「アヘン戦争」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アヘン戦争とは

2020-07-08

香港って何故あんな事になってしまったのか?

あんまり国際問題歴史に関心がないし、自分には全然関係がないので「香港中国圧力に屈して可愛そうだなぁ」くらいにしか思ってなかったんだけど、ちょっとこの際調べてみようって、ネットWikipediaを中心に色々見てみた。もちろんWikipediaは時々間違ってんだけど、一番簡単からね。

 

それで、結局遡ること180年前まで行った。1839-42年のアヘン戦争だ。これが結構面白いんだけど、これが影響して清国が負けたという大ニュース日本に伝わると、そんな馬鹿な?あの清国が負けた?とびっくりして、軍備増強と開国の方向へ切り替わって明治維新に繋がるという、こういう話もあった。よく聞く話としてアメリカ黒船がびびらせたっつーのがあるけど、そうじゃなくてアヘン戦争の結果が最も日本をびびらせたんだとか。歴史面白い。で、アヘン戦争に勝った英国南京条約により香港島を割譲されるに至ったのである。これがそもそもの始まりだった。

 

そして英国は、1860年アヘン戦争に次いで起きたアロー号事件きっかけに北京条約九龍半島割譲され、1898年に99年間の期限付きで新界という香港から見て内陸側の多くの島を含む広大な租借地を得たのである新界香港総面積の約90%もあるのだけど、どうして99年間なんつー妙に半端な租借期限だったかと言うと、中国読みで9は「久」と読み、永久に租借するという意味だったらしい。馬鹿げていると思うなかれ、これは事実である。もちろん毎度の如く不平等条約から永久無料レンタル・・・の筈だった。

 

この新界の租借期限が1970年代になると英中両国が気掛かりになってきたわけだけど、実は第2次世界大戦中に一回、中国国民党の蒋介石が仲の良かったルーズベルト大統領を通じて香港を返して欲しいと頼んだことがあった。しかしあの頑固な英国首相チャーチルは返さなかった。そして大日本帝国に一旦奪われてしまう。この時チャーチルが「ええよ、返したるわ」つってたら、戦後、すぐに中国領土になっていたのであるチャーチルってどこまでも歴史にでかく介入しよるやっちゃなぁ。チャーチルがいなかったら歴史どうなってたんでしょうね?

 

で、時は1970年代香港を仕切っていたのは、英国から派遣された第25代香港総督クロフォード・マレー・マクレホースだった。この人、香港人にものすごく評判が良くて、かなり真面目な人だったらしい。英国人の官僚を減らして香港人の公務員を増やしたりしたこと評価を高めたんでしょうかね。そしてめっちゃ真面目だったがゆえに、元々「永久租借」の意味で99年租借だったのに、クロフォードさんはくっそ真面目に、この99年があと20年くらいで期限を迎えるからヤバいと思ったらしい。実は、イギリス本国ですら香港は返さなくていいと思ってた。そもそも香港島と九龍半島割譲されてるし、新界なんて、今でこそめっちゃ開発されてるけど当時はほぼ原野だった。中国共産党は香港を回収する意志はあったが、1960年代中頃にポルトガル割譲地だったマカオで起きた暴動の際に周恩来香港に対しての気遣いなのか「香港はすぐには回収しない」と述べた程度の認識だったようだ。で、クロフォード総督中国共産党に「そろそろ期限が迫りますのでお話しませんか?」つっても、その時もまだ「いずれ香港を回収する」と表明した程度だったからあまり深刻には考えていなかったように思われる。でもまぁそんな感じで、この新界の租借期限問題が動き出したのである

 

そして1970年代から開放政策を取っていた中国と、英国財政経済問題に苦しんでいたサッチャー1982年に英中首脳会談中国で行うことになる。中国総書記現代に至るまでの市場開放路線を築き上げた鄧小平であった。そしてサッチャー中国と仲良くなって経済取引でいい思いしたいなと、新界返還問題お土産にと切り出した。ところが、鄧小平マーガレット・サッチャーの一枚上手だった。「おたくらね、そもそも香港島と九龍半島軍事力で奪い取った国際法違反やないですか。それも返すのが筋ではないんちゃいまっか?」。ったく痺れる交渉ですねぇ。どうして日本北方領土問題竹島領有権問題を上手く外交カードに使えなかったんでしょうね。まぁいいや。

 

ともかく、これに鉄の女宰相サッチャー、というか英国フォークランド紛争の戦勝気分もあって応戦しようとしますが(そもそもぶんどった領土から返す筋合いはない)、鄧小平の方が上手。「いやー、別に返さんでもええんでっけどな。せやけど食料とか水とか、香港中国からもらってまんねやで?」と脅すのであった。これにはさしもの鉄の女サッチャーも降参。それに、香港なんざ、別にくれてやったって英国には特に何の問題もないし、めっちゃ遠いし管理ももうめんどくさいし、経済取引でいい思いしたいし、会談成功で仲良く握手して写真撮ってもらって歴史に成果を残したい・・・かどうかは知らんけど、1984年、英中共声明に至り、香港中国返還は遂に決定したのである

 

但し、香港声明当時も既に世界金融などの巨大なマーケットを持つ中心都市の一つであり、政治体制も全く異なるため、すんなり中国共産党の世界に組み入れるというわけにはいかなかった。いくら何でも中国だってそれくらいは理解していた。中国自身だって未知の世界であるしかし、ここでも鄧小平頭脳は冴え渡っていた。台湾問題自身が言っていた一国二制度にする、というのである。つまり香港中国領土とはするが、外交などの重要な部分を除き、香港特別行政区として自治をしていいと言うのであった。後のことは社会だってどんどん変わっていくから50年後に考えようと。

 

香港市民としては英中共声明には落胆半分だった。そんなに変わらないなら別にいか、という人々と、自由が奪われると危惧して落胆した人達とが入り混じっていたのである。そして、本気でヤバいと思った人達1997年返還を待たずに国外脱出をし始めたのだった。喜んだ人はほとんどいなかったと聞くが実際どうだったかは知らない。ともかくも、香港市民不安と落胆が入り混じった状態で、香港返還へのカウントダウンが始まって数年後、予想だにしなかった大事件が起きた。あの中国ではその言葉すら禁句とされる「天安門事件である

 

うっはー長くなったからもうこれでおしまい。続きは書くか書かないかはしらん。でも歴史ってめっちゃ面白いと再認識した。書いた内容の正確さは保証しない。面白表現たかたから色々想像を加えてあるのでご注意を。

anond:20200707194930

そもそもなぜ香港中国返還しなければならならなかったのか、よくわからないんだよね。

歴史の授業では、アヘン戦争後の南京条約香港割譲のことを習った。

清国英国に対して香港島を「永久割譲したわけだから別に返還する必要も無かったわけでしょ。

しかし、現実問題として中国返還してしまったわけだから仕方が無い。

今後、アメリカ軍北京占領して中国全土を民主化すれば、香港民主化されるわけだから同じことだし。

2020-06-10

anond:20200610092857

1:侵略

 そもそも中国は明確に、地政学的な意味での勢力拡大を狙っている。

 一帯一路も、アフリカ経済進出も、インド洋あたりで周辺国とモメでても開発するのも、全部同じ発想。

 そもそもかの国はアヘン戦争あたりからずっと海洋的に押さえつけられていて、そのせいで発展が遅れてたところがあった。海洋的に押さえつけられているっていうのは、香港台湾日本軍事的拠点があるせいで自由に出れないって意味ね。いま中国はそれを脱出して、改めてシーパワーを確保しようとしているようだ。

 軍事的占領国際的に認められないからだとか、そんなこと思ってたら滅んだ国ってわりと歴史に出てくるしな。他の手段もありえるし。増田みたいに、相手はやれないからやってこないはず、なんて考えでいるのはたぶん危ういよ。(流石に何やってくるまではあてられるわけないけど)

  

2:近さの順だから

 先述した通り、これは地政学の話なので、たとえ侵略軍隊によるものじゃなくても、考え方は軍事に寄ったものになると思う。軍艦中国大陸から沖縄に向かっていってボンボン戦争している最中台湾から船がきて挟撃されたらいやだよね。

 

 

これは俺の理解なので、間違ってたらだれか教えてくれろ。

でも地政学の話だってのは間違いないと思う。日本では戦後地政学って発想が軽視されてきたせいで、ネトウヨしかそういう知識が無かったりする、なんならそういう話するだけでネトウヨあつかいされがちなんだけど。やっぱり基礎教養の一つではあると思う。

2019-09-02

アヘン戦争

林則徐と言うつもりで、間違って藺相如と言ってしま

2019-08-15

anond:20190814173402

twitterとかfacebookで書きたくなかったのでこっちで書く。

自分立ち位置としては


ちなみに「中国本土 = 大陸」と今後表記します。

台湾香港の人は「大陸」「大陸人」と呼ぶのでその方が自分の中では書きやすい。

香港デモ情報の集め方

https://www.facebook.com/hk.nextmedia/?epa=SEARCH_BOX

  • RTHKも進められたけど、liveまりやってない気がする

https://www.rthk.hk/

https://twitter.com/search?q=%E9%A6%99%E6%B8%AF&src=recent_search_click

https://s.weibo.com/weibo/%25E9%25A6%2599%25E6%25B8%25AF

そしてこのweiboの方が「大陸の人が見れる世界」だ...

------------------------------------------

・なんでデモ起きたの?

ざっと

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-48618554

https://toyokeizai.net/articles/-/297263

この辺読むとわかりやす

遠因が多く....

・逃亡犯条例撤回しない件

・林鄭月娥(キャリーラム)が信用できない

そもそも香港行政長官は「いわゆる普通選挙」で選ばれてない

行政長官の退任は中国中央政府メンツ問題で許されない

とかの長官ダメじゃんとか政治ダメじゃんって話と

弾圧方法おかし

警察デモ隊に潜入とかしている

そもそも警察ヤクザ(黒社会)に協力してもらっているように大半の香港人が感じている

ヤクザを雇っているのは中国中央政府だと信じられている

・実際に中国公安とかも香港に来て取り締まりを行っていることも事実

警察事態のやり方も、地下鉄ホーム催涙弾打ち込んだりとか至近距離ゴム弾撃ったりとか、並のデモ鎮圧方法では無い

そもそも逃亡犯条例だけ切り取ったら普通なのになんで怒るんだ?

・多くの大陸から見たら「いや普通のことだろ、俺らの法律と同じで扱うわけで」と見える

香港台湾から見ると「今まで普通暮らしてた人が政治犯としてしょっぴかれる可能性がある法律」に見える

・実際しょっぴかれた人が数年前に出ており、香港人は皆覚えている https://twitter.com/hashtag/%E9%8A%85%E9%91%BC%E6%B9%BE%E6%9B%B8%E5%BA%97

・そうでなくとも文化大革命とかで大陸から逃げてきた人が親・親族に居る香港人は多数。中国政治に対して良くない印象しか持てない

・そんなことは香港台湾にある程度詳しい人ならわかっており、中国中央政府が把握できていなかったというわけにはならない

香港中国なの?

・法的には「YES」だが、イギリスから返還後50年は「一国二制度」を保つということになっている

大陸の人はメディアの影響もあり「香港中国の一部」と思っている人が多い(そうじゃないと思っている人はごく少数。ウイグル族とかは知らん。)

香港の人は「国としては中国なことは認めるがアイデンティティとして香港人」となっている

・50年かけて(つまりあと30年ぐらいかけて)なんとか「色々と」進めていく、という玉虫色政策現在の状況

香港未来永劫中国領土、とか大陸人が言い出すからさらに話がややこしくなる... じゃぁどうして過去香港島はイギリス領土だったのか説明してみろよとか思う

そもそも大陸は悪なの?

・さすがにそれは無い。悪人しか居ない国なんか無い。北朝鮮だろうが戦前日本だろうが「国が悪」という意見には私は賛同しない。

ウイグル人弾圧とか、一部の宗教への弾圧が善とはとてもいい難い。しかアメリカ日本で同じことが本当になされていないかお前ら言い切れるのか?少なくともアメリカイラク言いがかり付けて戦争して侵略しとったぞ?アブグレイブ刑務所とかあったやろ?

そもそもなんで香港一国二制度に?

悪名高きアヘン戦争イギリスが奪い取った所からしかも100年借りるという名目半島側を「借りた」

香港島側とかは「借りた」場所ではなかったことになっており、返却の義務はなかったが当時の中国政府が強烈に変換を求めてイギリスが受け入れた

ある意味イギリスは「香港を見捨てた」と言えなくもない

返還後50年は一国二制度、という玉虫色解決策はまぁ間違ってなかった気はする

・んで台湾は?

・今回のデモを見て、大陸を怖がっている

・なぜなら台湾のほうが「反大陸」の文化が根強い。国連での台湾いじめとか露骨中国はやってたし

・にもかかわらず「香港式の一国二制度での統一」が現実的じゃないのか、という話も出ていた

・この状況で「やっぱこうなのか」と思わせる取り締まりぶりがメディア報道されてしまっている

・なんでそこまで中国は強行するの?

一言で言うなら「文化の違い」。日本だって学生運動とか安田講堂とか革マル派とかを取り締まってたのはそんな昔じゃない

大陸一般人からすると「いやだって反体制派が取り締まられるのは当たり前やろ。日本だってそうだろ?」ぐらいの感じに見える

・「香港人は西欧洗脳されて騙されとる」ぐらいに思っている

あああああああ

もう終りが見えねぇ

いくら書いても書き足りないがtwitterとかでこういうこと書きたくないんだよ。

書いたら香港から大陸からも「お前は何もわかってない。どっちの味方だ」みたいな話しされるのも嫌なんだ。

ただ一言俺が言いたいのは「アホの行政長官をとっとと理由捏造して更迭してでも事態の早急な解決を図らなかった中国中央政府失策だ」と思う

体調不良だろうがスキャンダルだろうがなんかで更迭して、適当に話をウヤムヤに一度戻すとかなんかできたと思うんだよ。

第二の天安門みたいな話は勘弁してくれ!

強硬策を取ったら、台湾との中国統一とかが遠ざかるんだから中国中央政府にとってもマイナスやんけ!

あと一部の大陸の人も一部の香港の人もお互いに憎み合うのはヤメレ

どうやって解決していくのかの話し合いを市民レベルでは行ってくべきだし、罵り合いは結果を生まない。

2019-06-30

多くの社会問題事情を知れば「しょうがない」で片付けられる事である

ジプシー差別ユダヤ人差別韓国併合男女差別

大体俺らが聞くのは表面だけだから、そういう差別の話を聞くと「酷い!直さなきゃ!」って思って、外から色々言ったりする。

例えばジプシー差別ジプシー文化として家を持たず、ただそこに居るだけで迫害されているように日本では聞くけど、

実際の現地に行くとほぼヤンキーと変わらず、スリ万引き犯罪に手を染め、レイプもする。そこで反抗したり、取り締まるとそこだけトリミングされる。

ユダヤ人差別も、実際1900年代、それ以前から莫大な富を独占し、インサイダー地元企業潰し、恐慌を起こして空売りしたりして嫌われていたわけだ。

韓国併合も、実際は将来的な共栄圏の中で、西欧とは違う、ある程度のナショナリズムを残すためにハングルを見つけて普及させたり、

学校に行けない子供の為に国が予算を出して、階級制を無くして飯も行きわたらせるようにしたわけで。

男女差別も、実際は戦争仕事資本主義の面倒な部分を男に押し付けて、それによって男は地位を上げた所があって、

そういう実際の事情を知ると恐らく多くの人が「しゃーないな」で片付けられてしまうし、今までそうなってきたんだよな。

でも同時にしゃーないな、で片付けると、何もしていないジプシーやただ真っ当にやってきたユダヤ人日本ではなく一国として認めてほしい韓国人

「面倒な部分」を担当して武功を上げたい女、資本主義に潰されそうで別の道に活路を見出したい男なんかは救われないわけで

結局そうやって表面を切り取って民衆扇動する必要があるのも「しゃーないな」って思ってしまう。

その一方で「差別肯定する」一因となるような、ジプシーユダヤ人による被害者は一生救われないわけだよね。

世の中には黒人差別とか、アヘン戦争とか、先住民狩りとか、「しゃーないな」で済まされない、本人たちもやべえな、と思いつつやっちゃってるものもあるから

そういうのは潰すべきだし潰されてきたんだろうけど。

現代は誤魔化すのが上手くなったり、どっちが正義か悪かわからないものが増えて、確実に善悪判断する難易度は高くなってる。

以前のような「絶対的正義」ってのが無くなってると思うんだよね。というより、そもそもそんなものはなかったけれど。

寧ろ、アベンジャーズとか見てても「ヒドラ」とかいアメリカが恐らく正義っぽかったころの悪をずっと引きずって、

うそ状態クリストファー・ノーラン版のダークナイトみたいに「悪が居なきゃヒーローになれない、ヒーローが悪を生む」事になってしまっている。

理想は「被害者」も「加害者」も、そして「加害者の中の被害者」も救おうとする事が必要なのだけれど

「完全な被害者」でないとめんどくさいし救いたくない僕らにとって、それは無理な願いなんだよね。

国語の論説みたいに、「一人一人が意識をもって社会問題について勉強し、根本的に解決する姿勢必要だ」

なんて言うのは簡単だけどムリなわけで。物事二項対立しか見ない「正義」を偽善者として叩けば解決しそうな気もするけど、それもまた偽善者として処罰されるわけで。

トロッコ問題」で二つの選択肢、誰を殺すかってのがよく議論されるけど、実際の社会、そのトロッコは何処に向かうのではなく、環状線のように同じところをぐるぐると回ってるわけで

そのトロッコ自分を轢く前に寿命が尽きるのを願うしかない、そんな絶望的な営みの中で生かされているのだと思うとなんだか悲しくなっちゃうよね。

2019-04-15

anond:20190415021127

これ、納得だな。

アヘン戦争の話だけ見ても社会がぶっ壊れるだけのポテンシャルあるのわかるでしょ

「体に悪」いということは社会にとって良くないと分かりそうなのに、そんなことも分からない人はそんなに多いのかな?

 

さて元の増田の一箇所気になったので。

https://anond.hatelabo.jp/20190415020050

日本国憲法第二十七条一項は、「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う」としている。

anond:20190415020050

アヘン戦争の話だけ見ても社会がぶっ壊れるだけのポテンシャルあるのわかるでしょ

2019-03-29

1945年日本敗戦負債は今も続いている

 

日本敗戦アメリカ属国になっていなければ、日本人が日本を取り戻すための運動は起きなかった。(1960年代1970年代日米安保闘争など)

日本近代史省みると、日本の失敗は、鎖国から開国に転じるとき国家体制に不備があったことが分かる。

 

他国には天皇がいないけど、それでも人間は生きていける。

天皇税金生活する公人ではなく、私財で生活する私人に戻っても、日本人は生きていける。

 

公武合体の代わりに、今なら日本大統領職を新設すべきなのだろう。(大統領現代将軍に相当?)

新しい時代日本は、明治維新以来の失敗を克服して、大統領共和制へ移行するべきではないか

それなら、日本宗主国であるアメリカ了解も得られるのではないか

2019-03-18

anond:20190318105217

なら自分たちの間だけでヤクを回したらどうだ?

他国麻薬を売るってのを「生計を立てるため」って言われても(´・ω・`)知らんがな

アヘン戦争したいのかな

2019-02-16

anond:20190216201904

イギリス香港中国に99年で返還した。

アメリカ日本戦後99年経ったら返還すべきだろう。

いくら戦争で負けた責任を負わされているとはいえ、100年以上も日本在日米軍居座り続けるのは、図々しいと言わざるを得ない。

韓国北朝鮮イギリスならい日本に対して謝罪と賠償要求するのは、戦後100年までと割り切るべきだろう。

 

香港返還(ホンコンへんかん)とは、1997年7月1日に、香港主権イギリスから中華人民共和国返還、再譲渡された出来事である

1842年の南京条約(第1次アヘン戦争講和条約)によって、香港島が清朝からイギリス割譲された。さらに、1860年北京条約第2次アヘン戦争アロー号戦争)の講和条約)によって、九龍半島南端割譲された。その後、イギリス領となった2地域緩衝地帯として新界が注目され、1898年の展拓香港界址専条によって、99年間の租借が決まった。以後、3地域イギリス統治下に置かれることとなった。

2018-10-28

anond:20181028002846

アヘン戦争の影響と、あと大麻判断力低下の他に確か統合失調症を起こす副作用があって、統失が街中に増えると全ての社会階層に不幸をもたらすので、その辺が理由かなぁ

2018-09-29

lalaland見てたら出てきたShanghaiedという表現

You got shanghaiedって表現が出てきて、騙されるって意味らしく笑った。

アヘン戦争の時の語句らしい。

2018-09-05

マナーを売り歩いている人間は皆殺しにしよう

ウィルスをばら撒いてその特効薬を売り歩くような商売をする奴らをのさばらせてはおけない。

奴らがしかけているのはアヘン戦争だ。

許すな。

殺せ。

先進国の意地を見せろ。

2018-08-18

anond:20180817190057

脳内麻薬で国は滅びなかったでしょ、むしろ子孫繁栄には必要では?

麻薬が取り締まられているのは、国が滅びるからだよね。アヘン戦争満州国の腐敗を知らない?映画でも、エピソードがあるよ。(ラストエンペラーさらば、わが愛/覇王別姫

半島国やら中南米で、大国庇護下の元で麻薬作ってるって、ちょっと不思議な話ではあるのだが。

2017-10-18

anond:20171018194218

いや、毛沢東成功したのは知ってるよ

ただ漢民族文化を終わらせたという汚点の方がデカいと俺は評価してる

国家って現実の力だけじゃなくて歴史も重視しないと駄目なんだよ

永遠の汚点になるからアメリカ原爆しかイギリスアヘン戦争しか

2017-10-03

https://anond.hatelabo.jp/20171003214556

いいなあ。それ。そしてその後はアヘン戦争みたいな展開になる気がする。

2017-05-25

近世中国ってアヘン戦争日中戦争南京大虐殺だとかいいとこなしだったけど やっと眠れる獅子が目覚めたんだなあ

2017-02-07

http://anond.hatelabo.jp/20170207223033

面接とかで取る入試制度を取ってる大学もあるよ。全部が完全にペーパーテスト大学はかなり少ない。勿論難関大学でも私立はそうだ。

まあ、ほぼ合否に関係ない名目上の書類提出とかは勿論そういう入試形式でも有りうるけど。

しろ今の入試制度は、ペーパーテストだんだん軽視されつつある。

一般入試こそペーパーテストだけど、他の形式の占める割合が大きくなってきている。

僕も昨日今出川大学を受けてきたけど、私立入試は何回設けれるから「一発勝負」じゃないし。

地元で受けれるから負担も昔より減ってるし。まあ僕もちょっとあとにはW大受けるため新幹線を使わないといけないわけだけど……。

ただ、学問を学ぶ意義もないのに最難関大学就職のために行くってのが問題だってのはとても良く解る。

例えば論文高校生のうちに、仮に稚拙ものであっても「意欲」が図れるようなもを書く風習があったほうが良い気はしたし僕もそれを活用して大学を目指しただろう。

あとまあ国公立だとチャンスが限られてくるってのもアレかもしれん。


しかし、面接などで「意欲」を図るのは、ペーパーテストなどよりもよっぽど真の力が図りにくい。

時間に渡る試験でも図れないようなパワーを、数十分の面接でどうこうできるとは思えない。所謂コミュニケーション」出来るだけで、学ぶことの適性なき人間が有利になりかねない。

就職予備校は十分かもしれんが、学問を学ぶ場所としてのにそれはまずい。現状はペーパーテストが一番「マシ」なのだと思う。それを、推薦、AO特殊科目入試などで補っているのが現状だと思う。

なお、科挙廃止されたのは、アヘン戦争敗北から洋務運動・戊戌の政変などで「西洋近代化」が推し進められる中で、

科挙の出題科目は「儒学」であったことが、守旧的とみなされてなくなっただけのようにも思える。「古典を暗記して、解釈をする」だけが入試範囲だった。

今の入試は違う。どの科目も、なんだかんだ行って大学学問をやるには役に立つ。あと、科挙あくまでも「官僚採用試験」であり、官僚の適性を見るのが役目だった。それに古典しかないというのも問題だった。大学入試とは訳が違う。

まとめると、ペーパーテストはそれなりに合理的。回数を増やすことで、一発勝負不安定感も一応軽減している。

形式で、ペーパーテストで図れない力をみる入試もやっている。

それでもやはり、大学就職予備校とみなして、学問を学ぶためでないのに入ろうとする人達は困りものだしそういうのと学びたい人を分けることのできる仕組みはやっぱり存在したほうが理想ではあると思う。ただ、現実にはそれはとても難しい。

自分もまだ19歳、よくわかってないところもあるだろうけど、取り敢えず書き立ててみた感想ってことで。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん