「ARPANET」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ARPANETとは

2018-09-24

現代社会において社会の大多数を占める人類が現役労働生活を送る期間にわたって使い続けられているソフトウェア関連の技術には何があるだろうか。

その期間を約40年間(20代前半~60代前半を想定)とすると、2018年から見ると1978年以前に導入された技術だ。

COBOL

COBOL1959年に開発された。ただし、COBOLの規格自体1993年まで更新されている。

仮に1978年からアップデートしていないのならば、COBOL-78、または、日本場合第一次規格(COBOL-65相当)のいずれかになる可能性が高い。

FORTRAN

FORTRAN1954年に開発された世界初高級言語である。もちろん、FORTRANも規格の更新は行われている。

仮に1978年からアップデートしていないのならば、FORTRAN-77が理解している最新の規格となる。

C言語

C言語1972年に開発された。当然C言語も規格の更新が行われている。

このため、仮に1978年から知識アップデートをしていないのならば、K&Rが最新の知識となる。

当然だが、処理系GCCLLVM+Clangではない。

UNIX

UNIX1969年に開発された。ただし、その後も実装仕様修正され続けている。

仮に1978年技術からアップデートしていないのならば、その仕様実装Unix Version 5~6(System Vでは無い)、または、BSD 1.0で止まっていることになる。

POSIXはまだ無い。

TCP/IP

1973年に着想された当初、TCP/IPは両者の責務を単一プロトコルが持っており、そのプロトコルTCPと呼ばれていた。

1978年トランスポート層インターネット層が切り分けられ、TCP v3IP v3となっている。

現在使用されているIPv4は1981年RFC化されており、ARPANETに完全に適用されたのは1983年になる(当時はIP/TCPと呼ばれていたようだ)。

このため、TCP/IPがこのリスト対象であるかはかなり微妙だ。

機械学習

ディープラーニングの礎の1つになっている多層パーセプトロンの初出は1961年のようだ。

マイクロプロセッサ

1978年にはIntel 8086が発売されている。

RISCはまだ無い。

フレームワーク

無い。

HTTP

無い。

どれぐらい無いかというと、Sir Tim Berners-LeeがまだCERNにいないぐらい無い。

ちなみに、HTTPはどうもTBL個人プロジェクトが源流のようだ(あの時代に?)。

Lisp

エイリアン生命体が利用するこの奇妙な言語は、1958年誕生した。

1978年から現在まで生き残っているLisp処理系Schemeのみであるが、この時点での仕様はR1RSである

ただし、マクロ1963年時点でLisp 1.5に追加されている。

他にも色々あるとは思うのだが、何があるだろうか?

2018-06-04

anond:20180604155003

さらに、英語版には「インターネットコミュニティ軍事目的で開発されていないと主張している」ということは確かに書かれていたが、

In A Brief History of the Internet, the Internet Society denies that ARPANET was designed to survive a nuclear attack:

インターネットコミュニティ」と書くと、ネット上の素人勝手に言ってるだけみたいに読めてしまうが、ここでのInternet Societyは固有名詞では?

インターネットソサエティ - Wikipedia

anond:20180604101454

マジかと思って ARPANETWikipedia を見てみた。

該当の項目を見ると日本語版では「設計目的についての誤解」となっているが

英語版を見ると「設計目的についての議論」となっていた。

さらに、英語版には「インターネットコミュニティ

軍事目的で開発されていないと主張している」ということは確かに書かれていたが、

同時に DARPAARPANET の開発のほぼすべてに署名したとされる Stephen J. Lukasik が

「核の脅威に備えて新しい技術を取り入れることが目標だった」と言ってるように読める。

日本語版Wikipedia ではなぜか削られているが)

これどっちが正しいとかじゃなくて立場意見割れてるってことじゃない?

本当の ARPANET起源ランド研究所関係ないってのは理解してるけど

ARPANET が完全に軍事目的ではないかっていうと怪しくなってきた。

anond:20180604101454

ランド研究所研究核戦争に関連したものからといってARPANET核戦争ないし戦争に関連した研究ではないという意味にはならんわけだが。はい論破

anond:20180604101124

ARPANET核戦争に耐えられるネットワーク構築と何らかの関係があると主張する間違った噂が始まったのは、ランド研究所研究からであるランド研究所では核戦争考慮した秘密音声通信研究していたが、ARPANETはそれとは全く無関係である

2018-02-26

戦争のおかげで科学技術が発展した」論について

戦争のおかげで科学技術が発展した」とかドヤ顔で言っちゃう人たちがいる。

インターネットの元であるARPANET軍事ネットワークだったんだぞ!」みたいな大嘘

未だにバラ撒いている人たちでもあるが、それは脇に置いておく。この人達の言っている事は本当か?

本当に戦争のおかげで我々はより優れた技術恩恵を受けているのか?

サルファ剤もペニシリンレーダーもその起源軍事目的とは関係のないところで始まっている。

それらを「戦争によって(後々民間でも普及するほど)広く使われた」なんて言い出したら何でもありじゃないか

最初結論じみた事を言っておくと、「戦争のおかげで科学技術が発展した」という言葉

間違ってはいないが誤謬がある。話を分かりやすくするためとりあえずターゲットを両大戦に絞ろう。

おれが言いたいことは二つだ。ひとつは「その予算別に使われたらまた違った『発展』があり得た」事だ。

戦争のおかげで科学技術が発展した」というのは、分解すれば「戦争という非常事態では、

国家によって採算性や費用対効果度外視した大量の予算人員が動員される。ために

頃日の当たらない分野が劇的な進歩を遂げたり、ある分野の研究が大きく加速したりする。

よって戦争には技術を発展させる効用がある」と言い表せよう。だが、国家がその予算を別方面

使っていたらどうだろうか。マンハッタン計画では現在価値にして約250億ドル予算が投じられた。

その金によって人類原爆原子炉放射線障害に関する幾ばくかの知見を手に入れた訳だが、

例えば同じ金額平時教育産業振興に投下されていたら、別分野で大きな進歩があったのではないだろうか。

その多くは「今までの3倍頑丈なミシン」とか「今より半分の価格ゴムタイヤ」とか「ちょっとイケてるコーヒーショップ

といった地味極まる結果として出てくるだろう。しかしそれらが相互作用し、あるいは積もりに積もって、

収穫加速の法則」的結果を生んで今より遥かに科学技術進歩した世界が表れないとは限らない。

もうひとつは「戦争による死傷者が起こすはずだったイノベーションはどうなる」って点。

太平洋戦争で軍民合わせて約310万人の人々が亡くなった。戦傷者や震災関連死ならぬ戦災関連死、

戦争で将来をズタズタにされた人を含めればもっと多くの人が未来を失っただろう。彼ら彼女らが

生み出すかも知れなかった「科学技術」とやらは、君たちカウントしてるのか? 科学技術に限らない、

まれてくることの無かった名社長・名先生・名作家・名俳優・名選手始め名哲学から漫画家まで

途方もない可能性が潰えてしまった。戦争があったからこそ生まれた名作や優れた発明があるのも事実だろう。

だがそのために十万百万単位で人が死ぬことを肯定してしまっていいのか?

ヘンリーモーズリー沢村栄治を知らないとは言わせんぞ。なるほど確かに生み出されるのは

科学技術」では無いから「戦争のおかげで科学技術が発展した」という言葉範疇ではなくノーカンだという

論法もアリだろう。じゃあ聞くが科学技術とやらはそんなに偉いのか?

ところで、太平洋戦争によって失われた国富はどのくらいだろうか。資料に寄れば

昭和10年資産一般国富総額は1,868億円(昭和23年価格12兆1,388 億円)、終戦時の残存

 資産一般国富総額は1,889億円(同12兆2,754億円)であった。つまり日本太平洋戦争で、

 昭和10年から20年まで10年間に蓄積した国富を全て失ったことになる」そうだ(出展戦争石油6)

ここまで言ってなお戦争効用を信じる人たちに聞きたい。

310万人+αの人たちの未来を潰し、10年分の国富を吹き飛ばして、それで得られる『科学技術の発展』ってなんなのか。

anond:20180226014717

NSAって知ってるかい?(学校では習わないかな?)

ARPANETを作った連中はインターネット情報操作の道具にしてる。

どこのWebサービスにも観測気球を上げる工作員bot)が用意されてる。

国民同士を分断して力を削ぎ、分割統治するのが基本。

頭の悪い人達は「右翼」「左翼」とラベリングされて、彼らの手のひらの上で転がされる。

分かったら、英語リベラルアーツを学び、情報の背後にある意図理解しよう。

2016-12-23

俺の主観で書いたインターネット文化流行歴史(1969〜2001)

1年ぐらい前に「そういえば日本の歴史教科書を読めばいいけど、インターネット上の歴史は意外とまとまってないよな」とふと思いつきで書いて、以降何か思い出す度にちまちまと書いてて、最終的に本にするかどっかで公開しようかと思ってた。

が、金取るほどじゃないし、そもそも出典元は自分記憶Wikipediaとかその他ウェブサイトだし、正確性も担保できないし、どうせなら皆で見て「あーこういうのあったねー」とか「これが無い!」とか言い合うのも楽しいと思ったので書く。

なお主観なので、2chとかが中心です。うろ覚えです。

あと、自分だけでなく、一度某所に公開して出てきたやつも一部混ざってます。※2016年まであります

1969年

アメリカ現代インターネット起源となる「ARPANET」が始動する。最初カリフォルニア大学ロサンゼルス校とスタンフォード研究所カルフォルニア大学サンタバーバラ校、ユタ大学の4つを結ぶネットワークから始まった。最初送信されたメッセージは”lo”だった。(login:を入力しようとしてクラッシュした)

1981年

東北大学ARPANET接続される。日本ARPANETが入った最初出来事である

1983年

ARPANETインターネットに移行。

1984年

慶應義塾大学東京工業大学接続するJUNETが誕生日本におけるインターネット起源。後に東京大学をはじめ、様々な研究機関大学接続されるようになる。

1988年

アメリカで商用インターネットが始まる

〜〜中略〜〜

1994年

日本初の検索エンジン千里眼」登場

1995年

Windows95誕生一般市民インターネットが急速に広まる。地下鉄サリン事件発生。

阪神淡路大震災発生

https://www.youtube.com/watch?v=ktPL7X7nFXk

https://www.youtube.com/watch?v=FvfBJapb2pw

1996年

芝雅之により掲示板あやしいわーるど」が誕生日本インターネットアンダーグラウンド祖先。元は地下鉄サリン事件を題材にした不謹慎ゲームを配布するために立ち上げたウェブサイト

あやしいわーるどで発生した文化は後のインターネットに大きな影響を与えたものも多い。

ネット流行語:「マターリ」「ヽ(´ー`)ノ」「『餃』『子』『の』『王』『将』」「萌え」「Warez」「ギコ猫」「ツンデレ

1997年

あめぞうにより「あめぞうリンク誕生酒鬼薔薇事件発生。あやしいわーるど少年A実名投稿される。

1998年

あやしいわーるど閉鎖。あやしいわーるどから派生した掲示板が大量に発生する。これらは2016年現在も続いているものもある。

・「あめぞうリンク」にスレッドフロート型掲示板あめぞう掲示板)が設置される。最初にあったのは「掲示板ニュース速報」「株式速報」

読みづらいとされていた大型掲示板サイトの中でこのシステムは当時は画期的で、爆発的な人気を誇るようになる。

・この頃に「ひろゆき」出現。

・この頃はまだコンピュータも高価で、インターネットもまだ滅多に使われず高額だったため、利用者が好事家に限られていた。雑談以外には、株式経済社会情勢、コンピュータ等、専門的で高度な話題が多かったとされている。

1999年

テキストサイト全盛期

青少年有害社会環境対策基本法

あめぞう利用者が増加し、サーバ確保が困難になったり荒らしが増えるようになり運営に様々な問題を抱えるようになる。

サイトの引き継ぎ先を求めていたあめぞうの声に応える形で同年、利用者の1人であったひろゆきにより「2ちゃんねる」が誕生。当時は「あめぞうのセカンチャンネル」という位置づけとされていた。1日あたり1万人程度の来訪者。

ドットコムバブル

オタクポップバンド天誅」が大ブレイク

iモード誕生

東芝クレーマー事件

https://www.youtube.com/watch?v=h22l8iWAW18

https://www.youtube.com/watch?v=6rNZBF9DXTU

2000年

スクリプト荒らしによりあめぞう掲示板壊滅。同年閉鎖。西鉄バスジャック事件発生。犯人2chに書き込んでいたことを受けてひろゆきが初めてテレビに出る。

ネット流行語:「(この掲示板は)匿名というのが前提になりますので、うそもあるし、ひどいことも書かれます。そういうのをうそうそであるとか、見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しいものがあるでしょう」

教育改革国民会議(森内閣)「バーチャルリアリティは悪であるということをハッキリと言う」

流行語:「IT革命」「おっはー

http://www.nicovideo.jp/watch/nm3956863

https://www.youtube.com/watch?v=LWSZMrz0zsk

2001年

2chに対抗した1ch.tv誕生あめぞう西和彦が関わる。

・「真夏の夜の淫夢」発売

アメリカ同時多発テロ事件発生

ADSLが普及し始める。ブロードバンド元年

・この頃にドットコムバブルが弾ける

吉野家コピペ誕生

先行者出現

田代

MAD GEAR SOLIDの1作目が公開される。「性欲をもてあます

2ch8月危機発生。閉鎖の危機に追い込まれ

グリッドコンピューティングを用いたUD ガン研究プロジェクトが開始。2007年に終了するまでの間、Team2chが大きく貢献する

WinMX逮捕者。「かぎのおとが おやがかぎわたしや もうだめぽ

ドラえもんキャラを使ったFlash流行(後にオラサイトと呼ばれる)

wikipedia日本語版誕生

・「写メール」が流行

https://www.youtube.com/watch?v=DaoGHZFKt6s

https://www.youtube.com/watch?v=nQl3NIJYkt0

2002-2004

http://anond.hatelabo.jp/20161223021343

2015-07-14

[]インターネットの開発目的

1994年7月アメリカタイム誌で、「インターネットは核攻撃下でのコミュニケーションの生き残りを想定して開発された」という記事掲載される。以降、ARPANET核戦争時のための軍事ネットであるという俗説が流布するようになる。一方、ARPANET立ち上げ時のIPTO責任者であったロバート・テイラーは、この記事に対して事実とは異なる旨、正式な抗議をタイム誌に対して行った。

2009-01-11

ちなみに、私が初めてnifty serveにつないだときは、2,400 bpsでした。

その少し後、nifty serveからJUNETにつなげることがわかった。

まだ、internetという言葉が一般的でなかった頃の話。

internetという言葉を知ってる人は、ARPANETという言葉を知ってるのが当然だった頃の話。

その少し後、internetが普及し始めた。

最初は、ブラウザといえば、Mosaic

IEはもちろん、Netscape存在していなかった。

あと、いまだとwwwftpしか言葉が残っていないけど、

archieとかGopherとか言葉があった。(検索システム名前だったと思う。)

http://anond.hatelabo.jp/20090110112607

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん