「メシマズ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メシマズとは

2017-02-21

まずいっていう感覚って難しい

20過ぎてはじめて、これがまずいってことかってわかった気がする

食えなくはないけどとりたてておいしくはないあの微妙な感じ

でもメシマズとか見てるとあれは食えないレベルでまずいともいうみたいだし

うちの母親は割りとメシマズな方だったんだなあとわかってショックだった

父親はそこそこ料理できるけど、豆腐がなかったからとかいうしょーもない理由で、焼き魚煮物コーンポタージュスープって組み合わせで出しちゃうような微妙なところもあるしなあ

2017-02-15

http://anond.hatelabo.jp/20170214222333

元増田意見に賛成する。

作る方のメシマズ悲惨だが旦那メシマズの家庭で育って家の食事軽蔑を持っている場合問題だ。一緒に住む前に食事を共にしてても外の食事と家の食事は違うものだったようで、家の食事にそんな感情を持っていることは気づけなかった。

私の場合食事を出してもどうでもいいものに力を入れられて感想を求められてもうっとおしい 、やりたいかやらせてやってるだけのことだしどうでもいいと何度も言われて離婚も考えていたり。美味しく食べて欲しくて好き嫌いを聞いたりするといわれたことだ。どちらかというとメシマズ関連よりは旦那個人の人間性の問題か。うるさいことを一切言わない義母にも嫌悪が湧いている。

今は食事が楽しみらしい、自分食事の楽しみを気付かせたなど言われたが、感謝を述べるのではなく褒めてやってるつもりのようであるし憎しみの感情は消えないし食事を作るのはかなり苦痛だ。実家にいる頃食事は楽しみだったし得意ではないながらも料理は好きだったのに。

2017-02-14

味覚の違い 食の幸せ

この間、会社の同僚と飲んだ時に何で今の配偶者結婚たかの話になった。

皆は性格だとか、お金だとか、容姿だとか、まあよく言われる理由が多かった。

私は背が高い女性が好きなので、そういったことを言ったが最大の理由は味覚が合うこと。

私が子供の時、両親はよく味覚の違いからくる揉め事が多かった。

その時は別に大きな問題とは考えなかったが、社会人になってその重大さを再認識した。

私は生まれも育ちも石川北陸人。更に小さい時から毎年何回も大阪に行っているので関西の味が舌に染みついている。

社会人になって付き合った彼女は生まれも育ちも千葉で私とはまるで味覚が違う。

その彼女料理が好きで色々と作ってくれたが、味覚、好みの違いが鮮明に表れ、楽しくて美味しいはずの食事不思議とそうとは感じないこともあった。

人は普段意識しないが、生まれ育った土地の味に慣れており自然とその味を欲するのだと思う。

やはりその味が美味しく、安心する。私は関西の味、彼女関東の味がそうだったのだ。

その彼女とは味覚の他に色々と合わないところがあり結局は別れたが、パートナーと味覚が合うということは非常に重要と考えるようになった。

何せ、食は人の3大欲求の1つと言われるほど重要だ。

お互いに味覚が合わない料理を何十年と作り、食べ続けることを想像してみて欲しい。耐えられるだろうか?

私には耐えられない。たとえ容姿が良くて性格が良くても耐えられない。

食は大事だ。食は普段生活にも大きく影響を及ぼし幸福感にも大きく影響する。

色々と考えた結果、私は今の環境(出会いの無さ)とこの食の問題からお見合い結婚相手を見つけることにした。

条件は①背が高く②メシマズではなく③関西まれ育ちの3つ(※ここでいうメシマズは味覚崩壊系を指す)

結果、見事にこの条件に当てはまる相手を射止め、結婚することができた。

結婚して普段食生活はどうか?

美味い。晩御飯毎日美味い。安心する。幸せを感じる。関東に住んでいながら毎日関西の味を味わえる。

お互いが味覚が合うことというのは共に食を楽しめることに他ならない。

それ故に外食もそりゃもう楽しい相手お気に入り自分お気に入りでもある。

好きな人と2人で「これ美味しいねー」と言いながら楽しむ時間は至福のひと時だ。

だが心配事もある。我々の子供はどういった味覚になるのか。

外に出れば関東の味、家の中では関西の味。

まだ1歳だが、そのうち「この味おかしい」と言うようになるのだろうか。

ちなみに、私はメシマズを避けそうではない人と結婚した。

メシマズは人を不幸にする。それはトイアンナ氏の記事を読めば一発でわかる。

メシマズ離婚にまで発展する重大な問題なのだ

旦那さんは我慢して食べればいいかもしれない。だが、子供にその食事を食べさせるのか?

それこそ私は耐えられない。きっと可哀想だと感じてしまうだろう。

料理は男女関係なく出来た方が良い。

それは間違いなく自分幸せにし、人生を豊かにしてくれる。

まとまりが無いが、なんとなく感じたことを書いてみた次第。

2017-02-08

めちゃくちゃでかい肉厚のさばの切り身をさばの味噌煮にされた

予想通り中はただの火が通っただけの状態で味がなくて味噌味なんかまったくしない

ほぐしながら味噌つけて食べたけどめんどくさいし骨も多いしで散々だった

レシピなんてかいてんだって思って某食品メーカーサイトにあったレシピみたら、

1 さばは適当な大きさに切り、塩を振りしばらくおいて熱湯を回しかけ、霜降りにしておきます

こりゃメシマズも増えるわけだわ

適当な大きさとかふざけんなよ

レシピ名乗るなら縦横高さくらいの具体的なことかいとけよ

2017-01-22

メシマズ彼女つらい

わかった上で同棲を始めたのだが想像以上に辛い。

ネットメシマズネタは知っていたが、どこか他人事で大したことないだろうと高をくくっていた。

外食すればいいだろうだとかだんだん慣れてくるだろうだとか、しかしそんな甘いものではなかった。

なんというか日々じわじわと気力が侵食されていくようで、休日の昼飯など明確な苦痛すら感じるほどだ。

当番制にはしてるが、帰宅時間の都合上彼女が作る日のほうが多いし、だいたい俺の作った飯もまずい。

しょうがいから二人で料理教室に通うことにした。

俺、幸せです。

2017-01-20

メシマズ

メシマズ料理するときに素材や調味料を足し算で考える。

また材料もそのときの気分(冷蔵庫の様子)で変更してくる。

この二つは鉄板の特徴だ。

鍋するとき白菜の代わりにサラダ菜にされたのはまいった

2017-01-08

http://anond.hatelabo.jp/20170108132355

2chにおけるその手の元祖同人板の合宿スレかな。

そこで「創作実話で釣る」というのが広まって今に至る感じ。



底辺としては「メシマズスレ」と「DQNネームスレ」が双璧だと思う。

「あり得ないグロメシ」「あり得ない珍名前」さえ思いつけばネタが成立する

(あとは「嫁がそれを食わせる」「知り合いがそういう名前子供につけた」だけでOK)から程度の低い釣り師だらけだよ。

2016-12-15

メシマズカルチャーショック

状況によりいちばん余裕のある父が夕飯を作ってくれるようになった。

作ってもらってる身で申し訳ないし私も料理に関しては数々の失敗をぶちあげてきたのであまり言いたくはないのだけれど…正直あまりおいしくない。

というか、私の料理初心者ときの失敗とは違う種類の失敗をしてきて「その発想はなかった」という感想がわく。

以下それについてのカルチャーショックを綴る。


【1、なんか量が多い】

自分の胃袋というか食欲に合わせた量を作りあげる。レシピの分量どうした。

うちはレシピより少し盛った量で食べる家なのに多くて食べきれない。よそう量だとかそういう問題じゃない。

…作ってるときってわからなくなるよね。うん分かる。

でもそのでかい魚一尾は二人で分けて丁度いいって量だし。見ないでかさなんだけど、どこで買ったの…?

お肉にしてもお刺身にしてもなんでそんなに何パックも買うの。ていうかあるのから使って!

あとちゃんと3品作ってるんだからスーパーで見かけた自分が食べたいお惣菜一品」も余計じゃない?

【2、オリジナリティと称した食材追加】

普通カレーで失敗したものを食べたのは私が学生の頃レシピ見ずに失敗して以来である。何か謎の香辛料を入れられた。

カレールーはね、日々その専門家さんが研究した成果なんだよ?

ほら以前にテレビでそれぞれアレンジかまして結局手を加えないのがおいしいとかってやってるの見たよね?」

「基本が出来てから応用に進めるんだからね?

材料減らすとか代用とかはいいけどレシピにないもの初心者の初挑戦でなんでぶっこむの?」

力説すると頷いてはくれるけど従ってはくれない。チャレンジャーのままである。私そのままのZEPPINが好きなのに!

とりあえずあらゆる料理しいたけオリジナリティと称して入れるのやめようか。

あと、割と合うにしても入れなくてもいいの入れるのって食材勿体無く思わない…?(そして全体量が増えていく)

というかそれ使ってもう一品作れるのにって…。

【3、クックパッド教】

私もそこそこ信者なのでそこは別にいいんだけど…

「味の保障はないからそこまで信じてはいないんだけど」って言いながら使うのは何故。

プレミアムでもないか検索して出た下位を使用してそうだし。

うちには父本人に「自分で本買うとイイよ」と勧めて買ってた本含めてそれなりの量の料理本があるけれど、

全然自分から使用しない。「食材での検索ができるから」って本でも…できるよ…?

【4、味が濃い】

オリジナリティが混じりつつも味付けに関してはレシピは見たはずなんだけれど…。

我が家は薄味が多いので濃いと余計にダメージある。そして献立として舌を休める逃げ場もない。

添えられたバターソテーの味がきつい。バターもったいないし念入りなバターはいいよ…。

なお、味見はしていないらしい。

最近野菜レンチンを覚えてくれて舌の逃げ場的な意味ちょっと良くなった。(よかった)

【5、臭みが嫌いだからという理由でのアレンジ

肉はおおよそ下ごしらえにワインがかかっている。(あと念入りに叩かれてぺらぺらになってる)

魚はレシピにない謎ハーブが加えられたりする。

カルボナーラにはタマネギが入れることで味をマイルドにしようとした。(しゃばしゃばして味を見失ってて哀しかった)

【6、選択肢不足というか選択肢増やさな問題

今日は魚が/肉があるから焼き魚/しょうが焼き

自分で思いつく選択肢」による展開が焼く一択・一辺倒になってしまうのは仕方ないんだけど、

「この食材はどういう料理ができるだろう」とか「今日はこの本のこれをやろう」っていうのが全然なくて、

私とあまりに発想の根本が違ってて驚いた。

最近は以前ほどではなくなったけど、最初の頃はしょうが焼きスパン短すぎて量と共に泣いた。

親子丼作ったの初めて」ってマジですか…昔の自炊時代、なに作ってたんだろう。


あとパッと思いつくのは

牛肉100パーセントというロマンを目指そうとしてつなぎ不足でボロボロになったハンバーグ」とか

「なんでか味の超濃い煮物」「なんでかつなぎ不足になった煮込みハンバーグ

とかだけれど、ロマンの方はともかく失敗も少なかろうとお勧めした後者が何で失敗したのか私には量りかねるし

もう「お父さんガンバッテ!」としかいえない。いや頑張ってるのは知ってる。お父さん、応援してます


※なお、人のばかり晒すのもどうかと思うので私のやらかした失敗を晒す

第1位「白ワインを入れるところを白ワインビネガーを入れてしまって酸っぱすぎて食べられないラタトゥイユ完成」

第2位「レシピをまるで見ずに作ったカレーが水を入れすぎてしゃばしゃばのブツに」

第3位「何か揚げ物系?だったかで炎が立ち上って弟に助けてもらう」

とかになります。これはこれでひっどいですね。

2016-12-10

お母さんがメシマズすぎる。

クックパッドレシピ通り作ってくれたらいいのに、絶対なにかアレンジしてくる。

不味いから残すと好き嫌いするなと怒ってくる。

メシマズ病気だ。

2016-10-17

メシマズ元増田すごいな

他人調理シーンを見たことがないからここまで下手なのか

致命的にセンスがないのか

どうしたら調理済みの食品おたまが刺さってぐちゃぐちゃになるのか想像もつかない

メシマズ元増田です

http://anond.hatelabo.jp/20161017172856


ビギナー向けの料理本はネットで評判がよかったものを1冊購入しました。料理本に強火・中火・弱火の説明があったので恐らく理解できていると思います

悩みを具体的に相談すると以下です。


食材に火が通った感覚が分からない

野菜ならば齧ったり、爪楊枝を刺したりで確認ができますが、魚の切り身やハンバーグは中まで火が通っているのか判断がつきません。

あと最悪なのが、複数食材を順番に炒めていくようなレシピです。例えば、じゃがいもにんじんキャベツの順に炒めるレシピだと、にんじんに火があんまり通ってない一方でキャベツが焦げたなどチグハグなことになります


食材が鍋にこげつく

例えば、魚の切り身を焼くとフライパンにくっついて上手く返すことができません。結果、切り身がボロボロになって悲惨なことになります。焼くときの火加減が強すぎるのか、はたまた油の熱し方が足りないのかと色々格闘しているのですがさっぱりです。肉でも同様です。「鶏肉の皮をカリッと焼いて裏返す」なんてできたためしがありません。


③鍋から皿へ移す作業が下手

煮物が鍋の中で綺麗に完成したのに、おたまで掬ってお皿に移す作業の間に具材が崩れてしまます。(おたま具材に突き刺ってしまう)

自炊を始めて1年経つけど未だにメシマズから抜け出せない

原因は分かってる。火加減が分からないことと盛り付けセンス絶望的にないことだ。

どうしていいのか分からない。

2016-10-11

嫁のメシがズレているし哲学

嫁のメシがマズいほどではないが、どこかズレていてどうすべきか悩んでいる

昨日はローストビーフを作ったというのでワクワクしながら食卓を見ると、

どう見てもステーキ肉で作ったであろう料理であった。

レシピを見ながら作ったらしく味はローストビーフである

ステーキ肉なので薄く切れず、厚く切るとなおさらステーキであるローストビーフである

ローストビーフステーキ境界はなんなのか、これは哲学問題だろうかなどと渋い顔をして食べていたら

料理感想を求められたので正直に「味はローストビーフだけど、これってどちらかというとステーキでは」といったところ、

「ごめん美味しくなかったね、もう作らないね挙句は「あなたが作って」だ。

こんなやり取りを繰り返しているので今ではほとんどの食事を俺が作っているわけだが

女の意地なのか何なのかたまに作りたがるし男の俺に負けたくないという気持ちはあるようであるが、

アドバイスをするとすぐ拗ねて一向に上達する気配もない。

食べられないほどのメシマズならブチ切れるところだが

毎回料理哲学を考えさせるような微妙ラインをついてくる。

食べられないほどまずくはない。だが絶対どちらかにはっきりさせたほうがおいしいはずだ。

嫁は哲学者なのだろうか。

2016-10-07

アニメなんかのメシマズ女とかもう要らないんだけどなあ

萌えないし無能しか見えない

2016-10-04

メシマズ輪廻

事情により実家滞在している。10年以上振りに実家のご飯を食べたけど、まずい。

減塩と言い張るけど全く味のない味噌汁。お湯に雑草入れただけって感じ。

ほうれん草おひたしは水切りをほとんどしてないから、ポン酢をかけてもほとんど味がしない。

塩味がついている状態でパックされている豚肉を焼いたやつに、はちみつしょうがを刻んで混ぜた謎の自作調味料をこれでもかというほどかけてそのまま出す。肉の味も塩味殆ど消えてて、はちみつオカズにご飯を食うみたいな感じになる。

漬け物浅漬けのもとをぶっかけただけ。出されたその日はほとんど味がしないし、翌日は味が異常に濃くて単体では食べられない。減塩差し引きゼロ

唯一まともに味のするもの冷凍コロッケを揚げたやつ。それも焦げてる…

よくまあこんな食卓高校卒業まで生きてきたな…

自炊してるときメシマズネタ見ながらも、いくらなんでもそれはウソだろうと思っていたけど、案外ウソでもなかったんだな…と思って何故か無性に申し訳なく感じたりしている。

なんでこんなに不味くても平然としてるのか不思議しょうがなかったが、

父親が2,3日に1回「いや~今日もおいしかったぁ~」などと白々しい事を言い、

そして母親もそれに対して「いえいえ、今日も大したものを出せずに…」などと相手をし、

それに更に父親が「いや、料理をしてくれるだけで有り難いんだ」とか言ってることに気づいた。

ここで負のフィードバックが働いてるんじゃないのか。行為とその質の評価が一緒になっているから、味に対してちゃんとした評価がされないし、今の状態肯定されるもんだからメシマズは加速する。何故父親がそんな白々しい言葉をかけるのか、家庭円満を保つための策の一つなのか、本心で言っているのか、どっちかよくわからない。そして普段からコンビニご飯を口にしている母親は、その味と自分で作る料理の味との圧倒的な違いに何故気づかないのかもよく分からない。

そして、ここで生まれ育った私の舌もどこか最適化されているんじゃないのか、つまり自分の作ったもの自分じゃ気づかないだけで実はトンデモなくマズイのではないかという恐ろしい疑問が湧いてきた。ワキガみたいなもので、自分じゃ気づかないのではないか。人の作ったご飯のマズさがわかっても、自分が美味しいものを作れるとは限らない。おかしものを食べていれば舌もおかしくなる。自分の舌の感覚基準にして料理しているのだ、基準おかしければ作るものおかしくなるのは当然だろう。母親とは別ベクトルのマズイものを作っているだけじゃないのか。とても不安になる。

なににしても、もうここでご飯を食べることは無いだろう。おふくろの味なんてもののありがたさを、分かることがないまま一生を終えるのだろう。そして自分もその価値を伝えることが出来ないのかもしれないと思う。

2016-10-03

自分幸せになれないのは確定してるからせめて俺の好きな人たちには幸せになってほしい

こういう欲求はなんて言えばいいんだろうか。

自分がこれと決めた人には幸せになってほしい不特定多数じゃないか社会貢献欲とは違うし、

見返りを求めているか無償の愛でもない。

雪山の中で自分こそ暖炉の前に立つことはできないのが分かり切っているから、

でもせめて食卓を囲んで家族が仲良く飯食ってるところくらいは見せてくれと外から窓を覗き見ているような欲求はなんていえばいいのだろうか。

人に説明しにくい。

そしてメシマズっていう心境も理解できない。

他人幸せなら上手くいってるなら俺がいなくても上手くいくんだな本当に良かった良かったとニコニコできるのに。

他人結婚式なんてハッピーしかない。

これからどうなるか分からないけど今この瞬間は最高に喜んでる顔を見れる、だから他人結婚式は好きだ。

とにかく家庭には幸せになってほしい。

そしてあまりにも幸せすぎたら逆にもう俺すら要らないなって接触しなくなるのも何でだろうか。

見守りたいんだろうか。

2016-09-27

お母さんがメシマズなので理由を考えてみた。

1:本などを参考にするけど必ず自分流の手順を追加する

2:材料アレンジして種類を追加する(必ず追加。減らすことはない)

3:レンチン物でも付属調味料を使わず独自の味付けをする

4:食べ歩きしない

要するに手本通り作ってくれたらいいだけなんだけど、

メシマズ派の人たちってなんでそれができないんだろう・・・

2016-09-23

http://anond.hatelabo.jp/20160923103238

「手間暇かけてないから悪い」んじゃなくて「手間暇かけてないものを手間暇かけたように言うな」という感じ。

あと、たぶん美味しくなかったはず。「作って待ってる」みたいな感覚で作っても野菜はヘニャヘニャ、麺はパサパサでしょ。

本来は手間暇かけずに誰でも美味しく作れるものが、彼女主観としては手間暇かけて作った手料理手際悪い=メシマズ、ということなんじゃないかと思うけど。

2016-09-05

メシマズ

パターンある。

・なぜか知らんが、まったく味見をしないタイプ

・味見をして、自分の口には合っているというタイプ

メシマズ系の話題を見ると、作った本人は味見をしないどころか、完成物を食べていないケースすらある。

毒殺か?

ただ、前者の方が希望がある。

後者は「味覚が合わない」ということなので、どうにもならない。

2016-08-15

メシマズ自炊女は外食したことねーだろ

手作りは一度諦めて外食暮らししてみてくれ

おまえが作るような料理はどこにもないんだよ

2016-08-07

http://anond.hatelabo.jp/20160807170058

ゼロの18話が神回である理由はただ1つ。

17話までの展開がクソだったからだよ。



メシマズ食事を3回も食わされて、

次に出てきた料理が、ただの白ご飯にフリカケだけだったら人はどう感じるか。

初めてまともに食べられるモノが出てきたと感涙するだろう。

2016-08-05

http://anond.hatelabo.jp/20160727211640

メシマズが原因で偏食になるっていうのはよくある話だな。うちは親が嫌いなもの何もないか子どもえぐいもの食べにくいものそのまま食べさせられて食事が嫌になって、大人になるまで超偏食だった。



仮に嫁がメシマズならお父さんが色んなもの食べさせてやってくれ。外食に連れてくなり代わりに自炊でもいい。


子どもの味覚を育ててあげてくれ。お菓子ジュース以外にもおいしいものがあるって教えてあげてくれ。

http://anond.hatelabo.jp/20160805040300

これやろなぁ。

うちの親もメシマズからよく分かる。

2016-06-26

メシマズが作るものサラダですら不味い

洗った後はそのまま盛り付けをする(フレッシュに見えるよう水気は切らないとのこと)

ベッショベショの上へマヨネーズ

臭い水の中にマヨネーズの欠片が漂ってる何かでしかない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん