「脳疾患」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 脳疾患とは

2020-03-06

トップおかしいとする病

ベガーみたいなトップ悪魔扱いする病気って何なんだろ

俺は韓国アメリカに住んでたから分かるんだが

日本ではアベガー、韓国では就任当初は持ち上げるがすぐこいつじゃ駄目になる

アメリカもそう

みんなはブッシュトランプ批判だと思うかもだけど、アメリカではオバマも余裕でこき下ろされてる

このトップ悪魔だとして敵対意識持つ人って、どういう病気なんだろ

ネトウヨが外に敵対的な脳疾患の持ち主なのと同じで

2019-12-19

anond:20191219023538

はてなーの反応見てると、自分がこういった人の家族だったとしたら、

もしくは今後家族がこういった人になってしまうことの想像はしていても

自分自身が今後突然精神障害を持ったり病気他様々な要因によって認知が歪んで暴力的になる、といった想像は具体的に全然していないんだなって思う

先日来話題になっているケースが生来的な精神障害等で暴力的になってしまった人ばかりだから

今この大人である自分が違うからもう安全、みたいにすっかり安心して外側から喋ってるみたいに見える

こんな現実を見もしないで医療に頼れっていう人無責任だし汚い、って書く人いるけど、結局まるっきり問題当事者でない健常者である人間

当事者医療もっと頼るべきって言う事も結果はともかく逃げろって言う事もどんな方向でも同様に無責任なんじゃないのかな

残念ながら人間が生きている限り後天的にでも突然「まとも」だった人間が急に「まともでない」人間になってしまことなんてざらにある

しかもそれは誰に起こるかはわからない いつ起こるかもわからない 起こってしまったら本人にそれが認知できないこともある

うちの祖母がそうで、祖母はすごく健康が自慢で自立した人間だったけど足の骨折きっかけに寝たきりになり一気に認知症になってしま

とても怒りっぽく暴力的になり、日常的に暴言を吐いて大声を出して叫び続けて自分の思い通りにならないと家族にも介護職員にも手も出すような状態になってしまって

それで家での介護を5年、やっとの思いで見つけた老人施設での介護をもう3年続けている 祖母は元気に乱暴で、でもときどきはチャーミングです

途中祖父脳疾患から同じような症状になって女手だけでのダブル介護の末祖母より先に亡くなった あのときは本当に疲れたけど、申し訳ないけれどほっともした

(今は祖父と過ごした頃のことを日常の中でいろいろと思い出してこのときそう思ったことを後述の理由も含めて後悔してる)

祖父祖母よりずっと力もあったし認知症が顕在化した瞬間は本当に狂ったみたいで自分がどこにいるかも誰といるかもわからなくなって

付き添ってたのが私一人だったか必死に体を押さえて看護師さんや家族が来るのを待った あの聡明祖父がこうなるのかと思ってすごく怖かった

母と祖母は折り合いが悪くてちょうどよく一定期間の仕事を終わるところだった自分がメインで介護していた 食事や家のこともあれこれやった 今もやっている

祖母は元気な時はフラダンス日本舞踊カメラなんかに精を出してとても楽しそうに生きていた人でぼけた人を見ては死んでもあんな風になりたくない、迷惑かけたくない、

あんな風になったら生きていたくないわ~、そうなったらあんたたちに文句はいわないからどこにでもやってね、殺してねって言っていたけど

今の彼女っていうかこの8年間の彼女はもうそんなことは思い出せもせずにとても生きることに必死だ 食べ物にすごく執着するし、

週に3度決まった時間介護施設(家からとても遠い)に顔を出さないと手も付けられないほど怒るし拗ねるし辺りにあるものを投げるし

ものすごく気に入らないことがあればあんなに執着していた食べ物を投げ捨ててハンストを起こすし他のあらゆることで家族介護職員一生懸命に困らせてる

病院に通院することになれば付いていって血圧を測るとき採血をするときも点滴の針をさすときもまたそれを受けているとき

暴れないように、針を自分で抜いてしまわないようにものすごい力で腕を振ろうとする祖母必死に押さえつけて

点滴が終わるまでの数時間をじっと横で座って待っている ものすごい大声と罵倒を聞きながら待ってる

入院すれば毎日出かけて行って大声を出さないようにご機嫌を取る それでもおさまりはしないけど 

でも私は祖母を憎いとは思わない というか思うまいと思う 憎らしく感じることも死ねばいいのにと思うこともそりゃ介護してたらもちろんあるけど、

でもただの事実として祖母だって好きで病気になったわけじゃない 病気になって以降はそれまで好きだったことなにもかもできなくなって

介護施設の同じような人たちがいるロビーでじーーーーーっとなんにもせずに数時間を過ごして7時にはベッドに追いやられて眠くないのに横になって叫んでいる、

そんな生活健常者だって大声出したくなるほど嫌になるし頭がおかしくなるに決まってる 施設に入る前からもうおかしかったけどさ 本人も辛いってことは絶対に忘れたくない

同じ施設の入居者よりすごく手のかかる患者だとは思うし介護施設の人たちにいつも申し訳ない申し訳ないと思って実際死ぬほど謝りながら通ってる

介護施設の人たちはものすごく真剣にないがしろにせず対応してくれる いつも祖母暮らしについてものすごく考えてくれて実行してくれる すごくありがたい)

ものすごく疲れるしもしこの状態悪化して、もしくは単純に体調が悪化して今の施設にいられなくなったらとか考えるだけで恐ろしい

いまは家で介護していた数年よりずっと楽だけれども、とにかく疲弊してしまってそれ以外の事をなにも考えられないくらい疲れて

自分のやりたいこともわからないし好きなものもわからないしどうしてこの先生きていこうみたいな邁進力みたいなものもなくなってとにかく疲れて

私は介護のために数年前きちんとした職を失ってただの三十代の独身家事介護に追われる未来のないとりえのない無職の女というだけのものになってなり続けていて

そして思ったんだけど、外から見れば今の私こそ家族に殺された男性家族に殺されるかもと懸念されている人たちと何ら変わらないんじゃないかって

暴力的ではないしただひっそりと疲れて何もせず生きているだけで害を与えるでもないけれど社会にとってみれば無能邪魔者でいてもいなくても同じで生産的でもないか

私もそんなふうに「殺されても仕方ない」と分類されている人たちと本質的に同じなんじゃないかって そしてそれはきっとそうなんだろうなとブコメを読んで思った

なんと言ったってこの世の中に殺された方が世の中のためになるという人間はいるのだ仕方ないのだという考え方、それはわりと肯定的に受け止められるものなんだろうなと思った

ここまで書いたことを読んでそんなことないよ、ってもしかして言ってくれる人もいるかもだけどそれはここで事情を書いたからで個別のケースが何も知られない状態のまま

たとえば私がこのまま介護を続けて新たに職も得られずいつか衰弱して餓死して死んだとしても仕方ない、努力してなかったんだからと思われるだろうし

糸が切れてしまってすごく暴力的行為を外に向かってしたりしたときもやっぱり無職は、こんなやつ生きてるだけで無駄なんだからこれでよかって思うだろう

それについて良心の呵責を覚えることもなく自分関係ない問題として少しの間心を痛めるかばかにするかだけのことだろう

だってそれだけのことしかからはわからないんだから 外から簡単事実かもしくは誰かが表に出したい事実以外のことはわからないんだから 

私が祖母の事を憎みたくないのは結局自分も同じようなものだろう、もしかして今後本当に同じようなものになるかもしれないと思うから

今はこんな状態ならさっさと安楽死したいとかやってくれとか思っていてもいつどこでかわからないタイミングでそんなことも忘れて

すごく生きたい生きたい、と生き物にとって当たり前のことを考えるようになるかもしれないと思うから

もしそんな風に「この世に死んだ方がいいやつもいるんだよ!」と思って今自分が生きていて

もし今後自身が今以上にどうしようもない状態になったときそのかつての私自身の考えが私を殺すのだと思うからだけど、

私は自分がそうなったときに「死んでくれ」なんて言われてまんまと死にたくないけど、そのことはみんな想像したりしないのかな

かつて自分が思っていたことがあるとき自分のせいでなく追い込まれ自分をも時間差で殺すかもしれないなんて考えたりしないのかな

私もここに相談を書きこんでいる本当に困っている増田たちがどうしたらいいのか本当にわからない

私の苦しみなんて彼女たちに比べれば全然なんでもなくてそれこそ唾棄すべきくらいのことに思われるかもしれない 実際そうだろう

でもそれで結果的に殺しても仕方ない、みたいに周りがすごくカジュアルに表に出すことにはどうしてもそれは違うって思う

誰も本当の意味当事者になる可能性があってこんなはずじゃなかったってものすごく苦しんできっと思ったりする

そんなときにそんなこと絶対言いたくない 私にも誰にも言いたくない でも死んでよかったよねなんて私や祖母を知らない人に言われたくないのだ

とにかく連日の報道議論には疲れている 祖母がある日突然ふっと眠るように亡くなってそしたら私も死にたいと思うけど、

それは「世の中に死んだ方がいい人がいる」と言外に言う人がいるからではない 

ただ疲れたのです 

追記

無責任コメントの主も明かしていないだけでもしかしたらとんでもない当事者かもしれないし。

そうだよね そうでした… 人に私の事情ががわからないように私にも人の事情がわからないんだった

その場合私も無責任なこと書いてるなって思ったので申し訳ないです ごめんなさい でも偽らざる気持ちからさないでおく

できないのわかってるけどみんな幸せになれたらいいのに なりたい

2018-06-16

親族にガンや心臓病や脳疾患で死んだ者がいない

そういう意味では恵まれてる

俺は酒好きだから親族で初のガン患者になるかもしれんが

2018-05-26

高プロ過労死が増えるとか言うけどさ

過労自殺なんて年間200件程度、一方自動車事故の死者は年間4000人だから

(まぁ正確に言えば精神疾患から自殺労災請求して、業務起因認定下りたのが200人だから実際はもっと多いだろうし

脳疾患心臓疾患で労災認定された約300件のうち死者が100人くらいいるから、過労死で言えば大体300人くらい

あと仕事が原因での自殺は年2000人くらいだけど、これは職場人間関とかが原因の自殺も含まれから高プロ関係ないし

ついでに言うと自動車事故の死者のうち半数は65歳以上の高齢者だけど、若者高齢者も命の価値は同じなのでこれも関係ない)

残業時間規制する前に自動車スピード制限徹底するべき

2018-05-18

素人だけど倒れた人に心臓マッサージたから知見を共有する(追記)

医師でも看護師でもない素人だけど、駅で倒れた人が意識と呼吸がなく、顔も真っ白になってたか心臓マッサージ(胸骨圧迫)した。

直接的に効果があったのかはわからないけど、息を吹き返したので良かった。

救急隊が来るまでにある程度(寝ぼけてるみたいな状態だけど)意識回復していたので、たぶん大丈夫だと思う。


感じたこと学んだこと。

・すごい前だけど、救急救命講習受けててよかったー!!!!!

十年くらい前に地元消防署上級救急救命講習(横浜市の例:http://www.ydp.or.jp/guidance/kousyu02.html)を受けたことがあるだけの素人でも、たぶん役に立てた。

ほんと良かった。活かす機会が実際にあるなんて思って受講してなかったけど、あるもんだ。

受けてなかったら手を出せてなかったし、あの周りの様子だとたぶん他の人がやっていたって可能性も低かったと思う。駅員さんもこちらが言うまで心臓マッサージとか考えてない風だったし。

講習受けてて本当に良かった。今度、もう一度行こうと思う。


・胸骨が5cmへこむくらいの力とか、やってると加減が全然からいから、講習で人形相手にやっておくの超大事

思ってる以上に強めの力だから。十年前でもちゃんと習って覚えておけば、体が覚えていた。

これ読んだ人はできれば講習受けてみてほしい。身近な人が必要状態にならないとも限らないし、即座に開始できると有意救命率上がるらしいから。


・開始するときに、「心臓マッサージ手伝ってくれる方いませんか」って声かけしておけば良かった。

意識と呼吸がないのに、心臓マッサージできる(というかやるという発想?の)人が他にいなかったみたいで、周りに数十人いたけど交代要員はいなかった。駅員さんも交代の素振り提案とか全然なかったんだけど、そういう講習って受けてたりしないのかな…。今回は幸い交代が必要なほどの時間もかからず息を吹き返したから、良かった。

私も今後誰かが倒れて、看護師さんらしき人がたとえ既にいたとしても、それが一人だけだったら「プロがいるなら大丈夫だろう」なんて思わずに交代要員として居た方がいいかくらい提案しようと思った。

今回実績解除したから、他の未経験の人よりは交代要員として役に立てるかもしれないし。


AEDマジで指示しないと持ってきてくれない。

駅員さんいっぱいいるんだからマニュアルあるだろうし誰かしら持ってきてくれるだろうと思っていたけど、甘かった。救急車は普通に駅員さんが呼んでくれた。

息吹き返したあとに、「AED、いらないですかね?」って聞かれたくらい。次回こんなことがあったらガイドラインどおり、まず最初指名してAED持ってきてもらう指示を出す。


肋骨、すごい簡単にパキッポキッとかいう。

「これもしや肋骨折れたか?」って頭をよぎったけど、「いやこんな簡単には折れないよねきっと」と思い直してそのまま続行した。

"適切な心臓マッサージ肋骨骨折を伴う"なんていう話もあるようだし、もしかしたら折れてるかもしれない。だとしたらたぶん3,4本折ってる。ごめんなさい。

正直私がやった心臓マッサージが適切だったかもわからないけど、でもあの状況ではやらないとか止めるとか、私にはできなかった。


・やってる最中、本当に必死

あんなに必死に「頼む…!頼む…!」って念じたの久々だった。

心臓マッサージ開始してからちょっとの間は全然反応もなくて、たぶん1,2分で息を吹き返したんだけど、その間、自分の手の触れている・押している・目の前の人がこのまま亡くなってしまうんじゃないかとめちゃくちゃ怖かった。そんなわけないのに、このまま亡くなったら自分のせいかもとすら一瞬思った。

変にこわばったようになってた口元がふっと動いて、呼吸が再開されたときは本当に本当にほっとした。


・息って「吹き返す」。

連想したのも不謹慎かもしれないけど、祖母が亡くなるのを看取ったときは"息を引き取る"っていう言葉のとおり、本当に最後の一呼吸は吸って、そのまま吐かずに亡くなった。

今回、息を吹き返したとき最初の呼吸は吐いていた。

まあ、両方ともそう見えたってだけかもしれないけど、両方とも言葉通りだったから、なんかすごいなって思った。


・駅員さんは、正確に情報を伝えて救急車呼んで欲しい。

結構大きな駅の、それも救急車が止まれるような地上の出口から一番遠いようなホームだったから、結局救急隊が来たのは人が倒れてから20分近く経ってからだった。

かなり遅い時間だったのもあって、たぶん駅員さんはよくある泥酔した人に救急車呼ぶみたいな感じで呼んでたんだと思う。救急隊は全然深刻そうじゃなくて、ホームに上がってきてからも近づいてくるまで駆け足じゃなく普通に歩いてきていたし、倒れた時に意識と呼吸がなかったことも全然伝わってなかった。

から、倒れた人の連れの人と救助者(私)を(どっちがどっちか)確認して、リーダーらしき人が即座にこちらには何も聞かずに帰そうとしてきた。

情!報!共!有!倒れたのがただの酔っ払いだったら駅員さんがあんなにいるのに残ったりしないよ…。

ほんと、駅員さんってこういうときマニュアルってないものなの???

最初ホーム担当らしき三人くらいがすぐに駆け寄ってきて、あとから追加で三人くらい来てたけど、20分の間に救急隊を構内に案内する人とかに情報共有することできたんじゃないのかな。改札からホームまでの間に、最低限の容態を伝えたりできなかったのかな。

もしすぐに息吹き返してなかったら・または一回息吹き返してもまた急変していたとしても、救急隊はホームに上がってくるまでその状況を知らされてなかったのかと、怖い。


・やってよかったのか不安になるから救急隊の方からちょっとフォローがほしかった…。

心臓マッサージのものよりも、救急隊の方とのやり取りの方にあとからだんだん不安になったので。

<息を吹き返してから15分弱、駅員さんと共に呼吸や脈を確認しながら状況説明のために待機>

救急隊到着>

救急リーダー(以下救)「(倒れたのは)この方ですね。お連れの方と救助者は?」それぞれ確認

救・私に向かって「お礼を言うことくらいしかできないんですが…ありがとうございました。」と私を帰そうとする

私「あ、あの、心臓マッサージをしたので、状況をお伝えしたいんですが」

救「えっ…、心臓マッサージしたんですか?」

私「はい。倒れられて、意識と呼吸が確認できず、顔色が白くなっていたので、hh時mm分頃から1,2分ほど心臓マッサージをして、呼吸が回復しました」

救「看護師の方ですか?」

私「いいえ。ただ、消防署救急救命講習を受けたことがあります

救「脈は取られました?」

私「いいえ。意識と呼吸しか確認していないです」

救「あー、ですよね…。わかりました。お礼を言うことくらいしかできないんですが、ありがとうございました。」

<お連れの方と駅員さんにもお礼を言われて、帰路へ>

という感じ。

脈を確認してないと伝えたときの反応が「確認もしてないのに心臓マッサージしたのか」っていうものに見えたので、

帰りの電車内で、「やったのが間違いだったのか?余計なことしたのか?私がやったのはただ倒れた人の肋骨無駄に折ったかもしれないだけなのか?」ってすごい不安になったし、悩んだ。この間の土俵上の件を見て安易に真似した出しゃばりか、って思われたのかな、とか。

家に帰って落ち着いて、JRC蘇生ガイドラインhttp://www.japanresuscitationcouncil.org/wp-content/uploads/2016/04/1327fc7d4e9a5dcd73732eb04c159a7b.pdf)を確認したらやっぱり心臓マッサージの前に脈を取らなければならないとは書いてなくて、意識と呼吸がなければすぐさまとにかく心臓マッサージするべきらしくて安心した。

もちろん患者が目の前にいて、ただの協力者に気を配ってる場合じゃないのはわかるけど、せめて「"ちなみに"脈は取りました?」って言ってくれていれば、追加情報として欲しいだけなんだなって分かったからあそこまで不安にならなかったな。

ガイドラインには

CPR に熟練した医療従事者が心停止判断する際には呼吸の確認と同時に頸動脈の脈拍を確認することがあるが、市民救助者の場合、その必要はない。

ともあるから、多分期待されて聞かれただけなんだと今は思っている。


はてブやっててよかった。

この間の土俵上の件のとき、ふと疑問に思ってくも膜下出血などの脳疾患でも心臓マッサージしてよいのかを日本循環器学会プレスセミナー質疑応答ページ(http://www.j-circ.or.jp/about/jcs_press-seminar/index06.html)で確認して、ブコメに書き残したので覚えていた。読んだだけだったら忘れてたかも。

「開始の時間を記録しておいた方がよい」ということもブコメに残してそれも覚えていたので救急隊に開始時刻伝えたけど、メモを取るでもなく普通にスルーされたから、それはどうでもいいのかもしれない…。

人が倒れてから2分経ってないくらいで開始できた、そういう判断に至れたのは、あの件があったときはてブで横断的に情報を読んでブコメして覚えていたから。はてブやっててよかった。




以上です。読んでくれた人いたらありがとう

できたら、救急救命講習受けてみてください。







5/20 19:55追記

今更ですが書き方が良くなくて誤解を招いている部分があったので、訂正を。

救急救命講習の例として横浜市を挙げたのは私が横浜のものを受けたからであって、件の駅は、横浜駅ではないです。

紛らわしい書き方をしてごめんなさい。

また、駅員さんの対応の件を意見として申し入れては、という反応もいただきましたが、

救急隊が来るまでの間に駅員さんには住所氏名電話番号を伝えてあって、面が割れていて、しか毎日使っている駅なので、ちょっとその勇気はないです。

当日の行動はちょっとの躊躇いを振り切れた必死さが上回ってどうにかなりましたが、本当はより広く影響を及ぼせるかもしれないそちらの方には、どうにも踏み出せません。

やっぱり私には人より特別勇気などないし、勇者なんかじゃないんだと思います

でもそういう普通人間でも、知っておけばなんとか行動することができるかもしれない、という風に読んでいただければ幸いです。

多くの方に読んでいただけて、いつかどなたかのお役に立てそうで、とても嬉しいです。

ありがとうございました。

2017-12-06

よくある離婚相談事例で見かける疑問

離婚に関する相談でわりとよく見かける言い回しに「出会った時は優しかった」「次第に言動が粗くなっていった」というようなことがある。

でも本当に結婚前にそうしたDV可能性とか性格かに全然気が付かなかったってのはどうしても考えにくい。

結婚して多少怠け者になるくらいの変化はあるかもしれないけど、自分より弱い立場にある人間に対して暴力や口汚い暴言を吐くような人間性は急に(脳疾患ではない限り)発生するものではないと思う。

ということは、付き合っているときは多少乱暴なところが見えてはいたけど、自分には優しくしてくれてるからいいやと思ったのか。

それとも暴力的言動若いからであって結婚して家庭を持てば変わるはずという安易希望的観測で見切り発車をしたのか。

またはとりあえず結婚たかったので多少のことは目をつぶるのが正しい選択と思ったのか。

そしてそういう相談ネットですると決まって「そんなやつと結婚した自分が悪い」とまた罵詈雑言の嵐に見舞われる。

結局のところ、多少の不安があっても結婚したいならすべきなのか(案ずるより産むが易し説)。

それとも感じている小さな不安は将来大きな現実になるから踏み切らない方が良い選択なのか(石橋を叩いて渡る説)。

からいね

2017-08-31

健康食品と「科学検証

健康食品似非科学が多い!そんなにはまるとはけしからん。という話がある。

では科学とは何かというと、検証をしているか。という事になる。

検証大事なのは誤差をどう評価するか。

物理あたりはまあ個体差が少ないからブレが少ない。だけども、化学生物、人体、心理社会となるにいたがって要因が増えて誤差が増える。

医療は人体への作用から、誤差が多い。それではいけないということで、「根拠のある医療」というのが提唱されている。

これは何かと言いえば「誤差をなくす検証ごとにランク付けをする。」「検証方法ごとにランクづけされて上位のものを信頼する」

僕も完全に頭に入り切ってるわけではないし、誤読してるかもしれない。

その上で僕の知る限り最高ランクというのは

被験者検査実行者、測定者をみんなバラバラにして、それぞれがどんな対象を与えているのかわからなくて(二重盲検、三重盲検)」

しかもそんな比較実験を多くの人がしていて、それぞれが良い評価で(メタアナリシス)」

被験者が200人以上で、5年間90%の人をきっちり追跡しきっている」

というもの。考えただけで金かかるよね。最近の薬の開発に金がかかるというのは、むしろ、この誤差をなくすための試験、追跡に金がかかるという話。

がんとか脳疾患とか心臓関係とか命がかかってるのとか、重度の慢性疾患とかなら、もし治せるのなら、こぞって買い求められるから金をかけても回収できるだろうから金かける。

痩せることができたとか、シミが減ったぐらいのことでこんなに金かけないよ。競争相手はいっぱいいるんだから

そもそも痩せるのに一番いいのは「運動+やや低カロリー継続」という一般食費の範囲でできる手法で、ダイエット関係はこれと競争しないとならない。

しかも、手法については個体差がある。同一の特性を持つ人を集めて検証したらとなると難しい。漢方とか鍼灸あたりの検証が難しい理由

あの辺りは相手の症状を見てそれで調整するけど、その特性の分類をする時点で盲検なんてぶっ飛ぶし、対照群として何もしないのも設けないとならない。

けどさ、病気直したくてきてるのに「何もしない」ような病院に誰が5年間も来続けるのよ?

それでもできるだけバイアスを減らすように努力はするが、上の金かけて盲検や被験者多くて追跡をしきる試験に比べたらどうしてもランクは落ちる。

とすると、「どこまで科学検証をするか」なんだよね。「科学検証をしているか」「それがどんなものか」を表に出せるしかないし「それを見て、実感した人が自分判断するしかない」

やすリンゴダイエットだとか納豆がどうだとか、トマトがどうだとか、ヨーグルトだとかビタミンCぐらいだったら、自分がやってみてよかったぐらいでもいいような気はする。

問題は高い健康食品霊感商法だとかが売ってるケースなんだよねぇ。

まあ、そう考えると「どういう調査をしたか」を表に出すかぐらいでしかない。

けど、「どういう検証をしてそれを信じるか」だけの話で会って、「似非科学」と全部断罪できるものでもない。

「高価だが検証しきれてない」という有害性の科学的根拠があるもの以外は別にそこまで目くじら立てるものでもないとも思う。

2015-02-06

内因性精神疾患

精神保健福祉手帳持ちとして、就活をしている。これで実感するのは、内因性の精神疾患には世間は冷たいということだ。

多くの人は精神病というのはストレスがあって発症するものと思い込んでいる。それは一面として真実である。が、それだけではない。精神病には心因性と外因性と内因性の三種類があり、過大なストレスなどによって発症するもの心因性患者脳疾患などが原因として発症するものを外因性、そして、外因性でも心因性でもないものを内因性という。

だが、前述の通り多くの人は精神病ストレスによって発症するもの、すなわち心因性だと思っている。これが就活をしていると如実に現れる。精神障害者ストレッサーを上手に避けて自己管理すれば、健常者と同等に働けるものだと思われているのだ。つまり面接で自らの発症原因、ストレッサー、再発要因として考えられるストレスを説明することを求められる。それらが会社によって配慮し避けられるものであれば、採用しましょうということだ。

しかし、私の場合は外因性であることを強く疑われた統合失調症だ。原因となったストレスなどさっぱり心当りがない。で、検査をしてみて脳疾患などではないことがはっきりしたので、内因性ということになる。私の診断書に書かれる発祥の経緯は、不明、の一言だ。

から面接でこれこれこういうことを避けてくれれば、私は普通の人として働けます、などと言えない。

言えないのが正直なところであるが、それをやっていると面接が通らないので、私が病気になったストーリーを考える。これが更に誤解を招いていくことは承知の上で。

精神疾患には心因性がある。ストレスなどで発症することがある。が、それだけではない。外因性、内因性がある。外因性はまだ原因がはっきりしているが、精神科医たちが何十年も診察、研究をしていてなお、内因性という原因不明領域が残っている。

そんな奴コントロール出来ないのだから雇えるわけがない。そういう現実的意見は充分わかるので私は嘘をつく。私にも自分の病がコントロール出来ない恐怖を抱えながら。でも、こんな不誠実なこと、誰にも言えるわけがない。だからここで言いたい。

ごめんなさい。

2014-09-28

なぜ私の自尊心は低いのかということ

注意

 長いです。そして大部分が「自分語り」です。そんなの読みたくないよ、と言う人はブラウザのバックボタンを押してください。

 で、なぜ自分語りをするのかというと、結論部分の教育に関わる人たちや、子供の「親」となっている人、もしくはこれから「親」になる人たちに伝えたい事につなげる為なので、時間がない人はその部分だけ読んでもらっても構いません。

 それでは、物好きな人はどうぞ……

自分語り

 20代も後半になってくると、「結婚しないの?」とよく聞かれるようになった。「相手がいない」、「仕事が忙しくて相手を探す余裕がない」と言うと、たまに「いい人紹介しようか?」と言われることがある。

 しかし、私にとって友人や知り合いや同僚から相手を紹介されるというのは、最も避けたい出会い方だ。「自分のようなつまらない人間を紹介することで、相手の評価を下げたくない」「紹介してもらったところで、うまくいくはずがない」と考えてしまう。

 「自分には価値があり尊敬されるべき人間であると思える感情」のことを自尊感情と言うが、私はこの感情が非常に低く、一日一回は「死にたい」「この世から消えてなくなりたい」と考えている(これでも回数は減った方。昔は一日十回は死にたいと思っていた)し、友人と遊んだり飲んだりしていても「自分なんかのために時間を使ってもらって申し訳ない」と考えてしまう。自分と実際にあったことがある人の中には「自分の話ばっかりするから自尊感情高いんじゃないの?」と言う人もいるかもしれないが、それも自尊感情の低さの裏返しだと思う。自尊感情が無いからこそ、他人から褒められたり、認められることを期待して自分の話を頻繁にしてしまうのだろう。私が「知り合いからの異性の紹介」を避けているのも、この自尊感情の低さからきているのだろう。

 それでは何故私の自尊感情は低くなってしまったのか。色々な原因が考えられるが、一番大きいのは、私が「普通の人が出来ることを、出来なかったから」だと思う。

 まず、私は小学生時代、「普通の子供と同じように授業を受けることが出来なかった」。静かに、教室椅子に座って授業を受けることができない。授業中に教室を抜け出し、先生を慌てさせる。教室にいても、授業い集中できず、本を読んだり他の子供にちょっかいを出す。

 そんな子供だったせいか、小学生の一時期、いじめられていた。いじめは「異質な存在」が標的にされやすいことから考えると、自分いじめ対象になったのも自然なことで、意味もなく殴られたり、筆箱を窓から投げ捨てられたりしていた。そこまで酷いいじめではなかったので、不登校になるほどではなかったが、自分は人と交流することに臆病になってしまっていた。

 未だによく覚えているのが、隣に住む一学年下の友人の家のチャイムを押すのに一時間以上ためらった挙句、押せずに自分の家に帰ってしまったこと。小学生の時点で、私は友人の家に遊びに行っても、「そろそろ帰らないと鬱陶しいと思われるのでは」と考えてしまう、人間関係形成することに臆病な人間となっていた。

 小学生低学年の時のこの問題行動は、ADHD(注意欠陥・多動性障害)によるものであり、診断後、月に数回、大学研究室に通うことになった。そこに行くと宝探しゲームパズルなどをさせてもらえるので、私は「遊びに連れて行ってもらっている」という感覚だったのだが、今では「あれは行動療法の一環だったのだ」と理解できる。

 大学での療法の結果、私のADHDの症状は目立たなくなっていったが、中学校入学後、私に新たな「普通の人が出来るのに、自分には出来ないこと」が出来てしまった。

 それは、「普通の人と同じように起きていること」。

 授業参観テスト学校行事、時と場合を選ばず、どんな時でも居眠りをしてしまう。その眠気は尋常ではなく、拳で太腿を殴りつけても、ペンで血が滲むほど掌を突き刺しても、消えることは無く、結局は寝てしまう。なんとか地元公立高校には入れたものの、いくつかの授業にはついていくことが難しくなってしまった。そして三年生の時は難関大学を目指していたのにも関わらず、文系の一番下のクラスへ。一部の教科の成績と授業態度(よく居眠りをする)を考えれば当然のことではあったが、授業のレベル大学受験レベルではなかったのは困りものだった。居眠りをしているのに教師のところに「わからないところを教えてください」と行くことなんて出来ないし、独学もなかなか難しい。そんな時に自分を救ってくれたのが予備校の配信授業。自分が通っていた塾では予備校衛星配信する授業をビデオに録画したもので受講することができた。ビデオなら途中で居眠りをしてしまっても居眠りをする前の段階まで巻き戻せばいい。そうして90分の講義を毎回120分以上かけて受講し、なんとか受験対応できる学力をつけていった。

 結果として、第一志望の大学合格することはできなかったものの、国立大学に進学することが出来た。自分の居眠りは怠けからきていると思っていたので、大学に入れば、環境が変われば少しは改善するとおもっていた。……だが、そんなことはなかった。

 自分が受けたいと思い、はりきって教室の一番前の席に座った講義で寝てしまった時の絶望感。サークルミーティングで居眠りをしてしまった自分への冷たい視線を感じた時のこの世から消えてしまいたい気持ち。大学に入れば何かが変わると期待していただけに絶望感は大きかった。ずたずたになっていく自尊心

 自尊感情が低い故に人間関係を構築するのに臆病なのは相変わらずで、自分から食事や飲みに誘うことな殆ど出来ず、昼食も一人で食べてばかり。

 大学院に進学してからも居眠りは止まらず、二年次に受けた公務員試験も当然のことながら不合格に。修士課程だったので二年で修了できたのだが、自分では働きながら試験勉強はできない、とわかっていたので、親に頼み込んで一年留年することにしてもらった。

 留年時は相も変わらず寝てはおきてを繰り返しての勉強生活。一日十時間勉強しても、実質的に集中して勉強できているのは六~七時間なのだから効率は非常に悪かった。

 二回目の受験でなんとか公務員試験合格し、就職。このときはまだ自分の居眠りは自分の怠けからきていると思っていたため、さすがに就職すれば意識が変わって居眠りも無くなるだろうと思っていた。しか就職してからも止まらない居眠り。会議で、行事で、起きていようとしても寝てしまう。当然のことながら、同じ居眠りでも学生と勤め人ではその捉えられ方は大きく異なる。面と向かって厳しく注意されることも増えたし、必要以上の会話をしてくれない同僚も増えていった。完全に自信を無くし、せっかく合格できたのに、退職しないといけないかな、と思い詰めていた時に、上司睡眠障害外来受診を勧めてくれた。

 休みを取って「睡眠ポリグラフ検査」というものを受けた。体中に脳波、体の動き、血中酸素濃度、呼吸などを計測するセンサーを付け、一晩眠り、起床後は二時間ごとに横になって検査を行った。

 検査の結果、入眠直後にレム睡眠期があること(普通の人は入眠直後はノンレム睡眠らしい)、前日に十分睡眠をとっていたのも関わらず、横になると数分で入眠ししまうこと、夢見や脳波などから、「ナルコレプシー」と診断された。ナルコレプシーとは非常に強い眠気の発作を起こす脳疾患睡眠障害)の一つで、私の居眠り癖は自分の怠けからではなく、睡眠障害からきていたものだったのだ。

 睡眠障害というと、「眠れない」障害ばかりが注目されがちだが、実際には「眠りすぎてしまう」「眠気が強すぎる」睡眠障害というのも数多くあるらしい。しかし、後者はあまり知られていない為、私のようにそれに気づかずに、発症後も長く苦しむ人が多いそうだ。

 根本的な治療法はないが、薬物により日中の眠気が抑えられるということで、「モディオダール」という薬を処方された。早速薬を飲んでみると、劇的に症状は改善された。仕事効率も良くなり、「普通の人はこんなに起きていられるのか」と驚いたと同時に本当に悔しくなった。もう少し早くこの障害のことがわかっていれば、これまで人間関係学業でここまで苦しむことは無かったのに、と。

 私はこのように二つの他人から理解されにくい障害をかかえて生きてきたのだが、それによる自尊感情の低さは、原因が分かった今もなかなか解消できそうにない。三つ子の魂百までではないが、一度形成された人間性というのは、なかなか変わらないものなのだ

伝えたいこと

 自分の体験を通して、教育に関わる人たちや、子供の「親」となっている人、もしくはこれから「親」になる人たちに伝えたいことは、「自分の教え子や子供に、何か気になるところがあったら、ためらわずに専門機関検査を受けさせてほしい」、そして「もし自分の教え子や子供が何らかの障害をかかえていたら、その子に合った教育、療法を受けさせてほしい」ということだ。

 自分の教え子や子供がそんな障害を抱えているとは思いたくない気持ちはよくわかる。しかし、障害を持つ子は検査を受けて診断を貰えなければ、自分にあった治療教育を受けることもできずに成長することになってしまう。

 さらに、「普通の人が出来るのに、自分には出来ないこと」があるということは、自尊心を大きく傷つけてしまう。自分がそうであったように。

 一般の人が想像する以上に、発達障害や、睡眠障害を抱えている人間は多い。「他人事」だと思わずに、教育に関わる人たちや、「親」、これから「親」になる人たちには、発達障害睡眠障害について学んでほしい。

2014-03-12

http://anond.hatelabo.jp/20140312001027

なんでこういう事いう人って自分で調べないんだろう

厚労省統計資料公開してるのググれば一発で出てくるのに

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii10/dl/s03.pdf

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei13/dl/gaiyou.pdf

データ見ると確かにガン、心疾患、脳疾患共に増えては居るが随分昔からの長期的な傾向らしい

直近のデータ見ても毎年百万強の死亡者のうち死因別の死者数がそれぞれ数千人増えてるだけで震災前後有意差があるとは思えない(主観

自分は面倒なのでここで止めるけど調べればもっと官民いろいろ研究して発表してるんじゃないの

>ただ、国に対しては言う。

>どうか判断できる材料をきちんと示してくださいと。

>それで自分で判断すればいいじゃないか。

まずはちゃんと調べてからこういうこと言いなよ

2012-07-17

http://anond.hatelabo.jp/20120717160343

本気で障害者なら障害者年金があるので、そっちでまかなえる。

低脳でも重度ならそれは脳疾患があるのだろうから障害者になるだろう。それ以外はその能力でできる仕事をすればよい。

2011-10-11

知人が小学生の子供を亡くしました。病気発見から約1年の闘病を経てのことでした。その子病気はグレードⅢの脳腫瘍で手術ができないタイプのがんだったので、放射線抗がん剤による治療しか選択肢がなかったそうです

知人は子供の死後にブログで1年間の闘病生活の成行きを公表しはじめました。そこには、最初はただの体調不良でかかりつけの小児科にかかったこと、すぐさま大学病院検査入院することになったこと、がんとわかって別の大学病院に転院したこと、日に日に悪化していく我が子の体調への不安絶望、なにか打てる手はないものかという知人夫婦の苦悩、インターネットで見つけた「統合医療」で「重大な脳疾患の子供が完治した」ことに一縷の望みをかけるさま、(医師の制止を振りきって)大学病院退院し遠方の統合医療医師のもとに向う様子、などが綴られています

ブログに登場する「西洋医学」の医師たちは、当時の病状と治療方針、薬の効果副作用治療限界、今後のあり得る成行きについて、最大限誠実に説明しているようですしかしその誠意は知人には届きません。知人に届くのは「決して大丈夫といってくれない」「我が子の今この時の苦痛を取り除けない」「強い副作用のある薬をたくさん飲ませなければいけない」「我が子が次第に元気をなくしていくのに、医師は何もできない」といった、ただただ西洋医学先生が執り行う西洋治療限界とそれへの不信や不満、であったようです

一方の「東洋医学漢方勉強統合医療のクリニックを立ち上げた名古屋のO先生」は、電話で経緯を聞いただけで「なんとかなります、一度いらっしゃい」と請け合います。そしてクリニックに赴いた知人に対して「この程度なら大丈夫」「原因不明の脳の難病の子供を助けた」と話すのです。そして知人は続けます。「先生不思議機械で体のあちこちに金属の棒を当ててあらゆる臓器の数値を測定しました」「遠赤外線で体を温め免疫力をアップする施術を受けました」と。

知人は以前からいわゆる代替療法や「ナチュラルもの」への親和性が高い人でしたから、このような成行きはある意味当然のことだったのかもしれません。もとより治癒の見込みの殆ど無い病気ですから、なにをやっても(やらなくても)所詮は同じことだったのかもしれません。であれば、残されたものが「できることは全てやった」「これでよかった」と悔いを残さないことこそが一番大事なのかもしれません。

しかしやはりぼくには件の「統合医療医師」の悪辣さがどうにも我慢なりません。彼(女)はいったいどんな心持ちで「大丈夫、なんとかなる」と言ったのか、何百キロも離れた土地に「一度いらっしゃい」と軽く呼び寄せたときいったい何ができるつもりでいたのか、「不思議機械金属の棒」を子供の体に当てながらなにを思ったのか、何の効果ももたらさないだろう「施術」を施して高額の治療費を受け取ることに何の良心の呵責も感じなかったのか。

ブログはまだ半年前の日付までしか進んでいません。なので、半年から今日までの間に事態がどう進展したのか、ぼくはまだ知りません。それでも最終的に知人の子供は亡くなりました。それが事実です。もしも例えば彼らが根気よく「西洋医学」の治療を続けていれば、治癒はともかく寛解の時期が訪れて、短いながらも一時的にでも学校に戻れる日がきたかもしれない、そうでないかもしれない。ぼくには「統合医療医師」がなんの裏付けもなしに、ただ己の商魂からいい加減な安請け合いをすることで、一人の子供の一縷の可能性を奪ったように思えてなりません。

知人は子供の死後、同じような難病を抱えた子供たちとその親を支えるボランティアに参加しています自分と同じ境遇の親子と関わりながら、我が子にしてやってよかったこと、できなかったこと、してやりたかったことをひとつずつ思い起こしながら伝えること。それはきっと今の知人に必要なことなのだと思います子供を亡くした親の気持なんてぼくにはきっとわからないし共感もできません。だけど知人にはできるだけ早く、元気に穏やかに暮らせるようになってほしい。今ぼくが望むのは、知人が己の確かな経験をもとに、他所の誰かに「西洋医学限界」や「統合医療の素晴らしさ」を軽々しく吹聴しないことです

2011-04-05

http://anond.hatelabo.jp/20110405120331

俺とどっちが不幸かなあ

2009-02-16

中川

故小渕氏みたいな脳疾患かなと思ったんだけどアル中だったの?

2007-03-28

寿命予報

なんか一週間以内に脳疾患で死にそうな気がする。

脳梗塞か、くも膜下出血か。

 

一週間後、もし死んでなかったら、これ消します。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん