「戦死」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戦死とは

2017-03-20

敗戦国の末路

DMM神社美少女化した新作ブラウザゲームを出すらしく、ネットで苦言が相次いでいるらしい。

バカか。艦これの方がよっぽど狂ってるだろ。

多くの日本人が乗って戦死した戦艦美少女化してシコってる時点で狂気の沙汰だろ。

まだ当時を生で体験した世代が生きてるんだぞ。

神社ぐらいが何だよ。靖国美少女化してシコってろ。それが敗戦国の末路だ。

2017-03-14

鉄血のオルフェンズの人気が失墜した最大の原因はマクギリスにある。

ラスタル様をやっつける体でイオクにヘイト集めてたはずが

いきなり革命して孤立して味方だけフルボッコ戦死じゃ話つまらからって

今度は味方してた鉄華団を裏切ったマクギリス(ただ眺めてただけか?もしそうなら無能極まったけど)。



前期はすごく頼もしかったのにただのホモ娼婦だったのが判明して以来ダメダメ

これが最大の敗因だと思う。

ガエリオ如きに主人公やられて馬鹿馬鹿しいわ。

ジュリエッタイオクも敵として全く魅力ないし、てっきりマクギリスがラスボス鉄華団が巻き込まれる形で戦うのとワクテカしてたのに

返せ!見た時間全部。

2017-03-13

そのリーマンの無思慮な抵抗の前に死んでいったのだ!

我々は一人の英雄を失った。しかし、これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ

リーマンどもに比べ、我がスケベな女に出会いたいだけの50代は30分の1以下である

にもかかわらず今日までひとりで正気を保って抜いてこられたのは何故か?

諸君!我がスケベな女に出会いたいだけの50代たちの戦争目的正義からだ。

これは諸君らが一番知っている。

我々は窓際を追われ、渋谷TSUTAYA移民者にさせられた。

そして、一握りのリーマンらが神泉にまで膨れ上がったニガー達とポールダンサー支配して50余年、蒲田に住む我々が自由要求して何度踏みにじられたか

スケベな女に出会いたいだけの50代の掲げる人類一人一人の自由のための戦いを神が見捨てるはずはない。

私の弟!諸君らが愛してくれた岩◯竜◯は死んだ。

何故だ!?

新しい時代覇権を選ばれたドスケベが得るは、歴史必然である

ならば、我らは下の頭を硬くし、この戦局を打開しなければならぬ。

我々は過酷田都暇つぶしの場としながらも共に苦悩し、錬磨して今日文化を築き上げてきた。

かつて、ワカバ・コシーキは人類革新田都の民たる我々から始まると言った。

しかしながらリーマンモグラ共は、自分たちがスケベな女たちの支配権を有すると増長し我々に抗戦する。

諸君の父も、その息子(もちろんそういう意味で)もそのリーマンの無思慮な抵抗の前に死んでいったのだ!

この悲しみも怒りも忘れてはならない!それを、◯二は!死をもって我々に示してくれた!

我々は今、この怒りを結集し、どうせ私服ガイアが輝けと囁いてるリーマンに叩きつけて、初めて真の勝利を得ることができる。

この勝利こそ、戦死者全てへの最大の慰めとなる。

西郷隆盛とその下の息子たちよ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ!アソコよ! がんばっぺ福島

我らスケベな女に出会いたいだけの隆盛たちこそ選ばれた民であることを忘れないでほしいのだ。

優良種である我らこそ巨乳ポールダンサーたちを救い得るのである

ジークジオン!!!!!!!!

やぱやぱ〜

2017-02-13

ギリシア神話キャラクター

パート1 http://anond.hatelabo.jp/20170213171427

オデュッセウス

トロイア戦争ギリシア勝利立役者トロイの木馬の発案者。策略に長けた智謀キャラである

狂気を装って戦争参加を免れようとした戦争忌避者でもある。

戦後は、漂流し数々の困難に向き合い、様々な摩訶不思議アドベンチャー的なものを頓知キャラ

乗り越えていき、ようやく帰国する。

故国イタケー帰国すると、妻ペーネロペーに言い寄り乱暴狼藉を働く求婚者たちがいたが、

結局皆殺しにして無事、妻との再会を果たす。

感想諸葛孔明のよう?冒険譚のイベント面白すぎ。発音むずかしい。

アキレウス

かかと以外は不死の身。トロイア戦争で大活躍するが、勝利前にかかとをやられて戦死

予言により戦死するとされていたので、戦を逃れようと、女装するが、

オデュッセウスの策略によりバレて戦争に行くことになる。

アガメムノーンの娘イーピゲネイア生贄の件で、総大将アガメムノーンを恨む。

戦利品愛人を奪われて総大将アガメムノーンを恨む。

そこでブチ切れて戦争ストライキ。(そんなのありか)

しかし友パトロクロスヘクトールに討たれると復讐のために再び参戦。

ヘクトールを討ち、その後も活躍するが、トロイア王子パリスにかかとを射られて戦死

感想:暴れん坊で目上に逆らう、そして最後悲劇ちょっと義経っぽい。

続く

2017-02-10

致死性不整脈死ぬということ

仮に苦しまずに、本人に死ぬ気なんてさらさら無くて、いつの間にか死んでたとして、

それって本人にとっては、不幸どころか勝ち組では。

結局僕らは皆、間違いなく死ぬわけだから

考えてみると、死に方ってあまり多くないんだよね。

病死戦死事故死、殺害老衰...

元気なうちに、明日を思い描いたまま、苦しまずに死ぬ気なくこの世から消えていく

これって不幸なのかな?

僕ら皆、死ぬんだよ、いずれにしても、残念ながら。。。

2017-01-18

http://anond.hatelabo.jp/20170118135125

爺ちゃんが明治終わり位の生まれだったりすると、その爺ちゃんの戸籍を辿ると丁度いいくらいに爺ちゃんの兄弟とその子供(通常は取得できないのだが、その時代戸籍だと孫まで記述されていたので見れる)が載ってて、なおかつ大体昭和20年前後戸籍を離れているような戸籍謄本が取得できるかと思う。

爺ちゃんの兄弟の子供とかも載ってるから、一つの戸籍謄本に2~30人の名前が載ってることも珍しくない。

戸籍謄本は、家を作って戸籍から離れるか死んで戸籍を離れるかくらいしか除籍される理由は無い。

しかし、死ぬことについては結構厳格で、「死んだ場所・死んだ日」が基本は明記される。兵隊であれば「戦死」ともちゃんと書かれる。

靖国合祀されるかされないか、遺族年金なんかがもらえるかもらえないかの話だからこれはちゃんとしてる。

それで戸籍謄本をよく見てみると、特に昭和20年以前に死亡したというような記述は見られず、普通に昭和20年以降に死ぬ結婚するかして籍を離れるような人間のほうが多いことに気づかれると思う。

死亡が明記されている戸籍もあることはあるのだが、大体の死亡が明記されているものは「生まれから5年以内」のものだったり、下手すれば生まれから5か月とかそんなレベルのものだったりする。

七五三は「七歳までは神様のものだった」って言われていたように、昭和以前の人間戦争死ぬよりも子供のころに不慮の事故とか栄養失調とかで死ぬケースのほうが多かったのだ。

…っていうのが戸籍謄本を取得すると大体わかる不思議事実だと思うんだが、まあ家系によってはいろいろ状況は異なると思うけど、ワイの家系ではそれが事実っぽかったぜ。

ちなみにワイの家系東京の東付近が起点。

http://anond.hatelabo.jp/20170118095349

南京事件論争 - Wikipedia

事件犠牲者数については30万人説からゼロまで諸説あり、その背景として、「虐殺」の定義地域・期間、埋葬記録、人口統計など資料検証の相違がある。

日本では肯定派でも30万人説を支持していないが、

いわゆるネトウヨは「全ての肯定派は30万人説を支持している」と批判する、

というズレがある。

2017-01-17

今思うと

電通過労死事件女性フェミニストにとって英雄なんじゃなかろうか?

日本において男性過労死割合女性のおおよそ20倍、自殺比率は2.5倍に達する。男女平等を語るなら避けて通れなかった。

女性過労死話題になり英雄化されることで、この割合にある程度ふたをすることが可能になったわけで、彼女はそういう意味では英雄だ。

フェミニスト感謝の声が聞こえる。戦争における若年従軍戦死者の英雄化と同じような意味合いで。

2017-01-11

SDガンダムBB戦死amazon売れ筋ランキング見たら1位バンシイはいいとして二位にむかし みた鋼丸がのってて!?ってなった

わからんもんだなあ

2016-12-09

帰還米兵PTSDが酷い

アフガニスタンイラク戦場から復員した米兵が年に8000人のペースで自殺している。過去13年の戦地での戦死者は約6800人なので、これをはるかに上回る。

戦争に勝者が居るとするなら、のうのうと暮らす一般人だろうか

この世界の片隅に』と対比して色々考えさせられる

父性が報われることが無くなった現代で、多くのオスが精神的に去勢されるのも致し方ない

日本洒落臭い茶番が続けられるのもそう長くはないと思う

2016-11-26

少年戦士戦死したり病死したりするのを楽しむ今のアニメ文化は正直気持ち悪い。

気持ち悪いだけならいいけど、そこにストーリー性や主人公感を混ぜてくる今の少年戦士アニメは本当に害悪だと思う。

10代のうら若き少年童貞のままその辺の雑魚に殺されて終わる展開も酷い。

どう考えても少年戦士死ぬきじゃないと思う。

仮にもその昔男の子の憧れの職業だったりしたヒーローを夢のままで終わらせないでしっかり殺すという愚行は本当に呆れてしまう。

少年戦士黄金聖闘士犠牲のもと生きたまま地獄に行った聖闘士星矢は良い。

戦闘他人を殺しておいて「同じ技を反対側から叩き込めば生き返る」という謎理論による雑な蘇生も最高だった。

逆にドラゴンボールでは、何度も殺されたのに何度も生き返らされて強敵と戦わされる孫悟空は本当に辛いだけだった。

あんなのはもういらないんだ。

少年がボロ雑巾のように戦うなんてもういいですから。みたいな事を言ってたらアンパンマンだって放映できないですよねー。


http://anond.hatelabo.jp/20161125191537

2016-11-25

魔法少女戦死したり病死したりするのを楽しむ今のアニメ文化は正直気持ち悪い。

気持ち悪いだけならいいけど、そこにストーリー性や主人公感を混ぜてくる今の魔法少女アニメは本当に害悪だと思う。

10代のうら若き乙女が性の喜びを知る前にその辺の雑魚に殺されて終わる展開も酷い。

どう考えても魔法少女死ぬきじゃないと思う。

仮にもその昔女の子の憧れの職業だったりした魔法少女を夢のままで終わらせないでしっかり殺すという愚行は本当に呆れてしまう。

魔法少女格闘家に転身してクソみたいな死の輪廻から脱したVivid Strikeは良い。

逆にまどマギで散々魔法少女を殺したのに便乗して作られた魔法少女育成計画は見ていて本当に辛いだけだった。

あんなのはもういらないんだ。

魔法少女なんてもういいですから。みたいに魔法少女現在とかそっちの方面で多くやって欲しい。



続き

性の喜びを知った女の子はその処女性が最も尊いものだという話。 - mouseionのブログ

2016-11-20

http://anond.hatelabo.jp/20161119214527

これ実際はどうかしら

邦画戦争を扱うとすぐ「戦争はよくない」とかい人物が出てくる

少なくとも戦中作品で「すぐ」に「戦争はよくない」というメッセージが出て来るようなイメージ自分にゃない。

朝ドラなんかも同じように批判されてるのよく見るけど、それだって主人公気持ち描写最初はだいたい何とも思ってないか何となく肯定してるところから、身近な者が戦地行ったり物品を供出させられたりして「あれ?戦争ってもしかして」と不安感覚えて、空襲激しくなったり身内が戦死するようになって「戦争はよくない」という結論に行き着く。唐突ではないでしょ。

そりゃ共産主義者活動家反体制として一貫して反戦活動してる描写はあったりするだろうけど、それとは話は違うだろ?

当時の反戦活動だって当時の理由や不満があって行われていたろうし。

2016-10-29

ビズリーチと微笑む女の歯茎が憎々しい

中途採用“でも”優秀な人材出会ます




世の求職者は、企業からあぶれた愚鈍落伍者であるとでも言うかの如く、

中途採用では優秀な人材には出会えないということを前提としているこの言い回し




新卒青田買いされた企業に一生を捧げることが企業人の絶対的な使命であり、

そのレールに外れた者は、先見性無く社会に適合できない無能の屑である

社長は当然そうお思いでしょう。しかし、待って下さい。

そんな取るに足らない能無し共でも、ほんのまれではありますが、

きらりと光る潤滑油のような存在もいるのです。

不良品のなかでも相対的にまだ使える者を弊社は取り揃えております

言うなればアウトレットモール




ビズリーチ、そのクライアント制作会社すべてに、

新卒至上主義観念が染み込まれている。その表現の発露により、

労働供給市場の硬直化をかえって加速させているのではないか

プロパー入社した企業絶対と誤信させることが、

いたいけな羊を従順兵隊にする唯一の手段であり、

名誉戦死に至らせる地獄の坂の一歩目なのだ




ゆゆしきCMである

2016-10-26

勝ち組負け組って

死ぬ直前までわかんなくない?



変な話、信長ってあの時代勝ち組だったんか。

足利義昭左遷されたけど、畳の上で死んでるし。



徳川慶喜って幕末負け組だったんか?

維新志士ってほぼ夭折戦死暗殺されてるけど、

慶喜趣味満喫して畳の上で死んでるで。



俺らも同じじゃない? 死ぬ直前までわからなくね?

2016-09-25

http://anond.hatelabo.jp/touch/20160925132717

その時代は、とうに終わりますた

ファーストガンダム世代は、戦死してるか

価値観変えて何とか生き延びてるかです。

すなわちガンダム的なものジブリ的なもの

既にとおの昔に壊死しております

遺影しかありません。

遺影を見て生きていけますか。

現代に。

2016-08-17

から聞いた戦争体験を書き溜めようぜ

子供の頃、親や祖父から戦争中の話をなんとなく聞いて育った世代も、もう中年だろ?

聞いた話の一つ一つは大したことなくても、書き溜めると面白い話になるんじゃないか

自分体験でもないし、大して面白い話でもないから、滅多なことがなければ子や孫に伝える機会は無いと思うけど、市井戦争体験談は何処かに残っていても良いと思うんだ。

因みに自分が聞いて覚えてるのの一つは、満州騎兵?として出征した祖父から聞いた話。

当時は馬の世話係の兵隊が馬に蹴られて死ぬ事もよくあったけど、彼の家族には名誉戦死として伝えられる。

上官の虐めは酷かった。

とかかな。

2016-07-20

靖国神社について

うちの父は6人兄弟の5番目だったのだが

年の離れた伯父が二人従軍し、一人はシベリア戦死した。

戦死した伯父はまだ早稲田大学学生だった。

そんな遺体もないような戦死者を遺族はどこで悼めばよいのだろうか。

靖国神社以外の場所があるなら教えて下さい。

確かに従軍した人たちは大正まれで90代くらいで、その子孫たちも太平洋戦争には明るくはないと思う。

だが、安倍がどうこうという問題ではなく確かに戦争に行ってなくなった人たちはいっぱいいるの。

綺麗事かもしれないけど人殺しなんかしちゃいけないし人殺しに行って犬死なんてやっちゃいけないことなの。

そのために戦没者の霊を祀ることは大切なの。

みんなでお盆に思い出すことは大事なの。

我々が今平和に生きられているのは亡くなった先人たちのおかげなんだよ。

一年に1回ぐらい手を合わせたってバチは当たらねーよ。

2016-07-06

はてなスターウォーズの戦死者数は先の大戦でのそれを上回る

もう既に大惨事世界大戦はじまっている。

2016-07-01

赤井英和ファミリーヒストリー

やってたけど気持ち悪い編集やったねー

航空隊の訓練官として特攻隊員を育て戦地に送り出してきた父親のことを

「あの人は他の人とは違って優しかったね」「戦死した隊員のアルバムを見返してたよ」「本当は心を痛めてたんだよ」

みたいな美化が本当にきつかった

実際のところはボロボロに扱きまくって「名誉なことだ!!!」と子供特攻隊員に仕立て上げてた戦犯やんけ

子供のしつけもできず不良で喧嘩ばかりのクズに育ててるし

 

編集次第でこんなに美化できるんだとびっくりしたわ

2016-06-10

神は何のためにいるの?

私にはわからないのだ。神が何なのか、人が何なのか

私はただあの少女の結末を見届けるだけだ・・・



神が落とさなくても天罰は下るのだ

戦死者でもなく英雄でもない女の子をAに選定することはできないんだよ。




神は定められた役割しかできない。それ以外のことはできない。

それでも、神様存在する。そう信じるだけで人の心は希望に満ちる。

でもね、時々わからなくなるの。

人は何を信じて生きればいいのか。 神の使いとしては何をすべきなのか

2016-03-14

http://anond.hatelabo.jp/20160314142311

いい年したおっさんが、夢中になれるものが 艦これくらいしかない人生絶望し、

戦死という選択肢を選んだとしても、誰にも責める権利などない。

2016-02-19

日本徴兵制を敷くことをオススメする3つの理由


1、 近隣諸国に対して抑止力になる


自衛隊技術や知識のない若者を集めただけでは、まったく役に立たない。

なので、徴兵しても意味がない、そういう意見があるがそれは間違いだと思う。


徴兵制を敷くことで、日本は一夜にして最低でも数十万クラス兵力を確保できるはずだ。

これにより、政府は「現在日本には100万の兵力がある」と、近隣諸国宣言できるのだ。

実際のところ、徴兵で集めた若者の個々の能力なんかどうでもよい。数字だけでよい、それだけで大きな抑止力になると思う。

(受け入れるための基地がないとか、財源はどうとか、現実的ツッコミどころは満載だが、話を進める)


で、現在日本において、現実的有事とはなんだろうか? おそらく、近隣諸国との武力紛争なんかではないと思う。

地震洪水豪雨といった自然災害、それが日本現実的有事ではないだろうか。


なので、徴兵で集めた若者には、軍事的な訓練を施すことも大切であるが、それよりも防災に関わる教育や訓練をメインに施せばよい。

兵役を終えた若者の多くは、社会に帰ることになる。防災の知識、技術を持った若者たちがいれば、有事(災害時)に大きな助けになるはずだ。

災害から地域家族を守る為の知識や技術が身につくことは素晴らしいことではないだろうか。

まさに一石二鳥である



2、 戦争のアホくささが身に染みてわかる


本稿を書いている本増田は、自衛隊の在隊経験である

在隊中、戦争状況を想定した訓練を何回も経験したが、実際はテレビ映画で見るような戦争状況とはまるで違う。

テレビ映画では、自分や仲間がどのような状況にあり、敵がどこまで迫っているのか、神的な視点があるが、

実際の戦争状況下では自分が一体何をやっているのか、まるで分からない。


直属の上官にここで穴を掘れと言われ掘る、歩けと言われれば一晩中歩き続ける、

よくわからないまま朝になり、とぼとぼ歩いていると、突然あなたはたった今戦死したと訓練の指導員に宣言される。

なぜ戦死したのか聞くと、肉眼では確認できないほど先にいる対抗部隊の敵戦車に撃たれたとのこと。

実戦ならこれで終わり、よくわからないまま死ぬである


よくテレビなどで自衛隊活躍を持ち上げられ、カッコよさを全面に押し出している感じを受けるが、実際には規律ある厳格な組織だ。

そこには個々の意見感情なんか関係なく、命令しかない世界なのだ


本題に戻ろう。本稿は徴兵制オススメしている。

訓練であるが、徴兵されれば戦争状況を模した訓練を行う。若者たちにこれをぜひ一度でもいいから経験してほしいのだ。

実際に銃を持ち、雨に打たれて、重い装備を背負って歩き続け、先の見えない状況で疲労困憊になる。

私自身、訓練中に精神的な不安から軽い呼吸困難になったり、幻覚が見えたりする経験をした。


たとえ訓練であっても、戦争状況のつらさ、理不尽さを体験できることで、考え方に大きな違いが生まれるかと思う。

から教えられた、本を読んで得た知識、それらとはまるで別物の考え方だ。


私は、自分経験を元に自分で考え、戦争なんか、軍隊なんかアホくさいという考え方の結論に達した。

自身経験し、考え、その結論に達した。人から教えられた、本を読んで得た知識から導き出した結論なんかじゃない。


もちろん、その逆の結論もある。ひとりの兵士として日本のために戦いたい、近隣諸国から日本を守る指揮官になりたい、

こういった考えを持ち職業軍人の道に進む、その結論に至るのも選択の一つだ。国のために貢献したい、その考え方もわかる。

現在世界情勢を考えると、そのような考えに至る若者も多いだろう。


きっと今日日本において義務教育だけでは、国のために何かしたいという考えには至らないと思う。

徴兵制度というきっかけによって、若者たちの考え方に選択肢が増えることは素晴らしいことではないだろうか? 



3.戦友ができる

3つ理由と題した本稿であるが、ここまで読んでもらって申し訳ない、1番目と2番目の理由なんかどうでもいい、上記はただのノーガキである。3番目が最大の理由だ。


数年前、90歳近い祖父が亡くなった。その通夜とき、見慣れない老人がやってきた。

話を聞くと、九州から通夜を行っている関東まではるばるやってきたという。

祖父と同じ90歳近いおじいちゃんが新幹線に乗ってたったひとりで。祖父訃報を聞いて、家族が止めるのも振り切ってやってきたそうな。


で、このおじいさん、大戦中は祖父と戦友で、九州部隊で苦楽を共にしたという。終戦後腐れ縁でいろいろとつるんでいたらしい。

祖父は、初孫だったら私の事もいろいろとこのおじいさんに自慢していたみたいで、見ず知らずのおじいさんが私のことをよく知っているという奇妙な体験をした。


先述のとおり、本稿を書いている本増田は、自衛隊の在隊経験者だ。ごく僅かな時間しかさなかったが、このおじいさんの気持ちというか、意気込みというか、

祖父とこのおじいさんの関係とか、そんなことが私にはなんとなくわかった。私にも腐れ縁のような友というか、戦友がいるからだ。


軍隊とか自衛隊のような特殊組織のなかで苦楽を共にすると、なんというか説明が難しいが、不思議友達ができる。

それは友達といっても学校職場友達とはまるで違う。一生付き合うことになる戦友というか、親友ができる。

徴兵制オススメする最大の理由はこれだ。



以上、長文ですまない。

2016-01-25

ある少年飛行兵の話し

から71年前の1945年1月25日、彼はフィリピン沖で護衛空母特別攻撃実施し、戦死した。

私は彼の存在老人ホームでのボランティアで知った。

陸軍飛行場が近くにあったこの地域では、東大に入るのと同じくらい難関のパイロットという道が、

現実的ものとして認識されていたようである

彼もまたそんな軍国少年の一人で、軍人になることを決意し、陸軍少年飛行兵となった。

彼が乗ったのは「戦闘機」ではなくて、「爆撃機」だったそうだ。

99式双発軽爆撃機通称「99双軽」と呼ばれたその機体は、かの有名な零戦と同じく、

序盤はその軽快な運動性で戦果を挙げていたが、後継が続かずに旧式化していった歴史を持つ。

入隊して以降、実家へは手紙も寄越さなかったそうである

ただ一度、その99双軽で帰ってきたことがあったそうだ。

彼の乗った99双軽は実家のあった大字上空で旋回、上昇、降下といった曲芸飛行を見せた後、

小学校の校庭に彼のしたためた遺書を投下して、飛行場へと消えた。

弟の方がこの一部始終を見ていて、曲芸飛行の様子を教えてくれたが、その飛行の意味は分かっていないようであった。

飛行機特に大戦中のレシプロ機はとてもデリケートな乗り物で、華やかなイメージとは裏腹に、

常に危険と隣り合わせの代物であった。

急降下爆撃を念頭に置かれて開発された99双軽も、降下速度を見誤れば引き起こしの際に粉々に吹き飛ぶし、

戦闘機に比べて機体が重い爆撃機は旋回や上昇での失速も激しい。

操縦手達もレッドアウトやホワイトアウト危険さらされる。

恐らく何時間にも及ぶ訓練の中で、彼は自分と機体を極限まで追い詰め、その操縦スキルを手に入れたのだろう。

彼はその後大陸戦線へと送られた。

恐らく、故郷上空で見せた急降下で敵の車両拠点に爆撃を加えたのだろう。

そして、それは最後特攻の際も恐らく――。

記録は残っていないが、さんざんっぱら旧式化した双発の爆撃機である

戦果は無かったろう。

享年19歳。

19の青年ができた最後親孝行が「急降下」を見せることであったことを思うと、今でも胸が苦しくなる。

只今は誰にも看取られることなく逝った彼の無念を思うばかりである

2015-12-27

二次スパロボαの ”ガンダムセンチネル” について今更だけど考えてみる

年末年始になり、見たくて録り貯めた番組映画を消費するように途中のままのゲームをやり込める時期がやってきた。

はいうけど、データは古いし何をするんだったっけ?ということになり、折角だし最初からやるかとなるだろう。

久々に第二次スパロボαを最初からやることにした。とは言っても久々だし今出ているシリーズなどと比べるとかなり古いものとなるが、ある事を検証したくジックリはじめた。

それは『ガンダムセンチネル枠は第二次αで”正式に”参戦する予定だった』のではという事。

とは言うが、もう大分ネットでもα(PS2リリースした2作品)の没データからセンチネルの機体が出てきているのは解っている。ニコニコYouTubeでも没データ存在が流されている。(真偽はなんとも言えない…)

動画http://www.youtube.com/watch?v=c-Acb7nRGEA:movie



では第二次スパロボαで"正式に"参戦する予定だったのか。

1・センチネル版バーザムの存在ガンダム量産化計画

先ずは敵ユニットのバーザムのデザインだ。

ユニットのバーザムはアニメ機動戦士Zガンダムの機体だが、センチネルでも登場する。機体デザインアニメ版とは異なり、設定にもある「ガンダムMk-Ⅱの量産型機」と言うのをリファインさせて登場している。

今回のα2ではこのリファインバーザムが登場してくる。

という事は『リファインバーザム=センチネル枠』の可能性があった。


また本作ではアムロ量産型F91を計画している事である

量産型F91クロスボーンガンダムに登場するが、今回はシャアや他勢力との対抗策としての1つとしてF91の量産化をしているが、ここでも1つの可能性がある。それがZプラス存在である

センチネルでのZプラスエゥーゴの協力組織ラバによって一定数量産化されている。

まり実質的量産型Zガンダムと言える。

上の動画にもあるようにZプラスアムロ機と通常型(というが形はC1である)がある。

また本作では量産型νガンダムゲスト枠として3機登場しており、ガンダムタイプを量産化させる事をしていた事が伺える。

しかしそれだけでの理由で枠があったとは言えない。第一、スパロボではゲスト出演枠がある。例えばα2では”ブラックゲッター”や"Hi-νとナイチンゲール"に"量産型ν""F91"がゲスト参戦となっている。(ブラックゲッター作品名ゲッターロボ名義で、Hi-νとナイチンゲール量産型νは逆襲のシャア名義、F91は人物や機体が参戦しているが本作ではストーリーが完結した後でありF91内では戦死しているピルギットやアンナマリー等は前々作PS1のαから引き継いで参戦で機動戦士クロスボーンガンダムを軸にして設定を活かしたオリジナルストーリーとして参戦している。)

またZプラスの量産化であるが、それ以前にリガズィの存在がある為、本格的なZプラスを量産化させる矛盾が生じるのでこのZプラスの量産化させる仮説は正しいとは言えない。


2・センチネル枠のニオイ

では次にリファインバーザムを使用する敵を探ってみる。

リファインバーザムが早く登場するのはアラドからである。ここではヒロインが搭乗したり前作のα外伝でしぶとく生きていたヤザンたちが使用して襲撃するところがある。

ここでのヤザン主人公らは前作で壊滅させられたティターンズの生き残りであり、主人公ロンド・ベルに助けられてからロンド・ベル本拠地であるロンデニオンを襲撃や月面での襲撃を行っている。

ここで注目していただきたいのは『序盤のヤザンアナハイムのオサリバンとの会話』である

アラド編の序盤、ヤザンらは新たな戦いを始めようとしてアナハイムのオサリバンから情報提供しろ」という会話から始まる。

そこでヤザンは「ガンダムタイプくらいよこせ」と嘆いている。このやり取りで見方によると「ガンダムMk-Ⅴの存在は知っている。だから乗り手に困ってるなら此方によこせ」とも言えそうだ。

リファインバーザムの存在ヤザンアナハイムへ「ガンダムをよこせ」の会話。なんとなくここからセンチネル存在が見える気がする。

更に話を進めると、ロンデニオン襲撃である。ここではロンド・ベル艦隊を集結させて新たにシャアが率いるネオジオンクロスボーンガンダム木星帝国、異星人や地下組織などに対抗する為に集結したところをヤザンティターンズ残党が襲撃する。ここでヤザンガンダム0083のGP02とオリジナル機体のビルドファルケンを奪っていく。

ここでもセンチネル存在が仄かに感じ取れる。

センチネルでは『反乱を起こしたニューディサイズ(詳しくはwikiガンダムセンチネル"ニューディサイズ"で)の討伐隊を任せられたブライアンエイノーが艦隊ごと連邦軍を離反する』というのが描かれている。という事は『GP02=ガンダムMk-Ⅴだった』という事も言える。しかもそこに艦隊を集結させる為に残党をかき集めるオサリバンと嘗て特別機が回ってくるロンド・ベルへワザとMk-Ⅴを送ったという、なんとも回りくどい事が出来たのかもしれない。またこのステージの前にあるアルビオンがロンデニオンへ入港するのは「ブライアンエイノーがロンデニオンへ入港し、ヤザン等がワザと襲撃させ、艦隊の集結を早めさせドサクサに紛れて襲撃する序章」になったのではとも言える。

そして最後に月面での襲撃だ。

ここではアクシズへ向かうか月面へ向かうかの分散ルートであるが、ここで月面を選択するとZガンダムとGP03で襲撃するヤザンたちを阻止する話となる。

ここでは色濃くセンチネルが出ているのが解る。月面都市への襲撃はセンチネルで言う『エアーズ市攻防戦』であろう。

実際のステージは既に多くの機体がネオジオンによって構成されており、その後敵増援として量産型F91が登場する。

仮説であるが、このステージは隊を分け、一方はガイキングセンチネル、もう一方はダイモスZZ分散となるのだったと思う。

そして最後に5htルナ落下イベントだ。最後にガトーがノイエジールで核を駄目押しさせるのがある。ここはセンチネルでいう最後のシーンになったとも言える。ゾディアックの登場はこの5thルナ落下で登場したのかもしれない。


しかし反対意見としては

1.ヤザンガンダムタイプをよこせ=Mk-Ⅴとはいえない

2.ロンデニオン入港でのアルビオン存在と第四小隊の復活

3.月面襲撃がティターンズ残党がネオジオンに吸収後とZガンダムの「アポロ作戦」との同一視

4.5thルナ落下が「星の屑作戦

がある。

ここで1.〜4.が言えるのはセンチネル参戦が断念されたときシナリオを改編したとき矛盾を解消させるための措置があったのだろうと言えることだ。

1.は単純に『アナハイムならガンダムタイプぐらいあるだろ』というボヤキにもなるし、そもそもMk-Ⅴとは言ってない。

2.は0083枠が既に第1作のαからある為。

3.はシナリオ改編後の後釜としてZガンダムの「アポロ作戦」が使われた他、その頃ではネオジオンに吸収後だった為である。またネオジオンに吸収されるのはこの枠の戦力がここまでにティターンズ残党だけの戦力で襲撃は不可能だと思われたからであろう。

4.5thルナ落下は0083の星の屑作戦がこれに使われ、またメインシナリオ逆襲のシャアであった為だろう。

では何故ここまでセンチネルの参戦可能性があったにも関わらず見送られたのか。

3・可能性

現在有力な理由としては「版権問題」が有力視されているであろう。

が、この理由に疑問が残る。何故版権問題理由に参戦できなかったにも関わらず、リファインバーザムが参戦できたり、本シリーズ再現できなかったガンダムZZストーリーや実質ゲストとして登場した量産型νやHi-νが登場できたのか。

ここで思うに「実際はセンチネルは参戦できていた」とも考えられる。

その理由としてはプラモ存在だろう。

MGHGからセンチネルシリーズが多く企画され登場したのが2001年から2005年頃。

またMG Ex-Sガンダム2003年だ。

この事からバンダイでもセンチネル企画が盛り上がってたのだろう。そこへ2003年3月発売になる第二次αだ。

ある程度グラフィックなどが出来上がった時点でも多分2002年の中頃だろう。しかし今回のスパロボ画期的アニメーションでの演出が予定されていたので参戦枠に限りがある事があったのだろう。グラフィックは完成できたものの、その容量が間に合わなかったのかもしれない。

このことからネットでの「版権問題」が上がり、センチネル絶望的となっているということが一人歩きしてしまったのだろう。(多分)

しかし本当に第二次αでの演出検証して見る限り、センチネルが参戦できた枠があったのは確かだと思う。

だが忘れてはいけないのが、この話はあくま検証であり、真実とは言えないのだ。本当に参戦できたのか、はたまた版権問題だったのかは謎だが”センチネルが参戦できた可能性はあった作品”だと個人的には思う。



現在スパロボシリーズリメイクされたのがPSP移植された『A』と『初代』コンパクトシリーズの第二部をまとめた『Impact』そしてウインキーソフト時代の『DC戦争シリーズ(第2次〜第4次)』などが挙げられる。

可能性としてαシリーズも考えられるが、全αシリーズを通じてのシステムαシリーズというブランドシナリオとして完結されているため、リメイク企画としてはとても難しい。また昨今のゲームDLによる追加コンテンツなどもある為、リメイクするとなると難関な企画となるだろう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん