「rack」を含む日記 RSS

はてなキーワード: rackとは

2019-07-20

anond:20190720135006

起きたらとんでもないことになってて慌てが鬼なって精神寿命マッハなので、内容的にはここに全部含まれてると思うのでここだけ言及

寝てる間についてた言及ブコメ見てたら「えっこれ系の単語ってこんな数あんの……マジで……」ってなって、流石に輸入上の事故とかじゃすまない上に何より言及されたようにスマートじゃなくてこんなたくさんの例外突っ込まれたら頭ばかになっちゃうので所感書いとく。でもマジで素人で音声/音韻方面の専門じゃないんでその辺は頼むわ。

新規に作られた言葉にまでこの現象が起こるようだと、もうこれ誤用とかじゃなくて新しいルールとして音韻論内(学問じゃなくて言語機能の方)に成立してるなーと普通に思う。

それが成立した経緯に、「似た発音単語をたくさん輸入してしまって、ほとんどの人にはそれぞれどっちが正しいのかわからなくなってしまった」という歴史的事情と、音声学的な発音しづらさが相まって、「促音+有声破裂音+母音」の音素列に対して、「有声破裂音は無声化しても良い」っていうルールがもう出来ちゃってるなぁーって自分普通に思った。

更に輪をかけて、functional loadの観点から言うと(音声上のある要素がどの程度その単語識別に関わっているのかという概念)、「バックでもバッグでも通じるのでどっちでいい」みたいなブコメいくつかついてたけど、少しでもかじった身としては「よくねえわ!!!そんな単純だったら誰も苦労しねえわ!!!」ってなるけど、でも今回については確かにこれが寄与してるなーと思う。

functional loadの影響で消えたものだと最近だと半世紀くらい前に英語の短母音・長母音区別が長さから音質(舌の位置)に変化した有名な話とか。どこの国でも国語教育に関わる奴ってのは頭がお堅いもんで、教科書には短母音と長母音というセクションがあるんだけど、生徒はみんな「はああああああ???いや、長いとか短いとかじゃなくて、別の音じゃん、それ」ってなるらしい。Pinkerが書いてた。Pinkerは研究自体自体の方はあまり評価されないけど(個人的にはかなりあの方面は正しいと思うけど)、こういう日常的な話書いてくれるから引き出すのに便利だ。流石にこのくだりどこにあったか増田言及するために探すのは面倒なんで勘弁して。

あと日本語だと「おばさん」と「おばあさん」みたいなのはかなりの部分イントネーション区別してるのも有名で、それぞれ逆のイントネーション発音して自分でどう聞こえるとかもやってみると面白いよ。アワレにもこれを専門外の人が読んでたら向け。

ミッドガルでもミットガルでもエアリス死ぬゲームの話してるのは分かるし、他の単語についても言われてみたら明らかだわなぁーってなった。

音声学上の要因、似た単語死ぬほど輸入し

歴史的経緯(英語の単音節語で似た単語死ぬほどあるよね……ブコメにあったけどpodとpotとか)、どっちでも通じるという光と闇の力が合わさり最強に見え、音韻論内で頭がおかしくなって区別が死んだのかもしれんね。

ただ、無声化「しなければならない」ではなくて「してもしなくてもよい」である以上、音韻規則レベルにはまだなってなくて過渡期かな、と感じる。あと十年、下手したら今の子供がどういう規則を身につけて成長するのか凄く楽しみ。

ミッドガル/ミットガル以外に言われて一番あーって思ったのはドッヂボールとドッチボール。破擦音にまで拡大してる上に、「ドッチ」って日本人認識するような輸入された単語は多分ないと思うので(日本語話者形態論が外来語和語漢語についてかなりの程度区別を保ってるのは様々な例でよく知られているという逃げ口を使うので「どっち」は原因に考慮しない)、もうこれ輸入の失敗とかじゃねえなってなったので、現状の日本語としては普通に言及先の増田の方が正しいと思う。またメスガキに負けた。

とりあえず濁音の点について、この点は出ねぇよってなる理由はいろいろあるけど主要っぽく見えるのはこんな感じです。よしなに。単語を輸入されただけで輸入した言語に致命的な影響出たのはそれこそNorman Conquestとかがあるし、輸入上の間違いの例を知ってるからといって誘惑に負けて無理に現在言語機能から切り離そうとするとヤクザが教壇に足乗っけて追ってくる。

追記

この現象が起こりやす単語と滅多に起こらない単語を追ったら少し楽しそうだと思ったけど、デバックにはバックが含まれてたり、ドラックにはラックが含まれてたり(rackとluck)、それぞれどういう原因で誤用の率が変動するのか考えるのむっちゃキツそうって思う。個人差と方言差の問題である。いずれにしてもとりあえず、ありとあらゆる要因のせいで区別消滅しかかっているのだろうね。

あとドイツ語のrの異音、普通に勉強になった。ありがとう

2017-03-08

Railsつらい

バージョンアップがツライ

毎度毎度、バージョンアップで非互換修正加えてコード修正必要になって、Gemも上がって依存が壊れて

いつまでやってんだよw

Railsプロジェクトでどれだけの人が最新版追従できてんだよ?テストを書いてれば余裕?

本当かよ?正直に言ってみろよ?実際はレガシーRailsの山だろw

概念・周辺ツールがツライ

ヘルパーやらマイグレーションの仕組みやら最初は良いかなと思ったけど、どう考えてもやり過ぎだ

短くかけるとか喜んでるやつは一度考え直せ

複雑さがRails側に寄ってるだけでなんも解決してない

それで良いんだって自分コントロールできない知らないコード依存して結局バージョンアップ地獄みてるだろw

最低限中で何が起きてるか理解しとけよwまあ理解できるころにはRailsでなくても良かったんやwってなるけどなw

RAILS_ENV=productionだとstaticファイル自分で返さないassetコンパイルで小さくしましょう

→ developmentで動いてたけど本番だと動きませんでしたw

どんな茶番だよw馬鹿か?

Gemがツライ

毎度毎度、アホみたいにGem入れやがって、もう自分で把握できる状態じゃねーだろ?

bundlerだから完璧にvendoring出来ますだって

本当かよnaitive extensionGemなんてどう考えたってRails管理外のヘッダファイル依存すんだろ

bundle installがこけるなんて日常茶飯事だろw

環境構築がツライ

ruby入れてGem入れてGem入れるためのヘッダ用意して

めんどくせーなbundlerもこけるし、rbenv使ってrubyバージョン揃えろとか

ホントめどくせーよ

deployもcapistrano便利とか言ってるけれど、そんなに便利じゃねーよw

あんDSL覚える時間あんならシェルスクリプト書けるようになっとけ

rackサーバがたくさんあってよかったねじゃねーよ集約しろ馬鹿

unicorn, puma比較しましたとかアホ記事書いてる暇あるなら集約するかなにかしとけ

信者がツライ

この手の話すると信者が使わない方法もある・選択しない方法もあるとか擁護してくるけど

そりゃあるけどそれ調べんのがめんどくせーって言ってんだよw

何でもかんでもレールに乗せてそれを強要してくるような感じがすんだよw

turbolinksなんて仕組みをデフォルトONにしてくるやつらの態度が嫌なんだよ

2014-10-23

http://anond.hatelabo.jp/20141023122508

ServletとかRackとかのベースの上に作るんじゃなくて、既存フレームワークを直接書き換えて、独自とか言っちゃうのか。

そりゃひどいわ。

2014-04-16

[]おっぱいに関する英単語

a breast;

breast cancer

bust

bosom (特に女性の)胸

口語》 a boob;

口語》 a tit;

俗語》 a knocker《★これらは全て通常複数形で用いる》

hooters

sweater girl

brickhouse(レンガ造りの家、という意味だが、これがなぜ巨乳女性という意味になるのか?窓が飛び出ているような家から連想しているのか?)

bazongas〈米俗・侮蔑的乳房. ▼bazooms, bazoonjiesともいう.

jugs (特に大きなもの。水差し、壺などから

rack特に大きめなものを指す。物が乗せられそうな感じだからか?)

melons〈米俗・卑〉

bra-buster(米俗)

fore buttocks(俗)(前の尻)

stonker(英俗)

cleavage(谷間 裂ける意味

endowed(与えられた、授けられた、という意味から男らしさ、女らしさの体つきであるという意味を持ったと考えられる。男性であれば、筋肉質だとか、ペニスが大きいとかい意味になる)

a mamma

buxom (buxom・er; buxom・est) 〈女性が〉豊満な,胸の豊かな; 丸ぽちゃの; (健康で)ぴちぴちした.

rocket

udder (ウシ・ヤギなどの袋状に垂れた)乳房.

dug (母獣の)乳房; 乳首.

gigantomastia 巨大乳房 巨乳

macromastia

accessory mamma

hypermastia 多乳房

俗語が多いので残りはttp://onlineslangdictionary.com/thesaurus/words+meaning+breast,+breasts.htmlを見てください

2010-05-22

連邦取引委員会消費者へのMLMについて注意を喚起する文書

Multilevel Marketing Plans

 

Produced in cooperation with the North American Securities Administrators Association

 

November 1996

 

Multilevel marketing plans, also known as "network" or "matrix" marketing, are a way of selling goods or services through distributors. These plans typically promise that if you sign up as a distributor, you will receive commissions -- for both your sales of the plan's goods or services and those of other people you recruit to join the distributors. Multilevel marketing plans usually promise to pay commissions through two or more levels of recruits, known as the distributor's "downline."

 

If a plan offers to pay commissions for recruiting new distributors, watch out! Most states outlaw this practice, which is known as "pyramiding." State laws against pyramiding say that a multilevel marketing plan should only pay commissions for retail sales of goods or services, not for recruiting new distributors.

 

Why is pyramiding prohibited? Because plans that pay commissions for recruiting new distributors inevitably collapse when no new distributors can be recruited. And when a plan collapses, most people -- except perhaps those at the very top of the pyramid -- lose their money.

 

The Federal Trade Commission cannot tell you whether a particular multilevel marketing plan is legal. Nor can it give you advice about whether to join such a plan. You must make that decision yourself. However, the FTC suggests that you use common sense, and consider these seven tips when you make your decision:

 

Avoid any plan that includes commissions for recruiting additional distributors. It may be an illegal pyramid.

 

Beware of plans that ask new distributors to purchase expensive inventory. These plans can collapse quickly -- and also may be thinly-disguised pyramids.

 

Be cautious of plans that claim you will make money through continued growth of your "downline" -- the commissions on sales made by new distributors you recruit -- rather than through sales of products you make yourself.

 

Beware of plans that claim to sell miracle products or promise enormous earnings. Just because a promoter of a plan makes a claim doesn't mean it's true! Ask the promoter of the plan to substantiate claims with hard evidence.

 

Beware of shills -- "decoy" references paid by a plan's promoter to describe their fictional success in earning money through the plan.

 

Don't pay or sign any contracts in an "opportunity meeting" or any other high-pressure situation. Insist on taking your time to think over a decision to join. Talk it over with your spouse, a knowledgeable friend, an accountant or lawyer.

 

Do your homework! Check with your local Better Business Bureau and state Attorney General about any plan you're considering -- especially when the claims about the product or your potential earnings seem too good to be true.

 

For More Information

The FTC also publishes: Wealth-Building Scams; Business Opportunities: Avoiding Vending Machine and Display Rack Scams; Work-at-Home Schemes; Franchise and Business Opportunities; and A Consumer Guide to Buying a Franchise. For a free copy of these brochures or a copy of Best Sellers, a complete list of the FTC's consumer publications, contact:

Consumer Response Center

Federal Trade Commission

Washington, D.C. 20580

(202) 326-2222

TDD: (202) 326-2502

 

 

Where to Complain

You may send questions or complaints to:

Correspondence Branch

Federal Trade Commission

Washington, D.C. 20580

Although the FTC cannot resolve individual disputes, the information you provide may indicate a pattern of possible law violations requiring action by the Commission.

 

You also may want to contact the National Fraud Information Center (NFIC), a project of the National Consumer League, at 1-800-876-7060, 9 a.m. - 5:30 p.m. EST, Monday - Friday. The NFIC is a private nonprofit organization that operates a consumer hotline to provide service and assistance in filing complaints. NFIC helps the FTC and the state Attorneys General by entering complaints into a computerized database to help track and identify fraud operators.

和訳は以下のページ。

http://www.ne.jp/asahi/kato/logos/ftc-mlm.htm

2010-05-01

Javaから呼び出し元のJRuby環境を利用する

Tomcat上のJRubyから呼んだJavaプログラムから呼び出し元のJRuby環境(Runtime)を使いたいときにどうすればいいのか?

方法が1つわかったのでメモ

(追記2:こんなめんどいことしなくてもJRuby.runtimeで取れたみたい)

イメージ的には以下の感じ

Java

↑↓

JRuby(on Rails)

Java(Tomcat)

※注意:warblerでwar化したRailsアプリ場合

JRubyは1.4.0、jruby-rack.jarは0.9.7、warblerは1.0.1

プログラム

まずは必要なクラスをimport

import org.jruby.Ruby;
import org.jruby.rack.PoolingRackApplicationFactory;
import org.jruby.rack.RackApplication;
import org.jruby.rack.RackServletContextListener;

ServletContextをどっかから取ってくる(Listener作ってfieldに埋めるとかして)(追記:$servlet_contextで取れる[JRuby-Rack使うから])

ServletContext context;//=~~~

warblerでwar化するとweb.xmlRailsServletContextListener(extends RackServletContextListener)が登録される。

そのListener起動時にFactoryがServletContextに登録されるので、それを取得する

PoolingRackApplicationFactory factory = (PoolingRackApplicationFactory)context.getAttribute(RackServletContextListener.FACTORY_KEY);

PoolingRackApplicationFactoryapplicationPoolを取ってくる

(protected fieldなのでリフレクションを使用)

Field poolField = factory.getClass().getDeclaredField("applicationPool");
poolField.setAccessible(true);
Queue<RackApplication&gt; pool = (Queue<RackApplication&gt;)poolField.get(factory);

poolからRubyランタイムを取得

RackApplication ap = pool.peek();
Ruby ruby = ap.getRuntime();

呼び出しもとのJRuby環境を使ってRubyコードを実行できる

ruby.evalScriptlet("p 'test'");
memo

実際に使うときは、applicationPoolにちゃんと入っているかなどのチェックが必要になる。

初期化タイミングなどが影響して取得できない場合、Threadなどを使ってポーリングして入っているか確認する

2010-04-22

Redmine 0.9.3をTomcat 6で実行する方法

結構苦労したので健忘録として。。

環境は以下のとおり

JDK, Tomcat, JRubyインストール済み

MySQLインストール
yum install mysql-server
MySQLの起動
/etc/init.d/mysqld start
MySQLの設定

rootパスワードなどを設定する

mysql_secure_installation
Rubyモジュールインストール

RubyGemsモジュールインストールする

jruby -S gem install rails
jruby -S gem install warbler
jruby -S gem install activerecord-jdbc-adapter
jruby -S gem install activerecord-jdbcmysql-adapter
jruby -S gem install jdbc-mysql
MySQLRedmineデータベースを作成
mysql -u root -p
mysql&gt; create database redmine character set utf8;
mysql&gt; grant all privileges on redmine.* to 'redmine'@'localhost' identified by 'redmine';
mysql&gt; exit

(ここでは、パスワードredmineしているが自由に)

RedmineDB設定

(任意の場所にRedmine解凍して、解凍先のディレクトリに移動した後)

cp config/database.yml.example config/database.yml
vi config/database.yml

database.yml

production:
  adapter: jdbcmysql
  database: redmine
  host: localhost
  username: redmine
  password: redmine
  encoding: utf8

#development:
#
#
#test:
#
#

後のwarbleでのエラーを防ぐため、developmentとtestコメントアウト

DBへのデータ投入
jruby -S rake generate_session_store
jruby -S rake db:migrate RAILS_ENV=production
jruby -S rake load_default_data RAILS_ENV=production
起動確認

script/serverで起動し、http://localhost:3000 にアクセスして正常に動作するか確認する

jruby script/server -e production
production.rbの修正

Tomcatで動かしたときにログ出力するための設定をする

vi config/environments/production.rb
config.logger = Logger.new(config.log_path)
config.logger.level = Logger::INFO
warblerの設定

warble.rbを生成

jruby -S warble config

warble.rbを修正

vi config/warble.rb
  config.dirs = %w(app config lib log vendor tmp extra files lang)
  config.gems = ["jdbc-mysql", "activerecord-jdbcmysql-adapter", "activerecord-jdbc-adapter"]
  config.gems["rails"] = "2.3.5"
  config.gems["rack"] = "1.0.1"
  config.webxml.rails.env = "production"

warファイルを作成

jruby -S warble

できたwarファイルTomcatに配置して、Tomcatを起動する

mv redmine-0.9.3.war /usr/local/tomcat/webapps/redmine.war
/usr/local/tomcat/bin/startup.sh

warblerのバグ(?)でwarに入らないファイルコピーして入れる

cp vendor/gems/rubytree-0.5.2/.specification /usr/local/tomcat/webapps/redmine/WEB-INF/vendor/gems/rubytree-0.5.2

http://localhost:8080/redmine/ にアクセスしてインストールできたか確認して完了!

2010-01-03

ブランド品のブランド力が低下している?

最近アウトレットモールZOZOTOWNなどの出現で、

ブランド品をかなり安く購入できる機会が増えた。

 

ZOZOTOWN

http://zozo.jp/

ユナイテッドアローズビームスジャーナルスタンダード、ジーディーシー、エックスガールが安く購入できる。

 

景気低迷とデフレの影響だと思うのだが、

そもそもブランド品のブランド力って何だろうと疑問を抱いた。

 

wikipediaによると

>>ブランドとは「焼印をつけること」を意味する brander というノルウェーの古ノルド語から派生したものであるといわれている。

とのこと。

 

つまり、家畜に印を付けて、「この製品はうちの農場で作ったモノだ」と

品質の良さをアピールするためのものだと思う。

つまり、信用力に由来する価値だ。

 

私が思うに、

日本でのブランドは、

消費者が「これが良いモノだ」と保証されているモノを買う『安心感

普通のモノより高いものを持っている『優位性』『自慢』『自己顕示力』

によっている気がする。

 

内面価値を簡単に人に分かって貰うことは難しいが、

外面を着飾ることにより

「あの人は、それだけのモノを購入するだけの能力がある」

と他人に対して、自分能力をアピールすることができる。

 

特に、日本では、その商品の価値そのものではなく、

自己顕示力のためにブランド品を買う人が多い。

 

だから、ブランド品の価格は一定でないといけない。

 

富裕層が購入する商品を、低下層の人が購入できると、富裕層自己顕示力が弱まる。

すると、富裕層は、ブランド品を購入しなくなってしまう。

 

だがら、アウトレットモールネット上で購入できるブランド品には、

一流ブランドが出品しない。

あくまで、二流ブランドなのだ。

 

 

この考え方が、これまでの常だった。

 

しかし、世界中の一流ブランドメーカー

不況のあおりをまともに受けている。

 

現金が欲しくて仕方ない。

 

短期間で現金を手にするためには、

目先の在庫をさばくしかない。

 

でも、それをやってしまうと、

ブランドメーカーは、将来的に自分の首を絞めてしまうことになるのだ。

 

しかし、海外では、すでに、その禁断の箱に手を出してしまっている。

■GILT

http://www.gilt.com/

アルマーニBOTTEGA VENETA

Beyond the Rack

http://www.beyondtherack.com/

Fendiイヴ・サンローラン

 

 

ブランドメーカーは、日本での販売には慎重だ。

なぜなら、日本人にはステレオタイプの人が多くて、

ヒット商品が生み出されると、ものすごく売れる。

 

だから、日本アウトレットで、一流ブランドは出品しない。

 

だが、ネットは違う。

簡単に国境を越えてしまうのだ。

 

今月の22日に日本でも一流ブランド品を格安で購入できるサイトオープンするらしい。

 

ブランディシモ

http://www.brandissimo.jp/

 

将来、ブランド品って無くなるのかもしれない。

いや、無くなるのではなく、

本当に良い商品(品質価値)をユーザーが探し、

それをインターネットを使って情報共有し、購入に繋がるという、

良い意味での競争が始まる時代がやってくるんだろうと思う。

 

いや、日本の低年齢層は、すでん、物欲が無くなっている。

こういう時代が終わったのかもしれない。

2009-03-11

[][][][][][]

Deploy Merb, Sinatra, or any Rack App to Heroku

http://blog.heroku.com/archives/2009/3/5/32_deploy_merb_sinatra_or_any_rack_app_to_heroku/

http://heroku.com/pages/quickstart

http://heroku.com/docs

http://heroku.com/

HerokuをGit経由で使ってみる

http://d.hatena.ne.jp/aki-s-119/20081110/1226335713

http://github.com/guides/using-git-and-github-for-the-windows-for-newbies

Windows から Git を使う方法

http://d.hatena.ne.jp/kusakari/20080715/1216091060

msysgit - Google Code

http://code.google.com/p/msysgit/

PuTTYssh2プロトコルを使ってssh接続

http://net-newbie.com/putty.html

&gt;heroku help
=== General Commands

 help                         # show this usage

 list                         # list your apps
 create [<name&gt;]              # create a new app

 keys                         # show your user's public keys
 keys:add [<path to keyfile&gt;] # add a public key
 keys:remove <keyname&gt;        # remove a key by name (user@host)
 keys:clear                   # remove all keys

=== App Commands (execute inside a checkout directory)

 info                         # show app info, like web url and git repo
 open                         # open the app in a web browser
 rename <newname&gt;             # rename the app

 sharing:add <email&gt;          # add a collaborator
 sharing:remove <email&gt;       # remove a collaborator

 domains:add <domain&gt;         # add a custom domain name
 domains:remove <domain&gt;      # remove a custom domain name
 domains:clear                # remove all custom domains

 rake <command&gt;               # remotely execute a rake command
 console <command&gt;            # remotely execute a single console command
 console                      # start an interactive console to the remote

 restart                      # restart app servers
 logs                         # fetch recent log output for debugging
 logs:cron                    # fetch cron log output

 bundles                      # list bundles for the app
 bundles:capture [<bundle&gt;]   # capture a bundle of the app's code and dat
 bundles:download             # download most recent app bundle as a tarba
 bundles:download <bundle&gt;    # download the named bundle
 bundles:animate <bundle&gt;     # animate a bundle into a new app
 bundles:destroy <bundle&gt;     # destroy the named bundle

 destroy                      # destroy the app permanently

=== Example story:

 rails myapp
 cd myapp
 (...make edits...)
 git init
 git add .
 git commit -m "my new app"
 heroku create myapp
 git remote add heroku git@heroku.com:myapp.git
 git push heroku master
 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん