「自己啓発」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己啓発とは

2016-09-29

http://anond.hatelabo.jp/20160929135735

まあでも最近の傾向だと、グルメ系と自己啓発系と技術書系を巻き込んでる感はあるから一応多様性はあるといえるんじゃないか

どの作品ファンタジーミステリの下敷きの上で動いてるのはその通りだが。

2016-09-19

xevraってよく結婚して子供を育ててこそ、人間として一人前って繰り返してるけど、xevra自身結婚もしてないし子供もいないんだよな。

結婚して子供を育ててこそ一人前っていう理論は知り合いがハマってた自己啓発?みたいな集まりの主張と酷似してて、もしかしてxrevaも同じだったなのかな。

2016-09-18

なんで自分ライフハックとか自己啓発的な話を見なくなったか考えてみると

昔はバズってたそういう奴(「◯◯な人が心がけるべきこと」みたいな)に一応目を通してたけど、一時間もしないうちに忘れちゃうから見なくなったんだった。

うそういうことは経験で覚えていくしかないとも思った。

まり自分はそういったたぐいのことを見ても学べない人間だったのだ。

からもう、見てもしょうがないってなった。

2016-09-17

http://anond.hatelabo.jp/20160917163054

長げーよクソ雑魚ナメクジが。

瞑想

運動

野菜350g

で足りるから自己啓発はクソなんだろが。

2016-09-14

紙に書いたら成功しましたという話はよく聞くけど、失敗しました効果ありませんでしたって聞かないよね

そもそも成功哲学自己啓発成功者経験談を説いているだけでなんの参考にもならないし同じような話ばかりでウンザリする


http://anond.hatelabo.jp/20160914234138

インポ手帳に「元気な子供が生まれる」と書いたら嫁が妊娠した話

#うるせーから推敲したったよ('ω')。少しは読みやすくなっただろ?


人のせいにすんなよ!!

自己啓発を嫌うのはお前の自由だよ。でもな。お前が全く変われないのは自己啓発本責任じゃなくてお前の責任なんだよ。人のせいにするなよ。自分人生責任を持てよ。このレベルの話はお前が嫌いな『7つの習慣』にも書いてあるぞ。

今日は、特別ものすごく重要な話をするからさ、耳をかっぽじって聞くようにな。ほら、そこに正座しな。現在まだ20名、ホールの定員は残り480名だよ。 スッカスカやんけ!これが無料で読めるインターネットってのは凄いよ。つくづく便利な世の中になったもんだだと思うよ。じぇい近藤さん感謝しな。

心の準備はいいかい?

じゃあ、いくぞ!

俺がこれから話すのは「目標は紙に書くと実現する」などといった、ありふれた話ではない

今日はありふれた解説はしない。

オレがこれから伝えるのは「なぜ紙に書くと実現するのか?」といった論理的根拠だ。

あ、ちょっとまて、ウサン臭いと思っただろ?ソッ閉じする前に最後まで話を聞いてくれよ。な?

紙に書いたら何がどう変化して、願望が実現したのかについて、そのプロセス論理的説明していくよ。

一般的にこの手の話、つまり思考現実化する」だとか「引き寄せの法則」を説明する際には、抽象的でオカルトチック表現が多様されがちなもんだから、途端に宗教くさくなって説得力が失われてしまう。

例えば「潜在意識」って言葉とか。なんだよセンザイって。臭う。胡散臭くない?ところでセンザイとクサイで思い出したけどさ、最近どんなシャンプー洗っても臭いんだ。汗臭さ・ミドル臭や加齢臭を超越した、第四の体臭がするんだ。ひょっとして異次元生命体なのかな?

ああ……話が思い切り逸れたな。すまねえ。で、その胡散臭さのせいで、せっかくの貴重なノウハウが世に広まらないのは、さすがに悲しいよね。

逆に、オレがオカルトチック表現は一切使用せずにロジカル説明することで、もしお前らが本質理解することができれば、実施に紙に書いてみようという気が起こるだろう?だからさ、3分間だけでいいから話を聞いてくれよ。

人は「自分が考えているよりもアホである」という事実理解しているか

まあ、冒頭で偉そうに説教たれた俺だけど、自分最初半信半疑だったんだよね。願望を紙に書くって、なんの宗教だよ、書いて実現するなら俺だってハーバード卒で世界動かしてるわって。

でもね、俺は書いた。欲しかたからな。お前らは漠然とした願望をモヤモヤ抱いてるだけで絶対紙になんて書かないだろ?ここが人生の分かれ道。

で、手帳ノートに書いた文章を、毎日眺める。できれば声に出して読む。俺は全くズボラからたまにしか見なかった。どーせお前らもズボラだろうから、数日に一回からでも始めてみようや。

んで、読み返すたびにどうなるかというと、「あ、俺は子供が欲しかったんだ」って、記憶が蘇るんだよ。

ここが最大のポイント。 もう一度書くぞ。

「あ、俺は子供が欲しかったんだ」って思うんだよ。

これさ、冷静に読んでみるとかなり頭の悪い話だと思わない?だって自分の願望だよ?自分が一番よく知ってるはずだよね?

にも関わらず、自分の書いた文章を見てやっとこさ、自身の願望を思い出すんだよ。

人間ってそれほどまでに頭が悪いんだよ。お前が考えているほど、人の能力は高くない。残念ながらね……。

みんな毎日学校会社で忙しいだろ?勉強仕事忙殺されて、本来自分が何を望んでたかすら忘れちゃうんだよ。仮にそれが、例え心の底から望んでいたことだとしてもね。

から、書いた願望を読み返す必要が出てくる。見るたびに、自分が書いた願望が思い起こされるわけだ。「あ、俺は子供が欲しかったんだ」ってな。

そのたびに、子供イメージが頭に浮かんで、「子供作るにはどうすればいい?」って頭の中で勝手に自問自答が始まる。

読み返すたびに、願望が膨れ上がる

ここで一つ重要なのが、見返せば見返すほど願望自体は強くなっていく、ということ。そして、願望が強くなることで放っておいても行動力が強化されていく。

俺の場合インポだったから、読み返すたびにインポ解決する策が、いろいろと自動的に頭に浮かぶようになった。

でも、読み返してもやっぱり1時間程度でそんな目標・願望なんて忘れられるんだよ。

面倒くさいし。さっきも言っただろ、人間はアホなんだよ。

から、書かれたものをまた見返す。そのたびに頭にいろいろ思い出される。

そのうち、手帳を見ていない日常生活の中でも「子供作るにはどうすればいい?」って頭の中で勝手に自問自答が始まる。

俺の場合不妊解決策として「バイアグラを買う」「医者に行って精液検査して精子運動率を診てもらう」 などといった策が、いろいろと思い浮かんだ。

願望を手帳に書くまでの俺は「医者に行くのは面倒だし恥ずかしいなぁ。そのうち行こう」で終わってた。

でも紙に書いてからは、読み返すたびに、いやがおうでも頭の中で「子供欲しいから恥をしのんバイアグラ買う」「自慰して精子を紙コップに出して美人看護師に提出する」という解決方法強制的に思い起こされる。

それが何度も何度も繰り返されるうちに、ズボラでぐうたらでダメ人間である俺の行動力に、火が付いたんだ。一気に点火したよ。

「そのうちやる」で、惰性で生きてきたズボラ人間が、急に欲望に忠実になり、いつの間にか覚悟を決め、血まなこになって不妊治療クリニックのHP検索してた。

あれだけ抵抗のあったバイアグラについても、気づいたら購入していた自分がいたんだ。

行動できないのは、欲望目的を忘れてるから

話はここまで。単純だろ?

どれもズボラな俺には負担で、手帳に書くまではずっと先延ばしにしていた事案だったんだ。そりゃそうだ、誰だって精液の提出なんて恥ずかしいからやりたがらないだろ?

そんな俺でも、手帳に書くことで願望に火が付き、その願望が自身の行動を後押ししてくれるようになった。

行動するのに根性は要らない。書いたものを何度も見て、思い出すだけでいいんだよ。

書かない限りは、自分の願望や目標ですら思い出すことがないからね。くどいけど、それだけ人間は忘れやすいようにできている。

ま、昔の偉いヒトも言ってたけど人間は昨日起きたことを忘れるからこそ、今日を生きていけるんだけどな。

人間幸せに生きるには、適度にアホなのがいいんだよな。

最後に一つ。

ここに書いた話も、あんた2時間したら忘れてるよ。だから必ず、ブックマークするなりメモするなりしてくれよ。俺たちってアホなんだから

じゃあの。お前の人生に幸あれ!!

2016-09-10

未だに慰めや励ましの言葉精神論的なことしか言えない現状

もはや根性論など過去遺物だ。

ネットでも根性論的な記事が上がれば即吊し上げられる。

そうだ、もはや「やればできる」の時代は終わり、「やってもできないものはできない」をやっと人類は受け入れることに成功したのだ。

しかしだ、だがしかしだ、どうしたことか、他人を励ましたり慰めたりする場合、また前時代的な精神論へと逆戻りするのである

とある悩みや愚痴に対して




「そんなの気にすることないよ」「他人他人自分自分だよ」「他人自分が思っているより君のことなんて見てないから」etc etc




といったようなもはや自己啓発的な考え方を変えてブレイクスルーせよ的な解決方法しか提示できない。

棘が刺さっていれば「そんな小さい棘気にするな」ではなく棘を抜く方法提示しよう。

単なる精神論解決をすすめる慰めなど、慰めるもの何となく気持ちよくなるだけの自慰に他ならない。

2016-08-29

結婚してもしなくても子無しが正解。

自分が生まれて育てられてきておいて何だが、今の日本社会は産むのも育てるのも生きるのもしんどいのに、わざわざ子を持つ理由がない。



本能とか子孫繁栄かいうやつは理性がなさすぎ。

つべこべ言わず産んでから考えて生活してる人が大半だと思うが、それで何が得られて何を犠牲にしているか考えても同じこと言うだろうか?



こういった時の反論の1つに、子供かわいいとか育てて一人前というような「経験してみて初めて分かって、自分も成長する」のような宗教観に近い自己啓発論。



自分の息子・娘が何事もなく、己が思う真っ当な人生を送れるとでも思ってるのが甚だしい。

君たちは自分の息子・娘が性欲を満たすために暴走したり、メール無視されたから殺してやったり、マットやコンクリートに沈めたり、誰でも良かったから殺してみたかったとか、金に困ればすぐ股開いてビデオ撮らせるとか、無関係だと思っているのか?

犯罪でなくても、タバコの火で部室燃やしてしま指定校推薦で入った高校なのに甲子園行けず無期停学になりましたとか、深夜のスーパーで騒いだネタ炎上してニートになるとか、ありえないと思っているのか?

そういうのは自分とは無縁だと信じて疑わない人に限ってN=1の再現性のない子育て論を大事に抱えてる。



またバカな子無しが適当なこと書いてると思う者もいるだろうが、それが子ありの人なら、明日ご子息・ご令嬢が犯罪なり揉めごとを起こして警察学校から連絡がこない理由があるかね?

今どきは15歳まで医療費無料だったり子供手当など支給されたこともあったり、少子化公立学校なら一人当りの単価が高い授業料税金負担してたり、昔より税金が使われているのに、自分の息子・娘が社会不良債権にならずに税金年金を納められるほど、(それぞれが思う)まともな教育を受けて仕事につけられるかね?

まともな教育仕事につけたとして、自分の息子・娘だけはなぜ社会不良債権にならずに真っ当な人生を歩めると思っているのか、その根拠が知りたい。



年金を納める話をしたが、子無しの分際で年金もらおうなんてクズだと意見もあるだろう。

そもそも子がいたって、あなたの子供は年金納められるだけの価値を生み出してる子供なんですか?って話だ。

例えば、年収たかだか300-400万だと納める税金年金より当人に使われる税金の方が多く、同等額の税金を納める人は人口の数%なのに、それでも子無しが社会に貢献していない論調勘違いが過ぎる。

しろ税金で生かしてやっているのこちら側だ。

税金優遇を受けているのに社会還元できませんて、そんな人に税金使うな。

私立Fラン大学であろうと、文科省から助成金受けて高等教育受けさせてるのニートのままにさせておくな。



あと、実質的介護の話で、自分が老いたり介護必要になったら家族な手助けが必要だというが、子ありの君たちは介護させるために子を持つのか?

子に自分介護を当てにしながら生きているのか?と問いたい。

子ありほど独身や子無し世帯バカにしている風潮にしているが、こちら側からすれば、今の日本において子ありほど人をバカにした生き方はない。



子供かわいい

小さい子供でも高校生でも自分の子供なら尚かわいいと思うだろうが、生活子供リスクしかないし、他人の子供は迷惑存在しか過ぎない。

2016-08-08

劣等者であることを自覚せよ

自分の出来ることというのは、生まれながらに決定されている。

努力してもどうにもならないことがある。

才能やセンスがないやつはやっぱりどうしようもないのだ。

例えば、大学受験司法試験受験時代に、一日15時間くらい勉強していた人がいた。

でも、私は一日四時間くらいの勉強しかしておらず後はゴロゴロしていた。

才能の差から絶対負けないと思っていた。

そしてやっぱり、負けなかった。

皆には、うとまれるのであるが。

そして、敗北した人は悔しくてまた一生懸命努力するのであるが、私にはやっぱり勝てない。

 

世の中こんなもんだ。

センスや、才能が劣った人間は、優秀な人間に勝てないのだ。

自慢ではない。

こういったことは世の中たくさんあるということだ。

私も他のある分野ではセンスのある人には絶対勝てないと自負している。

たまたま、私は論理力と記憶力が優れていただけの話である

論理力と記憶力の才能のあった自分は、才能のない人をみると、100年経ってもこの人に負けないと思う。

まれ持った才能というのは大変なものなのだ

よく自己啓発で、「自分は何でもできる」と思い込ませるものが多いがこれはアホである

出来ない奴は絶対出来ない。

勝てない奴は勝てないのである

 

諦めが肝心なのである

自己啓発は諦めを教えない。

自分可能性は無限と誤解するから

いつまでも無駄努力に、命と金をけずっている。

ぶっちゃけ、かわいそうだ。

 

よくエジソンが諦めないことの重要性の話として引き合いに出されるが、あれは誤解である

エジソンは、うまくいかない他のたくさんのことについて早々に見切りをつけたからうまくいったというのが本当の話である

 

から、そのフィールドで才能がないんだったら早々に見切りをつけて、自分もっとも結果を出せるポイント勝負するのだ。

それを見つけたもの勝ちなのだ

やりたいことをやってはダメなのだ

自分無能だと諦めるのも人生の一つの攻略法である

2016-07-12

どうして日本心理学界隈は常に一周遅れなのか

自己評価は高ければ高いほどいい」

http://www.osushicompany.com/entry/2016/07/11/185035




この手の若干自己啓発気味な「自尊心ワッショイ!」運動って

心理学の本場米国だと思うオワコンなんだよね。。

セルフエスティーム! セルフエフィカシー!なんて言ってるのは、

売れない自己啓発カルトくらいなもので、結構大規模な調査

自尊心の高さと社会的成功って関係なくね?」て結論がほぼ出つつある。

運動とか瞑想があちらでブームになったのも、自信とか自尊心みたいな

曖昧自己評価より、身体健康や脳機能を高めた方が直接的に効果ある

っていう行動主義的な評価が出揃ったからなんだけど、

どうして未だに日本では「自尊心ワッショイ」ムーブメントがなくならないんだろう。。

危機精神性で乗り切ろうとした戦時思考残滓なのか。

2016-07-10

宗教自己啓発マルチって

宗教ならお布施

自己啓発セミナーなら会費、

マルチビジネスなら仕入。

言葉は違うけど、金のむしり方には共通点あるよなあ。

不安と不満をどう解消してやるか、の手段比率が少し違うだけだ。

全部未来への希望洗脳して、幸福感を与えて搾取する。

俗物臭を嫌う人には宗教を、

面倒くさがりには自己啓発セミナーを、

欲望が強い人にはマルチビジネスを。

これ、全部同じ法人でやったら、ハメ率高そうだよなあ。

2016-07-03

奴隷誕生

バカ自己啓発本セミナーにはまり、金や時間無駄にして、顰蹙をかう人が多いのは、その人たちが「成功するために何をすればよいか」を考えるからだ。

「何をすればよいか」という考えは、「○○すれば成功する」という、成功の条件、すなわち、成功法則への渇望をもたらす。

そして、そのあまったるい成功法則堕落する。

本音では思ってないことを言うすべての自己啓発講師お金の種になってしまうのである

隷属する先が、マスメディアからセミナー講師に変わっただけ。

新たなる奴隷誕生である

成功法則なんて存在しないんだから「何をすればいいか」でなくて、「何をしなければならないか」を命削って考えなくてはならない。

2016-06-30

原始仏教ビジネス終わった

最初の頃は「俺たちが日本仏教変えてやるんだー!!!」的な良くも悪くも意識高い志があったみたいだけど、

社会普通に受け入れられて稼げるようになった途端、胡散臭い自己啓発系全開の派生ビジネス始めちゃったね。

例えば、日本テーラワーダ仏教協会も「ブッダ栄養学」とか言って料理セミナーやっちゃってるし、

もうあかんね。資本主義って宗教が最強だね。何でも取り込んで自分教義に染めてしまう。

やっぱり資本主義以外の宗教はいらんわ。金(資本)以外は信じないことにしよう。

2016-06-23

http://anond.hatelabo.jp/20160623175024

今ここ肯定はマイヤンというより最近流行りの自己啓発だと思うが。原始仏教なりアドラーなり。

マンヤンって若い頃のヤンチャ自慢とか中学校学区の範囲内だけで人付き合いするとか強い過去志向で、

長期休暇の度にディズニーランド行ったり、非日常が大好きだし、今ここ志向からほど遠い。

2016-06-18

自信がないと人生ダメになるという言説

自己啓発系でよくある「自信が大事」「自信がないと人生おしまい」みたいな言説。

自信という言葉自己肯定感とか、自己重要感とか、そういう似たような言葉に言い換えてもいい。

自信の有無ごとき人生の良し悪しが決定されるという、その自信のない思い込みはどこから来るんだろう。

自信があろうがながろうが、会社に出勤すればそれは出勤したことになるし、

自信満々だったとしても欠勤すればそれは欠勤だ。

だってそうだ。自信なんて何の保証にもならない。

自信という何か宗教めいた信仰対象を崇め奉って、それを心から信仰できない連中に向かって

「さあ、我が社のサービスを買え。さすれば心が自信に満たされよう」と商売ネタにしているだけなのに

何で頭のいいはずの高学歴エリート達がこぞって自信を求めてアホみたいなことにうつつを抜かしているのか。

それとも何もしたくない気持ちを覆い隠すため、「自信がないからできません」と言いたいだけなんだろうか。

それならそれで可愛げのある話ではあるが。

2016-06-15

瞑想推しはアホちゃうと思うよな

瞑想とか自己啓発とか

そういうのは社会人になってから公の場で言うとホント恥ずかしいからやめてくれ

それやりたかたらみんな高校生大学生のころまでに済ませてるから

いい歳こいたおっさんやおばはんは内面に向かうんじゃなくてアウトプットする段階であって

内面内政に時間かけていいのは子どもの頃だけだから

 

まあ、それができていないせいで自己啓発が救いみたいなことになってんだろうな

2016-06-11

Amazonによる恋愛マニュアル本の分類に関心した

家族問題」「自己啓発



俺の感情が綺麗に仕分けられてしま\(^o^)/

2016-06-06

今この時代、この国で子供を生まない理由ってあるの??

http://anond.hatelabo.jp/20160605143345

●1:経済的優位

子供ひとりを育て上げるのにかかる支出は大体2~3,000万と言われている。

まり子供を産み育てるためには強制的年収アップする必要があるし、しないと家族みんなが困る。

子供を育てるという覚悟が出来てる奴は、数段階レベルアップする。

自意識高いだけの独身自己啓発スキルアップだとかオナニー語りしてて、でも自分磨きも大切だよねと趣味に金使いまくって浪費してるけど、子持ちは何が何でも年収アップしなきゃならないから、がむしゃらに動く。働くことに真面目に向き合うし時間も限られるから集中して働きさっさと帰る。

どちらが仕事できるかってのは比較するまでもない。



●2:社会のなかでレア子供優遇される

働けず社会保障を食いつぶすだけの老人が増えることで、相対的子供子供を持つ家庭がレア存在になっていく。

もっと高齢化の進んだ将来、子供は貴重だからより大切にされ、手厚く保護されるようになる。

それはなぜか?団塊の世代死ぬから

今のいびつ人口ピラミッドを見ても分かるように、日本が超高齢化社会であり続ける日はいずれ終息する。

やたら数ばかり多い団塊世代が死に絶えれば老人向けの社会保障は縮小し、子供向けの手厚いケアけが残るだろう。

あと30年ほどで高齢化問題は解消する。それまで一時的にに酷い事になるが、その後の未来は明るい。



●3:子供にとって将来明るいよね

前述したように、いずれ高齢化は止まる。

年金支給期間の引き上げで老人まで働く社会

団塊世代、第二次ベビーブーム世代までは老人負担が圧迫されるが、子供レアなので子育てサポートはひそかに充実していく

今の40代が死に絶える40~50年後、社会保障費は自然減少し子育てサポート制度けが残る



●まとめ:

障がいのある子供を産んだら?等など、不確実性のある問題は除外し、ほぼ確実な問題を列挙してみた。

確かに今の世の中で子供を産むのは“自分達は”辛いかもしれない。

しかし、その子供たちが成長し、子供を産み育てる30代40代の頃、社会はよりよくなっているだろう事が容易に予想できる。

このような明るい未来約束されているのに、今の自分が苦しいってだけの理由子供を産まない選択をする人は愚かだと思う。


で、今、日本で、積極的子供を生まない理由ってあるの?自分も成長するし子供の将来は明るいのに。

2016-05-28

アドラー本『幸せになる勇気

自己啓発嫌いのはてな民には酷評されるだろうが、たいぶ面白かった。

賞賛要求からはじまり無能証明に終わる承認欲求の末路とか、たんなる教育論を超える人間理解視点を得た気がする。

結局、他人と分かり合えないことを前提に、いか他人共感を示し、ときに折り合いをつけるかってことが人間関係のすべてなんだろう。

あと、「特別でない自分を受け入れる」ってのは、競争でとかく特別であることを問われる現代社会でこそ活きる考え方だな。

とにかく面白い本だった。必ずもう一回読みなおしたいレベル満足度☆☆☆☆☆。

2016-05-27

http://anond.hatelabo.jp/20160527210958

恋愛自己啓発はほんとハードウェア無視してるよな。ちんこたたない人間にたてたていってるような気持ち悪さがある

2016-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20160525152104

とっかかりとして投資のこと全然意識してなかった人間にとっては一番リスクが少ないしコスパいいという話をしてるんだけど

勉強が最強だと思わないと意見するなら勉強以上にコスパのいい投資先を挙げてからにしてくれよ。

ビジネス書を何冊も読むのは投資から切り離せない投資先の失敗=リスクでしょ。

そのリスクは株で失敗するより大きいのか?

君本当に勉強してるのか?

もし君が適当なことを言ってるとしたら返しに

投資先のコスパのいい悪いなんて人それぞれだから」と言い出すだろうけど

最初からして不特定多数に向けての節約=賢いの疑問をテーマにしているからいきなり個人という超ミクロに突っ込むのは無しな。

 

ビジネス書を読みまくって満足してるやつは最初から勉強して自分投資してる気はないよ。

俺最強系のライトノベル読んで満足してるのと何も変わらないか投資の失敗例として挙げるのも間違ってる。

彼ら自己啓発系おじさんは強くなった気になりたいだけであり、勉強を積み重ねるつもりは無い。

2016-05-20

世の中ヤリマンヤリチンが幅を利かせてる

少子化問題人口膾炙した当たりからさ、何か世の中の風向きが変わったよな。

昔だったらヤリマンヤリチンって明らかに蔑称だったに、

最近はそういう人種が「コミュニケーション強者」としてむしろ賞賛されている気がする。



確かに少子化解決するには、異性をピックアップしてセックスすることが必要条件から

そういう能力が高いことが賞賛される空気はわからなくもないけど、

鳥取自治体みたいに歌舞伎町の人気ホスト講師として婚活教室を開くとかはさすがに行き過ぎだと思う。

そもそも、そのホストは(女性経験豊富だとして)結婚してないだろ、っていう。



中高生ですらTwitterエロメンみたいな連中の垢を興味本位フォローして

女の子エロに興味あってちょっと変態がいい」みたいな与太話を真に受けて、深く内面化してしまっている。

一昔前で言えば白い目で見られるような生き方が「真面目」「ちゃんとしてる」みたいな感覚で生きてる。



仕事柄、大学生交流する機会が多いんだけど、ちょっと仲良くなるとビックリするくらい

明け透けにエロに関する話題を振ってくる女の子が多くて少し引いてる。

よく考えれば、トイアンナみたいに「お前が結婚できないのは自分から男を誘わないからだ」みたいな発言結構支持されてるし、

一昔前なら好評価が得られないような行為がかえって推奨すらされてる。男のナンパも同じ。今やナンパ自己啓発ジャンルだ。




まとめると、エロ自己啓発的になっているというか、ある意味意識高い系ジャンル化してきて

エロ話に引いてるような人間は将来の少子化助長してしまうようなダメ人間だ」みたいな空気すら醸成されている感覚

東大生HIS騒動にも見られるように、国内トップノッチ学生ですら「女を売る」みたいなことに抵抗がなくなってきているし、

その下の層にしてみれば、地下アイドルのみならず、水商売とか風俗みたいので稼ぐのすらむしろカッコイイってくらいの価値観も見受けられるし、

一億総淫乱化が進んでるっていうと言い過ぎだけど、現代日本が性規範の激変期を迎えてるってのは間違いないよね。



で、ぶっちゃけ、オッサンはついていけないッス。シラフエロトークできません(汗)

2016-05-16

考えない工夫を教えて

みんな何が楽しくて働いているのか?輝かしい未来も期待できない、希望もクソもないこの社会で。人生には何の意味もないことなんて、みんな薄々気づいてるはずだ。その事実から必死に目を背ける技術が、才能があるのだろうか。それとも全員狂ってるのだろうか。

「なにやってんだろ。」  ゲームをしても、勉強でも、パチンコでも、プロ野球応援でも、アイドルの追っかけでも、恋愛でも、仕事でも、結婚でも、子育てでも、老後でも、こう思うときが来るだろうと考えてしまう。怖くて仕方がない。結局なにも踏み出せない。こういったことを考えない工夫ができる人と、できない人の差はなんだろうか。みんなできないながらも、必死ごまかしながら生きているのだろうか。

遺伝子や生まれ育った環境出会人間といった偶然性は大きく影響するだろう。不条理だ。

何か宗教組織のような、大きなイデオロギー物語のようなものに身を任せることができたら、ある程度は楽かもしれない。

そもそも忙しすぎて、そんなことを考える暇がないというのもひとつ方法か。あるいは、無条件でこれだけは好きだと強く言い張れるモノがあれば、そういったもの出会う才能、深く没入できる才能、没入力みたいなものがあれば、考えなくてすむのかもしれない。


何か大きな組織社会などのために、必死目的でっち上げて、テキトウに自己啓発とかライフハックしながら邁進できる人。

新しい服を買って嬉しいとか、新作の漫画音楽映画が楽しみだとか。おいしいご飯が食べたいだとか。そういったものに喜びを見出して、資本主義に過剰適応して、消費に没入できる人。そんな人が一番生きやすいのだろうか。それが下手な人は絶望しながら、死んだように生きるしかないのか。

きっとみんな、「あの子可愛い」「なんかよくわからんが、空がとても青い」「夕日がきれい」「子供が楽しそう」「わりときもちい」「めしがうまい」「この作品は美しい」「なんだか笑える」といったような、没入した、純粋感情が、一瞬でも瞬間でもあれば、当面は生きていけるのかもしれない。

それでもやっぱり、ご飯は面倒だし、あまり食べたいとも思わない。肺と心臓今日も重たい。生活リズムコントロールできないし、好きな音楽もなんだかうるさい。セックスなんて面倒で虚しいだけだ。そもそも性欲がない。人と会えば気はまぎれるが、近すぎると面倒になってしまう。これを読めば世界が違って見えるかもしれない、と思って読んだ本は何冊目だろうか。運動どころか、起き上がるのも面倒だ。生きるのも面倒だ。それに加えて、この社会世界で起こっているあらゆることや、他人気持ちを考えれば考えるほど苦しくなる。楽しみも希望もない。


この厭世観から逃れるために、考えないために、みんなどんな工夫をしているのだろうか。

キトウに満足感をでっち上げて、死ぬまでやりくりしていくのか。

そもそも感じないのか、ある程度年をとったら忘れる感覚なのか。

それともみんなすでに中学高校ときに、テキトウに折り合いをつけてる問題なのか。

こんな青年特有のショーモナイ悩み、誰か教えてください。切実に。