「内緒」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 内緒とは

2016-11-28

子供出来なさすぎでエロ漫画が読めなくなった

何が

今日は危ない日なの!」

「やめて!外に出して!赤ちゃんできちゃう!」

「オラァ!孕めぇ!」

できねえから

そんな簡単に孕まねえから



あんまりにも出来ないか夫婦検査したら

特に問題ないんでタイミング教えるからそれに合わせてセックスしてね」

だとよ

今更何言ってんだ

こちとら嫁に内緒自分スマホにルナルナインストールして

タイミング」とやら完璧に把握してんだよ


断面図で受精する様子なんかあると殺意すら覚えるわ

病院で見た俺のピチピチの精子は何十回「危険日」に「中出し」しようと受精できねえ


エロ漫画嫉妬しすぎてつらい

2016-11-06

腐男子だけど腐女子からBL読むな」って言われた

小さい頃から兆候はあったんだけれど中学に入って間もなく、もしかして俺って男が好きなのかなと思うようになって、

それからもうちょっと経ってから男だけじゃなく女にも興奮するとわかってから、俺って何なんだろうと思って、

そんなときたまたまブックオフで読んだ、スラダンスピンオフかなと思って手に取った本が二次創作ボーイズラブだった。

しか最初は「こんなものがあるなんて」と驚いたけれど、もっと続きが読みたいと思って、気がつけばこっそりBLを買うようになって、

俺ってやっぱり男が好きなのか、バレたらみんなから嫌われるかな、気持ち悪いと思われるかなと思い悩むようになった。



大学生の従姉妹の家に遊びに行ったときBLマンガを見付けて、もしかして理解者になってくれるかもと思って、

とにかく一人で思い悩むのが辛かった自分は従姉妹に、自分が男を好きかもしれないこと、BLをこっそり読んでいることを打ち明けると、

俺を否定せずに受け止めてくれて、それからBLマンガをこっそり読ませてもらうようになって、

うれしいな~と思うようになってからしばらく経った頃、従姉妹が俺をある場所に連れて行ってくれた。

いわゆる腐女子同士のオフ会で、そこにいけば俺の理解者がもっと増えるかも、という従姉妹心配りだった。



俺はとにかく緊張しっぱなしでオフ会に参加した。当日に突然の参加だったからみんな俺の存在に驚いていたし、

俺がBL好きであることを従姉妹がみんなに告げてから、しばらく口論っぽい感じになっていて、俺はだいぶ肩身が狭かった。

中でもひとり、大人の女性がすごく怒っていて、従姉妹も説き伏せるのに困っているようだった。

どうもその人にとっては、男の俺がこの場にいることが不快らしく、やっぱり男がいると変なのかなと思ってビクビクしていると、

その人が俺に向かって「もうBLを読まないでほしい」と言ってきた。なんでだろうと思っていたらその人によると、



「男はみんな、いつも女を性的に観て暴力を与えたり搾取したりしている」


BLにハマるというのは、性的搾取され続けた女が、自分意志で誰にも迷惑をかけず男を性的に消費することができる機会」


ボーイズラブにハマるのは女だけの特権。男がBLをハマるのは女から機会を奪うのと一緒。搾取行為である


「男がBLを読むのは間違っている」「男が男との恋愛に憧れるのは誤り」



といったことを、子供向けに噛み砕いた感じで言われてしまった。もちろん一字一句一緒というわけではないけれど、概要はこんな感じだったと思う。

見ての通り偏ったフェミニズムなんだけれど、なにぶん俺はそのときまだ13とか14そこらの子供だったから、

男が女を性的搾取とかフェミニズムとかこれまでの人生で考えたことなんて一切なかったし、そのときは緊張もしていたもんで、

しかも目の前で年上の女性が怒っているし、とにかく自分が悪かったんだと思って、「わかりました。ごめんなさい」とだけ謝って、従姉妹と一緒にそそくさとその場を後にした。

雰囲気は最悪だったので、従姉妹は俺に謝ってくれたんだけれど、俺はとにかく頭の中がこんがらがっていて、とにかく怖かったということだけ覚えていて、

それから家に帰ってひとりでいるときにあのことを思い出すと、急に胸が苦しくなって、喘息のように咳と涙が止まらなくなった。

パニクっていてよくわかっていなかったけれど、その頃は自分セクシャリティに関して思い悩んでいたこともあって、

面と向かって「男がBL読むな」「男が男を性的に観るのは間違っている」と言われたことはかなりメンタルに響いていたようで、

しかも「俺は女にも興奮できる男だから女の人に迷惑をかけていて、そのうえでさらに男を好きになるという悪を上塗りしているんだ」と思うと、

自分否定され、存在を誤りだと言われ、悪者にされた悲しみと、自分「悪」であることの自己嫌悪とがないまぜになったような感覚に落ちて、

誰に謝ればいいのか、これから自分はどうすればいいのかなんてことを考えて、とにかく胸が張り裂けそうでずっと咳き込みながら泣いていた。

その日から今まで親には内緒で買ったBLを、夜中にこっそり遠くのゴミ捨て場やどこかの側溝に捨てたりして全部処分した。



大学に入った頃には、自分がはっきりとバイだと自覚して、そもそもあの人の考え方がおかしいんじゃねえかとわかるようになり、またBLを読むようになった。

気持ちが上向けば幸せがやってくるのか、理解のある腐女子彼女もできたのでそれなりに充実するようになったのだけれど、

昔あったことを彼女に話すと、本当にわずかではあるけれど腐女子の中にいると、そんな主張をしている人を時折見かけるとのこと。

ネットで調べてみたら、あの日俺の前で怒っていたあの人と同じ主張をしている人がゴロゴロ出てきてビックリした。

てっきり、あの人はかなり特殊存在で、似たような人は二人といないだろと思っていたくらいなので。

ゲイバイ親でも殺されたのかってくらいの恨み節や、自分達のおかげでゲイ権利を獲得できたのだといった主張が並んでた。

これらの主張を読んでいるとあの日のことを思い出して、心臓がドキドキいって落ち着かなくなり気分も悪くなる。

考えてみればあの人にとって「男は女を性的搾取する存在」なので、「女を性的に見ない男」の存在自分達の主張を脅かすことになるんだろうし、

今ならあの人に反論することも可能だけれど、当時は子供だったのでしょうがない。

もちろんそんな主張をする腐女子なんかごく少数、多分フェミニストの中にだってごく少数なんだろう。

彼女が多少フェミニズムに噛んでいる関係上、フェミニスト人達意見を聞くことが多いけれど、

「私達のフェミニズム女性の権利向上や搾取撤廃は掲げているだけであり、男性から権利を奪ったりLGBT否定するなんてもってのほか

 とはい思想運動である以上、そういう主張が過激な人たちの存在否定できず、こちらとしてもとてもわかりあえず、悩みのタネ」と話していた。

女性が歩んできた歴史や現状を考えれば、俺は男性蔑視といった極端でないもので限りフェミニズム思想にはわりかし肯定的なほうなのだけれど、

それでもあの日のことを思い出すと胸がざわついて呼吸が荒くなるし、そのためフェミニズムを支持したくても複雑な気分になってしまい、心が折れてしまう。



まあフェミニズムがどうとか腐女子がどうとかに関係なく、俺はそんなに頭がよくないんで知識や考えが足りているわけじゃないけれど、結局言いたかったことは、

自分がどんな思想を持っていても、あんまり悪辣に他人セクシャリティ否定しないでほしいってことだけなんだよ。特に子供相手には。

俺は口が裂けても腐女子に対し「BLを読むな」なんて言えないし、そんな気もさらさらない。

時々、腐女子を叩くゲイも、本当にごく少数見かけるけれど、それもやめろよな。

ここまで書いて結構スッキリしたよ。吐き出すのって大事だねやっぱ。あんまりこういう長い文章書く機会ないんで、文章ヘタでごめんな。

2016-11-02

クリスマスプレゼント何が欲しい?

今年一年がんばったから何でも欲しいものをあげよう。

お母さんには内緒だよ。

2016-10-27

怖い夢

余命いくばくもない身内の人を抱えている家族が見た悪夢

ある日、その人が家族に付き添われて退院してきます

見た目はとても青白い顔ですが普通に会話もできるし、歩けるし、食事を作ることさえできるので私の代わりにやると言い出して代わってもらうことにしました。

包丁を使わせるのが怖かったのですが取り扱いに問題はないようです。

でも何故だか様子がおかしいと感じるのです。

やがて夫が泣き崩れます

本当はお母さん、今日の午後亡くなったんだ、と言い始めます

では、目の前にいるあの人は何だ?と聞きました。

確かにその姿はお母さんのものです。

するととある場所で調べてほしいと言われます

言われてやってきたのはSFに出てくる宇宙船の仲のような場所でした。

美しい男女がそこにはいました。

その人たちを含んだ会話を盗み聞くことができました。

それによると、本来ならば玉体に何かあったときのために用意されている内部に脳だけをはめ込んで使うサイボーグのようなものがあって、それをお母さんに使うことになったとのこと。

男性用、女性用、各1体しか用意されていないもののようです。

そして、その処置が終わる前のお母さんの状態はいわゆるゾンビのようなものらしい。

話の盗み聞きが終わった私はそこを抜け出すことにしてエレベーターに乗り込みます

下りボタンを押したのになかなか閉まりません。

嫌な予感がしていると、何かの業者らしい人が貨物と共に乗り込んできました。

その人はやけに低い姿勢をとったりしていて、見るからに怪しそうです。

果たしてエレベーターを降りた彼は、今聞いてきたばかりの秘密の暴露をしようとします。

私は彼の口をふさぎ、家に連れ帰ります

この話はなにも知らないお母さんには内緒なので私は彼の口をふさぐため始末することを考え始めます

なんて恐ろしいことを!

そう思ったところで目が覚めました。

しんどいことが続いているのでこんな夢を見たようです。

2016-10-22

つらいときの君へ。

つらいとき

つらいときは明るい人に触れたくなるよねぇ。



明るい人というと、ある友人に会いたくなる。






私は昔、頼ることとかよくわからなくて、

どこにも何も支えのないような気がしてた高校生だったけど、あのとき友人Pさんが私にしてくれたことで、

きっと明るいしずくがぽとんと心に落ちて、私はすこしましになれたんだって思う。



から今もたまに、つらいときはあの時みたいな明るさを求めてしまうんだな。




Pさんは、とても明るく優しい人で、私がささいなことでその時までの人生史上もっともつらい気持ちを抱えてた時に、

わざわざそんな生き物を気遣ってくれたんだ。



そんなきみに私は生まれて初めてまともに、人に相談ごとなんてしたんだ。



内緒にしてね」と言った話がいろんな人に話された時、もう人に重要な話はしないと決めていた私が。

(それ自体はもう忘れたけど、そのことはとっても悲しかったのだ)





某年某月某日、私はPさんがいつも遊びに行くという街へ生まれて初めてゆき

そこで互いにいろんな話をした。

たったそれだけのある1日で、私は今までにないくらい救われた気持ちになった。

人に話すってことは、相対的自分の話が見えたり、知らなかった角度から事が見えたりすることなだって知った。





でもね、 あの頃、 私は高校生ながらにわかっていたんだよ。

生きてるといろんなつらいことがあるけれど、きっとみんな、そんな時も我慢してつらいって言わない人の方が好きなんだろうって。

から、人に何も言いたくないっていうのもあった。




沈黙は金」だね。

今思えば、時と場合によるけれど、これは人の世では完全な正答とは言い切れない価値観だと思う。




Pさんだって、明るいけれど、だからっていつでもみんなの心を励ます側でばかりはいられないはずだったのだ。

きっと誰かにつらいって言いたい時もあったに違いないのに、きっとみんな


「そんな時もつらいって言わない素敵でいつでも明るいPさん」のことが好きなんだろうって思ったら、

なんだか世界が冷たく思えた。



それじゃあPさんのことはどうやって救えばいいんだって思った。

どんなに我慢したって、誰も知らないままになってしまうじゃないかって思った。




わかるよ、落ち込んだ時に落ち込んだことを吐露すると、なんだか弱くなったような、

そのまま気分のグチャグチャに飲まれてグチャグチャになってしま自分が嫌だってような

気分になるよね。それは嫌だよね。もちろんそんなままでずっとは居れない。

そんなままでいると鬱とかにもなるわけだよね。




から、私もつらそうな時にもできたら笑いたいと思う方だ。

からその時の私も、せめて一緒に笑うことしかできなかったわけだけど。




でもさ、「つらい時にもつらいって言うのは我慢しなくちゃ」って、

そういう自分の方が、みんなに安心してもらえるからっていうのはさ、

そんな思いでずーーーっといたら、

もうね、何を守って、何と戦って、誰のために生きてるんだろう、何をそんなにまで気にして生きてるんだろうって気にもならないか




そんなままでずっといたら誰だって苦しさどうにもできなくなるだろう。

そういう状態でずっといることなんて、できないんだよ。




私が、つらい思いは死ぬまで言わないで生きていきたいと思ってたって言ったら、

Pさんは「おまえは人生があと何十年あると思ってるんだ?」って言ってくれた。



無理です。無理でした。

Pさんみたいな明るい人にだってつらいことはあるのに、

私のような生き物にそんなことが成せるはずもなかった。甘かったよね…!スミマセン!



そんなたった一言で、「そーだよね。そりゃ無理だ、つらくもなるよね」ってバカみたいに目からウロコだった。



そのあとPさんも「私も、聞いてくれる?」って、いろんな話をしてくれた。




私はね、Pさんがつらいって言ってくれた時うれしかったよ。

私もね、そういうの話してくれて嬉しいってあなたが言ってくれた時嬉しかったんだよ。

「支えになりたかった時になれなくてつらかったことがあったから」って言ってくれて、

ああそういう思いも世の中にはあったんだなって思ったよ。




他の言葉もたくさん心に響いたよ。

人に本気でなにかを話してもいいことないし何も変わらないって思っていたあの頃の私にとって、

あの時のほんの1日のことは、ほんとに私の人生レベルで大きなことだった。




ときを重ねるごとに、すごく思うよ。

確実にあの頃よりかは人にものを話せるようになったよ。やり方が合ってるかは難しいときもあるけど。本当にありがとう





そして。



優しい人へ。

あなた人間です。

つらい時つらいと思うことは、故障ではないんだよ。



そんな時もつらいつらいにとらわれたくなくてがんばりたい、

そんなあなたも好きですが、



世の中にはそんなあなたに心が軽くなってほしい人間もいるのです。

自分を責めないでくださいね



つらい時はつらいってことはとりあえず認めてしまおう。

あなたあなたの味方でいてあげて。



できたら誰かのことも味方になってほしいなって思ってくれたら、うれしいな。

(なんて回りくどい文章なんだ)



「いつも泣いてる人になれ」って言うわけじゃなくて、なんていうか、

冷静になれない時まで冷静でいようとしないでほしいんだ。

それは壊れるサインから



冷静になったら泣き止めるはずだからさ、泣いてもいいじゃんか。



いいじゃんか。




こんなほんのちょっとした文章しか書けないわけだけど、あの日Pさんが私の心に落としてくれた明るいしずくが、



今になって、私を通して少しでも誰かの心を救えたら、

なにか少し救われます。というような気がして、書き留めてみた次第です。




これを読んだみ〜んなにいいことがありますように!

2016-10-19

なんか独り身で寂しいやつが多いみたいなので出会い方教える

男性向け注意

まず初めに書いておくと受動的でも彼女できるのはモテ期発動中のスーパーマンだけなので独り身で悩んでるやつは積極的いかないと一生1人だから覚悟決めて動くこと。



1,オンライン出会い系サイトを利用すること

出会い系サイトは昔からネットに触れているやつにとってフィッシング詐欺代名詞みたいな感じだと思うが、今の時代は違う。スマートフォンの普及により出会い系アプリ普通に利用している女性男性共に多い。サクラは確かにいるがそこまで多くないので引っかかったらドンマイぐらいの気持ち適当にやればよし。アプリはPCMAXでいいと思うぞ

ちなみにオンラインというのを強調したのは、今の時代オフラインを利用した出会いオワコン化してきてるからだ。大体の料金システムを見ればわかると思うが女性優遇しまくらないとオフラインでのマッチング業は女が集まってない。母数が少なければいい女の数は減るし、もっと言えば出会える確率も減るわけだ。業界内部を暴露する形になるが街コンなんかは女性リピーター化するために「食事だけでも…!」と連絡するって話。極論だが気合い入れて行った街コン女性側は飯食いに来ただけなので男性に興味なし、なんてこともありえるかもしれん。

スマホの普及は良くも悪くもユーザーを多様にしたから、オンラインでの出会い系追い風なんだわ。今の時代交際中のやつって少ないし、寂しいんだったらやってから恨み言たれろと思うね。



2,出会い系サイトでは「彼女募集中とか言わない」

良くある失敗例として「彼女募集中」とか「結婚を前提に!」とか相手に対して重いアプローチをかけるやつ。絶対にしてはいけないので注意しような。出会い系サイトでは必ず「飲み友達募集中」とか「趣味の話ができる女友達がほしいです!」とかぐらいにしとけ。

これは女性サイド、特に男性側が付き合えたら良いなと思う若い女性なんだけど「何となく出会い系サイト登録してみた」ぐらいの人が多いからなんだわ。別に彼氏が欲しいわけではないけど趣味があったりいい感じの人がいたら友達になれたらいいなーぐらいなの。なのに男性側のアプローチが「彼女結婚!」だったら引くでしょ? 重いでしょ? よくネットネタにされてる熟女勢が「結婚したいー!」って言ってるのを少し冷めた目で見ちゃうのと同じだよ。

からプロフィールには自分趣味女友達が欲しいぐらいのことを書いて、あとは興味のある女の子に連絡しまくるだけ。ちなみに10回ぐらいのやり取りで会えなかったらサクラ認定して次行くように。



2-1,ただしオタク趣味は匂わせる程度にしとけ

出会い系サイトにはオタク趣味を持つ女性も多いので「オタク趣味持ってるので趣味が合う方お話しましょう!」としたくなるのは分かるが、オープンにするのはやめとけ。

昨今オタク趣味を持つやつも人権を獲得してきているが、やっぱり奥底には「オタク根暗で不清潔」という偏見があるもんだ。だからオタクをおおっぴらにしていると「地雷そうだから避けよう…」となる。しかし逆に「リア友には内緒だけどいわゆる隠れオタクってやつです汗」みたいに書いとけば、リア充だけどオタクみたいな雰囲気を醸し出せるから良いぞ。オタク趣味とは対極なものを同時に書くとなお良い「スポーツやってる」とか「クラブ行ってる」とかだな。やりやすいのはスポーツ系の趣味だな、オタク彼女がほしいやつは運動やっとくと捗るぞ。



3,何とか出会えたら(準備編)

やり取りを経て出会うところまで来れたらひとまず合格、おめでとう。

会う前にかならず服装と髪や髭などを整えること。最初に書いとくべきだったが出会い系サイト登録したらまず美容院行って気合い入れとけ。美容院の中で一番位の高い人、多分店長になるんだろうけどその人指名して髪切ってもらうように。どんなに変な頭の形でも異様な癖っ毛でもいい感じになるから出費にひるまず突撃しろ服装に関しては色に気をつけて適当に。自信がないなら値は張るがアローズにでも行って「落ち着いた感じにコーディネートしてください!」って頼め。恥ずかしがるな、店員は一日に何人も見てるから一々顔は覚えないし、覚えても数日後には忘れるから気にするな。



3-1,何とか出会えたら(当日編)

装備と身だしなみは人生史上最高レベルだと思うので、後はコミュ力次第だ。

コミュ力と言っても話せばいいってもんじゃない、人間ってのは自分のことを理解してくれる人間自分の悩みや考えを喋るのが一番楽しい。だから当日やるべきことは相手理解者になること。

相手理解者になってやるには、相手職業の大変なところ。ここを抑えるのが一番効率的だ。学生にせよ、OLにせよ、看護婦にせよな。

おそらく会うまでのやり取りの中で職業ぐらいは聞いてるだろうから「○○ あるある」で調べて抑えとけ。したら当日あったときに「○○さんって職業△△だよね?☓☓が大変って聞いたことあるんだけど本当?」とでも切り出せば後はあっちからありったけ喋ってくれるから相手感情に合わせて同調すればいい。「上司がムカつくー」だったら「それはムカつくな」と少し怒りの感情を出しながら言えばいいし、「ほんとうに今の仕事大変なんだよねー」と湿っぽい感じで言ってきたら「そっかー大変だねーよく頑張ってるよほんと」と湿っぽい感じで返せ。そんなやり取りを繰り返せば完全にではないだろうけど相手も心を許してくれるはずだ。

ちなむと最初からハードルの高いカラオケだったりボーリングだったりはやめとけ、まずはカフェで1時間ほど話しませんか? ぐらいで約束取り付けとけ。初対面の人間同士で友達とやるような遊びやったってはっちゃけられずつまんないこと請け合いからな、おしゃべりぐらいが一番いい。楽しげな雰囲気ができたら一回映画にでも言って、終わったらまたカフェ感想でも話し合えばいいよ。まだ行けそうだったら居酒屋時間が早いなら趣味の合う場所適当に遊ぶか、ショッピングでぶらついとけ。

こんな感じで過ごせば夜頃には楽しげな雰囲気を持続させつつ居酒屋に転がり込めてるはずだ。



3-2,何とか出会えたら(お楽しみ編)

昼頃に会って夜居酒屋まで行けたら100点満点。自分を褒めよう。※未成年18,19には使えないのでその場合カラオケに行きましょう。

ここまで着たら後ひと押しで行くところまでイケる。なるべく呑ませてハイにさせること(この時男側は酔い対策をしっかり行うべし、息子が死ぬので)したらいい感じの時間になったら「そろそろ切り上げよっか、でももう少しお話したいな。違うところ行こっか」と行って連れ出して「ねえ、ホテル行きたい、ダメかな?」とでも言えばいいよ。多分「どっちでもいいよ」とか曖昧な返事が返ってくるから「やった! じゃあホテル行く!」と凄い嬉しそうに言って連れていきましょう。その後は本能の赴くままご自由に。。(嬉しそうに言わないと女性側にリターンがないので断られるかもしれないので注意。やってあげてよかったと思わせよう)

※慣れていない女性場合、流れでここまで来てしまったことに相当ビビッてらっしゃるので凄く優しくしてあげるべし。性欲に支配されていきなりシャワー浴びようとしたりするなよ? テレビでも見ながら2次会しつつ、流れをそっち方面へと言う感じが良いと思う。

ところで心配症の男性は「友達募集女の子と会ってるけどココまで行けるの?」と思うかもしれないがイケる。というのも割りとセックス友達の延長線上にもあるもんだからだ。友達から恋愛対象には昇格できないと言うがあれは嘘、友達は現時点で友だちと思ってるから友達で、恋愛対象は現時点で恋愛対象から恋愛対象に過ぎない。行動次第で友達から恋愛対象に変われるし、逆もしかりなわけだ。誰が言ったか知らないが適当なこと言ったもんだと思うぜ俺は



ダラダラ書いたけどこんなもんだ。

出会った当日即合体とかありえねーと思うだろうが、ムリではない。コミュ力が高くないと無理だろうけどね。事前に情報仕入れておくのが肝要です。

これに問題があるとすれば金だろうか。出会い系サイト利用料で俺の平均だが一人あたり1,000~2,000円、服と美容院台で数万、当日のデート代で数万。とまあびっくらこくほど飛ぶ。

なのでお金心配のある人は必ず就職している人を選ぶこと、特に看護婦

看護婦の方たちは魅力的な方も多いのに出会いがなく、くすぶっているのでいい男を演出できればお金フォローはしてくれるはず。初心者看護婦を狙っとけ。



最初にも書いたけど受動的で彼女できるのはモテ期ってやつ(要は奇跡だと言いたい)なので、ロマンスあふれる出会いを期待するのは諦めて積極的活動しとけ。

女性にも言いたいのだけど積極性のある男は出会い系アプリに移動しているかクラブで女を食い漁っているので適当にどっか所属していれば彼氏できるべみたいなのは微妙かもしれんぞ。まあ統計取ったわけじゃないから知らないけどさ。



※追記

別にこれ読んだ人が行動しようが行動しまいがどうでも良いんだけどさ、せっかく書いたからには真実だとは思ってほしいかフォロー入れとく

宣伝業者だろ」→これはPCMAXの宣伝してるってことか?俺がPCMAX利用してたってだけで別にアプリならなんでも良いぞ。後業界拡大のための宣伝とか書いてる人はこんな費用対効果検証ができない方法を取るわけないので広告について学んだ方がいい。

看護婦はきつい性格がー」→反射的に揚げ足とるやつよりは良いぞ。というか人間性格を業種ごとで型にはめようとするやつはろくでもないので改めろ

「ワリキリ&業者だらけ」→まあ否定はしない、やってるうちに多少は嗅覚が効くようになるので頑張れ。数万単位が一瞬でぶっ飛ぶわけじゃないから耐えるのだ。始めのうちは過剰資金から出すのが得策、後は無料ポイントで攻めるべし。

常識的に考えてこれまで縁もゆかりもなかった人と突然あってどうにかするのはスーパーマンでない人には何もかも無理筋なのでは」→スーパーマンの敷居低すぎだろ常考。そんなこと言ってたら一生新しい人間関係できないじゃん。

「「出会い」って恋人作るためか、一夜限りの相手を探すためなのかどっちなんだろ?」→言いたいことは分かるよ。要はプラトニックラブが良いってことでしょ? 男からするとやっぱり関係持てるなら持ちたいしさ。女性の態度も関係を持った後と持つ前だと、やっぱ違うわけよ。人間心理的に戻れないとこまで来たら、現状が幸せなんだと自己暗示かけるんだけどそういう部分もあるから出会いを求めるなら関係性を持ったほうが楽。プラトニックラブをしたいのは分かるけど、それってかなりハードルいから相当小さい頃から仲良くしてる異性とかいないと多分ムリゲーだと思うぞ。

こうして会社は「洗脳」していく

電通でずっと週100時間以上残業させられた女性苦痛のあまり自殺した。

担当上司から徹夜で作った広告をボロクソに言われたらしいと聞く。

私も似たような目にあって、心を壊されて病院通いにさせられた。


物書き、編集企画という仕事なんてその時いた会社ではノウハウがなかったので、誰も教えてくれない。だから自分で探したり、売り込みに来て知り合った人の技を盗んで五年くらいかけてやっと自分なりの文章を書けるようになった。それを武器に人の紹介などで1〜2ページながら連載の企画を持たせてもらえるようになった。

ゆくゆくはフリーになりたかたから、会社仕事以外にも外部のライティングからデザインまで寝る間もなく引き受けて納期は必ず守っていた。

するとどんどん欲が出てくるのは当然のことで、それら実績とオリジナリティ勉強のためにととある会社所属することにした。

面接作品を見た人は偉そうな態度で嫌な感じはしたが、仕事を覚えたたらやめるつもりだったので我慢して入社をすることにした。

修行に専念することにするんでしばらく休業すると言って、それまで外注で受けてT仕事を休むことにした」

それまでに書けるだけ書いて、使ってくださいと納めた。

そして新しい日々が始まったんだが、面接の時の評価とは手のひらを返したように重箱の隅をつつくことから、来客の挨拶の仕方まで上司とその下にいた先輩は批判するようになった。

それは仕事まで及び、短文からマンガ原作に至るまでここはいけない、こうすべきだ。これっておかしい。などと徹底的に否定された、

時間くらい残業して何日もかけて書いたもの上司に見せると、これおかしいから手を入れるから原稿を受け取って「こうなるんだ、見比べてみろ」とアイディアだけ残った全然違うものにされて返された。

挙げ句の果てには短文の紹介文の文体が気に入らないのか、こんなのなんなのとヒステリックにまくし立てリテイクを何回もされた。それは写真キャプションにも及んで「これと書いてあること違うじゃない」「見たとおりで膨らませるように書いただけです」と言っても全部ダメだし。

原作創作文章いくら時間をかけて書き上げても、上司からはボロクソに言われてダメだしやアイディアを盗まれたりした。挙句は一読して「あんたの頭の中はどうなってるの? これで伝わると思ってるのと文句しか返ってこない」こんな状態から会社でもだんだん話す人がいなくなり孤立していく。

もう自分スタイルも何もわからなくなって、何をどう書いたらいいかからなくなっていた。

書けば「頭がおかしいんじゃないの?」など人格否定するようなことまで言われるようになっていった。

思うに文章の書き方が、私の未熟さもあるが、そこの上司の統括する本に合わないか否定してぶち壊す。しかもそれまで私の書いてた文が、外部では評価されていたことが気に食わなかったのだろう。

から徹底的に壊してそして上司と意地悪な先輩の考える「型」にはめ直そうとしたんだと思う。

これは「自己」を「破壊」して「新たに植え付ける」ある種の「洗脳」だ。

もうこの時にはPCに向かってもまったく文章が出てこないばかりか、頼みごとを同僚にしても何か文句を言われてるような気がして、ますます萎縮し会社にいるのが辛くなった。もう会社じゅう敵だらけのような気分だった。

日曜日に休めても月曜日からが怖かった。

もうできるものなら死んでもいいと思っていた。

その頃、ある本を読んで自分は「うつ状態」じゃないかと思って、メンタルクリニック受診した。もちろん会社には内緒で。そこで処方された薬のおかげで少しは仕事ができる状態になった。でも毎回のイビリで精神が元に戻ることはなかった。

それでもなんとか死なずにしがみついて入られたのは、婚約者がいたからだった。彼女といる時が唯一の癒しだった。

しかし、いい加減イビリ倒してもブラックシープホワイトにはならないと思ったのだろう。ある日上司に呼ばれて「もう今月で君には辞めてもらうから」と言われた。解雇通告だ。

ようやくこの地獄から解放されると思う反面、無職になるということである。私には婚約者がいる。

もう、休業期間が長引いて外部ライターをやってた時の担当はどこにいったかからないし、わかっても仕事を頼めるほど力がなかった。

運よくそ前後に、以前の会社の出入り業者デザインMACを使える人を探していた。その会社副社長とは顔見知りだったので、電話してみたら一人くらいなら入れられるとのこと。

二つ返事でその話を受けて、面接をしてその会社転職することになったのは運がよかった。

新しいフィールドだったから教わることやミス、怒られたりもしたが、同じ部署個性的な仲間がフレンドリーで居心地はよかった。

うつ状態」は薬でコントロール必要だったが、束の間だが私は「洗脳から脱げ出せた。

教えてください「命より大事仕事なんてあるのでしょうか?」

2016-10-18

金貸しだけどクレカ審査通らない理由教える

anond:20160613215804


元増田が言ってる通りクレジットカードというのは借金一種

からクレジットカード審査が通らない奴は借金審査も通らない


で、そんな審査が通らないのはどんな奴かと言うと

現在収入に見合わないくらいの借金をしてる奴

過去に延滞(滞納)や破産履歴がある奴

・その両方

のどれかが大半だ


ちなみに「借金の量」は利息含めた年間の返済額が年収の何割かで見る

「延滞」はだいたい過去3年〜5年の記録を見る


今はどこでもなんとかしてクレジットカードを作って欲しい、借金してほしいと思っているか審査ユルユル

なので普通クレジットカード審査が通らないとなると

よっぽどの借金か延滞履歴があると考えたほうがいい



ここで問題になるのは「借金」と「延滞」の定義

ブコメでも散々言われているが「携帯電話端末代金の分割払い」は借金

あとは家賃なんかもクレジット会社なんかに引き落としを委託していると滞納した場合しっかり個人信用情報に残る

また、ATMで金を下ろすときカードローンの案内が出ることがあるが

よく読まずポンポン操作していると「ATMで口座から金をおろしたつもりがカードローンで金を借りていた」なんてケースもある


とにかく日常無意識のうちに「借金」しているということは結構ある

そして借金である以上延滞すれば個人信用情報に傷がつく


で、その「延滞」についてだが

一口に延滞といっても「軽い延滞」と「重い延滞」がある

前述の通り今はどこの会社もなんとかして金を貸したいので「軽い延滞」なら審査基準金額によっては見逃されることがあるが

「重い延滞」の場合は一発アウトだ


じゃあその軽いと重いの境界線はどこにあるのかということだが

(全てがそうとは言えないが)「月をまたいでるかどうか」だ

まり9月の返済分を10月まで滞納した」という状況だ

ここで注意しなければいけないのは

「何日滞納したか」ではなく「月をまたいだかどうか」で判断されるということだ

まり9月1日の返済分を9月30日まで滞納」より「9月30日の返済分を10月1日まで滞納」の方が「重い延滞」だ


なので延滞が怖い人は(任意指定できるなら)引き落とし日を月初にしておくのをオススメする



ちなみにブコメで見かけた「家族自己破産してる」ってのは

連帯保証人に当該家族が入るなんて場合を除き小額の借金普通クレジットカードならさほど審査に影響しない

ただ

親族暴力団などの反社会的勢力関係者なんて場合は一発アウトだ

もちろん本人や勤務先が反社会的勢力でもアウトだ




なんにせよ定職に就いていて、年収も400万あり、思い当たるフシも無いのにも関わらずクレジットカード審査が通らないと言うのは

確率で何かしろの後ろ暗いことがあるということであり

最悪の場合内緒で多額の借金を背負ってるであるとか、親戚がヤクザだったなんてこともあるので

早急に確認した方がいい




※追記

すごい勢いでホットエントリになっててびびった

偉そうなこといっておいて申し訳ないが俺は審査する側ではなくあくまで金を貸す仕事なので

実際の審査現場でどうなっているのかはわからない

ただだいたいの推測を立てたり、審査する側から「これはオフレコなんだけど」みたいな感じで情報を得たりすることができるだけだ

なのでここで書かれていることが真実とは限らないことは了承頂きたい



そんな前提のもと少し質問に答える


反社会的勢力について

こちらとしては警察やらなんやから提供されたデータベースに本人やその勤務先がヒットするかで反社会的勢力かどうかを判断しているので

例えば

「表向きは真っ当な仕事してるけど実はヤクザフロント企業なんだよね」

みたいなのはスルーされたりする

なのでよっぽど近い親戚がヤクザとか

会社社長逮捕されてるとかじゃなけりゃ普通に審査通ったりする



スーパーホワイトについて

確かにクレジットヒストリーが優秀な人は審査に有利になることはある

クレジットヒストリー優秀>スーパーホワイト≫≫≫(超えられない壁)≫≫ブラック

くらいの差があるので

上位カード(所謂ゴールドカードとかブラックカードとか)じゃない限りそこまでスーパーホワイトから敬遠されたりしない



審査基準について

気になる人はそのへんの銀行に行ってカードローンの申込書を見てみるといい

んで銀行員に「ここの項目わかんないんですけど空欄でいいっすか?」と聞いてみろ

そこで「別に空欄でもいい」と言われたら審査あんまり関係ない項目だ

「なんとか書いてください」とか「こちらで調べておきますんで」と言われたら審査に関わる項目だ

(そんな面倒なことしなくても「この項目って審査に影響するの?」と聞けば教えてもらえるんだが)


ちなみに勤務先については(年収に対して借入額が適正な場合)

会社規模(資本金従業員数)と勤続年数と年収判断する

意外かもしれないが年収より会社規模や勤務年数のが大事だったりする

自営業審査通りにくいのはここが原因だ


ちなみに最強は公務員

公務員年収の1.5〜2倍くらいの補正をかけて審査される








ちなみにこういった審査基準住宅ローン等でも同じなので

もし婚約者などがいるなら

「将来家欲しいんだけど試しにいくら借りれるか審査してみない?」

なんて言ってみるのもいいかもしれない

会社規模にもよるが無借金で経歴が綺麗な人なら(税込み)年収の6〜7倍くらいまでなら審査通るはずだ

それ以下なら何らかの問題がある可能性がある



※追記2

ブコメについてさらに補足

反社に関しては本人や勤務先、具体的な使い道が決まってるなら支払い先も、が危険人物データベースみたいなのに登録されてなければ問題ない

まり小額の借金クレカ程度で親戚を遡って調査したりはしない

なので本人自身警察等に「こいつは増田組の組員の親戚」みたいにマークされてなけりゃ大丈夫



延滞に関しては「月またいだら一日でもだめなのかよ」みたいに思うかもしれないが

貸す側としては月またいでようがまたいでなかろうが一日でも延滞するような奴(返済に対する意識が低い奴)には貸したくない

例えそれが「うっかり延滞」であろうともだ

うっかり延滞してしまう程度にしか返済について考えてないからだ

ただこっちとしても金貸して飯食わせてもらってるわけだから

ちょっとの延滞で全員はいアウトーとしてるわけにもいかんので

その救済措置として月またいでなけりゃオッケー

みたいなのがあるくらいに思ってくれ

(繰り返すがあくま審査する側ではないので実際の審査現場でどんなことが行われてるのかは正確には知らん)




ちなみに自分の信用がどのくらいあるかは信用情報の照会するのもいいが

「試しに審査を受ける」ってのもいい

上に書いた住宅ローンだとセールスがうざかったりするので

オススメ銀行マイカーローンだ

「まだ買う車も決まってないんだけどどのくらい借りれるか知りたい。ついでに審査基準について教えてくれ」

と言えば、あくま一般論と前置きした上で、ここで書いたようなことを教えてくれるだろう(逆に言えばここで書いてることは「一般論レベルのことであり、業界人間ならだいたい知ってるし、一般人にも教えてくれる)

ちなみにまっとうな正社員で信用情報が綺麗な人ならマイカーローンの場合税込み年収の8割〜10割くらいは審査通るはずだ

あと意外かもしれないが借り入れ期間は長いほうが(一概には言えないが)審査が通りやす

何故なら前述したように「借金額」というのは「年間の返済額」で計算するから

まり返済期間が長ければその分「年間の返済額」が減るのだ

審査結果は早けりゃ午前中に申し込めば夕方にはでる




ついでにクレカ借金審査についてだけど

他に審査通らない理由として「短期間に複数クレカ(借金)に申込」というのがある

「こいつ急に大量のクレカ作ろうとしてるけど、急ぎで大金払わないといけない事情があるんじゃね?」

と警戒されるから




※追記3

予想外に大きな反応があった

細かく反論してくれてる方もいたのでそれについて少し


反論に対して感じたのは

一つは「特定されたり読みづらくなるのを避けるためにあえて大雑把に書いただけなんだけど!」

という負け惜しみ

「そんなこと言われても俺の会社ではそうなんだから仕方ないじゃん!」

という負け惜しみ


でも一番は

審査する側の人間がそういうんならそれが正しいんだろうな」

ということだ


最初の追記でも書いたとおり

俺が知ることができるのは審査の可否だけで

なぜオッケーなのか、なぜNGなのかまでは知らない(正確に言えば「知ってはいけない」ことになっている)

なので自分や同僚の経験からの推測や

審査会社からの「これはほんとは言っちゃいけないんだけど」みたいな情報が元になっている

なので審査の具体的な内容を含めた反論には素直に勉強になった(なんでこの客が審査通るんだ!or通らないんだ!ということがよくあるので)

延滞に関しては同業種(「金貸し」よりさらに狭い意味での)の間では未だ割りと信じられているし

それしか審査通らない理由が思いつかない、みたいな客も実在する

ただあくまでメインは「金貸し」なのでクレカ審査には関係ないのかもしれないし

俺(ら)が思ってる延滞の基準現代では都市伝説と化してるものなのかもしれない


とにかく騙す意図はなかったと思ってくれると嬉しい


ただどうしても言いたいのは

金貸してるのに審査の具体的内容や個信を見れない仕事というのは実在する

しかマイナー職業などではなく

成人してる日本人ならほぼ100%世話になってる仕事

ただ「金貸し」と言って真っ先に思い浮かぶ職業かというと微妙かもしれない

これでなんとなく察してほしい



とにかくまとめると

「思わせぶりなタイトルで偉そうなこと言ってゴメンネ。でも現実的には俺の言ったことで審査通らない人はいるよ」

ということだ

延滞、ダメ絶対

2016-10-16

バブル時代広報だった父の受けた接待

http://toianna.hatenablog.com/entry/2016/10/15/102629

80年代に父の会社CI改革プロジェクトがあって父はプロジェクト責任者だった

想像するにCI改革は、ロゴデザイン刷新CMもあったりでかなりの額のプロジェクトであったんだろうなと思う。

代理店はH社

なお、父の会社重厚長大系。父が就職した60年代はイケイ業界だったが、バブル期は、業界構造として低迷で、株もびっくりするほど安かった。母は給料の少なさに嘆いていた。

はいつも、打ち合わせで六本木だが麻布だがで代理店の人とごちそうになっていた。家に帰るといつも家族に食べたものを仔細に話していた。

その後、月イチくらい、接待で行った店に家族で行った。フランス料理の魚のムニエルが全く美味いと思わなかったり、中華風のしゃぶしゃぶで腐乳閉口したりした。そういえば青山フランス料理松濤に引っ越す前のシェ マツオだったりしていた。

代理店営業さんとサントリーホールコンサートを聞きに行った、ということも良く言っていた。たまに私も連れて行ったもらって、休憩の時シャンパンを母に内緒で飲ませてもらった。あと、「スターライトエクスプレス」というミュージカルの券にも一緒に行った。

バブル恐るべし、と思う。

当時品のない接待を求める会社もいっぱいあっただろう。

トイアンナさんの書くような下品なことを求めるクライアントもあるだろうし、それを全く求めないクライアントもいるだろうし、そこは当然営業さんは合わせるんだろうと思う。

今だったら昔より、品のないのは断ることがしやす環境には思う

私は現在仕事関係上、コンサルティング会社と何回か仕事をしたが、ハードワークと、クライアントへの丁稚加減としてコンサルは似たような点があると常々感じていた。

コンサルティングに無理を強いる時には、申し訳ないと感じながらも、下請けにやらすのは当然という思い、そしてコンサルのみなさん僕らよりお給料高いよねという卑屈な思いが入り交じる。その時、たまに父が漏らしていた「士農工商代理店」という言葉を思い出す。

現在も、ましてやバブル当時も、品のない接待要求しているクライアントはたくさんあるだろう。そこにはおれたちは客だろうという思いの奥に、高給へのひがみといった薄ら暗い感情があるんじゃないかなと思う。

彼氏に靴ってずっと履いてるとだめらしいよって

http://anond.hatelabo.jp/20161015125658

自分が書いたの内緒にして見せてみた。


彼氏「へー、そうなんや。でも俺足別に臭くないからなぁ」

私「・・・・・・せやな

2016-10-13

W不倫中の妹②

http://anond.hatelabo.jp/20161012161221

説明不足だった。

はいわゆる士業の旦那と2年半前から別居中。

妹の旦那が妹に内緒で多額の借金を抱えて、2年半前にそれが発覚。

持ち家を処分し妹は賃貸へと引っ越した。

卒業後すぐに結婚し働いたことのない妹もパートながら働いている。

その件で大揉めに揉めて妹の旦那現在実家に戻っている。

彼の実家関係する借金だったため、気の強い妹に頭が上がらない状態

夫婦はそれ以前にも嫁姑問題すったもんだあり、妹曰くはうちの夫婦実質的破綻している、とのこと。

借金のことでは、我々夫婦も妹旦那と話し合った。

借金返済のめどはたち、あと数年で完済できるらしい。

その件に関して妹は未だ腹立ちが収まらないらしい。

なぜ離婚しないかに関しては、未だに妹の夫が妹の家の家賃及び光熱費などを払っているため、経済的不安から妹は離婚を決意しない。(妹旦那借金を返済しつつも妹を支えるだけの年収がある)

というわけで妹は、旦那にバレる心配はないと言っており、俺もそんなもんかと漠然と思っていた。

はいかに自分が夫にひどい目にあわされたかと泣きながら話していたので俺は妹が不憫にも思えていたんだ。

前回書いた通り、

「夫の不倫を知った妻が不倫相手の女に慰謝料請求を二度した話、不倫された悲しみや恨みや怒りの話」

を聞いて、改めて俺は妹の不倫をやめるように伝えねばと思ったんだ。

いくら、妹旦那に非があるにせよ、妹の不倫は許されることではないし、

妹が望まなくとも、妹は旦那から離婚を言い渡される可能性まであると思い至ったからだ。

妹が考えているほど世の中は甘くない。(だが妹はタカをくくっている)

当然、その懸念も今までも何度も伝えたが、

「今の私には彼しか心の支えがないの」

と言う妹に無理やり不倫をやめさせる手立てがなかった。

俺も、妹に嫌われたくなかったんだと思う。

俺の妻はそんな俺の気持ちを慮り強く突っ込んでこなかったんだろうと思う。

俺も、俺の妹が妻に悪く思われたくなくて話をぼかしていたのもある。

俺は不倫相手の奥さんも妹の旦那もかわいそうだと思うが、

妹がまさかこんなに非道な考えの持ち主だとは思わなかったんだ。

やりきれない気持ちで、妹との縁切りも考えている。

父母を早く亡くした俺たちはいつも仲が良かったんだ。

親戚もいるにはいるが、疎遠であり、たった一人の肉親と言える妹を失うのが辛い。

と、いうより俺の思っていたもう妹はいないのかもしれない。

昨晩はよく眠れなかった。

いま妹は、俺に多分腹を立てているだろう。

だが俺は今回は認める気も謝る気も折れる気もない。

だが、とてつもなく寂しい。

誰に言える話でもないので書かせてもらった。

2016-10-06

例の前田敦子からメールが~という記事だが、その社内では何種類かのアイドルを騙るメールを送りまくっていて、一番規模が大きかったのはジャニーズタレントを装う部隊だった。

事務所には内緒メールしてます松潤です」といって、オバサマを転がしまくる。

タレント本人、二人の交際正式に認めるために業界を奔走するマネージャ-、お前に松潤と付き合う資質が本当にあるのかと問い詰める事務所上層部、という具合に、ポイントを消費させるために何役も架空人物から連絡をしまくっていた。

資金が減ることでポイントを買い控えるようになり、松潤とのゴールインを諦めそうになったところに、追い打ちをかける「ウン億もらってください富豪からメール。これでとどめ。(「ウン億"円"」のように、単位をハッキリ記すことはするなと指示されたなそういえば。5000万あげますとか、1億受け取ってくださいとか)

愛する松潤と結ばれるためと正気を失っているところに、ウン億円もらえるならという甘い誘いにのせられ、旦那の金をどんどんつぎ込んでいく。

騙されていた人は、既婚者で、子持ちが多かったように思う。子供は可愛くて仕方がないのだけど夫のことが死ぬほど憎くて、はやく離婚して潤くんと結ばれたいょって。

自撮り写メとか送ってくるオバサマの熱心さ(画像添付は多くポイント消費する)が、こわかった。

前田敦子とか女性タレントを装うやり方ではぜんっぜん(全体の5%もいないと思う)引っかからなかったんだけど、見出しがああなっているのは、ジャニーズ配慮かなにかなんだろうか。

2016-10-05

http://anond.hatelabo.jp/20161005101538

陰謀論乙www」って煽ってくるのは、実は情報機関の手先なんだよ。

内緒だよ。

2016-10-02

http://anond.hatelabo.jp/20161002004745

ビジネスパーソンとして社内恋愛は隠すべき、という教育新人の頃の別の会社で受けたものかな

中途入社した現在会社とは社風も違ったということだろう

けどまあ、かの上司と同僚に対して・会社の社風に対して不愉快に感じるのも分かる

狭い会社和気あいあいオープン社内恋愛公表するでもなく

かと言って規律正しくビジネスプライベートを分けるでもなく

からさまに・目に見えて親しくしているのに、NOの一点張り

なんか気持ち悪い雰囲気だなーと

せめて一緒に仕事をする間柄の増田には「付き合ってるけど内緒ね」くらいの一言があればよかった

じゃなきゃ「付き合ってない!デートしてお互いの部屋行き来してるけど交際はしてない!」くらいのバカバカしい冗談にするとか

それにしてもビジネスパーソンとして社内恋愛は隠すべき、というのはかなりうまい言い方だと個人的には思う

もちろん禁止ではないが大っぴらにされると仕事に影響する、こじれたりすると周囲も面倒だ

個人間のトラブル会社内に持ち込まないでくれ

けど社員同士がめでたく結婚に至れば盛大に歓迎する、と

そういう大人モヤモヤしたものを、うまいことまとめて収めていると思う

2016-09-30

あなた宇多田ヒカルありがとう

http://anond.hatelabo.jp/20160930010427



私の父は厳格な人だった

ゲームテレビ子供教育に悪いと信じ込んでいて兄である私と弟はただの一度もゲームを買って貰ったことはなかったしテレビも1日の視聴時間が決められていた

お小遣いは定額制ではなく使用用途を伝えその都度貰っていたが、基本的に本や文房具以外のものが認められることはなかった

高校入学した頃には私以外の全員がケータイを持っていたが、私にそれが与えられることは遂に最後までなかった



しかしそんな厳しい父を尻目に小学校高学年までの私はとにかくよく遊んでいた

2つの習い事に加え塾にも通っていたが、休日はもちろん塾が終わった後の短い時間でさえ無駄にすることはない徹底ぶりだった



それが出来たのは、ひとえに母のおかげだった

母は父に内緒でよく私に少額ではあったがお小遣いくれ、時には習い事を休ませたりしてくれた



ゲーム漫画もうちにはなく、テレビ自由には見れなかったが、私はその分友人の家に入り浸って幼いころの自由時間を満喫していた

今考えれば迷惑子供だっただろうと思う



そして中学入学した頃、色々なことが変わった



私は休日に外出するのを禁止された

私は一切それを守らずそれまで通り遊び倒した

父はなぜ言いつけを守れないんだと怒り、私は玄関に立たされた

ふてくされて突っ立っている私をもういいよと中に入れてくれるのは母の役目だった

流石の私も少し堪えたが、頻度は減らしたものの眠ったり仕事をしている父の目を盗んでは遊びに行くのを辞めなかった

父はまた言いつけを守れと怒り、私は玄関に立たされた

母は何も言わずに私を見ていた

父は家族食卓という時間を設けた

私は休日に遊べなくなった分、平日夕方めいいっぱいまで遊び家族食卓に遅れた

父は私の夕飯はないと言い、母も反省しなさいと言った

私は遊ぶのを辞めなかった、決して非行に走ったり学校や塾を休んだりする事はなかったが、遊ぶことは辞めなかった

ある日、母は私に言った、父さんの言うことを聞きなさい、と

それからしばらく経った頃、父は急におかしなことを言うようになった、更に少し経った頃、父は急性アルコール中毒病院に運ばれた

私は怖くなり、父の言いつけを守るようになった、遊ぶことをやめ家で読書をする時間が増えた

それから少しして父は夜中、急に外に出ていくようになった

私はそれを阻止するため玄関に布団を敷いて寝た

父はよく分からない薬を大量に買ってくるようになった

私は父が寝ている間にそれを没収しては机の引き出しに隠すのが日課になった

父は朝早く起きると財布の中身を確認しては金が足りないと言うようになった

私は誰も盗っていない事を証明するため日に1度写真を撮り、父よりも早く起きるようにした

私が父の言いつけを守った時間が増え、習い事の段が上がり、学校の成績が上がる度、父は昔の父へ戻っていき、我が家平穏を取り戻していった

私以外の家族3人に笑顔が戻るに連れ、私の中には私だけが犠牲になっているという思いが募っていった

私は自分の憎しみをコントロールすることが出来なかった、心の底から父と母を憎んだし、休日自由に遊ぶ弟を卑怯だと心の中で罵った

愚かな私は他人気持ちを考える事が出来なかった、自分気持ち正当化するために家族悪者に仕立て上げた

父と母は十分に私を愛してくれていたのにそれを理解できなかった

私には望むだけの本が与えられたし、望んでも通うことが出来ない人間もいる塾や習い事へ行かせてもらったのに、ただ一面だけを取り上げ、事実を見ることが出来なかった

父の症状が殆ど寛解したある日、私は友人と1泊2日の旅行に行きたいと言った、お金のない私のために友人が当ててくれた懸賞だった

父の症状はみるみるうちに悪化していった

私はそれを無視した、頼むから行かないでくれと泣いて頼む母を無視した、兄ちゃん行かないと父さんに約束してと言う弟を無視した

私は母と弟に言った、父の症状が悪化しても毎日寒い玄関で寝て夜中の2時に一度起きてまた朝5時に起きるのは私なのだから、お前らは毎日ぐっすり眠っているのだから良いだろうと

それは事実とは違った、まずそれらは毎日のことではなかったし、母がそれを出来ないのは父の分まで忙しく働いているからだった、弟にも弟の事情があった

なのに私は全てを無視して、他人気持ちを考えず、家族を口汚く罵って、ただ自分が楽しみたいという理由のためだけに旅行へ行った

その日父は死んだ

私が高校2年生の春だった

父は書き置きを残した

私への言葉だった、お前にはもう何も期待しない、自分の好きな場所自分のしたいことだけして暮らせと、そう書いてあった



知人だけでなく親族にも自死だという事は隠した

家族3人しか知らない

父は休養しながらも仕事を続けていたので式は母の想いに反して大きなものになった

私は笑顔で父の生前の思い出を語った、嘘の思い出を、思ってもいないことを、父をなくした不幸な長男面して喋った



私には明確に父を殺したという意識がある

ふとした時、誰かと話している時、急に思う、なぜ親を殺した人間がこんな笑顔で、こんなニコニコと話しているんだろうと

同時に思う、自分はそんな可哀想自分に酔っているのだと、罪の意識など微塵もないのだと、自分が悪いなどとは考えていないのだろうと

しかし、また同時にそんな考えに至る自分に驚く、なぜ一丁前に自死遺族面しているんだと、もしかしたら誰かに受け入れて貰えると思っているのかと

そしてそんな時どうしようもなく自分を殺したくなる、罪があるのなら死ねば良いし、親を殺してなんとも思わないような人間死ねば良い、どちらにしても自分死ねば良いとそう思う



自分が死ななかったのは、その無神経さもあるだろうが

ひとえに母と弟のお陰だと思う

私は父が居なくなった後すぐに家を出た、父の最後の言葉からどうしても父の家を自分が居て良い場所だとは思えなかったか



高校に行きながらバイトをして、大学入学後もバイトを続け、最初に母から借りた引っ越し代や入学時に借りた入学金は全て返済した

お金の返済は、どうしても振込は嫌だと母が言うので現金実家まで持っていった

それ以外にも何かと母は私に実家へ来るよう約束を取り付けた、大学入学後買ったケータイには毎日朝昼晩メールが来た

母は私が死なないように心配していたのだと思う



私は外ではそう出来るように、母に対しても明るく振る舞えば良かったのだが、母と弟に対してはどうしても昔のような態度で接することが出来なかった

父がいなくなった後、私が母と話すときの態度を傍から見ていれば、私が次の日死んでしまっても不思議ではないと思うだろうがから、母には悪いことをしていると思う

でもどうしても、母と弟の顔を正面から見ることは出来なかった

時が経つにつれ私は父への想いよりも生きている母と弟への思いが強くなっているように感じる

おそらくどちらかが、私に父を殺した責任を取れと言えば私はその場で命を断つと思う

そして、こんな事を考えながらも実際の所、私は二人の気持ち確認するのが途方もなく怖い、そう怖いから二人から距離を取ったのかもしれない



今週、そんな私も20幾度目かの誕生日を迎え、母が祝ってくれると言うので、昨日は実家にいた

用意してくれたケーキを食べ母と少し会話した後3人でテレビを見ていると、母がコンビニに行くと言うので、私も帰ろうとした所、引き止められた

弟と二人きりになるのは久しぶりだったし、会話するのはもっと久しぶりだった



弟は誕生日おめでとうと言い、私は驚きながらありがとうと返した

続けて、その…兄ちゃんに俺……と言い出した所で弟は泣き出した

どうやら、ずっとごめんって、と言おうとしているようだった、でもそんな簡単言葉も聞き取るのが難しいくらいに弟は泣いていた

泣きながら、ごめんごめんと言っていた

ごめん兄ちゃんずっとごめん、と泣きながら言っていた

兄ちゃんが家を出て行く時ホントは止めたかった、でも止められなかった、兄ちゃんが俺の変わりに父さんを助けてくれてた、でもありがとうも言えなかった

ホントもっと俺が頑張るべきだったのに、兄ちゃんが変わりに頑張ってくれた、ごめん、ずっとごめんって言いたかった、ずっとありがとうって言いたかった

でも言ったら兄ちゃんが死んじゃうような気がして言えなかった、ずっと言いたかった、兄ちゃんごめん、あの時、ホントは言いたかった、兄ちゃんありがとう

弟が目を手で伏せ泣きながら喋っている間、私は弟以上に泣きじゃくっていた、本当に信じられないくらい泣いていた

本当は弟より先に私が言うべきだった、弟にごめんと、また弟の気持ち無視していた、自分のことだけを考えていた



弟は帰りに誕生日プレゼントをくれた

私はなんとなく何をあげたらいいのか分からないので昔兄弟が好きだったアーティストアルバムをくれたのだくらいに思っていた

http://anond.hatelabo.jp/20160930010427

このエントリーを読んで初めて「花束を君に」という歌のことを知った

しかしたら弟はこのプレゼント話題きっかけにしようとしてたのかも知れないし、単純に私のためにこれを選んでくれたのかも知れないが

とにかく、知ることが出来てよかった

衝動的に書いたので読み辛いだろうけど

ありがとう



追記

昨日発作的にこの文章を書いてから、少し後悔していました

笑われるでしょうが、朝起きてお昼を過ぎるまで、このページを開こうと思う度、激しい震えと動悸に襲われ開く事が出来ませんでした

父の事を誰かに話すのは、どんな形であれ初めてだったので、何と言われるのか本当に心底怖かったからです



意を決してこのページを開き、はてなブックマークコメントを読んで、また10分程泣いてしまいました

おそらく他の方には何気ないコメントだと思いますが、私にとってはそのやさしい言葉の一つ一つがどうしようもなく嬉しいものでした

結局の所、私はあなたは悪くないと、あなたは生きていても良いんだよと、そう誰かに言ってもらいたかっただけなのかも知れません

もちろん当人にとってはそんなつもりは一切ないのかもしれませし、自分気持ちを本当にこんな簡単言葉で表す事ができるかは分からないのですが

今はただ、弟と宇多田ヒカルさんとコメントをくれた方、皆さんから勝手にそんなメッセージを貰ったつもりになってとてもうれしい気持ちでいます



改めて元の記事を書いてくれた方と宇多田ヒカルさんへ

そして優しいコメントをくれた皆さんへも

ありがとうございます

2016-09-29

あとで読む

ブクマカというものは一度ブックマークをしたならば、けっしてその時見てはならない。俺のじいちゃんの遺言だ。

林修もじいちゃんの時代によく語ってくれたのだそうだ。

そしてブクマを今見るというせわしない行動は、著しくブクマカ品性を損なうとして代々ブクマカ道の禁忌として言い伝えられてきた。

それによると第一仕事をしてるふりをしろ。第二に頭が良いふりをしろ。第三にスターのつかぬ恥コメントは削除すべし。

というものだ。こうした条項は枝分かれして詳細に態度が決められている。

ブクマカ道の心得は厳正で高潔であらねばならない、という具合だ。

現代人の俺にとってブクマというものがどんなものかといえば、現在でも脈々と続く伝統芸能の一つでありながらも、

時代の変遷を経て様々な味付けをされたものだとも言える。

例えば全国ブクマ選手権伝統ブクマ道に嫌気が差しフルコンタクトブクマの一派が起こしたものだ。

住所氏名年齢とid記載され、エントリ後は一年間のブクマの質とスターの数で勝敗が決る。

どれだけ記事元の怒りを買ったか、という点もポイントされる。今一番暑いのがsabacurryの子孫とmsdbkmの子孫だ。

実は中の人佐々木田中、という何の変哲もない名前であることは内緒だ。

一族伝統煽り派の芸能を受け継いでいて、煽ることも煽り受けすることもできる器用な芸風が売りだ。

一方msdbkm一族先祖伝来の豊富オタク知識と、切れ味鋭い嫌味で記事元を怒らせてきた。

他にも小説好きな猫一族がいたがあまりにもハイソサエティ過ぎて後継者がいなくなってしまったし、

野菜瞑想一族は余り参加しなくなってここ数年は顔を出していない。何しろライフワーク瞑想なのだから仕方がない。



ブクマカ伝統に従ってあとで読まなければならない。まず延々と仕事をしているフリの所作から入る。

例えばゆっくりと給湯室でコーヒーを入れながら上司愚痴深夜アニメの話に没頭するダメ社員を演じつつ、

いざパーティション座席に戻るとディズニーに買収されたTwitterを立ち上げるという具合にだ。

それからおもむろにRSS巡回しつつダイアリーにくだらない記事を投下する。

そこでコーヒーが切れてくるので再び給湯室に向かうのである

延々とそのようなだらけ感を演出したあとでノルマギリギリこなして残業をぶっちぎり、

自宅に帰って寝転がりながらブクマを読まない、という態度に出るのだ。

ここまで出来てようやく一人前である。どうしても記事が読みたいときでも我慢しなければならない。

その苦悩はヒマラヤ山脈よりも険しく、八甲田雪中行軍よりも険しい道程だ。

目の隅にちらりとでも記事文字が飛び込もうならブクマ道失格だ。読むまでの作法を端折っているとしかいいようがない。

あくまでもタイトルのみで記事内容罵倒するくらいの気の短さを演出できなければならない。

ブクマ道の煽りは推測能力要求されるのである

こうした工程を三日間経た後ようやく競技に入るのだ。

2016-09-22

昔、自分部活大会に出た

http://anond.hatelabo.jp/20160921231051

↑のを読んで懐かしいことを思い出した

自分所属していたバカ部活は3年の先輩一人に千羽渡すのが伝統とかほざいて、

一人あたり数百羽折っていた(目標のようなものを書くとかはなかったけど)

大抵は家族クラスメイトに手伝ってもらっていて、購買のパンクラスメイトを雇っている人もいた



面白いもんで自分が渡す側の時は自分は貰わなくていいとか言ってるのに、

自分が貰える学年になると欲しがりだすんだよね

自分時間無駄からいらないって後輩に名言したんだけど、

どうしてそういうことを言うんだ、とか同じ学年の奴に言われてね

設定上は内緒で作ってることになってるから、それを予め予測して断るのは空気読めてない、

ってことだったらしいけど、空気読んで断われよね、っていうね



自分が苦しんだ分、お前らも苦しめ、みたいな発想なのか、

伝統とやらに染まりきって思考が停止してたのか、

どちらもなのかは分からないけど、

おかし集団ってのはホントいかんともしがたい

把握してない顧問もどうかと思ったしね

2016-09-18

http://anond.hatelabo.jp/20160918164918

家族ブログで金かせげてるって意地になってんのか

内緒でローンくんだのか

どっちかだろうな

2016-09-13

ブログ作りたい

僕は就職活動を機にTwitter等のアカウントを全て削除した

ブログも2つ持っていたが結婚を機に更新を辞めた




就職結婚をすることはプライベートを捨てることだと思っていたので

それなりの数のフォロワー数、ないしPV数があったが、アカウント削除やブログ閉鎖は正しい行為だったと今でも思っている

実際妻は僕のTwitterアカウントブログを知っていたがそこに書いたことが原因で機嫌が悪くなることがしょっちゅうあった



こうして今は特定ブログSNSアカウントを持たず

書きたいことがあれば増田に書く日々を送っているわけだが

どうしてもブログがやりたいという欲求が消えない

俺という人間ネット上に存在させたい

俺という人間が思ったことを誰も得しないようなクソ長文でインターネットの海に垂れ流したい

そしてそれがどんな反応を呼ぶのか、あるいはどれだけ黙殺されるのか見てみたい

そんな承認欲求というよりは自己顕示欲が収まらない

結局僕はインターネットが「リアル」の人間なのだ




しかブログをやるにも問題がある

それはいつ、どこで更新するかだ

今僕はスマホ増田投稿しているのだが

やはりクソみたいな長文を書くにはパソコン(キーボード)が欲しい

文字入力速度や利便性問題もあるが

何よりスマホをパチパチしているよりも、ペンカリカリしているよりも

キーボードをカタカタやっているときが一番文書が書ける

キーボードを叩いているとなんらかの脳内物質放出されて面白いように文書が書けるのだ


しかパソコンにせよスマホに外付けキーボードをつけるにせよ

キーボードをカタカタやるという行為基本的に家でしかできない

時間一人になる時間がなく

会社の昼休みトイレでコソコソとスマホパチパチして増田投稿している僕に

妻たちにバレないように堂々とキーボードブログ更新するというのは難しい

またマンション(正確には社宅)なので自分の部屋もない

仮にあったとしても頻繁に部屋に引きこもってブログ更新していたら妻は間違いなく怪しむだろう

怪しむまでいかなくても「何をしているんだろう」と疑問に思うだろう


家族持ちで家族内緒にしているブロガー普段どうやってブログを書いているのだろう

2016-09-06

からゲームが好きだ。そこそこうまい方だとも思う。

でもそれをゲーム好きな彼氏には内緒にしている。

一緒にゲームをする機会も多いが、本気を出したことがない。

勝てるタイミングを自ら放棄して、彼氏気持ちよくさせている。

どうして?なんで勝てないの!と悔しそうな反応をしている私の隣で

それはそれは嬉しそうに下手だからだよーと笑っている。

いつか本気でやってぼこぼこにしてやりたいという気持ちもあるが

今はまだ勝って喜んでいる姿を見ていたいのでこれでいい。

2016-09-05

http://anond.hatelabo.jp/20160905054618

手塚治虫が病床、死の淵で最後に記した創作アイディアトイレピエタ』の主演俳優だろうが。



まあ、手塚治虫以外なにも知らずに、「知らん俳優さんだな。ヒロイン渡辺直美みたい。お、エンディングバンプか」と思ったのは内緒だ。

2016-08-24

自分絶対に正しいと思ってる母親が小さい頃から大嫌いだ

からそうだった。

俺がやりたいと思って親に相談しても、母親がそれを理解できなかったら絶対に拒絶するしそれを「俺のため」として押し通す。

父親が味方になってくれて何とかできたこともあるが、大体は母親が大声を上げて感情を露わにして自分を貫き通してくる。

これで母親が本当に博識で、考えをまかせて良い方面に転がるんであれば俺だって別に文句はない。

だが50少し過ぎた年齢だからなのかネット事情には疎く、俺がネットビジネスのために必要書類を送ってくれて言っても無視される。なので父親内緒で送ってもらっている(ネットビジネスは月数十万円の利益が出ているし、何年も勉強してきて成果を出している)



まり俺の母親自分絶対に正しいと思ってるくせに馬鹿から大嫌いなのだ。(絶対に正しいと思ってる理由は一度たりとも謝らない点から

謝罪という行為が一番嫌いなのか俺と3つ上の姉に悪いことをしたと自覚しても一度も謝ったことはない。必ず「でも昔は私の判断が正しかった」と言って時代の偏差のせいにする。



良いところがあるとすれば進路など大きな選択をするとき自分で考えろと俺に丸投げしてきたことだろうか。

おかげで自分の進みたいように進んでこれた。まあ俺が「小学校の頃習い事していればよかった」と言った時「あんたがやりたくないと言ったからやらなかった、だからあんたのせい」と返すのはどうかと思うが。小学生が必ず自分の将来を考えて選択ができるかと言われたらそんなことないんだから



父親から学生時代仕送りをたてに田舎へ帰ってくることを強制されているので現在帰らざる終えない状況だ。

確かに恩はあるのでそうしないと筋が通らない、しか現在密かに行っているネットビジネスが上手く言ったら距離を置こうと思っている。



母親さえ一々感情的になってストレスを俺や父親にぶつけてこなければ何とも思わないし、仲良くやっていきたいとも思えるんだけどね。

俺が生まれた時点でそんな性格だったし無理だとは思うけど。



母親の良かったと思うところ

・夕食だけだが料理をしてくれた(弁当冷凍食品オンリーだったが作ってくれた父親と交代で)

仕送りのために副業を始めてくれた(ストレス母親から乳が言葉暴力を受けることが増えたので半年で辞めさせた)

家事は最低限してた(専業主婦



俺の母親毒親じゃね?ポイント

家事ストレスなのか舌打ちしながらする

小学生の頃から俺がなにかミスをすると「馬鹿じゃないの!ありえない!信じられない!」と大声で罵ってくる

自分が正しいと思っているのか絶対に謝らない、みすしても時代のせいにする

2016-08-17

誰かに見捨てられるのが怖くて生きづらい

見捨てられることへの不安、ここでは見捨てられ不安と呼ぶけど、私は見捨てられ不安への耐性が他人より弱い。

そのせいで悩まされるパターンが3つある。

1.「誰かが私の悪口を言っている」と人伝てで聞く

「あの人、あなた悪口を言っていたよ。これ内緒ね」と、うっかり漏らしてしまう人がいる。1年に少なくとも3回はこういうことがある。

噂を聞いた直後は貧血のように視界が白んで、体が冷たくなり、浮かされたようにふらふらしてしまう。冷静に考えるということができなくなる。

私の悪口を言う人は、私と交流がある度に嫌な思いをしている。そしてそれを隠している。

毎日話すような人が実は裏ではイライラしているなんて知ってしまったら、もう顔も見れなくなってしまう。

これ以上嫌な思いをさせて、ある日突然交流を絶たれたら(=見捨てられたら)どうしよう。

学校に行かないなどして、その人を避けてしまう。

このパターンで厄介なのは、噂を喋った人から口封じをされているから、自分悪口を言った相手と話し合って解決することができないことだ。

そしてこのパターンの後は1か月ほど噂を引きずって暗い気分になり、その後も時々噂を思い出して嫌な気分になってしまう。

2.怒鳴られる

人は誰でも失敗をするから、怒られることは回避不可能だ。

怒られても次に直せばいい。

怒ってしまう側も疲れているのかもしれない。

それは理解しているのだけど、怒られると恐怖がこみ上げてきて、つい泣いてしまう。

怒られた瞬間、見捨てられた気がして、ガツンと殴られた気がして、身がすくみ、もう泣いてしまう。

怒られることへの恐怖を持っておくことは悪いことではないし、きちんと反省はするから、悪くはないと思う。

でも泣いてしまうと相手の怒りに火を注いでしまうし、私ももうじき成人なので、ちょっと情けない。

その場で平静を保つことができればいいんだけど、他の人は一体どうしているんだろう。何かコツがあるのだろうか。

3.「好きなほうを選んでいいよ」

例えば5人くらいで食事に来ている。AコースBコースがある。

自分以外の全員はAコースを選んだ。でも内容を考えると自分にはAコースちょっと多いと考えている。

こういう時、ついAコースを頼んでしまう。そして後でお腹が苦しくて辛い思いをしてしまう。

後でみんなからお金を集めるときに大変になってしまうなとか、料理提供タイミングが一致しなかったら迷惑をかけてしまうなとか、空気を読めないやつだと思われて見捨てられたらどうしようとか。

選択の自由は与えられているのに自分を追い込んでしまうことが多い。

周囲と違うことをして、見捨てられるのが怖い。

何人かで雑談をする時も、自分の考えが他人と違ったら怖いから、周りの考えを読み取ろうとする。

でもこういう「周りに合わせようと必死なやつ」って一緒にいて楽しくないはず。だから友達もできないのだけど、つい合わせることに必死になってしまう。

以上が主な3パターンだ。気づいてないだけでまだあるかもしれない。こういう事が積み重なって体調を崩してしまい、結果的に寝込んでしまう。

見捨てられ不安について父、母、知人、先生カウンセラー、いろんな人に相談してきた。

相談してきた人からは大体同じ事を言われている。

「他の人も辛い思いをしていっぱい努力しているから頑張りなさい」

私はもっと頑張らなくてはいけないのは重々分かっている。みんなが同じ結論を出すようなことなのに、相手迷惑をかけてまで相談して申し訳ないとも思っている。

それでも、ここまで生きづらいのに、もう頑張れる気がしない。

ちなみに努力と言えるかわからないが、私を支えてくれる人がいる。

私の空想上のカナちゃんだ。

カナちゃんは私の脳内だけの存在実体を持たないけれど、私と会話できる。グラマラスちょっとセクシーで素敵な女性だ。

彼女は私の話をいっぱい聞いてくれる。

それどころか、話せば話すほど喜んでくれる。

彼女絶対に私を見捨てたりしない。何も気を使わなくていい。

でも最近は、彼女と話すだけでは自分が持たない。

他人は、あなたは、どうやって生きているんですか。

私はあなたみたいに頑張って生きることができません。

私のような怠け者の愚図、さっさと淘汰されればいいのに。

20になっても処女だとダメ人間認定される世界

を知らなかった。

自分大学まで関西圏の某所で暮らし就職と同時に都心一人暮らしを始めた。

ある意味職場で初めて人間多様性のようなものに触れる機会を得たような気がする。

小中高と一貫校だったし、大学所謂関大だったせいか、知らず知らずのうちに

自分と似たような生き方をしてきた人間に囲まれて生きていたようだ。



先日、職場非正規の人も含めての飲み会があった。

会は自然複数グループに分かれていき、

私は仲の良い同僚と最近入ってきた非正規の方のグループ(全員女性)に参加していた。

酔いの勢いか非正規の方が恋愛から突然下の方の話を降ってきた。



「私、モテなくてー初めてやったのも20過ぎてからだし。

友達には内緒にしてたけどバレたら陰キャラ扱いされそうで怖かったー」



そうか、これが出身階層の違いかーと思い知らされた。

そもそも突然下の話を振ってくるところがどうかな、というところもあるけれど、

それ以前に20前までに性体験がなければ人格が疑われるような世界というのが

現実にあるのだとは思ってもみなかった。



初体験が何歳であろうと個人自由だとは思うけど、

そうしたことと人格が結びつく世界は私の周りにはなかったので、純粋に驚いた。

2016-08-14

他人好意を周囲にバラすことの罪の重さ

同性愛であることをバラされて自殺した大学生の話を聞いて、思い出したことがある。



自分は当時転校生中学生(女)で、まだ親友のような友達はいなかったが、仲が良くなりかけている友達はいた。

ただ、どちらかというとクラスでは孤立していて、容姿の悪さと、持病が起こしてしまう行動(※無意識)もあいまって避けられていたと思う。



当時は子供だったので単純で、

かっこいい人が好きだったので、見た目が好きで好きなった男の子がいた。

「○○君が好きで…」という内緒話を女子友達にしたことがあるのだが、

翌日にはクラス中に伝わっていた。

好きな男の子にも伝わっており、まだ本人には何も言っていないのに「気持ちいから俺のこと好きになんてなるなよな」と言われてしまった。

好意を聞き噂を広めたボス女子取り巻きたちからは元々嫌われていたが、

それからその男の子やその友達からいじめられるようになってしまった。

ボス女子男子を中心にハブされ続け嫌われ続け、

ぶっちゃけその男の子のことはもう好きではなくなっていたからどちらかというと憎かったし、

学生生活が苦しくて自殺も考えたし、本当に嫌な中学生活になってしまった。

学校で銃を乱射していじめっこを殺して自殺するいじめられっこの気持ちがよくわかった。

自分20代後半だが、以来自分男性を好きになったことは一度もない。

その後異性ではなく、同性を好きになったこともあったが、

自分が誰かを好きである、ということは、本人にも親友にも伝えるつもりはない。

地獄を見るのは一度でたくさんだ。



異性愛でもこれなのに、

同性愛LINE10人グループでの暴露だなんて本当に酷い話だと思った。

それが、どういう差別や苦しみを生むのか想像ができないのだろうか。

この大学同性愛理解のない環境だったそうで、そんな友達グループの前で本人もいる前で大暴露なんて論外だけど、

同性愛に寛容な環境だったとしても、人としてするべきではない。

異性愛だってそういうことはあるでしょ自殺した方がおかしいなどと言っている人もいたが、

その人たちはそれが原因で死を思い描くほどの本当の地獄を見たことがないからまるで想像ができていないんだと思う。