「バター醤油」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バター醤油とは

2020-03-04

バター醤油

バター単体とも醤油単体とも違ううまさがあってすごい

バター西洋醤油東洋っていうグローバリゼーションありきの組み合わせなのもなんか感動的

まあ料理をする日本人ならバターが入ってきた段階でとりあえず試してみる組み合わせだろうけど、知られてない状態でやってみてあの味だったら嬉しいだろうな

キノコとの相性が本当にいい 

2019-11-24

バター醤油&焼き鮭ごはん

あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ハムハムハフハフバクバクモグモグ

2019-10-18

親戚がシイタケを大量に送ってきたか

昨日のつまみシイタケ玉ねぎベーコンバター醤油炒めにした。

旨かったのはそうなんだけど、今日シッコがやたら良いにおいがする。

しっかりと出汁が取れたグッドスメルだ。

今日健診とかじゃなくて本当に良かった。

きっとおっぱい大きめの看護師さん(26)が、つい飲んじゃってたかもしれない。

2019-09-07

anond:20190907203446

手抜き料理ってコメバター醤油とかそういうことだよな……簡単料理のこと手抜き料理って呼ぶ感覚怖い

2019-07-31

anond:20190731004058

しいたけのうんちく、正直思いつかないけれど

バター醤油で食べたら美味しかったです・・

2019-04-13

冷凍野菜について知らない人が多すぎるので書いておく

anond:20190411194500

今は冷凍野菜の種類がたくさんあるので、自炊をある程度する人なら知っておいて損はない

★揚げナス

ほうれん草

サトイモ

豚汁ミックス(肉入りもある)

えのきしめじカットしめじえのきをそのまま冷凍

玉ねぎみじん切り

ズッキーニみじん切り(1㎝角カット

・きざみオクラ

・きざみネギ

いんげん

枝豆

イタリアンミックスナスズッキーニ玉ねぎパプリカ

洋風ミックス野菜イオン系にはミックスベジタブルがないようだ)

定番ミックスベジタブル、冷凍コーン冷凍ブロッコリー

 

 

★がおすすめ

特に枝豆はサイドとして優秀、解凍するだけで食える。

揚げナスレトルトミートソースに追加、レトルトカレーに追加、煮物に追加、単体でだしの素かけて揚げびたしに。

玉ねぎみじん切りはマルチカレースープオムライス中華スープチャーハンエビチリ生姜焼きetc.

いんげんバター醤油炒めや胡麻和え、解凍だけして肉類のサイドに。マヨ醤油和えあたりもおいしい。

2019-03-31

anond:20190330132353

ジャガイモ汎用性もっと注目すべし。

たんぱく質であるため満足度・腹持ちともによく、肉と一緒にカリカリに炒めたり、大目の油で揚げるように焼くことでフライドポテトっぽくもなる。薄くして電子レンジに入れれば即席ポテトチップス。或いは汁物に入れれば使い勝手の良い具にもなりえる。余ったにんじんと一緒にバター醤油で炒めるだけでも簡単小皿に。少し手間だがすりつぶせばレタスと合わせてポテトサラダになるし、手作りポテトサラダ市販のモノと比べて格段に旨い。

そして何よりジャガイモは旬になると非常に安く日持ちするので経済的にも良い。

2019-02-22

カルビーポテトチップス自主回収

カルビーは22日、電子レンジで温めて食べるポテトチップス

レンジde ポテリッチ 濃厚バター醤油味」

自主回収し、販売中止にすると発表した。

購入者から「加熱すると煙や火が出た」などの問い合わせがあったため。

けが人は出ていないという

2018-06-14

「お店の味のチャーハンを作るコツ」が科学的だとか言ってる奴

中学校からやり直したほうが良いぞ。それっぽいこと言っておけば騙されてしまうというのは、エセ科学信奉者と変わらん。

いや、例の記事他人を騙してやろうという信念の元に考えられたエセ科学だとは言わないし、パラパラ度合いは油の量にも依存するという結論も正しいと思うんだけど、細かい記述デタラメばっかりで全然科学的じゃないから、これを科学的って言っちゃうやつは気をつけたほうが良いぞ。

http://d.hatena.ne.jp/lettuce_chan/20140608/1402221281

 

この記事には「トリアシルグリセロールはエマルション形成することからもわかるように両親媒性だ」と書いてあるけど、そもそもトリアシルグリセロールは、水に対して熱力学的に安定なエマルション形成しない。瓶に水と油を入れて全力で振れば一時的エマルションになるけど、ご存知の通り、10分も放置しておけばすぐに分離してしまう。

そもそも両親媒性とは、ざっくり言えば油に対しても水に対しても溶解する物質のことだ。トリアシルグリセロールは油そのものなんだから、油には溶解するかもしれないけど水には溶解しない。だから両親媒性ではない。

仮に油が両親媒性だったとして、その後の「両親媒性なのでご飯の表面に馴染む」という記述おかしい。両親媒性とは、先述した通り「水にも油にも馴染む物質」のことだ。ではご飯の表面は何で出来ているかというと、水でも油でもない。この人も書いている通り、グルコースの重合体であるデンプンだ。さらに言うとデンプン結晶構造の隙間に水が入ったものだ。なので水を含んでいるといえば含んでいるが、その水は、でんぷん結晶とコロイド形成しているので、隙間に入った水はもはや水としての性質を持たない。そういうわけで、両親媒性であればご飯に馴染むというのも誤解だ。確かに我々がバター醤油ご飯を作るときご飯と油は一見馴染んでいるように見えるかもしれない。だが、ご飯と油が馴染んでいるように見えるのは、両親媒性物質ご飯と馴染むからではなく、油が流体だから重力にしたがって米の空隙を埋めているからに他ならない。油を弾くテフロンコーティングフライパンだって、少量なら油を弾くかもしれないが、たくさん油を入れれば油を弾かなくなったように見えるだろう。

仮に両親媒性物質ご飯を炒めたら、おそらくパラパラにはならないだろう。俺はやらないがジョイで期限切れの米でも炒めてみてほしい。おそらくベチャベチャになるだろう。油でご飯を炒めるとパラパラになるのは、炊いた米が親水性で、トリアシルグリセロールが疎水性からだ。馴染むからではなく、弾くからこそパラパラになるのだ。

 

そういうわけで、「両親媒性」も「トリアシルグリセロール」も「でんぷん」も中学高校で習う言葉から、この記事を読んで科学的な説明だと感じてしまった人間は、それっぽい単語効能説明されれば、磁気水道水浄化する謎の機械マンションに導入してしま可能性があるということを自覚しておいたほうが他人迷惑をかけないだろう。トリアシルグリセロールとか両親媒性とか、カタカナ漢字解説されれば科学っぽいと思ってしまうのはわからないでもないが、油が両親媒性だなんていう意味不明記述に、ブックマークが400件あって誰一人ツッコミを入れていないというのは驚きだ。

追記1

ID:houyhnhm

おそらく、でんぷん 疎水性 とかでググってその記事が出てきて、おっこの学者様は増田言ってること違うぞ、増田の首とったり、と嬉しくなって貼ってしまったんだと思うけど、120度で2時間乾燥処理された小麦デンプン粒とフライパンで炒めた米の間にはなんの関係もないよ?チャーハンで炒めてる時間なんてせいぜい5分くらいだし、フライパンに接してないバルクの部分はおそらく100度にも達していない。粒子径だって絶対違うだろうし。そもそも親水、疎水っていうのが連続的な概念から、どっかにデンプン疎水性って書いてあったかデンプン疎水性だ、って思うのはやめような。あとこれは俺の書き方が悪いんだけど、後半で議論しているのは界面が微視的にどうなってるかじゃなくて、炊いた米が溶媒ゲル形成するかどうかなんだわ。これに関しては俺がテフロンの話とかしたのが悪いわけだから気にしなくていいよ。

追記2

こんだけレベル下げて説明してもよくわからんとかついていけないって言ってる奴多いし、なんとこのエントリきっかけに安倍政権の話を始めるやつすらいるようだけど、そんなに難しいこと言ってないぞ

 

①元記事には「油は両親媒性物質」って書いてある

②両親媒性物質とは洗剤のこと

③油は洗剤ではないから元記事記述の一部はおかし

これだけ噛み砕けばわかってくれるか?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん