「自己啓発書」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己啓発書とは

2017-03-15

http://anond.hatelabo.jp/20170315164928

自己啓発書っていうのはまさにお前みたいに既存文化体系にすがることでしか生きられないような羊のために用意してやってる自立の仕方を説いた本なんだよ。

20歳すぎても内面モラトリアム引きずってたのが、宗教とか家族愛に目覚めるとかしちゃうと本当に恥ずかしいよ。

もちろん自己啓発書を読み漁ってるのもまだ独り立ちできてないですぅ~!ってメッセージになってるから隠すべきなんだけどな。

そういうのは大学生で一緒に卒業しておけばよかったね。

http://anond.hatelabo.jp/20170315155706

その墓や先祖大事しろという教えは一般人が気軽に世界史を参照できなかったからこそ

身近な小さい歴史に関心を持たせて反省させる意味があったけど

インターネット教科書論文でいつでも一般人でも参照できる現代になった今

その信仰機能役割はないしもっと別の機能的な信仰を探すべきでしょ

自信喪失しないだけの心の安定性が欲しいだけなら自己啓発書ハンドメイドした方が何倍も効率的

物言わぬ墓を心の拠り所にしようとするお前の心理状態分析する必要がある

2017-03-14

自分

当方大学3年生、就職活動真っ只中であり、先月失恋したばかりでもある。以前とある就活セミナーにおいて、「自分史」を書くと自己分析捗ると言うので纏めてみようと思ったのだが、なんだかダラダラ書いてしまいそうになるので、人の目に触れるという条件ならばちゃんとした文章になるのではないかと、此処「はてな匿名ダイアリー」に試験的に投降してみた。


以下、私立文系現役就活生、その半生のあらましである


誕生小学生時代

私はとある裕福な家庭に、長男として誕生した。

母は底辺出身で、元ヤクザ幹部を父に持ち、成り上がる為にスパルタ教育を叩き込まれ秀才であったものの、「女性である」というただ一点で、評価されることなく、夢叶わなかった人間である

父もまた、底辺出身であり、米の代わりに芋を食うような家で育ち、早くに両親を亡くした境遇を持ちながらも、最終的にはF欄大学だが主席卒業し、好きな分野で食っていこうと考えていたが、推薦で入社した会社が急成長を遂げ上級管理職となってしまい、念願の技術屋にはなれなかった人間である

そんな両親の元に、私は産まれた。

母親は自らの経験から所謂教育ママに、父親は古風な家庭で育った為、マナー生活習慣にこと厳しかった。

両親は私を教育するために、自らのストレス妄執をぶつけてきた。

「どうしてこんなことができないのか」「私はあなたにこんなに投資しているのよ」「お前の為にやりたくもない仕事を続けているんだ」

両親の理不尽社会に対する呪詛が、私の実存破壊していった。

私はまた、いじめを受けてもいた。当時はまだ運動もできずどんくさい奴だったからだ。殴られたり蹴られたり、避けられたり、悪口を散々言われたりした。

親にいじめ告白したものの、「男ならやりかえせ」の一点張りでとりあってはくれなかった。

憎かった。両親が、周囲の人々が、社会が、世界が。

両親に叱られる度に、いじめられる度に、「殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す…」と自分の部屋で唱えていたのを覚えている。

本気で両親やいじめっ子を殺す計画を立てたこともあるし、逆に自殺しようと思ったこともあった(いずれも発見されたことで未遂に終わっている)。

上記の計画が失敗に終わった為、何も感じなくなるように、心を殺せるよういつも自己暗示をかけていた。

力が欲しかった。死にたくなかった。生き抜く力が欲しかった。そして認められたかった。愛されたかった。


そんな自分に味方をしてくれた人間が一人だけいた。祖父であった。

祖父はどうやら自分の娘にスパルタ教育を施したことを負い目に感じているようで、両親(特にからから暴言を良く諌めてくれた。

共働きの影響でよく一人で夕飯を迎えなくてはいけない自分に、良くご飯を作ってくれた。(味は大味すぎだったが)

昔の話を交えながら、「力」について色々と話してくれたのを覚えている。暴力権力学力、魅力…生きていくための力について…

戦中戦後混沌とした日本を力が物言う世界の中生き抜いた祖父一言一句には、老い衰えながらも凄まじい説得力があった。


中学生時代

私立に進学させようとする母親に対し、祖父後ろ盾を得ることで私は無事希望通りに公立中学校に進学することができた。

祖父から「力」について学んだ結果、小学生時代において最底辺だった自分スクールカーストものの見事に逆転した。

陸上競技を始めたことで身体を鍛え、喧嘩も強くなったし、会話術を学んだことで周りから慕われるようになり、部活部長や、生徒会長などリーダー役割兼任したり、学力も向上しトップはいかないものの上位に食い込んだ。そして異性の友人がぐんと増えた。これまでの環境が一変したのだ。

だが母親干渉は止むことはなかった。認められることもなかった。学業邪魔になるから課外活動は止めろと言い、トップになれなければ意味はないと口うるさく言ってきた。無理やり塾へ入れたりもした。

そして環境の変化は「人の心というのは力次第でこんなにも変わってしまうのか」と一種疑念を抱くきっかけにもなった。

それでもなんとかやっていけたのは、唯一本音を話せた祖父後ろ盾と、貧乏すぎてろくな学生時代を送れなかった父親わずかばかりの支援があったからだ。課外活動を維持できたのは父のおかげである

(父は学業、というか母の行動について全くと言っていいほど干渉しなかった。巻き込まれるのが嫌だったというのもあるが、仕事に手一杯で余裕がなかったというのもある。事実ウツ一歩手前であった。)


だがこんな日常が長く続くことはなかった。


母の希望によって、確実に試験突破できる県で2番目に高い進学校入学することが決定したその日、唯一心から信頼していた祖父自殺してしまった。祖父肺炎に長くかかっており、これ以上迷惑をかけたくなかったということ、妻(祖母のこと)を亡くしてからずっと孤独を感じていたということが遺書には記してあった。そして「生きろ」とも。

私が祖父の亡骸を観た時、感じたのはひどい喪失感と「生きることに逃げた」という感情から来る怒りだった。

コレ以降、母の私への干渉は激化することになる。



高校時代

私は初めて心から挫折を味わうことになった。私が進学した高校田舎にあったため、小学校から高校まで、ほぼそのまま上がってくる人間ほとんどであり、既にクラス内にコロニー形成されていた。異なる地方から来た私は、その風習に上手く馴染むことができなかった。

加えて、地頭いいわけでは無い私に対し、周りの人間自分より何倍も優秀な奴らばかりであり、中学時代形成されたちっぽけなプライドはぐしゃぐしゃになってしまった。存在理由否定されたかのようにも思えた。

また、再びいじめを受けることになってしまった、いや、巻き込まれたと言ったほうが正しいだろうか。

入学当初、私と同様、雰囲気に馴染めずいじめられている生徒がおり、私は一度正義感故に彼を庇った。それをきっかけに私もいじめの標的となった。担任先生にも相談したものの、「彼(いじめられていた子)の面倒は君が見てくれ」と聞き入ってはくれなかった。(その先生が私が入っていた陸上競技部顧問だったのだから笑えない)

いじめは年度を超えて行われ、いじめられていた子がいじめを苦にして高校を退学し、いじめ実行犯学校から指導を受けるまで続いた。2年次の後期まで続いた。

学校はその事実隠蔽した。

その結果、部活遠征中に競技出場名簿を改ざんされ体育祭に出ることは叶わず(当日までわからなかった)、

女装して踊る予定だった文化祭は前日に衣装を何者かに隠され(これまた部活遠征でいない間の犯行だった)出演することができなかった。(当日来てくれた他校の友人たちに色々謝ったのを覚えている)

その他はまあ陰口や悪口無視程度で済んでいた。いじめは人の業だと割り切っていたし、自分の心を殺せば、特にダメージはなかった。


後ろ盾を失い、学校はいじめを受け、家では両親から干渉され、行き場を失っていた自分は、性に逃げていた。我ながら最低だったと思う。

中学時代に作った女友達のツテを使うことで、絶えず女の子を紹介してもらうことが出来た。

の子の家庭環境や、生い立ち、タイプ男性など様々な情報を聞き出し、ニーズにあった男性像を演じれば、簡単彼氏彼女関係になることもできた。(例えば片親の子なら包容力のある、甘えられる都合のいい男だったり)

承認欲求を満たし、そのうちに罪悪感に苛まれ自分から関係を切っていくというループに陥っていた。最低だと分かっていながらも止められなかった。

そして人の心に対する疑念は更に高まっていった。


いじめが止んだ高校3年次

なんと今までじぶんやあの子いじめてきた人間が、取り巻きが、なにごともなかったかのように普通に親しげに接してきたのだった。これには絶望した。本当に絶望した。いじめ自体は人の業だと、生物習性だと、遺伝子しかたないのだと、割り切ってきた。仕方のないことだと。心を殺して耐えればいいと。しかしなんだこれは、お前らは十字架を背負うこと無く、一切の反省もなく、悪びれもせず、気まずさもなく、あの時俺が挨拶をしたら無視をしたくせに、ただ自然に「おはよう」だと?「いっしょに昼ごはんどう?」だと?「あいつ(いじめ主犯)最悪だよね」だと?グループワークで一切否定してきたくせにこんどは尊重だと?一緒に勉強しないかだと?なんなんだお前らは一体何で出来ているんだタンパク質か喋るタンパク質なのかこれが人間かそうかそうかこれが心か


今まで私は人の心を操っていた反動で、くだらないことにある種「理想的人間関係」というものを思い描いていた。お互いにお互いを高め合える関係 友情努力勝利

いつか素晴らしい友達出会えるのだと、そう信じていた。



私はほとんど学校に行かなくなってしまっていた。公園にいってひたすらに筋トレや走り込みを行い、図書館に篭り、救いを求めて哲学書や思想書、自己啓発書宗教の本を読み漁り、

部活だけ出て帰る。授業をバックレることもあった。幸い制服が無く、度重なるストレスのせいか老け顔なので、補導されるというのはなかった。親に見つかっても怒鳴られるのを耐えればいいだけなので、平気だった。

本を通じて様々な思想を取り込んでいく中で、ただひたすらに耐えるだけだった親に対しての反抗心が芽生えていくのを感じた。

そして遂に「俺はお前の人形じゃないんだよ」と叫ぶことができた。「ごめんなさい」と泣かれた。「すまなかった」と言われた。12月クリスマス前のことだった。


受験勉強をすっぽかして読書思索にふけった結果、案の定成績はビリから3番目であり、浪人をすることになった。




大学時代

から刷り込みによって、座学が完全にアレルギーになってしまい、勉強をすればするほど体調が悪化しながらも、なんとかそこそこの私立大学に潜り込むことができた。

続きは後で書きます

2017-02-20

自己啓発書は読んで、消化して、吸収するものと排泄するものに分けて、そこまで行って読んだ意味がある。

良くないのはとにかく全て吸収することを是とすること。

そんな読み方をするなら読まない方がマシ。

そういう読み方をする人は妄信に陥っているか、著者の提案が生む効能理解していない。

ただの主体性に欠けた影響されやすい人で、周りは迷惑しているだろう。

2017-01-23

はてな民って自己啓発書とか馬鹿にしてそうなのに、自己啓発的な内容大好きだよな

ウメハラの講演なんて自己啓発書大好きな俺からしたらカビが生えた内容なんだけど

2016-12-18

はてぶのカス共が一生わからないありがたい話をしてやる

よお、インターネットに運びいるカス


てめぇらが一生体験体感することができないありがたい話をしてやるから

その腐った耳と目を使ってよく聞け、できねえならそのまま死ね


はてぶ、増田だけじゃねえ。

インターネットに運びいる有象無象の陰キャのカスオタク共。お前らもだ。

てめぇらゴミが「一生」かかっても体験できねえ話と感情だ。

その腐った耳使ってしっかり聞いて額縁にいれて毎日見ろ。



まずな、インターネットに運びいる可愛そうな陰キャのお前らに教えてやるよ。

「お前らはステージにあがれないゴミ」だ。


自覚があるならまだいい。無いなら、そのまま死ね





まずお前ら、自分がクソダサイ自覚ある?


お前ステージにあがってんの?

上がってないよな、毎日毎日観客席の下からうんこ垂れ流してご苦労さん。





お前らはな、一生「ありきたり」で終わるんだよ。





俺はな、めんどくせえから言わねぇが、テメーらゴミと違って



ステージに立っていた人間だ」





お手軽に毎日毎日やってんな。引用して、話して、コメントつけて。

ライフハック?紹介記事ブログ収益


意見論理性?会社キャリア


ジェンダー宗教プログラム英語







は、、、、、、








ダッッッッサ!!!!!!!!!!!!








お前らはさ、自分人生を生きてねえんだよ。

毎日毎日ありがたい他人の作ったものを食ってうんこしてるだけ。

ゴミ。手のひらの上で踊ってる。



はてぶだけじゃねえ。ツイッターに運びいるカス。お前もだよ。

つーか、つまんねえ人間代表のお前らだ。



「お前ら、誰の人生を生きてんの?」





えらそーに毎日コメント引用。ご苦労様。

クソつまらんな、お前。





お前がひところ偉そうに言ってるそれ、「お前が作れるの?」


お前、ステージにあがったことある




作ってる。書いてる。ブログ書いてるもーーん!!

じゃ、ねえんだよカス





てめーらのブログの大半は他人の話をしてるだけだろうが。


ライフハックだかキャリアだか論理性だか紹介だかしらねえが、



他人の作ったモンにクソを塗りたくってるだけだろ?


他人存在の上にお前が存在してるんだろ?







お前らは、なーーーーーんにも、何一つ生み出せてない。








偉そうに、ステージの下で騒いで、ステージの下で馴れ合ってるだけだ。








作れねえじゃん。


毎日毎日他人の話して。




welqだかなんだかキュレーションだか、それ、お前自身の話じゃねえじゃん。




いつまで他人の話してんの?地位名誉肩書きキャリアも全て奪ったとき、残るお前ってなに?

自分自身100パーセントでお前が生み出せるものなんて、なんにもねえじゃん。




そのくせ偉そーーーに、「つまんない」だの、ジェンダーだの、クソみたいな事を撒き散らす。

世代論?論理性?そんなもん、お前に関係ねえだろ。




その話知って、お前に、お前の人生に、関係あんのか?






いか、お前らはステージ上じゃ無力なんだよ。





一生瞑想してライフハックやって量産型人生を送っておけ。

お前らはgoogleの先に見えないものを知らない。

語らない価値を知らない。








語れば、言葉質量を失って、ふわふわと軽くなる。

語らないことの意味を知らず、一生他人人生を行き続ける。

そうやって、誰にもなれずに、クソみたいな小金だけを得て




誰かの作った料理を食って

誰かの作った音楽に踊って

誰かの作った物語に感動して

誰かの作った話に「感動した」だなんて、他人の話に尻尾振って

誰かの作ったものを、偉そうにレビューを垂れ流す


そうして、金を得て上質な何かに触れて、消費して、その上質な何かに触れている自分価値があると錯覚する。

誰でもできることを、一生繰り返して、他人のものを食ってうんこを吐き出すだけの、クソ生産機だ。


お前らは「みんなの誰か」にはなれない。


お前は錯覚したまま、踊ったまま、死ね




予防線を張って、偉そうにまとめて、お前らはステージの下から、下から、全てが見えると思っている。


誰の話をしてんの?お前の話は?


消費したところで、レビューしたところでお前の価値はあがらねえよ。


お前は、カラッポでありきたりで、クソなんだよ。はげば何も残らない。




お前らは知らない。





注目を集める人間の苦悩を。唯一性をもって自分自身勝負している人間の苦悩を。




才能を信じていいのかわからず、不安になりながら、自分自身だけで戦う人間の苦悩を知らず、

何も生み出せないまま、他人の作ったものを食ってクソをはきだすだけだ。


現実ステージに、立てない。



探せばgoogleにあると思っている。


お手軽にお前が批判する人間が、なぜ「反論しないか」知っているか


クソダサイって知ってるからだよ。



お前らみたいなカス一言にいちいち反応して反論するのがダサいって、知ってるんだよ。

その代わりに作り出して、それを無言で叩きつけるのが一番かっこいいって知ってるからだよ。



作り出す唯一名人間のほとんどがそうだろ?

googleにないものを、そいつらは自分自身勝負してるから知ってるんだよ。




まぁ、わからないだろうな。ステージに上がらなきゃ、わかんねえよ。


引用して引用して論理性を求めて、その分自分人生から一生剥離して、


他人の上で踊れ。


他人の上に成り立っているお前の上位互換は、腐るほどいるからな。






お前らはわからない。

ステージに上にあがれない。



上がったことが無い。




論理性を追い求めて、クソみたいなコメント毎日つける。

自分人生を生きれない。


会社仕事ネットじゃない、多くの人間にその場の現実でみつめられて、

パフォーマンスをしたことがない。何かを盾にしている。



自分は何もできないくせに。




誰もお前のことを認知できない。



肩書き年収キャリア学歴他人の話も奪われたとき、お前は存在しない。

誰もお前のことなんてわからないし、一生他人の話をする



せいぜい誰かにとっての誰かで終わる。

みんなの誰かにはなれない。


お前はマイケルジャクソンになれない。

マイケルジャクソンを目指してるわけじゃないとか言い出す。







よかったな。






そのまま、一生やってろ。






何もできないまま。





生理解できないまま、ステージの下の観客やってろ。


一生論理性を追い求めて、予防線を張って、他人の話をして、検索してろ。


ステージの上に立つことがいかに恐ろしいか。それでも全てを捨ててでも。


フランチャイズされた人生



語らないことの価値を知らないまま、大声あげて死ね



からないなら、そのまま死ね




そうだな、人それぞれの幸福価値観があるからな。


それを尊重しよう。お前の幸せを追い求めろ。








そして、そのまま死ね











ーーーーーーーーー追記ーーーーーーーーーーーー



よぉチンカス共。



あがると思ってたよ、ホットエントリーに入ると思ってたよ。



お前らカスは、真実を突かれるとギャーギャー騒いで、誤魔化して、煙に巻いて、笑いものにしてなかったことにしようとする。

コンプレックス丸出しの、結局俺の言葉に、揚げ足取り繕って、そして下でギャーギャーやるだけのカス


お前らみたいなカスは、どうでもいい。


「一生他人言葉茶々を入れて、終わる。」

そういうカスだ。




目に見えている物が全てじゃない。




コメントをつけないだけで、黙ってみているお前。

そういうやつだって、圧倒的に多いからな。



お前。「しゃべらなかった。コメントをつけなかった。つける気にならなかった」お前。

お前に向けて話をしたい。




これにギャーギャー言って騒いでるゴミはもう手遅れだ。

あいカスのいう事は、気にするな。

所詮自分人生を生きれないカスだ。




お前はまだ間に合う。




お前が、大事な何かに気づきたいのなら、耳を傾けろ。

ケツの穴を俺に差し出せ。




お前は、熱量を信じるか。





まだ、熱量を信じることができる心を持っているか




論理性を捨てることができる、自分自身の話ができる熱量を、持っているか





お前が何を望んでいるかはわからない、

何をしたいのか、ステージにあがりたいのが、それとも、別に望んでいないのかは知らない。





信じろ熱量を。

信じろ。見えないものを。


望む何かがあるのなら、このコメントに沸いてるカスを見て

「こんな風になりたくない」と思ったのなら、自分熱量信じろ




お前が何かで戦おうとして、不安になったとき

方法論が知りたくなる。



googleで、検索をかけて情報を知ろうとする。



ステージの上での、認められ方は、googleには乗っていない。

そのとき、そのときからお前の自分自身が始まる。



他人の話をするのでもなく、瞑想方法論に頼るのではなく、自分自身の道を切り開くとき、お前の話は始まっていく。





そして、結果を残さなければ、目立たなければ、わかせられなければ、そのまま、降りて、またステージの下に還ることになる。





たくさんの批判がつく。たくさんの評価が出る。


お前は、どれだけボコボコに殴られても、それでもビッグマウスでいられるか。

観客は忘れっぽい。動かなければ、すぐに忘れ去られるぞ。








お前が何かを叶えようとしたときgoogleに頼るのを、辞めろ。

toeicの点数を上げたいときに、方法論を知ろうとするな。


自分で、ただガムシャラにやれ。



遠回りでも、遠回りでも、その道を選べ。



自己啓発書を読むな。


読んだところで、お前はそいつには、なれない。



お前の道は、その本の先に乗っていない。

ステージに上がる前の、どこにも答えが書いてないものを探すとき、そのとき、己自身に答えがある。

血が冷えていく前の一瞬を信じろ




無理をするな、休めといわれたときにこそ、手足が引きちぎられても、もがけ。

その先に見た答えが、お前の唯一性だ。



甘えるな




熱量を信じるか。熱量を信じるか。熱量を、信じることができるか?




どれだけ馬鹿にされても、最後ビッグマウスでいろ。それを、貫け。


周りに、だんだん自分より、「刹那的な誰もが体感できる娯楽を振りかざす連中」が出てくる。



金、恋、セックス他人の話、俯瞰、、、キャリア、、




惨めな気分だろう。惨めな気分になるだろう。

そのときこそ、何も語るな。






ビッグマウスでありながら、堅く口を閉ざせ。






その刹那的な娯楽よりも、お前が望んだ道の方が、誰もなすことができない瞬間だ。




いか現実の基本は、現実だ。




インターネットじゃない。






全てを捨ててでも欲しい何かを得るためのの答えは、100億年経っても、googleには乗らないんだ。

そのとき、それを探し出す過程においてお前は存在している。







自分自身で100回戦え。そして100回負けろ。

0戦0敗よりも、自分自身で戦ったお前は、誰よりも何よりも美しくかっこいい。


50点でも、60点でもいいから、お前の中にある自分自身を出せ。

頭の中じゃ、あらゆるものは傑作なんだ。



外に出さなければ、評価すらしてもらえないんだ。




そうして、50点で笑われたら、そのことを、誰にも漏らさず小さく誇れ。



いつかの一回が、全てを。全てを。





熱量を信じることが出来るか。


熱量を信じることが出来るか。







論理性を捨て去れ。予防線を張るな。今まで身に着けてきた防具をはずせ。





語らないことの価値を知れ。




熱量を、信じきることができるか?

2016-11-05

物のとらえ方次第で楽になる人生

っていいよな。楽で。アトピーゾンビもそういう難易度イージーのゲームプレイたかったな。

アトピーゾンビウイルスとろろのような痒みや肌の醜さの捉え方を変えても、痒いものは痒いし、キモイものキモイ

そもそも、自分けが物のとらえ方を変えても意味がない。

自分自分のことをきもくないと思っていても他人からみたらきもいのだ。

そして、無理解中傷を受けたり、嘲笑悪口陰口を言われるのだ。


惑星地球という名の健常者ランドにいる健常者たち全員の意識を変えない限り、アトピーゾンビいくら思考回路を変えようと意味がないのである

アトピーゾンビウイルスの捉え方を変えても痒みから解放されるわけではない。


健常者は容姿がまともだから物のとらえ方を変えるだけで世界が変わる。

非健常者であるアトピーゾンビの痒みや痛みや醜い肌という現実は物のとらえ方を変えても変わらない。


普通人生を送りたかったな。自己啓発書も結局は健常者に向けられたものばかりだ。

健常者が健常者に向けてエールを送っているだけ。非健常者であるアトピーゾンビエールの届かない場所体育座りをして下を向いているのだ。

健常者用の言葉映画漫画仕事恋愛や遊びや音楽を健常者が楽しむためにこの世界は作られたのである

そこに非健常者の居場所はない。

2016-10-20

迷走した人

彼は、祖母が鬱と言うことでどうにかして直せないかと奮闘していた

その間にマーフィーの法則はもちろん釈迦やブッタやキリストに関する本まで読み漁り

巷に出ている自己啓発書はほぼ全て読破した。(おおよそ300冊くらい?)

そこで彼自身に起きた事は異常な言動だった。

「俺は神だ」

「俺に敵うものは誰もいない、世界法則を誰よりも理解しているから」

毎日口癖のようにブツブツ話すようになっていた。

鬱になった祖母を直そうとして自己啓発書や神に関する本読んだ結果、精神おかしくしてしまったようだ。

もちろん瞑想もしていたが、瞑想を「神に合う最高の時間」と言い切る辺り瞑想して更に迷走した。

彼とは1年ほど付き合いがあったが今は完全に関係が切れてしまった。

ふと気になって知り合いに彼の事を聞いたら行方不明との答えが返ってきた。

気持ち平穏をもたらす為に、自己啓発を行うのは素晴らしいが自己を見失う危険性もある。

自己啓発に凝ってる人は自己啓発に囚われて精神を壊すような事がないように気を付けて欲しい。

2016-08-29

http://anond.hatelabo.jp/20160829235547

そんなやつ見たことねえよ

自己啓発書を真に受けすぎだろう

2016-06-18

ああああ

 東京に来てから何人かの人と会ったのだが、どいつもこいつも気味の悪い人たちばかりなのでびっくりしている。そういう人たちに共通しているのが「意識高い系」だということ。自己啓発書を読んでいる、起業している、自分磨きしている、フリーランス、そういうアピールをしてくる妙な人ばかり。嫌いな相手には自分と似た傾向があるということなので、もしかしたら同族嫌悪なのかもしれない。

 最近知り合った女性と軽く飲んだ。ブスではないが典型的意識高い系起業している知り合いがたくさんいて、人との出会い大事にしているらしい。年上だったのだが、いちいち言葉矛盾を指摘してきたり、審査でもするような目で自分を見てくるから正直鬱陶しかった。年が離れているとやっぱり話が合わない。噛み合わない会話がしばらく続いた。どうでもよかったので飲み代も割り勘にしたが不服そうだったので、お釣りは全部あげた。帰り際に本屋に寄ると彼女ロバートキヨサキうさんくさい本を自分に進めてきた。「自己啓発書は苦手なんです」と言いつつ、「ホリエモンの本は読んだことあります!」と言うと、「ホリエモンの本なんて典型的自己啓発書じゃない!」と矛盾を指摘された。こいつうぜえ。

 雨が降っていた。若い女とジジイがいちゃつきながら歩いている。ブン殴りたい気持ちを抑えつつ、不釣り合いなカップルの横をそそくさと通りすぎた。

服はびしょびしょになるしクソみたいな木曜日だった。

自分好みの人があらわれるまでずっーとこの不毛作業を繰り返さないといけないのかな・・と考えると、眩暈がしてくる。

そういえば、ちょうど去年の今頃は内定がなくて、同じようなことを就活に対して思っていたな。

帰ってから毎日書いている自分ブログ過去記事を読んでみた。意識高い系記事がずらりと並んでいる。 やっぱり同族嫌悪だったのかな。虚しい。

2016-04-22

こんなラノベは嫌だ

https://twitter.com/AkinoMiyu/status/723053315391549440

でもああいラノベ主人公ってどこか性格悪いよね、周りの人に恵まれないと友達できないタイプ

落ちこぼれが異世界無双系のラノベ持ってないわ

もともと能力の高いキャラだといいけど、何もできなかったやつが突然何かしだすのは痛々しすぎて読めない

最近ラノベ文章が痛いなあって思う



お前らほんとテンプレだな。テンプレ批判するお前らがテンプレ。 テンプレテンプレどおしひかれあうのか。



この人が言ってることをひっくり返すとだな。

「もともと優秀な人が、異世界転生した先でもやはり優秀。

 もともと無能な奴が、異世界転生した先でもやはり無能

 異世界だって現実である現実は厳しい。」

そんなラノベが読みたいってか。 まぁログホライゾンとかこんな感じですけれども。

でもさ、それ全く楽しくないじゃん。納得性は高くても意味無いじゃん。

SAOで、アスナパートナー現実でもエリート青年容姿端麗で、二人はなるべくして活躍し、なるべくして結ばれましたって。そんな作品楽しいか?

俺はこんなラノベは嫌だ。 そんなん読むくらいだったら自己啓発書読むね。



単にそういう現実リアルに描こうとすると十二国記やらグイン・サーガ外伝みたいなことに成るんだよ。

作品として美しいかもしれないが、それ楽しいか? お前は本当にそういうラノベが読みたいか?

俺は好きだけど、文句言ってるお前は本当にそういう作品が読みたいのか?違うだろ?



さらに言えば、物語中でクズを一から鍛え直して使い物にしようと思ったら「マブラヴ」とか「Reゼロから始める異世界生活」くらいボリューム要るんだよ!!!

お前文句言うならマブラヴを通しでプレイしてから言えよ。 「Reゼロから始める異世界生活」6章まで読んでから言えよ。

それもうラノベじゃないから。 ヘヴィーすぎるから

マブラヴは確かにすごい作品だけどさ。あんなくっそ長い長編読むくらいだったらラノベなんか読まずに現実で一から努力するだろ。




まぁあれか。


こういう人に納得性持たせつつ楽しませられるのは

「この世界ゲームだと俺だけが知っている」みたいな系統はいいかもね。

現実では有能かどうかわからんけど、ゲーム世界であることを利用してチートしながら上手にクリアしていく。

これならいいよな。納得性はある。



え、でも読まないって?

最近ラノベが叩きやすから叩いてみただけで、お前自身物語大して読んでないだと?

それはもうシンだほうがいいんじゃない

2016-04-21

虚しくなるだろうけれどもビジネス観点で話をしよう

http://anond.hatelabo.jp/20160421102122

 

なぜ俺ツエー系の異世界生モノラノベ

Fランクだけど限定的にはSSランクのようなラノベ売れ筋なのか考えたことは増田くんはあるかい

 

答えは簡単さ。

それはラノベ読者が『弱者』だからだよ。

弱者目的のために己を律し研鑽を積むこともできず、

かといって諦めるという合理的選択すら選ぶことのできない存在だ。

文学書でもなくSF作品でもなく推理小説でもなく絵本でもなく自己啓発書でもなくゴシップ誌や新聞でもない

ライトノベルを愛読する彼らの心の根底にあるもの、それは『満たされることのない承認欲求』さ。

その欲望を埋めるためにライトノベルはあり、

彼らの灰色学生生活命綱として役目を果たしてきた…ま、そんなところかな。

 

なぜ売れ筋ライトノベルの購読層が中学生から高校生に留まらず、

サラリーマン男性中年層にまで及ぶのかというと、

結局のところ弱者はどこまで行っても弱者

悲しいかな…学校というコミュニティを抜けても今度は会社というコミュニティ

満たされない承認欲求自分努力をしない欲望を満たすためにライトノベルを頼るというわけさ。

 

消費者である彼ら弱者要望に応えるために作品が似たり寄ったりになることは

水が高いところから低いところに落ちるに等しく自然であり、

君の嫌う根拠のない優位性を前面に出した作品ビジネス的な価値を獲得するのさ。

 

どうだい?

増田くんにも、少しは見えてきたんじゃないのかなあ…?

2016-03-08

思う事、徒然

◆快

快に流されやすいのは、自傷一種らしい。

さもありなん。。。

うつぼざる

やりたかった事が出来なかった結果、目先の利益に走ろうとしても人として手を汚すことを厭い、結果として人様の為に生きようとしている現状。。。

そのまま「靱猿」という狂言だ。

◆TVに見え隠れする社会のつらさ

おむつCMさかなクン、あと「世界の車窓から」。

この3つはつらさがなく、元気になります

◆本

[一時間読書をもってしても和らげることのできない悩みの種に、私はお目にかかったことがない]byモンテスキュー

大きい本屋には全てが詰まっており、どうしようも無い時に行くと、良さがある。

◆余談

アミダくじで10連勝しただけみたいな人が書いてる自己啓発書立ち読みしてみると、逆に面白かったりする。

◆苦手

客先でコーヒーを出され、「苦手なんです」の一言がどうしても言えずに飲んでしまい、体調が破滅した。

自称文化人炎上

考えてモノを言う。。。という事は、ここまで簡単に文章投稿できる媒体を介すると、難しいものなのかもしれない。

しかも、消さない限りは残る。

◆やる気スイッチ

喜怒哀楽とやる気は、こう…カチッとやるスイッチではなくて、ゆっくり回すタイプのやつの原理で動いているので、思ったタイミングに全力を合わせようと思うと、変なコツが必要になってくる。

生き方文字抽象化

過去なんか振り返るな」の気持ちで、刊行物を焚き火で燃やすなどのパワー系断捨離ゴリゴリ進める性質を持つ割には、過去の弔合戦をやるためにこれから結果を残そうとしているので、始末に負えない。

青春と名のつくものを全力でやり切った燃えカスから、それらを供養する何かへ、一段階進化しようとしている。

ぐだぐだ考えたところで、あと半世紀も過ぎれば、大体誰もいなくなる。

◆おわりに

など。

2016-02-02

あざなわって何で自分の事は棚にあげてるの?

http://azanaerunawano5to4.hatenablog.com/entry/2016/02/02/074454

>すると薄っぺらい○○万円以下のパソコンだの、漫画100だの、自己啓発書を○百冊読んだボクがおすすめする自己啓発書10だとか、クソのようにどーでもいい記事がずらずらと並ぶことになる。


自分もまとめ記事書いてアフィまで張ってるのに何を言ってるんだろ

※ただし自分のまとめ記事面白いから除外

とか思ってんのかな

から見たらどっちも大して変わんないよ

2016-01-29

人生が徹底的に駄目になったことがあるということ

家族関係がうまくいかなくて学業もうまくいかなくてメンタルやられて自殺まで考えたけど天性ってぐらい能天気な人と結婚してバイトだけどなんだかんだで働いて平和暮らしてる。

でもそんなふうに人生が徹底的に駄目になってしまったことのある人と、そうでない人とでは、仕事に対しての姿勢がまったく違っているように思う。人生が徹底的に駄目になる、というのは、人それぞれの経験でいいのだけど、「今より世界がマシになるには自分死ぬしかない」と思ったことがあるなら大体当てはまっていると思う。四方八方どころか360度隙間なく逃げ場がない見渡したって助けを頼める人もいないあの感覚経験してしまったのなら、いくら見た目は元気に見えたとしても、もう元には戻れないのだ。

周りからは余裕そうに見えるのかもしれないけどそうじゃない。社交辞令愛想笑いの裏では「またあの地獄みたいな日々を過ごすのは嫌だ」と保身ばかりを考えている。だって死にたくねーもんよ。今、朝起きて(キツイけど)歯を磨いて(キツイけど)出勤して(キツイけど)目の前のタスクをこなして(キツイけど)帰宅して寝る、そういう暮らしをするので精一杯だもんな本当は。もちろん仕事の昇進を勧められたってハハハと流すよこれ以上ちょっとでも負担が増えたらまた転がり落ちるかもしれないんだ。そうして「今のままで十分なので」って断る私を奇異の目で見やがっておまえら自分自身限界もそれを超えた時のあの情けなさ醜さ惨めさもなにもかもまだ知らずにのうのうと生きてきたんだもんな?

たぶんこれから人生が徹底的に駄目になったことのないのらりくらりと生きてこれた幸せな奴らと、そうじゃない自分との差異を感じる度にひとり世界に取り残されたみたいにならなければいけないんだろうな。いい加減に諦めて麻痺しきってしまえばいいのにそれもできなくてそいつらの無邪気な一言(『もっと頑張ればいいのに』)にいちいち傷つくし面倒くさいよ。「のらりくらりと生きてこれた幸せな奴ら」って僻み丸出しだけど仕方ないじゃんね、だって羨ましいもんやっぱさ。私だって困り事はあるようなないようなであったとしてもおいしいもの食べたら少なくともその日はすやすや眠れるような人生をずっと送っていたかったよ。学生時代に抱えたコンプレックス(『容量が悪い』)だって今も解消されることなく残ってるし解消させる手立てはあるのかもしれないけど、なんだろう自己啓発書を読むとか?、手立てがあったとしてもそれに費やす気力が捻出できないし。

ギリギリでOKに傾いてる天秤がふとした拍子でNGに傾けばそれで終わりな気がして怖くて今以上のなにかには取り組めない。そういう人間、つまり私の仲間というべき人間たちは私以外にもごろごろいるんだろうけど、今のギリギリOKな暮らしを維持する以外の新しいなにか=「他者と仲良くなる」はもちろん自分にとっても相手にとっても壮絶な負担となるから踏み込めない。いつまでも孤独。仕方ないことだとわかってはいながらも時々寂しくなるんだよなあこのままひとりで死んでいくんだよ?

結婚たからって手放しで「幸せです」って言えるわけでもない。メンタルが弱い自分遺伝子なんか後世に残すべきではないことがわかっているか子どもだって作る気が全然起きないけど親からも周りからも「結婚したの?じゃあ次は子どもだね」って圧力がすごいしなんなんだおまえら子どもをなんだと思ってるんだでもそんなこと場の空気を凍らせたくないから口が裂けても言えないしそもそも理解もしてもらえないだろうし自分の「メンタルをやられたことがある」って部分はあけっぴろげに公開できないほどのコンプレックスでもあるから言いたくないしへらへら作り笑いをするしかない。こんな日々がこれからもずっと続く。

よしんば私のメンタル特別弱いわけではなくて環境が悪かっただけだとしても、じゃあそんなふうにまた運が悪いってだけで自殺したくなってしまうようなこの世とか人間というものの"つくり"ってやつに絶望するだけでなんの解決にもならないよね。

「この人たちと私は違うんだ」を感じる度に傷ついて辛い。

2016-01-20

英語勉強法なんて読んだところでお前は何も上達しない

 はてブに時折ホッテントリされる英語勉強法エントリ最近海外居住者も増えたりフィリピン英語留学学校煽りもありより多いように感じる。そこでお前はそろそろ英語勉強しないとな、と言ってブクマして、記事の下のアフェリエイトリンクを押したり、本屋に行ったら英語コーナーに立ち寄ったりして、一冊買ってみて、はじめに、だけ読んで、おしまい。また今回のお前の英語ブームも一週間もせずに終わってしまった。知ってるよ。俺がそうだったからな。


 はっきり言っておく。お前は今の環境にいる限り、何度やっても失敗する。考えてほしい。今日のお前が今後の未来において一番若い今日できなければ脳が老いてくる未来においてもやり遂げることはできない。


 俺は精神論を言いたいのではない。俺が死んだとき葬式で周りの人にどんな人だったと言われたいか考えてを目標に行動しろ、なんて自己啓発書みたいなことは言わねえよ。できると思ってないからな。なんでお前が続かないのかを伝えたいのだ。それは、目標が明確でないからだ。英語ができるようになる、という目標漠然としすぎている。TOEICスコアなら数値だからわかりやすい思うが、体調で100点くらいのブレがあったり、何よりも「このスコアが取れたからといって俺はどうなるのか」というゴールがないから目標が達成できてもできなくても何も残らない。なぜこうなるのか。今、お前に英語必要ないからだ。ただお前はそれに気づいていない、もしくはそのその決断不安があるだけだ。よく考えろ、今できないのならば今後もできない。英語もやもやがあれば今すぐ、英語ができるようになりたいという緩い目標みたいなのを捨てろ。一言でいう。英語を諦めろ!


 といっても心配があるだろうから俺の話を聞いてほしい。俺は会社辞令によって英語圏での生活を余儀なくされた時期があった。英文書かせたら動詞が抜けているようなレベルの俺であったが、行ってしまえば生きるしかないのだ。家を借りる、苦情を言う、仕事をする、英語を使わなければいけない状況になる。英語圏サバイバル環境下においてコミュ障の俺でも専門分野の単語を並べて仕事はなんとかできるようになったのだ。必要に迫られれば誰だって低いレベルであってもできるようになるのだ。そして思う、今必要なのは英語力ではない。思考フレームワークだったり、専門分野の知識が最も必要なのだ。今、お前は英語必要に迫られていない、ならやらなくていい。中途半端に始めるくらいなら自分の専門分野の知識を深めるべきであって英語なんて必要に迫られたその日が来るまで忘れててよいのだ。お前は煽りに負けているだけだ。


 一つ付け加えたい。わかっていると思うが日本語圏の人口より英語圏人口のほうが多い(中国語圏人口のほうが多いけどおいといて)。お前の今の仕事ができる人間日本語ができないだけで世界にはごまんといる。お前に専門性スキルがあろうがなかろうが同じだ。同じ勉強してきたやつは世界もっといる。うちはブラック企業だ!と叫んでいる場合ではない。お前の工場ライン仕事レジ打ちの仕事システム保守仕事、半分の賃金でもやりたいという外国人は必ずいる。ただ今の日本日本語しか使えないという鎖国によって俺たちの雇用が守られているにすぎないのだ。そこで俺たちはどうするべきか? 英語勉強することではない。俺たちは専門性を高めて日本語ダム決壊したときに備えて俺たちは個々の専門性を高めることを優先すべきなのだ。だから英語はやんなくていい。諦めろ。


 予備校講師の安河内CMでこう言った。英語なんて言葉なんだ、こんなもんやれば誰だってできるようになる。荻野は俺にこう叫ぶ。安心して君たちはぁ、今の仕事に打ち込めばいいんだよぉ。俺は決めたんだ。いつもの仕事をそのまま続けて、そこから少しずつ専門性を高めようと。だって資格を取得して専門性高めよ!って言ってもできないでしょ? 英語勉強法なんて読んでも俺の英語は上達しなかったんだから

2015-11-22

「好きなことを仕事にするっておかしいでしょうか?」みたいな問い

2chでも何度かみたし、はてなでも見たことある

好きなことをやって稼ぐとか稼げないとか、なんか有名な自己啓発書なんかが元ネタだったりするのかな。

普通こういう発想ってでないよね。

具体的に「ラノベ作家になりたいけど、どうすればいいんですか?」とか「自分お笑いタレントになれるでしょうか?」とか「○○を商売にしたいけど需要ってあると思いますか?」みたいな話だったらわかる。

曖昧に「好きなことを仕事にできますか?」って聞かれても「状況による」としか言えないよね。

2015-11-06

http://anond.hatelabo.jp/20151106152654

そのユダヤ人の話は、どっかの自己啓発書から引っ張ってきたん?

それとも直接ユダヤ人から聞いたん?

2015-09-15

http://anond.hatelabo.jp/20150915075144

俺も名門の中高一貫校に潜り込めた。でも、友人がいたとはいえそんなに数は多くなかったし、部活には入っていたけれど余り馴染めないまま辞めてしまった。全然楽しくなかった。

そして最後には成績が悪くなって退学したし、自殺もしようとした。笑えるだろ?俺はあなたが憂慮している最悪の未来という訳だ。

でもどうにかなる。世の中にはドロップアウトしたってどうにかなる制度が案外あるんだぜ。大学受験したいなら高認試験を受ければ良いし、通信制高校に通えば登校なんて殆どしなくていい。

名門の中高一貫校はどこも「自由」とか「個性」とか言ってやがるけど実際金太郎飴みたいな奴ばっかだぜ。皆して名門大学行きたがるからな。その割、大学でやりたい事なんて考えずに「皆が行くから行く」で進路判断先延ばしにしてるだけの奴だって多いし、医学部入ったのに今では胡散臭い自己啓発書書いて暮らしてる奴とか、セクハラしてキャリア崩壊した奴とか、自尊心と実力が噛み合わなくて精神崩壊した奴とか、失敗例は幾らだってある。人生って面白いねー。

話が逸れたけど、今いる場所がつらいならいくらでも受け皿はあるし、他に居心地の良いコミュニティを探せば良い。逃げたいなら逃げれば良いんだよ。自分を追い詰めて精神病にでもなったら本末転倒だ。

2015-08-17

不安の代償

彼は生きることが不安しょうがないんだって

自己啓発書を買い漁り、自己啓発セミナーに申し込み、

給料自己啓発につぎ込んでいる。

そんなに不安なら、

そのセミナー代を貯金した方がよくない?

お金で買える安心はけっこうあると思うけど。

老後の蓄えとか病気とか失業とか。

私、同業他社でお給料同じくらいだけど、

貯金とっくに1000万超えてるよ?

同じような条件で生きてるのに、

なんで彼だけが不安と不幸を背負ってるのか。

不思議だねぇ。

2015-06-04

人生積極的な人、消極的な人

自分は圧倒的後者なんだけれど、高い壁にぶつかった時ほど前者に憧れて、その度に自己否定をして、課題義務感でごまかしながら生きてきた。

自己啓発書読んだり、生き方について調べたりして、人生積極的に生きるという意思を持ったとしても、

少し経てばそれもすっかり忘れ、次の壁にぶつかるまでふわふわした生活をしている。



答えがわかりやす問題に取り組んでいればよかった頃とは違って、

夢や目標を決めて進まないといけない状況で、何もできずにいる自分がいる。

逃避して普段見ない動画をだらだら見たり、こんなつまら駄文書いたり。



何言いたいかわからないが、日記からいいか。

それにしても理路整然ときれいな文章書く人はすごいな。

2015-01-15

カウンセリングって実際まともな話できんのかなあ。

メンヘラじゃなくて重い人生相談をしたいんだが(重すぎて現実でそういう話できる人がいないので)。

カウンセラー人生経験がしょぼくてしょうもない自己啓発書だかJPOPみたいなこと言われて終わるような気がする。

そんなことはないんだったら利用したい。

2014-12-19

http://anond.hatelabo.jp/20141219143933

読書癖ってだけなら、単なる活字中毒しかなくて、素晴らしい自己啓発書だろうが百田何とかだろうが一緒。読書って「何を読むか」が大切なんちゃうん?

で結局、素晴らしい自己啓発書ってなんていうタイトルで、その他に読んでいる小説とやらはどんなタイトルなん?

http://anond.hatelabo.jp/20141219141640

学生時代に年に100冊って、全然威張れないと思うのだが。

100冊の中身にもよるしねぇ…。そもそもそのうちの何割かは自己啓発書なんでしょう?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん