2012年07月06日の日記

2012-07-06

http://anond.hatelabo.jp/20120706234332

金曜日はいつもいないけど、バイト

おじさんなんだか大変そうだ

だけどどうしてきょーさんしゅぎにおじさんはいれこんでいるのだろう?

http://anond.hatelabo.jp/20120706234332

安全対策費を惜しんだ人ってのがつまり誰なのかという話ではあるね。

彼の中では東電で、直接的にはそうなんだろうけど。

しかし、どうして当時の最高責任者の批判をやたら避けるんだろうね。

ホワイト企業の見つけ方を教えてくれ

もうブラック企業の判別の仕方なんて山ほどあるからホワイト企業の見つけ方が知りたいね

まずは自分が知ってる方法を列挙するから、他に知ってる方法があったら教えてくれ。

残業手当が、25%もしくは35%割増計算ではなく、その数字以上の割増になっている。

社員がサブロク協定という言葉をそれなりに理解している。

派遣社員はブスが多い。

ルームシェアを通して分かったこと。

僕は、全く話は変わるけど、

からルームシェア始めたのは根本的に失敗だったと思ってる。

最初はなんとなく。今はほぼ確信している。

身を置くべき環境を間違えた。

何につけても思う。

自分でやれよ。

ごっこ遊びはもううんざりなんだ。

俺は自分のやり方でなんでもやりたい。

自分が良いと思った通りにやりたい。

家事やらなんやらをやっててすら切実にそう思う。

家事は僕にとって、他人を介在させるべきではない領域だった。

そう、そして結局同居人たちというのは、

僕が家事においては他人と見なしてしまう程度の存在だったんだろう。

同居人の悪口を言いたいのではないよ。

これから、数年経ったのちに、会って飲もうよ、なんてことには100%ならないと。

確信をもって言える。

残るのは、ファッションとしての生活。

変に理想的なものとして編集された、青春の1ページとかいう、ごっこみたいな生活。

あの頃はルームシェアなんてしてたんだぜ、

若かったよなぁ、どうだい、うらやましいだろう?

…思い出のよすが。ファッションとしての思い出。

そんなの、僕には不必要物語だ。

自分が今まで抱いていた甘い幻想ってやつに、今ははっきりと気づいて、反吐が出そうだ。

ルームシェアやっててよかったこと…?

家賃が安い?そんな。そこまで魅力的ではない額、毎月払ってるよ。

唯一、広い家にすめるというだけは取り柄だけど、そんなもの学生らしく、というか自分らしく、

自分で稼いで広い家に住みゃあいい話だったんだ。

シェア、コワーキング

そんなものに憧れていたのかな。現実想像と、ほど遠いものだったよ。

新しいライフスタイル?とかそういう幻想みたいなもんに浸って、自分と向き合う時間が減った。

日々交わされる、ほんとうにつまらない冗談けが増えた。

そんな風にしてへらへらと日々を過ごすことに、もう飽き飽きしてきた。

ぬるい関係だよ。何を言っても誰かが反応してくれる。

反応しなきゃいけない空気感みたいなものも、嘘っぱちだと思う。

いってきます、なんて、ただいま、なんて、言いたくない。

やめてくれ。そんなへんな親近感。

同じ家に住んでるからってだけで、僕たちはファミリーでもなんでもない。

もっとドライにいきたかった。

お互いがお互いを尊重し合える状態。ある一定の緊張感。そういう意味でのドライ感。

長く一緒にいるというのは、なかなかどうして難しいことで、なれ合いが始まる。

そういうのは、もうダメ全然ドライでも、なんでもない。

いや、何が悪いって、はっきり言って自分が悪いのだけどさ。

自滅していったんだ。

毎日毎日くだらない冗談ばかり言って、

ちょっと面白そうなことがあればそっちに流されて。

僕の言葉はどんどん軽くなっていった。

でもそうなったからこそ言える。

身を置く場所を間違えたと。

変にお互い探り合って、たまにぶっちゃけ話をした気になって、さらっと満足を得る。

違う。少なくとも今、僕はそうじゃない。

もっと溜め込めよ。向き合え、自分と。

今、僕は、心の底から変わってしまったみたいだ。

あんだけ落ち込んでいた去年の3月頃の僕は、ルームシェアにすごく期待してた。胸高鳴らせてた。

さあ、新しい生活始まるぞ。って。

蓋を開けてみれば、なんてことはない。

回り回って、今年の3月頃の落ち込んでいる僕と巡り会うことになった。

今の生活にも、自分にも嫌気がさして絶望してる自分

物事は、なにも、なにも解決していなかった。

物事は、自分で、ケリをつけるべき物事だった。

一緒に住み始めて、環境が変わったところで、自分と向き合わなければ、何も始まらなかった。

ここにあるのは、社交性とか表現の場としての社会入り口でもなんでもなかった。

趣味や嗜好が変わったかって、まったくそんなことはなかったよ。

新しい発見、あったようで、なかったよ。

趣味とか何かを発見するとかそんなの、僕はルームシェアやる前から持ってただろ。

一人で煮詰めてくべきだったよ。

ノイズが多すぎた。

この1年半の生活、いやその前からルームシェアしようよなんて言い出したときから

すっかり僕の眼は、濁ってしまったようだ。

表層的なやりとり、うんざりだ。

変な満足感だけ残る評論家ごっこ、うんざりだ。

料理やって、自分が美味しい、これで良いと思えないもの食べて、

そんでもありがとうなんて言わなきゃいけない関係にうんざりだ。

本当の喜びも、本当の悲しみも、分かちあえないぬるさにうんざりだ。

結局、一緒にすむ程度で、体験や経験を分かち合うことなんて出来ない。

もっと僕は、違う人と違う場所で、違う音楽を聴きながら、

素敵な時間を分かち合ってきたじゃないか

薄まってしまった。

ルームシェアで学んだものは、シェアできないものの尊さだった。

たくさんのノイズを、ぬるま湯の夢を、薄っぺらい道徳ありがとう

もう分かち合う必要性はない。十分だよ。バイバイ。あばよ。

http://anond.hatelabo.jp/20120706232001

残念ながらそれは違う。給与男性女性も変わらない。むしろ女性の方が育休あってコストが高いんじゃないかと思うんだがね。

女性の方が優秀だから

というのが主な言い分だ。

からって女性しか雇わないというのもちょっと極端に過ぎないか、と。

http://anond.hatelabo.jp/20120706230844

こんなレスが欲しいわけじゃないだろうけど



地域学校仕切らずに好きな所行けるようにすればいいのに。

部落差別助長するからって理由で学区制が強固なんだよね

http://anond.hatelabo.jp/20120706222231

多分それは一般的な女性賃金分(男性の6-7割)しか人件費が出せない(出す気がない)ってだけの話だと思うよ。

しか雇いませんというところの大抵はそうだ。

海外から農業研修生と同じで安い単価で働かせることができる労働力しか見ていない。

男性差別どころか女性差別の結果だっていう。

いじめとかそういうのについて思うこととか

いじめられて自殺した中学生がいたな。

んでネット見てたら先生とか学校とか教育委員会とか叩かれてるな。

無理だろ。先生とか学校とか教育委員会いじめ解決するとか。

いじめ被害者加害者事実を隠そうとするんだろ?

被害者いじめられてる事実相談したい先生がどれだけいると思ってるんだ。

相談されて解決してくれる先生がどれだけいると思ってるんだ。

叩く連中の中にこの2つどちらも該当される人間がいるのか?

先生からやらなければいけないじゃない。

先生自分人間だと考えると、いじめ解決とか過半数が出来ないだろ。

俺にも無理。

学校全体が把握して解決できると思ってるのかよ。

自分会社で考えてみろよ。

100人も200人も社員がいるような企業社長が末端の部下の悩みとか把握してるか?

上司や部下のろくでもない言動に対して、同僚や先輩が原因を根本解決するようなアドバイスくれるか?

愚痴聞いてくれるとか、問題を誤魔化すとか、問題の回避方法とか、そんなアドバイスならいくらでもくれるけどな。

教育委員会なんてなおさらだろ。

遠すぎるわ。

いじめを無くすとか、先生が踏み込んで解決するとかそもそも問題に対する考え方が間違ってるわ。

いじめがなくなるわけないだろ。

仮に世の中からいじめがなくなったら、子供の闘争本能とかヒエラルキー的な奴とかが別のところから飛び出して新しい歪みが出てくるだけだっつーの。

(そういう意味では身分差別とか新しく作ればいじめは減るかもしれないな。)

いじめは起こる。起こったいじめは終わりが見えない。

いじめられた奴はいじめられてる学校に通い続けるか、家族以外の誰とも接触しない環境に行くか、大きくはこの2つしか選択肢がない。

苦行と変わらない環境に見を起き続けることで社会性を構築することが叶わず、どうしようもない人生がその時から始まるか、時間経過とともに徐々に訪れるか、どっちかだ。

いじめ問題を解決するならここをどうにかすればいいんだよ。

自由に逃げさせてくれよ。マイケル・ジャクソンだってBeat itって言ってただろ。

リセットさせてくれよ。これだけゲーム社会に浸透してるんだから有益アイデア現実社会で利用しろよ。

地域学校仕切らずに好きな所行けるようにすればいいのに。

こんだけネット発達して遠くの人と蜜に関われるなら地域社会有用性なんて低下してるだろ。

もしくはもっと気軽に引越しできる社会になればいいのに。

定住とかどれだけ逃げ道なくして生きてるんだよ。

リスクに対する認識と失敗したとき選択肢が少なすぎだろ。

根気で問題解決とか今日びはやらねーよ。

何が言いたいかっていうと会社ずらかりたい。

http://anond.hatelabo.jp/20120706181050

http://anond.hatelabo.jp/20120706172447

少なくとも管弦楽の世界では、日本アマチュア奏者及び団体の数は欧米と比べて著しく多い。管弦ってか吹奏楽

ほぼどこの中高校にも吹奏楽部があるってのは(悪い意味ではなく)異常


日本アマチュア演奏家ほとんどは学生クラブ活動である」というのはどうなの?

社会人になって、音楽で食べていくつもりがなくても続ければいいのに、今の日本人は二足のわらじに嫌悪感すらもっているんじゃないかと、侍でも無いのに。

他の仕事しながらでも、別にプロを目指してなくても真剣音楽をやっても良いのに、そういうアマチュア演奏家は少なくて、周りの目も冷たいというか、まあ少なくともステータスでは無いだろう。

週3でギター教室行ってます、と初対面の相手に胸はって言えない29歳男性みたいな。週1でボイストレーニング通ってます、と初対面の相手に胸はって言えない31歳女性みたいな。

これが週3ランニング素振りして、毎週末草野球してる29歳男性ならどうか? 週1でヨガピラティスに通っている31歳女性ならどうか?

草野球男性に「何のためにやってるの?」と聞く人がいるだろうか、ヨガピラティス女性に「悟りでもひらくつもりですか?」と聞く人がいるだろうか。

しかしながら、ギター教室の人には「何のためにやってるの?」と皆が問うだろうし、ボイストレーニング女性には「歌手にでもなるつもりですか?」と聞く、しかもふざけて聞く訳でも無く、真顔で心底不思議そうな顔して聞く。

まり、皆本当に分からないのだ、音楽をやる意味が。

というわけで、結局は前回のはじめに書いてんだけども、

芸術音楽も、なんとなく理解してるつもりになっている」というのが今の日本人感覚なんじゃないかと思う。

他社(主にGoogle)の検索クローラーに偽装してWeb巡回してた会社提供するアプリとかに、みんなよく平気で個人情報とかぶち込めるよな。

それを理由にLINEに誘われたのを断ったんだけど、「何言ってるのこの人」みたいな顔された。

メモ

今日あったこと。

サークルミーティング帰り、皆いろんな路線に散っていく。JR地下鉄私鉄だんだんみんな減っていって、僕達3人はトボトボと歩く。

一ヶ月前のことである。あるジェントルマンは同じサークル活動の帰り、女の子を遠い改札まで送り届けてあげたのだ。僕には車道側を歩くのが精一杯。女性に優しくとは言うけれど、女の子に不自然に優しくしたら 勘違いとかされて、それでごめんなさいね、って言われてしまうかもしれない。そういうことを避けていた自分にはハッとさせられる一瞬であった。

本日ジェントルマンも、その子を送っていくのだと全く同じことを言う。あらあら。おなじ状況じゃない。この前は一緒に見送りに行き、結局女の子と同じ路線で帰ったっけ。多分あれは世間では抜け駆けとか言うことなんでしょうね。その時は戻るのが面倒だったのと、かのジェントルマンとは馬が合わず一緒に帰りたくなかったかなのだけど。流石に今日は一緒に見送れそうもない。多分勘違いされちゃって、狙ってるだとか何とか言われちゃうんだよね。僕は彼がそういうことを言う前から悩んでいたから、綺麗に引導を渡されちゃった形になった。

それじゃあね。彼女をちゃんと送り届けてね。と言って僕はひとり家路につく。

これで良かったのだ、彼女は皆に愛された。


で、やっぱり男は改札が遠くにあっても、きちんと送り届けるのが思いやりというものなのでしょうか?

ぼくは少しやりすぎだと思っていて、それが気持ち悪いとか思われるんじゃないかととても不安でした。

親しい女の子には自然と出来るのですが、馴染みのない子にはなんともできないのが実情です。

人により反応は違うと思いますが、意見があれば幸いです。

国会事故調報告の疑問点 溢水勉強会に関して

 国会事故調の報告について気になったところを書いてみる。あくまでざっと目を通しただけだが、東電報告書と比較したときに、その書き方が素人目で見ていささか公平性を欠いているように思えたのだ。

 具体的に言えば国会事故調が指摘している「平成18(2006)年の段階で福島第一原発の敷地高さを超える津波が到来した場合に全交流電源喪失に至ること、土木学会手法による予測を上回る津波が到来した場合海水ポンプ機能喪失し炉心損傷に至る危険があるという認識は、保安院東電との間で共有されていた」(報告書本文"http://naiic.go.jp/pdf/naiic_honpen_honbunALL.pdf" p82)のところについて。

 この一文は「認識していながら対策を怠った津波リスク」という見出しの下に書かれており、国会事故調が「東電津波による炉心損傷の危険認識していたのに対応しなかった」と見ていることが窺える。だからこそ報告書で今回の事故を「人災」と書いたのだろう。さて、国会事故調のこの指摘は、どのくらい妥当なのだろうか。

 2006年にあったのは、国会事故調の報告によれば「溢水勉強会」(p85)だ。同年5月11日の勉強会で「福島第一原発5号機の想定外津波について東電検討状況を報告した。O.P.+10mの津波が到来した場合、非常用海水ポンプ機能喪失し炉心損傷に至る危険性があること、またO.P.+14mの津波が到来した場合、建屋への浸水で電源設備機能を失い、非常用ディーゼル発電機、外部交流電源、直流電源全てが使えなくなって全電源喪失に至る危険性があることが示された。それらの情報が、この時点で東電保安院で共有された」(p85)という。

 国会事故調はこの勉強会の結論について、事業者側が「そのリスクを軽視していた」(p87)と批判している。14メートルクラス津波が来た時の被害が想定できたのだから、それに備えるべきだったという理屈だろうか。

 ところが、東電の報告書"http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu12_j/images/120620j0303.pdf"を見ると、かなり様相が違ってくる。東電も溢水勉強会が設置されたことは記している(p37)のだが、そこで行われた評価については以下のように記しているのだ。

「なお、溢水勉強会では、原子力発電所への津波の影響評価として、主要建屋が設置されている敷地高さ+1mの津波無限時間継続すると仮定した場合の評価を実施している。当然のことながら、敷地高さ+1mの津波無限時間継続すれば、建屋開口部から限りなく建屋内に海水が侵入することから、電源設備や電動駆動設備の多くが機能喪失するという結果が得られている」

p37-38

 福島第1の敷地の高さは高いところで海抜13メートル東電報告書、p29)。それより1メートル高い津波が来たらどうなるかを評価してみたら予想通りに電源がなくなりました、というのが東電の説明なのだ国会事故調とは随分トーンが違う。これは一体どういうことなのだろうか。

 溢水勉強会の資料はこちら"http://www.nisa.meti.go.jp/oshirase/2012/05/240517-4-1.pdf"で公開されている。この資料の2枚目にある「1F―5想定外津波検討状況について」の左上を見ると「過去最大の津波はもとより発生の可能性が否定できないより大きな津波を想定していることから(中略)念のためという位置づけで、想定外津波に対するプラントの耐力について検討を行う。なお、対策の立案についてはリスクコストバランスを踏まえた検討が別途必要である」と記されており、さら検討状況として「1.津波水位を仮定」と記したうえで敷地高さ+1mのO.P.+14m、及びその仮定水位と設計水位の中間としてのO.P.+10mという数字を置いていることが分かる。

 つまりこの+10m や+14mという数値は、その程度の津波が来る確率が高いと見たうえで出したものではなく、「マジこの高さになったらどうなるよ」ということを調べるために置いた数字にすぎないと見るべきだろう。だとすれば東電の報告書に書かれている内容に近い。原発に深刻な被害が出そうな想定を置いて検討してみたらやっぱり深刻な影響がでるという結果になりました、というのがこの勉強会の実情だと思われる。

 しか国会事故調の報告は、この「念のため」に行った検討によって示されたリスクを「事業者が軽視した」と決めつけている。正直これは厳しすぎる指摘ではないだろうか。+14mの津波が来る確率一定水準を超えていることを、この時点で事業者側が把握していたのなら、確かにリスク軽視との謗りは免れないだろう。でもこの勉強会における+14mという数字は「敷地高さ+1m」という計算式で導かれたもの。そういう前提で検討すれば、どんな原発だって、いやどんな発電所だって、同じように全電源喪失リスクがあるという評価結果になっていただろう。

 国会事故調が東電リスク軽視と対応の遅れを批判するのなら、せめてその時期は2006年ではなく08年にした方がよかったのではないか。02年に地震本部が指摘した福島沖での地震発生の可能性について(東電報告書 p20、国会事故調報告書 p85)、残念ながら波源モデルが提示されておらず、土木学会モデル構築に時間を要したため、東電モデル計算がまとまったのは08年5月ごろになったが、そこでは+15.7mの津波の可能性がはっきりと浮かび上がっている。この数字については東電国会事故調も一致している。

 貞観津波考慮すべきとの指摘が最初に来たのも08年。東電報告書によれば同年10月に「投稿準備中論文について提供を受けた」(p21)という(なぜか国会事故調報告では09年の話として書かれている、p86)。08年12月東電が試し計算実施すると、最大で+9.2mという数字が出てきたが、これについても具体的な対応は取られなかったようだ。

 何の論拠もない+14mとは違い、試しとはいモデルを使った計算でこの数字が出てきた後なら、東電規制当局の不作為を問うこともできるだろう。問題があるとしたら、08年から震災までの期間が3年弱しかない点か。津波危険を把握してからすぐ対策を始めても、震災までに対応が終わらなかった可能性がある(東電報告書によれば、防波堤を作るとして建設費は数百億円、工期も意思決定から完成まで約4年とされている、p23)。そうなると、国会事故調が報告書に書いたように、今回の事故を「人災」と断言するのは難しくなるかもしれない。

 だからと言って06年の溢水勉強会を論拠に06年から対策を考えるべきだったと主張するのは、やはり無理がある。東電規制当局の体質といった問題点はきちんと指摘できているのだから、無理はせずに08年を「対処すべきリスクを把握した年」と判定した方が、報告書の説得力は増していただろうに。

 なお、最初にも書いた通り私は専門家ではない素人だ。素人なりの疑問ってことで、間違っている部分もあるかもしれない。その場合はごめんね。

http://anond.hatelabo.jp/20120705222712

黒船もまた、軍艦であるということが、増田は今ひとつ理解していない。

軍隊は各国それぞれに特徴があるが、軍隊軍隊である

兵士に与えられた自由は限定されている。

増田の経歴がはっきりと書かれていないが、予測してみる。

新卒として日本の大手出版社正社員として勤務し、そのあと出版系のベンチャー企業転職したものの、そこが潰れたため、外資系金融業広報派遣社員として働き、そのあと再び日本出版社で、契約社員として働いて3年目に入ったのではないか

大手出版社ドロップアウトした人々が時々たどるパターンだ。

その経歴では、外資系のいいところしか見ることはなかったのだろう。

この予測に基づいて、増田を批判してみたい。

まず、増田は業種の違いを敢えて無視している。

出版社と金融業は、異質のものだ。

今時、金融の大手企業なのに、パワハラセクハラなどが蔓延している職場なんて、あるのか?

銀行保険会社証券会社などでは、コンプライアンス研修が毎月のようにあり、訴訟の芽は事前に摘まれる。

それは、この15年近くで劇的に変わった。

パワハラセクハラが無かったのは、外資系だったからではなく、金融業からではないのか?

そもそも出版社マスコミなどは、現代日本の中では意識改革が相当遅れた業界としても有名だ。

同族企業の悪いところで、身内の罪はかばい合い、隠蔽する。

いまだにパワハラセクハラ蔓延していて、例えば有名作家や取材対象の政治家などに遅くまで女性社員接待したり、大手出版社社長地方支社に愛人がいるのが当たり前だったり、部下をしかるのに灰皿を投げつけるようなボス猿がのさばっていたりする。


サービス残業が当たり前の本当に糞のような業界が、日本出版社マスコミの姿なのだ派閥も多いし、くだらない足の引っ張り合いも日常茶飯事。

そして、同業他社は、お互いの短所を知っていても、かばい合い、罪の追求をすることはない。

製造業官僚の罪は追求するワイドショースタジオで、ADが失敗してボコボコに殴られていても、注意するくらいで加害者を処罰することすらしないのが、この業界なのだ

そりゃ、増田もつらかっただろう。

それに、増田外資系では派遣社員だった。日本でも、派遣社員処遇は相当に守られている。

彼らが残業を強いられることはそうそうない。

なぜなら、契約書で、残業代をきっちりと払うことが明確に定められていて、例外を認められていないからだ。

しょせん、他社の人間であり、身内のようにムリを効かせることはできない。

増田が今の職場でそれを強いられているのだとしたら、契約社員という、正社員を餌にされた準社員の地位にいるからだ。

派遣社員契約社員立場の違いが、増田処遇の差になったとは考えられないか


さらに、外資系人間関係天国のように増田は評価するが、外資系正社員同士の社内政治いかに大変か、増田は知らなかったのだろうか。

2年弱といえば、長いようで短かったのかもしれない。

ハリウッド映画を観てほしい。

何故彼らは、頻繁にホームパーティーをするのだろうか。

あれは、日本仕事帰りに上司と部下が飲むようなものだ。

欧米人は、それを週末におこなう

会社を離れたら友人だよ、というスタンスで、フレンドリーに接するのが欧米流。


だが、そんな訳があるはずがない。

上司であっても、友だちとしてつきあわなければならないのは、義務だからだ。

こちらの方が、逆にきつくないか


プライベート仕事を持ち込みたくない、という人間は、少しずつ疎外され、出世から外れていく。

「俺と君とは、会社を離れても、人間として友人なんだ!」

とアピールしあい価値観が違う者同士なのに、相手の趣味に合わせて笑い、会話をし、お互いの家族について相談を「しなきゃならない」。


日本武道を習いに来た欧米人に、日本の道場のどういう点がいいか、聞いたことがある。

日本の道場は、上下関係がきっちりと決まっているからとても楽で居心地がいい。欧米では演技が必要で、フレンドリーに接しながら腹を探り合わねばならず、ストレスたまる

……これは、数人の欧米人から聞いた感想だ。

このような接待方法に近いことを、日本だとMRがやっている。彼らの顧客医者は、ロジカルで欧米的な個人主義者が多いのも関係があるのかもしれない。

医者は、仕事帰りに居酒屋で飲むのをあまり好まない(中にはキャバクラ大好きの医者もいるけれども)。

それよりも多いのが、週末のつきあいだ。

そこで、週末、医者野球チームのメンバーになったり、バーベキューを開催したりして親睦を図る。

MRをやっている友人曰く、「自分だけでなく、時には妻にまで、バーベキュー場で顧客のために肉を取り分けさせたりせねばならないのがつらい」とのこと。


増田は、お客様として外資系の上澄みだけに浸り、外資系の賛美者となってしまった。

外資系で本格的に働くと、相当に人間関係で苦労する。それは日本の非じゃありませんぜ。

しかし、文化の違いを乗り越えて、彼らに仲間として認められた時の喜びは、それ以上のものだ。

それは、社内政治を勝ち抜き、圧倒的な業績を上げ、奴隷以上に長時間働いてのち、得られるものだ。

増田のような人間の賛美は、外資系イメージを上げるという点ではい宣伝になるけれども、外資系で戦力となる仲間を必要とする者にとってみれば、ありがた迷惑だ。

会社がついに男性差別を始めた

IT零細企業なのだが、

来年雇うのは女性のみになるという。

「墜落件数は一気に下がったとさ」は本当か?

http://copipe.cureblack.com/c/33890

337 名前:おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日:2012/06/29(金) 22:45:31.29 ID:qqCbU3u9

体験ではないんだけど、本で読んでスーッとしたので。

飛行機による郵便輸送が始まったばかりの頃

旅客機よりも郵便航空機の方が墜落事故の割合が高すぎることに

パイロットたちが抗議。

「我々は、航空便管理者の悪天候を無視した飛行命令のため、

危険に直面させられている」と、米国航空郵政省に申し入れをした。

米国航空便郵政省は、安全な天候を規定した新たな法規を制定…しなかった。

単純明快な命令を出した。

パイロットが要求した場合航空便管理者はコクピットに同乗しなくてはならない」

この後、墜落件数は一気に下がったとさ。

最初にこのコピペを見たとき、「おお、面白い」と感心した。

が、「もっと詳しく知りたいなあ」と思って読み直してみると、不審な点が目につく。

まず、具体的な記述が全くない。

「本で読んで」本のタイトルは?

郵便輸送が始まったばかりの頃」何年?

「墜落事故の割合が高すぎる」どれくらい?

「墜落件数は一気に下がった」どれくらい?

なので、単純にキーワードを入れて検索することができない。

次に用語が怪しい。

航空便管理者」って何?当時のアメリカの独自用語?検索してもこのコピペ以外ヒットしない。

仮に現代でいう「運行管理者」だとしても

http://www.jal.com/ja/jiten/dict/p316.html

運航管理者は,各空港から出発する飛行機について目的地までの飛行計画を作り,機長と打ち合わせた上で飛行機を出発させ,その飛行機の飛行中は機長と密接な連絡を保ち必要情報を送って,安全な飛行を行うために地上から機長を援助する専門家である

という地上からサポート役。そんなサポート役を飛行機に乗せる運用などありえない。

米国航空郵政省」と「米国航空便郵政省」のどっちが正しいのか?

どっちを入力しても、やはりこのコピペ以外のまともな記事がヒットしない。

旅客機よりも郵便航空機の方が墜落事故の割合が高すぎる」と言えるほどに旅客機郵便航空機も墜落事故を起こしていたのか?

墜落は飛行機に乗っている人はもちろんだが、地上の人間生命の危機にさらされる重大な事故だが、

その事故の多さに対して抗議したのがパイロット

そして何より、このコピペが多くのサイトに散らばっているにもかかわらず、ソースである本のタイトルがどこにも載ってない。

これだけ面白い話が載ってる本なら、アフィリエイトでもすれば、クリックや購入で確実にもうかるだろう。

それを誰もやってない。いや、誰にもできないのではないか

・・・などの不自然な点。

で、このコピペに対する私の信頼性というのが地に落ちたところで、このコピペに対するコメントを見てみると、

これは大岡裁きに通じる賢い判断だな

自分だけ安全な所にいて人をこき使う奴の多いこと

こうやってズバッとしてくれると気持ちいいよな

それなのに最近日本ときたら

と本当のこととして信奉している人、

フィンランドの電力会社本社原発敷地内にあるらしい

日本もやれよ

などと原発に絡めてる人など。

普段、「情弱」「デマッター」と周囲をバカにしてる人がそのバカになっているのは何とも暗澹たる気分になる。

あれは明日自分の姿かもしれない。

人間の信じたいことだけしか信じない性分は恐ろしい。

http://b.hatena.ne.jp/articles/201207/9486

うーん、ヨシナガが入っている時点で糞本だ

惜しいな

日に日に池沼が増えてる気がする

木村真束って昔売れない俳優やってたじゃん

あの顔と変な名前覚えてるよ

本名だったんだね

http://anond.hatelabo.jp/20120706125221

差別的なキモヲタポルノを開き直れば直るほど

周りはドン引きしていくのが理解できないらしいなw

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん