「ソバージュ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ソバージュとは

2019-02-06

もう服屋でまともに服を買える気がしない

最近ネットでばかり服を買っていたけど、明日朝っぱらから必要な服を買っていないという事態に気づいてショッピングモールをうろついてきた


めっちゃ辛い、しんどい時間かかる

こんなに時間を浪費する作業だと思わなかった


服屋に入った瞬間、店員が陳列を直すフリをしつつホラーゲームの中盤に出てくる強いゾンビみたいなスピードで接近してくる

じっくり見たいのに、その店員回避するために逃げざるを得ない

そうすると店員絶妙に後退を許さなポジションさりげなく移動していく

もはやFPSクリアリングばりにざっくりと商品を見回しながら「あー気に入ったのないなぁ」の足取りで店を出ていくしかなかった

遠くにちょっと気になるアウターがあったけど、もはやどうしようもない


次の店は更に強敵、値札を隠す戦法に出ていた

店員の動きはさっきとほぼ変わらず、見せ値で置いてある靴(非主力)以外全部きっちりタグを服の中に入れている

まり値段を確認しようとモタモタしている間に声掛けしてハンティングする腹積もりなんだろう

さっきと同じ遁術で逃げた


選んだ店が悪かったんだろうとデカめの店に行ったら今度は人海戦術だった

狭い通路を歩くたびに前から後ろから店員が湧いてきて、こっちはでかくなってないパックマンのごとく方向転換を余儀なくされる

売れ残ったスノーボードのウェアを今こそ叩き売ってみせようという気迫に満ちた厚化粧+ソバージュの女店員が正面に現れた瞬間、心が折れて店を出た


諦めた

いつでもどこでも安定(無)接客GUユニクロで服を買った

普段そこまで頻繁に服を買わない俺にとって、ほぼ同じジャンルの品揃えで値段も肉薄、柄の有無ぐらいでしか区別がつかない2つのブランドのムダに広いフロア

無難かつ無難すぎないデザインの服を見つけるのはいつでもボーダーメガネ白人を人混みから見つけるぐらい大変だった


でもまだ終わりじゃない、靴を買わないといけない

もう歩き回る気力はとっくに失せてて、とりあえず視界に入った明らかに地雷感満載の小さい靴屋に移動した


あらゆる商品にくっつけすぎててソフト蓮コラと化した50%OFFポップの大群は見えど、店員の姿はない

よく見ると、ショッピングモール一角にあるとは思えない、オタク汚部屋みたいな陳列の奥にレジが埋もれていて

その中に田舎スナックにいそうな金髪ストパーつけまつげおばさんが退屈そうに座っていた


つのまにか営業時間終了が迫っている

おばさんに試し履きの了承だけ得て、ほしいジャンルの靴をひたすら試した

おばさんが放置してくれたおかげか、汗だくになりながらも無事目的の靴(おしゃれに目覚めた高校生が一人で買ってあとで後悔する程度にチョイダサの頑丈そうなヤツ)を探し出せたが、

欲しいサイズは5階建て在庫タワーの2階にある。さすがにおばさんの出番だ

俺に呼ばれたおばさんはホラーゲームステージ2に出てくる新しい敵ぐらいのスピードでやってきて、上に載っている在庫を無言のままバッコンバッコン床に放り投げはじめた


いやいやいや、そりゃ接客いらねーってさっきまで心ん中で思ってたけどさ、いくらなんでも酷すぎない? 極端すぎない??

倒れそうになる隣の在庫タワーを慌てて支える俺を尻目におばさんはレジに颯爽と靴を持っていってレジの鍵を回した

このおばさん、もうレジを締めてたらしい


店を出てから気づいた

すぐ隣にかなり広いABCマートがある。なるほど


もうね、マジでリアル店舗で服(靴)選ぶ気力がなくなった

外でガチで欲しいもの買い物できてるヤツすごいわ

服屋がシノギを削ってるのはよくわかったけど、ここまで戦闘力を求められる空間を構築してるとは思わなかった

欲しいものちゃんと余裕持ってネットで買うべきなんだろうな


疲れた

2017-08-03

https://anond.hatelabo.jp/20170802143150

ソバージュは、髪を目立たせることで顔の欠点を隠すのが目的なので

顔が美人な人が敢えてその髪型にすることは珍しいと思う。

2017-08-02

ソバージュ美人いない説

パっと思い浮かぶか?うかばないだろ?

ソバージュにするとなんか老けて見えるし。

2013-05-18

風俗が話題になっているようなので俺の中出し体験ログを大放出

増田で30を過ぎたら性欲なんて減退して、風俗に行っても女の子といちゃいちゃするほうが楽しいと聞いた。

だが俺にはその気持ちがわからない。

俺は30にまだなったばかりだし、独身というのもあるが、正直、射精したい欲求がなくなるという感覚がわからない。

俺はセックスオナニーセックスが好きだ。セックスは中で精子たっぷり出すのが好きだ。

安心して中出しできるのは高級ソープ嬢くらいだから、よく行く。

仕事趣味も人並みに充実しているので、金も余っているほうだと思う。

こういう道楽者なので、もし大変な性病にかかって死んでもまあそれはそれでしかたないかなくらいに思ってる。

しか不思議もので、病気は運がいいのか今まで一度もなったことがない。

今までの風俗で印象深い体験をつらつらと書いていく。

初めて風俗に行ったのは20代前半だった。飲み会の後男友達と冷やかす感覚繁華街にあるいかがわしい店に入ったのだ。

いかにも偽物らしいきらびやか内装。照明をたっぷりあててフォトショップで加工したであろう写真と、そこに写る嬢達。

なんとなく薄い感じの顔をした好みの子を選んで、待った。迎えてくれたのはけっこう好みな自分と同い年くらいの女の子

スラっとしててわりとかわいい彼女と別れてだいぶ経っていたから女の身体に触るのも久しぶりだ。

よく言えばフレンドリーというか、サバサバしている子で、風俗とか初めてなんすよーって言ったらへーと軽く返していた。

あの時は抱き合ってフェラとかして速攻で手抜きで射精してしまった。

考えようによっては地雷だったかもしれない。

しかし、そんなのは置いといても金を払えば女と好きにエロいことができるというのが、俺にとってはかなり素晴らしく感じられた。

というのも中途半端人間関係がある女とセックスをしてもロクなことがないというのが俺の信念だったからだ。

20代の俺には一回何万もする性行為は敷居が高かった。

から、俺は金を稼ごうと思った。金さえあれば、より好みして女とエロいことができる。

学生の頃もちょくちょく行ってたが仕事をするようになってからより頻繁に行くようになった。

風俗と言っても下はピンサロから上は高級ソープまで様々に種類があって、様々な階層の人々の様々な需要によって成立している。

ピンサロ(手コキやフェラのみ)

ヘルスデリヘルなど(場合によっては本番あり)

ソープ(本番あり だいたいゴム付き)

・高級ソープ(基本中出し

下に行くほど、値段も行為の内容も上昇していくわけだ。

俺はキャバに行かないからわからないが、容姿風俗嬢よりキャバ嬢のほうがいいと聞く。

だが、高級ソープともなればキャバ嬢ランク容姿風俗嬢がたくさん居る。

例外で、関西飛田新地などは全体的に容姿が良い若いしか居ない通りもある。

最初勝手や仕組みがわからず、色々と苦労した。

これほどネットが身近になり、共有だクラウドだとさかんに騒がれている世の中だが、風俗情報はそうはいかない。

そもそも性行為、本番自体がやってはいけないという体で営業をしているあぶないビジネスなのだ

それでも水商売がなくならないのは、それがあまりにも普通に多くの男に求められているからだろう。

はいネットである程度の情報は手に入る。

2ちゃんヘルス板やソープ板でそれぞれの店舗地域スレでどの嬢が地雷がとかあたりだとかは書かれている。

しかし気に入った嬢、良い嬢の情報はみんな隠す。

風俗関係スレは皆が疑心暗鬼になり、叩き、罵倒しあう殺伐とした空間だ。

馬鹿正直に信じてはいけないがまったく参考にならないわけではない。

どの嬢がその店で一番かわいくてヤりがいがあるのか、というのはなかなかわからない。

しかしどの嬢が地雷なのかというのは比較的わかりやすい。

ある程度あたりを付けて挑めばそうそうひどい目に合うことはない。

積極的に広告を出しているような店舗を中心に探していけば漫画で描かれるようなぼったくり店にあたることはまずない。

だが、一度だけひどいはずれにあたったことがある。

総武線の駅だったか

いかがわしい雰囲気の店や呼び込みで釣れられて、ムラムラしていたのもあって5000円と称されたピンサロに入ってしまった。

狭くくらい店舗内で、壁とも言えぬような布で仕切られた空間に入れられ、文字通り全裸になって待機する。

入ってきたのは「(あ、不細工だ!)」とひと目で思ってしまうような女。

細面でタバコをたくさん吸ってそうな不健康そうな肌。40手前か?謎のソバージュ。まったくかわいげがない。

その上最初に5000円を払ったのに胸を触るのにもう5000円、フェラをするのに一万円とのたまう。

俺は激怒した…と言いたいところだがロクに下調べもせずにホイホイ知らん店に入った俺も悪い。

だまって手だけで射精をさせた。もちろん目をずっとつぶっていた。

あと山手線のある駅付近デリヘルもひどかった。隣のに住んでる若いおばさんみたいな嬢だった。

まあサービスは丁寧だったけど、きつかった。

はずれと言えるのはこの2つくらいか

店舗型のヘルスソープが初めてだったので箱物しかない先入観があった。

からデリヘルの存在に気づいた時は画期的だと思った。

ホテル代を払わなきゃいかんのが厳しいが、怪しい雑居ビル手続きをして、ホテルで逢引して事を致すのはなかなか趣がある。

基本はフェラや素股でフィニッシュだが、嬢との相性が良くてノリがいい時などは本番をやらせてもらえる。

どうせなら本番がしたい。じゃあソープに行けよという話だが、俺は当初はソープ存在も知らなかった。

あとデリヘルでの本番は本当は、やってはいけないのにお互い合意でやってしま感覚がいいのだ。

そこまでもっていく駆け引きも楽しかったりする。

はいえ世の中には嬢に本番をさせてあとで強姦だと訴えるという悪徳な業者もいる。

相手がどんなつもりで本番をさせるのか、しっかりと見極めないといけない。

デリヘルで素晴らしかった本番をさせてくれた嬢は、早稲田付近デリヘルだ。

所要をすませたあと、用もなく駅前をふらふらしてて、近くに風俗がないか検索してそれなりに変な処ではないのをチェックした上で電話

待ち合わせて出てきた子は街中で見たら「おっ」と思うような美人だった。

蛯原友里レベルをワンランク落として気弱にしたような顔だった。

内気な子で照れ照れしながら会話する。ホテルに入ってもいちいち服を脱ぐ動作も遅い。

演技かどうかはまったく問題でない。魅力があった。丁寧に脱がせて愛撫してやると嬉しそうにする。

盛り上がってきたら当然のように「…入れちゃおっか?」という流れに。心の中でガッツポーズ

中もとても良かった。可愛い子とできるとやっぱり気分がいい。

やったあと、なんか会えてよかった、とお互いに話す。デリヘルだと忘れるほどいい子だった。

何度も指名しようと思ったが、店から消えてしまった。本当に残念だった。

もう一人はスザンヌをワンランク下げたような顔のノリのいい子で、エロかった。

車が予定の時間より一時間も遅れて、本当に申し訳なさそうにたくさんサービスしてくれた。

すごくいちゃいちゃ系で、あそこの近くでちんこをこすりつけ続けたらむこうから入れたそうにしてきた。

ゴムしてないよ…いいの?」と意地悪に聞いたら「駄目だけど入れたい…」と気持ちよさそうにエロそうに言う。

結局生で入れてガンガン突いた。流石に外に出したけど、この子はすごく気に入って、何度も指名した。

慣れてきたらシャワーでいちゃついてるときにふざけてうしろから挿入しても嬉しそうにする子だった。当然生。

今はもう居ないけど、デリヘルの値段でいちゃいちゃで生挿入ができて最高だった。

本番のうまみを知ってしまうとやはりそれがしたくなる。

ソープを調べて初めて行ったのはやはり有名なあそこだった。

上野駅から送迎がでるような場所です。

最初行ったのは八枚の所。

ここはデブが出てきてとても悲しかった。

しかし流石高いだけあってサービスはめちゃくちゃ丁寧だった。尻の穴まで舐められた。

で、生挿入なんだよね当然。生で入れてしかもそのまま射精していいの。

腰動かしながら「いいの?中で出しちゃうよ?」って言うと「そのまま出して!中にいっぱい精子欲しいの!」って言ってくれるの。

デブだけどかわいげある嬢だったし、こんなこと言われたら流石に勢いマックス射精ちゃうね。びゅっ びゅーですわ。

エロ漫画二次元世界しか言われないようなセリフ言わせてしかも生で中で精子出し放題。

これはもうね、はっきり言って男として生まれた以上快楽最上位として位置づけざるを得ない快楽ですよ。

これで可愛い子にあたったらどうなっちゃうのかと思って次はもっと細い子で!とボーイに相談する。

高級ソープは嬢だけじゃなくてボーイの対応からトイレから内装から、何から何まで凝っている。

からあるんだろうなーって建物を頑張ってきらびやかに改造しました!

という内装なんだけど。

ボーイも懇切丁寧にお勧めの嬢を選んでくれるわけよ。

顔がどうなのか、性格がどうなのか。体はどうなのか。中出しOKなのか。

高級ソープでもゴム付きの子も居たりする。そういう子はたいていクオリティ高かったりするんだけど。

ゴム無しソープはだいたい嬢がピルをちゃんと医者の処方に従って飲んでいる。

ボーイは客の要望をすっごい腰低くして聞いて、答えてくれる。

ネット情報よりもボーイの情報が断然確実。

高級ソープ場合最初の一回を犠牲にしてもいいから、まずボーイと話して良い嬢の情報を手に入れることから始めたい。

三枚以下のソープだとボーイの対応とかも適当になってきちゃうかも。

歳がちょっと行ってるけどすっごく体つきが良くてエロエロな嬢とか、今時の軽いギャルっぽい嬢とか、ソープにも色んな嬢が居る。

すっごく喋る嬢が居て、その子自体はまあ中の下くらいの良さだったんだけど、その子から色々な情報を聞けた。

で、その子が良いって言ってた店の嬢に行ってみたらこれが最高だった。

ちょっと肉付きがよくて、ふとももがエロい藤原紀香を若くしてアホにしたような子だった。

しかパイパン。毛が無い嬢は初めてだったが、興奮したね。69で俺が下になって舐めまくった。

セックスがとにかく大好きで、エロくて勃起したちんこを見せたら心から喜んでくれる。

の子に行くときはいつも三回ヤッてる。もちろん全部生で中で出す。

締りもちょうどいい具合にきつくて、3日以上精子溜めたギンギンのちんこがギッチリ入るんだよね。

喘ぎ声もいいし、甘甘で挿入までがいつも楽しみで仕方ない。

飛田新地に行った時は一度だけある。

その一日で二回行ったんだけど、最初の子がめちゃくちゃキレイかわいい子だった。

あそこは道を歩きながらずらりと並んだ嬢の顔を見ながら選べるので、顔でハズレることはまずない。

照明がうまく当てられてるから、実物よりかはよく見えるんだけど、写真に比べたら段違いの確実さがある。

若い子ばかり居る通りはみんな綺麗でかわいいから迷っちゃうんだけど、俺は最初の5分くらいで良いと思った子を即決した。

最近AV女優って異常にかわいい子が多いじゃない?

あいう感じで、めちゃくちゃキレイ可愛い子だった。テレビに出てそうな。

茶髪ロングでキツい感じの顔。スレンダーな体に浴衣だけ着てて色っぽい。

新地での行為は軽いゴムフェラと本番のみ。

抜くことに特化していて、それが目的の俺には素晴らしい場所だった。

でもその子はかなりあたりで、キスクンニハグは頼んだらさせてくれた。する前に

「3日以上精子溜めてるからめっちゃ濃いの出るかも」って下品なこと言ったら「じゃあ期待しちゃっていいのかな~?」

笑顔で話してくれた。最高。

新地の二人目の子巨乳制服眼鏡と素敵な格好だったが、対応が悪かった。

挿入の時ちょっと手があそこに触れただけでバシッと手をのけて「あ、そこ触るのはやめてください。」と冷静コメント

胸も、触るのはいいけど舐めたりは駄目。一人目の子と随分対応に差があった。

まあここではこっちのほうがスタンダード対応なのかもしれない。どうなのだろう。教えてエロい人。

とまあひと通り印象的な風俗体験を語った。

俺はこれからも通い続けるだろうが、いつかスナック愛情を求めていくようになるのだろうか。

性欲が減退すれば今の情熱も冷めてしまうのだろうが、今のところその気配はない。

風俗に行かなくなればだいぶ金が余るが、それはそれで他の趣味に全部使えるから楽しみである

ずっと付き合ってる彼女がいるが、お互いの趣味に干渉しない関係で、多分結婚もしないと思う。

別れない理由は付き合っているほうがお互い得が多いからなんだけど、俺の風俗趣味も知っててセックスはしない。

2011-05-31

http://anond.hatelabo.jp/20110429203948

ソバージュ」で笑っちゃった。

いまどき「真っ赤なルージュをひいて」とか。

たぶん頭の中が昭和で止まっちゃってる。

2011-04-29

はてな崩壊する音ーはてなブックマーク改悪の孕む大きな問題

誰にでも優しかった可愛いはてなは、春休みが終わると、似合わない金髪ソバージュに、真っ赤なルージュをひいて、校門の前に停まる黒塗りの高級車にのって汚い男の前で股を開く下卑たアパズレに変わっていた。

はてなブックマークは大きな改悪ブックマークコメントに施した

その改悪の要旨は、

デフォルト表示コメントスターのついた人気コメントと新着コメントに限定

・全てのコメントをすぐに一覽で見られない

というものだ。これははてながその本質をかなぐり捨てるような、大きな改悪だ。

恐竜の頭に価値はない。

新着コメントスターの多くついたついた人気コメントだけを表示するというアプローチは極めて旧世代的だ。旧世代とは、ベストセラーしかおかない本屋、人気歌手CDしかおかないCDショップ・・・時代とともに滅びさろうとしている『人気のあるもの、新しいものだけが価値あるものだ』という『恐竜の頭』的考え方のことだ。この馬鹿げた考え方を恐竜ロングテールで引っぱたいてきたのが、Amazonであり、appleであり、はてなだったはずだろう。

いまさらになって、恐竜の頭を選択するのは、はてな自殺というしかない。

見るべきものはユーザーが決める、スターはない。

スターがついたものは見るべきコメントはない、ただ単に10人の人が気に入ったということだ。10人の人が気に入ったということは、そのコメントが『僕にとって』価値のあるものだということにはならない。上地雄輔ブーンブンシャカブブンブーンがいくらヒットしていても、僕にとってはオリモノ以下の廃棄物なんだから

見るべき価値のあるコメントユーザーごとに異なる、異なるからこそ楽しいし、多様性が生まれる。ユーザーコメント一覽の中から探す、探すのもまた楽しい。そのニッチコメントを評価しあい、好意を好感しあうのがはてなの楽しさだった。

その過程を台無しにすることで得られる利益はなんだろう?たぶん、「たいして見やすくもない、見やすさ」だろう。見やすくもない見やすさを目指すために、本質的価値犠牲にするのは、度のあわないメガネを買うために内蔵を売り払うようなものだ。誰にも利益なんてありゃしないんだ。

スターは客観的な価値判断の基準じゃない。

50000000歩譲って、人気のあるものか新しいものが見るべきものであるという旧世代のアプローチ現在においても価値をもっていたとうしよう。

けれど、「人気がある」ということを判断する為の指標として、はてなスターを使おうというのならば、間違いだとしかいえない。なぜなら、はてなスターは個人が何個でもつけられるから価値の基準になりえないからだ。AKB48の曲がいくら売れようとも、誰もが知っている国民歌謡曲はなりえないのと同じで、一人が何度投票できる人気投票人気投票として機能しない。そんな曖昧模糊とした基準で見るべきコメント抽出する意味があるなら教えて欲しい

そして、ユーザーは離れていく

ブックマークコメント改悪されてから、明らかにコメントを書きこむユーザーが減った。

昔の「ニッチコメントでも誰かが見てくれて評価してくれるかも」という楽しい期待が失われたからだ。どうせ新着からも落ち、人気コメントにもならず、誰にも見られないコメントなんて誰も書こうとは思わない。当然の結果として、コメントの数も多様性も面白さすら減った。一部の常連コメント頻度も下がった。濃い人達が積極的にブックマークをしなくなり、クズみたいな手垢のついた胡散臭いライフハックばかりが目立つようになった。

それがやりたかったことか?はてなを創業して目指したものか?

から言える提言は一つだけ、とってもシンプルな提案だ

なおして

2009-04-30

シンデレラウィザード

「30歳まで童貞だったら魔法使いになれる」 っていうずいぶん古くからあるネタがあります.

30歳まで童貞だったら魔法使いになれる - 教えて!goo

以下は先日大学の後輩と神話の話をしていたときに思いついた話である.元ネタカイエソバージュ なのだけど)

シンデレラ物語におけるシンデレラ(灰かぶり)は人間世界とのコミュニケーションが断絶されているから,そのコミュニケーションの断絶という非対称性を解消するために,霊的な力によって助けられて,王子結婚する. というのが神話的な解釈である. これは,物語の中では以下のような装置として現れる.


で,「30歳まで童貞だったら魔法使いになれる」に戻ると,

30歳まで童貞な人は,シンデレラのように人間社会とのコミュニケーションが断絶されている.

という仮定をすると

そういった非対称性を解消するために霊的な力を手に入れることができる = 魔法使いになれる

という結果が神話的に理解できるのではないか?

酔っ払って考えた話だからいいかげんな話ですが・・・

2009-03-27

好きの中の容姿の比率…って異性間だけじゃないよね。

ネットで知り合ったA子という友達がいたんだけど、A子はそのうちB子さんという人と仲良くなっていった。私もネット上でのB子さんを知ってはいたんだけど、10歳近く年上だということだし、そんなに気が合う感じはしなかったのでわざわざ会う気はなかった。そもそも私はあんまり社交的ではないので、ネットつながりの友達はA子ひとりいれば満足だったんだ。

ところがB子さんは私に興味があったらしく、再三A子経由で3人で会おうと言ってくる。あんまり言われるし、A子が仲良くしているなら良い人なんだろうなと思って会うことを了承した。

紹介されたB子さんを見て本当にびっくりした。

腰までのソバージュ。太った体に、足首までのロングスカート。なにより臭いがすごい。タバコ臭い。かすれた低い声。ヤニ臭い。ていうか見た目怖いし! 10歳近く年上ってのは知ってたけど、ちょっとこれは世代が…だいぶ違う……

A子は他人を外見で判断しないすばらしい人なんだなということはわかったけど、私はB子さんがどうしても受け入れられず、かといってそれをA子にいうことも出来ないチキンだったので結局A子とも連絡を取らなくなり、フェードアウトしてしまったのでした…。

http://anond.hatelabo.jp/20090324090502

2008-08-03

http://anond.hatelabo.jp/20080731131714

大学生ファッションという本題からは外れるけど、

職場に向かう朝っぱらからファーレンハイトを付けるというのは、俺の考えとは違うなと思った。

俺の考えは、職場では清潔感のあるファッションをすべきだ、というのであり、ファーレンハイトのような甘い香りは職場に合わないと思う。

ファーレンハイトもオーソバージュも使っているけど、ファーレンハイトは、もっぱら休日デート用になっている。

要するに俺は、フレグランスTPOで使い分けるべきだという考えであり、職場ではオーソバージュやジバンシィのウルトラマリンのほうがいいだろうと思う。

2008-07-31

大学生ファッション(20代後半)の基本を考える

anond:20080729232044

↑の記事の趣旨には賛同するものの、内容的には大事なところが欠けているような気がしたので、自分なりに脱大学生ファッションの基本を考えてみました。以下、ファッションオタクでもなんでもないので、ブランド専門用語のあやまりなどあるかもしれませんがご了承下さい。

外見は内面のいちばん外側

ファッションについて考えるときにぼくがいつも念頭においているのはこの言葉です。要は、自分がそうである以上のものにはなれない、ということです。服装は想像以上にその人そのものをあらわしているもので、客観的にみておおかれすくなかれ「お似合い」ではない服を着ているひとってほとんどいないような気がします。

イタイかそうでないかを決めるのは、第一にその場のコードとずれてないかどうかということであり、第二に、本人の自意識の乱れが透けてみえやしないか、ということであると思います。正直、10代のファッションはたいていすごくイタイ。なぜかというと、いまの自分ではない自分になりたいという自意識の乱れがまたまだうまく解消されていない時期だから。そういった迷いが内面のいちばん外側であるファッションに透けてみえるから、こまかいファッションの知識だのセンスだの云々をぬきにして、どうしたってイタくなる。田舎から東京にでてきたとき、東京生まれ東京育ちのひとたちが、大した服を着ているわけでもないのに、妙にあかぬけてみえた記憶があります。それは、彼らはダサい恰好でもダサいなりにさらりと着こなしていて、田舎から出てきたぼくのような「成り上がり」特有の自意識の下品さをもっていなかったからであったと思います。

大学生ファッション根本は、こうした青さのイタさからの脱却にあると思っています。20代もなかばにさしかかれば自意識の問題もほとんど解決が済んで自分を前よりはうまく受け入れられるようになっていることでしょう。一方でまだ成し遂げるべきことはたくさんあって、内側にはより現実的なエネルギーが満ちている。そういった時期の自分にあった、余裕と力強さを感じさせる服装をしていたい。これが、脱大学生の時期の自分のファッションを考えるにあたっていちばん基礎においていたコンセプトです。

男性ファッションシンプル:生地と手入れには気をつかう

夏にはカットソーなりシャツを一枚着て、暑さもやわらぎはじめたら薄手のジャケットを一枚はおる。秋が深まれば冬物のジャケットにとりかえて、寒くなったらその上にコートを着る。冬本番になったらさらにマフラーを巻く。春のきざしがみえたら、マフラーをはずし、日差しのなかにあたたかさも感じられるようになってきたら、コートを脱ぐ。以下、逆順で着るものを薄くしていき、また夏を迎える。男性ファッションなんて、いってしまえば、インナージャケットコートの組み合わせに尽きる。慣れてしまえば失敗のしようがない。お洒落がわからないの意味がわからない。それくらい、すごくシンプルなものではないでしょうか。この一年のサイクルをぐるぐるまわして、損耗したものを買い替えていきつつ、品目の数を増やしていったり、品物の質を上げていく。

人にもよるかもしれませんが、ぼくは、シャツやズボンなどの服本体には色などのポイントを極力入れないようにしています。色は黒、紺、茶、グレー、白のどれか。それだけでは寂しい印象になってしまうというのは当然のこと。それではどこに力を入れるのかというと、生地の良さと手入れの良さ。シンプルな服ほど生地の良さのちがいがきわだつ。生地にだけは手をぬかないようにしています。日焼けした服や襟がよれてしまった服は捨てる。そうなるともったいないので、普段からネットにいれてあらうなりクリーニングに出すなり、手入れには気をつかうようにしている。シャツには当然しっかりアイロンをきかせる。手入れのいきとどいたいい生地のシンプルな服装に勝るものはないのではという気がします。

下はたいていデニムをはきます。スーツを着なければならないような場所ならほとんどこれでいけるし、スーツを着なければならない場所ならスーツを着ればいい。高級感のあるトップスと合わせれば、気品も十分でる。ただ、これは、「成り上がり」特有の内面の気性のあらさとそれを表現しうる服装のちょっとした粗野な雰囲気を失わずにいたいという個人的な理由にもとずく選択だと思われるので、ひとの参考にはならないかもしれません。

ポイントや遊び心は小物にこめる:異素材、色、柄

男性ファッションの「色気」担当は小物にあると考えてます。小物の種類としては、個人的に大事だとおもう順番に、靴、鞄、時計ベルト、眼鏡、財布、アクセサリーなど。服装本体をシンプルにしたぶん、ポイントには小物をうまくつかうよう心がけています。ポイントの種類は大きくわけて、異素材、色、柄の三つ。異素材の代表は皮と金属。仕立てのいいシンプルな服装に皮と金属はよく映えます。色は季節感をだすのに使います。

男の小物でいちばん重要なのは、やっぱり靴。女性に聞いてもいちばんよくみているのが靴ではないでしょうか。そして、靴で一番重要だと思われるのは、やはり、手入れがいきとどいているかどうか。ピカピカに光っていない靴は履くだけ品位を下げます。そんなわけで、靴は同時に二、三足買うようにしています。毎日家に帰れば、最低限タオルで(革靴はストッキングで)全体の汚れをおとして詰め物をして日替わりで違う靴を履くようにする。歩くのが早いせいもあって、以前はシューズなど半年で底に穴をあけてしまうこともあったのですが、最近は二、三足同時に買って履き回しするようにしたので、随分綺麗なまま長持ちしています。

靴選びのコツは個人の趣味なのでよくわかりませんが、シューズではドラゴンベアードやプーマのルドルフダスラーオニツカタイガーあたりを愛用しています。さすがにこの年になってコンバースははかないようになりました。ドラゴンベアードは一万円代で買えるのにちょっとした高級感や遊び心もあって、友人にオススメを聞かれたときにはこれを推しています。ぼくは今履いているので四代目です。鞄は、ひとつ推せといわれればフェリージをあげます。5万円くらいです。今愛用しているのは紺地に明るい茶色の革の縁取りがついたもので、「どんな服装とも合うシンプルさ」と「それ単品でコーディネートの顔になれるようなキャラ立ち」の双方を求めた結果、その鞄になりました。鞄を買うときにはこの二つのコンセプトをはずさないようにしています。

コンセプトをもつ:自分にしっくりくるような

ファッションの全体感をととのえるためにも、今の自分にしっくりくるようなコンセプトを自分の中で決めておくと、服選びの参照軸になります。たとえば、ぼく自身は、ここ数年来、「リラックスラグジュアル」をコンセプトにしています。これは、力の抜けた、余裕のあるたたずまいをもちつつ、それがだらしなさや気の抜けた感じに堕すことのないよう、そこはかとない品位をつねに保つように意識する、ということです。服えらびに際しては、フォーマルな服をみて「これだとかっちりしすぎててリラックス感がないなあ」とか、妙にファッションファッションしている服をみて「これじゃがんばりすぎ」とかいう風に選択肢を切るのに使います。リラックスラグジュアルのように、共通点をもちつつ相反する要素もあるような二つのキーワードをならべるというのが、簡単で、しかも使えるティップスかもしれません。ちなみに、大学時代のコンセプトは「インテリ歌舞伎者」でした。どんなものかは想像におまかせします。

香水をつける:自分が今いる位置を確認するために

男のひとで香水をつける人というのは意外に多くはないようです。が、ぼくは、香水は必ずつけるようにした方がいいと思います。それは、人生のなかでの自分のステージの変化をいちばん敏感に映し出してくれるのが香水だと思うからです。香水をつける意味は多々あります。身だしなみとして、自己暗示として、お洒落に気をつかっているという印象を与えるため、朝、1日の始まりの儀式として、女性に自分の印象を香りとともに記憶してもらうため…。こうした効能からも香水使用は推奨できます。しかし、やはり、香水をつけることの最大の意味は、自分の人生ステージを確認すること、であるように思います。これは極私的な意見にすぎないかもしれませんが。

大学時代社会人になってから、その後と、不思議と、つけていたいという香水は変わっていくものです。ぼくは、大学時代ニコスのフォーメンという乳酸系の甘い香りの香水を、社会人になってからはディオールのファーレンハイトという、夏の夜の雰囲気の情熱的な香水を、一年ほど前からは、ディオールのオーソバージュという、一切甘味のない、野蛮な気品を感じさせる香水をつかっています。人生の転機を迎えると、自然に、以前使っていた香水が自分から乖離していることに気づきます。その度に自分にフィットする新しい香水がみつかります。その新しい香水は、香りで与えられた先のコンセプトなようなもので、自分のファッション全体を統御してくれます。

香水売り場に行くのを躊躇する男性も多いと思いますが、実際に香りをたしかめずに香水を選ぶのはよくないと思います。香水選びに前知識は必要なく、とにかく売り場にいって、いろいろかいで、しっくりくれば買う、こなければ買わない。男性が一日に一回つけるのであれば小さな瓶でも一年はもつので、気に入ったものを、あまり浮気せず、気に入らなくなるまで使いつづけるのがよいように思います。

蛇足ですが、香りといえばボールドなどの柔軟剤の効力は意外に大きいように思います。以前つきあっていた女性が、やたら「服からいい香りがする」と繰り返すので、なぜなのかと思っていたのですが、家の洗面所わきにおいてあったボールドをみて「これだ!」と言ってました。なんでも、「男性がてっとりばやくモテるためにはボールドをつかえばいいのではないか。それぐらいいい香りがする」のだそうです。さすがP&G。あちこちのセミナーボールド日本での成功譚を吹きまくるのもうなずけます。

お店のひとと話す:社会人ならやはり名刺交換ぐらいは

服屋に行って店員に話しかけられるのがすごくいやだという人はよくいます。とても勿体ないことだと思います。専門知識をもっているひととの直接の会話ほど役に立つものはありません。むかしむかしの就職活動で学んだことですが、いろいろ聞かれていやならば、逆にこちらから踏みこんでいろいろと質問をしてみればよいのです。専門家はやっぱりいろいろなことを勉強しているし、勉強した成果は話したい。質問をすれば、喜んでためになる情報を与えてくれます。ぼくは、いつも、店員さんとは仲良くなって、最後は名刺までいただくことがしばしです。

店員さんにはいろいろなことを聞きます。このインナーに合うジャケットはどのようなものがありますか?と聞いていろいろもってきてもらって試したり、家にこんな服があるんですけど、それと合いますかね、と聞いたり、今年の流行りを聞いたり、手入れの仕方を聞いたり。本当に彼らはいろいろなことを知ってます。「ベルトは真ん中の穴でとめたときにいちばん綺麗なシルエットになるようにデザインされているのでサイズには気をつけてくださいね」だとか「この服は後ろ側に絞りがはいっているので、前からはわかりませんが、後ろ姿が映えますよ」だとか。

信用できる店員を見分けるこつは、個人的な意見を具体的に挙げられるひとがどうか、であるように思います。たとえば、ある服を買おうかどうか迷っているときには「なにかこう、この服を買いたいと思わせるような、この服への愛着がわいちゃうような、ヒトコエを下さいよ」とか聞いたりします。そこで、たとえば「マニアックなはなしなんですが、このシャツはそでの部分を立体裁断しているので、さっくり一枚はおっただけでも横からみた姿がすごく綺麗だと思うんです」など言ってもらえると、信用できるな、という気になります。あとは、店員とはいえ、そのシーズンのラインすべてを気に入っているわけでもないので、「正直、今シーズンのラインでも好きじゃないものとかってあったりするんですよね」だとか質問をして、こうこうこういう理由でたしかにこの商品とかは個人的には気に入っていないんですよね、などと正直に答えてくれる店員も信用できます。あとは、「このブランドってどういう顧客ターゲットにしてるんですか?」であるとか「この二、三年で景気がよくなったりわるくなったりしましたけど、そのたびにお客さんのファッションへの嗜好で変化したなと思うところとかあったりしますか」など、経営面からの質問もぶつけてみると楽しいし、どれだけまじめに普段から仕事のことん考えている人なのかもわかったりします。女性の店員なら、恋人と服を選びにきたつもりで「これ着て○○に行くとかありですかねー」とか楽しく会話をしながら服を選びます。

これだけ質問したり試着をたくさんしたりすると、買わないわけにはいかなくなるのではないか、と心配される方もいらっしゃると思います。しかし、これがまったく逆で、仲良くなればなるほど別段試着をたくさんしても買わずに済むのです。なぜなら、営業の人間にとって、一個のものをただ売るよりも、一人の顧客と深いリレーションをつくることの方がずっと大事だからです。これだけ会話をして名刺まで交換すると、店員としても「顧客関係が築けた」という満足感が得られます。だから「ほかもちょっとみてから予算もあわせて考えてみます」と言ったとき、喜んで「またのお越しをお待ちしていますね」と言ってもらえるのです。

実際、ぼくは新宿伊勢丹メンズ館で買い物をすることが多いのですが、そのときは、上から下までめぼしいものをみてから、予算を考えて買いに戻ります。そのとき、さんざつきあってもらったのに買わずに帰ってしまうお店には、「さっきは恰好いいジャケットをみせてもらったのにすみません。やっぱり今日はシャツを買いに来たという初心にかえることにします。予算的にも今厳しいので(笑)また次のシーズンによろしくお願いします」などひとこえかけます。それで気持ちよく送ってくれない店員はいません。

最後に:人の意見には耳をかたむける

最初に「外見は内面のいちばん外側」ということを書きましたが、その外見を客観的にみてくれるのは他人です。服装にみょうな自意識がみえかくれすると絶対にあか抜けたかんじにはなりませんが、そういう自意識の乱れほど、他人からみて気づきやすいものはありません。新しい服を買ったときは人前に来ていって、反応をみてみます。ほんとにしっくりいった恰好をしていたら、100%の確率で、二人以上のひとから独立にこちらがら促してもいないのに、「それ恰好いい!」とか「それかわいい!」とかいってもらえるはずです。経験則上、ファッションに限らず、二人以上の人から独立に同じことを言われたら、それは、自分に関する真である命題だと考えてほぼまちがいありません。ファッションとは直接の関係はありませんが、たとえばそれが自分の性格に関することであったりするならば、それを直す努力をしてみる意味はあると思います。

女性と服を買いにいくのは、自分のファッションのなかに新しい要素をとりいれるためのいちばんいい方法だと思います。たいてい、自分の趣味とはちょっとズレたものをオススメされますが、どうしてもいやだと思うのでないかぎり、そうしたひとのオススメに素直に乗ってみて損はしないと思います。最初はちょっとアレだなと思っていた服もしばらく着ていれば「お似合い」になってくるものです。それは、その相手との関係を通じて自分の中の何かが変わった証拠かもしれません。

香水の段のはなしにしても、このパラグラフの話にしてもそうなのですが、「外見は内面のいちばん外側」という理解に立つならば、ファッションとは、絶えず少しずつ変化していく自分の有り様を素直に受け入れ、それを素直にたたずまいの中に表出していく、ということ以外のなにものでもないように思えます。そして、青い時代を終えた20代こそ、余裕をもってファッションというものに向き合うのに最適な時期なのではないかと思うのです。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん