいの低空飛行を続けていた。

確か中学入学時は140cm37kgだったし、卒業するときも160cmまでしか大きくならなかった。

でもその頃のぼくは一気に身長が伸びてガタイがよくなっていく周りの男の子たちを見ながら、この低空飛行状態を望ましく思っていた。もしあんなにガタイがよくなってしまったら、可愛くなくなってしまう、それだけは避けたいと誰にも言わなかったけど内心はそう思っていた。

容姿ももちろんもう女の子に間違われるようなことはなかったけど、あまりゴツゴツしておらず中性的な顔を保っていた。

から高かった声も少し声変わりした(と小学校の時から仲のよかった女の子には言われたけれど、一般的に言われるような声が出しづらくなるとかそういう明らかにわか変声期というのはぼくにはやって来なかった)けど甲高いままだった。顔を上に向けるとなんとなく喉仏らしきものが見えるかなという程度で、喉仏が目立つということもなかった。足も23.5cmでそこまで大きくならなかった。

遺伝的要素に感謝する一方で、高校入学してから一気に身長が伸びたいう母親の話を聞きながら、そのことを恐れる日々が続いた。

中学校入学した時、ぼくは自分の部屋にネット回線を引き、パソコンを手に入れた。

そのうちぼくは夜更かしをして女装している人達HPを観るようになった。可愛らしい人もそうでない人もいたけど、どの人も楽しそうにしているのが印象的だった。時々オフ会なんてものをやってて、友達もいるようでいいなと思っていた。当然ぼくにはそんな秘密を共有できる友達はいなかったから羨ましかった。

そして写真を見ているうちにこれはぼくのほうが絶対に可愛くなるとの確信をもった。単純に年齢の問題もあるけど、それを差し引いても。

そしてその日ぼくは初めて母親が若かった頃着ていた服を着た。やっぱりどうしようもなく古臭かったけれど、初めてのワクワク感で曇った目にはとても可愛らしく映った。そしてそのままぼくはオナニーをした。

そこからの転落は早かった。

中高とそんな生活を続けたぼくは、東京大学入学一人暮らしを始めた。家族の目を気にする必要のない空間と恐ろしく持て余した時間家庭教師バイト生活費お小遣いを捻出しても少し余るくらいのお金を手に入れ、趣味に恐ろしく拍車がかかった。

ぼくはずっと欲しいと思っていたものをその時に一気に揃えた。

周りの女子大生が買っているような(安い)ブランド洋服、バッグ、靴、メイク道具、ウィッグ…資金難になりながらも安いものを中心に通販で買い揃えていった。幸い高校生で急成長するという懸念はどこへやら、165cm52kgで成長は止まってしまい、足の大きさも24.5cmで止まってしまった。女性の体格としては大柄なほうではあるけれど、それでも普通のお店で手に入る大きさの服や靴を買えばよかったのでその面ではすごく助かった。

そしてある程度まとまった暇な時間が出来るたびに、ぼくは鏡の前に立って女の子になるようになった。

もちろん最初は鏡の前におてもやんが出来あがるだけだった。それも悲しくて、女性向けファッション誌を買って研究してみたり自分の顔に何度も塗りたくって練習するようになった。ちょっと痩せすぎててほっぺたに肉が無いなと思って笑顔を作る練習をしたり、ちょっとごはんを沢山食べるようにしてみたり、やれる範囲でいろいろやってみた。

そんなある日、奥二重の目をアイプチではっきりさせてやって黒髪ウィッグを被ってみたら、鏡の前に劣化松井玲奈(ファンの方々申し訳ありません)が出来上がった。あ、凄く可愛い、と自分で思った。

その場ですぐにオフホワイトブルーボーダーが入ったワンピースベルトをしめてカジュアルなバッグを持たせて帽子をかぶらせてみた。鏡の向こうの「玲奈ちゃん」はえ?って感じでちょっとカンとしていたけれど、ちょっと顔が赤くて贔屓目だってわかっていてもとても可愛らしかった。

それから玲奈ちゃん」はいろいろなことを経験した。ビクビクしながら外出もしたし、学校大学祭メイドさんになったりもした。酔っ払ってネットに少し画像を上げたりもした。知らない人に可愛いねと言われた。凄く嬉しかった。一人エッチもしたりした。「玲奈ちゃん」でいるとその間はニコニコしていられたし、幸せだった。

もう「玲奈ちゃん」とのお付き合いも5年くらいになる。ぼくも24歳になった。昔はある程度の年令になったら限界を迎えるだろうしその時には別れようと思っていたのだけれど、結局ズルズルと続いてしまって関係を持ってしまっている。むしろ社会人になってお金に余裕が出てきた分、玲奈ちゃんも貧乏女子大生からそれなりな社会人さんって感じになってきて、これはこれで可愛いかななんて思ってる。なんというか、本当に業が深いなって自分でも思う。

結局今まで彼女を作ろうという気も起こらないまま、そして作ることもないままズルズルと来てしまった。いくら「玲奈ちゃん」が可愛くてもぼくの客観的ステータス24男性会社員であるということには変わりない。数年したら結婚したらどうかとかそういう話にもなるだろう。その時にはぼくは「玲奈ちゃん」に『ごめん、一緒にはいられない。別れよう。』って言わないといけないのだろうか。そうだよな言わないといけないんだよな。

その時に「玲奈ちゃん」はなんて言うだろうか。

「わかった、いいよ」って言ってくれるだろうか。「ずっと一緒じゃなきゃヤダ。一生玲奈になって。」って言うだろうか。

いつか言わないといけない時が来るというのはわかってはいるのだけれど、悲しくて向き合えなくてまだずっと言えてない。

追記

これ酢豚ちゃんに載せてほしい。

2013-03-30

ももクロ惨敗のMステを見て、ナゼAKBに苛つくか考えた

モノノフと名乗るほどハマってはいないけど、ももクロ目的MステSPを見ました。

そんなに頻繁に音楽番組見ないけど、流し見してる時にAKBが歌っているといつもイライラしていました。

なぜ苛つくのだろう?

ももクロライブ映像は入り込んで見ちゃうのに、なぜAKBダメなんだろう?

見る度に漠然と考えていました。

口パクから

でも、ジャニーズの人やPerfumeが歌っているところは、その曲を知らなくても見られます

売上げランキング過去映像なんかを見ながら、AKBの何が嫌なんだろうな〜と考えていて、ひとつの理由が浮かびました。


ワンショットのアップと、カメラ目線での作り笑顔が多すぎる!


ももクロだってジャニーズアイドルだって、歌ってる途中にワンショットで抜かれたら

アイドル笑顔を見せたりします。

でも、メンバーの数が5〜8人だったら1人1回抜かれても、引きの映像とか上からショットとか、

右から左カメラがパンする映像とか、色んな角度から映像を見ることができます

でも、AKBだと人数が多くて映像バリエーションが少ない。

人数が多いからこそ見てて楽しいハズのフォーメーションの変化とかも、アップだらけで全然からない。

ワンショットになると、大抵のメンバーがまっすぐカメラ目線で作り笑顔で歌ってる(フリをしている)。

1人辺りのアップの時間は短くても、視聴者的には何十秒もテレビの向こうからまっすぐ見られるのは、

とても落ち着かない気持ちにさせられます

しかも、絵に描いたようなアイドル笑顔です。

この笑顔が非常に気持ち悪い。

笑顔にも色んな種類があるはずで、

ダイスキ!」「ありがとう」大丈夫だよ」「お疲れ様」で、表情が違ってくると思います

カメラ目線だけど歌詞の内容に合わせて表情を変化させていたのは、

大島優子さんとNMB(?)のショートカットの子と時々まゆゆくらいでした。

酷かったのは柏木由紀さんと松井玲奈さん。

目をパッチリひらいてテンプレのような笑顔

キャプチャ写真として見た時にはかわいらしいけれど、

歌のパフォーマンスとして見た時には、何も伝わってこない。

大島優子さんは、ワンショットになって一瞬カメラ目線になっても、

伏し目がちにしたり、そっとそらしたり。

NMBショートカットの子目線の表情がとても豊かで、魅力的でした。

ももクロも目での表現が上手くって、細かい部分まで指導されているんだろうな、と感じます

柏木さんとか、いつ見ても口パクが下手くそすぎるし、表情も一緒だし、

そういう、曲のコンセプトや歌詞メッセージなどがパフォーマンスから伝わってこないのが

イライラの原因なんだろうな、と思います

きっと、劇場での公演やライブで見たら、彼女達のパフォーマンスもっと見応えがあるのでしょう。

テレビ歌番組で、一人ひとりにたくさんのファンがいるのだから

ワンショットの画は必要不可欠なのだろうと思います

ただもう少し、アピールすることよりも歌を伝えることに重きを置いて欲しいなぁ。

2012-12-22

もしも水戸黄門剛力彩芽だったら

村娘「きゃーー、誰か助けてください!」

剛力彩芽「む、どうした!?

村娘「悪いやつに追われているんです!」

ジャニーズ「どけどけ! おいこら! その娘をこちらに渡せ!」

剛力彩芽「助さん、格さん、やっておしまいなさーい!」

大島優子「は! えいや!」

ジャニーズ「ぐえ!!」

松井玲奈「とりゃ!」

ジャニーズ「いたたたたた!!」

大島優子「しずまれー! この紋所が目に入らぬか!」

ジャニーズまさかあなた様は!」

大島優子南蛮渡来の技術で、か弱いおなごに扮しておるが、こちらは水戸光圀公であらせられるぞ!」

ジャニーズ「ははーーーー」

剛力彩芽「いっけんらくちゃく!」

水戸黄門の世直しの旅は続く。

2012-04-11

日韓男女アイドルの平均年齢と身長比較しようと思う

韓国女性アイドルユニットの平均身長:163.07

日本女性アイドルユニットの平均身長:157.66

韓国男性アイドルユニットの平均身長:*

日本男性アイドルユニットの平均身長:*

 

K-POP男性ユニット

名前グループ名)年齢身長
ユンホ(東方神起26歳184cm
チャンミン東方神起24186cm
ユナク(超新星27歳181cm
ソンジェ(超新星25歳184cm
グァンス(超新星24182cm
ソンモ(超新星24180cm
ジヒョク(超新星24185cm
ゴニル(超新星24187cm
オンユ(SHINee22歳177cm
ジョンヒョン(SHINee22歳173cm
キーSHINee20歳177cm
ミンホ(SHINee20歳182cm
テミン(SHINee18歳175cm
スヒョン(TEEN TOP23181㎝
キソプ(TEEN TOP21歳180㎝
イライ(TEEN TOP21歳180㎝
エイジェイ(TEEN TOP20歳183㎝
フン(TEEN TOP20歳181㎝
ケビンTEEN TOP20歳181㎝
ドンホ(TEEN TOP17歳178㎝

 

K-POP女性ユニット

名前グループ名)年齢身長
テヨン(少女時代23157cm
ジェシカ少女時代22歳162cm
サニー少女時代22歳155cm
ティファニー少女時代22歳163cm
ヒョヨン(少女時代22歳158cm
ユリ少女時代22歳167cm
スヨン少女時代22歳170cm
ユナ(少女時代21歳167cm
ソヒョン(少女時代20歳168cm
ギュリ(KARA23162cm
スンヨン(KARA23159cm
ニコルKARA20歳166cm
ハラ(KARA21歳163cm
ジヨン(KARA18歳166cm

 

J-POP女性ユニット

名前グループ名)年齢身長
前田敦子AKB4820歳161cm
大島優子AKB4823152cm
柏木由紀AKB4820歳163cm
篠田麻里子AKB4825歳168cm
渡辺麻友AKB4817歳154cm
小嶋陽菜AKB4823164cm
高橋みなみAKB4820歳148cm
板野友美AKB4820歳154cm
指原莉乃AKB4819歳159cm
松井玲奈AKB4820歳162cm
高城れにももクロ18歳158cm
百田夏菜子ももクロ17歳156cm
有安杏果ももクロ17歳148cm
玉井詩織ももクロ16歳158cm
佐々木彩夏ももクロ15歳160cm

2011-10-09

http://anond.hatelabo.jp/20111009145244

俺は5/11

MARCH以上の大学出身で、  ?国立の美大なんですおk

東証一部上場企業正社員で ×公務員

年収が600万円以上で    ×

身長175cm以上で    ○182

オタク趣味を持って無くて  ○趣味AV鑑賞

年齢は35歳未満で      ○

貯金は500万円以上あって  ×何に使ってるのか不明…

自家用車持ってて      ×バイクなら…

次男か三男で        ○次男

実家都市部にあって    ×大宮って都市部

結婚しても同居不要で    ○

ぼきはSKE48松井玲奈ちゃんみたいな女の子じゃないと結婚できないれす(^q^)

2011-05-07

Google動画検索を SKE48メンバーで ググってみた結果

チームS

大矢真那 660 件

小野晴香 485 件

加藤るみ 約 394 件

木﨑ゆりあ 約 157 件

木下有希子 約 497 件

桑原みずき 618 件

須田亜香里 約 672 件

高田志織 約 504 件

出口陽 約 431 件

中西優香 約 670 件

平田璃香子 約 530 件

平松可奈子 約 718 件

松井珠理奈 約 4,930 件

松井玲奈 約 3,900 件

松下唯 約 390 件

チームKII

赤枝里々奈 約 324 件

阿比留李帆 約 301 件

石田安奈 約 523 件

小木曽汐莉 約 506 件

加藤智子 約 338 件

後藤理沙子 約 287 件

佐藤実絵子 約 361 件

高柳明音 約 1,160 件

秦佐和子 約 516 件

古川愛李 約 650 件

松本梨奈 約 369 件

向田茉夏 約 970 件

矢方美紀 約 330 件

山田澪花 約 292 件

若林倫香 約 297 件

チームE

磯原杏華 約 288 件

上野圭澄 約 296 件

梅本まどか 約 235 件

金子栞 271 件

木本花音 383 件

小林亜実 215 件

酒井萌衣約 223 件 

柴田阿弥 約 206 件

高木由麻奈 約 216 件

竹内舞 約 207 件

都築里佳 約 219 件

中村優花 約 279 件

原望奈美 約 240 件

間野春香 約 273 件

山下ゆかり 約 224 件

山田恵里伽 約 360

2011-01-12

よく考えると 50年後もテレビ地デジかというと・・・50年後は確実にインターネットVODだろうなと思う。

20年後でも、本来はインターネットに移行していないと海外競争的にヤバイだろう。

そう考えると、東京スカイツリーって、必要だったんだろうか?

テレビ地デジ衛星放送)が、終わっていくコンテンツなんだなぁと しみじみ実感した

いまの、バラエティとか、お笑い番組って、20年後はどういう形態で放送されるんだろうか?

 どうでもいいけど、松井玲奈よりはゲキガラ

2011-01-02

NMB48が失敗する理由

劇場デビューおめでとうごいます。

しかしいま断言するがNMB48は失敗する可能性が非常に高い。理由は以下の2つ。

1.ファンのコアができない

AKB48においては、中高生ブレイクするまでは

30代以上のアイドルファンがファン層の中心だった。

こうした層はAKB48ブレイク後も「神ヲタ」と呼ばれ、

AKB48ファンのコアとして現場ネットの両面で

メンバー中高生のファンたちに影響を与えるとともに、

アイドルが売れるさいの土台となる物語性(コンテクスト)を形成してきた。

SKE48においても、たとえば現在もっとも人気のある松井玲奈

後列メンバーから浮上したのは、

劇場に足繁く通うコアファンの寄与が大きかった。

対してNMB48は、劇場デビュー時点から応募倍率が高騰し、

AKB48SKE48の初期のように劇場に何度も通う常連ファンが存在できない。

それゆえ、ファンの間にコアや連帯が生まれにくい。

2.メンバーハングリー精神が醸成されない

NMB48の主要メンバーは、すでに大きなコンサートテレビ番組

何度も出演していて、さらに先日のNHK紅白歌合戦にも出場した

AKB48SKE48は、コンサート冠番組紅白出場などを目標に、

ハングリー精神をもって劇場公演をおこなってきた。

しかし、NMB48劇場デビュー前に紅白まで出てしまったことで、

今後「いったい何を目標にすればよいのかわからない」

という状態に陥る可能性が高い。

いままで毎週のようにテレビ出演してきたのに、

わずか定員250人の見世物小屋毎日変わらぬセットリストをこなすことに対して

メンバーモチベーションが保てるとは思えない。

2010-06-13

AKB48総選挙人気上昇

http://www.maoloto.com/AKB48/election1.html

前回 氏名    チーム 結果 最終票  参加シングルメジャーのみ:桜の栞を除く)

2位 大島優子 (AKB48チームK)1位 31448 全て参加

7位 板野友美 (AKB48チームK)4位 20513 全て参加

9位 柏木由紀 (AKB48チームB)8位 15466 桜の花びらたち2008から全て、それ以前にBINGO!へ参加

14位 宮澤佐江 (AKB48チームK)9位 12560 全て参加

19位 松井珠理奈SKE48チームS)10位 12168 大声ダイヤモンドから全て

29位 松井玲奈 (SKE48チームS)11位 12082

23位 高城亜樹 (AKB48チームA)13位 11062 ポニシュシュで初参加

16位 峯岸みなみAKB48チームK)14位 9692 全て参加

27位 指原莉乃 (AKB48チームA)19位 6704 大声ダイヤモンドから涙サプライズまでの3作

あと順位キープ組

3位 篠田麻里子AKB48チームA)3位 23139 夕陽を見ているか?以外全て参加

25位 増田有華 (AKB48チームB)25位 4137

26位 平嶋夏海 (AKB48チームB)26位 4106 BINGO!桜の花びらたち2008のみ

新人TOP

- 位 仲川遥香 (AKB48チームA) 20位 6567

他は順位落ちてるか新人。この辺だけチェック。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん