「女装」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 女装とは

2017-03-21

ちんぽを隠して楽しく女装

2017-03-19

女装したおっさんを街で見た

ミニスカートストレートのセミロング、肩にバッグをかけて、駅前をガニ股で歩いておりました。

なかなか気合の入った化粧をしておりました。

見た瞬間におっさんだと分かったけども。

あれはバレてないつもりなのか、バレバレだけどそれがいいのか。

2017-03-14

自分

当方大学3年生、就職活動真っ只中であり、先月失恋したばかりでもある。以前とある就活セミナーにおいて、「自分史」を書くと自己分析捗ると言うので纏めてみようと思ったのだが、なんだかダラダラ書いてしまいそうになるので、人の目に触れるという条件ならばちゃんとした文章になるのではないかと、此処「はてな匿名ダイアリー」に試験的に投降してみた。


以下、私立文系現役就活生、その半生のあらましである


誕生小学生時代

私はとある裕福な家庭に、長男として誕生した。

母は底辺出身で、元ヤクザ幹部を父に持ち、成り上がる為にスパルタ教育を叩き込まれ秀才であったものの、「女性である」というただ一点で、評価されることなく、夢叶わなかった人間である

父もまた、底辺出身であり、米の代わりに芋を食うような家で育ち、早くに両親を亡くした境遇を持ちながらも、最終的にはF欄大学だが主席卒業し、好きな分野で食っていこうと考えていたが、推薦で入社した会社が急成長を遂げ上級管理職となってしまい、念願の技術屋にはなれなかった人間である

そんな両親の元に、私は産まれた。

母親は自らの経験から所謂教育ママに、父親は古風な家庭で育った為、マナー生活習慣にこと厳しかった。

両親は私を教育するために、自らのストレス妄執をぶつけてきた。

「どうしてこんなことができないのか」「私はあなたにこんなに投資しているのよ」「お前の為にやりたくもない仕事を続けているんだ」

両親の理不尽社会に対する呪詛が、私の実存破壊していった。

私はまた、いじめを受けてもいた。当時はまだ運動もできずどんくさい奴だったからだ。殴られたり蹴られたり、避けられたり、悪口を散々言われたりした。

親にいじめ告白したものの、「男ならやりかえせ」の一点張りでとりあってはくれなかった。

憎かった。両親が、周囲の人々が、社会が、世界が。

両親に叱られる度に、いじめられる度に、「殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す…」と自分の部屋で唱えていたのを覚えている。

本気で両親やいじめっ子を殺す計画を立てたこともあるし、逆に自殺しようと思ったこともあった(いずれも発見されたことで未遂に終わっている)。

上記の計画が失敗に終わった為、何も感じなくなるように、心を殺せるよういつも自己暗示をかけていた。

力が欲しかった。死にたくなかった。生き抜く力が欲しかった。そして認められたかった。愛されたかった。


そんな自分に味方をしてくれた人間が一人だけいた。祖父であった。

祖父はどうやら自分の娘にスパルタ教育を施したことを負い目に感じているようで、両親(特にからから暴言を良く諌めてくれた。

共働きの影響でよく一人で夕飯を迎えなくてはいけない自分に、良くご飯を作ってくれた。(味は大味すぎだったが)

昔の話を交えながら、「力」について色々と話してくれたのを覚えている。暴力権力学力、魅力…生きていくための力について…

戦中戦後混沌とした日本を力が物言う世界の中生き抜いた祖父一言一句には、老い衰えながらも凄まじい説得力があった。


中学生時代

私立に進学させようとする母親に対し、祖父後ろ盾を得ることで私は無事希望通りに公立中学校に進学することができた。

祖父から「力」について学んだ結果、小学生時代において最底辺だった自分スクールカーストものの見事に逆転した。

陸上競技を始めたことで身体を鍛え、喧嘩も強くなったし、会話術を学んだことで周りから慕われるようになり、部活部長や、生徒会長などリーダー役割兼任したり、学力も向上しトップはいかないものの上位に食い込んだ。そして異性の友人がぐんと増えた。これまでの環境が一変したのだ。

だが母親干渉は止むことはなかった。認められることもなかった。学業邪魔になるから課外活動は止めろと言い、トップになれなければ意味はないと口うるさく言ってきた。無理やり塾へ入れたりもした。

そして環境の変化は「人の心というのは力次第でこんなにも変わってしまうのか」と一種疑念を抱くきっかけにもなった。

それでもなんとかやっていけたのは、唯一本音を話せた祖父後ろ盾と、貧乏すぎてろくな学生時代を送れなかった父親わずかばかりの支援があったからだ。課外活動を維持できたのは父のおかげである

(父は学業、というか母の行動について全くと言っていいほど干渉しなかった。巻き込まれるのが嫌だったというのもあるが、仕事に手一杯で余裕がなかったというのもある。事実ウツ一歩手前であった。)


だがこんな日常が長く続くことはなかった。


母の希望によって、確実に試験突破できる県で2番目に高い進学校入学することが決定したその日、唯一心から信頼していた祖父自殺してしまった。祖父肺炎に長くかかっており、これ以上迷惑をかけたくなかったということ、妻(祖母のこと)を亡くしてからずっと孤独を感じていたということが遺書には記してあった。そして「生きろ」とも。

私が祖父の亡骸を観た時、感じたのはひどい喪失感と「生きることに逃げた」という感情から来る怒りだった。

コレ以降、母の私への干渉は激化することになる。



高校時代

私は初めて心から挫折を味わうことになった。私が進学した高校田舎にあったため、小学校から高校まで、ほぼそのまま上がってくる人間ほとんどであり、既にクラス内にコロニー形成されていた。異なる地方から来た私は、その風習に上手く馴染むことができなかった。

加えて、地頭いいわけでは無い私に対し、周りの人間自分より何倍も優秀な奴らばかりであり、中学時代形成されたちっぽけなプライドはぐしゃぐしゃになってしまった。存在理由否定されたかのようにも思えた。

また、再びいじめを受けることになってしまった、いや、巻き込まれたと言ったほうが正しいだろうか。

入学当初、私と同様、雰囲気に馴染めずいじめられている生徒がおり、私は一度正義感故に彼を庇った。それをきっかけに私もいじめの標的となった。担任先生にも相談したものの、「彼(いじめられていた子)の面倒は君が見てくれ」と聞き入ってはくれなかった。(その先生が私が入っていた陸上競技部顧問だったのだから笑えない)

いじめは年度を超えて行われ、いじめられていた子がいじめを苦にして高校を退学し、いじめ実行犯学校から指導を受けるまで続いた。2年次の後期まで続いた。

学校はその事実隠蔽した。

その結果、部活遠征中に競技出場名簿を改ざんされ体育祭に出ることは叶わず(当日までわからなかった)、

女装して踊る予定だった文化祭は前日に衣装を何者かに隠され(これまた部活遠征でいない間の犯行だった)出演することができなかった。(当日来てくれた他校の友人たちに色々謝ったのを覚えている)

その他はまあ陰口や悪口無視程度で済んでいた。いじめは人の業だと割り切っていたし、自分の心を殺せば、特にダメージはなかった。


後ろ盾を失い、学校はいじめを受け、家では両親から干渉され、行き場を失っていた自分は、性に逃げていた。我ながら最低だったと思う。

中学時代に作った女友達のツテを使うことで、絶えず女の子を紹介してもらうことが出来た。

の子の家庭環境や、生い立ち、タイプ男性など様々な情報を聞き出し、ニーズにあった男性像を演じれば、簡単彼氏彼女関係になることもできた。(例えば片親の子なら包容力のある、甘えられる都合のいい男だったり)

承認欲求を満たし、そのうちに罪悪感に苛まれ自分から関係を切っていくというループに陥っていた。最低だと分かっていながらも止められなかった。

そして人の心に対する疑念は更に高まっていった。


いじめが止んだ高校3年次

なんと今までじぶんやあの子いじめてきた人間が、取り巻きが、なにごともなかったかのように普通に親しげに接してきたのだった。これには絶望した。本当に絶望した。いじめ自体は人の業だと、生物習性だと、遺伝子しかたないのだと、割り切ってきた。仕方のないことだと。心を殺して耐えればいいと。しかしなんだこれは、お前らは十字架を背負うこと無く、一切の反省もなく、悪びれもせず、気まずさもなく、あの時俺が挨拶をしたら無視をしたくせに、ただ自然に「おはよう」だと?「いっしょに昼ごはんどう?」だと?「あいつ(いじめ主犯)最悪だよね」だと?グループワークで一切否定してきたくせにこんどは尊重だと?一緒に勉強しないかだと?なんなんだお前らは一体何で出来ているんだタンパク質か喋るタンパク質なのかこれが人間かそうかそうかこれが心か


今まで私は人の心を操っていた反動で、くだらないことにある種「理想的人間関係」というものを思い描いていた。お互いにお互いを高め合える関係 友情努力勝利

いつか素晴らしい友達出会えるのだと、そう信じていた。



私はほとんど学校に行かなくなってしまっていた。公園にいってひたすらに筋トレや走り込みを行い、図書館に篭り、救いを求めて哲学書や思想書、自己啓発書宗教の本を読み漁り、

部活だけ出て帰る。授業をバックレることもあった。幸い制服が無く、度重なるストレスのせいか老け顔なので、補導されるというのはなかった。親に見つかっても怒鳴られるのを耐えればいいだけなので、平気だった。

本を通じて様々な思想を取り込んでいく中で、ただひたすらに耐えるだけだった親に対しての反抗心が芽生えていくのを感じた。

そして遂に「俺はお前の人形じゃないんだよ」と叫ぶことができた。「ごめんなさい」と泣かれた。「すまなかった」と言われた。12月クリスマス前のことだった。


受験勉強をすっぽかして読書思索にふけった結果、案の定成績はビリから3番目であり、浪人をすることになった。




大学時代

から刷り込みによって、座学が完全にアレルギーになってしまい、勉強をすればするほど体調が悪化しながらも、なんとかそこそこの私立大学に潜り込むことができた。

続きは後で書きます

2017-03-11

女装に対する嫌悪感

今朝なんとなくイオンに行ったら、H&Mの入口付近でレディース服を選んでる女装おじさんを目撃してしまい、強烈な不快感を感じてすぐ家に帰ってしまった。


あれはダメだろう、顔がもうガッツリ男なのにおかっぱ長身ガッチリした身体に網タイツホットパンツとか、それ以上詳しく見なかったけどもうダメだった。


普通に女性でもイオンでそんな格好してたら目立つのに、目立ったうえに女装男とか・・・


清潔感があるか無いかで言ったら、あるということになるんだろうけど、そういう考えでは到底納得できない。


普段から、見た目で判断するのはよくないとか思ってた自分所詮偽善者だったんだと思い知ってそれもまた気持ちを落ち込ませる。


本来なら誰でもどんな格好してもそれは自由なはずなのに、どうしても一部のそういった人たちに対する嫌悪感はどうしようもない。


この嫌悪感はどうやって生まれてくるんだろ、やっぱり慣れなのかな。


普段からこういう人が身近にいたら慣れるんだろうか。


嫌悪感の招待が慣れだとしたら、幼少の頃からあらゆるもの経験させて見させて、こういった嫌悪感からくる差別をなるべく起こさないような教育をしていくべきなんだろうか。


そういった教育をする大人たちが嫌悪感を感じているもの子どもたちに経験させるとか、どだい無理な話だとも思うけど。


どうやってそういう人たちを許容していったら良いんだ、スルーできるんだ、目の前にいても無関心でいられるんだ。


自分の育ち方が間違ってたのか。


確認だけど、許容すべき存在で間違ってないんだよね???


ずっとモヤモヤしてる。

2017-03-08

昔、映画館女子トイレに明らかに足の骨格が男の人がいた。服は赤いワンピースドレス

最初女装趣味変態が入ってると思った。怖くて何も言えずスルーした。今思えば心と体の性が一致していない人だったのかもしれない。失礼な事を思ってしまったのかもしれない。

だけど傍目には判別不能だ。どうしたらよかったんだろう。

2017-03-06

安冨歩教授女装男性の都合のいい女性像の再生産に荷担してるだけ

多様化を是とするなら、すっぴんででてきたら?女装ってなにも髪の毛伸ばしてメイクすることではないでしょ?世の中の女装家とか、性転換した人の装いってどれも一緒だよね?最近じゃカバちゃんとかも。

2017-03-01

老人は悪なのか?生活保護受給者は悪なのか?

弱者ばかりを攻撃するツイートを見かけた。

調べたところ彼は年収300万円にも届かず、

週末は女装してはハッテン場で犯されるのが好きという人だった。

anond:20170228225844

ワンピ○スが好きだと言いづらい

 

僕は尾田が好きだ。

荒木とか久保田とか小畑とか、他にもいろいろな漫画家が好きだけど、一番好きな作家を選べと言われたらやっぱり尾田だ。

今回発売された新作も、マスメディアで恒例として取り上げられて騒がれている。

マスメディアで騒がれると当然、全く興味のない人の目にも付く。

そこで、職場でも今日たまたま最新刊話題になった。

(正確には「たまたま」ではなく、ある意味では必然的ともいえる。マスメディアかく恐ろしや)

Aさん「そういえば新作出たねー。まあ全然興味ないけど」

Bさん「本屋で大量に平積みしてますねー。自分ワンピは1冊も読んだこと無いけど」

Cさん「同じく1冊も読んだこと無いっすね…」

そこに居合わせた僕は入社時にワンピが好きだと言っていた。

おそらく、この人達はそれを分かって言っているのだと思った。

この話題スルーしようと思ったけど、

僕を試すようにわざと言っていると思ったので、

とりあえず一言

僕「アニメ見るほどじゃないですけど自分ワンピース好きです」

Aさん「ほー・・・

見事にスルーされた。それ以上なにか聞かれたりはしなかった。

 

後日、僕が女装するらしいという噂が撒かれた

 

(この話はすべて創作です。くだらないネタにつかってすみません。)

2017-02-26

女装にハマりそう

から女装したい願望みたいなのはあったんだけど、きっかけははてぶのホットエントリに上がってくる女装記事

自分は髪フェチなので、駅とか電車で綺麗な髪の人を見ると見惚れてしまう。

あいう髪をじっくり触りたいなぁと。


なのでまずはウィッグから購入してみた。黒髪ロングの少しカールが入ったやつ。

届いて被ってみると、普段眺めているだけの綺麗な髪が自分の髪として触り放題見放題なのが興奮した。

次は化粧を覚えた。

ウィッグを被っても顔は男なので、鏡で見ると萎える。

とりあえず100均で揃う化粧道具を揃えた。

化粧水乳液ファンデーションつけまつげチーク口紅アイラインペンなどほとんど揃った。

100均になかったCCクリームマツキヨで買った。


ネットで調べながら、試行錯誤してやってみると、少しづつできるようになってきた。

シミやヒゲ跡が隠れ、目元もアイラインやつけまつげを施し、口紅リップを塗ると、すごく女性らしくなった。

ウィッグかぶり、鏡で見てみると、そんなに可愛くはないが、女性だ。

自分の顔なのになんか興奮する。


だが顔が女性になったのに、服装が男物しかないので、そこで萎えしまう。

なので少しづつ服を揃え始めている。

どんな格好をしたいのか、ネット画像を見まくった。どうやら「童貞を殺す服」っぽいのが好きなようだ。

同時に、電車で見る女性見方も変わった。


今までは、髪→顔→胸→全身の雰囲気、みたいな感じだったんだけど、

女装を始めてからは、コート、靴、ボトム、マフラー、バッグなどに目線が行くようになった。

ちょうど、この画像女性目線になった感じ。

https://gori.me/blog/17691

あとポイントは、自分ができるかどうか。

この娘可愛い、と思っても、スタイルが違いすぎて真似できない、ことが多々ある。

なので見る女性は、そんなにスタイルいいわけではないけれど、オシャレな娘になる。

この組み合わせいいなーとか、この色遣いもありかー、とか。


女装を始めてみて、今まで触れる機会がなかった女性の習慣に触れ、いろいろ分かったことがある。例えば

・長い髪の手入れの面倒さ

・化粧の大変さ

・肌に合う化粧品重要

・オシャレの楽しさ 

ファッションアイテムの多様さと安さ

など


とにかく未知だった女性の習慣が分かると、幻想みたいのがなくなるけど、オシャレの楽しさと大変さが分かる。

あと女性目線が少しだけ理解できる。

長い間ディベートに関わっていたことがあるのだが、ディベートでは肯定側と否定側、両方を経験しないと分からないことが多い。

男性は、女性男性側によってくるのはいいけど、男性女性の方に寄るのは違う、と考える傾向があると思うけど

実際やってみると、色々見えてきて楽しい


次は全身が見える鏡を買うのと、コンタクトレンズを買うことかな。

それができたら、外出用にコートとか買ってみたい。

2017-02-24

女、ふたなり女装ショタ、男の組み合わせに関する一考察

ふたなり女装等、特殊性癖の展開によって、これまでストレートを自認していた男性潜在的ホモという疑念が生じている。そこで、ここではメス度という尺度を導入し、潜在的ホモスクリーニングする手法提案する。



定義:[A, B] はAとBの組み合わせを示している。

メス度を以下で定義し、要素のメス度の和を組み合わせのメス度とする。








(要素:メス度)

女:3

ふたなり:2

女装ショタ:1

男:0





[女 , 女 ] = (メス度)6

[女 , ふたなり ] = (メス度)5

[女 , 女装ショタ ] = (メス度)4

[ふたなり, ふたなり ] = (メス度)4

[ふたなり, 女装ショタ ] = (メス度)3

[女 , 男 ] = (メス度)3

[男 , ふたなり ] = (メス度)2

[女装ショタ , 女装ショタ ] = (メス度)2

[男 , 女装ショタ ] = (メス度)1

[男 , 男 ] = (メス度)0


この結果から、メス度が2以下の組み合わせがホモであることが分かる。メス度の尺度を利用して潜在的ホモスクリーニングでできる可能性が示唆される。ケツ穴に入れるのはNGなので。

今後の課題としてはどちらが責めるのかを考慮して要素の組み合わせを非順序対から順序対に拡張することが挙げられる。

2017-02-19

興奮って何だろう

綺麗なニューハーフとか女装の人の写真と本物の女の人の写真って全然区別つかないんだな。クイズやったけど8割がた外れた。

でも何故だろう、元が男って聞くと綺麗だなと思った写真にも興奮スイッチオフになる。逆にコイツ男だろwって思った奴が女だった場合にはこれもまあアリ?って思えてしまう。

これって固定概念によってチンコ支配されてるようで悲しい。

2017-02-13

ギリシア神話キャラクター

パート1 http://anond.hatelabo.jp/20170213171427

オデュッセウス

トロイア戦争ギリシア勝利立役者トロイの木馬の発案者。策略に長けた智謀キャラである

狂気を装って戦争参加を免れようとした戦争忌避者でもある。

戦後は、漂流し数々の困難に向き合い、様々な摩訶不思議アドベンチャー的なものを頓知キャラ

乗り越えていき、ようやく帰国する。

故国イタケー帰国すると、妻ペーネロペーに言い寄り乱暴狼藉を働く求婚者たちがいたが、

結局皆殺しにして無事、妻との再会を果たす。

感想諸葛孔明のよう?冒険譚のイベント面白すぎ。発音むずかしい。

アキレウス

かかと以外は不死の身。トロイア戦争で大活躍するが、勝利前にかかとをやられて戦死

予言により戦死するとされていたので、戦を逃れようと、女装するが、

オデュッセウスの策略によりバレて戦争に行くことになる。

アガメムノーンの娘イーピゲネイア生贄の件で、総大将アガメムノーンを恨む。

戦利品愛人を奪われて総大将アガメムノーンを恨む。

そこでブチ切れて戦争ストライキ。(そんなのありか)

しかし友パトロクロスヘクトールに討たれると復讐のために再び参戦。

ヘクトールを討ち、その後も活躍するが、トロイア王子パリスにかかとを射られて戦死

感想:暴れん坊で目上に逆らう、そして最後悲劇ちょっと義経っぽい。

続く

2017-02-11

http://anond.hatelabo.jp/20170211125045

女の大多数は好き好んで女装している訳ではなく社会に溶け込む為にやってる訳だしなあ

anond:20170209092236

この話では夫はコスプレ的な服を着てるだけでメイクさえしていないようだから、少し話はズレるが、

女装を認めない女は自分女装をやめろと言いたい。

2017-02-10

おっさんの汚い女装だと許されないってルッキズムじゃねぇの?

2017-02-09

http://anond.hatelabo.jp/20170209092236

私の彼氏も、セックスの時だけだけどある日から女装をするようになった。

すごく恥ずかしいのだけどそれがいいらしい。

最初嫌悪感が凄くて本当にショックだった、だってセックスだよ?男らしく抱いてほしいじゃん?それがさ、急に女装。ハア?何それ?萎えるわー。まんこも濡れねえよ。

でも私はクソチキン野郎なので伝えたら悲しむだろうなとか男は女の服を着てはいけないなんてそんなの差別かなとか考えながら文句も言わず付き合ってたらいつの間にか慣れてた。

(彼氏LGBT とかじゃなくて完全に変態のソレだけど)

嫌悪感が完全に拭えたわけじゃないけど、今では罵倒プレイに勤しんでいます

女装は25歳まで

それ以上はダメ

似合わないか

http://anond.hatelabo.jp/20170209092236

 ご主人は、自分女装して、女性ペニスバンドで責められたい性癖なのではと想像する。
 ご主人に「そういう事ができる風俗」に通えるだけの小遣いや、風俗店がないことから自宅で行為に及んだのでは?

 性欲がある限り、ご主人はきっとこの性癖から逃れられないし止められないと思う。

 個人的には離婚したほうがいいんじゃないかなと思う。
 ご主人がコソコソやり続けるのを我慢しつつ、育児というストレスフルな事をしなければならないのだから

 

女装世界を見てきたけど

http://anond.hatelabo.jp/20170209092236

増田さんへ伝えたいんだけど、

はっきり言って、その人は典型的女装壁の人で、多分女装禁止すると

それがエスカレートしてそうでないのに性同一性障害だと言い出すと思う。

 

私は

http://anond.hatelabo.jp/20161124103019

を書いた者だけど、嫁には隠して女装してSNSで男をあさって性行為している人を腐るほど見てきた。

そういう人は20代から60代までいた。

私自身が性同一性障害から自分趣味正当化するために弱者保護のために培われてきたモノを利用する人たちが許せない。

そもそも心が女なら、相手を騙してまで結婚しようとしないははずだけど、そうしないのは性欲に振り回されている動物と大差無いからだ。

 

私の個人的経験から意見だけど、早めに別れた方がいいと思う。

女が男に、男が女に恋をしてしまうことが止められないように、

彼らは女装することが止められないんだ。

彼らが好きなのは女性じゃなくて、性の対象になっている自分自身

パートナーはその感情を発動させる道具にすぎない。

http://anond.hatelabo.jp/20170209164911

女装サロンは、女装者の隔離施設のように見えるかもしれないけれど、

女装者にとってそこはパラダイスなのだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170209145546

LGBTへの許容ってのは異性愛者が同性愛強要されるような類のものではないんだが



自分異性愛者だから同性愛者とは結婚できません、ってのは差別でも何でもない

同じように自分女装癖がある人間とは結婚生活できませんってのも同じ

それを差別だとしたら同性愛者が異性とセックス出来ないのは差別!も通用する事になるぞ

http://anond.hatelabo.jp/20170209092236

女装癖のあるオッサンからアドバイス

女装は専門の女装サロンの中だけでやってもらうのが一番。

これなら、あなたに見られることもなく、本人も満足できる。




女装癖があるなんて、人には言えないし、自宅でこっそり楽しむだけに留めるのがお気楽だとは思うけどね、

嫁さんに心労を負わせるのはいけないことだし、さりとて、簡単に辞められるものじゃないんだよ。

今回、洋服をすべて捨てたようだけど、我慢できるのはたぶん3~4年くらいだと思う。

これは自分経験からの予想だけど、必ず、再発する。

夫が女装していた

ある日帰宅したら、夫が女装していた。

その時はネタのつもりだったそうだが、デブおっさんがただフリフリのメイド服を着ただけで、はっきり言って気持ち悪いだけ。何を言っていいのかわからなかったので、特に何もツッコミは入れなかった。

しかし、その時に夫の中で何か目覚めてしまったようで、度々女装姿を目撃することになる。

何度目か目撃したところで耐えられなくなり、「1ミリも似合ってないし気持ち悪い。女装するなら私にその痕跡を一切見せるな。話題にも出すな。子供ができたら辞めろ。」ということを言った。

夫は了承した。「気持ち悪くてごめん」とも言っていた。その姿が何だか可哀想で、タンから衣装が出てる程度であれば見て見ぬ振りをしたし、夫婦馬鹿馬鹿しい会話もいつも通りにしていた。

しかし、約束をしたにもかかわらず、私が残業から帰ると女装姿でリビングの床で寝ている夫を何度も目撃した。その度に「私との約束が守れないなら辞めろ。」とだけ言い、何も見なかったことにして寝室で寝てた。夫はその度に平謝りをしたが、何度言っても私に見つかる夫の頭の悪さにウンザリしていて、言い訳を聞くのも面倒になっていた部分もあった。

そのうち私が妊娠し、女装姿の夫を見ることもなくなっていて、女装の話は私の中で風化されつつあった。

そんなある夜、寝室の電気をつけたところ、布団からストッキングを履いた脚がはみ出していた。夫が女装していた。

私に見つからないようにやれ、っつってんのに、なんで私が寝る真横で女装してるんだ???子供できたのにまだやってたんだ???頭が最高に悪いのか???

という疑問が一瞬で頭を駆け巡って、夫を叩き起こした。夫は「やっちまった…」という顔をしていた。そしてこんな提案をされた。

「寝てるとき女装しちゃダメ?」

私との約束である「私に見つかるな」を全く守れていないのになぜそのような提案をしてきたのか理解に苦しむ。

いいわけない。あなた女装してストレス発散してるんだろうけど、そのような気持ち悪い姿で横で寝られると私がストレス。そのことについてはどう思うか。」

と伝えたところ

「布団めくらなければ…」

これはもうダメだと思って「では寝る場所を分けましょう。あなたは寝室で好きなだけ女装すればいい。私はリビングで寝る。寝室でご自由にどうぞ。」そう告げたら「君を寝室から追い出してまで女装しようとは思ってない。」と言われた。

それから色々話し合い、その日はなんとか解決したのだがその一週間後、寝室の布団に入ろうとしたら、私の枕の上に長い髪の毛があった。夫が女装していた。

私の中で何かが切れた。その晩はそのまま寝室で横になった。ほとんど眠れなかったが。

朝になって夫は何食わぬ顔で布団から出て行ったので、布団の中からLINE

「寝室から追い出してまで女装する気はない(笑)

と送ってみたら、夫が寝室にすっ飛んできた。

散々謝られたが無視した。そうしたら何故か夫が布団に入ってきた。鬱陶しかったので布団から出て支度して、私は仕事に向かった。

からLINE来ていた。直接言うと罵倒してしまいそうだったので、LINEで話し合うことにした。

夫「俺おかしいのかも。」

私「子供が生まれるのにおかしいままでは困る。これまで何度も謝られてきたが、それを治す努力が一切見られない。」

夫「こんな話聞きたくないだろうけど、女装してウンタラカンタラ(夫の特殊性癖)されたくて仕方がなかった」

私「ではそれに理解がある方とご結婚されては?私には無理です。あなたオナニーに巻き込まないで。その状態だと子供まれてもやめられないと思う。」

夫「ごめん。子供まれたら絶対やめる。」

私「では今辞めれるよね?今までなんの対策もとってなくてこの事態になったんだから、腹くくってください」

夫「わかった」

その日の夜、仕事から帰るとゴミ袋が山積みになっていた。どんだけ服買ってたんだ…私よりもあるんじゃないか…ってぐらい。

ドン引きしながらリビングに入ると、夫が女装していた。最後からって。

それから口をきいてないんだけど、私はこの先この夫をどのように扱えばいいのかわからない。

こんな話、誰にも言えないから書き殴った。本人がみたらバレるかもだけどもういいかなって思う。



追記)

布団の中でウィッグつけて女子制服を着てるのはファッションではなく単にオナニーなのではと思う。単純に可愛い格好をしたいっていうのとはワケが違う。

子供欲しくなかったら放っといたと思うけど、お互い子供はほしいって思ってたから、生理的に無理なことは私の目の前でやらないでほしかった。

あと子供が知ったら傷つくことを夫にしてほしくない。

そう願うのもおかしことなのか。



追記2)

いろいろなご意見ありがとう

「人に見られたい」っていうのはなかなか盲点だった。ただ私にはそれに付き合ってあげられる器はないから、今後もうまくやっていきたいなら別の何かで穴埋めしなきゃいけないな。

女装サロン自分お金の中でやってくれるならいいな。単純に私の目の前でやんなきゃいいだけの話なので。

私にわざわざ見せつけ続けて、生理的に無理ってなったらもう夫婦としてやってけない

子供をダシにしてるってのも確かにそうだけど、生まれる前に不安の芽は一つでも取り除いておきたい。

子供女装にハマったら?ってそれも私の目の前じゃなきゃお好きにどうぞという感じ。そういうシーンに遭遇したことがないので想像しかないけど。



追記3)

女装自体ダメっていうよりも、自分の夫が自分の目の前で女装するっていう事実が耐え難かった。夫には申し訳ないけど。

友達女装趣味って言われても「へー」だし、テレビに出てる人もなんとも思わない。よく似合ってる人に至っては美人だなって思ったりもする。

「怒られたいの?」は本人に聞いたことがあったけど否定された。ただ本心かどうかはわからない。そのあたりは闇が深いのかもしれない。



追記4)

すごく伸びてしまってビビっている。



夫や、まだ見ぬ家族LGBTだったら、それはもう私だけではどうにもならないので、専門の方に話を聞いてもらうしかないと思う。治療とかそういう意味ではなく、悩んでいるなら適切なアドバイスができるのは私ではない気がする。

が、それは今回は本人が否定していた。



約束を何度も破られたことで女装の話自体激怒スイッチができてたんだけど、それを捨てて夫とゆっくり話してみた。

内容は省くが、結果、女装の以外のことに死ぬほど付き合うことにした。我々の結論はそんな感じ。



追記5)

これで最後にする。



もともとは全くの他人だった人間夫婦関係を続けるにあたって、性癖が受け入れられるかどうかっていうのはかなり大きいんじゃないだろうか。セックスレス離婚事由になるぐらいだから、何度も書くけど生理的に無理になって相手に触れられたくないってなったら結婚生活を続けられない。私はその生理的に無理なレベルが「夫の女装鑑賞」だったわけで、人によっては「AV鑑賞」だったり、「同人誌」だったり、はたまた「排泄物関連」だったり、ひょっとしたら「なんでも受け入れられる」っていう人だっているかもしれない。男女逆でもそういうのはあるのではないかと思う。



子供が傷つくのはおかしいっていうのはちょっと疑問。確かに傷つかないかもしれないけど、傷つくかもしれない。悩むかもしれない。でも少なくとも女装癖がなければ親の女装癖について悩む自分の子はいなくなるわけで。まだいないから全部かもしれないで動くしかない。親のことで悩ませたくない。



怒りに任せて書き殴ったんだが、あとから見返すと結構酷いこと言ってるな...。罵倒したことは反省している。

2017-02-07

実は女装癖がある。

匿名じゃなきゃこんなこと言えないけどさ。実は女装癖がある。

高校生くらいからかな。姉のスカートをこっそり履いて、妙に落ちつた。

もちろんそれで我慢するつもりだったんだけど、気付くと外でチャリ運転してた(近くのコンビニまでだけど)。

もうヤダ。最近普通女性服じゃ満足できず、チャイナドレスとか、ウェディングドレスとか、そういう高級な服にハマりだした。

やめたい。お金がもたない。

一応僕みたいな人のためにむけたサービスとして・・・

https://the-dressshop.jp/

レンタルドレスってのも見つけたんだけどさ。確かに買うよりも全然安いし、いい。

でも、さすがに週1とかじゃきつい。お金がもたない。

本当につらい。もうすぐ30だから卒業したい。

せめてお金のかからない普通スカートとかで満足できた頃に戻れればなぁと思う。

本当につらい。

2017-02-05

女装しておかされるふわふーわふわふーわ

わふーわしてたブログってなんだっけ。

なんかどっかの管理人かなんかがやってたやつ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん