「nil」を含む日記 RSS

はてなキーワード: nilとは

2019-05-11

論文読んだ

Vines avoid coiling around neighbouring plants infested by polyphagous mites

https://www.nature.com/articles/s41598-019-43101-0#ref-CR3

動物植物論文は、楽しくよめる。

概要

そこまでちゃんと読まなかったので、プレスを探して見たほうがよい。

vine: ぶどうの木

spider mites : ハダニ

Fig.4の植物がフニャってなってるのがかわいい

 疑問・

2018-05-13

いつもと違う言語コード書くのつらい(´;ω;`)

たまにRubyコード書いてるけど、毎回色々と忘れていてつらい。

はあ、やっぱりいつも書いてる言語でなんでも書きたいものだ。

2017-10-13

anond:20171013100220

puts警察だ! Rubyにおいて単純な文字列を特段厳密な制御なしに改行つきで標準出力に出したい場合printではなくputsを使え!

print msg + "\n" # back-slash
puts msg

ちなみに文字列nilだったり空文字列だったりする場合は改行が出ちゃうので注意だ!

あと文字列が改行で終わっている場合はその改行を流用してputsはなにもしないのでこれも注意だ!

それと引数文字列でも配列でもない場合はまずto_aryが試され(てそのあとto_sす)るのでものによってはprint+"\n"とは違う表示になるぞ!

うん、この例外挙動覚えて慎重に運用するくらいなら最初からprintでいいな!

2016-09-25

妄想数体系

定義

-a(number) $1
-i-$1+$2
-e-$1*10^$2
-li$1 (-e- 一番外側)
-apo-$1+(point) $2
ta--$1
nil0 (任意)
m1
d2
tr3
ku4
pet5
hek6
siv7
oct8
nov9

tama-1
tapoma-0.1
tametama-0.1
poma0.1
metama0.1
pomida0.12
metamimetada0.12
trapotrikua3.34
tritretamikuatada3.34
siva7
mema10
memima11
dema20
demida22
trema30
kuema40
meda100
medimemima111
deda200
dedidemida222
treditremikua334
ocedimema810
metra1000
mekua10000
mepetimekuikuetripetedimemikua114514
mehekemiliocta1無量大数 = 10^68
memeda1グーゴル = 10^100
metretra10^3000
mememelida1グーゴルプレックス = 10^10^100
memememememapolimaポアンカレ回帰時間 = 10^10^10^10^10^1.1
memememememilimetamaポアンカレ回帰時間

2016-09-08

SwiftのOptionalの覚え方考えた

!と?の話だけど、頭悪いからいちいち混乱するんだよクソ

 

 

宣言

! → nilとかあり得ないから!!(暗黙的アンラップされるが、nilだと落ちる)

? → まあnilでもいいんじゃね??

 

使うとき

! → おう中見せろや!!

? → これもう分かんねぇな??(オプショナルチェインニング)

 

 

??の覚え方が思い浮かばない

三項演算子に似てる

2015-11-29

aliexpressをrubyスクレイピング

rubyスクレイピング

aliexpressの検索結果から

検索結果のURLを抜き取るのは、

結構簡単にできた。

ここから、ページ切り替えてURL収集する処理も追加すれば、

クローロング部分は完成。

あとは、各ページに対するスクレイピング問題



require 'open-uri'

require 'nokogiri'

# スクレイピング先のURL

url = 'http://ja.aliexpress.com/category/200003482/dresses.html?spm=2114.52010108.6.7.gT0qlW&addpid=32546825642&isOnSale=yes%22'

charset = nil

html = open(url) do |f|

charset = f.charset # 文字種別を取得

f.read # htmlを読み込んで変数htmlに渡す

end

# htmlパース(解析)してオブジェクト作成

doc = Nokogiri::HTML.parse(html, nil, charset)

num=0

doc.css('a[class = "product "]').each do |product|

p product.attribute("href").text

p num = num+1

end

2013-12-20

わたしは無知な女 -お礼がいいたくて-

先日この日記に『 わたしは無知な女 』を書いた。

まさか沢山のコメントを頂戴するとは思わなかった。

とても嬉しかった。

あれから1つ1つのコメントをキチンと読んだ。

からない言葉ヤフーを開き、理解に努めた。

みなさんのお陰で新たに学んだことと、コメントに対して感じたことをこの日記に残します。

知っていれば賢い、ということでもない。使いこなせない知識は有害。/plutanさん

知っていれば賢い、ということでもない。使いこなせない知識は有害

 ありがとうございます

 * 外面では見えない知識が表に出て初めて人のお役にたてるかも知れないのに勿体無い限りです。

稲川会なんて知ってても週刊実話が楽しく読めるくらいのメリットしかない/Luminさん

 ありがとうございます

 * 週刊実話を読んだことがありませんので楽しい気持ちになれるなら凹んだ時に読んで見ます

わたしは無知な女/htmarさんmiyashikiさん

 ありがとうございます

 * わたしは無知な女です。

いやいや、確かに知っていても適切に引出から出せないと無駄に思われがちだけど、もしも知っていなかったらそもそも引き出すものがないのだから、やっぱり知っているだけでも価値はあるよ。。/quix_queさん

 ありがとうございます

 * 知識ある人は尊敬します。

全知全能になれない以上、全ての存在は何かしらにおいて無知であろう。その中で知ることをやめなければ良いのではなかろうか。/ vidさん

知ることをやめなければ良いのではなかろうか

 ありがとうございます

 * めげずに励みます

知っている方が楽しいことと知っていたほうが悲しいことを天秤にかけたら前者が重たくなるためにはある程度の時期までに蓄積をしなければならないんだとは思う。間に合うのであれば知る努力をしたほうが楽しいNOV1975さん

知る努力をしたほうが楽しい

 ありがとうございます

 * 知る努力をし、みんなと一緒に楽しいと実感できる日々に向かい現在進行中です。

それでも生きて行けるならそれでいいと思うし、無知を恥じているならそれはものすごい発見でもある。読書ははまると楽しいよ。/ vaginallyさん

だって私が一番でもあなたもそこそこかもそりゃ私と比べるからaukusoeさん

知識欲っていうのはそんな"無知である焦燥感"みたいな所から生まれる物ではないと思う。/wow64さん

無知を恥じているならそれはものすごい発見でもある。
私と比べるから

 ありがとうございます

 * 沢山の人達出会うことで自分の無力さを感じてしまう反面、希望があります

知らなくていい言葉もいっぱいありますよ。気になるなら週末だけでもコンビニ新聞買ってさらっと見ておくといいかも。/ gohankunさん

いま気付いたのならこれから読めばいいじゃん。まあ知らなければよかったってこともあったりするから、ほどほどでいいのでは。/htnmikiさん

いま気付いたのならこれから読めばいいじゃん。

 ありがとうございます

 * 知らなくていい言葉が気になります。「さらっ」「ほどほど」具合が分かりませんので、ついでに体験してみます

「知らない」ということを知ってるのはだいじ。/K-Onoさんへ

「知らない」ということを知ってるのはだいじ。

 ありがとうございます

 * 「知らないことは知らない」ただそれだけのことです。大事であるならば大事だと思うようにします。

上から目線で寛容な理解者ぶりたいおっさんホイホイなのかなと開いたが思った以上に色気がない文章だった/zuiji_zuishoさん

 ありがとうございます

 * ガッカリさせてすみません。「色気ある文章」というのが存在するんですね。意識して文章の研究をしてみます

本を読まなくても読書大事だって分かるんだから読書って凄いよね。/dummy1さん

 ありがとうございます

 * 読書してきた人との違いはありますね。

百聞は一見しかずって言うよ/QJV97FCrさん

 ありがとうございます

 * 難しいお言葉ですね。確信できた時こそゲットですね。

本を読むのって、他人の人生を追体験すること。本を読まない人はやたらと「経験」というけれど、自分ひとりだけの経験と、読書で何百人何千人もの人生の片鱗と知識・知恵を経験した人では見える世界が違うよね。/MK3110さん

読書で何百人何千人もの人生の片鱗と知識・知恵を経験した人では見える世界が違う

 ありがとうございます

 * 見える世界…。わたしの世界は良し悪しでも「みんな生きている」というシンプルさです。

どういう成り行きで稲川会を知ったんだ…/nekonekonekotoriさん

ありがとうございます

友達との会話で「稲川会行った?」と言われて知りました。

ムラサキカガミって言葉を覚えておくと後で役立つかもよ/uturiさん

ありがとうございます

* 知らなかったわたしは一先ず安心です。ただ、死ぬ期限が不明です。いずれにせよ人はいつか死にます。念のため、20歳未満の人に忠告しておきますね。

P.Sが本編。/bloominfeelingさん

 ありがとうございます

 * P.Sが本編だと困ります。本編に捉えてしまった人がいたということに対して後書きする場合は、どのように表現していいのか考えました。

  ですが、見つからないので今は仕来りに合わせます

知ったような口を叩きたくないから、知識を取り入れるようにしてる。/waribashiwaretaさん

 ありがとうございます

 * パワーを感じます

知識を仕入れても大概のことは忘れてるけどね。知らないのと忘れてるの、どっちがいいかわからないけど、仕入れて忘れるのも悪くないなとは思う。/ricemountainさん

 ありがとうございます

 * 忘れてもどこかしらに残っていますよね。

よかったじゃないですか、これからいろんなことを知る楽しみが増えて。/ktasakaさん

 ありがとうございます

 *「やったーわたし」ですね。

知ってるつもりより100倍まし/mementm0riさん

 ありがとうございます

 * 100倍と明確にされるとは、想定範囲外です。むしろ100倍の威力が気になります

無知な人がはてな匿名ダイアリーなんて知ってるわけないじゃないですかjunglejungleさん

この増田はまとめ、増田稲川会を知っている時点で無知じゃない。もっと無知人間がいる世界だってある/miho3783さん

 ありがとうございます

 * わたしは、字を書くのも苦手なためパソコン日記を書こうとおもい「日記」「無料」「匿名」で検索したらここに辿りつきました。

  知っている時点で無知じゃないということは有名なんですね。知れて良かったです。

知ったかぶりより知らないふり。/tydk27さん

 ありがとうございます

 * 時と場合によっては、使い方があるのではと考えさせられました

私はムッチリな女、、、 が、親父ギャグ的なものにあたることくらいの知識はある。/ imakimamさん

 ありがとうございます

 * 恐縮ですが、ムッチリ無知の言い換えですか?だとしたら、親父ギャグにあたるよりも仕事であてたいです。

増田」の意味は知ってる?/zeromoon0さん

増田ますだ)【意味:「はてな匿名ダイアリー」およびその利用者俗称。当初は「アノニマスダ」「アノニ増田」などと称されていたが、現在ではさらに省略した「増田」が一般的であるようだ。Anonymous Diaryアノニマスダイアリー)に由来する。】

 ありがとうございます

 * この日記は文字をクリックしたら辞書へ移動できます。そこで調べた限り、人の名前でした。誰のことかと思い追跡したら上記の意味だったんですね。

なんか昭和歌謡曲みたいなメロディ脳内再生された。タイトルの影響?/wa_kanouさん

 ありがとうございます

 * 生活面で悪影響を与えてしまったらすみませんタイトルを変えようと考えましたが他に思い当たる節がないので使わせて頂いています

小説なんてたくさんある娯楽のうちの一つにすぎないのだから消費しないことを嘆く必要なんてないけど、今後も飯を食っていけるだけの知識と技術を保てるよう専門書をたくさん読むなりして研鑽に励む必要はある/pepekyさん

飯を食っていけるだけの知識と技術を保てるよう専門書をたくさん読むなりして研鑽に励む必要はある

 ありがとうございます

 * 専門書という発想がありませんでした。小説と専門書を使いわける選択肢ができました。

2ちゃんねる勉強したら。/tencafuさん

 ありがとうございます

 * 2ちゃんねるは、最近知ってから読んでいます

知識に人生の逃げ道はない。無学な人間には学がないなりの生き方がある。自分らしさを卑下するのは不健全。口を開けばパズドラと酒と女しか話題がない中卒だからこその野性のたくましさを見習い笑顔を取り戻せ。/limeclimbさん

知識に人生の逃げ道はない。無学な人間には学がないなりの生き方がある。自分らしさを卑下するのは不健全

 ありがとうございます

 * 無学なりにここまで生きてきました。次は博学なりの生き方します。

いやー、無知な人ってヤクザの話大好きなんだよ。自分無知だという自覚が半ば無意識的にあるのだけど、「でも俺はみんなが知らない裏社会のこと知ってるんだぜ」って風に相殺して優越感に浸れるのかもしれない。/Falkyさん

 ありがとうございます

 * 学んだことは表に出しなさいと教わりました。

新手の埼玉おっさん案件か?/tokage3さん

 ありがとうございます

 * すみません。「新手の埼玉おっさん案件」を検索したのですが意味が分かりませんでした。井手らっきょかと思い再検索したのですが埼玉ではなく熊本でした。

無知の知一見無駄かもしれない知識が思いがけない場所で使えることもあるから、色々知ってる人は有利だと思う。/ nil-fellさん

無知の知。「そんなこと知らなくても死なないじゃん」と切り捨てないことは言葉単語=語彙が多いことよりももっと大切で立派なことだと思うのです。/あと知ったかぶりよりいいよね。と自分に言ってみる/ikd18さん

無知の知と言いますし。/richard_rawさん

 ありがとうございます

 * なんだか深いお話です。

ムチな女?女王様かな?(無知)/feitaさん

 ありがとうございます

 * お姫様希望いたします。

知らないというより考えない人が増えている気がする。あるいは、知ってることだけで理解したつもりになって新しい知識を増やす気がない人。算数ができれば数学なんていらないという考え方はこれに近い。/nenashigusanoraさん

 ありがとうございます

 * 「知らない」と「考えない」のあいだに壁があるのを感じます

はてな記法を使いこなす無知な人。なんかかわいい。/ikkiiiさん

 ありがとうございます

 * 他の方の日記を拝見し、読みやすくできたらと思い記法に辿りつきました。まだまだ使いこなせていません。

本は読んでるつもりだけど稲川会知らない。あと、無知であることを自覚してるならわからないことをどんどん人に聞いてくといいんじゃないかな。その方がコミュニケーション捗るし。/sato-gcさん

 ありがとうございます

 * リアル世界とは少々違いますが、今こうしている場もコミュニケーションひとつですね。

「私はメーテルネタを思い出した。/ysyncさん

銀河鉄道999より:メーテル「ええ、私は時の流れを旅する女。今までに数え切れないくらい多勢の若者と旅をしてきたわ。ともに喜んでともに悲しんで、そして死に別れてきた。私は一緒に旅した若者のことを決して忘れない。一人一人の思い出をこの胸に刻みこんで抱いて行くわ。永遠に。」

 ありがとうございます

 * 共感することもしばしばあります。こんなお話があったんですね。

無知って口に出すと無知の籠に囚われる/dalさん

 ありがとうございます

 * 「無知の籠」が検索されませんでしたが言葉は覚えました。


以上です。

コメントしてくれた人以外の方も読んでくれてありがとうございます

ただ、不思議に思うことがあります

「わたしは無知な女」をブックマークする意味が分かりかねます

ですが、沢山の方からコメントを頂き学べたことに

ありがたく思います

また、書きます

P.S

わたしは無知な女。

最近知った言葉は「花金」です。

2013-08-09

高野哲というミュージシャンについて語らせてくれ。

高野哲というミュージシャンがいることを皆さんはご存知だろうか。

大抵の人は知らないだろう。

別に音楽チャートランクインだとか、ミュージックステーションに出演とかは

していないから、そんなに知名度は無いと思う。

ただ、彼の作った音楽は嫌というほど聴いたことがあると思う。

絶対に。

よっぽどじゃない限り、聴いたことがあると思う。

ヘキサゴンのめちゃめちゃ耳に残るOPテーマソングHate Beat!」

これは高野哲が作った曲だ。

実際私も全然高野哲という人間を知らなかった。

でも、曲は知っていた。

高野哲は元MALICE MIZER初代ボーカルである

要するにGACKTの「前の」ボーカルである

そもそもMALICE MIZERボーカルだったGACKTの前にボーカルがいた事を

知っている人自体少ない。

なんだ、V系か。

そう、思ったあなた、話はまだ終わっちゃいない。

ヘキサゴンOPテーマを作ったのは元MALICE MIZERの初代ボーカル

MALICE MIZERがわからない人はグーグル画像検索をしてくれ。

ここまではOKか。

高野哲はMALICE MIZERというV系バンドを辞めた後、

Mega8Ballというバンドボーカルになる。

Mega8BallというバンドはMIXTUREバンドだ。

もう一度いう、MIXTUREバンドだ。

分かりやすく言えばドラゴンアッシュHYが現れる前の

MIXTUREバンドだ。

そこで彼についてきたV系のファンたちは離れた。

Mega8Ballというバンドの中心人物が別バンド

活動に忙しくなったためMega8Ballは休止することになる。

それで高野哲が中心になった3ピースバンドnil(初期)を結成する。

nil(初期)はロックンロールバンドだ。

nilは初期と現在で全く違うバンドになっている。後で説明する。

もう一度いう、ロックンロールバンドだ。

その後、元ラルク・アン・シエル櫻澤泰徳リーダーとなるZIGZOボーカルとして

迎えられる。

ZIGZOは元ラルク・アン・シエル、元BY-SEXUAL、元MALICE MIZERで構成される、

ロックバンドだ。

もう一度いう、ロックバンドだ。

ここでメジャーデビューし、HEYHEYHEYなどのTV番組などに出演を果たすも

2枚のアルバムを残し解散する。

解散後nilに戻るも、高野哲以外の二人がnilを脱退する。

ソロで活動することになるが、ソロライブで「あいつらぜってぇ許さねえw」とぼやいたとかぼやかなかったとか。

その後、元SADS、現クロマニヨンズ小林勝風間が加入し現在nilになる。

現在nilロックバンドだ。

もう一度いう、ロックバンドだ。

nilを勢力的に活動しながら、別バンドTHE JUNEJULYAUGUST(以降ジュンジュラ)を結成する。

ジュンジュラはジャズピアノロックバンドだ。

もう一度いう、ジャズピアノロックバンドだ。

2つのバンドを勢力的に活動しながら、ZIGZO再結成する。

ZIGZO再結成ライブ2012年3月17日赤坂ブリッツで行われ、プレミアチケットになった。

話がなげーなって思ったそこのおめえ、話はまだ終わっちゃいない。

3つのバンドを勢力的に活動しながら、THEATRE BROOK佐藤タイジうつみようこ

インディーズ電力というバンド?を結成する。

インディーズ電力はアコースティックトリオだ。

現在4つのバンドを組んでいる。

ヘキサゴンOPテーマを作った元MALICE MIZERの初代ボーカル

現在4つのバンドを組んでいる。

勿論、勢力的に活動を行なっていて、インディーズ電力以外はほぼ

高野哲が作詞作曲を行なっており、アルバムも何枚も発売していて

その4つのバンドの曲を当たり前だが、覚えて歌っている。

もう一度いう、4つのバンドの曲を覚えて歌っている。

それだけ?って思った人挙手!

それだけじゃない、彼が作る曲は彼にしか歌えず、

そのほとんどが名曲なのだ

ちなみにZIGZOCD現在再販されているが、

再販される前はプレミアがついており、シングルCDが2万円だった。

10年前に発売されたZIGZOシングルCD

プレミアがついて2万円だった。

高野哲というミュージシャン、気になるだろ?

==========================================================

昨日書いた上記の内容は書きかけのままアップしてしまったので

追記させてくれ。

そんな作った音楽を誰もが聴いた事があるのに

日本ではあまり知られていない高野哲だが、

海外のファンがライブに来るぐらい海外にファンが沢山いる。

日本人はあまり高野哲を知らないのに、だ。

確認しているだけでもロシアクロアチア?)、メキシコブラジルフランス

台湾中国韓国アメリカスウェーデンの国にファンが居る。

不思議だろ?

日本音楽シーンではチャートにすら現れない高野哲を

こよなく愛するファンが海外に沢山いる。

しかも海を渡ってライブを見に来るくらいの、だ。

私はたまたま海外のファンと接する機会があり、

何故高野哲を知っているのか、メールで尋ねた。

答えはMALICE MIZERを辿ってファンになったそうだ。

日本では毛嫌いされがちなV系

でも海外では地道な活動の甲斐あって、広く認知され評価されている。

特にMALICE MIZERは別格で、神格化(言い過ぎかもしれんけど)されているくらいだ。

その初代ボーカルである高野哲を日本人はあまり知らない。

因みにその高野哲がボーカルとっていた時代MALICE MIZERVHSビデオ

プレミアがついている。

映像ギザギザ、カクカクのVHSビデオプレミアがついて数万円で

取引されている。

ここまで読んでくれたあなた、薄々高野哲が気になり始めたころじゃないのか?

もしかして高野哲というミュージシャンは凄い人なんじゃ?」

高野哲というミュージシャンミュージシャンが語る時、口を揃えて言うことがある。

高野哲は、天才だ。」

==========================================================

再追記させてくだせえ。

ステマステルスマーケティング)じゃないのか?というコメントの件について。

確かに。後から自分で読み返すとステマっぽいなぁ。

嘘偽りなく正直なところ、俺自身が高野哲というミュージシャンについて語りたかっただけなのだが。

自分でも客観的に読み返すとステマっぽく書いてしまっている。

申し訳ない。俺の文才が足りないだけです。

もしステマするならyoutube動画ひとつでも貼りたいところ、なのですが。

高野哲というミュージシャンについてはステマ必要がない、としか

書けば書くほどステマっぽくなっていくのでここらへんで、すみません

ただ、ミュージシャンは常に自分の作る作品を一番だと思って

発表しているし、我が強い。

そんなミュージシャン自分以外の人間を認め、「天才」と評する事自体、

とても不思議な事が起こっている。

この世の中には色んな種類の「天才」がいると思ってる。

また、世間に見出される「天才」と世間の喧騒に埋もれてしまっている「天才」。

死んでから認められる画家と、生前に認められる画家

作った作品は今も昔も変わらず良いもので、ただ、世間存在に気づいていないだけ。

ただ、それだけ。

世間高野哲というミュージシャンに気づいたその時、世界が変わる。

因みに彼(彼ら)はライブでこそ、その真価が見れる。

CDというメディアでは彼(彼ら)の魅力は半分くらいだろうと思う。

こんな人、ごまんといるというコメントについて書くの忘れてた。

ごまんといるかどうか、高野哲が「本物」か「まがい物」か、9月8日赤坂ブリッツライブがあるので

自身の目と耳で判断してみてくれ。

その上で、ブログでも、アノニーでも「ごまんといる」やつだったと書けばいい。

ただ、見もせず、聴きもせず、「ごまんといる」とは勿体無いとだけ言っておきたい。

それに、おまいさんは「ごまんといる」やつだったと書かないと思う。

高野哲を見たおまいさんは鼻息荒く帰ってきて「最高だった」というに違いない。

で、youtubeや色んな動画サイト高野哲の動画検索するに違いない。

かつての俺がそうだったように。

そして、これを見ているおめえさんは未来の「俺」になっているんだ。

高野哲について語らせてくれってな。

こんなところに、つらつらとな。

聴くのも自由、見るのも自由、またその逆も然り。

これを書いている俺は元々高野哲のファンじゃなかったとだけ、言わせてくれ。

うーん、やっぱりステマかな、これは。

2010-04-26

RubyJavaログ出力を統合する方法

JRuby上で動くRubyJavaログを同じファイルに保存したいときなど

JRuby界隈で何かいい方法ないかな~と探していたけど見つからないので

RubyのLoggerのインターフェースcommons-loggingを使用して実装してみた

使用バージョンは以下

require 'logger'

class CommonsLoggingLogger
  def initialize(name="ruby")
    @progname = nil
    @logger = org.apache.commons.logging.LogFactory.getLog(name)
  end
  def add(severity, message=nil, progname=@progname, &block)
    if message.nil? and block_given?
      message = yield
    end
    
    case severity
    when Logger::DEBUG
      debug(progname){message}
    when Logger::INFO
      info(progname){message}
    when Logger::WARN
      warn(progname){message}
    when Logger::ERROR
      error(progname){message}
    else
      fatal(progname){message}
    end
  end
  def debug(arg0=nil, &block)
    @logger.debug make_log(arg0, &block)
  end
  def info(arg0=nil, &block)
    @logger.info make_log(arg0, &block)
  end
  def warn(arg0=nil, &block)
    @logger.warn make_log(arg0, &block)
  end
  def error(arg0=nil, &block)
    @logger.error make_log(arg0, &block)
  end
  def fatal(arg0=nil, &block)
    @logger.fatal make_log(arg0, &block)
  end
  def debug?
    @logger.isDebugEnabled
  end
  def info?
    @logger.isInfoEnabled
  end
  def warn?
    @logger.isWarnEnabled
  end
  def error?
    @logger.isErrorEnabled
  end
  def fatal?
    @logger.isFatalEnabled
  end
  def level
    if debug?
      Logger::DEBUG
    elsif info?
      Logger::INFO
    elsif warn?
      Logger::WARN
    elsif error?
      Logger::ERROR
    else
      Logger::FATAL
    end
  end
  def level=(lv)
    #do nothing
  end
  def sev_threshold
    level
  end
  def sev_threshold=(lv)
    #do nothing
  end
  def datetime_format
    nil
  end
  def datetime_format=(fm)
    #do nothing
  end
  
  attr_accessor :progname
  
  private
  def make_log(message_or_progname, &block)
    if block_given?
      progname = message_or_progname || @progname
      message = yield
    else
      progname = @progname
      message = message_or_progname
    end
    
    progname_message(progname, message)
  end
  def progname_message(progname, message)
    progname.nil? ? message : "#{progname}: #{message}"
  end  
end

試しにRedmineに設定して動かしてみたところ大丈夫そうだった

2010-03-19

http://anond.hatelabo.jp/20100319162051

誤爆じゃないよ

D!D!D!って言うって元に書いてあるじゃない。

他にTとかnilとか言うのかなと思ってさ。

2008-10-18

http://anond.hatelabo.jp/20081018072817 の続きだよ

これでおしまいだよ

elisp

sangels.el
(require 'cl)				; for cl-seq

(defvar sangels-movies-dir nil)
(defvar sangels-player "c:/Program Files/GRETECH/GomPlayer/GOM.exe")
(defvar sangels-sort-by 'sangels-sort-by-rate)
(defvar sangels-rate-file "~/.emacs.d/.sangels/rate")
(defvar sangels-buffer "*sangels*")
(defvar sangels-thumbnail "00_thumbnail.jpg")
(defvar sangels-m3u "00_movies.m3u")
(defface sangels-name '((t (:family "fixed" :weight bold :height 3.0)))
  "")
(defface sangels-rate '((t (:family "fixed" :weight bold :height 1.5)))
  "")
(defvar sangels-mode-map
  (let ((map (make-sparse-keymap)))
    (define-key map "n" 'next-line)
    (define-key map "p" 'previous-line)
    (define-key map (kbd "RET") 'sangels-select)
    (define-key map (kbd "SPC") 'sangels-select)
    (define-key map "q" 'sangels-quit)
    (define-key map "+" 'sangels-rate-plus)
    (define-key map "-" 'sangels-rate-minus)
    map))
(defvar sangels-mode-hook nil)
(defvar sangels-highlight-overlay nil)
(defvar sangels-rate-alist nil)

(defconst sangels-rate-max 6)

(defun sangels-insert-movies ()
  (save-excursion
    (let* ((inhibit-read-only t)
           (files (remove-if-not
                   (lambda (x)
                     (and (not (member (file-name-nondirectory x) '("." "..")))
                          (file-directory-p x)
                          (member sangels-thumbnail (directory-files x))))
                   (directory-files sangels-movies-dir t)))
           (ids (mapcar 'file-name-nondirectory files)))
      (erase-buffer)
      (setq ids (sangels-sort-ids ids))
      (dolist (id ids)
        (let ((file (expand-file-name id sangels-movies-dir))
              (pos (point)))
          (insert-image-file (expand-file-name sangels-thumbnail file))
          (end-of-line)
          (insert (propertize (format "%-15s " id)
                              'face 'sangels-name))
          (sangels-insert-rate id)
          (insert "\n")
          (put-text-property pos (point) 'sangels-id id))))))

(defun sangels-sort-by-name (a b)
  (string< a b))

(defun sangels-sort-by-rate (a b)
  (or (> (sangels-rate a) (sangels-rate b))
      (sangels-sort-by-name a b)))

(defun sangels-sort-ids (ids)
  (sort ids
        (or sangels-sort-by
            'sangels-sort-by-name)))
(defun sangels-insert-rate (id)
  (let ((rate (sangels-rate id)))
    (insert (propertize (concat
                         (make-string rate ?★)
                         (make-string (- sangels-rate-max rate) ?☆))
                        'sangels-rate t
                        'face 'sangels-rate))))

(defun sangels-current-id ()
  (get-text-property (point) 'sangels-id))

(defun sangels-play-movie (movie)
  (let ((explicit-shell-file-name "cmdproxy")
        (shell-file-name "cmdproxy"))
    (apply
     'call-process-shell-command
     "start" nil "*tmp*" nil
     (mapcar (lambda (x) (concat "\"" x "\""))
             (list sangels-player
                   (unix-to-dos-filename movie))))))

(defun sangels-select ()
  (interactive)
  (let ((id (sangels-current-id)))
    (when id
      (sangels-play-movie (expand-file-name
                           sangels-m3u
                           (expand-file-name id sangels-movies-dir))))))

(defun sangels-quit ()
  (interactive)
  (kill-buffer sangels-buffer))

(defun sangels-rate (id)
  (or (cdr (assoc id sangels-rate-alist)) (/ sangels-rate-max 2)))

(defun sangels-rate-save ()
  (interactive)
  (let ((dir (file-name-directory sangels-rate-file)))
    (unless (file-exists-p dir)
      (make-directory dir t)))
  (with-temp-file sangels-rate-file
    (insert (pp-to-string sangels-rate-alist))))

(defun sangels-rate-load ()
  (interactive)
  (when (file-exists-p sangels-rate-file)
    (with-temp-buffer
      (insert-file-contents sangels-rate-file)
      (goto-char (point-min))
      (setq sangels-rate-alist (read (current-buffer))))))

(defun sangels-rate-plus (&amp;optional n)
  (interactive "p")
  (setq n (or n 1))
  (let* ((id (sangels-current-id))
         (cell (assoc id sangels-rate-alist)))
    (unless cell
      (setq cell (cons id (sangels-rate id)))
      (setq sangels-rate-alist (cons cell sangels-rate-alist)))
    (setcdr cell (+ (cdr cell) n))
    (save-excursion
      (let ((inhibit-read-only t))
        (beginning-of-line)
        (goto-char (next-single-property-change (point) 'sangels-rate))
        (delete-region (point)
                       (next-single-property-change (point) 'sangels-rate))
        (sangels-insert-rate id)))
    (sangels-rate-save)))

(defun sangels-rate-minus (&amp;optional n)
  (interactive "p")
  (setq n (or n -1))
  (sangels-rate-plus (- n)))

(defun sangels-post-command-hook ()
  (save-excursion
    (move-overlay
     sangels-highlight-overlay
     (progn
       (move-beginning-of-line 1)
       (point))
     (progn
       (move-end-of-line 1)
       (forward-line)
       (point))
     (current-buffer))))

(defun sangels-mode ()
  (interactive)
  (kill-all-local-variables)
  (use-local-map sangels-mode-map)
  (setq sangels-highlight-overlay (make-overlay 0 0))
  (overlay-put sangels-highlight-overlay 'face 'highlight)
  (overlay-put sangels-highlight-overlay 'evaporate t)
  (make-local-variable 'post-command-hook)
  (add-hook 'post-command-hook 'sangels-post-command-hook nil t)
  (setq major-mode 'sangels-mode)
  (setq mode-name "Sangels")
  (run-mode-hooks 'sangels-mode-hook)
  (set-buffer-modified-p nil)
  (setq buffer-read-only t))

(defun sangels (&amp;optional arg)
  (interactive "P")
  (when (or arg (not sangels-movies-dir))
    (setq sangels-movies-dir (read-directory-name "movies dir: ")))
  (sangels-rate-load)
  (switch-to-buffer (get-buffer-create sangels-buffer))
  (sangels-insert-movies)
  (sangels-mode))

(provide 'sangels)

real street angels から mechanize を使って動画を取ってきてEmacsで見てみるよ

せっかく書いたから匿名でのせてみるよ

使い方は

  • 動画を取ってきたいよ
    • config.yamlユーザとかを設定するよ
    • ids.txt に取ってきたいIDを書くよ
    • sangels.bat を実行するよ
  • Emacs動画を見たいよ
    • sangels.el を load するよ
    • M-x sangels だよ

必要なものを gem で取ってくるにはこうすればいいよ

  • gem install -r log4r
  • gem install -r -v 0.6 hpricot
  • gem install -r mechanize

長すぎてelispが消えたから続きがあるよ

sangels.bat - 起動用バッチファイル

@echo off
setlocal
set WD=%~dp0
cd /d %WD%

ruby get_movies.rb
ruby get_images.rb
ruby create_m3u.rb

ruby

config.yaml - 設定ファイル
user: ユーザID
password: パスワード
ids_file: ids.txt
done_file: ids_done.txt
movies_dir: movies

log4r_config:
  pre_config:
    global: INFO
  loggers:
    - name: app
      type: Log4r::Logger
      level: INFO
      outputters:
        - STDOUT
        - FILE
  outputters:
    - name: STDOUT
      type: Log4r::StdoutOutputter
      formatter:
        type: Log4r::PatternFormatter
        pattern: "%d [%l] %C - %M"
        date_pattern: "%H:%M:%S"
    - name: FILE
      type: Log4r::FileOutputter 
      filename: "#{LOGDIR}/sangels.log"
      formatter:
        type: Log4r::PatternFormatter
        pattern: "%d [%l] %C - %M"
        date_pattern: "%Y-%m-%d %H:%M:%S"
get_movies.rb
require 'fileutils'
require 'logger'
require 'mechanize'

BASEDIR = File.dirname($0)
require "#{BASEDIR}/util"
require "#{BASEDIR}/sangels"

$config = load_config(BASEDIR)
prepare_logger(BASEDIR)
$log = new_logger("get_movies")
WWW::Mechanize.log = new_logger("mechanize")
WGet.log = $log

class IDFile
  def initialize(file)
    @file = file
    unless File.exist?(@file)
      Fileutils.touch(@file)
    end
  end

  def ids(contains_comment = nil)
    File.open(@file) {|io|
      io.to_a.map {|x|
        x.chomp
      }.select {|x|
        if x.empty?
          nil
        elsif contains_comment
          true
        else
          not /^\s*\#/ =~ x
        end
      }
    }
  end

  def add(id)
    ids = ids(true)
    unless ids.any? {|x| x == id}
      write(ids + [id])
    end
  end

  def delete(id)
    ids = ids(true)
    if ids.any? {|x| x == id}
      write(ids - [id])
    end
  end

  def write(ids)
    File.open(@file, "w") {|io|
      ids.each {|x| io.puts x}
    }
  end
end


$log.info("BEGIN #{$0} ================")
exit_code = 0
begin
  ids_file = IDFile.new($config.ids_file)
  done_file = IDFile.new($config.done_file)
  movies_dir = $config.movies_dir
  wget = WGet.new

  sangels = SAngels.new
  sangels.login($config.user, $config.password)
  ids_file.ids.each {|id|
    begin
      movies = sangels.movies(id)
    rescue SAngels::Movies::InvalidMoviesError
      $log.warn("invalid movie id: #{id}")
      next
    end
    dir = File.expand_path(id, movies_dir)
    movies.each {|link|
      wget.retrieve(link.href, dir)
    }
    expected = movies.movie_links.map{|x| File.basename(x.href)}
    actual = Dir.glob("#{dir}/*").map {|x| File.basename(x)}
    if (expected - actual).empty?
      done_file.add(id)
      ids_file.delete(id)
    end
  }
rescue => e
  $log.error(e)
  exit_code = 1
end

$log.info("END #{$0} (#{exit_code}) ================")
exit exit_code
get_images.rb
require 'fileutils'
require 'logger'
require 'mechanize'
require 'ostruct'

BASEDIR = File.dirname($0)
require "#{BASEDIR}/util"
require "#{BASEDIR}/sangels"

$config = load_config(BASEDIR)
prepare_logger(BASEDIR)
$log = new_logger("get_images")
WWW::Mechanize.log = new_logger("mechanize")
WGet.log = $log

$log.info("BEGIN #{$0} ================")
exit_code = 0
begin
  movies_dir = $config.movies_dir
  sangels = SAngels.new
  sangels.login($config.user, $config.password)
  thumbnails = sangels.thumbnails

  Dir.glob("#{movies_dir}/*").each {|dir|
    next unless File.directory? dir
    id = File.basename(dir)

    url = thumbnails.url(id)
    unless url
      $log.warn("#{id} is not found")
      next
    end
    path = File.expand_path("00_thumbnail#{File.extname(url)}", dir)
    next if File.exist? path

    $log.info("retrieving #{url}")
    thumbnail = thumbnails.get_file(id)
    File.open(path, "wb") {|io| io.write(thumbnail)}
  }
rescue => e
  $log.error(e)
  exit_code = 1
end

$log.info("END #{$0} (#{exit_code}) ================")
exit exit_code
create_m3u.rb
BASEDIR = File.dirname($0)
require "#{BASEDIR}/util"

$config = load_config(BASEDIR)
movies_dir = $config.movies_dir
Dir.glob("#{movies_dir}/*") {|dir|
  next unless File.directory? dir
  name = File.basename(dir)
  files = Dir.glob("#{dir}/*.wmv").sort

  File.open("#{movies_dir}/#{name}.m3u", "w") {|io|
    files.each {|file|
      io.puts "#{name}/#{File.basename(file)}"
    }
  }

  File.open("#{dir}/00_movies.m3u", "w") {|io|
    files.each {|file|
      io.puts "#{File.basename(file)}"
    }
  }
}
sangels.rb
require 'mechanize'
require 'hpricot'

BASEDIR = File.dirname($0)
require "#{BASEDIR}/util"

class SAngels
  HOST = "real2.s-angels.com"
  LOGIN_URL = "http://#{HOST}/member/"
  INFO_URL = "http://#{HOST}/teigaku/item.php"
  THUMBNAILS_URL = "http://#{HOST}/teigaku/"
  THUMBNAIL_URL = "http://#{HOST}/images/default/thumb/"

  def initialize()
    @agent = WWW::Mechanize.new
  end

  def login(user, password)
    login_form = @agent.get(LOGIN_URL).forms.find {|form|
      form.fields.any? {|field| field.name == "frmLoginid"}
    }
    login_form.frmLoginid = user
    login_form.frmPw = password
    @agent.submit(login_form)
  end

  def movies(id, no_validate = nil)
    Movies.new(@agent, id, !no_validate)
  end

  def thumbnails
    Thumbnails.new(@agent)
  end

  class Thumbnails
    def initialize(agent)
      @agent = agent
      doc = Hpricot(@agent.get_file(THUMBNAILS_URL))
      elems = doc.search("div[@class=realthum]/a")
      @links = Hash(
        elems.map {|elem|
          href = elem["href"]
          id = $1 if /ID=(.+)/ =~ href
          url = elem.search("img")[0]["src"]
          [id, url]
        })
    end

    def get_file(id)
      @agent.get_file(url(id))
    end

    def url(id)
      @links[id]
    end

    def exist?(id)
      url(id)
    end
  end

  class Movies
    class InvalidMoviesError < StandardError
    end

    def initialize(agent, id, no_validate)
      @agent = agent
      @id = id
      if !no_validate &amp;&amp; !valid?
        raise InvalidMoviesError
      end
    end

    def info_page_url
      "#{INFO_URL}?ID=#{@id}"
    end

    def info_page
      @agent.get(info_page_url)
    end

    def movies_page
      @agent.click(info_page.links.find {|link| /P=10/ =~ link.href})
    end

    def movie_links
      movies_page.links.select {|link|
        /wmv$/ =~ link.href
      }.sort {|a, b|
        File.basename(a.href) <=> File.basename(b.href)
      }
    end

    def valid?
      info_page.uri.to_s == info_page_url
    end

    def each(&amp;block)
      orig_links = movie_links
      orig_links.each {|orig_link|
        link = movie_links.find {|l| File.basename(l.href) == File.basename(orig_link.href)}
        block.call(link)
      }
    end
  end
end
util.rb
require 'log4r'
require 'log4r/yamlconfigurator'
require 'singleton'
require 'fileutils'
require 'ostruct'

def Hash(a)
  Hash[*a.flatten]
end

def load_config(basedir)
  OpenStruct.new(File.open("#{basedir}/config.yaml") {|io| YAML.load(io)})
end

def new_logger(name)
  Log4r::Logger.new("app::#{name}")
end

def prepare_logger(basedir, logdir = nil)
  logdir ||= basedir
  Log4r::YamlConfigurator["LOGDIR"] = logdir
  Log4r::YamlConfigurator.load_yaml_file("#{basedir}/config.yaml")
end

class NullObject
  include Singleton
  def method_missing(message, *arg)
    NullObject.singleton
  end
end

class WGet
  class << self
    attr_accessor :log
    def initialize
      super
      @log = NullObject.singleton
    end
  end
  
  def log
    self.class.log
  end

  def retrieve(url, dir)
    FileUtils.mkdir_p(dir)
    file = File.expand_path(File.basename(url), dir)
    if File.exist?(file)
      log.info("already retrieved #{url}")
      return true
    end

    tmp = "#{file}.part"
    log.info("retrieving #{url}")
    ret = system("wget", "-c", "-O", tmp, url)
    if ret
      log.info("retrieving succeeded #{url}")
      File.rename(tmp, file)
    else
      if $? == 0x020000 # Ctrl-C
        exit($?)
      else
        log.error("retrieving failure #{url} (#{$?})")
      end
    end
    return ret
  end
end

2008-02-25

FC2ブログが大嫌い

なぜって、Meadoww3mで読もうとするとエラーが出るんだもの。

error in process sentinel: Wrong type argument: stringp, nil

w3mで読めないのはFC2ブログだけ。

2008-02-03

Attacking cgi.rb

cgi.rb がいかに駄目なライブラリか、という話。

もちろん、反論もあるだろう。たとえば「Defending PHP」とか。

でも、個人的にはやはり否定側の方が筋が通ってる印象かな。

特に「ruby初心者に学びやすい(と言われていることが問題である)」という部分に共感する。 ruby初心者に簡単かもしれないが、初心者による手を抜いたWebアプリケーションrubyが作られた当初はともかく、現代では害悪ではないだろうか。

Webアプリケーションをなめるな

cgi.rbならではの理由がないわけではないことはわかる。標準添付されているとか、デプロイが簡単とか。

でも、「標準添付」を一般公開されるWebアプリケーションを開発するためのライブラリとしての利点にするのはもうやめようよ。

追記

「どのライブラリで書いてもおかしなコードを書く奴は書く」という指摘もあった。それは言うまでもない事実ではある。そこには反論しない。

が、本当に問題なのは、世の中には「おかしなコードを書くことを助長するライブラリ」もあるという点だ。で、そういうライブラリにはおおむね「標準添付」というラベルがついている。どういうわけだか。

たぶん、「初心者がおかしなコードを書くのをじゃましない」とかあるいは「初心者っぽいコードを積極的に支援する」から、「標準添付」って呼ばれるんだろう。もしくは「設計者がまだ初心者」とか。

そういうライブラリ存在しちゃいけないとは言わないけど(人に迷惑をかけない範囲で)、ここ半世紀のライブラリ進化をないがしろにするのはもったいないと思うな

http://www.rubyist.net/~matz/20080126.html#p04

2007-09-27

[]11日目

前回までのあらすじ

[Ruby]10日目

http://anond.hatelabo.jp/20070925223241

id/passの再発行を申請したら届いたのはなんとブログid/passだった!!

はたして締め切りに間に合うのか!!


はい、間に合うはずもありませんね。

夏休み宿題夏休みがおわってからやる主義の増田ですこんにちは

一応エントリーだけはしておきました。

サービス開始できてないけどな!


今日Ruby(正確には24時間ぐらいまえの)

next if  :nextcontinueみたいな感じ。この表記に違和感

unless  :こんな書き方にはなにかなじめない。

一行if文が嫌いな増田には余計耐えられない。

@user = params[:id].nil? ? @myuser : User.find(params[:id])

こういう書き方が嫌い。意味わからん。

画像DB格納で苦戦

正直嵌った。

win環境がどうのがいけなかったのかと、

あれこれいじってみたのだけど、そうではなかったようだ。

start_form_tagに :multipart => true がぬけていた。

あと、{}で引数位置指定しないといけないんだと…。

http://techno.hippy.jp/rorwiki/?HowtoUploadFiles
http://www.fdiary.net/ml/rails/msg/1375/0/
start_form_tag({:action => 'create'}, :multipart => true)

これは結構やりがちなミスかもしれない。

ちなみに、本のサンプルも間違っていたので余計嵌った。

image_tagで拡張子なしのファイルを読み込むと勝手png拡張子がついてくる。

おかげさまで表示されない。

http://mumrik.air-nifty.com/blog/2007/05/16_r185r186_6.html

どうやら画像ファイル拡張子が指定されていない URL だと自動的に png として扱うよ、ということらしいので、image_tag のところで url_for( ) した部分に追加修正をしてみる。

url_for(:action => 'xx', :id => 'xx', :extension => '.jpg')

対処療法でしかない。これだとjpgしかできないので正直どうしたものか。

:content_typeを一応保存しているので後から拡張子をつくることもできるが、

きっとなにかいいものがそのうちできるはず!!というかあるはず!!

→時間がなかったのでうっちゃった

redirect_back_or_defaultの使いどころに悩む。

ruby画像を描画させているばあい、画像にもどってしまうからだ。

この挙動は最初意味わからなかったぜ。

→時間がなかったので最初の画面に飛ばして誤魔化した

テーブルでjoinで名前だけでももってきたいとき、元のテーブルにはどうやって別名つけたらいいんだろう??

例えば、user名をuserテーブルからくっつけてもってきたい場合rubyは次みたいな

感じになるんだけど、正直気持ち悪い。

@catchcopy_pages, @catchcopy = paginate :catchcopies,

:conditions => contitions_str,

:select => 'catchcopies.id,user_id,users.login,catchcopies.catchcopy,catchcopies.created_at,vote,catchcopies.updated_at,item_id',

:joins => 'left outer join users on user_id = users.id ',

:order => 'created_at DESC' ,

:per_page => 10

ところでSchema.rbとかみるかぎりFKにも指定されていないんだが、大丈夫なのだろうか。

belongs_toとかではそこまでやってくれないものなのか。

ちなみにmigrateファイルでのalterとかの書き方はまだわかっていない。できるのかもしらない。

大会サーバアクセスできた

パスワードメールで送ってもらってアクセスできるようになった!

ftpは公開してないのね…? FTPあけてくれよ!!!

しかたないのでSSHアクセス

われながら情けないが、SSH越しのファイル転送のしかたがわからなかった。

rcpもscpもうまくできない。

これが環境の問題なのか、自分が悪いのか、やりかたが悪いのか、

問題の切り分けがそもそもできないので諦めた。

SSHで向こうのコマンドからrcpを蹴ってるってことはこっちが開けてないとダメってことだよね?

こっち閉じてるもの…。

wgetは生きていたので他のレンタルサーバー経由ファイルを取得。

ちなみにrcpができないのであげっぱなしさ!

が、しかし。unzipがはいってない。

tarで圧縮して、

tar xvf xxxx.tar

unzipがないのでzがつかえない。

フォルダの権限設定などをして、ローカライズ

せっかく

ENV['RAILS_ENV'] ||= 'production'

みたいなymlがあるのに、

dispatch.cgi

dispatch.fcgi

に書かれた

#!c:/ruby/bin/ruby

#!/usr/bin/ruby

に変更しなきゃいけないのは、何かあれだなと思った。

これかえてまわってたら本番とローカルで世代が分岐しちゃうじゃないか…。

ちなみにmysqlのソケットの位置も違うようなので、

/tmp/mysql.sock

socket: /var/run/mysqld/mysqld.sock

をymlに設定。

できればconfファイルフラグの書き換えだけで乗り換えしたかった。

最近linuxとかにもめっきり触っていなかったのでコマンド表を一生懸命見た。

witch ruby でインストールフォルダを割り出したり、

・・・findというコマンドが思い出せないときは情けなかった。

viコマンドも同様。

そうこうしながら設定完了

本番環境テスト動作

あれ、動かない・・・500エラーが出てる。

wget経由でdispatch.cgiをそのまま配置したのが原因でした。

中身みたらcgiエラー出力が書いてあった。

中継サーバで動いちゃったみたい。tarで固めてからわたしなおしましたとさ。

うごいたーー!!

でも、登録すると文字化けしている。

SQLで中身をみる。中身も文字化けしている。

おかしいなぁ……。

SQL>status

DBがlatin1になっていた…。

CREATE DATABASEも権限ないし…。

my.cnfも読み込み専用だった。

alter database XXXX DEFAULT CHARACTER SET utf8;

alter table XXXX DEFAULT CHARACTER SET utf8;

みたいな悪あがきもしてみたけど適わぬ夢。

SET NAMES utf8;

でもコネクションのところあたりでやってあげたいのだけど、

こういうときにRailsみたいなのは何がどこにあるのかわからない。

しょうがないので運営に問合わせしてみました。

ratin1は正直太刀できるきがあまりしない。

感想

unixとかlinuxとかそこらへん全然わからん…。

8日(のんびり)の勉強と2日(ほぼ徹夜)と1日(半日)のサーバー設定で、

アプリっぽいのはできあがった。

が、どうなのさ・・・。RonR

また今度Ruby感想でもくっちゃべるよ。

[Ruby]タグでもひいておくれ。

なんていうか消化不良。

もっとちゃんとしたものつくりたいな……。

2007-09-25

[]9日目(徹夜

Rubyのえーー!?

Rubyは0も1もtrue。

if文の終わりがわからん、{かthenでもいれてくれ…。

find_by_XXX テーブルのカラム名に応じてメソッドできてるとか…どんだけー

クラスの前にちょろんとでてくるprivateがなんかキモイ

redirect_to :action => :list

redirect_to :action => 'list'

下記の書き方がなんか納得いかない

今日の疑問

プラグインやらライブラリやら、ここらへんの権利関係はどうなっているのだろうか?

GPL感染とかするものではないのか?どうなの?

Taskの使い方、使う場面。IDEでやるぶんには不必要?

XXXX.sendと#{listitem.title}呼び出しの違いがわからん。

IDEで同名のファイルをいくつも開いてると(rubyは特に多い!)わけわからなくなる。パスを表示させる方法はないものか。ポップアップで出てくるのまってられない。

render :partial がうまくうごかん…。なんかわからんが動くようになった…。なんだーーーー!???

rhtmlのブロックコメントとかどうやるんだろう?

nil比較も==でいいの?

Run All Testsの使い方

今日インストール

gem installgettext

→_('date') みたいなラップでRailsメッセージ日本語化できる。

ちょっとどうなのよと。

ちなみにhでhtml出力をブロックするラップ。

これも、ちょっとどうなのさ。

application.rbとかで私設の入出力管理のやつをつけなくてはいけないのではないかと思いつつ今日中にそんなところまでたどりつけるわけもないので放置


なんかプロジェクトレベルでやり直ししまくってるので、create databaseしまくり

だるいのでメモ

CREATE DATABASE XXXX DEFAULT CHARACTER SET utf8;

copyというテーブルをつくったら、copiesにされた。

yをiに変えてesとか、rubyは複数形の変換も完璧だぜw

コンテスト締め切り25日って、何時までなんだ?もうしめきってるのか?


http://anond.hatelabo.jp/20070924040600

[Ruby]7日目,8日目

2007-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20070511021557

剰余不可より100回ループ不可、てほうが制限としては面白いかもね。

まあそれは再帰するだけの話で

$arr = [nil,"Fizz","Buzz","FizzBuzz"]
def fzbz(i)
	f = ((i%3) == 0) ? 1 : 0
	f |= ((i%5) == 0) ? 2 : 0
	$arr[0]=i
	puts $arr[f]
	fzbz(i+1) if i<100
end

fzbz(1)

これを変形すると、条件判断&ループ禁止が書けるな。

$arr = [nil,"Fizz","Buzz","FizzBuzz"]
$f3 = [1,0,0]
$f5 = [2,0,0,0,0]
def fzbz(i)
	f = $f3[i%3]
	f |= $f5[i%5]
	$arr[0]=i
	puts $arr[f]
	([lambda{|i| fzbz(i+1)}, lambda{}])[i/100][i]
end

fzbz(1)

C言語でも関数ポインタで書けるので、Rubyの特権ではない。

2007-05-08

みんなアタマやわいね

想定していた回答はこんなの

def setr(a,k,str)
	a[k-1] = str if a[k-1]==nil && k<=100
end

res = Array.new(100)
(1..100).each{|i|
	setr(res,i   ,i.to_s)
	setr(res,i*3 ,"Fizz")
	setr(res,i*5 ,"Buzz")
	setr(res,i*15,"FizzBuzz")
}

print res.join("\n")

http://anond.hatelabo.jp/20070508173455 が気に入ったのでこなたあげます っ(=ω=.)

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん