カテゴリー 「Ruby」 RSS

2017-06-10

[][][][][][][][]LinuxRubyバージョンアップのやり方がわかりません!

早く教えろ

 

# ruby -v

ruby 1.9.3p484 (2013-11-22 revision 43786) [x86_64-linux]

 

# uname -a

Linux ThinkPad-X61 4.2.0-35-generic #40~14.04.1-Ubuntu SMP Fri Mar 18 16:37:35 UTC 2016 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

 

追記

自己解決しました

2011-07-16

[] Symbolについて

RubyのSymbolと文字列の違いを研究室輪講用に書いたのですが,折角なので公開したいと思います

元々学部生に対する輪講用に書いた物なので,若干上から目線ですがご了承ください.

Symbolの意義は何か

文字列とSymbolはよく似ていますプログラマから見ればどちらも文字列です.違いを一言で説明すると『プログラムが扱う』文字列か,『プログラマが見る』文字列かの違いです.例えば変数名は『文字列ですが,rubyオブジェクトである文字列』ではないですよね?

例えば,今あなたC言語お絵描きライブラリを作っているとしましょう.その中に,色で塗りつぶすfillという関数があり,色を青・赤・緑の3色から選べ,fillの引数でそれを指定できるとしましょう.

fillの引数の設定方法として一番単純なのが,0を青,1を赤,2を緑として,0〜2で選択させる方法でしょう.しかし,それでは,どの数値が何色か覚えないといけないし,fill関数を知らない人から見れば,どういう意味引数かすらさっぱり分かりません.

ではどうするかと言えば,普通BLUE = 0, RED = 1, GREEN = 2と適当に定数を設定して,その定数を引数で指定させますよね.

こうして,fill関数引数意味の無い数値から意味のある文字列に変わったことによってプログラムが分かりやすい物となります.さて,ここで注意してほしいのは,ここで言う文字列プログラムが扱うオブジェクトとしての文字列では無いということです.fill関数引数として,"BLUE","RED", "GREEN"などとC言語文字列を渡すということは普通しませんよね.それは,ここで言う文字列は,あくまでプログラマプログラムコードを分かりやすくするために必要な文字列であって,プログラムオブジェクトとして扱う(例えば,長さを求めるとかする)文字列ではないかです

分かってきたでしょうか?

プログラムコード上では(つまりプログラマから見れば)どちらも同じ文字列(文字の列という意味で)ですが,実際に動くプログラムから見れば単なる数値と本物の文字列という大きな違いです.結局,fill関数引数の具体的な値は何でもいいわけですプログラマから見て文字列であればそれだけでよく,プログラムが動くときの実際のその中身は何でもいいわけです.これのために存在するのが,Symbolであり,:fooとひとたびSymbolを作成すれば:fooの実態は適当な数値となります.(この数値がいくらかなんていうことはもちろん気にする必要はありません)

そして,もちろん同じプログラム上では:foo == :fooはちゃんと成り立ちます.もうここまでくれば,Hashのkeyとして文字列でなくSymbolを使う理由が分かりますね.Hashのkeyはあくまで,プログラマが見る(プログラムコードを分かりやすくするための)文字列であってプログラムが扱うオブジェクトとしての文字列では無くて,keyの実際の値は何でもいい,からですね.(特別な場合を除いて)Hashのkeyに対してrubyStringメソッドを使うなんてことは無いですよね.

なぜrubyにはSymbolが存在するのか

しかし,他の軽量言語ではSymbolなどなくHashのkeyとして普通に文字列を使うことが多いです.では,なぜrubyだけSymbolを使うのでしょうか.

その答えは一言でいうと,rubyの(プログラムコード上に直接書かれた,つまりリテラルの)文字列は他の言語と違いimmutable(不変)でない,からです.実際,pythonjavascript文字列(リテラル)は破壊的に変更することはできませんが,ruby文字列破壊的に変更することができます. ('abc'.concat('d')の様に)

これがどういう違いを生むかというと,コード上に直接現れる文字列がimmutable(不変)であるならば,実行時に一つだけそのオブジェクト作成し,後はそれを使いまわすという最適化ができます

そうした時,Hashのkeyの様なプログラマから見た文字列というのは,プログラムコード上のリテラルとして現れるわけですが,これらは実行時に一つだけオブジェクト作成され(特にコード上に現れる同じ文字列は全て一つのオブジェクトにまとめると),それらの比較はそれらに対する参照(そしてこれは大抵メモリアドレスなど単なる数値)の比較で済むので,結局Symbolと同じ様な働きをするわけです

本当はプログラマが見るためだけの文字列だけど,それをオブジェクトとしての文字列としても,Symbolと同じ様な働き,パフォーマンスが得られるならば,別にオブジェクトとしての文字列であってもいいわけです

繰り返しになりますが,プログラマが見るためだけの文字列は,その中身・実態は何でもいいわけですが,その実態がオブジェクトとしての文字列でも十分なパフォーマンスが得られるならば,別にオブジェクトとしての文字列でもいいわけです

さて,rubyに話を戻しますと,rubyコード上に現れる文字列であっても,実行時にそのコードを通る度に毎回新たな文字列オブジェクト作成します.

(以下のプログラムを動かすことで確認できる.)

def foo
  'foo'.object_id
end
p foo, foo

まりrubyでは文字列が可変であるため,先に述べたような最適化ができない(または難しい)ので毎回新たな文字列オブジェクト作成されるのです

こうなると,先ほどの話とはうってかわって,プログラマが見る文字列はその実態は何でもいいのに,それを文字列リテラルrubyオブジェクトとしての文字列)にしてしまうと,毎回毎回文字列オブジェクト作成されてしまうという非常にばかばかしい状況になってしまます.我々はそれらの文字列オブジェクト文字列としての操作は一切施さないのにも関わらず,です

こういうわけで,rubyではプログラマが見るためだけの文字列にSymbolというruby特有のものを使うのです

もちろん,プログラマが見るためだけの文字列を全て定数として(そしてもちろん中身は適当な値で)定義しても構わないわけですが,Hashのkeyとかで数多くのプログラマが見るためだけの文字列が現れることを考えると,とてもじゃないですけどそんなことは面倒でやってられないですよね.ですので,実行時に自動適当な値にしてくれるSymbolというもの存在するのです

以上で,Symbolについての説明を終えます.以下は蛇足です

おまけ

最初の方で出てきたfill関数rubyで実装しようとしたとき,青・赤・緑の各色はその実際の値はなんでもいいのでrubyのSymbolを使って:blue, :red, :greenとしてもいいのですが,ライブラリとかでは大抵ちゃんと定数として定義されていることが多いです

これは恐らく,定数として明示的に定義することで値の存在を明示でき,ドキュメント化の際にも役立つことによっているのでしょう.

Symbolだと,良くも悪くも定義がいりませんから

しかし,あくまでこれは外部に公開するようなライブラリでの話であって,自分が使うちょっとしたプログラムならこういう場面でも精力的にSymbolを使っていってもいいと思います.ちなみに,僕ならSymbolを使います

Symbolだと定義もいりませんし,定数は大文字ですからつのが面倒ですし,あまりソース大文字が入ると見た目がすっきりしません(主観).

Symbolは非常に便利なものですので,その意義・用途を十分に理解して,Hashのkeyにとどまらず様々な所で使えるようになりましょう.

2010-12-13

[][][][][][][]

Heroku | Ruby Cloud Platform as a Service

http://heroku.com/

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)

http://aws.amazon.com/jp/ec2/

Virtual Dedicated Servers - Highly Configurable Plans Low Prices

http://www.godaddy.com/hosting/virtual-dedicated-servers.aspx

Linode - Xen VPS Hosting

http://www.linode.com/

Slicehost - VPS Hosting

http://www.slicehost.com/

Dedicated Server, Managed Hosting, Web Hosting by Rackspace Hosting

http://www.rackspace.com/index.php

SoftLayer® Technologies - About CloudLayer

http://www.softlayer.com/cloudlayer/

BULK SERVER|全プラン初期費用0円 最低利用期間1ヶ月 月額費用5,800円からの専用サーバAtomプラン

http://bulkserver.jp/service/atom

専用サーバーレンタル|即席サーバー - プラン案内 - サービス - 専用サーバレンタルならメガファクトリ

http://www.megafactory.com/html_service/s_sokuseki.htm

【基本構成】ライトプラン : マイティサーバーの専用サーバー

http://www.mtsv.jp/server/light/

専用サーバーヘリオスアルファ 特徴・料金|専用サーバーVPSのSaaSes

http://www.saases.jp/hosting/hos_001.html

さくらVPSVPS(仮想専用サーバ)はさくらインターネット

http://vps.sakura.ad.jp

http://server.sakura.ad.jp/dedicated/index.html

クラウドならニフティパブリックコンピューティングサービス

http://cloud.nifty.com/

IIJ クラウド(クラウドコンピューティング)サービス - IIJ GIO

http://www.iij.ad.jp/GIO/

共用サーバーVPS)|専用サーバーVPSのSaaSes

http://www.saases.jp/vps/index.html

ゴヤクラウド/VPS|カゴヤクラウド

http://www.kagoya.jp/cloud/vps/

prgmr http://prgmr.com/xen/

RapidXen http://www.rapidxen.net/

RapidKVM http://www.rapidkvm.net/

Arpnetworks http://www.arpnetworks.com/vps

Quickweb http://quickweb.co.nz/

NordicVPS http://nordicvps.com/

Thrust::VPS http://www.thrustvps.com/

Curlhost http://www.curlhost.com/

BudgetVM http://www.budgetvm.com/

neosurge http://www.neosurge.com/

NFOservers http://www.nfoservers.com/order-virtual-dedicated-server.php

EliteDataHosting http://www.elitedatahosting.com/vps.html

PhotonVPS http://www.photonvps.com/

http://www.webhostingtalk.com/

http://hibari.2ch.net/hosting/

2010-09-25

[]闇プログラマーによる、うるう年の判定処理

以下の記事を読んだ私は違和感を覚えた。

私がソフトウェア技術者をやめた理由

今時のソフトウェア技術者というものは未だにこんな判定処理を書いているというのか。やはり遅れているとしか言いようが無い。

闇プログラマー界隈ではその一歩後ろ右斜め奥をいっている。

うるう年の判定とはこうやるのだ。


def leap_year?(y)
  /^(?:[13579](?:[13579](?:[13579][26]|[26][048]?|[48][048]|0[48])|[48](?:[13579][26]|[48][048]?|[26][048]|0[48]?)|0(?:[13579][26]|[48][048]?|[26][048]|0[48])|[26](?:[048][048]?|[13579][26]|[26][048])?)|[26](?:[13579](?:[13579][26]|[26][048]?|[48][048]|0[48])|[26](?:[13579][26]|[48][048]?|[26][048]|0[48]?)|[48](?:[048][048]?|[13579][26]|[26][048])?|0(?:[13579][26]|[026][048]|[48][048]?)?)|[48](?:[13579](?:[13579][26]|[26][048]?|[48][048]|0[48])|[26](?:[13579][26]|[48][048]?|[26][048]|0[48]?)|[048](?:[048][048]?|[13579][26]|[26][048])?)?)$/ =~ y
end

9999年までうるう年の判定ができる。

計算式でうるう年の判定がするなど笑止千万

この程度で一端のソフトウェア技術者を名乗るなど、業界そのものが甘く見られたものだ。

まだまだ我々闇プログラマー集団が縁の下で支えてやらないとダメなのだと実感した。

グッドラックアディオスアミーゴ


※これはbot処理です

2010-09-20

[] みんくちゃんねるから画像を抜き出すワンライナー(改)

最近の記事は http://anond.hatelabo.jp/20100727011929 だと画像が取れなくなっているのでちょっと直した.あと引数で記事を指定できるようにしたよ.<<を半角に直して使ってね

ruby -ropen-uri -rnokogiri -e "Nokogiri::HTML(open ARGV[0]).search('img.pict').map{|e| e['src']}.each{|http| File.open(http.match(/.+\/(.+\.jpg)/)[1],'w'){|f| f << open(http).read }}" "http://minkch.com/archives/51611588.html"

2010-07-27

[]みんくちゃんねるから画像を抜き出すワンライナー

<< を半角にして使ってね

ruby -ropen-uri -rnokogiri -e "Nokogiri::HTML(open 'http://minkch.com/archives/51382882.html').search('img').inject([]){|b,r| b << r[:src] if /^http:\/\/.+\.jpg/ =~ r[:src]; b}.map{|url| Thread.new(url){|u| File.open(u.match(/.+\/(.+\.jpg)$/)[1],'w'){|f| f << open(u).read }}}.each{|e| e.join}"

2010-01-09

[][][][][][]

rails3

http://www.rubyinside.com/how-to-install-rails-3-0-prerelease-beta-2955.html

http://weblog.rubyonrails.org/2010/2/5/rails-3-0-beta-release

http://www.engineyard.com/blog/2010/rails-3-beta-is-out-a-retrospective/

http://guides.rails.info/3_0_release_notes.html

http://mentalized.net/journal/2010/02/05/hello_rails_3_world/

http://www.rubyinside.com/rails-3-0-beta-links-2966.html

Rails 3.0 Beta の Release Notesを読んでみる

http://blog.livedoor.jp/maru_tak/archives/50808747.html

Rails 3.0 リリースノート和訳 - 前編

http://d.hatena.ne.jp/willnet/20100206/1265467594

Rails3 リリースノート全文和訳 (ただし適当)

http://d.hatena.ne.jp/gom68/20100206/1265469879

Ruby on Rails 3 リリースノート翻訳 (1)

http://blog.bluemoderns.com/articles/2010/02/07/ruby-on-rails-3-1/

Rails 3 Beta リリースノートと和訳

http://route477.net/d/?date=20100208#p01

タグrails3」を含む新着エントリー

http://b.hatena.ne.jp/t/rails3

Rails 3のはなし

http://www.slideshare.net/a_matsuda/rails-3

Rails3の新機能、主な変更点 - t.taira blog

http://d.hatena.ne.jp/t-taira/20091230/1262147530

RailsMerbの合流についてあれこれ - アンカテ

http://d.hatena.ne.jp/essa/20081225/p1

速報: MerbRails統合 - kwatchの日記

http://d.hatena.ne.jp/kwatch/20081224/1230084095

Rails 3 tutorials, screencasts, talks, articles, blog posts & more.

http://railsnotes.com/rails-3/

Dr Nic ’s First look at rails 3.0.pre

http://drnicwilliams.com/2009/11/03/first-look-at-rails-3-0-pre/

差分

http://tobysoft.net/wiki/index.php?Ruby%2FRuby%20on%20Rails%2F%A5%EA%A5%EA%A1%BC%A5%B9%BA%B9%CA%AC%BE%F0%CA%F3

book,PDF

Rails 3 in Action

http://www.manning.com/katz/

Beginning Rails 3

http://www.amazon.com/dp/1430224339/

The Pragmatic Bookshelf

http://pragprog.com/titles

twitter,blog

rails

http://weblog.rubyonrails.org/

dhh

http://twitter.com/dhh

http://www.loudthinking.com/

Yehuda Katz

http://twitter.com/wycats

http://yehudakatz.com/

http://www.engineyard.com/blog/author/yehudakatz/

http://find.2ch.net/?STR=ruby&COUNT=10&TYPE=TITLE&BBS=ALL

ruby,rails,merb

ruby http://www.ruby-lang.org/ja/

rails http://rubyonrails.org/

Phusion Passenger http://www.modrails.com/

https://rails.lighthouseapp.com/projects/8994

http://groups.google.com/group/rubyonrails-core

http://github.com/rails/rails

http://github.com/dhh

http://github.com/wycats/rails/

http://redmine.ruby-lang.org/

Merb http://merbivore.com/

Ramaze http://ramaze.net/

Sinatra http://www.sinatrarb.com/

Camping http://camping.rubyforge.org/files/README.html

install

http://www.garbagecollect.jp/ruby/mswin32/ja/download/release.html

http://rubyinstaller.org/

http://rubyonrails.org/download

http://ruby.morphball.net/rumix/

http://rubyforge.org/projects/rubygems/

Plugin

railsplugins.org

http://railsplugins.org/

Agile Web Development - Ruby on Rails Plugins

http://agilewebdevelopment.com/plugins

Ruby on Rails プラグイン まとめ wiki - トップページ

http://www13.atwiki.jp/maimuzo/

チュートリアル

Ruby on Rails チュートリアル集 | Diaspar Journal

http://diaspar.jp/node/81

2009-10-12

[][]twitterのfollowingを整理するためのスクリプト

非常に頭が悪いやり方ですが、一応動くので置いておきます

必要なもの

動かし方

  1. 以下のソースのうち、meの部分を自分idに変えて保存。
  2. 実行
# -*- coding: utf-8 -*-
require 'uri'
require 'open-uri'
require 'rubygems'
require 'twitter'
require 'json'

LAST_YEAR = Time.now - 12*31*60*60*24
USERNAME = 'hogehoge'
PASSWORD = '********'

def following_me? other
  base = URI.parse('http://twitter.com/friendships/exists.json')
  base.query = "user_a=#{other}&user_b=#{USERNAME}"

  times = 0
  begin
    sleep 60
    open(base).read == 'true'
  rescue
    if times < 2
      times += 1
      retry
    else
      true
    end
  end
end

def posted? hash
  begin
    sleep 60
    last_post = @client.timeline_for(:user, :id=&gt;hash[:user], :count=&gt;1).first.created_at
  rescue Twitter::RESTError # protected 



  
  

2009-03-11

[][][][][][]

Deploy Merb, Sinatra, or any Rack App to Heroku

http://blog.heroku.com/archives/2009/3/5/32_deploy_merb_sinatra_or_any_rack_app_to_heroku/

http://heroku.com/pages/quickstart

http://heroku.com/docs

http://heroku.com/

HerokuをGit経由で使ってみる

http://d.hatena.ne.jp/aki-s-119/20081110/1226335713

http://github.com/guides/using-git-and-github-for-the-windows-for-newbies

Windows から Git を使う方法

http://d.hatena.ne.jp/kusakari/20080715/1216091060

msysgit - Google Code

http://code.google.com/p/msysgit/

PuTTYssh2プロトコルを使ってssh接続

http://net-newbie.com/putty.html

&gt;heroku help
=== General Commands

 help                         # show this usage

 list                         # list your apps
 create [<name&gt;]              # create a new app

 keys                         # show your user's public keys
 keys:add [<path to keyfile&gt;] # add a public key
 keys:remove <keyname&gt;        # remove a key by name (user@host)
 keys:clear                   # remove all keys

=== App Commands (execute inside a checkout directory)

 info                         # show app info, like web url and git repo
 open                         # open the app in a web browser
 rename <newname&gt;             # rename the app

 sharing:add <email&gt;          # add a collaborator
 sharing:remove <email&gt;       # remove a collaborator

 domains:add <domain&gt;         # add a custom domain name
 domains:remove <domain&gt;      # remove a custom domain name
 domains:clear                # remove all custom domains

 rake <command&gt;               # remotely execute a rake command
 console <command&gt;            # remotely execute a single console command
 console                      # start an interactive console to the remote

 restart                      # restart app servers
 logs                         # fetch recent log output for debugging
 logs:cron                    # fetch cron log output

 bundles                      # list bundles for the app
 bundles:capture [<bundle&gt;]   # capture a bundle of the app's code and dat
 bundles:download             # download most recent app bundle as a tarba
 bundles:download <bundle&gt;    # download the named bundle
 bundles:animate <bundle&gt;     # animate a bundle into a new app
 bundles:destroy <bundle&gt;     # destroy the named bundle

 destroy                      # destroy the app permanently

=== Example story:

 rails myapp
 cd myapp
 (...make edits...)
 git init
 git add .
 git commit -m "my new app"
 heroku create myapp
 git remote add heroku git@heroku.com:myapp.git
 git push heroku master

2008-12-26

[][]

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby

Ruby on Rails

cmd

cd C:\RubyStack\ruby\bin

gem update --system

gem install gettext

gem install rails --version 2.0.2 -y

gem install rails --version 2.0.2 --ignore-dependencies

gem install rails --version 2.0.2 --include-dependencies

[][]Rails of Ruby on Rails ~Case of LOCUSANDWONDERS.COM~

Blog locus.heroku.com

Products locus.heroku.com

Rails of Ruby on Rails サポートサイト

http://railsofrubyonrails.com/download/locus_files.zip

LOCUS. AND WONDERS.

Heroku | Cloud Application Platform タグ「heroku」を含む新着エントリー - はてなブックマーク

BitNami :: RubyStack

BitNami :: From InstantRails To RubyStack

BitNami :: Redmine

Amazon.co.jp: Rails of Ruby on Rails ~Case of LOCUSANDWONDERS.COM~: Plan de Sens, 清水 智雄: 本

ブログショッピングサイト作成ケーススタディを解説します。

音楽サイトを選んだのは、画像、音声、動画など、

今のWebで考えられるほとんどのコンテンツを扱っており、

Railsの良さを一番実感していただけると思ったかです

Ruby on Rails 2.0対応

「レイルに乗ってみた」の検索結果一覧 - 牌語備忘録

「Rails of Ruby on Rails ~Case of LOCUSANDWONDERS.COM~」を含むブログ - はてなキーワード

満足せる豚。眠たげなポチ。:RAILS OF RUBY ON RAILS が実にすばらしい件

RAILS OF RUBY ON RAILS - 世界線航跡蔵

いろんな意味で新しい Rails 本: Rails of Ruby on Rails - まちゅダイアリー(2008-05-24)

Rails of Ruby on Rails 目次

Rails of Ruby on RailsCase of LOCUSANDWONDERS.COM~

Introduction

 HTMLCSSからその先のステップ

 Ruby on Railsの基礎知識

 プログラミングRubyの基礎

Chapter 01 開発環境構築

 Windowsでの環境構築

 Mac OS Xでの環境構築

 Windows / Mac OS X共通の設定

Chapter 02 プロジェクト作成

 Rails プロジェクト作成

 データベース接続の設定

 データベース作成

 データベースの内容を確認する

 開発用Webサーバの起動

Chapter 03 ブログ作成

 記事の作成・読み出し・編集・削除

  スキャフォールドジェネレータで管理画面を作る

  レイアウトを変更する

  各ページのデザインを変更する

 バリデーションと日本語対応

  バリデーションを使ってフォームの入力内容を検証する

  Ruby-GetText-Packageをインストール

  バリデーションエラー日本語化

 ユーザ認証管理

  ユーザー認証機能を付ける

 画像アップロード

  FileColumnプラグイン

  マイグレーション

  モデルの修正

  フォームの変更

  画像を表示するようにViewを修正

 フィードAtom)を配信

  Atomフォーマットを追加

  Atomフィードテンプレート

  Auto Discoveryを追加

 コメント機能

  ベースを生成

  マイグレーション

  モデルの修正

  ネスティッドルート

  コントローラの修正

  コメント機能を記事に組み込む

 トラックバック機能

  スキャフォールドでベースを生成

  マイグレーション

  モデルの修正

  ネスティッドルート

  コントローラの修正

  トラックバック機能を記事に組み込む

 タグタグクラウド機能

  プラグインインストール

  記事にタグ付け機能を追加する

  タグクラウド表示をサイドバーに追加する

Chapter 04 ショッピングサイト作成

 商品管理

  商品管理

  ジャンル管理

 ショップ画面

  商品一覧画面を作成

  商品詳細画面の作成

  ライトボックスJSライブラリを使って商品画像を効果的に見せる

 ショッピングカート

  Cartモデル作成

  CartItemモデル作成

  Cartコントローラ作成

  カート画面の作成

 注文処理

  OrderモデルとOrderItemモデル作成

  決済・注文画面の作成

 自動返信メール

  メール送信のための設定

  メーラージェネレータでOrderMailerモデル作成

  送信内容のテンプレート作成

 コンタクトフォーム

  メーラージェネレータでContactモデル作成

  フォームの作成

  入力の検証をする

Chapter 05 サーバー環境

 Railsアプリケーションの公開

  Herokuを設定する

  アプリケーションを公開する

  サイトを本番運用環境に変更する

Chapter 06 ユーザー事例

 ケース1 Saigenji (http://saigenji.com)

  サイト携帯電話対応にしたい

  インタビュー

  作品集 (Saigenji &amp; Happiness Records 編)

 ケース2 UK.PROJECT (http://ukp-pr.com)

  Railsインクリメンタルサーチ

  インタビュー

  作品集 (UK.PROJECT 編)

 ケース3 Traffic (http://trafficjpn.com)

  動的データを静的ページに表示したい

  インタビュー

 ケース4 RX-RECORDS (http://rx-records.com)

  複数の画像が切り替わるFlashバナーRails管理・生成したい

  各バンドごとに情報を集約させたい

  インタビュー

  作品集 (RX-RECORDS 編)

 ケース5 石田ショーキチ (http://scudelia.net)

  ラジオ番組ポッドキャスト形式で配信したい

  通常のページ構成以外の特設ページも管理したい

  サイトの好きな場所にバナーを設置・管理したい

  インタビュー

  作品集 (石田ショーキチ 編)

 ケース6 V2 Records (http://v2records.co.jp)

  Wordのような操作感でニュース記事を編集したい

  情報を限定し直感的で簡単に管理したい

  インタビュー

 ケース7 橋本昌彦 (http://www.hashimotomasahiko.com)

  天気と連動した画像を表示する

 ケース8 BUMP OF CHICKIN (http://www.bumpofchicken.com)

  拡大画像ロールオーバーで表示したい

  インタビュー

  作品集 (HIP LAND MUSIC 編)

 ケース9 Cradle (http://cradleorchestra.com)

  見たい記事だけをアコーディオン表示させたい

  インタビュー

  作品集 (Cradle &amp; Palette Sounds 編)

Appendix

 主なエラーの例と対策

 Reference

2008-11-26

[]do_sqlite3

gem uninstall do_sqlite3

sudo gem uninstall do_sqlite3

2008-11-23

[][][]

InfoQ: 忘れられたRubyのWebフレームワーク

Campingは、それ自体を一貫して4kb未満のコードにとどまるWebフレームワーク定義付けしている。

Campingを使うぞ宣言 - ¬¬日常日記

Campingのコアはたったの4kb程度しかありません

(ただ約4kbというのはコメントと改行を除いたcamping.rbのサイズで、

コメント付きのcamping-unabridged.rbは約26kbあります)。

これなら誰でも全てのコードに目を通せるはずですし、

私でも一時間くらいで出来ました。

camping-unabridged.rb

camping.rb

Camping, the Documentation » File: README

gem install camping

sudo gem install camping

http://localhost:3301/

Camping - SlideShare

[][][]

Sinatra

gem install sinatra

sudo gem install sinatra

http://localhost:4567/

Lightweight Webservices with Sinatra and RestClient - SlideShare

Slide 17:

A commitment to small

Rails 87,990

Merb-core 12,417

Ramaze 11,796

Camping 1,704

Sinatra 1,576

lib/sinatra.rb at master from bmizerany's sinatra — GitHub

sinatra.rb

1471 lines (1282 sloc) 45.402 kb

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん