「プロ意識」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プロ意識とは

2017-04-21

新規Hey! Say! JUMP伊野尾担の私が担降りしそうな話

私はHey! Say! JUMP伊野尾担だ。しかも好きになったのは一昨年10月というバリバリのいわゆる新規である

もともと嵐の二宮担の私は伊野尾くんのあの甘すぎるルックスとテキトーと言われる発言に心惹かれて、気がついたときにはFCに入会していた。

FCに入会したのが昨年7月、その後2カ月くらいは本当に楽しかった。コンサートのレポを探り、レギュラー番組を見て、ロケ地巡りもした。Hey! Say! JUMPを好きになって初めてのことがいっぱいで新鮮で、勢いのあるグループはこんな感じなんだ!と思った。2007とか08くらいの嵐を彷彿として、彼らの10周年は一緒にお祝いできることに、このタイミング出会えたことに心から感謝した。嵐オンリー担だった私がHey! Say! JUMPいいじゃん、って思えた。

Fantastic Timeリリースされて何回も何回もリピートして聞いていた9月の終わり、シンガポール事変が起こった。率直に言うと、伊野尾くんの熱愛報道が出た。ショックだった。だって事務所も認めちゃったんだもん。あと、伊野尾くんはスキャンダル全然出てなかった所も好きだったし。いつもは下ネタ満載なのに陰でプロ意識高いんだろうなって勝手判断してた。でもそれは幻想だった。2ショットって何よ、てか、そのシンガポール旅行の話結構してたよね?って。

(まああとその後の広島公演で落ち込んでたレポ見たときは正直呆れた。永遠担当二宮くんと比較してしまった。)

それでも良いメンバーに恵まれて、彼が名古屋オーラスを迎えたのが11/3。その頃には私も伊野尾くんもシンガポール事変なんてなかったかのように、毎日を過ごしていた。なんか割とモンペだったのかもしれない。「これでもう懲り懲りしたよね?もう撮られないでね」って伊野尾くんを信じてた。一度の失態を何度も繰り返すような頭の足りない男を好きになった覚えはないよって伊野尾くんに心の中で伝えた。

しかし、この男はまたもや週刊誌に載った。しか女子アナ2股だよ。果たして2股が本当だったのかは定かではないが、週刊誌に載ったってところがもうまずかった。誰かに怒られるかもしれないけど火のない所に煙は立たないよ。ね。

この傷も次第に癒えてくるだろうと思ってたけど、実際はすごく疑心暗鬼になってしまった。いのおピクチャーもそれ誰が撮ったの?雑誌の「友人が~」って言うのもそれ本当に友人なの?って疑ってしまう私がいつもいた。

それでも何とか私は女遊びの激しい男が好きなんだって自分に言い聞かせて、伊野尾くんの活動を見守っていた。

そんな私を変えたのは4月16日大運動会だった。年末年始コンサートも入らなかった私は今年初めて伊野尾くんに会うのをすごく楽しみにしていた。ただ、そこで予期せずサプライズ関ジュの推しが出演者一覧に載っていなかったにも関わらず、そこにいた。障害物競走で突然現れた彼に私はとんでもなく胸が動いた。天井席だったか双眼鏡必須だったのだが、ずっと私は関ジュの彼を追い掛けていた。正直、伊野尾くんのことなんて頭になかった。なんでいるの?かわいい。好き。って思った。SHOWTIMEでも探していたのは伊野尾くんじゃなかった。

伊野尾くんの圧倒的な顔面が好きだったのに雑誌ラッシュも追う気にならないし、頭の良さも好きなのにクイズ番組出演情報を知ってもなんとも思わなかった。

冷めてるな、わたしとも思った。

ただ今は正式に降りる気にはならない。10周年の現場に行きたいと思ってるし、実際問題DVDだって初回限定盤で予約している。

というか降りるというのも変なのかもしれない。嫌われがちな新規伊野尾担が何と言っても古参ファンには痛くもかゆくもないだろうし、いずれもしかしたら伊野尾くんのことを元担だとも思わなくなるかもしれない。ミーハーだったなってそれだけの感情になってしまうかもしれない。 

ごめんなさい。古参伊野尾担の方。私みたいなミーハーなんかが伊野尾くんのこと好きだって言ってしまって。

でも、伊野尾くん。まだ私は少し好きだ。ピーチガール試写会だって行きたかった。

こんな淡い恋心の炎が消えるか、また燃え上がるのかは分からないけれど、いつか来るその時まで、よろしくお願いします。

2017-03-19

信仰一種人格フィルターとして機能する

人格に関わらずそいつの行動指針を規定するので対応やすい。

プロ意識とかコミュ力とかKY能力とか・・・

2017-02-20

「部下を定時に帰す仕事術」を読んで

東レ佐々木常夫さんの部下を定時に帰す仕事術を読んでみた。

とても賛同できるところがいくつかあった。

例えばデットラインを決めること

優れたイミテーションをすること、礼儀を大切にすること、などなど。

正しいと思うことを沢山書かれているという上で、あえてここでは反論したい。

まずこの本の前提になっているものが「効率化」であること。

日本人外国人に比べ、労働効率が悪いという話がよく上がるが、海外サービスって良いですかね?海外暮らし経験からすると、日本無駄?なサービスって「おもてなし」で結構素敵ですよ。

仕事の鳥瞰図を書く、スケジュールを書くって、予定を決めて、業務をこなすってことですよね。

イノベーションはまだ誰も見たことないことをやることであって、鳥瞰図を作ったり、スケジュールを作ったりすることはできないと思います

この方は、今の日本のようにイノベーションなんか求めてないのかもしれないですね。

長期労働プロ意識の欠如。プロ意識定義ですが、労働時間を守っている社会人より、社会に貢献できるサービス商品を作るほうが、よっぽどプロだと思う。

結局、日本イノベーションを諦めるってことなのかな。もっとチャレンジングで、ワクワクするようなサービスが生まれ社会の方が好きなんだけど。

2016-11-28

仕事プロ意識なんてない

メーカー研究新人だけどプロ意識なんてない


上長に言われたことをやるだけ


月曜日から夜更かしで明日絶対に眠くなるけど知らんわ


出世はできないだろうけど適当な方がメンタル殺られなそうだしこれで良いんだよね

2016-11-25

今年の紅白歌合戦が楽しみだ

三十二才無職だが、

録画していたNHKニュースを観ていると紅白出場者の発表会見の様子が流れていた

きらびやか衣装に包まれ

アイドルタレント歌手俳優アナウンサー達がそれぞれの紅白に対する抱負を語っていた

無職になってからというもの

日々、現実感をなくし自己存在意義世間の有り様がなんなのか判然とせず

毎日曖昧ぼんやりとした日々を送っている

社会のなかで人目を避け透明となり義務感や焦りから目をそらしてうまく斥けようと努めてきたおかげでもある

こうした日々を送るおれの眼にも上記の華やかなテレビタレント達はひときわ輝いてみえ

ああ、おれもこのような快活で恵まれ人間として世にでてみたかったと、自然と羨望の眼差しでみてしま

無論、彼らのプロ意識や修練はおれなどには想像も及ばないものだろう

若くして抜擢され成功するアイドルグループ

年齢を重ね着実にキャリアを重ねてきたベテランや中堅

斬新な切り口で今年、一世を風靡した人達

輝かしい晴れ舞台に選ばれた彼らの今年の集大成を是非この目で見届けたいと思った

せめて今年の紅白を見届けるまでは生きねばならぬ、とさえ思った

はいえ、年末年始といえば子供の頃からゲームに熱中していて、今まで一度もちゃんと観たことがないので本当に観るかどうかはわからない

マニア指向というかあまりミーハーものに興味を持たない気質もあった

いやいやしかし、そんなことはない

今年こそ、この熱は決して覚めないだろう

紅白人達テレビ画面の向こうのスタジオ

おれのお茶の間から熱視線を待っていてくれ

2016-11-19

例のNHK宮崎全部みたけど

地球最後の日が近いって感じがするね。(そりゃあ or こりゃあ)人間のほうが自信なくなってるからだよ」

に全部集約されていて、あの部分に長文必要かなって思った。

結局主体性がなく価値の置き所がないから正解がわからずに結果的冒涜を生み出すという話しであって、長文の殆どはそこから派生した枝葉だろうなと(川上サイドの話はあまりに当たり前に技術への挑戦の話なので書かない)。






閑話休題

ちなみに取材班は良いとこ撮ってるなあ、とは思った。笑顔を切り取ってトトロと重ねるとか、ああいうあざといやつではなく。

番組構成生命への挑戦と挫折と再起みたいなところに的を絞ろうとしている話でもない。

しろ大事なのは宮﨑駿その人が未だに頑固爺で、「CGに負けたくない」

とかプライド発揮しつつ庵野にも見られる異様なプロ意識を見せていたこと。

今更だけど、あん姿勢だったらたしかに人は離れる。離れるけどああしなきゃ絶対良いものはできない。

動かなきゃやってられない、ニヒリズムでもなくそうだみたいな台詞はいちいち頷ける。あー作ってる人の声だ、という感じ。

爪の垢を煎じて飲まさせていただきました、という意味で老人からパワーを貰ってしまった感じ。



鈴木さんと宮崎さん、及び教習で自分と同じ爺を見てびっくりしたという話もそうだけど、

失礼ながら老人ホーム入りしかねない二人が現役であの椅子にいる風景は色々危ない感じはした。

これも前から言われていることなので今更だけど、あんな巨塔の老人の後釜なんかいないよ、

という思い一緒に、体制のヤバさと、少ない天才を潰してしまプライドの高さや要求レベルと、

逃げた細田監督とか米林監督とか色々思い浮かんだ。

じゃあ老人二名があの椅子に座るしかないよね、という一巡も含めて。

面白い人だなあ。付き合いにくそうだけど見てると本当に元気になる欲張り爺さんだよ。

2016-11-17

担降りの瞬間

私の元担の話になるんですが、最初こそはめちゃくちゃ好きでかっこよくて可愛くてなりふり構わず会いに行ってたしこの先もずっと好きなんだろうな!!と心から思い込んでたんですけど、応援し始めて1年目に突破する辺りで、自担が急に事務所から推されるようになってきて、少クラでも真ん中で歌ったり雑誌にも沢山載ったりしてまあ現場も増えるし損は別に無いしで嬉しかったんですけど、自担人間性がめちゃくちゃ変わってきて、それをきっかけに、応援しながらも“…なんか違うなあ?”っていうのが自分の中に沸々と芽生えてきて。何だろう、誰のことかバレちゃうかもしれないしわかる人にはわかってしまうと思うんですけど、前はものすっごく純粋ファン思いなアイドルだったのが、人が変わったかのようにSNS流出だったり発言オタク的にかなりアウトだったり……なんだかもう私の中では完全にアイドルじゃなくなってたんです、その人が。捉え方や基準は人それぞれだし個人意見から、他のファンからしたら意味わかんないかもしれないけど、私はアイドルのその人をファンとして好きになったわけで見たくなくても流出した情報が流れてきたり女性関係が明白になったりなどもうアイドルってなんだよ!とほんとにうんざりしてしまって!別に恋愛するなとは言わないしSNSもするなとは言わないけどバレたくないならオタクにそれを連想させるような気配を見せるな!!内輪だけでやっておいてくれと!!!静かにオタクやらせてくれと!!!!だらしなく過ごしてるから完全に歌唱力ダンス力も低下していってるし調子に乗りすぎていないかあなた努力ファン努力で掴んだチャンスをそんな簡単に逃すのか?みんな努力してるのは同じだからそんな風だとすぐその場所奪われちゃうよ。と思いながらもやっぱりまだ好きの気持ちは残ってたのでとりあえずは見守ることにしたのですが案の定みるみるうちにその人の位置が下がっていったんですね。あれ、なんで私はこの人応援してるんだろう?そう考えずにはいられなかったです。必死に汗水流して働いたお金プロ意識カケラもないこいつが女と話すための通信料や女にかっこよく見られるための無駄に高いブランド物に支払われてんの意味わかんなくない?自分に貢いだ方がよっぽど良くない?と思ったのがサヨナラの瞬間でした。

2016-10-08

長谷川 秀夫 - 月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死自己保存用)

Hideo Hasegawa

10 hrs ·

NewsPicks

·

月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない。会社業務をこなすというより、自分が請け負った仕事プロとして完遂するという強い意識があれば、残業時間など関係ない。自分起業した人は、それこそ寝袋を会社に持ち込んで、仕事に打ち込んだ時期があるはず。更にプロ意識があれば、上司を説得してでも良い成果を出せるように人的資源を獲得すべく最大の努力をすべき。それでも駄目なら、その会社組織として機能していないので、転職を考えるべき。また、転職できるプロであるべき長期的に自分への投資を続けるべき。

過労死白書過労死ゼロに向け…世界で例がない初の報告書毎日新聞

海外メディアから編集部が厳選した翻訳記事やThe Wall Street Journal日本版)で配信された記事を読むことが出来ます

newspicks.com

1 Like2 Shares

Share

偉大なる元記事様 https://www.facebook.com/hideo.hasegawa.5/posts/1344423522255614(削除済)

Googleキャッシュ http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:https://www.facebook.com/hideo.hasegawa.5/posts/1344423522255614

魚拓 http://archive.is/K4OEv不要な要素は適宜削除ください)

長谷川秀夫(武蔵野大学教授)「100時間くらいで過労死は情けない」

長谷川秀夫(武蔵野大学教授)がFacebook投稿し、その後削除した内容。

月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない。会社業務をこなすというより、自分が請け負った仕事プロとして完遂するという強い意識があれば、残業時間など関係ない。自分起業した人は、それこそ寝袋を会社に持ち込んで、仕事に打ち込んだ時期があるはず。更にプロ意識があれば、上司を説得してでも良い成果を出せるように人的資源を獲得すべく最大の努力をすべき。それでも駄目なら、その会社組織として機能していないので、転職を考えるべき。また、転職できるプロであるべき長期的に自分への投資を続けるべき。

URL

キャプチャ魚拓はなかった)


長谷川秀夫

武蔵野大学グローバルビジネス学科教授。 一部上場企業を中心として、10年以上のCFO経験を持つ。

CFOとしての最後仕事は、IMC社(本部イスラエル株主米国Bershire Hathaway Inc. leaded by Warren Buffett)とのM&A取りまとめ。

Warren Buffettによる初めての日本企業への出資を実現。その後、学校法人理事を経て現在に至る。

元日経団連コンテンツ税制委員会委員

早稲田大学商学部卒業BA in Commerce)、 米国The University of Iowa経営大学院卒業(MBA)、 米国Kellogg School of Management, Northwestern UniversityにてAdvanced Executive Program (現AMP)修了。

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士後期過程(国際経営専攻)退学。

https://newspicks.com/user/1077197/

2016-10-02

二宮はなんであんなに美女モテるんだよ問題

今更だが許せない。

自分毎日地味に家と会社を往復してる間に、あいつがまたやりやがっていたらしい。

相手はオレの最後アヤパンこと伊藤綾子女子アナ界きってののし上がり系秋田美人

いち地方アナから我々がネット人気で引っ張り上げたと言っても過言ではない。スマン嘘ですそれはさっき知った。

ともあれ若手に目移りもせず安定した仕事振りと大人のお姉さん振りを応援してたのにこのザマ。

二宮和也。マジなんなんだよあのニノってやつは。

ジャニーズはおチビ様が多いけどまずもってあいつもその代表じゃん。でもって顔も芸能人にすりゃ死ぬほどフツメンだろうが。

そりゃ今や嵐といえば名実ともにトップアイドル中のトップつー感じだし、二宮ドラマ見てグッときたことも一度や二度じゃねーよ。ハリウッドイーストウッド作も知ってるよ。

嵐の番組見てたらこいつ頭の回転はえーな仕事出来る奴だなっていうのも分かる。

だけどだな!!なんで名だたる美女がどいつもこいつもあえて二宮なんだよ!!教えてくれよ!

綾子はそりゃバラエティーではぶりっ子なのも分かるしあざとい女ではあるが、

ホームでは堅実なアナウンサーしててプロ意識もあると評判だった。

なのになんだよ綾子…、あのニノニノアピールの酷いブログは…業界現役のアラフォーになる女のやる事とは思えんぞ…

そんな10代みたいな痛い女になるほど惚れてたのか?結婚焦って押し切りたかったのか?二宮を試したのか?

もうなんか色々見ているうちにスーッと冷めてきた。

しか二宮への感情が収まらない。


初めての衝撃の報道は忘れもしない、長澤まさみ

べ、別に長澤まさみとかドストライク好みって訳じゃねーけど、当時ノースキャンダルのあのピチピチの長澤まさみだぞ…

たか東宝シンデレラ。されどおっぱい

最近美脚ゴリ推しはもう必死感あるからやめとけよ事務所

ともかくあの当時チヤホヤされまくっていただろうまさみを、どうやってあのひ弱っぽい二宮が落としたのか本当に謎だった。

今みたいに嵐のネームバリューも無い時点でこれ。

ドラマの共演でそこまで持っていけるとかなにそのやり手。

そしてお次はまたノリにノッてたささきき。女子も憧れるなりたい美人代表

ハ?だよね。いよいよ切れる。若手女優の人気トップの次はモデルトップかよ。

オレはどっちかっつーと清純派が好みだし元ヤンキーとか好みって訳じゃねーけど(ry

…もうこの時にね、本格的に二宮の事を見逃してやれなくなった。

なんなんだよその狙い定めたかのような時の美女キラーぶり。

まさみに続きささききも長身美女二宮と同じくらいじゃね?むしろ二宮ちっちゃくね?

本当さぁ…なんでそこに突っ込めるんだよ。ちょっとは腰ひけろよ…。

なのに二宮は打て打て。

あい引きこもりゲーマーだろ?ビジネスじゃなくガチなんだろ知ってるぞ?

オレらじゃんていうオタクだろ?

であの草食男子代表みたいななりして肉食。なんなんだよ。ズリーだろ…。


ハァ。やっぱ最終的に勝つのコミュ力の高さなんですかね??

コミュ力とか柔軟さはイケメン松潤サクラップよりありそうなんだよな…

下心なさそうに親しみやすい感じで?油断させて可愛い顔をしながら懐に潜り込むって感じか?

そしてあの演技力で急に男の顔になっちゃったりするんですかね…??

そのギャップに落とされるんですかね、人は……

ニノ画像検索しまくってたらなんかイラッとするのが段々クセになってきた。

まぁもし後輩とかだったら生意気そうだけどなんか空気読んでくれそうだし慕ってくれたら悪い気はしないだろうな。

愚痴飲みに付き合ってくれて、いやー実は別れちゃったんすよねとか笑いかけながら話されたら、許せそうだな…

もしくはオレの前だけで弱音吐いてくれたらかわいく感じそうだな……。

ニノ 泣かせたい 

検索したら 女優より、お前を泣かせたいってのが引っ掛かったんだが、倉本聰よ……。

なんだか本末転倒になってきたのでもうやめよう。



追記

こういう展開なら反対にブコメ二宮disってくれる非モテエリートが出てくるのがはてなじゃないの?

あとまさみやささききがドストライクって訳じゃないって書いたのはオレは本命鈴木愛理ちゃん系だからだぞ。

2016-09-26

彼女の援交を知ったのを期に、セックスワーカーについて考えたこと

私の彼女事実上援助交際をしている、らしい。最近教えてくれた。

色々な相手がいて、その人たちとどういうプレイたかみたいなことを平気で私に喋ってくるから、私はたまったものじゃない。

私が狼狽えるのを見て楽しんでいるのか、それとも彼女だと思ってるのは私のほうだけで、彼女の方は私のことを単なる援交相手の1人だとしか思ってなかったのか…。(そういえば少し奢ったりしてたが…)

それはわからない。

でも私は今も彼女が好きだ。

それは今も変わらない。

(ただ精神的な影響からEDにはなりかけたw)

こうなってから思うのは、いわゆるセックスワーカーの人たちに対して社会はどうするのが正しいのかということである

私は以下の4つのパターンを考えた。

①その仕事によって他人迷惑がかかっているとき

→その仕事をやめるように説得する

②本人がその仕事に誇りを持っていて、自ら進んで仕事をしてるとき

積極的応援する

③本人が望まず経済的理由などでその仕事をせざるえないとき

→なるべくそ仕事以外の仕事に就けるように支援する

④本人が望んでいない仕事だが、すぐには代わりの仕事を探すのは難しいとき

→せめてその仕事安全で、周りの人達から差別されないように支援する。

こんなところだろうか

これは最近話題AVの出演強要問題にも参考になるのではないかと思う

AVなんか見てるとプロ意識を持って努力してる女優さんなんかもいて、とても尊敬してる。

一方で③、④みたいなケースもあるのかもしれない。

いくらAV女優テレビに出るようになって、以前よりかはオープンに明るく語られるようになったとはいっても、まだまだ差別は強い。

そして直接身体を売る人たちにもこれの区分は当てはまると思う。

例えば北欧などではやはり貧困から④のパターン路上セックスワーカーが多いらしく、政府安全な「ヤリ部屋」を提供するなどの政策が取られているらしい。(批判も多いが…)

ちなみに私の彼女も④のパターンが近い。

精神的な病でなかなか働けず、ちょっとしたおこずかい稼ぎのためには「売り」をせざる得ない。

まあ多少は楽しんでるところもあるっぽいから、全面的擁護できるわけじゃないけどw

でもまぁ、今はできることは支援したいなと思ってる。(ピンチときに駆けつけるなど)

本音をいうと早くやめて貰いたい…。

彼女のほうも、できるならそんなに続けたくないようだ。

けど、実際そうもいかない事情もある。

残念ながら私も彼女を養える経済力は、まだない。

からこそ、さっきの4つのパターン念頭に今の彼女を最大限尊重していきたい。

セックスワーカーは原始の時代より、人類最初サービス業として存在したと言われている

彼女ら彼らのおかげで欲求不満が発散され、社会の維持につながってきた可能性は大きいと思う。

なるべくならお互いに尊敬できる世の中がいいと思う。

2016-09-22

プロ意識が足りない駅員

という言い方をされたときの『プロ意識』とは何だろう。

プロがいるということは、アマ駅員も居るのだろうか。

2016-09-06

http://anond.hatelabo.jp/20160906150157

女は年齢で商品価値下がるからその恐怖感が人間性を壊す

体を売る

メンタル報酬である金を使用して解決する

元の生活に戻れなくなるし貯金もしていない

年齢と共に仕事が減る

貯金もない

病む

男の場合は歳で変動ってまず無いしAV出演でメンタル壊すやつは最初から参加してない

そもそも、お金目当てにAV男優になるやつもいないだろうギャラが違うんだから

そうすると生活水準は変わらずわざわざ長年やってるってことはプロ意識があるってことになる

プロ意識自主選択性があるなら仕事メンタルが崩れることはまずないしギャラで身持ち崩すっていうのも報酬額にしてはあり得ない

AV女が破滅するのはそいつ人生が金の耐性なさすぎるからってだけ

金に振り回されるからおかしくなる

生涯年収サラリーマンに遠く及ばないのに顔が割れるし貯金以外は選択として無いのに使う

破滅前提の職業

2016-08-22

ガルパンを見たぞ

安牌を切りすぎた作品

ただし5話まで。劇場版も見てない。

ざっくり言ってなんでこんなに紛糾するのかって言うと、基本的に全力で尖ったもん出せる人達が全力出してない感じを受けるからだろうと思う。

ガルパン構成基本的に学園物+日常系スポ根男子の好きなもの構成されている。この辺は自分が言うまでもないことだろうね。

そしてこういうしなびたきゅうりが入ったスーパーサラダみたいな使い回しに、安易さと憤りを感じている人がいる気がする。

このへんはTogetter安易さをあのバランスで配合してるのはすごいことだと言ってる人がいたけど、そうじゃないでしょうと。

個人的にはありえない心象風景を持った脳内女子陳腐日常には嫌気が差したし、デフォルメと想定がなされた市街戦なんかは普通におもしろいとは思った。

各人が反応するところはきっちり盛り込まれてるので安全作品じゃないのかということ。

それだけにその安全で安牌から一歩もはみ出ることのない姿勢に嫌気が差す人も多数いたのではないかと推測できる。

いちいち反応見てないけど。

あと絵柄の古さ問題結構取り沙汰されてるけど、エンディングテーマのノリ、80年台から変わってなくないですかね。

正直古臭いギャルゲエロゲっぽくて個人的には受け付けない。乳揺れシーンが入ってもおかしくない感じだし。



偉そうな意見言いやがって

そんなに偉そうに言っていいの、という話なんだけど、問題プロ意識に求められてるんだろうなあ、という気はする。

プロ安易に走って良いのか、安牌を切って良いのか。新しい体験視聴者にもたらさなければならないのでは、

という無言の了解の上で紛糾してるような気はする。

とても極端なことを言えば、ここのスタッフに入って中割描いてくださいと言われたらそりゃ何も言えない。

とっても労力の掛かることだとは思う。



追記

海外の反応サイトを見ながらだったんだけど、第二次世界大戦歴史をやんわりをたどるメタ構造になってんのねこれ。

そこは紹介としてよく出来てると思った。

2016-06-26

2016-05-15

お前らはプロプロ意識に甘えすぎ

プロなんだからじゃねーよ恥をしれ

2016-04-15

いとうあさこが「体を張っている」という虚構

晒してボディペイントだぁ?それのどこが芸なんだよ

それは「体を張っている」とは言わねぇ。

自分尊厳を切り売りしてるだけ。「体を売ってる」んだよカス



何が「自分から好んでやってますんで」だ

尊厳を投げ捨てることにプロ意識感じてんじゃねーよ



そして尊厳を豪快に投げ捨てることを「カッコイイ」「スゴイ」と賞賛するクズ

お前らの存在は須く害悪なんだよ。



確かに子供に見せるべきではない。

だが、もう手遅れだ。

2016-04-14

http://anond.hatelabo.jp/20160413211142

や、安い~~~~~~~………

でも現状、これより価格上げると若い腐女子客を獲得できないよね、払えないから……

賃金の高い職につく女性が増えて、こういうビジネスにもお金が回るようになればいいのになと思いました

イケメン店員たちのプロ意識すごいので収入面でも報われてほしい

2016-04-13

http://anond.hatelabo.jp/20160413092357

から自分チェーン店プロ意識なんてないんだなと悟ってあんまり利用しなくなったってこった

でもそこまで大々的に事業拡大してないような店にまでチェーン店のぎちぎちした雰囲気求めないでほしいとは思う

アダルト雑誌編集者に切られた話は無理もない

そもそも、該当のマンガ家氏は客観的に見て、「普通であれば雑誌には掲載されないレベル」の作品を書いていた

それ以前も、雑誌用の作品より同人誌即売会用の作品を優先するとはっきり伝えるなど、

雑誌編集者から見れば「こいつは仕事よりも趣味を優先する奴だ」と分かる言動を行っていた。

そりゃ編集者からすれば、作品レベルも低いし、プロ意識も低い、あまり大事にする取引先ではないと判断するだろう。

(なぜ趣味作品を優先するとマンガ家氏は伝えてしまったんだろう? あくま仕事を優先している体で対応しておけばよかったのに)

そこでイレギュラーがあり、代原として兄弟誌への掲載提案されるがマンガ家氏は断ってしまう。

たから見れば、掲載誌にそこまでこだわる理由が分からない。

チャンスはつかんでおくべきなんじゃないだろうか。

原稿料がすぐ出るだけでなく、担当編集者に貸しを作れるわけで、今後はなにかと優遇してもらえる可能性がある。

それをふいにしておいてキレてるというのは、客観的に見ても意味不明だ。

作品発表会じゃないんだから、この雑誌じゃなければイヤだという意地はそこまでして通すものではないだろう。

 

 

野球選手で言えば、巨人の2軍選手が急に「阪神なら出られるぞ」と誘われるようなもんか?

ここで阪神の誘いを断ったら、もう2度と阪神から誘いが来なくなることは分かるだろう。

そこまでして巨人に操を立てても、客観的に見ればこの選手巨人の2軍選手であり、何もなければずっと1軍の試合には出られないのだから

2016-04-12

http://anond.hatelabo.jp/20160412104930

客が飯食ってる時に胸糞悪いもん見せるのがプロ意識ですか

見当違いも甚だしいな、おっさんならなおさら悲壮感漂ってて不快になるよ

指導」の押し売りなんか誰もみたくないし求めてないだろ

プロならそういうのはバックヤードに押し込んでほしいわ

2016-03-24

増田意識するプロを出すまで増田を絽プル好き椎田州間(回文

プロ意識ってあるけど、

私ほど増田プロ意識しているのはないと思うわ!

増田プロになりたいと意識すること!

プロ増田

意識しないと願いも叶わないわ!

姿格好がスズメバチに似た図鑑とかでのってる蛾っているじゃない、

あの蛾って、

どんだけスズメバチになりたかったんだよ!

って超意識してたんだと思うの。

それと一緒よ!

プロ増田の席は笑点メンバーのように空かなさすぎるけど

昇太さんでももうそこそこいい歳いってるんだから

私すっごく若手のお笑いの人だと思ってたわ!

でも、ラッキー棚ぼたもありっちゃーありね!

棚ぼたも意識するわ!

さて、今日ミカンを買いに行くわ!

プロミカン!!プロミカン!!!




今日朝ご飯

ご飯炊いたのでシラスご飯で食べました。

釜上げシラスのパックがかたくて

パッと空いたと思ったら、

シンクにばらまいちゃったわ。

シンク上げシラスね!

デトックスウォターはミカンリンゴよ。

春になったら

どんどん果物が出てくるから楽しみね!




すいすいすいようび~

今日も頑張ろう!

2016-03-17

サッカーが程度の低い人間スポーツというのは、残念ながら正しい

クラブのためという自己肯定意識が横行していて、歯止めが効かなくなっている

クラブの元選手レジェンドといった、「今となってはただの部外者」でさえ、その立場をわきまえない

少し成功しただけで増長して、客観的視点を持てなくなる

あまつさえたたのサポーターファン(金を払って試合という対価を受け取っているだけの一般人)が、プロに対してプロであることを殊更に強調し

相手人格から態度からから否定する

自分ファンサポーターであることに責任を持たない

サポーター(ファン)はお客様だと思っているうえに、お客様神様だと思っているので、選手スタッフに対して敬意などを抱くことはなく、彼らはクラブ成功しか興味がない

上記のように、自らは態度や発言、行動に責任を負わないくせに、クラブ自分を同一視し、クラブが「成功しない」と自分価値を貶めたと考えてクラブ攻撃し始める

ファンサポーターが表に出てくるときはほほ確実に批判暴力差別行為恥知らず言動(フラッグ等)であり

まりサッカーという競技を競技だと受け止めていない事がわかる

優劣をつけるための代理戦争だと考えている

選手スタッフに対しての短絡的な人格攻撃が主で、あれほど複雑、先鋭的に進化しているシステム戦術考察のやり取りはほぼ無いに等しい

選手スタッフの大半はビッグクラブ所属すればするほど自分たちサッカー文化を背負っているという自負の元に行動しているのは見て取れる

(一部の代理人や選手監督クラブはこの限りではない)

それはプロ意識であると言えるが、このプロ意識おんぶに抱っこの甘えん坊がピッチの外側にあふれている

上記の内容からサッカーという文化に対して穿った視点を払拭することは難しく、所為DQNスポーツ」というのは市場形成してるファンサポーターマスコミ解説者という名のこれらと同類人種を見れば正しいと感じる

2016-02-28

推しと彼女とカノバレ

推しがカノバレをした。

私は若手俳優オタクをしている。大好きだった漫画の2.5次元舞台をやるという話を聞いて、最初全然興味がなかったのだが私の推しキャラビジュアルが公開されてからというもの、私は見事にその俳優に堕ち、その人のことを考えない日がなくなった。それほど私の推しキャラ実体として表現されていることに感動したのだ。

私は必死チケットをとり、一公演だけ観劇した。サイドシートだったけれどすごく満足した。ライブビューイングも行こうかと思うほど魅力的な1日だった。もともとバンドの追っかけをやっていた私には舞台という形がすごく不思議特別ものだった。バンドライブ基本的にみんなそのバンド音楽を聴きに行く。色んな思いを持ってライブに行くと思うが結局は音楽帰着する人が多数だろう。舞台というものはまたライブとは違った何かがあった。生のエネルギーとか、1人のほんの少しの動きで観客の受け取り方が変わる。とても面白いと思った。

それから自分の推しが出ているDVD雑誌を買い漁った。私は収集癖があって、特にインタビューを集めてしまう。家にはすでに好きなバンドの出ていた雑誌の山や、好きなスポーツ選手インタビューが出ていた雑誌の山があったが、そこに山が1つ増えた。

それが3ヶ月前くらいのこと。この3ヶ月で知らないうちにお金をたくさん使っていた。お金はどんどんなくなっていったけれど心はとても満たされていたので特に後悔はしなかった。これから推しのために必死に働けるならそれでいいと思った。

舞台を見に行ったときプレゼントファンレターを渡した。当時舞台のことがあまり分かっておらず、ツイッタープレゼント手紙の受け取り口があることをフォロワーさんに教えてもらった。その時、自分気持ち悪いオタクだなあとは思ったけど、やっぱり幸せだった。存在している生の人を応援するのはこんなにも幸せな事なのか、と思った。

私の推しは2.5次元界では最近とても売れてきて、今はきっと5つくらい舞台を控えている。そのうちの二つは座長だ。まだ20代だがこれまでに4つ座長を務めた舞台があった。割と若手のホープだと思う。私の推しはブログインタビューを読むかぎり、とても仕事に対して誠実な人だった。少し前まで大学生大学勉強仕事を両立してまで頑張っていた。そして頭がよかった。大学はかなり名の知れた大学に通っていて、しか中学高校はそこの大学の附属だった。偏差値を調べてみたら中学が68。恐ろしいと思った。偏差値62の高校でどんどん落ちぶれていった私には、想像できない世界だった。

から正直言って油断していた。

私の推しは演技力もあって仕事に対する姿勢もすごく真剣で、私が行った舞台のレポを読み漁ったけれど推しを批判するものは一つもなかった。それだけ評判もよかった人だった。

私は暇さえあれば、検索欄に推しの名前を入れ、ツイッター検索をかけて見ていた。色んな舞台のレポで自分の推しが褒められているのをみて嬉しくなる、という行為を繰り返していた。気持ち悪いオタクだ。ただそれがひたすら楽しく、自分の生きる糧になっていた。

今年の春は忙しく、地方住みの私は推しの出る舞台に行けなかった。どうしても諦めきれずに申し込んだ、私の見に行った舞台の再演のチケットが、なんと1枚だけ当たり、泣く泣くチケットを探していた友人に譲り、推しがでる色んな舞台の物販の代行を頼んだ。そんな矢先の事だった。

いつものように推しの名前を入れてツイッター検索をかける。すると「カノバレとかクソだ」という文字が目に入ってきた。

彼女だと思われる女性は前に私の推しが座長を務めた乙女ゲーム原作舞台ヒロイン役で、推しの演じるキャラルートだと2人は結ばれ、もう一つのルートだと、その2人の仲は引き裂かれ、推しの演じるキャラは狂ってしまうというものだった。その舞台ではキスシーンのようなものもあった。その子はすごくかわいかったのでお似合いだと思い私はちょっとほっこりした。

それから色々調べて、2ちゃんを覗いたり、彼女だと思われる子のブログを読み漁り、ツーショットや推しのことについて書かれた記事を見つける度にスクショした。そんなことをしていると、すぐにカノバレのソースだと言われた画像にたどり着いた。推しが付けていたものと同じヘアバンド。これだけじゃ分からないでしょ、と思いブログを読み進めていたが、ある一つの記事を読んだ後、私は確信した。この2人は付き合っている。その記事は私の推しが出た舞台観劇したという内容だった。推しは主演ではなく、ぎりぎりメインキャスト…?と言ったところだった。がいつもの推しやいつも演じている役とは全然違うタイプの役を演じた。それに感動した、という内容の記事だった。当然ツーショットも一緒に上げられていた。私は分かってしまった。その文章をみて、推しにリア恋している私たちオタクのものだと思った。そうだよね、かっこよかったもん。私もその舞台DVDを観たから分かる。いつもの推しとは違う表情、鋭い目線。かっこよかった。

その記事を読んだら何故か心にぽっかり穴が空いてしまったようになった。

もともと私は推しをかっこいいという目線であまり見たことがなかった。ずっとかわいいという目線で見ていた。だいたいの人はかっこいいと言って見ていたけれど、私はかわいいしか思ったことがなかった。

しか友達とことあるごとに、推しには結婚して欲しい、支えてくれる彼女がいてほしい、幸せになって欲しいと言っていたし、推しが左手の薬指に指輪を付けた写真を見る度に、彼女幸せになってくれ、と祈っていた。

前の舞台(その彼女と共演した)舞台で、推しはとても悩んで、稽古場で泣きまくり気づくと何処か1点を見つめて考え事をしていて(他のキャスト談)家に帰ってきてからもひたすら泣き、悩みすぎて眠れずに夢遊病のようになったことがあったと自身ブログで言っていた。そんな時も彼女がいたらいいのに、辛い時に支えてくれる存在がいればいいのに、私はと言っていた。(その時は共演していた親友に助けられたと言っていた)

そんな思いで見ていたのにカノバレしたのにかなりショックを受けた。

彼女はいて欲しいと思っていたのになぜだかショックだった。リア恋なわけでもなかった。ただかわいい推しを見ていられればいいと思っていたのにショックだった。

やらなきゃいけない事がたくさんあったのに、それに手がつかないくらいに混乱した。



ずっと考えてみて、ショックだった理由はきっと、推しを信用していたからだとわかった。推しは前にも書いた通り、頭もよかったし仕事に対して真剣で、プロ意識もきちんとあったし、演技力もあった。私は推しを信じすぎていたのだ。その舞台の再演も、推しより他のキャスト意識が低くとても心配していたところだった。こんなタイミングでカノバレなんてすごくショックだった。今たくさん舞台を控えている。座長舞台もたくさんある。今が売り出し時と言わんばかりにいくつも舞台を抱えている今、カノバレするなんて。これで推すことをやめようなんては思っていない。変わらず私は推し続けていくし、グッズを集めるしたくさん舞台にも通うし、手紙プレゼントもたくさん送るのだろう。ただ、心にぽっかり穴があいたようだ。推しが好きな気持ちは変わらないけど何故か苦しい。

そりゃ、頭もよくて真面目でいい人ですごくかっこよくて、こんな人に彼女がいない方がおかしいと思う。でも「彼女がいること」と「カノバレすること」は違う。みんな信じていただけあって、私の周りのオタクの反応は大きかった。でも、炎上したわけではなくてこじんまりとカノバレしただけだったので、それを知らずに推しを追っかけている人もいる。私の知っている中でカノバレを知っているのは3人くらいだろうか。ただ私たちは同じようにショックを受けた。

推し変したりする訳じゃないけど前と同じ気持ちで推しを応援することはできないと思う。

でも、バカみたいだけど私は推しを応援して、これからもあの満たされた気持ちを求めてどこまでも追いかけるのだ。

2016-02-20

めちゃイケ久しぶりに見たけど素人集団リンチしていて震えた

さっきめちゃイケ見ててふと思ったんやけど、めちゃイケって本当最悪、早く終わればいい、三中くんもふつう就職した方がいいよって感じ。ツイートする、で終わってもよかったけど、一応補足。


番組の内容

今夜のめちゃイケの中身というのが、メンバー唯一の素人三中くんが番組企画として、みちのくプロレス入団させられて、苦しい練習のあまり逃げ出してしまうというもの

それを呼び戻すため、メンバーが逃げるんじゃないだの、プロ意識だの、みんな大変だのと言って叱咤激励して、結局プロレスに戻されてしまう。でも、結局また逃げちゃう

それでまたメンバーに囲まれて、甘えるなわがままだ、と集中砲火を受けるもの。そして、逃げた理由芸人をするためというもので(確かに三中くんは芸人を志望していた)

逃げたわけではないというが、メンバーはそれならば、今後は素人ではなくプロとして扱う、と一気に突き放すというもの。そもそも、素人として扱う、プロとして扱うの線引きって何よ?


都合の良い時だけ素人扱い

とりあえず。はっきりさせておきたいのが、三中くんは「希望してプロレス行っていない」というもの。そして、番組内のメンバーが言うように彼は素人であるということである

確かにテレビに出ている以上は多少は体を張らないといけないかもしれないが、給与も他のメンバーと比べると相当低い、それは彼が素人であるからである

しかし、給与が低いのも彼が素人であり、プロじゃないから、というのは理由にならない。実際、体をはって彼も番組コンテンツを作っている、貢献度が他の芸人に比べて低いから給与も低いのは

仕方ないというのだろうか、もしくは彼はまでプロダクション所属しておらず、当然マネージャーもいなかったため、ギャラ交渉もできなかったためなのか・・・とりあえず、素人ということで給与

安くて、ドッキリという名前で、道で不良に絡まれたり、ハニートラップにかけられたり、重いものをぶつけられたりしていたわけだ。それも本人が好きなら許されるというわけか。よくわからん

確かに三中くんも芸人になりたい、お笑いが好きでこのめちゃイケオーディションに志願して受かっているわけだからめちゃイケメンバーとしていられるのが幸せなのかもしれない。

しかし、今回のように突き放されて、果たして彼の居場所があるのだろうか、むしろ意図的に外そうとも見える。それが優しさ、獅子子供谷底に落とす親心なのか、純粋芸人どうしの闘争本能なのか

よくわからんが、今まで仲間だった人間を、「嫌いになる見えなくなる」というよゐこ浜口発言をしない。

ある時はプロとして扱い、ある時は素人と扱う。まさにご都合主義である。要は三中くんはメンバーから舐められていたわけである


視聴者面白かったのかなぁ

めちゃイケ批判は、ネット上に多くあって、早く終われ、打ち切りか、などと書かれていて、僕の知っているころのめちゃイケ面白かった記憶があったので、そんなことはないとおもったけど、新メンバーが加入したときから

だんだん疎遠になり、中嶋Pいいともにいって、ますます見なくなり。気づいたら、素人を囲んで集団で責めたてるお説教リンチ番組になっていた。社会は甘くない。芸人もっと甘くない。うん、正論。だけど、これバラエティだよね。

確かにめちゃイケはこういういい話、お涙頂戴が時々あってうざかったけど、今回は特にひどい。TBSガチンコか。視聴者はこれをみてどう思うだろうか。少なくとも10代、20代、三中くんと同じぐらいの世代はこれをみて何を思うだろうか。

めちゃイケメンバーは三中君を見る目が変わるといったが、少なくとも私の見る目は変わったなあ。よゐこ浜口は嫌いになると見えなくなるといったが、私の好きな番組からめちゃイケは見えなくなりました。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん