「ガーベラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ガーベラとは

2024-02-07

ユニクロフラワーさんのおかげで、スーパー店頭ワンコイン花束が1束1種類になったの、すごくありがたい。

今までのスーパー店頭のお花、絶対カスミソウかスターチスがカサ増しに入ってて、買う気が起きなかったんだ。

ガーベラだけでいいし、カーネーションだけでいいし、スターチスだってスターチスだけで飾ると添え物にされるよりずっと映えるんだよ。

しょぼい花束にするより、同じ花2輪で売った方が売れるんじゃね? って閃いて、堂々と実践したユニクロさん、すごい。

2023-06-04

犬が亡くなった日の次の日の日記

昨晩はリビングソファで寝た。

犬がリビングに安置されていたので、母とふたりリビングで寝た。

泣きながら寝た。

今日の午前は母と花を買いに行った。

犬に供える花は、私と母で選んだので、赤とかピンクとかの華やかな色は少なく、

ガーベラカスミソウ、白いカーネーション、小さなひまわりみたいな花になった。

午後には斎場に持って行くので保冷剤とタオルで包んで冷やすのは昼にはやめていた。

昼食の後、家族みんなで犬の毛を少しづつ切り取った。

斎場火葬にするだけで遺骨は手元に残らないので、毛を残すことにした。

胸元の白くてふわふわな毛がかわいい気持ちいいねと父が言った。

白いだけだとこの犬じゃ無いみたいだから、と弟が言って背中茶色と黒の毛も切った。

尻尾の先の黒っぽい毛を母が切った。

うなじの毛は長くて切りやすいからと弟が言った。

私は額の短くてやわらかな毛が好きだった。

そうしている間に祖父祖母が来て、また犬と触れ合い、

叔母と従兄弟たちが来た。

犬に頑張ったねと声をかけて、まだ寝ているだけみたいなかわいい犬の写真を撮った。

みんなで犬と写真を撮った。犬は穏やかに寝ているだけみたいだった。

名残惜しく身体を撫で、声をかけて思い出話をした。

小さくなったねとか本当に長生きしたねとか、こんな写真があったとか、本当にかわいいねとか。

犬は生まれた時から死んだ後までずっと、本当にかわいい犬だった。

箱に犬を入れて、また撫でた。

おやつと花を箱に入れた。

焼き芋を買ってきて、入れてやればよかったと思う。

牛乳は入れることができないので、残念だった。

弟は、タオル牛乳を少し染み込ませて箱に入れることを提案したが、それは流石に犬も嫌だと思う。

花に囲まれた犬はかわいかった。寝てるみたいだった。きれいだった。

庭に咲いていた花も少し入れた。少し匂いの強い黄色い花。

みんなでまた犬を撫でて、家を出た。

祖父母と叔母と従兄弟と別れて、家族5人と犬で車に乗って斎場へ向かった。

ずっと涙が止まらなかった。

斎場きれいな建物で、脇にペットこちらと書いてあった。

しばらく待って中の部屋で箱ごと重さを測り、お金を払って、

もうお別れをするだけだった。

部屋の中に入る前に一回箱を閉じたけどまた開けた。

父がもう一回犬の顔見たくなっちゃったと言っていた。

みんなでまた、犬の身体を撫でて、別れを告げた。

それまでは犬に頑張ったねととか、ありがとうねとか、みんなそういう言葉を言っていたけど、

もう、バイバイと言う最後時間になっていた。

名残惜しく、何度も犬の顔を撫でた。

そうして箱を閉じて部屋を出た。犬とおわかれをした。

部屋を出て、建物を出て、車に乗った。

もう家に帰っても犬はいない。

本当に、身体もこの世から無くなってしまった。

私は犬のふわふわの毛の生え揃った額に触れることができない。二度と。

かわいいさな私の犬はこの世からいなくなってしまった。

かなしい。さみしい。さみしい。

犬は、セレモニーみたいにしなかったけど、多くの人に見送ってもらえて本当に良かったと思う。

多分、いつか私が死ぬ時よりも多くの人に見送ってもらえただろう。

みんなが大好きなかわいい犬。

気まぐれで飽き性で、元気でかわいい犬。

もう家の中のどこを探してもいない犬。さみしいよ。

犬の最期幸せだったと思う。

私自身、特に後悔も無い。ただただ犬がいないことがさみしい。

一緒にいたい、より、そこにいて欲しい、という感情が近い。

私も犬もベタベタくっつくタイプでは無かったから、こういう気持ちなのかなと思う。

私は普段一人暮らしだし、犬がずっと家にいてくれたら幸せだった。

もう家に犬がいない。さみしい。

今は一人暮らしの部屋に戻ってきてしまった。明日仕事に行かなければいけない。

いつもはひとりでいることは全然苦にならないのにずっとさみしい。

おやすみ私のかわいい大好きな犬。私はさみしいよ。

ずっとかわいい犬。私はさみしいけど、どこかで満足のいくまで牛乳を飲んで、芋を食べて、

楽しく走り回って、気持ちよく寝ていて。

たまには私たちのこと思い出してくれたらうれしい。

私のかわいい大好きな犬。さみしい。

2021-06-28

猫を看取った話

実家で飼っている猫を看取った。

18歳の黒猫。気の強いメス。

当時小学4年生のわたしが初めて拾った猫だ。

名前を「ラッキーちゃん」とする。

ラッキーちゃん小学そば公園で拾った。

3匹中2匹は既にダンボール箱の中で息絶えていて、彼女けが生きていた。2匹は木の下に埋めて、小さな草花を供えた。

小学生だけで近くの動物病院に立ち寄ると、栄養補給用の缶詰を持たせてくれた。今思えばすごく優しい先生だ。

わたしは着ていた体操服の裾を伸ばして、そこに子猫を乗せて帰った。

家まであと30メートルくらいのところでオシッコをされて、慌てて走った。

キトブルーだった瞳は、成長と共にイエローに変わった。

うちには既にキジトラシニア猫がいて、ラッキーちゃんの遊び相手をしてくれた。

それから18年。

シニア猫も亡くなり、今はラッキーちゃん含め5匹の猫がいる。

みんな私や家族が拾った捨て猫や、団体から引き取った保護猫だ。

ラッキーちゃんは、避妊手術以来、大きなケガや病気したことが無かった。

加齢による足腰の弱りがあるくらいで、毎日鳴いて美味しいご飯要求してくれた。

体重は常に3キロ台後半をキープ。毛艶もよく、とても18歳には見えなかった。

から約1週間前、そんな彼女が、急に食欲を失って風邪を引いた。

母が動物病院に連れて行くと、体重2.5キロ

食べなくなって1日も経っていないのに、前回の測定から1.1キロも減っていた。

脱水傾向はあるが点滴は提案されず、風邪に対する治療を受けた。

回復の見込みがあると思い、母がシリンジで給餌してくれた。

ヒルズのa/d缶と、ヤギミルク。モンプチのおいしいスープ

ところが、ラッキーちゃんはみるみる衰弱していき、ついに起き上がれなくなった。

木曜日

時間だが呼吸が止まることもあり、もういつ旅立ってもおかしくないと思った。

思い立ってから30分で今の家を出た。焦りのあまりフライトの日付を見間違える。

新幹線に乗った。

自粛生活を続けてきたこと、有休消化で2週間以上通勤していないことが幸いして、感染リスクの低い帰省に出来たのは良かった。

22時30分。

ラッキーちゃんは静かで、穏やかな呼吸を繰り返していた。

ただし、時折立ち上がろうとしてはすぐに倒れてしまうため、目が離せなかった。

死期が近い猫は体温が下がる。猫自身、冷たい場所を求めるという看取り経験者のブログ記事を思い出した。

ラッキーちゃんも冷たいフローリングを好み、体温でぬるくなったら冷たい箇所に移動しようとしていた。

体を十分動かせないためか、顔の筋肉が少しずつ硬直しているように感じた。

その晩はラッキーちゃんの過ごす部屋に布団を敷いて寝た。

起き上がるたび、頭や腰をフローリングにぶつけないように守った。

午前3時すぎ、彼女が寝付いたのを確認して、わたしも仮眠を取った。

金曜日

リンジで水分補給するが、飲み込む力がかなり衰えている。

水を摂ると粘り気のあるよだれが出て、少し呼吸し辛そうに見える。

昼を境に、シリンジの使用は中止した。

口の周りが乾かないよう、水を吸わせたティッシュで優しく拭いた。

呼吸は、更に弱々しくなった。

膝に乗せ、大好きな庭に出て日光浴をした。

芝生の上はひんやりして気持ちよかったらしく、穏やかな呼吸を感じた。

夜、仕事を終えた兄も帰宅した。

その日は母と私、ラッキーちゃんと同じ部屋で寝た。

この頃から血の混ざったような色のよだれが出始める。

キッチンペーパーを敷いて、頻繁に交換した。

土曜日

早朝5時、ふと目が覚めてラッキーちゃんを見ると呼吸が早い。

母を起こして2人で見守る。

瞳孔は開いたままで、瞼も閉じられない。

しばらくして呼吸が落ち着いたものの、何度か弱い呼吸の波が来る。

大丈夫、みんな居るからねと声をかけるたびに涙が溢れて、もう声にならなかった。

ふたたび呼吸が落ち着いた頃を見計らい、母と2人、少し遅い昼食を用意した。

ダイニングテーブルの上にラッキーちゃんを乗せ、兄が見守ってくれた。

その時は突然だった。

いま呼吸が止まったと兄が言う。

走ってダイニングテーブルに向かうと、何秒かごとにフーッと大きく息を吐き出していた。

心臓のあたりに手を当てると、今までで一番ゆっくりと鼓動していた。

これは最期の呼吸だ。

大丈夫からね、みんな居るよと声を絞り出す。

耐えられず、母に心拍確認を代わってもらう。

間もなく、ゆっくり心臓が動きを止めた。

直後、全身にグッと力が入り、顔を少し上げた。

そして、脱力した。

猫も1〜3分間は耳が聞こえるという情報を見たことがあったので、泣きながらたくさん声をかけた。

ありがとう。良い子。お疲れ様。頑張ったね。えらいね

眠るように穏やかな表情だ。

そうして、ラッキーちゃん私たち家族の18年間が幕を閉じた。

涙は止まらなかったが、ここで事前に調べていた看取りの知識が生きた。

お尻にティッシュをあて、漏れてくるオシッコを吸収する。

硬直が始まる前に、丸まって寝ている時のような姿勢を作る。

汚れたところは拭いて、ブラシで毛並みを整える。

キッチンペーパーで包んだ保冷剤を四つ、お腹の近くに入れる。これは6時間おきに交換。

お顔を見る時以外はバスタオルをかけ、冷房をかけた部屋に安置した。

看取り経験者のブログから学んだ、綺麗にお別れするために必要なことだ。

火葬は評判のよい業者に依頼した。

丸一日後に来てもらうようにしたため、花を買いに行った。

晩年性格が丸くなり、穏やかだったラッキーちゃん

せめて沢山の花で送り出したいと思い、花屋を四軒回った。

かすみ草、ガーベラモネひまわりトルコキキョウバラ

母が白い花はお別れみたいで嫌だという。

もとより黄色オレンジの花で送りたいと思っていたので、その2色を主役にした。

日曜日

生前と同じ赤い首輪を用意して着けた。

ペットシーツを取り、白いバスタオルを敷く。

生花を切って、寂しくないように敷き詰めた。

耳と尻尾は柔らかくて、触るたびに温もりが蘇ってきた。

たくさん声をかけて、たくさん撫でて、最後のお別れをした。

けど、火葬車に乗った姿を見たら堪らなくなった。

これは永遠のお別れじゃない。きれいなお骨の姿に変わるために必要なことだと言い聞かせた。

業者の方は本当に丁寧で、きれいにお骨が残るようにしてくださった。

ちいさなお骨のひとつひとつを見ながら、立派な最期を見せてくれたことに感謝した。

みんなが見送れるタイミングを分かっていたかのような旅立ちだった。

最期の一息まで見せてくれて、いのちを教えてくれた。

お陰で、悔いなくお別れができた。

これまで猫のわがまま粗相に軽く文句を言っていた自分は、なんてちっぽけだったんだろう。

猫は常に「今」を生きている。

元気だからわがままを言う。元気だから、たまには粗相があるかもしれない。

心の根っこはそうあるべきだと思った。

この先、4匹の猫との別れが待っている。

きっとその度に辛くなると思う。

それでもわたしはまた、猫との暮らしを選ぶだろう。

2021-06-26

魔法少女劇中劇(2/2 プリキュア系)

未完、収まりきらなくなったので分割 anond:20170815223037

プリキュア

2020-01-10

花 人気ランキング

5位 ガーベラ

 母の日知名度があるから票も集まりそう

4位 あじさい

 明確なシーズンがあるし、陰鬱梅雨の貴重な癒し要素なので人気が高そう

3位 ヒマワリ

 でかいし形が独特 象徴性もかなりあっていい ガキが好きそう

2位 サクラ

 日本の心!みたいな風潮があるからとりあえず入れとけ感ある

1位 バラ

 人気っていうか主人公感がすごい 花といえばバラみたいなところがある

って予想で

https://www.irisplaza.co.jp/media/A13968698649

みたらほとんど当たっててワロタ 俺は花の神

2017-08-23

[]夜見山北中学3年3組の生徒はガンダムパイロットになれる法則

ヒーローまたはヒロインガンダムパイロット

望月優矢
佐藤和江
中尾順太(逝去)

サブキャラクターガンダムパイロット

小椋由美(アニメ版逝去)

ガンプラバトルなのでガンダムパイロットに含めていいのか分からない

サブキャラクターモビルスーツパイロット

敕使河原直哉
王子誠(アニメ版逝去)
猿田昇(アニメ版逝去)

王子猿田が共にMSパイロットになれて目出度い

ヒーローまたはヒロイン

杉浦多佳子(逝去)

サブキャラクター(追跡しきれなかったがモビルスーツを操縦していた可能性はある)

榊原恒一(主人公)

回数は多いがメインキャラではないゲームでの出演ばかり。Another出演以降は1回

風見智彦(アニメ版逝去)
綾野彩(アニメ版逝去)
前島学(原作逝去)
辻井雪人
役名が確定しない3年3組生徒

2007-04-18

眼前に広がるはただ生活のみ

ガーベラか。消え去りたい。

もうああいう生活は出来ないのか?なら死にたい。でもインターネットさえあればいいかなと思いつつ。

ここ三週間ほどのネットが無い生活にも満足できた。

なにもないどころか、マイナスまで背負い込んで。しかも年まで取っていく。もう終わったな。

これからもただ生活が続くだけか。嗚呼、望み薄。

幸よ、幸よ、助けておくれ。

試すっつってもなぁ。

まぁ、もう少し生きてみるか。生きたいと思い死ぬ事を知れ。耐えろ。

生きていこう。眼前に広がる生活をそれを。

結局逃れられなかったな。まぁそれはそれでいいか。たぶん。いびつな人生なっちゃったな。笑うしかないな。笑ってると怒られるけど。

苦しいな。

The Adventure

Angels and Airwaves

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん