「スパークリングワイン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スパークリングワインとは

2016-07-15

カルボナーラ構造と組み立て方

ペペロンチーノと並んで、物議を醸すのがカルボナーラ

最近WEBメディア適当記事をあげてカルボナーラ警察摘発されていたことが記憶に新しい。

でも、ブコメ読んでる人からすれば「何が正解なの!?」と混乱してしまうよね。

というわけで、カルボナーラの組み立てを、できる限り分解しながら考えてみる。



【人はカルボナーラに何を求めるのか】

料理はすべて、最終ゴールになにを求めるかで作り方が変わる。

最初に出来上がりのカルボナーラ像を意識しておくことが非常に大事

具体的にカルボナーライメージとしては



チーズの旨味はどれくらい効いてるとよいか

生クリームを入れるか?全卵に挑戦するか?

・仕上がりのテクスチャさらさらからドロドロのどの辺りを狙うか?

・卵はどれくらい効かせるか?追い卵黄はするか?

黒胡椒パンチはどれくらい欲しいか

・買い物しても最高系を目指すか、妥協して家の材料で作るか?



などなど。作る前に仕上がるイメージを考えて、それぞれに適当料理法を行うと良いと思う。




【作り方】

カルボナーラの作り方は、材料の配合や分量などは千差万別あるが、基本的な動きは以下になる。



1.パスタを茹でる

ソースが濃厚なので太麺が良い。細麺だとソースが絡みすぎて重たいし、余熱で麺に火が入りすぎてしまう。

パスタの絞り口がブロンズダイス(ディチェコ)か、テフロンダイスバリラ)かは好みによって分ける。ブロンズダイスの方が表面がざらついているのでソースの絡みが良くなる。さっぱり食べたければテフロンダイス

カルボナーラ用の麺を茹でる時の塩は1%。徹底的にアルデンテにこだわりたい時は3%の塩分濃度で茹でてお湯ですすぐ方法があるが、カルボナーラのようなクリームのもったりソース場合は、そこまでアルデンテにこだわらなくて良い(というか好みだが私はアルデンテよりもしっかり茹での方が美味いと思う)ので、そのまま美味しい1%で茹でる。

・茹で時間は通常のトマトソースよりも和えてからの加熱が少ないので、表示時間の30秒〜1分少ないくらい。



2.パンチェッタなどの加工肉をフライパンで焼き、ゆで汁(orお湯)を入れる

・表面にしっかり焼き色をつけてメイラード反応で旨みを引き出す。

フライパンに何もしかないよりも、軽くサラダ油などを入れた方が肉から余分な脂が出やすい(脂は油に融解するため)

パンチェッタ、グアンチャーレなどを使うと仕上がりに燻製香がつかなくなる。カルボナーラ自体を卵とチーズのソリッドな料理なので燻製香は本来不要。ただし燻製香の効いたカルボナーラが好きであれば、ブロックベーコンでも良い。薫香つけたくないけど、ブロックベーコンしかない場合は一度茹でて燻製香を抜くという手法もある。

パンチェッタよりもグアンチャーレの方がコクが強く、この料理にはよくあう。

フライパンに流れた油は基本的には使わない。肉の油は「臭い」や「雑味」が出やすい。また、ただでさえ濃厚なソースに肉の油は余計であるキッチンペーパーできっちり拭き取った方が美味しいカルボナーラになる。

・加工肉にしっかり火が入ったら、最後にゆで汁かお湯をお玉1〜2杯入れて2〜3分程度、中火で軽く煮る。これは乳化の意味合いもあるが、肉の旨みをソースに移すため。加工肉の塩味商品によってマチマチなので、しょっぱいものを使う場合はゆで汁を使うと塩気が強くなりすぎるのでお湯を入れる。

・味の調整の仕方は、まずはゆで汁を1杯入れて軽く煮て、味を見てしょっぱかったらお湯か水を入れると良い。煮た汁の味が丁度良い塩分になったら完成。火を止めておく。



3.すりおろしチーズ、卵、生クリームなどをボウルで混ぜて卵液を作る

胡椒の辛味が欲しい場合はここで入れる。胡椒香りは熱に弱く飛びやすいので、仕上げにもかける。

生クリームか全卵か。生クリームを使う最大の理由は、卵の熱凝固をマイルドにするため。カルボナーラは「チーズはしっかり溶かす」けど「卵は固めない」というラインの温度帯を作ることが最も大事なこととなる。具体的には「チーズの溶ける温度 55度〜65度以上」「卵白が固まり始める温度 60度〜」「卵黄が固まり始める温度65度〜」「卵黄・卵白が完全にゲル化する温度 70度〜」「卵黄や卵白が完全に固まってバサバサになる温度80度〜」となるので、全卵でトロッとしたクリーミーな濃厚ソースを作るためにはソースの温度が65度〜70度で止めることが好ましい。(しかも、たんぱく質は急激に変化するので1度単位テクスチャがかなり変わってくる)

・また、卵黄プラス生クリームをすることで卵黄の熱凝固点が上昇するため、生クリームの分量を増やせば増やすほど熱のコントロールがしやすくなる。

・卵の旨味は「卵黄」が鍵になるので、「卵白」や「生クリーム」を加えすぎると卵の旨味が減ってしまう。

卵白と比べ、生クリーム+卵黄の組み合わせのカルボナーラは、卵白の熱調整のファクターが減る分だけ簡単になるし、時間が経った時もトロッとした状態が保ちやすい。生クリーム自体が旨味の強い食材という点もあり、一般的に広く支持されるようになったと思われる。

チーズの美味しさを食べる料理なのでチーズは極力こだわりたい。パルミジャーノレッジャーノ、ペコリーノロマーノ、グラナパダーノあたりから好きなものを選ぶと良い。一般的には熟成年月が低い方がマイルドミルクっぽい味になる。実はこれ2〜3種混ぜて使うと更に美味しい。パルジャミーノはとりわけ旨みが強いので、パルミジャーノペコリーノロマーノorグラナパダーノがおすすめ



4.茹で上がったパスタパンチェッタを煮たフライパンに入れる

湯切りをしたパスタパンチェッタフライパンに入れて弱火にかける。

・ぐるぐる回してパンチェッタ煮汁を麺に吸わせるイメージで2〜30秒かき混ぜる。

・この時、パンチェッタ煮汁飛ばし切らないのが大事飛ばし切ると、フライパンの温度が100度以上に高くなるため卵液入れた時に一気に卵焼き化して失敗する。



5.卵液をパスタの入ってるフライパンに入れて、火を入れる。

・流し込むとパスタフライパンの熱で卵液が熱いところから一気に固まるので、すぐによくかき混ぜる。

・おそらくこの時点ではトロリとするよりもシャバシャバだと思うので、加熱していく。

・コンロを弱火にかけ、よくかき混ぜながら5〜10秒加熱。火から離してかき混ぜるをとろみが出るまで繰り返す。(チーズを溶かしつつ、卵黄をゲル化させる作業

・とろーーっとしてきたら、完成。皿に盛り、黒こしょうをたっぷり振って完成。



6.冷めると硬くなるので早く食べる。

チーズは温度が下がると固まるため温かいうちに、できるだけ早く食べたいところ。

生クリームをつかってあげることで、固まりにくくはなる。

盛る容器は事前にお湯たレンジで温めておくことも大事



材料の分量比考察

・卵黄:卵白 or 卵黄:生クリーム比率

まず、一人分の分量、卵黄(M玉18g)を基準に考える。卵黄、卵白生クリームはそれぞれが1:1:1になるように調整する。

例えば全卵1個だとM玉で(卵黄1:卵白2)の重さなので、卵黄を1個足してあげると良い。

生クリームを使う場合は卵黄M玉1個だと大さじ1強入れてあげると重量比が1:1なるので丁度いい。

卵白生クリームの分量をこれより減らすと、温度調整が難しくなるし、増やすと味がぼやける。

このあたりは個々人のテクニックもあるので、微調整しながら色々と試してほしい。


・卵黄:チーズ比率

次にチーズは卵黄1に対してチーズ2が適量。

分量の出し方は、パルミジャーノなどのハードチーズは3%〜程度の塩分濃度。

卵液自体塩分濃度が美味しい塩分量になるためには

(チーズXg×0.03)÷(卵黄18g+生クリーム18g+チーズXg)=0.01〜0.014程度(美味しいと感じるのが0.9%の塩分濃度で、今回はソースなのでそれより少し高め)

となれば良いので、チーズの分量は卵黄の約2倍の36g程度が適量となる。(薄味が好きならば多少減らしても良いと思う)



パンチェッタの分量

これは好みで入れて良いが、多すぎると肉の味が強すぎたり、しょっぱくなりやすい。

個人的な好みだが卵黄の2〜3倍程度の分量が妥当だと思う。



これを読んで、作ろうという気になる人が居るかは怪しいが、ぜひカルボナーラについて思いを馳せてほしい。



【追記】

パスタの麺の分量は?

卵黄1個ベースで一人前計算乾麺状態で80gから100gくらい。



>卵液を入れた後の加熱は失敗の原因では?

そう。卵液を入れた後の加熱は、失敗しやすくなるため多くの料理本でも加熱NGとしている作り方も多い。

また、料理人でもボウルで和える人も多い。

しかし、実際は数秒混ぜながら加熱、コンロの外で混ぜるを繰り返した方が自分が濃度をコントロールしたソースが作れる。

ポイントゆっくりゆっくり加熱すること。タブーと思っていたら、ぜひ挑戦してみてほしい。

ちなみにボウルで混ぜる作り方の場合は、ガラスよりも木のボウルなど熱を吸収しにくい素材のボウルで混ぜた方が美味しくできる。



>物議を醸し出す、パルジャミーノレジャー

すみません。誤字ですね。校正ありがとうございます



もっと簡単に書けるよね。

そう。おっしゃるとおり。作ることはとても簡単なんだけど、一個一個の工程理屈含めて丁寧に解説たかったんだよね。

なぜその工程をやるの?がはっきりすると手順を忘れにくくなるので。



カルボナーラに合わせるお酒

白ワインは確かに良いと思う。個人的には酸味のある炭酸系を合わせるのもオススメしたい。

レモンをきかせたハイボール白ワイン炭酸レモンで作るカクテルスプリッツァードライロゼスパークリングワインなんかもとても美味しいと思う。



落合シェフの作り方に近い

いろんなシェフの作り方コピーして自分なりのパッチワークレシピ開発してるから、そのせいかも。

落合さんのレシピ再現性が高くて、コツもわかりやすく、とても完成されたいいレシピだと思います



>ここまで厳密に従わなくてもそこそこ美味しいのできそう

その通りです。各工程意味と、どこでどういう処理を施してるか解れば好みに応じて適当に省いてもらうと良いかと思う。



>これは、そもそも誰向けのレシピ

これは、だいたい普段、家庭で作るレシピ最後に卵落とすとかは、

飲食店(五右衛門とか)でよくやられてる手法で、ビジュアルインパクトあるので、

持て成しの時とかはやるよ。チーズが旨味の塊だから、うま味調味料必要ないよ。



>美味しいパンチェッタの作り方〜

パンチェッタ、ピチットでググると出てくるから、いくつかレシピ見比べて作ってみて。

ざっくり簡単に言えば塩振って、ピチットシートで脱水を繰り返すだけ。

デイリーポータル記事がけっこう参考になるかな。

ただ完成に1ヶ月かかるので、自己責任料理マニア向き。




生クリーム重くない?

これはどちらかというと、生クリームの原因もさることながら、肉の脂をしっかり拭いてないと重くなる。

牛乳で割るのも、それはそれで良いと思う。

個人的には軽めのカルボナーラなら全卵で作るかな。

もっとあっさりが良いという人は豆乳使うなんて方法もあるね。



>何者?小林先生か??

残念ながら銅蟲センセじゃないよ。小林先生は、パンチェッタ作ってそうなイメージ

私は、都内でしがなく料理を教えたりしているオッサン増田です。

教室では手順とコツしか伝える時間しかないので、人に教えるために勉強した知識をどこかで吐き出したくなって書きました。

ここ最近増田で書いたカレー投稿とか、今回のカルボナーラ投稿とか

皆さん楽しく読んでくれてるようなので、個人ブログとか始めてみようかなーと思ってます

2016-05-15

トイレうんこ漏らした

こないだの木曜かな。お祝い事があったのでたらふくシャンパン(スパークリングワイン)飲んだ。

まあ泥酔してタクシーで帰ったんだけど、シャンパンの類飲むとお腹タポタポ&パンパン気持ち悪い。

吐いてスッキリして寝ようと思って、水をたらふく飲んでトイレへ。

便器とご対面していざスッキリ!というところで、ケツからなんか出た。ジョワって。

そう言えば飲んでるときちょっとお腹ゴロゴロしてたんだった。うっかり。

なんかさー、漫画とかで女の子が急に生理になって、太ももを経血がツーッって垂れるの見た記憶あるけど、あんな感じ。

はいえ、かくいう私も歴戦の増田諸氏と同様幾度かのうんこ漏らし経験があります

このままじゃ垂れ流すだけなので急いで便座下げて放出。すぐ拭いて流して便座上げてリバース

パンツは洗面台に流してとりあえず水流して、そのままシャワー浴びて就寝。

朝起きたら洗面台の下にパンツが投げ捨ててられてました。えー。

うんこがついてるのでゴミ袋へ。ミッションコンプリート



ふと思ったんだけど、便器うんこついてるよねこれ。



あいっか。とりあえずうんこしてこよっと。

2016-04-19

多幸感ってこういう感じなのか?という感覚

別にあやしい薬を飲んだわけではない

生理痛お腹が痛くて

仕事は穏やかで

帰ってきてスパークリングワインハーフボトルを飲んだ

なぜだか分からないが、幸せだと思う

痛みと慣れない平和仕事ちょっとアルコール

脳が混乱しているのかもしれない

2016-04-18

イチゴ風味スパークリングワインに合う食べ物がない

もやしえのきネギ冷凍の鮭ならある

味噌鍋にするつもりだったが、オリーブオイルで炒めたりすれば案外合うツマミになるだろうか

苺の季節

苺にシャンパンとかシャレオツなんじゃないかしら、とか思いつつ

スパークリングワインハーフボトルを買った

でもイチゴ風味のスパークリングワインだと被っちゃってイマイチ

とりあえず冷蔵庫で冷やしつつ、普通白ワイン飲みつつイチゴ食べてる

うまい

2016-02-05

いいもんですな

駅を降りて、自宅に向かう途中、酔っぱらってヘラヘラしている顔がいっぱいあるなあ、ア、あの外国人イケメン、私に手をふってくれたぞ、そうか、

今日金曜日か、セブン期間限定菜の花ボンゴレを買って、家でいつのだろう、クリスマスにあけた炭酸の抜けたスパークリングワインをためらいもなく一人でゴクゴク飲む。

椎名林檎無罪モラトリアム大音量で聴きながらボンゴレと大昔のスパークリングワインと私、楽しいメンバーだゼ!

2015-12-26

クリスマスがしれっと終わっている

クリスマステンションで買ったスパークリングワインとか、なんかどうでも良くなった

まあ飲むけどもさ

2015-09-12

シャンパーニュ

鯛のカルパッチョパプリカマリネに鮭と茸のクリームパスタという晩御飯だったので、スパークリングワインを開けることにした。

ワインをグラスに注いでいると、奥さんが「わあ。今日シャンパン?」と聞いてきた。

俺は、違うよと言った。

シャンパンというのは、フランスシャンパーニュ地方で採れたブドウを定められた製法醸造した泡のワインけが名乗ることが出来るんだ。これは同じフランスでもロワール地方ワインからシャンパンとは言わない。そもそも正式にはシャンパンじゃなくてシャンパーニュって呼ばないと…

黙って俺の話を聞いていた奥さんは、話が終わると俺の目じっとを見てこう言った。

「その話、他所でしたらダメだよ。ぜったい面倒くさい奴って思われるから

俺は黙って奥さんの肩に手を置き、反省ポーズを取った。

奥さんは満足そうに俺の頭を撫でるのであった。

2015-06-23

怒られそうだけど美味い酒の飲み方

日本酒とかワインの飲み方ってすごいうるさく言われるのがいやだ。

割ったり混ぜたりしたら「なんてことを!」「繊細な味が台無しだ!」とか、直接言われはしないだろうけど、怒られそうだし、人の目が気になるし、後で悪口言われそう。

もっと自由に割ったり混ぜたりさせてほしい。

スパークリングワインソーダ水を足してギンギンに冷やす

赤ワインに水を足してギンギンに冷やす

白ワインビールを割る

日本酒に氷を入れる

日本酒とソーダ水とジュースを割る

日本酒カルピスソーダを割る

これらは家でこっそりやるんだけど、美味いんだよ本当。

2015-01-25

不倫休日

朝、子供と嫁が買い物に行ったのを見届けて

シャワーを浴びて、彼女の家に行く。



金夜は飲み会だったらしいので

おそらくまだ寝てるだろう。

合鍵を使って布団にもぐりこみ

イチャイチャした後、

昼過ぎまで一緒にうたた寝。



彼女の家の近くの美味しいラーメン屋

ビール餃子眉毛を描いただけでも

やっぱり彼女は美しいなと思いながら、

タンメンをすする。



夕方から飲み会というコトにして

16時には向こうの家を出た。



成城石井に寄って2000円くらいの

スパークリングワイン生ハムを買う。

ついでに本屋でいつも買っている作家

文庫本の新刊を買う。



家に着くと嫁はもう帰ってきていた。

「おかえり。出かけてたんだ?」と聞かれ

ちょっと本屋までね。

ランブルスコ生ハム買ってきたよ」

と答える。



夕飯は煮込みハンバーグだった。

食後は買ってきたバーゲンの服を

娘がファッションショーのように色々と

着替えて見せてくれた。



LINEメッセージがさっきから何通か

来ているが、既読にはしない。

嫁と娘が風呂に入っている間に、

「これから二次会いってきますー」と返事。

「飲み過ぎちゃ駄目だよ」と

スグに返事が来た。



その後、2~3通やり取りして、

布団の中で昼間買った本を読んで

2時ごろに寝た。

2015-01-09

嫁を泣かせた話

嫁がありがとうを言わないの増田です

http://anond.hatelabo.jp/20150107115743

皆さんからは正直もっと叩かれると思って書きました

書いたその日は反応も少なかったのでチラシの裏は誰にもみてもらえないんだなぁくらいに思っていたのですが、翌日からみるみるブクマが増えてどうしていいかわかりませんでした



まず驚いたのは、嫁の鬱病心配する声が思いのほか多かったということです

最初はそんなわけないって思っていたのですが、そうした声が増えていくうちに少しずつ心配になってきました

しかしたら、もう少し気づくのが遅かったら取り返しのつかない状況だったかもしれません



皆さんのコメントにも沢山教えていただくことはあったのですが、何よりこちらの記事に頭を叩かれた気分でした

離婚序章からの帰還

ttp://anond.hatelabo.jp/20150108160833

気分的にはこちらにトラバしたいくらいなのですが、あまりにもKYなので自粛しました

ブコメ数が同じくらいの時はキレイ事を並べやがってくらいにしか思ってなかったのですが、見る見るうちにブコメ数が追い越され、気付いたら自分記事はてブトップから消えてしまっていた時にちょっとずつ自分の間違いが見えてきました



この増田を参考に、ぼくにあって嫁にないものを考えてみました

それが一人の時間というものでした

自分には仕事の合間をみて時間を作ることが出来たし、時には仕事が長引いたとウソを付くこともありました

からこうして増田も書けたし、趣味に対する調べ物なんかもしたりしてました

自分にとってみれば、それは家庭で笑顔でいるための必要悪くらいに考えてました



ぼくが欲しかったのは二人の時間でした

から子育てにも積極的に参加したつもりだし、バースデークリスマスも嫁が喜ぶものを用意してきたつもりでした

そういう行為好意?)を拒絶されることは、ぼくにしてみれば自分が拒絶されることだと感じてきました

それが積もりに積もってあんな内容を書いたのだと思います

でも、今思うと、嫁にしてみれば自分時間さらに切り詰められるようなことだったのかもしれません

とくに母乳主義だった嫁はそれこそ24時間体制で一人の時間を許されていませんでした

結婚前にバリバリの営業職だった嫁にしてみると、専業主婦という受け身で縛られた立場さら苦痛に感じられたのかもしれません

それならば自分には何ができるのか、先ほどの増田と頂いたブコメを何度も読んで考えてみました



そうして今朝、今日から始まる幼稚園のために早起きしてお化粧を始めた嫁の後ろから提案してみました

「あのさぁ、もし良ければなんだけど、週に何回かでよければぼくが子供を寝かしつけるからたまには映画みたり自分のしたいことしてみなよ」と



しばらくまっても返事がないのでこれは余計なことをしてしまったなぁと鏡越しに顔を覗いたら、目に涙をためて顔を真赤にしている嫁がいました

まら背中から抱きしめてしばらく二人で泣いてしまいました

同じように色々と思いつめていたんだなぁと思うと、自分のことばかり考えていたことが情けなくなりました

そうして精一杯強がることで嫁は抱えている色々なものと戦っていたのだと思います



ブコメにあった、さみしくて浮気する正当性も読みました

http://d.hatena.ne.jp/Yashio/20150105/1420462084

確かに自分の状況にも似ているのですが、唯一違うと感じた点は、むしろぼくがそうして積極的に手を差し伸べていくことで一見わがままとも取れる自分時間をつくりたいという言葉を言えなくしてしまっていたということでした

今回それに気付くことができなかったら、沢山の指摘にあった通り、ぼくは嫁を鬱病にさせてしまっていたかもしれません



ぼくがありがとうを言わない、嫁をほめないのでは?という指摘も沢山頂きました

これに関しては、自分では一生懸命、それでいてわざとらしくなく伝えるようにしていたつもりでした

からこそ言わない相手が悪いという図式が自分の中で成り立っていました

ただ、確かに一部の家事に関してはどこかでやって当然と思っていた部分があるかもしれません

更に言えば、そうして言い続けることで自分が善人側に回って、なおのこと嫁を追い詰めていたのかもしれません

今後は感謝を伝えるポイントもっと日常的な何気ない内容に変えてみようかと思います



スパークリングスパークリングワインです

ワイン系は嫁の大好物なんですが、シャンパンと見栄を晴れない小市民です

つっこみのコメントが増えていく度に修正の機会も失ってしまいましたのでここで言い訳させてください/////



そうしてようやく口を開いた嫁の言葉は「そういうならそうさせてもらいます」でした

まだ当分ありがとうは聞けそうにありませんが、そんな頑固な嫁が前よりも愛おしく思えました



さいごにひとつ

みんなありがとう!心から感謝してるよ!

2014-01-09

結婚披露宴って

アラフォー同棲中未婚女ですが。



なかよしから披露宴来てね!」

っていわれるのって、乞食されてるみたいでほんと嫌だ。



「あたしの花嫁姿、あなたお金で実現したいの〜♫」

お金出してくれたら、会場もきれいなお花で飾るから~」

っていってる風にしか聞こえない。




勝手結婚すればいいじゃん。どうして人の金欲しがるのかな。



披露宴って単に花嫁と業者都合の強制集金システムだよね。

花嫁以外誰得なお色直しとかして、まっずい冷たい料理たべさせられて。

イミフお土産持たされて、変な司会とか関係ないおっさんたちの話まで聞かされて。


それで3万も、持って行かれるって。



はぁ??????



普通に考えてさ、1つのパーティにウン百万て、詐欺の部類だよね。異常だよ。


世間ではこれくらいの規模の招待ですよー」

「これくらいのお料理だしてますよー」

プラス○千円でスパークリングワインですよー」

「お花はテーブルにこれくらいないと映えないですよー」



全部カモられてるだけだし。




「そのうち自分に返ってくるから」って?

同棲から返ってこねーよバーカバー!!!




会費制にしろよバーカ。

2013-05-05

また一人でバーに行ったら絵に描いたような展開になった

酔った。。もうこんな夜中だよ。。体震えてヤバい。眠れないし日記の続きを書く。



初めて一人でバーに行ってきた



昨日マスターに勧められたとおり、お昼過ぎにまた同じバーに行った。



まっすぐは入れなかった。。

お店を横目に通り過ぎて、様子を伺ってみたりして。そこで遠目に見えたのは、子連れ若い女性が入口に座りながら、子どもと一緒に遊んでいる姿。綺麗なお姉さんってこの人のことかな、なんて思いながら。ちょっと寄り道を装って、昨日夜のマスター白髪なのでシローさん)に言われて、、てのを口実に意を決して入っていった。



こんにちはカフェやってるんですね。

ごめんね〜入口塞いじゃって。りっくんほら。あ、わたしお店の人じゃなくて、、ねえねえーお客さんだよー。

からちょっと年上の、30ちょいかな、アパレルな感じの綺麗なお姉さん(しおりさん)が出てきてくれた。



いらっしゃいませ、お席どこにしますかー?外でもいいですよ。

お昼は外にパラソルつきの机が2つ並んでいて、なんか恥ずかしかったのと、歩いた勢いで中のソファ席に座った。

コーヒーを頼んで、また昨日のように黙ってしまっていた。

中に居たのはあと男性の方が一人。なんか聞いたことある飲食店オーナーらしい。この三人が自分を置いて会話していた。

話を聞いていると、みんなしおりさんの前職つながりや姉妹つながりとのこと。

ああ自分ここに居ていいのかな、と不安に…。それからその男性は仕事なので、とすぐ去っていった。



入れ替わりで30半ばくらいのカップルが来た。二人は外の席について、ワインを頼む。この人たちもまた、しおりさんの縁の人だ。外で遊んでいた1歳半のりっくんが、総武線車両おもちゃを片手に二人の席を攻めていった。ああ、おれ、外に座ればよかった、、と後悔しながら賑やかなみんなを見ていた。



子どもの力はすごい。

そこに居たみんなの、ここは面識あるけどここは初対面、という人たちをつなぐ。あっちこっち歩き回って、いたずらして、構ってもらえないと嘘泣きして、可愛いねえ、ってみんなを笑顔にする。少しずつ自分の方にも寄って来て、いつの間にかじゃれあって遊んでいた。



打ち解けてきたところで名前なんていうの?と始まり、みんなお互いに自己紹介をした。ちょうど上から降りてきたシローさんが、お、嬉しいさっそく来てくれたんだ、と肩をポンポン叩いてくれて、じゃあみん乾杯しようよ、と。昼から飲むの最高でしょ、と言われるがままにスパークリングワイン乾杯した。酔った。



夕飯時になって、みんなでご飯行こうよ、という話に。え、行くよね?と誘ってくれて、はい、ぜひ、と笑顔で返していた。お会計して、みんなでぞろぞろ出て着いた先はほんの10m先。ここもまたずっと近くに住んでいながら入れなかったお店だった。スキンヘッドマスターが迎えてくれた。みんな、昔からつながっている人たちだ。

メニューに書いてあるお酒はよくわからなかったので、表の看板に大きく書いてあったサングリアってのを頼んだ。というか隣に座ったしおりさんが頼んだから自分もそれで、とか言ってその場を凌いだ。赤ワインなのかな?ちょっと抵抗があったけど、、頑張って飲んだ。酔った。とっくに顔も赤い。

間もなくして新たに女性とそのお子さんがやってきた。ここのマスター家族だ。久しぶり〜、大きくなったねえ、とりっくんママ。なんで俺ここに居るんだろう。出されたピザを美味しく頂いていると、シローさんがそそくさと自分のバーに戻っていった。



ひとしきり盛り上がったあと、焼肉行こうぜ、と。いや今ピザ食ったじゃん?あ、いえ、はい行きましょう。しおりさんが電話したら、あれ、いっぱい?じゃああたしおすすめのとこあるから。すぐそこだよ〜。

会計しようとしたら、もう済んでますよ、と。シローさんが出してくれたって。かっこ良すぎるぜ。。またバーに行ってお金を落とせばいいんだよ、ってみんなが教えてくれました。ごちそうさまです。



りっくんとママと別れて、カップルしおりさんと自分の4人に。商店街を歩いて、とある居酒屋に着いた。今まで通り生きてたら、ここに入ることはなかったろうに、なんて思いながら。



4人カウンターに並んで、60半ばのノリのいい爺ちゃんがどうぞどうぞと。おすすめシークワーサーいっとき。うちのお客さん、みんなこれハマるからそっち系の人が手をシュッとするみたいにしてニッコリ。おいしかった。沖縄は好きだ。そのあとに出してくれた、赤いお酒グレープフルーツメインのカシス焼酎入りのも美味しかった。甘めなやつなら飲めるんだな。酔った。



そしてここで、カップル男(反町さん、似てた)から熱い説教が始まった。



おまえ、つまんねえ!おまえさ、大きい会社でさ、5年やったのはいいけど、じゃあ何ができんの?飽きた辞めたいとか言って、何がしたいの?おまえ他人に興味ないだろ。ちゃんと人を好きになったことあんの?(略)

…何を言ってるのかわからなかった。あっちもこっちも酔ってるし、冷静なカップル女(松嶋さん)にまーた熱くなって、めんどくさいわ、と犬みたいになだめられてるし、でも人を雇ってちゃんと事業をやってる人で、きっと俺みたいな雇われクソ野郎がくすぶってるのを勿体無いと叱ってくれたんだろう、フラフラだったけど、ちゃんと素直に受け止めようと必死だった。

しかもなぜか腕相撲を迫られて、超久しぶりだけど乗った。惨敗、というか真ん中から動かなかった。向こうは余裕で、松嶋さんがこの人その道の人にも勝つくらい強いのよ、とフォロー反町さんも、ああ、こいつ意外とやるわ、ちょっと見直したと言ってくれてなんか俺を見る目が変わった気がした。ねえ、今度うちの店に一杯飲みにきなよ。いや、おめえ来んな!俺に腕相撲で勝てるようになってから来い!とよくわからないやりとりをして店を後にする。そして、お金を出させてもらえなかった。。ごちそうさまです。



よし次行くぞー、と歩きつつ、いつもは一人で歩いていた商店街を、よくわからないカップル今日知り合ったばかりの女性と歩く。突然反町さんがなぜかバスケの動きをしたりフットサルしてえ、と暴れだす。うちら週末にバレーボールやってるのよ、と松嶋さん。ああ、僕も高校の頃やってました、え、ほんと?ちょっとうちのとこに呼ぼうよ。とまさかの展開に。こうやってまたつながっていくんだなあ。



そして見つけたタクシーに乗った。

反町さんが、もうね、すげえとこがあるんだわ、そこ行くぞ、と熱く語っている。

俺は一体なにやってんだろう、と見慣れた景色が流れていくのを眺めながら、非日常な状況に心躍っていた。



すぐに着いたそのお店は、反町さんが以前に通い詰めていたところ。中に入るや否や外に放り出された。どうやらもともと中に居たお客さんへの配慮らしく、店も狭いからとか、まぁよくわからん。お客も試されているらしい。お前らそこまで我慢してまでうちの店来る気あんの?的な。しおりさん曰く、サービスレベルが桁違いらしい。

しばらくして中に招かれてみると、もうまさに誰もが思い描くような、理想的な?内装だった。薄暗い店内、テーブルに当たる小さなスポットライト、ロウソクの火。カウンターの向こう、色とりどりの豪華なお酒の瓶をバックに、これぞバーテンダーという格好の人が二人。白いシャツに、黒いあれ、ウェストコートっていうの?そして若くてイケメンだった。住んでる世界が違う人の顔だったわ。

店内は意外なことにBGMなし。松嶋さん曰く、例えばジブリの話をしていると、いつの間にか静かに流れている(リミックス版)という粋な演出を経験したとのこと。なるほどこれは俺のこれる店じゃねえ。



おしぼりをもらって、レモンチェロ?というのをみんなで頼んだ。美味しかったような気がする。隣の席を見たら、なんかチューリップみたいな飲み口の狭いグラスがあったけどなにあれ。香りを楽しんでいただく、とかゆってたような。。

で、すでにぐでんぐでんになった自分は少しでも飲んで減らそうと頑張ってみたものの、反町さんがまたさっきと同じ質問をぶつけて追い打ちを仕掛けてきた。いや、やっぱお前つまんねえ。え、勉強してるしやりたいことあるって?なに?熱く語ってプレゼンできるものあんの?お前たぶん頭いいんだよ、けどなんか鼻で笑ってさ。つーかお前さ、成し遂げたいこととかあるわけ?

最後質問にはしおりさんも喰いついてきて、これって大事なことだと思う、キミはどうしたいの?なんとなく今の会社でうまくやって、家族ができて、それもまた一つの幸せだと思うのね。

…うまく答えられなくて、自分はやっぱり甘いんだろうなあ、と痛感した。たぶん俺は現状に不満を抱えているだけ。新しいことを勉強しつつも、結局それで世の中の人達に対して何をしたいのか、明確に思い描けていない。会社ではだいぶ認めてもらえたし、出世欲もない。組織は腐ってるけどできるだけ意見は言わない。じゃあキミがやってよってなるだけ、給料が増えるわけでもない。基本的に冷めてる。熱意に欠けている。



減らないお酒を横に、気を利かせた松嶋さんがチェイサーお願いします、と。お水のことかな?結局それをぐびぐび飲む。

スッと現れたバーテンダー自然に会話に混じりながら、なぜかみんなのおしぼりを当然のようにたたみ直して各自の銀色おしぼり皿に置く。自分一人がきょとんとして、いや、さすがにこれは見たことないわ、とか感動していた。



そろそろ帰ろうか、とチェック。みんな1杯ずつで、なんとお会計3万円。

…は?

そしてまたお金を出させてくれなかった。ほんとに、ごちそうさまです。ありがとうございました。

外に出てお別れして、それぞれタクシーに乗って帰った。また今日も2時か。



昨日の今日で、まさかこんな展開になるとは…。

近くに住んでいながら、なんでもっと早くに来なかったのか。

お酒が弱いからと遠ざけてきた密かに憧れていた世界は、そうありたいという少しの意志勇気で拓けていった。



自分みたいに一歩踏み出せてない人がいるかもと思って、意外となんとかなるもんだよ、と伝えたくてここに書かせていただきました。



--------

5/7 続きと、はてブコメントへの反応

一人でバーに行った話 その後

2007-12-24

クリスマス開催のお知らせ

反対派の強硬な姿勢もあり、一時は開催が危ぶまれるのではないか?との懸念もありましたが、予定通り12月24日0時00分よりはじまった模様です。

さぁクリスマス労働者の皆さん、頑張りましょう。

何も、クリスマスは楽しむだけに存在するわけではありません。クリスマスを提供する側に関わっている人もたくさんいます。消費する側から見たクリスマスばかりが注目されますが、供給する側の人にとっても一年で最大のイベントです。

チキンを揚げたり焼いたりする人。火傷に気をつけて。風評被害にあった会社の人も、負けないでね。ケーキを焼く人。箱に詰める人。売る人。時間が勝負ですね。特に売る人はナマモノだから売り残さないように頑張ってね。スパークリングワインを売る人。車両運転中の飲酒事故の影響で、多くの場合試飲会が出来ないのは辛いですね。売れるといいですね。

レストランの人、ホテルにお勤めの人。あなた方がいるからみんな大事な夜を過ごせます。ありがとう。交通機関にお勤めの人。今夜のトナカイはあなた方です。ご苦労様です。プレゼントを用意する小売業の皆さん、それを手配する商社問屋の皆さん、それを製造するメーカーの皆さん、お疲れ様です。イルミネーション関係の皆さん、行楽地で働く皆さん、そのほか書き忘れちゃったかもしれないけれど、クリスマスを作りあげる皆さんお疲れ様。

 

メリークリスマス

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん