「市原悦子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 市原悦子とは

2019-06-13

ヒヨドリ

ヒヨドリの巣がある!」と母が嬉々としていたのは少し前のことだ。

言われてみれば、庭の金木犀の中にこんもりとした草の塊みたいなものが見えた。その上に親鳥がちょこんと座っていたのは、きっと卵を温めていたのだろう。

母はよほど嬉しかったのか、『家政婦は見た!』の市原悦子さんのようにして窓辺から金木犀を覗いていた。私は生き物にあまり興味がなかったので、そんな母の後ろ姿を横目にそのうち巣立っていくだろうと思うくらいだった。

それからしばらく経った。雛が孵ったのか、庭からピーピーと小さな声が聞こえるようになった。親鳥もあちこち飛び回って、子育てのために奔走しているようだ。母は相変わらず市原さんをしている。

から頭を出して餌をねだる雛、餌集めに懸命な親鳥、窓辺の母。なんとものどかな光景だった。

今日梅雨の晴れ間だった。ガーデニングをしていた母が庭木––金木犀とは別の木––の根元に変な穴があると言い出した。私には何も心当たりはなかった上、母以上にうちの庭に詳しい人間はいないので「なんだろうね」とだけ返しておいた。

午後になって買い物に出た。母が庭に植える花やコロコロの替え、食べ物なんかを買って家に着いたのは夕方になる前だった。荷物仕分けた私がソファで一息ついていると、買った花を植え終わった母が不思議そうな顔で戻ってきた。

それから時間ほど過ぎた頃。母と居間おやつを食べながらテレビを眺めていると、突然外からけたたましい鳴き声が聞こえてきた。親鳥の声だ。私より速く窓辺に寄った母が「蛇!」と一言叫ぶなり庭へ駆けていった。窓から金木犀を見ると、枝を伝う黒い影のような蛇の姿があった。その周りで、二羽のヒヨドリバタバタと飛び回りながら鳴き続けていた。

「やめて! やめて!」と繰返し大声をあげながら、母は棒を使って蛇を落とそうとしていた。途中で手伝おうかと別の棒を手に尋ねたが断られた。危ないからか、私がウネウネしたものが苦手だからか、単に邪魔なだけか、全部か。

蛇は母の手によって追い払われた。けれど巣からあの小さな声が聞こえることはもうなかった。さっきまでの威勢がすっかり消え失せた母と居間に戻ると、庭のフェンスに留まる親鳥が見えた。巣に向かって、甲高い声を上げて続けていた。甲高い声の中に「ごめんね」と小さく呟く母の声も時折混ざった。

別にヒヨドリが好きなわけではなかったとか、ヒヨドリも蛇も野生だからこういうことは普通に起こりうるのだろうとか、あの変な穴は蛇のだったのかなとか考えはするのだけれど、今は夕暮れの庭に響く親鳥の声に胸が詰まりそうになっている。

これを書いているうちに日が落ちて、親鳥の声も止んでしまった。彼らはどうしているのか、どこで休むのか、あの巣はどうなるのか。静かになった庭のそばで、そんなことを考えている。

2019-01-29

anond:20190129142907

それこそ先日亡くなった市原悦子さんのような役者を育てる気まったくないんだよね、今の芸能界って

恩地日出夫監督市原悦子と初めて会ったエピソードをことあるごとに語ってるけど、原節子映画美人女優ばかりの楽屋で非常につまらないと思ってたところに市原悦子がただ一人光っていたってな

2019-01-28

anond:20190128215826

最近だと市原悦子が亡くなった時も速報入ったけど

それよりは嵐解散の方がニュースバリューは大きいと思うが

2019-01-18

[] 宮型霊柩車が廃れた

今日市原悦子さん告別式も、洋型の霊柩車だった。

格とか見栄えとかが重要視されるであろう芸能人葬儀ですら宮型霊柩車が使われなくなった。

庶民と違って、宮型の高価な使用料金がネックになるわけでもないだろうに。

「近隣住民が嫌がるからいかにも霊柩車な宮型の乗り入れ禁止する火葬場が増えている」みたいな話もあるが、

今回の市原悦子さんの式に使用されたキャデラックストレッチ(全長を改造して延ば)してレザートップ張って、

ランドレージョイント(fの字みたいな形した飾り)付けて、どっからどう見ても霊柩車しか見えない。

これがOKで宮型は一律禁止なら、その決まりなんかおかしくない?

2019-01-14

なんで市原悦子が亡くなったというのに、さっさと「日本昔話」と「家政婦は見た!」の追悼放送やらないんだよ。

そういうところだぞ、地上波

2019-01-13

好きだったまんが日本昔ばなしの話

市原悦子さんが亡くなったと聞いて。

私にとっては市原さんはまんが日本昔ばなしでお世話になった人。

みなさんそれぞれ好きだった話があると思う。

私が好きだったのは雉も鳴かずばという話。

雉も鳴かずば撃たれまいということわざの元になったエピソード

ああまた見たいなあ。

市原悦子さん死去ってニュースを見て、「あれ? 亡くなってたはずでは???」と思ったけど、よく考えたら樹木希林だった

2018-08-03

anond:20180803103218

アスペでなければADHDか? なんか述べたい自説によってその時々で障碍者になってねえか?

「月収34万円というデータがある」ってのは確定申告された金額ベースだろ。ソースは知らんが。

派遣業者を通すことで1.5倍になるのが当たり前、ってのはその通りでサラッと検索するとSES家事屋みたいなのは大体月60万円が単価になってる。それはそれでいい。

としても、月収34万円でボーナス無し?だと仮定しても年400万円。さらにはほぼ家賃無し。

サラリーマン感覚で言えば滅茶苦茶好条件だろ。なんでその仕事に人が殺到しない? ってレベルで。

勿論諸々雇用主の経済状況に左右されたりするリスクはあるにしても、市原悦子ワークでそんなに儲かるならまさにバブルよ。

anond:20180803101751

んじゃ、やっぱり「住み込み家政婦」って書いた場合市原悦子を想定するのではなくバットマンアルフレッドを想定しなきゃってことになるじゃん。話がずれるわ。

家の土地もしくはマンションのごく近くとかにその人用の部屋を用意して、9時5時とかで勤務してもらう家政婦とは違うじゃん…

2018-06-04

鶴瓶の家族に乾杯

父が好きで毎週見てるのを横で聴いていると

出てくる人たちが毎回毎回ニコニコしながらいい年の娘が嫁に行かないだの息子に嫁が来なくて本当に情けないだの

こんなかわいくない娘が彼氏いるはずないとか逆にいつ結婚してもう孫が何人だとかべらべら喋ったり

70代のおっさんが孫ほどの歳の10代のタレント捕まえてつきあいたいだのいい女だのセクハラいたこと言ったり

そもそも鶴瓶さん自体女性ゲストが来るとそういういじり方から入るし

他にもあれこれあるけど前述したような事柄がまだ世の中では笑い話にできる、公言していい、

謙遜家族をわざとバカにしているんだよ、っていう意識が共有されていると思い込んだまま放送してたり

あととにかくスタンダードであるべき家族像を盲目的に無邪気に礼賛しまくってたりするの本当につらいなって思う

子どもには両親がいて当然だしいい年の息子には嫁が来て当然、

家族は全員嫌い合わないで暮らしていて当然、みたいな空気をこれでもかって醸成してる

なんかそれ以外の人だと番組テーマにそぐわないのかも知れないけど

日本の悪いとこっていうかいま生きづらいと感じている人たちにとってつらいとこばっかりの番組だなって思う

前に市原悦子がこの番組に出たとき

一人暮らしの人に会いたい」「世の中幸せな人ばっかりじゃないのよ」

といった内容のことを言っていて鶴瓶さんが困惑していたことがあった

あの回だけは少し違う部分にスポットが当たった、と思ったんだけど

それからもまあだいたい冒頭に書いたような感じの番組のままでなんだかなあと思うのだった

理想家族像みたいなものががすでに空中に醸成されていて、

その型にあわせて制作側も出る側もはまっていくような感じがやっぱりつらい

あと普通にプライバシー概念がまったくないのでは日本人、となるのでつらい

本人のいないところで家族からってカメラの前でその人のプライベートをべらべらしゃべるなよ!って思う

(後から本人がOKしているか放送してるんだろうけど、テレビが来て喜ばないなんておかしい、

家族の話はいい話、という感じで断りきれない空気がすでにできていそうなところがつらい)

2016-08-29

考えてみりゃ新海誠は元々「女子供」にウケてたじゃん

新海誠監督の最新作『君の名は。』が公開から2日で59万人動員だ興行収入7億だ、最終的に60億円見込みだと話題になってて、はてダ時代から棲息しているボンクラ古参はてなーどもが「誰にそんなにウケてんだ」と驚愕してる。

http://b.hatena.ne.jp/entry/eiga.com/news/20160828/8/

Hoodedcrow1 なんかブコメ見てると把握してない人多いけど、この映画ボリュームゾーン中高生女子(オタに限らず)ですよ。新海誠から見ている訳じゃないっす。小説は既に50万部売れてて、主題歌さらブーストかけてます

raitu 新海誠の新作アニメ映画「2日間で観客動員約59万人、興行収入約7億7000万円(26日が約3億4800万円、27日が約4億2200万円)を記録」今回は「君の名は。」という中高女子向けの人気原作であることも寄与してるっぽい

まーこのあたりのブコメが正解だよね。タイムラインを追うとはっきりわかる。

2015.12.10 製作発表・公式サイト開設。2016年8月東宝配給で全国公開、神木隆之介上白石萌音の主演が明らかに

2016.3.24ポスターヴィジュアル解禁

4.6 予告PV公開。主題歌劇伴RADWIMPS担当することが明らかに。キャッチフレーズは「この夏、日本中が恋をする。」

6.7 長澤まさみ市原悦子の出演が明らかに

6.18 新海監書き下ろし原作小説刊行角川文庫)。3日で売り上げ10万部を超える

6.27 予告PV第2弾公開。主題歌公開

8.24 RADWIMPSサントラ君の名は。』発売

8.26 全国296館にて劇場版公開

どう見ても「勝ってから戦ってる」でしょ。最初から神木隆之介RADWIMPSだ、やれ「日本中が恋をする」だという要素に惹かれる層を相手どってる。

4月時点で、プリクラtwitterアイコンにしてる地方大学生予告編を観てこんなツイートをしてた。

上映予定の君の名はっていうの
めっちゃ見に行きたい🙄
これ泣くやつや

https://twitter.com/youtyan731/status/725877277683159041

ボンクラものカリスマ?だった新海誠が、こういう人々相手商売成功しようとしてるわけ。

しかし、言うほどボンクラものカリスマだったか?という疑問があるのよね。

新海作品は初期から知ってるけど、ボンクラどもが『秒速五センチメートル』でひっかかりまくっていた「女々しさ」(敢えて言う)が、『ほしのこえ』『雲の向こう、約束の場所』あたりでは逆に若い女性にウケて話題になってた記憶がある。

14年前、『ほしのこえ』が初めて公開されたのが下北沢トリウッドとゆーミニシアター。『雲の向こう~』も今は亡き渋谷シネマライズ女性客多かったよ。

新海誠作品は元々そういう文脈でウケてて、扱う主題的にも、こういうふうに勝ってから戦える可能性はバリバリ秘めてた。『秒速~』がむしろ例外的に、当時のはてな村非モテ文脈に乗せられてたことでヘンな誤読を招いてたんじゃないかと思うけどどうよ?

2009-11-11

市橋達也映画化決定 『ハナミズキ ~夏には白い花を、 秋には赤い実~』

2010年映画化決定

ハナミズキ ~夏には白い花を、 秋には赤い実~』

監督          崔洋一

脚本          鄭義

ナレーション     市原悦子

出演者

市橋達也       松山ケンイチ

リンゼイ・ホーカー  ベッキー

刑事A         寺尾聰

刑事B         東山紀之  

市橋の父       岸部一徳

市橋の母       市毛良枝

リンゼイ父     川平慈英

リンゼイ母     川崎カイヤ

ネットカフェの店員 劇団ひとり

建設会社社長    大地康雄

建設作業員A    田山涼成

建設作業員B    的場浩司

建設作業員C    脇知弘

ヤクザ        北村一輝

労働者        なすび

同級生A       上地雄輔

同級生B       城田優

同級生C       新垣結衣

アナウンサー    みのもんた特別出演

製作:「ハナミズキ製作委員会 (TBS

主題歌 『ハナミズキ』 歌:一青窈

2008-10-09

http://anond.hatelabo.jp/20081009094238

イジメは大人の問題なんだよね??

子供を躾られないDQN親。

自分が他人の言うことを唯々諾々と聞いているのに他人が聞かないのはムカツクという奴隷根性というかひがみというか、からくる同調圧力

そこからくる、見て見ぬふり。文化。オレジャナイロボ。私は何もできないけど善意の第3者なの文化。あるいみ、市原悦子

子供は大人をマネしてイジメをしていく。それだけの事なんだよね。

知人が言っていた。人間はいまでも基本 野蛮なんだと。

僕も思う、孔子など、礼節を説いていた時代と比べ

CMでどんどん、欲望をあおる。欲望蔓延社会現在。昔よりも人は野蛮になっていると思う。

2007-03-15

http://anond.hatelabo.jp/20070315131308

黒塗りのベンツ初心者マークが付いている様は滑稽に過ぎる、と僕は思う。それに。教習車はこんなに長くはなかった。

この車の所有者が電車の中で僕に声をかけてきたのは、二ヶ月前のことである。

「あなた、自動車の免許持っていらっしゃる?」

そう上品そうな言い方でおばあさんが声をかけてきた。いきなり何を言い出すのだろうと思いつつも、一応持っていることを伝えると、おばあさんは、

「あなた、私の運転手にならない?」

と、持ちかけてきた。唐突過ぎる。それに、どう考えても怪しい。あのときはどうにかしていたのだ、と今になって思うのだけれど、就職が決まらなくて自棄になっていたことも確かだ。詳しく話を聞きたい、そう言ったとたん、あれよあれよという間に格好だけは一人前のお付きの運転手になってしまった。……いや、この制服が自分に馴染んでいるかはまだ、自信がないのだけれど。

この、明らかに高級な、としか僕には表現できないけれど、この高級なベンツ初心者マークが付いているのは、もちろん僕が初心者だからなのだけれど、雇い主はそれでも構わなかったらしい。この二ヶ月でいろいろなところを走らされてクラクションは鳴らされまくったけれど、さいわいな事にまだ事故ってはいない。たしかに、こんな車が初心者マークをつけて走っていたら近づきたくない。僕だってそう思う。

世の中の運転手の人はどういう仕事をしているのだろう、と思う。もちろん、運転をしているのだろうけど、僕の場合、毎日の送り迎えと、週に二三度おばあさんが出かけるとき以外は洗車をしたり車の中をきれいにしたり、つまり車のこと以外は何もしていない。僕は今、郊外にあるお屋敷の使用人用の別棟(なんてものがあるのだ、ここには)に住み込みで働いているのだけれど、この大きすぎるお屋敷には二人しか人がいない。もちろん、市原悦子みたいな通いの家政婦さんやら、料理人やら、使用人は矢鱈といるのだけれど、お屋敷に「住んでいる」のはおばあさんと、高校生女の子だけだ。

毎日の送り迎えというのは、この高校生の、学校の送り迎えである。そこは、地元の公立の進学校で、他に送り迎えなんてしているところはみたことがない。いじめられやしないだろうかと、勝手に心配している。

----

とここまで書いて飽きてきたので、誰か続きよろしく。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん