「Blocks」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Blocksとは

2019-01-03

anond:20190103193157

結構面倒

過去ブロックを覚えておく領域

int blocks[100][100];

過去ブロックを再描画

	BOOL WriteBoxOLDBox()
	{
		int width = 24;

		HDC hdc = GetDC(hWnd);
		HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB(48, 48, 48));
		for (int y = 0; y < 30; y++)
		{
			for (int x = 0; x < 8; x++)
			{
				if (blocks[y][x] == 0)
				{
					continue;
				}

				RECT Rect = { 0,0,48,48 };
				BOOL ret;

				Rect.left = width * x + 1;
				Rect.right = width * (x + 1) - 1;
				Rect.top = width * y + 1;
				Rect.bottom = width * (y + 1) - 1;

				ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


			}
		}

		DeleteObject(hBrush);

		return FALSE;
	}

この辺は めんどくさくはあるけど みてわかってほしい

描画したWriteBoxとおなじ BOXが落ちた場所BOXの有無)を保存しておく

ここがわかりにくいといえば わかりにくい

	BOOL SaveBoxI()
	{
		blocks[y  ][x] = 1;
		blocks[y+1][x] = 1;
		blocks[y+2][x] = 1;
		blocks[y+3][x] = 1;
		return TRUE;
	}

anond:20190103184241

// WindowsProject7.cpp: アプリケーションエントリ ポイント定義します。
//

#include "stdafx.h"
#include "WindowsProject7.h"

#define MAX_LOADSTRING 100

// グローバル変数:
HINSTANCE hInst;                                // 現在インターフェイス
WCHAR szTitle[MAX_LOADSTRING];                  // タイトル バーテキスト
WCHAR szWindowClass[MAX_LOADSTRING];            // メイン ウィンドウ クラス名

// このコード モジュールに含まれ関数宣言転送します:
//ATOM                MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance);
BOOL                InitInstance(HINSTANCE, int);
LRESULT CALLBACK    WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);
INT_PTR CALLBACK    About(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);

#include <list>

class MyWindow;
	
std::list< MyWindow *> windows;

class MyWindow
{
public:

	HWND hWnd;



	MyWindow()
		:hWnd(NULL)
	{
		windows.push_back(this);
	}

	virtual ~MyWindow()
	{
		std::list< MyWindow *>::iterator it;
		for (it = windows.begin(); it != windows.end(); it++)
		{
			if (*it == this)
			{
				windows.erase(it);
				break;
			}
		}
	}

	static MyWindow * find(HWND key)
	{
		std::list< MyWindow *>::iterator it;
		for (it = windows.begin(); it != windows.end(); it++)
		{
			MyWindow *target = *it;

			if (target->hWnd == key)
			{
				return target;
			}

		}

		return NULL;
	}



	//
	//  関数: MyRegisterClass()
	//
	//  目的: ウィンドウ クラス登録します。
	//
	ATOM MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance)
	{
		WNDCLASSEXW wcex;

		wcex.cbSize = sizeof(WNDCLASSEX);

		wcex.style = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
		wcex.lpfnWndProc = WndProc;
		wcex.cbClsExtra = 0;
		wcex.cbWndExtra = 0;
		wcex.hInstance = hInstance;
		wcex.hIcon = LoadIcon(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDI_WINDOWSPROJECT7));
		wcex.hCursor = LoadCursor(nullptr, IDC_ARROW);
		wcex.hbrBackground = (HBRUSH)(COLOR_WINDOW + 1);
		wcex.lpszMenuName = MAKEINTRESOURCEW(IDC_WINDOWSPROJECT7);
		wcex.lpszClassName = szWindowClass;
		wcex.hIconSm = LoadIcon(wcex.hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDI_SMALL));

		return RegisterClassExW(&wcex);
	}

	//
	//   関数: InitInstance(HINSTANCE, int)
	//
	//   目的: インスタンス ハンドルを保存して、メイン ウィンドウ作成します。
	//
	//   コメント:
	//
	//        この関数で、グローバル変数インスタンス ハンドルを保存し、
	//        メイン プログラム ウィンドウ作成および表示します。
	//

	int blocks[100][100];

	BOOL InitInstance()
	{
		hInst = hInstance; // グローバル変数インスタンス処理を格納します。

		ATOM c = MyRegisterClass(hInstance);
		x = 0;
		y = 0;
		boxType = 0;

		hWnd = CreateWindowW(szWindowClass, szTitle, WS_OVERLAPPEDWINDOW,
			CW_USEDEFAULT, 0, CW_USEDEFAULT, 0, nullptr, nullptr, hInstance, nullptr);

		for(int x = 0 ; x < 100 ; x++)
		{
			for (int y = 0; y < 100; y++)
			{
				blocks[y][x] = 0;
			}
		}

		if (!hWnd)
		{
			return FALSE;
		}

		return TRUE;
	}

	BOOL ShowWindow()
	{
		BOOL ret;
		ret = ::ShowWindow(hWnd, SW_SHOW);
		::UpdateWindow(hWnd);

		return ret;
	}


	HINSTANCE hInstance;
	MSG msg;
	BOOL run;
	int x;
	int y;
	BOOL Main()
	{

		HACCEL hAccelTable = LoadAccelerators(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDC_WINDOWSPROJECT7));
		run = true;
		int rc;
		// メイン メッセージ ループ:
		while (run)
		{
			DWORD obj = MsgWaitForMultipleObjectsEx(0, NULL,  100 , QS_PAINT| QS_ALLEVENTS,0);
			if (obj <= WAIT_OBJECT_0)
			{
				while (PeekMessage(&msg, NULL, 0, 0, PM_REMOVE))
				{
					if (!TranslateAccelerator(msg.hwnd, hAccelTable, &msg))
					{
						TranslateMessage(&msg);
						DispatchMessage(&msg);
					}
					if (msg.message == WM_QUIT) {
						run = FALSE;
					}
					if (msg.message == WM_CLOSE) {
						run = FALSE;
					}

				}
			}
			else if (obj == WAIT_TIMEOUT)
			{
				y++;
				PAINTSTRUCT ps;
				HDC hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);
				this->OnPaint(ps);
				EndPaint(hWnd, &ps);
				::UpdateWindow(hWnd);
				RECT Rect2 = { 0,0,48*9,48 * 100 };
				InvalidateRect(hWnd, &Rect2, TRUE);
			}
			else if (obj == WAIT_FAILED)
			{
				rc = GetLastError();
			}
			else {

			}
		}


		return TRUE;

	}

	int boxType;

	BOOL WriteBoxOLDBox()
	{
		int width = 24;

		HDC hdc = GetDC(hWnd);
		HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB(48, 48, 48));
		for (int y = 0; y < 30; y++)
		{
			for (int x = 0; x < 8; x++)
			{
				if (blocks[y][x] == 0)
				{
					continue;
				}

				RECT Rect = { 0,0,48,48 };
				BOOL ret;

				Rect.left = width * x + 1;
				Rect.right = width * (x + 1) - 1;
				Rect.top = width * y + 1;
				Rect.bottom = width * (y + 1) - 1;

				ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


			}
		}

		DeleteObject(hBrush);

		return FALSE;
	}


	BOOL WriteBox()
	{
		WriteBoxOLDBox();

		switch (boxType)
		{
		case 0:
			return WriteBoxI();
		case 1:
			return WriteBoxL();
		case 2:
			return WriteBoxZ();

		}

		return TRUE;
	}

	BOOL WriteBoxZ()
	{
		HDC hdc = GetDC(hWnd);
		HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB(48, 48, 246));

		int width = 24;

		RECT Rect = { 0,0,48,48 };
		BOOL ret;

		Rect.left = width * x + 1;
		Rect.right = width * (x + 1) - 1;
		Rect.top = width * y + 1;
		Rect.bottom = width * (y + 1) - 1;

		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


		Rect.top += width;
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		Rect.left += width;
		Rect.right += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		Rect.top += width;
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


		DeleteObject(hBrush);

		return TRUE;
	}


	BOOL WriteBoxL()
	{
		HDC hdc = GetDC(hWnd);
		HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB(48, 246 , 48));

		int width = 24;

		RECT Rect = { 0,0,48,48 };
		BOOL ret;

		Rect.left = width * x + 1;
		Rect.right = width * (x + 1) -1 ;
		Rect.top = width * y + 1;
		Rect.bottom = width * (y + 1) -1;

		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


		Rect.top    += width; 
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		Rect.top += width;
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		Rect.left   += width;
		Rect.right  += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		DeleteObject(hBrush);

		return TRUE;
	}

	BOOL WriteBoxI()
	{
		HDC hdc = GetDC(hWnd);
		HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB( 246 , 48 , 48));

		int width = 24;

		RECT Rect = { 0,0,48,48 };
		BOOL ret;

		Rect.left = width * x + 1;
		Rect.right = width * (x + 1) - 1;
		Rect.top = width * y + 1;
		Rect.bottom = width * (y + 1) - 1;

		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


		//Rect.left   += width;
		//Rect.right  += width;
		Rect.top += width;
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		Rect.top += width;
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		Rect.top += width;
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		DeleteObject(hBrush);

		return TRUE;
	}

	BOOL SaveBoxI()
	{
		blocks[y  ][x] = 1;
		blocks[y+1][x] = 1;
		blocks[y+2][x] = 1;
		blocks[y+3][x] = 1;
		return TRUE;
	}


	BOOL OnPaint(PAINTSTRUCT &ps)
	{
		if (x > 8) {
			x = 0;
		}
		if (x <0) {
			x = 8;
		}
		if (y > 20) {
			switch (boxType)
			{
			case 0:
				SaveBoxI();
				break;
			case 1:
				break;
			case 2:
				break;
			}

			y = 0;
			boxType++;
			if (boxType > 2)
			{
				boxType = 0;
			}
		}

		this->WriteBox();

		return TRUE;
	}



	BOOL OnKey(WPARAM wParam)
	{
		if (wParam == VK_LEFT)
		{
			x++;
		}
		if (wParam == VK_RIGHT)
		{
			x--;
		}
		return TRUE;
	}


};


int APIENTRY wWinMain(_In_ HINSTANCE hInstance,
                     _In_opt_ HINSTANCE hPrevInstance,
                     _In_ LPWSTR    lpCmdLine,
                     _In_ int       nCmdShow)
{
    UNREFERENCED_PARAMETER(hPrevInstance);
    UNREFERENCED_PARAMETER(lpCmdLine);

    // TODO: ここにコードを挿入してください。

    // グローバル文字列初期化しています。
    LoadStringW(hInstance, IDS_APP_TITLE, szTitle, MAX_LOADSTRING);
    LoadStringW(hInstance, IDC_WINDOWSPROJECT7, szWindowClass, MAX_LOADSTRING);
    //MyRegisterClass(hInstance);



	MyWindow win;



	win.hInstance = hInstance;

	// アプリケーション初期化を実行します:
	if (!win.InitInstance())
	{
		return FALSE;
	}

	BOOL ret;

	win.ShowWindow();

	ret = win.Main();

	if (ret)
	{
		return 0;
	}else {
		return (int)win.msg.wParam;
	}



}






//
//  関数: WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM)
//
//  目的:    メイン ウィンドウメッセージを処理します。
//
//  WM_COMMAND  - アプリケーション メニューの処理
//  WM_PAINT    - メイン ウィンドウの描画
//  WM_DESTROY  - 中止メッセージを表示して戻る
//
//
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
    switch (message)
    {
    case WM_COMMAND:
        {
            int wmId = LOWORD(wParam);
            // 選択されたメニューの解析:
            switch (wmId)
            {
            case IDM_ABOUT:
                DialogBox(hInst, MAKEINTRESOURCE(IDD_ABOUTBOX), hWnd, About);
                break;
            case IDM_EXIT:
                DestroyWindow(hWnd);
                break;
            default:
                return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
            }
        }
		break;
	case WM_KEYDOWN:
		{
			MyWindow *target = MyWindow::find(hWnd);
			target->OnKey(wParam);
		}
	break;
    case WM_PAINT:
        {
            PAINTSTRUCT ps;
            HDC hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);

			MyWindow *target = MyWindow::find(hWnd);
			target->OnPaint(ps);


            // TODO: HDC を使用する描画コードをここに追加してください...
            EndPaint(hWnd, &ps);
        }
        break;
    case WM_DESTROY:
        PostQuitMessage(0);
        break;
    default:
        return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
    }
    return 0;
}

// バージョン情報ボックスメッセージ ハンドラーです。
INT_PTR CALLBACK About(HWND hDlg, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
    UNREFERENCED_PARAMETER(lParam);
    switch (message)
    {
    case WM_INITDIALOG:
        return (INT_PTR)TRUE;

    case WM_COMMAND:
        if (LOWORD(wParam) == IDOK || LOWORD(wParam) == IDCANCEL)
        {
            EndDialog(hDlg, LOWORD(wParam));
            return (INT_PTR)TRUE;
        }
        break;
    }
    return (INT_PTR)FALSE;
}

2015-01-22

http://anond.hatelabo.jp/20150122174420

俺はクルマが好きなんだあああああああ!!!!!!!!!!!!!111111111111

とにかく!!!クルマ!!!!好きなんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!111111111

と言えばいいだけの話(実際それ以上の情報は何も無い記事)なのに、なんで論理っぽいもので固めようとするのかが理解できない。

筋の通った論理になってるならまだしも、bulding blocksになりそうな要素を無理やりかき集めて積み上げただけの自己矛盾した支離滅裂な内容になっちゃってるし。

2012-10-13

Objective-C勉強したいならコレを読め2012秋

前提

前提2

公式ドキュメント

日本語ドキュメント - Apple Developer

日本語化された公式ドキュメント。全てを読むのは難しいが、「Objective-C プログラミング言語」「Objective-Cによるプログラミング」を読めば、大半の入門書より網羅的に解説している。

ろくに書籍化されていない情報日本語で読むにはここしかない。

androidでは一切ドキュメント日本語化されず、公式チュートリアル日本語化でさえ有難がられる(そして一般の開発者が理解していない)惨状なので、日本語資料の存在を有難がるべき。

読む際の注意点

クラスリファレンス

XCode内で調べたいクラスでOption+右クリックでクイックヘルプを開き、更にクラス名をクリックすると、オーガナイザにクラスリファレンスが表示される。

ここで概要を読めばおおよそは分かる。

リファレンスに使われている単語は限られているので、英語が苦手で文法が不明瞭でも、読み続けさえすればある程度意味は把握できるようになる。

福井高専の有志による日本語リファレンス存在するが、更新が古い上に意味真逆に捉えた最悪な翻訳が野放しになっており、オリジナルへのリンクもない仕様なので、読むべきではない

詳解Objective-C 2.0 第3版

ベースObjective-Cの入門書が欲しいのであれば、この本一択

iOSに限定しないことで、Cocoa TouchCocoaのサブセットであるがゆえの制約など、iOSだけ見ているとなぜそういう仕様になっているのか分からない部分が明瞭になる。

ある程度理解したつもりでいるiOSプログラマでも、おそらく新しい発見がある。

Dynamic Objective-C

マイナビの連載でweb無料で読むことができるが、加筆修正された書籍版も販売されている。

約7年前に始まった連載なので、情報としては古く、ポージングなど既に廃止されたテクニックについて語っていたりもするが、その内容は色褪せない。

Objective-Cランタイムがどのようにオブジェクト指向C言語を結び付けているのか、クラスメソッドの実体とは何なのかを明らかにしていく。

iPhoneプログラミング UIKit詳解リファレンス

正直詳解と呼ぶほど詳しくないので、UIKitで困ったら素直にクラスリファレンスに頼った方が良い(ネットググるのは間違った情報に当たる確率が高いのでおすすめしない…)。

しかし丁寧な解説はUIKitに触れる際に一読する価値はある。

惜しむらくはiOS4時代のもので、バージョンアップ時にそれなりにUIKitに変更が加えられるので、それを考慮に入れて読むこと。

  • iOS5ではViewController周りに変更点が多い。大きな変更点で覚えているのは、UIAppearanceプロトコルで外観の操作ができるようになったりとか。
  • iOS6ではViewControllerのライフサイクルが変更したほか、属性付きテキストや使えるようになったり、テーブルビューヘッダが再利用可能になるなど細々とした修正点も。

iOSデバッグ最適化技法

タイトルからは中級者以上を想定しているように見えるが、実際には初学者向けで、retainを使ったメモリ管理から話が始まる。当然、MRC時代の本。

しかデバッガを用いたクラッシュ原因の特定や、Instrumentを使ったメモリリークの防止など、より品質の高いアプリケーションを作るノウハウについて触れているのが異色。

iOS開発におけるパターンによるオートマティズム

iOS開発で多用するMVCを利用したデータ管理や、テーブルビューによるリスト表示などをパターンとして紹介する本。

「使い方は分かったけど、どう作ればわからない」という人に作成の一つの指針としておすすめだが、万人に対してこの通りに作れ、とは薦めにくい。

この本は、強力な仕組みながら解説の乏しいCore Dataをプッシュしてページ数を割いているのが貴重なのだけど、NSFetchedResultsController(訂正しました。指摘ありがとうございます!)をスルーしているため実用性を大きく欠いてしまっている。

iPhone Core Audioプログラミング

大半の用途ではAVAudioPlayerを使用すれば困らないと思うのだけど、日本語Coreフレームワークについて1冊本が出ていて、これだけ詳細な情報が手に入るというだけで読まないと損。

独創的で優れた楽器アプリ日本のAppStoreからこれだけ多く登場したのは、この本の存在があったからに他ならないように思う。

エキスパートObjective-CプログラミングiOS/OS Xメモリ管理マルチスレッド

2012年はてな匿名ダイアリー名作ランキング50選様に取り上げて頂いた関係で、再び日の目を見ているようですので、この一冊を追加。

冒頭のメモリ管理の話が平易すぎて読む本を間違えたかと思ったが、ARCBlocks挙動を実装レベルで解説する以降の章はまさにエキスパートに相応しい内容。「使い方」の一歩先を知りたい人におすすめ

モダンスレッドプログラミングAPIであるgcdについても、網羅的な解説がある。

2011-03-03

ブログの問題を解いてみた

http://okajima.air-nifty.com/b/2011/01/2011-ffac.html

ぷよぷよを解く問題をやってみた

かかった時間はおおよそ1時間

途中でわからないところがあったのでくぐってしまった

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication1
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            StringBuilder[] blocks = {
                new StringBuilder("**GYRR"),
                new StringBuilder("RYYGYG"),
                new StringBuilder("GYGYRR"),
                new StringBuilder("RYGYRG"),
                new StringBuilder("YGYRYG"),
                new StringBuilder("GYRYRG"),
                new StringBuilder("YGYRYR"),
                new StringBuilder("YGYRYR"),
                new StringBuilder("YRRGRG"),
                new StringBuilder("RYGYGG"),
                new StringBuilder("GRYGYR"),
                new StringBuilder("GRYGYR"),
                new StringBuilder("GRYGYR")
            };

            bool updated = true;
            while (updated)
            {
            breaked:
                DumpBlock(blocks);
                for (int i = 0; i < blocks.Length; i++)
                {
                    for (int j = 0; j < blocks[i].Length; j++)
                    {
                        char c = blocks[i][j];
                        if (c == '*')
                            continue;
                        updated = false;
                        if (KillBlocks(blocks, i, j))
                        {
                            updated = true;
                            goto breaked;
                        }
                    }
                }
            }
            DumpBlock(blocks);
            Console.Read();
        }
        struct Point
        {
            public int x, y;
            public Point(int x, int y)
            {
                this.x = x;
                this.y = y;
            }
        }
        static bool KillBlocks(StringBuilder[] blocks, int x, int y)
        {
            bool[,] visted = new bool[blocks.Length,blocks[0].Length];

            MarkBlock(visted, blocks, x, y);

            Queue<Point> queque = new Queue<Point>();
            for (int i = x; i < blocks.Length; i++)
                for (int j = y; j < blocks[i].Length; j++)
                    if(visted[i,j] == true)
                        queque.Enqueue(new Point(j,i));

            if (queque.Count < 4)
                return false;

            while (queque.Count > 0)
            {
                Point p = queque.Dequeue();
                RemoveBlock(blocks, p.x, p.y);
            }
            return true;
        }
        static void MarkBlock(bool[,] visted, StringBuilder[] blocks, int x, int y)
        {
            if (x < 0 || y < 0 || x >= blocks.Length || y >= blocks[0].Length || visted[x, y] == true)
                return;
            char c = blocks[x][y];
            visted[x, y] = true;
            if (x + 1 < blocks.Length && blocks[x + 1][y] == c) MarkBlock(visted, blocks, x + 1, y);
            if (y + 1 < blocks[0].Length && blocks[x][y + 1] == c) MarkBlock(visted, blocks, x, y + 1);
            if (x > 0 && blocks[x - 1][y] == c) MarkBlock(visted, blocks, x - 1, y);
            if (y > 0 && blocks[x][y - 1] == c) MarkBlock(visted, blocks, x, y - 1);
        }
        static void DumpBlock(StringBuilder[] blocks)
        {
            foreach (StringBuilder s in blocks)
                Console.WriteLine(s);
            Console.WriteLine();
        }
        static void RemoveBlock(StringBuilder[] blocks,int x,int y)
        {
            int i;
            if (y == 0)
            {
                blocks[y][x] = '*';
                return;
            }
            for (i = y; i > 0; i--)
            {
                blocks[i][x] = blocks[i - 1][x];
            }
            blocks[i][x] = '*';
        }
    }
}

2007-06-04

[]??Delphihacks??Delphi??Win32API??

Delphi - Wikipedia??Windows開発の決定版 - Delphi(Skype??なでしこ)

タグ「delphi」を含む注目エントリー - はてなブックマーク

Delphiアプリケーションのメモリリーク検出法

Delphiアプリケーションのメモリリーク検出法 (山本隆の開発日誌)

作ろう!コンポーネント Delphi C++Builder

http://www.componentsource.co.jp/features/delphi/

TMS Software | Productivity software building blocks

Components > Effects and Multimedia > Video. Torry's Delphi Pages

Components > Effects and Multimedia > Audio. Torry's Delphi Pages

Components > Effects and Multimedia > Voice. Torry's Delphi Pages

Components > Effects and Multimedia > Direct X. Torry's Delphi Pages

try finally end

CとDelphiの対比表

eXeScope(Windows95/98/Me / ユーティリティ)

Delphi - テクノラティブログ検索

2ch検索: [Delphi]

Delphi-ML〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓??About Delphi

Delphi Q & A掲示板

Delphi Q & A 〓f〓〓〓〓 〓〓〓〓〓〓O〓〓(HTML〓o〓[〓W〓〓〓〓)

fdelphi.com

Delphi入門

旧 Delphi 入門??Seventh Delphi

Delphiメモ

超ローテクDelphi講座

俺のためのDelphi学習

Delphi はじめの一歩

VB〓〓VC〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓H

Delphi の格言

キーボードからの入力取得

マウスボタンのクリック、マウスの位置情報の取得

ジョイスティックからの入力取得

バッカーへの階段: 入門:キーロガー

テキストファイルを読み書きする

テキストファイルのロードとセーブ

DelphiによるWin32API

Delphi WAVEサウンド音を鳴らす/Tips & Tricks

MIDI、WAVEファイルを再生する

サウンドを読み込んで鳴らす

MIDIを演奏する MCI/midiStream

5分ではじめるDelphi - 第1回 簡単なメディアプレーヤの作成(前編)

MP3プレイヤーを作る>dllによる再生

Controling sound volume from code

Torry's Delphi Pages

lsMicrophone: mxl.dwComponentType :=MIXERLINE_COMPONENTTYPE_SRC_MICROPHONE;

MIXERLINE_COMPONENTTYPE_DST_SPEAKERS

MIXERLINE_COMPONENTTYPE_SRC_WAVEOUT

SwissDelphiCenter.ch : ...set the volume for the microphone/ mute it (enhanced)?

Components > Sound Effects > Mixer. Torry's Delphi Pages

uses MMSystems;

//

PlaySound('C:\WINNT\Media\start.wav', 0, SND_FILENAME or SND_ASYNC);


ビットマップを表示しよう

画像ファイルを指定した位置へ表示

俺Delゲーム応用

画面をキャプチャして表示する

めもニャンだむ

Delphi6でプログラミング ビットマップの半透明コピー AlphaDraw

画像処理プログラミング講座

Graphic Effect

カラー画像をモノクロ画像に変換

procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);

var

bmp1,bmp2 :TBitmap;

begin

bmp1 :=Tbitmap.Create;

bmp2 :=Tbitmap.Create;

try

bmp1.LoadFromFile('C:\Program Files\Common Files\Borland Shared\Images\Splash\256Color\FINANCE.BMP');

bmp2.LoadFromFile('C:\Program Files\Common Files\Borland Shared\Images\Splash\256Color\FACTORY.BMP');

Form1.Canvas.Draw(10,10,bmp1);

Form1.Image1.Canvas.Draw(10,10,bmp2);

finally

bmp1.Free;

bmp2.Free;

end;

end;


無料版Delphi6でSTGをつくるためのプログラミング講座 Ver.2005 Jan.

Delphiでわずか59KBのオセロを作る方法

めもニャンだむ:BIOS 情報

コンストラクタとデストラクタ

SwissDelphiCenter.ch : ...get the MAC Address?

乱数

DelphiでMD5

もっと楽にGUIとの連携がしたい:Python + Delphi = P4D(Python for Delphi) - ふにゃるん

Delphi WindowsのOSのバージョンを取得する/Tips & Tricks

SourceForge.net: Gecko SDK for Delphi

DelphiでWinSock

SQLite-もげもげ〜

BDS(Delphi/BCB)用SQLiteライブラリ (山本隆の開発日誌)

Application.ProcessMessages

FrontPage - DelphiVIP

SwissDelphiCenter.ch : programming tips

Torry's Delphi Pages

Delphi Tips

Delphi Code Tips

Magic of Delphi4〓z〓[〓〓 〓y〓[〓W

Delphi Win32API/API関数一覧

Delphi〓〓〓Z

クジラ式 Delphi 資料

Delphi〓〓y〓[〓W

サイト移転のお知らせ(Mr.XRAY)

openDelphi.org

KOL and MCKPage

Gen's Delphi Labo.

サイト移転のお知らせ(Mr.XRAY)

ナッキーの「Turbo Delphiはじめて奮戦記」- 第1回 Turbo Delphi のインストール

フリーのTurbo Delphiで始めるWindowsプログラミング:ITpro

フリーのTurbo Delphiで始めるWindowsプログラミング:ITpro

http://torrent.borland.com/turbo_hotfix_rollup.zip

http://torrent.borland.com/prereqs_jp.zip

http://torrent.borland.com/turbodelphi_jp.exe

(1) \dotNETRedist\dotnetfx.exe

(2) \dotNETRedist\langpack.exe

(3) \dotNETRedist\NDP1.1sp1-KB867460-X86.exe

\dotNETSDK\setup.exe

\IE60SP1\ie6setup.exe

\dotNETJSharp\vjredist.exe

\dotNETJSharp\vjredist-このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2007-03-13

cygwinとやらを落としてみた

blocksやらSudokuやらをやってみた。満足した。UNIXって凄いや!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん