「思慮深い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 思慮深いとは

2017-05-22

http://anond.hatelabo.jp/20170522184118

わかるほんとにわかるわかりすぎてつらい。

私は親の件はないけど、かわりに「いわゆる式典・儀式に一切意義を見出せない、宴会の類が嫌い」という苦痛があった。

周囲の希望で結局式はやったけど(私がやりたくなければやらなくていいと言ってくれたのは私の母と主人だけだった。悩んだけど結局私が折れた)、せめて身内だけにさせてもらった。

披露宴はしなかったけど友人知人向けの二次会的なパーティーをやった。

ウェディングドレス別に楽しくも嬉しくもなかったし、写真も撮りたくなかった。袖があっても二の腕がたくましすぎた。

そして儀式全般ダルかった。二次会では自分を中心に据えられた乱痴気騒ぎ、居心地が悪くて死にそうだった。

なんでこんなことやらなきゃいけないんだろう、私がやりたくないことをやっているのを見て喜んでいる人がいるなら神経を疑いたかったし、別に喜んでいない人には付き合わせて心底申し訳ないという気持ちでいっぱいだった。

主役になりたくない。注目されたくない。愛想を振りまきたくない。そういう心の叫びを押し込めて一日中笑っているのは本当に疲労困憊の一言だった。

花嫁から結婚式は嬉しいはず、と思われているのが心底いやだった。親孝行と言うにはダメージがでかすぎた。

趣味でもないSMプレイ強要されて、痛いし辛いのに本当は気持ちいいんだろうとか言われるのってこんな感じの屈辱だろうかと思った。

結婚式をやるのはいいことでめでたいこと」という風潮を一刻も早く木っ端微塵にしたい。

やってもいいけどやらないのもかっこいいし思慮深い、みたいな風土をどうにかして確立させたい。

便乗しての自分語りでした。申し訳ない。

2017-04-30

http://anond.hatelabo.jp/20170429110724

Google翻訳

Although I am a college college student but recently I went to the test site of the Futamata River by the license renewal I was suddenly inverse of an Afro hair woman like Esperanza Spalding but my hair style was so beautiful but my face was so beautiful that I exchanged the tension and exchanged the line that day Although I broke up but the message arrived and it was invitation of the gong consomme so it got even more tension Soon after talking to the department's friends I gathered members and gathered at the private room pub in Ikebukuro yesterday Esperanza Spalding Because I got urgent, I joined up late, so I started drinking with men and women 3, for the time being, for the time being I started to drink 4 girls 3 and the situation of the three girls was obviously crazy and everyone's cute but the face is cute, but the behavior has been consistently suspicious and constantly dull Absolutely by moderation We are not trying to fit together what the matter These children are becoming uneasy but I come with pins at once so that they are all virgins and not quite accustomed to men so I think they are getting nervous so tense If that happens, the men are reincarnated again in the meaning that it is exciting but even if we struggle hard we can not relax their tensions, oh well, if you are confused with what you've done already Unexpected development One of three visited us to take out the booklet from the bag as a matter of fact and began to distribute it to our male team and it seems that if we look closely it is a group name that we have never heard of as an admission guide for emerging religion but we are staggering as to what I got to say that they started to recruit us seriously and spirited about the wonder of the cult and the greatness of the guru and the depth of history and the appreciation of the interests But all three of the girls changed their hands a little while ago and now we are relaxing and we have to stay silent for the time being silent as soon as we go into time like hell and fall apart suddenly the branch of the private room suddenly As the girls screamed at once with all the girls shouting "Guru-sama!" As they all looked at, look at them and wear a rag in the whole body and gods of Afrohair with a golden stick stand standing and see well with Esperanza Spalding While placing a nice smile on the placard, "There is a great success! Although it was all written as it was written as it was all It was a genuine thing seemed to be the entrance guidance of the cult but if it asked what you want to do is to cooperate with friends of the design major, The greetings and the history of the cult and so forth are written carefully and photographs and illustrations are abundantly used and the layout is also getting stuck. I thought that this wasteful energy pouring condition is usually thoughtful but usually they are beauty and theater theater circle Doing it and it seems to be an actor fellow there, just a while ago I came up with this fake religion Dokkari and looked for a target It seemed me that I was captured in the truth so it seems that three of my friends took care of the collaboration but since I was made a solicitude Girls who were suspiciously behaviorally suspicious because they got tension relaxed at once Espana spallding was also funky at the highest Espana Spalling was also funky so I was already enjoying it too much I drunk quite drinking I felt memory flew from the way I seemed to have collapsed apparently but when I woke up 4 men were at an internet cafe and everyone remembered too much I am not sure, girls are not found anywhere Even if I line it to Esperanza Spalding I will not be read Alright, while thinking that gossip with beauty students is dangerous, I wrote this in a private room of a net cafe now.

翻訳

私は大学生ですが、最近は二代目川の試験場に免許更新で行きました。私は突然エスペランサ・スパルディングのようなアフロ髪の女性とは逆でしたが、私の髪型はとても美しいですが、私の顔はとてもきれいでしたその日に緊張を交わしてその日のラインを交換しましたが、メッセージが届きましたが、それはゴングコンソムの招待で、もっと緊張しました。すぐに部署の友人と話した後、私はメンバーを集め、池袋プライベートルームパブに集まりました昨日エスペランサ・スパルディング緊急事態になったので、私は遅く入社したので、当分の間、私は男女3人で飲み始めました。私は4人の女の子3を飲み始めました.3人の女の子の状況は明らかに狂っていました。誰もがかわいいが、顔はかわいいですが、その行動は一貫して疑わしく、常に鈍いです。絶対に適度には私たちは一緒に取り組もうとしていません。不安ですが、私は一度にピンを持ってくるので、彼らはすべて処女であり、男性にはあまり慣れていないので、彼らは緊張していると思います。そのようなことが起きれば、男性は再び興奮するという意味で生まれ変わりますあなたがすでに行ったことと混同している場合は、緊張を緩和することはできません。予期せぬ開発3人のうち1人が、実際にバッグから小冊子を取り出して、男性に配布し始めました私たちが密接に見ると、それは新興宗教入学ガイドとしては聞いたことのないグループ名ですが、私たち真剣私たち募集し始めると言うことを驚かせていますカルトの偉大さと歴史の深さと利益尊重しかし、少女の3人はすべて少し前に手を変え、今はリラックスしているので、私たちは静かなまま静かにしなければならないすぐw地獄のように時間が掛かり、突然個室の枝が崩壊する突然、女の子たちが一瞬に叫んで「女達さま」と叫んだ。彼らが見ているように、それらを見て、全身にぼかしをかけ、アフロヘアの神々を金色の杖で立って立て、Esperanza Spaldingとよく会ってください。プラカードに素敵な笑顔を浮かべている間、「大成功です!それはすべて書かれたようにすべて書かれていました。それはカルトの入口指針と思われる本物のものでしたが、あなたがしたいことを尋ねるなら、デザイン専攻の友人と協力することです、挨拶歴史写真イラスト豊富に使われてレイアウトも詰まっているこの無駄エネルギー注ぎ込みは普通思慮深いと思っていましたが、通常は美しさと演劇劇場サークルですそこの俳優になってください、ちょっと前に、私はこの偽の宗教のDokkariを思いついて目標を探しました。私は真実に捕らえられたようでしたので、3人の友人が協力してくれたようです私は恋人となったので、疑わしい行動が疑わしい女の子たちは緊張感を緩和していたので、Españaも最高のファンキーであった。Spallingもファンキーだったので、私はすでにそれを楽しんでいた。私は明らかに崩壊したようでしたが、私が目を覚ましたときインターネットカフェに4人の男性がいて、みんながあまりにも多くを思い出していました。私はよく分からない、女の子はどこにも見られません。私はEsperanza Spaldingに行けても、美容師とのゴシップ危険だと思って、ネットカフェプライベートルームにこれを書きました。

2017-03-19

大味な感性丸めまれること

ネットで声が大きい人たちは、感性が大雑把すぎる。

http://anond.hatelabo.jp/20170318131509

これもそうだし、世間を騒がせてるアレやソレやカレに対する反応も。

繊細な良さや、複雑な実情を慮ろうとする人は袋叩きにあい

声高に叫ばれる大味な感性、わかりやすい評定に丸めまれる。

君は、絶対にそういう人間の滞留の中に取り込まれるなよ。

取り込まれていないつもりでも、別の件ではずっぽり嵌っていることがほとんどだからな。

ネット人間精神と知性を無自覚なまま後退させる魔窟だぞ。

常に大勢(たいせい)とは逆の姿勢をとっているくらいが、逆に現実的思慮深い態度なんだ。

2017-03-12

http://anond.hatelabo.jp/20170312120007

>>優しくて可愛くて思慮深い理想女の子好意を向けてくれて夢心地に<<

なれることがメリットだ、断る理由はない。

コスパ…?

大した費用拠出なく

>>優しくて可愛くて思慮深い理想女の子好意を向けてくれて夢心地に<<

なれたのならコスパもよいということになるな。

特段難しい話でもない。

実際にはそんなうまい話などないから、「メリットがない」「コスパが悪い」となるのだ。

結婚にはメリットがない!」「結婚コスパが悪い!」

結婚しない理由として、

結婚したいと思える相手がいない」

結婚式子育てには金がかかるので今の給料じゃ無理」

「今は優しい彼女でも数年したらヒスババアになるかもしれないから」

とかそういうのは分かる

だが

メリットがないか結婚しない」「コスパが悪いか結婚しない」ってなんなんだ?

俺は母港拡張指輪のために明石さんに金渡したり

アイマスで好きな子SR出るまで回して数分で数万飛んでいったり

好きな声優サイン会のためにけっこうな電車賃出して遠征したり

めちゃくちゃ好きだった漫画がクソみたいな展開になってたくさん買ったグッズと雑誌の山の中で途方に暮れたり

たから見れば無駄金ばかり使ってバカなことばっかやってる

リア充からは、ただの絵に何やってんだ?付き合ってくれるわけでもない相手に何やってんだ?と思われるだろう

でも好きなんだからしょうがない。俺は何度でもクレカを出す

交際経験のない非モテが言うのもなんだが三次との恋愛もそういうことじゃないのか?

子孫を残す必要のある由緒正しい家系で、知らない女との結婚を迫られてるなら

「知らない女を養うなんて!俺に何の利点もないじゃないか!」って言いたくなるのも分かる

でも別にお見合い結婚強要されているとかそういう状況じゃないわけだろう

なのに「結婚にはメリットがない」と言う

これはどうしたことか

メリットってなんだ。コスパってなんだ

メリットは利点

コスパ費用に対して得られるもの

優しくて可愛くて思慮深い理想女の子好意を向けてくれて夢心地になっとしても

「イヤ、恋愛にはメリットがないから」「結婚コスパが悪いから」って交際を断るんだろうか?

2017-01-26

俺の☆は重い

俺はじっくり吟味して、本当に思慮深いブコメに対してだけスターをつけている。

から、俺のスターはお前らみたいな星軽がつけるスター10倍の価値があるんだ。

2016-10-25

若い女とおっさんはクソ

なんでかっていうと簡単で、それぞれその時期にクソな人間が表舞台に立ちやすいから。

若い女は記号的な存在からそこから外れる存在(要するに見かけが悪かったり、暗かったりする)は奥に押しやられる。

おっさん社会的地位を得はじめるから、そこに居づらい存在(見栄えが悪かったり、ファンキーだったり)は排除される。

若い女のなかでも飛びぬけてどうしようもないやつは大体すぐに結婚して消えるし

人間ってのは成長するもんだから、遅まきに思慮深くなったりする。

おっさん排除されないが、その分明確に避けられるようになる。

昔は男友達と話すのが好きだったけど、今は女の人と話す方が好き。でも、それは俺が成長したからでない。

クソ女がやっとこさ同じ水準に立ち、思慮深い女が表舞台に立てるようになったからだと思ってる。

もちろん男友達がクソになったってのもある。

社会的立場だってよ。いままで放棄してきたものを、あっさり拾えるなんて思ってんじゃねーよってなる。

まぁ情があるから嗜める程度にするけどさ。考え方が甘すぎる。

それで老けていく自分の顔を見るたび死にたい気分になってしまう。ああいう風になってしまうのかと思うたび吐いてしまう。

意外と自分の顔ってのは世間に溢れていて、例えば鏡は勿論のこと、

免許証社員証、記念の写真、夜になるとガラスなんかにも反射する。

とくに最後のは凶悪で、暗いところは暗く映るもんだから、余計に老けて見える。

電車死ぬ奴が多いのは、構造上の問題、老けこんだ顔がそこらじゅうのガラスに反射するからでないか


盲点だったというのが水面で、反射するのは分かっていても、先に透明だという概念があってよくない。

ふと見ると私の顔が浮かんでいるのだ。この前はコーヒーだった。慣れない喫茶店など行くべきでない。

良くなかったのは、ある程度飲んでから、私の顔が混入していると気づいたことで、

そんなものが胃袋に入っていると、まるで胃液にも私の顔が映っているように思えてトイレに駆け込んだ。

便器はいけない、水が張っている。洗面台に吐き出した。鏡がないか不安だったが、幸い治安が悪いらしい、

あったであろう痕跡のみで、悪しき銀板は撤去されていた。心置きなく私の顔を吐き出した。

それで、出したもの流して、知らぬ顔でさっさと店を出ようとしたが―考えれば当たり前の話だが―排水管は詰まっていた。

から排水管に指をつっこんで、かきまわしながら、少しづつ流していく作戦にでた。重労働である

さっきまで自分の腹にあったものに手を突っ込んでいるのだから、気分は当然よくない。

そこに自分の顔が浮かんでいたコーヒーが混ざっていると思うとなおのことだ。

生命線やら結婚線やらに、今日食べたBLTサンドや私の顔が染み込んでいくのを感じると、

「このままでは碌な人生にならない」と「人間には他人に尻を拭いてもらわなければならないときもある」と、

そういう考えが浮かんできて、普段なら選択しないが、藁をも掴むとはこのことで、最良の判断錯覚してしまった。

それで手を引き抜こうと思ったが、抜けない。指がはまってしまったのだ。

何度か引き抜こうと手を引っ張っていると、今まで混じりあっていた胃の残留物と水分が、物理神秘で分離を始めた。

そうなると地獄である。私は吐しゃ物に手を突っ込みながら、それが凶器に変貌するのをただ眺めるしかなく、

完成された自然の鏡が私の顔を映し出すと、途端にもう一度吐き出してしまった。

それで、このままだと良くないのはわかっていたので顔を上にむけたが、一度のぼった半固体は私の胃に帰ることなく喉を上り下りした。

苦しくなって下を見るとそこには私の顔が浮かんでおり、今まで以上に老け込んだ顔には、何というか生命危機を感じた。

そんなものを見れば、余計に具合が悪くなると、顔を上にむける。しかしむけると苦しくなって下を見る。それの繰り返しだった。

息を吸うのもゲロを出すのも困難で、吐しゃ物にまみれながら私はそこで気を失った。


どれほどたったのか、私はようやく落ち着いて、その場に座り込んだ。

なんとバカだったのか、老けようが昔の私のように、芯の通った人生を歩めばよいのだ。

それを、勝手な条件付けで、老けたら酷い人間になると思い込んでいたのだから間抜けである

これじゃそもそも、記号的でない若い女を排除してきた連中と同じでないか

取り敢えず上着を脱いで、カバンに入れ、そそくさと店を出ることにした。

振り返ると洗面台に頭を突っ込んだままの私の体があった。

2016-06-20

作家twitterって営業妨害

幻想崩れるような人が多い。もうちょっと思慮深い人だと思ってたんだけどなぁ…って、醒める事があっても、「この人が書くんなら!」と思える人は本当に少ない。

なんで、twitterなんてやろうと思うんだろう?

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん