「晒す」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 晒すとは

2016-12-03

幸せになる為に結婚するんじゃないぞ?

http://anond.hatelabo.jp/20161202172148

  

好きになった相手を守る為の選択肢の一つに結婚って制度もあるってだけの話だ

  

愛情は求めても手に入らない、与えれば廻り回って方々から返ってくるもんだ

お前らみたいに結婚生活独りよがり幻想抱いてる奴は絶対相手幸せにできねーよ

運が良けりゃ菩薩みたいな人間に拾われて幸せに暮らせるかもしれんが大半は菩薩の顔した詐欺師

騙されて裏切られて人間不信に陥って孤独に惨めな死に様晒すだけだ

  

2016-12-01

流行語大賞になった増田死ね

何なんだよ増田

日陰の存在じゃねーのかよ。

今日見事に流行語になったわ。

どうすんだよ注目されるじゃねーか。

うんこを漏らしてスパムしてホッテントリになってブクマ貰うだけだってのにユーキャンは何が気に入ったんだ?

何が流行語だよクソ。

増田伸びたはいいけど日本中報道されるからwって言ってて増田書くやつなんかいねーよ。

自演してもいいし荒らし対策もどうでもいいか日本中晒すなよ。

流行語の枠何無駄に使ってんだよ。

シン・ゴジラとかどうでもいいからまずは君が落ち着けとか選べよ。

どうすんだよ会社はてな流行るかもしれねーだろ。

ふざけんなユーキャン

流行語選ぶなら表舞台の選べよ。

流行語は選びたいけどネットのジメジメしたネタの方が伸びがいいんだよねーってそんならもう企画辞めろよボケ

ネタ増田産でどうすんだよ。

金があれば流行語に絡めるとか言ってるやつがゴマンといるけどうんこ漏らしてる連中がユーキャンに払う金とかないだろよ。

スパムしたりアスペ扱いしたり内輪で盛り上がってる増田見て普通ドン引きして採用辞めるだろ。

まじいい加減にしろ日本

2016-11-21

ゲイを隠しての生活

こちら19歳ゲイノンケとして生活してるが思うことをつらつら書いてみる。

ゲイについての考え

これは捉え方次第だと思うけど、自分場合マイノリティであることをむしろラッキーだと思うことにしてる。

世間でいわゆる”普通”とされること、例えば結婚子育てなんかは難しいし、挙げた2つは人生の中での一大イベントでもあるから、確かにそれを考えると辛いことかもしれない。まあでも、ゲイであることは変わらないから仕方ないよねって思ってあっさり割り切ってる。

今はネットゲイフレンドなんてたくさん探せるし、ゲイっていう共通点があるだけで普通な絶対会わないような人に会えることなんかは割と得な点なのかなあと思ってる。

仕草がでる

ゲイっていっても色々カテゴライズされてる(多分)わけだが、自分場合は”男として生きたい”タイプ。でも、いわゆるオネエっぽい仕草が出てるらしいんだよね。実際、自分は男っぽく振舞ってるつもりで自覚症状は無いんだけど他人からよく言われる。

自分みたいなタイプは実際多いらしいけど、本当にこればかりはなかなか直すことは難しい。意識してるものじゃないからね。思うに、日本場合ゲイ=オカマっていうイメージというか意識根底に持ってるから自分もそうなってしまったのかな?って思ってる。

カミングアウト必要性

ゲイへの認識を広めたいだとか、理解を深めたいとかいう人は別だけど普通の人は別に必要ないんじゃないかなと個人的には思ってる。正直リスクが高いのが問題。どんなに仲のいい友達、親だとしても”ゲイ”に対してどういう思いを持っているか、はたまた身近にいることを知ったらどういう反応をするかなんて予測することが難しいし。多分大概は受け入れてくれると思うんだけど、自分場合は逆にカミングアウトした後にその人が実際心の中でどう思ってるのかをずっと想像してしまうと思うんだよね。

あとは、ちょっと相手の態度が冷たかったりなんかしたときは、自分ゲイからかなあなんて全部に”ゲイから”っていう理由付けをしてしまって結局カミングアウトしたことを後悔なんてことになるんじゃないかなあと思う。

カミングアウト必要性について語ったけど、自分リスクが”全く”ないなら絶対にするだろうね。少しでもリスクがあるならしないけどね。

まあだからこそ、自分性的マイノリティだってことを堂々と公表してる人は本当に尊敬してるし、身近にそういう人がいるんなら前述したことを少し思い出してもらえたらと思う。

ノンケへの期待

大体ノンケからするとゲイは脅威というか襲われるみたいな意見が多いと思う。自分場合ゲイ友達が多いわけではないので一概に言うことはできないが、少なくとも自分場合100%無理だと分かってるから手を出すことなんて絶対にあり得ない。

実際小学生中学生くらいのときは「こいつ…、もしかして俺のこと…!?」なんて絵空事を考えていた事があったことは否定しない。大抵そういう幻想が打ち砕かれるのは、そいつがあの女優可愛いだの、クラスのあの子可愛いだの女の話をしてきたときだったのは割と覚えてる。

アニメ漫画なんかでは「お前も男が好きだったのか…!!」なんて話はあるけど、所詮は非現実のこと。10人に1人はゲイとは言われているものの、実際に身近にゲイなんて滅多に滅多に滅多にいない。そういうわけで、期待は全くしてないし手も絶対に出さないね

ゲイ同士の出会い

ゲイ同士が出会うことは実際簡単アプリを利用して出会場合が多い。

ただそのアプリが悩みの種なんだが、顔又はプロフィールでその人を全て判断するしかいかコンタクトを取ることがなかなか難しい。

大体顔が良くなきゃチャットすらもしてもらえないからね。ゲイを隠してる自分にとっては例えゲイしか使わないアプリだとしても顔を晒すのなんてリスクの塊すぎてハードル高いんだよね。でも載せなきゃ出会いほとんど無いわけだし…難しいわ。

あと、大体出会う=ヤるみたいな感じになってるところも悩みどころ。というか実際プロフィールにも「ヤリ目です」って堂々と書いてる人も多いんだけどね。自分は”恋愛”を楽しみたいと思う派だから、その点に関してはノーマルだったらなあと思うところではある。もちろん普通に恋愛してる人もいる。


まだ書き足りない気もするけど、眠いのでもう寝ることにします。

2016-11-20

自動運転の実現が待たれる」みたいなコメント

自動運転ができるまではこーいう事故が起こってもしゃーないな、という言い訳に使えてちょう便利

頭良さげに見せたいつもりで自分バカをおもっくそ晒すブコメゲイちょう受けるんですけど

北條リン物語

映画この世界の片隅に」を見てきた。

私はこの原作である漫画が不朽の名作であると思っていて、それを2時間の間口の広い映画として結実させた片渕監督は素晴らしいし、

映画は大変な傑作であるなと思いながらも、原作ファンとしてやはりどうしても白木リン物語割愛されていることが残念に思う。

そして、こちらのブログを読んで、ユリイカを買ってきて読んだ。


ユリイカこの世界の片隅に感想 【片渕監督の込めた「すず」という少女への愛】

http://www.club-typhoon.com/archives/8332896.html


短く綴られた理由にとともに

----

「そこをつくらないと話にならないよ」って文句を言う人が出てきて、また続編をつくれるかもしれない(笑)

----

という一文があった。

そうか、そうであれば存分に、めんどくさい原作ファンとして「話にならない!」と言わせてもらおうと思う。


以下、原作映画ネタバレどころか個人的妄想まで含まれるので、未読・未見の方は読まないことをお勧めします。


*****


すずは、絵を描く人である

基本的にはおおらかで、健やかな人であるけれど、少しぼんやり天然なところがある人として描かれている。


たぶん絵を描く人には同意してもらえると思うけど、絵を描くのが好きな人の一部は、現実自意識の間に透明のキャンバスというかレイヤーを持っていて、現実をそのレイヤーを通して見ているようなところがある。

それがない人と比べてほんのわずタイムラグがあったり、レイヤーおかしな働きのせいで見えている世界が違ったりすることがある。

ただ、それは彼女現実直視できないということではない、表には出さないがむしろ人一倍繊細に世界を感じる感受性を備えているのである。そのことは波のうさぎや白木リンとのエピソードなど、随所に現れていると思う。


そして、この物語の影の主役「白木リン」。

ほんの少し運命が違えば(具体的には周作の母が足を悪くしなければ)「北條リン」であったかもしれない女性である


周作はどうやら上官の付き合いで遊郭にあがりリン出会い、そして良い仲になった。ただ、おそらく身請けのための支度金の問題や、親族の反対にあい、そうこうしているうちに母が足を痛めたために、家に女の働き手がどうしても必要になった。そこで周作は「幼い頃出会ったあの女性であれば」と無茶を言ったのだと思われる。半分以上、探し出せなければそれでよい、という気持ちもあったのではないか

それがすずに対し後ろめたい北條家の秘密であり、何も知らずそれを受け入れるすずに対する周作の姉、径子の苛立ちの原因でもあっただろう。

径子は、おそらくそ性格からしてこうした企みに反対だったのだろうと思う。(映画の径子は本当に良かった)


結局のところ、原作においてその秘密はバレるのだが、すずは「代用品」であったことをただ心にしまう。

それはのちに明らかになる、すずにも水原に対して秘めた思いがあったことと対となっている。

けっきょくそれは周作とすずの初めての喧嘩、という形でお互いに秘密をかくしながら本音晒すという場面に行き着く。

それまでのすずはどこかまわりへの遠慮や壁を感じさせるところがあったが、それ以降、すずはリンに(周作がどうやらリンの嫁入りのために準備した)リンドウの茶碗を渡すまでに強くなる。この場面、そしてそのあとの桜の中のすずとリンは本当に美しい。


その後のリンとすずの交流は微笑ましくも緊張を孕んだもので、戦火が激しくなってくる状況と相まって本当に言葉にならない。家と家族をめぐる問答など、これらの場面はやはり2時間映画に収めるにはあまりに複雑で美しくも悲しく、どうやっても難しかったと思う。

ただここにこそ、この物語の奥深い、それでもこの世界の片隅に生きていかねばならない悲喜こもごもの、この物語の核があったのではないか


舞台である戦時の状況はより深刻になってゆき、やがて大きな悲劇がおきる。

映画はそこにフォーカスをあてて、話をわかりやすく整理している。それはおそらく興行として正しく、そして映画から原作へというルートを大きく開いているのだろう。それはおそらく、成功している。


ただやはり、原作読了したあとに、北條リン水原すずだったかもしれない「もしも」を思いつつ再読した時に感じた、大きな驚きと感動につながっている部分、それが映画にないことが、私はやはり残念でならない。


エンドロール原作に近しいコマ形式の紹介はあったし、おそらくそれは「ゼイタク」な話なんだろう。

ただ、私はやはり「この世界の片隅に」には白木リンエピソード必要で、文字どおりそれがないと「話にならない」と思う。


私はこの作品が大好きで、映画も素晴らしかった。この素晴らしい作品が、この世界にあってくれて良かった。

ただ、やはりこの作品映画から触れた人は、原作も是非読むべきだと思う。ぜひ、リンさんの強さと美しさに触れて欲しい。

まりですね、第二回クラウドファンディングまだっすか?

2016-11-19

http://anond.hatelabo.jp/20161119125051

そうなったらもう会社にかけあって

保育園なかったか会社で育てますっていって、会社に連れていっちゃえよ。

辞めないけど育てるって意地張って、

子供が泣いてるから遅刻しますとか、うるさいけど仕方ないのでおぶって仕事しますとか、

ゴリ押ししてしまえば、もしかしたら、会社対策を考えてくれるかもしれないよ。

子供がうるさいからクビだとか、子育てでちゃんと仕事しないならクビだとか言い出したら、

保育園もないのに会社サポートしてくれないって社名を出してネット晒すぞって行っちゃえよ。

会社がその気になれば社内で面倒を見るエリア専任なり交代制で見張る役割をつくったりするくらいできる。

もう、保育園がなくて仕方ないから、社員全員で子育て分担してしまえよ。

2016-11-18

デリヘルを呼ぶのがアート」なら「デリヘルを呼ぶのがアートだと考えてる男の家族や将来子供写真を展示会で晒すのもアート」だよね

家族子供がウンアートだねと言ってくれるならそれでいいんじゃない

2016-11-15

ジャニーズJr.ガチ恋して鬱病になった話

私はジャニーズJr.に本気で恋をしています。俗に言う本気愛、リア恋、ガチ恋的と呼ばれるやつです。ここでは、ガチ恋という言葉を使わせていただきます

イタいヲタクだってことはわかっています。ここからもっとイタいこと書きますし、不愉快表現がたくさん出てくると思いますので、ちょっとこいつ無理という方はそっとこのページを閉じてください(笑)



私の好きなJr.は、最近やっとメディア露出が増えてきたけど、基本的には舞台中心。好きになった当初は、彼に会えなくても雑誌や出ているテレビを見ているだけで幸せだったし、彼に会えると決まったら全ての景色ピンク色に見えて、とても幸せだった。彼に女がいるいないとか、同担への嫉妬とかも考えることなく、彼に対する気持ちガチ恋なのか応援というスタンスなのかどうかも全く考えることもしなかった。後にも先にも、彼が担当でいる限りその頃の自分が1番楽で幸せな時期だと思う。担当になって初めて会う現場を終えると、一気に欲が出てきて、彼が出てる全ての現場に1回は足を運ばないと気が済まなくなり、同じ現場を何回も行きたいと思うようにもなった。彼のことを全て知りたいし、私の知らない彼なんて存在して欲しくない、食べた物も行った場所私服も全て知りたい。そんな欲求が止まらない。もうこの時点で私は彼にガチ恋をしていた。

私は地方住みの大学生ヲタクなので、何回も現場に行くお金も無いし人脈も無いのでチケットも1枚手に入れられるかどうか。そんな状況の中で初めて出待ちというものに並んだ。彼を好きになるまでは超がつくほど純粋ヲタクで、舞台が行われることなんてないド田舎に住んでいるから、出待ちなんて文化ジャニーズにもあることも知らなかった(笑) 彼の列に並んでるとやっぱり私なんかより可愛い人もたくさんいる。彼の好みのタイプであろう方もいた。日によって違うけど、基本的には出待ちをしているヲタクの前で演説と呼ばれる自分プライベートことなどを話してくれる。テレビ雑誌では固有名詞を使えない場合が多いけど、出待ちではガンガン使ってくれるので少しばかりか彼と一緒にプライベート時間を過ごしているような気分になれる。だけど私たちヲタクはこれ以上近づくことが出来ない。出待ちをする度にその境界線を思い知らされて、泣きそうになる。それでも彼を1秒でも多く知りたいからやめる事はできない。

あと、ジャニヲタ文化には糧と呼ばれる掲示板がある。そこには色んなジャンルがあり、出待ちの内容が書かれている掲示板や、女ネタが書かれている掲示板など、私が先程書いた知りたいと思っていることの大半がこの掲示板に書かれている。でも、私は絶対掲示板を見ないようにしてる。だって彼は真面目な部類とはいえ、ジャニーズだ。遊んでいないわけがない。見てもどうせショックを受けてまともに生きていくことすらできないんだから死ぬほど気になるが見ないようにしていた。

同担拒否はもちろんある。現場には行けば同担全員が敵だ。舞台場合だと誰担なんてアイドルからすればわからいからそんなに気にならないが、コンサートととなるともう戦争。近くに同担がいるだけでもう無理だし、可愛い子だと尚更。同担全員滅びればいいのになんて思ってる。だけどTwitter場合だとちょっと違う。ヲタ垢でもフォローしている数よりフォロワーのほうが圧倒的に多いアルファツイッタラーという方が存在する。正直その方々たちは、誰担関係なく苦手だ。ジャニーズたちはTwitterエゴサをしているという話をよく聞くが、そういう方たちのツイートエゴサをすると比較的目に止まりやすいし、Twitter上でだが覚えてもらえる可能性も高い。大好きな彼もエゴサをしているかもしれない。そう考えると拒否反応が出てしまう。もちろん同担に対する拒否もあり、同担と繋がる時にはその人の過去ツイートを遡ったりして、年齢、住み、学生ヲタさんに多い「今日文化祭」「創立記念日休み」などのデータを使ってリア垢を探る。そのリア垢を見て、顔やスペック思想で繋がるかどうかを決める。やばいキモい。だからあんまり個人情報は呟かないほうがいいよ(笑)

あと彼と年齢が近い女性芸能人も苦手だ。特に女性アイドルなんてもうありえないくらい苦手。雑誌もそのページは破って捨てるか紙を貼って見えないようにする。

そして徐々に学校なんてやめて働きたい、彼に会うためだけに生きていきたい、そんなことばっかり考えるようになった。お金のためにキャバ風俗で働こうと思ったが、勇気は無いし実家暮らしなので諦めた。そこで私はチャットレディというものを始めた(ググったら出てくると思います笑)。とにかく稼ぎたかったので、実際に触られることもないし、脱いでいやらしい行為をした写真動画も撮ってそれで何とか10万円は稼いだ。そしてそのお金は全て彼のために消える。チャットレディのお仕事はとにかく苦痛だった。処女で誰にも見られたことないこの身体晒すのは精神的にキツかったが、彼に会えるならこれくらい我慢できた。その繰り返しを続けていた。

こんなことが続いていたある日、私はTwitterで「○○(彼の名前) チャラい」と検索をかけた。すると、「○○って彼女に一途だよねw」というツイート発見した。見たらダメってわかっているが、その方のツイートを遡ると案の定彼に対する女ネタが書かれていた。頭の中ではわかっていたがショックでもうどうすればいいのかわからなかった。私が勝手ボロボロになって彼に会いに行っても、彼に覚えてもらってるわけでもなく気づいてくれることすらなくただ見ることしかできない。この世に彼に愛してもらえる女がいるなんて信じたくない。私のものになってなんて言わないから、お願いだからのものにもならないで。「ジャニーズでも女を取っ替え引っ替えして遊んでいる人よりかは、1人の彼女を大切にしている人のほうがいいよね」という意見をよく見る。でも私はそうは思わない。一般の人なら私もその意見に同感だが、ジャニーズに至っては、彼に至っては逆の方が良い。色んな女がいるほうが、私もその中に入れるかもしれない。精神的にボロボロになりながら私が見ている彼は所詮虚像。わかっていたけどそんな現実は受け入れたくなかった。都合の悪い事は見ないようにしていたが、追いかければ追いかけるほど見たくないものほど見えやすくなる。

この件から私は体調を崩し、家族から心配されたが本当のことなんてどれも言えない。彼のことが好きすぎるのにどうすることもできない自分にいらついて夜も眠れない。いつの間にか泣いている。流石にこのままだと命に関わりそうなので、心療内科に行ってきた。全部話した。自分でもドン引きだわ。アイドルへの依存悪化して鬱病になったと先生に言われた。私の彼に対する気持ちは恋じゃなくて依存なの?というのが率直な感想だ。アイドル以外にも興味を向けれるように頑張ろうと先生は言ったが、出来そうにない。チャットレディはもちろん、今までしていたバイトも全てやめることにした。でも次の現場チケットはもう手元にある。でも遠征するお金が無いから、またチャットレディ始めるんだろうなぁ。

アイドルガチ恋している事実に気づいてからは、楽しいことより圧倒的に辛いことの方が多い。なんでヲタクやってるんだろうとつくづく思う。でもやめらない。麻薬かよ。辛い、とにかく辛い。今も現在進行形で恋している。もうこれが恋なのかもわからないし、それこそ依存かもかもしれない。鬱病にまでなってもまだ好きだし、この鬱病ってどうやって治せばいいの。

彼にとって来年は節目の年だから、退所する可能性が割と高い。退所してくれたら私のこの気持ちピリオドを打てるのかな。とか考えるけどそんなに上手い事はいかないだろうな(笑)

アイドルに恋なんてするもんじゃないし、誰かここから抜け出せる方法あったら教えてください。

http://anond.hatelabo.jp/20161115082046

いくらNHK制作はいえ、大手メディアトップ罵倒された場面が放映されたのは

明らかに川上氏がそれを了承したからだと思う。

画面では神妙な顔をしていたけれども、自分を上回る権威に叱られるところをあえて晒すことによって

彼が得たものも少なくないはずだ。

2016-11-13

日本で年間4000人以上が自動車事故で死亡している。銃も自動車も減れば減るほど安全になる。

http://anond.hatelabo.jp/20161112115107

国土交通省資料 平成26年 状態別死者数 

・1位 歩行中 1498人

・2位 自動車乗車中(運転手及び同乗者) 1370人

共に加害車両は、ほぼ100%自動車運転手及び同乗者の死亡も山ほどある。横断歩道歩道歩行者でさえ、死亡原因のほぼ100%自動車加害による。

まり、元凶である自動車を削減すれば重大事故も減る=地域から大事故が減り安全になる。

http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/sesaku/xls/data08.xls

交通刑務所懲役者のほぼ100%自動車運転手

自動車依存自動車中毒自動車乱用が減れば減るほど地域安全に。危険ドラッグと同様。

実名公開、顔の公開、懲戒解雇刑務所懲役につながる場合も多いのが自動車による加害、自動車交通犯罪

http://www.geocities.jp/masakari5910/satsujinjiken_kiken_chishi.html

大阪梅田自動車歩道につっこんで11人死傷の惨事

京都祇園歩道のない道路自動車暴走して20人の歩行者等が死傷した惨事

東京池袋自動車歩道につっこんで5人死傷の惨事

・他 http://greentoptube.hatenablog.com/

等もあり、このように、自動車は一気に、自動車運転手及び同乗者も含めたおおぜいの人命を危険晒すので、各国が特に都市部自動車削減・自転車活用拡大推進に注力している。

世界各国「重大事故削減と自動車公害削減、渋滞軽減の為に自動車への規制強化・課税強化で自動車を削減し、自転車を増やします」

http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/car/1461543122/

国民「クソ金食い虫な負債で死と刑務所直行な害物の自動車捨てるわ」

http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/car/1464430360/

自動車に乗る(運転する)のは終わりにしよう」  /毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20160726/ddl/k02/040/014000c

砂川自動車暴走5人死傷 懲役23年求刑 谷越、古味両被告

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0332048.html

刑務所から一生出さないで」 砂川5人死傷、公判で遺族

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0331032-s.html

2016-11-11

警察への相談告訴について教えてほしい

toggeterを参照して書き直して見た。

【】部分は私のコメント



1.聞きたいこと【元増田が聞きたいことが何かはいまいちよく分からない】

第三者自分に直接関係のないトラブル警察相談又は告訴できるか

・後述のAさんが警察に行ったという話は本当だと思うか



2.背景事情

あるゲーム二次創作において、ヘイト創作(注)がpixivなどに投稿され、これを嫌がる人、問題視する人が出始めた。

そこで、このゲーム二次創作において、ヘイト創作投稿に際しては、タグ付けや注意書きによってヘイト創作であることを明示して棲み分けをすることを提案する人達が現れた。



原作への不満を解消するためにマイナス感情を元に創作された二次創作作品。今回のケースの文脈では、自分の嫌いなキャラクター悲惨な目に合わせる創作も含む。



3.登場人物

Aさん:後述の警察相談したとされる人

Bさん:2ちゃんねるにおいて専用スレッドまで立っているモメサ(揉めさせたがりの人)。棲み分け拒否する人々が、棲み分け派の本アカウントだと根拠なく認定したアカウントの人(及びその人と同じサークルの2人)に対し、住所等の個人情報晒すなどの嫌がらせを続けていると主張している。【本件と関係があるのかはよく分からない】

元増田:【誰?】



4.Aさんの警察への相談

Aさんは、Bさんを「刑事告訴」しようと警察相談に行った、警察からは、「告訴」について、内容的におかしなところはないと言われた、などと述べている。

Aさんは、「証拠資料」を公開していた。



5.toggeterコメント欄でのやり取り

Bさん作成のtoggeterにおいて、BさんはAさんが公開した資料を見ても告訴できる材料はなく、告訴不可能だと述べていた。【toggeterは長すぎてどこで言ってるかは探していません】

これに対し、Aさんは、当該toggeterのコメント欄において、公開したのは警察に提出した資料全てではないと述べた。

これを受けてBさんが、「非公開の個人情報をAさんが何らかの手段で入手し、警察へ添付したということですね?」と聞くと、Aさんは、「いいえ、Bさんが自ら公開されていた個人情報をまとめました。警察も「違法性なし」と判断しています。」と述べた。



http://anond.hatelabo.jp/20161111101641

なんでチンコを見られた方が逮捕されるんだよ

チンコを人前に晒すのがどんなに恥ずかしいかわかってるのかな?

その勇気を称えるならまだしも逮捕されて運が悪ければ全国に実名報道されて社会的抹殺されるだろう

まさに出る杭は打たれるとはこのことだな

珍しくよっぴー氏の主張に全面同意できない

初めに断っておくと、僕は広告業界の端っこの方で生きていて、そしてよっぴー氏の大ファンです。

http://yoppymodel.hatenablog.com/entry/2016/11/10/111014

の件について、ファンの僕にしては珍しくよっぴー氏の主張に全然合意できない、というか氏の主張に明確な誤りがある、と感じたのでまとめてみました。





【誤認その1】

広告業界エラい人たち、よっぴー氏の言葉を借りれば蹴鞠おじさん、たちにとって「ライター」が「公共の場」でつぶやいた<「ネイティブ広告ハンドブック2017」が取扱説明書レベルに読解大変で涙です>というツイートは、「もっと読みやすしろボケ」というクレームとして捉えられた可能性が高いです。よっぴー氏はその後の藤代氏とのやりとりに付記して<「素人でいい」なんて誰も一言も言ってないし、「わかりやす説明しろ」も誰も一言も言ってない。>と語ってますが、彼らにはそうとしか読み取れないのです。

なぜならばこの人達世代的にも階層広告業界における商流上位のレイヤー、あるいは研究者という意味です)的にも、「仕事上の愚痴カジュアルツイートする&万人の目に触れさせる」文化に生きていないからです。たぶん彼らは、「は?じゃ、わざわざ公然ツイートしないで日記帳にでも書いとけよ。分かりやすしろって強制したいから公開してんだろ?」と捉えていると思われます

どちらが正しいとかではなく、両者に間に横たわっているのは、おそらくデジタルデバイドしかありません。よっぴー氏はこの誤解に対して「書いてもないことを勝手解釈してケンカ売ってくんじゃねえ」と憤ってますが、一人さみしくつぶやいたならともかく、公衆の場でさらす、というアクションを経ている以上、読み手曲解にも相応の理由があると考えるべきではないかと思います。あと、蹴鞠おじさん達が「ライターともあろうものが、自分の読解力不足晒すとは何事だ」文化に生きている点もあるでしょうね。これもどちらが正しいとかではなく、文化圏が異なるとしかいいようがない。

要するに、この点においては双方に優劣も正誤もなく、互いに差異認識すべきだけ、のように思うのです。先に殴ったのはおじさんたちなので、その点は擁護しようもないのですが、殴り返しちゃったら同じじゃないですかね。




【誤認その2】

高広氏がよっぴー氏に投げかけた一連の内容を、単純な「いやらしいおっさんマウンティング」と捉えているのも事実誤認です。

なぜなら、この振る舞いは、優越感ゲーム手段ではなく、むしろ彼らの「メシのタネそのものからです」。デザイン文章といったアウトプットに対して、属人的価値付与して、単価と受注率を上げ、競合を蹴り落とす戦略的行為です。ちなみに、自分広告業界の隅っこで生きているので蹴鞠おじさんにはよく遭遇するのですが、彼らはあまりにもこの行為自然にこなすので、自分優越感を搾取相手不快を強いている自覚が、実は無いんじゃないかなと感じることがあります

もちろん、これらの行為批判されるべきではあるのですが、少なくとも「蹴鞠」ではないと思うんですよね。広告人としての生存をかけた削り合いです。蹴鞠おじさん、という語感が良さすぎるので引き続き使いますけど。



また、おじさんたちの蹴鞠的な振る舞いが広告業界ダメにした、というよっぴー氏の批判も乱暴に感じます

蹴鞠おじさんたちが、彼らなりに意識を高く持ち、マクルーハンを学んだりしながら、一定以上のクオリティアウトプットしてきたのは事実です。一方で、あまりにも参入障壁が下がり、ゴミのような広告を撒き散らし、単価を下げ、まさに悪貨が良貨を駆逐するようなネット広告の現状を鑑みるに、正直「マクルーハン読んでない奴が広告作るなよ」といった視点必要悪のようなものではとも思います参入障壁はむしろ上げるべき、というスタンス自体は悪いものではないはずで、業界全体がその方向に舵を切らないのであれば、個々の業界人としては高広氏のような振る舞いを取らざるをえないのではないかと思います

ま、とはい蹴鞠であってはやはりいけない。貴族的な内輪遊びではなく、きちんと資格化でもすべきです。マクルーハンも「ネイティヴ〜」も体系化して資格試験を設置し、ステマ優良誤認に加担した広告人から資格剥奪する、とかの方が、少なくともネット上はキレイになるかと思います





最後に。

個人としては、よっぴー氏は今、日本で最も力のあるライターだと思っています。あれだけ尖った面白さを担保しつつ、誰も傷つけずに商品価値を高めるコンテンツを作れる能力は、まさに余人をもって代えがたい。旧態然とした広告業界からは、彼のような素晴らしいライターは出てこず、僕たちは未だに蹴鞠おじさんたちのキャッキャウフフを見せられてるかもしれない。

しかしどうなんでしょう。よっぴー氏や彼に比肩するライターが何人いようとも、「障壁が下がったから参入してきたネットライター」とくくってみれば、そのクオリティはあまりにもひどい。「売れればよい」「注目を集めれば良い」「検索に強ければ良い」といった、ゴミのようなコンテンツが多すぎる。独善的はい職業的矜持を持つおじさんたちが作るものの方が、どれほどマシか知れません。

ゴミ溜めの中から燦めく才能が発掘される様は痛快であっても、撒き散らされたゴミ臭いのです。まして、ゴミを撒き散らかしている人たちが、それで食べていけてるならガマンしますけど。

http://b.hatena.ne.jp/entry/yoppymodel.hatenablog.com/entry/2016/11/10/111014

はてなブックマーク - テクノロジー - ネイティブ広告ハンドブックと広告業界の「蹴鞠おじさん」について - ヨッピーブログ

マーシャルマクルーハンは「メディアメッセージである」「人間拡張」「メディア法則」といった今日に至るメディア論の基礎となる理論提唱した批評家、そして英文学である

彼の著作である人間拡張原理」「メディア法則」は、ヴァルターベンヤミンの「複製技術時代芸術」やウォルターリップマンの「世論」とならぶメディア論重要文献であり、彼らはメディア研究に関する学部所属する学生がまず初めに名前を拝見することとなる人物である

知らずにメディアを語るのは恥ずかしいが知っていても決して自慢にはならない、マクルーハンはそんな存在である

強いていえば日本プロ野球界における長嶋茂雄だろうか。

ちなみにアニーホールに出てるんだって




メディアメッセージである

メディアというと僕らはついマスメディア連想してしまうが、ここでいうメディアは「媒体である

マクルーハンメディア論媒体、つまり直接関係のない複数事物を繋いで作用させるもの全般に関する論理なのだ

それまでメディア運送ダンボールのようなものでそれ自体意味はないとされていた。

メディアという容れ物に収められた内容にばかり注目していたのである

しかマクルーハンメディアのものから人は情報を読み取ることを指摘した。

中に入っているものが同じでもAmazonダンボールみかん箱かで印象が変わるように、

同じメッセージでも発信元が違えば意味合いが変わってきたりするということだ。

人間拡張

ざっくりいうと人間五感認知運動能力メディアの力によって拡張されるということ。

例えば新幹線という交通媒体を使えば3時間半で東京から大阪まで移動できるし、

こうしてweb増田を使えば駄文をとてつもない数の人々に晒すことができる。

それもこれも生身の人間だけでは不可能なことであり、メディアによって拡張されているからこそ為せる技なのだ

しか拡張をすれば元々使っていた身体機能活動に関与する度合いが低くなり終いには身体機能を切断(抑圧)してしまうという所までがマクルーハンの持論。

メディア法則

拡充

そのメディアは、社会人間生活のどの側面を促進したり拡充するのか。

衰退

そのメディアの出現前に支持されていた(あるいは傑出していた)どの側面をかげらしたり衰退させたりするのか。

回復

そのメディアは何を衰退の影から回復させたり再び脚光を当てたりするのか。

逆転

そのメディア自然に消えたり可能性の限界まで開発されたりするときに、何に逆転したりひっくり返ったりするのか。

http://mediaresearch.blog.jp/archives/1807983.html



もうマクルーハンという名前なんて何年も聞いたことないような人間が寝ぼけ眼で書いたものなので突っ込みは勘弁ください。

2016-11-06

ネットにおける平日昼間民主主義危険性について

インターネットやばい

はてなしろ2chしろ、00年前後ははわりとぽわぽわしてて礼儀正しく、害があっても広がりにくかったし、各ポータルサイトゲスさは無かった。

2ch便所の落書きと言われてはいたが、馴れ合いによる相互承認や、情報を求める意識を持った参加者たちで良い空間を作ろうみたいな意識もあったし、クソくだらないジャーゴンオマエモナーなど)を共有して生まれるゆるい一体感もあった。



今はそうではない。



陰湿で、攻撃的で、快楽主義であり、セクト意識裏切り者を許さない)はあるけれど共同体意識助け合い相互承認)はほぼなくなった。

2chで「氏ね」ではなく普通に死ね」と使われ始めて久しい。もうみんな心のブレーキがなくなっている。

2chはてブコメント辛辣になっている。

ネットは「叩くことで上に立ったかのように振る舞う、安上がりな自己欺瞞他者へのアピール」でありふれている。

中には「叩くこと」への快楽に目覚め、それを目的化し、それを正当化するための言い訳としての「誰かの失敗」と「正論」を求める人もいるように見受けられる。



なんでこんなになっちゃったんだろう?



被害者ぶる気はない。僕も加害者の一人だからこそよくわかる。

平日昼間の言論空間ネット平和破壊したのだ。



ネットは真昼に炎上する。



00年代頃はまだ限られていたインターネット利用者だが、格安ブロードバンドで普及を見せ、その後スマホを介して国民ほとんどがネット参加者になった。

社会に出て一生懸命働いている人たちや真面目な学生は平日昼間にネットに入り浸ることは少ない。

平日昼間のネット支配しているのは、無職ニートである。その中で暗い要素を持った集団を抜き出すと「仕事にあぶれて苛立つ求職者」「世の中を諦めた世捨て人無職」「登校拒否の延長の引きこもり」「うつ病神経症統合失調症といったメンヘル」「発達障害などで社会適応できなくなった人たち」「終わらない家事と身近なストレスで心の許容量が狭くなった鬼女」「世の中舐めてる陽キャのニート」「レールからそれて戸惑っているニート」「世の中に喝を入れたいリタイア組」・・・。まあ、とにかくたくさんいるわけである


もちろん、悪意のある抽出であり、心のきれいな方々もたくさんいるのだが、悪貨は良貨を駆逐するものだ。



そういった人々は暗い感情や怒りを、炎上快楽で気晴らしするのである。いわばweb放火魔だ。

火を生み出す力の喜び、何かが燃えていく光景を見つめる陶酔、生贄を取り囲む祭りの高揚感・・・

彼らは毎日ネットに入り浸るうちに中毒になり、炎上目的化する。



また、中には承認の場をネットに求める人も出てくる。


ニコニコ黎明期のようにクリエイティブな方向で承認を求めていれば平和だったのだが、今のニコ生DQNのほうが受けやすい。

はじめしゃちょーヒカキンみたいな発想力とパフォーマンスを持っているわけでもない人たちは、過激な毒のショッキングさで目立つしかない。

これはネット言論空間にも言えることで、有吉や張本みたいに「きっつい毒舌」「鋭いお叱り」を出来る人間承認されやすい。

何かを褒めている人間承認されることはほとんどない。



熱心な語りもいらない。消化しにくいからだ。

まり、ワンフレーズで響き、嘲笑と「俺たち情強だよな」といった満足感を生むネガティブ言論をしたがり、見たがるようになっているのだ。



問題は、そういった平日昼間の言論が「ネットの声」「ネット常識」とされて一般層へ輸出され、ネット文化となり、新たな放火魔教育してしまうことだ。

本来ただの過激派愉快犯にすぎない言論が、いつの間にか「民主主義」になってしまう。

現実でも起きうる/起きているかもしれない事態が、ネットではものすごい勢いで波及している。



誰かが火を消さなければいけないのではないか、誰かが防火壁を作らなければいけないのではないか

ホッブスによれば自由とは混沌であり、万人の万人に対する闘争なのだネットはそちらに向かいつつある。

東浩紀ネットルソー社会を求めたが、あんもの絵空事である

言葉を聞かない悪意の力の前に理想は役に立たない。


悪意は急速に感染し、ネット支配する。



「私達には関係ないこと」と高みの見物を気取る人たちは、いつか自分たちが悪意の生贄にされるかもしれない未来を予期していない。

自分のところまで悪意が登ってくる可能性を考えていないのだろう。しかしすぐとなりをよく見てみると良い。

シェルターの中にいる隣人が、悪意の炎を瞳の奥に隠しているかもしれない。



こんな空間に、子どもたちを晒すことが出来るだろうか? 

大人たちが壊れてしま空間なのに、子供リテラシーかいう頼りない防御策を教えて何とかなると?



ネット治安を維持するための善意言論を発信していくべきだろう。強硬的な手段ではなく、新しいモラルを共有できる仕組みを考える段階に来ている。

それと同時に平日昼間勢の心を癒やす必要がある。彼らの本当の問題ネットではなく現実にある。現実が変わらなければ彼らは変わらないだろう。

ネット現実リンクしており、ネット日本未来実験である。このまま手をこまねいて見ていれば、現実社会も今よりさらに厳しいものになっていくだろう。

2016-11-03

http://anond.hatelabo.jp/20161103205726

違うよバカ晒すんじゃなくてスターレポートバカコメを保存しておくんだよ

後々バカを殺すときに一気にコメ晒す用途にも使えるけどな

2016-10-23

Iridiumコメント / はてなブックマーク

http://b.hatena.ne.jp/entry/305359709/comment/Iridium

どうやったらこれを問題なしに動画としてアップロードできるだろうか。本人に聞いて「いいよ」の言質もらったらOKになる?心身の正常性を保証できないか同意無効


こんなバカ初めて見た。なんで晒すことありきで考えるんだ。

2016-10-18

http://anond.hatelabo.jp/20161018181219

思ってたのならそんな質問がそもそも出てくるはずないのに、

恥の上塗りのお手本を見せてくれてどうもありがとう

参考にしま

 

そもそもこの個人同士でのコネクションを意識的に持つという行為営業行為に入るんだが、

前提としてあなた営業といえばスーツきてどっかに飛び込むという固定観念しか持ち合わせていないから、

SNS会社晒すことの意味が分かんなかったんだもんね

これでいっぱい教えてくれたか他所で恥かかなくて済むね

上西小百合が痛すぎる件

秘書電子レンジを盗まれた件で会見だって

きっとこれもパフォーマンスと称して、自作自演なんじゃないか??

こういうやつが議員とかマジで辞めてほしい。

浪速のエリカ様とか言って、メディア晒すから調子に乗るんだよ。

むしゃくしゃするから元祖キラキラネームどもを晒す

創設記念パーティー関連企業の出欠名簿を作らされてるんだけど、おっさん名前も読めないし変換できないの多すぎ。

しか郵便から名簿起こすのに、手書き文字が達筆気取ってるのに読めたもんじゃいから辛い辛い。



「允」

普通に読めない。火星人



「祟」

たたり?油揚げ好きだったりする?



「礼旦」

れいたん?れいたそ?あなた何番目?



「伯寛」

ひろひろ?ぱっかん?うーん開花!



「英倫」

( ゚∀゚)o彡゜( ゚∀゚)o彡゜



「素久」

もきゅう?すく?水揚げ?



「三元」

お兄さんひろし(大)だったりする?



「隆法」

正気なの?!



これでよく今どきの子供の名前をとやかく言えたもんだな。クソどもが。

こんなの書いてるのばれたら首とぶわ。マヂでつれぇ。

http://anond.hatelabo.jp/20161018042701

検索たらこういうのが出てきた。面白いね。

http://www.f-biz.net/kiso01/kisotisiki009.html

みんな洋服に関しては個人のこだわりがないじゃん、というのは正しい指摘。

でもファッションって「こだわり」を持つのが難しい趣味なんだよね。

たとえば映画漫画密室趣味から個人のこだわりをとことん追求できるけど、ファッション密室じゃなく公衆晒す趣味なので、とことん追求するのが難しい。

奇妙な映画をどれだけ見ても基本差別はされないが、奇妙な服を着ていると差別されることがある。

私は流行空気を読んでみんなに合わせるファッションより、こだわりを持った格好をしている人が好きですね。

2016-10-17

LINEのやりとりをネット晒す神経が理解できん

友人や親なんかと面白いやり取りをしたとかいう、LINEスクショネットでよく見かけるんですが、この文化だけはどうやっても理解できん。というか理解したくない。

プライベートなやり取りをよく晒せるな。そして、晒している自分は良いのかもしれんけど、LINEをしている相手自分に向けてコメントを発しているのであって、それ以外に向けてコメントを発しているわけではない。

おまけに晒すってことは、そのコメントをしている友人や親を笑い者にするってことだからな。少人数でのカフェ飲み屋で行う他愛もない話題ならまだしも、誰でも見られるネットでそれをするわけで。

いくら偏屈性格の悪い自分でも、仲のいい友人や親を世間に向けて笑い者にして祭り上げるほど、心は荒んでないと思いたい。

ひょっとしたら相手方にも許可を取っているのかもしれません。でも「このやりとり面白いからネット晒すけどいいー?」なんて風な確認を取るのだろうか……?そういう現場想像すると、それもそれで気味が悪い。自分だったら、絶対にノーだな。

あと、この手の話題はよく「ねとらぼ」が取り上げるけど、果たしてねとらぼ」は相手側の確認もキチンと取っているのか気になってしょうがない。なにせスクショを上げている本人には確認が取れるけど、晒し者にしている相手方にはどうやって確認をとっているのかよくわからんしな。

ネット出会い厨ってホント迷惑!!

みたいな事をついったでわざわざそういうのRTして言ってたネトゲギルメン女子がいて、

まぁ、過去に何か迷惑な事あったんだろうなあ

でもわざわざ言わんでも…ちょっとイタイなあとか思ってたら

おもっくそかまって姫ちゃん気質

彼氏いるのにかまって!ってスカイプアカウントまで晒すし、

気のいい男の子レベル上げキャリー奴隷として使われてるじゃん

(まぁ奴隷ちゃう男の子バカだけど)

お前が原因じゃーー!!!と思った

2016-10-10

犯罪被害者プライバシー晒す報道があるとネットではフルボッコだけど、既にネット上にあったプライバシーを皆で覗き見するのはいいらしい。

既に2ちゃんだと過去発言を掘って叩く状況になってんだからさっさとアカウント非公開にして正解なんだよ。

2016-09-30

(2) 知性の欠片も感じさせないブログツッコミを入れてみる http://anond.hatelabo.jp/20160930081102

続き。

意見を言うから嫌われてる?それ本当?

http://www.amamiyashion.com/entry/2016/07/24/193000

日本社会問題点として、「空気を読まずに意見を言う人間を淘汰しがち」ということを挙げてあれこれ論じています

わかる。すごくわかる。日常生活で真面目に意見をぶつけ合うことってほとんどないし、ある程度結論が見えてて(もしくは偉い人の方針があって)形式的議論してそこにたどり着くだけ、みたいなのが多すぎてバカバカしくなったりしますね。

でも雨宮さんの場合は「知らないことを知らないと認めない」「間違いを認めない」「それでいて知ったかぶりや間違った知識に基づいて、飛躍した論理意見を展開する」「そしてそのことを指摘されると逆上する」から嫌われるのでは?

そういう人は日本でなくても嫌われますよ。というか、ドイツのように議論を大切にする社会のマトモな知性を持った人ほどこういう人を嫌いますよ。

要は作法を知らないということなので。

雨宮さんの普段を知りませんが、このブログのような調子議論に参加しているとしたら、それは「散髪直後で髪の毛を撒き散らしながらレストラン入店し、入るなり大声で所望の品を叫び料理が出てきたらガチャガチャクチャクチャと耳障りな音を立てながら食し、代金を店員に投げつけるようにして退店する」というくらいの無作法です。つまみ出されて当然です。

議論好きのドイツ人といえど、議論できるレベル結構ばらつきがあります。言いたいことを言うだけ(相手意見をよく聞いていない・聞く気がない)という人も結構多いです。雨宮さんの周りにはそういう人が多いのではないでしょうか。

雨宮さん自身、せっかくドイツに長くいるのに飲食店パートタイムで働いたりセコセコ内職したり微妙大学に通ったり、ということしかされていない(学問ビジネスもされていない)ようなので、そもそもドイツ人シリアス議論をしたことがない可能性も大いにあります

可愛い日本人女の子に下心を持った男に「君は賢いね」などとおだてられて自信をつけた、というのもありそうです。ここまで来ると邪推ですが。

意見をいうときの鉄則...?

1.自分意見には根拠をつけよ
例えを使うのは王道ですね。具体的な数値を上げるのも効果的です。自分リアル体験談を引き合いに出すのもOK。

例えや体験談根拠にはなりません。根拠を補強するだけです。補助輪です。雨宮さん自信の主張に根拠があったことはほとんどありませんね。メインの車輪なしに補助輪だけでは走れませんよ。

2.意見を言ってまわりに問いかける
わたしはこう思います意見
なぜならこうだからです(根拠
からこうした方がいいと思いますが、どうですか(まとめ・提案、問いかけ)
という3段論法オーソドックス簡単かつ有効です。小論文なんかでも使われる手ですね。

えっと、これを3段論法とは呼びませんし、小論文に問いかけとか書きません。

まわりに問いかけること自体大切なことですが、上記はよく意味がわかりません。

4.反論には先に反論しておけ
説得力が増すし、相手反論ネタを奪うこともできます

「どのように反論されても言い返せるように十分準備しておけ」という意味なら大賛成ですが、だいぶ違う様子。

相手が言い返してきそうなことを予め否定しておく(ただ否定形にするだけ、根拠なし)」ということのようです。

「お前のことバカにするわけじゃないんだけど、お前って頭も悪いし不細工だし体力ないしどんくさいよなw」とかそういうことのようです。

説得力は増しません。単に「反論は受け付けません」と宣言しているだけです。図星を突かれるのが怖いから予め自分から晒すことで恐怖から逃れる、という幼稚な手法です。

5.相手共感させる

これは大事です。


ブログ全体から漂う無知

この雨宮さんという方のブログから漂ってくるのは

ということに基づく「平凡な日本人」に対する謎の優越感だけで、読めば読むほど「薄っぺらい(無知なのに尊大な)人間だなあ」という感想が湧いてくるのです。

これとか、「ご自分に向けて書いたんですか?」と尋ねたくなるほどです。 選民思想をこじらせてるただの自己中、多くない? - ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

はいえ、「外国人」とか「グローバルな視点を持っている(ように見える)日本人」の言うことを無条件でありがたがってしまう人たちというのも多いので、そういう人たち相手の「ブログという芸」で小銭を稼ぐ人がいるのも当たり前だなあ、という感じです。

路上物乞いとか、不幸な身の上話をして小銭を集めて回っているような人に対するのと同じように哀れんでしまうけれど、本人が惨めに感じていないだけマシだな、とは思います

観光地陳腐な空中浮遊芸やってるようなエセ大道芸人と同じようなものですかね。

同意できる記事

彼女の書いた記事で「その通りだね」となったのは以下の2つくらいです。

雨宮さんや同類ブロガー諸氏へのアドバイス

良い本をたくさん読みましょう。インプットが「自分身の回りで見聞きしたこと」だけに偏りすぎです。