「解雇」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 解雇とは

2017-05-28

http://anond.hatelabo.jp/20170527133211

元増田白痴なので酷い目にあって当然


解雇規制緩和(金銭解雇ルール法制化)は、現状、定年までの雇用保証される大企業正社員にとっては文字通り規制緩和だが、

労働裁判に訴えるだけの資力がない中小企業労働者にとっては、規制強化になりうる。

こんなことはいろんな論者が口を揃えて言ってるのに、まだわからんのかね。

https://matome.naver.jp/odai/2135358080478564501

http://anond.hatelabo.jp/20170527133211

ただでさえ会社がやりたい放題の状況を悪化させるのではないか

ほんとそれ。「解雇規制緩和」すると何かが良くなるかのような人が時々いるが、今の日本では全然あり得ない。

今のやりたい放題が容認されるだけで、賛成派が期待しているような、格差が縮まることもない。

ひそかに期待しているであろう、無能上司解雇規制緩和で辞めて、賛成派の人たちが昇格することはもっとない。

当然の話だ。首になるのは下っ端であって無能上司じゃないからだ。

もし、雇用規制緩和するなら、セイフティネットとセットであることが必須だ。

金銭解雇の最低基準は月給18ヶ月にして、6ヶ月分はセイフティネットの構築に充てる。

12ヶ月は本人に渡す。

これぐらいなら雇用規制緩和してもいい。日本労働に関して、実際には何の規制もないのだから、これぐらいで釣り合うと思うのだが。

2017-05-27

解雇規制緩和は正しいのか

少し昔話をする、IT業界に関してクリエイティブな印象しかなかっった学生の頃に専門を卒業して客先常駐メインの特定派遣会社(当時は100人規模)に就職した。

そこは足りない知識は客先で学んで来いと言う管理職の声の元、新卒単独でどんどん派遣したもの生存確率が低く

10人中8人が3年以内に辞めていくために社員の大半が中途採用リーマンショック以前からいる中堅社員だった。

自分自身も3年以内に辞めた社員に含まれた。

辞めてから今を通して解雇規制緩和って実は会社が得するだけではないか、とモヤモヤした気持ちがなんとなく整理できたのでここに書く。

現行の法律に関する知識は皆無なので、あくまチラ裏として読んでもらえると幸いである。

まず特定派遣とは正社員を客先に派遣する客先常駐をメインとする自称SIerに多い、中には客先常駐であることを求人段階で隠すか別の言葉ごまかす会社もある。

まっとうな会社として新卒を受け入れている所が過半数を占めるが新人教育は1か月足らず後は客先に丸投げ、ダメならクビと言う流れの会社が多い。

そんな中小が占めるSI業界解雇規制がほぼ機能していない・・・ダメなら退職を促すメール社員に送り自己都合退職させる行為業界全体で行われている。

特定派遣会社正社員なのに、まるで派遣社員のように扱われている、請負メインの中小正社員でもダメ烙印管理職から押されたら社員自身に非がなくても邪魔から辞めろと遠まわしに言い放ち退職届を出させる。

抵抗すれば、特定派遣会社派遣先を紹介せず別の会社業務命令扱いで紹介派遣社員が嫌がった場合業務命令に背いたとして懲戒解雇にすると脅して辞めさせる。

請負メインの中小場合は、業務をさせずひたすらシュレッダー係りか雑務処理をさせてミスすれば叱責して精神的に追い詰めて退職に追い込む。

ここまでされてなぜ、訴える事例が出てこないか不思議に思った人が多いのではないだろうか?

上記の事を見てきた自分労基署相談してみたところ「IT業界は横の繋がりが強いから訴えると後の転職活動に影響が出やすい、まだ転職できる年齢なら騒がずに退職奨励にさせてやめたほうがいい」だった。

実にクソである、もう少し詳しく聞くと営業営業仲間のネットワーク管理職管理職仲間のネットワーク社長社長仲間のネットワークがあり辞める際に騒ぐと注意するべき社員として情報業界に流れるとのことだった。

評判を打ち消すレベル技術力があればいいのだが上記の会社では教育がなく技術者レベル個人資質依存するため、辞めた社員技術力はかなり低い事が多く難しいのが現実とのことだった。

そもそもなぜ低いか、私が見てきた事をネタ説明すると新卒新人教育は1か月足らず後は客先に丸投げする会社派遣先に「優秀な子」と伝えるため派遣先教育必要ない人と理解派遣契約を結ぶ。

いざ派遣されると案の定派遣先責任者は怒り心頭新卒の人は何も悪くないのに怒られ最悪できる仕事掃除書類整理だけになる事が多いため技術力は一切身に付かないまま契約打ち切りになる。

この時に新卒は知らないだろうが、営業派遣先責任者が裏で手打ちをして「新卒が虚偽の経歴を経歴書に書いた」として派遣先から新卒個人責任と扱われ新卒個人を出入り禁止にして新卒派遣した会社とは

今まで通りの関係を続けると言う事になって幕引きとなる。そして会社に戻っても受け入れてくれる派遣先が見つからずクビになるため技術レベルが低いまま新卒第二新卒として転職市場に放り出されるのである

請負会社場合もっとひどい、中学生かと思うようないじめダメ烙印を押した正社員いじめ精神的に追い詰めるため業務に触れる事なく社員転職市場に放り出されるのである

こんな事例を見ていると「解雇規制緩和は正しいか?」と思うようになる、ITSI業界無法地帯化してるのに解雇する会社に法的ペナルティーがないままホイホイ切れる緩和をしていいのだろうか。

解雇規制がなくなれば労働者陰湿嫌がらせ理不尽対応もされる事なく、経営者は面倒臭い事をせずにクビに出来るから日本労働環境が明るくなるのか?

ただでさえ会社がやりたい放題の状況を悪化させるのではないか?優良企業業務経歴と技術力による足切りと定員がある、解雇規制緩和で労働者流動性が上がってもスタートで失敗した人は延々と解雇される事になるだろう。

解雇されるかされないか会社の考え次第となる状況が現状の労働環境改善しないまま生まれたら、ブラック企業が廃れても会社意向に反する態度を取って解雇された人が巷に溢れることになる可能性の方が大きい。

この時だけ、経営者視点を嫌う人たちがいきなり経営者視点になる現象が起きるのだが経営者視点に立つほど権力を持った人たちなのか疑問に思う。

2017-05-19

http://anond.hatelabo.jp/20170518204136

自分に出来ることを他人も当然できるものと思ってはいけない

「こんなに簡単なことを」と思っても、それはあなた能力であって、嫁の能力ではない

あなたは至極簡単なことだと思い込み

嫁は当然出来ないものだと思っている

だとすれば、嫁には苦難を伴う作業だと考えた方が良い

それが、どれだけ他の人間にとっても自分にとっても「当たり前にできること」だと思っても

彼女に至ってはできないと理解するしかない

 

なぜなら現実的にできないからだ

 

あなた現実的にできていないということを直視せずに、嫁には現実的にできないのだという状況を認めたがっていないが、そこが現状を打破するための壁になっている

 

まずは出来て当然の作業だと思わず、冷えていた時にはちゃんと感謝すべきだろうし

成果を求めるなら、作業従事する人が失敗しない手段考慮すべきだ

相手家族であるという甘えを捨てなくてはならない

なぜなら、自分がそう対するならば、相手家族であるという甘えで「失敗しても許される」と思うから

食事を求め提供するビジネスの間柄として、ー部下を動かすのと同じように考えなくてはならない

夫と妻としての関係を捨てよ

家族としての甘えを捨てよ

自分解雇できない覚えの悪い部下を持ったとして対せよ

2017-05-15

知り合いの家族犯罪者になるかもしれない

小中の同級生兄貴がいるんだが、そいつは軽度の知的障碍者だった。

数年前までは、中学から斡旋された某新聞社配達業務フルタイムでやってたみたいだけど、どうもリーマンショック煽りかはては40歳定年なのかどっちかしらんが、そこを解雇されたらしい。

らしいってのは、朝方国道自転車帰宅方向に爆走する彼をみることがなくなったから。


その彼が、今日若い男と二人で訪ねてきた。

もっともごめんくださいの挨拶だけで、実際にわけのわからん勧誘したのはほぼ若い男だった。

日蓮なんとかい念仏を唱える会だかなんかに来てみないかと。

ここで私はピーときた。

昼間一人で家にいるババアを狙って、生活館に集めてセミナーまがいの話を繰り出してからの、高額商品契約をとる悪徳商法の導入パターンにそっくりであった。

おそらくろくでもない仕事に、その知的障碍者の彼~まるで浮浪者同然の身なりの~が連れまわされてるってことは、最終的に彼に全部擦り付けてトンズラぶっこくパターンだよね。

はて、どうしたものか。

彼には兄弟がいたはずだが?

何をやってるのか。

昔の肉体労働者の家庭の常で5人だか4人だかはいたが、彼の一家借家暮らしで、小中時代の私の記憶だけでも三度引っ越ししている。

今も同じところにいるとは思えない。連絡先もしらん。

髪はぼさぼさ、歯は半分以上抜け、無精ひげに白髪の産毛、服はいつの時代の服なのかわからないものを着て、靴だけ新品の合皮の靴。身なりがあまりにもアレなまるで浮浪者然としてた。

新聞配達に行ってたころは、ジャージジャンパーを着ていたが、自分で選んだもの事務所で用意したものかはしらんが、センスはないにしろごく普通だったのを思い出すと、この数年でなにがあったか想像できてキツイ

最悪な結果にならなければいい。

2017-05-12

http://anond.hatelabo.jp/20150618025040#tb

無能な働き者は銃殺せよというのは、あくまで指揮を取る立場人間からみた考えだ。

会社なるたけ早く無能な働き者を解雇せよ、と言い換える事ができるかもしれない。

当然、会社不利益であれば、他の社員迷惑している。であれば、やめて欲しい、死んで欲しいと思うのも当然である

しかし、自分無能な働き者である場合、取るべき行動は他人から見るそれと必ずしも一致しない。

自分無能な働き者であると、会社からとってみても簡単解雇が出来るとも限らないから、すぐに自主退職すべきなのでは。と考える

どこで働いても今のままだと必ず迷惑をかけるばかりで仕事にならない。そうなると死ぬべきなのでは。と考える。

死ぬにしても、働けないか死ぬなんて程度では、もっと不自由を強いられていても強く行きている人がいるだろう。

自分には自死資格すら与えられない。と考える。

無能であるから、脳と能がないから、正しい思考をもとに正しい行動を取ろうと自分に強いる。

しかし、正しい思考がわからない。そもそも、そんなものはあるのか。

誰が脳信号の移動経路の過程を、これが正しいものだとして提供してくれるだろうか。

共通して持つべ思考の姿など存在しない。

思考自分自身の力で最善を尽くす他ないからだ。思考の姿の理想他人からコピーすることは出来ない。

存在するのはあるべき言動の姿である。あるべき姿は、優秀だと思う人、自分が真似できる範囲のものを参考にする。

同じように振る舞おうとし、失敗するのであれば、きっとそれは思考コピーしようとしている。

自分自身で考えて、言動を人を真似ることで、単調増加的に成長する。

現状、このままだと死ぬしか無いとみなされる状態は、まだスタートラインしかない。

次の、次のそのまた次の段階で、無能な働き者のレッテルが取れれば、

そのときには死ぬしかないと見做される状態ではなくなっている。

2017-05-09

AI低賃金労働車の仕事を奪わない

ってはなし。コンビニ弁当を作るおばちゃんの仕事経済的合理性から奪われないよって話ね。

それはたしかにそうなんだけど、それって別段「苦しい労働者仕事が奪われなくてよかった!」って良い話でもなんでもなくて、キャリアアップルートをふたされたって話なんではなかろうか。そのうえ、流通在庫管理販売管理のほうはAI制御されるようになり、現場での労働クロックワーク的窮屈さになっていくだけだと思うぞ。

雇用が奪われる」って言葉を聞くとどうも、いきなり解雇されて路頭に迷うようなイメージ脳内に浮かぶけれど、仕事効率化されるツールが導入されて正社員のやってた作業非正規でもできるようになったとか、五人の職場が四人になっちゃったとか、給与計算を外部の会計会社アウトソーシングするようになったとか、そういうふうにジワーっと真綿で首を絞めるようなケースのほうが多いし、リアル未来なんじゃないかなあー。って思うんよ。

2017-05-08

ジャムPPPHの件について

ジャムアニメ特集けものフレンズPPPHアニメ特有のものみたいな説明をしてたんだけど

よりによって!ジャニーズの前でそれ言っちゃった!と勝手に恥ずかしくなった

ジャニーズの曲って何十年も前からPPPHライブ専用の掛け声みたいなのが入ってて

盛り上がる曲には必ずといっていいほど多用されてるんだよ。

PPPHじゃなくCCCH(ちゃんちゃちゃんふー)と呼ばれたり(例えばある解雇ジャニーズタレントとかはジャニーズポポフ―と呼んでいたり、色々言い方ありそうだ)

別にジャニーズ以外の楽曲にもあるっちゃあるけど、意図的にこのノリを使って量産したのは歴史的にどう考えてもジャニーズなので

関ジャニ∞LIFEにもあるよね)

勝手ジャニヲタの皆様スミマセンでしたという気分になりました。感想おわり。

2017-05-07

http://anond.hatelabo.jp/20170507173900

コンビニなんかと違って、海上では人手不足で夜間閉店というわけにはいかないと思う。

なにかしでかしたら懲戒はあるだろうけど、その場で解雇したら船が港に戻れなくなるんじゃないかな。

船長24時間勤務すればそれこそ事故につながるだろうし。

http://anond.hatelabo.jp/20170507144144

口裏を合わせて社会生活に悪影響がある人物であるように仕立て上げることも出来るので

そういうゴチャゴチャしたしょうもないことをする人物を干すために解雇は多少自由化したほうがいいんですよ

2017-05-06

能力に対して適正な評価が下されるようになったら解雇は活発にならざるを得ず、勤務先が自尊心の一部になっていた人からテロリスト化するかも

記者給料減らして選手年俸上げろよ中日新聞

中日ドラゴンズがドベゴンズになってる。

ドラゴンズ最下位

選手補強のために親会社中日新聞は銭をかけろ。

補強の原資は新聞記者給料。左がかった変な記事ばかり書く記者解雇減給してその金をドラゴンズに使え。

消防団記事に腹立てて新聞購読辞めた消防団員いたぜ。

アホ記者解雇してドラゴンズに金使えよ

http://anond.hatelabo.jp/20170506001548

アカデミアの質も職業教育の質も高めて詰め込んだら2年では足りないと思われる。

究極的には職場で指示通りに動けない人はバカスカ解雇するような状態になるのだから

仕事を教えるところが大学大学院職業訓練しかなくなるってイメージ

http://anond.hatelabo.jp/20170505235555

国立大学企業研修所を合体させる感じ

公務員用には行政大学院みたいなものを新設してそこでお役所仕事業務標準化すると「公務員から公務員転職」と「不良公務員解雇代替となる人の中途採用」が出来るようになる

国際的仕事をしたい人には語学大学院みたいなものを新設

極端なことを言えば職場仕事を教えるということを違法化に持っていくような感じ

2017-05-04

格差

http://anond.hatelabo.jp/20130901220935

古い記事だが。

多分、これだったんだろうなと気付いた。うちの離婚根本的な理由

うちは両親とも四大卒。父はそこそこ有名な会社に勤めていた。母は都庁職員やってた。

俺は、、まぁそれなりに名のしれた大学を出てる。

んで、二十代前半で結婚子供も二人出来て、それなりに幸せだった。あの頃は。

仕事の都合で、一家四人で引っ越した。といっても、クルマで二時間も走れば実家にたどり着けるくらいの距離

嫁のメンタルも考えて、ほぼ隔週で嫁の実家に遊びに行ってた。土曜の朝に家を出て、日曜の深夜に戻ってくる感じ。

ある日、嫁がヒステリーを起こした。なんの前触れもなく。

実家の近所に引っ越す、の一点張り理由もなんの説明もなし。

そうして、「駅まで10分、電車待ち数分、通勤合計45分」のところから「駅まで徒歩30分、電車待ち60分、通勤合計120分~」の世界に。

定時に仕事終わって、帰宅が9時すぎるとかザラにあった。

嫁(当時)曰く、「みんなやってる」と。すげーな、どんな超人なんだよ。

嫁のスペック高卒地元コネで小さな事務所で働いていた。地元農村父親地元で名のしれたところに勤めるサラリーマン

一族大卒はその父親のみ。婿養子発言権ほぼゼロ

俺は引っ越しのお陰で昇進取り消し、異動。通勤の長さに耐えられず、マトモに仕事にも行けなくなった。

丁度世間の景気も悪くなり、碌な仕事もないところで解雇

その直前に見切りをつけてあの田舎から逃げ出したのが正解だった。

今では(比較的)まっとうな会社勤め。時間も確保できるから趣味満喫してる。

たまに子供らと3人で遊びに行ってる。距離感のせいか、たまに会う友達のような付き合い方になってる。

これもいいのかな。

2017-04-27

世界報道自由度ランキング2017

https://rsf.org/en/japan

安倍晋三の脅威

 

安倍晋三首相に再就任した2012年以降、日本報道の自由は後退し続けている

不可解な解雇と辞任による主要メディア自己規制の増大、「記者クラブ」による海外メディアフリージャーナリストへの差別など、ジャーナリスト民主主義監視役としての役割果たしていない

記者の多くはメディアへの敵対姿勢を隠さな政府関係者に悩まされている

ソーシャルメディアでは、政府へ疑問を呈したり、議論喚起しようとする記者自身への脅迫も行われている

 

特定秘密」を漏らした場合、たとえそれが内部告発だとしても最高10年の懲役を課される「特定秘密保護法」について、

国連による抗議にもかかわらず政府議論拒否し続けている

 

内容としては

メディア民主主義監視役としての役割果たしていない

政府メディアへの敵対姿勢を隠そうとしない

ソーシャルメディア記者へのヘイトを行っている

特定秘密保護法存在

上記4点が焦点になっている

 

報道の自由度、日本は72位 国際NGO問題がある」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK4V5VV7K4VUHBI02S.html

この記事では「記者クラブによる差別」「ソーシャルメディアによるヘイト」は伏せられ

政府圧力をかけたか報道の自由度が落ちたのだ」という印象付けが行われている

これが「主要メディア自己規制なのだと思うとがっかりする

2017-04-24

昨日250万円の借金を返し終えた。

若い時に自分が原因で作った借金を、約7年で返し終わった。

日払いの仕事で何社も同時に返すという辛い期間もあったが、就職してから収入が安定したので順調に返すことが出来た。

途中銀行系のローンに借り換えしたり、過払い金の請求もした。


そして今日会社に行くとなんと倒産する流れになると上司から説明があった。


ナイスタイミング


と、今立飲み屋でこれを打ち込んでいて思った。


私の両親はもう既に亡くなっており、親族とも疎遠になっている。


ひょっとして私、もうどこに行っても誰にも文句言われないんだなと、凄い開放感を感じている。


憧れの京都引っ越してみるかな。


と、これは倒産ハイと返済ハイなのかもしれないが。

<追記>

京都に引っ越すかなと言ってみたもの貯金は無いし、アパート家賃払わないといけないし、前途多難!!

まあなんとかなるでしょ。

<追記2>

社長弁護士立会いのもと諸々済ませてもらってきた。

社長がかなり社員に気を使ってくれた(らしい)ので、

未払い賃金とは発生しない模様。解雇手当も出る(当たり前?)。

私物処分した。

ちなみに何年も前から消費者金融で借りている人は過払い金請求した方がいいと思う。

私は今回それで90万円戻ってきて一気に完済出来たから。

さて、とりあえずアパートは来月末で解約することにした。

本何冊かとノートパソコン以外は売ろうと思う。

草薙素子が呟いた「さてどこへ行こうかしらねネットは広大だわ」の気持ちが今少し分かる。

これからどこ行こうかな。

コメントしてくれた人本当にありがとう

2017-04-21

精神疾患理由社会から拒絶されそう

※結局、「産業医あなたには社会常識がないって言ってたから」の一点で解雇を言い渡された。わかってはいたけれど、精神を壊したのは会社なのに、会社精神の壊れた人間をあっさり厄介払いしちゃうんだなあ。ちなみに、電◯とド◯モの子会社です。

うつ病と診断され、休職している。

正直、うつ病であるとは自分では思っていない。昨年の6月から9月にかけて、はじめて、少し大きめのプロジェクトに参加することになった。とにかく、すべてがはじめての仕事で、何をどうしたらいいのかわからず、やっては怒られ、みずからの至らなさを痛感するばかりの日々だった。毎日終電で家に帰り、そのあとも自宅で深夜3時頃まで仕事をし、寝て、翌日正午頃に出社していた。出社時間を遅らせることができる環境であってよかったとその一点は会社感謝している。けれど、それでもやっぱり無理があったようで、プロジェクトが完遂すると同時に、わたしは不調を感じるようになった。

まず、夜に眠れなくなった。深夜3時過ぎに寝る生活状態化していたからだろう。それから意味もなく涙が出てくるようになった。仕事中に突然悲しい気持ちに襲われて泣いてしまうのだ。だから、いつも会議室パソコンを持ち込んでひとりで隠れて泣きながら仕事をしていた。

プロジェクトの期間中わたしはいつも、じぶんの仕事のできなさ、思慮の足りなさを突き付けられているようで苦しかった。何をしても、考えが足りていないと怒られたし、ほんとうにその通りだったから悔しかった。上司に悩みを相談すると「あなたにはやる気がないからだ」と言われた。やる気がないから、ほかの人のように勉強をしようという意欲もなくアウトプットが貧弱だし、案件に真面目に取り組んでいれば気づくようなことにも気づけないのだと。その通りだな、と思った。毎日深夜3時まで働いているのに、わたしにはやる気というものがなかった。だからほかの人のようにうまく仕事ができないのだと思った。「やる気のない人間が一人いると、メンバーモチベーションが下がる」とも言われた。それも、その通りだと思った。わたしはわざわざ深夜3時まで働きながら、周囲の人間モチベーションを下げている。それからというもの仕事中に「このタスクちょっと面倒だな」と思うたびに、呪いのように「お前はやる気がないから駄目だ」という言葉を思い出すようになった。

ある日、ほんとうに涙が止まらなくなってしまい、会社を抜け出して精神科のクリニックへ向かった。自分うつ病だと思っていたわけではない。休日友達と遊びにいったり、映画を観に行ったり、そういうことはできていたから。ただ、わたし精神病気についての知見がなく、病院に行けばきっと悲しい気持ちを消してくれるような即効薬がもらえるのではないかと思っていた。もちろんそんな劇薬存在しない、というか、お医者さんは処方してくれない。あっさり「うつ病でしょうね」と言われ、睡眠導入剤抗うつ剤をもらうだけで、当面の悲しい気持ちについては何も解決しないまま、会社に戻ることになった。

自分ではそうとは思わないが、うつ病かもしれないと会社に告げるべきか悩んだ。また、「やる気がないからでしょう」と言われるのが怖かった。わたしは、通常の業務であれば好ましくないことがわかっていたが「やる気がない」と言った上司さら上司である部長に話してみようかと思った。チャットで「今日お話がしたいのですが、お時間よろしいですか」とメッセージを送り、送った直後に後悔して「やっぱり大丈夫です」と追加で送信した。まるで彼氏にかまってほしいときにおくるLINEみたいだなと思った。うつ病じゃなくて、ただのメンヘラだ。メンヘラのほうが実感としては近かったし。

部長は、メンヘラのかまってほしいオーラを察したようで、直接声をかけてきてくれた。わたし空気が重くなることを恐れて、「いやあ、病院に行ったらうつかもとか言われて。まじかって感じなんですけど」とふざけた調子で話したが、気づいたらぼろぼろと泣いていた。部長は親身になって話を聞いてくれ、すぐに仕事の量を減らすために動きだしてくれた。

数日後、「お前はやる気がない」と言った上司とも話をした。彼も業務過多であったことを詫びてくれたし、業務を減らしたことにより、ほとんど自宅で作業しても問題ない内容の仕事ばかりになったので、無理に会社に来る必要はないと言ってくれた。もし、完全に自宅で働く方がいいのなら、そうできるよう上にかけあうと。わたしは、全力でその言葉に甘えた。ほとんど会社には出社せず、出社しても会社にいるのは5時間程度、あとはすべて自宅で仕事をした。どうしても会社PCでなければできない作業があれば、土日に隠れてこっそり出社した。自宅や誰もいないオフィスでの仕事であれば、突然泣き出してしまっても問題なかった。自宅での勤務時にも、勤務開始~勤務終了のタイムカードをつけていたが、12時間以上働いた日もあった。

しか会社は、わたしのことをサボっていると判断したようだった。上司は上にかけあうと言ってくれたが、どうかけあってくれたのかもわからないまま、突然人事から「いまのあなたの働き方を会社は認めるわけにはいかない」と言われた。そして、今後の進退をどうするかについて、産業医面談するよう命じられた。

休職するのは嫌だった。たしかに出社できないということは会議等に参加できないということだから、ほかの人と連携して働くのは難しいだろう。しかし、一人で行える作業も山のようにあったし(そういった作業のために派遣を雇うこともあった)、そういった作業であれば、うつ病と診断された後でも満足にできていると思っていた。上司作業については問題がないし、頼りにしていると言ってくれていた。でも、あれは嘘だったのだろうか。今となってはわからない。

うつ病かどうかはおいておいて、確かにこの時期のわたしは疲れていた。産業医との面談は散々なものだった。仕事について何を聞かれても「わたしはどうせやる気がないからだめだ」と答えていたような気がする。ほとんど忘れてしまったけれど。ただ、産業医の方はその道のプロであるはずなのに「あなた不思議ちゃんなのね」とわたしに向かっていい、まるで「少し変わっていて、社会になじめないかうつなんかになるのだ」と決めつけるように終始話をされたことに、ひたすら腹が立ったことだけを覚えている。中学生くらいの頃は、個性的とか変わってるとか言われることで得意になっていたが、もういい大人だ。それが人を馬鹿にするときに発される言葉であることくらいわかる。ちなみに、面談をした日の日記を読み返してみたら「わたしのことを「世間からちょっと外れた」「変わり者の女の子」だから説教してあげなきゃ」と思ってるのが見え見えすぎて、つーか説教って結論ありきでこちらの話を聞かずに一方的になされるものから対話じゃないんだよな。対話仕事なんじゃないのそちらさんは?それでもプロですか?わたしの話、なにも聞かずに終わったよね?どいつもこいつも人のこと説教コンテンツだと思ってんじゃねえ」と書いてあり、当時もめちゃくちゃ怒っていた。面談の翌週(12月の頭)、突然部長と人事に呼び出され「明日から休職してください。産業医により休職必要だと判断されました」と言われた。ほんとうに何の前触れもなく、突然言われたものからわたしは笑ってしまった。え、自宅でできる仕事はどうなったの。「ほんとに?明日から?じゃあ明日のお昼映画観に行ってもいいってことですか?」あまりに信じられなくて、ほとんど相手馬鹿にするような口調で言うと、神妙な顔で「そういったことで気分転換をしてもいいかもしれませんね」と言われた。よくわからないまま、とても雑な仕事の引継ぎが一時間で行われ、わたし休職することになった。

わたし休職を言い渡された瞬間にTwitterで「うつから休職しろって会社に言われた」と呟いた。いいねが何件かつき、じゃあ暇でしょ今週ご飯いこうよという誘いが何件かきた。友だちには恵まれているなと思った。はじめの一週間は毎日のように友だちと会って遊び歩いた。これのどこがうつなんだろう。毎日楽しく遊んで暮らしていることが会社に伝われば、会社もすぐにわたしを復帰させてくれるかなと思って、とにかく遊んで遊びまくった。三週間でお金と体力がつき、その後はしばらく引きこもって一日中寝ていた。

休職は一か月で終わるだろうと思っていた。しかし、会社から音沙汰がない。こちらから基本的に連絡を取ってはいけないと言い渡されていたので、やきもきしながら会社からの連絡を待った。連絡がきたのは、年明けのことだった。再度、産業医との面談のために出社してほしいとのことだった。出社日までにかかりつけの精神科医から診断書をもらって、いつまで休職必要かを会社に提出するように、とも言われた。わたしは早速そのことをお医者さんに話し「こちらとしてはいつでも復帰できるのですが」と告げた。お医者さんはなぜか「でもあなたはまだ疲れているでしょう」と必要以上にわたしをいたわり、休職期間を3月末日までとした診断書を出した。そうして、わたし3月末日まで復帰できないことになった。元気なのになぜだろう。

1月の半ばに産業医との面談を行った。この日の日記を読み返すと「なんで時間取ったのってくらいふわふわした会話しかなされなかった」としか書いていなかった。近況報告くらいで大した話はしなかったのだろう。面談後、診断書を提出するために人事と会った。このときわたしは、診断書休職期間は3月末日までと書かれているが、こういうものはこの日までに必ず治るというものではなく期間が前後する可能性はおおいにある、とお医者さんに言われたと伝えた。前後する、については、だから復帰を早めてもいいと思う、という思いを込めたつもりだった。働いていないので、そろそろお金がやばかった。人事は「そういうものだと理解しているか大丈夫ですよ」とだけ言って診断書を受け取った。

それきり、しばらくの間また会社から一切連絡が来なかった。さすがに日が空きすぎているだろうと思い、3月の頭に一度だけ人事に連絡をしてみた。復帰のスケジュールはどうなっているのか。休職直前に異動することも可能だと言われたが、今でもその話は有効なのか。その2点について尋ねてみたが、前者については「産業医確認してまた連絡する」、後者については「それは会社の都合だからあなた希望がどうであれ知らない」とどちらもにべもない答えだった。復帰して働きたいという意志を伝えたつもりだったのに、おまえの意志など関係ないのだと突き放されたようですごく惨めな気持ちになったし、休職が決まる前は「あなたの働きやすいようになるべく希望をかなえたいと思う」と言っていたはずなのに、休職が決まった途端、手のひらを返して厄介払いするような態度を取る相手に裏切られた、信用できない、という気持ちになった。わたしは、3ヶ月も社会から離れて孤独を感じていたのかもしれない。そんなときに、会社の人から冷たくあしらわれたことで、社会から本格的に拒絶されたような気もちになってしまったのかもしれない。こちらからはもう連絡しないと心に決めた。

3月の頭に「産業医確認してまた連絡する」と言った人事が次に連絡をしてきたのは、3月31日20時だった。彼はなぜかはじめからわたしに対して怒っているような、責めるような口調だった。

診断書には、3月31日までが休職期間と書いてあるんですが、どういうつもりですか?」

どういうつもりとは?わたしは彼の第一声に疑問符を浮かべることしかできなかった。正直、わたし1月に提出した診断書ことなどすっかり忘れてしまっていた。おまけに「期間が前後することは理解しているので大丈夫ですよ」と言われたことで、診断書問題はすべて解決したものだと思い込んでいたのだ。人事がいうには、診断書の形で正式に提出されていない期間に休まれては困るとのことだった。困るって誰が。何が。

診断書の期間より、休職がのびるなら、連絡してもらわないと」

「復帰に向けてのスケジュールについて相談させてくれって連絡しましたよね。そのあと連絡しなかったのはそちらです。おまけに、今日ちょうど病院に行ってきたから、その時診断書もらって会社に持っていくこともできたのに。こんな夜遅くに言われても困ります。そもそも、以前診断書を提出したとき休職期間は前後する可能性があるって言ったら「大丈夫」とおっしゃられたので、再度提出が必要だという認識がなかったのですが。認識違いをしていたわたしも悪いですが、リマインドするにしてもちょっとタイミングが遅すぎて対応しようがないです」

「そういう考え方もありますよね」

そういう考え方もある?わたしは怒りで頭が真っ白になった。3月31日が年度末だから、18時から会社パーティーを行うならわしであることくらい知っている。つまり、すでにお酒を飲んで酔っ払った状態になってようやく、本来なら1か月前にすべきだった連絡を今してきた彼が、自分不手際を認めず、わたしがすべて悪いのだと言っていることくらいわかる。

「困る、と言われても困ります4月3日に復帰するといっても会社の受け入れ態勢も整っていないでしょうし。4月から診断書記載がないから、わたし解雇ってことですか?」

「まあ、会社が決めることなのでわからないですけど」

「どうするんですか?次の病院の予約は2週間後なのですが」

「わかりません。確認します」

からないなら電話をしてくるなと言いたいところをこらえ、「では、確認お願いします」とだけかろうじて返し、電話を切った。あまり対応に怒りが収まらなかった。怒りは翌日まで持続し、我慢できず、部長へことの顛末を記したメールを送った。部長からの返信はなかった。…わたし病気なのだろうか?こんな風に、怒ったりして。

翌週、診断書会社が直接医師のもとへ受け取りにいくから何もしなくて大丈夫だという内容のメールが人事から送られてきた。そして、また2週間後に産業医面談をすることになった。産業医が首を縦に振らなければ、復帰はできない。初回の面談で、わたし相手に対して苦手意識を持っていたが、面接に臨むようなきもちで、いか休職期間もきちんと規律のとれた生活を送り、すぐにでも復帰できる状態にあるのかをアピールした。産業医は、「前に会ったときより、ずいぶん明るくなったわね」と言ってくれた。いける、と思った。けれど、ここでまさか診断書に足を引っ張られるとは。

人事が医師から直接受け取った診断書には「うつ症状」に加え「人格障害の疑い」と記載されていた。1月にもらった診断書には「うつ症状」としか書かれていなかったのに。かかりつけの医者から人格障害の疑いがありますね」と言われたことは一度もなかった。お医者さんとは会うたびに「最近どうですか」「元気です」という会話くらいしかしなかったし、惰性のように抗うつ剤を処方してもらうだけだった。不眠症状はすぐになくなったため、睡眠導入剤も処方してもらっていなかった。わたしはショックだった。人格障害があるの?お医者さんと普通に会話していたつもりだったのに、お医者さんは陰で「こいつは人格障害がある」と思っていたの?あとで調べてみて「人格障害」とは「人格に欠陥がある」という意味ではないことがわかったが、診断書のその文字を見たときは、お医者さんにも裏切られてしまったような気がした。

でも、疑いは疑いだ。確定したわけじゃない。…産業医は、物事を決めつけて話すタイプの人なのだった。

人格障害ってことは会社に復帰できないんじゃない?」

無職になったら困ります

「でも、人格障害のひとは一般的社会に受け入れてもらえないものからあなた自覚してない?人格障害の人って、周囲のひとが嫌な気持ちになっているのに気づけないのよ。だからあなた無意識でそういうことやっちゃってるかもしれないわよね。それって会社で働くって無理よね。どう?」

自覚ない?って言われても、周囲の空気自覚できない病気なのであれば、わたしがそれを察知することはどうやったって不可能なのでは…?」

産業医がいうには、人格障害の人は常識社会と異なっているから、周囲が「この人変だな」という空気を出してきても、その空気に気づけないのだそうだ。人格障害の疑いと言われるくらいだから、心当たりがあると思うんだけど、と言われたが、仮にわたし人格障害であれば、空気が変であることに気づけないはずだから自覚しているわけないし、人格障害でないのであれば、周りも「こいつ変」空気を出していないのだからその空気に気づくわけもない。つまり産業医が言っていることは矛盾していてめちゃくちゃなのだけど、彼女はどうしてもわたしの口からわたし人格障害かもしれない」と言わせたいようだった。(家に帰って調べてみたところ、産業医人格障害についての説明もめちゃくちゃだったことがわかったし、そもそも最近は「パーソナリティ障害」と呼ぶのだそうだ。そういうところの配慮のなさにもげんなりした。)だいたい、「あなた、周囲の空気読めてる自信ある?」と聞かれて、迷いなくイエス!と答えられるものだろうか。気を遣っていても失言してしまうことはあるし、つい調子にのって一方的に熱く自分の話をしてしまうことだってあるだろう。(そしてわたしはそういう失敗をいつまでも引きずる)ほとんど誘導尋問に近い形で人格障害であることを認めさせられ、「だからあなた会社勤めができない」と懇々と説かれた。

会社勤めは難しいって、どうしたらいいんですか」

人格障害でも活躍してる人、たくさんいるじゃない。書道家とか俳優とか」

「それはそういう才能があるからですよね?わたしには何もありません」

「でも、あなたも頑張って会社以外の場所を見つけないとだめなのよ。性同一性障害のことを考えてみるとわかりやすいんだけど、今は時代が変わったけど、あの人たちだって社会から一般的には受け入れてもらえないでしょう。だから当事者が頑張って、社会から認めてもらわなくちゃいけないの」

…この人、今の話には全く関係のない性同一性障害を引き合いに出して、パーソナリティ障害の人々と雑にひとまとめにして差別したことに無自覚なのだろうか。「あなたたち〇〇は、社会に認められていない劣った存在からわたしたちに認められるように努力する義務がある」という発言差別的であることに気づけないのだろうか?

 悔しいけれど、わたしは怒りが頂点に達すると、うまく言い返せなくなってしまう。このときも、「それは社会がまちがってるんじゃ……」と呟くことしかできなかった。「社会がまちがってるってことはないけど」と、「社会側」の産業医は言った。悔しい。こんな

2017-04-10

なぜ公務員様は不遇を嘆きながらもその立場にこしつするのか?

福利厚生が抜群にいいかである

ネットで話題に‥?「司書」の賃金低下が深刻な問題になっている - NAVER まとめ

https://matome.naver.jp/m/odai/2149175164914838301

公務員の利点は解雇がないこと。

職業選択の自由はあるのだからお金が欲しければ転職すればいい。

勝手司書にこだわり公務員として働いているくせに、

給料に満足できないと文句をあげるなら今すぐ退職して他を探せ。

2017-04-07

EPARKって光通信会社なんだね。

会社概要を見ても、光通信って何処にも書いて無いんですけど、

何か意図的に隠しているのかな?

光通信らしく、人材派遣会社営業に「こいつ今すぐ要らないから」と電話して、契約を解約しようとするし、

「今まで働いていた分のお金は一切払いたく無い」とゴネるという非常識ぶり。

相変わらず昔から光通信非常識っぷりは変わって無いなと、ある意味感心する。

まあ、お前が解雇した人間にも生活がある訳で、お前らの好き勝手雇用解雇契約をしてんじゃねーよ。

2017-03-31

うーん

自分契約違反行為で実質解雇なのに、なぜ謝罪文まで「あたしゎ」みたいな小文字の入った妙にフワフワした文章なんだろう…。

真面目に書いてるのかもしれないけど、自分としてはここまで駄目な人間だったのか…と残念だし、その文章のまま発表させた運営側にもモヤモヤ

結局何も反省してなかったのかなと感じてしまう。

他の4人が悪いことしたわけじゃないのに真っ黒な服を着てお葬式みたいなムード動画配信してるし、メンバー謝罪文代読してるし。

好きなグループだったんだけどなぁ。

2017-03-29

http://anond.hatelabo.jp/20170329073653

じゃあ経営側が実際にクビにするかというと、仕事覚えた従業員解雇したらさら仕事回らなくなるだけなので不可能

それで正解なのである

2017-03-28

アニメ会社新人制作トラブル事例メモ

https://www.youtube.com/watch?v=rMGVTkc8LCM

こちらにアニメ会社解雇トラブルの話がでていたのでおおまかにメモ

制作進行として入社した。

・3ヶ月の試用期間中の2ヶ月目に、連日の勤務による睡眠不足社用車事故をおこした。

事故責任をとれと強く責められ、事故車と代用車の2台分の代金140万円を請求された。(支払いはしていない)

・3ヶ月目は給与を半額にすると通告され、試用期間終了後に解雇された。

雇用継続を望んだがとりつく島がなかった。

労働基準監督署相談し、未払いの残業代請求書を送った。

会長面談したが「アニメ業界は働いている人の善意でなりたっている。ボランティア感覚でやっている。安くても文句言っていない。残業代請求されてもこまる。君はアニメ業界をほんとに続けたいのか」というような話を5、6時間された。

・結局請求した金額は払ってもらった。しか残業代請求する人はアニメ業界に向いていないといわれ再雇用はされなかった。

再雇用されないことが不満だったので法科大学院相談にいき、授業の一環として無料弁護士対応してもらうことができた。

・その結果職場に復帰することができた。

・復帰してひと月後、会社側が弁護士を雇い再雇用無効を主張してきて現在係争中。

2017-03-24

ブラック保育園問題

http://anond.hatelabo.jp/20170324110417

悪徳業者が保育に参入したせいでモラル崩壊が起きてるってね。

虐待不正告発した園長たちは、会社ぐるみパワハラ解雇退職に追い込まれしまう。

自治体待機児童を増やしたくないか悪徳業者に逆らえない。

まともな保育士はどんどん辞め、保育の現場が荒廃していく。

東洋経済」より

発覚!おぞましい「ブラック保育園」の実態

h ttp://toyokeizai.net/articles/-/161108

コメント欄にも証言が続々。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん