「2005年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 2005年とは

2017-03-21

知人が古くなったハヤブサバイク)を売りたいって言ってたから、「2005年式なんかじゃ店で売ってもタダ同然だと思うよ」と言って20万で買ってあげた。

実はそれには理由があるんだ。ネットいくらになるか調べてみたら……

https://www.bikeone.jp/bikeone_blog/category-05/gsx1300r

なんと50万以上にはなる(古くても)。

から20万で買った。これを売って30万の儲けをだすという作戦

知人に感謝されつつ、儲けがでるという最高の作戦

知識大事ってことですよ。へへへ。

2017-03-19

http://anond.hatelabo.jp/20170319012743

スキル」という単語が普及している界隈といえばゲームだよな。

軽くググって出てくる範囲だとMMO関連の掲示板が一番古そうだ。

2005年9月26日 http://mabinogi.nexon.co.jp/community/freeBoardContent.asp?sv=&ty=&st=t&se=%E3%82%8A%E3%83%BC&dp=0&th=20429999&ix=20430&ai=10&p=34

2005年11月8日 http://ch.mmo-station.com/bbs/eco_q/joyful.cgi?mode=thr&no=1514

ネトゲスルースキル要求されそうな分野だけにネトゲ発祥という可能性は大いにありうる。

2ちゃんねるには2007年上陸する。難民板の男性声優スレに 2007/01/29。その後は宝塚四季板、携帯ゲームキャラ板へと広がるが、数カ月に1回程度使われるだけ。

2ちゃんねるスルースキルスレタイに付けたスレが立ち始めるのは2008年11月

増田への上陸2009年3月http://anond.hatelabo.jp/20090310085003ニコニコ大百科にも2009年3月に項目ができる。

2ちゃんねるに大量にスルースキルスレが立ち始めるのは2011年頃まで待たなくてはならない。

2017-03-18

県境マニア聖地撮影禁止だった!

県境マニアの西の聖地イオンモール高の原」(京都府木津川市奈良県奈良市)。建物は1F、5F、屋上駐車場で、2~4Fがお店なんだけど、どの階にも府県境警察管轄)を示す線が引かれていることで有名で、写真におさめる人も多い。

ところが、自分も3Fの吹き抜けから2Fの境界線を撮っていると、警備員に館内(駐車場も)は撮影禁止写真を削除するように言われ、「1回注意しまたからね!」と念を押された。

うん、確かにどの商業施設でも入口に撮影禁止と貼ってあるし、明るい廃墟ネットで話題になったピエリ守山だって、本当はオープンした時からず~と撮影禁止だ。でも、イオンモール高の原場合は、写真撮影のために2FにKYOTO/NARAと明示してくれてあるし、過去にはあの有名なゆるキャラ写真が撮れちゃいます!と記念撮影アプリまであった。

そのことを伝えると、警備員県境撮影可だと認めたものの、それは2Fでの撮影だけで「いままで上から撮った人なんていなかった」という。いやいやいや、下だけだと全体が入らないから、県境マニア石井裕さんも、デイリーポータルZ西村まさゆきさんも、放送作家吉村智樹さんも、皆さん上から撮影されている。

それに、「す・またん!」「ねとらぼ」「空から日本を見てみよう」「スクール革命!」「三関王」なんかも上から写真映像だったし、その一部はイオンモール広報部の提供じゃないのか。この点について確認したところ、メディアは特例で、とにかく2Fの通路以外はダメとのこと。

警備員プライバシー保護理由と言っていたけど、地元の方は府県境なんて全く気にしないから下で撮るのは恥ずかしいし、何より下で撮る方が通りがかった人や、ショップにいる人の顔が入っちゃうんだけどなあ。

年月 出来事
2005年3月 両府県警の間で事件事故の際の対応協議イオン(当時)に店内に線を引くよう申し入れをする。
2007年5月 イオンモール高の原グランドオープン
2012年5月 2F通路NARA/KYOTOというシートが登場
2012年10月 せんとくんまゆまろ記念撮影できるアプリ高の原県境AR」登場
2015年3月 2F通路県境にショーケースが登場
2016年2月 ショーケースの下半分のデザイン変更
2016年3月 奈良市非公認キャラのリニー君が、モール内でのフラッシュモブ終了後にミニリニー君のフィギュアを渡し、ショーケースに置かれる
2016年4月 ショーケースの上半分とシートのデザイン変更
2016年5月 シートのデザイン修正
2017年2月 ショーケースとシートのデザイン変更

2017-02-26

本田透はどこへ消えた?

本田透」と聞いて、「ああ、あの人ね」と一人の男を思い出す人はもはや少ないかもしれない。

から10年以上前2005年、『負け犬の遠吠え』や『電車男』のブームに反発して、『電波男』というタイトルの本で最もラディカルなオタク擁護を行った人だ。

当時、オタク恋愛弱者で「大人に成り切れない大人」として扱われていた。そんなオタクに対して『負け犬の遠吠え』ではオタク恋愛対象にならない、大人に成り切れないオタクが増えたせいでまともな恋愛ができなくなった、と批判し、『電車男』では「オタク卒業して真実恋愛を見つけよう」と煽った。

本田はそんな風潮にたいして、「いやいや、真実恋愛オタク側にある」と180度傾倒した思想を展開した人だ。

現実社会恋愛は打算が絡み合い、相手を傷つけあうような暴力的恋愛だ。それに対してオタクが行っている脳内恋愛は、誰も傷つけず、打算も絡まない純粋恋愛だと反論したのだ。

本田の主張はセンセーショナルだった。熱狂的に受け入れるものもいたし、極論だと反発するものもいた。是か非か、で論争となり、当時の主要な思想家は彼の考えに言及した。ほとんど彼を批判するためだけの本も出た。

本田オタクキャラクターを愛でるときに使っていた「萌え」という言葉は、恋愛を超克したものだと位置づけた。ネット用語だったこの言葉は一躍ホットワードとなった。

彼の主張は岡田斗司夫の「オタク情報社会に適合した最先端人種」というオタク擁護を引き継ぎ、さらに先鋭化させたものだった。本田自分の考えを深掘りし、哲学史文学史とも接続させて思想的な裏付けをも与えようとした。

このうえ、本田ライトノベルも書き始めた。それは自分思想の「実践」だった。人類が最高に萌えられるキャラクターを生み出せれば、恋愛で傷つけ合う人々もいなくなるはずだ、という考えのもとに行われた。2005年2012年にかけて、ほとんど毎月のように彼のライトノベル刊行された。異常なペースだ。

オタク生活が「思想」や「ライフスタイル」じゃなくなって、「娯楽の一部」になってしまった今じゃ、彼の本を読んでも「何この人、こんなに鼻息荒いの?」としか思われないかもしれない。当時のオタクを取り巻く状況を込みで知らなきゃ、この本の勢いはわからないだろう。

萌え」もすっかり死語になってしまった。当時纏っていた特殊意味合いは今ではなくなっている。

本田2012年に『ライトノベルの楽しい書き方シリーズの最終巻を刊行して以来、一切、本を出さなくなってしまった。

もはや自分の考えを表現することに興味がなくなってしまったのか? セールス的な要因で出せなくなってしまったのか? あるいは大著の準備をずっとしているのか?

その理由は一切わからない。更新の止まった公式サイトだけを残して、彼は長い沈黙に入ってしまったのだ。「本田透、何しているんだろう?」と言う人もいない。あれだけ論争を巻き起こした人なのに、この扱いはちょっと、いや、かなり寂しい。

村上春樹新刊を出して、小沢健二が復帰し、林原めぐみが初ライブをするって聞いて、ふとこの人のことも思い出してしまったよ。

2017-02-23

アルファブックマーカーは誰だ2017

Life like a clown 「アルファブックマーカーは誰だ」 http://d.hatena.ne.jp/tt_clown/20081016/p1 を参考に

このエントリでは当時10ブクマ以上付いたエントリについて1〜10番目にブックマークした人の統計が行われていた。

手元にあるデータでそれと似たようなことをやってみた。

アルファブックマーカーは誰だ」の人たちはまだ10番目以内のブクマを続けているのだろうか?

2008年10ブクマ以上直近9,587エントリからデータ2017年は1,400件のホットエントリからデータなのでサンプル数に6.8倍の差があるのでそこは差し引いてみてほしい。

大抵の人はペースを落としたり、引退したりする中、b:id:REVb:id:advblogは9年前とほぼ同じペースでブクマを続けている鉄人ブックマーカーらしいということが分かった。

ユーザー 2008年10月 2017年1月
b:id:Ubuntu 5339 0
b:id:andsoatlast 1422 18
b:id:westerndog 1353 1
b:id:yachimon 643 3
b:id:RanTairyu 530 0
b:id:yamifuu 523 10
b:id:fs001493 486 0
b:id:kitakyudai 458 0
b:id:zyugem 427 8
b:id:REV 421 46
b:id:sankaseki 414 3
b:id:nkoz 392 10
b:id:Doen 368 0
b:id:kanose 325 4
b:id:ululun 319 0
b:id:advblog 307 50
b:id:kosyu 294 0
b:id:ruku 293 0
b:id:zephyr_82 288 0
b:id:yukitanuki 281 0
b:id:b4-tt 279 0

参考: 補足)はてなブックマークホットエントリ入りしたドメイン2005年2008年 http://anond.hatelabo.jp/20170220185611

ホットエントリに付いた公開ブックマーク10番目までに名を連ねた方 2017年1月

かつてのb:id:Ubuntuのような圧倒的なブクマ数の人はいなくなり、多くの人は入れ替わった。

ユーザー 回数
b:id:pikarin1404 191
b:id:a-aaa 159
b:id:meromeropi888 135
b:id:tarosukegr 114
b:id:kenzy_n 83
b:id:jt_noSke 80
b:id:ochiaihideki 65
b:id:netcraft3 64
b:id:mur2 52
b:id:advblog 50
b:id:REV 46
b:id:azumaon 46
b:id:gaojin2180 45
b:id:yasuhiro1212 44
b:id:death6coin 42
b:id:ksk130421 41
b:id:dogear1988 38
b:id:Hiro_Matsuno 37
b:id:QJV97FCr 35
b:id:cj3029412 34
b:id:kumatarou3rd 34
b:id:Unimmo 31
b:id:aoiakitaaoi1 31
b:id:yas-mal 30
b:id:kash06 29
b:id:tanemurarisa 29
b:id:c_shiika 27
b:id:freelifebyhiro 25
b:id:straychef 25
b:id:toshi19650104 25

ここと同じデータを使ったエントリ http://anond.hatelabo.jp/20170223203211

追記

集計方法は変わっているが2011年版もあった。

Life like a clown 「アルファブックマーカーは誰だ 2011」http://d.hatena.ne.jp/tt_clown/20110226/1298683934

参考: 補足)はてなブックマークホットエントリ入りしたドメイン2009年2012年 http://anond.hatelabo.jp/20170220190017

2017-02-22

補足)はてなブックマーカーはどれくらい継続して使っているのか

http://anond.hatelabo.jp/20170222191540 の詳細なデータ。他の年の情報も追加した。

アクティブはてなブックマーカーのうち2005年からいる人はおおよそ0.8%、2007年からいる人は7.2%らしい。2015年にいたユーザーも半分くらいの割合はてな文化が移り変わっていくのも納得できる。

3つめの表はやめていった人たちの割合。表を作っているうちに慣れてきてこんなものなんだろうと思えてきたけど、計算してる最中は入れ替わりの多さに驚いた。

スパム目的で作られたID使い捨てられているのかもしれないが、かつても2,3年で半減を繰り返していたようなので自然ことなのかもしれない。

共通するID数\古参ユーザー比率

2005年3月 2007年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
2005年3月 919\ 3.0% 2.0% 0.9% 0.8%
2007年3月 496 8,147\ 19.8% 8.6% 7.2%
2010年3月 392 3,958 20,011\ 24.0% 19.7%
2015年3月 243 2,308 6,401 26,692\ 44.2%
2017年1月 231 2,194 5,991 13,453 30,431\

いなくなったID数\増えたID

2005年3月 2007年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
2005年3月 7,651 19,619 26,449 30,200
2007年3月 423 16,053 24,384 28,237
2010年3月 527 4,189 20,291 24,440
2015年3月 676 5,839 13,610 16,978
2017年1月 688 5,953 14,020 13,239

共通するID数\継続割合

(※アカウントごと消してやめた可能性もあるのでこっちは信頼性の低い数字)

2005年3月 2007年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
2005年3月 919\ 54.0% 42.7% 26.4% 25.1%
2007年3月 496 8,147\ 48.6% 28.3% 26.9%
2010年3月 392 3,958 20,011\ 32.0% 29.9%
2015年3月 243 2,308 6,401 26,692\ 50.4%
2017年1月 231 2,194 5,991 13,453 30,431\

当月内に当月のホットエントリブックマークを付けたユーザーのみの統計

ホットエントリブックマークを付ける層のみが対象となる

アカウントに切り替えた人は追跡できない

アカウントを消してやめた人は追跡できない

非公開ブックマークをしている人は追跡できない

追記

2017年1月は8,250IDが月間1ブクマ2015年3月は7,597IDが月間1ブクマ、ここらへんの人が0か1かくらいの値を行き来しているとすると、そのオーダーの誤差が含まれている可能性がある。

2017年1月に1ブクマしかしていないユーザー2010年ブクマしていたユーザーは1,122ID2007年ブクマしていたユーザーは400IDいた。

2007年3月の1ブクマユーザー1,887ID中で2017年継続して使っているのが確認できるのは295ID

2017-02-20

補足)はてなブックマークホットエントリ入りしたドメイン2005年2008年

http://anond.hatelabo.jp/20170220005414 の1年間隔のデータ

エントリの5年毎のデータじゃ思い出を振り返るには分解能が足りない気がしたので1年間隔で補足します。興味ない人にはスパムエントリ並にうざいのだろうから申し訳ないけど、その当時を見てたらただの数字の羅列には見えないのですよ。近々はてブシステムに大幅な改修が入るらしいから今やっとかないと来月も同じように見られるとは限らないしね。

はてなブックマークホットエントリ入りしたドメイン 2005年2008年

2005年3月 2006年3月 2007年3月 2008年3月
386ドメイン 439ドメイン 312ドメイン 280ドメイン
www.itmedia.co.jp(165) d.hatena.ne.jp(175) d.hatena.ne.jp(114) d.hatena.ne.jp(191)
japan.cnet.com(66) japan.cnet.com(49) blog.livedoor.jp(63) blog.livedoor.jp(78)
d.hatena.ne.jp(36) www.itmedia.co.jp(38) www.popxpop.com(59) www.itmedia.co.jp(50)
internet.watch.impress.co.jp(34) blog.livedoor.jp(30) www.itmedia.co.jp(50) www.asahi.com(40)
hotwired.goo.ne.jp(32) internet.watch.impress.co.jp(21) gigazine.net(43) gigazine.net(31)
headlines.yahoo.co.jp(28) phpspot.org(20) phpspot.org(29) coliss.com(28)
www.asahi.com(28) plusd.itmedia.co.jp(18) anond.hatelabo.jp(23) anond.hatelabo.jp(26)
itpro.nikkeibp.co.jp(26) japanese.engadget.com(17) www.youtube.com(19) www.ideaxidea.com(23)
pc.watch.impress.co.jp(21) www.asahi.com(17) www.atmarkit.co.jp(16) alfalfa.livedoor.biz(18)
pcweb.mycom.co.jp(21) itpro.nikkeibp.co.jp(15) www.designwalker.com(16) japan.cnet.com(18)
blog.livedoor.jp(20) www.atmarkit.co.jp(15) japan.cnet.com(15) phpspot.org(17)
www.watch.impress.co.jp(17) www.ringolab.com(13) journal.mycom.co.jp(15) e0166.blog89.fc2.com(13)
www.ringolab.com(15) www.mainichi-msn.co.jp(12) portal.nifty.com(15) sankei.jp.msn.com(13)
nikkeibp.jp(14) jkondo.hatenablog.com(10) netafull.net(13) wiredvision.jp(13)
www.atmarkit.co.jp(13) www.excite.co.jp(9) itpro.nikkeibp.co.jp(12) itpro.nikkeibp.co.jp(12)
www.forest.impress.co.jp(13) www.forest.impress.co.jp(9) blog.goo.ne.jp(10) www.atmarkit.co.jp(11)
shinta.tea-nifty.com(12) www.nyasoku.com(9) guideline.livedoor.biz(10) blog.goo.ne.jp(10)
www.geocities.jp(11) q.hatena.ne.jp(8) www.ideaxidea.com(10) www.designwalker.com(10)
www.hatena.ne.jp(10) hotwired.goo.ne.jp(7) labs.unoh.net(8) japanese.engadget.com(9)
slashdot.jp(9) pcweb.mycom.co.jp(7) q.hatena.ne.jp(8) ascii.jp(8)
finalvent.cocolog-nifty.com(8) takagi-hiromitsu.jp(7) www.100shiki.com(8) urasoku.blog106.fc2.com(8)
japan.internet.com(8) www.future-planning.net(7) www.watch.impress.co.jp(8) www.moongift.jp(8)
www.mainichi-msn.co.jp(8) www.hatena.ne.jp(7) zapanet.info(8) www.nicovideo.jp(8)
allabout.co.jp(7) bb.watch.impress.co.jp(6) 2log.blog9.fc2.com(7) business.nikkeibp.co.jp(7)
bb.watch.impress.co.jp(7) caramel-tea.com(6) business.nikkeibp.co.jp(7) web-tan.forum.impressrd.jp(7)
blog.bulknews.net(7) fragments.g.hatena.ne.jp(6) www.forest.impress.co.jp(7) www.yomiuri.co.jp(7)
blog.japan.cnet.com(7) gigazine.net(6) www.j-cast.com(7) guideline.livedoor.biz(6)
kiri.jblog.org(7) headlines.yahoo.co.jp(6) ameblo.jp(6) jkondo.hatenablog.com(6)
naoya.dyndns.org(7) kengo.preston-net.com(6) e0166.blog89.fc2.com(6) labaq.com(6)
www.excite.co.jp(7) naoya.g.hatena.ne.jp(6) internet.watch.impress.co.jp(6) www.j-cast.com(6)
www.future-planning.net(7) neta.ywcafe.net(6) web-tan.forum.impressrd.jp(6) www.kajisoku.org(6)
www.nikkansports.com(6) pc.watch.impress.co.jp(6) codezine.jp(5) dain.cocolog-nifty.com(5)
www.yomiuri.co.jp(6) portal.nifty.com(6) www.aoky.net(5) finalvent.cocolog-nifty.com(5)
antipop.zapto.org(5) satoshi.blogs.com(6) www.asahi.com(5) news23vip.blog109.fc2.com(5)
blog.goo.ne.jp(5) shinta.tea-nifty.com(6) www.simplexsimple.com(5) plusd.itmedia.co.jp(5)
blog.tatsuru.com(5) www.geocities.jp(6) blogpal.seesaa.net(4) portal.nifty.com(5)
k-tai.impress.co.jp(5) www.youtube.com(6) css-happylife.com(4) satoshi.blogs.com(5)
www.cnn.co.jp(5) ameblo.jp(5) cyblog.jp(4) takagi-hiromitsu.jp(5)
www.nikkei.co.jp(5) blog.goo.ne.jp(5) dain.cocolog-nifty.com(4) wsoku.blog44.fc2.com(5)
artifact-jp.com(4) jibun.atmarkit.co.jp(5) loconet.web2.jp(4) www.afpbb.com(5)
hail2u.net(4) nikkeibp.jp(5) plusd.itmedia.co.jp(4) bb.watch.impress.co.jp(4)
homepage.mac.com(4) www.geocities.co.jp(5) satoshi.blogs.com(4) blog.creamu.com(4)
kengo.preston-net.com(4) www.yomiuri.co.jp(5) tech.nitoyon.com(4) builder.japan.zdnet.com(4)
takekuma.cocolog-nifty.com(4) beta.g.hatena.ne.jp(4) www.geekpage.jp(4) fujipon.hatenadiary.com(4)
www.100shiki.com(4) blog.japan.cnet.com(4) www.heiwaboke.com(4) headlines.yahoo.co.jp(4)
www.geocities.co.jp(4) column.chbox.jp(4) www.kajisoku.com(4) journal.mycom.co.jp(4)
www.sem-research.jp(4) dogfood.g.hatena.ne.jp(4) www.kitami.tv(4) lifehacking.jp(4)
dain.cocolog-nifty.com(3) ekken.blog1.fc2.com(4) www.sankei.co.jp(4) netanabe.blog78.fc2.com(4)
homepage1.nifty.com(3) hatena.g.hatena.ne.jp(4) www.tatamilab.jp(4) www.4gamer.net(4)
japanese.chosun.com(3) plaza.rakuten.co.jp(4) www.tez.com(4) ameblo.jp(3)
kotonoha.main.jp(3) web.archive.org(4) coliss.com(3) jp.techcrunch.com(3)
my.casty.jp(3) akihitok.typepad.jp(3) hatena.g.hatena.ne.jp(3) koerarenaikabe.livedoor.biz(3)
nais.to(3) arena.nikkeibp.co.jp(3) headlines.yahoo.co.jp(3) ktdisk.hatenablog.com(3)
sagittarius.dip.jp(3) blog.tatsuru.com(3) jp.techcrunch.com(3) labs.unoh.net(3)
sasapanda.com(3) blogpal.seesaa.net(3) la.ma.la(3) mainichi.jp(3)
www.sankei.co.jp(3) bogusnews.seesaa.net(3) medt00lz.s59.xrea.com(3) mereco.hatenadiary.com(3)
www.tokyo-np.co.jp(3) dain.cocolog-nifty.com(3) mellowmoon.blog93.fc2.com(3) netafull.net(3)
www.zakzak.co.jp(3) fujipon.hatenadiary.com(3) tangerine.hateblo.jp(3) pc.watch.impress.co.jp(3)
x51.org(3) nb.nikkeibp.co.jp(3) www.akiyan.com(3) waranote.blog76.fc2.com(3)
  news4vip.livedoor.biz(3) www.future-planning.net(3) workingnews.blog117.fc2.com(3)
  takekuma.cocolog-nifty.com(3) www.gizmodo.jp(3) www.excite.co.jp(3)
  ttchopper.blog.ocn.ne.jp(3) www.virtual-pop.com(3) www.forest.impress.co.jp(3)
  ultrabigban.cocolog-nifty.com(3) www.yomiuri.co.jp(3) www.gizmodo.jp(3)
  www.100shiki.com(3)   www.watch.impress.co.jp(3)
  www.fmmc.or.jp(3)    
  www.h-yamaguchi.net(3)    
  www.hyuki.com(3)    
  www.ideaxidea.com(3)    
  www.lucky-bag.com(3)    
  www.sv15.com(3)    
  yukawasa.hatenablog.com(3)    
  zerobase.jp(3)    

(※カッコ内は回数)

毎年3月の全ホットエントリhttp://b.hatena.ne.jp/hotentry/20050215 から取得。タイルレイアウトで取得したので1日49件×31日で月間合計1519件弱のデータを基にしている。重複はuniqで取り除いてある。

モンスターハンターの売上とゲーム機における対立煽りについて思ったこと

ナンバリング作品ポータブルシリーズのみ調べた。(後半はほぼポエムだ)

売上はカプコン公式サイトにある「ミリオンセールスタイトル一覧(http://www.capcom.co.jp/ir/finance/million.html)」を参考にした。

ミリオン未満のものはVGChartzを参考にした。あくまで参考程度に。

ちなみに日本だけでなく海外売上も含む。

(VGChartzは出荷数であって販売数ではないため正確ではないとの指摘もある。実際カプコン公式ミリオンセールスデータとかなり食い違う)


据置機におけるモンスターハンター

2004年モンスターハンター」 (PS2) 50万本

2005年モンスターハンターG」(PS2) 23万本

2006年モンスターハンター2」(PS2) 63万本

2009年モンスターハンターG」(Wii) 25万本

2009年モンスターハンター3」(Wii) 190万本

2011年モンスターハンターポータブル3rd HD Ver.」(PS3) 50万本

2012年モンスターハンター3 HD Ver.」(WiiU) 69万本


携帯機におけるモンスターハンター

2005年モンスターハンターポータブル」(PSP) 130万本

2007年モンスターハンターポータブル2nd」(PSP) 240万本

2008年モンスターハンターポータブル2ndG」(PSP) 380万本

2010年モンスターハンターポータブル3rd」(PSP) 480万本

2011年モンスターハンター3G」(3DS) 260万本

2013年モンスターハンター4」(3DS)410万本

2014年モンスターハンター4G」(3DS)410万本

2015年モンスターハンターX」(3DS) 420万本

2017年モンスターハンターXX」(3DS) 3月発売予定



(※これ以降ポエム


…うむ。

やはり日本ゲーム機市場のまさにモンスタータイトルに相応しい記録だ。

(数値並べただけで調査もクソもないというツッコミNG


モンハンはやっぱり携帯ゲーム機を愛す日本ゲーム市場象徴的な存在なのかなあと私はしみじみと感じる。



そもそもモンハンシリーズの売り上げを調べたのは、ここ最近に「モンハンPSに返せ!」と主張する人をツイッターで見かけたのがきっかけだった。

モンハンPSOライクなPS2オンラインゲームから始まったわけで、当時はPSPからモンハンを始めたキッズを嫌がるPS2ユーザーもいたかもしれない。

モンハンP2Gから始めた小学生中学生になった時期にちょうどモンハン3DSへの移行が発表されて「何で任天堂なんかに!?」と憤慨していたりして。というか僕がその世代なのでそういう人を目の前で見てきた。高校生になっても「モンハンはやっぱりPSPだと思う」とか言う人はいた。僕の世代小学校中学校時代ゲームプレイする男子は少なくとも半分以上がモンハン経験者だった筈である。(僕は実質未経験者です)

中にはPSPからPSVitaへ移行し、ゴッドイーターソウルサクリファイス(他にも討鬼伝ラグナロクオデッセイフリーダムォーズ(?))などのモンハンライクなゲームに移行した人もいるし、かえって本来の源流であるPSO2Vitaから入った人もいたような。もちろん3DSモンハンを購入した人もいたし、3DSVitaのどちらも持っていた人も少なからずいた。


まあ、みんなが楽しめればそれでよいのです。ゲーム機ゲームソフトの種類に関わらずそれぞれが楽しめればよいのです。それがプレイヤー精神の血となり肉となるのです。

ただ他人の楽しみ方を否定するのがよろしくないのです。人間には他人が決して立ち入ってはいけない心の聖域があるのです。


話はモンハンに戻るが、今年中にニンテンドースイッチ向けにモンハンXXのHD版(移植)が発表されて、2~3年以内にニンテンドースイッチ向けにモンハンの完全新作が出ることになるだろう(素人予想だけど、多分当たる)。そしたら多分「3DSユーザーを見捨てるのか」みたいな声が出てくる。キッズだけではなく大人でも言う人がいるかもしれない。

振り返ってみれば3DSが発売されたのも2011年2月のことである。もう6年以上も前のことだ。3DSからモンハンを始めたキッズも成長して中学生から高校生ぐらいにはなっていることだろう。ネット上でゲームまとめサイト及びゲーム迷惑サイト(実質フェイニュース)で得た生半可な知識披露していきがっているかもしれない。(PSVitaだって6年前に発売されたのだ。PSVitaへのリリース希望するのはさすがに論外だ。少し考えれば無理な話だとわかる筈。)ゲームテクノロジーは毎年進化するのだから、いい加減開発者にとっても性能的に力不足だろうからゲーム機世代交代に則るのも当然の話である(少しばかりは任天堂から要請もあるかもしれない)。


ニンテンドースイッチで発売されればようやくモンハンユーザー念願の「テレビで一人でじっくり遊ぶ」と「携帯機をみんなで持ち寄って遊ぶ」を両立できることだろう。スイッチは「任天堂機は性能のせいでグラがしょぼい」と主張する人間を黙らせる程度の性能は持ち合わせている。

もちろん恩恵を受けるのはモンハンだけではない。スプラトゥーン2マインクラフトなどのキッズに人気のあるタイトルもそういった需要を満たすものだ。そもそもキッズに人気のあるタイトルキッズのみならず大人の間でも人気なものである


まあ、2017年とは言わずとも2018年にはニンテンドースイッチPS4も両方売れて盛り上がって、2007年以降下がりっぱなしの家庭用ゲーム機ゲームソフト市場規模回復してほしいものだなあと思ふ。

皆で幸せになろうよ

はてなブックマークホットエントリー入りしたドメイン 2005,2010,2015,20

関連 http://anond.hatelabo.jp/20170219233955

2005年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
386ドメイン 319ドメイン 556ドメイン 498ドメイン
www.itmedia.co.jp(165) blog.livedoor.jp(103) anond.hatelabo.jp(86) anond.hatelabo.jp(147)
japan.cnet.com(66) d.hatena.ne.jp(75) togetter.com(69) togetter.com(110)
d.hatena.ne.jp(36) hatenanews.com(27) blog.livedoor.jp(65) www3.nhk.or.jp(54)
internet.watch.impress.co.jp(34) www.lifehacker.jp(27) headlines.yahoo.co.jp(31) www.asahi.com(48)
hotwired.goo.ne.jp(32) gigazine.net(26) www.asahi.com(31) qiita.com(38)
headlines.yahoo.co.jp(28) togetter.com(25) www.slideshare.net(30) headlines.yahoo.co.jp(28)
www.asahi.com(28) hamusoku.com(24) gigazine.net(29) www.buzzfeed.com(27)
itpro.nikkeibp.co.jp(26) alfalfalfa.com(23) d.hatena.ne.jp(25) gigazine.net(25)
pc.watch.impress.co.jp(21) www.asahi.com(22) www.lifehacker.jp(23) blog.livedoor.jp(22)
pcweb.mycom.co.jp(21) anond.hatelabo.jp(19) www.welluneednt.com(23) bylines.news.yahoo.co.jp(20)
blog.livedoor.jp(20) business.nikkeibp.co.jp(16) www3.nhk.or.jp(22) d.hatena.ne.jp(20)
www.watch.impress.co.jp(17) sankei.jp.msn.com(15) qiita.com(21) twitter.com(16)
www.ringolab.com(15) www.itmedia.co.jp(15) nlab.itmedia.co.jp(19) www.nikkei.com(16)
nikkeibp.jp(14) jp.techcrunch.com(14) himasoku.com(17) portal.nifty.com(13)
www.atmarkit.co.jp(13) www.yomiuri.co.jp(12) www.47news.jp(16) www.publickey1.jp(13)
www.forest.impress.co.jp(13) news4vip.livedoor.biz(11) speakerdeck.com(15) www.sankei.com(12)
shinta.tea-nifty.com(12) japanese.engadget.com(10) karapaia.livedoor.biz(13) toyokeizai.net(11)
www.geocities.jp(11) kirik.tea-nifty.com(10) alfalfalfa.com(12) kabumatome.doorblog.jp(10)
www.hatena.ne.jp(10) phpspot.org(10) news.livedoor.com(12) nlab.itmedia.co.jp(10)
slashdot.jp(9) r.nanapi.jp(10) bylines.news.yahoo.co.jp(11) www.afpbb.com(10)
finalvent.cocolog-nifty.com(8) www.ideaxidea.com(10) weekly.ascii.jp(11) business.nikkeibp.co.jp(9)
japan.internet.com(8) readingmonkey.blog45.fc2.com(9) www.sankei.com(11) www.huffingtonpost.jp(9)
www.mainichi-msn.co.jp(8) coliss.com(8) tabi-labo.com(10) www.slideshare.net(9)
allabout.co.jp(7) diamond.jp(7) wired.jp(10) lineblog.me(8)
bb.watch.impress.co.jp(7) e0166.blog89.fc2.com(7) business.nikkeibp.co.jp(9) medium.com(8)
blog.bulknews.net(7) kachibito.net(7) kabumatome.doorblog.jp(9) note.mu(8)
blog.japan.cnet.com(7) photoshopvip.net(7) matome.naver.jp(9) pipipipipi-www.hatenablog.com(8)
kiri.jblog.org(7) workingnews.blog117.fc2.com(7) allabout.co.jp(8) speakerdeck.com(8)
naoya.dyndns.org(7) www.appbank.net(7) mainichi.jp(8) blog.tinect.jp(7)
www.excite.co.jp(7) japan.cnet.com(6) r.gnavi.co.jp(8) cards.hateblo.jp(6)
www.future-planning.net(7) journal.mycom.co.jp(6) www.huffingtonpost.jp(8) japanese.engadget.com(6)
www.nikkansports.com(6) mudainodqnment.blog35.fc2.com(6) www.itmedia.co.jp(8) paiza.hatenablog.com(6)
www.yomiuri.co.jp(6) satoshi.blogs.com(6) japanese.engadget.com(7) www.yomiuri.co.jp(6)
antipop.zapto.org(5) www.gizmodo.jp(6) www.gizmodo.jp(7) www.youtube.com(6)
blog.goo.ne.jp(5) www.oshiete-kun.net(6) www.nikkei.com(7) www.yutorism.jp(6)
blog.tatsuru.com(5) blog.goo.ne.jp(5) blogos.com(6) zasshi.news.yahoo.co.jp(6)
k-tai.impress.co.jp(5) blogs.itmedia.co.jp(5) macaro-ni.jp(6) gendai.ismedia.jp(5)
www.cnn.co.jp(5) burusoku-vip.com(5) paiza.hatenablog.com(6) jp.techcrunch.com(5)
www.nikkei.co.jp(5) headlines.yahoo.co.jp(5) www.j-cast.com(6) mainichi.jp(5)
artifact-jp.com(4) mainichi.jp(5) www.publickey1.jp(6) mantan-web.jp(5)
hail2u.net(4) takagi-hiromitsu.jp(5) hatenanews.com(5) news.livedoor.com(5)
homepage.mac.com(4) waranote.blog76.fc2.com(5) jp.techcrunch.com(5) this.kiji.is(5)
kengo.preston-net.com(4) www.atmarkit.co.jp(5) natalie.mu(5) www.cnn.co.jp(5)
takekuma.cocolog-nifty.com(4) www.publickey1.jp(5) orecipe.hatenablog.com(5) www.itmedia.co.jp(5)
www.100shiki.com(4)   techlife.cookpad.com(5) www.newsweekjapan.jp(5)
www.geocities.co.jp(4)   toyokeizai.net(5)  
www.sem-research.jp(4)   twitter.com(5)  
    www.youtube.com(5)  

(※カッコ内は回数)

2017-02-19

はてなブックマークホットエントリーの統計 2005,2010,2015,2017

http://b.hatena.ne.jp/hotentry/年月日 のデータより

2017年2月19日現在の全ブクマを集計(当月以降に追加されたブクマ込みの数)

  2005年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
ホットエントリー数 1,142 1,033 1,446 1,400
合計ブクマ回数 69,195 401,117 424,871 508,138
公開ブクマ回数 45,057 281,848 311,510 405,446
公開ブクマID 17,748 32,698 31,497 31,362
非公開ブクマ数(ブクマカ都合) 24,136 117,086 112,778 101,851
非公開ブクマ数(サイト都合) 2 2,183 583 841
非公開ブクマ50%超えエントリー 75 1 5 0
あとで読むタグ 310 13,345 25,045 47,613
1エントリー最大ブクマ 4,698 5,607 2,525 5,169
1エントリー平均ブクマ 61 388 294 363

ホットエントリーは1日50件、1月31日で合計最大1,550件生まれる。この数が少ないということは同じエントリーが数日に渡ってホットエントリー入りし続けたということを示す。以前と比べて入れ替わりが激しくなっていることが伺える。(※ホットエントリリストレイアウトでは50件表示されるが、タイルレイアウトでは49件しか表示されない。今回のデータタイルレイアウトで取得したので1日49件、月間合計1,519件のデータに基づく集計です。)

2005年ごろは今のようなSNS一種としてだけ認識されていたわけではなく、個人ブックマーククラウドに置いただけというイメージで使っていたユーザーもいるようで非公開ブクマが多い。非公開ブクマが多いエントリーにはポルノサイトなども含まれている。有名サイトトップページへのブクマも多い。

上記の集計方法ではホットエントリーに入った当時の雰囲気が分からないので、ブクマされた日付で当月以前に行われたブクマ限定して数えてみる。

当月以前に行われたブクマに限る

  2005年3月 2010年3月 2015年3月 2017年1月
公開ブクマ回数 11,909 243,074 293,169 400,495
公開ブクマID 1,036 21,584 28,152 30,854
あとで読むタグ 0 11,594 22,953 47,105

古いブックマークアカウントごと消して引退されたり、読み終わって消されたりしている場合もあるはずで、現在見られる古いブクマは当時よりは減っていると思われる。

[あとで読む]タグが増えているのはそれをつける人が増えたのか、読み終えて消されたのか、判別は付かない。

2017-02-16

例の国有地売却案件に関する私的メモ

流れを追い始めたら面白くなったので、経緯と疑問点をまとめておく。

漏れも色々とあるだろうがご容赦を。

これまでの経緯

*年 *月日 *出来事
1974年 昭和49年度(1974)から平成元年度(1989)にかけ、航空機騒音対策の一環として移転補償による買収
1995年 宅地状態航空写真確認宅地もしくは小規模な業務施設?)
この期間不明
2004年 ※緑化状態航空写真確認
2005年 豊中市野田地区土地区画整理事業により移転補償跡地を集約換地
2009年 年度内 大阪航空局調査により地下に埋設物があることを確認
2011年 11月 土地の一部に基準値を超える鉛、ヒ素土壌汚染確認
大阪航空局より近畿財務局に当該国有地処分依頼
2013年 6月 6月から3か月間、公的な利用要望確認する公募開催
森友学園、小学校新設に向け取得要望
2014年 10月31日 大阪府私学審議会に認可申請書提出
12月18日 大阪府私学審議会において認可審議するも継続審議
認可申請について、「申請内容等において確認すべき点があるため、継続案件とする。臨時審議会で審議する。」
2015年 1月27日 大阪府私学審議会臨時)において付帯条件付きで認可適当答申
本来であれば、申請段階で土地所有または借用、相当程度の確実性を持ったその見込み が必要
答申内容「慎重審議の結果、上記の件について以下の条件を附して認可適当と認める。小学校建設に係る工事請負契約の締結状況、寄付金の受入れ状況、詳細なカリキュラム及び入学志願者の出願状況等、開校に向けた進捗状況を、次回以降の当審議会定例会において報告すること」
※なお、その後の定例会で報告があった形跡は、議事録上無い。
2月10日 当該国有地小学校敷地として処理する事案を国有財産近畿地方審議会で審議
森友学園、学校経営安定まで借地にしたいと申し出
10年間の事業用定期借地契約による時価貸付
10年以内の売買予約による時価売り払いとする
2016年 3月10日 3月31日までの期限を1年伸ばしてほしいとする変更合意書を締結
3月11日 森友学園、近畿財務局に想定以上の深さに埋設物が多いと主張始める
3月14日 近畿財務局大阪航空局に埋設物除去費用積算を指示
3月24日 森友学園、土地を買い取りたいと申し出
3月30日 森友学園、大阪航空局間で、地下3mまでの埋設物及び土壌汚染除去費用の支払いについて合意書を作成
3月31日 取得期限?
4月1日 当初(少なくとも2015年2月10日国有財産近畿地方審議会時点)における開校予定日
大阪府私学審議会で開校予定日の変更について審議された形跡は無い
4月6日 森友学園、埋設物撤去費用として1億3176万円を大阪航空局から受領
4月14日 大阪航空局より埋設物除去費用は8億1900万円と積算し、近畿財務局提示
6月20日 森友学園が当該国有地を1億3400万円で購入、支払いは10年間分割で延納利息1%
9月 豊中市議が契約内容について情報公開請求するも黒塗り
2017年 2月8日 豊中市議らが売却額公表を求め提訴
2月10日 公表だった売却額を一転して開示

国会審議については以下を参照

http://www.shugiintv.go.jp/

https://togetter.com/li/1081605

他の出典は以下の通り。上の表に収めようとしたが、すると投稿できなかった。すまん。

http://kinki.mof.go.jp/content/000115032.pdf

http://www.pref.osaka.lg.jp/shigaku/shinngikai/h26012teireikai.html

http://www.pref.osaka.lg.jp/shigaku/shinngikai/270127rinjikai.html

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-16/2017021615_01_1.html

http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do#1


疑問点


報道も出そろっていないのでまだ予断を許さないが、現時点ではこんな感じ。

2017-02-14

メジャーリーグはどこの国の人がどのポジションで出場しているのか

メジャーリーグはどこの国の人がどのポジションで出場しているのか 集計期間1995年2016年
生国 出場 先発出場 投手登板 捕手出場 内野手出場 外野手出場 DH出場
アメリカ合衆国 1,096,833(73.2%) 722,470(72.3%) 300,024(75.4%) 81,876(68.5%) 328,182(68.5%) 294,307(78.0%) 40,323(70.2%)
ドミニカ共和国 145,315(9.7%) 95,185(9.5%) 41,119(10.3%) 4,415(3.7%) 59,620(12.4%) 27,999(7.4%) 7,003(12.2%)
ベネズエラ・ボリバル共和国 87,793(5.9%) 64,640(6.5%) 14,651(3.7%) 12,039(10.1%) 39,038(8.1%) 16,925(4.5%) 2,177(3.8%)
プエルトリコ 58,326(3.9%) 44,090(4.4%) 6,515(1.6%) 14,625(12.2%) 19,292(4.0%) 12,117(3.2%) 2,649(4.6%)
キューバ 20,000(1.3%) 16,036(1.6%) 3,674(0.9%) 1,254(1.0%) 9,092(1.9%) 3,554(0.9%) 1,929(3.4%)
カナダ 19,226(1.3%) 12,744(1.3%) 5,596(1.4%) 1,794(1.5%) 4,915(1.0%) 4,884(1.3%) 831(1.4%)
メキシコ 15,188(1.0%) 7,814(0.8%) 8,354(2.1%) 615(0.5%) 4,700(1.0%) 776(0.2%) 402(0.7%)
日本 14,417(1.0%) 9,427(0.9%) 5,240(1.3%) 453(0.4%) 1,779(0.4%) 5,998(1.6%) 592(1.0%)
パナマ 10,773(0.7%) 6,611(0.7%) 2,845(0.7%) 1,812(1.5%) 1,982(0.4%) 3,277(0.9%) 247(0.4%)
コロンビア 5,950(0.4%) 4,987(0.5%) 636(0.2%) 56(0.0%) 4,790(1.0%) 348(0.1%) 22(0.0%)
キュラソー 5,314(0.4%) 4,174(0.4%) 566(0.1%) 0(0.0%) 1,559(0.3%) 2,739(0.7%) 245(0.4%)
大韓民国 3,673(0.2%) 2,500(0.3%) 1,508(0.4%) 0(0.0%) 700(0.1%) 1,215(0.3%) 127(0.2%)
オーストラリア 3,602(0.2%) 1,110(0.1%) 2,311(0.6%) 112(0.1%) 590(0.1%) 268(0.1%) 139(0.2%)
ニカラグア 2,631(0.2%) 1,548(0.2%) 1,083(0.3%) 0(0.0%) 649(0.1%) 797(0.2%) 4(0.0%)
ドイツ 2,351(0.2%) 1,281(0.1%) 903(0.2%) 29(0.0%) 886(0.2%) 343(0.1%) 28(0.0%)
ジャマイカ 1,617(0.1%) 1,422(0.1%) 258(0.1%) 0(0.0%) 0(0.0%) 722(0.2%) 562(1.0%)
アルバ 1,054(0.1%) 910(0.1%) 367(0.1%) 0(0.0%) 473(0.1%) 190(0.1%) 8(0.0%)
台湾 872(0.1%) 339(0.0%) 726(0.2%) 0(0.0%) 99(0.0%) 16(0.0%) 0(0.0%)
ブラジル 692(0.0%) 593(0.1%) 42(0.0%) 384(0.3%) 29(0.0%) 217(0.1%) 22(0.0%)
オランダ 681(0.0%) 569(0.1%) 50(0.0%) 0(0.0%) 527(0.1%) 90(0.0%) 2(0.0%)
アメリカヴァージン諸島 660(0.0%) 345(0.0%) 6(0.0%) 0(0.0%) 75(0.0%) 275(0.1%) 110(0.2%)
ベトナム 520(0.0%) 30(0.0%) 518(0.1%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
イギリス 326(0.0%) 8(0.0%) 325(0.1%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
サウジアラビア 189(0.0%) 3(0.0%) 165(0.0%) 0(0.0%) 8(0.0%) 0(0.0%) 1(0.0%)
フィリピン 111(0.0%) 13(0.0%) 111(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
ベルギー 108(0.0%) 63(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 21(0.0%) 71(0.0%) 7(0.0%)
シンガポール 93(0.0%) 47(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 14(0.0%) 48(0.0%) 2(0.0%)
インドネシア 80(0.0%) 1(0.0%) 80(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
イタリア 61(0.0%) 47(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 48(0.0%) 7(0.0%) 0(0.0%)
バハマ 22(0.0%) 5(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 6(0.0%) 1(0.0%)
香港 15(0.0%) 0(0.0%) 15(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
グアム 13(0.0%) 7(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 10(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
アフガニスタン 8(0.0%) 0(0.0%) 8(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
スペイン 7(0.0%) 0(0.0%) 7(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%) 0(0.0%)
合計 1,498,521 999,019 397,703 119,464 479,078 377,189 57,433

(1995年以降2016年までhttp://www.baseball-reference.comデータから。この表では日本まれアメリカ国籍の方、Jeff McCurry, Steve Randolph, Craig House, Keith McDonald, Dave Robertsは日本で集計。他国も同様。試合中にポジションを移動した選手ダブルカウントされているのでポジション別集計については参考程度に。)



メジャーリーグには日本人が参入してからの21年間に34カ国の人々が出場してきた。この中には母国野球文化の中で育ってアメリカに渡った選手もいれば、母国を離れてアメリカで育ってメジャーリーガーになった選手もいれば、アメリカ人の親が仕事海外にいた時に産まれたというだけで海外出身扱いになっている選手もいるようだ。

野球がどのように世界に広がっているのかを見るために比率が少ない国の選手を見てみたい。

スペイン

ダニエル・リオス(Danny Rios)選手のみ。両親は野球の盛んなキューバ出身スペインで産まれる。2歳でアメリカ移住して大学までアメリカ教育を受けた。2008年ヤクルトスワローズ11試合登板

アフガニスタン

ジェフ・ブロンキー(Jeff Bronkey)選手のみ。アフガニスタン人の父とアメリカ人の母の間にアフガニスタンカブールで産まれる。アメリカ高校卒業

イタリア

アレックス・リッディ(Alex Liddi)選手のみ。イタリアまれイタリア育ち。2005年MLBヨーロッパアカデミーに参加。

インドネシア

トム・マストニー(Tom Mastny)選手のみ。両親がインドネシア旅行中に産まれただけ。アメリカ育ち。

サウジアラビア

アレックスウィルソン(Alex Wilson)選手。親(多分アメリカ人)がアラムコ石油に勤めていてサウジアラビア生まれる。2歳からアメリカで育つ。

クレイグ・スタンベリー(Craig Stansberry)選手。親がサウジアラビア仕事をしている時に産まれる。1ヶ月でアメリカに戻る。

イギリス

Lance Painter, Phil Stockman, Chris Reed, Danny Coxの4名。

フィルストックマン(Phil Stockman)選手について見てみると、イギリスまれオーストラリア育ち。オーストラリア大学野球をやっていた。現在オーストラリアのチームでプレー。

ベトナム

ダニー・グレーブス(Danny Graves)選手のみ。父はアメリカ人軍人ベトナム人の母との間に生まれた。生後14ヶ月でアメリカ移住アメリカ高校卒業



関連エントリー http://anond.hatelabo.jp/20170214000243

2017-01-23

Googleに引っかからない=存在しない

久々にDVDを取り込む必要があったので昔使っていたISOツールDLしようとGoogle検索してみた

そもそも名前を忘れていたので関連ワード検索してみる

Win DVD ISO」見つからない

DVD ISO化」見つからない

DVD ISO 作成」見つからない

何故だ…なぜあのツールが見つからないんだ…

DVD リッピング」うーん見つからない

ISO 作成」うーん…

DVD コピー」あっ!

 

というわけでようやく「DVD Decrypter」を発見したわけだが…

このソフトってこんなにマイナーだっけ?

周りの人結構使ってた気がするけど…観測問題か?

大学で頻繁にLinuxDVDに焼いていた時期にそこらじゅうであの完了音が鳴ってた記憶がある

 

紹介ページによるとこのソフトDVDリッピング違法化にあたり2005年に開発が停止しているらしい

確かに…ソフトからして「Decrypter(解読器)」だし

けど違法になったのってBDの話でDVDはセーフだったのでは?(曖昧

 

ともあれGoogle違法ソフト意図的に除外したのか、名前を出してはいけないあのソフトと化してネットの海に飲まれたのか

検索に引っかからないというのは存在しないに等しいんだと実感した

2017-01-18

彼(女)の名は。

http://anond.hatelabo.jp/20170117225147

関ジャニ∞2002年デビューNEWS2003年から違う。(途中からヲタになった可能性もあるが、それを含めたらきりがなくなるので考えないことにする)

perfume(2000~)は大きな仕事が多いので「あまり来ないけど、極たまに大きな仕事」が当てはまらない。

Negicco(2003~)は後輩に当たる人がいない。

モーニング娘。2005年デビュー7期メンバー久住小春きらりんレボリューション中の人)ただ一人だけど後輩のフォローはしないし、今は事務所を離れているので違う。

Berryz工房(2004~2015)はどうか。熊井ちゃんこと熊井友理奈可能性もある。「トークいまいち」は完璧に当てはまる(しかしそれは最高のトークでもある)し、桂由美ファッションショーの新作モデルに起用されたのは「極たまに大きな仕事」だろう。しかし一昨年から無期限活動休止なので現在形の文章とは齟齬が出てくる。

となると℃-ute(2005~)の可能性が高い。今年の解散が決まっているがまだ現在形。

さて

矢島舞美

鈴木愛理

中島早貴

岡井千聖

萩原舞

の中の誰か?

「昔はああいうこと言ってたのに丸くなってきたな」から舞美は除外される。舞美は昔からものすごく性格がいい。メンバー10年間で3回しか怒った姿を見たことがないそうだ。

「極たまに大きな仕事」という点で、バラエティー番組の出演の多い岡井ちゃんソロ仕事がないマイマイも違う。

ということは愛理nksk中島早貴)。

二人ともトークが下手で、熱愛スキャンダルらしきものもある。

 

「歌うまくなったなー」は上手かったのがさらに上手くなった愛理を指すのか、下手なりに上手くなったnkskを指すのか。

悩むところだが、ヲタの多さから愛理と予想。

当たってますか?

ちなみに私の℃-ute一推し曲は「世界一HAPPYな女の子

https://youtube.com/watch?v=WhVW7RLuCkE

冴えない女の子欲求不満さらっと歌にできるつんく♂天才です。

2017-01-15

人口が減ってもいいともっと言おうじゃないか

小泉進次郎氏が、

「悲観的な1億2千万人より、自信に満ちた6千万人のほうが良い」

と語ったという。

http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/25808

これに対して、切り捨て、虐殺優生思想と感じた人がいるようです。

ですが、元々日本人口は過剰です。

日本人口密度2005年平成17年)で343人/km2で、人口1,000万人以上を有する国の中では、バングラデシュ2005年で985人/km2)、韓国(同493人/km2)、オランダ(同393人/km2)に次いで4番目(注:台湾の627人/km2を含めると5番目)の人口密度もつ。 ただし近年では日本人口は減少傾向にあり、また途上国新興国人口増加により日本人口密度を上回る国が増加している(2012年時点では、台湾を含めて9番目になっている)。

平野部への偏在

日本山地を多く含む国であり、人口都市部平野部に集中している。日本過疎地域データによれば、2006年4月時点で過疎市町村となっている地域の面積は 204,329km2で全国面積に対する割合は54.1%、そこに居住する人口は約1064万人で全人口に対する割合は 8.3%、この地域での人口密度は52人/km2となっている。逆に、残り45.9%(173,506km2)の地域に、総人口の91.7%(約1億1711万人)の人が住み、この地域での平均密度は675人/km2となる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E5%AF%86%E5%BA%A6 より引用

時間がないのであとは要点で書きますが、

人が少なくなれば、既得権益も薄れていくはずですし、その分日本経済的リソースは各個に新たな配分がされるように変化していくはずです。

これまで人類経済的に行き詰ると、戦争をすることで、新たに破壊創造をすることを繰り返してきたと思います

大規模戦争が少なくなった今日では、人口減少が戦争に変わる新たな平和的な破壊創造の契機となるのではないしょうか。

戦争はやりたくない、でも人類社会平和が続くと行き詰る、とすれば、人口減少は人類が直面している新たな人類史のページであると言えると思います

国ごとに社会の段階が異なりますので、国際関係の具体的な問題において異論はあると思います

ですが、私たちは新しい人類歴史におけるパイオニアという地点に立っていると、人口減少を肯定的にとらえても、いいのではないでしょうか。

2017-01-14

http://anond.hatelabo.jp/20170114155348

明確な目標があるのに、もったいない

ネットだと、情報が多すぎるのかな

javascriptかな?と思ったけど、ruby

ifもforもでてこなくてスマ

eachが形を変えたforです

いろんなとこからコピペ量産して、2時間近くかかりました^^

api取得はすぐだったけど、json、hash、arrayでごにゃごにゃ)

rubyソース

# ライブラリ
require 'net/http';
require 'uri'
require 'json'

# 検索文字
$q = 'http://ci.nii.ac.jp/books/opensearch/search?q=%E7%B3%9E&format=json'

# web-apiから取得
# https://support.nii.ac.jp/ja/cib/api/b_opensearch
def search(q)
    uri = URI.parse(q)
    json = Net::HTTP.get(uri)
    result = JSON.parse(json)
end

=begin
取得データ1件サンプル
{"title":"糞土",
"link":{"@id":"http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00094249"},
"@id":"http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00094249",
"@type":"item",
"rdfs:seeAlso":{"@id":"http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00094249.json"},
"dc:date":"1953",
"dc:creator":"糞土会",
"dc:publisher":["糞土会"],
"prism:publicationDate":"1953",
"cinii:ownerCount":"8"},
=end

# データ整形
#
# 入力データ構造
# {"@id":"http://ci.nii.ac.jp/books/opensearch/search?q=%E7%B3%9E&format=json",
#  "@graph":[ { "items":[ ,,,
#
# 出力(ハッシュ)
# {title => dc:date ,,, }
def format(hash)
    title_date = Hash.new

    # ハッシュキー"@graph"の値の配列の先頭のハッシュキー"items"のハッシュ配列を取得
    items = hash['@graph'][0]['items']

    # タイトル出版年を取得して、戻り値ハッシュへ追加していく
    items.each do |item|
        title = item['title'].chomp
        date  = item['dc:date']
        title_date.store(title, date)
    end

    return title_date
end

# 並び替え
def sort(hash)
    hash.sort_by do |key, value|
        value
    end
end

# 出力
def print(hash)
    hash.each do |key, value|
        puts "#{value}年 #{key}"
    end
end

# メイン関数
def main
    # web-api検索して、
    result1 = search($q)
    # データを整形して、
    result2 = format(result1)
    # 出版年で並び替えて、
    result3 = sort(result2)
    # 出力する
    print(result3)
end

# 実行
main

rubyスクリプトの実行結果

C:\Users\unko\Desktop\prog>ruby webapi.rb
1848年 人欲辨 (じんよくべん)
1870年 雀糞論説
1920年 青瓷説
1933年 管内ニ於ケル鶏糞ノ利用状況
1947年 糞尿譚 : 小説1953年 糞土
1955年 黒い裾
1955年 形成
1959年 石糞
1972年 糞 : 海田真生個人文芸誌
1972年 乳幼児糞便図譜
1987年 糞尿と生活文化
1991年 皇居と糞尿と大嘗祭 : 皇居「糞尿」裁判を支える会ニュース
1995年 糞袋
2000年 糞尿史 : 遷都は糞尿汚染からの逃避だった
2005年 「糞尿」大全
2007年 糞虫たちの博物誌
2008年 うんちのはなし : う~んとげんきになる
2009年 糞神

2017-01-12

1914年、『宝塚歌劇団』発足

1972年宝塚の影響を著しく受けた『ベルサイユのばら』連載開始

1980年やおい存在確認される

1986年やおい需要をねらった『聖闘士星矢』連載開始。腐女子存在発見されるとともに爆発的に拡大する。

2005年腐女子認知度第二次ブーム。女オタク、というカテゴリに整頓される事が多かった生態系比較的に認知度が高くなる。

2011年妖怪ホモォが女絵かきの間で流行ネタ自由さに男も思わず苦笑。



何が言いたいのかといえば、根っこは宝塚系譜じゃないのか、という話。

はっきり言って思い込みなので、空気ごと長らく腐ってたひとに聞くしかいか

2016-12-31

これが日本年末

これが年末かこれが年末

鉄道好き、音楽オタク日本好き悪魔巣窟

不良天国良識地獄

もうこれ以上こらえることはできない

ななつ星JR北海道2016年4月14日

あの脱線した新幹線をみて君は何を思ったの

2005年4月25日尼崎の地で死んだ私達の同胞たち

その怨恨を解くだろう

右派グループ鉄道オタクノンポリ

お前ら暴走族もも日本社会

醜悪共犯がでなかったか

これ以上ふざけても私達はだまされない

君たちも解体してあげよう

怒らせたら怖い

学生運動勇者まで呼び出しても

今は終わって元に戻すことはできない

良い話す時退きなさい

崩壊崩壊崩壊崩壊しろ

日本直ちに崩壊しろ

粉砕粉砕粉砕粉砕させろ

正月を粉砕させろ

ボイコットボイコットボイコットボイコットしろ

大晦日直ちにボイコットしろ

糾弾糾弾糾弾糾弾させろ

日本人糾弾させろ

2016-12-30

[]声優勘違いネタ

http://rudiments.hatenablog.com/entry/netflix-nenmatsu-anime

ブコメ非表示からココに書くけど、



しかドラえもんの声が「水田わさびさん」なので、すこーしだけ今と違うドラえもんとの比較家族ファミリー)でしてみてはいかがでしょうか?



これ、すごく意味がわからない。

昔と違うのタイポ

のわりに、

2005年放送されていたあの当時の

って文言もあったりして、すごくすごく意味がわからない。



もしかして、本当にもしかしてだけど

アルカノイド大好きおばさんから水田わさびに変わったんじゃなくて、

水田わさびから、誰か、に変わったと思ってる?

アルカノイドあんなに大好きな、アフレコ遅刻して買ってきたバッグを喜々として見せびらかすおばさんのことを忘れてしまっている?

すごいな。

あんだけインパクトのある声優を忘れるとか、マジですごいな。

アルカノイドあんなに好きなのに!?

殺戮次郎丸、じゃないや、なんだっけ、あの小野坂昌也コントライブ素晴らしきかな人生にも出演した(してない)アルカノイド大好きおばさんを忘れる!?

殺戮次郎丸はおしゃ木でコオロギにつけた名前だっけ?)

こんなに面白い間違いにブコメできないの悔しい! 悔しすぎる!

もう一生、このブログブコメ声優勘違いネタでかけるぐらい面白いのに!!!

あーーー、もったいないよお、もったいないよお。

もっと声優ネタでいじらせてよお。




で、本当の前のドラえもん声優って誰だっけ?

えーっと、ザンボット3の勝平の声優さんから

そうか、山口勝平だな。

あれ、歴史観おかしい気がするぞ、えーっと。

そうか、坂本千夏だな。

そうかー、坂本千夏が、こんな役をなあ。

ここはグリーンウッド女装娘で初めて知って以来、僕は岩田光央ファンなんですよ。(日本語ねじれてきた)

岩田光央といえば、包茎であることを表明している数少ない声優ですよねえ。

はい、というわけで、本日募集するメールテーマはこちら

「仮性包茎であることをコンプレックスにしてそうな男性声優

です。

谷山紀章NGワードなので書いちゃダメでーす。

堀内賢雄ガチなのでダメでーす。



それじゃあ、今夜もー、松野太紀とのグレーゾーンホモセックスがみたーいラジオはっじまるよー!

(え? 松野太紀さんを巻き込むなって? じゃあ、PSOチャットホモ声優暴露した小野坂昌也を怒れよ! (大昔のラジオのことをクタクタいつまでも引きずる最低な増田))

2016-12-24

日本死ね」という呪詛には社会が反応したのに

氷河期世代のほうの日本に対する呪詛には反応しなかった。この差は一体なにか。

2chで貼られる有名なコピペに次のものがあるが

「俺は一生童貞だし、この国がどーなろうがしったこっちゃないよ。

愛国心?ばっかじゃねーの?むしろ俺は日本という国に恨みを持ってるね。

みんな好き勝手やってるのに、超氷河期まれの俺は悲惨人生だ。

どんどん壊れていったらいいよ。しるもんか。

おまえらが俺のことなんてしらないようにね。

所詮日本利権構造だ。コネさえあればたいして努力しないで大金が稼げる。

公務員夫婦世帯年収40歳平均で2000万円。マスコミ銀行・その他、

利権構造下にあるものは全部そう。こいつら普通に50代で2~3000万稼いどる。

大して仕事してないし。親族経営会社利益親族に手当てして税金払ってない所も山ほど。

そんななかで手取り2~30万、年収で3~400万円程度でこの利権構造体を存続させるために働け、ってか?

利権構造下にないのに労働してる奴らって、馬鹿だろ。おまえ。

おまえよりも馬鹿でロクデナシがロクに働きもせずに大金を稼ぎ、佳い女(男)を抱いてるんだぜ。

馬鹿らしさに気づいた奴らは働かねーよ。俺とかな。

どうせ俺はキモくて生命としても次世代を遺せないわけだし、この社会体がどーなろうが知ったこっちゃねーよ。

早く滅びろ。その時が来たら笑いながら死んでやる。」

最後の一行が「さあ俺を殺せ 日本」になってたりするが、自分はこっちのほうが数万倍も呪詛を放ってるし、より深刻であったと思う。

こちらには、絶望しかいからだ。

貼られだしたのは2005年前後であるから就職氷河期ぐらいである。

当時から、この世代放置したら今後の日本はなりたたない、と散々言われてきたが目立った対処はなされなかった。

今は自分生産年齢だったり親の年金だったりで表面化していないが、30年後には低年金老人の生活保護社会保障)として問題になるだろう。

なぜなら、今更運よく給料がいいところに就職したところで、過去してこなかった普通ならできるはずであった蓄積まで取り返せないからだ。

もし、低年金問題回避しようと思うのなら、そういった蓄積できなかった人に倍以上の給料を払う必要がある。

丁度最近2016年の出生数が100万をきったという報道があったが、このツケの一部として非婚化、晩婚化せざるを得なかったということで表面化しだした。

の子供は膨大な社会保障料として、このツケを払わされるであろう。

保育園が足りない、子供への支援がたりないと、家族子供がいるという幸せの中で呪詛をはく者よ。

の子供の下に、それすらかなわなかった者の死体呪詛が埋もれていることを知れ。

2016-12-23

俺の主観で書いたインターネット文化流行歴史(2005-2007)

2002-2004

http://anond.hatelabo.jp/20161223021343



2005年

YouTube誕生ひろゆきが当時2ちゃんねるメールマガジンにて「アニメとかが見れてすごい」と話題にする。

ドワンゴの子会社ニワンゴ設立未来検索ブラジル深水英一郎と、ひろゆき取締役就任話題になる。

VIPスレをまとめた「ニュー速VIPブログ(`・ω・´)」誕生。「他人レスをまとめてお金を稼ぐ行為」の是非が大きな議論を呼ぶ。

・この頃ぐらいに当時提出されていた「人権擁護法案」をめぐりネット上で大騒動になる。このぐらいを境目に、ネタOFFが多かった大規模OFF板に政治活動系の話題が幅をきかせるようになる

・「マンガ嫌韓流」発売。スイスの「民間防衛流行

電車男映画化

ベネディクト16世コラが世界的に流行

・この頃ぐらいから徐々にネット右翼が表面化してくる

山田ボイス

VIPSTAR流行

引っ越しおばさん流行

・「ハッピー☆マテリアル」をオリコン1位にする運動

Winnyによる情報流出問題

ジェイコム株大量誤発注事件

のまネコ問題

いかりや長介死去

レミオロメン粉雪流行

流行語大賞に「萌え〜」がランクイン

33-4

エアロバキバキ

構造計算書偽造問題発覚。この事件を受けてVIPでは「姉は一級建築士 〜イケない構造設計〜」というタイトルエロゲを作ろうとする(未完成で開発休止)

Web2.0

https://www.youtube.com/watch?v=oahEB2C3npk

https://www.youtube.com/watch?v=zAk6T3zAJgc

2006年

・「ニコニコ動画誕生

Twitter誕生

YouTubeで人気だった動画ニコニコ動画に流れ込み、定着する。

VIPPERから流入が多くなる。

YouTubeGoogleが16億5000万ドルで買収。

・釣神様

蒼星石ラジオ

PS3発売

銚子電鉄経営危機ぬれ煎餅ネットユーザーの間で売れる

・「涼宮ハルヒの憂鬱放送VIPED曲をオリコン1位にする祭りが行われたり、ニコニコ動画YouTubeハレ晴レユカイ踊ってみた動画が多くアップされる。翌年の「らき☆すた」のOP曲も同様の現象が発生し、ネット上の出来事が徐々に現実世界にも影響を与えるようになる。

・「踊り手」「歌い手文化の芽生え

9月11日テレビ番組生放送中に女優米倉涼子放屁し、無差別生物テロ単独で実行。同事件による被害者の数は全世界で数えきれない程に上り、一説では10億人以上とも囁かれている。この放屁では実も出た可能性があるとして、現在も有志が調査中。屁ではないことの証拠として、「日本音響研究所所長・鈴木松美氏の解析により、デジタル機器オーバーレベルによるノイズだったことが判明した」という記事を上げて、ノイズであることを主張する輩もいる。しかしこの記事掲載した週刊文春が某女優所属事務所に買収されていた、もしくは結託してもみ消しを試みた可能性もあるので、これは全く証拠にならない。この件については、10年たった今も公式コメント謝罪が未だに無く、更に我々にはこの事件を後世に伝えていかなければならない義務がある。

ライブドア事件堀江貴文逮捕

MUSASHI -GUN道-放送

流行:「物売るってレベルじゃねえぞ!」「wwwwww」「思い出は億千万」「レッツゴー陰陽師」「あいつこそがテニスの王子様」「た〜らこ〜た〜らこ〜」

https://www.youtube.com/watch?v=lhTumBn-D_s

https://www.youtube.com/watch?v=lTuy_Hn4_8o

https://www.youtube.com/watch?v=Md38v8OFFYQ

2007年

ニコニコ動画がγ時代に入る。この頃にVIPPERニコニコユーザ軋轢が進む

ニコニコ生放送開始

ウェールズ国旗アニメキャラが出てくる

2chドメイン差し押さえられそうになる

テラ豚丼事件

初音ミク流行

きこうでんみさAVデビュー

オプーナ発売

パンツレスリングアップされる

セカンドライフ流行ろうとしたが失敗

流行:「ニコ厨」「アベするアサヒる」「スイーツ(笑)」「ゆとり」「nice boat.

https://www.youtube.com/watch?v=-glkIghqlw8

https://www.youtube.com/watch?v=YwortdC_o14

2008-2016

http://anond.hatelabo.jp/20161223021413

2016-12-15

ギャンブル依存症問題議論する上で知っておいてほしいこと

依存症患者と真面目に向き合う人間として、どうしても言っておきたいことがあります

カジノ法案に反対するのはかまいませんが、それに合わせてパチンコ規制しろという話が出てきますが、それが依存症問題にとって効果があるかは全くもって実証されていないのが現実です。

中には国会議論されないのは業界政治家癒着が原因だなんて言う人もいますが、それは全くの間違いです。

なぜなら、パチンコ業界は、ここ数年でこれでもかというほどの規制を受け続けているからです。

まり議員パチンコ規制しろと言わないのは、パチンコが十分なほどに規制を受け続けているからであって、規制しろということ=無知晒ししまうことになるからです。



さて、ここで規制の詳細を事細かに話すつもりはありませんが、それによってどのような変化が訪れたかをご説明します。

2005年の時点で13,000店以上あったパチンコ店は、2014年10,500、来年は1万店割れが確実とまで言われています

なんと、規制によってこの10年で実に1/4のもの店舗を減らすことに成功したのです。

もちろん若者パチンコ離れなど、規制けが原因ではありませんが、これによって大半の悪徳店舗は姿を消すこととなりました。もしくは、営業力のない中小個人オーナーのお店なども大半が廃業に追い込まれしまいました。



それもこれも、カジノ法案議論されるにあたって問題となった、ギャンブル依存症に対する対策効果といっていいわけなのです。



おめでとうございます

あなた方の嫌いなパチンコは、あなた方が声を上げる前からすでに十分な規制を受け続け、実に1/4近い数の店舗廃業に追い込まれていたのです。

もちろんこれは、行き過ぎたギャンブル性を商品にして商売を続けてきたツケでもあります

先日の国会の答弁でもあった通り、正しい規制の中であれば合法と認められる業界である以上、規制を超えたギャンブル性をアピールすることで集客を行えば、直ちに賭博判断されても文句は言えません。



ところで、事の発端となったギャンブル依存症問題ですが、高いギャンブル性を規制することで果たして解決に近づけているのでしょうか。

肝心の依存症患者は、その数を減らすことに成功したのでしょうか。

なんと驚くなかれ、その答えを知る人は誰一人としていません。

なぜなら、誰も数値を測定していなかったからです。



依存症の原因をしっかりと調べず、さら対策と結果の因果関係も測定せず、ただただギャンブル性だけが問題視されて、パチンコ業界10年近く規制を強いられ続けました。

そうして店舗数がこれだけ激減したにも関わらず、依存症に対する効果測定が全く行われていなかったんです。

メチャクチャな話だと思いませんか?

そこにいたかなりの数の労働者も路頭に迷う結果になったはずです。

店舗だけでなく関連企業も当然で、言ってみればアニメ業界に対する影響も甚大なものだったはずです。



一部の政治家は、未だにギャンブル依存症患者が増え続けているといいます

これでもまだパチンコ業界悪者にされるというのだから滑稽です。

パチンコ店がこれほどまでに減ったにも関わらずギャンブル依存症患者の数が増えたり減っていないというのなら、パチンコギャンブル依存症患者数との相関関係は成り立たないのですから

それでも尚パチンコ業界規制するというのであれば、それは被害者の実情を無視した魔女裁判であり、結局は被害者のことではなく、政治家が自らの体裁を考えているだけということを証明しているにほかなりません。



ただこれは、パチンコ不要だと声高に叫び続けている人たちも同様です。

原因らしいもの糾弾して、その後の経過も見ずして自分たち勝利だけに酔う。

その行動が本当に依存症で苦しむ人間のための行動と言えるのでしょうか。

パチンコギャンブル依存症の原因であることを否定するつもりはありません。

パチンコが嫌いなことを止めるつもりもありませんし、止めることもできません。

しかし、そのことに正当性を持たせるために、依存症で苦しむ人達を利用することが許されてよいわけではありません。



あなた依存症問題を口にする時、それが果たして本当に依存症で苦しむ人を考えてのことなのか、それとも自分が嫌いなものに対する発言正当化するために利用するものなのか、その点はご自身理解しておいてもらいたいと思います

なぜなら、一生懸命患者と向き合って活動をしている人間にしてみれば本当に導きたい解決方法に近づくどころか、論調に押されて当事者放置の状況が加速していくばかりだからです。ご理解をお願いします。





<追記>

当然あるだろうと思っていたツッコミに対して返答をしておきますと、ここで考えてほしいのは、パチンコの残存規模がどれだけ大きいかということの問題ではなく、店舗数が激減したにも関わらず、依存患者数の増減に全く相関関係がない、もしくはそれが数値化されていないということにあります

例えば同じ地域パチンコ店が残っていたとしても、業界の1/4にも達する店舗がなくなったのだとしたならば、そこには少なから相関関係が見出されてしかるべきはずです。

それなのに依存症患者の数が減っていないどころか、もし増えていると主張するのであれば、今まで行ってきたギャンブル性を規制すること、もしくはその結果として店舗数を激減させたことは、むしろ目的に対して逆の効果が現れているということにもなりかねません。

だとしたら、それは依存症から守るという名目のもとに行われた、行政による企業の大量駆逐しかないということになってしまます

そこで働いていた従業員やその家族が露頭に迷うようなことを、効果測定も行わずただの印象だけで推し進めていたということになるのです。



もしそうではないと主張する人が、一人一人の依存症患者追跡調査したデータを持っていないとするならば、それは結局結論ありきのこじつけでしかないことに変わりはありません。

その安易思い込みによって、多くの人が職を追われているとして、それでも全てがパチンコに携わった人間責任だといい切っていいのどうかわたしには判断ができません。



それに残念なことに、少なからわたしの身近にいる依存症に苦しむ人たちの多くは、行く店をなくしたあと、パチンコに限らず何かしらのもの依存し、未だに苦しんでいる状況にあります

昨今では依存症環境要因よりも遺伝によるものが多いという研究結果もあり、わたしから見える周囲に限ってはその研究の通りの結果が作られていますが、今はそれを掘り下げてお話するつもりはありません。



先に述べた通り、わたし目的依存症に悩む人間が正しく救われる社会が作られることにあります

パチンコ害悪だと主張したいのであれば、余計な正義感依存症問題に首を突っ込むのはおやめ下さい。

安易プロパガンダに乗せられてその片棒を担ぐことが、結果として依存症問題解決を遅らせることになっているからです。



<追記>

続きを書きました。

http://anond.hatelabo.jp/20161216101726

2016-12-01

文部科学省製作周期表デタラメな件

一家に1枚 元素周期表

政府科学の啓発を目的として作ったものから無料PDFを公開している。

一家に1枚シリーズ」のサイトhttp://stw.mext.go.jp/series.html

最新9版(http://stw.mext.go.jp/common/pdf/series/element/element_a9.pdf

製作著作:文部科学省

企画制作:株式会社化同人

2005年 3月25日 第1版発行

2016年 3月7日 第9版第1刷発行

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161130/k10010790131000.html

113番、115番、117番、118番の元素正式名前がついたと聞いたので、そろそろ周期表ポスターも買い換えるべきか、と思い、

文科省製作の「一家に1枚 元素周期表」の最新9版のPDFを見ていたところ、いくらか間違いらしきものに気付いた。

自分科学に関して門外漢であるから、見当違いのことを書いているかもしれないが、その時は誰か突っ込んで欲しい。


原子量」と「質量数」とを混同している

周期表の右下にある注釈を見てみよう。

※ここに示した質量数は, 各元素の詳しい質量数の値を有効数字4桁に四捨五入して表され, IUPAC原子量委員会承認されたものである.安定同位体がなく, 同位体の天然存在比が一定しない元素はその元素代表的同位体質量数を示している(参考書12による).

参考書12とは、日本化学会原子量専門委員会元素周期表 (2012)』および『4桁の原子量表』のこと。

質量数とは、「原子核中の陽子中性子の数の和」を意味する。当然これは整数値を取るし、4桁にもならない。四捨五入もする意味がない。

引用文の1文目の「質量数」は明らかに「原子量」の間違いだ。(2文目は正しい)



ただし、この注釈は、私が所持している第6版(2011年3月)ではちゃんと原子量になっていた。

※ここに示した原子量は, 各元素の詳しい原子量の値を有効数字4桁に四捨五入してつくられたもので, IUPAC原子量委員会承認されたものである.安定同位体がなく, 同位体の天然存在比が一定しない元素はその元素代表的同位体質量数を( )の中に示している〔日本化学会原子量委員会(2010)の「4桁の原子量表」による.〕

「第7版の変更・修正点」(http://stw.mext.go.jp/common/pdf/series/element/element_6to7_diff.pdf)を読む限り、第7版(2013年3月)でこの変更は行われたようだ。

(なお調べた限り有効数字4桁に四捨五入しているのは、日本化学会からIUPAC原子量委員会承認されたものという表現おかしい気がする)

原子量について、2016年発行なのに2012年データを用いている

日本化学会は毎年、IUPACの最新の原子量に基づいて「原子量表」を発表している。

http://www.chemistry.or.jp/activity/international/

(2012-2016の原子量表が見られる)


版を変えるのならば当然、その時点での最新のデータ、つまり2015年度のデータに合わせるべきだ。(「一家に1枚 元素周期表」は3月発行だから、最新版2016年のものは間に合わない)

なお、2013-2015年で、モリブデン Moセレン Se、について原子量(4桁)が変更されている。

2012年データとしても間違っている

前述の「第7版の変更・修正点」を見てみる。

(1)元素についての修正

32Ge

質量数を72.63から72.64に変更

(理由:日本化学会原子量委員会(2012)の「4桁の原子量表」にそろえたため)


これは4桁の原子量表(2011)→4桁の原子量表(2012)でなされた変更であるしかし、前に引用した通り、第6版では2010年度版を用いている。

よっておそらく2010年から2011年度にかけての変更が反映されていないのだ。


実際、30亜鉛Zn、42モリブデンMo、70イッテルビウムYbに関しては、第9版の値と4桁の原子量表(2012)の値は異なる。

また、これら3つに関して、第9版の値と第6版の値は同じである

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん