「銃剣」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 銃剣とは

2017-04-01

銃剣より火縄銃の方が古いんだし

銃剣道より先に銃道ができててもよさそうなもの

銃剣道報道に騙された

ウヨい爺の戦前懐古趣味暴走で、これから中高生が保健体育で銃剣道をやらされるのかと思った。

というか昨日の報道ブコメたらみんなそう思ったはず。

http://www.asahi.com/articles/ASK3Z31FPK3ZUTIL005.html

http://www.asahi.com/articles/ASK3063F4K30UTIL058.html

今朝調べたらインチキ報道だと判明したので

自戒のためにまとめておく。


中高生銃剣道をやらされるようになるんでしょ!?

まず学習指導要領武道というのは、日本武道協議会という団体正式採用9種目そのまま。

9種目とは「柔道剣道弓道相撲空手道合気道少林寺拳法なぎなた銃剣道」。

ご存知のように普通学校の保健体育で行われている武道はほぼ柔道のみ(お金からないしね)。

次点剣道柔道より危険性少なくていいと思うけど道具揃えるのが大変なんだろう)。

銃剣道教える学校なんか旧指導要領時代でも1校だけ。


「でもわざわざ復活させたってことは銃剣道を増やすつもりなんでしょう!?

今回の話は学習指導要領案で銃剣道のみ削除されかかったのがやっぱ残っただけの話。

銃剣道」は9種目の一つなので、旧指導要領から存在し、新指導要領でも残った。

要するに元からあったもの残留の決定。

これを「復活」「新たに追加」という見だし表現で報じるのは限りなくイメージ操作意図報道だと思う。

これのせいで騙された人間がすごく多い。

というか自分も昨日仕事中にスマホはてな見て騙されて適当ブコメを書いてしまった。


「そもそも銃剣道なんて武道でもスポーツでもない!まがまがしい!」

スポーツ化された「銃剣道」と軍隊格闘術としての「銃剣格闘」は別物で、

日本では古来の槍術フランスから伝来した西洋式銃剣術と融合して銃剣道になってる。

槍術が廃れまくってるので文化としても銃剣道は残すべき。

体育で教える必要特にないと思うが。

(そして現行でも授業で教えてる学校はほぼない)


どうでもいいトリビア

これを調べてるうちに拾った話で本旨と関係ないが誰かに話したくて書く。

銃剣って現代軍隊でも装備され使われてる。

英軍は今世紀に入ってから30回以上銃剣突撃実施してるという。

イラクアフガン銃剣つけた米兵普通に報道写真に見られる。

おそろしいおそろしい。戦争反対

でもいちいちせっこいイメージ操作報道するメディアはしね。

銃剣実践で使う機会なんて近代戦ではほぼ無いので問題ないだろ

銃剣による正しい割腹作法

まず、剣を取り外します。

取り外した剣を使って割腹します。

戦場では介錯人がいないこともありますので、その場合は深くえぐるように腹を裂きます

2017-03-31

銃剣道自体否定することはないけど、誰が教えるの?

はっきり言えば、銃剣道自体剣道柔道空手なんかと変わらないただのスポーツだ。

武道と言ったほうがいいのか。

今回、ネット銃剣道のものに対するネガティブコメントが増えたが、まあ殆どは……

人を殺す技術というのなら剣道柔道も当てはまる。

実戦で意味がないというのはもっと謎で、実戦とは何を想定しているのか。

銃剣道銃剣突撃練習などない。

日常のとっさの時に剣道柔道空手より役に立たないものでもない。

特殊剣道とみれば薙刀に近い。

と、いうわけで、それ自体を貶める必要はない。


しかし、学校で教えるのは無理があるだろうとも思う。

まず、教師経験者が皆無だろう。

どうも記事を読むと「選択体育の武道銃剣道を選んでもいいように項目を追加した」というようなことが書いてある。

また、「銃剣道が盛んな地域で」ともある。

どこにそんな地域があって、誰が選ぶのだ。

銃剣道はほぼ十割の競技者自衛隊関係者だ。

教員経験者は皆無だろ。

となると、指導法研究会が開催され、指導要領が整備され、かなりの人手が割かれることになる。

その上で、ほとんど選択されることがない。

なぜなら民間少年銃剣道部なんかないから。

学校は培った指導ノウハウと道具がそろっている昔からの種目を選びたいだろう。

ここで官僚主義弊害が発生する。

銃剣道を導入した人物面子問題』だ。

結構予算を投入して、人手も割いて鳴り物入りで導入した銃剣道が全国で採用ゼロとなれば、責任問題にもなるし、単純に裁可した人物は恥ずかしい。

ここで、各県教委に圧力がかかる。

ここで考えられるオーダーは次の通り。

『各県で少なくとも3校は銃剣道実施できるように推進すること』

実績次第で、様々な飴と鞭を用意して、どうにかそろえば全国で150校の実施となり、まあ顔は立つ。

そんな理由文科省現場担当教職側に多大な不満を植え付け、一部の人間は満足し、時間が流れれば忘れられるだろう。

ていうか、自衛隊学校以外で『盛んな地域』ってどこだよ。

2016-11-14

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50145

神風桜花回天震洋、そして水上特攻大和

これらだけが無謀な作戦ではない。

日露戦争から太平洋戦争に至るまで、繰り返し行われた銃剣突撃

これもまた、命を弾丸として使う戦法だ。

戦争のある局面だけを評価してもほとんど意味がない。

戦争悲劇悲惨さを伝えることは、再び過ちを犯さないために必要なとこだ。

しかし、それだけでは足りない。

なぜ戦争になったのか、開戦に至るメカニズム、この点を理解することが次の戦争を防ぐのだと思う。

2016-10-20

沖縄県民の一個人沖縄米軍基地負担について思うこと

沖縄県民である自分個人の考えをまとめるために書く

自分としては「普天間基地は早急になくすべき、そのためには国外・県外移転が望ましいが、それを望まない日本政府の決定があるならば、『沖縄県は(普天間基地代替としても)県内に新基地を作ることに反対したが、日本政府地元の反対を権力で押し通して基地を作った』という手順、ストーリーで作るべきだろう。それが将来的に沖縄県民利益に繋がる」と考える、以下理由

沖縄県民意見とは)

・まず『沖縄県民』という主語はでかい

 直線距離にして600kmほどでかい、それぞれの地域・島によって歴史現在置かれている状況も違う

 那覇市などの南部に住んでいるとそんなに米軍意識はしない、でも中部に住むと、広大な米軍基地の周辺にへばりついて、分断されぎゅうぎゅうに押し込められて生きている感を受ける、場所によっては騒音がほんとにきつい。北部は…実はよくわからない、『北部』という主語も相当でかくていろんな立場がいるだろう。

 南西諸島などの離島沖縄本島とはだいぶ状況が違う、まず米軍基地や訓練空域がない、交通事故をMPに仕切られた経験もないので米軍問題がどこか他人事だ。それより実感としてあるのは本島・宮古島間の中国艦船通過だったり、尖閣諸島問題だったりするので、気分的に日本政府に強くあって欲しい、保守よりの風潮があると感じる、歴史的にも沖縄本島政権から差別や軽視があったらしいが、その辺はよくわからない。

 そんな感じなので、ひとこと『沖縄県民』と言ってもその意見は多様で一つに絞れないのは当然だと思う。九州電力川内原発についての福岡奄美大島の人たち意見も同じようになるのでは。

・そもそも友人・家族・親戚で基地問題について話題にしない

 ケンカになるからほとんどの場合自分在日米軍国防関係自分と違う意見や明らかに間違っている知識沖縄県負担している米軍基地割合は実は22%だとか)と出会っても、なるほどあなたはそういう考えなのですネーとスルーする。大体の人がそうじゃなかろうか。なので、声高に自分の考えを主張出来る人は、自分の周りがほぼ同じ考えだと誤解しやすい状況が生まれるのではないかと思う。

 しか中国に関してはだいぶヘイトがたまっている、親戚一同が集まっている席でTVで中国関係ワイドショーなど始まると、まるで『1984年』の二分間憎悪のようにその場が中国への罵倒で満たされ、中国に寛容な意見などは一切ない。ネットなどで、(基地反対派の)沖縄県民親中派など言われているのを見るとう~ん?と感じる。おそらく、アメリカ覇権絶対派、強い日本をとりもどせ欲しい派、基地には反対だが中国のため作らないといけない派、いま沖縄県民が分断されている状況は中国のせいだ派など、いろんな現状に対して不満を持っている人たちの、非難の矛先として中国が選ばれ続けているのだろう。中国観光客お金を落とし続けているお土産物屋やホテル業界の人でも、中国人を語るときはまずは悪口から入る気がする。

・そんなわけで、『沖縄県民意見』については、切り口によってでどんな意見でも出せるだろうと思う

 基地内に土地を所有し土地使用料が入ってくる人、軍人軍属相手商売生計を成り立たせている人、そもそも基地内で働いている人、基地のすぐそばに住んでて毎日轟音でテレビの音声が聞こえなくなる人、毎日基地を大回りして通勤する人、過去事件事故家族被害にあったことのある人、米兵さんと結婚した人、数年前に大阪から引っ越してきた人、その子ども、みんな沖縄県民であって、その意見統一できない思想自由なので当然だ

・ただ一つあるのは『選挙の結果』だろう

 手続き論として多少の瑕疵はあるかもしれないが、選挙の結果で先の知事の決定は間違いだったとの判断が出たら、地方自治体として決定を考え直す権利ぐらいは当然あるのではないかと思う

米軍基地はどうするべきか)

普天間基地はなくすべきだろう、それは日本政府米軍沖縄県民宜野湾市民、ほぼ全員が危険なので早くなくしたいと考えていて、それを人質に取る形で新たな負担をどうするかというのが現在問題だと考えている

・そもそも普天間基地及び在日米海兵隊の問題は、そのまま廃止する、国外グアムなど)に移転する、沖縄県外(徳之島など)に移転する、といった選択肢がある中、日本政府の、米軍の協力な武力を引き続き国内に置きたい、という思いと、沖縄県外に置いてもらうよう説得するのは無理だった、という調整不足の結果、まるでそこしか唯一の回答がないかのように沖縄県内新基地建設が進められているが、要するに日本政府意向失策の結果を押しつけられているだけじゃないかと思う。

・よく「防衛は国の専権事項」だから地元自治体は黙って国の決定に従え、という意見を見るが、本当にそうならば日本国中どこにでも好きに置けるはずで、「唯一の選択肢」なんておかしいことになる、自由じゃ無かったから現状があるんだ。

・ではなぜ沖縄県内に代替基地を作るかというと、沖縄県位置とか、離島という閉鎖された環境とか、亜熱帯ジャングルが訓練に向いているとか、連携すべき他の米軍部隊が多くいるとか、歴史とかとにかくどんなにでも理屈はつくが、結局は『現在そうだから今後もお願い』につきると思う

・「現在そうだから今後もお願い」これを呑むと終わりだ、沖縄県基地負担未来永劫、永遠に続くことになる

 この国では『現状』の強制力がとにかく強い、どんな理不尽も、不平等も、論理破綻も、現状を維持すべきとの意思の前にはなすすべがない。抗うにはすさまじい労力が必要になり、そもそも論理が通用しないため、結果反対派を自力救済暴力に向かわせる力がある。

 まあ現状維持って結局、楽な方、楽な方、低い方に流れてるだけなんだが。

・なので新基地建設については、暴力に訴えてまで反対するのは悪手だし、どのような反対があっても最終的には建設されてしまうだろう、それが日本政府、ひいては日本国民選択の結果なのだから、という思いがある。

・その上で、沖縄県という地方自治体としては、新基地建設絶対認めてはいけない、と考える。認めたらそれこそ最後沖縄県民の将来的な損失を、これから永遠に撤回不能な悪しき前例を産むからだ。

・そもそも沖縄県内にある米軍基地は、沖縄県がここにどうぞと言って作られたところは一つもない、すべて銃剣とブルドーザで住民意思無視して作られた物だ、という前提がある。なのでそれを変更が困難な『現状』として引き継ぐのだ。新基地建設同意してしまうと今度は『沖縄県地元住民は新しい基地建設することに同意した』という新しい現状が生まれしまう、そしてそれを覆すことは絶対に出来なくなる。あの日あのとき基地建設を認めたんだから今度もお願いね、と言われ続けてしまう。

政治的な決定は言った言わない、0か100かでどんな条件を付けても無駄

 前世紀に普天間基地代替として、名護市への新基地を認めようとした際、「軍民共用」とか「15年期限」とか色々条件を付けたはずだが、それらはすっかり忘れ去られ、「一度は認めると言った」という一部のみが取り立たされる、ヤクザ脅迫を一緒だ。なので絶対同意せず、『地元の反対を国が強権で押し通し、強制建設された基地』というストーリーを持った基地にする、というところが落としどころではと思う。

・それが国に対する借りとなり、将来の沖縄県民利益に繋がる

(余談)

・そもそも海兵隊基地なんて必要なのか

 みんな『次の戦争』に備えるとき記憶の中にある先の戦争がまた繰り返されると勝手に思ってしまう。だから今度もうまくいく、今度こそうまくいく、と戦争の準備を整える。

 第一次大戦を教訓にマジノ線を作ったらベルギーから攻め込まれてあっという間に降伏したフランスや、日露戦争みたいな一発逆転を夢見て沈没した日本海軍とか

 みんな『次の戦争』を考えるとき太平洋戦争みたいに島々を巡った占領戦が行われるはずだ、そのときは今度こそうまくやってやる、と無邪気に考えすぎなんじゃないか。次に日本宣戦布告されたり、するとき

 東京都核ミサイルが落ちてくるときだろう

 第三次世界大戦が起き、全人類が存続の危機に立たされるとき

 だから『次の戦争』は全力で防ぐしかなく、その方法外交努力民間協力、相互理解によるだろうと考える。

2016-07-06

道幅いっぱいに横に並んで広がって歩く女のような男が増えた

俺の時代は縦一列で手足のタイミングがずれたら銃剣で小突かれたもんだが

2016-04-09

ニッポソ人の訃報記事RIPしてるやつはネトウヨ

そいつらの親や祖父世代の連中が女性さらっては数百人で集団レイプし、女性以外は老人も乳幼児銃剣で串刺しにしなぶり殺し、そうやって悪虐の限りを尽くした結果韓国では人間世代がごっそり消えてなくなって、かわりに存在してるのがそいつ

死んでやっとまともな世界に近づいたといえるがしょせんマイナスに大きく寄っていたのがゼロに近づいただけ

はてサ以外のニッポソ人に人権なし

2015-11-28

http://anond.hatelabo.jp/20151128003834

帝国陸海軍の戦果の評定なんだけどな、軍艦戦闘機100や50いただけるけど、商船だの一般人だのは10とか0しかもらえないんだ。

帝国陸海軍所属の非エリート、つまり現場ドンパチかます部隊監督である上等兵だの少尉どのなんかが出世するには、軍用施設を狙うほかなかったんだ。

弾薬や燃料その他が限られているのに、一般施設民間人を狙うという発想なんて沸くわけが無い。

第一戦艦戦闘機銃剣に至るまで天皇陛下から賜ったのものであるわけで、それを使って一般人を狙うなんて恥知らず行為は、天皇陛下のお顔に泥を塗ることに等しいとされた。

それ以前にちょっと上の先輩で高等上官にあたる連中は、対露戦線でのっぱらや大海原の戦場軍人だけで戦ってるわけで、そんな上司の元で一般市民のいる場所でやろうぜって話なんざしたらぶん殴られるか、鼻で笑われてておしまいですわ。

それに帝国陸海軍米国に勝つことを目標としてなかったでしょ。

手痛く連中に痛手を負わせ、有利な条件で講和を結ぶのが、当時の日本にできる唯一の方策

山本五十六海軍大将がご健在だったころは、割と絶対国防圏を死守していたけど、無くなったあとはその考え方自体理解されなくなって、竹やりもってB29みたいな脳筋まれりみたいなことになってった。

帝国陸海軍はこんなんだったけど、残念ながら米さんはそうでもなくって、商用船沈め疎開船沈め、高炉があるとこには艦砲射撃軍港があるとこには空襲、帝大のエリート疎開先の広島には初期型原爆三菱の開発室があった長崎には現行の原爆最初の奴をお見舞いしてくれたとさ。

2015-11-05

http://anond.hatelabo.jp/20151105001000

最初に、このスレや俺のレスに、ブクマが付かないとこを望んでる。

トラバ別にいいんですよね?

てことで、

俺が言いたいことは、「南京大虐殺証明することはできるのか?」 だ。

「30万人」大虐殺神話だと思いますが、南京事件があったことは証明されているとは言えるでしょうね。

  ・少数の兵隊が数十倍以上の住民監獄に押し込み虐殺できるのか?

  ・数十万人の遺骨はどこにある?誰か見たのか?

  ・旧日本兵でも、中国人でも、「化学兵器による虐殺が有ったようだが、その数は数十万人等あり得ない」 と証言する声もあった

少数の兵隊が数十倍以上、というのはどうもそれ自体はあったと認めざるを得ないように思います

いわゆる幕府事件で、140人くらいの日本兵が15000人の中国兵を一度に銃殺してしまったらしいです。

元日本人兵士証言によると、囲んで周りから重機関砲か何かで一斉掃射し、その後死体の山の中で生きているかもしれない中国兵を銃剣などで突き殺し、最後ガソリンまいて火をつけたそうです。

遺骨については、記録ではそこそこ確かなものとしては数万人(四万人?)くらいは埋葬したらしいというのが日本側の記録にもあるようです。

でも、他に10万を超える記録もあるのですがこっちはどうも信憑性が低いようです。

川に流しちゃったのもあるようですし、実数はもう誰にも分からないでしょうね。

化学兵器を使う計画はあったようですが、多分南京では使われていません。

 

日中歴史共同研究も何年か前にやったみたいですが、数については結論を出しておらず、しかしそこが揉め事になる部分でもあるので、日中虐殺数で折り合いつけて欲しいですね。でも30万人は中国政府公式数字になっているみたいだから難しいかなぁ。

2015-10-14

http://anond.hatelabo.jp/20151014083132

横だが...

日本軍いじめが多かったみたいだぜ。ググるといろいろ出てくるよ(外国の軍もそんなかもしらんけど)。

階級社会好き。人の住める国土が狭い自覚のある(=定員が少ない)、日本人特性だと思う。

南京のは、日本人村が襲撃された通州事件というのが発端だったといわれているけどね。

マニラ市街戦でも、旧日本軍はめちゃくちゃをやったそうだ。便衣兵を恐れていたからだろうが、多数の一般市民旧日本軍人に大変むごい目に遭わされた。

「新兵の指導」とかいって、何かしたというわけでもないフィリピンの人へ向かって銃剣をついて見せたりしたそうだ。

趣旨とずれてすまん。おつかれです。なんとか普通職場へ、逃げ延びれることを祈るよ。

2015-09-30

ショートした回路の持ち主たち

なんか官房長官の子供に関する話で話題になっているようだけど、あの人たちは何であんなに思考回路が短絡的なのだろう。

国家に貢献」というフレーズに反応していたようだが、すぐに銃剣を持って敵影の前に飛び込み命を捧げろという風に解釈してしまうのだろう。

恐ろしくて震えますね。

普通なら、賢い人に対しては、共同体へ貢献して欲しいと思うものじゃないのか?

その頭脳を持ってして、例えばスポーツ活躍したり良い指導者になって欲しいとか、芸能の分野で活躍してさらなる新たな境地を開いて欲しいだとか、学術分野で優れた研究を行い文明の発展に寄与して欲しいだとか、農産業行政政治などなど、様々な共同体への貢献の仕方があると思うのだ。

確かに「国家」という単語は芳しくなかったかもしれない。別の言葉、例えば「社会」という言葉を使ったほうがよかったのかなと思う。

また、「産む機械発言もあって公人発言に対しては厳しい目が向けられているのは事実である

しかしながらすぐさま先の軍国主義に関する思考へと直行してしまう人があまりにも大勢いたのだった。

これはさすがにミスリーディングであり、恐怖し、嫌悪し、落胆し、哀れみの目で見ざるをえない。

2014-08-10

まあ、言葉遊びだよね

実態としては「当時の軍・政府売春目的人身売買を黙認・加担してた」というのが正確なところなんだろうけど、

なんで「(広義の)強制性」「性奴隷」という単語の適切さについての議論になってんのかね。

極論すれば、管理売春を許容してる国は、多かれ少なかれ人身売買に加担してるんじゃないの?

売春目的人身売買」の犠牲者を「性奴隷」と呼ぶなら、たぶん今でもアムステルダムマカオ性奴隷がいるんだろうし、

60年代韓国キーセンツーリズムなんかは思い切り国家性奴隷に加担してたことになると思うんだが。

あくま銃剣突きつけてトラックに押し込んだイメージに固執しないと、旧軍特殊性アピールできなかったんだろうか。

2014-08-08

戦争悲惨さを忘れないと言うが

から言わせれば、そもそもあんたら戦争悲惨さを何も知らないだろと言いたい。

俺のひい爺ちゃんはインパールで撃つ弾も食う物すら無く飢えて死んだ。

俺のひいひいひい爺ちゃんは二百三高地銃剣だけで突撃して機関銃に蜂の巣にされて死んだ。

まともな武器さえあれば死ななくてすんだのに。

武器さえあれば。

軍備さえあれば。

俺のひい婆ちゃんは敗戦当時、満州に住んでいて戦後のどさくさでかなりひどい目に合ったらしい。

だが、”身を守りたければ武器を持て”という家訓に従って、女だてらに日本刀を持っていたから、純潔は守れたそうだ。

武器を持っていなかった他の女性は……日本に帰ってから堕胎することになったそうだ。

原爆2発食らって、30万人も虐殺された悲惨歴史を繰り返さないというなら、核兵器を持つことだ。

悲惨戦争を避けるには国同士の、お互いの譲歩が必要なんだ。

日本が譲歩するのは当然として、相手から譲歩を引き出すには、日本に手を出したらタダじゃすまないと思わせることだ。

この現実が分からず、戦う気がなければ相手は攻めてこないなんて、どんなファンタジーだ。

お前らは戦争悲惨さを知らないからそんなことを言っていられるんだ。

戦争悲惨さ”というのは、泣いても喚いても、無理やりに力で屈服させられることだ。

こちらの都合などお構いなしにやってくる物だ。

そんなに憲法9条が素晴らしい物なら、今すぐウクライナに行って憲法9条の力でロシアの侵攻を食い止めて見せろ。

と、去年の夏休みの宿題の作文に書いて出したら再提出と厳重注意を食らった。

今年もまたやる。

2014-07-21

諸君 私は戦争が好きだ

諸君 私は戦争が大好きだ

殲滅戦が好きだ

電撃戦が好きだ

打撃戦が好きだ

防衛戦が好きだ

包囲戦が好きだ

突破戦が好きだ

退却戦が好きだ

掃討戦が好きだ

撤退戦が好きだ

ブコメで ブログ

ハイクで 増田

Skypeで チャット

ツイートで DM

ツイキャスで オフ会

はてな村で行われるありとあらゆる戦争行動が大好きだ

巧みにしかけられたレトリック地雷の上に足を踏み入れたはてなーが轟音と共に吹き飛ばされるのが好きだ

得意気にマンティングしている敵兵がブーメランで頭を吹き飛ばされた時など心がおどる

netcraftの操るカラースターに魅入られた88名の同志たちが古参撃破しようと突っ込んでいくのが好きだ

悲鳴を上げて炎上中のブログから飛び出してきたブロガー愚痴ツイートさらブコメで突っ込んだ時など胸がすくような気持ちだった

銃剣先をそろえた古参村長親衛隊サードブロガーブコメ蹂躙するのが好きだ

ホッテントリ入って舞い上がった新規ブロガー勘違いしてを何度も何度もブログ論を書いている様など感動すら覚える

予防線貼りまくり敗北主義者をブコメで吊るし上げていく様などはもうたまらない

泣き叫ぶ炎上ブロガーが私の書き下ろし増田とともに再炎上してバタバタ薙ぎ倒されるのも最高だ

哀れな抵抗者達が雑多なロジックで健気にも立ち上がってきたのを論理的に追い詰め自作自演増田エントリーと2chへの晒しあげで木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

トピシュの小町軍団に滅茶苦茶にされるのが好きだ

必死に守るはずだったはてな女子蹂躙され犯され村から追い出されていく様はとてもとても悲しいもの

古参の読者の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ

粘着はてなーハゲ子・得るものなし・メガネおっさん)に追いまわされ害虫の様に鍵垢になるのは屈辱の極みだ

諸君 私は戦争地獄の様なはてな村戦争を望んでいる

諸君 私に付き従うはてなー戦友諸君

君達は一体何を望んでいる?

第三次はてな村戦争を望むか?

情け容赦のない糞の様な戦争を望むか?

罵詈雑言の限りを尽くしはてなー全員のアカウントを凍結に追い込む嵐の様な闘争を望むか?

戦争! 戦争! 戦争!』

よろしい ならば第三次はてな戦争

我々は渾身の力をこめて今まさに振り降ろさんとする握り拳だ

だがこの暗い闇の底で5年もの間堪え続けてきた我々にただの戦争ではもはや足りない!!

大戦争を!!

リアル生活にも影響を及ぼす大戦争を!!

我らはわずかに一個小隊 10人に満たぬブクマーに過ぎない

だが諸君は目立ちはせずとも古のインターネットを知るはてな古参だと私は信仰している

ならば我らは諸君と私で総力100と1人のはてな集団となる

我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけているサードを叩き起こそう

古参の髪の毛をつかんで引きずり降ろし口の中にカラースターを入れてやろう

連中にネットリアル侵食する恐怖の味を思い出させてやる

連中に我々のブクマの音を思い出させてやる

ネットリアルのはざまには奴らの哲学では思いもよらない事があることを思い出させてやる

100人はてなーブクマ団で

ブログを燃やし尽くしてやる

青二才指揮官より全空中艦隊へ」

目標はてな村定点観測所・並びに村長ブログ上空!!

第三次はてな作戦 状況を開始せよ

2014-01-01

インパール作戦から生還した祖父、餅を喉に詰まらせ死去

まずはじめに断っておくがこれは何も虚構新聞みたいなくだらないネタではない。

俺はあの手の誰も徳をしない、内輪ネタマスターベーションが大嫌いな人間だという事をご理解願う。

そしてあなた今日、ここを見ているという事は少なから大日本帝国が掲げた戦略から見ても無視は出来ないはずだ。

大日本帝国は同じ島国の大英帝国が全世界の三分の一を植民地化したケーススタディをお手本に海南の支配という戦略を企てた。

しかし、その戦略シーレーンに対する見識の甘さ、ロジスティクスをおろそかにした見識の甘さによって失敗した。

海戦当時、兵器ではドイツジェット機Uボート日本の大鑑、零戦空母などどれをとっても、兵器近代化という点では枢軸国が有利だった。

ロンメル三川 軍一など優れた作戦を遂行する指揮官枢軸国には存在した。

マッカーサーパットンなど連合国側の指揮官は決して優秀ではなかった。

これ以上、大東亜戦争の話しをすると長くなるし軍オタから色々と細かい意見を述べられるので割愛させて戴く。

今日、俺がいいたい事はたった1つ!

今が最悪の状態だ、そう言えるうちはまだ最悪の状態ではない

どこの誰がいったのかよく分からん小見出し言葉は俺の祖父の事をよく表している。

祖父はきっとインパール作戦最中、今が最悪の状態だ。と心の中で思っただろう。

弾薬は底をつき、食料はなくなり、体力の弱った兵士伝染病が襲う。

機関銃火炎放射器で攻めてくるイギリス軍に雨で錆びた銃剣ひとつで勇敢に向かっていく兵隊

この頃、日本インドシンガポールにおける制空権を完全に失っているので容赦ない空爆もうける。

平和ボケしている今のあなたがたには想像すら出来ない地獄絵図を、生前に祖父が語っていた。

その地獄絵図の話しを祖父は何故か、私にしかしなかった。父も兄もそんな話し聞いた事が無いという。

おそらく日の丸を背負って戦った兵隊の誇りがあるから祖父は他言しなかったのだろう。

大本営から退却命令が出てインパールから帰ってきたという事実は、けっして誇れるものではなかったのだと思う。

ではなぜ、祖父は私にインパール作戦の話しをしたのか?それは私が3才の時に戦争の話しを根掘り葉掘り聞いたからだ。

かわいそうなぞう」という絵本を読んだ3才の私は戦争に対する好奇心が止められなかったのだ。

当時の私の好奇心といったら夜9時からはじまるドラマ毎度おさわがせします」と「戦争」この2つしかなった。

兄が寝てる横の部屋で母と一緒にテレビの音量を下げて「毎度おさわがせします」を楽しく見ていたもんだ。

祖父は祖父で俺がまだ3才だからと油断してインパール作戦の事をぺらぺら喋ったのだと思う。

そんな祖父が7年前のお正月に餅を喉に詰まらせて死んだ。

インパール作戦地獄から生きて帰ってきた祖父の命を奪ったのは餅だった。サ●ウの切り餅

祖父はきっとインパール作戦当時、今が最悪の状態だと思ったに違いない。

しかし本当に最悪の状態というのは餅を喉に詰まらせて脳に酸素供給されなくなり意識朦朧としてきた時だった。

毎年、この時期になると祖父の事を思い出す。

2013-09-07

俺専用メモ 北朝鮮軍歌兵士たちは答えた』『あの日の兵士を見よ』

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1952346

↑のコメント書き写し

------------------------------------------------------------------------------------------

兵士たちは答えた』



怒涛の如き 鉄の隊伍

近衛師団の 行軍中に

敬愛する あの方が

兵士たちを 訪ねられた



君たちは戦いに自信はあるのか、と

将軍さまが優しく お聞きになられた時

兵士たちは皆 勝利すると答えた


「わたしの兵士を見ると 元気が出る」とおっしゃられる

将軍さまを 仰ぎ見て

兵士たちは皆 言葉をお返しした。


将軍様健康は 我々の勝利」

将軍様安息は 我々の運命

兵士たちは皆 言葉をお返しした。


(間奏)


軍団の砲の 雷鳴ですら

これよりさらに 高かろうか

勝利だけを 轟かす


兵士たちの 力強い誓い

祖国は君たちを 信じているぞ」と仰られる時

兵士たちはその栄光を噛み締め


将軍様は我らの祖国だ」と答えた

ああ 兵士たちは

ああ 答えた


将軍様は 将軍様

私達の…

祖国と答えた





『あの日の兵士を見よ』




この地に幸福な日々が流れて

明るい窓辺に 笑いがあふれても

塹壕の中の兵士の胸中には

生死を分ける決戦の その日がある

その日がある


ああ、あの日の 兵士を見よ

祖国のために 命を捧げて

いかに戦ったのかを


首領様が輝かせた 母なる祖国

この一身の全てを捧げて 守っていこうと

兵士は誓いで 胸を燃やし

研ぎ澄まされた 銃剣を持って生きる

持って生きる


ああ、あの日の 兵士を見よ

祖国のために 命を捧げて

いかに戦ったのかを


何もない日に百日を全てつぎ込むより

決戦の一日が より貴重だ

兵士はその信念を 胸に抱いて

勝利の万歳を高らかに叫びながら

戦って勝つ


ああ、あの日の 兵士を見よ

祖国のために 命を捧げて

いかに戦ったのかを







------------------------------------------------------------------------------------------

2013-08-13

慰安婦

ニャンニャン倶楽部みたいはハメ撮り雑誌だと自分セフレを「慰安婦」「性奴隷」って呼んでる投稿者多いんだよな。

もちろん銃剣突きつけて連行したわけじゃないが。

甘言や詐欺は…ありえるんじゃないかな(「自分で見るだけだから」とか言って雑誌に売る)

2013-05-27

http://anond.hatelabo.jp/20130527011452

大砲軍艦が城をオワコンにしたのは理解できる知識があるのに、核兵器徴兵した兵士による銃剣突撃オワコンにしたことになぜ気付かないんだろうね・・・イデオロギーに縛られてまともな発想ができなくなってるんだよな。

2012-03-10

南京事件初心者の疑問

これみた。

たかじんのそこまで言って委員会」の南京事件検証動画が秀逸すぎる。 | ねとうよ速報

http://netosoku.net/blog/others/takajin_nankin_kensyou/

南京事件否認論の恐怖。 - Something Orange

http://d.hatena.ne.jp/kaien/20120308/p1

捏造写真や被害誇張が多すぎるとか、中国が国をまとめるためのプロパガンダとか、でも戦争なんだから規模はともかくやってるに違いないだろとか、外国人が書いた一次証拠もあるだろとか、これを全部正しいとしても関東軍虐殺動機がよくわからない。たとえ数万人でも虐殺は軍の指示がなければ無理だ。関東軍は何か深い民族的恨みでもあったのか?

南京事件 (1937年) - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E4%BA%8B%E4%BB%B6_(1937%E5%B9%B4)

南京事件なんきんじけん)は、日中戦争支那事変)初期の1937年昭和12年)に日本軍中華民国首都南京市を占領した際(南京攻略戦)、約6週間から2ヶ月にわたって中国軍投降した便衣兵、一般市民などを殺した事件。



でも、この前に満州事変とかで国作ってるんだよね?

満州国 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E6%B4%B2%E5%9B%BD

1932年から1945年の間、満州現在中国東北部)に存在した国家

満洲国は建国にあたって自らを満州民族漢民族モンゴル民族からなる「満洲人、満人」による民族自決の原則に基づく国民国家であるとし、建国理念として日本人漢人朝鮮人満洲人・蒙古人による「五族協和」を掲げた。




とすると、傀儡政権日本人優位とはい中国人(満州族)とも一緒に暮らしてたわけだ。その後国を運営しながら5年かけて南京まで領土を拡大。ならなおさら軍命令で虐殺する意味わからん南京の人とも一緒に暮らすだろうし国民国家労働力ではないのか?

と思ったら、詳しい解説サイトがあった。

南京事件 初歩の初歩

http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/shoho.html

まずよく誤解されるのですが、南京事件」というのは、例えば数万人なり数十万人なりを一箇所に集めて、まとめて機関銃なり銃剣なりで殺した、という事件ではありません。基本的には、数多くの中小規模の「事件」の集積です。

 また、民間人巻き込まれの責任便衣兵戦術をとった中国側にある」との暴論も見かけます。そもそも南京では「便衣兵戦術」の存在は確認されていないのですが、例え南京戦以前の上海戦での「便衣兵」を問題にするとしても、日本軍責任は免れません。日本軍は「民間人混入」のリスクは十分に承知していたはずです。殺害しなければならない切迫した事情もなかったのですから、そのまま生かして「捕虜」としておけばよかっただけの話でしょう。

秦 南京事件場合日本軍にもちゃんと法務官がいたのに、裁判をやらないで、捕虜を大量処刑したのがいけないんです。捕虜のなかに便衣隊、つまり平服のゲリラがいたといいますが、どれが便衣隊かという判定をきちんとやっていません。これが日本側の最大のウィークポイントなんです。

秦 捕虜資格あるかないかはこの際関係ありません。その人間が、銃殺するに値するかどうかを調べもせず、面倒臭いから区別せずにやってしまったのが問題なんです。

秦 捕虜としての権利がないか裁判抜きで殺していいということにはならない。自然法に照らしても不法でしょう。古代の暴君ならともかく、こいつは悪い奴だから、その場で処刑していいというのは、文明国がやることではない。捕虜の扱いはお互い様ですから、それなりに尊重し、労働をさせれば一定給与を与え、自国の兵士と同程度の食料を与えるのは交戦国の義務でした。


中村粲

武器を棄てて我軍の権内に入つた段階では捕虜なのであり、秩序や安全を脅かすことのない限り捕虜として遇すべきもので、重大な理由なく処断するのは戦時国際法違反になるであらう。

 軍司令官には無断で万余の捕虜銃剣刺殺された。それを「便衣の兵は交戦法規違反である」と強弁してはならず、率直に(それは)戦時国際法違反であり、何より武士道に悖る行為であったことを認めねばならぬ。

原剛氏

しかし、本来、捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきものであって、第一線の部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。

松本健一

捕虜でないからという理由で捕まえた敵国兵士戦場裁判にもかけずに勝手に処刑することは国際法からも容認されていないはずです。

北村稔氏

筆者の見るところ、「ハーグ陸戦法規」の条文とこの条文運用に関する当時の法解釈に基づく限り、日本軍による手続きなしの大量処刑を正当化する十分な論理は構成しがたいと思われる。


私見ですが、「安全区掃討」の是非は、「国際法」のややこしい議論に突入するまでもなく、「常識」で考えればいいことだと思いますもう戦闘は終了しているのに、戦闘意欲を失った元兵士を片っ端から引っ張り出し、そのまま何キロも歩かせてまとめて殺害する。しかもその中には誤認連行された民間人も大量に存在している。虐殺」だと感じれば、普通感覚でしょう。



南京事件 初歩の初歩、了解。

ひとつ思いついたけど、この国際法を守る「普通」の感覚があれば、中国軍世界を支配できる簡単な方法がある。10億人中の数十万人を各戦場投降させたらいい。そしたら敵軍はその「捕虜」を戦時中に食べさせて管理して働かせても、食料を作る時間的な差で補給がままならなくなり、暴動が起こらないような高度な管理にも相当な軍人を割かなければいけない。その間に本隊で攻撃をすれば勝てる。相手が国際法を守るなら。

当時の中国ちょっと普通」じゃないのは、ケタ違いの人口を誇るのに日本と比べて近代的な武器を持ってないこと。

満州事変 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E5%A4%89

戦力

国民革命軍160000

大日本帝国陸軍30000 - 66000

16万の軍隊が、3万から6万6千の関東軍に負ける。ランチェスター戦略ではまずありえない。

捕虜」の感覚も「普通」だと人数の少ない軍隊が負けて、戦いに生き残った少数が「捕虜」になるという感覚なんだが中国相手だと

南京事件 初歩の初歩

http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/shoho.html

 「南京事件」中、最大規模の「捕虜殺害事件」として知られている事件です。

 十三師団山田支隊は、南京城北部を進軍中、大量の投降兵に遭遇しました。その数は、当時の公式発表に従えば一万四千人余りと伝えられます。この捕虜はいったん幕府山周辺の建物に収容された後、12月16日から17日にかけてほとんどが殺害されてしまいました。

12月13日、日本軍南京占領しました。逃げ場を失った中国軍兵士は、大挙として軍服を脱ぎ捨て、難民避難していた安全区に逃げ込みました。

 14日から16日にかけて、日本軍は、避難民の中から兵士とおぼしき人物を選別し、そのまま揚子江岸などに連行して殺害しました。歩兵第七連隊戦闘詳報によれば、その数は七千人弱、と伝えられます。その選別方法はアバウトなもので、その中には大量の民間人が混入していたものと見られます

 さらに17日の入城式後も、「安全区掃討」は続きます佐々木到一少将によれば、1月5日までに、さらに二千名が摘出されました。



結果、数万人虐殺してるんじゃないかという予測ですが、普通感覚なら戦時中はいえやはり全員ちゃんと食わせて、ひとりひとり裁判にかけて、きちんとした管理の中、この数万人を戦争が終わる8年間(1945)まで捕虜として扱うべきだったのでしょう。虐殺するほど軍人最低限のモラルもなくなるでしょうし。

たかじん動画でありますが、台湾攻撃した時は虐殺なんかしてない。満州事変ときも、満州族とその地域を一度に支配したのでその必要がなさそう。南京陥落のとき戦闘継続中の「中国軍」だったので一気に中国を支配できなければ投降は「捕虜」にするかその数万人を扱う余力がなければ虐殺するしかないということでしょうか? 日本軍には「投降」という概念がなさそうで、なおさら大量の捕虜を信用出来そうにもないという文化の違いもありそうですが。


南京事件の初歩の初歩までの理解ですが、右の言う捏造写真や被害誇張が多すぎるとか、中国が国をまとめるためのプロパガンダとか、動機がないとか、虐殺する弾薬や労力が無駄とか、左の言う、でも戦争なんだから規模はともかく心壊れてどこかでやってるに違いないだろとか、外国人が書いた一次証拠もたくさんあるだろとか、これは結局、関東軍が対人口比の極端に多い中国に勝ち進んだという「普通」じゃない状況が大量の「捕虜」を扱いきれず一般人も巻き込んで虐殺したことで、「普通」の時代の人から批判されまくってるという解釈で初歩の初歩はOKですかね?


あの当時、数十人の管理人でも数万人の「捕虜」が暴動起こさないような設備システムを作って、人権も守りながら低コストで、食料もすぐに自給自足管理させ、ひとりひとり裁判もできたら良かったんでしょうけどね。

2012-01-25

508: 本当にあった怖い名無

爺さんが死んだ時の話。携帯で長文ですまん。

爺さんの部屋の整理を俺も手伝ったんだが、押し入れに古い木箱が入ってた。

開けてみると、どうやら戦争の時の思い出の品々が入ってるみたいだった。

俺はそれをこっそり自分の部屋に運んで調べたんだ。

何かお宝が、例えば刀とか軍服とかカッコイいものがあるかもと思って。

今思えばとんでもないバカなガキだった。

中には赤茶色のぼろ切れ、銃剣の剣、水筒や変な置物、手帳、ワケわからんガラクタ、何枚かの写真、そして…白っぽい何か。

「なんだこれ?」白っぽい何かは布にくるまれてた。長いのが二本、細かい欠片が多数。

しばらくして気づいた。腕だ。これは人間の、肩から先の骨だ。細かいのは指だろう。

しかし誰の?

爺さんは五体満足で帰って来た。

戦争の話は一度もしなかったが親父が言うには結構地獄を見てきたらしい。

戦友の骨だろうか。

手帳を開いてみた。

恐らくは日記帳だと思う。

日付と共に戦場も移っていく。

良く読めなかったが知ってる地名がいくつかあった。

多分南方だろう。

軍オタが読めば面白いのかもしれない。

日記唐突に終わっていた。

最後のページにはただ一行だけ、

『我、餓鬼道ニ堕チタリ』

2011-12-20

http://anond.hatelabo.jp/20111220122651

あれは「河野談話」による謝罪で国際世論が納得しかけてたのを、安倍政権下で増長したウヨ系国会議員たちが「兵士銃剣で脅して無理矢理連行するケースはほとんどなくて、単に未成年含む女性借金のカタに監禁して働かせただけの話だから特に問題ないよ」っていう国辱モノの意見広告をこともあろうにワシントン・ポストに出稿したもんだから日本人権意識はどうなってんだ」って世界中からぶったたかれてるって話だよね。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん