「INN」を含む日記 RSS

はてなキーワード: INNとは

2019-05-06

[]【6・了】2019 春、韓国釜山・光州

<< この旅行記の先頭へ


anond:20190506125200




6일



6日目

ありがとうカムサハムニダ


今回の旅行での韓国最後の夜

結局のところ、横にはなったが深く眠ることはできず、1時間ほどウトウトしただけだった。

6日間を通してゆっくり眠れたのは、3日目、光州の夜くらいだったか

それでも動き回れたのは、緊張だったのか、興奮だったのか。

身体の反応の原因はハッキリとしないが、気持ちとしては概ね楽しく、興味深いことが多かった旅行だった。


4:30

東横INNをチェックアウトして、フロントタクシーを待たせてもらう。

5:00に配車される予定だった。

時間があるので旅行記をチェックしよう。

4:35

タクシーが来ましたが・・・

ホテルパーソンの横に、笑顔のおじさんが立っている。

おはようございます

早いなオイ。

あいいや、チェックイン出国手続き税金の還付、再両替など、やることは結構ある。

「あぁ、行きます行きます

スーツケースを引いてくれるおじさんの後についていきながら、計3泊お世話になった東横INNを後にした。

ありがとうございました!」


金海国際空港までお願いします」

「あぁ」

ホテル越しに行き先はもう知っているようだったが、言葉理解して反応しているのとは違う印象。

いきなり日本語で朝の挨拶をして来たから油断していたが、おじさんは日本語はできないらしかった。

夜の街をタクシーが滑り出す。

そういえば、今回の旅程に光州を組み込んだのも、映画タクシー運転手」がきっかけだった。

映画の中でも、運転手を演じたソン・ガンホは満面の笑みでジャーナリストを迎え入れた。

もちろん自分ジャーナリストではないし、映画のように、流血の巷に向かうわけでもない。

ただ、「知りたい」という気持ちでこの国に来たのは同じだ。


光州と釜山の街と人々。

光州は綺麗で緑豊か、人々はソフトムード

釜山ちょっと汚いがエネルギッシュで、人々は朴訥で享楽的、そしてお節介だ。

それぞれの街に歴史政治を思い出させるものがあり、日々の生活と人々の交流がある。

「親なんちゃら」とかではなくて、ここでは「政治的」と呼ぼう、韓国の人々は、5.18記念公園やチャガルチ市場を見て過ごしながら、政治的な話と日々の生活との間で揺れながら毎日を送るのだろう。


毎度毎度、似たような結論になってしまうのだが「この国を訪れて良かった」

政治歴史などの「大きな話」を人の口から聞いたのでは、分からないことがある。

たとえ旅行で表面を撫でただけでも、その地の空気を吸って「感じる」事があるのだ。


タクシー金海国際空港にたどり着いた。

「オルマエヨ?」

おじさんがちょっとだけ驚いた顔をした。

空港までの20000ウォンを支払い、タクシーを降りる。

おじさんが丁寧に下ろしてくれたスーツケースを受け取って、謝辞を述べた。

カムサハムニダ!」

[]【2】2019 春、韓国釜山・光州

<< この旅行記の先頭へ


anond:20190506090011




2일



2日目

クルクルパーマと韓国女子


旅行初日はいつも眠れない。

疲れて深夜のチェックインになってもいつも通り眠りは浅かった。

チェックインしたばかりの釜山東横INN2だが、10:00にはチェックアウト予定。

初日釜山には1泊だけして、西部バスターミナルから、光州に向かうことになっていた。


近代化している韓国からなんとかなるだろう」と、ちょっと緊張感が薄いまま成田を発ったが、初日の予定外でやはり外国である事を思い出した。

今日はまず昨日手に入れることができなかったT-moneyカードを入手しないといけないし、西部バスターミナルに向かう前に、西面の両替所で両替しなくてはいけない。

ついでに西面でうどん風混ぜ麺、カルグクスで昼食をとろうと思ったが、予定通りに食事が取れるとも限らないので、いつもはスルーしがちなホテルの朝食をしっかりいただくことにした。

どこでも一緒の東横INNの朝食でもキムチがあるあたり、やはりここは韓国だ。


チェックアウトして釜山駅へ。

近代化している韓国」ではあるんのだが、朝9:30の釜山駅前には路上にゴザを引いて人参ナムルを売っているクルクルパーマのオバちゃんがいる。

昨日は気づかなかったが大気汚染もまあまあだし、そこかしこ工事中で、全体的な印象としては1980年代後半から90年代前半の日本という感じがした。

ネット環境K-popなど、一部は日本より先をいっている部分もあるものの、90年までは軍事政権だった国でもある。

社会経済もまだ発展の途上にあるんだろう。

絶賛工事中釜山駅のコンビニに入って、クルクルパーマのオバちゃんに声をかけると、昨日とは違いあっさりt-moneyカードを購入できた。

これで移動が便利になって一安心だ。

コンビニを出ると、迷彩服青年が歩いていた。

うそう、韓国名目上は今も戦争なのだった。


釜山駅で一休みした後、レートが良いと評判の西面、ナヨン両替所へ。

地下鉄は昨日のような匂いはしなかった。

路線時間帯によるのかもしれない。

西面で降り、繁華街路地裏にある両替所に向かうと、行列の奥ではクルクルパーマのオバちゃん作業服っぽいなりのオジちゃんの老夫婦が古びた紙幣カウンターと缶々を前に次々と客を捌いている。

路地裏の20㎡ないんじゃないかという店の夫婦2人が近代的な大銀行の向こうを張って大行列を作っている様はなかなか格好いい。


両替も済んだので、モウモウと湯気を上げている混ぜ麺の店、「キジャンソン カルグクス」で昼食。

カルグクスは刀削麺的な汁そばで、青菜ニンニクゴマトッピングされた麺が赤いスープに浮いている。

見た目ほど辛くはなく、塩味も薄め。

味の強い印象のある韓国料理も多くは辛味や酸味で、塩味は強くない。

良く韓国人が日本料理を「しょっぱい」というが、あれは多分本音だ。

韓国人がという問題ではなく、日本料理はアジア圏ではやはりかなりしょっぱい。

昼時ともあって客は引きを切らず、赤い麺は次々とサーブされ、店内では老若男女が麺をかっ込んでいた。


腹も満たされたので店内を出て西面の路地を歩くと、路地にはおでん屋台が軒を連ね、おでんを煮るクルクルパーマのオバちゃんの前で、お姉さんがおでんを食っていた。

屋台で出されたもの屋台の前ですぐ立ち食いする」という光景は其処彼処で見られ、それが小綺麗なお姉さんだったり、中高生だったりするのは面白い光景

社会を平すと1980-90年代あたりの日本」という印象はここでも感じるところで、「日本から見る韓国って、なんかある意味、変に期待値が高すぎるんじゃないかなぁ」と思った。


西面駅から地下鉄に乗って沙上駅で降り、最寄りの釜山西部バスターミナルで光州行きのチケットを買い求める。

メモを見せて買い求めると、指示されたバスの出発は10分後だった。

異国の地だというのに時間の余裕がなくて焦るが、なんとか乗車。

バスは直ぐに発進した。


窓の外に連なる緑の山々を見ながら、度々遭遇するオバちゃんクルクルパーマや韓国女子ファッションについて考える。

若い子たちは男も女も洗練はされているのだが、どうもテイストが一緒で、オバちゃんの高いクルクルパーマ率にしても、どうも社会の均質性が高いように感じられる。

よく聞くのは熾烈な受験戦争や、男がひたすらに目指し、自慢するという高スペック

この社会で、勝てる奴やハマれる奴は過ごしやすいのだろうが、そうでない奴にとって、韓国社会はキツそうだなぁ。



光州へ


3時間の乗車の後、バスは光州 バスターミナル U・SQUAREに到着した。

熱気と緊張感あふれる釜山と違って、降りた瞬間になんとなくユッタリとしたムードを感じる。

韓国第4の都市とは言っても、街の様子も釜山とはまあまあ差があるようで、バスターミナル最寄りの農城駅からホテルのある尚武駅まで地下鉄で向かうと、地下鉄も空いていて、街行く人もまばらなノンビリした地方都市という感じだ。

すれ違う人のファッションも違いがあり、釜山よりはリラックスしていて、素朴だが小綺麗なナリをしている。

自分のしたい格好を勝手にしているという意味ではこっちの方がオシャレなんじゃないかなぁ」と感じる。

そしておそらくは、だが、光州、全羅南道の人は、きっと釜山と血の意味で、人種ちょっと違う。

ことなく顔がより日本人に近かった。

かつて日本にやってきた渡来人は、この地方朝鮮人だという話を聞いたことがある。

日本ではあまり有名とは言えないこの地は、実際はより日本に近縁なのかもしれない。


ラブホと見まごうばかりにオシャレなデザイナーズホテル hotel stay 53にチェックイン

部屋もベッドも広くて清潔で、「この値段でいいのか」と思うほどリーズナブルだったが、オシャレすぎてアメニティがみつからなかったので、最寄りのロッテマートで買い出しに行き、ついでに市内散策


地下鉄で数駅移動して見て気づいたのだが、光州は夜が早く、大方の店は22:00には閉まってしまう。

夕食にあてにしていた店もラストオーダーに間に合いそうもなかった。

予定を変更し、バスターミナルのあった農城駅に引き返して徒歩15分ほどの場所にあるらしい24時間営業食べ放題の店に向かう。


地図を頼りに歩くが、沿道の小規模な店舗は尽く閉店しており、ほとんど人とすれ違わない。

「本当にここであってるのかな」と思った矢先に、ガソリンスタンド脇にその店があった。

オロジベッパンマン(ひたすら白飯のみ)」

どうも殆どタクシーちゃん地元の人しか来ないような店らしい。

席に座ると、自動的にオバちゃんご飯スープとデジカルビを持ってきてくれる。

あとは中央にあるお惣菜を自ら盛って食うシステム

何をいくら食べてもお値段一緒、6000ウォン

ビュッフェといういうにも素朴すぎるスタイルだし、店内もオッさんとオバちゃんしかいない学食といった雰囲気だが、食の都、光州の惣菜はどれも美味しく、食べ放題白飯が進んだ。

初めて訪れた街の夕食としては上出来だろう、会計を済ませて、レジのオジさんに覚えたての韓国語で感想を伝えた。

「マシッソッダ(美味しかった)」


【3】2019 春、韓国、釜山・光州  3日目|5月、1980 - 2019 へ >>

[]【1】2019 春、韓国釜山・光州





0일



出発前


新元号が「令和」に決まった。

昨年から世の中やネットを賑わした天皇生前退位とそれに伴う10連休

予定を立てずに漫然と迎えれば、塞ぎ込んでしまうか、掃除洗濯ジム通いと動画巡りで終わってしまうかのいずれかに決まっている。

から早めに予定を組んでしまう事にした。


休暇の予定といえば自分にとってアジア旅行

台湾香港国境を越えて深圳広州)、ベトナムを訪れたけど、韓国未踏だった。

韓国が後回しだったのは、台湾香港に比べてネットで見聞きする風景フォトジェニックでないし、K-pop政治関連のニュースで、何となく「知っている気」になっていたからで、興味が湧かなかったからだ。

しかし、昨年訪れた博多の街で、思った以上に韓国人が観光にやって来ているのを知って、「こうやって沢山の韓国人が日本にやって来ているのに、俺は韓国の地を自分で見た事がないな。」と思った。

「じゃあ、彼らが来るように、今度は俺が行こう。」

行き先に定めたのは、あの博多から目と鼻の先の街・釜山と、昨年みた映画タクシー運転手」の舞台になった光州。

ポップカルチャーで先端をいくソウルより、韓国地方風景の方に興味があった。


「知ってるつもり」だけど見た事はない隣の国。

航空券ホテルの予約をとった時には、文政権と日本政府の関係は冷え切り、韓国司法徴用問題日本企業に対する賠償請求権を認め、政治司法関係は最悪の状態

とはいえ出発の頃には状況は変わってるかもな」と思ったが、一向に状況は良くならない。

しろちょうど良いかも。

これだけニュースで「関係が悪い」と言われる国というのは、実際どうなのか。

出発は4月末。

令和最初の日は、過去戦争を巡って揺れる異国の地で迎えることになった。





1일



1日目

さよなら平成 in 釜山


雨天の影響か成田20分遅れで出発したJL969便は21:00に金海国際空港に到着。

空港からホテルのある釜山まで、バスタクシーを使う手もあったが、ここで交通カード・T-moneyを購入して、韓国の移動を便利にしたかった。

空港1階のコンビニに入り、忙しそうに動き回る店員さんに声をかける。

素っ気なく「Sold out」。

売り切れだった。遅い時間のせいか

止むを得ず、駅に向かって、そこで買い求めようとしたが、ここでも売り切れだ。

そうこうしているうちに時間はもう22:00。

一度ホテルチェックインしてから、西面に引き返してデジクッパの店で夕食をとろうかと思ったが、そんな時間は無さそうだ。

慣れない券売機コイン型の切符を買い求め、やって来た電車に乗り込んだ。


よく、韓国についてネットで「キムチ臭い」という話が聞かれて、多分にバカにした響きで語られるので本当のところはどうなのかと思ったが、実際、電車の中のような密閉空間だと、確かにそういうキムチを入れた冷蔵庫的な匂いはする。

やや年配男性の方が匂いが強い気がするので、長年の食習慣は影響するのかもしれない。

街中の匂いという点においては台北でも漢方のような匂いはしていたし、日常的にある匂いには慣れて感じなくなってしまうので、韓国の人には特に感じないんだろう。

そう思うと日本外国人にとってどんな匂いがしているんだろう。


23:00

遅くなったがホテルに到着。

富山駅にほど近い東横INNだ。

東横INN韓国であっても全く日本と変わらない東横INNで、カウンターでは日本語も通じる。

ちょっと予想外があって緊張もしていたので、いつもと同じすぎるほど同じな東横INN安心した。


コンビニで買ったハンバーガーかぶりついて旅行記を書いているうちに24:00。

平成最後の日はバタバタと過ぎていった。


【2】2019 春、韓国、釜山・光州  2日目|クルクルパーマと韓国女子 へ >>

2019-05-05

GW韓国旅行に行ってきたよ

こんにちは

長い旅行記を書く旅行増田です。

長過ぎて読まれない。

でも、まあ自分記憶整理の側面もあるんで、いっかな、って感じ。

今回はGWを利用して、韓国釜山と光州に行ってきました。

長い旅行記は後でアップするんですが、長過ぎて読まれないので、一応、ヘッドライン的に気づいたポイントを先にアップします。

いから一回行ってみたほうが良いと思うよ。

ちなみに韓国の整理は自分の中でついたし、出逢う人はおおむね親切(おせっかい)だったし、良い旅行だったけど、なにか強烈に特別韓国ファンになった訳でもまたない。

次はどこいこっかな。

2018-07-14

anond:20180714072040

ららぽーとじゃなくて、秋葉原NECBit-innだったけど、開店前に並んだりしてた。

結局、情報工学博士学位までは取った。

(それが今の生活に役に立ってるかは別の話)

2018-03-04

Nihonnjínn no warúi kusé

Nihonngo wo Roomáji de káku to iwú to ítsumo, "Arufabétto ha hyouonn móji da kara hatsuonn no tóori ni káku béki da" nado to iwú íkenn ni dekuwasú.

Dóumo nihonnjínn ha gakkou kyóuiku no eikyou de, hyouonn ka hyoui ka to iwú bunnrui ga hijou ni daiji na monó da to omoi kónnde irú yóu da.

Jissai ni ha, hyoukihou wo Dezáinn surú ni atatté ha, sonnna kotó ha juuyou de ha nái.

Kakáreta monó wo mité, nánnno tanngo wo arawáshite irú no ka ga wakáreba sore de íi. Hatsuonn no tóori ni káite shimawú to káette onaji tsudzuri no tanngo ga fúete shimawú.

2017-12-28

最近頭にカチッとピースが当てはまって興奮したこ

東横インのインは「IN」じゃなくて「INN」でINNFFとかの看板でよく見たか英語成績C判定の俺はそのことがわかって興奮をしてしまった

それまでは足りない脳みそで「東京横浜に入るから東横インなのかな」とかおもってた

2016-12-22

まいどINN恵比寿

もしかして:まいどいん恵比寿

まいどINN恵比寿”との一致はありません。


まいどいん恵比寿

まいどいん恵比寿”との一致はありません。



まいどいんあまがさき

というところが出て来た。

2011-08-16

サーチケコミケに参加した東北お上りさん感想

コミケ最終日に参加するため東北田舎から上京。

参加するのは3回目。去年の夏も来たが、初めてのコミケに圧倒され、見物しただけで終わった。


今年の夏は、ネットで懇意にさせて頂いてるサークルさん(以下Aさんとする)からチケットをもらえるということに。

ドキドキしながら集合場所の国際展示場に向かう。


冬コミから8ヶ月、東京はどこに行っても人が多いなと思うが、コミケはただただ圧倒される。

国際展示場駅の人の多さと言ったら。

段々と混雑する電車痴漢に間違われないように両手でつり革につかまっていた。

田舎者あるあるじゃないだろうか。


駅につくと人の流れについていきゆっくりと改札まで進む。

久しぶりに会う人だったので顔を覚えているか心配だったが、向こうが覚えていてくれた。

まりオフ会に出る人間ではないので嬉しい。


チケットを渡され会場に向かう。

途中で一般とサークルに別れる。去年は一般だったなあと懐かしみながらサークル側へ。

並ぶ一般参加者に対し、倒れないようにねと心の中で祈りながら進む。

東北からすると、東京はやはり暑い


入場のやり方はよく分かっていなかったので、とりあえずお世話になるAさんのやり方を真似する。

普通にチケットを渡すだけだった。

あとチケット本名書いてあるのね。何となく怖くて見れなかったけど。


創作ジャンルだったので西へと向かう。企業は上だったかとかぼんやりと思った。

サークルのスペースに到着。

「じゃあちょっと準備を手伝ってくれる?」

とAさんに言われたけど、何をすればよく分からない。


Aさんが荷物取ってくるとどっかに行ってる間、スペースにぽつんと残される私。

横目でチラチラと他のサークルがどうしてるかチェック。

何かテーブルの上のチラシをまとめて袋にいれていたので真似。

うちわがあったのでそれだけ頂いて鞄に入れた。


Aさんがダンボールを持って戻ってきた。

ありがとう。ついでに椅子を降ろしてくれる?」

チラシをまとめたのは正解だったらしい。

それで仕事した気になって、椅子を降ろさない私。マヌケだった。


テーブルに布をかけて、オリジナルの本を置いていくAさん。

その間携帯をいじってTwitterする私。手伝えよ。


数分後には準備完了。何かサークル参加しているって実感がわく。

記念に写真をパシャリ。何となく仕事した気分になった。


Aさんが開場前によるところがあると言って少し退席。

やってて良かったTwitter。暇が潰れる。

並んでいるフォロワーを見て、何となく優越感。何もしてないのに。


Aさんが戻ってくる。

まどか屋凄いらしいね

まどマギは好きだけど、列が凄いらしいので並ぶ気がわかなかった。

若いんだから並んで来たらって言われたけど、暑いの苦手なのでとか意味不明なこと答えてた。

じゃあそもそも夏コミ来るなって話。

基本的にコミュ障から仕方ない。でもAさん「なら仕方ないなw」って笑ってくれた。

Aさんマジイケメンで惚れそう。私男だけど。


Aさんとお話してたら10時になって開場。

初めて会場内でする始まり拍手。ちょっと嬉しかった。

それからお昼まで売り子。

創作はそんなにうんと売れないっぽい。人気サークルは無論別として。

初めての売り子でドキドキ。


テンパッてお釣り計算を間違えそうになる。

Aさんニヤニヤ。買ってく人も何かニヤニヤ。

ちょっと涙目になりながらお釣りを渡す。

「頑張って下さい」はAさんじゃなくてきっと私に言ってた。


Aさんがスケブ頼まれてからほとんど私が売ってた。

Aさんの知り合いが来たときはAさんが対応してたけど。

共通の知り合いじゃないときは私は借りてきた猫のごとく大人しくしてた。


お昼近くに休憩がてら買い物に言っていいよと言われる。

カレー王国カレーを食べた後、東でお買い物。

知り合いも数人サークル参加してたので挨拶しに行くことに。

普段会わないのでレアキャラ扱い。


あんまり訛りがないねと言われる。自分じゃよく分からない。

長居すると迷惑だろうと、挨拶は短めに切り上げ。冬はそれで少し失敗したし。


東での買い物を終え西に。40分くらい経過してたのでささっと見て回ることに。

チェックしてたものを早々に買い、何か他に良い物が無いかフラフラ

「果汁なんとかかんとか」というサークルの本を買う。絵が素敵。

http://kaju5-2.o0o0.jp/

既刊と新刊を全て買う。新刊のヒロイン可愛い


一瞬スケブ頼もうかとも思ったけど、スケブ受付停止中だったので断念。

まあこういうのは午前に頼まないとなー。

からファンだった人がお願いするのが普通だろうし。新参なので我慢。


お買い物が完了してスペースに帰還。

Aさんのスケブがちょうど終わってた。今度はAさんが休憩に。


スペースに一人になった時のドキドキ感は異常。最初ちょっと声が震えた。

その後個人的な知り合いが来襲。

話をするのは良いが、長くなってしまいAさんのスペースなのに申し訳なかった。

知り合い空気読め……と思ったが冬に似たような失敗をした私はあんまり強く言えない。

今思うと、その経験を伝えてあげれば良かったって感じだけど。


その後は普通に売り子。午後はまったり

Aさん戻ってきてからはあっという間だった。

話し相手がいるって良いですねって言ったら、だから誘ったんだよって言われた。

何か嬉しかった。必要とされたことがというと大げさだけど。


3時半くらいに撤収作業。ダンボールに本を詰めてる時に閉会のお知らせ。

拍手してた時、満足感に満たされていた。

その後宅配するとのことで宅配所まで段ボールを運ぶ。

この日一番並んだのがここ。壁サークルは一つしか行かなかったし。

ちなみにその壁サークルは「Ko-wa's Inn」ね

http://ftmm.jpn.org/


その後新橋での打ち上げに参加。1次会で離脱池袋ホテル戻ってコミケ終了。


暑いけど凄い楽しかった。サークル参加だと、一般とはやっぱりまた違うなあと実感した。

コミケお客様はいないって言うけど、少し分かった気がする。

でも去年の自分お客様だったなあと深く反省


また冬も参加したいな。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん