「内緒」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 内緒とは

2016-06-23

AKB48と社民党・・・22年前に意外な接点 AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」


AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」

指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。

実は、22年前にも同じようなことを言った人がいる。

 その人こそ同じ大分村山元総理だ。

まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」

当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。

1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

その野合に当時、新人議員安倍晋三も参加。なのに今になって民進党共産党野党共闘に「野合だ」とケチをつけていい気になっている。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

こういう人が後に安倍総理や森五輪会長となる。

指原さんは安倍政治家に向いてるなどといわれていい気になってるようだが、いっそのこと安倍自民党批判を始めてはいかがか。

あと、秋元康さん安倍総理組閣ごっこなんてやってないで、真面目に政治のこと考えてみてはいかがですか。

AKB48と社民党・・・22年前に意外な接点 AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」

AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」

指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。

実は、22年前にも同じようなことを言った人がいる。

 その人こそ同じ大分村山元総理だ。

まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」

当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。

1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

その野合に当時、新人議員安倍晋三も参加。なのに今になって民進党共産党野党共闘に「野合だ」とケチをつけていい気になっている。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

こういう人が後に安倍総理や森五輪会長となる。

指原さんは安倍政治家に向いてるなどといわれていい気になってるようだが、いっそのこと安倍自民党批判を始めてはいかがか。

あと、秋元康さん安倍総理組閣ごっこなんてやってないで、真面目に政治のこと考えてみてはいかがですか。

私の記憶の始まりは、田舎に向かう新幹線の途中。

全く知らないおじさんに話しかけて、遊んでもらっていた。

一緒に乗ってたのはお母さんと妹。お母さんは妹をきつく抱いて、私が遊び呆けているのを黙って見ていた。

しばらく乗って、薄暗い駅に降り立った。おじさんが迎えにきて、私たちを車に乗せた。途中、おじさんがタコの吸盤の話をし始め、その話があまりにも怖くて大人になるまでタコが食べれなかった。

これは、私と、ちょっと変わったお母さんのお話です。

お母さんはほどなくして、パートを始めた。スーパーフードコートでのアイスクリーム売りが彼女お仕事だった。

私はその当時4歳。お母さんはずっと働きに出ていなかったから、おじいちゃんに主に遊んでもらっていた。おじいちゃんは新聞漢字を私に教えるのが大好きで、そのおかげか6歳になるころには赤川次郎三毛猫ホームズくらいなら読めるようになっていた。

絵を描くのも大好きで、おじさんが買ってたマガジン漫画の真似っこをよくしていた。おばあちゃんが鉛筆工事で働いていて、絵を描くのを好きな私に色鉛筆を買ってくれた。毎日毎日飽きもせず、へたくそな絵と漫画を描いていた。

お母さんは、夜も家にいなかった。たまに知らないおじさんを連れて、家に帰ってきた。そのおじさんは私と妹にとても優しくて、おじちゃんおじちゃんと慕っていた。おじちゃんに絵を見せたら、俺のことも描いてくれと言うので描いてあげた。

そういえば、お父さんはどうしてうちにはいないのか、ふと考えることもあった。でもなぜか、聞いちゃいけない気がして私はずっと黙っていた。お母さんを怒らせると怖いから。おじちゃんが優しいし、おじいちゃんもおばあちゃんも、お母さんの弟のおじさんも優しい。だから別にお父さんがいなくても大丈夫だった。ここまでは本当にそうだった。

ある時急におじちゃんが言った。おじちゃんはおじちゃんじゃなくなるよ、増田のパパになるんだよ、と。私は、パパはおじちゃんじゃないよ?と言った。即座にお母さんに叩かれた。妹は言われた通りにすぐパパと呼んでいて、私はそれが今でも悔しかったのを覚えている。パパはおじちゃんじゃないのに、どうしてパパと呼ばなくてはいけないのか、私には理解できなかったのだ。

でも、叩かれたときに悪いことをしたのだと思った。パパと呼ばれなかったおじちゃんは悲しそうな顔をしていた。私は悪人だ、としくしく泣いたけど、誰も慰めてくれなかった。

そして、結婚式。否応がなしに見せ付けられたセレモニーと、いつの間にかお花渡し要因にされた。親の結婚式を見た、ということがおかしいと気付くのはもう少し後なのだけど、どうやら私はこの日を境にパパではない人をパパだと受け入れないといけないことに気づいて、また泣いた。母親には、縁起のいい日に泣かないでと言われた。また私は悪いことをしてしまった。

新居には、優しいおじいちゃんとおばあちゃんがいた。お母さんはパートを続けるからと、私は早速お手伝い要員になった。大方の料理はここで仕込まれ、夕飯の準備はなんでもできるようになった。お母さんは気が向くとパフェを作ってくれて、それが私の密やかな幸せだった。

このころから、「パパ」のスキンシップが激しくなってきた。起こしにいくと、一緒に寝ようと言われ、おとなしくしてると身体を弄られはぁはぁいっている。怖くてお母さんに相談したけれど、子供相手に変な気起こすわけないでしょ、大袈裟だと言われた。本当のことなのに誰も信じてくれないから、起こすのを拒否したら、反抗的子供で可愛くないと言い捨てられた。また私は悪いことをしてしまったのだ。

私が今でも母親を許せない出来事その1が、小学校2年生の宿題。どこにでもよくある「名前の由来」を聞いてこいと言うものだった。

ゲームをしている母親に、私の名前はなんで○●なの?と聞いた。すると、ため息を一つついた後、母親はこう言った。

「そもそも、お前のことは最初堕ろすつもりだったんだよね。」

そこから始まった彼女告白は、どうやら私は誰の子かもわからないらしいこと、当時付き合っていた彼氏はいたけど、他の男性とも関係を持っていたらしいこと、実際5ヵ月目くらいに流産してラッキー!と思ったものの、私は流れず残ったこと、当時の彼氏結婚するからこんなに頑張って残った子は産んでくれと懇願したこと、しぶしぶ了承するも、私を産むときに生死の境をさ迷ったらしいこと、二番目の妹はお腹の中でもおとなしく、安産だったらしいこと、どうやら私をめぐる喧嘩が原因で離婚したらしいこと、ここまでを一気に話した上で、だから私はあなたの由来は詳しく知らないよ、相手が考えてくれたんだもん。と言われた。

そっかぁ、と言って部屋を出た後、私はわりと冷静で、だからうちにはパパがいなかったのか、離婚たから。とか、私は望まれて生まれたわけじゃないから当たりが今まできつかったのか、と納得するしかなかった。作文は、私の名前漢字私自身で調べて、それらしい理由を描いた。そして私は、あまり家で遊ばなくなった 友達の家か、学校に残ってずっと漫画を描いていた。絵も話も、同年代の子供たち以上に上手にかけたから、私の漫画は知らない上級生にまで広がり、続きが読みたい!とせがまれる程だった。おじいちゃんの教育のおかげか、学校勉強も聞いてるだけで問題なく解けたから、学校は楽しかった。

そのころ、母が妊娠し、男の子を産んだ。その途端、おばあちゃんは私のことはどうでもよくなったみたいで、毎日弟にべったりになった。お母さんは私に弟のオムツ飲み物を作ることを要求してた。よく寝てた記憶だ。学校テストで100点をとっても、小学校で躓いてたら話にならんと誰にも誉めてもらえなかった。お父さんは相変わらず隙があれば触ってくる。私は気持ち悪かった。

私は中学生になるとき母親に念押しされたことがある。頼むから大きくなってくれるなと。制服代は馬鹿にならない。そして制服を使い回せる某進学校に行ってくれと。私は、家が貧乏なら仕方ないかな、と思った。部活ユニフォーム以外お金のかからない陸上部に入った。その間、家には大型テレビが入り、衛星放送が入り、大きなダブルベッドが母親のために注文されていたが、見てみぬフリをしていた。

母親との嫌な思い出その2。学校喫煙の害についてのシンポジウムが開かれ、おうちの人に喫煙者がいたら、ぜひ止めるように言ってくださいと言われた。私の母は喫煙者だったので、学校で見てきたことを話した。結論、キレられた。なんで私の稼いだ給料で買ったものをお前に余計な口出しをされるんだ、そもそもお前が産まれなかったらこんな田舎暮らしてることもないんだからなと。多分世間の狭い田舎での生活に、心身ともに参っていたのだと思うけど、傷ついた。もうそれ以来喫煙についてはふれないでおこうと思った。

このころ辺りから母親お菓子報酬に、子供マッサージを毎晩要求するようになった。私は高校にあがるまでその要求を呑んでいた。(何せ、親の部屋はアニメチャンネルが見れたから)そのおかげで私はマッサージ技術が拡大に上がった。母親は2時間くらい全身のマッサージをさせた後、100円のポテトチップをくれた。だがこれも、最初マッサージの対価=お菓子だったのが、お菓子が欲しかったらマッサージしろというものに変わっていき、私はさすがについていけなくなった。

高校は母の望んだ進学校に進んだ。ここで私は同人を始め、世界が変わるような体験をする。自分の描いた絵は誉められ、漫画も値段をつけたのが売れた。私は家に寄りつかなくなった。帰る時間も極力遅くし、可能なら母親実家に泊まった。家に帰ると私はイチからごはんを作らなければならなくなったが、母親実家料理を用意してくれ、お小遣いもくれた。(実家一円もくれてなかったので親にも学校にも内緒バイトもしていた。)学校の成績も上々で、でも頼むから就職してくれと言われていた。進学校なのに。そのころ妹はお金のかかる部活に入れてもらい、練習道具も全部揃えてもらっていた。弟は頭の出来が悪いから、私が家庭教師変わりだった。もちろん、無休。

このころから休日の昼食は私任せになり、母親夜ご飯ほとんど作らなくなった。妹や弟は料理ができないので、私が全部作った。

私は就職なんてしようと思ってなかった。何が何でもこんな家は出てってやると思っていた。そんな時、母親病気になった。ガンだ。

私はそれでも構わず家を出て、自分の夢のためにとにかく稼いだ。悔しかった。ノート一冊買うのですら渋られたのが悔しくて、ずっとずっと収入がある仕事と、自己実現のできる世界で生きた。途中途中で連絡はあっても、すべて無視した。

ただ、母親死ぬ1ヶ月前だけは毎日のように病院に通った。妹に頼まれたかである。妹は、献身的母親看護をし、ずっと実家暮らしで働いてないのに、よっぽど私より評価は高かった。

はいつかみたいに2時間マッサージをした。どうやら、母親は私のマッサージお気に入りだったようで、弟や妹じゃぜんぜんダメから私を呼んだようなことをかすかすの声で言っていた。たぶん、初めて私があの人に求められた瞬間だったのかもしれない、今思うと。

ほどなくして、母親は亡くなった。まだ40代、かわいそうだと思った。私がいなければ、この人の人生は輝かしいものだったはずで、こんな病気にもならずに済んだかもしれない。そんな思いで死に化粧と、お父さんと子供たちのスピーチを全部用意した。何故って、お父さんが、お前くらいしかそんなことできる子いないんだよ、って言うから

ふと思う。私はここまでされて、なぜ母親が嫌いじゃないんだろう。

しろ大好きで、出来ればもっと長生きしてほしかった。

人に言うと、よくぐれなかったね?と言われるけれど、ぐれたところで何も変わるわけなかった。だって、興味を持ってくれなかったんだもん。私という人間に。

私は生き方がまともじゃないとよく言われます

自分性格関係してると思うけど、じゃあここまで話して、私の人生あなた人生取り替えっこしてみようか?と言って首を縦に振った人間は一人もいません。

それが全てです。

でも、母親の作ったパフェの味だけは、今でも鮮明に思い出します。甘くて、幸せな味でした。

2016-06-22

Twitter上の文面なんて、同僚と適当に笑い話してる程度の軽い物がほとんどだろうけど、

字面だけを見たら本気で心の底から言ってるみたいに見えるから、ややこしい問題を生むんだろうなあって。

「あの発言なんなの、どういうつもりなの」って言われたから「軽い冗談だよ」って返せば、「私にとっては冗談じゃない」とか突っかかってくる。

かといって鍵掛けたら掛けたで、身内連中は「私に内緒でコソコソと…」とかいうから、もう面倒くさくてやめたな。

2016-06-20

AKB48と社民党・・・22年前に意外な接点 AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」


AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」

指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。

実は、22年前にも同じようなことを言った人がいる。

 その人こそ同じ大分村山元総理だ。

まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」

当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。

1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

その野合に当時、新人議員安倍晋三も参加。なのに今になって民進党共産党野党共闘に「野合だ」とケチをつけていい気になっている。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

こういう人が後に安倍総理や森五輪会長となる。

指原さんは安倍政治家に向いてるなどといわれていい気になってるようだが、いっそのこと安倍自民党批判を始めてはいかがか。

あと、秋元康さん安倍総理組閣ごっこなんてやってないで、真面目に政治のこと考えてみてはいかがですか。

2016-06-19

[]19:増田の共謀

「どういうことぢゃ!?

 増田典厩はひさしぶりに実家に帰ってきた娘を詰問した。彼女はまず平伏した。

 首尾良く増田家(八)内部に入り込んだ娘は増河の合戦時点では正確な情報を送ってきていた。

そのおかげで増田家(四)は思い切って兵力を東に集中し、死戦に勝利することができたのだ。

 帰ってきたら昇級だと褒められていた娘だが、みやこを巡る増田家と増田家(士)の戦いには正反対のことをした。

増田家と同盟の後増田家が北の国境に十分な兵力を残していると偽り、主家の判断を誤らせたのである

実際に残っていた野戦戦力はカラトラヴァ騎士団くらいのものであった。

 増田家(四)は増田中弐船団の難破者を助けたことで増田海側での中入り策を知っていたが、

さらに反対側の海岸でも同様の作戦を行うとは予想していなかった。

もしも、知っていれば武力に訴えなくても旧増田家(六)領の残り半分くらいは切り取れた可能性がある。



 歩き巫女ゆっくりと顔をあげた。強いまなざしで父を見つめる。

少し頬を染めてから唇を開いた。

「実は……漏らしてしまったのです」

 もちろん大便のことである

「あわてふためくわたくしを見て、あの方はこう仰いました。「ここで我が漏らしたのは二人だけの内緒だぞ」と……」

 増田典厩の瞳が揺れた。上を向いて瞼を閉じる。一筋の涙が皺だらけの頬を伝った。

美談じゃな」

はい増田島に生まれた者なら誰でも一度は漏らすもの

 でも、多くの人はそれを認めることができません。

 その弱さを他人の分まで背負って泰然としておられるあの方は真に強き方だと思いました」

「……だからと言って主家を売っていいわけがあろうか」

 娘は頬をこわばらせた。

「ええ、おめおめと戻ってこられる身とは思っておりません。

 ただ、これだけはわたくしの口から父上に直接お話たかったのです」



 いま増田家(八)は恒常的な和睦を求めている。

現状に少し変更を加えるだけで各家の領土固定化し、増田島の戦乱を終結させたい。

 具体的には増田家(四)が旧増田家(二)と旧増田家(六)の半分を割譲し、増田家(一・三・四)を治める。

割譲された旧増田家(二)は増田家(五)に分配し、旧増田家(六)の残り半分を放出する。

中心となる増田家(八)は本土の他に(六・七・九)を治める。

増田家(八)の下に入りながら復興をなしとげた増田家(十)が(士)の領土支配する。

 彼らの希望はこのような国割りである

増田家(士)との戦いに多大な貢献をした増田家(五)は土地を重視するため、少しでも領地をわけ与える必要がある。

また、重心となるべき増田家(八)は明確に最大の勢力でなければならない。

 このような事情から考えられた領土分配は、つまるところ彼らの都合に過ぎず、増田家(四)内部の気持ちをおもんばかっていない。



 確かに国力では圧倒される立場だが、仮想敵一枚岩になりきれず、以前行われた旧増田領(二)での直接対決でも自分たちが快勝している。

 仮に当主が和睦案に納得しても家臣たちが納得しないであろう。

増田典厩は娘に説明した。

 増田家(六)の半分だけであっても領土割譲は難しい。

そして、領土割譲が皆無では増田家(八)(というより後増田家)も和睦を受け入れない。

 やはり一戦に及ぶしかない。

 そして戦いが始まってしまえば増田家(四)の当主最後まで勝利を追求するに違いなかった。



「いくさはイヤにござります!」

「シエーーッ!!」

 増田典厩は娘の言葉に横から頭を抱えるポーズを取った。武家の娘が何を言う……。

「考えてくださいませ。両家のいくさとなれば主戦場になるのは、わたくしたちの故郷でございます!」

「う、うむ」

「父上は主家や増田家(八)の思惑ばかり考えていらっしゃいますが、

 もっとも大切にするべきなのは果たして何なのですか?

 おめおめ帰ってきたのは、それをどうしてもお聞きしたかたからです」

 彼女は激烈な調子で言い放って、顔を青ざめさせた。増田典厩は長時間腕組みをして考え込んだ。



前回

http://anond.hatelabo.jp/20160618092459



次回

http://anond.hatelabo.jp/20160620020153

2016-06-09

[]6月9日

○朝食:なし

○昼食:おにぎり三個(ツナツナ、シャケ)

○夕食:山菜あんかけかきたまごうどん山菜野菜カテゴリ大丈夫?)



調子

むきゅー!

むきゅー!

むきゅー!



む! きゅー!

6! 9!



というわけで、本日六月九日は「むきゅー」の日です。

ぴうい! ぴうい!

こんな目出度い日は一年に一回しかないですよ!

むきゅー! むきゅー!



逆転裁判6

そんな目出度い「むきゅー」の日に新発売のゲームです。

早速買ってきました。

が、この手のゲーム途中経過では書く事がないんですよね。

なので今日は好きな逆転裁判ランキングを書きます



3>ゴーストトリック>蘇>検事2>検事1>5>2>4>大



こんな感じです。

ただ、別にランキング付けしたけど、4と大以外は全部大好きです、特に2は順位は低いですが、好き度でいうと相当です。

2までは全部90点越えてて、本当に僅差って感じのイメージです。



バッジとれ〜るセンター

ぴうい! ぴうい!

むきゅー! むきゅー!

ぴうい! ぴうい!



僕の愛するダーテングがついに登場です!!!!!!(実は一週間も前に出てたのに気付いてなかったのは内緒

ダーテングダーテングダーテング

ダーテングメガヘルガーの二匹を並べて、ニヤニヤニヤニヤしています

ダーテングヘルガーズッ友だよ!



ぴうい! ぴうい!

むきゅー! むきゅー!

ぴうい! ぴうい!

むきゅー!



テラバトル

スォウさんのJOB3を解放するために「グングニル」を求めて、10-10にスタミナ全ぶっ込みするも一つもでず。

怨讐星域を読んだ。一巻を読み終わった時、一巻から三巻までの帯についてる煽りは嘘じゃないのかもしれないと思ったけど、結局尻すぼみな読後感になってしまった。残念。

なんだか似たような恋愛話が多かった気がした。宇宙船でのお見合いシステムも、なんで男性アクセスして相手を見つける話ばかりだったのだろう。逆があっても良かったはずだし、女性主人公になる話があっても良かった。もちろん結末はいろいろだったけど、過程が似たり寄ったりでちょっとうんざりさせられた。

また年代記の体裁をした短編集になってるのに、ひとつひとつエピソードに重みがないのがもったいなかった。もっとこう後世に残る大発明とか、大きな障害を克服したとか、些細な行いが禍根を残してしまったとか、重大なエピソードに焦点を当てればいいのに。改めてあらすじを眺めてみるとそうじゃないことがわかるんだけど、読んでいる最中は余分な話があるなって感想を持ってしまった。たぶん構造が悪いんだと思う。

一巻は素晴らしかった。新天地での人類生物との戦いや別コミュニティとの交流なんかはわくわくした。サラマンダー殲滅でもそうだったけど、梶尾真治が生み出す生物特殊グロテスク面白い。スナークとの格闘や百年蟬とブッシュバードの話なんかすごく面白かった。

終末期の地球の話は一巻の中で異彩を放っていたと思う。ハッピーエンドっていう話は主要な内容もさることながら、とある高校生家族と一緒に暮らしていることに衝撃を受けた。もうすぐ地球は滅びるのに、脱出する選択肢提示されていたはずなのに、地球崩壊を信じない父親の影響を受けてか新天地に移動しなかったことを思うと、自由選択の切なさというかもどかしさを感じないわけにはいかなかった。そりゃあ最終的に決定したのは本人なんだろうけど、それでいいのかってどうしても思う。終わり方も切なかったので終末モノが好きな人には読んでもらいたい内容だった。

ノアズ・アークの船員たちの心情も良かった。地球の人々に内緒宇宙船脱出することを選んだ大統領の苦悩とか、人生宇宙船の中だけで終わってしまう人々の無常観とかが胸に迫った。コミカルな内容もある宇宙船の話だけど、いつもどこかに物悲しさがつきまとっていた気がする。

二巻にも好きな話がままある。ノアズ・アーク怪物は結末がギャグだし、アダム小屋の話はモンスターパニックになっている。深遠の選択で描かれているジレンマもよかった。

三巻になると、復讐とか戦争とかそういう話になっていくから話が重くなる。戦中の情報統制とか教育方針とか、そういうもの抗う話じゃなくて浸透していく話になるから読んでて辛かった。また結末のカタルシス微妙。予想出来た終わり方なのは致し方無いとしても、もうちょっとドラマチックに心情を追って欲しかった。

このシリーズ、せっかくなら一巻は地球に残された人々を主に描いて、二巻は約束の地に先回りした人々の歩みだけでまとめて、三巻での宇宙船で旅だった人々の真意を重点に書いたら良かったんじゃないかな。単純に年代順に物語を並べたゆえの弊害が出てしまったように思う。読みやすくはあったんだけど。

2016-06-07

AKB48と社民党・・・22年前に意外な接点 AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」


AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」

指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。

実は、22年前にも同じようなことを言った人がいる。

 その人こそ同じ大分村山元総理だ。

まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」

当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。

1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

その野合に当時、新人議員安倍晋三も参加。なのに今になって民進党共産党野党共闘に「野合だ」とケチをつけていい気になっている。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

こういう人が後に安倍総理や森五輪会長となる。

指原さんは安倍政治家に向いてるなどといわれていい気になってるようだが、いっそのこと安倍自民党批判を始めてはいかがか。

参院選野党は共闘+AKB総選挙

面白いと思うが。指原さん、いかがですか。

あと、秋元康さん安倍総理組閣ごっこなんてやってないで、真面目に政治のこと考えてみてはいかがですか。

AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・22年前に意外な接点・・・同じ大分村山総理(当時)も「私が総理になるとは」


 指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。

実は、22年前にも同じようなことを言った人がいる。

 その人こそがあなたと同じ大分村山元総理だ。

まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」

当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。

1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

その野合に当時、新人議員安倍晋三も参加。なのに今になって民進党共産党野党共闘に「野合だ」とケチをつけていい気になっている。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

こういう人が後に安倍総理や森五輪会長となる。

指原さんは安倍政治家に向いてるなどといわれていい気になってるようだが、いっそのこと安倍自民党批判を始めてはいかがか。

参院選野党は共闘+AKB総選挙

面白いと思うが。指原さん、いかがですか。

あと、秋元康さん安倍総理組閣ごっこなんてやってないで、真面目に政治のこと考えてみてはいかがですか。

2016-06-06

夕立秘密

思ってもいないところからふとボールが投げられる。考える間もなくそれを受け取ってしまう。そしてそのボールを知らずにとんでもないところに投げ込んでしまう。そんな経験はないだろうか?僕にはある。あれは、中学生の頃のことだった。

僕の実家田舎で、バスは数時間に一本しかないようなところだった。その日僕は下校時刻のバスを乗り逃してしまい、仕方なしに歩いて帰っていた。次のバスを待つのと歩いて家まで向かうのと、時間的にそう大差はなかったのだ。夏の暑い中、日に照らされてじりじりと肌が焼ける中、たちまちに空が曇って夕立が降ってきた。ずいぶんひどい勢いで振ってきたその夕立から逃げるため、僕は走って最寄りのバス停まで向かった。そのバス停には屋根があったのだ。

バス停にたどり着いた頃にはすっかりずぶぬれしまっていたが、このまま夕立が降り続けるなら、ここでバスを待った方がいいだろう。そう判断して、僕は短くはない時間をここで過ごすことを決めた。

そう思っていると、雨音に紛れて小さな走る足音が聞こえてきた。誰だろう?そう思ったときにはもう足音バス停へと駆け込んできていた。その足音の主は、同級生女の子だった。彼女もずぶぬれで、夏服のブラウスが軽く透けている。そんな姿にドキッとしながら、僕は彼女にお互い災難だね、と声をかけた。

でも、彼女は何も答えない。あれ、特別仲良くはないけど普通に話すクラスメイトなのに、なんで何も答えないんだろう?そう思って彼女をよく見ると、雨にずぶぬれた顔の目元には涙があふれていたのだ。なんで?僕の頭は疑問でパンクしそうになりながら、体をふくのに使っていたハンカチを思わず彼女差し出していた。このときハンカチ差し出していなければ、この後のこともちょっと違った形になっていたかもしれない。

彼女ハンカチを受け取ると小さな声でありがとうと言った。一体どうしたの?僕は彼女のことも考えず自分の疑問のためだけに、そんなことを訊いてしまった。彼女はしばらく躊躇っていたけれど、僕が渡したハンカチを見つめた後、ぽつりと答えた。「好きな人と別れてきたの」と。

その答えを聞いて、僕は彼女に尋ねたことを後悔した。そうだ、こんな土砂降りの中で女の子が泣いていて、その理由が重たくないはずがない。僕はとんでもないボールを受け取ってしまった、そう思った。けれども、ここでこのボールを投げだすことの方が彼女にとってひどいことかもしれない。そう思って、彼女の話を聞くことにした。

僕があまり質問しなくても、彼女はぽつぽつと話を続けた。それはコップに満杯になった水が揺れるたびにわずかに零れるような、そんな話し方だった。

彼女は年上の人と内緒で付き合ってて、でも両親に知られてしまって大反対を受け、そのことを素直に年上の彼氏相談しようとしたけれど、でも自分彼氏のことを考えたら何も言わずに別れるのが正解だと思って、別れを告げてきた、そう彼女は言った。

僕はどう言っていいかからなかったけど、辛かったね、とだけ口にした。彼女も、うん、とうなずいた。ここで終わらせておけばよかったのに、僕は余計なことを口にした。でもそれは何も理由を聞けずに別れを告げられた彼氏も辛いと思うよ、別れたくないなら素直に相談するといいよ、と。

彼女はびっくりした顔をしていたけれど、何かを決心した目をした。そして、うん、本当は別れたくない、だから頑張ってみるよ、と言った。僕もそれを聞いて、頑張れ、と励ました。

そうして雨が止んだ頃、バスが来た。僕はバスに乗り、彼女は雨の止んだ中を歩いて帰った。

それから、僕が彼女に会うことはなかった。

彼女学校に来なくなり、校内には噂が駆け巡った。彼女先生と付き合っていたのだと。最初のうちは真偽不明だったその噂も、とある男性教師が突然学校を辞めることになり、本当のことだったのだとみんながざわめいた。

僕はその噂と、あの夕立の中で彼女に訊いた話を思い出して、怖くなった。この顛末引き起こしたのは、僕のあの余計な言葉だったのかもしれないと。

彼女のことはすぐに学校内のタブーになった。彼女学校に来なくなったのも、不登校なのか、転校したのか、それすら誰も知らない。少なくとも、卒業アルバム彼女の姿はなかった。

僕はあの時言った言葉を、今でも後悔している。僕があんな励まし方をしなければ、彼女秘密は公になることはなく、卒業アルバムからすらも忘れられてしまうことはなかったのではないかと。

そしてその後悔を、今まで誰にも話したことはない。でも、心の中に澱み続けているこの後悔を吐き出したくてここに書いた。

こんな後味のよくない話を最後まで読んでくれた人、ありがとう

AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・22年前に意外な接点・・・同じ大分村山総理も「私が総理になるとは」


 指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。

実は、22年前にも同じようなことを言った人がいる。

 その人こそがあなたと同じ大分村山元総理だ。

まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」

当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。

1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

その野合に当時、新人議員安倍晋三も参加。なのに今になって民進党共産党野党共闘に「野合だ」とケチをつけていい気になっている。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

こういう人が後に安倍総理や森五輪会長となる。

指原さんは安倍政治家に向いてるなどといわれていい気になってるようだが、いっそのこと安倍自民党批判を始めてはいかがか。

参院選野党は共闘+AKB総選挙

面白いと思うが。指原さん、いかがですか。

あと、秋元康さん安倍総理組閣ごっこなんてやってないで、真面目に政治のこと考えてみてはいかがですか。

AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・22年前にも意外な接点・・・同じ大分村山総理も「私が総理になるとは」

 指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。

実は、22年前にも同じようなことを言った人がいる。

 その人こそがあなたと同じ大分村山元総理だ。

まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」

当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。

1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

その野合に当時、新人議員安倍晋三も参加。なのに今になって民進党共産党野党共闘に「野合だ」とケチをつけていい気になっている。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

こういう人が後に安倍総理や森五輪会長となる。

指原さんは安倍政治家に向いてるなどといわれていい気になってるようだが、いっそのこと安倍自民党批判を始めてはいかがか。

参院選野党は共闘+AKB総選挙

面白いと思うが。指原さん、いかがですか。

あと、秋元康さん安倍総理組閣ごっこなんてやってないで、真面目に政治のこと考えてみてはいかがですか。

AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・22年前にも・・・同じ大分社民党村山総理も「私が総理になるとは」

AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・22年前にも・・・同じ大分村山総理も「私が総理になるとは」 編集

「私はみんなの敵だから仕方ないのかな」・・・それは違います。敵は安倍総理です。

 敵は安倍総理。その敵にすり寄った極右は支持できない。5・1ワイドナショー安倍総理政治家に向いてるなどと褒められていい気になってる指原さん。

 まして安倍総理は4・21靖国神社真榊奉納。これは安倍総理自民党によるレイプ殺人合法化宣言靖国神社アジア虐殺レイプした当時の日本を高評価

 同じ安倍自民党の岩城法務大臣、高市総務大臣靖国神社参拝

 これは法務省総務省による事実上レイプ殺人合法化宣言。だから東京地検はワイロをもらった安倍自民党の甘利大臣を不起訴か。

 もう一度言うが、靖国神社アジア虐殺レイプした当時の日本を高評価侵略戦争をした指導者や軍幹部を「英霊」などとして神として崇拝。

 

 それに安倍総理村山富市元総理が大嫌い。これ、知ってた?そんな安倍総理に褒められていい気になってる指原さんをよく思ってない大分県民は多いかも。村山さんは、大分でもまだ人気があるんでしょ。大分の票も消えたかもしれないね

  さら熊本地震大分でも被害が大きかった。ここでも安倍総理はとんでもないことをやる。余震の恐れが言われる中「屋外避難者はきょう中〔4・15〕に屋内に」と指示。4・16未明震度7大地震で屋内で亡くなった方多数。

聞いてると思うが、今も避難者は屋内に入ることをためらってるという。当然だ。しかしそんなとんでもないことをしたにもかかわらず、報道されない。安倍自民党報道統制してるのであろう。載せたのは日刊ゲンダイだけ。

 こんな報道統制してると思われる安倍総理に褒められて、いい気になってるようでは、まともな人はあなたについて行かない。

ところで、指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。

実は、約20年前にも同じようなことを言った人がいる。

 その人こそがあなたと同じ大分村山さんだ。

まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」

当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。

1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

そんなこともあって村山さんの「まさか自分首相になれるなんて」ということになる。指原さんは大分からある程度知ってると思ったのだが、知らなかったのだろうか。

それとも村山さんの首相指名選挙で当時、新人議員安倍総理村山さんに入れたから仲がいいと思ったのか。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

あなたは頭の中でぐるぐると言ってたが、私もこういうのグルグル駆け巡る。

結論安倍総理自民党を徹底的に批判してみてはいかがだろうか。まさか自民党に入るつもりはないんだろう?

だったらそういう選択肢もあるのでは?

参議院選挙AKB選挙タイアップ

面白くないか

AKB48の指原莉乃「私が1位になるなんて」・・・22年前にも・・・同じ大分村山総理も「私が総理になるとは」

「私はみんなの敵だから仕方ないのかな」・・・それは違います。敵は安倍総理です。

 敵は安倍総理。その敵にすり寄った極右は支持できない。5・1ワイドナショー安倍総理政治家に向いてるなどと褒められていい気になってる指原さん。

 まして安倍総理は4・21靖国神社真榊奉納。これは安倍総理自民党によるレイプ殺人合法化宣言靖国神社アジア虐殺レイプした当時の日本を高評価

 同じ安倍自民党の岩城法務大臣、高市総務大臣靖国神社参拝

 これは法務省総務省による事実上レイプ殺人合法化宣言。だから東京地検はワイロをもらった安倍自民党の甘利大臣を不起訴か。

 もう一度言うが、靖国神社アジア虐殺レイプした当時の日本を高評価侵略戦争をした指導者や軍幹部を「英霊」などとして神として崇拝。

 

 それに安倍総理村山富市元総理が大嫌い。これ、知ってた?そんな安倍総理に褒められていい気になってる指原さんをよく思ってない大分県民は多いかも。村山さんは、大分でもまだ人気があるんでしょ。大分の票も消えたかもしれないね

  さら熊本地震大分でも被害が大きかった。ここでも安倍総理はとんでもないことをやる。余震の恐れが言われる中「屋外避難者はきょう中〔4・15〕に屋内に」と指示。4・16未明震度7大地震で屋内で亡くなった方多数。

聞いてると思うが、今も避難者は屋内に入ることをためらってるという。当然だ。しかしそんなとんでもないことをしたにもかかわらず、報道されない。安倍自民党報道統制してるのであろう。載せたのは日刊ゲンダイだけ。

 こんな報道統制してると思われる安倍総理に褒められて、いい気になってるようでは、まともな人はあなたについて行かない。

ところで、指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。


実は、約20年前にも同じようなことを言った人がいる。

 その人こそがあなたと同じ大分村山さんだ。

まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」

当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。

1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

そんなこともあって村山さんの「まさか自分首相になれるなんて」ということになる。指原さんは大分からある程度知ってると思ったのだが、知らなかったのだろうか。

それとも村山さんの首相指名選挙で当時、新人議員安倍総理村山さんに入れたから仲がいいと思ったのか。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

あなたは頭の中でぐるぐると言ってたが、私もこういうのグルグル駆け巡る。

結論安倍総理自民党を徹底的に批判してみてはいかがだろうか。まさか自民党に入るつもりはないんだろう?

だったらそういう選択肢もあるのでは?


参議院選挙AKB選挙タイアップ

面白くないか

2016-06-04

AKB48の指原莉乃さんへお手紙です。「私はみんなの敵だから仕方ないのかな」・・・それは違います。敵は安倍総理です。

 敵は安倍総理。その敵にすり寄った極右は支持できない。5・1ワイドナショー安倍総理政治家に向いてるなどと褒められていい気になってる指原さん。

 まして安倍総理は4・21靖国神社真榊奉納。これは安倍総理自民党によるレイプ殺人合法化宣言靖国神社アジア虐殺レイプした当時の日本を高評価

 同じ安倍自民党の岩城法務大臣、高市総務大臣靖国神社参拝

 これは法務省総務省による事実上レイプ殺人合法化宣言。だから東京地検はワイロをもらった安倍自民党の甘利大臣を不起訴か。

 もう一度言うが、靖国神社アジア虐殺レイプした当時の日本を高評価侵略戦争をした指導者や軍幹部を「英霊」などとして神として崇拝。

 

 それに安倍総理村山富市元総理が大嫌い。これ、知ってた?そんな安倍総理に褒められていい気になってる指原さんをよく思ってない大分県民は多いかも。村山さんは、大分でもまだ人気があるんでしょ。大分の票も消えたかもしれないね

  さら熊本地震大分でも被害が大きかった。ここでも安倍総理はとんでもないことをやる。余震の恐れが言われる中「屋外避難者はきょう中〔4・15〕に屋内に」と指示。4・16未明震度7大地震で屋内で亡くなった方多数。

聞いてると思うが、今も避難者は屋内に入ることをためらってるという。当然だ。しかしそんなとんでもないことをしたにもかかわらず、報道されない。安倍自民党報道統制してるのであろう。載せたのは日刊ゲンダイだけ。

 こんな報道統制してると思われる安倍総理に褒められて、いい気になってるようでは、まともな人はあなたについて行かない。


ところで、指原さんは「私なんかが1位になれるなんて」と言っていた。



実は、約20年前にも同じようなことを言った人がいる。


 その人こそがあなたと同じ大分村山さんだ。


まさか自分総理大臣になるとは思わなかった。」


当時社会党は70議席まさか自民党(220議席ほど)と連立。


1993年、当時、社会党は45年ぶりに政権についた。

熊本県知事だった細川さんが日本新党当選。その細川さんを首相とする細川連立内閣社会党新生党(当時)、公明党日本新党など7党ぐらいの政権

細川さんというのはあの都知事選小泉さん応援で出た人だ。

その後,羽田さんが総理になったが、このとき社会党以外の政党の3党が社会党内緒勝手会派を作ったことに社会党が反発。政権を出て、自民党、さきがけと連立を組んだ。これがいわゆる自社さ政権。長年対立していた自民党社会党が組んだので野合という言葉も出た。

そんなこともあって村山さんの「まさか自分首相になれるなんて」ということになる。指原さんは大分からある程度知ってると思ったのだが、知らなかったのだろうか。

それとも村山さんの首相指名選挙で当時、新人議員安倍総理村山さんに入れたから仲がいいと思ったのか。

安倍自民党から政権につけるから入れただけ。安倍だけではない。安倍所属してた派閥森喜朗(今の五輪会長)はせっかく村山さんに建設大臣にしてもらったのに「この内閣は暫定内閣だ」、つまり村山内閣なんてすぐつぶれちゃうよ、と暴言。こいつは昔から暴言王。

あなたは頭の中でぐるぐると言ってたが、私もこういうのグルグル駆け巡る。


結論安倍総理自民党を徹底的に批判してみてはいかがだろうか。まさか自民党に入るつもりはないんだろう?


だったらそういう選択肢もあるのでは?



参議院選挙AKB選挙タイアップ


面白くないか

2016-06-02

今時の子ちょっとかわいそうになった

先週末親戚が夫婦で家を空けないといけない用事ができてうちで一日子供を預かることになった。

子供小学4年生。

の子とは赤ちゃんの時からよく遊んでたんで別に全然嫌じゃなかったしむしろ楽しみなくらいで一緒に一日遊びに連れて行った。

そんでお昼にちょっと奮発してファミレスとかじゃないちょっといい店に入って、見栄もあって「好きなもの頼んでいいよ」って言ってみた。

そしたらいろいろメニュー見てから安い単品メニューを選んだんで「もっといいの頼んでいいよ。なんならデザートも」とか言うんだけど、本当にそれがいいからと言ってきかない。

自分が同じ年令だった頃やっぱり同じように親戚のところに一時的にお世話になった経験があって、そこで同じように好きなように頼んでいいと言われたときにはきょうだい3人で普段両親と来た時には絶対ダメっていわれる高いメニューとか頼んだのを思い出した。

その時には両親があとで預けた親戚の家に平謝りに行ったなんてことを大人になってから聞いた。

ときょうだいが図々しかったといえばそうなんだろうけど、小学4年生ってそんな大人に気を使う年だったっけって少し思ってしまった。

結局「お父さんとお母さんには内緒にしてていいから、本当に好きなの頼んで」と言って最初に選んだのよりも少し豪華なランチをごちそうしたんだけど、なんか時代を感じて別れてからしんみりしてしまった。

の子供は小利口にならずもっと無邪気でいいと思う。

2016-05-31

スマホ以前の暇つぶし

 現代暇つぶしといえばスマホである電車内や駅のホーム外食店の待ち時間会社の昼休み、どこを見ても必ず誰かはスマホをいじっている。かく言う私もスマホをいじっている。スマホで何をしているのかは知らないが、多くの人がスマホをいじって暇をつぶしている。

 で、ふと思ったのだが、スマホが普及する以前はその時間に何をしていたのだろう。いや、この場合は「スマホ」より、「携帯電話」と言った方が良いかも知れない。まあとにかく外で気軽にメールSNSネット閲覧が出来ない時代に、私たちはどうやって暇をつぶしていたのだったか

 ぱっと思いつくのは、読書新聞音楽くらいである。携帯ゲーム機も昔からあるけれど、年齢を重ねるにつれ、外でやる人は少なくなっていく。スマホゲームをやる人は多いだろうに、不思議ものだ。あとは物思いに耽るか、電車では寝ている人も多い。マイナー暇つぶしは他にも色々あるかも知れないが、メジャーなのはこのくらいだろうか。

 書いていて思い出したのだが、小学生の頃に、母親携帯電話を使って、電車や車でずっとゲームをしていたことがある。まだ携帯電話庶民に普及して間もなく、画面も緑色の背景に黒い文字という、今からすると驚くべき代物だった。ゲームドラクエシリーズの何かで、大したものでもなく、家にあるスーファミと比べると遥かに見劣りするものだったと思うが、それでも私はそのゲームをするのがとても楽しみだったのを覚えている。

 携帯電話という未知の電子機器に魅力を感じていたとか、ドラクエが大好きで仕方なかったとか、そういうわけではない。そのゲームは私にとって、母と二人だけの、小さな秘密だったのだ。

 携帯電話ゲームといっても、それは無料で気軽にできるものではなく、月額でいくらか掛かるものだった。具体的な金額は忘れたが、小学生の私にとっては大金で、母としてもそう易々と許して良いものではなかったのだろう。しかし、やはり母は私に対して甘かった。

 「お兄ちゃん達には内緒ね」

 兄に話すと不公平だなんだと煩いので、そのゲームのことは秘密にしておき、母と二人だけで電車や車に乗っている時だけ、私はゲームを進められた。そして、いつもゲームの話をする兄には言えないので、強い敵を倒しただの、かっこいいモンスターが仲間になったのということを、母に自慢するようになっていた。

 すごいねえ、と私の話を聞いて微笑む母は、きっと何がすごいのかはよく分かっていなかっただろう。それでも私の拙い言葉に耳を傾け、一緒になって喜んでくれた。そんな母の優しさが、そして他愛もない二人だけの秘密が、幼い私にはとても心地よく、いま思い出すと、すこし切ない。

 閑話休題スマホの話だった。いや暇つぶしの話か。ちょっとした待ち時間など、人生には「暇な時間」がとても多く、そのほとんどは吹けば飛んでしまうような、記憶にも残らないものであるしかし、あるいは、私の幼い日の秘密のように、ふと思い出され、郷愁を誘う「暇つぶし」もあるだろう。

 人生における暇つぶし、みんなは何をしてきたのだろうか。そしていま、何をしているのだろう。

2016-05-26

http://anond.hatelabo.jp/20160526161432

すっかり存在を忘れていて

「へえ、助さん角さんの『角読む』かあ。今の時代に渋いネーミングだな」

と反射的に思ってしまったのは内緒

2016-05-09

http://anond.hatelabo.jp/20160508114345

しかったのは分かるが、あなたはこのことを自分の心の中だけにしまっておくべきだった。それだけでも十分価値があることだったと思う。

なんで「こういうことがあった」と公言してしまったのか。この公言現場にもたらす影響を考えたことがあるのか。

その嬢さんは本番をしたことは、周りに言わないでね、って言わなかったか?言わなかったとしら、あなあがもういい大人から、言わなくても分かると思って言わなかったんだと思うけど。

それでも「言われなきゃ分からん」というなら、やっぱまだただ童貞卒業しただけの子どもだと思う。

なんでもそうだし、どこの業界でもそうだけど、「あなただけへの特別サービス」「みんなには内緒だよ」を、内緒にされなかった場合、その業界あおりを食うんだ。

例えば、ある人にだけ毎回サービスをしてくれてたパン屋さんがあって、その「ある人」が「俺だけ特別サービスしてくれたw」みたいなのが世間に知れたら、そのパン屋の他のお客はもう馬鹿馬鹿しくて離れていくだろう。

例えば誰にでも公平平等に接しなければならない公的サービスが「あなただけは特別ですよ」とやってくれたことが世間に知られたら、そのサービスへの規制不正特定の人物に便宜を図っていないか調査、締め付け)は厳しくなるだろう。

1回限りで、あんはいいかもしれないけれど、後に続く後輩のことを考えたら、あなたはこのことを自分の心の中だけにしまっておくべきだった。

2016-05-03

あなたがそんな人だとは思いませんでした…

成人式の碑、幼稚園の頃から誕生日順に並ぶと自分のすぐ後ろのやつのLINEを教えあった

それから1年と3ヵ月

一切音沙汰なかったのに突然そいつからLINEの通知



話を進めると、いわゆるアフィリエイトで稼ぐ話を勧めてきた

早速そいつには内緒で評判を検索


うん、まあそうなるな、って感じの検索結果

ねずみ講だの詐欺だの優良だの元が取れないだの



そいつ商業高校出身だしそういうのには人一倍敏感だろうと思った

そんなことはなかった


いろんな友人に勧めているのか懐かしい名前を挙げてそれらがすべてすでにやっていると聞いた

地域1番のエリート校の人と仲良かったくせしてその人たちが候補にあがらない辺り怪しさを感じる




正直、金の切れ目が縁の切れ目となってもいいからネットビジネスしかもアフィで稼ぐような真似は辞めろと言いたい

言わないけど。いつか気づくでしょうってことで。


今知った限りじゃそれ一本で暮らしているらしい………

大丈夫なのかそれ


明日やるという講演会みたいなのは見送ることにした

怪しすぎるし



一応自分かまってちゃんなのは自任していて

こういうの使っているんです、っていうことをして反響が寄せられるのには少し興味があったけど、

それを使って稼ぎたいとは思わないなあ……


そんなことを思った

2016-04-21

素朴な疑問

AVパッケージで「ガチレイプ」と書いてあったとします。これは違法でしょうか?

な感じがします。

実際AVで「女子社員を無理矢理出演」「内緒で発売」など違法っぽい売り文句付けてるのがありますが、明らかにウソとわかる場合詐欺にならないなどの法律があるんでしょうか?もしそうならそれは誰が判断するの?

2016-04-14

リスカメンヘラの後輩女子と、男二態

サークルの後輩に、ちょっと何かあるとすぐリスカしたくなって、リスカしたら片っ端から男に「もうだめしにたい」って電話かける子がいた

初めて彼女メンヘラ癖が明らかになったのは、私の同期の友人男子にあてて「もうしにたい…」と電話がかかってきた時で、

びっくりした純朴な友人男子は、同じサークルにいた私の彼氏にあわてて電話をかけてきた。

ちょうど彼氏と一緒に居たので、私もいるよーと電話ごしに言ったら、ちょうどよかった二人とも来てくれ○○がしにたいといってると、あわてた様子だ。

私は、その時はまだ彼女メンヘラだと全然気づかなかったので、わー大変行ってあげよう慰められることでもあれば、と思ってあわてたのだが

彼氏はあわてずに「それは行かない方が良いよ」と言う。昨日は俺のところにかけてきた。夜中に何言ってんだ無理と言ったら電話切られたけどまだ生きてる。アイツのフェイクだ、周りをあわてさせて快感を得ているだけだと。



えーなんじゃそれ…と思ったが、とはいえ、こちらも気が落ち着かないし本当に何かあったら困るということで、取りあえず何かあったらタクシーで駆けつけられる場所で飲んでよう、と友人と合流して渋谷の安居酒屋で飲むことに。

彼氏は「もう一度、後輩からお前(友人男子)に電話がかかってきたら、ちゃんと何があってしにたいのか話を聞いて、納得したらお前が行けばいい」「たぶん、かかってこないと思うけど」と言う。

しばらくすると、今度は、私彼氏携帯メンヘラ後輩女子から電話がかかってきた。着信を見て、私たちは「…ああ。」と何となく状況を理解した。

彼氏が、私に携帯を渡してきたので、私は電話に出て「今××くんと友人くんと一緒にいるんだよ、大丈夫心配してるよー今から行こうか?」と行ったら、しばらくの沈黙の後「…いいです。だいじょうぶです」と返事があった。



大丈夫だったならよかったねーなんてのんきに思いつつ、なんで彼氏は驚かなかったの?フェイだって分かったの?と聞いたら、高校時代メンヘラ女に付きまとわれた経験があるらしい。

の子も、夜中に「…しにたい。会いたい…」と電話をかけてきたらしいが、ある日プチっとキレて、付き合ってもないし興味もない女のために何故俺が夜中に安眠を妨げられるいわれがあるかと、

「いやごめん、眠いから無理。お前非常識」と電話を切ったら、以降は彼氏には電話がかかってこず、一か月ぐらい後に、クラスの別の男子の自宅で彼女リスカして双方の親と学校を巻き込んで大騒ぎになったと。

「夜中に死にたいなんて言って人に迷惑かける奴の相手をまともにしたら、こっちが付け込まれるだけだぞ」と、友人男子と私は説教?をくらった。



死にたい、だけじゃなくて「俺はもうだめだ」とか「ちょっと消えます」とか、迷惑の程度に差こそあれ、こういうのは全部かまってちゃんメンヘラだ。

付き合いたい奴は付き合えばいいが、その末路は、自分の部屋を血だらけにされて家族先生に怒られて、大学指定校推薦が取り消されて…なんてのがオチで。

当該のメンヘラ後輩は、半年後ぐらいに「あれ何だったの?」と聞いてみたら、ケロッとして「彼氏喧嘩たから、どっちかとヤるのもアリかなと思って」言っていた。

それまでは、私と彼氏が付き合ってるのは後輩たちには内緒にしていたので「そうなんだ、うーんでも私、彼氏くんと付き合ってんだよね」って釘を刺しておいた。

メンヘラ後輩は「えーそうなんですか!いつから?えーそんな前から?だから電話しても冷たかったのかな」と、間違った解釈で納得しようとしていたので、

「ちがうよ、そうやって人を試すようなことをしていると、そのうち誰からも大切にされなくなっちゃうよ」と答えておいたが、ピンと来たかどうかは分からない。

2016-04-01

プライバシー流出に関する重大なインシデント

私は監視されている。妄想ではない。毎日学校で、私が昨夜食べたものなどが噂されているのだ。もちろんそんなこと、誰にも話したりしていない。そもそも登校した時点でもう噂になっているのだ。みんないつも私を笑いながら遠巻きに眺めている。気味が悪い。

何度か先生に訴えたが、気のせいだろうと言って取り合ってくれなかった。でも、みんな私に聞こえるように話している。私のテストの結果とか、新しく買ったゲームの話まで。

これは中学校に入ってから始まった。それまで普通に暮らしてきたと思っているのに、なぜかターゲットになった。本当になぜ、こんないじめに遇うことになったのかわからない。どうしたら解決できるかもまるでわからない。両親には心配をかけたくないから言いたくないし。なぜ、どうして、どうしたら。

一つだけ手がかりがあるとしたら、みんなが見ているスマホだ。みんなが私の話をするとき、たいていスマホを片手に持っている。あのスマホできっと私を監視しているのだ。だから、誰かのスマホを盗み見れないかいつもチャンスを探しているけど、物が物だけに持ち主本人だけではなく先生も気をつけているからなかなかチャンスがない。

でも私はある日、決定的な会話を聞いた。

「あの子、ようやく生理が来たんだってー」

「マジ?遅くない?」

「だよね。その上お祝いの赤飯だって。かわいそー」

「そーだよねー。父親にまで生理きたってさらされちゃってさ」

「ていうか、その父親存在がかわいそうだよね」

「そうそう。あの子の家の人、誰も気づかないのかな?」

「うちお母さんにこの話したら、絶対無理リコンするわとか言ってたよ」

「だよねー」

そう言っていつものように笑っているみんな。私は混乱した。生理が来たことがみんなにバレてるのは恥ずかしすぎるけど、もしかしたらと覚悟はしていた。でも、お父さんがどうして関係してくるんだろう?離婚するとかどういう意味なんだろう?

私はお父さんがちょっと苦手だ。少し、私にベタベタし過ぎている。そして、いつも記念写真を撮っている。持ってるのはデジイチの立派なカメラで、私はそこそこ大きくなるまでお父さんはカメラマンだと思っていた。実際は違ったけど。

でもこのいじめの裏に、あれだけ私を大好きなお父さんが関係しているとは思えない。思えないけれど、どうしてクラスメートの会話にお父さんが出てくるのかわからない。

どうして?そんなことを考えながら帰宅したら、家に荷物が届いていた。お父さん宛の荷物だ。いつも我が家では、個人に届いた荷物手紙勝手に開けることはしない。でも、その時はこの荷物に何かヒントがあるような気がして、後ろめたさを感じながらも荷物を開けてみた。

そこには、アルバムが入っていた。

そのアルバムには、私の写真と父が書いたと思われる一言コメントが添えられていた。「数学テスト97点で悔しがる娘」「娘が前から欲しがっていたゲームを買った。喜ぶ娘」

そのコメントは、今までみんなに噂されていた内容と一致していた。みんなの噂とこのアルバムアルバムの送り主は有名なSNSサービス名前。全てが、繋がった。



我が家では、家族揃って夕食をとる。今日もお父さんはいものようにカメラを構えて、夕食の写真を撮っていた。私はなるべく平然と、お父さんに訊いた。

「お父さん、そうやって撮ってる写真、いつもどうしてるの?」

「ん?ネットにアップしたりしてるよ」

今日ね、お父さん宛の荷物が届いてたよ。気になって開けちゃったら、アルバムが入ってた」

「お父さん、バレちゃったね」

お母さんがそう言う。

「バレたって、どういうこと?」

からない。そう訊く私にお父さんは答える。

「君が成長していく過程をね、ずっとSNSに記録していたんだ。それをアルバムに残して、君が成人した時に全部渡すつもりでいたんだよ。僕から君への、感謝気持ちとして」

「そうそう、壮大な計画だったんだからSNS投稿からアルバムが注文できるサービスも探して」

お父さんの答えに、お母さんも笑う。

「できれば内緒にして、二十歳の誕生日サプライズにしたかったんだ」

「……」

それを聞いて、私は涙が溢れて止まらなくなった。この両親に、私はどう言えばいいんだろう?そのSNSの記録が私のクラスメートに見られていて、私は遠巻きにいじめられている。そんなことをどうやったら両親を傷つけずに説明できるのだろう?

私がボロ泣きしている姿を見て、両親はそんなに泣かなくても、とオロオロしだした。言えない。こんな両親に私のことは言えない。

私は結局何も言えずに、涙のことは誤魔化して布団に入った。



あれからどうしたらいいか考えて、結局いい考えが思いつかなかったので、ネットに頼ることにした。質問サービスなんて使うのは初めてだったし、私も自分のことがうまく説明できるか不安だったけど、皆さん親身になって私の質問に答えてくれた。

その中に、こんな返答があった。

「信用できる先生を探して事情説明し、あなたの話としてではなく学校であった事例として、親のSNSから生徒の個人情報漏れたので各家庭気をつけてくださいと周知してもらうのがいいと思うよ。それでもあなたが遠巻きにいじめられるのは変わらないかもしれないけど、少なくとも余計な噂は減らせると思う」

それは確かに名案だと思えた。信頼できる先生を探す、というのが難しかったけど、スクールカウンセラー先生にこの質問をしたことも含め何もかも話して頼ってみたら、早速その先生が手配をしてくれた。本当にありがたかった。

そうしてできたお知らせのプリントを、私はドキドキしながら両親に差し出した。それを読んだ父と母はこう言った。

「でもうちには関係ない話だな」

「そうねぇ」

一瞬、何を聞いたかからなかった。でも、かろうじて「どうして?」と口に出すことができた。お父さんが言う。



だって、君みたいな『いい子』の話をSNSで見かけたからって、いじめたくなるわけないだろ?」

2016-03-30

http://anond.hatelabo.jp/20160329020801

元増田ですが親のマインドコントロールに気づいたのはついここ数年です。

しろわだかまりがこちら側にだけ出来て(気づいて)それをまだ打ち明けていない状態です。

それまで父親は悪いにしても母親を悪いとは全く思っていませんでした。

大学については別居時に養育費について母親が私に内緒でナシをつけていたようです。

それでも大学3年以降は学費のみでしたので苦学生バイトしないと本当にメシが食えない状態だったので就職活動殆ど出来ませんでした。

親父とは20年以上会ってませんが、家を建て替えて毎年ヨーロッパ旅行に行くぐらい金がある様です。