「シングルベッド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シングルベッドとは

2019-08-03

部屋の密度上げたコンパクト暮らし

6畳で暮らすために、色々工夫した結果、究極のスタイルを手に入れたので、部屋の作り方と具体的に揃えるべき家具を書く。

一人暮らしを続けると、物が増えてくる。

一人暮らし10年目の引っ越しときは5トントラックが来た。

田舎の2DKに暮らしている頃から東京に憧れていた。

仕事も続くか分からない中で、とにかく家賃が安いところを探していると、トイレ共同で4万、6畳くらいしかない。シェアハウスもっと高かった。

モノは全部ときめくし、ミニマリストになれない僕が取れる道は二つ、広い部屋で暮らすか、コンパクトに暮らすかだ。もちろん後者の話。

コンパクトに暮らすには、まずは高さを使うことだ。

使える空間を考えると、床面積が狭くなる分、高さを使うしかなくなる。

普通の部屋は体積の1割くらいしか使っていないので、これを3割に引き上げる。

例えばベッドと食卓は横に並べるのではなく、縦に並べることになる。

とにかく、物の上にものを配置する。

ものの薄さも大切で、特に蛍光灯は必ずシーリングライトタイプにするべき。そうでなれけばベッドの上が暗くなる。

くつろぎのスペースは2箇所作ると良い。

ひとつはベッドの上、ひとつはベッドの下だ。

まずは、ロフトベッドを設置しよう。

ベッドを置いた後35cmの隙間が確保できるとベストの配置だ。このためには部屋の一辺は2.6mは欲しい。

畳1.5枚分が2.7×0.9m程なので普通大丈夫

また、普通の部屋は天井が2.4mほどある。

ロフトベッドだと、ベッドの上に1.4mくらいのスペースが出来る。立ち上がる必要はないので、天井とベッドの間が1.2mくらいになるように、高さを底上げする。

底上げのいらない高さのベッドがあればベスト

底上げのためには、足が筒状のロフトベッドが良い。

それで、足より太い鉄管40cmと、足と同じくらいで鉄管に入る丸棒20cmを4本買ってきて鉄管に丸棒を入れて、ベッドの足を差し込むと良い。

底上げする場合、ベッドの足付近邪魔フレームがないようなベッドを選ぼう。

あとは、ベッドの底は網になっているものが良い。下の空間を使うときに色々ひっかけられて便利だからだ。

最後に、ロフトベッドのはしごの下に高さ20cmの木のブロックを置いてしっかり固定するのを忘れずに。

ベッドの配置は、エアコンの送風が当たりやすいところが良い。窓から近くても遠くてもどっちでも良い。

ベッドの枕元側の空間に、天井まで届く棚を入れる。

DIYショップで、支柱と板で自由に調整できるものがあるので、2.4mの高さのものがあればそれを。なければ、なるべく高いものにすると収納力が高まる

棚板は35cm幅を3枚-5枚で、一番下に1枚、1.6mあたりに1枚(固定せず、スライドで入れるだけ)、他は自由に。

棚の下のスペースは収納に使う。ものが大きいと横から抜けないので、上から取ることになるので棚板を固定しないのが良い。

次は、ベッドの上のくつろぎ空間

ベッドの上にはテーブルを置く。テーブルの幅は1.1mくらいだとちょうどシングルベッドに収まる(狭いと寝づらいので注意)。

ロフトベッドには転落防止柵があるので、そこにテーブルを固定する。固定方法は結束バンドで良い。

この机にはテレビディスプレイを置こう。映画を見たりするためにプレーヤーを置いても良い。

私はコタツを使ったが、薄型ヒータータイプでも、寝返りが打ちづらかった。

テーブルは、寝返りが打てる高さに調整した方が良い。そうすると作業には向かない高さになると思うので、作業するときには枕を座布団にするなど工夫しましょう。

机を固定すると足元側への移動が大変なので足元側は極力必要ものは置かず、アートなど飾ると良い。

追加オプションとして、枕元にプロジェクターを置いて、寝ながら映画を見れるようにすると娯楽の幅が広がるのでお金を貯めてぜひ検討してほしい。

次はベッドの下のくつろぎ空間

ここは、ベッドの上と違って勉強など出来るスペースにすると良い。

まずはLED蛍光灯ロフトベッドの下にタイバンドで固定しよう。明るさは大事だ。2本くらいで十分だろう。別にデスクライトがある場合は1本で十分だと思う。

高さ方向の空間無駄にしないためにも座椅子のようなローソファー完璧だ。

ソファーが1.6mほどあると寝られるので友達が来ても泊まってもらえる。

ソファの向きは、枕元に向かっておく。

ソファーを置くことで、背もたれの裏のスペースが収納スペースになる。ベッドの足元側はとにかく、あまり使わないものを配置する。

残ったスペースは作業机と本棚を入れたり、好きに使うとよい。僕はPC本棚カメラギターを置いている。ソファでのPC作業姿勢が悪くなるのでモニターアームを机に固定して使うとかなり快適。

枕元側には収納スペースにする棚があるが、特に荷物がなければ棚板を増やして本棚にしても良い。

ベッドの転落防止柵にはマグネットボードを固定すると色々忘れなくて良い。

くつろぎの空間が出来たので次は服。

服はタンスと二段のハンガーラックがあると良い。ハンガーラック天井押し付けて使うもので、服が多くてもこれで何とかなる。配置上日陰になるようにした方が服が痛まない。スーツコートなどの折りたたまない服はハンガーにかけておく。ベルト類はS字フックに引っ掛けるのがおすすめ

ネクタイ20個くらい吊るせる便利グッズが売っているのでそれを使おう。

ハンガーラックの上の段の棒は最大限に長くしておいて、翌日に着るスーツシャツをかけておくと良い。

下着Tシャツ着物などはタンスに入れる。タンスにはこの他ハンカチネクタイピン、財布、手袋などの小物も入れておく。

タンスは高さ1m、奥行き40cm、幅60cmくらいが適当だと思う。

肝心の配置だが、タンスはベッドの枕元側の棚の横につける。引き出すときロフトベッドのはしごに当たるかも知れないが、奥行き40cmであれば中のものは取れる。

オプションとして、タンスの上にはA4のレターケースを2つ並べて置く。

一番下の段にガムテープが入るくらいのものだと収納スペースとして有能。

右側にはずっと置いておかなくて良い書類(税金関係のものなど)や、文房具を入れて置くと良い。

左側に手紙を出す用の紙や封筒を入れて置くと良い。

ここに置いておくと、ベッドの上から手が届くので便利。

さらオプションとして、スキャナ付きプリンタレターケースの上に置く。プリンタ絶対wifi対応のものにしておくこと。携帯から写真印刷できる機種だと文句なしに便利。

二段のハンガーラックはベッドに並行に置くと良い。ベッド下のソファのスペースへのアクセスが悪くなるようならソファの向きを変えても良い。

さて、これで4.5畳くらい埋まったはず。

あとはキッチン玄関

キッチンに棚がない場合は組み立て用の金属ラックフレームと板を使って棚を作ろう。もちろんキッチンの上に。調味料はそこに置いておく。金属ラックにするとき磁石がくっつくのが色々便利なのでおすすめ

それから玄関。靴は壁に引っ掛ける便利道具があるので、靴箱が少ない場合検討してほしい。壁に穴を開けられないと思うので、ディアウォールという2×4の角材を固定するものを買ってそこに固定すると良い。

よく使うバッグも引っ掛けられるように突っ張り棒とS字フックを使って収納を作ろう。

あとは冷蔵庫洗濯機乾燥機

多くの物件では置く場所が決まっているのでその通りに対応して下さい。東京にはコインランドリーも多いので、こまめに行ける人は洗濯機乾燥機はいらないだろう。

ひとりでもコンパクト暮らしを楽しめる人が増えると嬉しい。

その他:

掃除機コンパクトなのを買ってもいいけど、なくても良い。クイックルワイパーコロコロで足りる。

コンロは調理頻度が低ければカセットコンロでも良いと思う。

アイロンは出来るならあってもいいけど、クリーニングに出した方が早くて楽。コンビニクリーニング24時間受付、受け取り出来るところがあるので、そういうコンビニが近くにある物件はかなり良い。

シュレッダーはあると良い。アイリスオーヤママイクロカットは本当に細断されるので良い。

ゴミ箱は、蓋つきのものおすすめする。

2019-05-19

彼女が家に来ると熟睡できない

数ヶ月前に彼女ができたんだけど、

彼女が家に来て一緒に寝ると熟睡できないという悩みがある。

会って翌日ぼーっとしてしまうし頭痛がするので

どうにか解決したい。

原因ははっきりしていて、以下の2つ。

前者はまあたかだか数千円の出費だから買い足そうと思うんだけど、

後者はどうするか迷う。今持っているシングルベッドを捨ててもっと大きなベッドを買うべき?

個人的には今使っているベッド(無印良品の脚付きマットレス)を捨てずに拡張するような方法が無いかなと考えているんだけど、

なにかいい案知りませんか?

2018-12-16

anond:20181215100136

ママもつくっとこう

 

自布団でだれもいない

サイコー個人的には羊毛綿の敷布団とポリエステル掛け布団、タオルたたんだ枕がお気に入り

 

パパが隣りにいる

いびきうるさいよ痩せなよ

 

腰はどうしても痛くなる。座布団は客用にしたいしさー

 

フローリング

痛い。フリース毛布一枚でも敷いたほうが冷たくないし痛くない。

 

職場トイレ

タンクに後頭部乗せると最高。ただしいびき音でバレル。

 

食卓イス2つならべて

夜泣きにはこれしかない。電灯も暖房もつけっぱなし。

ソファベッド?そんな贅沢品は手を挟むから乳児家庭には無理。すぐいらなくなるし。

 

テレビ前のごろ寝ござ

パパがすぐ来てどかされる

 

座椅子の背もたれ倒す

一時期主戦場だったけどおむつからおしっこ漏れて染み込んじゃってからバネの具合が・・あと足寒い

 

思春期シングルベッドに2人で腹ばい

お気に入り動画見せるからこいといったくせに

寝るならベッドから今すぐでてけと蹴り落とされて腰打ったマジつらい

そもそも本棚が近すぎてすぐにうごけない危険地帯じゃん

シーツをかえたりしてるのはママなのにという理不尽を感じた

 

電車

日本は財布をとられなくてよかったといって寝てたら子供心配されるようになった

 

自家用車

酔いがひどくて駐車場においてってって家族に頼んで後部だったから鍵もかけられないで寝てたら車上荒らしにあった!?

冬は足が寒いです

遠征バス

いろいろ服の下で緩めてパジャマ解放するテクニックをおぼえたが足は寒いので靴下までなのがつらい・・

あと尻が大きいせいか4列5列は身動きならないので3列しか無理

 

結論

女さんがいにいえなしってね!

2018-12-05

歌詞の「抱く」は抱きしめるなのか、セックスなのか

シングルベッドで夢とお前抱いてた頃→セックス

ああだから今夜だけは君を抱いていたい、ああ明日の今頃は僕は汽車の中→抱きしめる……?セックス……?

2018-10-08

キラキラ副業起業系男の裏側

「月収100万」とか「お金持ちになろう」とか、よくある起業系、副業系のコンサル(営業トーク教えたり、バイナリーオプションあっせんとかそういう系)に進んだ彼がいたんですよ、前にね。

あの人たち別にキラキラしてないのよ普段

食べるものほとんど変わらない、ブロッコリーサバ納豆。1人のご飯あんまりメニューを考えないの。

生活もいたって普通、二人きりになったら大胆に私の胸を触るし、外でも人目がないと思ったらお尻を触ります

ベッドの上、2人シングルベッドの上に並んだら、抱きつく。

意外とかわいいでしょ?

もう一度、ベッドの上で抱きしめて欲しいなぁ

2018-07-10

夫のいない日

息子と二人で早々とお布団に入れる。やばい幸せ

ご飯適当夕方に済ませて早々お風呂に入って、ゴロゴロ寝かしつけ。布団が広いよー!!ゴロゴロできるよー!!!

夫がいるときは寝室のベッドに私と息子で半分こしてるけど、今日はは息子と私でベッド1つずつ(シングルベッド2つくっつけてる)。

だが、広々ベッドで息子は壁にへばりついて寝てる。いつもの癖かな…ごめんな…。

母は大の字でねる!広々つかう!おやすみ

2018-05-27

同棲、是か非か

同棲ってしたほうがいいですか?

25歳女と27歳男、付き合って7か月、社会人同士のカップルです。

彼氏同棲したがる。

週2回のデートじゃ物足りない、できるだけ一緒にいたい、どちらかの部屋で半同棲しよう、それか早く部屋借りて同棲しよう。早く!

私としては、他人の部屋のシングルベッドで週3日以上過ごすなんてキツイし、婚約前の同棲はかなり抵抗がある。

でもこれ以上デート増やしたくない。デートすると、帰りが遅くなるからだ。(私は7時始業なので22時には解散したいのだが、10時始業の彼に粘られて結局いつも0時の終電まで一緒にいる。1時に帰宅し2時に寝て6時に起きる)

 

デートを週2以下におさえたい理由については以前彼に説明したことがあって、そのときは納得してもらえた。ただ、不承不承という感じではあった。

それが最近「やっぱりもっと会いたいから、デート増やせないなら一緒に住みたい」と言ってきた。そりゃそうだ。

ちなみに結婚についての意向を訊いたところ、「将来的にはしたいが今はしたくない。いついつまでに結婚しようね、と約束するのも、義務感で結婚するみたいで愛情を感じないから嫌だ」だそうです。

 

私は、彼のことはもちろん好きだが、「結婚をしたい女性にとって、同棲メリットがない」くらい思ってるから大事相手であればあるほど同棲は嫌だ。

ずっと一緒にいたい相手と、不安定関係になるのは不安だ。

「お試し」されるのも不快だ。

あと同棲結婚の予行練習になるとも思ってない。配偶者家族だが恋人は結局よそ様だし、周りの目も違う。

と、思う一方で、

会いたい頻度や愛情表現にこれだけズレがある相手なのだから、いきなり結婚するのは危険かも?それこそ「お試し」が必要なのか?

という気持ちもある。

 

皆様だったらどうしますか?

アドバイス経験談、ご意見、いただけたら嬉しいです。

2018-05-15

葬送

元彼に新しい彼女ができた、と人づてに聞いた。

別れてから数ヶ月、1人でもそれなりに楽しく生きていたつもりが、話を聞いてから丸1日はそのことしか考えられなくて、自分の中で彼とのことを消化できていないことに気づいた。それは本件について誰にも本音を吐き出せていないからかもしれない。彼に大切な人ができた今なら、私が何を語っても大丈夫だろうし、今まで何かが怖くて言語化してこなかった自分気持ち文字にすれば、これまた何かを供養できるんじゃないかと思い立ったので筆を執ることにした。

4年間という短くない期間を共にしたので、長文になるだろう。でも、文章にしてしまえばとても陳腐な話なのかな。書き終わる頃には少し楽になれてるといい。

一目惚れだった。内定先の会社で開かれた先輩社員との飲み会で隣の席になり、仲良くなれる気配を感じてSNSアカウントを交換したのが始まり

当時大学生の私にとって、たった2歳上でも社会人ものすごく大人に見えて。そのバイアスも多分に含まれていたとは思うけど、落ち着いた雰囲気ながらもユーモラスな彼はとにかくかっこよかった。ルックスも好みで、特に目元がゾウさんみたいにぱっちりでマツゲが長いところは、ずっと眺めていたいほど。背も高くて、大きな手が魅力的だった。

その飲み会では、彼に彼女がいるということを聞いて(周りの先輩達がわざわざその場で言ってくれるくらいには、私の好き好きオーラバレバレだった)、ものすごく残念に思ったけど、私にも彼氏がいたので飲み会後は「入社が楽しみだな」という気持ちで帰った。

でもせっかく連絡先を交換したので、飲み会の後から頻繁に連絡を取り合うようになる。ライン上での会話のテンポ言葉遊び感覚が非常に合って、話ははずんだ最初は先輩後輩としての会話だったものが、だんだんプライベートな話までするようになっていき、私の好意はもちろん伝わっていただろうし、向こうもまんざらでないように思えた。

そして2ヶ月後には彼が大阪まで遊びにきてくれるという進展っぷり(私は当時大阪在住、内定先および彼は東京だった)。一緒に大阪観光名所を遊び回って、電車の乗り間違えなんていう些細なことでも笑いが止まらないほどだった。この旅行での胸の高鳴りは今も忘れていない。

大阪旅行を経て、私は彼の恋人になりたい気持ちが強まった。当時の彼氏に別れ話をして、彼と付き合えるように準備を進めた(私が悪いので当然だが、別れ話はもめにもめた)。そんな中、彼からは決定的な言葉はなくて、まだ彼女とも別れていないようだった。スカイプでのテレビ通話中に不安を伝えると、無言になって部屋の中で何かを投げ始めて、びっくりした。どうやらイラついたらしい。そのような感情表現をとる人を見たことがなかったので本当に驚いた。これが最初違和感。そのほか、お互いの恋愛観についてもいろいろと話をする中で「とにかく楽しいほうに流れたい。現状を変えるのは面倒」といった旨の意見を聞いて、このあたりにも少し不安を覚えたけど、恋は盲目からそっと記憶の端に追いやった。

数ヶ月後、晴れて彼も彼女と別れ、私が正式恋人となることができた。幸せだった。遠距離は寂しかったけれど、名古屋で会ったり彼の家に泊まりにいったりして、私が入社のために東京に引っ越すまでに5回ほど一緒に過ごしたのではないだろうか。私は時間を、彼はお金をお互いのために割いた。卒論は彼の家で書いた。

大学卒業して、ようやく社会人になった私は極力彼の近くにいるようになった。彼の住む駅と同じ場所アパートを借り、ほぼ私の家で一緒に過ごしていた。6畳のせまい家だけど、大好きな彼とやっと一緒にいられる楽しさで全然苦ではなく、べたべたとくっつく毎日

けれど、頭の隅に追いやったはずの不安が少しずつ顔を出す。発端は彼が家事をあまりやらないこと。ありがちかよという感じだが、気になったのはそこではなくその後の対応である家事負担に対して私が不満気にしていた日、彼は「(私)が不機嫌みたいだから」と出て行こうとした。話をするのではなく去ろうとした。違和感その2である。私もただ不機嫌なのはよくないなと思い、家事の分担について話すと「俺のほうが疲れてる」「昔は文句言わなかったのに」と的外れかつ見下した返事をする。結局その後チャットでもう一度話して分担を決められたけど、この時のそこはかとない不安感覚は鮮明に覚えてる。

それから、忘れられないのがその年の私の誕生日。彼はほぼ常に誰かしらの女の子と連絡を取り合っている人であったが、その時期特にはまっている相手がいて、私の誕生日にも目の前でスマホばかり見ていてかなり辛かった。出かけていたけど、悲しくなってすぐに帰ってきた。彼にとっては私の嫉妬がうざったかったようだが、それならそれでもう少し上手くやってほしいと願う。彼へのいくつかの不信感はこの後どんどん増大していく。

なんだかいきなり悪いことばかり書いてしまったけど、基本的にはすごく楽しい日々だったし、彼のことも尊敬している。私が配属先のことで悩んでいた時、彼の的確なアドバイス希望通りに進んだことは感謝のしようがない。常に向上心を抱いていて、努力努力と思わずストイックに進み続ける人。でも私にはどろどろに甘くて、一緒に歩く時は手をつないだり腕を組んだり、駅の階段を上る時は体力のない私を押してくれたり、そんな何げないシーンに幸せを感じていた、確かに愛されていた。1人では何もできなくなるんじゃないかと思うくらい甘やかしてくれた。シングルベッドと壁の間にぬいぐるみが挟まって爆笑したり、旅行して写真を撮ったり…このあたりの時期に撮ってもらった2ショットはその後3年間ずっと部屋に飾るほどの宝物だ。ここまで書いてやっと1年。ちょっと飛ばそう。

やはり6畳では手狭に感じてきたので、私が社会人2年目になる頃には広い部屋を借りて同棲を始めることに。さすがに同棲をするのに親に内緒というわけにはいかず、私の親に電話あいさつをしてもらった。2~3年後には結婚を考えていると電話口で言っていて、常套句ながら口元が緩んでしまったのを覚えている。

新しい1DKの部屋で、私は世界一幸せだった。夜、眠くなったら優しく寝かしつけをしてくれて、朝は私から行ってきますキスをして、毎日ハグして、一緒にゲームして、くっついて寝て。手をつないでふらっとコンビニに行った。テレビを見てやいやい意見を言い合ったり、ばかみたいに妖怪ウォッチダンスを踊ったりして笑顔が絶えない日々だった。ご飯を食べる時は、小食な私の食べ残しを彼が食べてくれることに強烈な愛情を感じていた。うれしくて、別にそこまでお腹いっぱいじゃなくても彼にパスしちゃってたな。私のドジで笑ってくれるのが愛しかたから、いっぱいドジした。大柄な彼の上にのしかかるのが好きだった。お互いの寝言について笑った。関西弁を使ってくれるのが嬉しかった。2人にしかからない符号がたくさん生まれた。彼の好きなものを真似して、私にも好きなものが増えて、世界が広がった。彼の脱いだTシャツですらいとおしかった。彼に愛され続けるように、見た目も中身も、かわいくいようと努力した。

そんな幸せ日常の一方で、なるべく直視しないようにしていたものの、不安なことはいくつかあった。まず、お出かけを一緒に楽しめなくなっていたこと。倦怠期と言われればそれまでだけど、付き合いはじめの頃はどこに行くか、何を食べるか一緒に決めて楽しんでいたのが、だんだん彼が私についてくるだけになった。ついてくるというのは、本当に後ろをついてくるだけ。何食べる?と聞いても「どうする?」と言うだけ。目的地でも興味を示さずぼーっとスマホをいじっていて、それならむしろ1人で出かけたほうが気楽だからとそう言っても、ついてこようとはしてくれる。店員さんを呼ぶのも、席を探すのも、地図を見るのも私。前に出るのは苦手だったからかなり苦痛だった。友達とたくさん遊んでいる彼は、絶対友達の前ではそんな感じじゃないはずなのにね。甘えられてたのかもしれないけど、一緒に楽しもうとしてくれない人と出かけてもしんどいだけになってきたから、だんだんデートに誘わなくなった。最後年の瀬カレンダーを買いに行くと言ったらついてきてくれたけど、やっぱりずっとスマホをいじってるだけだったね。連れまわして機嫌が悪くなっても困るから、早く済まそうとして最初に入ったお店で全然趣味じゃないカレンダーを買ったときの虚無感は忘れられない。

不安なことの2つめは、彼が不機嫌になった時のこと。機嫌を損ねると無言になって話ができず、物にあたり、こちらを無視してどこかへ行ってしまうという癖があった。これは付き合う前に感じていた違和感その1と2で、どんどん膨れ上がっていた。もちろん私も黙って我慢していただけではなくて、話し合いをしたいときは、どういう話の持って行き方をすればいいのかを調べて試行錯誤したし、直接、無視するのはやめてほしいと伝えたこともあった。でも性格簡単に直らないし、私の心もなかなか強くはならない。本当にもう無理と感じたのは、彼がケガの療養中に、少し出かけてみるというから一緒に行ったら、ケガが痛いようでみるみるうちに不機嫌になっていった日のこと。「帰ろう」と言っても「うるさい」と一蹴され、どうすることもできず黙って着いて行った。みじめだった。極めつけは、後になって「ごめんね。でもケガしたらわかるよ」と言われたこと。例えば私が生理痛あなたに当たり散らしたことが一度でもあっただろうか? ケガのせいではない、この人の性根がそうなだけだ。この人と、将来、何か問題が起きたときにうまく支えあっていけるのだろうか? 不機嫌をまきちらすこの人と。私はいつの間にか、彼の顔色を伺いながら無理におどけるようになっていて、どうにも元気が出ない日も、ドアの前で深呼吸をして笑顔を作ってから帰宅していた。できるだけ彼の機嫌が悪くならないように。そうすれば楽しい毎日が送れていたから。何度も傷ついて、もうあの空気になるのが耐えられなかった臆病者。

不安なこと3つめは、女性関係。前述の通り、彼は常に誰かしらの女の子と連絡をとっていて、時々会ってもいた。私が嫉妬するからと隠そうとしてくれるのはいいが、全然隠せていないから、結果として最悪な形で私に「女の子と会う」と伝えていることになっていた。男女入り混じったグループで遊ぶことはもちろんあるだろうが、2人でデートしたり、合コンに行ったり、ドライブしたり…これで嫉妬するほうが悪いというなら、恋人を作らないほうがいいのではないかと思う。愛されているという自覚はあったけど、彼が何を考えていたのかわからない。仕事のためだと言うこともあったけど、本当だとしたらどれだけ効率の悪いリクルーティングだろう。でも嫉妬しすぎて彼が不機嫌になったら大変だから、1人の時に泣いて消化していた。この家で不機嫌になっていいのは彼だけだから。それでもどうしても我慢できないことがあった。それは旅行。私とは満足にお出かけもせず、何にも誘わないのに、ほかの女の子とは自分で車を借りてホテルを予約して旅行するんだ。その扱いの差に耐えられなかった。出発の日には目の前で泣いてしまった。帰ってくるま毎日涙が止まらなかったし体調も崩した。彼が帰宅後、我慢できずに口からこぼれてしまった日、彼は心底めんどくさそうにして、私と別れると決めたようだった。女の子と会うことよりも悲しかったのは「私が嫌だと感じていることを意に介さない」こと。例えば、本当に仕事なのであればそう説明するか、友達なら紹介してもらうとか、何かしら2人の間で納得できる解決策を見つけようとすることがなかったのが辛い。また思い出して泣けてきた。痛い。私の価値観が低次元とかそういうことではなく、歩み寄ろうとしてくれないことが何より悲しかったんだ。

でも彼のことは、心に顔が浮かぶだけで泣きたくなるくらい大好きだった。3年目にはもう頭の中はぐちゃぐちゃで、彼と結婚してずっと一緒にいたいという強い思いと、上記不安がないまぜになって、自分でもどうしたいのかわからなくなる。彼は結婚というものに興味がなさそうだったので、私から結婚するのであれば子供不安なく産めるうちに、と逆算した結果を提示し、これくらいの時期に籍を入れたい、という話をしていた。彼も了承していた。でもその時期になっても彼は何も言わない。私たちより後に付き合い始めた友達カップル結婚した。彼は何も言わない。彼は結婚してまで私と一緒にはいたくなかったのだろうか。うちの実家には来てくれたけど、その気がなくなったのかな。わからない。

結婚したい、してくれない、でもこの人と将来ずっと生きていけるのか、そんなことばかり毎日ぐるぐると考えているとき旅行騒動があったから、私の心はポッキリ折れてしまった。このままじゃ彼のことも自分のことも嫌いになって、笑顔でいられなくなりそう。自分の心を守りたかった。でもまだ寝顔ですら愛しいと思う気持ちは変わってなくて、「別れたい」という言葉は絞り出すように口にした。

そこからは早かった。「別れたい」「わかった」というやりとりをした1か月後には引っ越して、あっさりと同棲は終了。最後に会った彼は、あの飲み会で初めて会った時と同じ顔をしていた。

今私は初めてのちゃんとした一人暮らしをしている。彼氏はいない。4年間というのはとても大きくて、生活のそこかしこに彼のおもかげを感じてしまう。彼が好きなテレビ番組、食べ物スポーツ、手をつないで乗った電車の中、駅のエスカレーター。彼に似た人が歩いているとつい目で追ってしまう。

彼には新しい彼女ができたらしい。

私には、親から見合いの打診があった。

高校卒業からずっと彼氏を切らさないようにしていたが、独り身になった途端これだ。きっと逆らえずに結婚するのだろう。私の人生は親の言うとおりだから。思えば、就職先だけは自分で決めた。そこで出会った彼に恋をして、4年間幸せに生きた。途中は恨み言ばかり書いたようになってしまったけど、上京就職という精神的に不安定になりがちな時期を支えてくれて心の底から感謝しているし、夢のように幸せ時間だった。彼の腕の中で安心して眠った日のことを思い出して、この先強く生きていけるはず。今はまだ泣いてるけど。大丈夫。1人で階段も登れるようになる。

これを書いて、匿名ではあれ公開して、誰になんて言ってほしいのかわからない。別れてよかった、別れないほうがよかった? もし彼が見たらどうしよう、見てほしい?

まり不義理な感じだったから、上手くいっていないなんて誰にも言えなくて。自分から別れを切り出したのに、何で悲しんでいるんだと思われそうで。「何で別れたの?」って聞かれても一言では答えられなくて。でもここで吐き出せたら少しだけ気持ちが楽になる気がする。まだまだ書き足りない思い出も気持ちもあるけど、心の中でぐるぐる回っていたものをやっと少し言葉にできてすがすがしい。

面倒くさがりな彼がこの先、とんでもなく面倒な「結婚」ということをしてまで一緒にいたいと思う人を見つけたら、ちょっと悔しい。

でも、いつ死に別れても後悔しないように、私にできる精一杯で、全力で愛したと胸を張って言えるから、その結果がこれなら仕方がないかな。

2018-02-28

年上の彼氏

6歳年上の彼氏仕事人間実家ぐらし。

私は少し遠いところに一人暮らししていた。私の家に来るたびに「遠いから来づらい」と言っていた。1週間に1、2回来てくれていた。

から更新を機に引っ越した。彼の家から自転車10分程だろう。

今日も彼は仕事

引っ越しから2週間経つけれど、

近くになったけれど、

まだ3回しか泊まってくれない。

強欲な生き物は今日もひとりで

この広い部屋のシングルベッド

やすや寝る。

今日可愛い服を着て待っていたのになあ。

2017-10-30

シングルベッド

同棲が始まって1年くらい経つけどまだシングルベッドを使ってる。幸いどちらもそこまで太ってないのでなんとか収まる。今の物を買う時にセミダブルにしようと思ったんだけど「狭いところに住む可能性もある」と親に止められた。結局それは正しくて転勤で8畳1Kに住む羽目になったので良かった。

転職して1LDKになったがまだベッドは新調していない。あれも結構いい値段したから捨てるのも惜しい。でも狭い。

2017-05-28

同棲辛い

とても辛い

可愛い彼女をずっと見ていられるのは良い

特に性格生活様式に不満がある訳でも無い

寧ろ心が暖かい

でも辛い

シングルベッドで二人で寝るのは辛い

とても辛い

この時間(AM6:30)に書いている事から分かるかも知れないがとにかく眠れない

狭い

何より彼女の寝相が良くない

それにベッドの3分の2は彼女によって陥落

もう死にたい

2017-01-21

進路が決まら大学卒業した女な訳だが[3]

※前回http://anond.hatelabo.jp/20170121201117

〜これまでのあらすじ〜

ワイは猿。プロNNT猿や!無事(?)に資金も貯まって上京今日からこのボロアパート根城就活リベンジや!!

…え?転職エージェントさん達?もしもーし!息してますかー?紹介できる仕事がないってなんですかー?返事してー?

おーい!!だれかAED持ってこーい!!!

--------------

「まあ何かしらの紹介はしてもらえるだろう」と思っていた私が甘かったのか。最終職歴はアルバイトで、しかも1年も働いてない。履歴書にしたらスカスカおせち並みに内容が無い事は確かだ。

流石に凹む。このまま仕事が見つからないまま、決して潤沢とは言えない資金は底をついてしまうのか。泣きながら実家へ帰るのか。

そんな嫌な予感が胸をよぎる。冷静になれよ、ミ・アミーゴ

転職エージェントにはもう頼れまいと、新卒の頃に使った「2017だの2018だの卒業年度が後ろにつくアレ」に登録をして、第二新卒歓迎の仕事を探しまくった。

新卒の頃には「第二新卒歓迎」なんて胡散くさいわぁ〜なんて思っていたのに、今ではこんなに、何故だろう、あたたかい…。

そんな時に、一通のメールがきた。

3つの転職エージェントのうち、最後ひとつからの返事だった。

「なっ、なによ…どうせあんたも私のことなんか見捨てるんでしょ…ッ?

ふんっ…まぁ一応読んでやらないこともないわよ…ッ」

と、つり目の金髪ツインテール美少女になりきりながらシングルベッドの上でメールを開封。

anonymous

一度担当者とお会いしてみませんか?ご都合の良い日程をご返信ください」

捨てる神あれば拾う神あり。うれしくて、長州小力のような踊りまでしてみせた。

取り敢えず話を聞いてくれるだけでも、一人ぼっちの私にはありがたかったのだ。

「これはまるで…!天から垂らされた蜘蛛の糸…!登らなければ…!未来はない…!登る…!今すぐに…!」

(訳:ありがとうございます!早速なのですが、今週の3月×日が空いております!よろしくお願い致します!)

そんな訳で3月の末日、慣れない都市鉄道を乗り継いでやってきた某所。

バベルの塔のように物々しいガラス張りのビルが乱立し、それぞれが自由に陽の光を弾き飛ばして私を威圧してみせる。

そのうちの1つに私は用がある。あの日、私にはそのことがとても特別なことのように思えた。

メガネをかけた女性担当者が、定刻に待ち合わせの部屋へ現れた。

anonymous様はどんなキャリアプランをお持ちですか?」

ここで、新卒の時に就職失敗で云々という経緯を語った。そしてどうせなら、もう一回チャレンジしたいということも。

担当の方は一瞬難しそうな顔をしたあと、「少々お待ちください」と言ってパソコンを叩いた。

しばらくすると、横のプリンターからメチャメチャに紙が出てきた。それはもう、ベロベロと。あれよあれよと分厚くなって。

担当者さんはそれをグワシと掴むと、「そちらはすべて、今現在anonymous様にご紹介をお勧めしたいお仕事です。すこしご覧になってみてください」と、私の前に差し出した。

なんだ!!お仕事たくさんあるじゃん!!しかも選んでくれるなんて楽チンだなァ…

幸せだなァ…僕は君といる時が一番幸せなんだ 僕は死ぬまで君を離さないぞ、いいだろう…』

と浸っていたのも束の間、印字された内容をよくよく読んでみると

「あの、これ…向こうが要求しているスキルに対して私の経験値が圧倒的に足りないんですけども…?」

「そこは…私の方からもプッシュはしますが、とにかくやる気をアピールしましょう。」

それができていれば、新卒就活で失敗してないと、私、そう思うんですよ…

次回、[4]へ続きます。長くなってしますみません

2016-05-15

SEXをしたいと思わない

20代後半の男。本来ならヤリたい盛りのはず。だが、己の象徴女性の秘所に挿入したいという欲望は限りなく薄い。

性欲が無いわけではない。ほとんど毎日自慰を欠かさず行なっている。妙齢女性が淫れる姿を観て興奮する性分であるから同性愛者では無いようである

過去恋人が居たこともある。彼女の部屋に入り浸っておきながら、ひとたびも挿入することはなかった。人見知りの童貞と、人見知りの処女。我ながら、健全大学生活だったと思う。シングルベッドでお互いを抱き枕のようにして眠りについていた。柔らかい身体を抱きしめているだけで幸せだった。じゃれ合うように、お互いを愛撫し合うことはあった。けれども、肉体関係はそれだけ。自分の性欲のために彼女性器を利用することに、ひどい嫌悪感があった。彼女とは価値観の相違が明らかで、生涯の伴侶には成り得ないと互いに認識していた。政治的立場宗教的思想結婚観、全てが異なっていた。良き元恋人、良き友人ではあるが、家族にはなれない。

私は今、生涯の伴侶となる女性を求めている。最近では結婚活動などと呼ぶらしい。博士号を取って、運良く安定した職に就いた私は、結婚相手としてそれほど悪い人間ではないと思う。決して裕福とは言えないが、相手専業主婦となることも可能な程度の稼ぎはある。社交的なほうではないが、気難しくない性格だ。私が相手を探していることを周りに告げていると、自然出会いの機会も増えた。偶然知り合った女性から食事に誘われることもある。だが、相手との仲を進展させることがとても難しい。

世の男というのは、とにかく女性に挿れたがるものらしい。これは、書籍ならびに2chTwitterはてブでの個人的観測に基づく。挿れたいという欲求ゆえに、性格や人柄もよくわからないような女性口説くことができるそうだ。たった3回のデートで、いったい相手の何がわかるというのだろう。男女の恋愛というのは、男から女にアプローチをかけるのが世の常だと聞いた。大して親密でもない、はっきりとした好意自覚できていない段階で、それほど好きでもない相手に甘い言葉を囁くなど、極めて不誠実ではないか

私のような男のことを、草食系などというらしい。だが、私は草ばかり食んでいるわけではない。生涯を共に過ごしたい相手を見極めているだけだ。

いわゆる「普通の男」というのは、一体どういう心理で女を口説くのだろう。ヤリたい一心女性を欺くのか。それとも、私なんかよりも桁違いに女性に対して惚れやすいのか。あるいは、女性口説いて落とすという一連の流れに報酬系が働いているのだろうか。

2015-12-07

懐古、続く恋愛

彼氏仮名まさき)との出会い大学一年の春だった。大学に馴染み始めてきた頃、お酒に弱いのにもかかわらず新歓パーティーかなんかで呑んでグデングデンになって、友人宅に男女でお邪魔した。気付いたら夢か現実かよくわからない狭間でまさきにキスをせがんでいたと思う。私の記憶が確かならば。その後、何度か遊ぶうちに彼に対して少しの恋心を抱くようになっていた。正直な話、その時私には別の彼氏がいてその彼氏のことは大して好きでは無かったから、面白半分でまさきの目の前でそいつのことをフルという、前代未聞のクズ女っぷりを披露してみせた。

そのとき女友達からバッシングたるや思い出しただけでも身震い。自業自得自身を罵るがいい。

その数週間後、友人を通して、まさきが自分のことを聞かされた。好きだということは知っていたが告白を自らすることをプライドが許さなかった(今思えばただのチキン)なのでとりあえず、彼の家にあがり込んで、ワンルーム6畳の小さな部屋のシングルベッドの上でキスをせがんだ。

キスを拒むまさき(なんとなく察してくれている方もいるかもしれないが本当に真面目で純粋童貞なのですね)に寂しいと連呼して近づいたのに、告白されるタイミングを身を持って感じるとなんだか今更引き下がりたくなった、その感覚を今でも何故か覚えている。

結局、ゴミ女の私は適当にオッケーを出して、まぁ、少し好きだったっていうのもなくはないけれど。

振り返っても自分ゴミ加減に笑えてくる。

実はその彼に私が結構な具合で珍しく本気にさせられて今もなお、長らく付き合っているが、色々あって別れる潮時かなぁと思ったので、付き合った頃の気持ちに戻ったらどんなものかとつらつら書いてみた。

2015-06-13

彼氏がいるけど男友達の家に泊まって添い寝した

大学に、私に少し良くしてくれる男友達Aがいるのだが、その友達はとてもかっこいい。背は高いし、運動しているから綺麗で硬い脚を持っているし、きれいな顔立ちとすべすべの肌を持っている。着ている服や小物も質のいいものを身につけているのにまったく嫌みがなく、よく似合っている。

彼氏仕事の都合で2ヶ月会えない間、そのAに目移りしてしまった。

まず、今までなんとも思わなかったAのことをかっこいいと認識するようになった。

Aとは共通の話題がそこそこあったので、すぐ仲良くなった。Aは人と接する時に厚めのATフィールドを張る人で、最初の印象は皆「ちょっと怖い人」だが、共通の好きなもの話題に出して親しくなっていった。ATフィールドゆっくりと解いてもらい、他の人より少しだけ仲良くなるのが嬉しかった。

Aは一度信用した友達ならとても優しく接する人で、冗談もよく言う。髪型が素敵だと褒められた。

新歓の日、Aは幹事として普段着ないスーツを着ていたのだが、これがめちゃくちゃかっこよかった。ちゃんとしたオーダーメイドスーツを抜群のスタイルで着こなしていた。酒も入って普段より笑った顔が増え、饒舌になっていく。私も酒の力を借りてどんどん近づいていき、Aと肩を組んだりのボディタッチを増やし、彼の脱いだスーツの上着を着てみたり、その匂いかいだりした。三次会まで残り、朝になりそうな時間におひらきになってから講義に登校するまでの間Aの家に泊めてもらった。女2男3、みんな酔いつぶれて寝ていたが、私は早く目覚めてAの寝姿を見ていた。

それからまたあった飲み会BBQも、二次会の後Aの家で宅飲みをして、泊まった。女1男2。その日はAのシングルベッドに、Aと私がただ寝ていた。これが添い寝フレンドか。

Aの姿を校内で見かけると目で姿を追うようになり、笑顔挨拶をされるだけでその日1日浮かれるようになった。

彼氏とは一緒に泊まったことがない。いつも日帰りだ。だけど考えてみてほしい。彼氏に会えない間、男と夜を明かしたことのない彼女が男友達Aの家に泊まって、一緒に文字通り寝た事実があることを。

こんなこととても彼氏には言えない。けれどもAは美しい。美しいものはできたらそばに置いておきたい。

何よりきゅうっと心を締め付けるのは、Aは私に彼氏がいて、私がAのことを好きでいる事実を知っているということだ。知っていながら親しくし、お家に泊めて、隣で寝ることを許す。Aは付き合っていた女と3ヶ月前に別れたので彼女はいない。このシチュエーションがたまらない。Aが何を考えているのかがつかめないが、それでも優しくしてくれる。

この前やっと彼氏に会えたが、幾度となくAがフラッシュバックした。彼氏の家で行為に及んでいる時ですら。

大学生しまぁこういうことがあってもいいよね〜彼氏には言えないけどなんか青春〜〜〜程度にしか考えてない自分がいるのが恐ろしい。

2014-04-28

どういう不満なんだよ

狭いならクイーンサイズなりキングサイズなり買えよ。

ゆっくりできないなら寝具分ける相談しろよ。

そもそもお前みたいな相手がいたらゆっくり寝れない、みたいなやつが一緒に寝るんじゃないよ。

すぐ離婚することになるぞ。

うちは新婚当初は折りたたみシングルベッドに寝てたことを思い出すよ。

ケンカしたときとか最悪だったな。だけど近かったから仲直りも早かった気がする。

今じゃ家族5人で6畳間に雑魚寝してるよ。とても幸せだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20140427212138

http://anond.hatelabo.jp/20140427212138

新婚当時カネがなくてシングルベッドで2人寝てた我が家に対する当て付けか。

2013-09-22

シャ乱Qいいわけ」の凄さが約20年ごしにわかった

シャ乱Q 結成25周年記念ライブツアー 2013 秋の乱~シハンセイキ伝説

千秋楽中野サンプラザに観に行った。

シャ乱Qが最も売れていた1994-1997年ごろ、

自分小学生中学生といった年頃で、

どちらかというとミスチルラルクを聴いてる方が多かった。

当時は売れてるバンドがたくさん出て来たし、

ミリオンヒットも多く(95年だけで22曲)、

シャ乱Qは僕にとってはちょっと三枚目

色物バンドの印象が強く、あまりマジメに聴いていなかった。

そんな中でも、特にいいわけ」は、正直「良くわからない曲」だった。

上・京・物・語」、「シングルベッド」、

ズルい女」、「My Babe 君が眠るまで」、

といったシャ乱Qヒット曲は、

どれもメロディアスドラマティックな展開が印象に残る曲だった。

比べて、「いいわけ」のメロディは、単調に聴こえた。

サビはシンプルメロディの繰り返しで、

歌詞メロディだけを客観的聴くと、

とても100万枚売れるような曲に思えなかった。

当時小学生くらいだった僕には、

ほとんどカタルシスを感じることができなかったのだろう。

初めて観たシャ乱Qライブは、感動的だった。

つんく♂さんのパフォーマンスは、

時に真に迫って息を飲んだし、

バラードは甘く切なく、ヒット曲は当時の記憶を蘇らせ、

ダンスナンバーは往年のディスコ彷彿とさせた。

しかしそんな中でも個人的に最も印象に残ったのは、「いいわけ」だった。

つんく♂さんはライブ中かなりキレキレのダンスを見せていたが、

特にいいわけ」のそれは目を見張るものがあった。

Aメロの歌の切れ目でつんく♂さんは16ビートにのせて

細かく体を揺らすダンスをした。

わかりやすく言うと、

アンカーティスやトムヨークのような

「痙攣ダンス」のような感じに見えた。

それはある種「気持ち悪い」ダンスなんだけど、

ニューロマンティックグラムロックの影が見えて、

曲の内容とも相まって非常に「かっこいい」ものになっていた。

いいわけ」は苦悶の歌なんだと初めて理解できた。

いや、歌詞・曲単体で聴いてもそれはわかることなんだけど、

当時のPVの、つんく♂さんが半裸でドアップでカッコ良く歌うイメージで、

「カッコいい男がカッコよく歌ってるカッコいい曲」としか思えてなかった。

曲の終盤、つんく♂さんは泥酔したようなフラフラな足取りで、

「アアアア」と苦しそうな叫び声を上げて、クライマックスを迎えた。

「カッコつけている」姿はどこにもなかった。

そこにあったのは煮え切らない、どこにもやり場のない苦しみだった。

映像をいくつか探してみたが、似たようなパフォーマンスをしているものは見つからなかった。

非常に印象的なダンスなのに、当時のテレビを見ていた記憶にも残っていない。

ライブでは昔からあいパフォーマンスだったのか、

それとも10年以上の時間を経て行き着いたものなのか、

僕にはわからない。

しかしながら、あの迫真のパフォーマンスを見て、

僕にはようやく「いいわけ」という曲が凄い曲だったんだというのが体感できた。

2013-05-03

狛江市内2DKのアパート

住人である28会社員高木智子が帰宅するその隣には、16歳無職大西聖闘が居た。

「この部屋を使ってね。布団は干しといたから」

智子が指し示したのは畳張りの北向き四畳半

一間の押入れは襖が外されて壁に立てかけられ、一組の畳まれた布団が中に置かれている。

 

聖闘の部屋の腰窓からは外廊下が見え、内廊下の向かいには風呂トイレがある。

廊下を出て左には玄関、右にはダイニングキッチン。そしてその先には日当たりのよい智子の部屋があった。

智子の部屋は六畳のフローリング張りで、シングルベッドが置いてあり、ベランダに繋がっている。

築年数は30年前後だが、水周りだけはリフォームされ、掃除も行き届いた小奇麗な印象の部屋だ。

智子はこれまで築年数15年程度のワンルームマンションに住んでいたが、聖闘との同居が決まって住み替えた。

家賃管理費込みで7万だ。智子の手取りは月22万。聖闘に出る国の手当てが5万なので、充分な暮らしが出来る。

 

聖闘は5時間かけて地元から東京に出てきた。諸手続に2時間、智子との顔合わせを済ませて今に至る。

東京に来たのは初めてで、当然小田急線も初めてだった。これからは平日3日、この小田急線中央線を使って職業訓練校に通うことになる。

智子との暮らしが快適なものになるかそうでないかはわからないが、聖闘に帰る場所が無い事実は変わらない。

中3の頃に、母親再婚した。聖闘の苗字はそのとき、田淵から大西に変わった。新しい父親には連れ子が居た。

母親は新しい父親の歓心を得るために連れ子だけを可愛がり、聖闘を無視して食事を用意しなくなった。

新しく男が出来ると聖闘を無視し、男と別れると聖闘を猫可愛がりする。

母親が聖闘の実父と別れた、聖闘が小学生低学年の頃から繰り返されてきたことだった。

実父はアルコール中毒パチンコ中毒で、母親をよく殴った。母親が聖闘を連れて家を出てからは一度も会っていない。

どんな仕事をしていたのか知らないし、もう連絡も取れない。

聖闘は中学さぼり、家に帰らないことを繰り返すようになった。当然、成績も内申も全日制は無理で、定時制高校に進学することになった。

しかし高校にもほとんど行かず、母親の財布から金を抜いては友達の家やコンビニゲーセンカラオケ等で過ごした。

そして遂にキレた母親ガラス瓶を投げつけられ、後頭部がパックリと割れて7針縫った。

入院していたら、役所から相談員派遣されてきた。そこで説明を受け、東京会社員の家で暮らすことを決めた。

 

智子はニッコマ文系学部卒の、6年付き合った彼氏破局して2年になる会社員だ。

両親は千葉市内に戸建てを構えており、きょうだいは妹一人だが既に埼玉に嫁いでいる。専業主婦子供は1人。

聖闘を初めて見たときは驚いた。片方の耳の上を刈り上げ、片方を伸ばしたアシンメトリー髪型

しか金髪ピンク色のメッシュが入っており、根元からは3センチくらい黒髪が伸びていた。

智子がこれまで見たことのなかった人種である。いや、探せば電車で乗り合わせないこともないのだが(特に町田で乗降する人々に)、

自分には関係が無いと思って生きてきたので、ちゃんと認識していなかったのである

聖闘の両耳にはピアス穴が開いているが、誰かに言われて外したのか、ピアスは付いていない。

そして一つのピアス穴が膿んで、黒ずんだ紫色黄色が混じったような色になっている。不衛生な開け方をしたのだろう。

智子は肩を少し過ぎるくらいの長さの暗い茶髪だ。会社の服飾規定のため、明るい髪色は禁じられている。

しかし、智子はそもそも明るい髪型にしたいとは思わない。目立つことを好まないからだ。

まめに染め直されてトリートメントされた肩を過ぎるくらいの長さの暗い茶髪というのも、社内で最も目立たないスタイルからそうしている。

短大時代イベントコンパニオンをしていたという美人派遣社員に影響されて一時はネイルアートなどしていたが、

金もかかるし飽きたので現在パールの入った桜色の単色ネイルに落ち着いている。

親に心配をかけるのが面倒で、無難に・普通にと生きてきたが、結婚はうまくいかなかった。

これといった趣味もなく、仕事無責任な勤め方はしていないが遣り甲斐燃えているというわけでもなく。

両親や妹ともケンカをすることは無いが、なんとなく分かり合えないような心の距離を感じていて、

両親は実家から通える大学希望していたが都内の進学を決め、一人暮らしを始めた。それ以降ずっと一人暮らしだ。

何のために、誰のために生きているのかよくわからない。

バカバカしいとは思いながら、スピリチュアルやら新興宗教やらにハマってしまいそうな自己不安定感。

そこでたまたまやっていたNHKスペシャル、特集されていた新制度

親にも同僚にも言わず軽い気持ちで応募してみたら、なんと選ばれてしまい…。

 

そんな二人の生活はどうなるのか。

ただのおねショタエロ創作になってしまわない、リアル社会階層の話とかの硬派な建前を保った感じで誰か小説にしてください。

あと映画化してください。映画のほうはPG12R15+指定(暴力描写じゃなくて性的描写が理由)くらいがちょうどいいです。

映画ジョゼと虎と魚たち」程度のエロイメージで誰かよろしく。

2012-10-08

一人暮らしの男の家のベッドについて

店舗でのマットレスや布団、カバー類の品数から見て、明らかにシングルが一番売れているように思える。

友人の部屋を訪問しても、シングルばかりである。客が泊まる際は、ローソファーの背もたれを倒して予備のベッドとしていたり、

クッションとひざ掛けでラグの上に雑魚寝というパターンが多かった。

一人暮らしの男は大半がシングルベッドシングル布団に寝ていると考えていいのだろうか。

彼女が来たときはどうしているのだろうか?シングルで二人寝ているのか?

俺も彼女も標準よりは痩せ型だが、シングルで寝るのは窮屈に感じる。

起きていれば問題無いのだが、寝相で腕や脚をぶつけたりしないだろうか?という気遣いで深く眠れないのだ。

結局、二人で快適に眠るために、ベッドをセミダブルに買い換えた。セミダブルでは狭苦しくも感じなかったし、熟睡もできた。

しかし布団がセミダブルに変わったことで、布団カバーデザイン選択肢が大幅に狭まり、当然価格も上がった…。

布団市場ではシングルが圧倒的多数のようだ。その中で、一人暮らし彼女持ちの男が布団をどう考えているか知りたい。

2010-10-04

世の中の彼氏持ちさんや彼女持ちさんは、一週間に何回も恋人に会いたいと思うんだろうか?

私は正直、週に1回会えば十分なんだけど、彼氏は週に何回もうちに泊まりに来たがる。

1回「うちは宿泊施設じゃないんだから、そう頻繁に泊まりに来られても困る」って言ってもすぐに泊まりに来る。

別に金をむしり取られてるとかそういうことは全くないんだけど・・・。

セックスは気が向いたらたまにする程度で、あとは特に何をするわけでもなく、寝るだけ。

でもちっちゃいシングルベッドに2人で寝たらまともに寝がえりもできないし、向こうの歯ぎしりいびきがうるさいし、

正直彼氏が泊まりに来るとあんまり寝れずに疲れるだけになっている。

次の日が休みだったらまだマシだけど、普通に平日にも来るから困る。

向こうは私に会いたがって来てるんだろうけど、このままじゃホントに会いたくなくなる。今でも内心しばらくほっといてほしいと願ってる。

私が会いたがらなさすぎ?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん