「信長のシェフ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 信長のシェフとは

2018-09-07

信長のシェフ絶対厚遇されないと思うなあ

味噌だって決して安いものではないし

砂糖と油を多用しないと現地人がおいしいと感じる料理にできないけど

当時はそういうの超のつく高級品なんだから

現代みたいにバンバン砂糖が使えるとしたらトラフグ松坂牛最高ランク松茸を鍋にどんどん投入してるような贅沢料理で旨くて当たり前

湯水のごとく金をかけた料理うまいなんて料理人の功績にならないよ 

トリップした主人公イケメンからリアルはきっと森殿に掘られる役だよ 

2018-05-19

戦国時代砂糖が高級品で

油も天ぷらみたいな使い方は貴族パーティしかできないと知って信長のシェフを冷めた目でしか見れなくなった

フランス料理も豪華で人がうらやむ見た目になったのは実は20世紀入ってからだったりするんだろうなあ

2017-07-03

https://anond.hatelabo.jp/20170703143205

戦国時代への転生は「なろう」でも多いですが。

というか、そこは区別する必要ねーんだよ。

現代知識チートは「JIN」とか「信長のシェフ」と同等のものなの(もちろん作品自体クオリティには個人差があるが)。

2017-01-17

[]番外 「食漫画はこれからどこへ行くのか(後編)」

前回の続きで、そちらをあらかじめ読んでいること推奨。

もっと主観バリバリ、かつ雑に展開させた方が読んでいる人たちもツッコミやすいし、筆者も書くの飽きてきたので今回はもっとキトーに書いていくことにするよ。

食とどう関わっていくか

食に関することは基本的に作るか、食べるかだけれども、細分化していけば目の付け所はいくらでもある。

要はコンセプトによる差別化だ。

胃弱メシ』は胃が弱い人の、『女くどき飯』はデートでキメるとき

将棋めし』は将棋で勝つためのゲン担ぎといったように、「食とどう関わっていくか」ということも差別化の一つともいえる。

目玉焼きの黄身 いつつぶす?』や、『食の軍師』などといったように食に関する独特な拘りを主体にしたものもある。

他には、食べ物自体は絡むものの、その他の要素に比重を置かれているパターンも。

まり食を舞台装置としてどう機能させるか、ということ。

定番なのが人間ドラマで、『ゆきうさぎのお品書き』や、前回挙げた『甘々と稲妻』などはその傾向が強い。

料理やそれを食べる要素は必ずあるものの、それによって紡がれるドラマ主体なのだ

これはどちらかというと帰結ともいえ、食べ物のものエンターテイメント性の弱さを補完しようとすれば、過剰な演出を除けばストーリーやコンセプトに目を向けることになるのだ。

その点では『ゴールデンカムイ』もその要素を持つといえるが、これをグルメ漫画認識している人は少ない。

バトルやドラマコメディなど、主体となる要素、テーマが他に多くあるからだと思う。

では、食の要素を持ちつつ、食漫画認識されにくいものには他にどのような例があるだろうか。

破壊

完全な持論だが、それは茶化したり、弄ぶことによる“破壊系”だと思う。

代表格は一部の「料理バトル」モノで、過剰な演出エキセントリックプロットを突き詰めていく過程で真面目に食べ物調理を扱わなくなった。

数年前だと『マジカシェフ少女しずる』という漫画が印象的である

最近だと『人魚姫のごめんねごはん』という漫画ホッテントリになっていて記憶に新しい。

ディズニーアニメの『リトル・マーメイド』でコックが魚を料理する歌があるのだが、架空の設定で見方を変えさせることで、印象を鮮烈にするというのは手法としてある。

まあ正直ここまでくると、食が関係していてもグルメ漫画というよりはコメディ漫画寄りだから、今回の話で扱うのは趣旨がズレているかもしれないが……。

主張したいのは個人的にこの“破壊”を許容されることで発生する、ジャンル多様化もあるのではないかということだ。

まり破天荒さ」と「グルメ」を両立しているにも関わらず食漫画としての体裁を保った、そんな奇妙な読み味の漫画たちである

空想

グルメ漫画ほとんどは現実世界モチーフにしていることが多く、料理もまたそれに準拠している。

読者に料理イメージをしやすくさせるためだ。

だが、それに拘る必要がないのではと思い始める作品も出てくる。

例えば『異世界駅舎の喫茶店』、『信長のシェフ』などといったように、舞台を別の世界にしたもの

料理を食べる登場人物人間ではない『クミカミカク』など。

しかし、食べ物まで空想産物にした代表格は『ダンジョン飯』だろう。

RPGに登場しがちな空想の生き物を材料に、大真面目に調理工程が描かれるのである

以降も異世界架空の食物を扱った『幻想グルメ』や、妖怪材料にした『美味しい妖』などの作品が続いていく。

もはや食漫画は、舞台調理工程登場人物食べ物あらゆるもの多様化したのである

だが悪くいえば、ほぼ手垢まみれの状態となりつつある、ともいえる。

マンネリ

さて、そんな食漫画に、現在マンネリ感は漂っているか

結論からいえば「まだ気にする段階ではない」。

私みたいに食傷気味になっている人間ならまだしも、様々なジャンル漫画をそこそこ読んでいる人なら、一つのジャンルの隆盛などあまり意識しないだろうし、漫画自体をほどほどにしか読まない人なら尚更である

「こんなに食漫画があるんですよ」と挙げても、それらを全部読んでいる人なんてまずいないからだ。

そもそも現代漫画供給過多の状態なので、全体を見渡せば食漫画自体はそこまで多くはない。

ただ、私からいわせれば食漫画成熟の段階には入っていて、後は発酵するか腐敗するかじゃないかな。

……そういえば、『もやしもん』っていう醸す漫画もあったっけ。

2016-10-03

[]笠原真樹「群青戦記グンジョーセンキ」

おもろい

漂流教室学校全体版って感じ

学校ごと戦国時代タイムスリップする

そんで部活アスリートたちが戦に参加する

信長協奏曲とか信長のシェフとかでさんざん苦言を呈した部分に対するひとつの解答が気持ちよく示されている

何かっつーと、上記2つでは結局タイムスリップしても歴史なぞるだけじゃんつまらんじゃん作者の手抜きじゃんって思ったのね

でも群青戦記は違う

どっちかというと戦国自衛隊に近い

から歴史とは全然違った展開を見せてくれるから、もうそれだけでわくわくもんだぁ~!

えっこいつが死んじゃうの!?とかも結構ある

好きなキャラ戸田だな

弱ペダの御堂筋に少し似てるけど、戸田はまだ全然まともで不快感はない

ゴールデンスランバーのキルオみたいな感じかな?うーんちょっと違うかな・・・

絵はぶっちゃけそんなにうまくないしキャラの描き分けもあんまりできてないけど、進撃の巨人と同じで絵のつたなさを超える面白さがある

くのいちは正直微妙かなと思ったけど・・・

あと今後歴オタじゃないとわからないネタが増えてきたら俺みたいな歴史シロートには面白さが伝わりづらくなっちゃわないかなってのがちょっと不安かな

まあでも最終的なゴールは都度示されてるから安心して読めるし楽しい

一気に10巻くらい読んでしまった

2016-04-21

ネトゲとか異世界ものでの俺つえー系でがっかりすること

レツエーを感じるための設定をないがしろにしているものが多すぎること

例えばオーバーロードだったら、もともと強かったっていう設定だけで、別にネトゲ設定はいらない

無職転生も幼少期から記憶と才能があるってだけで転生っていうオレツエー感がまったくない

なんかズレてるんだよなー

かといって、異世界にきたけどなぜか現実世界スマホでつながってるからそれで無双するってのも安易すぎて微妙だし

どうだったら満足なんだろ

なんかもっとこう、ムズムズするような、読んでてむずがゆくなるようなオレツエー感がほしいんだよ

ちと系統は違うけど、信長のシェフとか最初は割りとそんな感じだった気がする

当時には存在しないような料理を出してすげえってなる感じ

未来を知ってるけどどうしようもできないとかの切ない感じも好き

まとめると、設定を活かせと言いたい。

設定が単なるとっかかりに過ぎず、結局ただのファンタジーネトゲリプレイ小説っぽくなってる俺つえーもどきラノベはほんと消えて欲しい

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん