「ペアプロ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ペアプロとは

2022-05-21

零細Saasベンチャーから競合のSaasメガベンチャー転職した

表題の通り。当方エンジニア

前職と比較すると平均技術レベルマジで変わったように感じる。

前職だとクリーンアーキテクチャやらCI/CDやらは言葉意味すら知らない人も多かったけど、

今の職場だとイケてるエンジニアは当然知ってるよねみたいな概念は最若手含めてほぼ全員理解してる感じ。

FargateやらKubernetesやらGraphQLやらAWSやらGCPの聞いたことないサービスやら新しい技術は常に吸収して実戦投入してて、

凡人エンジニアである俺にはついていくだけでも結構きつい、でも乗り切ったら市場価値めっちゃ上がるんだろうなって感じもある

コード品質についても常に議論を交わしてて、コードレビューの厳しさとか今までやってきた会社とは比にならないレベル

命名として若干ニュアンス違和感があるとかUT項目の境界値が1ずれてるとかでもどんどん突っ込まれるし、「よくわかんないけど動いてるから良し!」みたいなのは容赦なく潰される。

ペアプロモブプロしょっちゅうみんなやってる。クラス設計に関する議題だけの会議とかも開かれたりする。

会社の規模も超大手ってわけじゃないけど俺が関わってるサービスの部分だけでも前職比較だとサポートとかデザイナーとか含めると10倍とは言わないけど近いくらはいる。

開発手法アジャイルの規模大きい版が実施されてて、それもなんちゃってじゃなくてちゃんセオリーに則ってる形で管理されている。



ただ「これだけの人数いて、これだけ高い技術力があるのに作ってるサービス自体は俺が極少人数で枯れきった技術スタック使って作ってた前職のサービスと大して変わんなくね?」っていうのもまた感じた。

そら管理コストがかかる分10倍の人数がいたって開発速度が単純計算10倍になるとは思ってないけど、前職で作ってたサービスの2倍分も価値提供できてんのかなこのサービス?っていう感じというか……

前職は優秀な人を放任してタイムアタック的にひたすら高速リリース繰り返すみたいな感じで、(一応セキュリティ周りとか品質とか最低限はちゃんとしてたよ)管理コストが少ない分一人あたりの生産性は高かったと思う、属人化ってことだからそれが良いとは思わんけど。

動いてるものが同じなら採用技術オンプレだろうとFargateだろうとGraphQLだろうとRubyだろうとウォーターフォールだろうとアジャイルだろうとユーザーにとっては関係ないし、

NetflixとかGoogleみたいな世界ならともかくとして、世の中の大半のシステムってそういうことじゃないじゃん?

難易度の高いイケてる技術スタックを使う=必然的エンジニアのお賃金が高くなるってことだから経営者視点から見てもこういう選択って果たして正しいのかなぁって。

なんならエンジニア賃金上げるための利権的な使われ方なんじゃっていう気もしてきた。

どう思うよ。

2022-01-03

技術力が低いエンジニア」への対処法って実際どうすればいいの?

今ちょうど対処法に頭を悩ませてる、ここまでの人は正直人生初。

バグが多い、レビューの指摘数が多い、投げた仕事がわからない・できないで投げ帰ってくる、基本的アーキテクチャ理解できてない、成果物が出てくるのが遅い

ざっくりとこんな感じ。


今のところこんな感じで対処してる。

正直「こんなに時間をかけて詳細に指示書いてこんな数の指摘を説明しなきゃいけないのだったらその人に振らずに俺が1から対応した方が数倍以上早いしこれは一体何を生み出している時間なんだろう」みたいなことを自問自答しながら作業してる状態

この人経験年数自体結構いからこれがまたややこしい。

これが新入社員とかだったら多分立ち回り方も結構変わると思う、できなくてもそれは経験不足から来るものだし、多分『教育』って形で結構時間かけて丁寧にペアプロして習熟度を上げてもらう感じかな。

2年目くらいでまだ戦力になれてない社員だったら多分3年目とか4年目くらいの誰かしら(できれば数人)と相談して教育係として俺との間に誰かを挟んでコミュニケーション上の距離を置いて負担をチーム内で分散する形にすると思う。

ただ経験年数長いで今更新教育みたいなことをするとプライドを傷つけかねないし、ぶっちゃけこの経験年数でこれなら教育にパワーかけても効果薄そうっていうのもある。

あと単純に社内リソースが足りなくて俺がなんとかしなきゃいけない状態

これどうすっかなぁ。プログラミングとはまた違う頭使うぞ。

2020-07-13

さすがにこんなもん、血液検査きじゃないとプログラマー死ぬ

意識障害レベルはたまにあるが、

常態化して倒れるレベルとなると、たしかにこれは20代プログラマーだとこの強度で強化学習をシた場合不登校になって子供の家に行ったら自室で意識失って救助を呼べずに死んでたというのはありえる。提示連絡でもあやしい医者が言うのは最も。訓練をシていない10代のプログラマーワンマンセルはむり。すくなくともツーマンセルでのプログラミングペアプロではない)をやらないとこんなもん、昔の過労死よりひどい事故が起きる

ツーマンセルペアプロの違いがわからないならこんなもんリモートやらせんな。

2020-06-30

anond:20200630121107

ただ、セクキャバでドップん プログラム とか 

どうしたらいいかなーって

ペアプロの事を言いたいんだろうけど とおくまできたなーっていう コロナだし 時間は稼いでいますが 許可出していい?

2020-06-19

プログラムって 男オタクが 誰にも触られず 自分場所で こつこつできる場所だった

ペアプロの流れで、女に触られる

女嫌いというわけではないが

勝手になにかされる またかとおもう。

食えなくなったから うん 仕事分け合おう それはいい。

でも、一緒にやろうといわれて、どうして、分け合うじゃ駄目なんだ?

 

へたくそでも、その人の分 一所懸命やる 自尊心 それまで 壊したいんだろうな

いやなんだろうな 自分たちが 精液ぶっかけられないのって

引きこもり支援法案 ではなく 引きこもり対策法案 文章を考える文系が決めた名前

支援しないんだ 対策するんだ

おまえたちからすると 引きこもりは 精神障害 で 異常なんだろうなって 思った。

2020-06-04

anond:20200529212456

試用期間中にいろいろテストしてスクリーニングしてダメならやめてもらうしかないんだろうね。

学生時代ペーパーテストは80点取れればたいがいのケースは切り抜けられるけど、仕事だと資料見ても人に聞いてもいいから100点にもっていかなきゃならないからな。

ペアプログラミングとかやって、初歩の初歩から経験を再構築していくしかないんだろうけど、そんな時間コストもかけてられないしなあ。

発達と発達の組み合わせでペアプロやらせたら、どんなやらかしが飛び出すんだろう。

2020-05-30

anond:20200530074944

ちょっとちがう。ペアプロに近い。設計した人間がつくるより。設計コーダーでひとを分ける感じ。入れ替えてもいい。

2020-05-20

10年に1度の迷宮攻略戦。面白い。せめて、異性とペアプロみたいにやりたかったもんだ。

2020-05-02

すげーよな

ペアプロから

結構きをつかって書いているけど

まぎらわしいって

普段どうやってんだろうな

2020-03-20

プログラムなんて ペア以後は効率がいいか?みたいなもの

ものすごい効率が悪くなるのが ペアプロ

あれは二人で一人分よりすくなくなるけど、技術を交換するのには丁度いいという

後輩指導とか、仲間とのお遊び生産性は 半分以下どころか ものすごいわるくなる

2020-01-14

2020年フロントエンドJSフレームワークを考える

みなさん、こんばんは。

「Merpaku Frontend Engineer Meetup」の時間がやってまいりました。

今夜は、著名フロントエンドエンジニアの方々にお集まりいただき、「2020年フロントエンドJSフレームワークを考える」と題しまして、お話をお伺いいたします。

みなさん、よろしくお願いいたします。


A:よろしくお願いいたします、ども。


B:よろしくお願いいたします。


A:え~と、ほんじゃ、まず僕からいきます

ま~、僕の場合はね、海外技術情報をチェックしてるんだけど~

今のフロントエンドはさ~、なんちゅ~の?

こう…銀の弾丸はない、だけど、結局はトレードオフ


B:ん~僕の場合はね、ちょっとキミとは違うんだけどね。

あの、Frontend Engineerの友達ベイエリアかにいるんだけどね~、いつもSlackで現地のトレンド情報を送ってくれるんだけど、よく調べると、ま~あの、銀の弾丸はない、結局はトレードオフ


C:あ、ちょっちょっといい?

あのね、僕~はやっぱりjQueryが一番いいと…


A:でもね、僕なんかなんちゅうの、海外カンファレンスに参加する機会がすごい多いわけ。ね?

この間もUSやUKまわってきたんすよね。

そこで一番感じたのはですね、銀の弾丸はないけど、結局はトレードオフというのが一番感じたなぁ~


B:う~ん、キミとはちょっと違うんだよね。

僕は英語がわかるでしょ~?

から勉強会なんか、登壇してくれって何度も頼まれてね、断ってるんだけど、まぁ、だいたいよく調べてみると、銀の弾丸はない、結局はトレードオフっていう。


C:う~ん、でもね、やっぱり僕はjQueryが…


A:そうじゃなくてさぁ、キミの言い方ちょっとおかしいよ。

そうじゃなくてさぁ、僕なんかは1日にね、1日に8時間コード書きまくって生活してるわけですよ。

そうすっと、すごいよくわかるのは、銀の弾丸はない、だけど、結局はトレードオフっていう感じだなぁ~。


B:違うよ~、僕なんか時間問題じゃないと思うんだよね。

はいいね数5万個だよ?5万個ついてんだよ?それも「先週いいねが多かった投稿ベスト20」ばっかりよ?

で、だいたいよく調べてみると、銀の弾丸はない、結局はトレードオフなんだよ。


C:あ、ちょっと言わせてもらうとね、僕なんかやっぱりね、jQueryがやっぱりいいなと…


A:あのキミ違うよ、だってさぁ、Watchレポジトリ数なんか言ったら、8万ありますJS

それをさぁ、全部動かしまくって感じんのは、はっきり言って、銀の弾丸はない、だけど、結局はトレードオフ


B:んはっ、僕なんかね、キミとはちょっと違うんだけどね、懇親会で質問したりとかね、ちゃ~んとフロントントエンドの話して聞くとですね、銀の弾丸はない、結局はトレードオフなんだよね。


C:っといいですか?

ええとあの~僕はね、絶対jQueryがね…あの…


A:あはぁ、全然違う、全然話違う、い~い?

フロントエンド理解するためにはさぁ、アーキテクチャと切り離せないと思うわけですよ。

ね?聞いてる?

ね、ほら僕は今、自作ライブラリ開発してますよね?TypeScriptの、ほら?

で、これは別にたいしたことじゃないですよね(笑)

自作ライブラリリポジトリ10個くらい持ってますよ?

から、そういうふうに、日常アーキテクチャを取り入れることからね、フロントエンドを考えると、銀の弾丸はない、だけど、結局はトレードオフと言い切れると思うわけよね。


B:ちょっと待ってよ、は~キミとはちょっと違うんだけどね、技術顧問先なんか行くとね、全部僕がWebpackとか、CI環境とか、み~んなレビューするんだよ?ペアプロするんだよ?

そうやってコミュニケーションしてね、でフロントエンド銀の弾丸はない、結局はトレードオフなんだよね。


C:やっぱアーキテクチャだったらね、Backbone.jsじゃな~い?


A:なんかおかしいんじゃないの~?

矛盾してるよ、まったく矛盾してるよ。

僕はさぁ、んん、勉強会10個開催してるわけです。はい

え~、今度Abema Towersでフロントエンドカンファレンス運営サイドもします。

ま、そういう世界にいてですね、はじめてフロントエンドがよくわかると言い切れると思うんですよね。

から、そういう言い方からしてもね、銀の弾丸はない、だけど、結局はトレードオフ僕は思うわけなんですよ。


B:違~うちょっと、僕はね、キミとちょっと違うんだけどね、僕なんかね、今度フルタイムOSS開発やんだよ?しかもWebAssemblyよ?

そうやって実際にOSSを作ってみてね、銀の弾丸はない、結局はトレードオフ


A:…


B:…


A:ちっ


B:ちっ


A:だからさぁ!!!WebAssemblyがどうしたか知らないけどさぁ!!!

僕ね、今度Google Japanに頼まれて、六本木ヒルズキーノートやろうかどうしようか迷ってる自分がここにいるわけ。


B:だけどね!!!


A:来場者は1万人だよ!!!


B:それはね!!!六本木ヒルズがいくつあったって1万人がね…


A:1万人てあんた、1万人の前でやったことある!?


B:六本木ヒルズがね、どうやって…


C:だからやっぱりjQueryが一番…


B:jQueryが…


A:そういう真剣勝負をさ、実力を持ってるところからもの見てごらん!?


B:違うんだよ!!!


A:だから今のフロントエンドは…


B:ちょっと違うんだよ!!!


A&B : 銀の弾丸はない!!!結局はトレードオフ!!!

2020-01-13

[]2020年1月12日日曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0016416763102.236.5
011441162780.738.5
02120691257.621
033610738298.333.5
0481250156.355.5
05151734115.644
0617142383.733
07475429115.544
08738700119.245
0982763093.046.5
101421303291.828
11191866445.427
121661182471.232
1310613333125.833
1498960298.032.5
15102482847.327
161091061897.443
171401293192.448
1818218679102.636
191431146180.139
201091016193.244
2183823099.238
2213314270107.327
2314417946124.652.5
1日255423778593.136

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

CHINTAI(13), 十三機兵防衛圏(5), 種馬(8), cyclocross(4), webself(7), ペアプロ(4), 成人の日(4), ペアプログラミング(3), kijken(3), ごくろうさん(3), directo(3), いちおう(9), レ(16), イラン(10), 好きだ(7), ラップ(11), バック(17), 2020年(9), 性差(6), 原爆(7), 🐕(7), カット(12), すこし(11), アレルギー(9), 飼っ(10), 出かけ(8), 猫(46), 不動産(7), おもう(29), 投資(15), チーム(12), 投げ(13), ブサイク(13), .net(11), AI(13), 最低限(11), 育てる(9)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■バックレ依存症なので人生がつらい /20200112043844(31), ■猫と和解せよ。しかし猫と妻は和解できなかった /20200112010006(28), ■大人1000円カットを使う人間がいると知ったのは衝撃だった。 /20200111230355(23), ■anond20200112043844 /20200112130927(11), ■クレーマーって(追記) /20200112104952(8), ■ /20200112190738(8), ■妻が娘を連れて実家に帰ると言ってきた。 /20200110233040(7), ■香川ゲーム規制で儲かるのは誰か? /20200111093440(7), ■中井貴一ミキプルーン /20200112085204(6), ■中学受験に見る一都三県格付ランキング /20200112184018(6), ■ /20200112001647(6), ■就職氷河期突き破って闘ってきたけど、もう疲れた。泣きたい。 /20200111024952(6), ■応援するスポーツチームが無いあなたへ /20200111222432(6), ■自分は心の病気なんだろうか。 /20200112225324(5), ■やたら特攻とか原爆に拘る人って何なの? /20200112000238(5), ■ボールペンと筆ペンどう違うんだ /20200112002552(5), ■成年後見人になってはいけない…と弁護士は言った。 /20200112035019(5), ■キモータ容姿に気を使わない理由 /20200112103802(5), ■肉を焼く前に常温に戻す工程って /20200112130400(5), ■唇が痺れる /20200112144347(5), ■バズる記事を書きたい /20200112202058(5), ■おでん三つだけ選ぶとしたら /20200112204125(5), ■なんで日本ではラップ流行ってないの /20200109114755(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6943182(3140)

2020-01-12

anond:20200112185436

いや、それはさすがにらくしてるといわれねーか?

結果をコンスタントに出した上でETC

体制を作っていくうえでの競技プログラミング的なものペアプロだろ

たいせいまりライン作りどうすんよ

anond:20200112184749

ただできれば、

コーディングには自信がないけどペアプロに挑戦してみたいと書いてくれると誤解がなかった

もっとも、先輩と後輩のタイプペアプロもあるからなんともいえないのはおっしゃるとおり

anond:20200112184749

自信がないけど、実力はあるとおもってるというプロの言い方ならこちらの誤解だ。

自己評価が低いタイプならしょうがない。

評価がある一定を超える同士でないとペアプロは難しいの意味が言いたかった

コーディングに自信がないかペアプロしてーけど

はてなのできる風のプログラマーって冷笑系やん。あいつらにはまったら殺されそう。

2019-10-31

anond:20191030193329

片方がオナニーして気持ちよくなってるのをもう片方が見てる行為ペアプロと呼ぶ

2019-10-30

anond:20191030193329

結局ペアプロも開発手法な訳で、開発者楽しいと感じるかどうかという感情問題考慮されていないと思われる。

インターネットペアプロ楽しいという意見が多いのは、他人とのコミュニケーション楽しいと感じる健常者がマジョリティからで、彼らはコードを書くことというよりコミュニケーション楽しいと感じているんじゃないか

ケント・ベック最初ペアプロ提唱した時にその辺りについてどう言及していたのかは知らん。

2019-07-27

(Web)エンジニア転向について

知り合いと飲んだら、過去の私と同じような状況であの日々を思い出して吐き出したくなった。

当時私が参加していたチーム・プロジェクトは美味しそうなFWを使っていた。

サーバサイドのエンジニアは片手ほどの人数で、採用時点でそのFW経験があることを確認されていたし、別チームから転属してきたメンバーも何らかのMVCWSGIFW経験があり、わりとサクッと順応していた。

前職では業界経験だったり、経歴を盛っていると思われるエンジニアもどき仕事していたので、普通に公式ドキュメントを読み、FWソースコード確認することができる同僚との仕事はおもりがなくなったようで気楽だった。

3年前の夏、サーバサイドのチームに新人のN氏が加入した。新人と言っても別チームから来た年上の業界経験豊富インフラエンジニアである

プロジェクトクラウド化や縮小が当時の1年半ほど前から進んでいて、社内のインフラエンジニアはSREに名前を変えるような流れがあった。(実際にはインフラミドルウェアネットワークに長けた彼らは相変わらずそれなりに仕事があったようだが)

その流れの中でN氏は、サーバサイドエンジニアをしてみようと決めたらしい。転向については1年前から部長相談していたとのことだった。しかも、うちのチーム名指しで。これはちょっとしかった。

さっそく、N氏には社内向けの新機能担当してもらい、私がレビュー担当になった。

これがなんというか読むのが辛かった。確実に言えるのはチュートリアル絶対やってないということだった。

機能は満たすが、FWの書き方やお作法については部分的にググった結果がパッチワークされているような。

社内の各チームのアーキテクチャエンジニアならだれでも知っていた、つまりN氏は知っていながら特に準備なしでやってきたわけである

そこから始まる、レビューを通した実プロダクトを使ったチュートリアル。褒めるとこは褒めて、受け入れられないところは参考になる実装ドキュメント提供する。

はじめからチュートリアルを一緒にこなした方が良かった。レビューで大幅に書き換えてもらうのは結構辛い。勿論プロダクトに使えるレベルコードじゃないから仕方ないんだけど。

しかもN氏、臭いである。脂汗を吸った服、毎日履いてくるジーパン、脱いだのが瞬時にわかるほど臭う靴。

当時は Visual Studio Live Share なんて無いし、ペアプロは5分で限界だった。

がっつり書き直しが入るようなコード卒業には2ヶ月ほどかかった。(これは私が時間を十分にとれなかったのも悪かったし、N氏は前のチームの引継ぎ作業も並行していたので)

もう、色々思い出して悲しくなったから書いとくと

ちなみに知り合いのところは、最近の天気のせいなのか生乾き臭マックス縁故入社新人とのことで、当時彼にしてもらったように「ガンバ」と背中叩いておいた。

N氏は今も臭っているようだが今は別プロジェクトだ。スキルセットが増えている分、頼れるエンジニアに近づいたのかな。喉元過ぎればなんとやらで、忘れていた。

最近は私が別チームから支援できた若手のフロントエンドエンジニアレビューしてもらっている。

チュートリアルこなして、書籍記事を読んで手を動かしたうえで相談をしながら実装を進めている。あんまりものは見せられない。

新しいスキルセットは必要になる。

人に教えておらうにも、ある程度は自分勉強しないと適切な質問が出来ない。

ある程度が分からないなら、公式資料書籍、有志のページを当たろう。

2018-08-15

生産性ゼロどころかマイナスな同僚

ほぼ愚痴です。

エンジニアなんだけど、ひどい同僚がいる。

酷い点を挙げればキリがない。当人が何も生み出さないだけならまだしも、他のメンバー生産性まで下げるので、非常に手を焼いている。

インターンなりエントリー/ジュニアレベルであれば教育すれば良いだけなのだが、経験豊富ベテランという触れ込みでやってきてそれなりの給与をもらっているからタチが悪い。

一度もプレーせずに長年プロサッカー選手として生きたブラジルだかのおっさんのように、きっとこれまでも口の上手さであちこち渡り歩いてきたのだろうと推測する。

奴が入ってきて1年ほどになるが、上司は気づいているし、一緒のプロジェクトで働いたことのある他のエンジニアも皆気づいている。クビにするなり何なり手を打つように直談判すべきか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん