2019-01-03

anond:20190103193157

結構面倒

過去ブロックを覚えておく領域

int blocks[100][100];

過去ブロックを再描画

	BOOL WriteBoxOLDBox()
	{
		int width = 24;

		HDC hdc = GetDC(hWnd);
		HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB(48, 48, 48));
		for (int y = 0; y < 30; y++)
		{
			for (int x = 0; x < 8; x++)
			{
				if (blocks[y][x] == 0)
				{
					continue;
				}

				RECT Rect = { 0,0,48,48 };
				BOOL ret;

				Rect.left = width * x + 1;
				Rect.right = width * (x + 1) - 1;
				Rect.top = width * y + 1;
				Rect.bottom = width * (y + 1) - 1;

				ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


			}
		}

		DeleteObject(hBrush);

		return FALSE;
	}

この辺は めんどくさくはあるけど みてわかってほしい

描画したWriteBoxとおなじ BOXが落ちた場所BOXの有無)を保存しておく

ここがわかりにくいといえば わかりにくい

	BOOL SaveBoxI()
	{
		blocks[y  ][x] = 1;
		blocks[y+1][x] = 1;
		blocks[y+2][x] = 1;
		blocks[y+3][x] = 1;
		return TRUE;
	}
記事への反応 -
  • anond:20190103170543

    テトリス風 落ちてくるブロックの描き方 わかりやすく関数化してみた まずはブロックの種類は3種類   WriteBoxLとWriteBoxIとWriteBoxZ の違いをよく見比べて 自力で違いがわかれば プログラ...

    • anond:20190103184241

      // WindowsProject7.cpp: アプリケーションのエントリ ポイントを定義します。//#include "stdafx.h"#include "WindowsProject7.h"#define MAX_LOADSTRING 100// グローバル変数:HINSTANCE hInst; ...

      • anond:20190103193157

        結構面倒 過去のブロックを覚えておく領域 int blocks[100][100]; 過去のブロックを再描画 BOOL WriteBoxOLDBox() { int width = 24; HDC hdc = GetDC(hWnd); HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB(48, 48, 48)); for (int y = 0; ...

        • anond:20190103193510

          次はシューティングなどでもよくある 当たり判定   つまり過去の落ちた残骸のBOXと 今のBOXがあたるかどうかの判定   テトリスのBOXをあたりはんてい というのはどうかとはおもうけど ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん