「ニャル子さん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ニャル子さんとは

2021-08-12

メイドラゴン小林さんとか、ニャル子さんの真尋くんとか

なんであん強気になれるの?その気になれば殺されるってこと忘れてるだろ

2021-05-23

声優に対する敬意が高すぎて続編が作れないアニメ

MEZZO

ニャル子さん(クー子)

2021-04-01

れいけ『ノンタック』って

這いよれ『ニャル子さん』と似てるよね

神話生物か何か?

2020-12-16

聴く覚醒剤 教えて

仕事中に眠くなったときニャル子さん主題歌恋は渾沌の隷也」を聴くと一発で眠気が吹っ飛ぶから聴く覚醒剤」って呼んでるんだけど、他にもそういう曲ってある?

いま眠いから一発キメたい

2020-08-08

キルミーベイベーバイオレンス描写しんどい

調子に乗りすぎとはいえあそこまでやることはないだろ

ギャグ時空とはいえまりにもやすなが虐げられすぎ

言葉だけのツッコミで十分なのに

ニャル子さんでも額にフォーク刺すとかい描写がやりすぎに感じてすげーいやだった

2019-08-16

anond:20190816114133

ネタがわかるから面白いというのであれば淫夢ネタとか、ニャル子さんポプテピピックみたいにたまに流行メタネタ作品とかないではないけど

あれを教養と言うかというと疑問なんだよなあ

2018-12-13

当時16歳の私から見た『涼宮ハルヒの憂鬱

私は1990年まれ高校の時にリアルタイムハルヒニコニコ動画出会った男性です。あまりアニメ全般については詳しくありませんが、私の経験の限りにおいてハルヒについて語ってみます

ハルヒは当時の印象では「わけがからないが、とにかく新時代のすごいアニメ」という作品でした。一つ一つの要素を見ると取り立てて珍しいものではないのですが、それらをアレンジするセンスと細部のクオリティがずば抜けていたと思います

まず、日常系学園ラブコメと高度なSFとを融合させたアニメが珍しかたことは記憶しています。当時の私はスクールランブルあずまんが大王にハマっていましたし、エヴァンゲリオンカウボーイビバップも大好きでした。しかし、両者の世界観が融合するような日常系アニメがあり得るとは思ってもいませんでした。その後六畳間の侵略者ニャル子さんなど似たような作品が出てきましたが、少なくとも当時の私にとっては斬新な世界観でした。

もちろん作画も素晴らしかったです。これについて私はほとんど語れませんが、日常系萌え作品であれだけぬるぬると人物を動かしたことには驚きました。それまではロボット飛行機をどれだけなめらかに動かすのかについては意識してきました。しか美少女の手足や顔を実写のように丁寧に動かすことについては、ほとんど注目していませんでした。明らかにキャラクター日常身体動作を美しく作画する流れは、けいおんやその他の萌えアニメに繋がっていったでしょう。

また、ブログや2chなどでの考察が盛んになったのもこの頃でした。ハルヒは謎が多い設定や話数シャッフルなど、視聴者探究心を刺激するギミックが多数仕掛けられていました。当時のアニメブログ上では考察記事参考書籍の一覧があちこちで見られ、2chでは解釈を巡る論争が白熱していました。その後、シュタインズ・ゲートまどマギでも同じような光景が繰り広げられることになります

さらにはニコニコ動画Youtubeの「ハレ晴レユカイ踊ってみた動画社会現象になりました。この流行高校生や大学生の社交的な人々の多くが参加したこと意味は大きかったです。これによって電車男以来続いてきた、社会におけるオタク文化容認の流れが加速することになったと思います。深夜に放送している萌えアニメが、陰気なオタクが見るものから「(女性も含めた)普通の」中高生も楽しめるものに変わる転機でした。

2000年代京アニは、Key作品のような男主人公ハーレムかららき☆すたけいおんのような百合日常物へと変化していきました。それは2000年代から2010年代にかけてアニメの潮流がエロゲ的な物からラノベきらら的な物、オタク的な物からサブカル的な物、男性作家原作から女性作家原作へと変化する動きと重なっているように私には見えました。そういったアニメ界の地殻変動結節点存在していたのがハルヒであり、90年代文化終焉10年代に続く新たな文化の始まりの両者を象徴するアニメだったのではないかと今にして思うのです。もしかするとハルヒのこうした両義的な立ち位置フォロワーの少なさに影響しているのかもしれません。

ちなみに2010年前後の私は一連のアニメ業界流行の変化を「男性向けアニメ少女マンガ化」だと漠然と感じ、個人的にそのことを嬉しく思っていました。というのも私はエロゲ象徴されるようなハーレム作品が苦手で、少女漫画百合が大好きだったからです。けいおん以降の百合アニメ全盛のこの10年間は私にとってアニメ黄金期でした。今後、ハルヒやその前後アニメの潮流は、どのように分析批評されるのでしょうか?近い内にどなたかが『10年代想像力』を書かれる日を楽しみにしています

2018-08-15

アニメ情報、肝心なのが入ってこねえ!

機甲界ガリアン PartIII 鉄の紋章無料配信期間:2018/7/20~8/20

https://www.youtube.com/watch?v=BxoGHBlrfpQ

なんだよ、やってるなら教えろよ!危うく見逃すところだったじゃあねえか!

あと、千葉テレビカウボーイビバップやってたのかよ!しかも今週で最終回じゃねーか!完璧に見逃したわ!くやっしい!!

http://www.chiba-tv.com/program/6/

ちなみにカウボーイビバップが終わって来週からヴヴヴが始まるそうな。

テレビ神奈川では先週までシティハンターがやってたようで、おとといかシティハンター2が始まったらしい。

http://www.tvk-yokohama.com/annai/

ニコニコではGA文庫夏祭りなんてのがやってて、いまニャル子さん1期とか観られる。

https://blog.nicovideo.jp/niconews/83401.html


いったいこれら、どこにアンテナ張れば見逃さずに済むんやろな。

2018-06-12

2018年夏開始の新作アニメ備忘録

 GIGAZINEから夏の便りが届いたので、気になった作品だけ。備忘録とは名ばかりの、個人主観をまとめただけの、まったく邪悪エントリー

※ここで触れる作品はほぼすべて原作未読の上PV見てないので、どんな物語なのか分からないまま書いてます。あとソースWikiなので多分間違ってるとおもう。

 

ISLAND

ビジュアルノベル原作制作feel.ヒナまつり月がきれい等)。

監督川口敬一郎PSO2アニメーション、FAG等。今期は中間管理録トネガワ監督兼任

シリーズ構成荒川稔久狼と香辛料まおゆう魔王勇者、この美術部には問題がある等)

総作監川村幸祐(FAG、対魔導学園のキャラデザ総作監等)

音楽立山秋航けもフレゆるキャン等)

 

はねバド!

good!アフタヌーン連載の漫画原作制作ライデンフィルムレイトン(カトリー)、LOST SONGロクでなし魔術講師と禁忌教典キリングバイツ等)。

監督江崎慎平(ガンスリンガーストラトス監督僕だけがいない街7,11絵コンテ灰と幻想のグリムガル9話絵コンテ等)

シリーズ構成岸本卓ハイキュー!!91Days僕だけがいない街シリーズ構成等)

総作監飯野まことがっこうぐらし!、ロクでなし魔術講師総作監Vivid Strike!アクション監修)

背景:草薙

音響監督:いつもの若林和弘

音楽加藤達也(すかすか、Free!、プリチャン等)

OP:YURiKA ED大原ゆい子宝石の国ペア。共にTOHOアニメーション絡み)

 

ヤマノススメ サードシーズン

3期。制作は引き続きエイトビット。ほぼ2期のスタッフが続投。

監督音響演出シリーズ構成山本裕介少年メイドナイツ&マジック等)

脚本:いつものふでやすかずゆき(今期はヤマノススメ異世界魔王邪神ちゃん兼任

総作監松尾祐輔

美術:ムクオスタジオアイカツフレンズこみっくがーるず等)

音楽:yamazo/Tom-H@ck(オーイシおにいさんの相方

 

千銃士

マーベラスの展開するメディアミックス作品制作トムス・エンタテインメント

監督カサヰケンイチバクマン、あまんちゅ(1期)監督等。)

シリーズ構成あおしまたかしゆるゆり、うまる、アホガールサンリオ男子シリーズ構成等。刀使ノ巫女5,7,11,15,18,20,22話脚本

 

中間管理録トネガワ

コミックデイズ連載の漫画原作制作マッドハウス

監督川口敬一郎PSO2アニメーション、FAGの監督等。今期は中間管理録トネガワ監督兼任

シリーズ構成広田光毅PSO2アニメーションアニメガタリズシリーズ構成等。今期は中間管理録トネガワゾイドワイルド兼任

総作監高田晴仁(逆境無頼カイジ 破戒録篇 総作監

 

すのはら荘の管理人さん

漫画4コマぱれっとで連載の漫画原作制作SILVER LINK.

総監督:いつもの大沼心あんハピ、妹さえいればいい、プリズマ☆イリヤデスマ等)

監督:湊未來(あんハピ3,5話、プリズマ☆イリヤ、妹さえいればいい6,10絵コンテ等)

シリーズ構成:いつもの志茂文彦未確認で進行形、NEW GAME、ステラのまほうりゅうおうのおしごとシリーズ構成等)

音楽川田瑠夏ごちうさ学園ベビーシッターズ等)

 

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術

講談社ラノベ文庫刊行ラノベ原作制作亜細亜堂1978年設立元請け終末のイゼッタ等)。

監督村野祐太(ブレイブビーツドリフェス等)

シリーズ構成:いつもの筆安一幸(今期はヤマノススメ異世界魔王邪神ちゃん兼任

美術草薙

音響監督:いつもの本山

 

殺戮天使

ゲームマガジン配信ゲーム原作制作J.C.STAFF

監督鈴木健太郎じょしらく5,11話、ふらいんぐうぃっち7話、スロウスタート5話絵コンテ等)

シリーズ構成藤岡美暢(京極夏彦作品アニメ脚本等。ミステリー小説作家

美術スタジオちゅーりっぷ

総作監松本美季(クジラの子総作監

音響監督:いつもの岩浪美和

音響効果:いつもの小山恭正

 

はたらく細胞

月刊少年シリウス連載の漫画原作制作david production

監督鈴木健一JOJOシリーズディレクター、DRIFTERS監督等)

シリーズ構成:いつもの柿原優子ちはやふる月がきれいアイカツ学園ベビーシッターズシリーズ構成等。今期はあそびあそばせ兼任

音響監督:いつもの明田川仁(今期はたらく細胞、ゆらぎ荘、ゴクドルズ、天狼を兼任

音楽末廣健一郎MAYUKO(リゼロ少女週末旅行こみっくがーるずゴールデンカムイ等)

 

あそびあそばせ

ヤングアニマルで連載の漫画原作制作Lercheダンロン、ようこそ実力至上主義の教室へこのはな綺譚、ハクミコ等)。

監督岸誠二(ゆゆゆ、月がきれいダンロン、ようこそ実力至上主義の教室へ等)

シリーズ構成:いつもの柿原優子ちはやふる月がきれいアイカツ学園ベビーシッターズシリーズ構成等。今期はあそびあそばせ兼任

美術草薙(ハクミコから続投?)

音楽甲田雅人(このすば!等)

 

邪神ちゃんドロップキック

COMICメテオ連載の漫画原作制作ノーマッド元請けはヨザクラカルテット帰宅部活動記録等)。

製作総指揮:いつもの夏目公一朗

監督佐藤光帰宅部活動記録監督等)

シリーズ構成:いつもの筆安一幸(今期はヤマノススメ異世界魔王邪神ちゃん兼任

キャラクターデザイン古賀誠ARIA キャラデザ総作監帰宅部活動記録 総作監等)

 

ハイスコアガール

ヤングガンガン連載の漫画原作制作J.C.STAFF

監督山川吉樹(キルミー、ダンまちの監督アリスと蔵六2,4,10絵コンテ等)

シリーズ構成:いつもの浦畑達彦GATE六花の勇者徒然チルドレン シリーズ構成ヴァイオレット・エヴァーガーデン3,6,11脚本等)

音響監督:いつもの明田川仁(今期はたらく細胞、ゆらぎ荘、ゴクドルズ、天狼を兼任

音楽下村陽子キングダムハーツシリーズひるね姫等)

アニメーション制作統括:いつもの松倉友二ダンまち、ふらいんぐうぃっち、あまんちゅ、アリスと蔵六等)

ゲーム画面を収録するため、”高田馬場ゲームセンター ミカド”に協力してもらう本気っぷり。

 

ハッピーシュガーライフ

ガンガンJOKER連載の漫画原作制作はEzo'la元請けは初めて?)。

総監督草川啓造銃皇無尽のファフニール風夏アホガールアクションヒロインチアフルーツ等)

監督長山延好(しょびっち等)

シリーズ構成:いつもの待田堂子からかい上手の高木さん、こみっくがーるず 脚本カリギュラ シリーズ構成等。今期はるかなレシーブ兼任

音響監督立石弥生(OneRoom、RoomMate、徒然チルドレン等)

声優陣にヤバみを感じる。なおキャスト梅原裕一郎病気療養のため石川界人に変更。

 

ゆらぎ荘の幽奈さん

週刊少年ジャンプ連載の漫画原作制作XEBECフルメタIV等)。

監督:長澤剛(今日の5分の2、ニャル子さんクロックワーク・プラネット等)

シリーズ構成子安秀明GJ部三者三葉等)

音響監督:いつもの明田川仁(今期はたらく細胞、ゆらぎ荘、ゴクドルズ、天狼を兼任

音楽菊谷知樹イカ娘ひだまりスケッチガーリッシュナンバーエロマンガ先生、妹さえいればいい等)

2017-03-10

中国アニメマジでつの例外もなく全部クソつまらない

最近家電PC市場中韓メーカーに脅かされているように「アニメ界も遠くない未来中国技術を身に着けて日本を追い抜いてしまう!」というような危惧する論調をたまにみかける。

最近日本でも割りと中国作のアニメ公式日本語吹き替えされて配信されてるので、日本アニメを超えるアニメを見れるのなら見た方が得だろいうということで結構いろいろ見てみた。

で、結果はタイトルの通り、マジでつの例外もなく全部クソつまらない。本当にひとつ例外もなく。

中国への激励もこめて大体は最後まで見たが、まあ普通に日本アニメと同じ枠で放送されてたら余裕で1話切りしてたレベルだろう。

客観的指標として、日本円盤売り上げが1000超えた、もしくは超えそうな、と思えた作品は0個だった。テレビなどでまともに配信されていないというのもあるが、まあ配信されたところで評価は似たようなもんだろうと思う。

日本文化パロディ時事ネタ満載の絶望先生ニャル子さん日本人以外が理解しにくいみたいな現象もあるだろうけど、お硬い作品パロディやらが少ない作品でもまあつまらない。

ディズニーなんかはアメリカ文化が違えど日本でも高い評価をされているし、自分中国アクション映画が大好きなので文化の違い、として片付けるのは違う気がする。

大魚海棠のように超作画アニメをもう既に作れることから作画』で日本中国に超えられることはそう遠くない未来にあるだろうが、『作品』として日本アニメが追い抜かれることは今のところ日本人鼻くそほじりながらアニメ作っててもまだまだ遠いの未来のようだ。

2016-01-08

http://anond.hatelabo.jp/20160108160601

クトゥルフ神話の神々が美少女化してパロディまみれのコメディを繰り広げる」というあらすじのうち、

ニャル子さんの売りは「クトゥルフ神話の」という方であって、「パロディまみれのコメディ」はジャンルというか背景でしかない。

http://anond.hatelabo.jp/20160108161658

ニャル子さんにどんな思い入れがあるのか知らんが

アニメ化の際でのオタクの反応として

内容に関してはミルキィホームズとならんで00年代前半に対する懐古趣味みたいな扱いじゃなかったか

http://anond.hatelabo.jp/20160108160252

いやだから、「当時」ニャル子さん話題性は、ネットスラングが使われた事だったんですけれど・・・

駆逐艦~」のように、騒いでる当時に「べき論」をするならともかく、結果論で「ヒットしたのだからセンスが良かったのだろう」って・・・・・

http://anond.hatelabo.jp/20160108155619

いやいや、そういう言葉を使うとリーチしないと言う主張のものが、リーチしたよね?と言う話だよ。

ニャル子さんが出た当時の空気知ってる?

なんであれが評判になったのか?



まぁどうせ、「キャラデザが好みに合うかで選ばれた」というループかなw

都合の悪いものは、「文章評価ではない、絵が評価された」で、都合の良いものは「キャラデザ問題ではない、文章問題」になるんだろ、どうせww

http://anond.hatelabo.jp/20160108154625

それはもう、本題から離れて行ってる気がするな。

ネットに慣れ親しんだ読者が持つであろうシンパシーと言う部分すらも捨てて、「不快になる単語」という括りにするのか。


でもなんだろ、ネットスラングが使われたと話題になって、結果論としてアニメ化までされたニャル子さんについて、後付の理由例外処理するなら、

この先、何を積んでも意味が無い気がするの、私だけですかね?

http://anond.hatelabo.jp/20160108153558

たどっていきゃわかるはずだけど

刹那的表現ニャル子さんはじめ最近ギャグラノベに見られることと

最近ギャグラノベが売れたことは相関関係しかないんだよ

言葉のチョイス以外にも特徴は当然あるしそういうとこに惹かれて支持された側面のほうが強いんじゃないの

http://anond.hatelabo.jp/20160108144847

ずっと積み重ねられている価値観として、表現普遍的であるべきと言うのがありそうなんだけれど、それに与していない私とは平行線だよね。

本来結果論で語るべきところに、「チョイスすべきではないワードではある」とか言い出しちゃうでしょ?

「私は対象ではない」という所から、「対象顧客は少ない」に繋がって、「こんな言葉使うのは間違っている」となるんだよね?


ネットスラングが使われる是非」みたいな大元の問いに対して、「ニャル子さんレベルは許される」と返ってくるのも趣深くって、何を話してたんだっけ?とか思えてきます


星新一さんみたいな表現もあっていいし、星新一さんのように、常に古くならないように修正を繰り返し普遍性も目指すと言う価値観もあっていいが、そうでない物はNGとかちょっと理解できないんですけれど。

2013-09-12

主人公女の子に冷たく当たる描写が苦手

アニメとかドラマにおける「恥をかくシーン」がすごく苦手:ろぼ速VIP

こんなんが先日ホッテントリにあがってた。

こういう感情移入しすぎるのってなかなか理解されないと思ってたけど、思ったより賛同者がいたからじゃあこれはどうかっていうのを自分ひとつ常々感じてたか増田に書いてみる。

で、タイトル

最近一番生理的不快だったのは這いよれニャル子さん

ヒロインが押しか女房なんだけど、主人公がそれを鬱陶しがるんだよね。

それだけならまだいい。まだよくある。

(それでも好意を向けられてるのに嫌がるっていうのが女の子に失礼すぎるだろ、嫌なら断れ、ホントは楽しんでるんだろ? それがみえみえだからムカつくんだよ。調子に乗りやがって、とは思うけど)

でもニャル子さん場合主人公ニャル子さんフォークで刺すんだよ。

いくらギャグでもいくらニャル子さんが強いからって言ってもそれはやりすぎだろとドン引きしたよ。

知人に話してもギャグ範疇だろって取り付く島もなかったし。

それが見てられなくてニャル子さんはとても見ることが出来なかった。

ニャル子さんがかわいそすぎる。めちゃくちゃけなげで、好意ばんばん向けて主人公を敵から守ったりもしてあげてるのに、恩を仇で返されてる感じ。

もっと広義に、ヒロイン女の子を不必要なまでに虐げるっていうのが苦手なのかもしれない。

だって考えてみろよ。そんなことされた女の子は、その場では「う~意地悪~」みたいに冗談交じりにしてるかもだけど、内心すげー傷ついてるぜ。

自分だったらどうよ?

好意を一所懸命に相手に向けて発信してるのに、ないがしろにされるどころかDVチックなことまでされるんだぜ?

そんでいとしのあの人のために頑張って頑張って、たまーーーーーーーーーーーーーにだけ、目を逸らしながらひとことぼそっとようやくお礼を言われるだけで、それだけを糧に生きていける!と考えたりできるか?

悲しすぎるだろ。

そもそもそれでへこたれないメンタル持ってりゃアニメなんかにまず傾倒しないっていうのはあるだろうけど。

あ、あれか。アニメ弁慶か。

現実じゃ女を虐げるどころか袖にすることもできない、それどころか袖にすることができる女すらいないから、せめてフィクションでは女に言い寄られて困るわ~ちょっとDVチックなこともしちゃったりしてもへこたれずにずっと自分に好意を向けてくる女がいて困るわ~みたいなのをやってるだけか。

うわあ。。。そうだとしたらキモすぎ。陰湿すぎだろ。。。

しか女房テンプレになってるのはあるかもだし、ハーレムもの全否定みたいになるけど、実際そう思ってるわ。

2013-04-15

今期(二期)のニャル子さんが可愛すぎて生きるのがつらい

作画ちょっと変わった気がする。一期の時はあそこまで可愛くなかった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん