「落第忍者乱太郎」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 落第忍者乱太郎とは

2017-12-01

日本マンガの50巻到達順

書誌情報に50冊目であることが確認できる作品(よって超人ロックは該当しない),サブタイトル割愛,同一作品でも合算はしない(ドラえもんプラス,ダイヤのAact2等),サザエさんを追加

2017年12月1日現在

順位作品タイトル作者(作画者)原作者50巻出版出版社巻数連載開始年連載終了年備考
1サザエさん長谷川町子 1968姉妹6819461974 
2釣りキチ三平矢口高雄 1981.06講談社6519731983 
3ゴルゴ13さいとう・たかを 1983.09リイド社1861968  
4750ライダー石井いさみ 1985.05秋田書店5019751985 
5三国志横山光輝 1986.08潮出版社6019711986 
6こちら葛飾区亀有公園前派出所秋本治 1988.02集英社20019762016 
7まんだら屋の良太畑中純 1989.07実業之日本社5319791989 
8弐十手物語神江里見小池一夫1990.02小学館11019782003 
9あした天気になあれちばてつや 1990.05講談社5819811991 
10じゃりン子チエはるき悦巳 1992.09双葉社6719781997 
11あぶさん水島新司 1992.10小学館10719732014 
12パタリロ!魔夜峰央 1992.12白泉社981978  
13コータローまかりとおる!蛭田達也 1992.12講談社5919821994 
14浮浪雲ジョージ秋山 1993.07小学館11219732017 
15美味しんぼ花咲アキラ雁屋哲1995.02小学館1111983  
16あさりちゃん室山まゆみ 1996.03小学館10019782014 
174P田中くん川三番地七三太朗1996.05秋田書店5119861996 
18本気!立原あゆみ 1996.10秋田書店5019861996 
19ジョジョの奇妙な冒険荒木飛呂彦 1996.11集英社6319862004 
20まるごし刑事渡辺みちお北芝健1997.07実業之日本社7519852002 
21クッキングパパうえやまとち 1997.10講談社1431985  
22釣りバカ日誌北見けんいち 1999.09小学館971979  
23はじめの一歩森川ジョージ 1999.10講談社1191989  
24コボちゃん植田まさし 2000.04蒼鷹社601982  
25静かなるドン新田たつお 2000.06実業之日本社10819882013同社の異なる版でも後に出版される
26わたるがぴゅん!なかいま強 2000.11集英社5819842004 
27ミナミの帝王郷力也天王寺大2000.12日本文芸社1441992  
28なんと孫六さだやす圭 2000.12講談社8119812014 
29代紋TAKE2渡辺木内一雅2001.11講談社6219902004 
30ケイリン野郎くさか里樹 2002.08小学館5619892004 
31鬼平犯科帳さいとう・たかを池波正太郎2002.08文藝春秋1001993 後に出版された複数リイド社版もある
32ドカベン プロ野球水島新司 2003.12秋田書店5219952003 
33MAJOR満田拓也 2004.09小学館7819942010 
34夕焼けの詩西岸良平 2004.09小学館651974  
35ゼロ里見桂愛英史2004.12集英社7819902011 
36妖精国の騎士中山星香 2005.06秋田書店5419862006 
37名探偵コナン青山剛昌 2005.07小学館931994  
38王家の紋章細川智栄子あんど芙~みん 2005.08秋田書店621976  
39総務部総務課山口六平太高井研一郎林律雄2005.10小学館8119862016 
40工業哀歌バレーボーイズ村田ひろゆき 2006.04講談社5019892006 
41犬夜叉高橋留美子 2007.07小学館5619962008 
42銀牙伝説ウィード高橋よしひろ 2008.03日本文芸社6019992009 
43ONE PIECE尾田栄一郎 2008.06集英社871997  
44Dreams川三番地七三太朗2008.09講談社7119962017 
45天牌嶺岸信明来賀友志2009.08日本文芸社911999  
46風の大地かざま鋭二坂田信弘2009.09小学館701990  
47ゴッドハンド輝山本航暉 2010.01講談社6220012011 
48江戸前の旬さとう輝九十九2010.01日本文芸社901999  
49NARUTO岸本斉史 2010.03集英社7219992014 
50いのちの器上原きみこ 2010.03秋田書店731991  
51BLEACH久保帯人 2011.06集英社7420012016 
52かりあげクン植田まさし 2011.06双葉社601980  
53ふたりエッチ克・亜樹 2011.07白泉社731997  
54落第忍者乱太郎尼子騒兵衛 2011.12朝日新聞出版611986  
55空手小公子小日向海流馬場康誌 2012.10講談社5020002012 
56史上最強の弟子ケンイチ松江名俊 2013.02小学館6120022014 
57銀魂空知英秋 2013.07集英社702004  
58ポケットモンスターSPECIAL山本サトシ日下秀憲2014.03小学館531997 作画者は途中で真斗山本に交代
59Q.E.D.証明終了加藤元浩 2015.02講談社5019972014 
60キン肉マンゆでたまご 2015.04集英社601979 連載期間は1979~1987と2011~に分かれる
61FAIRY TAIL真島ヒロ 2015.07講談社6320062017 
62黄昏流星群弘兼憲史 2015.08小学館541995  
63スーパーマリオくん沢田ユキオ 2015.10小学館521990  
64エリアの騎士月山可也伊賀大晃2016.02講談社5720062017 
65土竜の唄高橋のぼる 2016.07小学館552005  
66ハヤテのごとく!畑健二郎 2017.02小学館5220042017 
67弱虫ペダル渡辺航 2017.04秋田書店522008  

2015-11-14

二次元からなぜかようやく恋愛に興味を持った自分とどうでもいい考察

オタクではあるが、BL以前にGLNLですら興味のない、恋愛何それおいしいの?な人、だった。

小学生の時に父が空想科学読本を買ってきて、知らない作品が多かったのにはまって以来、好きな作品でそれっぽい考察をするようになった。と言っても、真面目な計算が出来るほど頭は良くなかったので、ラピュタの「三分間待ってやる」からストップウオッチで計測して「三分経って無いよ!」と多くの人が思ってそうな事を言ったり、いろんなキャラ空想科学読本2に出てきた「ジャバ」という単位を使い(ちゃんと合ってるかわからないまま)勝手順位付けしてみたり、比較的手間のかかった方ではらんま1/2の良牙がどのくらいの間どこを迷っていたのか、背景の季節と手土産から調べていたりした。空想歴史読本が来た時は丁度歴史を習っていたので教科書の年表に好きな作品出来事をこれでもかと書いた。中学になると犬夜叉の座って耳をかく行為をどうやったらできるのかがんばって足をつったり、ポケモン金銀でどう見てもほ乳類が元のポケモンタマからまれてくる理由をがんばって考えたり、理科寒冷前線について習った時は「飛竜昇天破じゃないか!!」と感動した、そんな女子だった。あとまんがサイエンスバイブル

初めて二次創作を知ったのは高校の時で、落第忍者乱太郎のあるキャラが何巻に初登場したのか思い出せず、キャラ名で検索してのことだった。検索したい内容とはかけ離れた物ばかり出てくることに非常に驚いたが、嫌悪感は無くものすごい想像をする人がいるんだなあくらいの認識だった。

アニメイトへ行くにも電車で一時間はかかる田舎から就職で都会に来て、以前からtwitterで繋がっていた、好きな作品のファンの人達とこの前初めてオフ会で会った。高校から大学、今の会社までずっと工学系で、仕事自体は悪くないが女性が極端に少なく、同年代女性と久々に話せるという点でもとても楽しみだった。実際楽しかったのだが、同時に疑問ができてしまった。

みんなで自己紹介をした後まもなく聞かれた「好きなカップリングは何ですか?」という質問にはっきり答えることができなかった。確かにラブコメの話だしtwitter上では普段自らその話はしなかったので気になっていたのだろうが、私は考えた事がなかった。「原作通りのならどれでも」としか答えられなかった。その後も楽しい時は楽しかったのだが、好きなカップリング恋愛シチュエーションとかの話題になるとただ話についていって頷くことしかできなかった。

それ以来、今まで読んでてキャラ面白いとかノリが楽しいしか思ってなかったシーンでも「もしかしてもっと別の事考えてたのかな」とキャラの心情を考えるようになり、そしてそもそも恋愛って何なんだという今に至る。中学の時は恋バナなど全く興味無かったのだが、まさか二次元の話で三次元な悩みになってしまうとは。十年遅れて思春期がやってきたみたい。

どうすれば好きなカップリングが見つかるのだろう。見てて楽しいキャラはいっぱいいるけど。

ここからはいろんな個人サイトを見て回った感想というか偏見を含むので、誤っているところがあったらいくらもつっこんで欲しい。

まず解説考察をしているサイト自体ががんばって探さないとなかなか見つからないのだが、その中でも男性考察サイトは主に世界設定や機械など物についての内容が多く、女性考察サイト人間関係やその時の心境など人についての内容が多いように思える。また、BLGLはともかく、NLを扱ったサイト男性より女性の方が多く、男性サイトには扱う作品主人公がいてもヒロインとのカップリングよりヒロイン単体で扱っている方が多いように見える。もちろん個人の感想なのだが、この辺はもう少し調べていくと面白そうだなと思っている。

2015-05-10

忍たま(と原作落第忍者乱太郎)って

子供向けなのに時代考証めっちゃスゴイ!!みたいに言われるし、作者も「見てないものは描けないから必ず実物を踏まえて描く」みたいなこと言ってるから、その時代に無かったもの(オムレツとか)はパロディらしく妙に強調されて描かれてるけど

今と同じような布団で寝てるのはオッケーなんだろうか 掛け布団の登場って早くても江戸後期だけど

原作で布団で寝てる描写なかったらすまん 

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん