「焼け野原」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 焼け野原とは

2016-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20160524135716

結果が出るまでに100年懸かる投資もあるけどな。

具体的に言うと、関東大震災の後の東京都市復興計画。

これは東京のやたら密集してて道路も狭いおかげで火事になったときにえらい広い範囲が焼けてしまうっていう問題解決させる為に道路広くしたりなんだりしたんだけど、これはもちろんもう一回関東大震災が起こることを予定して行った投資だ。

で、結果未だ関東大震災は起こっていない。東日本大震災ではそもそも火災が起こるようなレベル被害は無かったしな。

そういう意味でも、後藤新平都市復興計画は「無駄投資」だったわけだが、これを誰が非難できる? 因みに、関東大震災の後東京大空襲とかで東京焼け野原にされてるぜ。

2016-05-06

石原慎太郎歴史捏造体質

かつては田中角栄を「金権政治」と批判していた石原慎太郎が、田中角栄の本を書いて、「角栄がいかに素晴らしい政治家だったか」を吹聴して歩いている。

そのこと自体にそれほど関心はなかったのだが、先日たまたま慎太郎

角栄は素晴らしい政治家だったのに、アメリカに逆らったから、ロッキード事件人格まで否定された」といった趣旨のことを新聞紙上でのたまっていた。



アメリカに逆らったからかどうかは置くとしても、田中角栄ロッキード事件政治生命を絶たれた、というような、雑な理解をしている人は多い。

酷いのになると、ロッキード事件のせいで首相を辞めたのだと思っている奴までいる始末だ。

ちょっと当時のことを調べれば、事はそんな単純な話ではないこと位、すぐわかるのに。


まず、「ロッキード事件のせいで首相を辞めた」は完全な間違い。

事件が発覚したのは、角栄辞任後である



太閤と呼ばれたの田中角栄総理就任したのが1972年7月。その時の支持率70はパーセントを超えたという。

その後、日中国交回復を成し遂げたあたりまでは良かったが、その後支持率は降下しはじめる。

なぜなら、自らの主導した「列島改造計画」による地価高騰やオイルショックによって引き起こったインフレ(当時「狂乱物価」といわれたらしい)に

有効対策を打てなかったからだ。

気が付けば、支持率20パーセント前後まで低迷。


そこに追い打ちをかけたのが、文芸春秋掲載された立花隆の「田中角栄研究」と児玉隆也の「悲しき越山会女王」という論文だ。

いわば「文春砲」のルーツである。まあ、こちらは「週刊文春」じゃなくて、月刊の「文芸春秋」だけれど。

ちなみに、そのひと月前には、石原慎太郎田中角栄批判論文ものっていたらしい。


もともと金政治家との評判が高かったところへ、事前の期待ほどの成果を上げず、国民失望を買いつつあった田中角栄は、

外国人記者クラブ」の会見で袋叩きにあい、その後、辞任を表明する。


アメリカ上院ロッキード事件が発覚したのは、そのあとの話である



田中角栄という人は、多分、焼け野原になった日本復興を推し進め、同時にその利益

雪に閉ざされた故郷新潟に力づくで誘導することで、首相上り詰めた人なのだろう。

そんな「コンピューター付きブルドーザー」には、

自由主義経済第2位の経済大国を率いていくためのプログラムは、組み込まれはいなかったんじゃなかろうか。

ロッキード事件があってもなくても、早番行き詰っていたのだろう。


慎太郎は、ロッキード事件角栄人格まで否定されたというが、

別にロッキード事件政界から石もて追われたとか、そんなことがあったわけではない。

まあ、朝日新聞あたりは、人格まで否定していただろうが。


ロッキード事件後も、「闇将軍」として自民党で一番結束の固さを誇る派閥を率いていたし、

中曽根康弘なんかは、その内閣があまりにも田中角栄の影響力が強すぎて、「田中曽根内閣」などと揶揄されていた。





以下、個人的な思い出になるが、田中角栄ロッキード事件の第一審で有罪判決を受けたころのことは

幼心になんとなく覚えている。

元総理の現職国会議員有罪判決を受ける」という、日本憲政史上初めてのニューステレビは沸き立っていた。

一方で、田中角栄という人は、選挙で絶大な強さを誇り、新潟三区トップ当選し、選挙民が万歳する様子も

必ずニュースで放映されていた。


自分父親は、朝日新聞を信奉して世の中をみる昭和インテリ気取りだったから、

こうしたニュースを苦々しくながめ、

「ああいうのが日本を悪くする」「新潟田舎からあんな奴がいつまでもトップ当選するのだ」などと言っていた。




田中角栄にとどめを刺したのは、ロッキード事件でもアメリカでも文春でもなく、

DAIGOのじいさん(竹下登である

将軍の下についていては、何時までたっても総理大臣になれないことに不満を持った竹下は、

田中派から独立して自分派閥(創政会)を立ち上げる。


配下裏切りに心乱れ、毎晩オールドパーを浴びるほど飲んでいた田中角栄は、創政会立ち上げの20日後、

脳梗塞に倒れる。

田中角栄の魅力の一つに、その類まれなる演説があったのだが、

脳梗塞言語障害が残った彼に、その力を再び発揮するのは不可能だった。




石原慎太郎という人は、まさに同時代政治家として生きていたのだから、こうした経緯を知らないはずはないのだが、

意図的なのか、都合のいい忘却体質なのか、こういうことを全て無視して適当なことを言う。

本人が言うだけならいいのだが、それをありがたがって拝聴するバカいるからタチが悪い。 


歴史ねつ造、というのは、主に第二次大戦以前のことについてよく言われるワードだが、

石原慎太郎角栄に関する発言を見ていると、「ああ、こうして日々新たな歴史ねつ造されていくのだな」というのが良くわかる。


自分の都合のいいことだけをとりあげて、自分理想の世界をどうしてもつくりたいのならば、

本当に「小説の中」だけにしてほしいもんだ。

せっかく政治家引退して、専業の小説家に戻ったのだから

2016-04-28

ルールに守られた美意識プロレス

正しいことをやってる、正しいことを言ってるのに受け入れられないと憤る人は、ルールに縛られながら一生を終える

受けるかどうか幸福かどうか、受け入れられるかどうか成功するかどうかは正しさと関係がない、という話を為末大発言していた。

相変わらず冷血かつ偉そうな感じで挑戦的に語ってたけど、とってもわかるよ。

だけども反対に為末の言うとおりに正しさに憤ることがなくなったら、ただセコい手を使ってでも生き延びようとする人が増えるだけ。

せこくても面白ければいい。ルール無用で勝てばいい。そういう世界には美意識がない。

あ、これマジな内容ね。なんか最近はマジに心象を吐露しなくちゃいけないらしいので。



タイトル加筆。マフィア誕生は元々自警団からだそうで。自警団にもマフィアにも美意識はあるけど、

やりたい放題の焼け野原から意識は立ち上がってくるかもしれないよね。勝手ルールができて。

2016-04-25

memo

都市ガス形式

13A, 12A

数字はガスの発熱量を表す.13の方が発熱量が多い.

アルファベットはガスの燃焼速度を表す.Aは遅い.Bは中間.Cは速い.

13A, 12A, 6A, 5C, L1, L2, L3のガスが供給されている.

敷金礼金

戻ってくるもの

"敷金","保証金" といった名前のものがあり、関東方面では一般的敷金と呼び、関西方面では保証金と呼ぶようです。

戻ってこないもの

礼金仲介手数料

戦後間もない頃、日本焼け野原で住む所さえない状況でした。

そんなとき、住む場所提供してくれる人に対して、

感謝気持ちを表して、お金を包んだことがはじまりと言われています

家電リサイクル法

一般家庭や事務所から排出された家電製品から有用な部分や材料リサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源有効利用を推進するための法律です。

上記の家電製品対象

ムール貝ムラサキイガイ

オヤギはバカガイバカの由来は諸説ある.

2016-04-22

なんつーか、最近はてなのもめ事ってぬるいよね

なんか全体的に、もめ事として小粒になってしまっているって感じがする。

昔の、はしごたんとMasao_hateとか、Marco11が全方位にかみついてた時とか、ソラノート事件の時とか、MidasとD_Amonがもめてた時とか、

松永英明オウム関連とか、えっけんと周囲のもろもろとか、ああいう周囲一面が焼け野原になるような感じのもめ事が最近観測できない。

今ああいうもめ事ってどこで起きてんの?

2016-01-16

http://anond.hatelabo.jp/20160116162507

別分野だが、この増田には同調せざるを得ない。

焼け野原でしょみたいな発言は、その現場にいる人から絶対に出てこない言葉で、結局ワナビ用語だと思って俺は無視している。

パラダイム機能するかどうかは分からないし、効率が落ちることもあるかもしれないが、それでもやらない奴より、やってる奴のほうがはるかにいい。

http://anond.hatelabo.jp/20160116152421

こういう知ったかぶりバカが偉そうに新参者を除外しようとするのは典型的パターンですが、非常に良くないですね。

ベクトルクラスタリングは奥の深い話ですし、現在考案されているアルゴリズムはどれも完璧とは程遠いものばかりです。

この分野ではアイデア勝負なのです。いきなり初心者ブレイクスルーする可能性はまだまだ十分ありえます

ある問題が単体で面白いと思えてそこで独自アイデアを思い付き、そのアイデア自分なりに調査して一週間かけて実装する根性のある人は実のところあまりいないので、それだけでも大いに価値のあることなのです。

皆さん色々な理由を付けてそういうことをやらない。この分野は焼け野原だ、とかね。

2015-12-13

http://anond.hatelabo.jp/20151213111008

経済成長を唱える人は、それが現実にどういったアクションを起こすのか、よくわかっていないような。。

空襲焼け野原だった敗戦直後や、アフリカ原野なら、倍々ゲーム経済成長するけれども、今の日本は、道路は全てアスファルトで固められ、住宅は作りすぎて空き家だらけ。何を経済開発するんだい? 汗水たらして更に空き家を増やしても、経済成長はしないんだよ。

からこそ戦前は、「満州国原野を切り開こう」といった経済開発ギャンブルをやろうとした訳。イギリスは見事勝ち抜けて、インド香港をゲットしたね。

2015-12-01

愛知県警による『美濃加茂焼け野原に』発言

そういえばそんなこともあったっけ

2015-11-18

FBトップ画像フランス国旗にして応援する気にはなれない件

フェイスブックフランス国旗の色にしてる人たちがいる。

悪いけど賛同できない。

ちょっと話が逸れるが、聞いて欲しい。

キーチ!!」とその続編「キーチVS」っていう漫画

キーチ!!」とその続編「キーチVS」っていう漫画がある。

ネタバレしてしまうと、「キーチ!!」は一人の直情型のコミュ障少年電通によってカリスマにされるまでの話。

少女買春に腹を立てて、少女を買った権力者たちをぶん殴りまくってヒーローになる。

キーチVS」は、在日米軍ひき逃げ大人の事情でうやむやになったことに腹を立て、権力者たちを拉致る話。

在日アメリカ軍司令官経団連会長、前総理大臣拉致監禁やらかし、一転、テロリストとなる。

電通によってカリスマにさせられた彼は、電通によって悪の化身にされる。

富士樹海に逃げ込んだ一味は、アメリカ軍空爆される。

日本国主権無視して、アメリカ富士樹海焼け野原を作り、地上部隊を投入して主犯の主人公銃殺される。

「あやまちは繰り返しません」という平和記念碑が爆撃地に建てられる。

おしまい


というあらすじ。

さすがに、いくらテロリストがいたとしても、日本にいる犯罪者日本警察差し置いて、米軍が始末するっていうのはどうかな?

それも、空爆とかね。

って思った。

でも、今行われてる空爆って、そういうもんじゃなかろうか。

空爆はどういう理屈正当化されるのか?

アメリカフランスシリアに対して宣戦布告しているわけではない。

イスラム国宣戦布告、といっても国として認知してるわけではない。

領土主権国民も認めていない。

あくまシリアの(テロリストがいると思われる)一部地域に対する空爆

考えてもみろよ。

自分の隣に悪い人がいたとする。

それを警察が捕まえにくる。わかる。

軍が捕まえに来る。…わからないでもない。

他国の軍が地上部隊でやってくる。…わからない。

他国の軍が民間人もろとも空から爆撃。…わからない。…わからない。

なりふり構わない行動に出ている相手に対して、なりふり構わない行動で返していいものだろうか。

世の中を変えたかったら、選挙政権をとって、外交努力をして、それでもダメだったらきちんと宣戦布告をして、という正規手続きをしていない敵だからといって、空から爆撃とかそんな非合法手段をとっていいものだろうか。

法治主義VSテロリズム人道主義VSテロリズムであるためには

フランスイスラム国であるべきでも、キリスト教国対イスラム過激派であるべきでもない。

法治国家テロリストであるためには、法に従った行動を取るべきだと思う。

正当な手続きすらとらずに自分たちを爆撃する異国の軍隊は、住民にとってはテロリストしかない。

難民に紛れ込んだのではないか、だから難民を受け付けてはいけない。ということを言う人がいる。

フランスでは非常事態宣言をひかずにもモスクを閉鎖したり出来るように憲法改正したいという。

フランス人100人の命は、何万人もの難民の命より重いのか?

勝手フランスよりアメリカだ。

そもそもは、反米政権は打倒されるべきとして、アサド政権打倒のためにはもISの勢力が増すことはやむなしという姿勢のせいなのは言うまでもない。

アサドイランは仲良し。つまりアメリカの敵。

アサドイランが目の敵にするISは敵の敵だからお目こぼし、という最初理屈から大間違い。

さて、長くなったけど、そんなこんなで、私は加害者を憎み、被害者に同情する。

でも、フランスとかイスラム国とか宗教とか、特定グルーピングで、彼らを支援したり、避難したりはできない。

イスラム教徒でひとまとめにしたり、フランスでひとまとめにするのは、おかしい。

平常運転で、例え殺されようとも、一日一日を秩序のなかで生活すべきだ。

2015-11-07

ヒロシマナガサキ反戦反原発ニュースを聞くたびに、ちびちび太平洋戦争原発の知識を主にNHKスペシャルwikiを中心に仕入れていったんだけど、知識が増えれば増えるほど原発作成した連中に対する尊敬の念みたいなのが沸いてくる。

よくあんもの戦争が始まってからわずか数年のうちに完成させたと思うし、起爆装置に爆縮なるまったくあたらしい手法四方八方から突っ込みいれてブチ切れるまで弄る~を考案した奴なんて、心底天才だと思う。




問題は、国民総死兵化政策をとって米軍にこっぴどく抵抗し大損害を与えた日本軍方針と、とりあえず弾はぶち込んでナンボって考える米軍脳筋将軍他、実際に非戦闘民に爆短投下決定したIQのそれほど高いほうじゃない米軍幹部にある。

ヒロシマが狙われたのだって、よくよく考えると日本帝国海軍の移動HQである戦艦大和はだいたい瀬戸内海隠れてた居を構えてたし、その関係海軍関連施設内海に集中してたらしいし、近いうちに空襲受けるのは時間問題で、それが後回しになったんで原爆が落ちてきたって感じだったんじゃねーのかなって思う。

実際私が住んでる太平洋岸の街にはでかい戦艦がらくらく着く港があるので、ヒロシマナガサキよりも一年上前に速攻で空襲受けて市街地焼け野原でした。

2015-10-13

増田興亡記(改稿)

ブクマカ国のブックマーク人・ブクマ二世がマスダー国の城塞都市に攻め込みました。対するマスダー国は降伏と見せかけブクマカ国の中に何人かの間者を潜りこませました。彼らは国を明け渡しつつもブクマ二世不正を掴むと公表駐屯地兵士植民地移転してきた一部の民衆を混乱させます。そのどさくさに紛れてマスダー国王・マスダー二世暗殺者を送り込みブクマ二世暗殺を計画。暗殺成功し、ブクマ陣営さらに混乱して指揮系統の乱れを起こします。ゲリラ戦を得意とするマスダー国軍は逃げる敵兵を邀撃作戦により追い打ちをかけ、城塞内部で皆殺しにしてしまいました。
 ブクマ本国ではこれを重大な問題と捉え、かつ前王ブクマ二世がマスダー国の力量を侮ってしまった態度を反省します。ブクマカ国はマスダー国に使者を送りました。「大軍をもって貴国を制すが、もし降伏するなら軍は差し向けない」としたもので、その条件は毎年朝貢としてマスダー国が存続できないほどの大量の兵糧を収める、というものでした。ただし自治は認められており、内政干渉の条件はありません。高圧的な条件に怒ったマスダー二世は軍の総大将マスダンメルの意見意見を聞かず、出撃・布陣します。その動きとほぼ同時にブクマカ国も布陣。しかし両陣営の戦力はブクマカ国一万に対してマスダー国五千。とても総力戦でマスダー国に勝ち目はありません。とはいブクマカ国半分の勢力に対して全くブクマカ国が損害を出さずに勝利する事はやはり不可能で、敵が死にもの狂いと見たブクマ三世は、陣を横に広げて威圧しながらも考えあぐねるのでした。
 ここへとある陣営が現れます。巨大連ダイアラ帝政共和国ジンキー国の二国です。彼らは大量の兵と軍旗を掲げて両陣営に圧倒的な力量を見せつけます。特に人数は少ないとはいえ、科学力に裏打ちされたダイアラ国の鉄砲部隊にはブクマカ、マスダーともに敵わないことは明白でした。ダイアラ国の使いは見下した態度でいいます。「両陣営我が国仲介によってこれより連合国の一翼として迎える。この戦争を治めた我が国への礼を十分に噛み締め、連合の一員としてよく働くように」。この言葉を聞いたブクマ三世、マスダー二世屈辱にまみれながらも首を縦に振るしかありませんでした。なぜならダイアラ連合連合とは名ばかりの、内政干渉強制する事で有名な体制だったからです。しかし取り込まれた両陣営もただでは転ぼうとはしません。一時的な共闘関係となったブクマ三世とマスダー二世は手を結び、内部に幹部を送り込みます。一部はそのまま寝返りましたが、多数は混血して生き延びました。彼らは独特の符丁を用いて密かに意思を疎通し、ダイアラ国を両国のものとして乗っ取ってしまます。これを良しとしないダイアラ国の民衆地下活動を起こし国は混乱、豊かな科学力を持ったダイアラ国は崩壊して行き、ジンキー国は援助を拒否ダイアラ国の故地ダイアリーの地は荒廃し続け、結果的に彼の地は住める焼け野原、という皮肉めいた名称で呼ばれる事となりました。



さて問題です。ブクマカ国、マスダー国、ダイアラ帝政共和国ジンキー国のどの国に一番問題があると考えますか。どれでもない、どれも悪いは除外して考えて下さい。

増田興亡記

ブクマカ国のブックマーク人・ブクマ二世がマスダー国の城塞都市に攻め込みました。対するマスダー国はブクマカ国の中に何人かの間者を潜りこませ、国を明け渡しつつも王の不正を掴むと公表して、駐屯地兵士植民地移転してきた一部の民衆を混乱させます。そのどさくさに紛れてマスダー国の王は暗殺者を送り込みブクマ二世暗殺を計画。暗殺成功し、ブクマ陣営は混乱して指揮系統の乱れを起こします。ゲリラ戦を得意とするマスダー国軍は逃げる敵兵を邀撃作戦により迎え撃ち、城塞内部で皆殺しにしてしまいました。ブクマ本国ではこれを重大な問題と捕らえ、かつ前王の力量を侮った態度を改めました。ブクマカ国はマスダー国に使者を送ります。「大軍をもって貴国を制すが、もし降伏するなら軍は差し向けない」としたもので、その条件は毎年朝貢としてマスダー国が存続できないほどの大量の兵糧を収める、というものでした。これに怒ったマスダー国・マスダー二世は軍の総大将マスダンメルの意見意見を聞かず、総員布陣します。両陣営の戦力はブクマカ国一万に対してマスダー国五千。とても総力戦でマスダー国に勝ち目はありません。しかしマスダー国半分の勢力に対して全くブクマカ国が損害を出さずに勝利する事はやはり不可能で、死にもの狂いと見たブクマ三世は陣を横に広げて威圧しながらも考えあぐねるのでした。ここへとある陣営が現れます。巨大連ダイアラ帝政共和国ジンキー国の二国です。彼らは大量の兵と軍旗を掲げて両陣営に圧倒的な力量を見せつけます。特に人数は少ないとはいえ、科学力に裏打ちされたダイアラ国の鉄砲部隊にはブクマカ、マスダーともに敵わないことは明白でした。ダイアラ国の使いは見下した態度でいいます。両陣営我が国仲介によってこれより連合国の一翼として迎える、この戦争を治めた礼を十分に噛み締め、我が国の一員としてよく働くように、と。この言葉を聞いたブクマ三世、マスダー二世屈辱にまみれながらも首を縦に振るしかありませんでした。しかし取り込まれた両陣営もただでは転ぼうとはしません。一時的な共闘関係となったブクマ三世とマスダー二世は手を結び、内部に幹部を送り込みます。一部はそのまま寝返りましたが、一部は混血して生き延びました。彼らは独特の符丁を用いて密かに意思を疎通し、ダイアラ国を両国のものとして乗っ取ってしまます。これを良しとしないダイアラ国の民衆地下活動を起こし国は混乱、豊かな科学力を持ったダイアラ国は崩壊して行き、ジンキー国は援助を拒否ダイアラ国の故地ダイアリーの地は住める焼け野原、という皮肉めいた名称で呼ばれる事となりました。



さて問題です。ブクマカ国、マスダー国、ダイアラ帝政共和国ジンキー国のどの国に一番問題があると考えますか。どれでもない、どれも悪いは除外して考えて下さい。

改稿した原稿あり。

http://anond.hatelabo.jp/20151013191145

2015-09-18

http://anond.hatelabo.jp/20150918221603

政治家レベルっていうのは実は今のほうがマシなんだけどな。

原爆空襲焼け野原にして、報復怖いから非武装化して農業と軽工業の国にする計画だったのがソ連のおかげで主導権はアメリカが握ったまま経済軍事を強化出来たわけで。

昭和政治家のほうが冷戦体制タダ乗りしてるだけで良かったから何の苦労もなかった。

安倍ぴょん冷戦終わってお前らオワコン要らねになってた日本を無理やりアメリカにとって利用価値のあるポジションにするための苦肉の策をして、憎まれ役を買う損な役回りしただけ。

2015-09-17

安倍軍事帝国

古の時代極東日本という国があった。

海の底に沈んでしまっているが、元は緑豊かな国であった。

2015年日本国は揺れていた。

安保法案の成立を巡って与野党乱闘をしていた。

勝った安倍氏軍事帝国を作った。

手始めに北朝鮮侵略。そのままの勢いでロシア中国侵略

韓国台湾インドネシアラオスタイベトナムアメリカ

フランスドイツイギリスアフリカブラジルなどを侵略した。

しかし急激な侵略国連の怒りを買い、イタリアスペイン

アルゼンチンアフガニスタンポーランドミャンマーエジプト連合軍によって

市街焼け野原になった。

日本決死の反撃でオーストラリアニュージーランド占領するも、ハワイで兵の半数が餓死

同時に日本では反戦運動がおこり武装解除

その後は戦車の代わりにブルドーザーショベルカーによって占領された。

山という山は削られて日本海溝に埋められた。

都市なども埋められたので日本という国家はなくなった。

2015-09-06

からボールギャグを取ったパイマンが気を溜めて「性!欲!ッ!」と気を開放したら大阪市住之江区北島一丁目くらいの一帯を焼け野原に出来るから

2015-09-02

甘酒のおさんぽようじょ盗作だった件と、エンブレム盗作だった件は、よく似ている

「基本動作ができない若き時代の寵児。驚くべきネット民捜査能力あぶり出される業界構造稚拙ガバナンス。残される焼け野原と善良なプロへの迷惑。高まりすぎる管理コストと萎縮。そして何より消費するだけのメディア世論自戒を込めて。」

というツイートを見た。

「驚くべきネット民捜査能力」という点で、よく似ている。

2015-08-13

戦争」のイメージをどれか一つに統一して欲しい

この国って「戦争」のイメージがコロッコロ変わるよな

終戦記念日直前という時期的な要因もあるんだろうけど、今テレビ新聞でやってる「戦争」って、大半が太平洋戦争だよな

東京空爆で、広島長崎原爆焼け野原になったり、食料もろくに買えず大勢餓死したりしたやつ

ところが「戦争法案」とかい単語になると、なぜか現代自衛隊中東だかアフリカだかの最前線鉄砲ぶっ放しまくるようなやつになる

多分他にも色んな形の「戦争」があるんだけど、全部「戦争」で十把一絡げだから見分けるのが凄く面倒くさい

ビーフもポークラムマトンチキンも全部「お肉」で済まされてるような、そんな不便さを感じる

2015-07-21

http://anond.hatelabo.jp/20150720224322

答えになっているかからないが、もう一度レスする。

憲法九条事実上、何十年も停止されている状態なのに、本当に反しない範囲である必要があるのか?というのは今は論じない)、

もちろん憲法に反しない必要はある。「事実上何十年も停止されている状態」は君の解釈であって、共産党公明党国会議員と、その支持者に聞いたら違う意見を言うだろう。

ならば、憲法九条に反しない範囲でなら、政府判断によって、制約の具体的一形態がべつの具体的一形態に変化するのは元々ありえたはずじゃない。

これはそう。政府憲法解釈において、ある程度の自由度を与えられていると考えるのが妥当。ただ、その「ある程度の自由度」は当然限界があり、その限界世論とか今までの経緯とか学説とか現在政府が直面する状況とかによって決まる。集団的自衛権憲法で明示的に禁止されていないから行使可能だ、というのは君の解釈だが、学説の圧倒的な多数説は、昨年の集団的自衛権を認めた閣議決定は、政府に与えられた解釈権を乱用する違憲解釈変更だ、というものだ。


私はそれがどこまで妥当か君と議論し、説得できるほど憲法学に詳しいわけではない。ただ、安保法案は、憲法学会をまとめて無視してまで強行すべき緊急性があったとは思えない。学会無視し、世論無視し、野党無視し、メディア無視し、憲法まで無視するようなら、現に政権を担っている政府制御する制度はすべて無効になったということだ。結果として法案のもの日本の「国益」に資する行為かどうかにかかわらず、長期的に見たら、今回の法案制定プロセス全体の、日本国民主制度に対するダメージは大きいと考えている。



たぶん君と私では、政府暴走に関する危機感が違う。日本は十分に大きな国だし、地理的環境も恵まれいるから、他国政府の脅威より、自国政府暴走のほうが、国民福祉に関しては警戒すべき対象だと私は考えている。中国ができることはせいぜい沖縄独立させ衛星国にすることぐらいだけど、日本政府のものおかしくなったら、国民全体が悲惨事態になる。大日本帝国は、海外領土を一夜にして全て失い、本土すべてを焼け野原にし、沖縄では悲惨地上戦を行い、多数の国民餓死させ、多数の国民自殺攻撃を強い、全土が他国軍隊占領されるまで戦争をやめず、天皇死刑リスクおよび国土の分割リスクドイツ韓国)にさらした。

現在も、日本会議だとか、自民憲法草案とか、まず96条を変えたがることとか、メディアに対する規制が強まっていることとか、暴走兆しはすでに見せている。大正デモクラシー時代は、治安維持法とか想像できなかっただろうと思うよ。

2015-06-24

鷲巣は戦犯指定を逃れられるのか

昨日マックで知り合った女子中学生が「ワシズ様は戦犯指定を逃れられるのか」という話をしてきたのでここに書こう。ちなみにみんな大好き鷲巣麻雀の元締め鷲頭巌様の簡易年表は次の通りだ。

1890年誕生1912年東京大卒。内務官僚を経て特高警察1932年(42歳)警視1940年(50歳)権中警視警視長クラス)、1942年6月・ミッドウェー海戦敗北を見て同年内務省退職。1945年終戦(55歳)、GHQと麻雀する。1950年(60歳)頃コンサルティング会社「共立」が大当たりし莫大な財産を築く。1960年(70歳)、アカギ麻雀を開始。以後数時間程度アカギ麻雀を楽しんでいる。

鷲巣麻雀はその女子中学生が生まれる前から連載をやっているが、その数時間あいだに女子中学生タンパク質から卵子となり女になったのだという。

 

「私、この経歴を見て鷲巣は戦犯指定を逃れられるのかと思ったんです」

なかなか鋭い。鷲巣様はミッドウェー海戦での敗北を機に特高を辞め、戦犯指定を逃れられた、が公式なアンサーだ。公式アンサーに疑問を持つ女子中学生サンデル感を感じる。

だって1942年だとあまりに遅すぎるような気がして」

確かにその通り。広田弘毅なんか開戦にすら大してかかわらず、貴族院議員としてノンビリやっていたのにA級戦犯絞首刑にされている。1942年ミッドウェー海戦敗北を見て慌てて辞めた程度で戦犯指定を逃れられるだろうか。

「だから調べてみたんですけど、今度は戦犯指定を逃れられすぎると思って」

逃れられすぎる?

だって鷲巣様の経歴を見たら、別に辞めなくてもよかったんじゃないのかって思えるんですよ」

ここから俺は、マック女子中学生の長い話を聞くことになる。

 

(1)戦犯回避は余裕過ぎる

「鷲巣様は1942年に退職していますが、退職時の階級警視長クラスです。上から三番目ということは、長官ですらありません。せいぜい現場レベルでのトップといったところではないでしょうか」

特高警察については俺もよく知らないが、確かに特高警察警視長名前を僕はただの一人も知らない。今の、つまり2015年時点の警視総監名前ですらよく知らない。俺が知ってる警察官僚……後藤田正晴

「それは特車二課の課長さんでは?」

物知りだなぁ。しか冗談で言ってるんだろ。

「50歳で警視長という地位は、小町で自慢できる程度には高位だと思いますが、大出世と言えるほどではありません」

その通りだ。東京大卒という学歴が今よりも遙かにパワーがあった時代、50歳での警視長年功序列による通常の昇進とみてもおかしくはないだろう。

ゴーストップ事件はご存じですか?内務官僚と軍部昭和天皇を巻き込んで力比べをしたのですが、軍部が勝ったのですよ」

ほう。珍しい名前だ。アプレゲール犯罪っぽいが、調べてみれば1933年ことなのだな。それにしても何でも知ってるんだな。

「何でもは知りませんよ」

知ってることだけか、と思っていると、女子中学生iPadをおもむろに取り出し、アカギの7巻を開いた。

「鷲巣様はこの事件の時警視クラス。中堅官僚として事件のことを知らなかったはずはないでしょう。当然軍部嫌いにもなっていたはずです。このシーンですが」

軍部嫌いの特高!そういうのもあるのか。どうも東条とツルんで軍部の手先をやっていたイメージしかなかったが。なら話は違ってくるかもしれない。

「軍嫌いの鷲巣様は、内心軍部の手先として動くことを、心底嫌っていたのかもしれません」

なるほど。そうしたら、ミッドウェー海戦での敗北により退職、というのも少し意味合いが違ってくるね。

特高警察悪事責任から逃れる、とありますが、実際には鷲巣様はその悪事自分出世のために行っていたと考えるのが妥当ではないでしょうか」

ほう。出世のために?

東京帝大を卒業したのに、50歳にもなって全く無名の官僚です。岸信介は鷲巣様の6歳も年下ですが、すでに1930年代に一人で満州国を動かすほどの大出世を遂げています。当然エリートを自認する鷲巣様に焦りはあったはず」

鷲巣様が出世に遅れて焦っていた!そう考えるとこの数ページが全てオカズとして立ち上がってくる。

「世は軍部時代軍部に押されて内務官僚は敗北を味わわされ、軍部の手先として使われ、鷲巣様は出世に遅れ、やりたくもない共産主義者弾圧を行っていた」

悪事を好んでやっていたわけではないということだな。

「その通りです。そして辞めるきっかけを探していたところに、ミッドウェー海戦の敗北の知らせが舞い込んできた」

すると、鷲巣様的には。

ミッドウェー海戦日本を見限った、という『アカギ公式アナウンスンーの他に、鷲巣様は実は、もう一つ辞める動機を見つけていたのです」

というと?

軍部がヘマをやらかしてせいせいした、という気分です」

せいせいした?

「そうすると、軍部が総崩れになった後には、官僚の時代が来るのが必然というわけですが」

だったらやめなければ良かったんじゃないのか?

「そこです。最初は、それが分からなかったのです」

 

(2)辞めた理由はあてつけだった

「軍の時代が終われば、必然的に官僚達が軍部に代わって国を立て直す必要があります。が、鷲巣様は慧眼なので、その立て直しのために特高という汚い職業にかかわっていた自分はその将来の建設に関与できないと考えたのです」

それは公式通りだな。

「そうです。がしかし、ここで1942年での退職は早すぎるように思われます

え?なんでだ?

だって1942年段階で、日本空母を失っただけです。戦線を徹底的に縮小し、持久戦に持ち込めば、条件付き講和もあり得たはず」

それとイージスシステムさえあれば完璧だな。

「その条件付き講和を引っ張ってこれるのは官僚の仕事。仮にも帝大出の鷲巣様が、もし自らの絶大な能力に、絶大な自信を持っていたならば、その絵を描いた方が美味しい思いをできるはずでしょう?」

そうだろうか?もし失敗したら?

「もし失敗したら、という仮定を持ち出すならば、特高を辞めて官僚から足を洗い、市井の一人になるのではなく、何らかの形で政界に関与したり、東条内閣打倒の陰謀に関与したはず」

なるほど。ということは、鷲巣様は日本の無条件降伏しか見えていなかったということか。

「そうです。そして付け加えるなら、無条件降伏しかできないと考えた」

自分能力限界を悟った、とでも?

「私はそう思うんです」

あの鷲巣様がか。自分能力限界を悟って、官僚を辞めた……。

「つまり鷲巣様の退職は、軍部政府への当てつけだったんじゃないかと思うんです。俺が必要時代が来るが、そのとき俺は官僚という地位に居てやらないぞと」

ほう。

「もう俺はこの国の将来に責任を持たないから、後は好きにやってくれ、と、半ば逃げるように、半ば自棄になって、退職したのではないかと思うんです」

……なるほど。

 

(3)公職追放すらされない鷲巣様

「次に公職追放の条件をWikipediaで調べましたが、鷲巣様はどの条件にも該当しません」

条件?特高にかかわっていたら大体追放されるのではないのか?

「いえ。基本的軍人それから右翼団体政治家が中心です。さらに海外関連。満州なんかが特にそうです。特高課員は上層部公職追放されただけで、残りは人員整理されたか、官僚として配置転換されています

なるほど。鷲巣様はそのどれにも該当しないのだな?

「そう思われます。もし1945年まで特高警察に勤務しており、なおかつ出世を重ねていたとすれば、公職追放も考えられますが、先ほどまで私が述べてきた話から積み重ねていくと、鷲巣様は元々赤狩り趣味ではなく、軍部の手先になるのもよしとせず、当てつけるように内務省を辞めています

それじゃあ、公職追放どころか、リストにすら入らない人間だったんだな。

「そうですね。だから

から

「稀代の先見性、というのは間違っていなかったのかもしれないのです」

というと?

「どうせ倒れる政権に協力するぐらいなら当てつけて辞めてやる。そして一切協力せず、焼け野原になるまでそれを眺める。焼け野原になった後、彼らに反対していた者だが、と言って、新たな権力者に取り入る」

取り入る?

「取り入るところまでは見えていなかったかもしれません。しかしいずれにせよ、リストにすら入らない人間だったのを、逆に利用した」

なんだか……凄いことになっちゃったぞ。

「ですからGHQとすら対等に渡り合う鷲巣様という図式は成り立ちません。むしろ、戦争途中でやる気をなくし、嫌がらせのように辞めた後、ちっぽけな実績を振りかざして戦勝国に取り入ろうとする狡い人間に見えます

 

(4)なぜ「共生」は当たったのか

だったら俺だって聞きたい。鷲巣様が帝大出にもかかわらず出世が遅れた無能の狡い人間であるとするなら、なぜコンサルティング会社共生」は当たったんだ。

「私はそれを考えていたんですが……どうにも腑に落ちませんでした。まず警察官僚時代に、政治家スキャンダルを色々握っていたとありますが、その当時の政治家は大抵公職追放か、そうでなくても酷い目に遭っています

それこそ広田弘毅なんかA級戦犯絞首刑なっちゃったしな。

「というわけで、戦前から戦後にかけて、警察官僚に弱みを握られるような行為をしつつ、戦犯にもならず、公職追放にもならなかった人物を探しました」

なるほど。

「するといきなり見つけちゃいました。現自民党議員世耕弘成氏の祖父、世耕弘一氏です」

人選に他意は無いな?

自民党から選ぶと面白そうだからですよ」

そうだろうなぁ。

1932年初当選、翌年に議員となってから戦前から戦後にかけて、立憲政友会から自由党と足かけ23年間衆議院議員を勤め上げていますが、戦後直後に隠退物資事件、いわゆるM資金暴露して大問題になりました」

いきなりクサイ奴が出てきたと。

「その通りです。だから共生が当たった、というのはまんざら間違ってもいないのでしょう。実際こういう政治家も居たようですし、警察官僚キンタマの一個でも握られた人間ゼロであったとは正直言えません」

キンタマなんて言葉も正直言えないままでいてほしかったけどな。

「鷲巣様は戦前戦中、頼りない人間だったとこき下ろしてきましたが、警察官僚時代に握ったスキャンダルは、まんざら役立たずでもなかったのでしょう」

とすると、鷲巣様はどういう人物だったんだ?

「こんな時間です。そろそろ結論を出させてください」

そう言う彼女の腕にはApple Watch……じゃなくてG Watchじゃねえか。シブい奴だな。

 

(5)ワシズという人物

「私の結論は次の通りです」

彼女はようやくアイスコーヒーに口をつけ、語り始めた。

「鷲巣様は元々名家に生まれ東京帝大に進んだのも半ば不本意だったでしょうが、当時の厳しい家父長制の下、否応なく鷲巣様はエリートコースに叩き込まれました」

名家に生まれ、というのも創作だろう。が、さほどイメージと違う感じもしない。

「帝大では法律を学んだのでしょうが、これもおそらく誰かの命令によるものと思われます。官僚の道に進んだのも誰かが指示したのでしょう。命令したのは、おそらく父か、祖父」

1912年内務省入省。

「当時より鷲巣様は同期と空気が違い、内務省という官僚の中の官僚という立場にありながらも、父か祖父の後押しで、コネねじ込んでもらったという劣等感が彼を支配します」

鷲巣様、コネ入社だったのか!しか頭角を現す側じゃなく、むしろ見下されてた側!

「とはいえ当時の社会の雰囲気は悪くありませんでした。日露戦争に勝利し、不平等条約改正に成功し、朝鮮を配下において大日本帝国帝国主義国家として順調に歩み始めたときです。ですが、鷲巣様はそんな社会につまらなさを感じていました」

鷲巣の順調に見える、というより順調である描写されている時代に?

不具合を抱えつつも“上手くできている”社会が気に入らず、“上手くできている”がゆえにドラスティックな変化も望めない、ちょうど今の日本と同じような時代でした。1915年大戦景気が始まり、日本はどんどん成長していきますが、官僚という立場柄、一夜にして人生が大逆転することもない鷲巣様は、不満を募らせていきます

鷲巣、不満の1910年代

「『アカギ』では『卓越した頭脳と野心で頭角を現す』と描写されていますが、大戦景気の中でそれは霞み、鷲巣様の属している警察という組織柄、朝鮮経営などの巨大事業にも関われません」

とすると、その頭脳と野心は、生かされないままに終わっていたのか。

「そして1920年大戦景気は終わりを迎え、鷲巣様も、転落していく成金を見ながら、胸の空く思いをしたのかもしれません。自分エリートなのにその能力に見合った報酬をもらえず、出世できているわけでもないのに、ただ単に運の良い人間が儲かっていく。そんな時代が終わったのですから

そういえば、1920年代は、鷲巣にとって「公式ストーリー」のない空白の期間だ。

はい。その頃何が起こっていたかというと、辛亥革命から帰国した北一輝が、1923年には『日本改造法案大綱』を著し、陸軍若手将校に絶大な影響を与えます

昭和恐慌時代だな。

「それはもう少し後です。ですが、大戦景気の終焉と共に、次の思想を求める動きが活発化しました。一つは共産主義、そしてもう一つは社会主義現在日本人はほぼ二つを同一視しますが、まぁ大体前者が左翼後者右翼です」

大胆な呼称は女の子特権だな。

「鷲巣様は警察共産主義者の取り締まりを担当する一方で、似て非なる……しかほとんど似た思想の持ち主である新官僚』という世代が、満州という巨大な土地舞台に、活躍を始めました。それが、1920年代、鷲巣様『空白の歴史』に起こっていたことです」

つまり。

「鷲巣様はこの1920年代を、忸怩たる思いで過ごしました。さらに言えば、なぜ忸怩たる思いをしながら内務省を辞職しなかったのか。名家の生まれから食うには困らないはず……ここで一つの推測を置いておくならば、大戦景気の終焉で、鷲巣様のご実家も没落なされた」

ということは、鷲巣様は退路も断たれてしまったのか。

「そうです。上の方を見れば、出世レースを駆け抜ける新官僚達が、自分よりも遙かに年下にもかかわらず、その能力を買われて大陸にどんどん進出し、自らの思想、野心を、これでもかと見せつけており、しかもそれらは政府によって絶大なる支援を受けている」

一方で鷲巣様は。

警察官僚として国内にとどまり、つまらない共産主義者弾圧を行います。こんなことをやっても何も変わらないという無力感が鷲巣様を支配しますが、ただでさえ遅れている自分出世が遅れることを恐れ、積極的に協力し、上にはこびへつらい……」

なんだなんだ。鉄骨渡りの図が今チラっと浮かんだんだが気のせいか。

「……年功序列相応程度の出世を手にし、特高警察警視となった1932年に起こったのは、満州国建国

それが意味するのは。

「鷲巣様の後輩が、国をひとつ築き上げたのです」

だが、そう、鷲巣様は。

「まだ国内に居た……しかもただの警察官僚で、華々しい活躍とは完全に無縁。ですがこの頃、鷲巣様は生き方を少し変更しています

変更?

「つまり、華々しい活躍を諦めたのです」

鷲巣様が、栄光を諦めたのか。

はい。そして、代わりにずる賢く生きることにしました。満州国の経営や、経済の変革などにかかわることは一切無く、むしろ表面上こびへつらっておき、ある程度手を抜き、そして、泥棒のようにこっそり情報を盗み出し、蓄積していく」

ほう。

「ですがその情報ほとんどが、すぐに役立つような性質のものであったとは考えられません。しか情報は期待したほど集まらなかった。折しも軍部の台頭により軍部嫌いの鷲巣様は、そのあら探しをしようとしますが、特高警察という立場上、むしろ手先となって働かされ、秘密は握る側と言うより握られる側だったと言えるでしょう」

鷲巣様の秘密!気になるぞ。

「鷲巣様はこの頃、秘密を握られることの恐ろしさを知ると同時に、秘密を握ることへその総力を傾注していきます。そして迎えた太平洋戦争ですが、『こんな世の中は、軍部と一緒に滅びてしまえ』という願いが思いも掛けず叶えられ、鷲巣様は内心歓喜します」

とすると、鷲巣様が見ていたのは、敗北する日本ではなく、敗北して欲しい日本だった、ということか。

「その通りです。そして、ミッドウェー海戦での敗北を機に、ざまぁみろと、当てつけるように警察を辞職」

そして、市井の一人となり。

太平洋戦争を動かすでもなく、それを利用するでもなく、ただ敗北してしまえと投げやりに過ごし、予想通り日本は無条件降伏を迎えます

そこで鷲巣様が取った行動は。

戦犯指定回避するために、ミッドウェー海戦での敗北を機に辞職したのではないんです。ミッドウェー海戦での敗北を機に、当てつけとして辞職したのをネタにして、戦犯指定どころか、公職追放対象でもない小物だったにもかかわらず、ミッドウェー海戦での敗北が日本帝国の滅亡だと見抜いていたんだ、と主張して、GHQに取り入ります

そして、「共立」を立ち上げた。

「偶然にも、鷲巣様の執念で集めた数少ない情報の中には、美味しい情報が転がっていました。そしてその数少ない情報も、戦後の混乱と、GHQに取り入る狡い性格、そして元々帝大を出る程度の頭はあったわけですから……」

鷲巣様は、自分の溜まりに溜まった鬱憤を、これでもかと放出し始めた。

あの手この手で相手をやり込め、見せつけるように会社を大きくしていきます。かつて満州国を作った官僚達が、皆戦犯となって公職追放されている一方で、自分会社は大きくなる一方。これが面白くないわけがない」

そして、1960年

「気づけば、鷲巣様は、自らが築き上げてきた財産と……そして、自らが築き上げてきた思想が、幻に過ぎないことに気づきます。そして、敵はおおよそ予想していた場所からしかし、予想よりも遙かに超える、絶大な戦力で攻めてきます

その名前は、赤木しげる。アカギ……。

「ちょうど満州国が、ソ連に蹂躙され、わずか数週間で幻のように消え去ったのと同じように……」

だとすれば、鷲巣様が築き上げてきたあの「共立」と財産は。

「かつて鷲巣様が見てきた、新官僚たちの夢の国満州国と同じようなものだったのかもしれません。そしてその本質は収奪だったとは言え、彼らにとっては夢の国だった……」

 

(6)カストリの国

なんだか最後に、何か言いたげだな?

「鷲巣様は、日本の滅びを予見したのではなく、滅べと念じたら滅んでしまった。そしてそれを利用して、国を作り上げたのです」

つまり、今この日本も、滅んでしまうと?

「そんなことは言いませんけど、滅べと念じて滅んだ後に建てた国は、結局すぐに滅ぶ運命にある。なぜならその本質は、滅んだ国から奪ったカストリに過ぎず、世界を超越する『意思』によって跡形もなく消されてしまう」

お前は……日本の将来の何を見ているんだ?

「何も見えていません。ただ、滅べと念じても居ないし、滅ぼされるつもりもない……けれど、滅びるのが運命なのだとしたら、それを受け入れる……」

まるでアカギのものじゃないか。お前は……その目で何を見ているんだ?いや、何が見えるんだ?教えてくれ。一つだけでいい。この国の真実を。この世界真実を、一つだけ教えてくれ。

「一つだけですか?」

ああ。一つだけで良い。

「それなら……」

彼女トレイを持って、すっと立ち上がった。

「買ったMacBookの箱を開けることを一々撮影することには、何の意味もありません」

 

彼女マックを出て行った。ヨドバシ紙袋は黒なのに、初めて買ったデジイチと、新しいMacBookが入っていることを見透かされ

2015-06-06

いろいろ拗らせてるおじさんの話

仕事で一緒のおじさん、といっても40チョイ過ぎなんだけど。

独身ずっと彼女なしメンクイで意識高い系属性という、究極進化しちゃった感すごい。

フリーザでいえば最終進化したところ。

彼がね「俺はもういいんだ、うん。いいんだ。誰も好きにならねえ」って本気で言ってる姿に

大草原不可避と思いきや、急に会社来なくなっちゃったので、焼け野原状態。

そういや鬱で休職してたっけ(二回め)

彼に依頼してた案件ストップ、リリースできず。

でも本人はFB上でのうのうとしてる。

ああ、非モテ界の神様

彼の拗らせ無双を止めてください。

2015-05-05

まり

ハイヒール・モモコシンナーを吸って完全体となり目から光線を飛ばし生駒山から見える地帯焼け野原にした事実隠蔽するから歴史修正主義者と呼ばれる

2015-03-23

http://anond.hatelabo.jp/20150322144510

ネット集合知だと思いこんでいたはてな民

スマホの普及によりPCすら持ってないような田舎民が大量流入し、

ネット無意味情報焼け野原にしたと感じるのではないだろうか。