2018年02月06日の日記

2018-02-06

のし過ぎで、

どうやら肋骨を傷めてしまった模様。

知人子持ち女性に何人か、まだそんなに年でもないのにくしゃみや咳で肋骨を折ったという人がいて、私はそうならない為に毎日カルシウム摂取を欠かさぬ様に努めていたが、どうやらそれは功奏しなかった模様。

若い頃は鉄骨みたいな骨密度を誇っていた私だったのに、こうなってしまった……。

骨と一緒に心まで折られた感。

人間は面倒だな わざわざ本能理由を求めるなど

全ては欲だ


って今読んでた漫画セリフであってすげえなるほど!って思った


眠いったら眠い!だから寝る!

みたいな?

腑に落ちきれないがすごく納得させられた

anond:20180206201316

あーなんかわりと最近あったわ。スマホ入力しようとしたら全角の―(ハイフン)入力できなくてどうにもならんかった

anond:20180205222115

塩とタレはわかる、個人的には醤油だけど

いつからこんな塩ブームになったんだ

なぜかわからんが見てしまった

寝る前にがん患者闘病日記を見てしまった。

進む病状、日常を蝕む痛みと苦悩、なぜか読むのをやめられなかった。

日記最後医師からの深刻な診断結果の受け止めで終わっている。

自然とその後を想像してしまう。最後記事2015年から、きっと日記ネット上の遺品なんだろう。

こんなの読んだら寝れないよ。いつか私も死ぬ、それがわかっていても怖い。怖い。

やり残したことは? 未来に何を期待する? なんにも無いはずなのにどうして、未来を失うのがこわいのか。

毎晩フロス

毎晩、フロスすると、気持ちいいぞ。糸ようじで可。

最初はすげぇくさい歯クソが取れるけど、だんだん匂わなくなってくるぞ。

anond:20180206144645

独身が増えたおかげで消費税も上がるし景気も悪くなるんだし嫌味くらい感じて生きてもいいんじゃね?どうせ人様が育てた子どもが納める年金をもらうようになるんだし。

何様ってお前ら独身の老後の世話をする世間様だよ。

anond:20180206233842

本気で頑張ったことで結果を出す奴はいない、気楽にぼちぼちやって続いてしまった奴は結果を出す

パンを食べることが簡単から枚数を忘れるのであって難しかったら覚えているし少なくなる

ライフドコモポイントが貯まるようになるなら

7のつく日以外はLaCuCa要らないな

あとはボーナスポイント

やっぱ要るわ

anond:20180206233241

🐰一年に一度くらいしか飲まないお酒を買ってきたっての

  匿名日記に書いちゃいけないんだっけ。

  嫁やご主人や政治家アニメ恋人悪口だけ書くところなの?増田って。

🐶「お祝いの言葉お願いします」って言ってないんだけど。

🐱誕生日は過ぎてるのでそんな気遣いはなしでいいニャ。おやすみー。

anond:20180206234920

あい外伝的なやつじゃなくて本編を時系列アニメ化してほしい

anond:20180206204021

面倒な仕事をしたくないから別の図書館に投げている

まぁ、そうなのかもしれない。

仲介ちゃうと、延滞が出た場合中間でのやりとりが発生して面倒くさいのかもしれない。

でも、例え延滞の実績がある人間相手でも、一方的に断れる権限がないのかもしれない。

から許可を得ようとしてきているのであって、増田が”嫌です”って言えば、それで終わる話なのかもしれない。

でも、自業自得で原因がはっきりしてるわけで、モヤモヤするポイントないじゃん。

君もう、モヤモヤ病じゃん。

anond:20180206234103

お前がもりもりちゃんだったらよかったのにな

残業代なくなって死にかけてる人多いよね

このまえOL残業できなくなって手取り20万切ってそろそろ東京に住めないって嘆いてたわ

anond:20180206234601

お前なんかヨッシーと一緒に穴に落ちればいい

人生Time

起床7:00

出社9:00

退社21:00

帰宅21:30

食事:21:40

自由時間:22:00〜

入浴:0:00

睡眠:0:30

自由時間2時間しかないやん。こんなんで人生楽しめるかボケ。何がワークライフバランスや。

今時の若いもんは

って、言われてた理由がわかってしまった37歳です。

28歳の後輩が言う仕事への苦情とかがなにもかもありきたりで、昔似たようなことを自分もいってたけど結局自分のが間違ってたって知ってて、

あー、今時の若いもんは、というか若いもんはたいしたことねぇなー

と思う。

思うだけではだめでこれを上手く伝える方法いかな。と、思うけど当時の若い自分聞く耳ほぼなかったので、困ったな。

聞く耳ないと俺みたいになるぞ、が的確なのだけど説得力にも欠けるしな。

オタクとか陰キャって要するに「コンテンツ主義者」なんだよな

◆はじめに

これは私の個人的考察である

世の中には大きく分けて二種類の人間がいる。

オタク・陰キャ・非リアなどと呼ばれる人々と、それ以外だ。

後者は前者と対比して、ウェイだの陽キャだのリア充だのと呼ばれてきた。

さらに、最近ネットではもっと乱暴に「社会不適合者/健常者」という呼称区別されることもある。

今やオタクとは「ある分野に異常に詳しい人」とか「趣味に異常に没頭している人」といった意味を超え、

「ある種のコミュニケーション・行動を示す者」全般を指すようになったのではないか、と私は考える。

そして恐らく、陰キャや非リアと呼ばれる人々もまた、この特有パターンを共有している集団の別名に過ぎないのではないか

彼ら特有言動根底にあるもの、それは「コンテンツ主義である

◆「コンテンツ主義者」と「雰囲気主義

オタクコミュニケーションや行動は、「コンテンツ」に重きを置いたものであることが多い。

言い換えれば「コンテンツに関わる何らかの目的存在し、その手段としてコミュニケーションや行動がある」という状態である

要するに、オタクは「自分の興味のあるコンテンツ」について話したり、アクションしたりする修正を持っていて、

逆に「中身のない話・興味のないこと」に時間エネルギーを使いたがらないのである

<例>

友達は少ないが、共通趣味もつ人とはやたらと話が弾む。

人間関係よりもモノに興味がある。もしくは「特定個人のもの」に異常なまでに興味を持つ。

恋愛は「恋愛という行為のものに対する憧れ」、あるいは「特定個人への執着」のどちらかになりがち。相手との関係二の次

旅行に行く時は、目的地/移動手段/旅先の名物など、「モノ重視」で旅程を組む。

職場の懇親会や、大して親しくもない人との飲み会を毛嫌いする。

・誰もが知っている曲しか歌われないカラオケには何の価値も感じない。自分の好きな曲、面白い曲/パフォーマンスこそがカラオケに求めるもの

・身だしなみは、人から何も言われない限りはかなり適当に済ます。あるいは逆に超個性的ファッションに走る。

コンテンツ主義」とも言うべきオタク思考の対極にあるのは「雰囲気主義」ではないだろうか。

これは「中身そのものより、盛り上がってる空気が好き」「会話の内容よりも、会話のやり取りそのもの楽しい」という考え方、というか感性である

<例>

共通趣味がない相手とも友達になりやすい。

・知り合い同士の人間関係に興味がある。何かと「誰かと誰かの関係」について噂話をしている。

恋愛とは関係である。「友達として仲良くなって、いつの間にか恋愛関係になってました」パターンが基本。

旅行面白さは「誰と行くか」「何を話すか」「どんな体験をしたか」で決まる。言い換えると「コト重視」。

・大して中身のない話、当たり障りのない話を続けても苦にならない。

カラオケは「みんなで盛り上がること」が重要なのであって、好きな曲でも盛り上がらなければ意味がない。

・身だしなみは自然TPOに合わせられる。

◆なぜオタクは肩身が狭いのか

社会の中では「雰囲気主義者」が多数派なので、少数派であるコンテンツ主義者」は肩身の狭い思いをすることになる。

少数派の立場に甘んじる彼らは、半ば蔑みの意味を込めて「オタク」「陰キャ」「非リア」と呼ばれる。

厄介なことに、「雰囲気主義者」も「コンテンツ主義者」も「互いの感性が世の中のスタンダード」と思い込みがちなので、

両者のコミュニケーションはしばしば噛み合わず、深い溝が生まれることとなる。

目に見えない「空気」を巧みに読み、協調性に優れる「雰囲気主義者」は、往々にして「オタク協調性がない」とのたまう。

オタク自身もまた、「雰囲気主義者」のそういう一般論鵜呑みにして、「自分たち協調性のない人間だ」と評価することも多い。

しかしこの一般論不正である

かに、「コンテンツ主義者」は、コンテンツを共有しない=前提知識文脈、興味関心を共有しない相手とは協調することが難しい。

その反面、共通コンテンツの下に集まった時、「コンテンツ主義者」は「雰囲気主義者」を超えるほどの連帯を発揮する。

ネット上、特にTwitterで何らかのコンテンツが急激に拡散される時、「コンテンツ主義者」の恐るべき協調垣間見える。

それはある時には爆発的なヒットの原動力となるし、ある時には過剰なまでの炎上騒動を引き起こす。

◆おわりに

私は「コンテンツ主義者」側の人間である

こんな長文を気まぐれに投稿するような人間は大抵「コンテンツ主義者」の仲間だろう。

コンテンツ主義者」と「雰囲気主義者」の立場が逆転することは、当面期待できそうにない。数の上で不利だからだ。

それでも、お互いの陣営思考の癖、感性がどんなものであるかを想像できれば、無用な争いも避けられるのではないだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん