「ガリ勉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ガリ勉とは

2017-02-22

漫画ばかり

そういえば、僕の出身中学はとても田舎にあった。

校区に漁村を含み、特に漁村出身男子には蛮カラ気質が顕著であったと思う。

まあ、それでも友人関係は築けたし、一緒に遊びに行ったり楽しくやっていた。

が、今思うとちょっと異常だった。

彼らは、僕が本を読んでいると「ガリ勉だ」とチャカしてくるのだ。

例えば、単行本小説も、ハードカバーも、文学もそれ以外も。

どうも彼らにとって三国志スレイヤーズ経済書もエッセイ詩集新書も全て同じらしく『活字』に拒否反応を示していた。

今、思えばどうも時代を先取りして『イデオクラシー』ごっこをしていたのではないかとも思うのだけど、やはり彼らの両親も似たような反応を示したのだろうか。

2017-02-08

万引きは誰もが一度はしたことがある」という風潮

いま、ファミリーマート万引き犯の顔が鮮明に映っている防犯カメラ画像を、店に貼っていたと炎上している。

こういう店はけっこうある。

仕事中に立ち寄るサークルKには

「この者は今後入店禁止です」という張り紙と共に、どういう被害を受けたか詳細に記した文章、そして同様に万引き犯の顔が鮮明に映っている防犯カメラ画像10枚ほど貼っている。

説明によると、深夜3時頃中学生らしきグループ店員が店の中にいない隙にレジカウンターの中に入りレジをいじくったり備品で遊び回した挙げ句、大量に万引きしていったという。

それはそれだけ大暴れしていったのに全く気がつかなかった店員無能すぎるのではないかと思うが…

あとはパチンコ店。おれはパチンコはしないのだが、上司が酔っぱらうと「まぁ付き合えや」と、無理矢理連れていかれる。

その店には、ゴト行為をしたグループの顔が鮮明に映っている防犯カメラ画像が貼り出されている。

あとは俺のよく通うエロビデオ屋も万引き犯の顔が貼ってあるし、

万引きではないが、深夜店内で客をっ金属バットで殴って逃げていったという男の一部始終を捉えた防犯カメラ画像を貼っているコンビニもある。

この街はとんだマッドティだな、と思うが

自業自得なので、やりすぎだとは思わない。

ワイドショーコメンテーターなんかで、これを「やりすぎ」だと批判する奴は「万引きはやってはいけないですが、誰だって一度は魔が差してやってしまもの…」などとゴニョゴニョしだすのがいる。

「やってはいけない」ことではない、明確な「犯罪」だ。

お前絶対万引きしたことあるだろう、というのがバレバレだ。

割りと「誰だって一度は万引きしていて当たり前」と主張するやつが多くて驚く。

おれが今まで生きてきた30年間で、万引きをしたことがないとはっきり言い切るやつはたった2人だった。

俺の彼女親友だけ。

学校で一番モテた女は化粧品を頻繁に万引きしていたし、

普通のやつも「幼稚園小学生の頃やった」とう奴ばかりだし、

学生時代勉強一筋で東大に行ったガリ勉ですら子供の頃万引きしたと言うし、

学校教師も「おれは若い頃散々万引きしたが、お前らは絶対するな」と支離滅裂なことを言っていた。

おれは無論万引きなど一度もしたことがないので、俺のほうが変なのか?と思ってしまうほどだ。

「誰だって一度は万引きして当たり前」と思っているやつは、おれが万引きしたことが無いと言うと

絶対ウソだろ~」と言って信用しない。

昔、あるバラエティ番組であるタレントが「万引きしたことが無い」と言うと同じように「絶対ウソだろ~」と他のタレントからかっていた様子が放送され、炎上した。

万引きして当たり前」という発想がどこから出てくるのか理解できない。

万引き犯写真を貼り出したことに批判するやつは、決まって「これでこの犯人の将来が台無しになったらどうするんだ」とか言うが、

そんなの知ったこっちゃない。

犯人学生だった場合、それが知れて就職できなかったらどうするんだ」とか言うが、

企業万引き犯なんか雇いたくないだろう。

自分人生台無しにしたのに、なぜそれを無かったことにしてやらなければならないのか。

こういう奴は絶対若い万引きしている。

万引き犯自分と重ね合わせてしまうんだろう。

万引きくらいでそこまでの罰は不釣り合いだ、とでも言いたいのだろうが

万引きはそれほどの罰を受けて当然の犯罪である認識せねばならない。

それを思い知らせるための貼り出しだ。

批判されなければならないのは万引き犯であって、店ではない。

なぜ被害者が責められて、犯人保護されるのだろう。

自分も昔やったけど奇跡的に免れた」というのを、「誰だって一度は万引きしている」という滅茶苦茶な言い訳理論武装したつのりになって、店側より犯人側の立場で見てしまうのだろう。

犯人側の立場になる奴の方が多い。それだけ今の日本は「誰だって万引きして当たり前」の世の中なのだ

2017-01-03

仕事してるときが一番落ち着く

それが何よりツライ

 

ガリ勉野郎と似た感じだと思う

2016-12-23

漫画図書館Zの漫画紹介(年代順)その2

その1(http://anond.hatelabo.jp/20161223120406)からの続き。


2000-2003 ななか 6/17 (www.mangaz.com/book/detail/45211)

ガリ勉クラスの中で浮いていた霧里七華(十七歳)が、ある出来事きっかけに心だけ六歳に戻ってしまった。心が子供に戻った彼女に幼馴染の凪原稔二や同級生雨宮さんが振り回されたりもしながら、十七歳の七華と稔二と雨宮さんの三角関係を描く漫画であるラブコメなんだけど普段のラブ成分は少なめで、大事なところでドバッとでる感じ。それと恋愛よりも人を思いやるという心の成長を主題にしているためか、幼馴染大勝利!とならない。

ヒロインタイトルにも名前が入っているとおり七華なんだけど、十七歳の七華はたまにしか出ないレアキャラだし、雨宮さんかわいいし、雨宮さん優しいし、雨宮さん頼りになるし、はじめはいじめっ子として出てきたのに、あっという間に稔二との過去話が補完されたし、実質雨宮さんがメインヒロイン(ちなみに人気投票下馬評ではぶっちぎりだった)。雨宮さんは、いつも赤面していて、だいたいいつも報われないんだけど、時々とても幸せそうな顔をする瞬間があって本当に応援したくなる。

でも本当はドミ子が一番かわいい



2002-2006 聖戦エルナサーガII (www.mangaz.com/book/detail/75451)

あらすじ

どこにでもいるような普通女子高生エルナは、普通の家庭で普通に暮らしていた。しかし都市部工事現場から古代ギムレー期の伝説聖剣が見つかったことで、彼女の血に隠された王族の魔力が彼女の運命を残酷に捻じ曲げていく。

携帯電話インターネット存在する現代的な科学世界の上で、真面目に魔法や空想の生物の力を扱ったらどうなるのか。魔法は通常兵器と異なり術者一人だけで大規模破壊暗殺行為が可能になる。そんな力がテロリストに渡ったら政府はどう対応するのか。

既存の力を軽く超えた魔法の力が存在することの恐怖とはどんなものか。SFファンタジーである

ギムレー期の伝説エルナサーガ」を描いたIと合わせてどうぞ。



2002-2004 てんしのはねとアクマのシッポ (www.mangaz.com/book/detail/44921)

絵がかわいい。意外とストーリーがしっかりしている。ふわふわキャラ可愛い

一応ストーリーを。天使が通う森の学園になぜか入学した悪魔のルカ。毎日天使ハニエルに振り回されながらどこかおかしい学園の真相に気がついていくストーリー



2004-2006 オレの子ですか? (www.mangaz.com/book/detail/44591)

  • 著者 : くりた 陸
  • 連載誌: THEデザート
  • 巻数 : 5

軟派な大学生潤が、身元不明女性からあなたのこどもです」と一歳児スミレちゃんを押し付けられてシングルファーザーをする話。

はじめはスミレのことをうっとおしく思っていた潤だけど、日々の成長を見守っていくうちに一人のパパとして成長していく。スミレが通う保育園の優子先生との恋愛も子育てと並んでこの漫画の中心となるが、スミレが本当に潤の子である可能性も出てきて、なかなか仲が進展しない。

スミレの戸籍上の父親で売れない俳優の椿吾郎が、愛のない家庭で育ったことで、子供の愛し方を知らなかったけれど、スミレと触れ合っていくことで過去を乗り越えていくながれがすばらしい。子育ては子供を成長させるのではなくて、子供とともに成長することなんだ。

まり結局のところ、幼児のスミレちゃんが愛くるしいのでホオを緩めて愛でましょう。



2005-2007 Dear Monkey 西遊記 (www.mangaz.com//book/detail/43941)

玄奘三蔵の妹テンテンが、妖怪の総大将 孫悟空に殺された兄の代わりに、旅の仲間たちと共に天竺を目指すストーリー、つまり西遊記。ところが、西遊記を作者が思いっきりやりたいようにアレンジしてしまった。

仲間の悟空オリジナル悟空クローンだったり、悟空師匠の悟浄が軍服の眼帯女だったり、昔の中国だって地の文にも書いているのに重火器携帯電話が思いっきり登場したり大変自由。果てにはロボットまでも出てくる。

しかしながらエンタメとして安定して面白いのでおすすめ



2005-2011 あかりや (www.mangaz.com/book/detail/46061)

  • 著者 : 赤美 潤一郎
  • 連載誌: ネムキ
  • 巻数 : 1

あかりや」というどんあかりでも揃っている店を舞台に、宮沢賢治の幻想的な香りに人の心のぐちゃぐちゃした猟奇臭を加算した奇妙な話の連作集。

例えば、子孫を残せずに死んでしまった渡り鳥が、鳥神様に許されるために渡り鳥の群れを導く光となる「第3話」のように残酷ながらも美しい話があるかと思えば、思いっきりカニバる「第2話」のような話があったりする。オススメ芸術家の業と歪な肉親愛が題材の「第4話」。絵を書かずにはいられない姉と姉が好きすぎる弟が、姉が事故で光を失ったことで尋常ではない共依存のような関係になってしまう話。

シャープな絵柄なので、ホラーによく合うし、後味も悪くない。

ところで機械人間のバイトちゃんがかわいい



2005-2008 寒くなると肩を寄せて (www.mangaz.com//book/detail/66821)

あらすじ

かつては浄水施設だった街で、街の一画と共に水の底に沈んだ家族に心を囚われるユィと貯水壁が壊れる夜を描く「水槽の街」、ツノと尻尾が生えた少女が、鬼に胸を貫かれてほぼ全裸になる「少女というより痴女だった」、真面目系とチャラ男系という完璧にタイプが違う中学生芹沢工藤が、偶然ビデオ店で出会ったことから共通の趣味を見つけ、友達未満になる話「友達だなんて思っていないんだ」などを収めた短編集。

作者である鈴木健也さんの描く人物は非常に肉感的なんだけど、特徴的な線かな。

一番のおすすめは「ジゼルとエステル」。サーカスの見せ物で美しいシャム双生児少女ジゼルとエステルが、エステル男の子に恋したせいで、(おもにジゼルが)物理的に精神的に引き裂かれる話。じつにえぐくて物悲しい。信じていたものに裏切られるつらさ。

こころがぐりぐりされる。



2006-2007 椿ナイトクラブ (www.mangaz.com/book/detail/121101)

おばか変態ギャグ漫画。ここで紹介するのは、フレイヤ騎士団ナイトクラブ)の美の化身こと鏡尋斗の必殺技、「男子魅了(読み: バンコラン)」効果: 男子を操る、に負けたから。ちなみに三巻の57-58ページ。あとブルマに対する作者の情熱がものすごい。



2007-2008 デュアルジャスティス (www.mangaz.com/book/detail/45941)

特撮アニメ、学園、そして拳である

人々が天を忘れた時、地の底から邪なものが這い出してくる。その都度、神は大地へ天の使いを送った。そう…邪悪を祓い、人々の心に再び天を抱かせるために…。

時は現代、地上に邪なものが現れると、彼らが現れる。天に選ばれた戦士たち、そう、「天空特警 アヴァロン」と「美少女天使 パレストリーナ!!!

特撮アニメリスペクトヒーロー漫画マッシヴなのに意外と理知的なアヴァロン(中身は不良)と目立つの大好きパレストリーナ(中身は生真面目生徒会長)のコンビがいい感じ。

面白いのが、天と邪なるものとのパワーバランスは天を信じる人々の数で決まるため、敵側が、現代情報社会であることを利用した情報戦イメージ戦略で攻撃してくるところ。現実でこれやられたらかなり人間不信になる自信がこの増田にはある。



2007-2008 モンスターキネマトグラフ (www.mangaz.com/book/detail/71031)

もし怪獣に変身することができるお姉さんがいたらってお話。

時代は第二次世界大戦が終わってしばらく経った日本主人公の間宮さんは興奮すると自分の意思に関わらず大怪獣に変身しちゃう厄介な体質の持ち主。大戦中はその能力に目をつけられて軍事利用されたり、戦後も政府監視下に置かれたりと自分の体質に翻弄される。
しかし戦後は怪獣映画メインキャスト(怪獣)を務めたり、自分の力に折り合いをつけだんだんと自分の幸せを見つけていく。

主人公関西弁バリバリなのがグッドポイント

おすすめ場面は、変身しなきゃいけないのになかなか変身できない場面で、秘密兵器(美少年のいけない写真満載の雑誌)を見て「あかんわー」と叫びながら変身する場面。



2009-2010 ラブんラブ (www.mangaz.com/book/detail/120121)

毎日ラブを探してラブにラブする中学生 相田愛子(ラブ子)をはじめとして、サッカーに生きるラブ子の幼馴染 国立カケル、年の離れた弟たちの世話で大変な砂田素直(すなちゃん)、クール勉強家 北王子学斗、おっとりして奥手の浦上麗(うららん)たちが好きな相手にドキドキしたり、意識していなかった相手意識してドキドキしたりする固い蕾のような青春漫画

他人のラブにはすっ飛んでくるのに、自分のラブにはうまく答えが出せないラブ子が素直でいいんだこれが。

あとラブ子のラブ暴走っぷりもいいんだけど、おっとりで学斗に一途純情のうららちゃんが、自分ではない女のことに頭を奪われてしまった男に興奮します。

「目の前の私をみていない 瞳」

「私以外の 誰かを 好きな瞳」

「ドキドキした 私 おかしい」

ふわふわ感がよかった人は「ふわふわカタログ」(www.mangaz.com/book/detail/115531)、変態感とエグみがよかったひとは「魔法少年マジョーリアン」(www.mangaz.com/book/detail/120131)と「姉さんゴーホーム」(www.mangaz.com/book/detail/120111)へ行きましょう。

前者は、月刊MOEで連載されていてもおかしくないフワフワポワポワな内容で、後者では、いたけない二人の少年がナイスバディなお姉様に変身して敵と戦う話と、大切な記憶を守るためにそれ以外を全て捨てて狂っていく女性の話が読めます



2010年代 ハルン谷テイル (www.mangaz.com/book/detail/126441)

古い村とその村に寄り添うようにしてある古城をめぐる一話完結型の牧歌的雰囲気漫画。村の近くに見えるお城だけど、近づいても近づいても一向に近づけなくて、離れようとしたらお城に近づいてしまうこと、池で水遊びをしていたら、水面に映った逆さ城の中に入ってしまう、など幻想的で牧歌的漫画

絵柄がかわいらしくて、ますむらひろしアタゴオルみたい。自身のHPで連載しているとのこと。



2010-2014 マジャン 〜畏村奇聞〜 (www.mangaz.com/book/detail/120651)

麻雀は絵柄を揃えたら役が出来るくらいしか知らないけど、この漫画は一戦いっせんに熱があって面白い

単なる麻雀の漫画ではなくて、マジャンという麻雀のルールに加えて特殊ルールトランプジョーカーみたいな牌が入っているとか)があるので、単なる麻雀好きの学生だった主人公が特殊ルールに苦しみながらルールを解き明かす部分を読者として共有できて良い。

麻雀要素以外にも、閉じた村、おどろおどろしい伝承、そして表面上は普通なのに、ある事柄にだけ一様に口を閉ざす村人など横溝正史的成分も満載。

麻雀は門外漢だけど、主人公の打ち筋がデータ・確率重視なところが現代的で面白いと思う。まあそのせいで、麻雀と異なるマジャンの特別ルールをはじめ、村の奇習/因習に主人公は振り回されるのだけど。

こちらのレビューが詳しい「竜騎士07が震撼した漫画「マジャン~畏村奇聞~」」(http://blog.livedoor.jp/inoken_the_world/archives/51895567.html)。



以上。増田的には全部何度でも読み返せるくらい面白いけど、あえてオススメするなら「ゆめのかよいじ」(https://www.mangaz.com/book/detail/43881)が一番心に残ったかな。ちなみに連載期間調べるのめちゃくちゃ大変だった。

最後に、面白い作品に出会えたことについて、漫画図書館を始めた赤松健先生に感謝。

2016-12-20

http://anond.hatelabo.jp/20161220180203

んなわけねーだろアホ

ブサイク勉強できてもガリ勉バカにされるだけ

逆に女だって勉強仕事ができれば出世して、金目当ての男はゲットできる

女だから言い訳にしてんじゃねーよ

自慢する人の心理

私が大学に進学してから、2人の自慢好きに出会った。友達になって話してみると、2人にある共通点が見い出せたので、書いてみようと思う。

~~~

登場人物:

・私(男)

・Aさん(女)

・Bさん(女)

~~~

((Aさんの場合))

Aさんは某国高校から京大受験するも失敗。後期日程で私の通う地方国立に来た。

Aさんは「サラっと自慢を織り混ぜる」のが特徴。例えば、図書館課題を一緒にしている時、「もうここまでやっちゃった」とわざわざ言う。これは「すごいね」という相手言葉を待っているらしい。私だけでなく他の人にも同様のことを言っており、その度にお世辞で返されている。それに本人は気付いていない様子。性格大人しい。顔は下の中くらい。

~~~

((Bさんの場合))

兵庫県の某有名私立高校から京大を受けるも失敗、2浪の後にも失敗して後期で来た。

Bさんは「堂々と自慢+貶(けな)す」のが特徴。家族出身地・母校への愛が半端ではない。他人の話は基本的に聞かない。性格は短気。平気で人前で物を叩いたり蹴ったりする。顔は下の中くらい。

Aさんとは異なって自慢の手法は多岐にわたる(2つだけ紹介する)。

/1/他人の話を横取りし、うんちくを垂れる

最も多いパターン。例えば、サラダにどのドレッシングをかけるかで話が盛り上がっていた時、突然「マヨネーズ起源はね…(以下略)」と話し出したりする。話の流れが途切れるし、場の雰囲気が「お、おぅ…」と微妙な感じになってしまう。話は毎度毎度長いので皆イライラ。「ほぉ~」と感心されるのが目的らしい。

/2/出身地・母校(出身高校)・家族の自慢

母校は全国的に有名な進学校から、とにかく自慢をする。制服の自慢から校歌の自慢、立地の自慢、通学方法の自慢、成績(模試)の自慢まで。そして自分の入った大学を「カス」と貶している。

また身内自慢も多い。身内のことを熱く語ってくれるのだが、こちらからすれば赤の他人だし、全く興味がない(会話の基本って、相手共通話題を話すことだよね)。

他に多いのは地元自慢だ。元は京都の人だからか「うちのところは歴史があるから」が口癖 。

これは頻度が高く、隙あらばねじ込んでくる感じ。同時に私の地元への熱い批判が飛んでくることが多い。味噌汁赤味噌から交通ルールまで、幅広くケチをつけてくれる。

~~~

さて、2人のケースを見て、先に言った「共通点」が見えると思う。それは、

(1)第一志望に落ち、レベルの落ちる大学に入った

(2)器量がない

の2つだ。

(1)を考えてみると、2人には「私はこんなところにいるべき人間じゃない…」という気持ちが強いはずだ。

2人は、いわゆる「学歴コンプレックス」を持っていることになる(2浪もしたBさんは尚更)。

彼女らはその経歴ゆえ、周りの学生を「私よりレベルが低い人たち」と見て、その高いプライドを保っている。

ということは、彼女らが最も警戒するのは、「レベルが低いと思っていた人間の中から、私よりレベルの高い人(「Cさん」とする)が現れること」である

何故なら、もしそうなれば、高いプライドがズタズタにされてしまうからだ。

まり褒め言葉や感心を欲して自慢ばかりするのは、「相手(周囲)より優位に立っていたい」という気持ちを満たすためなのだ

この気持ちが強まり過ぎたのがBさんだ。皮肉にも、自慢では満足せずに、前述したような侮辱暴力に走るようになってしまった。

そして、「他人の話を聞かない」のは、他人の話を聞いたことで、その相手が「Cさん」だと気付くのが怖いからだ。

~~~

次に(2)について考えよう。

彼女らは、お世辞にも「普通の顔」とは言えない。私よりも器量がないから、相当のブ○である

これで判るのは、今まで他人に褒められた経験が、普通の人より少ない、ということだ。

小学校クラスを思い返すと、顔が良くて勉強もできる子は賞賛されるが、顔が極端に悪くて勉強ができる子は「オタク」や「ガリ勉」とレッテルを貼られやすい。

まり彼女らはそのようなレッテルを貼られる立場にあったのだ。褒められる経験普通の人より少ないはずだ。ゆえに、承認欲求がかなり強いと推測できる。

~~~

以上より、自慢をする原因には、経歴(受験失敗、多浪)や先天的な要素(器量)が深く関わっていると判る。

まり、「自慢する人」は、「他人に認められたい」という気持ちが、人一倍強いのだ。言い換えれば、「愛情不足」かもしれない。

彼女らのコンプレックスは、「学歴」という不可逆的なものに根を持っている。自慢をして優越感に浸ったところで、決して解消されることはないのだ。

「自慢には何の得もない」、このような簡単なことに、彼女らが気付く日はくるのだろうか。

2016-12-01

「俺って要領いいか大学なんて適当にサボって効率よく卒業したわ。ガリ勉してたのは頭悪い連中」

こういう人をたまに見るけど、これって学校で成績悪かったのを「俺はまだ本気を出してないだけ」と合理化してるんだなと思ってる。

ちきりん炎上ツイートは、こういうのにちょっと意識高い系ブレンドしたような感じだよな。

あ、ちきりんマッキンゼーガチで優秀なのか。

2016-11-02

見た目がガリ勉で真面目そうで静かな癖に馬鹿

なんなの?ギャップ萌え

システムエンジニアに多いよね

2016-09-02

http://anond.hatelabo.jp/20160902030318

時代にもよるのかな。

ぼくらが小学生の頃はUFO超常現象ブーム「ムー」やなんかが学級文庫として置かれてたし、テレビ番組でも毎月のようにUFO特番があって、準レギュラー並の出演頻度でナスカの地上絵が出てきて「宇宙人へのメッセージ!?」みたいに扱われてた。そういう時代経験してると「ナスカの地上絵」に触れないってのは帰国子女テレビを見せてもらえないガリ勉かと思うのも致し方無い。

2016-08-02

「数式アレルギー文系なので」

novtanがずいぶん好意的解釈をしてたけど、知的向上心のなさが問題ならそう言えばいいだけで、

文章術の本で一意に捉えられるようにしろとか熱弁してたくせにやらかしてんじゃねぇかとツッコまれてもそりゃあ仕方ないよね。

数式アレルギーというだけで他の学問コミットしてる可能性は排除できない以上、知的向上心を欠く大人なっちゃダメだぞは指摘として間違いだ。

この発言問題点って、ただ単純にアレルギーというワードチョイスがどうなのかってくらいで、結城氏の批判的外れすぎる。

文系バカにするな、というのもこの文に対してはおかしい。

文系から数式アレルギーなので」に対してならば成立するが、「数式アレルギー文系なので」は数式アレルギーでない文系存在否定するものではないので成立しない。

論理解説する本を出してる人がこれでは若者に悪影響ではないだろうか?

これから時代、数式は必要からやらなければならないというプラグマティズム観点から発言をしているが、

これは逆説的に数式が必要ない人はやらなくていい、ということにもなってしまう。

さて、これから時代を生きていく人のどれくらいが数式を必要とするだろうか。

また、数式という叡智の積み重ねに~という発言に関しても疑問が浮かぶ。

なぜリスペクトする必要性があるのだろうか。したからなんだというのか。ただの自己満足ではないか

ではブコメを見てみよう。

http://b.hatena.ne.jp/entry/rentwi.textfile.org/?759297917043609600s

tockri 僕も自分不勉強で苦手なことをヘラヘラ笑いながら「よくある多数派」にラベリングしてその対象を貶める人が嫌いです。ブコメ中の的外れ率がものすごい高くてびっくりした。

上記のとおり文系を貶めてるわけではないので的外れ

hate_flag 数式がわからないなら「わたくし不勉強でこの式の意味がわからないのです」と正直に言おうよ。不勉強なのをありもしないアレルギーのせいにするのは不誠実だし数学に対して失礼だ。

しろわかりませんの後に出てくるフレーズだと思うが。むしろこれは「苦手なので費用対効果が悪くやる必要性がない」というメタメッセージにも受け取れる。

それから数学に対して失礼」などという謎フレーズ。お水にありがとう

watchcat そもそも人は日本語もきちんと読めない。ここのブコメ達が良いサンプル。大半は的外れ批判しかしてないしね。そして日本語不自由なのに数式なんて読もうとするわけがない。だから敬意なんて持たない。

okureiman スター集めてるブコメ反論レベル低すぎてわろた

典型的な匂わせ文。抽象的な言い回しだけでマウンティングを取ったコメントしか放れない人間が語る誠意とは。

後者は2ブクマしかなくて顔真っ赤にした誰かのサブ垢かと疑うレベル

gcyn えっ、なんでこれこんなにも否定的コメントつくの?って思った。悪いけど、ご自分の卑屈を他人の汚点に転化してるからではなかろかしら。

touch_my_tralala 数式が苦手でかつ怒りっぽい人ってこんなにいるのかって、ブコメみて驚いた。なんかコンプレックスでもあるのかな。結城さんの言ってることは結構まともだと思うんだけど。

ophites 「俺も昔はワルだった」「自分不器用でして」が実際は「ガリ勉より俺の方が人として上」「要領だけ良いズルい奴と俺は違う」を意味するように、卑下のふりした自慢なんだよな。できないのは仕方ないがそれを誇るなよ

で、出た~他人脳内空想決めつけ発言くりかえすやつ~

他人投影防衛機制指摘したところでおまえがそう決めつけていい世界にお住まいならおまえの意見こそが投影防衛にすぎないと決めつけていいよねと返されて負けるタイプ、許されるのは20歳までだぞ☆

t-tanaka これに限らず,知らない・できないということを特権のようにふりかざして,相手に譲歩を求める行動が世の中で通用してしまっているのか腹立たしい。

実際にしらないできない他人コストをかけさせてやらせようとするのを拒否される=俺に譲歩を求めてくるなら所詮レベルじゃないっすか~

yu173 誰にでも得意分野がーは反論にならない。不得意だろうが数式を蔑ろにするなという話でしょ。この手の話題になると理系文系区別することの害をブコメから見て取れる

なるよ。ひとつめに数式アレルギーイコール知的向上心否定にはならない、ふたつめにすべての人が必要ではない以上、コストパフォーマンスを考えて得意分野にコミットして数式を蔑ろにする選択は十分にありうる、ということで十分な反論になっている。

matarillo 《あなたがわからないのはいいよ。あなた理解したくないのはいいよ。若者にそれを推奨するなといいたい。》《大人真剣勉強しよう。》ってあるのに★ブコメは何を読み取ったんだろう。

推奨という論理飛躍や勉強していないという決めつけ、わからないのはいいと言っておきながら歴史ある知である数学リスペクトしろというテメーの価値観の押しつけを読み取ったのではないでしょうか。

unagi_dayo 「数式アレルギーなんで」「文系でして」「自分馬鹿なので」等と言って何かを理解すること・考えることを放棄する行為は不遜だし周囲の若者に悪影響を及ぼす。分からないこと、苦手なことが悪いのではなく態度の問題

数式アレルギーでも他の分野の学問理解する方にコミットしていれば何の問題もない。コストパフォーマンス問題英会話教室の入会アプローチのような強迫圧力をかけて数式を理解する必要のない若者にまで数式は理解しなければならないと押しつける方が悪影響。日頃から文系はムダと明言している理系はたくさんいるが、数式がムダは一切みとめようとしない態度はなんの問題もないのだろうか。

watapoco 数字を扱う仕事をしてる人間として無茶苦茶同意。いや、わからんはいいのよ。こういう台詞はく人できる人へのリスペクトがないの。

どこをどう飛躍させるとリスペクト云々になるのだろうか。あと誤字脱字のまま書いてもいい推敲しないで書いてもいいと思わせると若者に悪影響だぞ。みんなもっと叱れよ。

kaputte 同意しまくり。言葉をいい加減に扱う奴は信用できない。この文章は数式や漢字が読めない奴を叱るとかそんな話じゃないんだが、これを理解しない層=怒りの矛先だと思われるので、勝手に誤解するしいろいろ不毛

アレルギーというワードチョイスにはたしか問題あると思うが、これも匂わせ文。言語化せず逃げに走るのは若者にとって悪影響。「勉強不足を恥じろよ。若者自分レベルまで落とそうとするなよ。」えっ?どんな話だって

marmot1123 想像以上に批判的なブコメが多くて驚いた。自分は完全同意自分勉強しなくてわからないのはいいけど、他の奴らが勉強しない方に巻き込むなって話。難しいから逃げるんじゃなくて丁寧に読もうよって話。

巻き込まれるようなバカを殴る方向にシフトすべきだろ。そもそも勉強する必要性がない人だっているんだから

okachan_man 文系だけど、自虐じゃなく本気でそんなセリフを言う人はただのバカだと思うよ

上述のとおり、お世辞とかコスパ考えて投資する必要性がないの言い換えにすぎないとも考えられるからなぁ

おはように早くねーよ!とかお疲れ様ですに疲れてねーよ!みたいなアスペ臭が漂う。

アレルギーというワードチョイス一点突破ならここまで批判されなかったろう

satomi_hanten 結城センセっぽくないけど「大人には」って明記してあんのすら読まなかったり理解する意思を見せない人間にはなりたくないのは1000%同意

書いてあるとなんなのかまったくもって意味不明

araignet2内容以前に結城氏のこれまでの著作活動に対する全くの無知しか思えないコメントにげっそりする。

しろ今までの著作活動台無ししか思えないけど。自分文章術の本をもう一度読み返したらと思う。数学尊敬しない人に対して尊敬しろ尊敬しろ尊敬しろ尊敬しろと思っているというイメージ数学ガールたちにさよなら絶望先生久米田康治登場人物並の闇を感じさせてしまうだろう。

2016-07-28

ガリ勉ちゃんが他人が塾に行ってダラダラ勉強する間一人で勉強してて私天才!っていうのは

お前が単に人の二倍努力をしてるだけなんだよなぁ

2016-06-18

ゆとり世代への批判って

なんで学力批判しないんだろうか?

 

ゆとり世代はこんなにひどいぞw」という批判が出てくるのは、常識のなさ、根性のなさ、みたいな内容ばっかりなんだが、それってゆとり教育関係あるの?

 

これがもし「つめこみ教育・暗記教育をしなかったせいで、以前の世代より基礎学力が低い奴らが多い」ってことならば、その主張がどれだけ正しいか別にして、ゆとり教育とそれを受けた世代への批判としては意味が通る。

しかし一方で、常識とか根性の無さというものゆとり教育関係がない。

例えばガリ勉をしている真面目な生徒より、部活動ばっかりやっている体育会系のほうが「常識」「根性」がありそうだ。

しか先日のニュースで、「ゆとり世代新人たちには根性がないから、自衛隊体験入隊させて根性をつけさせる」みたいなことを言っている市役所があったのだけど、これこそまさに体育会系文脈だなと思った。学力関係ないじゃんwww

2016-05-22

学齢厨のみなさま

東大ってどれだけすごいの?

生涯年収比較したとき東大MARCH日東駒専クラスでどのくらい違うの?

高校彼女や仲間と遊んでMARCHと、ガリ勉友達なし童貞ライフ

どっちがいいの?

2016-04-12

秋元康の書いた歌詞正論しか言っていない件

難しいことは何も考えない

空っぽでいい

二足歩行が楽だし ふわり軽く

風船みたいに生きたいんだ



女の子は可愛くなきゃね

学生時代おバカでいい

今一番大切なことはそう

キャピキャピと音が聞こえることでしょ



アインシュタインよりディアナ・アグロン

テストの点以上 目の大きさが気になる

どんなに勉強できても

愛されなきゃ意味がない

スカートひらひらとさせて

グリーのように

実際、バカ必死こいて勉強して一般入試受けるより、コミュ力磨いてAO入試受けたほうがいい大学入れる可能性高いじゃん。

入学後もコミュ力ある奴は過去問回してもらってコミュ障ガリ勉よりいい成績取れるし、就活なんか外見とコミュ力がある奴が圧倒的に有利だろ。

「どんなに勉強できても愛されなきゃ意味がない」って男女問わず普通に生きてたら当たり前。

glee世界ではクイーン・ビーだったことを過去の栄光にして田舎に生きるしかないのかもしれないが、

現代日本ではクイーン・ビーはクイーン・ビーのまま女子アナになって、野球選手IT起業家結婚したり、自民党から出馬して政治家になれるんだぞ。

2016-03-12

どんな人でも馬鹿に出来る

金持ち:守銭奴キモい

芸能人:河原乞食キモい

お笑い芸人:存在しなくても誰も困らないしょうもない職業

美女:ビッチキモい 整形乙

美男:顔と中身が釣り合ってない

おしゃれな人:顔と会ってない

高学歴:ガリ勉キモい

優しい人:偽善者

権力者:将来地獄に落ちる人でなし



他人は全員馬鹿に出来る。価値ある人間なんて存在しない。

2016-02-25

中卒の母と祖母

俺は元レディースの息子だ。

それがどうして読書少年として育ち、都内年収200万未満のSEをやっているのかは、わからない。

給料は安いが、定時で上がれる。社長技術出身。最新技術に敏感な社風。

最高の会社所属していると思っている。金払いさえ良ければ完璧だ。

つの懸念事項を除けば、俺の人生問題は無い。非常に安定しているといえるだろう。

母と祖母だ。

母は40代無職祖母は60代で飲食店正社員給料は俺より下だ。聞いた限りでは。

二人とも中卒。祖母新宿で母を育てながらスナックで働いていたらしいが、灰皿で客を殴ったのをきっかけに、田舎に引っ込んだ。

そうして育った母は田舎で「やんちゃ」をやった後、俺を育てながらスナックで働いた。

そんな二人が老いて、苦しい生活をしているのが俺の耳に伝わる。

そして善なる俺と悪の俺がバトルをする。

「おぅおぅ、若い努力せず怠けてたヤツがのゥ~、年食って体が動きません、

息子よ孫よ助けて~?自業自得じゃウヌら」

「ヘイヘーイ、そうは言っても育ててくれた親とおばあちゃんジャナイノ。

本を読んでたってだけでガリ勉認定されて、いじめられてた俺を助ける為に、

元ヤン仲間を小学校前に集合させてキッチリけじめをつけさせた親じゃないの」

もし母と祖母のどちらかが倒れたら。あるいはどちらも倒れたら。

俺は会社をやめて二人のいる田舎へ戻らねばならぬのか。

介護の金はどうやって捻出するというのか。



ってことを最近考えていたんだけど、どうしても見捨てる方向になっちゃうね!

すまんなー母さん!育ててくれて感謝してるが、それとは別!

介護とか俺の人生まで沈むから!悪いけど俺を巻き込まずに沈んでね!

2016-02-18

特に関大学生は、積極的大学外の同年代から10歳くらい上の意識高い人と付き合ったほうが良い

「付き合う」ってのは人付き合いという意味ね。

なにも、「ガリ勉集団には面白いはいないから外へ出ろ」と言いたいわけじゃない。むしろその逆。

要は「世の中の99.9%以上は君たちよりアホなんだ」ということを自覚して、無意味不安を抱かないようにしてほしい、ということ。

就職のことを考え出す時期になって、企業説明会なんかを聞くようになった時に、難関大学生というのは、「なにやらビジネス界隈の人はすごく優秀で、今までお勉強ばかりしていた自分は実は全く通用しないんじゃないか」と自信をなくし、最終的にもったいない就職をする事がある。

逆にチャランポランで意識だけ高い奴らは、何ができるわけでもないのに自信だけはたっぷりで、身の丈に合わないような会社を受けるわけだけど、人事もまた無能なので採用されてしまったりする。

2016-01-11

成人式には出なかったし、お酒は一度も飲んだことがない

http://anond.hatelabo.jp/20160107125638

自分お酒って、一度も飲んだことないんだよね。ちっとも口をつけたことがない。

から友達いたことがなかったし、飲み会ってやつに誘われたことがない。お酒をのむって、そもそもどうやって体験すればいいのか分からない。

風俗に行けばセックスできるらしい」っていうのと同じで、「店に行けば陳列棚のお酒を買えるらしい」ってぐらいの知識はあるよ。でもそこから先、どうやって体験すればいいのか分からない。ぶっちゃけ興味はあるんだけど、お酒を買ってきて飲んだりするのには抵抗がある。抵抗ありすぎて自分には無理。

 

あ、自分ガリ勉していたから、世間ではそれなりに褒められそうな大学に行ったけど、精神的に追いつめられて結局中退してしまった。だから実家に帰ってきて、今はすこしアルバイトをやっているだけのゴミクズです。さーせん。(昔に勉強してきた内容をすっかり忘れたから、今では多分中卒ぐらいの学力レベルだと思う。つらい。)

 

今年の新成人じゃないけど、成人式には出なかったよ。すでにこうなる未来を予感していたからね。出席しても惨めになると思っていた。じつはそれでも式に出なかったこと、出る勇気がなかったことを今さら後悔している。

 

はてなブックマークを見ると、ふつうはやっぱり地元に昔の友達がいたり、友達はいなくても「嫌いな同級生」がいるものだと感じた。

ぼっちだった自嘲している人も、何でか知らないけど、大抵はお酒を飲むという人生のすごい楽しみを知っている。みんな、それなりに中身のある人生を送っているのかしらと羨ましく思った。

それと比べたら、自分には何もなかった。お酒は飲まないし、それじゃあ飲もうというだけの勇気もない。死にたい。それにセックスもしたことない。

2016-01-09

世の中には進研ゼミ継続していくことすら

ガリ勉範疇に入ると感じる人がいて、そういう人たちがmarch関関同立を褒める

2015-12-23

高校東京大学を退学した話

これは 退学 Advent Calendar 2015 12/18 の記事です。

勢いで登録したものの1週間近く過ぎてしまったこと自体が、2回も退学するような人間であることをよく表しています

てきとうなブログスペースがないのでここに書き殴ります。なるだけ時系列順で。

高校入学以前

物心ついたときからなぜか勉強ができたというか、テストの点数だけは良かった。

小学生時代は(客観的に本当にそうだったのかわからないが)イジメられるような人間で、

それがイヤになって公立中学を避けて、中学受験をして私立学校に進学した。



ここがいわゆる進学校的なところで、中高一貫校の利点を活かして中学のうちから高校の授業をするようなところだった。

模試なんかも1学年上の模試を受けさせられたりしていて、自分にはそのような先取りの学習スタイルが合っており、

中学卒業する頃には高校理科系の科目については教科書の内容を終えていた。



はいガリ勉だったわけではない。

中1からギターを始め、まわりの友達楽器を教えてバンドを組んで、

自分たち企画してライブハウスを借りて同級生を集めてライブイベントを開いたりしていた。

高校入学

音楽にドップリはまって、東京に行ってミュージシャンになりたいと思い始めた。

また、当時流行していたモーニング娘。にも衝撃を受けて、後藤真希に激ハマリ

自分上京して音楽家として売れて後藤真希結婚するのだ」と強く思い込むようになった。



すでに高校学習内容を終えていた自分にとって、学校はひどくつまらなかった。

拘束のキツい進学校で、朝課外・夜課外というもの必須で組み込まれており、

7:30-18:00 という長時間、わかりきった授業を受けるのが耐えられなくなった。

こうなることはだいたい予想できていたので、別の高校受験検討していたが、

その学校には「他の高校受験してはいけない」という規則があったため叶わなかった。

(これがどの程度の強制力があるものなのかわからないが。)



そのうち学校に行かなくなって、自宅で将来を空想して過ごすことが多くなった。

この頃インターネットにハマって、アイドルのファンページや 2ch を見始めた。

スムーズ上京してミュージシャンになるにはどうしたらいいか」を考えた結果、

こんな無駄学校生活を送ってもしょうがない、

アルバイトをして音楽機材を買い、東京大学合格して上京しようと思い始めた。



親や学校に退学の相談をしたが、当然のように引きとめられた。

しかしながら、いくら試験の点数が良くても授業に出なければ卒業はできない。

とにかくアルバイトがしたかったのでそこを押して交渉したら、

本来禁止だが新聞配達なら許可してもらえることになった。

(が、もともと通学できてないのだ。新聞配達をして寝るようになった。)



学校に行かないまま時間けが過ぎ、高2の夏ごろになり、

正攻法では無理だと考えた自分家出奇行に走るようになり、

周囲の大人にだいぶ迷惑をかけた。

「今辞めたら大検を2回受けられる」というのを切り札にして退学した。

(が、大検会場が田舎でめちゃめちゃ遠かったので、結局1日目しか行かなかった)


高校中退 - バイト漬けの日々

17才高校中退した自分大学入学までのミッションは、

音楽機材を買い集めること」と「東京大学合格すること」だった。

とりあえず年齢を偽って深夜のコンビニアルバイトを始めた。

平日深夜はコンビニ、土日昼は結婚式アルバイトという具合で、

週5-6日バイトをしてフリーター程度に稼いでいた。

昼夜も逆転しているため勉強どころではなかった。

(これがのちに自律神経を壊して大学を辞める布石になる)

高3の8月までコンビニ12月まで結婚式バイトを続けた。



当時一番つらかったことは、「実は高校中退していない」という悪夢を繰り返し見続けることだった。

この時点で自分はただの中卒のフリーター大学合格しなければただのドロップアウト未来はないだろう。

それが自分には受け入れられなかった。もともと「高校を辞めたい」と思って辞めたわけじゃない。

「つまらない教育制度が悪い」と思って辞めた。より高等な学問勉強たかった。

自分勉強すればいい」には「つまらない授業のために教室にいられない」と答えるし(学費私立なので高い)、

海外飛び級すればいい」には「そこまでの度胸はない」と答えていた。

アイドルにハマっていたというのも大きいが)



このように、「本来自分(と思っているもの)」と「現実自分」とのギャップの大きさに耐え切れず、

「本当は高校中退してないよ、お前はマトモだよ」という甘い夢を見続けることになる。

現実は甘くない。そしてこの夢は大学に入ってからも数年続いた)

バイトに通う道すがら、制服を着た学生を見かけると思わず身を隠すぐらいこわかった。


大学受験

高校1年生の頃「東大、イケるな」と感じて退学を決意したが、

ろくに1、2年勉強しなかったのでさすがにハードルを上げすぎたなと後悔した。

しかし、努力が長続きするタイプでもないし、勉強机に何時間も向き合える性格でもない。

当時は枕元にバイトで買った Macディスプレイを置いて大学受験板、大学生活板、モー娘。板などを見ながら

寝そべった体勢で受験勉強していた。

直前の模試では良い結果は出なかった。

「これはヤバイ」「人生終わったか?」と不安になったが、実際にはなんとか現役で合格できた。

合格発表現場に行く勇気はなかったため、インターネットで番号を見つけて喜んだ)




このとき一番うれしかったのは何といっても「憧れの東京一人暮らしできる」ということだった。

とにかく何でもできる気がしていた。今まで辛い思いをした分、ここからはバラ色の人生をつかむのだ。

大学なんてどうとでもなるだろう、問題はどうやって人気者になって成功するかだ。本気でそう考えていた。


大学入学


今思うとまったく甘い考えであるが、結果、大きな挫折にぶちあたることになった。

まず、朝起きれない。武道館で行われる大学入学式遅刻した。(入場できたかどうか覚えてない)

入学を記念するアルバム?のための写真撮影遅刻した。

親が記念に購入したアルバム自分が写っておらず、ひどくガッカリさせてしまった。

(また、自分が在学していた証拠が残らないという結果にもなった)



とにかく学校に行けない。友達ができない。

どこに行けば授業が受けられるのかすらわからない。

つのまにか試験の時期が来たが、試験の受け方もやはりわからない。

大学とは、こんなに不案内なのだ驚愕した。

結局何もわからないまま、2年が経過した。

単位は1つも取れず、それどころか1点も取ったことはない。

僕は鬱病になった。薬漬けになり、体重は 20kg 増えた。

(この頃も「高校辞めてないよ、大学行けてるよ」という悪夢を見続けて辛かった)


大学を退学


入学させてくれた親との折り合いも付かず、往生際も悪く、結局5年も在籍して、1度も進級できなかった。

まりタイムアップである。(8年在籍できるが、もう卒業の見込みがない)

通常であればここで実家へ戻るのであろうが、

上京からインターネットの知り合いから仕事を紹介してもらって、

なんとか東京に残りたいと説得した。

(当時22才くらい?タイムリミットを設けたか覚えてない)

しかし、それも束の間。

アルバイトのような仕事転々とした後、家賃を滞納して強制退去。親に泣きつくことになる。



いよいよ田舎に帰るしかないか?となったとき

本当に運良く奇跡的に、正社員になることができた。

ルームシェアしていた友人の家に転がり込んだ。

いろいろあって25才くらいだったと思うが、当時は自分正社員になることなんて絶対に無理だと思っていたので、

人生は本当にわからないものだと思った。



今でも、どうにかこうにか東京にいることができている。

後藤真希さんは娘を出産された。

10代のあの頃、自分がこんな人生を送るとはまったく想像していなかった。

ひとえに、まわりの大人・先輩方のおかげとしかいいようがない。

(ちなみに大学の友人は一人もいない)


まとめ

うっかり長文になってしまった。

振り返って思うのは、(よく誤解されるのだけど)僕は退学したいと思って退学したわけではない。

退学したことそれ自体を、自分の特徴・ネタにしたことで、

なんとかまわりの人に助けていただいたということが大きい。

はいえ、もう1度人生をやり直せたとしても、自分は退学することしかできなかっただろうなと思う。



今は、N高等学校 のような取り組みもあるし、

今後も、自分のような平均的でない人間であっても苦しまなくていいような柔軟な教育体制になっていってほしいと心から思っている。

当時の僕にN高等学校選択肢があれば、まちがいなく選択していただろうと思うから特にである

2015-12-06

変態

私は、女性先生です。男の子を見ています

Aくんは、勉強が得意で、非常に真面目な子です。

イケメンではありません。一言でいえば、さえないガリ勉童貞男子を絵に描いた感じです。

Bくんは、勉強は得意ではありませんが、賢い子で、スポーツが得意でリーダーに向く子です。

イケメンで、私が同じ歳ならば、確実に夢中になっていたような男の子です。

Bくんは大人の扱いに慣れており、また大人に愛されて育った子で、私もまた、Bくんを気に入っていました。Bくんは年頃の男の子らしく、女性に興味があることを、明るく周囲に話していました。私にも話していました。Bくんが、私を大人の女性として興味を持っていることに、気づかないふりをしながら、内心悪い気はしませんでした。

一方Aくんは、大人と話すのが苦手で、反抗心を持っており、子供っぽい所がありました。女性への興味は恥ずかしいことと思っており、おくびにも出していませんでした。Bくんと比べると世間ずれしておらず、一対一で話すときは、可愛らしい子供っぽさが出るので、それはそれで愛らしいと思っていました。

ある暑い日、外で雨が強く降り出しました。外にいた生徒が慌てて教室に入ってきました。生徒の服は水に浸かったようにビショビショになっていました。その中に、Aくんがいました。Aくんは、さっきも書きましたがさえないガリ勉童貞男子です。Aくんは薄いTシャツ1枚だったので、服が身体に張り付いていました。告白します。私はその姿を見て、欲情しました。Aくんは、痩せているだけでない引き締まった身体をしていました。肩幅が広く、胸筋の凹凸に張り付きやや透けた様子は、妙に艶めかしく、私はしばらくAくんの身体から目を離せないでいました。他の生徒の声にようやく我に返りました。

Bくんは、筋トレに勤しんでいるので身体をよく自慢していました。体質的に太りやすいのか、がっしりした体つきでした。もはや記憶曖昧です。

私はAくんに欲情したことが少なからずショックでした。生徒をそういう対象として見た自分不快でしたし、恥ずかしく思いました。そして、イケメンのBくんでなく、スタイルのいいAくんだったことがそれを明確にしていました。

声をかけた生徒は、私から何か感じ取ったのではないでしょうか。Aくんから視線を遠ざけるかのようでした。Aくんはというと、何も分からず平然として生徒とふざけていました。

Bくんと手が偶然触れた時がありました。その時は、Bくんの手は柔らかく疲れを知らず、ああこの子まだ子供だ、と安心したような、母親のような気持ちになりました。Aくんはわかりません。あの映像を見てしまたから。

怖いのです。私は変態になってしまうのでしょうか。幸い、生徒は卒業し私から離れていきます。その時まで、もう何も起こらないように、と思います

2015-09-10

うちの姉貴、ただのガリ勉かと思ってたら、70近いじーさんとヤルことヤッて、点数稼ぎとかテラワロスwww

2015-09-09

http://anond.hatelabo.jp/20150908202309

言っちゃあなんだが、某歯科医師国家試験関係も表向きガードは硬いが、大学によっては予備試験(CBTという高学年病院実習前に受ける奴)とかでも黒いし沼が深い。

俺はFラン以下私立大学出身だが、国家試験はそこそこ受かってる学年だった。2,3年前の話。

およそ、「国」と名の付く試験といえど、大学によってはザルなとこもある。

一生懸命勉強したのに!って真面目な受験生不合格になったときに感じる悔しさはとてもふつうなんだけど、そんなのかまわずとんでもない空気はやっぱりある

教授権威お金絡みなのは否めない。やっぱりね。

自分の出たとこは、医局OBOGに文科省から実技試験内容が前日に設営医局スタッフ員に伝わって、そこから前日漏洩

そして学生はいくらでもズルできる。

情報弱者sw過去問入手できないぼっちけが(俺のことね)世渡りに失敗するリスクを負ったりするものだ。

そのせいか、鍛えられてガリ勉できたけどな。

どうあがいても、特別ルートあやかろうとハニトラなり、お金積んだり、媚び媚びになってまともな状況でなくなる受験生はどこにでもいるんだよね。

合格したという見返りは、その後の自分人生をかなり左右するほど大切なものだって錯覚ちゃうんかなあ。

実力なく受かっても、実務できそうにないんだけど、合格だけはしたいって気持ちが先立つんじゃないかw

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん