「アングロ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アングロとは

2014-05-22

Googleを使って英単語効率的に覚えよう―5つのやり方

気合で覚えろとか、Word Power Made Easy(語源辞典的な奴)全部やればOKとか言う前に、ある単語帳を仕上げる際に(多少)効率的単語の覚え方を書き残そうと思う。

きっかけは、友人が語呂合わせで覚える難解単語http://www.d7.dion.ne.jp/~aoki2/goro.htm)というサイト単語覚えようとしていて衝撃を受けたため。

友人よ、これを読んでくれ。


1. Google.co.jpで「(単語) 語源」で検索する。

例えば、「abate 語源」で検索する。ごろ合わせでは、「阿部、糸」使用を「減らす」。が覚え方らしいが、さすがにこれを覚える方が難しいはず。

この方法検索すると、二番目のサイトhttp://homepage3.nifty.com/miyak/sat.html)が、

語源abateの語根のbateはbeatと同根で「打つ」という意味太鼓など の音がだんだん小さく消えていく様子を表わしている。接頭辞のa- はtoという意味。」

と紹介している。打ち減らしていく感じをイメージすることが出来れば、abate=減らすは忘れることがないと思う。また、a=toを覚えておけば、abase=下げるもすぐに想像つく。


2. Google.co.jpで「(単語) 覚え方」で検索する。

例えば、「sinister 覚え方」で検索する。これで検索すると、一番目のサイトhttp://www.eiken-thhouse.com/?p=1774)が、

「sinister アングロフレンチ語(中世イギリスで使われたフランス語)では「左」という意味で使われる。ラテン語では「左」「左側」。左は不運、不吉であると考えられた。」

と紹介している。これだけじゃまだ覚えにくいかもしれないけど、

医学用語でOculus Sinister (左眼)という言葉があることからもわかります

右眼はOculus Dexter と言いますコンタクトレンズを購入する際、処方箋OD:-3.50,OS:-3.25などとあれば、ODが右眼、OSが左眼を意味しています

ここまでくれば、sinister=不吉な、に親しみがわくのではないだろうか。


3. Google.comあるいはGoogle.co.ukで「(単語)」で検索する。

例えば、「lambaste」で検索する。Google.comでそこそこ以上難しい単語検索すると、素晴らしいことに、検索結果のすぐ下に、

音声、英英の意味語源時代ごとの使用頻度が全てのった単語紹介リストが表示される。lambasteはcriticize harshlyで、語源はlamもbasteもbeatイメージ

lambasteは新聞雑誌でよく目にする単語だが、時代ごとの使用頻度をみると、ここ20年くらいで爆発的に流行った単語だということも分かる。


4. Google.comあるいはGoogle.co.ukで「(単語) etymology」で検索する。

1,3の方法だと語源が分かりにくい時がある。例えば、上のlambasteは1でも3でも、basteの方もbeatイメージがあると明言していない(見たまんまだからと思うけど)

なので、もうちょっと深く検索してやる必要がある。wiktionaryとか、Online Etymology Dictionaryをみれば、これで語源は抑えられる。

ん、4の方法だけで十分だって?じゃ、Word Power Made Easyまずやれや。個人的には、多少母語絡むやり方で覚えた方が覚えやすいと思うのですが、英英のみ主義でしたら3,4の方法で。


5. Google.jpで「(単語) 語呂」で検索する。

しかしたら、はまる単語もあるかも。tout, rout, boutの区別について、ごろ合わせやっているサイトがあって、http://ameblo.jp/mihuwa/entry-11459396205.html

確かにこのやり方も悪くはない。



ま、覚え方は人それぞれなのですが、気合で1週間で1000語覚えることはできても、すぐ忘れちゃうものなのです。

出来るだけ長期的に覚えてられるよう引っ掛かりを多くしておいた方が後々効率的なので、単語覚える際は出来るだけググりましょう。

紹介したのは英検1級レベルですが、これより楽だと映画タイトルとかになっていてもっと覚えやすかったり、

難しいともうあきらめてWord Power Made Easyに行きます笑。あるいはSmartの変な例文で把握するとか。


トラックバックつけてくださった方へ

別人です。後、結果的に別の方のサイトへの誘導(自意識過剰ですが笑)になっているのでエントリ削除していただいた方が目的にかなうのでは?と提案します。

2009-10-18

その調査、その映像、その意見の裏に誰がいるのか・・・。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」じゃないんだけど、俺が気になるのは「格付け会社はなぜ潰れないのか」だ

そもそも需要あるの?誰が必要としているの?お金は誰が出してるの?なんの目的で?

なぜ調査結果が当然の信頼があるように思われてるの?

リーマンショックであんなことになったのに、だれも調査会社に対して言わないの?

考えれば考えるほど不思議だよ。


同じように世界大学ランキング不思議なもんだ

ランキング上位はみんなアングロサクソン大学なんだよね。

日本ドイツフランス大学は10位に入っていなくて笑ったよ。

東京大学が15位くらいに入ってたかな。

百歩譲ってアメリカイギリスは良いとしても他のアングロ国はないだろwってかんじに思ったのよ。

こんな洗脳記事が日常の記事に紛れ、シャワーのように浴びている事に恐怖を感じたわけ。

しかもググってびっくりするのは、ランキング日本大学が入ってる事に一喜一憂して

アメリカ大学はすごい><;」なんて書き込みしてるブログが大量にヒットするのよ。

誰も疑わないその光景に恐怖を感じるよ


格付け会社の評価を、会社ページのTOPに掲げてる間抜けな会社をたまに見るし

アメリカ企業は一流で先進的というイメージや、MBA取得ブームはなんなんだと

なんというか、アングロサクソン世界戦略でもやってるんじゃないかと

陰謀論めいたことをたまに思うよ。


話が変わるんだけど、和田アキ子っているじゃない。芸能界ご意見番とか言われてるんだけど

和田アキ子が話題の芸能人に苦言を呈すニュースが流れて、普通の人は、和田アキ子偉そうだなと思うだろう。

でもニュースになるということは、誰かの流そうという意志がそこに存在するということだよね。

つまり、問題は和田アキ子にある訳ではないわけで。

その周りにいる誰か、または業界といわれる物で、問題の多くは問題そのものではなく外側にあると思うんだ。

だから、格付けだの、大学ランキングだのもそうだし、芸能から政治国際問題まで言えるんじゃないかと。

なにかが起こったときに、誰かの発言ばかり取りあげられて

称賛や批判、どちらにしろ一方的に報道されたとき、そこに誰かの意志が存在する

番付がなされたときも、もっともな理由をくっつけて語られるが、本当に妥当なのかだれも分からない。

ただそれを消費して、いつのまにか当然のようにみんなで情報を共有する現状にすごく恐怖を覚えるよ。

2009-05-20

こんどはロシアダイヤモンドの独占的備蓄を始めている

デビアス」の寡占体制に風穴を開け、世界市場を制御する野心か?

日本ではダイヤモンド結婚式の宝飾品としか考えられていない。戦略物資であるという世界常識日本では通じない。

世界市場性からいうと日本ダイヤモンドは特殊なマーケットで、1キャラット以下の、世界では換金の対象とはならない小粒のものに結婚市場が集中しているだけ。

そして小粒なのに、価格は不当なほど高い。

世界的規模と歴史を一瞥しよう。

ダイヤモンドは80年代まで、ほぼ南アに産出が限定され、アングロアメリカ、BHP、リオテントなど大手鉱業企業が発掘し、ダイヤ原石はデビアスが独占した。競合企業デビアスによって巧妙に排斥された。

ロンドンで決められる価格は、デビアスが需給バランスを睨んで一方的に決め、NYやベルギーイスラエルの研磨業者に入札された。その後の流通段階では「ニューヨークカット」とか「アムステルダムカット」とかの最新のファッション性で市場では売られる。

当時、ダイヤモンド世界第2位の生産国はソ連だった。しかしソ連は西側との窓口を持たず、工業ダイヤモンドに限って輸出を続けた。

工業ダイヤは削岩機、研磨機などに使われる。

デビアスの寡占体制を破壊したのは、西側だった。例の独占禁止法である。

つぎにソ連が崩壊し、ダイヤモンドがどっと西側にでる。

さらにダイヤモンドアンゴラナミビアコンゴリベリア、シオラレオネなどでつぎつぎと金鉱が発見され、供給豊富になった。

デビアスは巨費を投じてこれらの新興金産出国を抑えにかかる。だが寡占は無理だった。

デビアスダイヤモンド市場寡占は崩れた

デビアスの寡占をさらに破損するのはアフリカ特有の部族紛争と不正輸出。ゲリラ武器調達のためのダイヤモンド原石との交換などで、密輸業者が潤い、世界マフィアが乱戦。この頃、日本でも中央アフリカ産のダイヤモンドが割り引きセールで売られたことがあったっけ。

 

それでもデビアスは08年までは世界の40%のダイヤモンド市場を抑えてきた。

ロシアが、ダイヤモンド市場に参入し、産出量では世界一になった。国有企業「アルロサ」社(アレクサンドラ・ミリニン会長。90%株主ロシア政府。つまり、これも『プーチンカンパニィ』のひとつ)が世界市場の25%を占めるまでになった。デビアスが一方的に価格を決める体制は吹っ飛んだ。

そして世界不況

世界で215億ドルと見積もられるダイヤモンド市場は、2009年に120億ドルに冷え込むだろう。

価格は70%暴落したため、デビアスロシア供給を急減させて、価格維持に努めた。

だがダイヤモンド市場は値崩れを始めた。

デビアスロシアと共同して供給量を減らし、価格維持を図るが、EU独占禁止法の壁を前に円滑な価格操作ができない。

これにより資金繰りこまり株主に8億ドルの社債を売りつけて急場を凌いだ。デビアスロシアと組んで価格維持の共同を提案し、ロシア価格暴落を避けるために共闘を受け入れる。

ところが、ところが。

ロシア価格維持という目的は同じでも、デビアスと逆の戦術を行使している。

08年12月からダイヤモンド供給を止めたのだ。プーチンウクライナバルト三国グルジア向けのガス供給をとめたように。

同時にロシアダイヤモンド原石の戦略備蓄を開始し、インドベルギーイスラエルの研磨業者とは長期契約に切り替えたのだ。

 「毎月300万キャラットに相当するダイアモンド原石が品質ごとに選別され、大量に備蓄されている」、「すでに備蓄は4万5000キャラット見積もられる」(ヘラルド・トリビューン、5月13日付け)。

 場はいずれダイヤモンド市場で原石が払底し、価格は暴騰するだろう。そのときに供給を統括するのは、老舗デビアスではなく、ロシアのアルロサ社になる。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん