「作者買い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 作者買いとは

2018-08-04

少女漫画ヒーローポジションの男が突然死んだ

今、作者買いしている少女漫画があるのだけど、先日それの5巻が発売されたので買って読んだ(連載はまだ続いてる)。

ファッションデザイナーを目指すおしゃれ大好きな中学生女の子が、ダサい服装女子ファッション指南をしてオシャレにしていくという、とくにこれといって変わった設定でもない普通少女漫画

最近少女漫画はいじめ系や重い病気をもっているといった暗かったり切なかったりする話が多い気がするのだけど、この漫画は明るくて元気な女の子主人公のいたって平和サクセスストーリーだ(過去いじめられてたそうだけど)。

そこに、ヒーローポジションとして幼馴染の男の子がでてくる。ヒロインの支えとなっているイケメンだ。

4巻ではお互い両想いということが分かり、付き合うようになったのだけれども、5巻ではパリ留学にいくことになった。

「衝撃の展開」と宣伝されてたけど、留学することか。なんて思って読み進めていったら、パリに向かう飛行機が落ちて死んだ。

内容からして実は生きているというオチにはできそうにないし、SFファンタジーものではないので生き返らせるということもできない。

「なんじゃこりゃ」と思った。主人公の次に主要な人物死ぬなんて話は今まで見たことがなかったので本当に驚いた。

自分は読んだことないけど、タッチリアルタイムで見ていた人は和也が死んだときこんな感じだったんだろうか。

2018-05-17

我が母の与え給えし本(謎な奴)

https://srdk.rakuten.jp/entry/2018/05/16/110000

に触発されて。

幼少期の読書体験って、まあまあその後の人生に影響与えると思うんですよ。おかげさまでまあまあ本も読むし、公式趣味読書、と言っていい感じ(増田やら提督業やらとはいいにくいからね)です。SFもつまみ食い程度には読みます

あとはファミコンマンガ禁止ってのはでかかったと思うが、後者はなし崩しになりました。ジャンプ黄金期に追走できなかった嫌いはありますが。しかし、いまだにこの方針をぶち上げた我が母が、何だってこんなもん買い与えた謎な本がある。たぶんこれ以外もあるだろうけど、まあパッと思いつける範囲で3冊。

これで人生が変わったような、変わらなかったような。

エジプトミイラ(絵と文 アリキ)

初っ端からこれだよ。このタイトル絵本というのが意味が解らない。読み聞かせなんてぇ物があったかは覚えていないが、これはそういう絵本じゃないだろう。買ってもらった記憶は当然ないが、いつの間にかあった。ミイラ呪いか。

更に言えば、内容はリアルガチだ。古代エジプト人死生観宗教観に始まって、話はミイラづくりに至る。死んだファラオの鼻の穴にカギを突っ込んで脳みそを引きずり出す、なんてぇ描写ちゃんとある。絵のおかげでそうグロくはない。むしろ「墓をちょっと良くしたら死体が腐って困るようになった」という逸話ダメになった白骨さんが怖かった。あと脳みそ引きずり出し職人も怖いっちゃ怖い。もっとも、こいつらのせいで、長らく脳みそしわのところからほどけてうどん的なヒモ状になると信じていたのであるが、それはまた別の話だ。

エジプト旅行に行く時の入門書にぴったり。後年、本当にわが母とエジプト旅行(父は流石に第三世界に女一人で出すのは気が引けたらしく荷物持ち)に行くことになるのだが、それは10年近く後の話なのである。当時から行きたかったのかな・・・??

続々パイプの煙 團伊玖磨

正確には「与え給いし」ではなく、その辺に置いてあっただけなのだ・・・。家にあった子供読み物が終わった後に、その辺に転がってるからと言って読みだしたのがこれ。高学年とはい消防にゃ早すぎるんではあるが、止めもしなかった。いいエッセイですよええ。このほかにシリーズが何冊かあって、いずれも好きだったけど、なぜか巻が飛び飛びにしかなかった。これとこれもなぜか転がっていた「のらくろ少尉」「のらくろ決死隊長」のおかげで旧字体アレルギーが付かなかったのは幸運か。しかし、我が母、なぜ全巻頭から揃えようとしないのか謎。のらくろは何であったのかも謎で、カバーもないのでページをめくらない限り何の本かわからないという代物だった。どの版だったかも判然としない。今調べりゃいいんだけど。

まあとにかく、こっちの方から昭和戦後エッセイ方面マンボウ・狐狸庵等あだ名つけるシリーズ村上朝日堂あたりまでがその範疇にらんでいる)の攻略に乗り出すのである。ただしこれは血のなせる業か、マンボウ読んでも狐狸庵未読、みたいなずさんな揃え方をするのである

素晴らしく長く憂鬱な一日 椎名誠

ある年の誕生日プレゼントの一冊。中学生入ったかも。ちょっと記憶あいまいで、「わしらは怪しい探検隊」(外で焚火をするのも好きなんです、今もって)を読んでいたので、それで適当作者買いしたのかもしれないが、こっちが先だったのかもしれない。後者ならなんでこんなもんを、との思いが強くなるし、前者だとしてもあんまりだ。内容はというと、やや病的(当時椎名鬱病だったはずである)な男が新宿から帰宅する間に抱える妄想を含めてダダ流ししてある、という代物である文体は後の椎名SFを読むときの抵抗を減らしたような気もする。これとお約束星新一さら小学校にあった謎の子供用SFシリーズ零戦の亡霊が復活して子供教育を始めたり、ソ連!の科学者一家火星移住する話を憶えている)によって、SFつまみ食い癖が付いたようだ。

2017-11-09

anond:20171108101404

「アルサラス贖罪」、Dエディングス作品はどれも恋愛要素入ってると思うけど、恋愛要素ではこれが一番好き

ドラゴンファームはいつもにぎやか」、児童文学系のミーツガール

ようこそ女たちの王国へ」、SFに入ってくるけど男性出生率が極端に低下した世界での話

導きの星」、はるか未来地球人が未開の惑星文明に適度に介入しながら見守る話。SFだけど対象惑星亜人文明ないところから始まるのでファンタジーっぽい感じが無くもない、最終的には完全にSFになるけど

上の4つは好きだったら作者買いで他の作品も好きになれるはず

2016-12-27

マンガ大好き!

面白い面白くないとは別で、「このマンガは唯一無二だな」って感じる作品まれにあって、見つけたときは喜びだ。

そうでないマンガとの違いはどこにあるのかなあ。

えこ面白いでしょ!

この展開がスキなんだよね?

ちょっと人気おちてきたからこうするよ!

少なくともこれらの気配があると唯一無二感がない。バクマンの作者側の理論と反してるかもしれないけど。

ストーリー展開から読者の存在が透けて見えてしまっているのが原因かも。

テンプレートから先読みできるような物語は、すでに読者が物語に介入しはじめてて、読者の没入感を阻害してる、という予想。

面白み、とトレードオフする部分があるかもだけど)

作中メタ発言で作者や読者を絡ませたりする手法がめちゃくちゃ嫌いなんだけど、没入感阻害がものすごく高いせいかも。

そして優れた作者は、テンプレート展開でも気配を感じさせないように物語調理できる人なのかも。

作者買いしていきましょう。

2015-08-07

[]不器用な匠ちゃん(須河篤志

前略百合の園よりがそこそこよかったから同じ作者のこれに手を出してみた。

んーいまいち・・・美人イケメンしかいないオタサーの姫って感じ。

長い割に内容がすごく薄かった。

作者買いはいかんなと思った。

2015-07-21

anond:20150721002658

つの作品が合っても別の作品は合わない、ということも確かにあるけど、

同じ作者で2~3作を読んでみて自分に合えば相性がいいと思って作者買いできる気がする

http://anond.hatelabo.jp/20150721163109

高橋留美子漫画は、割と作者買いしても当たりだった気がする。

これは彼女作風が、若者同士がドタバタするだけの話ばっかりだからからかなとも思う。

山文京伝エロ漫画作者買いしてた。

こちらはストーリーはバラバラだけど、エロテーマがだいたい同じだからなんだよね。

それ以外で、作者買いして当たった記憶は無い…。

作者買いはむしろ罠だろ

どのテーマでも面白いマンガを描ける人間というのはそんなにいない。


同じ作者のマンガが一つ面白いからといって、同じ作者が他に描いたマンガがつまらないというのは腐るほどある。

作者買いして、そういう罠にはまった読者も腐るほど居るはず。


なので 「作者買いは割と安定してマンガを楽しめる近道の一つだ」 なんて話はとても受け入れられん。


http://anond.hatelabo.jp/20150721002658

みんなはマンガ作者買いしてる?

最近どうも好きなマンガがあってもその作者のほかの作品を読まないという人がそこそこ居るように感じる。

今期のアニメ放送しているわかば*ガールなどまさにそうだ。前期放送していたきんいろモザイクの作者である原悠衣作で内容も同系統だというのに勢いがきんモザほど伸びないのは少しさびしい

どんな作品を読むのかはもちろん本人の好きにすればいいとは思うけれど、作者買いは割と安定してマンガを楽しめる近道の一つだということを知ってほしいと思う。

2015-05-05

コミティア行った感想

5日にあったコミティアという創作同人イベントに初めて一般参加した個人的感想

こんばんは、腐女子です。

今回創作系のイベントに初めて一般参加してみました。

私は今まで、もちろんBでLな方向の二次創作イベントしか行ったことなかったです。

同日開催されてた刀のゲームは、キャラは好きなのですがゲームが長続きしないたちなので、

どうにもこう、、盛り上がりきれなくって、、、

って感じで、今まで行ってみたかったけど二次の方優先で行かなかった創作系を行ってみよう!

と、思い立って、行ってきました。

ではここから、一文目のように個人的感想をつらつら並べて行ってみたいと思いますね。

長いよ!

私は、朝の入場待機列は大体は二次イベントだと2時間前には並べるように家を出るのですが、

知恵袋Twitterで「そんな混雑はしないから早く行かなくても平気だと思う」と、書いてあったので、

今回は一時間前に着くように行ってみました。

もちろん電車に乗り遅れるなどで結局40分前着とかになったのですが、どれでも今までの二次より並んでないなー?

と、おぼろげな記憶で思いました。

でも今までそこまですっごく大人気!って言うほどのイベントには参加したことないですね、、

待機列の話ですね。

まずびっくりした事は、男性女性が半々、もしかしたら男性の方が多いのか??と思いました。ただ周りに多かっただけかもね

で、さらにびっくりしたのは、並び中にご飯をむしゃむしゃ食べてる!って事ですね。

今までの二次イベは女性ばっかだったので、まぁ、パンをもそもそ食べたりする方もいらしたですが、圧倒的少なかったのです。

そりゃあ、女性ですから大勢で並んでるところでむしゃむしゃ食べませんよね〜〜って感じでした。

あ、それと、年齢層も幅広かったですね〜。見かけたのは主に男性ばっかですが。

これは二次方面だと「いい年こいたババァが若い子に混じって並んでるのかw」って、ヒソヒソされるので、

ここで女子社会の闇を感じるところですねぇ。。

はい、入場!

感想はもうそれはそれは楽しかったですよ??

私は一次も好きなんですよ!

まぁもちろん選り好みはありますけどね!!

そうですね、まず混雑してる通路の話ですが、これはこれはひどいですね。

主に中年男性

かいから突進して押し退けていく方はなんですかね?もしかして前世イノシシとかなんでしょうかね?

イノシシというか養豚場の脱走した豚のようでしたよ?

ぶつかっても一言もないのでそれほどお目当てのものが欲しいんだね、人間で居られるのは今日の12時までなのかい?とか

思ったり思わなかったり思わなかったり。

女の子にぶつかっといて謝りもしないのかー!ぷんぷん!」

とか、女子を振りかざすつもりはないですよ?

というか、二次イベだとぶつかったらほとんどの方が頭をさげるとか一声かけるという対応だったので、

自然とそういうものなのか。と思っていたので、少し感じが悪いな。って思ったのです。

これも女性社会的なあれなんですかねー?な訳ねーですよね、人にぶつかったら謝れ。

あ、でも女性と20代くらいまでの男性一言や頭をさげるなどがあったので、これはもしかして一定の年齢層の方が……

(人にぶつからないように歩けって話は止めましょう。きりがないですよ)

………愚痴が長くなるので、引き上げましょう。

で、売り子?サークルさんの対応方面だと二次に比べ「いかかですかー?お手にとってごらんください!」って

掛け声してる方が大勢でしたね。

確か二次はそんな声かけはあまりなかった気も……?おぼろげの記憶ですね!

まぁ、二次は元からあるキャラに元からある世界設定に個人個人の妄想付属させたものから

キャラ萌え!!!!ってので萌えますもんねぇ。

一次は全部全部最初から考えなくてはいけませんから、どれだけ目に映ってもらえるか勝負ってのもありますもんね

では、この辺で感想おしまいしましょうかね、まだ読むものが一冊残ってるんで!!アンソロ!はよ読みたいのになんでこんなん書いてんだ!愚痴か!!

合計50冊くらい買ったのですが、やっぱり抜け出せない腐れ女子でして、ほとんどがBでLな方でしたね!

次はもっとGでLな方も欲しいですわぁ。今回買ったそっちも大変美味しゅうて、、、そっち方面の調べがイマイチだったのでね!!!

あ、あと、ほとんど表紙買いで買ったノーマルの奴がすっごく好みだったので、作者買いすればよかったぁぁぁ!!って嘆きました。

あぁ!あと、完売してしまったのがあって悔しかったですね!!!

グッズ系も美しかったのですが、私は「漫画だろ」っていう派なので、ほとんど漫画ですね!

今度はJ庭というものにも行ってみたいです!!!

2008-07-03

http://anond.hatelabo.jp/20080703145102

否定かどうか分からないって言われた増田(女)です。

女性男性では買い方が違う、というところに賛成だけど、愛の重みなんたら、というのは疑問を持ちます。

女性は大好きな人(キャラ)を求めているはずです。

絵よりもキャラを求めています。同じジャンルでも自分の好きなキャラがいなければ買わない。

オリジナルなら作者買いもしますけどね。

だからといって、サークルさんへの愛がない訳ではないはずです。

同じ同人作家として、そこに寂しさだったり愛が少ないといったりするのはどうなんだろう、と思いました。

2007-06-12

積読のしかた

  1. 地雷本を勢いで買う→帰宅途中に読み始めてあきる→帰宅して積む(いつの日か読むかもしれない)
  2. 楽しみにしていた本を買う→帰宅途中に読み始めるも期待にそぐわず失速→帰宅して積む(文庫本以上のサイズだともう読まない)
  3. 新しいシリーズに手を出そうとしたら一冊目が見つからない→とりあえず既刊を揃えて積む→一冊目発見→冊数の多さにげんなりして積んだまま(きっともう読まない)
  4. 既読で一度手放した本を再読したくなって買う→既読なので後回しと思って積む(意外と読む)
  5. シリーズ期待の作者買い→そのシリーズ目当てじゃないためまず積む(それなりに読む)
結論

読まずに積む本より、数ページ手をつけてから積んである方が多い。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん