「無性に」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無性にとは

2017-04-21

のんだ後に悲しくなる現象

飲み会の後の帰り道とか無性に悲しい気持ちになったりするの、あれなんだろうね?

楽しくバカ騒ぎしたような飲み会でも結構なったりする。

多分アルコール作用の一つだとは思うんだけど・・・

あれ無ければ飲むのもっと好きなのになぁ。

2017-04-15

親のありがたみがわからない

大人になると親のありがたみがわかるよね?」

こう聞かれると、自分は困ってしまう。

親のありがたみがよくわからいから。

正直によくわからないと言うと相手の気分を害してしまうことが多いので、表面上は「そうだね」と言ってはいる。



仕事をするのも、家事をするのも、つきつめれば自分のためだと思う。

子どもはまだ育てていないからよくわからないけれど、少なくとも、作る行為も産むこともつきつめれば自分のためだと思う。



自分の両親の話を長年聞いてきて自分が思ったことは、

「両親が子どもを産み育てた理由は、自分の親に『がんばったね!』と認めてほしいからではないか

ということ。

そう、自分は、自分の両親の親孝行に利用された気がしている。




育ててくれてありがとう、と素直に思えない理由の一つはたぶんこれ。

自分は育ててもらった。

両親は子どもを育てたことで、両親の親と良好な関係を築けた。

両親の親と折り合いが悪い時は、子どもをかすがいにしたり、八つ当たりすることができた。

ウィンウィンだったじゃないか




自分は、親と祖父母や親戚のことを考えることが減り、自分人生に集中することができてうれしい。

親のありがたみはよくわからない。



※ちなみに、祖母たちへのありがたみはある、なぜだ。

おいしいご飯を作って食べさせてくれたり、一緒に遊んでくれたり、畑仕事を教えてくれたり。

祖母たちへはなぜか無性に恩返しがしたい、お世話がしたい、介護がしたい、と思ってしてきた。


両親と祖父たちにはそこまで無性には感じない、なぜだ。


私はもしかして祖母たちに育てられたのか?

2017-04-13

http://anond.hatelabo.jp/20170413162301

俺もそんな時期があった。25~29歳位までの間借金が200万円あって凄い貧乏だった。

ある日無性にビール焼きそばが食べたくなったけど、20円しかなくて、家にあった漫画紙袋一杯にいれてブックオフに行ったもの身分証明が無くて(その時免許証保険証も無かった)、結局買い取ってもらえなくてさ。

その帰りに紙袋がやぶけて道に漫画が散乱して、周りの人に変な目で見られた。

家帰ってオウオウ泣きながら自慰行為に勤しんだっけ。

2017-04-09

寂しい

寂しさってなんなんだろう

一人きりの生活になってから二年

たまに無性に寂しくなる

人との繋がりがほしい

一緒に暮らす恋人がいたらどれだけ幸せだろう

あっ

でもこの寂しさに負けて失敗したんだった

寂しさは人としての弱さになってしま

ここを攻められるのは辛い

信仰を持ってイエス様を信じていく

空っぽ毎日だけどいつか実を結ぶこと祈りながら

2017-04-08

体調崩した時の

寂しさってなんだろう。

せっかくの休日一人暮らしの家で、ぼーっと布団で横になる。

無性に人恋しい。

なんかずっとぼんやり死にたい

でも別に自殺願望があるわけじゃないんだよな。


特別嫌なこともなくて、しんどいこともなくて、趣味はあって、それなりに生活が出来ていて、友達もまぁ少ないながらにいて、普通なんだよ。

ずっと普通。ずっと普通からなのかな?


楽しいことが持続しないし、時々無性に「なにやってんだろう」って思う。


悲観的になってるとかじゃなくて自分のなかで割りと何年もこうだからこういう性格なんだと思うんだけど、とりあえず早く寿命迎えたい。

自殺する気はさらさらないけど見取ってくれる人間がいるうちにできれば苦しまずに死にたい

2017-04-04

今日の出来事

朝3時、腹が張る感覚で目覚める。以上に屁が出るが、無視して再度入眠。

4時、再び腹に異常を感じ目覚める。トイレに籠る。10分ほど放屁し続けると落ち着き、ベッドへ戻る。

6時起床。出社の準備をする。

以前はTVニュースなどを流し見ていたが、最近TVもつけず淡々と支度する。

元々TVを見ない人間だが、最近TV離れに拍車が掛っている。朝の情報番組とやらで職場での話題仕入れる気力が消滅したのだ。

このままTV処分してNHK契約も解約すれば清々するのではなかろうか、と時折妄想することもしばしば。

支度をしながら、今日の予定を思い起こす。気持ちは奮い立つどころか萎える一方だ。

7時。仕方なく出社。本来始業時間は8時半だが、この会社はクソ田舎の狂ったワンマン中小なので、生殺与奪を握られた社畜どもは金も出ないというのに1時間半前に出社を強いられている。

俺もそのクソ田舎の狂ったワンマン中小に飼われる社畜の一であるため、その暴虐の掟にしたがい出社を果たす。

今のおれにできることは、この理不尽の記録を集め、一年後あたりにせいぜい失業手当の猶予を消す証憑とする程度である

このクソ田舎の狂ったワンマン中小にも新卒社員が損耗率を考慮したうえで大量にかき集められている。

彼らはこの研修間中は仲良しこよしで和気あいあいと出社し、日がな大会議室で研修と称した洗脳を受ける。

こうして徐々に人間性をはく奪され、製造ラインの一設備、あるいはクソ管理職鉄砲玉として加工されていくのだ。

さて、今日仕事ぶりだが、朝から屁が止まらないというアクシデントとぴくりとも起らんやる気により、始業の段階から不振確信していた。

期末を過ぎ、決算に向けて各種資料をこしらえるのが俺に課せられた任務なのだが、部署内を飛び交う愚痴と先輩から八つ当たりにただでさえ低いモチベーションさらに下降させ、

もう帰った方がマシだと思いながら資料をつくる。

欠伸とガスは止まらないのも辛い。

やる気が出ないうちに、新規業者から未払いの問い合わせがくる。

どこかのクソが発注するだけやって請求書を回さなかったらしい。しかしながら、そのクソはもう居ない。

先方に謝罪しながら、社内申請の手配をする。守りもしない癖に規定だけは一丁前にあって、尻を拭く下っ端の人間けがその制約を受けるのだ。

午前がつぶれる

昼食は社食だが、俺の休憩時間メンツが最悪である

最悪過ぎて書くだけで辛い気持が蘇るので割愛する。とにかく、このクソ田舎の狂ったワンマン中小象徴するようなメンツである

俺は会社と飯を食べるのだ。

飯をよそいながら、俺はさっとテーブルを見まわし、災厄のないテーブルに着く。

少し前は相席でも気にせず、むしろ同席の方と世間話などしたものだったが、最近はひとりになりたくて人のいない席につく。

昼食から戻ると、席のある島で休職していた女の子を見かける。どうやら、退職するらしい。

海外大学を出て、トライリンガルだという才女、しかも真面目なよい子だったのだが、このクソ田舎の狂ったワンマン中小精神が形になったようなクソ上司にあたってしまい、

一時期は随分辛そうにしていたものだ。

彼女の身の上を案じ、クソに義憤を燃やす先輩方。その場面をどこか遠くを見るかのように眺める俺。

先輩方はきっと親切でまっとうな人間だ。しかし、やりどころのない憤りの果てを思うと彼女へ掛けるはずの言葉が出なかった。

そうこうしていると、人事がやってきて先日サンプルとして受けた適性検査の結果を見せられる。

結果は協調性および人間関係の構築に難があるとして不適。もっと人間に興味を持てみたいなことがグダグダ書かれていて、

そいつを俺に突き付けた若造が「○○さん、採用取り消しですねェ」などとほざく。ちなみにこいつも同じ検査をうけて不適の評価をたたき出している。

確かに、この半年ほど人づきあいだの社内外の人間関係だのが非常に億劫に思えて、かなり適当にやっている。

これはいかんと思い、書庫にてスマホで「人間関係 関心 改善」などとググったりするが怪しいカウンセリングセミナーばかりヒットする。

認知療法がいいのかなぁ、などと悩みながら作業するうちに終業となる。働き方改革ッッッ!!などと喚いてるわがクソ田舎の狂ったワンマン中小には残業は無い。

ただ、終業後なぜか着席しているのだ。だいたい2~3時間くらい。こうして事実を書きだすだけで、なぜか涙が滲むのだなぁ。

昼食から無心で働くと、そろそろ空腹の絶頂を迎えようという時間である上司と先輩はどっかからギッた菓子やら適当な外出時に購入した菓子を頬張る。

うんこ下っ端にはそういった健康文化的な最低限の生活保障されていないため、すきっ腹を抱えながら、ああ解放されたら何食おうかなぁとか考えて耐え忍ぶ。

そういえばいつの間にか腹のガスは治まっている。

PCを消し、退勤しようとすると「もう帰るのか」「お前、全然仕事していないだろ今日は」等と温かい見送り挨拶をいただく。一礼して社屋を出る。

コンクリートガラス張りの牢獄から一時の解放だ。

張りきった飯を食いたい気持ちともう帰って寝たい気持ち、この両方を勘案して最適な飯を食べる。

俺は定食が好きだ。

さて、あとは帰宅してシャワーして寝るだけだが、ふと日記というものを書きたくて書きたくて無性に書きたくてどうしようもない気持に駆られたので、

こうしてはてなIDを作って書き込んでいる次第であります

さ、明日はどんな一日になるだろうか。

せめて、少しはマシな一日になるといいのだけど。

2017-04-03

He is it って

なんか無性に使いたくなる英語だなHe is it He is it He is it

無性に私は腹が立ったのだよ

先輩(女)と居酒屋に言った

先輩と唐揚げを分けて食べた

唐揚げ4個入りがきたから2つずつ分けた

先に先輩は2つ食べて残るのは私の唐揚げ2つ

別で付いてきたタレ皿に唐揚げをつけて2つ食べ終わった先輩

まだ他の物を食べていた私に先輩はそのタレ皿を、まだ私の唐揚げが乗っている皿に乗せてきた

唐揚げに敷かれた油を吸う紙の上に

先ほどまで先輩の唐揚げが乗っていた部分にタレ皿を乗せたのだ

そして私に唐揚げの皿を寄せた



一瞬何が起きたのかわからなかった

まだ食べ物がある皿に、食器を片付けるように先輩はタレ皿乗せてきたのだ

何故こんなふうにしたのだろう、食べやすくとでも思ったのか

別に潔癖症でもないが

机に直に接した部分を食べ物に近づけるなよと思ったし

マナーがなってない

皿をのせて寄せてきたのも何だか残飯処理みたいでいらっとした

未だにモヤモヤが残っている

2017-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20170402151436

感情とは長い年月をかけて育っていくものなので、

ある日突然あれが欲しい、これが自分幸せ必要だ、とか沸いて出たりはしない。

周囲の人間も目の前の現実(やっちゃったとかできたっちゃとか)を正当化するために、

これが人としての幸せなんだと無理やり納得してるに過ぎない。

はいえやっぱり人が自分の持ってないものを持ってて幸せそうに振る舞ってると無性に欲しくなるのは確か。

2017-04-01

メンヘラ拗らせたけどしんどい

ただただしんどいしんどいから耐えられなくなる前に頭の整理をするために書く。全部。


留学先で会った10以上も歳上の外国人男性と付き合い始めた。しかもめちゃくちゃ特殊仕事の。

初日の授業で少なからずビクついていた私に、隣の席に座っていた彼がピカソみたいな似顔絵を描いて見せてきたのが最初だった。キャラものノートなんか使っていて、オッサンのくせに可愛いなと思った。(実際年齢詐称を疑うレベルには幼い顔立ちな気がする) たぶん子供っぽいちょっかい垣間見える愁いに似た表情にも惹かれていたのかも知れなかった。帰国直前に誘われて、ローカルビアガーデンに2人で飲みに行った。ラムボトルを空けながら下らない話をして、それからねだられるままに頰にキスをした。飲み会嫌いの引きこもりだったからきっとこういうのは酒の席の冗談なんだと思った。割に早い帰寮時間は守る手合いだった。寮までの帰り道、ほろ酔いの私の手を引いて下手くそ日本語で付き合ってくれと繰り返すものから、いよいよ訳が分からなくなって、思うように扱えない英語肯定の返事をしてしまっていた。

南国の夜は暑くて彼も私も少しばかり汗をかいていて、だからシャワーを浴びたら僕の部屋においでと言われた。今度は英語で。それまでもたまに遊びに行ってはいたけれど果物を剥いたりスナックをつまんだり、そんなたわいのない楽しみを共有していただけだったから、また酔い醒ましに美味しいものでも食べさせてくれるんだろうと思った。頭が空っぽすぎた。結局ルームメイト占領していてシャワールームは使えなかった。

そうして本当に果物を食べてジュースを飲んで、そのままセックスした。生で。さらに言うならば私はモロに生理最中だった。ねえ待って、さすがに汚いからやめよう。上手く言葉が出てこなかった。大丈夫気にしない、たぶん彼はそう言った。そういう問題じゃねえ。でももう何もかもどうでもよかった。あ、そうかそういうことだったのか、処女でもなければカマトトぶってるわけでもないのに、どうしてもそこまで思いつかなかったのが不思議だった。さすがに手慣れてるのが妙に悔しかったけど、それでも案外余裕が無さそうなのが可愛いなとぼんやり思った。

拙い言葉だったけど伝わっていたと思う。でも、中には出さないでね、と英語では何と言えばよかったんだろうか。


翌日は卒業式だった。毎週の式の後には皆で飲みに行くのが恒例だったが、式のあまり冗長さに完全に気力を奪われていたから、シャワーだけ浴びて頭痛と荷造りを理由に(荷造りの方は嘘ではなかった)部屋で寝そべっていた。多分そのまま意識飛ばしていて、次に目を覚ました時には12時を回っていた。ナイトクラブに行くのかと思っていたルームメイトが意外にも早く戻ってきて、風邪をひくからと起こしてくれたようだった。

パーティーには来ないの、と彼からメッセージが来ていた。ごめんね少し疲れていたの、でも休んだからもう大丈夫。それなら僕のルームメイトは朝まで帰って来ないから良ければおいで、明日には帰っちゃうんだろ。でも門限直後だから、今警備員フロア巡回してるんじゃない。

そんなやり取りをもちろん英語でしていたら、突然日本語テキストが送られてくる。大丈夫から、すごく時間が惜しい。どうやって入力したんだろうか(冷静に考えたらグーグル翻訳コピーに決まっている)、昨日の今日馬鹿だと自分でも思う、またしてもその可能性は頭から抜け落ちていた。だって今日こそ彼は私のソレを知っているのだから。とにかく会いたいな、とただそれだけを思った。

実際警備員はいたから無理なものは無理で(もちろん男女で寮のフロアは分かれているし立入禁止だった。後から知ったことだが案外皆平気で立ち入って自国の友人と小さなホームパーティをしているらしかった)、しばらくエレベータホールで偶然会った別の友人と話し込んでしまった。結局抜け出せたのは1時を過ぎた頃で、小さくノックをして部屋に入ると彼自身やや驚いたようだった。

いつものように甘い果物を食す(私が講師に貰ってお裾分けしたのを切り分けてくれていた、ナイフを持ち合わせていなかったので有り難かった)、あまりにいつも通りの子供っぽい様子に少し安心した。彼も大勢での飲みはそう得意ではないらしく疲れているように見えた。金曜日、多くの学生は出払っていた。静かな夜だった。ルームメイト見送りのため、未明には戻らないといけなかった。

ベッドに横になって、しばらくただ寄り添ってどうでもいい話をぼんやりとしていた。職業柄よく鍛えられた身体が温かかった。手を伸ばして頭を撫でると、アジア人らしい硬質の、まだパーマの少し残った髪の手触りがやたらと心地良かった。いつの間にか彼は身体を起こしていて、私は彼の腕の中にいて、どちらからともなくキスを重ねた。そのまま首筋まで降りてくる、指が背中に回るのが感じられた。分かってる、分かってるんだ、でも明日にはもう会えないから、お願いだ、そう耳元で繰り返す声は絞り出すように震えていて、この人も臆病なんだろうかと思った。それもそうかも知れなかった。あちらからしてみれば相手10も下の日本大学生なのだから。ただ、そんなことはどうでもよかった。it doesn't matterってやつだ。どう考えても問題ありすぎるくらいだけど、とにかく全てが関係のないことだった。

幸運にも私の日本へ帰るフライトは午後発だった。ルームメイト未明に引き払った後、すっかり生活感のなくなった部屋で私は1人荷物の最終確認をした。スーパーあの日飲んだラムを買った(シンプルに美味しかたから飲んだ瞬間に購入を決意していただけの話だ)、3本買ったら、300円にも満たなかった。物価おかしい、その100円のボトルで私はおかしくなってしまった。

から友人と出かけるらしい彼がフラリと部屋に来た。スーツケースが膨らみすぎてベルトを締めるのに苦戦していた所だったが、それをあっさり片手で締めてくれた(不覚にもそんなことでささやかときめきを覚えてしまった)。無性にしかった。私は12時に同じ便の友人と待ち合わせをしていた、彼の方は11時だ。彼が出かけたらそれで終わりなんだろうと思った。セフレでもいいと思っていた昨日の私は完全に居なくなって、一回りも歳下のこどもを愛して欲しい心持ちになってしまっていた。一度だけキスをした。気をつけて、良いフライトを。最後はそんな言葉だったように思う。彼が帰った後のドアを眺めていたら一瞬目元が滲んで、よれたアイラインを引き直すのにスーツケースを再び開ける羽目になった。ベルトは私1人ではうまく締められなかった。


どうせ帰国後は連絡が途絶えるありがちな展開だと思っていたらそうでもなかった。

時差はそれほどないとはいえ、毎日夜更けに電話が来る。インフラが貧弱すぎてまともな電波もないのに時折ビデオ通話を掛けてくることもある。そして画面越しにキス要求してくる。いい加減にしろ。一体何歳だお前は(ここまで言って私も頭を抱える)。日に日に訳の分からない日本語ばかり覚えてきて、母語でないということの恐ろしさを感じる。なるほど確かに相当上がり症の私も英語から言えるような台詞を散々吐いている。

最近は開き直って、こちらもグーグルに教えてもらった彼の国の言葉を少しずつ混ぜてみるようになった。合わせて3ヶ国語。メインは英語から、正直なところ意思疎通はそれほどスムーズではない。平易な言い回しを探したり、喉に引っかかった単語を拾い上げたり、案外楽しいじゃん、と思う。難しいことは言えないのだろう、小学生レベルフレーズで伝えてくる言葉が、もどかしい発音日本語が、一つ一つ愛おしいと思う。

ただ気づいてしまった。会えない。こんな当たり前のことが異常なほどしんどい。忙しいから会えないとかではない、物理的な無理がありすぎた。GWは混みすぎて間に合わない、夏休みっていつだ。彼氏旅行に行っている親友が恨めしくてならない。セックスの何がそんなに楽しいんだと言い張るタイプの嫌な女だったけど今なら少し分かるような気もする。男の言う気持ち良さはまだ分からない、下手というつもりは決してないが(それほどの経験も無い)むしろ辛さや羞恥のほうが勝る。それでもそこに確かに存在していることを肌で感じたいと今は思う。無論セックスでなくてもいい、やけに手入れされた綺麗な頰に触れたいとか、無骨だけど温かい手で撫でられたいとか、ただそれだけの事だ。自分がこんなにもどかしい気持ちになるなんて思っていなかった。もっとサバサバ(笑)系だと思い込んでいた。


こうなるに至るまでの経緯を仔細つらつらと書いた。なんたるメンヘラだろうか。めちゃくちゃ搔い摘んだらセックスして情が移っただけの話になってしまった(情ではないと自分では思っているけれど件の親友にはとんでもない目で見られた)。親には言えない。最近結婚圧力が重たいのに言えるはずがない。もちろん友人にも全ては話せない。彼女らは私のことを少々潔癖すぎるくらいに思っている(はず)だから、とてもこんな汚い私は見せられない。

もも限界だった。お子様な私のキャパティ決壊しそうだった。から書いた。


神様お願いです、航空券時間を私にください。今はそれだけです。

2017-03-24

PlayStationStore

初代PSアーカイブス見てたら無性に懐かしくなったので

なにかおすすめゲームありませんかね

【追記】

おすすめありがとう!参考にします。

学生当時、ゲーム屋でよく見たタイトルが多かったから聞いてみた。

ちなみに自分おすすめミスタードリラーです。

switchは落ち着いた頃に買います

闘神伝

あーなんか無性に闘神伝やりてぇ。

ちなみに俺が一番ハマってたのは 3。

あの頃はよかったな~。

エリス~!

2017-03-19

鼻歌を書き起こしただけで曲を当てられる人」急募

曲のタイトルを知りたい時、歌詞がアレば歌詞を打ち込めばだいたいタイトルを得ることができるだろう。

しかし何かのBGMだとすれば話が違う。



友達などに知りたい曲がある時「ラララッラララーってやつ!〇〇ってときによく流れる!アレ!」

と持てる情報全てを伝える。ヤフー知恵袋でもよく見かける。大抵「は?」で終わるのだがヤフー知恵袋では

「〇〇ではないでしょうか。http://www.youtub~~」と続くことがある。そしてたいてい当てている。



私も最近無性に気になる曲がある。

ヤフー知恵袋にかけばいいがマルチポストになったりすると嫌なのでココで愚痴として吐き出す。

バラエティなどの回想シーンでよく流れる

回想シーンでは大体、懐かしく、感動したり苦労していたり。とにかくポジティブではない。

・テレッテ テレレレ テレレレ テレレレレレ



最後の音を伝えること、コレが恥ずかしいのだが、やれるところまでやりたくてSoundHound系のあらゆるもの鼻歌を聞かせたが欲しいものは得られなかった。

スマホの前でよくわからない曲を何回も聞かせる私はそこら辺の漫才より面白い姿であった。


今はテレがだめならタタにするべきなのかララにするべきなのか、おかしなところで悩んでいる。

2017-03-15

PMS言い訳にする女

PMSとは月経前症候群のこと。

男性特にピンとこないかもしれないが、月経前に気分が落ち込んだり、イライラしたり、お腹が痛くなったりする症状のことだ。ちょっとググってみれば直ぐに出てくるので、詳しく気になった人は調べて欲しい。

このPMS言い訳にする女が嫌いだ。

こう言うと女性の辛さがわからない男性だと思われるかもしれない。しかし私は女である。その上このPMSにあたる症状は自分も心当たりがある。月経前はお腹が痛くなったり、無性にイライラしたりする。だからその辛さはよくわかる。

それなのに何が嫌なのかというと、周りのPMS言い訳にする女は、それをどうしようともせずただ周りに配慮を求めるだけだからだ。その傲慢さに腹がたつ。

医者にかかろうともせず私はPMSからイライラするんだよね!と言って人に当たり散らしそれを理由自分の行動を反省しない。

PMSからでなんでも通用すると思うなよ。

病気から配慮して、が通じるのは、自分でできる精一杯の対処をしてこそ言えることだろう。診察を受けたり、薬を飲んだり、自分なりに気分転換を図ったり努力をして初めて、周りは気を遣おうと思うものだと思う。

それに周りの配慮限界がある。人に迷惑をかけると思ったら、しばらく安静にして、落ち着いたら戻ってくれば良い。

それがわからない女がいる。

なんの努力もせず許されたいと思うのは身勝手だと言っておきたい。

2017-03-08

去年の7月に書いた日記のようなもの

 4月にインターン面接に行きました。そこでは社長面接でした。その人は私から一通りの回答を受けた後ひどく馬鹿にしたように話し始めました。私の被害妄想もあるかもしれません。私には大学生特有キラキラがないと言いました。もっと楽しみで仕方がないという顔でせめて控え室で待っていてくれと言われました。私の背中は丸まっていて、顔もどんよりしていて、おばあちゃんのようだったと言いました。それを聞いて私は仕方がないじゃないかと思いました。だって、私は自分に自信がないのです。いつもビクビクしています。そんな人間がいきなり人生楽しくて仕方ないみたいな顔はできねえと思いました。でも、そんなネガティブ自分をこの短時間で見透かされていてひどく居心地が悪かったです。また、顔が硬いと言われました。すぐに表情が消えると。私は人の顔にはその人の性格が表れると思っています。だからそれを言われた時、特に驚きはしませんでした。でも、自分でもどうしていいかからなかったで、それを言われたからってすぐに直せるわけはなく、その場で履歴書をつき返され、面接は終わりました。帰りのエレベーターを待っている時、履歴書と持って行った自分作品コピービリビリに破きました。そうすることでしか自分の心の安定を図れなかったのです。

 私は自分の何がいけないかわかっていますネガティブなことです。また、自分に自信がないこと。でもそれをどう直せばいいのか全くわかりません。いや、わからないというより分かっているのに直せないという方が近い気がします。自分に自信を持つためには成功体験をすればいいとネットで読みました。心の病みたいなHPも読んだりしました。でもそこから全く進まない。自分のどこが悪いか、分かっているのに直せない。だから途方に暮れています。こんなことを人に相談すること自体、よくないことなのではないかと思っていて、今日まで誰にも言えませんでした。いつも一人部屋の中途方に暮れています

 私は実はよく泣きます。一人で部屋にいるとき無性に悲しくてたまらなくなります。人前で泣くことにもともと抵抗がありましたが、ここ数年はそれがより一層強くなったように感じます自分の心にいつもぽっかりと穴が空いていてそれが埋まることはありません。埋めてくれるような相手を待っている、という表現が一番合うのでしょうか。誰と話していてもいくら楽しくても、ふと我に返った瞬間、言いようのない寂しさに包まれ自分ではどうすることもできません。自分には誰か寄りかかれるような人が必要だとは思っているのですが、そんな人私のような人間には見つかるはずもなく困っています。いつも泣きたくてたまらないのに誰の胸も借りられずに一人で泣いているときほど惨めなことはありません。この必要存在を一番近い言葉で表すのなら彼氏なんだろうと思います。でも別にそうでなくてもふとした時に頼れる相手男性なら彼氏でなくてもいいのです。同性には埋めてもらえない心の隙間を、埋めてくれる相手をいつも求めてます

2017-03-06

http://anond.hatelabo.jp/20170306092537

飲んで帰って無性にラーメン食べたい時、インスタントのしじみ汁で乗り切る。

味噌タイプを常備してるわ。

2017-03-02

90年代に戻ってテレビを見たい

30代後半のおっさんだけど、最近無性に90年代に戻りたいなと思ってて

戻って何したいか考えてみたところ、テレビを見たいという結論に至った。

どの番組というより、あの頃に戻って1日中だらだらとテレビ見ていたいなと思った。

2017-02-21

これって心狭い?

彼氏がいる友達が、乙女ゲーの「カレシ」とパフェ食べてきたって写真ツイートしてて、無性に腹が立った。

この怒りが支離滅裂なのも、理不尽なのも、意味不明なのも分かってる。けどさ、

あんたがそれやっちゃったら、私(たち)の立場ないじゃん」

いや、分かる。

オタク自分もまだいるよってアピールしたいのは。

けど、あんたにとってはネタかもしれないその写真、こっちは全然笑えないんだわ。

2017-02-13

仕事が重くのしかかって不安楽しいこと考えられない。

とてもイライラする。

無性に人に突っかかりたい

2017-02-10

会社ビルのそこそこの高さのフロアにあるけど、イライラしたりムシャクシャすると無性に飛び降りたくなる

http://anond.hatelabo.jp/20170210091749

妻は妊娠したら無性に餅が食べたくなった。

2017-02-09

小学生の頃、母親に「あん女の子じゃないみたい」と言われた

きっかけはよく思い出せないけど、とにかくそう言われた。

多分本人は覚えていないけど、とにかくこれが尾を引いて、わたし高校卒業するくらいまで自分なんかがおしゃれしてはいけないと思っていた。女の子じゃないから。

高校生にもなって着飾ることに興味も見せないわたし心配して、母親はあれこれ服を買ってきてくれたけど、わたしはあまり興味を示さなかった。というか示せなかった。そうしたら母親はなんでそんなに無頓着なんだと怒った。

大学に進学して一人暮らしを始める直前の春、たまたま母親と二人きりで作業をする機会があった。

その時に、母親子育てについて謝られた。なんだったかなあ、2つ年下の弟を優先して辛い思いをさせてごめんね、みたいな感じだった。半分泣いてた。

正直あんまりそんなこと考えたことなかったからびっくりした。そんなことより女の子じゃないって言われたことの方がずっと印象に残ってるんだけどなあ。

高校卒業して、遅ればせながらわたしメイクというもの習得した。メイクをしたら、わたしもおしゃれっていうものをしていい権利を得たような気がした。自分で服を買うことを楽しめるようになった。わたし自分で買った服を着て帰省すると母は喜んだ。

ただ、たとえメイクをしていても自分の顔を見ていられなくて、写真を撮られるのは未だに嫌いだ。旅行に行っても自分写真を撮ってこない私に母親冗談交じりの恨み言を言う。

わたしにとって母親はある種の理想女性だ。専門職についてバリバリ働いているし、家事全般も得意だ。

たぶん愛されて育ったと思う。わたし母親を含む家族が大好きだ。

ただ、就活を控えた自己分析小学校の頃の印象に残ったエピソードを書こうとしたら、「女の子じゃないみたい」と言われた日のことが真っ先に蘇ってきて、無性に悲しい。なんなんだろうなあ。

2017-02-08

プレママ友達ネガティブ攻撃がつらかった

無事に保活を終えて働きだしてからしばらく経ったので書く。


高校以来の友だちとほぼ同時期に妊娠した。比較若い年で妊娠したので、わたしたちの年代で同じ境遇にいるひとはまず周りにはいなかった。お互いを、心強い味方だと思いあっていた。


からこそなのか、「プレママ友達」と化したその友人はことあるごとに、妊娠育児に対するネガティブ不安わたしに漏らすようになった。そして当時のわたしも、その後ろ向きな言葉にアテられてるようにして、不安焦燥感から逃れられなくなってしまった。


心拍確認できても、流産するときはしちゃうらしい」

「周りに妊娠報告したあと流れちゃったらどうしよう、気まずい」

保育園入れるか不安すぎて今からもうやだ」

「安定期前に職場に報告して浮かれてると思われたらどうしよう、でも、報告せずにいると業務しづらい」

無痛分娩じゃなきゃこわいけど、24時間体制の産院じゃないから、もし何か起こったら自然分娩になっちゃうのがこわい」


はじめての出産を迎える、孤独わたしたち。「不安だね」「そうだよね」は合言葉だった。そこにしかまれない奇妙な連帯感が、その恐怖たちを加速させていく気がした。


不安感をいたずらに煽る友人のことばを受けるたび、心にどす黒い雲がかかるようになっていった。そのことに自覚的になっても、唯一のプレママ友達という絆ゆえ、友人から離れることはできなかった。待望の赤ちゃんがこんなにも近くにいるのに、心が暗くなっていって、つらかった。


いま妊娠してるひとへお願いしたい。(とくに初産の)妊婦同士で、不安煽りあわないでほしい。不安をぶちまけるべき相手は、同じ不安を抱えているひとではない。その不安を乗り越えたことのあるひと、もしくは、不安いちばん近くで一緒に乗り越えてくれるひとだ。


「ま、あとから振り返ってみて思うけど、何でもどうにでもなるよ!」とカラッと笑い飛ばしてくれるような先輩のお母さんたちに、わたしは後からずいぶん救われた。


前に進もうとアクションを起こし続ける夫にもとても救われた。産院を熱心に調べてくれたり、生活サポートをしてくれたり、保育園情報を片っ端から整理してくれたり。


不安を口にすることは、ほぼ何の歩みにもならないと知った。不安自覚的になるだけで何かが進んだ気になったり、あるいは他人との強い共鳴がある種の安心感を産んだりする。でもそれは、自ら不安を招き入れている行為だろう。


「なんかよく分からないけど、なんか、どうにかなりそう!?」っていう根拠のない楽観のほうが、よほど衛生的だ。


今思えば、友人はうつに近い症状だったのかもしれない。もしくはそう考えれば、「しかたなかった」とわたしも割り切れるかもしれない。でも、実際にアテられた期間はなんだかものすごく、つらかった。無性に不安だったし、つねに心に影が指す感覚がべとっとまとわりついていて、いやだった。


と、書き綴り終わったところであらためて願う。すべての妊娠出産育児が、おだやかにゆますように!祝福されますように!「なんとかなる」で、なんとかなってゆきますように!!

だって、じぶんのこども、もうはちゃめちゃにかわいいよーーー!!こどもは、いいぞ・・・

2017-02-07

http://anond.hatelabo.jp/20170207165933

これが20万だったら私も一緒に笑っていたかもしれない。

あいつが「お金がない人も大学以外の道があると思います」などとぬかしたら人一倍鼻息ピーピーさせて憤慨しただろう。

と言うのに、

しかし、ひとそれぞれの都合や想いに考えが及ばないという点では、「厳しい環境」の彼とそんなに変わらないのではないか

最近生活保護パッシングなど見ていると、今の世の中そういうところが足りたいのだと思う。

コンテンツ叩きさえできればええんかと無性に腹が立って悲しくなったのでどこかに吐き出さずにはいられなかった。

と思うのか。

ちなみに、「自分はどうしたらいいのか」と悩んでいるようですが、特に何もしなくていいのではないでしょうか。

他の増田さんの中には「バイトなんてする必要ないよ」という方もいるようですが、バイトするのも無駄ではないと思います

バイトしてどういう意味づけをするかは自分次第ですが、「私だってバイトしてるし!」と13万もらっている罪悪感は少し薄まるかもしれません。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん