「女性蔑視」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 女性蔑視とは

2017-05-29

ツイフェミがもし男に生まれていたら

絶対ミソジニーになってたんだろうな

自分絶対的優位に立った状態で誰かを一方的に罵りたい

そのためには何でもする

使えるものはなんでも使う

それがネット上に蔓延フェミ実態なのだろう

女性蔑視を隠さない男に男ながら辟易してフェミに近づいたが

女だろうが男と変わらずほとんど同じような奴ばかりだった

他人の頭を踏みつけたい

その欲望を隠そうともしない人しかいなかった

2017-05-23

なんか問題発言のたびに「失言」と表現するが

あれ「本音」って言い換えた方が良いと思う

 

件のがん患者どうこうとか女性蔑視とか

意図しなければ出てこない発言な訳じゃん

 

おまえら学会研究成果発表してるとき

いきなり「おちんちん! うんこ!」て言わないだろ?

2017-05-22

http://anond.hatelabo.jp/20170521144313

どっかで読んだけど、男尊女卑発展途上国ほど男が「女はむしろ優遇されてる」と言い出すんだって眉唾ものだけど

ネットで女叩きが多くなるのも男尊女卑の目安だって

弱者男性とか強者男性とかじゃなくて、「男性差別」の方が一見見えやすいんだと思う。女性専用車両女性限定サービスとかそんな表面的なものが目につくから

賃金格差とか女性蔑視とかはあんまり目に見えないし前者は性差だと言い張れる

2017-05-19

アボリジニミソジニー

最近よく目にするミソジニーってなんだろう?

アボリジニ親族?蟻食べるの?美味しいの?

なーんて思っていたら、

ミソジニー (英: misogyny) とは、女性や女らしさに対する嫌悪蔑視の事である。 女嫌い(おんなぎらい)、女性嫌悪(じょせいけんお)、女性蔑視(じょせいべっし)などともいう。

という意味なのね。

色々な横文字があって最近よくわからんわ。

http://anond.hatelabo.jp/20170518220731

はてなも男の比率高くてホモソーシャル気味なのは同じだろ

ただID制だからそう過激なことは増田しか言えない(振り切れたキチガイなら別だが)

2chが(板にもよるだろうけど)男で固まって女性蔑視を堂々とやっているのに対して

ここは一昔前のネトゲと同じで女っぽいのを見たらとりあえずちやほやす空気ってだけだよ

2017-05-18

補足解説 ともあれ、ハイヒールは滅ぼさねばならない。

ともあれ、ハイヒールは滅ぼさねばならない。

http://anond.hatelabo.jp/20170516141639

↑ これの筆者である。私がこのエントリを書くにあたって意識したのは、共産主義ファシズム、ラディカル・フェミニズムだ。そこにミソジニーの味を加えてみた。

ついでに、最近話題ポリコレも組みこんだ。その点ではリベラル思想も汲んでいる。

文章はいい加減だし、今日日本において実現可能性はゼロだと思うが、この主張自体はマジメに唱えているつもりである

  

  

"自由"の抑圧こそが必要

たとえば、労働問題について考えてみよう。

過労死するほど働く自由」と「過労死するほど働かない自由」の両方を労働者に与えれば、それで十分だろうか?

私はそうは思わない。読者諸君も、一部のリバタリアンを除けば、「過労死するほど働く自由」を認めないはずだ。

  

過労死するほど働く自由」なんていうものは、たとえそれを望む労働者がいるのだとしても、決して認めてはならない。政府長時間労働を厳しく規制し、それを抑圧することが必要だ。

人が趣味や遊びをやりすぎて死ぬというのは愚行権範囲で、一応は自由だと言えるかもしれない。しか労働問題においては、そういう権利適用するべきではない。

  

長時間労働は、それをやる自由とやらない自由の両方を認めてしまった場合ブラック労働環境の中で強制的にやらされて苦しむ人が続出するのが明らかである

女性労働するときハイヒール・化粧についても、これと同様のことが言える。

  

「上から改革」が必要

明治時代日本でも、あるいはどこかの後進国でもいいが、近代化過程では必ず「上から改革」がある。

旧弊に従う自由も、旧弊に従わない自由も、どっちも認めましょう」という生半可な方法では、おそらく近代化を達成できない。国民はややもすると旧弊に従おうとするからだ。だから政府が強権的に指導し、旧弊排除することで、国民はようやく新時代適応できる。

  

たとえば女性差別がひどい国では、政府女子教育権利提唱しても、おそらく多くの国民はそれに従おうとしない。

権利を与えるだけでは、都市部のごく一部の家庭が娘を学校に通わせるにとどまるだろう。貧困層田舎にまで女子教育を普及させるには、政府国民権利を与えるだけでは不十分であって、その権利行使することを国民義務付けなければならない。

  

重要なのは政府国民全員に強制することである

「おらが村では女子教育なんてやらない」とか、「うちの家庭は伝統的な女性にふさわしい育て方をしたい」とか、そういう保守的な反発をするのは男性だけではない。母親祖母も「女はかくあるべし」と考えている。「女子学校に行かせる余裕なんてない。家の手伝いをさせたい」と思っている毒親もいるだろう。

そして女子児童は、当人まだ子であるため、自分がどういう価値観に従うべきかを判断できずにいる。

ここにおいて「多様な価値観尊重せよ」などという主張は有害だ。政府旧弊にまみれた価値観をきっぱりと否定しなくてはならない。

  

当然ながら現代日本で、後進国近代化するときのような強権的なやり方は適さない。とはいえ、政府会社のお偉いさんが主導しなければ何も改善しないというケースが多いのも事実だろう。

たとえば就活会社説明会服装自由と言われたら、参加者は皆がスーツを着てきたという笑い話がある。こういう未開社会のごとき状況を改善するためには、「必ず私服を着ろ。スーツを着るな」という強権的な命令必要だ。

から改革をおこなって、下々の者は全員一斉に従う。――今日でもこれが最も現実的手段なのだ

  

ポリティカル・コレクトネス必要

私はなにも女性からハイヒール・化粧の権利を奪おうというのではない。会社官庁ではそれを禁止しろと言っているだけである

前回に書いたとおり、ハイヒールも化粧も、やりたい人だけがプライベート時間に楽しめばよい。(短髪はすぐに伸ばせないけれども、それならカツラをつけて好きなヘアスタイルにすればよい)

  

私がこのように主張するのは、リベラル思想の影響を受けたからだ。

もし本物の極左ファシストであれば、プライベート時間にもどんどん介入し、ハイヒール・化粧を完全に禁止するであろう。しかし、私はそこまで厳しい統制には反対である

  

近年、女性蔑視の"萌え絵"等が問題になっているのをよく見る。

そのときリベラル側の主張は、「女性蔑視表現政治的に正しくない。プライベートでその表現を楽しむ自由制限するつもりはないけれども、公共の場所ではちゃんとポリコレ配慮せよ」というものであった。

私はこれに賛成だ。そしてそうである以上、ハイヒール・化粧もまた、公共空間から追放せねばならないと思う。それらのものは非常に女性蔑視であるからだ。

  

もっとも、ハイヒール・化粧は女性たちが好んで選択しているという場合が多いだろう。

女性主体性尊重しましょう」――これがリベラルにとっての錦の御旗なのだ

しかし、私は世のリベラルほど無邪気になってその御旗を掲げることはできない。前回に書いたことの繰り返しになるが、女性ハイヒールや化粧を好んで選択することは、被差別者がなぜか自分の受けている差別肯定するという現象からである

被差別者が望むならば差別を受ける自由はあるのか? 被差別者であればその差別正当化してよいか? これはきわめて難しい話である。ただ一つ言えるのは、ここにポリコレ的な問題意識を持たないリベラルは、よっぽど鈍感か、よっぽど不誠実ということだ。

(この意味では、リベラルを気取っているフェミニストなんかより、ラディカル・フェミニズムの方が先鋭的になって突っ走っている分だけ、かえって正しい認識を持っている。)

  

ミソジニー必要

私は歴史に詳しくないため、このさきは与太話しか書けないが、昔の中国には纏足という習俗があった。

そしてこれはあまり知られていないことだが、お上纏足強制していたわけではない。とりわけ清朝漢民族のこのバカらしい習俗忌避し、それを禁止する傾向にあった。にも関わらず人々は好んで纏足選択し、競うようにその美しさを賞賛していたという。

女真族満州族)の建てた清朝纏足禁止令を出しても止めようがなく、結局、義和団の乱以後の近代国家への動きの中で反対運動が起こり、まずは都市部罰則との関係で下火になった。しかし隠れて行われ、中国全土で見られなくなるのは第二次世界大戦後のこととなる。最終的に絶えた理由として、文化大革命反革命行為と見なされたこともある。このため、現在でも70歳以上の老人に一部見受けられる。

Wikipedia纏足

孫引きになってしまうが、以下のような話もある。

当時、女性が嫁に行くと、嫁ぎ先では何よりもまず最初に、花嫁の足を調べた。大きな足、つまり纏足をしていない普通の足は、婚家の面目をつぶすものだ。姑は、花嫁衣装の裾をめくって、足を見る。足が十二、三センチ以上あったら、姑は裾を投げつけるようにして侮蔑をあらわし、大股で部屋から出て行ってしまう。婚礼に招かれた客は、その場にとり残された花嫁に意地の悪い視線を投げかけ、足を無遠慮に眺めて、聞こえよがしに侮蔑言葉を口にする。母親なかには、幼い娘の苦痛を見るにしのびなくて纏足を解いてしまう者もいる。だが、成長した娘は、嫁入り先で屈辱を味わい世間非難あびると、母親が心を鬼にしてくれなかったことを責めるのである

ユン=チアン(張戒)/土屋京子訳『ワイルド・スワン』上 1993 講談社刊 p.19-20

http://www.y-history.net/appendix/wh1303-082.html

この引用で注目するべきは、姑や母親たちが纏足を推進していたということだ。

そして子供とき纏足を痛がっていた娘自身も、親に纏足してもらえてよかったと考えていることだ。

  

さらに言うと、纏足は、男性中心の社会から女性たちが悪弊強制されていたという観点だけで語ることはできない。それは女性自身が願望するところの"オシャレ"でもあった。

纏足は、女性の誇りだった」「女性は肉体で動くから、痛みに耐えれば、高貴でよりよい人間になる」「母から娘への 女性になるための教え」「痛みを通して、身体を使って、女性成功する」「足をより小さく、洗練して優美にすることで、女性は大きな誇りを感じた」

http://coconutpalm.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/--10---0239.html

西洋女性を苦しめたコルセットにしても、きっと纏足と同様、女性自身が望んでやりたがるオシャレという側面があったはずだ。

これはまさしく、現代日本女性が「ハイヒール・化粧はめんどくさい。強制されるのは嫌だ」と考えていながら、一方ではそれをやりたい願望を持っていて、結局それが手放せなくなってしま自家撞着するのと同じ心理だ。

ハイヒール・化粧をやるかどうかに関して、「女性主体性尊重しましょう」とか「強制にならないかぎり両方自由です」ということを言っているリベラルは、あまりに鈍感かあまりに不誠実か、そのどちらかのために、この観点を見落としている。

無論、健康面やそれにかかる手間を考えれば、纏足コルセットよりもハイヒール・化粧は随分とマシである。ただ、それは差別過酷ものから軽いものになったというだけだ。進歩はしているけれども、まだ差別を克服できていない。

から我々はさらなる進歩のため、おしゃれをしたいという女性の願望を抑圧しなければならない。ハイヒール・化粧を好んで選んでしま女性性(女性らしさ)は、政治的に正しくないのである。逆にそれを憎悪するミソジニーこそが政治的に正しいのだ。女がオシャレをやめることで初めて男女平等を達成できると私が主張するのは、この洞察に基づくものである

なお、議論はここにおいて、私が冒頭に書いた長時間労働問題につなげることができる。「過労死するほど働く自由」を是認しようとする資本家知識人は、プロレタリアの敵である。我々はこれを打倒しなくてはならない。

この理論適用すれば、女がオシャレをする自由是認しているリベラルと一部のフェミニストこそ、女性差別の温存を図っている連中だと言えるだろう。

  

終わりに

twitterをなにげなく読んでいたら、たまたま的確な言葉を見つけた。

リベラリズム本質的価値-自由平等など-は、どこにあるのか? 逆説めくが、リベラリズム自体はその本質的価値原理主義の激しい攻撃から救えるほど強くはない。 リベラリズムがその重要遺産を生き延びさせるためには、ラディカルな左派の同志愛による助けが必要となるだろう。

スラヴォイ・ジジェクbot @SlavojZizek1949」より

https://twitter.com/SlavojZizek1949/status/864981669509332995

前回のエントリは、穏健なリベラリストから散々顰蹙を浴びた。それは投稿前に分かっていたことだ。

しかし私は、どちらかと言えば多分「ラディカルな左派」寄りの立場から、まじめに女性差別撤廃せよと主張したつもりである

ジジェク言葉どおり、リベラルはここからの援護を受けなければ、その遺産を存続させることさえできないであろう。

http://anond.hatelabo.jp/20170518110228

友達おったよ。

たまに音信不通になるので不思議に思ってたら実は痴漢でつかまってた。

何度かの起訴猶予執行猶予を経て最後実刑食らったので縁切れた。今もやってるかどうかは知らん。

普通につきあってるぶんにはごくごく常識的なやつだったけど、たま~にぎょっとするような女性蔑視発言をするので「こいつのこういうとこ好きになれないな」と思ってた。

2017-05-17

痴漢冤罪問題ネットで(というか2ch界隈で)盛り上がっているのは女性蔑視の考えがそこでは主流だから

ネットでバトルするような男は性格に難があるしそいつらに我慢できない女がまた油を注ぐ形で男を叩く

終わらない負の連鎖はいつか終わるのかしら

2017-05-15

http://anond.hatelabo.jp/20170515131304

俺もミソジニーが氾濫する世の中は不幸だと思うので、当たり前のように女性蔑視できるようになれば、そんなレッテル貼りも無くなって幸せな世の中になるだろうと思ってます

ミソジニー云云

かい言葉を持ち出して議論しようというヤツこそめんどくさくて嫌。

女性蔑視なんてないけど、ミソジニーなんていい出すヤツは糞。

2017-05-10

http://anond.hatelabo.jp/20170510173903

普通の人はそんな事言わないし

女性蔑視が激しいか気持ち悪い」ってのも別に矛盾しないぞ

http://anond.hatelabo.jp/20170510171949

チェックのシャツ理論ですなあ

だったら女性蔑視とかポリコレとかその辺の理屈いらないじゃん

内容はどうでもいいけどこいつらがキモいから嫌なんですってストレートに言えばいいのに

2017-05-05

強い女性の性欲

ってやっぱり強いのかなって思ってしまう。

たとえば、女性ライターcio××さんとか。

twitterとかみてると、彼氏と仲良い話みたいなのがちょこちょこでてきて

ああー。cio××さんも、めっちゃ仕事バリバリしていて、SEXもすごいするのかな、とか。

男だったら「強い男」って聞くと性欲も強そうだし。

女性蔑視とかではなくどうなのかなーって思う。

ユ・ミンソンのファッキンコリア騒動寿司女と捏造孤軍奮闘するはてウ

容疑者リスト

kusorurosuk

tikuwa_ore

guru_guru

초 미녀(美少女)を寿司女だと必死に喚き当てる姿はスプレーに当てられたゴキブリのものであった

そもそもフェミ袋叩きしてきた人間女性蔑視ってなんのおまいうなのか、はっきり聞きたいですね☆

https://twitter.com/hyonggi/status/860036043889713152

2017-05-04

ゼルダ女性蔑視増田を読めば保守層は国のために立ち上がってくれるはず

あんな身内の恥を世界に発信してしまっている任天堂を潰して国難を排しまた強い日本に立ち返らせてくれるはず

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の女性蔑視

200時間プレイして個人的に感じたのは、セクハラオッサン臭というか、女性蔑視

具体的にはいろいろあるんだけど個人的にまったく納得いかないのが、

ゲルド族(腹筋もりもりの屈強な女性だけの民族、町は男子禁制)と、

大妖精(装備を強化してくれる)の描き方。

ゲルド族

女性だけで政治経済防衛もやってるのになんで「恋愛」だけはとことん無知に描くのか……。

制作側の「だがそのギャップがいい」みたいな価値観が透けて見えてキモい

例えば、ゲルド族の恋愛講師(35歳、男性経験なし)主催恋愛学校での会話:

・「どんなリクエストにも笑顔で応えるのがステキヴァーイ(ステキガール)になる一歩」

・Q「男性が近づいてきたらどうする?」A1さりげなくハンカチーフを落とします」A2「足をくじいたふりをします」

・「豪華で手の込んだもの料理)を作れるよりも残り物でパパッと作れるほうが好感度 UP」

・「ヴォーイ(ボーイ)は完璧なヴァーイ(ガール)を求めつつちょっとオッチョコチョイなのがいいらしいぞ」

(ちなみに恋愛講師日記での発言

・「妖精さんに憧れ清い身を守り続けて35年、そろそろ妖精さんからのお迎えがきてもおかしくないのである」)

ほかにも詳細わすれたけど「守ってくれる強いヴォーイをみつけるんだぞ」的なセリフもあった(町の入口付近)

(繰り返すがゲルド族は腹筋もりもりの屈強な戦士

いやそこは自立した女性を描けよ任天堂世界ゲーム業界リードしてくれよ。

しかいないんだから、むしろ男がいなくても全然 OK でよくね?

恋愛要素入れるにしても、「男は全員狼」的なスタンスでもよくね?

なんでゲルド族の女に「男って実はバカから恋愛テク簡単に落とせる」みたいなことやらせるのか。

ゲルド族は完璧女性に見えても実は……というギャップを作りたいのは理解できる。

でもそのギャップを「恋愛無知」って設定で表現ちゃうのが……。

大妖精

各所に防具を強化してくれる大妖精(ケバいキャバ嬢みたいなやつ)がいるんだけど

ケバく書くのは別にいい。時オカ・ムジュラ(N64時代の名残だから

でも今回はよりケバくなった上になぜか"ふくよかさ"と"オバサン感"が足されてる。

これもまだいい。

問題は、防具強化のとき演出で、なぜかこのふくよかおばさんキャバ嬢

リンクセクハラキスとか抱きつくとか)をする」こと。

参考:https://www.youtube.com/watch?v=9A1-FDokSMo

その演出いらなくね?なんでその演出要るの?

おばさんって若い子と大胆なスキンシップとりたがるものだよねーってことなの?

リンクが半裸になると女キャラが恥ずかしがるという定番演出も、

(https://www.youtube.com/watch?v=P9o1tBtNr9k)

リンクがなにを言っても受け入れてくれそうな幼馴染キャラ異人種)の存在も、

若くしてゲルド族の長を任された幼女キャラ存在別にいから、

マジでこれなんとかしてくれ。


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のセクハラオッサン

http://anond.hatelabo.jp/20170503114057

2017-05-03

京大の立て看にオタサーの姫とかサークラホモソーシャル女性蔑視だっつってたけど

オタサーの姫はともかくサークラはどうなん? 字面的には男女両方ありえそうだけど

まあ男が女の社会入ったからといって痴漢扱いされてただ追い出されるだけで

サークラにはならんのかもしれんけどさ

頭の悪い女性しか知らない人は大体、女性蔑視ですよ

男性向けサービス仕事をしている男性は大体ヤバイ

「男=優れた生き物」って勘違いがスゴイ。

しかも外見しか取り柄のない女性しか付き合ったことがないから、「女=男のことしか考えてないパッラパー」と認識してる。

からモラハラがすごいのなんのって。

女ってだけで基本的に下に見てくる。

あんたが知らないだけで、優秀な女性はいっぱいいるんだけど…

2017-04-29

http://anond.hatelabo.jp/20170429152906

ああ、例えば胸が大きくてお馬鹿さんな感じの女性キャラとか…

現実にはちょっといない感じの。

もし「こういうキャラ可愛い理想だ」って言うとリベラルの人に「女性蔑視だ」って怒られるのかな?

フェミニストの男ってオナニーするの?

フェミニズムは性嫌悪とイコールではない!!とかいう話を聞いたので、

じゃあフェミニスト男はどのような性処理が政治的に正しいのか。

まあセックスは正常位でやっては絶対にいけないということはマスマ師匠から教わっているので、

あとはオナニーだよな。

女性蔑視視線のあるもの女性性を商品化しているようなものフェミニズムの敵であるわけなのだから

当然いわゆるエロ本エロDVDエロ動画ダメだな。

では女性向けのシルクラボなどであれば良いのかと思えそうだが、

でも商品化という点では男性向けと大差ないし、

だが他方でおっぱいコンテストなどは女性が自らの意志女性性を表現するからOKとかなんとか言ってるのも見たことがあるので、

ここは非常に議論が分かれそうだな。

好きな女性のことを一途に思ってオナニーするのはさてこれは良いかというと、

オナニー側の女性気持ち無視した一方的男性側の押し付けだとしてこれも反対されるおそれもある。

やはりセックス同意書にお互いのサインをした上で行うセックス以外の性処理は、

フェミニズム的には否定されるというのが一応の結論だろうか。

2017-04-27

http://anond.hatelabo.jp/20170427002857

炎上気づいてなかったんだけどちょまどかと思ったらちょまどだったw

武器にしてちやほやされといてこういうのは女性蔑視みたいに言うのはなんだかなー。

2017-04-25

http://anond.hatelabo.jp/20170425142632

萌えアニメでは通じませんか。では女性恣意的デフォルメした女性蔑視的で猥褻表現を多分に含むアニメと言い換えます

深夜番組過激な内容が多い時点でテレビ局ゾーニング効果があることは理解して放送してるのに何言ってんだか。

http://anond.hatelabo.jp/20170425141119

1.萌えアニメ性的表現女性蔑視的な表現が多く子供に見せるには適切ではない。

2.オタク向けに深夜にゾーニングされているもの日中放送する事自体不適切

3.親が心配する

過去の事例があるなら尚の事放送しないように働きかけないとな。

2017-04-23

http://anond.hatelabo.jp/20170422222351

絵を見た瞬間寒気がした。

また日本の恥海外に輸出されてしまった。

人権意識の高い北欧では間違いなく日本女性蔑視萌え絵問題にされるし、日本イメージは大きく低下する。

萌え系は現実ネット共に一般の目には一切触れない所でやっててくれ。

2017-04-16

家族になろうよかいう感動ソング

いつかお父さんみたいに大きな背中

いつかお母さんみたいに静かな優しさで

いつかおじいちゃんみたいに無口な強さで

いつかおばあちゃんみたいに可愛い笑顔

いつかあなたの笑顔によく似た男の子

いつかわたしとおなじ泣き虫女の子

---------------------------------------------------

ジェンダーな人たちがブチ切れそうな歌詞だけど、不思議と見ない

昔の歌手とか別の歌とかで、女性蔑視だ!とか言われてるの見たことある気がするけど、

やっぱりジェンダー好きな人もいい男無罪なのかね?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん