「「創」」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 「創」とは

2020-05-27

犯罪動機なんて一意に定まるもんか?

よく犯罪報道なんかで出て来る「ついかっとしてやった。今は反省している」みたいのは単なる警察作文であって動機が解明されたと言えるんだろうか?ニュースでは「動機の解明が待たれる」と言うが、そんなものが解明されたことがあるんだろうか?

ニュース上では「逮捕によって動機の解明が望まれる」みたいな事を言っているが、動機の解明って何だ?と思ったら、結局良くわからなかった。なんだ?

犯罪者が手記みたいのをそれを載せて商売している「創」みたいな雑誌もあるが。それが動機の解明なんだろうか?本人の言いたい事は動機なのか?警察の作文も動機では無いが、犯人の手記も動機の解明にはならない気がする。

2019-10-08

植松被告京アニ事件を「恐ろしい事件ですね」と語ったのは月間「創」編集長である篠田氏という方が、接見に行った時の事です。

その日の植松被告との接見では、そのほか京都アニメーション悲惨事件などについて話が及んだ。

「恐ろしい事件ですよね。ああい犯人を世に出しておいてはいけない」

 植松被告はそう言った。京アニ事件直後の手紙でも彼は同じ感想を書いていた。

 相模原事件も相当凄惨事件だったと思うが、彼は他の凄惨事件、例えば外国で起こる大量殺傷事件などについても「恐ろしい事件だと思います」と感想を述べる。他の事件についてはごく常識的感想で、それと自分自身事件がどういう違いとして彼の頭の中で整理されているのか。本人に聞くと自分事件は全く違う、というのだが、世間はそう考えていないわけで、私はいつも不思議に思っている。

2019-01-30

本を出したい

ある出来事に関して本を出したいと思った。

現在刑務所内にいる、ある殺人事件犯人文通して、その内容を本にして出版するという内容。
印税の半分は、その殺人事件犯人出所後の生活立て直しのための費用にしたい。

作家とかライターではないんだけど、出版社にこういう企画持ち込んだら乗ってきてくれるだろうか?

「創」辺りなら乗ってきてくれそうな気がするんだけどどうだろうか。

そういう筋に詳しい人の意見が聞きたい。

2019-01-05

anond:20190105223616

web検索したらなんか出てきたし、月刊「創」の人が定期的に記事かいてるよ。

刑務所に入ってから人の優しさに触れた様子などが本人によるイラストと一緒にかかれていた。

2018-06-28

雑誌「創」編集長は、低能先生の獄中記を連載したら儲かるぞ

ただ、先生が読むに耐えうる文章を書けるかどうかが問題だが。

2017-05-01

月刊「創」ジャンプインタビュー

人気連載続々終了!『週刊少年ジャンプ』が抱えた苦境と打開策(篠田博之) - 個人 - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20170429-00070440/


バス脅迫犯の手紙を載せたことでの確執よりも

柳美里への原稿料未払いなどが問題になり出版社として成立してない「創」

おたくんとこ部数減で大変らしいですねと

聞いてる面白さが先に立ってしま

やりがい搾取とかブラック企業にもどんどん切り込んでほしい

2015-03-24

http://anond.hatelabo.jp/20150323200417

はてブを"もし本当だとしたら"で検索してみたら結構ヒットした。

留保を置きつつなんか言いたい」ってときに便利な前置きなんだろうね。

これがもし本当だとしたら仕出かしてることからしてどうせ対話不可能って決め打ちして相手にリプライするフローすっ飛ばして水面下で粛々と通報した方が良い気がする

http://b.hatena.ne.jp/entry/243016060/comment/zuiji_zuisho

小説盗作について)

もし本当だとしたら情けない。けど、そんな風には思えないけどなー。

http://b.hatena.ne.jp/entry/242789487/comment/outroad

メディア安倍政権批判自粛について)

長年のビートルズファンだが、こんなビックリニュースは初めて聞いた。もし、本当だとしたら、昔日本公演で見たポールはいったい・・・

http://b.hatena.ne.jp/entry/243574209/comment/abberoad

ポール・マッカートニー死亡説について)

もし本当だとしたらネトウヨ張りに酷いね桜井よしこ月刊誌「創」1997年4月号、「『慰安婦』の存在を再び闇に葬るのか 福島瑞穂弁護士)」(P106~113) 」

http://b.hatena.ne.jp/entry/17028314/comment/idea_glue

櫻井よしこが対談をでっちあげたという記事について)

例によっての産経飛ばし記事でなければ朗報。もし本当だとしたら、自民党あたりから次世代の比例議席獲得は微妙という情報を横流しされて、石原が逃げた可能性がある。もっとも「ソース産経」だけに喜ぶのは早計

http://b.hatena.ne.jp/entry/234967685/comment/kojitaken

2014年衆院選石原慎太郎比例名簿下位になったという報道について)

え?何これ?単なるデマだよね? もし本当だとしたら日本滅ぶしかないんだが。

http://b.hatena.ne.jp/entry/244416100/comment/xevra

(反同性愛デモ安倍首相を含めた現役閣僚が関わっていたという報道について)

もし本当だとしたら、その程度で思想的に染まるような幼稚な大人だったということか

http://b.hatena.ne.jp/entry/40499990/comment/bt-shouichi

業田良家右傾化したのは弘兼憲史の影響という記事について)

渡辺氏は「1億欲しいのか」と言い放ったという。」もし本当だとしたら、下衆という言葉しか思い浮かばない。

http://b.hatena.ne.jp/entry/150037786/comment/Rinta

ワタミ死亡事故の遺族と渡辺美樹トラブルになったという報道について)


なお"もし本当なら""本当なら"とどんどん用法カジュアルになる印象。"もし本当だとしたら"はわりと慎重に使ってる、ように見える。

(例)

これ本当ならクズやん

http://b.hatena.ne.jp/entry/241471310/comment/noabooon

原田泳幸氏がアップル社長になったときのゴタゴタについて。フランク

2014-10-19

プロに(プロが?)無料仕事する人求む、という件

どうなん?

前の出版社とか大阪市だっけ?無料とかすっげー低賃金で働く労働者募集して、すんごく叩かれたけど、

この香山リカ意見を「いいんじゃね?」っつー人は、出版社大阪市おkだった?

http://togetter.com/li/733670

いっそのこと「創」はしばらくは、資本主義システムの埒外の雑誌と宣言し、執筆希望者が審査受けて掲載料払ってスペースをもらう雑誌、とかにしてもいいんじゃないかな。で、売り上げが出たら配当もらえるようにして。それでも書きたい、という良質の書き手はいると思う。

もちろん「原稿料未払いは困る」と執筆者が訴えるのは正当なことだけど、そこから「創」のもの編集長批判するのが「正義」となってる今の流れは違うなーと思ったので、ひとこと言いました。あ、だからといって私の未払いチャラにするわけじゃないですよ~!(笑)おしまい

2014-03-02

567 :朝まで名無しさん2011/07/07(木) 20:26:59.40 ID:mRfF//da

部屋に連れ込むというストーリーにもともと無理がある

他板の知的障害者にひどいことをされたスレでも外での犯行ばっかりだった

逮捕された当時の副島弁護士インタビュー雑誌「創」)に

エッチな話をしようとすると「ダメ」と拒否されたというエピソードがあった

勝木母はよそのお嬢さんに変なことをしないようにそのようなしつけをしていたんだろう

外で偶然見かけた女の子を突然襲うような粗暴な性格にも見えない

仮にそのような性格だとすればあの女記者も無事では済まなかったはずだ

2010-03-19

[]室生忠

室生忠

宗教ジャーナリスト室生忠の実態を記す。

控訴審でも、室生忠氏と月刊誌「創」に勝訴しました!Up03/03/10 最高裁で確定しました。

 多忙で公表が遅れていましたが、報道被害の救済を志向する雑誌だったはず?の月刊誌「創」による「報道被害」について、再度、控訴審で勝訴しました。

 「創」側は、第一審判決を不服として控訴していました。

 

 判決はこう述べています

 「小室室生忠氏の本名です)の本件記述は、記載される個人に対する直接の取材と言う基本的ルールを無視し、これを省略して一方当事者の立場にある統一協会からの資料提供に全面依存し、その結果、事実の記載を誤るべくして誤ったものである」

弁護士紀藤正樹のLINC/統一教会=統一協会最新情報(http://homepage1.nifty.com/kito/uc.jouhou.htm)

2009-12-08

「創」で都条例が取り上げられていた件

「創」1月号に、長岡義幸氏の執筆による「児ポ法青少年条例など性表現規制の動き」という記事が載っていた。

この記事には、国政の動きと都政の動きが載っている。

国政に関しては、今までの児童ポルノ法改正問題のあらすじと、11月にあった水面下の動きについて取り上げ、

保坂展人氏が水面下での動きについて背景を語っていました。

取りあえず、俺が中心的に取り上げるのは東京都青少年問題協議会の話題。

認知障害」発言をはじめとした、青少年協議会委員のトンデモ発言が取り上げられているが、

今後の予定についても載っている。曰く、

12月17日に非公開の専門部会を開いて最終的な確定作業の後、来年1月の総会では都知事答申を手渡すことが決まった。東京都答申を受け取った後、青少年条例の改定案を策定、新年早々には都議会に諮る予定だ。

2010年1月号 p.121より

槍玉に挙がっている「児童を性の対象とするマンガ」6部(いずれもエロマンガ)のうち、都がすでに不健全図書に指定しているのは1つだけだそうだ。

あと、「ラブコミック」として槍玉に挙がっているのは『レンアイ至上主義』と『僕は妹に恋をする』だ。

取りあえず、一旦ここまで。

これを見る限りパブコメは無視されそうだが、書かないよりはましだから書く。

続きは反響を見て書く。それまで、俺はパブコメ書く作業をすることにする。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん