2013年05月17日の日記

2013-05-17

http://anond.hatelabo.jp/20130517234027

>『景気が良くて「男は仕事・女は家で子育て」というのが当たり前』という状況でもいい。

これは間違い。

少なくとも現代からこの時代には、例え景気が回復しても戻れない。

DVネグレクトも解決できないし浮気不倫対処することもできない。男は鬱病だろうとなんだろうと働かなければならない。

第一これから労働人口不足に対応できない。

かつて、私の隣にSQL魔女がいた

今日プロジェクト打ち上げがあったのだが、とあるサプライズ……三ヶ月前に寿退社した先輩との再会に思わず涙ぐんでしまい、ひどくばつが悪い思いをしている。今も顔の火照りが抜けてくれない。アルコールは抜けたのに。彼女はかつてSQL魔女と呼ばれていた。

から遡ること一年前、私は辞令を貰い、二年目にして事業部ごと変わるという波乱をようやく乗り切って、業務系のSE仕事内容、特にWebアプリレイヤーについてOJT形式で学んでいた。そこで先生にあたる方として付いたのが、ちょうど手待ちだった先輩である。初めてお会いした時の先輩に対し、私は正直ちょっと物足りなく感じていた。

初日に行ったPCのセッティングでは、これやってと先輩から資料を渡されたのだが、外部にネットが繋がらない。先輩に相談して弄ってもらったのだけど繋がらず、今日は社内ネットで我慢して、と言われてから二日後、資料が古かったことが判明。

与えられた課題を終えるごとに、コードを提出するのだが、見たよ〜出来てると思う、頑張ったね〜と言われた後で、そのプロジェクトを下敷きに発展課題に足を進めたら、でっかいバグがあったり。

万事その調子で、今やってる課題放り出して、プロジェクトオイラーの問題でも解いてた方がよっぽど楽しいなぁと若干サボりたいと思い始めた頃、炎上プロジェクトへ先輩と二人テスターとして出向するよう、上司から命じられた。炎上プロジェクトリーダーから手待ち要員いない?と声がお上に届き、降りて来た結果先輩と自分がいたわけだ。

前の事業部ではずっと同じ客先にいたわけで、頭では分かっていても鼻先三寸で飛ばされることには不安がつきまとった。

「これから行く先はどうなんでしょうね?」

先輩へ問うと、

「基盤にいたんでしょ。メインフレームが扱えるなら大丈夫だよ〜」

豆腐すらぷるぷる震えそうな声が返ってきた。

この時の私は、まだ事業部を転属して間もなかったし、プライドばかり高くて奢ってたように思う。事業部を変える→入社して以来の経験値がまた0に、と失うことに対する不満ばかりで、それが拗れて数少ない基盤系経験アプリ開発者、そんな肩書きばかりを強調する変人に成り果てていた。自己紹介で、どうも、基盤から参りましたと、そこだけは大きい声が、今思い出したけどマジで恥ずかしい。

から、だろう。このゆるふわな先輩とドナドナされることに密かに感じていた屈辱には、出向いた先で押された駄目テスターという烙印によって罰があたることになった。

その理由は、私がSQLを全く使えなかったことにある。テスターとして行うことになったのは表示画面の統合テストで、UI検索結果とデータベースに直接SQLを打ち込んで得たレスポンスを目で確認していく作業だった。UIは、境界値さえ気をつけて、仕様通りに実施すれば何とかなる。しかし、SQLで再現が出来ない。この仕様はどうやったらコマンドに落とし込めるんだよ。頭を抱える中で思い出したことがあった。

教育過程Javaサーブレットを学んだが、その一つにJDBCも勿論習った。そこで私は何をしたかmysqlに繋げればそれでいいやと、エグゼキュートで実行する際に渡す魔法文字列……つまりSQLの中身は、すべてコピペで済ませていたのだ。社内教育資料を内部作成するにあたり参考にしたと思われるネットから……構文チェック効かないし、ここは手を抜いてもいいだろう、これが要領の良さというものさ……アホーアホー私のアホー。

三日目の午後二時、進捗を確認しに来たPMにすべてを告白すると、ちょっと来てとPMが連れ出したのがあの先輩の席だった。

「申し訳ないけど今やってるテストは止めて、これから定時いっぱい最低限テストが出来るように彼にSQLを教えてやってくれ。」

良いのですか?と顔をあげるとPMは何を勘違いしたのか、やにわに私の肩を叩くと、

彼女SQL魔女と呼ばれている。半日でお前も即戦力だよ。」

と去っていった。顔を先輩へ戻すと、あのPMさんは嘘つきだから信じないほうがいいよといつものふわふわした声でにっこり。

宜しくお願いします。ノートパソコンを横に私は型通りの挨拶。四時間後、私は傲慢さを、尻の毛まで抜かれることになる。

私はSQLの深さを知った。SQLのQとは何だ?Queryであります、サー!!今も時々夢問答を繰り返す。そう、全ては問い合わせ次第なのだ。今思えば、あの時やったことはT2テストを使ったSQL文の作成添削しかSELECTによる条件抽出のみだったが、そこに全てが詰まっていた。

DISTINCTとORDER BY共存で詰まってわけがからなくなったコードは、もっとシンプルにいけるよと副問い合わせに書き換えられて。ネストワイルドカードを多用してスパゲティになったコードを、先輩はLEFT JOINとWHEREとORで全てをすませた。

なんということでしょうマニキュアが塗ってある長い爪から想像もつかない早さで直されていく構文に脳内で途中から匠の曲が流れ始めたのを覚えている。本当に、なんということでしょう。先輩はSQL魔女だった。

翌日、先輩の教えはしっかり自分に身に付いていた。すらすら書けるSQLサクサク進むT2テスト。条件設定に悩んで、エクセルに吐き出してからリストコピペで逐一加工してた時間馬鹿みたいだった。先輩のところへ、帰りしなに昨日のお礼と作業進捗に激震が走ったことを伝えると別にお礼なんていいよーといつものふわふわした顔で微笑んでくれた。

それから先、配属先が決まるまでの条件付きでテスターとして入っていたはずだったが、T2試験が終わり、T3試験が始まってもなぜか私はそのプロジェクトにいたままだった。DB担当者として。もともと基盤だったわけだし、バッチファイル処理でスクリプトがそこそこ書けたというのもあるけど、SQLが書けたというのはすごく大きい。昼休み、いつのまにか私はプロジェクトオイラーの問題に代わって、名著「SQLパズル」を解くのを日課としていた。

先輩は仲良くなる暇もなく、その後すぐにプロジェクトを移り、メーリングリスト寿退社を知った。炎上したプロジェクトは、なぜか横展開を経て今に至り、私は相変わらずここにいる。だが、あの時SQL魔女がかけた呪いは今もしっかり私に根付いている。

国家アイデンティティ



日本国アイデンティティ天皇制である

廃止論者であったとしても、歴史文化への多大な影響と外交における有用性を否定することはできないだろう。

2012年8月14日韓国教員大学校で発した、李明博韓国大統領天皇への侮辱発言によって日本国民は硬化し、そして直後に発生した中国における反日暴動によってその保守化は不可塑となった。

韓国大統領竹島上陸し、親書を受け取らず、中国政府扇動によって人民が暴徒化するという事案が別個に起こっていたなら、日本人がここまで保守化することはなかったように思う。


一方、米国アイデンティティ奴隷解放、つまり人身売買の否定ではないだろうか。

合衆国憲法前文に謳われる「より完全なる連邦」を実現した南北戦争において、リンカーンが掲げた大義が「奴隷解放である

もし北部自由州南部奴隷州の離脱を容認していたら、現在の強大な一なるアメリカ存在しなかっただろう。

奴隷解放宣言を契機として、アメリカは自由・平等という旗印のもと、強固な「合衆国」へと結実していったのである


私は橋下大阪市長の抗弁術を知っている。

彼は今、焦土作戦を実行している。

議論を四方八方に発散させ、関係者一同を疲弊させた上で「不毛な議論はやめましょう。」と呼びかけるのである

個人の口げんかでは有効だったかもしれない。

だがその戦術慰安婦問題の文脈で使用すると、アメリカ慰安婦問題人身売買問題と認識している以上、必ずアメリカアイデンティティ逆撫ですることになる。

アイデンティティを攻撃された日本国民の変容を思い出して欲しい。

アメリカ国民の硬化を望む日本人は一人もいない。

はてブがちゃんと表示されないのに業を煮やして、Chromeダウンロードしたった

そしたらちゃんと表示されるようになった!

くそIEめー

これでまたスターをバラ撒ける

よかったよかった

帰ってから3時間ほど寝てしまっていた

明日仕事で7時半起きなのに全く眠れん

どうしよう

http://anond.hatelabo.jp/20130517231951

ありがとう

実際戦中よりは状況は改善していた。男は地獄から帰ってきたようなものだったんで覚悟の度合いが違ってた。

↑こっちが覚悟

↓こっちが状況ね 第二次ベビーブームの方

またライフスタイルも固まっていて、「男は仕事・女は家で子育て」というのが当たり前になっていたのもこのころ。男は覚悟を問われる以前に子どもを持たない理由がなかった。必要なのは仕事をしっかりやって食わせていく覚悟であって子ども関連の揉め事を分担する覚悟ではなかったので話が早かった。産まない理由はないのでみんな産んだ。

君が「状況」ないし「覚悟」としている理由がわかったような気がします。どうも。

覚悟」って言われると「うぇぇぇ?」って思ったんだけど、「状況」でもいいわけね。

『景気が良くて「男は仕事・女は家で子育て」というのが当たり前』という状況でもいい。

 

個人的にはふと「ひょっとすると日本後者の方で成功してしまうかもしれない」と思った。

いやまぁ、フェミっぽい人が安倍政権に噛み付いているのを見ると、逆にそういう焦りみたいなものあるのかな、と思った。

 

たとえば景気が回復してしまって、不況ときフェミニストが主張していた『女性労働力の活用が!』とか別にいらなくて、

普通に失業率が下がって、内需が回復してきて、社会的に安定する、そうすると「結婚してもいいかな」と思える男女が増えて、徐々に婚姻率が上がって、女性産後パートのおばちゃんなんだけど、特別不幸でもない、みたいな世の中。

 

それでもいいんだよな。

話の腰を折っちゃってごめん、わかりやすい説明をありがとう。議論を続けてください。

http://anond.hatelabo.jp/20130517225805

なんて言ったところでそもそもの問題である米兵のレイプ問題の方は全然解決してないじゃん。

慰安婦問題もそうだが、この件で橋下叩いてる連中の多くは根本的に解決する気がないんだよ。そういう相手が一番厄介。

ドラゴンボール最終巻のベジータ孫悟空の強さの秘密述懐するシーンで、ベジータは「絶対に負けないために戦うから」と言っていた。

まさにこれ。

最近ではハンター×ハンター主人公の父、ジンフリークスも、パリストンについて似たようなことを言っていた。

あいつは勝とうと思ってない 負けようとも思ってない だから強いんだ」。

問題(争いごと)が未来永劫続き、絶対に決着が付かない事に全力を注いでる。

徒然草でも、双六(現代双六とはかなり趣の違うボードゲームだが)について、

双六の上手といひし人に、その手立を問ひ侍りしかば、「勝たんと打つべからず。負けじと打つべきなり。いづれの手か疾く負けぬべきと案じて、その手を使はずして、一目なりともおそく負くべき手につくべし」と言ふ。道を知れる教、身を治め、国を保たん道も、またしかなり。

と書いている。

上記二作品よりちょいとマイナーだが、血界戦線クラウスも、異界のボードゲームの賭けに臨むチェス世界王者に「チェックメイトを考えようとするな」とアドバイスした。

クラウス真剣アドバイスを一笑に付した世界王者はあと一歩の所で敗北し廃人寸前までボロボロにされ、アドバイスしたクラウス徹頭徹尾時間稼ぎに専念し制限時間ギリギリまで逃げのびた。

プライドのやたら高いあの国の連中が、格下とみなしている日本に支配され、同胞の婦女を多数慰み者にされたなんてのは本来であれば抹殺したい歴史のはずなのに、率先して世界中に喧伝しまくってる。

それが日本には一番の嫌がらせになる事を熟知しているから。この問題を解決するためには、継続すればするほど相手側が困るという状況を作り出すほかないわけ。

http://anond.hatelabo.jp/20130517213002

サイト制作請け負います」って、自分の運営してるサイトで募集してみたら?

いまでもアフェリで月20万円台を稼いでるサイトなら、それなりに依頼が来るんじゃない。

起業の話と違って、言われたモノを納期までに納めれば、決められた金額をもらうっていう契約

制作会社への就職よりも、社交性とか技術力のハードルは低いと思う。

制作請負(自営業)で受注実績を積みつつ、客の要望に答えるために技術的な勉強もする

→受注実績と制作したサイトを見せれば、制作会社で"中途採用"されやすくなる。年齢に関係なく。

さらなる安定も求めるなら、履歴書の職歴が1行でもあったほうが、公務員採用にも有利なはず

また夏がやってくる

今週は暑かった

隣の席のデブ女が一気に臭くなった。

なんでだよ!!

先週はここまで臭くなかったぞ!

この刺激臭、自分で気づけないのかよ。

かんべんしてよ~

なんとかケアしてきてよ。

俺体調悪くなっちゃうよ~!!!

友達彼氏ができるのがつらい

仲のいい友達彼氏ができるのがなんかつらい。

うらやましいとか、そういう感情ではない(自分彼氏はいる)。

なんとも言えないんだけど、なんかつらい。

別に頻繁に遊んでるわけじゃないから、遊ぶ予定が合わせにくくなるとかそういうわけでもない。

彼氏ができるとみんな女の子っぽくなるのが、仲が近しければ近しいほどなんか嫌。

そんなに親しくなければ素直に喜べるんだけど。

はやく別れないかな。そしたら夜通し愚痴きいてなぐさめるのに。

うっかりctrl+wで2時間かけてかいた記事が消えたのでもう寝ます

http://anond.hatelabo.jp/20130517231839

とりあえず親父の一人としては他所の様子が分かって楽しいけどね。

単に高齢化ってことなんじゃないかねぇ。

http://anond.hatelabo.jp/20130517224227

どこまで遡るべきかよくわからんが、適当大戦前後くらいから。

まず第一次ベビーブームの時点、終戦を引き金にそれまでの反動子どもが沢山産まれた。端的に言って戦時中妊娠出産環境として最悪だった。男は出ていって帰ってこないわ爆撃機は来るわ物資がなくてメシも満足に食えないわでろくでもない。産めよ増やせよったってそれどころではない状況。

それが戦争終了となると、現代に比して衛生や倫理やいろんな観点からして万全には程遠かったとしても、戦時中に比べれば「これからはきっと良くなる」「少なくとももう子どもが兵隊に取られて死ぬことはない」という形で社会未来希望が持てたし、実際戦中よりは状況は改善していた。男は地獄から帰ってきたようなものだったんで覚悟の度合いが違ってた。

二次ベビーブームは第一次の時の子どもたちが成人して子ども作ったんで人口比がすごく高くなったっぽく見えた。合計特殊出生率は上がっていない。

このとき高度成長期が大体落ち着いたくらいで、安定成長期とか呼ばれていたタイミング社会的には決して不安定でなく、またライフスタイルも固まっていて、「男は仕事・女は家で子育て」というのが当たり前になっていたのもこのころ。男は覚悟を問われる以前に子どもを持たない理由がなかった。必要なのは仕事をしっかりやって食わせていく覚悟であって子ども関連の揉め事を分担する覚悟ではなかったので話が早かった。産まない理由はないのでみんな産んだ。

今は社会未来希望は持てない・楽観視は許されない状況だし、仕事をしっかりやっていれば食わせられるとは限らないし(というか高確率で食えない)、食えないものをどうにかこうにか食わせていくためには覚悟必要になる。

増田

リアル若者説教したいけど誰も話を聞いてくれない寂しいオヤジが一席ぶる場になりつつあるな。

「つぶし合え」=自分は何もしない

wideangle

「仲良く殺しあってくださいね」って話になるだけのような…

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20130514212517


よく自分が嫌いな人同士が争ってることに対して殺し合えとかつぶし合えとかコメントしてる人いるけど

(kowyoshiとか。つかこidなんて読むの?こうょーし?)

こういう人がじゃあ実際つぶし合わせるために工作活動したりとか

あるいはどっちも潰そうと二正面作戦展開したりするかというとそういうことはなくて

要は「自分は何もしませんよ」と宣言しているだけである

で、青二才的にはそれは都合のいい状況だろう

今みたいに一挙手一投足小姑みたいにあれこれ言われるのは彼にとって面白くないだろうからである

子ども文章力を伸ばすにはまずは好きに書かせるのがいいのだがダメな教師は文字の間違いなどを指摘しては

やる気をそぐようなことばかりしている。みんなのやってることはそれと同じである

でもはてサが相手だったら間違い書こうがデマ流そうが誰も問題にしないわけで

まずはそうやって経験を積むが良かろうという話である

例の横須賀線発言にしたってあれがはてサ叩きの文脈でなされたものだったらkanoseスルーしたわけである

それにしてもこの「つぶし合え」ってフレーズ、俺にはとてもかっこわるい発言としか思えないのだが

なぜかはてブとかでどや顔で使う人が後を絶たないのが不思議である

そもそも「つぶし合え」の対象が実際に共倒れになった事例など一つもないのだが

http://anond.hatelabo.jp/20130514212517

http://anond.hatelabo.jp/20130517180521

この「自分はすごく苦労していて人生をよく知っている」という謙虚さの欠片もないメンヘラ臭がキモすぎ

自分が何やりたいか

やりたいことも,夢も希望もなかったけど,

そのうち見つかった時のために,選択肢が広がればいいか

こんな甘い考え方ではこの先生きていけないでしょう

やりたいことの選択をいつも先延ばしにして .

そんでもってやっぱりやりたいことなんて分からない.

そんな屑は当然就職戦争には生きていけない

 集中力がない,逃げてばかり,計画性もない,効率悪い,アイディアも出せない. 

くるくる悩んで成長しろ 

「俺が楽しいんだから、お前も楽しい理論止めろよ

楽しくないから断ってんだろ

お前みたいな身勝手な考え方するやつが溢れて

どれだけ迷惑を被っている人間いるか少しは考えろよ

世界中ハッピーになる方法は、世界中お祭りしたらいいってわけじゃねーんだよバカ

Re

AKBCD買うほどはまってないけど、テレビで流れてれば見るし、ヘビーローテーションカラオケで必ず歌う。あとYouTube検索してライブとかトーク番組とかドキュメンタリー見てると結構胸に迫る。

がんばってる女の子はやっぱりかわいいし、素直に応援したいなと思う。顔のパーツ寄っていると評判の前田さんも、ライブキラキラ笑って踊っているのは十分かわいい

AKBでよく言われるのは「がんばってる姿が良い」って意見。で、それを否定する「がんばってんのはお前らだけじゃねぇ」って意見や「ごり押しで売れてるだけ」って意見も多い。

しかに寒空のストリートで歌ってる人だって海外に渡ってダンス修行してる人だって彼女たち以上にがんばってるのかもしれない。彼らだってスポンサーがつけば売れるかもしれない。実力があるのに運がないだけなのかもしれない。AKB成功ごり押しのおかげかもしれない。

からといって彼女たちの努力価値が下がるわけではないと思う。

彼女たちを見てると、なんとなく夏の甲子園を思い出す。

努力は必ず報われるわけじゃない。がんばれば優勝できるわけじゃない。甲子園に行けない学校もある。だけど私は努力が報われる姿を見たいと願ってしまう。世の中に少しくらい、努力が報われることがあったって良いじゃないかと。

そしてそんな願いを、たぶんあの女の子たちにも同じように託してる。

AKB甲子園どころか弱小チームぐらいの力で、それがズッタズタのボロボロになりながら努力と団結と涙で乗り越えていこうとするんだから、スポコンだよね。応援したくなる。

あとK-POPも中々嫌われてるけど、政治的な話を抜きにすればそこまで酷くないと思う。

私はどちらかというと個性的な濃い目の顔が好きなので、韓流グループは見た目で区別できないんだけど(みんな薄味で似て見える)、踊りなどのパフォーマンスはやっぱり計算し尽くされてて魅力的だと思う。ショービジネスを極めようとするとこういう風になるのかなとか。

ドラマも、なんだかんだいって日本少女マンガハーレクインみたいな展開は王道にして正道に決まってる。それをまじめに丁寧に作るんだから面白いにきまってる。かといって日本人がおんなじ演技をしたら暑苦しくて受けないと思う。あくまでも「外国人がやってる」ことがウケたんだろうなー。吹き替えとか字幕だと、暑苦しさも自然と受け止められるし、わざとらしいのも許される気がする。

最近鼻水ジュビジュビDABADA

 鼻水やばい

ジュビジュビ 

 DABADA

       ジュビジュビ 

    DABADA

ゆるいストーカーというのか

とある人をずっと追いかけている。

そのとある人には学生時代出会った。

学祭でうちの大学ゲストで来ていた某バンドメンバーだった。

ビックバンドの演奏聴くのは初めてで、わーっとなりながら私は夢中で演奏を聴いていた。

その中で、ピアノを弾いていたその人が気になった。

俗にいうイケメンではないけれど、ピアノ一生懸命弾く姿がとても印象に残った。

帰宅して調べてみるとそのゲストバンド学生団体の中では割合有名なバンドだった。

HPには各パートメンバーの氏名が掲載されていたので、楽器からその人の名前はすぐにわかった。

ちょっと変わった名字のその人の名前ググると、個人で運営しているHPがすぐ見つかった。

もう一回その人の演奏が聴いてみたい、と思ったからだ。

その人は日々の生活のあれこれを日記綴りmixiアカウントもそこで公開していた。

全く面識がないので、友達申請はできない。

だけど、ふと思い出した時にその人のアカウントのぞきに行ったりしていた。

なぜなら日記が全体公開の設定になっていたからだ。文章に味があるのでちょっとした日記もとても面白い

mixiが下火になるとその人は日々のつぶやきを、twitter投稿するようになった。

mixitwitterでその人がいつの間にか結婚し、そして子供が産まれたのを知った。

元々恋愛感情がある人ではないので、その出来事はちょっと遠い場所での出来事だ。

その感情は誰々さんの子供が結婚したんだって子供ももう産まれるんだってという話を人伝いに聞いた時に感じるものと似ている。

特にその人に会いたいと強くアクションしたわけではない。ただ、ネット上の投稿を眺めているだけ。

でもその期間がちょっと異常だと思う。もうその眺めている期間が10年近くになるからだ。

なんでそんなにその人の事をネット上で追いかけているのか、もはやもうよくわからない。

こういうのって相手にとってはすごく気持ち悪いよなー、と思う。

このちょっとした生活の覗き見は相手が不快感を感じたら止める。

だけど、今のこのただ眺めているだけの状況で、相手がそれを察知する事はあり得るのだろうか。

こういうのもストーカーって言うんだろうか。本当、自分でもちょっと異常だと思う。

力作ではあるが一本目の方が名作だったなぁ。

一本目の方が、淡々と鋭い事実を述べていたような。

二本目は感情論に近いというか。

妻への感謝や愛は美しい…のだけど、なんかありがちな話になっちゃった

とりあえず、自分は30後半(既婚子供あり)だが、風俗いっておっぱいに顔埋もれてるだけなんて、そんなもったいないことしません。

とにかくヤらないと、とガツガツしてます

デリヘルでも全力で本番させてもらうし。

膣内射精・オア・ナッシングみたいな。

たぶん40超えてもずっとそうだろう。

失礼ながら多少、同年代の男より、枯れてらっしゃるのかな、と。

でも面白く読みましたよ。サンクス

http://anond.hatelabo.jp/20130517180521

http://anond.hatelabo.jp/20130517225104

M字カーブの推移 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1510.html を見ると、

女性育児なりで退職して再就職するのは

早くて子どもが5〜6歳、遅くて中学入学くらいのようだね。

http://anond.hatelabo.jp/20130517225805

そんなこと言ったっておめえ

レイプ予備軍の相手なんて風俗嬢だってイヤだろうがよ

TENGA配れよTENGA

(゚σ ゚) ホジホジ!!http://anond.hatelabo.jp/20130517223745

(゚σ ゚) ホジホジ!!http://anond.hatelabo.jp/20130517223018

( ・_*)σピンッ‥…--・http://anond.hatelabo.jp/20130517223511

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん