「いじめられる側」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いじめられる側とは

2022-05-11

いじめない理由がないかいじめる」

世の中には「いじめ理由があるからいじめる」のではなく、「いじめない理由がないかいじめる」という人種がいることは、もっと広く知られるべき。

普通の人は路傍の石を蹴りに行かない。蹴る理由がないからだ。だがそれをわざわざ蹴りに行く人がいる。蹴らない理由がないからだ。

そしてそんな人種がいることを知らないから、いじめが発生した時、いじめられる側の理由探しが始まる。

いじめない理由がない、つまり被害者側には理由も原因もないのに、何を改めろというのか?

もし「"いじめられない理由"を持っていないのが悪い、"いじめられない理由"を持って自衛すべきだ」と言うのなら、

それは被害者に対して改善要望どころか追加要望を出している訳で、あまりにもマッチョイズムが過ぎるだろう。

このご時世にその考え方はよろしくない。被害者に全く理由も原因もない、天災のようないじめは起こるのだ。

世界中の人にこの認識が広まり、公正世界誤謬に苦しめられる被害者が少しでも減りますように。

2022-04-19

anond:20220419151200

ちんぽの自由騎士様は体育会系会社である吉野家なんかビビって抗議できないですよ。

いじめられる側から。全員女攻撃するぐらいでしかイキれない意気地なしだからね…。

2022-03-24

anond:20220324111718

ガチいじめ描写ってのがまずそう多くない。

不快ものをわざわざ見せたい漫画は少ない。

少ないゆえに目立っている漫画はいくつか思いつくかもしれんが。

 

更に、いじめられる側が明確に悪いいじめ描写は、ただでさえ不快いじめ作品でも更に少ない。

下手こくと、いじめられる側にも問題があるんですよ論を肯定することになるので。

少ないというか、俺にはもう、それをやってる作品なんて思いつかない。

2022-03-22

anond:20220322014401

いじめられる側理由がある」と思ってる日本人は多い。イジメニュースでこれ言うやつは流石に減ったが、あおり運転は煽られる方も悪いコメだらけだから

ウクライナに譲歩しろって言う人は多分、「いじめられる側理由がある」とか言っちゃうタイプなんだよ。

そんでもって反撃したいじめられっ子暴力だけを糾弾するやつ。

2022-03-21

anond:20220321190131

ミンスク合意を破棄しようとしたり

停戦中だったドンバス地域無人機で爆撃したり

NATO入りのためになんやかんやするって憲法かいたり

中国戦闘機売ったり


なんか戦争始まる前にやってたことが結構めちゃくちゃなんだよね。

そりゃいじめられる側にも理由があるとか、レイプされる人にも落ち度があるとかは、言っちゃいけないことだと思うけど、なんかまぁ程度問題であって、

反社事務所の前でバイクふかして煽ってたら殴られたみたいな話に聞こえるんですよね。

2022-03-16

国際”社会”で上手くやって行くにはウクライナを全面肯定した方が良いんだろう

あい空気苦手だわ

クラスいじめを思い出す

いじめられる側にも理由がある

2022-02-18

ワリエワ叩きって日本人いじめの構図と同じだよな

不正行為がバレたことをきっかけに周りがよってたかって叩きまくる。

これ、日本人いじめの構図と実は同じだったりするんだよな。世にでてるいじめ自殺事件の大半はこのモデルだ。

いじめ被害者がなんらかの不正行為カンニングとか学校備品クラスメートの持ち物の盗みとか)をしていたことがきっかけでいじめられるようになり、元が不正行為なので外部に助けを求めるわけにもいかず、最終的には自殺せざるを得なくなる。

いじめられる側に問題がない事例なんてほんのわずかなんだよな。

2022-01-03

anond:20220102175656

かにいじめられる側に原因がある」ケースはいくらかあるけど

からといって「いじめられた側が(より)悪い」とはならない、いじめる側が100%悪い

性的いじめの原因 性的いじめる側:性的いじめられる側=97:3

他人配慮のない人がいて「昔性的いじめを受けていた」と言われて、そりゃそうだろと思った。

性的いじめの原因どっち?」みたいな話になるから炎上するのであって「ほとんどが性的いじめる側の問題だけど、中には性的いじめられる側に原因のあるケースがある」と言うべきだろう。

2022-01-01

anond:20220101141449

参戦したいけど出遅れしまった

表現の自由戦士しろ弱者男性しろ全力で反応してくるから伸びやすいんだよな

いじめられる側に原因はないっつーけど、いじめ楽しいタイプってのは年食っても変われないんやなって…

2021-12-27

anond:20211227085038

そりゃ差別から構造問題から

放置して女にも原因があるんじゃないのか?みたいなスタンスですら助長から

クラスいじめがあったとして、

いじめられる側にも原因があるんじゃないの?

って傍観者のつもりでいたらいじめ助長だろ

痴漢に無関心で放置してたら犯罪助長だろ

暴力になり得るんだよね

男というだけでいい思いをするんじゃなくて

女というだけで不利に扱われるってことだわ

野蛮な差別主義者だと思われるのは、差別についてもっと先進的な考えのコミュニティに属している人から見たらそう見えるだろうなって印象

2021-12-15

anond:20211215111811

痴漢ではない一般的男性が、冤罪だ、ハニートラップだ、本当に痴漢が発生したのなら女が男を誘ったせいに違いないと言って、

痴漢犯罪者)を擁護して女(犯罪被害者)叩きをしたから、男全体が痴漢の仲間認定されてフェミに男全体が憎まれるようになっただけだぞ

まり痴漢ではない多数派一般的男性痴漢擁護をしたのが悪い

一般的男性は「いじめっ子無罪いじめられる側問題がある」派で、

中立傍観者を気取りながら加害者の味方をするのが本能みたいなものなので、被害者から憎悪されるのは当たり前のこと

ゲイ痴漢に遭った男性」のことですら笑いものにするのが一般的多数派男性

「川に落ちた犬は棒で叩け」が一般的多数派男性ポリシーから

被害者嘲笑して加害者に媚びを売るのが一般的男性性質であり本能みたいなもの

一般的多数派男性は、上から目線被害者を打ちのめすのが生き甲斐の、嘲笑加害者への媚売りを目的として存在する生命なのだから被害者には憎まれて叩かれるのは仕方ない

2021-11-27

いじめ記憶

Twitterに 

イジメの原因なんてのは結局「なんか気に食わない」なので努力解決できるもんではないと思ってる

的な事が書かれてたけど自分彼女にしたのも

まさに「なんか気に食わない」だった気がする

  

いや、あれは誘導ではなかったか

「2人で帰れたらたくさんお話できるのにねー」

  

から思い込みが激しく

利用されやす性格だった

  

いわゆる仲間はずれと変なあだ名をつけた

間違いなく立派なイジメ

3人しかいない通学団中で2人で帰るため

  

いじめられる側になったのは早かった

だが、イジメてきたのは彼女ではなかった

一緒に帰ってた子は先生の視界がら外れると

違う通学団の子たちへ行き、違う通学団の子たちと共に自分をガン無視

彼女を仲間はずれにしてた時は見て見ぬフリして

一緒に笑ってすらいた違う通学団の子

  

「遅れてやって来た正義感」かもしれないが

当時の自分にとって衝撃だった

その後、各個人で帰るようになった

たまに一緒に帰ってた子と帰ったときもあった

自分は、一緒にかえってた子に対し

怒りの感情はなかった

  

イジメをした彼女に許して貰おうとは思わない

許されないと思っている

  

利用されやす性格については後日

2021-11-26

いじめられる側にも問題があるのなら、殺される側にも問題がある、とも言えるよな。

いじめられる側にも原因がある」っていうのはさ、「いじめられる側にも直すべきところがある」ってことじゃなくてさ、クラス変わっても卒業しても転校してもいじめられ続けるいじめられっ子が「もう二度といじめられたくない」と泣きながら訴えてきた時に「あなたそのままでいいんだよ」とかい綺麗事が何の救いになるんですか?って話ではあるんだよ。

2021-10-28

anond:20211028215914

人間の関心の対象は、両親→家族→近隣の住人/友人へと発達過程を通して拡大していく。

ムラよりでかい規模の人間関係にまで頭が回るようになるのは高校生くらいからだろうから小学生の間なら、ムラで育とうと都市で育とうとコミュニケーション能力を育む観点ではあまり気にしなくてよいのではないだろうか。

中学生くらいが一番えげつないいじめをすると思う。そうなってしまうのは、彼らの精神が発達途上にあって、彼らの世界観がまだ主に学級や部活といった狭いグループの中に限られているからだ。いじめる側には小さい世界の中でニワトリのつつきみたいなことをやるしか能がない。いじめられる側もその世界に上手くなじめなければ世界の終わりかのように思ってしまう。

高校生くらいになるとようやく、世界もっと広くて、自分の属せる可能性のある選択肢として、自分の今属している小さなグループ以外の世界いくらでもあることに気付き始める。

2021-10-18

anond:20211018011434

なんでいじめられる側の落ち度的な話になりがちかというと、いじめてる側に対してできることって特に選択肢は多く無くて

いじめられてる側にはアドバイスしようがあるから相談されたり愚痴を見つけたときになにか言わないととなるとそうなってしまうんじゃないか

本気でいじめられてる側が悪いって考えてる人間はそんなに居ないと思うわ

2021-08-30

幼少期のメンタリストDaiGoを虐めた奴等が許せない

WikipediaによるとDaiGoは幼少期にいじめられていたらしい。

彼はお金=社会的承認に飢えている一方で(あるいは飢えているがゆえに)、既存倫理観に対してかなり挑戦的だ。

彼のこうした人格には、当時の経験がかなり尾を引いているのではないかな、と思っている。

幼少期、彼は不幸にもいじめの標的になってしまったという。

いじめられるに至った経緯は不明だが、興味は無い。いじめの経緯なんていつも些細なことだし、どうでもいい。

道徳の授業で、暴力はいけない、揉めたらよく話し合おうと教えられる。相手人格問題があったとしても、暴言暴力を向けていい道理は無い。いじめは許されない。法に触れていれば犯罪だ。

しかし、建前がどうあれ、学校というコミュニティにおいては往々にしていじめが発生してしまう。学校には何故か警察は介入してくれない。彼の場合、頼みの綱の先生も助けてくれなかったようだ。

理不尽に晒されると、人間は歪む。

社会適応的な人間からすれば、虐められた原因を正して社会和解すればいいだけのことかもしれない。

しかいじめられっ子は、たまたま生贄に選ばれてしまっただけだ。仮にいじめられる側に原因があったとしても、どこを正せばよいのか伝えられないまま、突然暴力によって存在否定される。いじめられっ子からしてみれば、理由はどうあれただ理不尽暴力を向けられただけである。気に入らない奴に暴力を振るい、尊厳を踏み躙り、見て見ぬふりをするという社会の悪性を一身に向けられたいじめられっ子は、果たしてそんな社会の仲間でありたいと思うだろうか?

ひとたび社会の強烈な不正義に晒された人間からしてみれば、適応不正義への降伏に過ぎない。

彼がナタを投げるという脅迫によっていじめを克服し、しかも本人がそれを成功体験としているのも悲しい話である

周りの大人先生が助けてくれたなら、まだ世の中捨てたもんじゃない、正義だってある、自分には味方もいると思えたのだろう。そうした経験を欠いた彼の世界には、おそらく未だに愛も正義もない。自分の行動によって世界は変えられるという本人の言は、承認は行動によって勝ち取るしかないという不安の裏返しではないだろうか。

無条件の承認社会への帰属意識も身につけられなかった人間は、自分に居場所があることを確認するため、社会的承認をかき集め続けなければならない。

これこそ彼が、目に見える成果が出るまで時間のかかる心理学研究でなく、すぐにお金を稼いで世間自分非凡さを思い知らせられる、うさんくさいパフォーマーとしての生き方を選んだ理由ではないだろうか。

私は、彼の信じられないほど酷薄発言も幼少期のいじめに由来するのではないかと考えている。

納税者蔑視する発言は、相手にされないことへの不安から来たスタンドプレーという一面もあるが、既存倫理観への不信からくる本音でもあるのだろう。暴力はいけないという一般論教育されつつ暴力を振るわれた過去故に「口でいくらヒューマニズムを謳っても、本心は違うに違いない」と思っているのではないだろうか。

別に私はDaiGo被害者から哀れむべきと言いたいわけではない。理由はどうあれ、非納税者への福祉に関して無理解なまま、倫理にもとる発言したこと批判されてしかるべきである

しかし「悪い奴だから懲らしめてやる!」と義憤燃えている人は、自身正義などではなく、気に入らない人間積極的排除しようとする側、いじめっ子気質人間であることを認識した方がいい。

自分の非を認めていない人間に数の暴力サンクションを与えたところで、暴力によって従わされたという心の傷が残るだけではないだろうか。

DaiGoの件に関して言えば、浮浪者への差別発言問題点を大して理解していなそうな人まで「レイシズム=ナチス=悪」という借り物の価値観脊髄反射敵に叩いているのも気持ち悪かった。Twitter支配的な反レイシズムという規範に沿わないという理由で叩くのなら、クラス空気に沿わない人間を吊るすいじめと大して変わらない。

DaiGoのように成功者になって世間を見返すのに躍起になり、果たしてそれが上手くいったとて、こんな風に問題行動を起こしてしまう。

逆に完全にいじけて人生を放り投げれば、黒子のバスケ事件犯人のように社会の敵になる。

これらは元いじめられっ子の中でも極端な例であるしかし私には、帰属意識喪失社会の正しさへの不信、自尊心の低さ、自分の影響力を確認することへの執着といった、いじめによってもたらされる人格の歪みが遠因になっていると思えてならない。

いじめの無い社会の到来を切に願う。

暴力によらない意思表示の訓練を普及させる。

学校内であっても犯罪に対しては警察を介入させる。

いじめから逃げられない構造是正する。

いじめて/いじめられてしまう子をケア対象とする。

手立ては色々ある筈だ。

これまでの話は全部私の臆測であり、一から十までこじつけである。どこかに論文があるわけでもないし、私は何の専門家でもない。

しかDaiGo本人がオリジンとして語っている以上、暴力による自力救済いじめを克服するしかなかった経験は、彼にとって大きな意味を持っていたのだろう。

DaiGoいじめたりそれを傍観したりしていた同級生、彼を救えなかった教師、もしかすると「やっぱアイツ変だったしな〜」などと考えていないだろうか。

お前らが歪めたんだ。

2021-08-15

anond:20210815024519

極一部言ってる人はいるかもしれないか

誰も言ってないは大げさだったかもね。そこは訂正してもいい。

でも話の大筋は変わらんよ。

■「最終的に自分が損さえしなければ問題ない」を本気で主張してるネット民多すぎ

いじめ問題とかも「自分いじめられる側になった時のことを考えると~~~~」みたいなのが多くてゾッとした。

この解釈は君の曲解

anond:20210815023233

■「最終的に自分が損さえしなければ問題ない」を本気で主張してるネット民多すぎ

いじめ問題とかも「自分いじめられる側になった時のことを考えると~~~~」みたいなのが多くてゾッとした。

これ完全に曲解だと思うんだけど。

自分いじめられる側になった時のことを考えると~~~~」は単に1つの考え方を示してるだけで

別に自分被害者になる可能性がなければOK」なんてことを意味してないでしょ

勝手曲解して誰も言ってない結論に繋げて反論してる。

「最終的に自分が損さえしなければ問題ない」を本気で主張してるネット民多すぎ

いじめ問題とかも「自分いじめられる側になった時のことを考えると~~~~」みたいなのが多くてゾッとした。

今回の生活保護も同じ論調が多すぎる。

それって自分に痛みが帰ってこいなら何でもオッケーって感じなの?

たとえば部落差別があった時代だったら「部落出身者はゴミ!」と言っても自分部落出身でないなら絶対的安全圏にずっと居られるわけだけど、そういったシチュエーションなら部落差別立場を変えない感じなの?

俺は「たまたま俺は生まれた時に運がよかっただけで、もしかしたら運が悪ければこういう人生を歩んでいたかも知れない。そう思うとそうそ他人を痛めつける気になんてなれない」って感情を持つんだけど?

つうかそれがシンパシー共感)って物だよね。

ちゃん名前も付いてるし多くの人が持つ感情ひとつなんだと思ってる。

でもそれが生まれつき欠如しているとしか思えない『完全に自分の損得でしか考えられない人』ってのが結構いるっぽくて怖いなと思う。

いやまあある種の定型発達と同じで、なんだかんだこの能力を持って生まれるか自体が生まれつきの運みたいな所もあるのかなとは思うわけよ。

実際サイコパスって呼ばれるそういうのが一切ない人の存在を指す言葉だってあるわけで。

でもネット見てるとそのサイコパスしか思えないような「俺に痛みが返ってこないならいくらでも痛めつけますけど。まあリスクがあるんで今回はやらないですが」みたいな人が多くておいおいサイコパスって実はめっちゃ沢山いるんじゃねーのかとゾッとしてる。

2021-08-06

anond:20210806095903

俺は「いじめられる側にも問題はある」派閥人間から何の問題もなし。

「どんな理由があってもいじめダメ派閥のやつはこういうときだけダンマリ決め込むから信用ならんよな。

2021-07-24

小山田圭吾の当時を思い出してみる

小山田圭吾と歳が近く、あの頃の事を思い出してみた

俺はひたすら平均的な公立校で育っていて私立小山田圭吾学校雰囲気はわからない

ただ当時の中高くらいの空気を思い出すと先輩の世代には表面的に派手に目立つ不良の数が多かったのが減っていき

毎日はとても平和なはずなので突発的に酷いいじめが行われるというのが起こっていたと思う

基本的にはちょっとバカな子とか極端に運動ができないとか、変わってる子とかまずそういう子らがターゲットにされていたと思う

自身ナイーブ人間だったしなにかのきっかけでいじめターゲットにされてもおかしくないような人間だった

ただスポーツができて勉強もできて女子に人気のある男子と、たまたま仲良くなれてそれでなんとなくあいつはあいつの友達からな、みたいな

やや上位グループにいるような雰囲気を出すことに成功していただけだ

からクラス内でいじめが発生すると内心はビクビクしながら、できるだけ平気そうな顔をして「しょうがねーなー」と笑う声が震えないようにするので精一杯だった

いじめられてる子に同情する気持ちより、自分がやられたくないという気持ちのほうがずっと大きかった

ただ自分から加担する気にもなれなかったので、あくまで一緒になっていじめるというのはせずに、かといって止めもしなかった

それにはある種の器用さ、場の空気を読む事に徹するような小ずるさが必要だけど、当時俺と同じような逃げ方をしてるやつは多かったと思う



今も似たようなもんかもしれないけど当時の学校におけるいじめ空気というのはそんな感じで

はいじめの現場にいた当時の小山田圭吾気持ちはなんとなくわかる気がする

ひょっとしたら小山田圭吾自身いついじめられる側に回されてもおかしくない危うさはあったのかもしれない

からこそ彼は過剰にいじめに加担する方に合わせてたんだなと思う

さらにそんな鎧をかぶってしまったまま大人になったのでインタビューされても虚勢を張ってしまうのかもしれない



ただね、これはあくま小山田圭吾自身についての想像で、もちろんいじめられた方にしたらそんなのは一切関係ないわけで

後になって「実は俺だっていやだったんだよ」なんて言われたら一番きついと思うし

やはり重要なのはいじめた側の人間の話をヘラヘラした態度で(笑)とか入れて雑誌として売り物として出しちゃったことだよなと



記事の頃はい大人になってるはずの小山田圭吾がなぜあんなにベラベラといじめを語ってるのか

これはやはり当時のサブカル界隈の空気フリッパーズ・ギター成功が大きく関係してるんじゃないだろうか

フリッパーズ・ギターといえばそれはもう好き放題というか

メディアに対して皮肉屋でビックマウス、それがかっこいいみたいなとこもあり

音楽面だけでなくそういった面でもカリスマっぽくみられがちだった

ちなみに俺自身は当時フリッパーズ・ギターはなにが良いかまったくわからないゴリゴリハードロックばかり聞いてたけど

付き合ってた彼女が大ファンになってしまったので「なんかいいよね~」とか適当に話を合わすためだけに一応聞いたりしてた

とにかく好きなことバーっとやってサッと解散してしまって、オザケン小山田圭吾はめちゃめちゃイケてるミュージシャンだったのだ


で、インタビュー1995年あたりらしいので解散後何年かしてからなんだと思うけど

QJは創刊してまだ間もない頃みたいだ

当時のQJといえばかなり攻めまくっていてなんかすごい雑誌出たなと仲間内でも時々話題になっていた

なぜか内容は思い出せないけどこんなん載せる雑誌なかなかないだろうなあと何度か思ったことがあった気がする

ただ自分の周りではこの記事が当時仲間内などで話題になったという記憶はない

オザケン覚醒?以降はなんだか素敵な文学的おじさんになっていったけど

フリッパーズの頃はくそ生意気で多方面バカにしたような態度(インタビューとかでね俺の好きなバンドも貶されてた)で

この二人が気に入らなかったのだけはよく覚えてる

当時ファンだった人はどんな感じでこの記事を読んでいたのかは気になるな

(ちなみにフリッパーズの大ファンだった彼女はその後熱狂的なオザケン信者になって小山田には渋い顔をするようになったので多分読んでないし別れた)



だらだらと書いたもの別にこれといって言いたいテーマがあるわけではなく

時代的に近いとこで生きてきた人間として思い出せることだけでも書いてみようかなと思ったまでなんで大したオチもなく申し訳ない

当時はまさか小山田圭吾オリンピック音楽を手掛けるなんてことも想像できなかったし

最近でもサンレコでたまにサラウンド可能性について話すだけの人になってたと思ってたので

オリンピックエンタメに関する人選が、外すべきだった人が外れてなくて、外すべきではなかった人が外されちゃったんだなって思って残念

AKIRAバイクの入場を見たかったよ)

あと今ってSNSを使ったイジメとか深い闇ありそうで今の子らはどうやって自衛するのか想像もつかなくて怖い

小山田圭吾きっかけにQJはそういうの特集とかするといいと思う

2021-07-20

anond:20210720192206

いじめる奴は親もおかしい、は言い切っちゃダメなんだろうけど体感としては同意ちゃうな……

おかしいとまではいかなくても、態度には出さずとも「うちの子に限って」と本気で思ってたり、親もいじめ加害者メンタルで「いじめられる側にも問題が〜」等の加害者理論持ち出してきたり、それこそ小山田問題と同じで「うちの子がこうやって寄ってたかって責められてるのもいじめと同じじゃないんですか!」とか言い出したりな

あ、最後のはもう「おかしい」の範疇に入ってるか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん